【吉野郡吉野町】豆富茶屋 林

豆富茶屋 林 【豆腐ラーメン膳】

豆腐ラーメン膳(1080円)

豆腐ラーメン

豆腐ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年12月11日(日)の昼に初の訪問。
・このお店は、吉野山にある豆腐店併設の豆腐料理店。メニューにラーメンがあったので、興味を持ち訪問してみた。

■食べたメニュー
・豆腐ラーメン膳(1080円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は11時54分頃。外待ち無しの先客15人。

豆富茶屋 林

・テーブル席に座り、メニューを見て注文。
・厨房は別室。ホールの店員さんは女性2人。
・温かいお茶を出してくれた。お代わりはテーブルのポットでセルフ。
・注文から提供まで5分。

■麺
・四角い中太麺で、少し縮れたウエーブ。
・うっすらと黄色くて加水中くらいか少し高めの、カンスイが効いてプルッと滑らかな張りを感じる麺質。食感は、少し柔らかめというか固さのない茹で加減で、縮れの弾力混じりの少しプリッとしてプルッと優しい弾力を感じて、噛むとスッと切れる歯ごたえ。
・麺の味は、水を含んでややあっさりした中に、カンスイの効いた中華麺らしさを感じる味わい。
・スープとの絡みは、あっさりしているけど、麺とのバランスは取れていて、麺の味をよく感じた。スープの温度がもう少し高ければ、もっと麺の味が引き立つように感じたかも。

■スープ
・清湯の和風醤油。温度はややぬるめ。
・あっさりしていて、油はかなり少ない。
・出汁は和風魚介で、恐らくは獣系不使用。昆布と節系の、あっさりとした和風テイスト。
・タレの醤油は薄めで、コクはマイルド。
・味付けは、醤油のマイルドな旨味にミリンか何かのほんのりとした甘味があって、出汁の旨味と組み合わさっていた。それほど強い味付けではないながら、出汁があっさりしているので、タレというかカエシの方がやや強く感じるバランスで、麺と具の両方と相性は良かったと思う。
・塩気は少しあるけど、塩辛さや刺激感はない。

■具材
・具は、油揚げと湯葉と青ネギのみ。
・油揚げは、厚切りの短冊切りで量が多い。表面に多少のコシがあって、噛むとパフッと切れる歯ごたえに、上げた豆の旨味を感じる優しい味で、スープとも合っていた。
・湯葉は、一口大サイズの四角いカット。ペラッと滑らかで多少の密度感のある食感に、あっさりとした中に豆乳の旨味と丸みを感じる味わい。
・青ネギ輪切りは細くて、風味は強くなくて優しい歯触りだった。

■いなり寿司

いなり寿司

・いなり寿司は、甘めに炊いた揚げで酢飯を包んでいて、濃い味過ぎない程よく甘旨い味付けが酢飯と合っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、少し縮れたウエーブの中太で、カンスイが効いてプルッと優しい弾力を感じる、少し柔らかめの歯ごたえ。スープとの絡みはあっさりながらバランスが取れていて、麺の味をよく感じられた。ラーメン専門店じゃない豆腐料理店のせいか、麺は普通だったかも。
・スープは、あっさりとした和風魚介醤油で、恐らくは獣系不使用の黄いそばテイスト。ちなみに、このお店の麺メニューはラーメンのみで、うどん・そばは無かった。味的には麺と具の両方と合っていたけど、ラーメンとしてはスープの温度がややぬるめで、どちらかというと具の油揚げや湯葉に合わせた温度だったのかも。
・具は、油揚げや湯葉の量が多くて、麺よりも具の方が旨かった印象。
・具が主役の、豆腐屋の和風ラーメン。
・お気に入り度は、麺が3点で、具の油揚げや湯葉を含めたトータルでは3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■おまけ
・吉野山の金峯山寺蔵王堂。

金峯山寺

・吉野山からの景色。

吉野山からの景色

■お店の情報

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ