【大阪市阿倍野区】麺と心 7

麺と心 7 【W白湯セブン】

W白湯セブン(中盛)(900円)

W白湯セブンの麺

■来店の経緯等
・2013年6月23日(日)の昼に初の訪問。
・このお店は、「らーめんstyle JUNK STORY」の2号店で、2013年5月11日(土)にオープンした新店。

■食べたメニュー
・W白湯セブン(中盛)(900円)
(昼営業限定)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店直後の11時3分頃。外待ち無しの先客7人。待ち無しでテーブル席に座る。

麺と心 7

・メニューに「オススメ」と書いてあった「W白湯セブン」を注文。店員さんの説明では、麺の量は

小盛(97g) -50円
並盛(147g) デフォ
中盛(177g) 同額
大盛(207g) +100円

から選択可能との事なので、中盛を選択。
・店員さんは5人で、男性3人と女性2人。店主さんは居なかった。
・水はテーブルのポットでセルフ。ポットには炭が入っていたけど、ほのかにカルキの風味を感じた。
・足元に荷物入れのカゴが置いてある。
・店内には、色んな人からの開店祝いが飾ってあった。
・注文から着丼まで18分。

■麺
・平打ちの太麺ストレート。
・表面がツルッと滑らかで、ボリューム感があってしっかりした麺質。食感は、プリッとした弾力が強めの歯ごたえ。
・麺の味は割としっかりしている。
・スープとの絡みは強い。温度高めのスープのトロミが麺によく絡んで麺をコーティングしている感じだが、麺も負けておらずに強めのバランス。

■スープ
・白濁した獣系魚介醤油。温度高めでアツアツ。
・トロッと粘度高めでコッテリしている。
・出汁は、鶏の獣系メインに魚介。鶏は、ゼラチンと油がよく混ざっており、トロッとした口当たりで、コッテリ感よりも旨味の強さを感じる味わい。
・魚介は、メニュー説明には魚介白湯と書いてあり、鶏白湯と混ざっていてよく分からない感じだが、コッテリ感よりもトロミが前に出た部分と、魚介っぽい旨味があって旨味が強い部分がそうなのかも。
・タレは薄めの醤油ベースで、醤油のコクは強くないけど、魚介出汁と組み合わさってスープの旨味を強めていた。
・旨味メインの味付けで、塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・チャーシューは、鶏とカジキのレアスライス。
・鶏スライスは恐らくムネ肉で、レアというよりタタキに感じた。しっとりと柔らかくて歯切れの良い食感に、あっさりとしていて、ほのかなタレの味付けを感じる鶏肉のレアな味わい。
・カジキのレアスライスは、鶏と較べるとやや筋っぽさがあってしっかりめの歯ごたえに、微かに赤身魚っぽい酸味を感じる魚らしい味わい。
・味玉は、黄身が半熟で甘辛い味付け。
・レンコンのスライスは、少し粘りがあってサクッとした歯ごたえに、あっさりとした味。
・小口ネギは、主張が控えめながら、スープを飲む際には薬味の役割を少しだけ果たしていた。

■全体的な味の感想
・麺は、弾力のある平打ち麺で、スープとよく絡んでいたが、個人的には、この麺はもっとサラッとしたスープの方が合うように思った。このスープに合わせるなら、もっと歯ごたえ強めの麺にするか、もしくは、麺に絡んだスープを味わう向きに、もっと緩い麺の方が良いかも。
・スープは、鶏白湯に魚介や醤油をうまく組み合わせていて、味が濃くならずに旨味だけを強めていたのが良かった。トロッと粘度高めで、麺へのトロミの絡みが強すぎる気もしたが、その分、スープ自体を飲む時の口当たりは素敵だった。
・レアチャーシューは、個人的にはカジキよりも鶏の方が良かった。やっぱり、JUNK STORYの系統の鶏のタタキは絶品だと思った。
・中盛で注文したせいもあってか、全体的なバランスはもう一押し欲しい気もしたが、個々のパーツは良かったと思う。
・オリジナリティのあるコッテリ白湯ラーメンで、コッテリ好きの人向け。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報


関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 08月 【17件】
2017年 07月 【30件】
2017年 06月 【15件】
2017年 05月 【20件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ