【大阪市北区】揚子江ラーメン 総本店

揚子江ラーメン 総本店 【ラーメン】

ラーメン(610円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年6月11日(土)の晩に初の訪問。
・「揚子江ラーメン」は、昭和39年創業の、大阪の老舗店。

■食べたメニュー
・ラーメン(610円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は19時9分頃。外待ち無しの先客14人。客席はビルの地下にある。

揚子江ラーメン 総本店

・前に仕切りのある島型カウンターに座り、メニューを見て注文。
・店員さんは6人で、男性3人と女性3人。
・水は出してくれた。お代わりも入れてくれた。
・紙オシボリがカウンターに置いてあり、セルフ。
・注文から提供まで2分。

■麺
・四角い細麺ストレート。最初はやや絡まり気味だった。
・白くて加水中くらいか少し低めの、カンスイ感が控えめで適度に中身の詰まった粉の張りとふくらみがあって、角張った麺質。食感は、少し固めというかヤワさのない程よい茹で加減で、芯はないながら引き締まった当たりがあって、噛むとサクッと切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりしていて、そうめん風の粉の旨味があった。
・スープとの絡みはあっさりしているけど、麺の味もあっさりしているので、バランスは取れていた。スープの旨味と優しい塩気がサラッと絡んで、麺の旨味と甘味を引き立てている感じ。

■スープ
・清湯の塩。
・あっさりしていて、油は少なめ。
・出汁は、恐らくは鶏の獣系メインで、野菜系も入っているかも。あっさりとシンプルで繊細な中に、雑味のない獣系の旨味をよく感じる味わい。
・タレの塩はマイルドで、コクの主張は控えめ。
・味付けは、優しい塩気と旨味があって、出汁とバランスして出汁の味わいを引き立てていた。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りのモモスライス。固さや筋っぽさはなくて、適度な肉の密度感のある歯ごたえに、マイルドな旨味を感じる塩系の味付けの、煮豚っぽいあっさりとした味わい。
・水菜は、葉と軸が別々にカットして入っていた。葉の部分は、ペラッとした張りがあって、フレッシュで優しくてクセの少ない青菜っぽさを感じる味わい。
・モヤシはやや細めで、よく茹でてあって、しんなりとしてパリッと歯切れの良い歯ごたえがあった。
・その他、青ネギ輪切りが入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、少し固めの茹で加減の細麺で、噛むとサクッと切れる歯ごたえがあった。スープとの絡みはあっさりしていたけど、麺の味もあっさりしているので、麺とスープとの相性は良かったと思う。
・スープは、鶏出汁に優しい塩ダレがバランスよく組み合わさっていて、あっさりとシンプルで繊細な中に雑味のない獣系の旨味をよく感じる味わいだった。
・具は、菊菜が乗っているのかと思ったら、水菜だった。
・揚子江ラーメンは今回初めて食べたけど、繊細な味が結構気に入った。昨年食べた「らーめん味や@岐阜」とよく似ていたけど、後から調べてみたところ、らーめん味やは揚子江ラーメン出身者のお店だった模様。
・お気に入り度は、最初の印象が4点、最後の方が3.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報
スポンサーサイト

【茨木市】ゆうらい

ゆうらい 【ちゃあしゅうめん(大盛り)】

ちゃあしゅうめん(700円)大盛り(約1.5倍)

ちゃあしゅうめん 大盛り(約1.5倍)の麺

■来店の経緯等
・2016年6月11日(土)の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・ちゃあしゅうめん(700円)
・大盛り(約1.5倍)※大盛りは、17時まで並と同額。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は14時20分頃。外待ち無しの先客10人。
・厨房対面のカウンター席に座り、壁のメニューを見て注文。
・店員さんは3人で、男性1人と女性2人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・店内入口に荷物置きの棚があった。
・店内入口近くに製麺機が置いてあった。
・注文から提供まで10分。

■麺
・長方形の太麺ストレート。
・加水中くらいか少し低めの、カンスイは多少効いているけど強くなくて、粉の密度感とボリューム感があって、やや平打ち気味ながら厚みを感じる麺質。食感は、ヤワさのない程よい茹で加減で、表面は多少ムチッと滑らかな当たりがあって、噛むと中身の詰まった弾力を感じてプツンと切れる、歯切れが良くて適度な噛みごたえのある歯ごたえ。
・麺の味は、卵も少し入ったような、粉の旨味をよく感じる味わい。
・スープとの絡みは、スープの旨味と醤油の風味が程よく絡んで、太麺とのバランスも取れていたと思う。どちらかというと、麺の味の方が少し強いバランスながら、スープの味もしっかりしていたので、物足りなさを感じさせずに麺の味を引き立てていた印象。

■スープ
・少しだけ濁った獣系醤油。
・表面に多少の油が浮かんでいて、それほど油っぽくはないながら、多少の丸みを感じる口当たり。
・出汁は獣系で、恐らくは豚骨メインか。少しだけ濁っていて、バランス的にはタレの方が強いながら、多少の豚っぽさを感じる出汁感があって、味のベースになっていた。
・タレの醤油は少し濃くて、ほのかに酸味の混じったような、フレッシュでやや軽快な醤油の風味とコクがあるけど、醤油辛いまでは行かない感じ。
・味付けは、タレの旨味が強めでしっかりしていて、醤油の味や出汁の豚っぽさとバランスよく組み合わさっていた。
・塩気はそこそこあるけど、旨味も強かったので、塩辛くはなかったと思う。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りの赤身スライス。部位は恐らく肩ロースで、脂身が少ない部分も入っていた。固くはなくて、熱が入って引き締まった弾力があって、割と歯切れの良い歯ごたえ。味は、塩系のタレの旨味がよく効いた、昔風のチャーシューの味付けで、多少の肉の旨味があった。
・青ネギ輪切りは、シャリッと優しい歯触りがあった。

■全体的な味の感想
・麺は、長方形の太麺で、表面は多少ムチッと滑らかな当たりがあって、歯切れが良くて適度な噛みごたえのある歯ごたえ。スープとの絡みは、スープの旨味と醤油の風味が程よく絡んで、麺の味を引き立てていた。
・スープは、少しだけ濁った獣系醤油で、タレの旨味がしっかりとした中に、フレッシュでやや軽快な醤油の風味とコクを感じる味付け。そこに、出汁の多少の豚っぽさが組み合わさっていた。
・具は、チャーシューとネギだけでシンプルだった。
・チャーシューは、昔風の味付けだった印象。
・麺が主役で、昔ながらっぽいテイストのラーメン。個人的には、太麺とスープとの組み合わせが結構気に入った。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

ゆうらい(食後に撮影)

■お店の情報

【大阪市北区】薩摩っ子ラーメン 総本店

薩摩っ子ラーメン 総本店 【ラーメン】

ラーメン(850円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年6月の平日の晩に初の訪問。
・「薩摩っ子ラーメン」は、昭和38年創業の老舗チェーン店。
先日、薩摩っ子ラーメン出身者のお店(鶴橋の「らーめん 賛平」)に訪問した際、薩摩っ子自体に未訪であることに気が付いたので、今回、総本店に訪問してみた。

■食べたメニュー
・ラーメン(850円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客3人。

薩摩っ子ラーメン 総本店

・入口側の部屋の窓ガラス寄りにあるテーブル席に座り、壁のメニューを見て注文。ニンニクを入れるか聞かれて、入りで注文。
・店員さんは男性2人。
・水は出してくれた。お代わりはテーブルのポットでセルフ。
・オシボリを出してくれた。
・店内の厨房カウンターの上の壁には、サインが多数貼ってあった。
・注文から提供まで4分。

■麺
・四角くて少し縮れた、中くらいの太さの麺。
・少しだけ黄色くて加水中くらいか少し高めの、表面が滑らかで、カンスイが効いて少しプルッというかプリッとした、優しい粉の張りと多少の結合感のある麺質。食感は、固さのない茹で加減で、縮れ混じりの優しい弾力を感じながらスッと切れるような歯ごたえ。
・麺の味は、やや多加水系で、卵も入ったような多少の旨味を感じる。
・スープとの絡みは、ややあっさりしている。スープの旨味がサラッと絡んで、程よく効いた生ニンニクの香味がアクセントになっていた。ニンニクは、麺との絡みではそれほどガツンとは来なかった印象。

■スープ
・白濁した獣系。
・割とサラッとしていて、少しだけ丸みを感じる口当たり。油が少し溶け込んでいるけど、それほどコッテリはしていない感じ。
・出汁は、恐らくは豚骨と鶏の獣系。割とライトながら、ほんのりとした旨味と丸みを感じる味わい。獣っぽさとかは控えめだったと思う。
・タレは、恐らくは薄い醤油ベースで、醤油のコクは控えめでかなりマイルド。
・味付けは、強くないながら適度な旨味があって、タレ勝ちになり過ぎずにライトな出汁とのバランスが取れていた印象。そこに、生ニンニクの香味がプラスされていた。
・生ニンニクは丼の底の方に溜まっていたので、前半は割とおとなしめに感じたけど、最後の方は結構強めに感じた。
・塩気は少しあったけど、塩辛さはなかったと思う。

■具材
・チャーシューは、やや厚切りのスライス。部位は、恐らくはバラか。脂身は多くなくて、プルッとして適度に中身の詰まった弾力があって歯切れの良い歯ごたえ。味は、多少濃いながら旨味のあるタレの味付けに、程よく油の抜けた脂身混じりの肉の丸みが組み合わさっていた。
・モヤシはやや細め。パリッと引き締まったキレの良い歯ごたえに、あっさりとした味。麺と絡むと、食感的には麺に勝っていた印象。
・青ネギ輪切りは、歯ごたえや風味の主張がやや控えめだったかも。
・生ニンニクはやや細かめのカットで、麺には絡まなかったけど、丼の底にはそこそこ溜まっていた。香味がしっかりしていて、辛味は強くなくて苦味とかはなかったと思う。

■全体的な味の感想
・麺は、中くらいの太さで、カンスイが効いて縮れ混じりの優しい弾力を感じる歯ごたえ。スープとの絡みは、スープの旨味がサラッと絡んで、程よく効いた生ニンニクの香味がアクセントになっていた。
・スープは、割とライトながらほんのりとした鶏豚骨の旨味と丸みがあって、そこに、生ニンニクの香味がプラスされていた。生ニンニクはやや細かいカットで、丼の底に溜まっており、前半は香味がそれほどガツンとは来なかった印象。
・具は、青ネギ輪切りよりも細めのモヤシの方が存在感があった。
・お気に入り度は、最初の印象が3.5点、途中が3点で、トータルでは3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【奈良市】チャイナダイニング 飛天

チャイナダイニング 飛天 【チャンポンメン】

チャンポンメン(野菜いっぱいとろみ麺)(928円)

チャンポンメンの麺

■来店の経緯等
・2016年6月5日(日)の昼に初の訪問。
・このお店は、奈良の東向商店街にある中華料理店。

■食べたメニュー
・チャンポンメン(野菜いっぱいとろみ麺)(928円)
※メニュー案内には「醤油味のスープにたっぷりの野菜とポーク、シーフードを入れとろみをつけました。」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は13時48分頃。外待ち無し。

チャイナダイニング 飛天

・客席は2階。先客20~30人ぐらいで空席あり。
・テーブル席に案内されて座り、メニューを見て注文。ちなみに、お店の外にはチャンポンメンのランチセットの案内があったけど、テーブルのメニューには書いておらず、よく分からなかったのでランチセットでは注文しなかった。
・厨房は別室で、ホールの店員さんは女性3人。
・冷たいお茶を出してくれた。
・紙オシボリはテーブルに置いてあり、セルフ。
・注文から提供まで10分。

■麺
・四角い中細麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・加水少し高めの、表面がツルッと滑らかで、カンスイが効いて水を含んだ粉の張りがあって、角張った麺質。食感は、少し柔らかめというか固さのない茹で加減で、滑らかながら少しだけ硬質な張りと、優しいコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、やや多加水系で、強い味ではないけど適度な旨味を感じる。
・スープとの絡みは、スープのトロミと熱さがよく絡んで、醤油ダレの味付け混じりの旨味が絡んでいた。個人的には、麺とスープだけで食べるよりも、野菜を麺に絡めて食べるとちょうどいいバランスに感じた。

■スープ
・清湯のあんかけ醤油。温度高め。
・あんかけのトロミがあって、油は多くない。
・出汁は、割とあっさりしていてよく分からないけど、恐らくは清湯獣系メインで、具の野菜の煮汁も入っている感じ。
・タレの醤油は少し濃いけど、旨味メインで丸みがあってカドはない。
・味付けは、醤油ダレの旨味がしっかりしていて、旨味と味の濃さとのバランスが取れていた印象。
・刺激感はない。

■具材
・具は、肉、野菜、キクラゲと海鮮で、野菜メイン。
・肉は、薄切りの豚バラスライスで、量は少なめ。ペラッとした歯ごたえに、味付けあっさりで存在感控えめな味。
・野菜は、キャベツ、モヤシ、玉ネギ、青ネギ、ニラ、ニンジン。各野菜が割とバランスよく入っていて、強いて言えばキャベツがメイン。
・キャベツは、一口大の短冊切りで、厚みはないながら少しだけ固さの残った歯ごたえに、甘さの控えめな味で、後半は麺によく絡んでいた。
・モヤシは、量が少なくて存在感控えめ。
・玉ネギは、一口大の細長いカットで、適度な張りを感じる歯ごたえがあって、キャベツと共に麺に絡んでいた。
・青ネギは長めの斜め切りで、主張は強くない感じ。
・ニラは、少し長さのあるカットで、ペラッとして割としんなりしていた。
・ニンジンは、細長くて四角いカットで、軽快な歯切れのある歯ごたえに、ニンジンの甘味をほんのりと感じる味わい。
・キクラゲは、一口大で平べったくて、柔らかめの歯ごたえ。
・海鮮は、小海老とゲソ。
・小海老は、一口大のむき身が2尾で、プリッと柔らかな張りのある歯ごたえに、海老の旨味と甘味をよく感じる味わい。
・ゲソは、丸くてやや細長いのが何本か入っていた。ムニュッと柔らかなコシを感じる歯ごたえがあった。

■全体的な味の感想
・麺は、ツルッと滑らかな張りを感じる歯ごたえの中細麺で、スープのトロミと熱さがよく絡んでいた。個人的には、麺とスープだけで食べるよりも、野菜を麺に絡めて食べるとちょうどいいバランスに感じた。
・スープは、あんかけのトロミがあって、醤油ダレの旨味がしっかりしていて、旨味と味付けの濃さとのバランスが取れていた印象。
・具は、野菜が全体的に細長いカットで、麺によく絡んで、麺やスープと合っていた。
・一口大の小海老が二尾入っており、プリッとしていて旨かった。
・肉は、薄切りの豚バラスライスで、やや量が少なく感じた。
・中華料理店らしい麺メニューで、ラーメン的な満足感は得にくい気もしたけど、料理としてのまとまりはあったと思う。
・お気に入り度は、最初の印象が3点で、トータルでは3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【長浜市】梅花亭

梅花亭 【淡海(せたしじみ)らーめん】

淡海(せたしじみ)らーめん(900円)

淡海(せたしじみ)らーめんの麺

■来店の経緯等
・2016年6月4日(土)の晩に初の訪問。

■食べたメニュー
・淡海(せたしじみ)らーめん(900円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は19時9分頃。外待ち無しの先客12人。席が空くまで店内で座って待つ。

梅花亭

・到着から7分待ちで厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは4人で、男性2人と女性2人。
・冷たいジャスミン茶を小さなヤカンで出してくれた。コップはカウンターに置いてあり、注ぐのはセルフ。
・席の後ろに荷物入れのカゴが置いてあった。
・注文から提供まで12分。貝殻入れの容器も一緒に出てきた。

■麺
・長方形で四角い、細麺か中細の麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・少し黄色くて加水やや低めの、卵も入ったような滑らかな粉の密度感のある麺質。食感は、ヤワさのない程よい茹で加減で、固くはないながら中身の詰まった当たりがあって、噛むとザクッと切れる感じの歯ごたえ。後半は、少し柔らかくなってきたように感じた。
・麺の味は、やや強めでしっかりしている。
・スープとの絡みは、スープの旨味が程よく絡んで、麺とのバランスが取れていて、麺の旨さを引き立てていた。しじみのコクの絡みはそれほど感じなかったかも。
・後半は、麺が貝殻や具に紛れてきて、やや柔らかくなってきたのと相まって、前半と較べると麺を味わいにくくなってきた気がした。

■スープ
・清湯のしじみ醤油。
・あっさりしていて、油も少なめ。
・出汁は、しじみメインの魚介で、恐らくは獣系不使用。よく分からないけど、しじみ以外の魚介も入っているのかも。醤油ダレとのバランス的に、しじみのコクよりも旨味がメインの味わいに感じた。
・タレの醤油は少し濃いけど、甘めで丸みがあって、塩辛さとか醤油辛さとかは控えめだったと思う。
・味付けは、醤油の旨味にミリンか何かの甘味も加わった、甘旨い和風醤油カエシテイストで、しじみ出汁の旨味と組み合わさって味をまとめていた印象。強い味ではないながら、出汁とのバランス的には割としっかりした味付けで、前半はバランスが良く感じた。
・刺激感はない。

■具材
・しじみは殻付きで、30~40個ぐらい入っていて、数が多かった。殻が閉じていたのも4個ぐらい入っていた。数が多い分、後半は貝殻が多くて麺が箸ですくい難かった。殻は厚みがあったけど、身は割と小さめで、柔らかな歯ごたえに、優しい旨味があった。砂抜きはきちんとしていた。
・チャーシューは、やや薄切りで少し厚みのあるレアの豚肩ローススライス。食べた時点では、スープの熱が少し入っていた。滑らかで多少引き締まった感じの歯ごたえに、味付け控えめで、噛み締めると最初に脂身の甘味が来て、その後から肉の旨味をじんわりと感じる味わい。
・鶏肉の一口大の塊は、噛むとサクッと切れる柔らかな歯ごたえに、甘い風味というか香味の効いた味付けが中まで染みていた。最初はササミか何かのカットかと思ったけど、つくねだったのかも。
・メンマは平べったい。ポリッと軽快な繊維感のある歯ごたえに、甘めの旨味のある味付けを少し感じた。本数多めで、麺にも絡んでいた。
・白髪ネギは、シャリッと滑らかな繊維感のある歯ごたえと、多少の風味があった。
・青ネギの細長いカットも少し入っていて、滑らかな歯ごたえと、サッパリと優しい風味があった。
・糸唐辛子は、口に入ると少し香味を感じた。

■全体的な味の感想
・麺は、細身で少し黄色くて、中身の詰まった当たりがあって噛むとザクッと切れる感じの歯ごたえで、麺の味もしっかりしていた。
・スープは、恐らくは獣系不使用で、しじみ出汁の旨味に甘旨い和風カエシテイストの醤油ダレが組み合わさって味をまとめていた。
・具は、しじみが大量に入っていて、後半は貝殻で麺がすくい難かった印象。貝殻は厚みがあったけど、身は割と小さめだったかも。
・メンマも本数が多くて、麺に絡んでいた。
・お気に入り度は、前半が4.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【彦根市】らーめん本気

らーめん本気 【あんかけチャンポン】

あんかけチャンポン(750円)

あんかけチャンポンの麺

■来店の経緯等
・2016年6月4日(土)の昼の遅めの時間に初の訪問。
・彦根のちゃんぽんに興味を持ち、こちらのお店に訪問してみた。

■食べたメニュー
・あんかけチャンポン(750円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は15時28分頃。外待ち無しの先客3人。

らーめん本気

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりは冷水機でセルフ。
・注文から提供まで6分。

■麺
・四角い中細ストレート。
・色が薄くて加水中くらいかよく分からない感じの、表面が滑らかで、カンスイ感の強くない粉の張りがあって、角張った麺質。食感は、固さのない茹で加減で、あんかけのトロミに負けておらずに、噛むとサクッとしてスッと切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、ややあっさりとした粉の旨味を感じる味わい。
・スープとの絡みは、あんかけのトロミと熱さがよく絡んでいた。味の絡みは、スープの溶き卵混じりの旨味が優しく絡んでいた。

■スープ
・清湯のあんかけ。温度高めの熱々。
・あんかけで多少トロッとしていて、表面に油が少し浮かんでいる。あんかけと一緒に、卵も溶いてあった。
・出汁は、食べた時には獣系と魚介と野菜のように感じた。獣系と野菜は具の煮汁かも。あんかけと溶き卵の効果で、出汁が何なのかよく分からなかった印象。
・タレは、恐らくは薄い醤油ベースで、醤油のコクはかなり控えめに感じた。
・味付けは、優しいながら旨味がしっかりしていて、出汁の旨味や溶き卵の丸みとバランスよく組み合わさっていた。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・具は肉と野菜。
・肉は豚バラの薄切りスライス。脂身付きで、ペラッとした弾力のある歯ごたえに、味付け控えめで脂身の甘味混じりの肉の旨味を感じる味わい。
・野菜は、キャベツ、モヤシ、ネギ、ニンジン。
・キャベツは一口大のカット。スープで煮るか何かしてあって、やや柔らかめの歯ごたえに、あんかけが絡んでキャベツの優しい甘味を感じる味わい。
・モヤシも、少し柔らかめに茹でてあって、多少の張りのある歯ごたえが食感のアクセントになっていた。
・青ネギは、やや長さのある斜め切り。柔らかで滑らかな歯ごたえがあった。
・にんじんは程長いカット。味や食感的には存在感控えめで、見た目の彩りになっていた。

■全体的な味の感想
・麺は、四角い中細ストレートで、固さのない茹で加減ながら、あんかけのトロミに負けずに、サクッとしてスッと切れるような歯ごたえがあった。スープとの絡みは、スープのトロミと熱さがよく絡んでいた。
・スープは、あんかけのトロミと溶き卵の丸みが効いた、熱々で優しい旨味を感じる味わい。
・具は、野菜がやや柔らかめで、あんかけのスープと程よく馴染んでいた。
・お気に入り度は、最初の印象が3.5点、途中が3点で、トータルでは3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【彦根市】十二分屋 彦根本店

十二分屋 彦根本店 【近江つけ麺】

近江つけ麺(850円)

近江つけ麺の麺

■来店の経緯等
・2016年6月4日(土)の昼に初の訪問。
・「十二分屋」は、滋賀県内に6店舗を展開するローカルチェーン店で、東京の大成食品が開催している「鳥居式らーめん塾」出身。

■食べたメニュー
・近江つけ麺(850円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は13時42分頃。外待ち無しの先客12人。

十二分屋 彦根本店

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員は3人で、男性2人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・椅子は、背もたれが上の方まであって、クッションは無いながら座り心地が良かった。
・店内に本棚があり、漫画本が置いてあった。
・注文から提供まで15分。

■麺
・長方形で四角い太麺。少しウエーブのかかったストレート。
・加水少し高めの、表面がツルッと滑らかで、カンスイが効いて少しプリッとした粉の張りと密度感と結合感があって、少し角張った麺質。食感は、少し固めの茹で加減で、ツルッと引き締まって中身の詰まったようなコシを感じる歯ごたえ。つけ汁に付けて食べるとちょうどいい感じ。
・麺の味は、やや多加水系で、粉の旨味がしっかりしている。
・つけ汁との絡みは良好。つけ汁の旨味と辛味と甘味と酸味がバランスよく絡んで、麺の食感とのバランスが取れていて、麺をスルッと食べられる感じ。

■つけ汁
・白濁した獣系魚介醤油。温度高めの熱々。
・少しトロッとしていて、多少の油が溶け込んでいるけど、それほどコッテリはしていない感じ。
・出汁は、獣系ベースに魚介。獣系は、多少のゼラチンのトロミがあって、味的にはタレの方が強かったけど、味のベースになっている感じ。
・魚介は、タレとのバランス的に主張控えめで、つけ汁に旨味をプラスしていた。
・タレの醤油は、多少濃いけど、バランス的に醤油のコクの主張は強くなかったと思う。
・味付けはやや強めで、醤油ダレの旨味と塩気にタレの甘味と酸味が組み合わさって、トッピングの香辛料の辛味も加わった、甘味と辛味と酸味が強めにバランスして効いた味。

・スープ割りは、店員さんに丼を渡して返してもらう方式。
・割りスープは、何の出汁かよく分からなかったけど、つけ汁のトロミや味付けの濃さが多少和らいで飲みやすくなった。
・小さくカットした柚子か何かの皮が多めにトッピングしてあって、香味がサッパリ感をプラスしていた。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りの肩ローススライス。つけ汁で煮えて、引き締まった弾力を感じる歯ごたえに、つけ汁の味と脂身の丸みとが組み合わさった味わい。
・メンマは長方形で平べったい。ポリッとした繊維感のある歯ごたえ。
・青ネギ輪切りは、つけ汁を飲む際に多少のシャリッとした歯触りがあった。

■全体的な味の感想
・麺は、長方形の太麺で、ツルッと引き締まったコシを感じる歯ごたえがあった。少し固めの茹で加減にも感じたけど、つけ汁に付けて食べるとちょうどいい食感だった印象。
・つけ汁は、獣系のトロッとしたゼラチン感が少しあって、タレの甘味と辛味と酸味が強めに効いた味付けで、麺との相性は良かったと思う。
・個人的には、麺と甘辛酸なつけ汁との絡みが気に入った。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【大阪市福島区】燃えよ 麺助

燃えよ 麺助 【紀州鴨そば】

紀州鴨そば(870円)

紀州鴨そばの麺

■来店の経緯等
・2016年6月の平日の晩に初の訪問。
・このお店は、2016年4月23日(土)オープンのお店で、店主さんは「金久右衛門」出身。

■食べたメニュー
・紀州鴨そば(870円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち10人。

燃えよ 麺助(のれん)

燃えよ 麺助

・到着から39分待ちで入店。最初に、店内入口の券売機で食券を買う。
・厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。
・店員さんは男性3人。
・水は席に置いてあった。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・紙オシボリは席に置いてあった。
・注文から提供まで6分。

■麺
・四角くて少しウエーブのかかった中細麺。
・加水中くらいか少し高めで、全粒粉入りっぽい色と質感のある、優しいながら適度に中身が詰まったような粉の張りとふくらみを感じる麺質。食感は、固さのない程よい茹で加減で、噛むと多少の張りを感じてサクッと切れるような歯ごたえ。
・麺の味は、全粒粉入りのコクとほのかな甘みを感じる、優しい味わい。
・スープとの絡みは、ややあっさりしていたけど、スープの甘めの旨味に多少の主張を感じた。どちらかというと、麺の方が主役のバランスだったかも。
・柚子か何かの柑橘の小さなカットが麺に絡むと、風味がいいアクセントになっていた。

■スープ
・清湯の醤油。
・あっさりしていて、表面に多少の油が浮かんでおり、少し丸みを感じる口当たり。
・出汁は、鴨と鶏の獣系に魚介。獣系は、優しい旨味があって、麺との絡みでは割とあっさりに感じたけど、スープ自体の味では鴨出汁の旨味を結構感じた。
・魚介は、風味の主張は強すぎずに、スープに旨味をプラスしていた印象。麺には多少魚介が絡んでいたかも。
・タレの醤油は、少し甘めの旨味があって、コクは割とマイルド。
・味付けは、醤油ダレの旨味と出汁の旨味がバランスよく組み合わさっていた。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、合鴨と豚の二種類。
・合鴨は、少し厚みのあるレアの赤身スライス1枚。しっとりと滑らかで引き締まった密度感のある歯ごたえに、レアな肉の旨味と炙った香ばしさとが組み合わさった味わい。
・豚は、やや薄切りでレアの肩ローススライス1枚。食べた時点では少し熱が入っていた。滑らかで多少引き締まっていて割と歯切れの良い歯ごたえに、味付けは強くなくて炙った香ばしさを少し感じた。
・メンマは四角くて太い。噛むと沈み込んで切れる感じの繊維感のある歯ごたえに、濃い味じゃないけど独特の旨味がしっかりとした味付け。
・白髪ネギはやや短めのカット。シャリッとして程よい強さの歯ごたえがあって、食感のアクセントになっていた。
・その他、三つ葉が入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、全粒粉入りっぽい色と質感のある四角い中細麺で、茹で加減は固さがなくて、噛むとサクッと切れる歯ごたえがあった。スープとの絡みはややあっさりしていて、スープの甘めの旨味が絡んで、柑橘の皮の絡みがいいアクセントになっていた。
・スープは、鴨出汁に魚介や醤油ダレの旨味が組み合わさった、少し甘めの旨味をよく感じる味わい。鴨出汁は、麺との絡みでは割とあっさりに感じたけど、スープ自体の味では鴨の旨味を結構感じた。
・具は、レアの合鴨スライスがしっとりとした歯ごたえで、炙った香ばしさもあって旨かったけど、やや量が少なかったかも。
・白髪ネギは、麺やスープと合っていた。
・個人的には、合鴨のスライスと、麺を食べた後のスープの鴨出汁感が気に入った。
・お気に入り度は、最初の印象が4点、後半が4.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【東大阪市】本格炭火焼 吉鳥 荒本店

本格炭火焼 吉鳥 荒本店 【鶏がらねぎ塩ラーメン】

鶏がらねぎ塩ラーメン(626円)

鶏がらねぎ塩ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年5月の平日の晩に初の訪問。
・「本格炭火焼 吉鳥」(きっちょう)は、大阪市に本社のある焼鳥チェーン店。メニューにラーメンがあったので、興味を持ち訪問してみた。

■食べたメニュー
・生ビール(中)(302円)
・突き出し(216円)
・おまかせ串盛5本盛(594円)
・日本酒かん1号(324円)
・鶏の造り盛合せ(734円)
・ライム酎ハイ(302円)
・鶏の唐揚げ(594円)
・鶏がらねぎ塩ラーメン(626円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客10人。

本格炭火焼 吉鳥 荒本店

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは3人で、男性1人と女性2人。
・オシボリを出してくれた。
・最初の注文は、「生ビール(中)」と「おまかせ串盛5本盛」。
・突き出しは、味付けが濃かった。

生ビール(中)(302円)と突き出し(216円)

・おまかせ串盛5本盛は、皮塩、ささみのしそ梅、せせりたれ、ねぎまたれ、きも、の5種類。焼き具合はそれほど強くなくて、こんなものかなという感じ。

おまかせ串盛5本盛(594円)

・次の注文は、「日本酒かん1合」と「鶏の造り盛合せ」。

日本酒かん1号(324円)

・鶏の造り盛合せは、ささみ、ズリ、キモの3種類。
・ささみは、しっとりとした張りがあって、スッと切れる歯ごたえ。
・ズリは、しっとりとしながら程よくコリッとした歯ごたえ。
・キモは、プリッとフレッシュな張りがあって歯切れの良い歯ごたえに、クセが少なめの味わい。

鶏の造り盛合せ(734円)

・次の注文は、「ライム酎ハイ」と「鶏の唐揚げ」。

ライム酎ハイ(302円)

・皮は割と薄めでカラッとしていて、多少の衣の味があるけど、下味は割と控えめ。
・肉は皮無しのモモ肉で、プリッとジューシーな歯ごたえと、適度な丸みを感じる味わい。

鶏の唐揚げ(594円)

・最後の〆で「鶏がらねぎ塩ラーメン」を注文。
・注文から提供まで9分。

■麺
・長方形で四角い中細麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・加水やや高めの、表面が滑らかで、カンスイが多少効いて少しだけプリッとした粉の結合感のある麺質。食感は、程よい茹で加減で、固くはないながらやや引き締まった感じの、居酒屋のラーメンの麺らしさを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、やや多加水系で、少しプリッとしたうまみを感じる味わい。
・スープとの絡みは、ややあっさりしている。スープの旨味と塩気がサラッと絡んで、スープの熱さもよく絡んでいた。
・具の野菜と絡んでいて、やや野菜の方が強かった印象。

■スープ
・清湯の鶏塩。
・温度高めの熱々で、油は少なめ。
・出汁は、鶏の清湯獣系メインに、野菜も入っている感じ。あっさりとした中に程よく優しい旨味があって、飲んだ後の身体に染み渡るような味わい。
・タレの塩は、塩気が少しあるけど、旨味と組み合わさっていて、塩のコクの主張はそれほど強くない感じ。
・味付けは、適度にあっさりとした塩梅で、タレが勝ち過ぎずに、出汁の味わいも多少感じた。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・鶏肉は、せせりか何かの一口大で小さいカット。柔らかな張りを感じる肉の繊維感のある歯ごたえに、ややあっさりとした旨味を感じる味わい。
・野菜は、キャベツと玉ネギと白ネギ。
・キャベツと玉ネギは一口大の小さなカット。よく茹でてあって適度に柔らかな歯ごたえで、スープと多少馴染んでいた。
・白ネギは斜め切りの細長いカット。多少のシャリッとした繊維感の主張があって、キャベツの柔らかな質感と組み合わさっていた印象。

■全体的な味の感想
・麺は、カンスイが効いて少しプリッとした中細麺で、居酒屋や焼鳥屋のラーメンらしさを感じる麺だった。
・スープは、温度高めの熱々であっさりしていて、飲んだ後の身体に染み渡るような優しい旨味があった。
・具は、白ネギのシャリッとした歯ごたえとキャベツの質感とが組み合わさっていて、バランス的に結構存在感があった。
・ラーメン以外では、鶏の造り盛合せが旨かった。鶏の銘柄は表示していなかったけど、割とボリュームがあって新鮮で、キモのクセが無かったのが良かった。
・唐揚げも、個人的には串の焼鳥よりも気に入った。
・お気に入り度は、ラーメン単体が3点で、鶏の造り盛合せが4点ぐらいだったと思う、

■お気に入り度: ★★★ (3.0)
※ラーメン単体のお気に入り度

■お店の情報

【奈良市】王楽園

王楽園 【びゃんびゃん麺】

びゃんびゃん麺(1000円)

びゃんびゃん麺の麺

■来店の経緯等
・2016年5月29日(日)の昼に初の訪問。
・このお店は、学園前駅の近くにある中国西安料理店。

■食べたメニュー
・びゃんびゃん麺(1000円)
※メニュー案内には「本場西安の味 ここでしか食べられない」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は13時18分頃。外待ち無しの先客9人。
・テーブル席に座り、メニューを見て「びゃんびゃん麺」を注文。ちなみに、「びゃんびゃん」はPCで表示できない難しい漢字で書いてあった。

びゃんびゃん麺の漢字

・厨房は別室。店員さんは見える範囲で3人で、男性1人と女性2人。
・温かいジャスミン茶を出してくれた。
・紙オシボリを出してくれた。
・注文から提供まで9分。

■麺
・平打ちで3~4cm幅の超幅広ストレート。
・色が薄めの、表面が滑らかでカンスイ感少なめな粉のふくらみがあって、厚みが少なめの麺質。無カンスイ麺なのかも。食感は、少し柔らかめというか固さのない茹で加減で、モッチリと優しい当たりがあって、スッと切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、強い味ではないけど、多少の旨味とほのかな甘みを感じる味わい。
・タレとの絡みは、タレの油が麺の表面を滑らかにしていて、香味と辛味が適度に絡んで、どちらかというと麺の方が主役に感じるバランス。

■タレ
・旨味と酸味をほんのりと感じるベースの味付けに、赤い色の付いた油の丸みが組み合わさっていて、そこにトッピングの唐辛子の辛味と中国系の香辛料の香味がプラスされた、濃い味すぎずに程よくスパイシーな味わい。
・幅広麺との絡みでは、バランス的に辛味や刺激は割と穏やかに感じたけど、麺を食べた後に残った具を食べた際には、多少のピリ辛感があった。
・酸味の主張は強くなくて、油や香辛料とバランスが取れていた。

■具材
・具は、豚肉と野菜。
・豚肉は小さな角切りで、繊維感控えめで多少の弾力のある歯ごたえに、主張の強くない適度な旨味のある味わい。
・野菜は、キャベツ、ニンジン、レンコンとジャガイモか何か。
・キャベツは程よく茹でてあって、柔らかめの歯ごたえに、茹でた甘味を感じる味わい。
・ニンジン、レンコン、ジャガイモか何かは小さな角切りで、野菜の優しい甘味がタレの辛味とバランスしていた。

■全体的な味の感想
・麺は、超幅広の平打ちで、モッチリとしてスッと切れる感じの歯ごたえ。タレとの絡みは、油が麺の表面を滑らかにしていて、香味と辛味が適度に絡んで、麺が主役に感じるバランス。幅の広さは、以前に食べた「りきどう@岐阜市」の凄平麺と似ていたけど、凄平麺よりは厚みとコシが控えめだった印象。
・タレは、赤い色の付いた油に、唐辛子の辛味と中国系香辛料の香味が効いた、濃い味過ぎずに程よくスパイシーな味わい。幅広麺との絡みでは、バランス的に辛味や刺激は割と穏やかに感じた。
・具は、豚肉や野菜の小さな角切りが入っていた。
・中国西安料理のお店ということで、ラーメン店のまぜそばと較べるとインパクトやパンチは強くなかったけど、スパイシーながらも麺や具材の味わいを生かした味付けで、麺料理としてはなかなか良かったと思う。
・お気に入り度は、最初の印象が3.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【蒲生郡竜王町】バリバリジョニー 竜王店

バリバリジョニー 竜王店 【バリとんラーメン】

バリとんラーメン(750円)

バリとんラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年5月28日(土)の夕方に初の訪問。
・このお店は、滋賀県長浜市に本店のある「麺屋ジョニー」系列のローカルチェーン店で、「替玉何玉でも無料」が売りのお店。

■食べたメニュー
・バリとんラーメン(750円)
※メニュー案内には「超濃厚!!こってりNO.1 当店イチオシ!!」と書いてあった。
・替え玉(無料)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は17時08分頃。外待ち無しの先客3人。

バリバリジョニー 竜王店

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・ロードサイドの大箱店で、店内は席数が多かった。
・注文から提供まで4分。

■麺
・四角くて少しウエーブのかかった、中太か中くらいの太さの麺。
・加水中くらいか少し低めの、カンスイ感は強くなくて、粉の厚みと密度感があって、多少角張った麺質。食感は、やや固めの茹で加減で、中身の詰まった感じの当たりがあって、ザクッと切れるような歯ごたえ。
・麺の味は、ややあっさりとした粉の味わい。
・スープとの絡みは良好。スープの旨味と塩気と豚骨のコクがよく絡んで、食欲をそそっていた。表面の背脂のコッテリ感はそれほど絡んでいなかったと思う。

・替え玉を注文すると、店員さんが席に麺を持ってきて丼に投入。
・替え玉の麺は、四角くて少しウエーブのかかった中細麺。
・薄い色が付いていて、最初の麺よりも細身で、多少角張った麺質。
・茹で加減は固めで、ボキッとはしておらずに、噛むとすぐに切れずに粘るようなコシを感じる、細身ながら食べごたえのある歯ごたえ。
・麺の味は、スープの味の絡みが弱まった分、最初の麺よりも麺自体の旨味を感じた印象。
・スープとの絡みは、替え玉の時点ではスープに背脂がよく混ざっていて、味の絡みはややマイルドになっており、その代わりにスープのコッテリ感がよく絡んでいた。

■スープ
・白濁した獣系醤油。
・少しトロッとしていて、細かい背脂が表面に大量にトッピングされており、強烈にコッテリしている。
・出汁は、恐らくは豚骨の獣系。ゼラチン感が少しあって、豚骨出汁の風味とコクをよく感じる味わい。タレの味付けが強いながら、その中から豚骨のコクが主張していた。ただし、後半、背脂がスープに混ざると、脂の丸みで豚骨出汁がマスキングされて、豚骨感がよく分からなくなった印象。
・タレの醤油は少し濃いけど、コクの主張とかは強くなかったと思う。
・味付けは結構強くて、塩気がそこそこあって、豚骨のコクと組み合わさっていた。後半、背脂がスープに混じると、脂の丸みとタレの濃さとがバランスして、最初ほど濃い味には感じなくなった。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、薄切りとやや薄切りのスライスが何枚か入っていた。脂身付きで、部位はよく分からなかった。多少の弾力があって歯切れのよい歯ごたえに、味付けは強くなくて肉っぽさを少し感じる味わい。背脂混じりのコッテリしたスープが絡んでいて、思ったよりヘビーに感じた。
・青ネギ輪切りは、多少の歯触りがあったけど、スープとのバランス的に存在感は控えめだったかも。
・その他、海苔が入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、中くらいの太さで、茹で加減やや固め。スープとの絡みは、スープの旨味と塩気と豚骨のコクがよく絡んで、食欲をそそっていた。
・替え玉は、茹で加減固めの中細で、噛んでもすぐに切れずに粘る感じの歯ごたえ。スープとの絡みは、替え玉時には背脂がスープとよく混ざっていて、コッテリ感がよく絡んでいた。
・スープは、タレの味付けが強くて、その中に豚骨の風味とコクがよく効いていて、表面に大量の背脂がトッピングされていて強烈にコッテリしていた。前半はスープ自体の豚骨っぽさも感じられたけど、後半は背脂がスープの中に混じってきて、豚骨感よりも脂のコッテリ感の方が主役になってきた。
無鉄砲で例えると「デキコテ(できるだけこってり)」に相当する量の背脂がデフォでトッピングされていて、コッテリ大好きな人にはたまらないタイプのラーメン。
・初訪問なので、「当店イチオシ」と書かれたバリとんラーメンを食べてみたけど、個人的には、自分の好みと較べて背脂が多過ぎた印象。次回食べる機会があれば、背脂なしの「純とん」の方を食べてみたいと思った。
・お気に入り度は、最初の印象が4点、背脂がスープに混ざった後が3点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【守山市】麺屋 白頭鷲

麺屋 白頭鷲 【つけ麺】

つけ麺(200g)(830円)

つけ麺(200g)の麺

■来店の経緯等
・2016年5月28日(土)の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・つけ麺(200g)(830円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は12時50分頃。外待ち無しの店内10人待ち。

麺屋 白頭鷲

・最初に店内の券売機で食券を買い、店内で立って待つ。
・到着から11分後、店内で座って待つ。
・到着から19分待ちで厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。
・店員さんは男性1人。
・水は冷水機でセルフ。
・店内に荷物入れのカゴが置いてあった。
・注文から提供まで10分。

■麺
・長方形で四角い、太麺ストレート。
・少し黄色くて加水中くらいか少し低めの、表面は多少滑らかで、卵も入ったような粉の張りと密度感があって、やや角張った麺質。食感は、少し固めに感じる茹で加減で、芯はないながら中身が詰まっていて、割としっかりした歯ごたえ。
・麺の味は、適度な旨味があって、粉の味わいも多少感じる。
・つけ汁との絡みは良好。つけ汁の旨味とトロミと魚介の風味がよく絡んで、麺の旨さを引き立てていた。麺を半分くらい付けて食べるとちょうど良い感じのバランスで、個人的には、麺をそのまま食べるよりも、つけ汁に付けて食べた方が旨かった印象。

■つけ汁
・白濁した獣系魚介醤油。
・ややトロッとしていて、多少の油が溶け込んでおり、少しだけオイリー。
・出汁は、獣系ベースに魚介。獣系は、恐らくは豚骨メインで、油混じりのゼラチンのトロミが少しあり、チャーシューの細かい破片も混じったような旨味があって、味のベースになっていた。
・魚介は、節系メインの濃厚な味で、麺にも魚介の旨味と風味がよく絡んでいた。
・タレの醤油は少し濃くて、魚介と組み合わさっていた印象。
・味付けは結構濃くて、塩気もそこそこあったけど、獣系のトロミや魚介の味とのバランスが取れていて、麺を食べるにはちょうど良い味の濃さ。そのまま飲むには、やや塩気が強く感じた。
・胡椒か何かの香辛料も少し入っていて、タレの味付けを強めていた。

■具材
・チャーシューは、少し厚みのあるバラスライス。トロッと柔らかな歯ごたえに、脂身の甘いコクが程よく効いていて、そこにつけ汁の味が絡んで組み合わさった感じの味わい。
・メンマは長方形で平べったい。ポリッとして少しコリッとした繊維感のある歯ごたえに、メンマっぽい風味を多少感じる味付け。
・青ネギ輪切りはやや細めで、つけ汁とのバランス的に主張控えめだった印象。

■全体的な味の感想
・麺は、長方形のストレート太麺で、中身が詰まっていて割としっかりした歯ごたえ。つけ汁との相性は良好で、つけ汁の旨味とトロミと魚介の風味がよく絡んで、麺の味を引き立てていた印象。
・つけ汁は、少しトロッとした獣系ベースに、濃厚な節系魚介の味と濃いめの醤油ダレがバランスよく組み合わさっていて、麺との絡みが良かった。
・麺が個性的な、王道の豚骨魚介醤油つけ麺。
・お気に入り度は、麺とつけ汁との絡みが4.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【東大阪市】金久右衛門 東大阪新池島店

金久右衛門 東大阪新池島店 【醸し醤油らーめん】

醸し醤油らーめん(800円)

醸し醤油らーめんの麺

■来店の経緯等
・2016年5月の平日の晩に初の訪問。
・このお店は、「金久右衛門」の支店で、2016年5月18日(水)のオープン。

■食べたメニュー
・醸し醤油らーめん(800円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無し。店内入口の待合室に3人待ち。
・待合室の待ちリストに名前を書き、座って待つ。
・到着から4分待ちで案内されて、島型のカウンター席に座る。店内の先客は25人。
・メニューを見て注文。
・店員さんは6人で、男性4人と女性2人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・紙オシボリはカウンターに置いてあり、セルフ。
・椅子の下に荷物入れのカゴが置いてあった。
・店内は広くて席数の多い大箱のお店。
・注文から提供まで5分。

■麺
・長方形で少しウエーブのかかった中太麺。
・加水中くらいか少し高めの、少しプリッとした粉の張りと結合感のある麺質。食感は、固さのない程よい茹で加減で、少しプリッとしてムチッとした弾力があって、多少のコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、強い味ではないけど、適度な旨味があって、食感とのバランスが取れている感じ。
・スープとの絡みは良好。スープの鶏と醤油の旨味と風味がよく絡んで、麺の味とのバランスも良好だった。

■スープ
・清湯の鶏醤油。
・あっさりしていて、表面に油が少し浮かんでいる。
・出汁は鶏の獣系。鶏油も少し混じったような鶏の旨味を程よく感じる味わいで、タレとのバランスが良かった印象。
・タレの醤油は、少し濃いけど塩気は強くなくて、生醤油っぽいフレッシュで旨味のしっかりとした醤油のコクがあった。メニュー案内によると、醤油に加えて自家製の醤を使用している模様。
・味付けは、醤油の味が主役で、シンプルながら深みのある旨味があって、鶏の出汁と組み合わさって味をまとめていた。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、やや厚切りの赤身スライス。提供時には少しレアっぽく見えたけど、食べた時点ではスープの熱が入っていた。脂身少なめで、固くはないながらやや滑らかな肉の密度感があってしっかりめの歯ごたえに、味付け控えめで、あっさりとした肉の旨味を感じる味わい。
・キクラゲは一口大で平べったい。プリッと柔らかな弾力を感じる歯ごたえがあった。
・青ネギ輪切りは、スープとのバランス的に、多少の歯触りの存在感があった。

■全体的な味の感想
・麺は、長方形の中太で、少しプリッとしてムチッとした弾力があって、多少のコシを感じる歯ごたえ。スープとの絡みは、鶏と醤油の旨味と風味がよく絡んでいた。
・スープは、鶏油も少し混じった感じの鶏清湯出汁に、フレッシュで旨味のしっかりとした生醤油っぽい醤油のコクがバランスよく組み合わさっていて、シンプルながら深みのある旨味があった。
・具は、チャーシューが味付け控えめで、あっさりとした肉の旨味を感じた。
・醤油が主役のラーメン。
・お気に入り度は、最初の印象が4.5点、後半が4点で、トータルでは4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

金久右衛門 東大阪新池島店

■お店の情報

【大阪市淀川区】創作らーめん Style林

創作らーめん Style林 【北海道風味噌らーめん】

北海道風味噌らーめん(1000円)

北海道風味噌らーめんの麺

■来店の経緯等
・2016年5月21日(土)の晩に初の訪問。
・このお店は、2015年12月1日(火)のオープンで、店主さんは「味噌らーめん専門 みつか坊主」出身。

■食べたメニュー
・北海道風味噌らーめん(1000円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は19時23分頃。外待ち無しの先客5人。

創作らーめん Style林

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは3人で、男性2人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・厨房の壁に池村製麺所の名前が貼ってあった。
・注文から提供まで9分。

■麺
・長方形で四角い太麺で、少し縮れたウエーブ。
・加水中くらいの、表面が滑らかで、カンスイが多少効いて中身の詰まった粉の結合感があって、少し角が丸まった麺質。食感は、ヤワさのない茹で加減で、滑らかな密度感のあるコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、適度な粉の旨味と多少の甘味を感じた。
・スープとの絡みは、味噌のコクと魚介の風味がよく絡んで、スープの熱さもよく絡んでいた。

■スープ
・白濁した獣系魚介味噌。温度高めの熱々だったけど、表面に油の層がないせいか、最後まで熱々感はキープされなかったかも。
・少しトロミがあって、油が多少溶け込んでいるけど、それほど油は多くない感じ。
・出汁は、獣系ベースの魚介。獣系は、トロミと丸みの存在感が少しあって、味のベースになっていた。
・魚介は、風味がよく立っていて、味噌のコクとバランスよく組み合わさっていた印象。
・タレの味噌は合わせ味噌で、コクが濃厚ながら塩気は強くなくて、旨味とコクの中にほんのりとした甘味を感じる味わい。
・味付けは、味噌のコクの厚みがあって、魚介の風味や獣系の丸みと組み合わさっていた。

・後半、トッピングの肉味噌や一味をスープに混ぜると、肉の旨味と多少のピリ辛感がプラスされて、味変化になっていた。

■具材
・チャーシューは薄切りでレアの肩ローススライス2枚。うち1枚は炙って熱を入れてあった。
・レアの方は、しっとりと滑らかでペラッと歯切れの良い歯ごたえに、味付け控えめであっさりとした肉の味わい。
・炙ってある方は、ペラッとした歯ごたえに、熱が入ってレアの方より肉の旨味が強まっていた。
・巾着は、中に春雨みたいなのと、ネギとその他の香味野菜が入っていた。どれも小さめにカットしてあって、香味野菜の香味が多少のアクセントになっている感じ。
・センターの肉味噌は、店員さんの説明に従い、途中からスープに混ぜてみた。スープにミンチの味付けが混ざって、混ぜた後のミンチ自体は割と優しい旨味を感じる味わいだった印象。
・野菜は、トッピングの白髪ネギとカイワレに、スープと一緒に炒めたキャベツ、玉ネギ、モヤシ、ニンジン。
・トッピングの白髪ネギは、シャリッとしてややしっかりした歯ごたえと香味の主張があった。
・キャベツは一口大で、適度に熱が入りながらシャキッと感を少し残した歯ごたえで、食感的には麺よりも強かった印象。
・玉ネギは、くし型にカットしてあり、程よく熱が入って優しい甘味を感じた。
・モヤシとニンジンは、量の加減かキャベツや玉ネギと較べると主張控えめだったかも。

■全体的な味の感想
・麺は太麺で、滑らかな密度感のあるコシを感じる歯ごたえで、スープとの絡みは、味噌のコクと魚介の風味がよく絡んでいた。
・スープは、少しトロミがあって、獣系ベースに味噌の濃厚なコクと魚介の風味がバランスよく組み合わさっていて、濃い味ながら塩気や油っぽさは強く感じなかった印象。後半、トッピングの肉味噌や一味を混ぜると、スープに肉の旨味と多少のピリ辛感がプラスされた。
・具は、レアチャーシューがレアのままと炙ってあるのとの二種類で、炙った方が肉の旨味が強まっていた。
・巾着は、中身が春雨と香味野菜で、個性的だった。
・キャベツは、食感的に麺よりも強かったかも。
・個人的には、味噌が主役のラーメンに感じた。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【神戸市中央区】丸高中華そば 神戸二宮店

丸高中華そば 神戸二宮店 【中華そば】

中華そば(650円)

中華そばの麺

■来店の経緯等
・2016年5月21日(土)の夕方に初の訪問。
・このお店は、和歌山の老舗店「丸高中華そば」の流れを汲むお店。

■食べたメニュー
・中華そば(650円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は17時58分頃。外待ち無しの先客6人。

丸高中華そば 神戸二宮店

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは4人で、男性2人と女性2人。
・水は冷水機でセルフ。
・注文から提供まで5分。

■麺
・四角くて中くらいの太さの麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・色が薄めで加水中くらいか少し低めの、表面が滑らかで、少しカンスイが効いたような粉の張りと密度感のある麺質。食感は、やや固めの茹で加減で、滑らかながら中身の詰まったような当たりがあって、ムチッとしてプツンと切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、ややあっさりとした粉の旨味をよく感じる味わい。
・スープとの絡みは良好。スープの旨味と醤油のコクと多少のトロミがバランスよく絡んで、麺の味と組み合わさって麺の旨さを引き立てていた印象。

■スープ
・白濁した獣系醤油。
・少しトロッとしていて、多少の油が溶け込んでいる。
・出汁は、豚骨の獣系メイン。ゼラチン感が多少あって、トロミの中に獣系っぽい旨味とコクを感じる味わい。出汁感はそこそこあったけど、醤油ダレとのバランス型といった感じで、骨粉感はそれほどガツンとは来なかったかも。
・タレの醤油は濃いめで、濃厚なコクがあった。
・味付けは、旨味がしっかりしていて、濃いめの醤油のコクや獣系出汁と組み合わさった、パンチのある豚骨醤油テイスト。前半はグイグイ引き込まれたけど、最後の方は、少しだけ味の焦点がぼやけてきた気がした。
・スープを完飲すると、丼の底には骨粉が微かにあった。

■具材
・チャーシューはバラと赤身の二種類。
・バラチャーシューはやや薄切りのスライスで、脂身は弾力があって肉の部分はやや引き締まってしっかりとした感じの歯ごたえに、濃い味過ぎない適度なタレの味付けと脂身の丸みとが組み合わさった味わい。
・赤身チャーシューは、脂身無しで少し厚みのあるスライス。固くはないけど適度に引き締まった歯ごたえに、適度な強さのタレの味付け。
・メンマは平べったい。よく煮てあって、柔らかめで滑らかな張りを感じる歯ごたえに、強い味ではないけど醤油系の煮ダレがよく染みた感じの味付け。
・青ネギ輪切りは、主張は強くないながら、麺に多少絡んで、麺との絡みで少し存在感があった。
・その他、やや薄切りのカマボコが乗っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、中くらいの太さで、茹で加減やや固めの、滑らかながら中身の詰まった歯ごたえがあって、スープとの絡みも良好で旨かった。
・スープは、少しトロッとした獣系出汁に、醤油のコクが濃厚で旨味のしっかりした味付けの、パンチのある豚骨醤油テイスト。個人的には、スープ自体の味よりも、麺との絡みの方が気に入ったかも。
・具は、デフォでチャーシューがバラと赤身の二種類入っていたのが良かった。
・お気に入り度は、最初の印象が4.5点、後半が4点で、トータルでは4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【尼崎市】大貫本店

大貫本店 【中華そば】

中華そば(850円)

中華そばの麺

■来店の経緯等
・2016年5月21日(土)の昼に初の訪問。
・このお店は、1912年(大正元年)創業の老舗店ということで、興味を持ち訪問してみた。

■食べたメニュー
・中華そば(850円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は11時47分頃。外待ち無しの先客13人。

大貫本店

・テーブル席に相席で座り、メニューを見て注文。
・厨房は別室。店員さんは5人で、男性1人と女性4人。
・水は出してくれた。お代わりは冷水機。
・注文から提供まで4分。

■麺
・四角くてウエーブのかかった中太麺。
・加水中くらいの、表面滑らかでカンスイの少し効いた、ムッチリとした粉の張りとふくらみがあって、多少のボリューム感のある麺質。食感は、固さのない程よい茹で加減で、ムッチリと柔らかな弾力を感じてプツンと切れる、心地よい歯ごたえ。
・麺の味は、程よい強さの旨味があって、卵も入っている感じ。
・スープとの絡みは、醤油ダレの旨味と豚っぽい風味が適度に絡んで、麺の味とバランスしていた。

■スープ
・濁った獣系醤油。
・割とあっさりしていて、油が少し浮かんでいる。
・出汁は、恐らくは豚の獣系メインで、鶏も入っているかも。豚肉の煮汁も入ったような、あっさりとしてマイルドな獣系の出汁感のある味わい。濁っているけど、白湯感は控えめだった印象。麺との絡みでは豚っぽい風味を感じたけど、スープ自体の味では、タレとのバランスか、豚っぽさはそれほど感じなかったと思う。
・タレの醤油は、少し濃いけど、丸みがあってコクはややマイルド。
・味付けは、熟成した醤油ダレの旨味と厚みがあって、醤油由来か何かよく分からない感じの酸味をほのかに感じた。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、やや厚切りのバラスライス3枚。よく煮てあって、脂身はムチッと柔らかな弾力があって、肉の部分も煮えて多少引き締まりながらも割と歯切れのよい弾力のある歯ごたえ。味は、醤油系のタレの旨味がよく効いていて、脂身の油が程よく抜けた感じの味わい。
・メンマは平べったくて大きい。しっとりとした密度を感じる繊維感のある歯ごたえに、あっさりとした煮ダレ系の味付け。
・キクラゲは一口大のが何個か。多少煮てある感じの、柔らかめの張りと弾力を感じる歯ごたえ。
・青ネギ輪切りは、量が少なめだった。

■全体的な味の感想
・麺は中太で、ムッチリと柔らかな弾力を感じる心地よい歯ごたえがあった。スープとの絡みは、醤油ダレの旨味と豚っぽい風味が絡んでいた。
・スープは、濁った獣系醤油。豚肉の煮汁も入ったような、あっさりとマイルドな出汁感があって、やや濃いながら熟成して丸みのある醤油ダレの味付けで、醤油由来か何かよく分からない感じの酸味をほのかに感じた。酸味は、豚っぽさを抑える役割だったのかも。
・具は、チャーシューのボリュームがあった。
・キクラゲは、多少煮込んであるのか、柔らかめに感じた。
・お気に入り度は、最初の印象が3.5点、麺が4点で、トータルでは3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【大阪市天王寺区】らーめん 賛平

らーめん 賛平 【賛平らーめん】

賛平らーめん(800円)

賛平らーめんの麺

■来店の経緯等
・2016年5月の平日の晩に初の訪問。
・このお店は、2016年4月29日(金)オープンの新店で、店主さんは「薩摩っ子ラーメン」出身の模様。

■食べたメニュー
・賛平らーめん(800円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客3人。

らーめん 賛平

・厨房対面のカウンター席に座り、カウンターの上の壁にあるメニューを見て注文。ニンニクを入れるか聞かれて、入りを選択。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・オシボリを出してくれた。
・注文から提供まで5分。

■麺
・四角くて中くらいの太さの麺で、少し縮れたウエーブ。
・加水中くらいの、表面が滑らかで、カンスイが適度に効いて引き締まった粉の密度感のある麺質。食感は、少し固めの茹で加減で、滑らかながら多少中身の詰まった当たりがあって、割とメリハリを感じる心地よい歯ごたえ。
・麺の味は、適度にしっかりしていて、食感とのバランスが取れている感じ。
・スープとの絡みは、スープの旨味とトロミが程よくサラッと絡んで、ニンニクの香味が多少のアクセントになっていた。

■スープ
・白濁した獣系醤油。
・割とサラッとしながら、少しだけトロミを感じる口当たり。
・出汁は、恐らくは豚骨と鶏の獣系メイン。ゼラチン感が少しあって、ややあっさりとした旨味と丸みの中に、乳化のクリーミー感をほんのりと感じる味わい。
・タレは、やや薄めの醤油ベースで、多少の醤油感があるけどコクはマイルド。
・味付けは、タレの旨味が適度にしっかりしていて、薄めの醤油のコクやライトな出汁感とバランスしていた。そこに、カットした生ニンニクの香味と刺激が組み合わさっていた。
・ニンニクの香味は、最初の方は割とマイルドだったけど、スープが減ってくるに従って、だんだんパンチが強まってきた印象。
・スープを完食すると、丼の底には胡椒か何かが少し溜まっていた。

■具材
・チャーシューは、やや厚切りのバラスライス。よく煮込んでいて、固くはないながら多少引き締まった感じの歯ごたえに、旨味があってやや濃いめのタレの味付け。
・モヤシは中くらいの太さ。パリッと歯切れが良くて張りを感じる歯ごたえに、サッパリとした味。
・青ネギ輪切りは、少し厚みのあるスライス。多少の歯触りと風味の主張があって、スープの薬味の役割を果たしていた。
・ニンニクは生で、少しだけ小さなカット。量的にはそこそこ入っていたけど、以前に食べた一力@堺よりは少なめだったかも。スープを飲むと、最後の方はニンニクの香味と刺激が結構強めに効いていた印象。

■全体的な味の感想
・麺は、茹で加減少し固めで中くらいの太さの麺で、滑らかながら引き締まった歯ごたえがあった。麺の味と食感とのバランスも取れていたと思う。
・スープは、割とライトながらトロミを少し感じる白濁獣系で、乳化のクリーミーさもほんのりと感じた。そこに、生ニンニクの香味と刺激がプラスされていて、最初は割とマイルドだったけど、だんだんニンニクのパンチが強まってきた印象。
・お気に入り度は、最初の印象が4点で、トータルでは3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【八尾市】麺や 一想

麺や 一想 【鶏白湯 塩】

鶏白湯 塩(750円)

鶏白湯 塩の麺

■来店の経緯等
・2016年5月の平日の晩に初の訪問。
・このお店は、2016年5月3日(火)オープンの新店で、店主さんは「麺屋 彩々」出身。

■食べたメニュー
・鶏白湯 塩(750円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には先客無し。

麺や 一想

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは男性2人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・椅子の下に荷物入れのカゴがあった。
・注文から提供まで4分。

■麺
・長方形で四角い、中くらいの太さの麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・加水中くらいの、卵も少し入ったような、滑らかながら中身が詰まった感じの麺質。食感は、少し固めの茹で加減で、多少の密度感のあるコシがあって、少し粘ってからプツンと切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、ややしっかりしていて、食感とのバランスが取れている感じ。
・スープとの絡みは、スープの旨味がサラッと絡んで、麺の味と食感がメインに感じるバランス。スープの熱さがよく絡んでいた。

■スープ
・白濁した獣系塩。
・サラッとしていて、乳化の丸みが少しあるけど油はそれほど多くない感じ。
・出汁は、恐らくは鶏メインの獣系。ゼラチン感は控えめで、肉も混じったような鶏の旨味と丸みをよく感じる味わい。鶏油のコクとか、マッタリとしたクリーミー感とかは少なめだったと思う。
・タレの塩は、塩気が少しあるけど強くはなくて、旨味とバランスしていて、スープの旨味を引き立てている感じ。
・味付けは、タレに魚介か何かを仕込んであるのか、旨味がしっかりしていて、出汁感を生かしながら旨味を強めていた印象。
・黒胡椒が多少トッピングしてあったけど、ピリッとした刺激感はなかったと思う。

■具材
・チャーシューは厚切りの肩ローススライス。低温調理っぽかったけど、食べた時点ではスープの熱が多少入っていた。ムッチリとしたレアな肉の弾力があって、ややしっかりとした歯ごたえ。味付けは強くなくて、醤油系のタレの旨味をほんのりと感じた。
・メンマは四角くて太い。噛むと沈み込む感じで、やや繊維感のある歯ごたえに、ゴマ油か何かの風味を少し感じる味付け。
・キクラゲは平べったくて大きいのが入っていた。パリッと滑らかな、クリック感のある歯ごたえ。
・青ネギ輪切りは、割と細めながら量はそこそこ多くて、スープを飲む際に多少の歯ごたえの主張があった。

■全体的な味の感想
・麺は、中くらいの太さで、滑らかながら中身が詰まった感じがあって、茹で加減は少し固めに感じた。個人的には、全体のバランス的に、麺の歯ごたえが少しだけ強く感じたかも。
・スープは、サラッとした鶏白湯塩で、優しいながら旨味がしっかりした味付けに、肉も混じったような鶏の旨味と丸みをよく感じる味わい。鶏油のコクとかマッタリ感とかは控えめだった印象。
・具は、キクラゲが大きいのと、青ネギ輪切りが細めながら存在感があったのが印象に残った。
・お気に入り度は、最初の印象が3.5点、途中が4点で、トータルでは3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【田辺市】まえ多

まえ多 【鶏白湯らーめん ノーマル〈白〉】

鶏白湯らーめん ノーマル〈白〉(750円)

鶏白湯らーめん ノーマル〈白〉の麺

■来店の経緯等
・2016年5月14日(土)の晩に初の訪問。
・このお店は、紀伊田辺駅の近くにあるお店で、2015年12月のオープン。

■食べたメニュー
・鶏白湯らーめん ノーマル〈白〉(750円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は18時55分頃。外待ち無しの先客5人。

まえ多

・壁対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。ストレート細麺とちぢれ麺からストレート細麺を選択。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・紙オシボリはカウンターに置いてあり、セルフ。
・注文から提供まで6分。

■麺
・長方形で四角い、中細ストレート。
・少し黄色くて加水中くらいかやや高めの、表面がツルッと滑らかで、カンスイが効いて卵も入った感じの、少しプリッとして中身の詰まったような張りを感じる麺質。食感は、固さのない程よい茹で加減で、プリッとしてムニュッとした多少の弾力を感じて切れるような歯ごたえ。
・麺の味は、やや多加水系で、割としっかりしていて、卵も入っている感じ。
・スープとの絡みは、ややあっさりしていた印象。最初の方は、タレの味付けとゴマ油っぽい風味の主張を多少感じた。

■スープ
・白濁した獣系。
・割とサラッとしているけど、多少の油が溶け込んでいて、少し丸みを感じる口当たり。
・出汁は、恐らくは鶏の獣系。ゼラチン感が少しあって、油混じりのコクを多少感じる味わい。最初の方は、ゴマ油っぽい風味を少し感じたけど、途中から鶏油混じりのコクを感じてきて、ゴマ油っぽさは感じなくなった。
・タレは、ベースが塩か薄い醤油で、恐らくは塩か。
・味付けは、塩気が少しあって、タレの旨味や油の風味と組み合わさっていて、タレが出汁の味をまとめている感じのバランス。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、分厚くて一口サイズの豚バラカット二個。トロッと柔らかな角煮風の歯ごたえに、旨味のある煮ダレ風の味付けが効いていて、そこに脂身の甘味が組み合わさった味わい。
・鶏つくねは一口サイズのが二個。程よく柔らかな歯ごたえに、肉に脂身か何かが混じったような旨味をよく感じる味わい。
・メンマは、やや細めで四角いのと、平べったいのとが混在。柔らかめの歯ごたえに、多少の味付け。
・モヤシは、量は多くないながら、シャリッとした歯ごたえがあって、食感的には存在感があった。
・コーンも、量は多くなくて、ほんのりとした甘味があった。
・その他、カイワレ、青ネギ輪切り、そぼろ肉が入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、表面がツルッとして少しプリッとした中細ストレートで、卵も入っている感じ。
・スープは、割とサラッとしながら少し丸みを感じる口当たりの鶏白湯で、タレと出汁とのバランス型だった印象。最初の方は、ゴマ油っぽい風味を感じたけど、途中から鶏油混じりのコクを多少感じてきた。
・具は、チャーシューがトロッとした角煮風なのが個性的だった。
・モヤシは、量が多くないながら、食感的には存在感があった。
・鶏白湯スープのお店で、他にもいろいろメニューがあった。田辺市に住んでいれば、また来たいタイプのお店だったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 05月 【18件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ