【東大阪市西岩田】ラーメン 坊也哲

ラーメン 坊也哲 【山】

山(小ご飯付)(1100円)

山

山の麺

■来店の経緯等
・2017年8月27日(日)の夕方、5か月ぶり、8回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)

■食べたメニュー
・限定麺の「山(小ご飯付)」(1100円)
※メニュー案内には「トロロ、生卵が入ります」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は18時19分頃。外待ち無しの先客12人。
・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは男性4人。
・冷たいお茶はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで12分。

■麺
・長方形で少しウエーブのかかった中細麺。
・多少の色が付いていて加水少し高めの、カンスイが効いていて表面滑らかで、水で絞めてあってプリッと引き締まったコシを感じる歯ごたえ。
・スープとの絡みは、トロロとスープを混ぜる前は、スープの和風醤油な旨味と風味がよく絡んでいた。スープにトロロと卵黄を混ぜた後は、スープの甘旨い味にトロロと卵黄のトロミや丸みが組み合わさって、具の短冊チャーシューやゴボウも麺によく絡んでいた。

■スープ
・冷たい和風醤油。
・あっさりしていて、表面にトロロが乗っている。
・出汁は魚介系メインで、獣系は入っているかよく分からなかったかも。風味よりも旨味メインの味わいで、醤油ダレの味付けと組み合わさっていた。
・タレの醤油は、少し濃いけど割と甘めで、丸みがあってカドはない。
・味付けは、醤油ダレの甘旨さがよく効いていた。具と混ぜた後は、ゴボウの煮ダレの味や生姜っぽい香味も少し混じっていた気がした。
・刺激感とかはない。

■具材
・トロロ、卵黄、チャーシュー、牛肉、ゴボウ、青ネギ輪切り。
・トロロは、卵黄やスープと混ぜる前は、トロミの中にあっさりとした旨味を感じた。卵黄やスープと混ぜた後は、スープの味付けや卵黄のコクが加わって、バランス的にトロミがメインになっていた印象。
・チャーシューは、太いまでは行かないながらやや厚みのある短冊切り。ピンク色をしていて歯切れの柔らかな歯ごたえに、肉の旨味を感じる味。
・ゴボウは細長いスライス。
・牛肉は薄切りで、ゴボウと一緒に煮てある感じの、強い味ではないけど多少の甘辛さを感じる味付け。

■小ご飯

小ご飯

・麺と具を食べた後、トロロ混じりのスープが残ったので、小ご飯を投入してみた。ご飯は、投入した時点では少し暖かいぐらいの温度で、残ったスープとのバランス的にちょうどいい量だった。
・具を全部食べた状態でご飯を投入したけど、具も多少残した方がご飯をおいしく食べられそうに思った。

■全体的な味の感想
・最初はスープと具を混ぜずに食べて、食べながら徐々に混ぜると、味の変化が楽しめた。
・麺は中細で、スープと具を混ぜる前は引き締まった歯ごたえをよく味わえたけど、よく混ぜた後は具のトロロや短冊チャーシューやゴボウが麺に絡んで、麺主役感がやや控えめになったかも。
・トロロは、あっさりとした旨味があって、スープとよく混ぜた後は、タレの甘旨さが味をまとめていた印象。
・お気に入り度は、最初の印象が4.5点、後半が4点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【伊賀市】自家製麺 若葉

自家製麺 若葉 【つけそば(大盛)+特製】

つけそば(大盛)+特製

つけそば(大盛)の麺

■来店の経緯等
・2017年8月20日(日)の昼に初の訪問。
・このお店は、2016年12月20日(火)のオープンで、店主さんは「群青」出身。

■食べたメニュー
・つけそば(大盛)300g(950円)
・特製(味玉、チャーシュー4枚)(200円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の10時20分頃。シャッターポール(開店前の待ちの先頭)。

自家製麺 若葉

・開店は11時。
・最初に店内入口の券売機で食券を買い、店員さんに食券を渡して注文。
・店内中央の丸テーブル席に座る。
・厨房は別室。店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水はテーブルのポットでセルフ。
・店内の一角に製麺機が置いてあった。
・注文から提供まで18分。

■麺
・長方形でストレートの極太麺。麺線やや長め。
・全粒粉入りっぽい色が付いた、加水中くらいか少し高めの、表面が程よくみずみずしくて、滑らかに中身の詰まった粉の張りと密度感があって、中心の方が少し固い感じの、結構噛みごたえのある歯ごたえ。麺量300gだと、表面は最後まで乾かずにみずみずしさをキープしていた。
・麺の味は、全粒粉入りっぽい粉の甘味とコクを感じる。
・つけ汁との絡みは、つけ汁の甘旨さと魚介のコクや風味が絡んでいた。極太麺とのバランス的には、ややマイルドな絡みに感じたけど、魚介が効いているので、これはこれで悪くない感じ。

■つけ汁
・白濁した獣系魚介醤油。
・少しトロッとしていて、多少の油が溶け込んでいる。
・出汁は、獣系ベースに魚介。獣系は、恐らくは豚骨メイン。ゼラチン感が少しあって、バランス的に獣系のコクとかの主張は強くなくて、トロミと丸みが味のベースになっている感じ。
・魚介は、節系と煮干系を使っている感じで、乾物魚介の程よく濃厚なコクと風味を感じる味わい。
・タレの醤油は、旨味があって、コクの主張とかは割とマイルド。
・味付けは、タレの旨味と甘味が効いた濃い味過ぎない甘旨テイストで、そこに多少の塩気と若干の酸味が加わっている感じ。
・刺激感とかはない。

・300gの麺を食べ終わっても、つけ汁はそこそこ残っていた。
・スープ割りは、店員さんに容器を渡して返してもらう方式。味は大きくは変わらないけど、味付けやトロミが少し和らいで、飲んで旨いと感じるバランスになった印象。

■具材
・麺の容器に、チャーシュー、メンマ、カイワレ。別容器に、味噌味玉、追加のチャーシュー。つけ汁の容器の中に、白髪ネギ。
・チャーシューは、やや薄切りでレア気味の赤身スライス。デフォが5枚で追加が4枚の合計9枚。脂身混じりで、程よく滑らかに中身が詰まって歯切れの心地よい歯ごたえに、味付けマイルドで、ほんのりとした塩気が肉の旨味と脂の甘味を引き立てている感じの味わい。麺を食べる合間に食べると旨かった。
・味玉は、黄身がやや固めの半熟で、味付けは強すぎずに、味噌の風味とコクをほんのりと感じた。
・メンマは平べったい。色が濃くて、ゴマ油か何かを和えてある感じ。

■全体的な味の感想
・極太で噛みごたえのある麺が主役のつけ麺。
・つけ汁は、甘旨い味付けに魚介のコクと風味が効いていて、麺とのバランス的にはややマイルドな味に感じたかも。
・具のチャーシューは、麺を食べる合間に食べると旨かった。
・お気に入り度は、最初の印象が4.5点、ところどころ4点で、トータルでは4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【奈良市富雄元町】ラーメン家 みつ葉

ラーメン家 みつ葉 【豚CHIKIしょうゆラーメン+味玉】

豚CHIKIしょうゆラーメン(800円)+味玉(100円)

豚CHIKIしょうゆラーメンの麺

■来店の経緯等
・2017年8月19日(土)の昼、8か月ぶり、29回目の訪問。

■食べたメニュー
・豚CHIKIしょうゆラーメン(800円)
・味玉(100円)
※券売機の案内書きに「今までのものから『茶乃月』というワンランク上の玉子に変わりましたっ!!」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の9時45分頃。外待ち無し。
・店内入口の券売機で食券を買い、店員さんに来店時間10時20分の整理券を受け取る。
・お店に戻ってきたのは10時15分頃。整理券の順番に並んで待つ。
・外で待っている間、店員さんに食券を渡して注文。
・開店は10時21分。一巡目で入店し、厨房対面のカウンター席に座る。
・店員さんは男性3人。2号店オープン後も店主さんが厨房に立っていた。
・水は席に置いてあった。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・椅子の下に荷物入れのカゴが置いてあった。
・入店から提供まで6分。

■麺
・長方形で少しウエーブのかかった中太麺。
・多少の色が付いていて加水やや高めの、表面が滑らかで、引き締まった弾力があってコシが強めの歯ごたえ。
・麺の味は、適度な旨味を感じる。
・スープとの絡みは良好。スープのトロミと旨味と醤油の風味がよく絡んで、麺とのバランスも良好だった。

■スープ
・白濁した獣系醤油。割と温度高め。
・ややトロッとしていて、多少の油が溶け込んでいる。表面をハンドミキサーで泡立てていて、丸みを感じる口当たり。
・出汁は豚骨と鶏の獣系。多少のゼラチン感があって、クリーミーな丸みと獣系の旨味をよく感じる味わい。
・タレの醤油は、少し濃いけどカドはない。
・味付けは、醤油ダレの風味とコクが程よく効いていて、獣系のトロミや丸みとバランスよく組み合わさっていた。少しだけ濃いめに感じる塩梅ながら、麺との絡みはちょうど良かった印象。
・刺激感とかはない。

■具材
・チャーシュー、味玉、メンマ、青ネギ輪切り。
・チャーシューは、やや薄切りで少し厚みのあるレアのバラスライス。食べた時点では、スープの熱が入っていた。脂身混じりで、適度な弾力を感じる歯ごたえに、味付けマイルドで、脂の甘味が混じった肉の旨味を感じる味わい。サイドの胡椒の香味は控えめだった気がした。
・味玉は、デフォが半分切り1つで、追加トッピングが丸ごと1個。黄身が半熟で味付け控えめな、卵自体の旨さをよく感じる味。追加の丸ごと1個は食べごたえがあって旨かった。
・メンマは、四角いのと平べったいのが混在。程よい張りと密度感があって歯切れの良い歯ごたえに、割とあっさりした味付けで、生姜の風味がほんのりと効いていて、甘味の主張は控えめだった印象。
・青ネギ輪切りは小口で、スープを飲む際にシャリっと優しい歯触りがあって、薬味の役割を果たしていた。

■全体的な味の感想
・スープは、獣系出汁のトロッとクリーミーな丸みや厚みに、醤油ダレの風味やコクがバランスよく組み合わさっていたのが良かった。
・麺は中太で、弾力があってコシが強めの歯ごたえで、スープとの絡みが良好で旨かった。
・具は、追加トッピングの味玉が丸ごと1個だったのが良かった。
・お気に入り度は、最初の印象が5点、途中が4.5点で、トータルでは食後の後味込みで5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報

【東大阪市菱屋西】極汁美麺 umami

極汁美麺 umami 【醤油ら~めん】

醤油ら~めん(780円)

醤油ら~めんの麺

■来店の経緯等
・2017年8月の昼、8か月ぶり、3回目の訪問。

■食べたメニュー
・醤油ら~めん(780円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は13時14分頃。外待ち無しの先客4人。
・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・店主さんによると、この日の麺は、自家製麺ではなく「麺や 福はら」の麺を使用していて、菊菜の代わりに水菜を入れている模様。
・注文から提供まで12分。

■麺
・長方形で少しウエーブのかかった中細麺。
・色が薄くて加水中くらいか少し低めの、カンスイ感は強くなくて、適度に引き締まった粉の張りと密度感があって、噛むと多少の当たりを感じてサクッと切れる歯ごたえ。茹で加減は、ヤワさのない感じ。
・麺の味は、あっさりとした粉の味をよく感じる。
・スープとの絡みは、麺とのバランス的にややあっさりに感じたかも。スープの旨味がサラッと絡んで、麺を主役に感じるバランス。

■スープ
・清湯の鶏醤油。
・少しだけ丸みを感じる口当たり。表面に多少の油が浮かんでいて、スープと少し馴染んでいる感じ。
・出汁は鶏の獣系。鶏の出汁感をじんわりと感じる味わい。旨味の強さよりも出汁感がメインで、ガツンとは来ないながら、鶏油頼みではないガチの鶏感があった気がした。
・タレの醤油は、少し濃いけどやや甘めで、丸みがあってカドはない。
・味付けは、醤油ダレの甘旨いコクが多少あるけど、鶏出汁もしっかりしていて、タレ勝ちにはならずにバランスよく組み合わさっていた印象。
・刺激感とかはない。

■具材
・チャーシュー、メンマ、水菜。
・チャーシューは、やや薄切りで少し厚みのあるレアの赤身スライス。表面を炭火で焼いていて、食べた時点ではスープの熱が多少入っていた。やや引き締まった端切れを感じる歯ごたえに、炭火焼きの香ばしさが旨味を引き立てる感じの味わい。
・メンマはコリッとしている。
・水菜は、菊菜と較べると風味が控えめで、サッパリと水っぽい風味を多少感じた。

■全体的な味の感想
・麺は、この日はデフォとは違う麺を使っていて、スープとのバランス的に、やや麺勝ちだった気がした。
・スープは清湯の鶏醤油で、鶏油頼みではなくて醤油ダレもやや甘めな、鶏の出汁感をじんわりと感じる味わい。デフォの麺と合わせていれば、もっとスープの持ち味が生きていたのかも。
・お気に入り度は、最初の印象が3.5点、後半が4点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【大阪市福島区】別邸三く 中華㐂蕎麦 萃

別邸三く 中華㐂蕎麦 萃 【鶏出汁中華】

鶏出汁中華(950円)

鶏出汁中華の麺

■来店の経緯等
・2017年8月の昼に初の訪問。
・このお店は、「三く」の系列店で、2017年7月30日(日)オープンの新店。

■食べたメニュー
・鶏出汁中華(950円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の10時39分頃。シャッターポール(開店前の待ちの先頭)。

別邸三く 中華㐂蕎麦 萃

・開店は11時3分。
・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・注文後、ラーメンの提供前に席でお金を払う方式。
・店員さんは男性2人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・紙オシボリは席に置いてあった。

別邸三く 中華㐂蕎麦 萃(カウンター)

・注文から提供まで8分。

■麺
・四角くてウエーブのかかった細麺。
・少し色が付いていて加水少し高めの、水を適度に含んでムニュッと滑らかな張りを感じる歯ごたえ。茹で加減は、やや柔らかめ。
・スープとの絡みは、鶏油のコクと醤油の風味や旨味がよく絡んで、麺の味とのマリアージュ感があった。

■スープ
・清湯の鶏醤油。
・表面に多少の鶏油が浮かんでいる。
・出汁は鶏の獣系。鶏油や醤油ダレと組み合わさって、鶏の旨味をよく感じる味わい。
・タレの醤油は、少し濃いけど旨味メインで、醤油辛さやカドはない。麺との絡みでは、醤油のフレッシュな風味も少し感じた。
・味付けは、醤油ダレの旨味がしっかりしていて、鶏の旨味を引き立てていた。
・刺激感とかはない。

■具材
・チャーシュー、穂先メンマ、スプラウト、海苔。
・チャーシューは、やや厚切りの豚肉スライス3枚。部位は、赤身とバラだったと思う。ムッチリと中身が詰まった肉の弾力を感じる歯ごたえに、味付けかなり控えめで、あっさりとした肉の旨味と脂の丸みを感じる味わい。
・穂先メンマは、割とありがちな食感と味付け。
・スプラウトは、3種類ぐらい入っていた。香味や辛味とかは控えめだったけど、量がそこそこあって、薬味の役割を果たしていた。

■全体的な味の感想
・やや柔らかめの麺と鶏醤油のスープとの絡みが気に入った。
・お気に入り度は、最初の印象が4.5点で、トータルでは5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 09月 【6件】
2017年 08月 【21件】
2017年 07月 【30件】
2017年 06月 【15件】
2017年 05月 【20件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ