【酒田市】ワンタンメンの満月 酒田本店

ワンタンメンの満月 酒田本店 【ワンタンメン】

ワンタンメン(730円)

ワンタンメンの麺

■来店の経緯等
・2017年5月、東北地方に遠征。1日目の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・ワンタンメン(730円)
※メニュー案内には「幾度となく圧延を繰り返して薄く伸ばしたとろけるような自家製ワンタン、数種の煮干しと鶏ガラなどを合わせて炊いたあっさりスープ、シャキッとした歯ごたえの自家製麺。どこか懐かしく、じんわり体に染みわたる定番のしょうゆ味です。」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は12時8分頃。外待ち多数。
・最初に店外入口の待ちリストに名前を書き、外で待つ。リストによると、前に35組97人待ち。
・到着から1時間3分待ちで入店。
・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て「ワンタンメン」を注文。
・店員さんは7人で、男性2人と女性5人。
・水は出してくれた。お代わりは冷水機でセルフ。
・麺上げは平ザル。
・注文から提供まで8分。

■麺
・長方形で四角い、ウエーブのかかった中太麺。
・色が薄くて加水少し高めの、表面が滑らかでカンスイ感は控えめな、少しプリッとして適度に引き締まった弾力とコシを感じる歯ごたえ。茹で加減は、ヤワさがなくて程よい感じ。
・スープとの絡みは、ややあっさりしているけど、麺の味とのバランスは取れていたと思う。

■スープ
・清湯の魚介醤油。
・あっさりしていて、油は少なめ。
・出汁は、鶏の清湯獣系ベースに煮干の魚介。獣系はあっさりしていて、煮干を支える味のベースになっていた。
・魚介は煮干系メインで、煮干独特の苦味と塩気が少し効いた、あっさりした中に多少の主張を感じる味わい。
・タレの醤油はコクがマイルド。
・味付けは、優しい醤油の味に煮干由来っぽい塩気が加わった、塩醤油っぽく感じるテイスト。強い味ではなくて、出汁の味わいとバランスしていた印象。
・刺激感とかはない。

■具材
・チャーシュー、ワンタン、メンマ、白ネギ輪切り。
・チャーシューは、やや薄切りの赤身スライス。滑らかで適度に中身の詰まった質感のある歯ごたえに、塩系の旨味を感じるやや昔風の味付け。
・ワンタンは、餡入りのが5~6個ぐらい。皮は薄めで、水を含んでツルンと滑らかな舌触りで、スープとの相性も良かった。餡は、肉と生姜か何かの香味野菜で、つなぎが入ったような、バラけずに滑らかな張りを感じる歯ごたえ。味は、味付けマイルドで、香味野菜もほんのりとしていて、主張の強くない旨味を感じる味わい。

■全体的な味の感想
・麺とワンタンの食感が別物で、それぞれ楽しめたのが良かった。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

ワンタンメンの満月 酒田本店(暖簾)(食後に撮影)

ワンタンメンの満月 酒田本店(食後に撮影)

■お店の情報

【酒田市】ケンちゃんラーメン 本店

ケンちゃんラーメン 本店 【中華そば普通】

中華そば普通(720円)

中華そば普通の麺

■来店の経緯等
・2017年5月、東北地方に遠征。1日目の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・中華そば普通(720円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の10時35分頃。シャッターポール(開店前の待ちの先頭)。

ケンちゃんラーメン 本店

・店外には、煮干か何かの魚介出汁の風味が漂っていた。
・10時49分頃、後から来た地元のお客に促されて、開店前に入店。厨房と曇りガラスで仕切られたカウンター席に座る。
・店内で待っている間、お店の人からラーメンの説明があり、「麺かため」での注文と、テーブルトッピングの七味での味変化を勧められた。
・開店は10時59分。その時点で待ちが発生していた。
・開店後、順番に注文を聞かれ、壁のメニューを見て注文。麺のかたさ、油の量、醤油ダレの濃さは調整可能みたいだったけど、初訪問なので全部普通で注文。
・厨房は別室。店員さんは、見える範囲で3人の、男性2人と女性1人。
・水は冷水機でセルフ。
・注文から提供まで6分。

■麺
・極太の平打ちで、手もみ風の縮れ麺。麺量かなり多め。
・色が薄くて加水中くらいの、カンスイ感が控えめで、縮れ混じりの弾力を適度に感じる歯ごたえ。茹で加減は固さのない感じで、最後の方は多少柔らかくなってきた気もしたけど、それほど大きくは変わらなかった印象。
・スープとの絡みはややあっさりしている。タレの旨味と表面の油がサラッと絡んで、滑らかな口当たり。魚介の風味との絡みとかはあまり感じなかったかも。

■スープ
・清湯の醤油。温度高め。
・あっさりしていて、表面に油がそこそこ浮かんでいる。
・出汁は、恐らくは魚介メインで、割とあっさりしていて、風味の主張は控えめだった印象。食後の後味では、煮干系をほんのりと感じた。
・表面の油は豚か何かの獣系油で、透明でサラッとしていて、味に丸みを付けていた。
・タレの醤油は、少し薄めに感じた。
・味付けは、タレの旨味があって、表面の油の丸みと組み合わさって麺を食べさせる感じのバランス。
・後半、テーブルトッピングの七味を投入してみた。スープがあっさりしているので、七味勝ちのバランスになった。個人的には、七味を入れない方が良かったけど、麺量が多いので、途中で飽きてきた時の味変化にはいいかも。

■具材
・チャーシュー、メンマ、海苔、白ネギ輪切り。
・チャーシューは、やや厚みのあるスライス2枚。違う部位が1枚ずつで、1枚はモモ。
・モモチャーシューは、固くないけど割と引き締まった弾力を感じる歯ごたえに、塩系の旨味を感じる昔風の味付け。
・もう一枚のチャーシューは、巻いてあって脂身は少なめで、モッチリとした歯ごたえに、肉の旨味と甘味を感じる味わい。

■全体的な味の感想
・普通でも麺量かなり多めで、麺をガッツリ食べたい人向けのラーメン。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

ケンちゃんラーメン 本店(暖簾)

■おまけ
・この日は、酒田市に着いた後、「ケンちゃんラーメン 本店」へ行く前に山居倉庫まで行ってみた。

山居倉庫

山居倉庫

■お店の情報

【大阪市中央区】豊後高田どり酒場 道頓堀店

豊後高田どり酒場 道頓堀店 【濃厚鳥白湯ラーメン】

濃厚鳥白湯ラーメン(303円)

濃厚鳥白湯ラーメン(303円)

濃厚鳥白湯ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2017年4月30日(日)の晩に初の訪問。
・このお店は、東京に本社のある「株式会社モンテローザ」系列の焼鳥チェーン店。メニュー構成や価格設定が鳥貴族とそっくりなので、興味を持ち訪問してみた。

■食べたメニュー
・のどごし(生)大ジョッキ(303円)×2
・鶏の唐揚げ(303円)
・ももタタキ(303円)
・ももBIG串(タレ)(303円)
・濃厚鳥白湯ラーメン(303円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は20時41分頃。外待ち無しの先客多数。

豊後高田どり酒場 道頓堀店(ビルの入口)

豊後高田どり酒場 道頓堀店(2階の店舗入口)

・壁対面のカウンター席に座る。
・注文はタッチパネル。最初に、「のどごし(生)大ジョッキ」、「鶏の唐揚げ」、「ももタタキ」を注文。

・のどごし(生)大ジョッキ(303円)

・唐揚げは、小さいのが7個ぐらいで、付け合わせはマヨネーズ。肉はモモ肉で、ムネ肉使用の鳥貴族とは別物。ボリューム的には鳥貴族に敵わない感じ。

鶏の唐揚げ(303円)

・ももタタキは、量が少なめで、クニュッとした歯ごたえ。付け合わせのチューブっぽい柚子胡椒を付けて食べる向きの味。フレッシュさとかはあまり感じないけど、303円のメニューとしては許せる感じ。

ももタタキ(303円)

・次に、「のどごし(生)大ジョッキ」のお代わりと「ももBIG串(タレ)」を注文。
・ももBIG串は、ネギが大きくてジューシーで旨かった。肉は、ネギと較べると小さいけど、味は悪くなかったかも。

ももBIG串(タレ)(303円)

・最後に、「濃厚鶏白湯ラーメン」を注文。
・ラーメンの注文から提供まで4分。提供時に、ブラックペッパーの小瓶を一緒に出してくれた。

■麺
・四角くてウエーブのかかった中太麺。
・予め茹でてあるような、コシのない柔らかな張りを感じる歯ごたえ。
・スープとの絡みは、スープの熱さが絡んでいた。味の絡みはあっさりしていて、どちらかというと、麺の味が主役に感じるバランス。

■スープ
・多少濁った獣系。温度高めの熱々。
・サラッとしていて、油が少し浮かんでいる。
・出汁は、恐らくは鶏の獣系メインか。ゼラチン感は少なめで、マッタリとしたクリーミー感とかも控えめな、あっさりとした味わい。
・タレは、ベースが塩か薄い醤油かよく分からない感じ。
・味付けは、多少のタレの旨味があって、セルフトッピングのブラックペッパーを投入するとちょうどいい感じ。

■具材
・鶏肉、青ネギ輪切り。
・鶏肉は小さいのが3つか4つぐらいで、皮付きのモモ肉。やや加工されている感じの、ムニュッとした張りを感じる歯ごたえ。

■全体的な味の感想
・鳥貴族インスパイア系の均一低価格焼鳥チェーン店。全体的に、鳥貴族と較べると鶏肉のボリュームが控えめだったけど、鳥貴族には無いタタキ系のメニューがあったのは良かったかも。
・ももBIG串は、ネギが旨かった。
・濃厚鶏白湯ラーメンは、焼鳥居酒屋の〆ラーメンらしい味わいで、スープが熱々だったのは良かったと思う。
・お気に入り度は、ラーメン単体が2.5点で、他のメニューを含めたトータルでは3点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度:
ラーメン単品: ★★☆
 (2.5)
トータル: ★★★ (3.0)

■お店の情報

【西宮市】麺処ばっは

麺処ばっは 【あっさり醤油らぁ麺+肉増し4枚】

あっさり醤油らぁ麺+肉増し4枚

あっさり醤油らぁ麺の麺

■来店の経緯等
・2017年4月30日(日)の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・あっさり醤油らぁ麺(700円)
・肉増し4枚(300円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は13時36分頃。外待ち7人。
・到着から19分待ちで入店。店内で立って待つ。
・待っている間、先に店内の券売機で食券を買う。
・入店から20分待ちで厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。
・店員さんは3人で、男性1人と女性2人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで11分。

■麺
・四角くて少しウエーブのかかった中細麺。
・やや黄色くて加水中くらいの、割と滑らかで中身の詰まった質感があって、噛むと多少のコシを感じてプツンと切れる歯ごたえ。最初の方はコシが強めだったけど、後半は軽快な歯ごたえになってきた印象。
・麺の味はしっかりしていて、卵も入っている感じ。
・スープとの絡みは、スープの旨味と魚介の風味がサラッと絡んでいて、麺が主役に感じるバランス。

■スープ
・多少濁った獣系魚介醤油。
・サラッとしていて、表面に濁った油が多少浮かんでいるけど、油はそれほど多くない感じ。
・出汁は、獣系ベースに魚介。獣系は恐らくは鶏で、多少濁っているけどゼラチン感は無くて、割とあっさりした中に多少の旨味と丸みを感じる味わい。魚介やタレとのバランス的に、獣系っぽい風味の主張とかは控えめに感じた。
・魚介は節系か何かで、主張の強すぎない適度な風味と旨味があって、タレの甘旨さと組み合わさっていた。
・タレの醤油は旨味メイン。
・味付けは、醤油ダレの少し甘めの旨味があって、出汁の旨味や丸みと組み合わさった、甘辛さも少し感じる甘旨テイスト。麺との絡みではタレの甘さはあまり感じなかったけど、スープ自体の味ではよく感じた印象。
・刺激感とかはない。

■具材
・チャーシュー、メンマ、水菜、ばら海苔、青ネギ輪切り。
・チャーシューは、やや厚切りで程よく熱の入った赤身スライスで、デフォ2枚と追加4枚の合計6枚。スライスが少し厚めなのも1枚か2枚くらいあった。適度に柔らかな弾力を感じる歯ごたえに、割とマイルドな味付けが肉の旨味を引き立てていた。大きめの脂身付きのも混じっていて、脂身も甘味があって旨かった。
・メンマは平べったくて、味付けあっさり。
・水菜は、サッパリとしてピンッとした歯触りが、食感のアクセントになっていた。

■全体的な味の感想
・チャーシューが旨かった。チャーシューは、1枚1枚のサイズが割と大きくて、肉増し4枚プラスの合計6枚トッピングだと、全体のバランス的に結構存在感があった。
・スープは、メニュー名が「あっさり」ながら多少濁っていて、醤油ダレの甘辛で甘旨い味付けが印象に残った。
・お気に入り度は、トータルで4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

麺処ばっは(食後に撮影)

■お店の情報

【豊中市】ラーメン哲史

ラーメン哲史 【醤油】

醤油(700円)+どんぶり(500円)

醤油(700円)

醤油の麺

■来店の経緯等
・2017年4月16日(日)の晩に初の訪問。
・このお店は、2016年8月2日(火)のオープンで、店主さんは「麺野郎」出身。

■食べたメニュー
・盛り合わせ+瓶ビール(900円)
・若鶏唐揚げ(並)(300円)
・缶チューハイ(氷結もも)(300円)
・醤油(700円)
・どんぶり(内容はお任せのみ)(500円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は19時41分頃。外待ち無しの先客5人。

ラーメン哲史

・厨房対面のカウンター席に座り、壁のメニューを見て「盛り合わせ+瓶ビール」を注文。
・店員さんは男性2人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・最初に瓶ビール(ハートランド)が出てきた。

瓶ビール

・盛り合わせは5種類で、チャーシュー、鶏の焼き霜、イタヤ貝、ザーサイの浅漬け。もう一品は、白くて細長いカットで、説明を聞いたけど忘れた。
・鶏の焼き霜は、しっとりとしながらやや引き締まっていて、塩気を少し感じる味付け。
・チャーシューは厚切りの赤身で、程よく熱が入っていて、噛むと適度な弾力を感じて切れる歯ごたえ。味付けは割とあっさりで、おろしポン酢がトッピングしてあった。
・白くて細長いやつは、油か何かで風味を付けてあって、滑らかで柔らかな歯ごたえで、おつまみとして良かった。

盛り合わせ

・次に、「若鶏唐揚げ」と「缶チューハイ」を注文。缶チューハイは3種類置いてあり、「氷結もも」を選択。

缶チューハイ(氷結もも)(300円)

・若鶏唐揚げは、やや小振りなのが4個。おろしポン酢が掛けてあって、タルタルソースも添えてある。
・ポン酢もタルタルソースも割とマイルドな味。
・衣はそれほどカリッとはしていない感じで、味付けもおとなしめに感じた。
・肉は鶏モモ肉で、程よい弾力があって、熱いうちに食べる向きに感じた。

若鶏唐揚げ(並)(300円)

・最後に、「醤油」と「どんぶり」を注文。
・ラーメンの注文から提供まで6分。

■麺
・長方形平打ちの、ウエーブがかかった太麺。
・加水少し高めの、滑らかで程よく中身の詰まった弾力を感じて切れる、心地よい歯ごたえ。茹で加減は適度で、柔らかくはなかったと思う。
・スープとの絡みは、ややあっさりしていた。スープの旨味と油と熱さがサラッと絡んで、麺が主役のバランス。

■スープ
・清湯の醤油。温度高めの熱々。
・油が少し浮かんでいる。
・出汁は、鶏の獣系に昆布の魚介。あっさりながら旨味の強い味わい。
・タレの醤油は薄口で旨味メイン。
・味付けは、塩気とかはマイルドで、タレの旨味がしっかりしていて、出汁と組み合わさって旨味を強めていた。
・刺激感とかはない。

■具材
・チャーシュー、メンマ、白ネギ輪切り、さつま揚げか何かの練り天ぷら。
・チャーシューは、やや薄切りの赤身スライス。脂身少なめの、噛むとサクッと切れる滑らかな肉の弾力を感じる歯ごたえに、あっさりとした肉の旨味を感じる味。

■どんぶり

どんぶり(内容はお任せのみ)(500円)

・白ご飯の上に海苔が敷いてあり、その上に具が乗せてある。個別の具のタレはあるけど、丼としてのタレは掛かっていない。
・具はお任せで、マグロ、ミズダコ、チャンジャ、蒸し鶏の4種類。
・マグロは漬けで、蒸し鶏はキュウリと合えてあった。
・ミズダコはあっさりとみずみずしくて、チャンジャはご飯と合っていた。

■全体的な味の感想
・麺が主役の、麺哲系らしさのあるラーメン。鶏と昆布と薄口醤油の、あっさりながら旨味強めのスープが印象に残った。具はチャーシューが薄切りで旨かった。
・今回いろいろ食べた中では、ラーメンが一番気に入った。
・盛り合わせは、瓶ビールのお供としては良かった。
・お気に入り度は、トータルで4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 05月 【18件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ