【青森市】まるかいらーめん

まるかいらーめん 【醤油らーめん(中)】

醤油らーめん(中)

醤油らーめん(中)の麺

■来店の経緯等
・2017年5月、東北地方に遠征。3日目の昼に訪問。
・まるかいらーめんをブログに書くのは初めてだけど、初訪問は2008年で、9年ぶり、2回目の訪問。

■食べたメニュー
・醤油らーめん(中)(600円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は15時4分頃。外待ち無しの先客15人。

まるかいらーめん

・最初に店員さんに注文を聞かれる。注文後に店内の券売機で食券を買い、食券はラーメン提供時に渡す方式。
・壁対面のカウンター席に座る。
・厨房は別室。店員さんは見える範囲で男性3人。
・水は冷水機でセルフ。
・前回訪問時は年季の入ったお店だったけど、お店の建物が新しくなっていた。
・注文から提供まで3分。

■麺
・長方形で少しウエーブのかかった太麺。
・色が薄くて加水少し低めの、無カンスイで、ムチッとした粉の密度を感じて切れる歯ごたえ。茹で加減はヤワさのない感じで、表面は程よく茹でてあって、中の方は少し固めに感じた。
・麺の味は、あっさりとした粉の旨味がある。スープとの絡みの効果か、旨味が割としっかりしていた印象。
・スープとの絡みは、スープの旨味が程よくサラッと絡んでいた。最初の方は、醤油の酸味混じりの風味や、煮干出汁のビターな風味も少し絡んでいた。

■スープ
・清湯の魚介醤油。
・あっさりしていて、油が少し浮かんでいる。
・出汁は、恐らくは煮干の魚介メインで、獣系は不使用。煮干は、ややあっさりしていて、苦味混じりの出汁感をほんのりと感じる味わい。
・タレの醤油は少し濃いめで、酸味も少し混じったようなフレッシュなコクを感じる。
・味付けは少し濃くて、醤油のコクと塩気が味をまとめている感じ。タレの旨味も多少感じた。
・スープ自体の味では醤油が主役だけど、麺との絡みでは醤油感はそれほど強くない気がした。

■具材
・チャーシュー、メンマ、白ネギ輪切り。
・チャーシューは、やや薄切りのモモスライス。脂身付きで、サクッと歯切れの良い歯ごたえに、塩系の旨味を感じる昔風の味付け。
・白ネギ輪切りは、優しい風味と歯ごたえ。

■全体的な味の感想
・9年ぶりの訪問で、お店の建物はキレイになっていたけど、ラーメンは相変わらずで旨かった。
・麺もスープも個性的で、うどん風の麺と醤油の効いた煮干スープとの組み合わせがいい感じ。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【青森市】煮干し中華専門店 つじ製麺所

煮干し中華専門店 つじ製麺所 【荒煮干しそば】

荒煮干しそば(650円)

荒煮干しそばの麺

■来店の経緯等
・2017年5月、東北地方に遠征。3日目の昼に初の訪問。
・このお店は、2014年1月16日(木)のオープン。

■食べたメニュー
・荒煮干しそば(650円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は13時59分頃。外待ち無しの先客2人。
・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは4人で、男性1人と女性3人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・店内に製麺室があった。
・注文から提供まで7分。

■麺
・長方形で少しウエーブのかかった中太麺。
・少し色が付いていて加水やや高めの、少しプリッとしてムニュッと柔らかで優しい歯ごたえ。茹で加減は、やや柔らかめに感じた。
・麺の味は、卵不使用で、優しい粉のコクと甘味を感じる味わい。メニュー案内によると全粒粉入りみたいだったけど、全粒粉の粒々感とかはあまり感じなかったと思う。
・スープとの絡みは、あっさりしているけど、麺も味や食感が強くないので、バランスは取れていたと思う。スープの旨味が適度にサラッと絡んで、煮干の風味やコクの絡みはあまり感じなかった。

■スープ
・少し濁った魚介醤油。
・サラッとしていて、表面にやや濁った油がそこそこ浮かんでいる。
・出汁は魚介メインで、獣系は不使用かも。魚介は、煮干の旨味が濃厚で、苦味とかは控えめ。麺には絡まないけど、スープ自体の味では煮干のコクもよく感じた。旨味の感じ的には、節系とかも入っている気もした。
・タレの醤油は旨味メイン。
・味付けは、強い味ではないけどやや濃いめで、醤油ダレの旨味と塩気が魚介出汁の旨味と組み合わさって、旨味を強めていた。
・刺激感とかはない。

■具材
・チャーシュー、味玉、メンマ、ワカメ、ナルト、白ネギ。
・チャーシューは、やや薄切りで少し厚みのあるスライスで、部位は二種類。一枚は肩ロースか何かで、柔らかな歯ごたえに、脂身の甘味が少し混じった味わい。もう一枚はモモか何かで、脂身少なめの、塩系の旨味が効いた味付け。
・白ネギは、白髪ネギと細かいカットの二種類。白髪ネギの上には、削り節がトッピングしてあった。

■全体的な味の感想
・スープの旨味や煮干出汁感は割としっかりしていたけど、麺との絡みではあっさりに感じたのが印象的だった。
・お気に入り度は、最初の印象が3.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

煮干し中華専門店 つじ製麺所(食後に撮影)

■お店の情報

【弘前市】〇鐵二代目

〇鐵二代目 【最高の極煮干(並)】

最高の極煮干(並)(600円)

最高の極煮干(並)の麺(太麺)

■来店の経緯等
・2017年5月、東北地方に遠征。3日目の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・最高の極煮干(並)(600円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は11時30分頃。外待ち3人。

〇鐵二代目

・到着から7分待ちで入店。店内で立って待つ。
・入店から2分後、厨房対面のカウンター席に座る。
・壁のメニューを見て「最高の極煮干(並)」を注文。細麺と太麺から太麺を選択。
・店員さんは3人で、男性1人と女性2人。
・水は出してくれた。お代わりは店内中央に置いてあるポットでセルフ。
・店内には製麺室があった。
・麺上げは振りザル。
・注文から提供まで5分。

■麺
・長方形で平打ちの太麺で、少し縮れたウエーブ。
・少し色が付いていて加水中くらいの、カンスイが効いて卵も多少入ったような、滑らかな密度感とコシを感じる歯ごたえ。茹で加減は少し固めに感じた。
・麺の味は、卵入りの程よい旨味を感じる。
・スープとの絡みは、割とあっさりしている。煮干粉のビターで香ばしい風味とスープの熱さが麺に絡んで、スパイスの役割を果たしていた印象。

■スープ
・清湯の醤油。温度高めの熱々。
・あっさりしていて、表面に煮干粉を仕込んだ油が浮いている。
・出汁は、恐らくは清湯獣系メイン。あっさりとしてスッキリとした旨味を感じる味わい。
・煮干は、恐らくは油に仕込んだ煮干粉がメインで、煮干の旨味とかはコクはあまり感じずに、ビターで香ばしい風味というか香味をよく感じた。強いて例えると、上品なスパイスといった感じのテイスト。後半、スープの温度が低下すると、最初よりは煮干の味わいが強まってきた印象。
・タレの醤油は程よい濃さで、醤油辛さやカドはない。
・味付けは、醤油ダレの旨味とコクが、スープの味をスッキリとまとめている感じ。

■具材
・チャーシュー、メンマ、青めの白ネギ輪切り。
・チャーシューは、やや薄切りで少し厚みのある肩ローススライスで、柔らかめの歯ごたえ。
・メンマは、コリッとした歯ごたえがあった。

■全体的な味の感想
・油に仕込んだ煮干粉の、ビターで香ばしい風味を感じる、個性派の煮干ラーメン。個人的には、極煮干というネーミングから、もっと煮干のコクが濃厚な味を期待してしまったせいか、やや期待と違っていたかも。
・お気に入り度は、最初の印象が3.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【弘前市】たかはし中華そば店

たかはし中華そば店 【中華そば】

中華そば(750円)

中華そばの麺

■来店の経緯等
・2017年5月、東北地方に遠征。3日目の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・中華そば(750円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の10時3分頃。シャッターポール(開店前の待ちの先頭)。
・開店は10時39分頃。
・最初に店内入口の券売機で食券を買う。
・厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。
・店員さんは9人で、男性8人と女性1人。
・水は出してくれた。
・注文から提供まで4分。

■麺
・長方形で少し縮れた中太麺。
・色が薄くて加水中くらいの、カンスイ感がかなり控えめで、適度にムチッと中身の詰まった粉の張りと弾力を感じる、割と軽快で心地よい歯ごたえ。ちなみに、後で調べたところ、無カンスイだった模様。
・麺の味は、あっさりとした粉の旨味をよく感じる。
・スープとの絡みは、煮干の風味とコクがよく絡んで、煮干感が主張しつつ、麺の旨さを引き立てている感じ。麺と煮干とのマリアージュ感があった印象。

■スープ
・濁った煮干醤油。
・煮干の破片で濁っていて、油が少し浮かんでいる。
・出汁は、煮干メインの魚介。煮干の細かな破片が大量に混じっていて、煮干のふくよかなコクを濃厚に感じる味わい。苦味も多少あるけど、旨味やコクもしっかりしていた印象。ベースの旨味は、煮干以外も入っている感じで、後で調べたところ、獣系や昆布も使っていた模様。
・タレの醤油はやや甘めで、醤油辛さやカドはない。
・味付けは、醤油ダレの甘めの旨味があって、少し厚みを感じる。麺との絡みでは煮干が主役だけど、スープ自体の味は結構タレの味が主張していた気がした。
・刺激感とかはない。

■具材
・チャーシュー、メンマ、青ネギ輪切り。
・チャーシューは、やや薄切りの赤身スライス。歯切れの柔らかな歯ごたえ。
・メンマは柔らかめに煮込んであり、甘めの煮ダレの味付け。

■全体的な味の感想
・ガチの濃厚煮干ラーメン。
・醤油ダレが甘めで厚みがあって、今風の煮干ラーメンとはひと味違う個性的な味わい。麺と煮干との絡みが一番気に入った。
・お気に入り度は、最初の印象が5点、後半が4.5点で、トータルでは5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

たかはし中華そば店

■お店の情報

【秋田市】かまくらの郷

かまくらの郷 【比内地鶏ラーメン】

比内地鶏ラーメン(950円)

比内地鶏ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2017年5月、東北地方に遠征。2日目の晩に初の訪問。
・このお店は、秋田市に本社のある株式会社フィッシュジャパン系列の居酒屋。比内地鶏とラーメンの両方が食べられるお店ということで、興味を持ち訪問してみた。

■食べたメニュー
・お通し(450円)
・秀よし龍蟠純米生原酒(734円)
・比内地鶏串(塩)(378円)
・比内地鶏のステーキ(1890円)
・刈穂超辛口山廃純米酒(734円)
・比内地鶏ラーメン(950円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は22時19分頃。

かまくらの郷

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・お通しはアサリの酒蒸し。味付けあっさり。

お通し(450円)

・日本酒は、「秀よし龍蟠純米生原酒」(鈴木酒造@大仙市)。甘くて濃厚な味。

秀よし龍蟠純米生原酒(734円)

・比内地鶏串(塩)は、皮付きのムネ肉を刺している感じ。ムネ肉メインなのでプリッとはしていないけど、悪くはない感じ。ちゃんと炭火で焼いていた。

比内地鶏串(塩)(378円)

・比内地鶏ステーキは、容器の鉄板が熱々で、皮付きのモモ肉2枚と付け合わせの野菜が乗っている。肉は火がよく通っていて、歯ごたえがしっかりしていた。テリヤキソースは味が濃い。

比内地鶏のステーキ(1890円)

・次に、日本酒の「刈穂超辛口山廃純米酒」(秋田清酒@大仙市)を追加注文。日本酒度+12の辛口の割には丸みがあって飲みやすい。アルコールのカドがないのがいい感じ。割と端麗というか、味が濃くないのかも。

刈穂超辛口山廃純米酒(734円)

・最後に、「比内地鶏ラーメン」を注文。

■麺
・四角くて少し縮れた中細麺。
・色が薄くて加水少し高めの、カンスイが多少効いていて、縮れ混じりの弾力を多少感じる歯ごたえ。茹で加減は、少し柔らかめに感じた。
・スープとの絡みはあっさりしている。麺の味も強くないので、バランスは取れていた気がした。

■スープ
・清湯の鶏醤油。
・あっさりしていて、油が少し浮かんでいる。
・出汁は、恐らくは鶏の獣系で、野菜も入っているかも。あっさりと優しい味。
・タレの醤油は薄めで、コクはマイルド。
・味付けは、甘味も少し入っていて、優しい旨味を感じる味わい。
・塩気は控えめで、刺激感とかはない。

■具材
・鶏チャーシュー、白ネギ輪切り、海苔。
・鶏チャーシューは、やや薄切りで少し厚みのある巻きモモ肉スライス。皮付きで小さめのが4枚くらい。脂身混じりの旨味が多少あったけど、小さいせいか、あまり印象に残らなかったかも。

■全体的な味の感想
・あっさりと優しい味で、麺やスープは居酒屋の〆ラーメンとしては悪くない感じ。
・具の鶏チャーシューは、950円のメニューの割には小さかった気がした。
・ラーメン以外では、日本酒が旨かった。
・ラーメンのお気に入り度は、最初の印象が3.5点で、トータルでは3点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★ (3.0)
※ラーメン単体のお気に入り度

■お店の情報
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【20件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ