【橿原市】麺処 と市

麺処 と市 【ちゃーしゅーめん+ちゃーしゅー丼】

ちゃーしゅーめん+ちゃーしゅー丼

ちゃーしゅーめん(1000円)

ちゃーしゅーめんの麺

■来店の経緯等
・2016年11月12日(土)の昼、1年9か月ぶり、7回目の訪問。

■食べたメニュー
・ちゃーしゅーめん(1000円)
・ちゃーしゅー丼(ねぎ塩)(300円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は13時26分頃。外待ち22人。

麺処 と市(暖簾)

・入店は、到着から58分待ちの14時24分。
・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。この日のスープは濃いので、つけ麺の方がおすすめとの案内があったが、むしろ望むところなので、ラーメンの方を注文。
・店員さんは男性2人。
・冷たいお茶はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで4分。

■麺
・長方形で四角い、ウエーブのかかった中太麺。
・色が薄くて加水中くらいか少し高めの、表面が割と滑らかで、カンスイ感は強くなくてプルッと中身が詰まった感じの粉の結合感があって、角張った麺質。食感は、程よい茹で加減で、ムチッとして適度な密度感のあるコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、ややあっさりとした粉の旨味と甘味をよく感じる味わい。
・スープとの絡みは良好。スープの旨味と丸みが程よく絡んで、麺の味を引き立てていた印象。

■スープ
・白濁した獣系魚介醤油。
・少しトロッとしていて、よく乳化しており、若干の油が溶け込んでいる。それほどコッテリはしていない感じ。
・出汁は、獣系ベースに魚介。獣系は、恐らくは鶏豚骨で、粘度は高くないながら多少のゼラチン感があって、乳化のクリーミーな丸みと旨味をよく感じる味わい。
・魚介は節系メインで、適度な強さの旨味と風味があって、魚介が勝ちすぎずに獣系とバランスしていた。麺との絡みでは、魚介の風味をそれほど感じなかったけど、スープ自体の味では魚介の存在感がそこそこあった。
・タレの醤油はコクがマイルド。
・味付けは、醤油の旨味に多少の塩気と一味の刺激感があって、濃い味ではないながら少しピリッとしていて、出汁の丸みや濃厚さとバランスよく組み合わさっていた印象。

■具材
・チャーシューは、分厚い赤身の煮豚スライスが5個ぐらい入っていた。脂身が少し混じって、フワッと柔らかな肉の繊維感のある歯ごたえ。味は、ほんのりとした塩気があってマイルドな旨味を感じる味付けが、肉の旨味と脂混じりの丸みとを引き立てる感じの味わい。スープとの相性も良好だった印象。
・チャーシュー5個のうち、脂身少なめの部位も1個入っていて、固くはないながら肉の繊維の密度感があって、ややしっかりとした食べ応えのある歯ごたえがあった。
・水菜は、葉と軸が別々の一口大カット。軸が太くて、ポキッとキレの良い歯ごたえに、サッパリとみずみずしい味があって、食感のアクセントになっていた。
・玉ネギは、やや小さめの四角いカット。シャリッと軽快な張りを感じる歯ごたえに、辛くなくてサッパリとした生玉ネギの味。

■ちゃーしゅー丼

ちゃーしゅー丼(ねぎ塩)(300円)

・白ご飯の上に、小さくカットしたチャーシューと細かくカットしたネギが乗っていて、塩ダレがまぶしてある。トッピングとご飯を混ぜながら食べた。
・チャーシューは煮豚で、ホロッと柔らかな食感に、マイルドで丸みのある旨味を感じる味。
・ご飯の量はやや少なめで、丸みのあるチャーシューの味と塩ダレの塩気との組み合わせがご飯と合っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、長方形で四角い中太麺。プルッと中身が詰まった感じの粉の結合感があって、麺の味はややあっさりとした粉の旨味と甘味をよく感じた。
・スープは、少しトロッとしてクリーミーな獣系ベースに、節系の魚介がバランスよく組み合わさった味わい。店員さんの説明では、今回のスープは通常よりも濃かった模様で、そのせいか、以前にデフォの「らーめん」を食べた時よりも麺との絡みが良くて、それが自分の好みと合っていた印象。
・具は、チャーシューが分厚くて柔らかな赤身の煮豚で、スープとの相性も良好で旨かった。脂身少なめで歯ごたえがややしっかりしたの1個混じっていて、食べごたえがあった。
・ちゃーしゅー丼は、小さくカットした煮豚チャーシューと塩ダレとの組み合わせが、ご飯と合っていた。
・お気に入り度は、トータルで4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報
スポンサーサイト

【木津川市】麺屋 じすり

麺屋 じすり 【海老そば】

海老そば(750円)

海老そばの麺

■来店の経緯等
・2016年11月の平日の晩に初の訪問。

■食べたメニュー
・海老そば(750円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客2人。

麺屋 じすり

麺屋 じすり(お店の看板)

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て「海老そば」を注文。太麺と細麺から太麺を選択。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水は、アウトドア用ポット式の冷水機セルフ。
・店内にはセルフコーナーがあり、高菜が置いてあった。
・厨房には、ミネヤ食品の麺箱が置いてあった。
・注文から提供まで3分。

■麺
・長方形で平打ちの、少し縮れた中太麺。
・少し黄色くて加水少し高めの、表面が滑らかで、カンスイが多少効いて中身の詰まった感じの粉の張りと結合感のある麺質。食感は、程よい茹で加減で、滑らかで適度にプルッと引き締まった縮れ混じりの弾力を感じる歯ごたえ。
・麺の味は、多少の旨味を感じる。
・スープとの絡みは、スープの旨味がサラッと絡んで、海老の香味油の風味が程よく絡んでいた。獣系出汁の風味も少しだけ感じたけど、海老の風味の方が強かったかも。

■スープ
・白濁した獣系。
・少しだけトロッとしていて、表面に海老の香味油がそこそこ浮かんでいる。
・出汁は、鶏メインの獣系。粘度は高くないながら多少のトロミがあって、獣系の出汁感と旨味を少し感じる味わい。バランス的には、海老の香味油の方が強い感じで、鶏のコクとかの主張はそれほど強くなかったかも。
・海老は、表面の赤い香味油に仕込んであって、甲殻の風味の中に旨味を感じる、丸みと厚みのある海老感があった。
・タレは、食べた時には薄い醤油ベースかと思ったけど、後で調べたところ、塩ベースだった模様。
・味付けは、強い味ではないながら旨味がしっかりしていて、海老の香味油と組み合わさっていた印象。
・刺激感とかはない。

■具材
・チャーシューは厚切りのバラスライスで、片面を炙ってある。割と柔らかくて歯切れの良い、肉の密度感のある歯ごたえに、味付けマイルドで、脂身の丸み混じりのあっさりとした肉の旨味を感じる味わい。
・メンマは四角くて太い。噛むと沈み込んでポリッと切れる感じの歯ごたえに、あっさりとした旨味を感じる味付け。
・青ネギ輪切りは、シャリッと優しい歯触りと風味があった。
・その他、ナルトが乗っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、少し縮れた平打ちの中太で、滑らかで適度にプルッと引き締まった弾力を感じる歯ごたえ。スープとの絡みは、海老の香味油の風味が適度に絡んでいた。
・スープは、少しトロッとした鶏白湯ベースに、赤い海老の香味油がそこそこ浮かんでいて、丸みと厚みのある海老感があった。バランス的には海老の風味の方が強かったけど、麺との絡みでは獣系出汁の風味も少し感じた気がした。
・具は、チャーシューが片面を炙った厚切りの巻きバラスライスで、割と柔らかくて歯切れが良かった印象。
・メンマは太くて、歯ごたえが良かった。
・お気に入り度は、最初の印象が4点、途中が3.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【橿原市】心ゝ和

心ゝ和 【とんこつラーメン】

とんこつラーメン(700円)

とんこつラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年11月の平日の晩に初の訪問。
・このお店は、橿原神宮前駅東改札口の横にあるお店。

■食べたメニュー
・とんこつラーメン(700円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客9人。

心ゝ和

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て「とんこつラーメン」を注文。太麺と細麺から太麺を選択。ちなみに、太麺はつけ麺と共通との説明があった。
・店員さんは4人で、男性2人と女性2人。
・水は出してくれた。
・オシボリも出してくれた。
・お酒がいろいろ揃っていて、焼鳥、串カツ、唐揚げ等の居酒屋メニューもあって、ラーメン店と居酒屋を兼ね備えている感じ。
・麺上げは振りザル。
・チャーシューは、焼鳥用の電熱器の上に網を置いて、その上で焼いていた。
・注文から提供まで6分。

■麺
・長方形で平打ちの太麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・少し黄色くて加水中くらいか少し高めの、表面がムチッと滑らかで、カンスイが多少効いて適度に熟成した感じの粉の張りと密度感と結合感があって、平打ち気味ながらペラッとはしていない感じの麺質。食感は、ヤワさのない程よい茹で加減で、滑らかで中身の詰まった筋肉質な弾力とコシを感じる、噛み心地のよい歯ごたえ。
・麺の味は、カンスイが多少効いて卵も入ったような、粉の旨味がしっかりとした味。
・スープとの絡みは、どちらかというと麺の方が主役だったけど、バランスは割と取れていたと思う。スープのトロミと旨味が程よく絡んで、麺の味を引き立てていた印象。

■スープ
・白濁した獣系。
・少しトロッとしていて、多少の油が溶け込んでいる。カットした背脂も何個か入っていたと思う。
・出汁は豚骨メインの獣系で、鶏も入っているかも。少しだけネトッとしたゼラチン感があって、肉や背脂も一緒に煮込んだような丸みのある旨味とコクを感じる味わい。獣系出汁のコクや風味はそれほど強くないけど、ゼラチン混じりの出汁感を多少感じた気がした。
・タレは、恐らくは薄い醤油ベース。
・味付けは、強い味ではないながら、少し甘めの旨味がしっかりしていて、出汁のトロミや丸みとバランスよく組み合わさっていた。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、少し厚切りのバラスライス。表面を軽く焼いており、柔らかい中に焼いて少しだけ引き締まった感じのある歯ごたえ。味は、程よい旨味を感じる味付けが、肉の旨味と組み合わさっていた。
・細かくカットしたチャーシューも多少入っていて、ラーメンに肉の旨味をプラスしていた。
・メンマは平べったい。柔らかめで滑らかな繊維感のある歯ごたえに、多少の甘旨さと風味を感じる味付け。
・海苔は風味がスープと合っていた。
・その他、青ネギ輪切りが乗っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、つけ麺と共通の長方形平打ち太麺で、滑らかで中身の詰まった筋肉質な弾力とコシを感じる、噛み心地のよい歯ごたえ。スープとの絡みは、麺の方が主役のバランスで、麺の味が引き立っていた印象。
・スープは、ネトッとしたゼラチン感と、肉や背脂も一緒に煮込んだような丸みのある旨味とコクを感じる味わいで、味付けは少し甘めの旨味がしっかりしていた。
・ラーメン店と居酒屋を兼ねた感じのお店だったけど、ラーメンの味は割としっかりしていたと思う。
・個人的には、麺が一番気に入った。
・お気に入り度は、麺が4点、スープが3.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【磯城郡川西町】麺食堂 88

麺食堂 88 【つけそば(1000g)】

つけそば(1000g)

つけそばの麺

■来店の経緯等
・2016年11月5日(土)の昼、8か月ぶり、8回目の訪問。

■食べたメニュー
・つけそば(麺量200g)(750円)
・麺増し(800g追加)(800円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店直後の11時3分頃。外待ち無しの店内満席。外で待つ。
・到着から21分待ちで入店。最初に、店内の券売機で「つけそば」の食券を買う。
・厨房対面のカウンター席に座り、麺量1000gで注文。麺増しは100g100円で、800g分を現金で払った。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで21分。麺は2つの丼に分けての提供。

■麺
・長方形平打ちの太麺ストレート。
・色が薄くて加水少し高めの、表面がツルッと滑らかで、カンスイが少し効いた感じの粉の張りとふくらみと結合感のある麺質。食感は、少し柔らかめの茹で加減で、ムチッと滑らかな張りと弾力と優しいコシを感じる、心地よい歯ごたえ。ノド越しよくスルッと食べられる感じ。
・麺の味は、水を含んでややあっさりとした粉の旨味を感じる味わい。
・つけ汁との絡みは良好。表面の油と醤油ダレの味付けと出汁の旨味と魚介の風味がバランスよく絡んで、ややあっさりとした絡みながら、麺とのバランスは良好で、麺の旨さを引き立てていた。魚介が勝ち過ぎないので、つけ汁の温度が低下しても、それほど絡みが弱まった感じがしないのが良かった。

・後半、麺同士がくっつき気味になってきたので、店主さんに麺を渡して、再度水で締めてもらった。麺の食感がみずみずしくなって食べやすくなったけど、その代わり、つけ汁との絡みがやや弱まった印象。

■つけ汁
・清湯の醤油。
・あっさりしていて、表面に多少の油が浮かんでいる。一味もトッピングしてある。
・出汁は、鶏の獣系ベースに魚介。獣系はあっさりしていて、味のベースになっている感じ。
・魚介は、風味が立ち過ぎずに、獣系やタレとバランスよく組み合わさって、つけ汁に適度な旨味をプラスしていた。
・タレの醤油は少し濃いめで、コクはややしっかりしているけど、丸みがあってカドはない。
・味付けは、醤油ダレの旨味と醤油感に、ほのかな甘味があって、そこにトッピングの一味のピリッと感が加わって味を引き締めていた。多少濃い味ながら、塩辛さやキツさはなかった印象。

サービスの追加つけ汁

・麺を三分の二ぐらい食べたところで、サービスの追加つけ汁を出してもらった。温度が高い分、すっかり冷えた最初のつけ汁よりも麺との絡みは強いけど、麺を再度水で締めたせいか、最初の絡みまでは戻らなかった気がした。

■具材
・麺の容器のチャーシューは、やや厚みのあるレアの肩ローススライス。しっとりとしながら汁っぽさは控えめで歯切れの滑らかな歯ごたえに、味付けマイルドであっさりと軽快な肉の旨味を感じる味わい。

・つけ汁の容器の中には、チャーシューとメンマとネギ。
・チャーシューは、やや大きめの四角い赤身の角切り。適度に熱が入って、程よい張りと弾力を感じる歯切れの心地よい歯ごたえに、肉の味とチャーシューの味付けとつけ汁の味とが一体化したような、肉の甘さを感じる味わい。
・メンマはやや細めで、長方形で平べったい。コリッと滑らかな歯ごたえに、多少の旨味を感じる味付けで、つけ汁と合っていた印象。
・ネギは、白髪ネギと青ネギ輪切りの二種類。白髪ネギはやや細めで、シャリッとした強すぎない繊維感のある歯ごたえが、麺を食べる合間の食感のアクセントになっていた。

■全体的な味の感想
・麺は、長方形平打ちの太麺で、ムチッと滑らかな張りと弾力と優しいコシを感じる歯ごたえがあって、ノド越しよくスルッと食べられる感じ。つけ汁との絡みも良好で、魚介が勝ち過ぎずに、醤油ダレと出汁の旨味がバランスよく絡んで、麺の旨さを引き立てていたのが良かった。
・麺量1000gだと、後半に麺同士がくっつき気味になるので、再度水で締めてもらったけど、麺がみずみずしくなった代わりに、最初よりもつけ汁との絡みが弱まった印象。個人的には、麺を再度水で締めずに済む、500g~600gぐらいまでの麺量がおすすめだと思う。
・つけ汁は清湯の醤油で、獣系と魚介のバランスが取れていて、醤油ダレはやや濃いながらカドが無いのが良かった。
・具は、チャーシューが麺の容器とつけ汁の容器の両方に入っていた。つけ汁の中の角切りチャーシューは、肉の甘さを感じる味わいがあった。
・このお店でつけそばを食べたのは今回で4回目だけど、麺とつけ汁との相性的には、今回が今まで食べた中で一番気に入った。
・お気に入り度は、前半が4.5点、麺を再度水で締めた後が4点で、トータルでは4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【奈良市中町】《イベント》近畿大学農学部 農学部祭

ラーメン家ショウ@近畿大学農学部 第50回農学部祭 【ラーメン(メニュー名特に無し)】

ラーメン(メニュー名特になし)(500円)

ラーメン(メニュー名特になし)の麺

■来店の経緯等
・2016年11月3日(祝)の昼に初の訪問。
・近畿大学農学部 第50回農学部祭に、「ラーメン家 みつ葉」の店員さんが模擬店を出店するということで、興味を持ち訪問してみた。

■食べたメニュー
・ラーメン(メニュー名特になし)(500円)

■お店への到着から提供までの概要
・模擬店への到着は14時42分頃。外待ち1人。

ラーメン家ショウ@近畿大学農学部 第50回農学部祭

・到着から1分以内に注文。
・店員さんは6人。「ラーメン家 みつ葉」の男性店員3人のほか、「ちかみちらーめん」の店主さんもいた。
・注文から提供まで2分。模擬店前の屋外テーブル席に移動して食べた。

■麺
・四角くて、少しウエーブのかかった中くらいの太さの麺。
・少し色が付いていて加水少し高めの、表面が滑らかで、多少カンスイが効いて少しプリッとした粉の張りと結合感があって、角張った麺質。食感は、ヤワさのない茹で加減で、適度に引き締まった弾力とコシを感じてプツンと切れるような歯ごたえ。伸びにくいタイプの麺かも。
・麺の味は、粉の旨味を程よく感じる味わい。
・スープとの絡みは、スープのトロミと旨味が程よく絡んで、麺の味を引き立てていた。

■スープ
・白濁した獣系塩。
・少しだけトロッとした丸みがあって、多少の油が溶け込んでいるけど、それほどコッテリはしていない感じ。表面をバーミックスで泡立てていて、少しフワッとした口当たり。
・出汁は獣系。模擬店の案内書きでは鶏白湯と書いてあったけど、豚骨も入っているかも。粘度は高くないながらゼラチン感がしっかりしていて、乳化した鶏豚骨の丸みと旨味とコクをよく感じる、出汁感が濃厚な味わい。
・タレは、塩か薄い醤油かよく分からない感じで、恐らくは薄い醤油か。
・味付けは、適度な旨味があるけどタレのコクの主張は強すぎずに、獣系出汁の旨味とコクをよく引き立てていた印象。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りで少し厚みのあるレアの巻きバラスライス。食べた時点では、スープの熱が多少入っていた。脂身混じりで少しプリッとした弾力を感じる歯ごたえ。味は、味付けマイルドで、多少の脂身の丸み混じりであっさりとした肉の旨味を感じる中に、サイドの胡椒の香味を多少感じる味わい。
・青ネギ輪切りは小口で細い。スープと合っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、中くらいの太さで、少しプリッとした弾力とコシを感じてプツンと切れる歯ごたえがあって、スープとの相性も良くて旨かった。みつ葉のレギュラーの麺とは違うタイプの麺で、伸びにくい感じなのが屋外イベントに合っていたと思う。
・スープは白濁獣系で、粘度は高すぎずにゼラチン感がしっかりしていて、鶏豚骨の丸みと旨味とコクをよく感じる、出汁感が濃厚な味わい。
・具は、チャーシューとネギで、みつ葉とよく似ていた。

■お気に入り度: (屋外イベントなのでお気に入り度無し)

近畿大学農学部 第50回農学部祭

■お店の情報

【大和高田市】フレンチシェフのラーメン くろす

フレンチシェフのラーメン くろす 【鶏煮込み塩らーめん】

鶏煮込み塩らーめん(790円)

鶏煮込み塩らーめんの麺

■来店の経緯等
・2016年11月3日(祝)の昼に初の訪問。2杯食べたうちの2杯目。
・このお店は、フランス料理店「ヴェルデ辻甚」プロデュースのラーメン店で、2016年10月21日(金)オープンの新店。

■食べたメニュー
・鶏煮込み塩らーめん(790円)

■お店への到着から提供までの概要
・入店時に、1杯目の「鶏塩らーめん」と合わせて注文。

■麺
・長方形で平打ちの、少しウエーブのかかった、中太か中くらいの太さの麺。最初はやや絡まり気味。
・全粒粉混じりで少し色が付いていて加水中くらいの、表面はツルッとはしておらずに、カンスイが多少効いた感じの粉の張りと適度な密度感のある麺質。食感は、程よい茹で加減で、適度に中身の詰まった中に多少のモッチリとした弾力を感じる、噛み心地のよい歯ごたえ。
・麺の味は、粉の旨味がしっかりしていて、全粒粉のコクも多少感じる味わい。
・スープとの絡みは、スープのトロミと旨味がよく絡んでいたけど、麺の味や食感もしっかりしているので、バランスは取れていた印象。

■スープ
・白濁した鶏塩。
・ややトロッとしていて、多少の油が溶け込んでおり、ややコッテリしている。
・出汁は鶏の獣系。ゼラチン感が少しあって、鶏油や肉も混じった感じの鶏のコクと旨味をよく感じる味わい。
・タレの塩は、塩気の主張は強くない感じ。
・味付けは、程よい旨味があって、ややしっかりしている。鶏のクセとかは抑えながら、出汁の旨味と組み合わさって出汁の味わいを引き立てていた印象。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りで少し厚みのある赤身スライス。レアよりは少し熱が入っている感じの、しっとりと滑らかな密度感があって割と歯切れの良い歯ごたえに、味付けマイルドで、ほんのりとした塩気があっさりとした肉の旨味を引き立てている感じの味わい。スープの味よりも繊細なので、スープに付けずに食べる方が旨かった印象。
・味玉は、黄身がトロッと半熟で、醤油系のタレの旨味が効いた味付け。
・ネギは、青ネギ輪切りと白ネギ輪切りと細かいカットの玉ネギの三種類で、スープとのバランス的には主張控えめに感じた。
・揚げた玉ネギか何かも、清湯系と較べると風味の主張は控えめで、多少の薬味になっていた。

■全体的な味の感想
・麺は、全粒粉混じりの平打ち太麺で、適度に中身が詰まった中に多少のモッチリとした弾力を感じる歯ごたえがあって、スープとのバランスも取れていた。麺同士がやや絡まり気味だったのが少々気になったかも。
・スープは鶏白湯塩で、鶏のクセとかは抑え気味ながら、鶏油や肉も混じったようなコクと旨味をよく感じられたのが良かった。
・具は、チャーシューがしっとりしていて旨かった。丼のフチに乗せての提供で、スープに付けずに食べた方が旨かったと思う。
・スープが一番気に入った。
・個人的には、1杯目の「鶏塩らーめん」よりもこちらの方が好み。
・お気に入り度は、スープが4.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

フレンチシェフのラーメン くろす(のれん)

フレンチシェフのラーメン くろす

■お店の情報

【大和高田市】フレンチシェフのラーメン くろす

フレンチシェフのラーメン くろす 【鶏塩らーめん】

鶏塩らーめん(790円)

鶏塩らーめんの麺

■来店の経緯等
・2016年11月3日(祝)の昼に初の訪問。2杯食べたうちの1杯目。
・このお店は、フランス料理店「ヴェルデ辻甚」プロデュースのラーメン店で、2016年10月21日(金)オープンの新店。

■食べたメニュー
・鶏塩らーめん(790円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の10時41分頃。既に11人待ち。後から3人割り込んできて前に14人待ちになった。

フレンチシェフのラーメン くろす

・11時2分頃、店員さんに限定メニューを注文するか聞かれる。
・開店は11時32分。その時点で50人くらい並んでいた。
・先頭から順番に案内されて、開店から6分後に入店。
・最初に店内入口の券売機で食券を買う。
・厨房対面のカウンター席に座り、注文。サービスの煮卵を付けるか聞かれて、煮卵入りで注文。
・店員さんは、厨房が男性5人。ホールは、見える範囲で5人で、男性1人と女性4人。その他、店外にも案内の店員さんがいた。
・水はカウンターのポットでセルフ。ポットにレモンスライスが入っていた。
・オシボリは席に置いてあった。
・麺は振りザルで茹でている。
・注文から提供まで15分。

■麺
・長方形で四角い、ウエーブのかかった、中太か中くらいの太さの麺。
・少し黄色くて加水少し高めの、表面がツルッと滑らかで、カンスイが効いた感じの粉の張りとふくらみと結合感のある麺質。食感は、ヤワさのない程よい茹で加減で、滑らかな弾力を感じてプツンと切れる歯ごたえ。
・麺の味は、粉の旨味がしっかりしている。卵も入っているかも。
・スープとの絡みは、表面の油がよく絡んで、旨味と風味が程よく絡んでいた。ややあっさりとした絡みながら、麺とのバランスは取れていて、風味の絡みが麺の味を引き立てていた印象。

■スープ
・清湯の塩。
・あっさりしていて、表面に多少の油が浮かんでいる。
・出汁は、鶏の獣系ベースで、香味野菜も入っているかも。タレとのバランス的には、鶏の出汁感がややあっさりしていたけど、タレと一体化した感じの旨味はあったと思う。
・タレの塩は、塩気の主張は強くなくて、マイルドな塩のコクがスープの旨味とバランスよく組み合わさっていた印象。
・味付けは、魚介か何かを仕込んだような旨味があって、野菜系か何かの香味と一体化した感じの、強い味ではないけど旨味と風味がしっかりとした味わい。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・鶏モモ肉の塩焼きは、一口大の四角いカットが何個か。若鶏っぽい柔らかな張りと弾力があって、焼いて程よく引き締まって皮も適度に油が落ちた感じの歯ごたえに、焼いた皮の香ばしさと表面の塩気の味付けと鶏モモ肉の旨味とが組み合わさった味わい。
・味玉は半分切り。黄身が半熟で、醤油系のタレの旨味が効いた味付け。
・ネギは、青ネギ輪切りと白ネギ輪切りと玉ネギの細かいカットの三種類。青ネギ輪切りが一番存在感があった印象。
・揚げた玉ネギか何かは、水分が飛んでややカリッとした歯ごたえに、風味がしっかりしていて、スープの薬味になっていた。
・その他、柚子皮が入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、ツルッとした中太で、滑らかな弾力を感じてプツンと切れる歯ごたえがあって、麺の味も粉の旨味がしっかりしていた。スープとの絡みはややあっさりながら、スープの風味の絡みが麺の味を引き立てていた印象。
・スープは清湯の塩で、鶏の出汁感はややあっさりながら、塩ダレや香味野菜と組み合わさった感じの旨味と風味がしっかりしていた。フランス料理店の系列のせいか、風味の効かせ方が割と個性的に感じた。
・具は、揚げた玉ネギか何かの風味が、スープのいい薬味になっていた。
・鶏塩焼きは、焼き加減が良好で旨かったけど、量がやや少なく感じたかも。
・個人的には、麺に絡むスープの風味が一番印象に残った。
・お気に入り度は、最初の印象が3.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【奈良市油坂町】濃厚煮干しラーメン にぼしこいし

濃厚煮干しラーメン にぼしこいし 【濃厚煮干しラーメン】

濃厚煮干しラーメン(788円)

濃厚煮干しラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年11月の平日の晩に初の訪問。
・このお店は、以前から居酒屋として営業していたお店で、2016年10月11日(火)から屋号を変えてラーメン店として営業開始。

■食べたメニュー
・濃厚煮干しラーメン(788円)
※メニュー案内の表記は税抜の730円

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客4人。

濃厚煮干しラーメン にぼしこいし

・テーブル席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水はテーブルのポットでセルフ。
・メニューには居酒屋メニューもあって、地元の人の憩いのお店の雰囲気。
・注文から提供まで6分。

■麺
・長方形平打ちの太麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・色が薄くて加水中くらいの、表面が滑らかで、カンスイ感は強くなくて、中身の詰まった粉の結合感のある、やや角張った麺質。食感は、少し固めというかヤワさのない茹で加減で、ガシッとはしていないけどやや弾力控えめで密度感のあるコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりとした粉の味をよく感じる。卵は入っていない感じ。
・スープとの絡みは、スープの油混じりのトロミと甘旨さが程よく絡んで、麺とのバランスも割と取れていたと思う。

■スープ
・白濁した獣系煮干醤油。やや温度高め。
・粘度は高くないけど少し丸みがあって、表面に獣系っぽい油がそこそこ浮かんでおり、ややオイリー。
・出汁は、鶏の獣系ベースに煮干の魚介。獣系は、ゼラチン感が控えめで、表面の油混じりの甘味と旨味を感じる味わい。表面の油は豚の油メインなのか、鶏油混じりの鶏のコクとかは控えめで、乳化のマッタリ感とかも控えめに感じた印象。
・煮干の魚介は、苦味とかはなくて、甘めの風味とコクを感じる味わいで、獣系やタレの甘旨さと組み合わさっていた。途中で海苔の上の魚粉を溶かすと、魚介の甘さが少しだけ抑えめになった気がしたけど、大きくは変わらない感じ。
・タレの醤油はコクがマイルド。
・味付けは、甘めの旨味がしっかりしていて、スープや油の甘いコクと一体化していた。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、やや薄めで少し厚みのある赤身スライス。よく熱が入っていて脂身少なめの、多少の質感があるけど割と歯切れの柔らかな歯ごたえに、味付けマイルドで程よい旨味を感じる味わいがスープと合っていた印象。
・メンマは四角くてやや太い。滑らかで噛むとスッと沈み込む中に多少の繊維感のある歯ごたえに、強い味ではなくて適度な旨味と風味を感じる味付け。
・青ネギ輪切りは、サッパリと軽快な歯ごたえと風味があった。
・その他、ナルトと海苔が乗っていた。

■全体的な味の感想
・麺は長方形平打ちの太麺で、滑らかながらやや弾力控えめで密度感のあるコシを感じる歯ごたえ。麺の味は、あっさりとした粉の味をよく感じた。
・スープは、少し丸みのある鶏白湯ベースに表面の油の丸みと熱さが効いていて、そこに魚介の甘いコクとタレの甘旨さが組み合わさった、甘旨オイリーテイスト。煮干は、多少の風味を感じたけど、苦味とかはなかった印象。表面の油は豚の油っぽく感じたけど、違うかも。
・次回訪問する機会があれば、あっさり煮干しラーメンの方を食べてみたいと思った。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【天理市】麺場 力皇

麺場 力皇 【力皇らーめん+鶏つくね6個】

力皇らーめん(780円)+鶏つくね(6個)

力皇らーめん(780円)+鶏つくね(6個)の麺

■来店の経緯等
・2016年10月30日(日)の昼、2年9か月ぶり、2回目の訪問。

■食べたメニュー
・力皇らーめん(780円)
・鶏つくね(2個)(150円)×3

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は13時58分頃。外待ち11人。
・14時30分に営業終了の札が出て、その時点で並んでいる人で終了。
・14時36分頃、先に外で注文を聞かれる。ニンニクを入れるか聞かれて、有りで注文。
・店内への案内は4~5人単位。
・到着から47分待ちで入店。厨房対面のカウンター席に座る。
・店員さんは3人で、男性1人と女性2人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・紙オシボリを出してくれた。
・店内に、荷物入れのカゴが置いてあった。
・入店から提供まで6分。

■麺
・長方形でウエーブのかかった太麺。
・少し色が付いていて加水中くらいか少し高めの、表面が滑らかで、ムチッとして適度に中身の詰まった粉の張りとボリューム感のある麺質。食感は、程よい茹で加減で、ムチッと滑らかな張りと弾力を感じてプツンと切れる、心地よい歯ごたえ。
・麺の味は、旨味をよく感じる。
・スープとの絡みは良好。スープの旨味と丸みがよく絡んで、太麺との相性も良好で、麺の旨さを引き立てていた。

■スープ
・白濁した獣系醤油。
・少しだけトロッとしていて、多少の乳化した油が溶け込んでいる。提供時には表面が泡立っていた。
・出汁は獣系。豚骨メインで、鶏も入っているかも。ゼラチン感が多少あって、よく乳化した獣系の丸みと旨味とコクを感じる、出汁感のしっかりした味わい。
・タレの醤油は少し濃いめで、旨味がしっかりしているけど醤油辛さやカドはない。
・味付けは、醤油ダレの旨味が獣系出汁の丸みやコクとバランスよく組み合わさっていた。

・途中から、トッピングのニンニクをスープに溶かしてみた。ニンニクは、色の付いたおろしニンニクで、辛味や刺激はないけど、香味が強めでしっかりしていた。スープに溶かすと、獣系出汁のコクをマスキングして、スープの味がパンチの効いた味に変化した。
・スープを完食すると、丼の底に多少の骨粉が溜まっていた。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りで少し厚みのある赤身スライス。脂身少なめで、食べた時点ではややスープに馴染んでいた。多少の質感があるけど噛むとスッと切れて口の中でフワッと崩れるような食感に、適度な旨味のある味付けが肉の旨味と組み合わさったような味わい。
・鶏つくねは、デフォと追加分を合わせて7個のドラゴンボールトッピング。少し細かめに挽いてあって、噛むとプツンと切れるような適度に中身の詰まった弾力のある歯ごたえ。味は、味付け控えめで、割とあっさりとした肉の旨味の中に、生姜か何かの香味野菜の風味をほのかに感じる味わい。
・野菜は、キャベツ、モヤシ、玉ネギ。
・キャベツは、やや大きくて平べったいのが何枚か乗っていた。少しだけ茹でてある感じの、パリッと滑らかで歯切れの良い歯ごたえに、サッパリとした味。
・モヤシはやや太めで、麺とよく絡んで、麺とのバランス的には主張がそれほど強くない感じ。
・玉ネギは四角くて小さいカット。麺を食べる際には存在感控えめだったけど、スープを飲む際には多少の存在感があって、ニンニクと共にスープの豚っぽさを抑える役割を果たしていた印象。

■全体的な味の感想
・麺は、長方形の太麺で、ムチッと滑らかな張りと弾力を感じてプツンと切れる、心地よい歯ごたえ。スープとの相性も良好で旨かった。
・スープは、豚骨メインの白濁獣系醤油で、乳化の丸みと獣系出汁のコクと醤油ダレの旨味がバランスよく組み合わさった、出汁感のしっかりした味わい。途中から、トッピングのおろしニンニクを混ぜると、獣系出汁のコクがニンニクの香味でマスキングされて、パンチの利いた味に変化した。個人的には、ニンニクを混ぜない方が旨いと思ったけど、この辺は好みの問題だと思う。
・具は、鶏つくねが追加トッピングと合わせて7個で、食べごたえがあった。
・キャベツは、大きくて平たいカットで、パリッと滑らかで歯切れの良い歯ごたえなのが良かった。
・お気に入り度は、ニンニクを混ぜる前が4.5点、混ぜた後が4点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。ニンニク無しの注文ならトータルで4.5点ぐらいだったかも。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

麺場 力皇(食後に撮影)

■お店の情報

【浦安市】チャイナボイジャー

チャイナボイジャー 【ブラックペッパーポーク麺】

ブラックペッパーポーク麺(1180円)+杏仁豆腐(380円)

ブラックペッパーポーク麺の麺

■来店の経緯等
・2016年10月の平日の昼に初の訪問。
・このお店は、東京ディズニーランドのパーク内にある中華麺レストラン。

■食べたメニュー
・ブラックペッパーポーク麺(1180円)
・杏仁豆腐(380円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は11時59分頃。外待ち多数で、待ち時間40分との案内があった。

チャイナボイジャー

・到着から27分待ちで入店。店内でも引き続き並ぶ。
・到着から40分後、行列の途中にあるレジで注文。
・店員さんは、厨房内は十数人で、レジは女性2人。その他、店外や客席にも案内係の店員さんが何人かいた。
・水は冷水機でセルフ。
・麺上げ、丼へのスープ投入、トッピングは複数人での分業による流れ作業。
・麺上げは振りザル。
・スープは、出汁とタレが一緒になった状態で大鍋に入っており、丼に麺を入れてからスープを注いでいた。
・注文から4分後、店内の渡し口でラーメンを受け取る。受け取り後、別建物の客室に移動して、カウンター席に座る。

■麺
・長方形で四角い、中細か中くらいの太さの、少し縮れた麺。
・加水中くらいの、それほどツルッとはしていないながら、カンスイが多少効いたような粉の張りと多少の密度感があって、やや角張った麺質。食感は、ヤワさのない茹で加減で、麺のコンディション的にはラーメン専門店とは少し違う感じの、ファミレスとかのラーメンっぽさのある歯ごたえ。
・麺の味は、カンスイの効いた粉の味を多少感じる。
・スープとの絡みは、あっさりしている。麺自体のカンスイか何かの風味を少し感じた気がした。

■スープ
・少し濁った獣系。割とあっさりしていて、少しだけ丸みがある。
・出汁は、恐らくは獣系で、あっさりしている。
・タレの醤油は薄めで、コクはマイルド。
・味付けは、タレの旨味がしっかりしていて、マイルドな濁り感と組み合わさっていた。
・塩辛さや刺激感はない。
・スープを完食すると、後味に胡椒か何かの香味を多少感じた。

■具材
・肉は、厚切りで長くて大きいバラ肉。提供時には丼からはみ出ていた。タレに漬けてから焼いてある感じの、筋っぽさがなくて、脂身混じりの肉の張りと弾力があって、歯切れの心地よい歯ごたえ。味は、漬けダレのマイルドな旨味と脂身の甘味と表面の胡椒の香味と焼いた香ばしさとが組み合わさった味わい。
・味玉は、黄身がやや固めの半熟で、醤油感のあまりない旨味を感じる味付け。
・青菜は、少しだけ茹でてある感じ。軸の部分がパリッとした歯ごたえに、葉の部分に苦味混じりのコクというか香味をよく感じる、ややクセというか主張のある味わい。
・その他、白髪ネギが乗っていた。

■杏仁豆腐

杏仁豆腐(380円)

・プルッとしてスッと切れる歯ごたえに、ややあっさりとしたコクと甘味を感じる味わい。
・付け合わせのフルーツは、イチゴ、ミカン、キウイで、ミカンはシロップに漬けてある感じ。容器には、フルーツのシロップも多少入っていたけど、杏仁豆腐の味にはあまり影響していなかったと思う。

■全体的な味の感想
・麺は、少し縮れた中細で、ヤワさのない茹で加減の、麺のコンディション的にはファミレスとかのラーメンっぽさのある歯ごたえ。
・スープは、メニュー案内には「とんこつ醤油」と書いてあったけど、出汁があっさりしていて、醤油も結構マイルドで、タレの旨味とマイルドな濁り感が組み合わさった味わいだった印象。
・具は、バラ肉が大きくて柔らかいのが良かった。
・青菜は、苦味混じりのコクというか香味があった。
・具の大きなバラ肉が主役のラーメン。
・杏仁豆腐は、ミッキーマウスの型が付いていたのが良かった。
・お気に入り度は、肉が3.5点で、トータルでは3点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★ (3.0)

チャイナボイジャー(開店前)

■お店の情報

【生駒市】濃とんこつラーメン 一望(ICHIBOU)

濃とんこつラーメン 一望 【濃塩とんこつラーメン】

濃塩とんこつ(750円)+濃いめ(50円)+ライス(100円)

濃塩とんこつ(750円)+濃いめ(50円)

濃塩とんこつの麺

■来店の経緯等
・2016年10月の平日の晩、1年8か月ぶり、3回目の訪問。

■食べたメニュー
・濃塩とんこつ(750円)
・濃塩とんこつのスープ濃いめ(50円)
・ライス(100円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客6人。

濃とんこつラーメン 一望

・最初に店内入口の券売機で食券を買い、食券を渡して注文。
・店内中央の大きなカウンターテーブル席に座る。
・厨房は別室で、店員さんは男性3人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・店内奥のカウンターに、セルフトッピングがまとめて置いてあった。
・注文から提供まで11分。

■麺
・長方形で少し縮れた中太麺。
・少し黄色くて加水中くらいの、表面が滑らかで、カンスイが多少効いて適度にムチッと中身の詰まった粉の張りと結合感のある麺質。食感は、程よい茹で加減で、滑らかで多少の密度感のあるコシを感じてプツッと切れる歯ごたえ。
・麺の味は、ややしっかりとした、中華麺らしい旨味を感じる味わい。
・スープとの絡みは強い。スープのドロドロ感と熱さがよく絡んでいて、どちらかというとスープ勝ちのバランスだったけど、麺の存在感もそこそこあったと思う。

■スープ
・白濁した獣系。
・色が濃くて、ドロッとしていて粘度高めでコッテリしている。
・出汁は豚骨の獣系。ゼラチン感があって、やや煮詰めた感じのドロドロ感とコッテリ感と出汁感とのバランスの取れた味わい。油も多少混じっているけど、それほど油勝ちには感じないガチのドロコッテリで、獣系のコクとか風味は割と抑え気味だった印象。
・タレの塩は、色が濃くて見た目が醤油っぽいけど、醤油とか味噌の旨味やコクがないので、消去法的に塩ベースなのかといった感じ。
・味付けは、多少の旨味があって、スープのドロドロ感とのバランスの取れた味の濃さ。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りで大きめの赤身レアスライス。しっとりと滑らかな張りを感じる歯切れの心地よい歯ごたえに、味付けマイルドで、スープと較べるとあっさりとした、閉じ込められた肉の旨味を程よく感じる味わい。
・メンマは平べったい。ポリッと滑らかな歯ごたえに、軽快で優しい旨味を感じる味付け。
・白髪ネギとカイワレは、ややスープと馴染んでいて、麺と絡むと食感のアクセントになっていた。
・その他、レモンスライスが入っていた。

■ライス+高菜

ライス(100円)+セルフトッピングの高菜

・麺と具を食べた後、残ったスープにライスとセルフトッピングの高菜を投入してみた。
・ライスを入れても、スープのドロドロ感はしっかりしていて、ややしつこい感じだったけど、高菜の旨味と塩気と多少のサッパリ感がいいアクセントになって、やや濃い味の豚骨高菜リゾットテイスト。
・高菜は、無鉄砲系列の激辛高菜と較べると辛味は控えめで、旨味と塩気とゴマ油か何かの風味が組み合わさった味付けだった。

■全体的な味の感想
・麺は、長方形で少し縮れた中太で、滑らかで多少の密度感のあるコシを感じる歯ごたえがあった。スープとの絡みは、スープのドロドロ感と熱さがよく絡んで、どちらかというとスープ勝ちのバランスだった印象。
・スープは、ドロドロして粘度高めでコッテリしていて、獣系っぽいコクとか風味とかは抑え気味だったけど、油勝ちにならずに煮詰まった感じの出汁感があったのが良かった。
・具は、レアチャーシューが良かった。ドロドロした豚骨スープとも意外と合っていた印象。
・残ったスープにライスを投入すると、スープのドロドロ感がしっかりしていて、高菜の旨味と塩気と多少のサッパリ感がいいアクセントになった、やや濃い味の豚骨高菜リゾットテイストだった。
・ドロドロ大好きな濃厚民族向けの、ガチのドロコッテリラーメン。
・お気に入り度は、トータルで4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【天理市】麺屋 一徳

麺屋 一徳 【塩らーめん+〆飯】

塩らーめん(700円)

塩らーめんの麺

■来店の経緯等
・2016年10月の平日の晩、3年5か月ぶり、3回目の訪問。
・「ミシュランガイド奈良2017特別版」で、このお店が奈良県のラーメン店初の「ビブグルマン」に選出されたということで、久しぶりに訪問してみた。

■食べたメニュー
・塩らーめん(700円)
・〆飯(180円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客8人。店内満席で、外で待つ。

麺屋 一徳

・到着から2分待ちで入店。
・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは男性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・麺上げは振りザル。
・注文から提供まで7分。

■麺
・四角くて、少しウエーブのかかった細麺。
・少し黄色くて加水中くらいの、カンスイがよく効いて滑らかに引き締まった粉の張りと密度感のある麺質。食感は、ヤワさのない程よい茹で加減で、滑らかに中身の詰まった当たりがあって、噛むとザクッとしてプツンと切れる歯ごたえ。
・麺の味は、カンスイが効いていて、割としっかりしている。
・スープとの絡みは、ややあっさりしている。スープの旨味と和風魚介の風味が程よく絡んで、麺の味とのバランスの取れた味わい。

■スープ
・清湯の塩。
・あっさりながら、表面の油がスープと多少馴染んでいる感じがあって、少し丸みのある口当たり。
・出汁は、清湯獣系ベースの魚介メイン。獣系は、恐らくは鶏で、バランス的に魚介と較べるとあっさりながら、旨味と丸みが魚介を支えるベースになっている感じ。
・魚介は、昆布と鰹節の和風テイストで、昆布の濃厚な出汁感に鰹がバランスよく組み合わさった、厚みのある旨味を感じる味わい。
・タレの塩は、優しい存在感があって、コクの主張は強くない感じ。
・味付けは、多少の塩気が出汁の旨味を引き立てている感じのバランス。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、薄切りの赤身スライス。やや低温調理っぽくて、食べた時点ではスープの熱が多少入っていた。ペラッと滑らかで、多少のしっとり感のある歯ごたえ。味は、旨味を少し感じる味付けで、閉じ込められた肉の旨味の中に豚っぽさをほんのりと感じる味わい。
・小松菜か何かの青菜は茹でてある。水分を適度に含んでパリッとした軸の歯ごたえに、コクが強くなくてややあっさりとした青菜の味。
・白髪ネギは、シャリッとした繊維感があって、食感のアクセントになっていた。風味の主張は控えめ。

■〆飯

〆飯(180円)

・麺と具を食べた後に追加で注文。
・白ご飯の上に、鶏ムネ肉と海苔の細長いカットと青ネギ輪切りが乗っている。メニュー案内に従い、残ったスープに投入してみた。
・スープの濃厚な出汁感がご飯で薄まってサッパリとした感じになって、鶏ムネ肉の旨味と青ネギ輪切りの風味がそれを補う感じの味わい。
・容器のフチに柚子胡椒が付いていて、それをスープに溶かすと、味にメリハリがついてサラサラと食べられる感じ。

■全体的な味の感想
・麺は、少し黄色くてカンスイの効いた細麺で、ザクッとしてプツンと切れる歯ごたえがあった。スープとの絡みは、和風魚介の旨味と風味が程よく絡んでいた。
・スープは、清湯獣系ベースに昆布と鰹節の濃厚な出汁感が組み合わさった和風魚介テイストで、タレの塩が出汁の旨味を引き立てていた。魚介が濃いながら雑味がなくて、シンプルで厚みを感じる旨味があって旨かった。
・具は、チャーシューがレア気味で薄切りの赤身で、閉じ込められた肉の旨味の中に豚っぽさをほんのりと感じた。
・〆飯は、ご飯でスープの濃厚な出汁感が薄まって、鶏ムネ肉の旨味と青ネギ輪切りの風味がそれを補う感じの味わいで、柚子胡椒を入れると味にメリハリが付いた。
・お気に入り度は、最初の印象が5点、後半が4.5点で、トータルでは4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【大和郡山市】豚の骨/無鉄砲がむしゃら

無鉄砲がむしゃら 【純とんこつラーメン】

純とんこつラーメン(750円)+ライス(中)(160円)

純とんこつラーメン(750円)

純とんこつラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年10月22日(土)の昼、「無鉄砲がむしゃら」としては1年ぶり、4回目の訪問。

■食べたメニュー
・純とんこつラーメン(750円)
・ライス(中)(160円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は13時40分頃。外待ち無しの先客8人。

無鉄砲がむしゃら

・最初に店内入口の券売機で食券を買う。
・壁対面のカウンター席に座り、注文。ネギ多め、麺とスープは普通を選択。
・店員さんは4人で、男性2人と女性2人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・激辛高菜はカウンターに置いてあり、セルフ。
・注文から提供まで7分。

■麺
・長方形の中太で、少し縮れたウエーブ。
・少し色が付いていて加水中くらいか少し高めの、表面が滑らかで、カンスイが少し効いて水を含んだ粉の張りと結合感とボリューム感のある麺質。食感は、固さのない程よい茹で加減で、モッチリとした中に多少中身の詰まった感じのある弾力があって、噛むとムチッとしてプツンと切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、程よい粉の旨味があって、ややしっかりしている。
・スープとの絡みは良好。スープのトロミと旨味が程よく絡んで、豚骨出汁の風味も多少絡んでいて、麺とスープとの相性は良かったと思う。

■スープ
・白濁した豚骨醤油。
・ややドロッとしていて、多少の油が溶け込んでいてコッテリしている。
・出汁は豚骨の獣系。ゼラチン感がしっかりしていて、油混じりのゼラチンのトロミと丸みの中に、肉も少し混じったような豚骨の旨味を感じる味わい。頭骨のコクとか呼び戻しのコクとかはないけど、骨を大量に使っているのがよく分かる濃厚な出汁感があった。
・タレの醤油は、多少の旨味とコクがあるけど、豚骨出汁とバランスしていて主張は控えめ。
・味付けは、適度な旨味があって、ゼラチンのトロミや出汁の味わいを引き立てていた印象。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは薄切りの巻きバラスライス。多少の弾力を感じる歯ごたえに、若干の旨味のある味付けと脂の丸み混じりの肉の旨味を感じる味わい。
・メンマは長方形でやや細め。コリッと柔らかでややしなやかな歯ごたえに、優しい旨味を感じる味付け。
・青ネギ輪切りは、多めの注文でそこそこ入っている。シャリッと滑らかな歯ごたえに、適度な強さの香味があって、スープとのバランスも良好だった。麺と絡めて食べると、麺とも合っていた。
・その他、海苔が乗っていた。

■ライス+激辛高菜
・麺と具を食べた後、残ったスープにライスとセルフトッピングの激辛高菜を投入してみた。
・スープの味がご飯で薄まるけど、高菜の辛味と風味がいい塩梅で効いていて、純豚骨スープのゼラチン感や出汁感とバランスよく組み合わさっていた。

■全体的な味の感想
・麺は、少し縮れた長方形の中太で、モッチリとした中に多少中身の詰まった弾力を感じる歯ごたえがあって、スープとの相性も良くて旨かった。
・スープは、ゼラチン感が強めでしっかりとした中に、肉も少し混じったような豚骨の旨味を感じる味わい。頭骨のコクとか呼び戻しのコクとかは無いけど、骨を大量に使っているのがよく分かる濃厚な出汁感があった。
・具は、ネギ多めの注文で、青ネギ輪切りの適度な強さの香味が麺やスープと合っていた。
・麺を食べた後、残ったスープにライスとセルフトッピングの激辛高菜を投入して食べると、スープの味がライスで薄まるのを激辛高菜が補っていて旨かった。
・久しぶりに食べたけど、やっぱり旨いと思った。
・お気に入り度は、最初の印象が4.5点で、トータルでは5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報

【奈良市南京終町】麺屋 NOROMA

麺屋 NOROMA 【鶏そば+チャーシュー丼セット】

鶏そば+チャーシュー丼セット

鶏そば(750円)

鶏そばの麺

■来店の経緯等
・2016年10月22日(土)の昼、4か月ぶり、17回目の訪問。

■食べたメニュー
・鶏そば(750円)
・チャーシュー丼セット(250円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の11時8分頃。既に15人待ち。
・開店は11時28分。一巡目で入店できずに外で待つ。
・外で待っている間、先に注文を聞かれる。単品じゃないセットメニューは平日のみだが、この日はチャーシュー丼をセットで提供していた。
・開店から19分待ちで入店。厨房対面のカウンター席に座る。
・店員さんは4人。店主さんは不在。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・入店から提供まで5分。

■麺
・長方形で平打ちの中太ストレート。
・色が薄くて加水やや高めの、表面が滑らかで、カンスイが多少効いた粉の張りと結合感があって、平打ち気味ながらペラッとはしていない麺質。食感は、程よい茹で加減で、適度に中身の詰まった弾力とコシを感じてプツンと切れる歯ごたえ。
・麺の味は、粉の旨味を程よく感じる。
・スープとの絡みは、強くはないけど、麺の味や食感とのバランスは取れていたと思う。スープの旨味がサラッと絡んで、麺の旨さを主役に感じるバランス。

■スープ
・白濁した獣系醤油。
・割とサラッとした中に少しだけトロッとした丸みがあって、表面に多少の濁った油が浮かんでいる。
・出汁は鶏の獣系メインで、魚介も少し入っているかも。獣系は、ゼラチン感が少しあって、やさしいトロミと旨味がメインの味わい。鶏油混じりの獣系のコクとか、乳化のクリーミーさとかは控えめだったと思う。
・タレの醤油は旨味メインで、コクはマイルド。
・味付けは、醤油ダレの甘めの旨味がしっかりしていて、出汁のトロミや旨味と組み合わさっていた印象。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、厚切りでレアの肩ローススライス。食べた時点ではスープの熱が入っていた。ムチッと中身の詰まった肉の弾力があって、脂身の部分に多少の筋っぽさを感じる歯ごたえ。味は、少し甘めでマイルドな旨味を感じる味付けと、肉の旨味とが組み合わさった感じの味わい。
・白ネギ輪切りは、シャリッと優しい歯ごたえと風味があって、主張し過ぎずにスープと合っていた。
・その他、カイワレとナルトが乗っていた。

■チャーシュー丼

チャーシュー丼セット(250円)

・丼というより茶碗サイズの容器に、タレをまぶした白ご飯が入っていて、刻みチャーシューと白ネギ輪切りがトッピングしてある。
・刻みチャーシューはレアで、味付けはマイルド。
・白ネギ輪切りはあっさりしていて、脇役的な存在だった。
・最初の方はあっさりとした味わいだったけど、底の方にタレが溜まっていて、タレとご飯とトッピングを混ぜながら食べると、いい感じの味の濃さになった。
・タレは、甘めのコクがある醤油にミリンか何かをプラスしていて、濃い味過ぎずに甘旨い醤油感があって、ご飯と刻みチャーシューの味をまとめていた印象。

■全体的な味の感想
・麺は、加水やや高めの長方形平打ち中太で、適度に中身の詰まった弾力とコシを感じる歯ごたえがあった。スープとの絡みは、麺の旨さを主役に感じるバランスだった印象。
・スープは、優しいトロミと旨味がメインの鶏白湯に、醤油ダレの甘めの旨味が組み合わさった、旨味のしっかりした味わい。鶏の風味やコクは控えめだったかも。
・具は、チャーシューが厚切りのレアで、脂身の部分に多少の筋っぽさがあった。
・白ネギ輪切りは、歯ごたえや風味が主張し過ぎずに、スープと合っていた。
・レアチャーシュー丼は、底の方に甘旨い醤油ダレが溜まっていて、白ご飯とタレとトッピングの刻みレアチャーシューを混ぜながら食べると、いい感じだった。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

関西ラーメンダービー準優勝の表彰盾

■お店の情報

【大東市】麺や而今

麺や而今 【濃厚中華ソバ】

濃厚中華ソバ(800円)

濃厚中華ソバの麺

■来店の経緯等
・2016年10月の平日の夕方、3週間ぶり、16回目の訪問。2杯食べたうちの2杯目。
・このお店では、木・金の夜営業限定で「中華ソバ 伊吹」リスペクトの煮干ラーメンを提供しており、提供日に訪問。

■食べたメニュー
・濃厚中華ソバ(800円)
(濃厚中華ソバは、木・金の夜のうち告知のある日のみ提供。この日の提供数は22杯)

■お店への到着から提供までの概要
・入店時に、1杯目の「にごり中華ソバ」と合わせて注文。

■麺
・四角い中細麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・白くて加水やや低めの、カンスイ感は強くなくて、程よく引き締まった粉の張りと密度感があって、やや角張った麺質。食感は、少し固めの茹で加減で、中身の詰まった感じの当たりと多少のコシがあって、噛むとザクッとしてパツンというかプツンと切れる歯ごたえ。1杯目のにごり中華ソバよりも少し固めの茹で加減に感じた。
・麺の味は、あっさりとした粉の味わい。麺に絡んだスープの味の方が主役に感じたかも。
・スープとの絡みは結構強い。スープのトロミと丸みと煮干の濃厚さがよく絡んで、最初からガツンとは来ないけど、煮干の濃厚でビターなコクをジワジワと感じた。スープ自体の味よりも、麺との絡みの方が煮干のビターさをよく感じられた印象。

■スープ
・白濁した獣系煮干醤油。
・ややトロッとしていて、多少の油が溶け込んでいる。
・出汁は、白濁獣系ベースに煮干。獣系は、ゼラチン感が少しあって、トロミと丸みがメインの味わいで、煮干とバランスよく組み合わさっていた印象。
・煮干は、灰色に濁っていて、濃厚で良質感のあるビターなコクを感じる味わい。苦味は多少あるけど、旨味とのバランスが取れており、ガツンとしたインパクトはなくて、エグミとか雑味もなかった。Twitterの告知では、愛媛いりこと九十九里2種で仕上げている模様。
・タレの醤油は、コクの主張がマイルド。
・味付けは、穏やかな旨味があって、獣系出汁の丸みや煮干の濃厚さとバランスよく組み合わさっていた。
・塩気は強くなくて、刺激感はない。

■具材
・チャーシューは厚切りのバラスライス。脂身はブルっと柔らかな弾力があって、肉の部分はやや引き締まった密度感のある歯ごたえに、味付けマイルドで、肉の豚っぽさを多少感じる味わい。スープに絡めると、肉の歯ごたえがスープのトロミや濃い味と割と合っていたかも。
・玉ネギは四角いカット。シャリッとした程よい張りを感じる歯ごたえに、サッパリとした味で、香味の主張はスープの濃厚さでコーティングされていた感じ。
・その他、海苔が乗っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、加水やや低めの中細で、茹で加減少し固めのザクッとした歯ごたえがあって、スープのトロミと丸みと煮干の濃厚さがよく絡んでいた。
・スープは、白濁獣系のトロミと丸みのベースに、煮干の濃厚でビターなコクが組み合わさっていて、苦味はあるけどキツくはない感じの、濃厚さの中に良質感のある味わい。個人的には、スープ自体の味よりも麺との絡みの方が、煮干のビターさをよく感じられた印象。
・具は、厚切りのバラチャーシューがやや強めの歯ごたえだったけど、トロッとした濃厚スープと絡めて食べると、歯ごたえの強さはそれほど気にならなかったかも。
・玉ネギも、スープの濃厚さにコーティングされ気味に感じた。
・個人的には、もう少しベタなニボニボガツンの煮干ラーメンも好みだけど、それより上のレベルを目指している感じの、ガチの濃厚煮干ラーメン。
・お気に入り度は、前半が5点、後半が4.5点で、トータルでは4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【大東市】麺や而今

麺や而今 【にごり中華ソバ】

にごり中華ソバ(750円)

にごり中華ソバの麺

■来店の経緯等
・2016年10月の平日の夕方、3週間ぶり、16回目の訪問。2杯食べたうちの1杯目。
・このお店では、木・金の夜営業限定で「中華ソバ 伊吹」リスペクトの煮干ラーメンを提供しており、提供日に訪問。

■食べたメニュー
・にごり中華ソバ(750円)
(にごり中華ソバは、木・金の夜のうち告知のある日のみ提供。この日の提供数は24杯)

■お店への到着から提供までの概要
・入店し、入口側のカウンター席に座る。
・店員さんは4人で、男性2人と女性2人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・足元に荷物入れのカゴが置いてあった。
・入店から提供まで3分。

■麺
・四角い中細麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・白くて加水やや低めの、カンスイ感は控えめで、割と滑らかに引き締まった粉の張りとふくらみと適度な密度感があって、少し角張った麺質。食感は、ヤワさのない程よい茹で加減で、少し水を含んだ張りを感じる当たりがあって、噛むとザクッとしてプツンと切れる、心地よい歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりとした粉の旨味をよく感じる味わい。
・スープとの絡みは、煮干のコクや風味の絡みは割とあっさりしていて、程よい旨味が麺の味を引き立てている感じ。どちらかというと、麺が主役のバランス。

■スープ
・濁った煮干醤油。
・割とあっさりながら、煮干で濁っていて、表面の油が少し馴染んだ感じの丸みを感じる口当たり。
・出汁は煮干メインの魚介。獣系は不使用か、もしくは油だけかも。細かい破片混じりの、丸みのある煮干の旨味とコクがあって、その中に多少の塩気を感じる味わい。苦味は控えめだったと思う。
・タレの醤油は薄めで、コクはマイルド。
・味付けは、適度な旨味があって、出汁の旨味や塩気とバランスよく組み合わさっていた。麺との絡みはあっさりに感じたけど、スープ自体の味は、多少の塩気があって、割としっかりとした煮干の旨味があった。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは厚切りのバラスライス。脂身は柔らかくて、肉の部分はやや強めでしっかりとした歯ごたえに、味付けマイルドで、脂身混じりの肉の豚っぽさを少し感じる味わい。
・玉ネギは四角いカット。シャリッとした張りを感じる歯ごたえに、刺激や辛味の強くないサッパリとした香味があって、スープの薬味になっていた。
・その他、海苔が乗っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、加水やや低めの中細で、程よい茹で加減のザクッとしてプツンと切れる心地よい歯ごたえ。麺との絡みは割とあっさりしていて、粉の旨味をよく感じられた。
・スープは濁った煮干で、煮干の旨味とコクと塩気があって、苦味は控えめに感じた。麺との絡みはあっさりしていたけど、スープ自体の味は、煮干の塩気が効いていて割としっかりしていた印象。
・具は、チャーシューが厚切りのバラで、肉の部分がやや強めの歯ごたえだった。個人的には、肉の厚みやスープとのバランス的には、もう少し柔らかい方が好みかも。
・麺を食べている時は麺の味わいを楽しめて、スープを飲むとスープの旨さを楽しめる、淡麗中華ソバとも濃厚中華ソバともひと味違う味わいの煮干ラーメン。
・お気に入り度は、チャーシューが3.5点で、トータルでは4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【奈良市大宮町】梅光軒 奈良店

梅光軒 奈良店 【みそらーめん】

みそらーめん(750円)

みそらーめんの麺

■来店の経緯等
・2016年10月の平日の晩、4年3か月ぶり、2回目の訪問。

■食べたメニュー
・みそらーめん(750円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無し。カウンター席に先客4人。

梅光軒 奈良店

・テーブル席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは男性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・カウンター席の先客は、地元の常連さんっぽい感じ。
・味噌ラーメンの具とスープは、中華鍋で炒め煮していた。
・麺上げは平ザル。
・注文から提供まで7分。

■麺
・四角くて少し縮れた細麺。中細麺に近い細麺。
・色が薄くて加水中くらいか少し低めの、カンスイ感は強くないけどやや滑らかで、多少の密度感のある粉のふくらみを感じる麺質。食感は、固くなくヤワくなくの程よい茹で加減で、縮れの弾力の中に多少中身の詰まった感じの当たりがあって、軽快なコシを感じてサクッとしてプツンと切れる歯ごたえ。
・麺の味は、ややあっさりとした粉の旨味を感じる味わい。
・スープとの絡みは、スープの旨味に油と味噌のパンチが程よくサラッと絡んで、麺の味とのバランスが取れていたと思う。スープの熱さもよく絡んでいて、麺の味を引き立てていた。

■スープ
・清湯の味噌。温度高めの熱々。
・あっさりしていて、表面にサラッとした炒め油が多少浮かんでいる。
・出汁は、恐らくは清湯獣系ベースで、魚介も入っているかも。油や味噌とのバランス的にはあっさりしているけど、出汁感のある旨味を多少感じた気がした。
・表面の油は、中華鍋で炒めた香ばしい風味があって、食欲をそそっていた。
・タレの味噌は多少の色が付いていて、濃い味過ぎずに、適度な強さの塩気と旨味とコクを感じる味わい。
・味付けは、味噌の旨味と塩気に、多少の熱が入ったニンニクの旨味と風味が効いていて、味噌の中に練り込まれたような辛味も多少感じた。程よいパンチがあって、炒め油の熱さや風味とバランスよく組み合わさっていた印象。

■具材
・肉は、ミンチ肉が多少入っていた。やや柔らかめの張りと弾力のある歯ごたえに、味付けは強くなくて、スープや野菜と組み合わさって、味噌ラーメンに肉の旨味をプラスしていた。
・メンマは太くて四角い。噛むとスッと割けるような、軽快な厚みと密度を感じる繊維感のある歯ごたえに、ほんのりとした風味を感じる味付け。
・野菜は玉ネギとモヤシ。
・玉ネギは一口サイズのカットで、中華鍋で炒めていて、適度に火が通っていながらシャキッとした歯ごたえに、生っぽさがなくてサッパリとした旨味を感じる味わい。
・モヤシはやや太め。柔らか過ぎずに程よく茹でるか煮るかしてあって、パリッとした歯ごたえに、ややあっさりとした味がスープや他の具と合っていた印象。麺と絡むと、食感的に麺よりやや強く感じた。
・その他、青ネギ輪切りが入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、少し縮れた中細寄りの細麺で、軽快なコシを感じてサクッとしてプツンと切れる歯ごたえがあった。後半は、麺よりも具の野菜が主役だったけど、これはこれで旨いと思った。
・スープは、あっさりとした清湯出汁に、ニンニクが効いて多少の辛味も感じる味噌ダレの味付けで、そこに炒め油の熱さと風味が組み合わさった、程よいパンチを感じる味わい。
・具は、玉ネギが中華鍋で炒めてあって、適度に火が通ってシャキッとしていたのが良かった。
・寒い季節にぴったりの、パンチがあるけど濃い味過ぎずにバランスの取れた味噌ラーメン。
・お気に入り度は、最初の印象が4点、途中の麺に野菜が絡んできた時が3.5点、後半の野菜主役の時が4点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【12件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【21件】
2017年 07月 【30件】
2017年 06月 【15件】
2017年 05月 【20件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ