【別府市】六盛

六盛 【冷麺】

冷麺(750円)

冷麺の麺

■来店の経緯等
・2016年9月、宮崎県と大分県に遠征。3日目の昼に初の訪問。
・このお店は、別府のご当地麺「別府冷麺」の人気店ということで、興味を持ち訪問してみた。

■食べたメニュー
・冷麺(750円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は12時29分。外待ち20人。店外入口の待ちリストに名前を書いて外で待つ。

六盛

・入店は、到着から25分待ちの12時54分。
・厨房対面のカウンター席に座り、壁のメニューを見て注文。
・店員さんは5人で、男性3人と女性2人。
・冷たいお茶は冷水機でセルフ。
・冷麺や温麺じゃない普通のラーメン系メニューもあり、そちらを注文しているお客もそこそこいた。
・注文から提供まで10分。

■麺
・長方形の太麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・蕎麦粉入りで色が少し濃くて加水中くらいの、ゴワッとはしておらずに、引き締まった粉の密度感とボリューム感があって、やや角の丸まった麺質。食感は、少し固めに感じる茹で加減で、水で締めて引き締まっており、弾力は控えめで中身の詰まったコシがあって、噛むとブツッと切れるような歯ごたえ。
・麺の味は、蕎麦粉混じりの粉のコクをよく感じる、しっかりとした味。
・スープとの絡みは、スープの旨味と酸味がサラッと絡んで、麺の旨さ主体で食べる感じのバランス。

■スープ
・冷たい清湯。
・あっさりしていて、油もほとんど入っていない。
・出汁は、キムチの味が強くてよく分からなかったけど、あっさりとした旨味があった。後で調べたところ、牛と昆布の出汁だった模様。
・タレは、ベースが薄い醤油か何かで、優しい旨味があった。そこに、具のキムチの酸味がプラスされて、あっさりと旨酸っぱい味わい。最初の方は、ほんのりとした酸味だったけど、キムチとスープが混ざるに従って、だんだんキムチの旨辛酸な味が強まってきた印象。

■具材
・チャーシューは牛の赤身スライス。加工された肉の、引き締まった密度感がありながら歯切れの良い歯ごたえに、豚肉と較べて旨味とコクが濃厚な味わいで、多少の味付けがそれを引き立てていた。
・茹で卵は半分切り。黄身は固すぎない茹で加減で、味付けはなかったと思う。
・キムチは、しんなりと滑らかでパリッとした歯ごたえに、辛味と酸味が強めに効いた味付けで、スープにもキムチの酸味がよく溶け込んでいた。
・その他、青ネギ輪切りと白ゴマが入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、蕎麦粉入りの太麺で、弾力が控えめで中身の詰まったコシを感じる強めの歯ごたえがあって、麺の味も旨かった。
・スープは、あっさりと冷たくて、麺とも合っていた。具のキムチの酸味がプラスされていて、最初の方はほんのりとした酸味だったけど、キムチとスープが混ざるに従って、だんだんキムチの旨辛酸な味が強まってきた印象。
・具は、キムチが辛味と酸味が強めに効いた味付けだった。
・チャーシューは牛肉で、冷麺との相性も良かった。
・個人的には、今まで冷麺はほとんど食べたことがなかったけど、この冷麺は旨いと思った。蕎麦粉入りの麺が旨くて、スープや具も麺と合っていたと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報
スポンサーサイト

【大分市】丸優ラーメン

丸優ラーメン 【ラーメン】

ラーメン(600円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年9月、宮崎県と大分県に遠征。3日目の朝と昼の合間に初の訪問。

■食べたメニュー
・ラーメン(600円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の10時34分。車の中で待っている人がいたけど、一応シャッターポール(開店前の待ちの先頭)。

丸優ラーメン

・開店は10時35分。
・厨房対面のカウンター席に座り、壁のメニューを見て注文。
・店員さんは4人で、男性2人と女性2人。
・水は冷水機でセルフ。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・冷水機の横に、セルフトッピングの辛子高菜とモヤシがまとめて置いてあった。レンゲもそこにまとめて置いてあった。
・メニューを見ると、替え玉は無しで、代わりに中盛と大盛がある。
・注文から提供まで1分。

■麺
・四角くて少しウエーブのかかった細麺。
・色が薄くて加水やや低めの、引き締まった粉の密度感とソリッド感があって、やや角の丸まった麺質。食感は、少し固めの茹で加減で、多少のコシというか固さを感じてザクッと切れるような歯ごたえ。
・麺の味は、ややあっさりとした粉の味の中に、多少の旨味を感じる味わい。
・スープとの絡みは、ややあっさりしているけど、細麺なのでバランスは取れていたと思う。油の丸みと豚骨出汁の風味が程よく絡んで、麺の味を引き立てていた。

■スープ
・白濁した獣系。
・サラッとしていて、表面に多少の油が浮かんでいる。
・出汁は豚骨メインの獣系。割とライトながら、頭骨を使ったような豚骨出汁の風味とコクをよく感じる味わい。サラッとした乳化の丸みがあって、骨粉感はなかったと思う。
・タレは、恐らくは薄い醤油ベースで、醤油のコクはマイルド。
・味付けは、タレの調味料系の旨味が強めでしっかりしていて、豚骨出汁の風味やコクと組み合わさっていた。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りで少し厚みのある巻きバラスライス。脂身はトロッと柔らかくて、肉の部分も柔らかめながら多少引き締まった感じの歯ごたえに、旨味のあるタレの味付けと脂身の丸みとが組み合わさった味わい。
・青ネギ輪切りは、香味が多少しっかりしていて、スープの薬味の役割を果たしていた。

■全体的な味の感想
・麺は細麺で、多少のコシというか固さを感じてザクッと切れるような歯ごたえ。
・スープは白濁豚骨で、出汁がサラッとしていて割とライトながら、頭骨を使ったような風味とコクがあって、タレの旨味と組み合わさった味わい。博多ラーメン的なテイストだった印象。
・具は、青ネギ輪切りの香味が多少しっかりしていた。
・お気に入り度は、最初の印象が3.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【大分市】大分ラーメン おめでたい

大分ラーメン おめでたい 【ラーメン】

ラーメン(600円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年9月、宮崎県と大分県に遠征。2日目の晩に初の訪問。
・このお店は、大分駅前にあるお店で、一骨家の系列店。

■食べたメニュー
・ラーメン(600円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は閉店間際の23時23分頃。外待ち無しの先客8人。

大分ラーメン おめでたい

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは3人で、男性2人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターに据置きのアウトドア用ポットでセルフ。
・店内には提灯がいくつも吊り下げてあり、今風の大衆酒場的な雰囲気。メニューにはおでんもあった。
・注文から提供まで4分。

■麺
・四角い細麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・白くて加水中くらいか少し低めの、カンスイ感は強くなくて、滑らかに引き締まった粉の張りと密度感があって、少し角張った麺質。食感は、程よい茹で加減で、多少のコシを感じながら、ザクッとしてプツンと切れるような歯ごたえ。同じ日に食べた、同じ系列のトラの夢一骨家と較べると、少し柔らかめの茹で加減だった印象。
・麺の味は、あっさりとした粉の味わい。
・スープとの絡みは、ややあっさりしていたけど、細麺なのでバランスは取れていたと思う。

■スープ
・白濁した豚骨醤油。
・粘度は高くないながら、多少の丸みがあって、油は多くない感じ。
・出汁は豚骨の獣系。ゼラチン感は控えめで、頭骨を炊いて少し熟成させたようなコクと風味をよく感じる味わい。骨粉感までは行かない感じながら、ドロドロやコッテリに走らずに、頭骨の出汁感自体がメインのガチな豚骨スープ。トラの夢とはテイストが違っていたように感じた。
・タレの醤油は、コクの主張がマイルド。
・味付けは、多少の旨味と塩気があって、出汁と組み合わさって味をまとめていた。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、厚切りのバラスライス。片面を少し炙っていて、焦げ目が付いていた。肉の部分も割と柔らかめの歯ごたえで、スープに沈めたせいか、炙って引き締まった感じはやや控えめだったかも。味は、濃い味付けではないながら、よく味わうと多少の塩気を感じた気もした。
・ホウレン草は、やや柔らかめに茹でてある。柔らかな張りのある歯ごたえに、ホウレン草のコクも少し感じたけど、ネギの香味の方が存在感はあったと思う。
・海苔は風味がしっかりしていた。
・青ネギ輪切りは白い部分も混じっていて、香味が結構しっかりしていて、スープに対して結構主張していた。

■全体的な味の感想
・麺は細麺で、ザクッとしてプツンと切れるような歯ごたえがあった。
・スープは、頭骨を炊いているようなコクと風味があって、骨粉感までは行かない感じながら、ガチの豚骨スープなのが良かった。
・具は、ホウレン草が入っていたのが個性的だったけど、ネギの存在感の方が強かった気がした。
・ネギは、このお店の独自仕入れなのか、トラの夢一骨家のネギと較べて香味がしっかりしていて、スープに対して結構主張していた。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【大分市】一骨家

一骨家 【ラーメン】

ラーメン(600円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年9月、宮崎県と大分県に遠征。2日目の晩に初の訪問。
・このお店は、「トラの夢」と同じ会社の系列店で、こちらの方が元祖。

■食べたメニュー
・ラーメン(600円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は21時20分頃。外待ち無しの先客5人。ちなみに、お店の看板には店名が書いておらず、「キングコング トンコツスープの店」と書いてある。

一骨家

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは男性3人。
・水は出してくれた。カウンターには冷たいお茶のポットが置いてあり、セルフ。
・メニュー構成やシステムは「トラの夢」とよく似ていた。
・注文から提供まで4分。

■麺
・四角い細麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・白くて加水中くらいかやや低めの、滑らかに引き締まった粉の張りと密度感があって、やや角張った麺質。食感は、少し固めに感じる茹で加減で、細身ながらコシがしっかりしていて、噛むとパツンとしてザクッと切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりとした粉の味わい。
・スープとの絡みは、スープの旨味と風味が程よくサラッと絡んでいた。それほど強い絡みではないけど、あっさりとした味の細麺とのバランスは取れていたと思う。

■スープ
・白濁した豚骨醤油。
・少しだけトロッとしていて、表面に多少濁った豚の油が浮かんでいる。それほどコッテリはしていなかったと思う。
・出汁は豚骨の獣系。ゼラチン感が少しあって、豚骨の出汁感やコクはきちんとある中に、多少の油の丸みが加わった感じの味わい。
・タレの醤油は少し濃いけど、旨味メインで丸みがあってカドはない。
・味付けは、醤油ダレの旨味に厚みがあって、豚骨出汁のコクと組み合わさっていた。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは厚切りのバラスライス。脂身はトロッと柔らかくて、肉の部分は固くはないけどやや引き締まっていて、厚みを感じる歯ごたえ。味は、タレの味は濃くはないけど、トラの夢と較べると多少の塩気を感じたかも。食感や風味的には、炙った感じが少しあった。
・海苔は風味がしっかりしていた。
・青ネギ輪切りは、白い部分も混じっていて、サッパリとした歯ごたえと風味があって、スープと合っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、細麺ながらコシがしっかりしていて、パツンとしてザクッと切れる感じの歯ごたえがあった。
・スープは、豚骨の出汁感やコクがきちんとある中に、多少の油の丸みや醤油ダレの旨味の厚みが組み合わさった味わい。
・具は、バラチャーシューが厚切りで、固くはないけどやや引き締まった歯ごたえがあった。
・ラーメンの基本的な構成は「トラの夢」と同じで、特に麺はほぼ一緒だったけど、スープやチャーシューのテイストは微妙に違っていた印象。豚骨スープはブレもあるので、違う日に食べれば、また違った印象を受けるかも。
・お気に入り度は、トータルで4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【大分市】つけ麺 らー麺 はぐるま

つけ麺 らー麺 はぐるま 【塩つけ麺】

塩つけ麺(650円)

塩つけ麺の麺

■来店の経緯等
・2016年9月、宮崎県と大分県に遠征。2日目の晩に初の訪問。

■食べたメニュー
・塩つけ麺(650円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は19時13分頃。外待ち無しの先客12人。

つけ麺 らー麺 はぐるま

つけ麺 らー麺 はぐるま(暖簾)

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは3人で、男性2人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・厨房の入口側に製麺室があった。
・お店は木造で、店内の雰囲気はログハウス風。メニューには「一乗寺どろラーメン」とかがあって、九州のお店ながら関西的なノリを感じた。
・注文から提供まで10分。

■麺
・長方形の中太で、少しウエーブのかかったストレート。
・少し色が付いていて加水少し高めの、表面がツルッと滑らかで、カンスイが適度に効いた粉の張りと結合感があって、程よいみずみずしさを感じる麺質。食感は、固さのない程よい茹で加減で、水で締めてあって、心地よい弾力とコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、カンスイが効いて卵も入った感じの、やや多加水な粉の旨味を感じる味わい。
・つけ汁との絡みは、つけ汁の塩気と魚介の味が強めに絡んで、麺の味を引き立てていた。後半、チャーシューと青菜をつけ汁に投入すると、絡みが弱まってマイルドになった。

■つけ汁
・魚介塩。提供時は温度高めの熱々。
・ベースは清湯系で、魚介の細かい破片で濁っていて、表面に多少の油が浮かんでいる。
・出汁は、恐らくは清湯獣系ベースの魚介メインか。獣系はあっさりしていて、バランス的に魚介の味が強くてよく分からなかった感じ。
・魚介は、節系か何かの細かい破片がガッツリ入っていて、乾物魚介の味と風味が濃厚な味わい。
・タレの塩は、塩気と塩のコクが強めに効いていて、魚介とバランスしていた感じ。塩気の中に、何かの香味もプラスしてあった気もしたけど、違うかも。

割りスープ

・麺と具を食べ終わった後、割りスープを頼んでみた。
・割りスープは、小さなポットで提供。鶏清湯出汁ベースに魚介も加えたような旨味と風味があった。
・つけ汁をスープで割ると、つけ汁の塩気や魚介の味が薄まって飲みやすくなった。

■具材
・ネギ以外の具は、麺の上に乗っていた。チャーシューと青菜は、案内書きに従って、つけ汁に入れてから食べた。
・チャーシューは、やや厚切りのスライス。脂身混じりで、部位はよく分からなかった。割と柔らかい中に、多少の筋か何かのプリッとした弾力を感じる歯ごたえがあった。
・青菜は、小松菜か何かで、茹でてある。軸のパリッと軽快な歯ごたえがあって、味は、つけ汁の魚介と塩気がよく絡んでいた。
・味玉とメンマは、つけ汁に付けずにそのまま食べた。
・味玉は、黄身がトロッと粘度高めの半熟で、旨味のある醤油系のタレの味付け。
・メンマは平べったい。滑らかで柔らかめの繊維の張りを感じる歯ごたえに、多少の旨味があって、ゴマ油か何かの風味をほんのりと感じる味付け。
・その他、海苔が乗っていた。

・つけ汁の容器には、青ネギ輪切りが入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、長方形の中太で、心地よい弾力とコシを感じる歯ごたえがあって、麺の味も旨かった。つけ汁との絡みは、つけ汁の塩気と魚介の味が強めに絡んで、麺の味を引き立てていた。
・後半、具をつけ汁に投入すると、麺とつけ汁との絡みが弱まった。
・つけ汁は、清湯ベースに節系か何かの細かい破片がガッツリ入っていて、乾物魚介の味と風味が濃厚な味。タレの塩も塩気強めで、魚介とバランスしていた。
・具は麺の上に乗っていた。清湯ベースのつけ汁に途中から具を投入すると、つけ汁の温度が低下するので、個人的には、つけ汁に入れずにそのまま食べる方が好みかも。
・麺が旨いつけ麺で、塩ベースのつけ汁も個性的だった。
・お気に入り度は、麺と前半が4.5点、後半が4点で、トータルでは4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【大分市】トラの夢

トラの夢 【ラーメン】

ラーメン(600円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年9月、宮崎県と大分県に遠征。2日目の夕方に初の訪問。

■食べたメニュー
・ラーメン(600円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は17時37分頃。外待ち無しの先客3人。

トラの夢

トラの夢(横から)

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは4人で、男性3人と女性1人。
・水は冷水機でセルフ。
・注文から提供まで4分。

■麺
・四角い極細ストレート。
・白くて加水やや低めの、カンスイ感は強くなくて、滑らかに引き締まった粉の張りと密度感があって、やや角張った麺質。食感は、少し固めに感じる程よい茹で加減で、コシが結構強くて歯切れが多少粘りながら、パツンとしてプツンと切れるような歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりとした粉の味わい。
・スープとの絡みは、スープの旨味と豚骨出汁の風味が程よくサラッと絡んでいた。それほど強い絡みではないけど、極細麺なのでバランスは取れていたと思う。

■スープ
・白濁した獣系醤油。
・少しトロッとしていて、油は割と控えめだった印象。
・出汁は豚骨の獣系。多少のゼラチン感があって、頭骨のコクとか骨粉感とかは感じないながら、豚骨100%なのがよく分かる味わいで、それほど濃厚な味じゃないけど、出汁感がしっかりしていた印象。ちなみに、後で調べたところ、頭骨を使っている模様で、たまたまのスープのコンディション的に頭骨を感じ難かったのかも。
・タレの醤油は甘めの旨味があって、少し濃いけど塩気やコクはマイルド。
・味付けは、醤油ダレの旨味が出汁とバランスしていて、豚骨の味わいを引き立てていた印象。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは厚切りのバラスライス。柔らかな歯ごたえに、味付けマイルドで、脂身の甘味混じりであっさりとした肉の旨味を感じる味わい。
・海苔は二枚で、風味がしっかりしていた。
・青ネギ輪切りは、白い部分も少し混じっていて、サッパリとフレッシュな歯ごたえと風味がスープと合っていた。

■全体的な味の感想
・麺は極細のストレートで、細身ながらコシが強くて、パツンとしてプツンと切れる感じの歯ごたえがあった。
・スープは、豚骨100%なのがよく分かる味わいで、デフォのスープだとそれほどコッテリはしていなかった印象。たまたまのスープのコンディションか、頭骨のコクとかは感じなかった気がした。
・具は、バラチャーシューが厚切りで柔らかくて、味付けマイルドで旨かった。
・個人的には、スープが一番気に入った。
・お気に入り度は、最初の印象が4点で、トータルでは4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【佐伯市】香蘭

香蘭 【ラーメン】

ラーメン(600円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年9月、宮崎県と大分県に遠征。2日目の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・ラーメン(600円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は13時24分頃。外待ち1人。

香蘭

・到着から4分待ちで入店。
・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水は冷水機でセルフ。
・麺は大鍋で茹でていて、麺上げは平ザル。
・注文から提供まで12分。

■麺
・四角くて中くらいの太さの麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・色が薄くて加水中くらいの、カンスイが少し効いていて多少中身が詰まった感じの優しい粉の張りとふくらみがあって、割と角張った麺質。食感は、芯や固さはないながら少しだけ引き締まった感じの程よい茹で加減で、多少のムチッとした張りを感じて切れるような歯ごたえ。
・麺の味は、ややあっさりながら、適度に旨味を感じる。
・スープとの絡みは強め。スープの塩気と表面の油の風味がよく絡んで、やや濃い味に感じた。

■スープ
・濁った獣系醤油。
・サラッと濁っていて、表面に獣系の油がやや多めに浮かんでいる。
・出汁は獣系で、恐らくは豚骨メイン。タレや油とのバランス的に、出汁感はよく分からなかったけど、肉かチャーシューの煮汁も入ったような旨味を感じる味わい。
・表面の油は、恐らくは豚の油で、何かの香味を付けてあるように感じた。ニンニクの風味だったかも。
・タレの醤油はやや濃いめで、味噌を思わせるような厚みのある旨味を感じるコクがあった。
・味付けは結構強くて、麺との絡みでは塩気がよく絡んでいたけど、スープ自体の味では、醤油ダレの旨味に厚みがあり、肉っぽい旨味もあって、濃い味ながら塩気はそれほど前に出ていなかった印象。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、少し厚みのあるバラスライス。固くなくて、程よい質感のある歯ごたえに、多少の旨味を感じる味。全体のバランス的に、あまり印象に残らなかったかも。
・モヤシは細め。パリッとキレの良い歯ごたえがあって、表面の油の風味が絡んでいた。
・その他、青ネギ輪切りと白ゴマが入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、中くらいの太さの四角い麺で、茹で加減は程よくて、多少のムチッとした張りを感じる歯ごたえがあった。スープとの絡みはやや強めで、スープの塩気と表面の油の風味がよく絡んでいた。
・スープは、表面に獣系の油が多めに浮かんでいて、醤油ダレの味付けはやや濃いめ。バランス的に出汁感はよく分からなかったけど、スープ自体の味では肉かチャーシューの煮汁も入ったような旨味があって、濃い味なりによくまとまっていた印象。
・具は、白ゴマがトッピングしてあったけど、スープとのバランス的にゴマの風味は控えめだったかも。
・個人的には、麺とスープとの絡みでやや塩気が濃く感じたけど、麺の茹で加減は良かったと思う。
・お気に入り度は、トータルで3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■おまけ
・このお店を出た後、佐伯駅に戻り、佐伯駅15時7分発の佐伯発大神行普通(4646M列車)に乗車して、大分駅まで移動した。

佐伯駅

(浅海井~日代間)

浅海井~日代間

■お店の情報

【佐伯市】藤原来々軒

藤原来々軒 【ラーメン】

ラーメン(600円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年9月、宮崎県と大分県に遠征。2日目の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・ラーメン(600円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は12時12分頃。外待ち3人。

藤原来々軒

・到着から7分待ちで入店。
・厨房対面のカウンター席に座り、壁のメニューを見て注文。
・店員さんは男性2人。現在の店主さんと、先代さんらしき人の2人で営業。
・水は冷水機でセルフ。
・出前の注文も受けていた。
・注文から提供まで10分。

■麺
・長方形で四角い、中くらいの太さの麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・色が薄くて加水中くらいか少し低めの、カンスイ感控えめで、水を含んで滑らかな粉の張りとふくらみを感じる麺質。食感は、やや柔らかめの茹で加減で、噛むと優しい張りを感じてスッと切れるような歯ごたえ。
・麺の味は、ややあっさりとした粉の味わい。卵は入っていないと思う。
・スープとの絡みは、スープの旨味と豚っぽい風味が程よく絡んで、スープの風味で麺を食べる感じのバランス。トッピングの胡椒の風味はほとんど絡んでいなかった。

■スープ
・白濁した豚骨。
・割とサラッとしていて、表面に多少の油が浮かんでいる。
・出汁は獣系で、恐らくは豚骨。割とあっさりしていてライト気味ながら、頭骨を使ったような豚っぽい風味と旨味をよく感じる味わい。クリーミーさとかはあまり感じなかったかも。
・タレの醤油はやや薄めで、豚骨醤油までは行かないながら、醤油が入っているのが分かる程度の濃さ。
・味付けは、濃い味ではないながら、タレの旨味が割としっかりしていて、出汁の豚っぽさと組み合わさっていた。そこに、トッピングの胡椒が加わっていて、前半は胡椒の香味をあまり感じなかったけど、最後の方は、スープの底に溜まった胡椒の香味が結構主張していた。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りですこし厚みのある赤身スライス。部位はモモかも。割と引き締まった肉の弾力があって噛みごたえのある歯ごたえに、味付けは強くなくて噛むとあっさりとした肉の旨味を感じる味わい。うち一枚は、トッピングの胡椒が多少付着していて、胡椒の香味が効いていた。
・モヤシは中くらいの太さ。やや柔らかめに茹でてあって、パリッと柔らかな歯ごたえに、茹で湯の水っぽさを感じる味わい。麺よりは強い歯ごたえだったと思う。
・その他、青ネギ輪切りが入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、色が薄くてカンスイ感控えめな中くらいの太さの麺で、茹で加減はやや柔らかめだった。スープとの絡みは、スープの旨味と豚っぽい風味が程よく絡んでいた。
・スープは白濁豚骨で、割とライト気味ながら豚っぽい風味をよく感じる獣系出汁に、醤油感のマイルドな醤油ダレが組み合わさっていた。胡椒がトッピングしてあったけど、前半の麺との絡みでは胡椒の風味は感じずに、最後の方で、丼の底に溜まった胡椒の香味をよく感じた。
・具は、チャーシューが赤身で噛みごたえのある歯ごたえだった。
・モヤシは柔らかかったけど、麺の方がさらに柔らかかった印象。
・お気に入り度は、前半が4点、後半が3.5点で、トータルでは3.5点ぐらいだったと思う。お店の雰囲気込みなら、もう少し上でもいいかも。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【佐伯市】佐伯ラーメン 遊楽

佐伯ラーメン 遊楽 【ラーメン】

ラーメン(550円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年9月、宮崎県と大分県に遠征。2日目の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・ラーメン(550円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は10時59分。既に開店しており、外待ち無しの先客8人。

佐伯ラーメン 遊楽

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは4人で、男性2人と女性2人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・紙オシボリはカウンターに置いてあり、セルフ。
・注文から提供まで7分。

■麺
・長方形で四角い中太麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・色が薄くて加水中くらいか少し低めの、カンスイ感が控えめで、水を含んだ粉の張りとふくらみと優しい密度感のある麺質。食感は、少し柔らかめというか固さのない茹で加減で、適度な厚みのある当たりを感じて切れる、心地よい歯ごたえ。
・麺の味は、ややあっさりとした粉の味わい。卵は入っていないと思う。
・スープとの絡みは、スープの旨味と豚っぽい風味とトッピングの胡椒の香味が程よく絡んで、麺の味を引き立てていた。

■スープ
・濁った獣系醤油。
・半白濁くらいの濁り具合で、表面に多少の油が浮かんでいて、細かな胡椒がトッピングしてある。
・出汁は獣系で、恐らくは豚骨メイン。割とあっさりながら、表面の油混じりの豚っぽい風味をよく感じる味わい。
・タレの醤油は少しだけ濃いけど、旨味メインで丸みがあってカドはない。
・味付けは、タレの旨味がしっかりしていて、醤油感や豚っぽい風味とバランスよく組み合わさっていた。トッピングの胡椒の香味も多少効いていたけど、スープと混ぜるとそれほど胡椒勝ちではなかった印象。

■具材
・チャーシューはやや厚切りの巻きバラスライス。脂身がトロッと柔らかくて、肉の部分も割と柔らかな歯ごたえに、マイルドな旨味のある味付けと脂の丸みを感じる味わい。トッピングの胡椒の香味も少し感じた。
・海苔は、少し味が付いているような風味を感じたけど、味付け海苔かどうかはよく分からなかった。
・青ネギ輪切りは、滑らかな張りを感じる歯ごたえ。

■全体的な味の感想
・麺は、白くてカンスイ感控えめな中太麺で、少し柔らかめながら適度な厚みのある心地よい歯ごたえがあった。スープとの絡みは、スープの豚っぽい風味と胡椒の香味が程よく絡んでいた。
・スープは、半白濁くらいの豚骨醤油で、ややあっさりながら豚っぽい風味のある獣系出汁に、タレの旨味や醤油感が組み合わさっていて、そこにトッピングの胡椒の香味がプラスされていた。
・お気に入り度は、最初の印象が3.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■おまけ
・この日は、前日の晩に宮崎県の延岡市で宿泊し、朝から鉄道で佐伯まで移動した。
・延岡駅6時9分発の南延岡発佐伯行普通(2760D列車)に乗車。佐伯駅到着は7時19分。
(宗太郎駅)

宗太郎駅

(佐伯駅)

佐伯駅

・佐伯駅到着後、ラーメン食べ歩きの前に佐伯城跡に行ってみた。
(櫓門)

櫓門

(本丸跡)

本丸跡

(本丸近くからの景色)

本丸近くからの景色

■お店の情報

【延岡市】辛麺屋桝元 本町店

辛麺屋桝元 本町店 【辛麺 大辛(5倍)】

辛麺 大辛(5倍)(900円)

辛麺の麺(こんにゃく麺)

■来店の経緯等
・2016年9月、宮崎県と大分県に遠征。1日目の晩に初の訪問。
・「辛麺屋桝元」は、宮崎県のご当地麺「辛麺」のチェーン店。このお店が辛麺発祥のお店と言われているみたいなので、訪問してみた。
・九州で「辛麺屋桝元」に訪問するのは今回が初めてだけど、大阪のFC店には行ったことがある。その際は、辛麺本来の麺である「こんにゃく麺」ではなく中華麺を選択して食べた

■食べたメニュー
・辛麺 大辛(5倍)(900円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は21時23分頃。外待ち無しの先客6人。

辛麺屋桝元 本町店

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは男性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで13分。

■麺(こんにゃく麺)
・長方形の細麺ストレート。名前は「こんにゃく麺」だが、こんにゃくは入っていない模様。
・蕎麦粉入りで、少し色が付いているけど透明感があって、結合感が強くてプルッと引き締まった麺質。食感は、ヤワさのない茹で加減で、厚みはないながら弾力とコシが強くて、歯切れが結構粘る感じの歯ごたえ。中華麺とは別物というか別ジャンルの食感。
・麺の味は、プルッとしていて、味よりも食感がメイン。
・スープとの絡みはややあっさりで、大辛のスープでもそれほど辛くなかった印象だったけど、細身の麺なのでバランスは取れていたかも。

■スープ
・清湯の醤油。
・あっさりしていて、油も多くなかったと思う。
・出汁は、辛味とかと較べてあっさりで、よく分からないけど、恐らくは清湯獣系か。
・タレの醤油は、旨味と多少の塩気があって、バランス的には唐辛子の方が前に出ていた印象。
・味付けは、ベースの醤油ダレの旨味に、唐辛子の辛味が組み合わさって一体感があった。唐辛子は、激辛までは行かない感じで、刺激感とかは強すぎずに、唐辛子のホット感を程よく感じられた。

■具材
・ミンチ肉は、中くらいの大きさで、量はそこそこ入っていた。適度に柔らかな弾力のある歯ごたえに、割とあっさりした味。
・溶き卵は、スープによく混ざった状態で熱が入って固まっていて、ミンチとも多少絡んでいた。白身混じりで、プルッと柔らかな食感に、ややあっさりとした甘みと丸みを感じる味。
・ニンニクは、スライスしたのと、塊の状態で入っていたのがあった。熱が入っていて、刺激感はなくて香味も控えめで、ニンニクの旨味を感じる味わい。
・ニラは、スープに馴染んでややペラッとした歯ごたえがあった。唐辛子やニンニクの方が存在感があった気がした。

■全体的な味の感想
・麺は、蕎麦粉入りで弾力とコシの強い歯ごたえがあって、カンスイの入った中華麺とは別物に感じた。
・スープは、出汁があっさりしていて、醤油ダレの旨味と唐辛子の辛味が組み合わさった味付けで、具の溶き卵やミンチ肉やニンニクも入り混じった味わい。
・スープと具の量は結構多いながら、麺の量はそれほど多くはなくて、麺を食べた後、具を食べるのに結構時間がかかった。
・具は、ニンニクのカットが大きいながら、香味が強くないのが印象に残った。
以前に大阪のお店で辛麺を食べた時は中華麺を選択したけど、今回はデフォのこんにゃく麺で食べて、辛麺本来の味わいがよく分かった。
・お気に入り度は、個人的には3.5点ぐらいだったと思う。こんにゃく麺が好きな人ならもっと気に入るかも。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

辛麺屋桝元 本町店(看板)

■お店の情報

【延岡市】再来軒

再来軒 【らーめん】

らーめん(600円)

らーめんの麺

■来店の経緯等
・2016年9月、宮崎県と大分県に遠征。1日目の晩に初の訪問。

■食べたメニュー
・らーめん(600円)
・ビール(小)(300円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は20時6分頃。外待ち無しの先客11人。

再来軒

・最初に店内入口の券売機で食券を買う。
・厨房対面のカウンター席に座り、食券を見せて注文。
・店員さんは3人で、男性2人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・ビールは注文後すぐに提供。食券は提供時に渡す方式。

ビール(小)(300円)

・麺上げは平ザル。5杯分まとめて茹でていた。
・注文からラーメンの提供まで9分。

■麺
・長方形で四角い、少しウエーブのかかった中太麺。
・色が薄くて加水少し低めの、カンスイ感が控えめで優しい粉の張りと厚みを感じる麺質。食感は、少し柔らかめというか固さのない茹で加減で、滑らかな厚みがあるけどコシは強くない感じの歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりとした粉の味わい。卵は入っていないと思う。
・スープとの絡みはあっさりしているけど、麺の味もあっさりしているので、バランスは取れているかも。表面の脂の風味がサラッと絡んでいた。

■スープ
・白濁した豚骨。
・サラッとしていて、表面に多少の油が浮かんでいる。
・出汁は豚骨の獣系。ややライト気味ながら、表面の油混じりの豚っぽい風味をよく感じる味わい。
・タレは、ベースが塩か薄い醤油で、恐らくは薄い醤油か。醤油のコクはかなり控えめだった印象。
・味付けは、タレの旨味があって、出汁や油の風味とバランスよく組み合わさっていた。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、少し厚みのある赤身スライス。脂身も少し付いていて、フワッと柔らかな張りがあって歯切れの良い歯ごたえに、味付け控えめであっさりとした肉の旨味を感じる味わい。
・メンマは細くて四角い。乾燥メンマを戻したようなコリッとした歯ごたえに、味付けあっさりで噛み締めるとほんのりと感じる程度。
・キクラゲは細長いカット。パリッと滑らかで優しいクリック感のある歯ごたえ。
・海苔は風味がスープと合っていた。
・その他、青ネギ輪切りが入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、カンスイ感控えめな中太麺で、茹で加減は少し柔らかめに感じた。スープとの絡みはあっさりしていて、表面の油の風味がサラッと絡んでいた。
・スープは白濁豚骨で、出汁がややライト気味ながら、表面の油混じりの豚っぽい風味をよく感じる味わい。タレや油に頼っている部分もあったと思うけど、バランスよくまとまっていた印象。
・具は、チャーシューが柔らかくて、味付けは控えめだった。
・お気に入り度は、前半が4点、最後の方が3.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

再来軒(看板)

■お店の情報

【宮崎市】ラーメン喜夢良 大淀店

ラーメン喜夢良 大淀店 【ラーメン】

ラーメン(650円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年9月、宮崎県と大分県に遠征。1日目の昼と夕方の合間の時間に初の訪問。
・「喜夢良」は、昭和28年創業の老舗店で、大淀店は平成8年からの営業。

■食べたメニュー
・ラーメン(650円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は16時5分頃。外待ち無しの先客1人。

ラーメン喜夢良 大淀店

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは4人で、男性3人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで4分。

■麺
・長方形で四角い、ウエーブのかかった中くらいの太さの麺。
・うっすらと色が付いていて加水中くらいか少し高めの、表面が滑らかで、水を含んで適度に中身が詰まってモッチリとした粉の張りとボリューム感のある麺質。食感は、ヤワさのない程よい茹で加減で、モチッとした張りと厚みを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、適度な旨味があった。
・スープとの絡みは、スープの旨味と塩気が程よく絡んでいた。スープ自体の味と較べるとややあっさりしていた気もするけど、麺を食べるのには良かったと思う。

■スープ
・白濁した獣系。
・割とサラッとしていて粘度は低めながら、多少の丸みがあって、表面に多少の油が浮かんでいる。
・出汁は獣系で、恐らくは豚骨メインか。多少の乳化の丸みはあったけど、タレとのバランス的にはタレの味の方が強めの、割とライトな味わい。
・表面の油は、多少の風味があった気がしたけど、栄養軒などの系統と較べると香味はマイルドで、スープと混ぜるとスープ自体の味の方が強く感じたかも。
・タレは薄めの醤油ベースで、醤油のコクはマイルド。
・味付けは少し強めで、タレの旨味と塩気がしっかりしていて、スープの味にメリハリを付けていた。
・香辛料系の刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、やや厚切りのバラスライス。脂身混じりで、肉の部分は固くはないけど多少引き締まった感じのある歯ごたえに、タレの味付け強めで、やや塩気が効いていた。
・モヤシはやや細め。パリッとした中に多少茹でて柔らかくなった感じのある歯ごたえ。
・メンマは長方形で平べったい。滑らかで柔らかめの張りを感じる歯ごたえに、味付けは強くないながら、多少のゴマ油か何かの風味を感じた。
・その他、青ネギ輪切りが乗っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、中くらいの太さで、モチッとした張りと厚みを感じる歯ごたえがあった。
・スープは、出汁がライトめの白濁獣系で、タレの旨味と塩気がやや強めに効いた味付け。表面の油の風味よりも、タレの味でスープにメリハリを付けていた感じ。
・具は、バラチャーシューの味付けが強めで、やや塩気が効いていた。
・個人的には、麺が一番気に入った。
・お気に入り度は、トータルで3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【宮崎市】悠瑠里

悠瑠里 【らぁめん】

らぁめん(590円)

らぁめんの麺

■来店の経緯等
・2016年9月、宮崎県と大分県に遠征。1日目の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・らぁめん(590円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は14時24分頃。外待ち無しの先客2人。

悠瑠里

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て「らぁめん」を注文。細麺と太麺から細麺を選択。
・店員さんは4人で、男性3人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで3分。

■麺
・四角い細麺ウエーブ。
・色が薄くて加水中くらいの、滑らかで適度に中身の詰まった粉の張りと結合感があって、角張った麺質。食感は、少し固めに感じる茹で加減で、引っ張ると少し伸びるようなコシを感じながらザクッとしてプツンと切れる、メリハリがあってキレの良い歯ごたえ。
・麺の味は、ややあっさりとした粉の旨味をよく感じる味わい。
・スープとの絡みは、スープの油混じりの甘いコクと旨味が程よく絡んで、麺の味や食感とのバランスも取れていたと思う。

■スープ
・白濁した獣系醤油。
・少しだけトロッとしていて、表面に濁った油が浮かんで層になっている。
・出汁は獣系で、恐らくは豚骨メイン。背脂も一緒に煮込んだような丸みとトロミを感じる味わいで、乳化のクリーミーさとかはあまり感じなかった印象。
・表面の油は、スープと多少馴染んで、甘いコクがあった。
・タレの醤油は甘めで、コクはややマイルド。
・味付けは、タレの旨味がしっかりしていて醤油の甘さがあって、出汁や油の丸みや甘さと組み合わさった甘旨テイスト。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りのバラスライス。脂身混じりで、肉の部分は固くはないけど多少引き締まった質感のある歯ごたえに、タレの旨味が効いた味付けと油の丸みが組み合わさった味。
・味玉は、黄身がやや固めの半熟で、少し甘めの旨味を感じる味付け。
・キクラゲは細長いカット。ポリッと軽快で滑らかな歯ごたえ。
・その他、青ネギ輪切りが入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は四角い細麺で、ザクッとしてプツンと切れる、メリハリがあってキレの良い歯ごたえがあった。
・スープは、出汁が豚骨で、背脂も一緒に煮込んだような丸みとトロミがあって、醤油ダレの旨味や甘さと組み合わさった甘旨テイスト。
・具は、宮崎風のモヤシは入っておらずに、代わりに細長くカットしたキクラゲが入っていた。
・590円ながら、デフォで味玉が入っていたのは良かった。
・関西でもありそうな、やや昔風の背脂豚骨ラーメンで、個人的には麺が気に入った。
・お気に入り度は、最初の印象と麺が4点、スープが3.5点で、トータルでは3.5点ぐらいだったと思う。遠征先のお店としては3.5点ぐらいだったけど、地元店なら4点でもいいかも。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【宮崎市】ラーメン洋

ラーメン洋 【ラーメン】

ラーメン(500円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年9月、宮崎県と大分県に遠征。1日目の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・ラーメン(500円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は12時29分頃。外待ち15人。店外入口の待ちリストに名前を書いて外で待つ。

ラーメン洋

・入店は到着から15分後の12時44分。店内で座って待つ。
・店内で待っている間、先に注文を聞かれる。
・入店から14分待ちの12時58分、テーブル席に相席で座る。
・店員さんは5人で、男性2人と女性3人。
・水は出してくれた。お代わりはテーブルのポットでセルフ。
・店内には獣系出汁の匂いがしていた。
・店内には洋楽のLPレコードジャケットが飾ってあり、EXILEその他のサインも飾ってあった。
・テーブル席で提供を待っている間、カウンター席への移動を頼まれる。荷物は足元の地面に置くよう案内された。
・注文から提供まで12分。

■麺
・四角くて少しウエーブのかかった中細麺。
・少しだけうっすらと黄色くて加水中くらいの、表面が滑らかで、多少カンスイの効いた粉の張りを感じる麺質。食感は、少し柔らかめというか固さのない茹で加減で、多少の滑らかな厚みと弾力のある当たりを感じて切れるような歯ごたえ。
・麺の味は、適度な旨味があって、卵も入っている感じ。
・スープとの絡みは、スープの旨味と油の風味が適度にサラッと絡んでいて、麺の味とのバランスも取れていた印象。スープの熱さも程よく絡んでいた。

■スープ
・白濁した獣系。
・割とサラッとしているけど、少し丸みを感じる口当たりで、表面に香味油が浮かんでいる。
・出汁は獣系。恐らくは豚骨メインで、鶏も入っているかも。サラッとしながらも、獣系の旨味と風味がしっかりしていて、マッタリとしたクリーミー感よりも獣系の旨味を濃厚に感じる味わい。
・表面の油は、最初の方は多少の香ばしい風味を感じたけど、スープと混ざると、獣系出汁とバランスよく組み合わさって、油の香味はあまり主張しなくなった印象。
・タレは、恐らくは薄い醤油ベースで、醤油のコクは薄めでマイルド。
・味付けは、適度な旨味があって、出汁の旨味や油の丸みと組み合わさっていた。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りのバラスライス。スープの熱でとろけてバラけるような柔らかな歯ごたえに、旨味のある味付けと脂身の丸みやコクとが組み合わさった味。
・モヤシはやや細め。パリッとしながら、多少しっかりとした歯ごたえがあった。
・その他、青ネギ輪切りが入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は中細で、少し柔らかめというか固さのない茹で加減で、多少の滑らかな弾力のある当たりを感じて切れるような歯ごたえ。
・スープは、サラッとしながらも獣系出汁の旨味と風味がしっかりしていて、香味油頼みではなく出汁で食べさせるスープだったのが良かった。
・具は、モヤシがやや細めで、歯ごたえが多少しっかりしていた。
・パッと見は昔ながらの宮崎っぽいラーメンながら、出汁感がしっかりしていたのが個性的で良かった。
・お気に入り度は、スープと前半が4点、後半が3.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【宮崎市】富滋味

富滋味 【らぁ麺(松)】

らぁ麺(松)(800円)

らぁ麺(松)の麺

■来店の経緯等
・2016年9月、宮崎県と大分県に遠征。1日目の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・らぁ麺(松)(800円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は11時2分。外待ち無しの先客2人。

富滋味

・厨房対面のカウンター席に座り、壁のメニューを見て注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水は出してくれた。
・麺は、中を四つに区切った大きなザルで茹でていた。
・メニューの名称は、

 松 : デフォ
 竹 : メンマ増し
 梅 : チャーシュー増し
 寿 : メンマ&チャーシュー増し

になっていた。
・注文から提供まで7分。

■麺
・長方形で四角い、ウエーブのかかった中太麺。
・少し黄色くて加水中くらいの、カンスイが多少効いて卵も入った感じの、滑らかな粉の張りと適度な密度感のある麺質。食感は、固くなくヤワくなくの程よい茹で加減で、滑らかに中身の詰まったような弾力と厚みを感じてプツンと切れる歯ごたえ。
・麺の味は、やや強めでしっかりとした、中華麺らしさのある味。
・スープとの絡みは、スープの魚介と野菜が組み合わさったような風味がよく絡んで、麺の味を引き立てていた印象。

■スープ
・清湯の醤油。
・あっさりしていて、魚介か野菜か何かの細かい破片が多少スープの中に混じっている。表面には油が少し浮かんでいる。
・出汁は、獣系ベースに魚介と野菜。獣系は、油と少し馴染んだ感じの丸みと旨味があって、味のベースになっていた。
・魚介は乾物系で、旨味と風味がしっかりしていて、野菜出汁と組み合わさっていた。
・野菜系は、メニュー案内によると根菜系と香味野菜系で、甘味よりも香味と滋味を感じる味わい。最初に野菜が来て、その後から魚介が来る感じ。
・タレの醤油はやや甘めで、コクはマイルド。
・味付けは、弱くはないけど割と穏やかで、出汁の味わいを生かしながら味をまとめていた。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは巻きバラスライスで、やや厚切りのと、やや薄切りですこし厚みがあるのとが混在。脂身混じりで、割と柔らかいながら肉の部分は多少の質感と厚みも感じる歯ごたえに、味付けは強くなくて、肉の旨味と脂身のコクを引き立てている感じ。
・メンマは長方形で平べったい。本数は割と多め。やや柔らかで滑らかな繊維感のある歯ごたえに、マイルドな旨味を感じる煮ダレ系の味付け。
・ネギは輪切りで、青ネギと白ネギが混じっていた。シャリッと優しい歯ごたえと風味があって、スープを飲む際の薬味になっていた。

■全体的な味の感想
・麺は、少し黄色い中太で、滑らかに中身の詰まったような弾力と厚みを感じる歯ごたえがあって、麺の味も中華麺らしさがあってしっかりしていた。スープとの絡みは、魚介と野菜の出汁の風味がよく絡んで、麺の味を引き立てていた。
・スープは、清湯獣系ベースに、根菜や香味野菜などの野菜系と乾物魚介の出汁が組み合わさった、旨味と風味と滋味とをじんわりと感じる、個性的な味わい。
・具は、メンマの量が多くて、味付けはマイルドだった。
・スープが主役で、麺、スープ、具材それぞれのキャラが立っているラーメン。ちなみに、このお店は名古屋のご当地麺「好来系」の流れを汲むお店みたいだけど、今まで好来系は未食だったので、本家の名古屋から遠く離れた宮崎で初めて好来系を食べた。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【宮崎市】ラーメン屋台骨

ラーメン屋台骨 【ラーメン】

ラーメン(500円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年9月、宮崎県と大分県に遠征。1日目の朝と昼の合間の時間に初の訪問。
・このお店は、宮崎市中央卸売市場の一般開放エリアにあるお店。朝10時から開店しているので、遠征の一軒目で訪問してみた。

■食べたメニュー
・ラーメン(500円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店直後の10時3分。外待ち無しの先客17人。

ラーメン屋台骨

・最初に店内の券売機で食券を買う。
・厨房対面のU字カウンター席に座り、食券を渡して注文。麺のかたさを聞かれ、普通で注文。
・店員さんは6人で、男性2人と女性4人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・荷物入れのカゴを出してくれた。
・注文から提供まで5分。

■麺
・四角くて少しウエーブのかかった中細麺。
・うっすらと色が付いていて加水中くらいか少し低めの、カンスイ感は強くなくて、程よく滑らかな粉の張りと質感があって、やや角が丸まった麺質。食感は、程よい茹で加減で、多少の張りと弾力を感じる歯ごたえがあって、主張が強すぎずにサクッと食べられる感じ。
・麺の味は、程よい旨味があって、卵も入っているかも。
・スープとの絡みは、スープの旨味と表面の油の風味が適度に絡んで、麺の味とのバランスも取れていた。最初は、表面の油が均一に広がっておらず、油の少ないところから食べるとスープだけの絡みは割とあっさりしていたけど、油とスープを混ぜて全体に広げると、ちょうど良いバランスになった。

■スープ
・白濁した獣系。
・割とサラッとしていて、表面に色の付いた香味油が浮かんでいる。
・出汁は獣系で、恐らくは豚骨メインか。割とライトであっさりした中に、多少のミルキーなコクを感じる味わいで、獣っぽい風味とかはなかったと思う。
・表面の油は、ネギとニンニクを焦がしたような風味があって、宮崎ラーメンっぽさと共に、熊本ラーメン的な焦がしニンニク感も少しあったかも。
・タレは、恐らくは薄い醤油がベースで、醤油のコクはかなりマイルド。
・味付けは、タレの旨味がしっかりしていて、出汁のミルキーさや油の風味と組み合わさっていた。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは薄切りのバラスライス。脂身混じりで、トロッと柔らかな歯ごたえに、強い味ではないけど旨味のある味付けと、脂身のコクとが組み合わさった味わい。
・モヤシは細め。パリッと歯切れの良い歯ごたえに、サッパリとした味で、香味油の風味がよく絡んでいた。
・その他、青ネギ輪切りが入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、うっすらと色の付いた中細麺で、程よく滑らかな粉の張りと質感があって、主張が強すぎずにサクッと食べられる感じ。
・スープは、出汁が割とライトながら多少のミルキーなコクがあって、そこに表面の香味油のネギとニンニクを焦がしたような風味が組み合わさって味に厚みを付けていた印象。最初の油が不均一な状態よりも、油を混ぜてスープ全体に広げた状態の方が、バランスが良かったと思う。宮崎ラーメンっぽさと共に、熊本ラーメンっぽさも少し感じたかも。
・具は、細モヤシがパリッと歯切れの良い歯ごたえだった。
・お気に入り度は、最初の印象が3.5点、後半が4点で、トータルでは3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■おまけ
・宮崎市中央卸売市場の入口。

宮崎中央卸売市場の入口

宮崎中央卸売市場の入口(看板)

■お店の情報

【大阪市天王寺区】辛口炙り肉ソバ ひるドラ

辛口炙り肉ソバ ひるドラ 【辛口炙り肉ソバ『味噌』】

辛口炙り肉ソバ『味噌』(850円)

辛口炙り肉ソバ『味噌』の麺

■来店の経緯等
・2016年9月の平日の晩に初の訪問。
・このお店は、「JUNK STORY」のサードブランド「ひるドラ」の2号店で、2016年9月12日(月)のオープン。

■食べたメニュー
・辛口炙り肉ソバ『味噌』(850円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客3人。

辛口炙り肉ソバ ひるドラ

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。辛さレベル2、しびれ度1、ニンニク量1を選択。
・店員さんは4人で、男性3人と女性1人。この日は社長さんもいた。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・椅子の下に荷物入れのカゴが置いてあった。
・注文から提供まで7分。

■麺
・長方形で四角い中太の、少しウエーブのかかったストレート。
・色が薄くて加水中くらいの、表面が滑らかで、カンスイが少し効いた粉の張りと多少の密度感があって、やや角張った麺質。食感は、程よい茹で加減で、滑らかで少しムチッとした張りを感じて切れるような歯ごたえ。
・麺の味は、ややあっさりとした旨味を感じる。
・スープとの絡みは、スープの丸みと旨味と辛味と山椒の香味が程よく絡んで、麺とのバランスの取れたウマ辛な味わい。

■スープ
・白濁した獣系味噌。
・少しトロッとしていて、表面に赤い油が多少浮かんでいる。それほどコッテリはしていない感じ。
・出汁は獣系メインで、野菜系も入っているかも。獣系は恐らくは豚メインで、粘度は高くはないながら多少のトロッとした丸みと厚みがあって、その中に優しい旨味を感じる味わい。タレや辛味とのバランス的に、獣系の風味とかコクは割とマイルドに感じた印象。
・タレの味噌は、少し濃いけど割と甘めの合わせ味噌で、塩気とか味噌のコクはそれほど強くなくて、出汁の丸みとバランスよく組み合わさっていた。
・味付けは、ベースは辛くなくてまろやかな旨味があって、そこに唐辛子その他の辛味と山椒のシビレ感とが適度に効いた旨辛テイスト。辛味や刺激は強すぎずに、香辛料の香味がいいアクセントになっていた。
・ニンニクは、香味の主張は控えめで、味に厚みを付けていたのかも。

■具材
・チャーシューは、厚切りのバラ煮豚スライス。脂身は多くなくて、柔らかく煮込んだ肉の繊維感のある歯ごたえに、スープとのバランス的に適度な強さの旨味を感じる味付け。
・チャーシューじゃない肉は薄切りのバラスライス。ペラッとした中に脂身混じりの弾力を多少感じる歯ごたえに、肉の旨味と脂身の甘味を多少感じる味わい。
・ネギは、白髪ネギと青ネギ輪切りの二種類。
・白髪ネギは、シャリッと引き締まった繊維感のある歯ごたえがあった。
・青ネギ輪切りは、滑らかな歯ごたえに、多少の甘味と風味があって、スープの薬味になっていた。

■全体的な味の感想
・麺は、長方形で四角い中太麺で、スープの丸みと旨味と辛味と山椒の香味とが程よく絡んだウマ辛な味わいだった。
・スープは、少しトロッとした出汁に、少し濃いけど割と甘めの味噌が組み合わさっていて、そこに唐辛子その他の辛味と山椒の香味とが適度に効いた旨辛テイスト。「辛さレベル2」と「しびれ度1」の組み合わせだと、刺激が強すぎずに、香辛料の香味がいいアクセントになっていた。個人的には、唐辛子よりも山椒の方が好きなので、辛さとしびれ度を別々に選べるのは嬉しいかも。
・具は、バラチャーシューが厚切りで、肉の部分が柔らかいのが良かった。
・いろいろカスタマイズして楽しむ向けに作ってある感じのラーメン。以前に食べた、CoCo壱番屋のカレーラーメンを少し思い出した。
・お気に入り度は、前半が4点、後半が3.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【大阪市中央区】中華そば 〇丈⇒麺屋 丈六

麺屋 丈六 【ざる中華】

ざる中華(500g)(900円)

ざる中華(500g)の麺

■来店の経緯等
・2016年9月10日(土)の昼に訪問。
・このお店は、元は「中華そば 〇丈」という屋号だったけど、2015年3月から店名を「麺屋 丈六」に変更。
・「麺屋 丈六」としては初訪問だけど、「中華そば 〇丈」時代を含めれば、1年9か月ぶり、14回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)

■食べたメニュー
・期間限定の「ざる中華(500g)」(900円)
(2016年9月2日(金)から10日(土)までの期間限定。1日10食限定)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の11時1分。外待ち7人。

麺屋 丈六

・待っている間、代表待ちで前に1人割り込まれて9番目になった。
・開店は11時29分。その時点で待ち人数は23人。一巡目で入店できずに外で待つ。

麺屋 丈六(のれん)

・入店は11時51分。厨房対面のカウンター席に座り、注文。期間限定の「ざる中華」は、店内に書いていない裏メニューで、麺量は300~500gから500gを選択。
・店員さんは男性2人。
・冷たいお茶は、カウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで7分。

■麺
・四角くて中くらいの太さのストレート。
・少し色が付いていて加水やや高めの、表面がツルッと滑らかで、カンスイが適度に効いて水を含んだ粉の張りと質感があって、やや角張った麺質。それほどキンキンには締めておらずに、常温くらいの温度だったと思う。食感は、固さのない程よい茹で加減で、割と柔らかで滑らかな中に多少引き締まった当たりがあって、プツンとしてスッと切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、やや多加水系で、全粒粉か何かが混じって卵も入ったような粉の旨味を程よく感じる味わい。それほど強い味ではなくて、何も付けずにそのまま麺を食べても旨いと感じた。
・つけ汁との絡みは、カエシの甘味と旨味が程よく絡んで、強い絡みではないながら、やや麺の味をコーティングする感じのバランス。ドップリ付けるよりも、半分くらいサッと付ける向きに感じた。最初の方は、常温の麺につけ汁の冷たさが絡んで麺の温度が低下する感じがあったけど、途中から麺とつけ汁の温度が変わらなくなってきた印象。
・つけ汁の麺としては細めで、麺を少しだけ箸で取ってサッと付けてすするのが旨かったけど、麺量が500gと多くて、容器の下の方は上から押されて麺同士がくっつき気味で、後半は箸で麺を少しだけ取るのが難しくなってきた印象。

■つけ汁
・冷たい和風魚介醤油。提供時には麺よりも冷たかった。
・あっさりしていて、油は浮かんでいなかったと思う。
・出汁は魚介メイン。獣系は不使用のように感じたけど、後で調べたところ、鶏出汁も入っているという説もある模様。節系の風味が効いていて、ラーメンスープというよりは、和風のめんつゆっぽい出汁感のある味わいで、麺との絡みでは魚介の風味はあまり感じなかった。
・タレというかカエシは、カドのない醤油にミリンや砂糖がプラスされた、甘味と旨味とのバランスの取れた味付け。そのまま飲むと多少濃い味だったけど、塩辛さや刺激感はなかったと思う。
・500gの麺を付けると、最後の方はやや味が薄くなってきたかも。

割りスープ

・麺を食べ終わる頃に、店主さんが割りスープを徳利で出してくれた。
・割りスープは、恐らくは鶏の清湯獣系で、温度高めの熱々。つけ汁に割りスープを投入すると、つけ汁に鶏出汁の旨味がプラスされて、つけ汁が減っていたせいもあってか、あっさりしていて飲みやすかった。

■具材
・麺の上には、チャーシュー、メンマ、ネギ。
・チャーシューはやや薄切りの赤身スライス。脂身少なめで程よく加工されていて、滑らかな密度感があってサクッと歯切れの良い歯ごたえに、味付けは強くないけど多少の旨味があって、肉の旨味を引き立てて強めている感じの味わい。
・メンマは長方形でやや細い。滑らかで柔らかめの歯ごたえに、あっさりとしてマイルドな旨味と甘味を感じる煮ダレ系の味付けで、ゴマ油か何かの風味も少し感じて、お店で仕込んでいるっぽい良質感があった。
・青ネギは細長いカット。やや白い部分も混じっていて、シャリッとフレッシュで滑らかに引き締まった繊維感のある歯ごたえに、程よい風味があって、麺を食べる合間のいいアクセントになっていた。
・その他、つけ汁の上にも青ネギ輪切りが浮かんでいた。

■全体的な味の感想
・麺は、加水やや高めで中くらいの太さの四角い麺で、全粒粉か何かが混じって卵も入ったような粉の旨味があって、何も付けずに食べても旨かった。つけ汁との絡みは、麺を少しだけ箸で取って、つけ汁に半分くらいサッと付けてすすると旨いバランスだった。
・麺量500gだと、下の方の麺が上から押されて麺同士がくっつき気味で、後半は麺を少しだけ取るのが難しくなってきた印象。個人的には、麺のコンディション的に、なるべく少ない麺量で食べる方がおすすめかも。
・つけ汁は、提供時には麺より冷たくて、節系の魚介出汁に甘旨い和風カエシの醤油ダレが効いた、めんつゆテイスト。
・スープ割りは鶏出汁で、徳利での提供だった。
・具は、チャーシューやネギが麺を食べる合間のいい付け合わせになっていた。
・冷たい中華麺を冷たいめんつゆで食べる、冷や冷やのつけ麺。
・お気に入り度は、前半が4.5点、後半が4点で、トータルでは4.5点ぐらいだったと思う。後半の麺同士のくっつき具合からすると、トータルは4点ぐらいの気もしたけど、麺量500gは自己責任ということで、前半重視なら4.5点でいいと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【東大阪市】らぁめん たむら

らぁめん たむら 【和風鶏がららぁめん】

和風鶏がららぁめん(800円)

和風鶏がららぁめんの麺

■来店の経緯等
・2016年9月の平日の晩、5か月ぶり、49回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)

■食べたメニュー
・和風鶏がららぁめん(800円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には、外待ち無しの先客1人。
・最初に店内入口の券売機で食券を買う。
・厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。ちなみに、和風鶏がららぁめんをブログに書くのは初めてだけど、5年前の初訪問時に食べているので、今回で二回目。
・店員さんは男性1人。
・水は冷水機でセルフ。
・注文から提供まで3分。

■麺
・四角くて中くらいの太さの麺で、少し縮れたウエーブ。
・少し色が付いていて加水中くらいか少し高めの、表面が滑らかで、少しプリッとして程よい密度感と結合感のある粉の張りがあって、やや角張った麺質。食感は、少し固めというかヤワさのない茹で加減で、滑らかに引き締まった弾力と多少のコシを感じる、割とメリハリのある歯ごたえ。
・麺の味は、少しカンスイが効いて水を含んだ、粉の旨味を程よく感じる味わい。
・スープとの絡みは、スープの旨味が多少絡んで、スープの熱さもよく絡んでいた。味の絡みはややあっさりながら、麺の味とのバランスは割と取れていたと思う。

■スープ
・清湯の魚介醤油。提供時の温度高め。
・油が少し浮かんでいる。
・出汁は、清湯獣系ベースに魚介メイン。獣系はあっさりしていて、魚介とのバランス的には旨味や風味の主張が控えめで、魚介を支えるベースになっていた感じ。
・魚介は、昆布メインに節系が旨味をプラスしている感じの、昆布系の味と旨味が濃厚な和風魚介テイスト。
・タレの醤油は、薄口よりは多少濃くて、醤油辛さやカドはないながら、若干の塩気混じりの旨味を感じる醤油感があった。
・味付けは、適度なタレの旨味があって、出汁の旨味や醤油の味と組み合わさって、昆布系の出汁感を引き立てていた印象。塩気は少しあるけど、塩辛くはないと思う。
・赤い粉がトッピングしてあったけど、スープと混ざると、風味とかはあまり感じなかったと思う。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、厚切りの肩ローススライスが2枚。分厚いまでは行かない感じ。脂身少なめで、多少の質感があるけどスープの熱が入ってホロッとほぐれるような柔らかめの歯ごたえ。味は、タレの旨味が効いていて、最初に食べた一枚は、昔風のチャーシューっぽい塩気混じりの旨味のある味付けを少し感じた。もう一枚の方は、最初の一枚よりも塩気がマイルドで、タレの旨味と脂の丸みとのバランスが取れていた印象。
・ニンニクの芽は、割と短めのカット。固くはなくて、適度な張りと密度感のある歯ごたえに、割とマイルドな風味があって、スープの薬味になっていた。
・その他、海苔と白ネギ輪切りが入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、四角くて少し縮れた中くらいの太さの麺で、少し固めというかヤワさのない茹で加減の、割とメリハリのある歯ごたえ。
・スープは、昆布メインの出汁感と旨味が濃厚な和風魚介醤油テイストで、バランス的に獣系よりも魚介の方が前に出ていた印象。
・具は、ニンニクの芽の程よい歯ごたえがアクセントになっていた。
・肩ローススライスのチャーシューは、厚切りながら割と柔らかだった。
・お気に入り度は、最初の印象が4点、途中が3.5点で、トータルでは食後の後味を含めて4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【大阪市都島区】中華そば 花京 京橋店

中華そば 花京 京橋店 【こってり背脂中華そば】

こってり背脂中華そば(650円)

こってり背脂中華そばの麺

■来店の経緯等
・2016年9月の平日の夕方に初の訪問。

■食べたメニュー
・こってり背脂中華そば(650円)
・替え玉(細麺)(120円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客3人。

中華そば 花京 京橋店

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。細麺と中華麺から中華麺を選択。
・店員さんは男性2人。それ以外にも何人か、お店の関係者らしき人が店内奥からハシゴで2階と出入りしていた。
・冷たいお茶を出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで3分。

■麺
・四角い中細の、少しウエーブのかかったストレート。
・色が薄くて加水中くらいの、表面が滑らかで、少しだけプリッとしてやや引き締まった粉の張りと適度な結合感があって、少し角張った麺質。食感は、固さのない茹で加減で、多少の弾力とコシを感じて切れる、少し歯切れが粘るような歯ごたえ。
・麺の味は、ややあっさりとした旨味を感じる。
・スープとの絡みは、スープの旨味と丸みがよく絡んで、麺を引き立てていた印象。スープの熱さもよく絡んでいた。

・替え玉を細麺で追加注文。
・四角い細麺ストレート。
・色が薄くて加水中くらいで、麺質的には、最初の中華麺に割と似ていた印象。食感は、固さのない茹で加減で、最初の麺と較べると弾力は控えめながら、サクッとは切れずに、少し歯切れが粘る感じの歯ごたえ。
・スープとの絡みは、弱くはないけど、スープの温度低下もあってか、最初の麺と較べると多少あっさりしていた印象。

■スープ
・白濁した獣系醤油。温度高めの熱々。
・細かな背脂混じりの、やや濁ってトロッとした豚の獣系油が表面に浮かんでいて、スープと馴染んで多少の丸みを感じる口当たり。多少コッテリしているけど、ドロドロまでは行かずに、それほど重たくはない感じ。
・出汁は獣系。恐らくは豚骨メインで、鶏も入っているかも。粘度は控えめながらよく乳化していて、油の丸み混じりの獣系の旨味とコクを程よく感じる味わい。
・タレの醤油は旨味メインで、コクはマイルドながら多少の存在感があった。
・味付けは、タレの旨味が強めでしっかりしていて、スープの丸みや獣系感とバランスよく組み合わさっていた印象。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、厚切りの巻きバラスライス。ホロッと柔らかな歯ごたえに、旨味のある味付けと脂身の丸みが組み合わさった味。
・メンマは平べったい。滑らかで柔らかな張りを感じる歯ごたえに、強い味ではないけど、噛むと旨味とゴマ油か何かの風味をほんのりと感じる味付け。
・青ネギ輪切りは、シャリッと優しい歯ごたえと程よい風味があって、スープと合っていた。

■全体的な味の感想
・麺は四角い中細で、サクッとは切れずに多少の弾力とコシを感じる歯ごたえがあった。スープとの絡みは、スープの旨味と丸みと熱さがよく絡んで、麺を引き立てていた。
・替え玉の細麺は、麺質的には最初の中華麺と割と似ていた印象。スープとの絡みは、スープの温度低下もあってか、替え玉の細麺よりも最初の中華麺の方が良かったと思う。
・スープは、程よい旨味とコクを感じる白濁獣系出汁に、細かな背脂混じりの豚の油が丸みを付けていて、そこに旨味強めのタレの味付けがバランスよく組み合わさっていた。タレの旨味が強めの味だったけど、油混じりの獣系の味わいもきちんと感じられたのが良かった。
・具は、青ネギ輪切りがスープと合っていた。
・お気に入り度は、スープが4点で、トータルでは3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【池田市】麺哲支店 麺野郎

麺哲支店 麺野郎 【紅ズワイガニ塩つけ麺】

紅ズワイガニ塩つけ麺(400g)(1300円)

紅ズワイガニ塩つけ麺(400g)の麺

■来店の経緯等
・2016年9月4日(日)の晩、8か月ぶり、2回目の訪問。
・このお店の常連さんと一緒に、4人で訪問。

■食べたメニュー
・ハートランドビール(500円)
※おまかせおつまみ(5品)
・カップ酒(600円)
・限定麺の「紅ズワイガニ塩つけ麺(400g)」(1300円)

(※のメニューの単価は、確認していないため不明)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の17時49分頃。シャッターポール(開店前の待ちの先頭)。
・開店は17時58分。
・テーブル席に座り、メニューを見て注文。最初は「ハートランドビール」と「おまかせおつまみ(5品)」を注文。
・店員さんは男性4人。店主さんはいなかった。
・冷たいお茶は、テーブルのポットでセルフ。
・最初にハートランドビールが提供。

ハートランドビール(500円)

・おまかせおつまみ1品目は、「蟹身」。1人1皿の提供。
・茹でた蟹の脚のむき身にマヨネーズがトッピングしてある。ビールと合っていた。

蟹身

・おまかせおつまみ2品目は、「サバ、マグロ、イカ、ウニ」。4人分まとめて1皿で提供。
・マグロは漬けの赤身。
・サバは脂が乗っていて旨かった。
・ウニはトロッとしていて、トッピングの刻みワサビの香味と食感がアクセントになっていた。

サバ、マグロ、イカ、ウニ

・おまかせおつまみ3品目は、「サンマの塩焼き」。1人1皿の提供。
・焦がさずに程よく火が通っていて旨かった。

サンマの塩焼き

・カップ酒を追加注文。カップ酒は冷蔵庫に入っていて、セルフ。

カップ酒

・おまかせおつまみ4品目は、「サワラの幽庵焼き」。1人1皿の提供。
・濃い味過ぎずに適度な旨味のあるタレの味付けで、パサッとせず汁っぽくならずの程よい焼き加減。

サワラの幽庵焼き

・おまかせおつまみ5品目は、「大和肉鶏のモモとムネ」。4人分まとめて2皿で提供。
・皮付きで、やや厚切りのスライス。
・モモは、タタキに近い焼き加減で、固くはなくてクニュッと引き締まった弾力を感じる歯ごたえに、塩気と旨味の効いた味付けが肉の旨味やコクを引き立てていた。

大和肉鶏のモモ

・ムネは、モモと較べると多少熱が入っていて、皮の弾力混じりでサクッと引き締まった歯ごたえ。味は、塩気と旨味に多少の香味も加わったような味付けが、あっさりとした肉の味と組み合わさっていた。

大和肉鶏のムネ

・おまかせおつまみを食べた後、限定麺の「紅ズワイガニ塩つけ麺」を麺増し(400g)で注文。
・注文から提供まで14分。

■麺
・長方形で四角い、少しウエーブのかかったストレートの太麺。
・少し色が付いていて加水やや高めの、表面がツルッと滑らかで、カンスイが多少効いて水を含んだ粉の張りと結合感があって、やや角張った麺質。食感は、固さのない程よい茹で加減で、多少の張りと厚みを感じる当たりがあって、噛むとプツンとしてスッと切れるような歯ごたえ。スルッとノド越しよく食べられる感じ。
・麺の味は、やや多加水系で、カンスイが効いて水を含んだ卵混じりの旨味を感じる味わい。
・つけ汁との絡みは、ややあっさりしている。昆布メインの出汁の旨味と多少の塩気が麺の味を引き立てていて、麺の味を主役に感じるバランス。一口めからガツンと来るというよりも、食べている内にだんだん旨さが分かってきた感じ。

■つけ汁
・清湯の魚介塩。
・あっさりしていて、サラッとした油が少し浮かんでいる。
・出汁は魚介で、獣系は不使用かも。昆布の旨味が強めに効いていて、蟹身の出汁の、あっさりとした旨味と風味もほんのりと感じた。
・タレの塩は、多少の塩気があった。
・味付けは、塩気がやや立っているけど、旨味とのバランスが割と取れていて、そのままでも何とか飲める程度の味の濃さ。そこに、一味唐辛子の辛味が隠し味的にプラスされていて、塩辛くなり過ぎずに塩のピリッと感を強めていた。

■具材
・チャーシューというか肉は、豚のコラーゲン多めの部位の一口大カットが2個。柔らかで滑らかな弾力を感じる歯ごたえに、味付け控えめで、脂の丸み混じりでややあっさりとした旨味を感じる味わい。
・紅ズワイガニの脚は8本ぐらい入っている。蟹の身は、細身で割と柔らかな繊維感のある歯ごたえに、あっさりとした紅ズワイガニの味わい。
・メンマは平べったい。滑らかで歯切れの良い張りを感じる歯ごたえに、多少の旨味と塩気を感じる味付け。
・松茸は小さめ。笠が小さくて軸が太めの、やや柔らかめで噛むとサクッと切れる歯ごたえに、適度な強さの松茸の風味があった。
・ネギは、白ネギ斜め切りと青ネギ輪切りの2種類。青ネギは、シャリッと滑らかで優しい歯ごたえがあった。

■全体的な味の感想
・麺は、やや加水高めの四角い太麺。カンスイが多少効いて水と卵を含んだ、滑らかな粉の張りと厚みを感じる歯ごたえで、ノド越しよく食べられる感じ。つけ汁との絡みは、昆布メインの出汁の旨味と多少の塩気が麺の味を引き立てていて、麺の味を主役に感じるバランス。
・つけ汁は清湯の魚介塩で、昆布の旨味が強めに効いていて、蟹出汁のあっさりとした旨味と風味もほんのりと感じた。
・具は、紅ズワイガニの足が多めに入っていて、あっさりとした味わいだった印象。
・小さな松茸も入っていて、風味がアクセントになっていた。
・「おまかせおつまみ」では、サンマが旨かった。
・蟹身は、マヨネーズがトッピングしてあって、ビールと合っていた。
・ウニは、トッピングの刻みワサビが結構主張していて、日本酒と合っていた。
・つけ麺のお気に入り度は、最初の印象が4点、途中が4.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ