【生駒市】らぁめん トリカヂ イッパイ

らぁめん トリカヂ イッパイ 【豚CHIKIちん】

豚CHIKIちん(900円)+豚CHIKIめし(ごはん)(200円)

豚CHIKIちん(900円)

豚CHIKIちんの麺

■来店の経緯等
・2015年2月22日(日)の昼、5か月ぶり、2回目の訪問。
・この日は、このお店で「ラーメン家 みつ葉」と「らぁめん トリカヂ イッパイ」とのコラボが開催されるとの告知があったので、訪問してみた。

■食べたメニュー
・コラボ限定の「豚CHIKIちん」(900円)
(2015年2月22日(日)昼営業限定。150食限定)
・豚CHIKIめし(ごはん)(200円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の6時35分頃。既に12人待ち。
・待ち人数は、6時40分頃に18人、6時50分頃に23人、7時頃に24人。
・7時8分頃に店主さんが到着。7時20分頃に13番の整理券を貰ったので、一旦家に帰った。

整理券と缶バッヂ

・お店に戻って来たのは10時30分頃。既に11人並んでいる。ちなみに、整理券は20番(20人)単位で区切って案内する方式で、1~20番の中ではお店に戻ってきた順の案内になる。
・開店は10時37分。一巡目に入れず、外で待つ。
・開店から9分待ちで入店し、店内入口の券売機で食券を買い、店内で座って待つ。
・入店から5分後、厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。
・店員さんは6人で、男性4人と女性2人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・席の後ろに、荷物入れのカゴが置いてあった。
・注文から提供まで2分。

■麺
・長方形で中太の、少し縮れたウエーブ。
・加水やや高めの、表面がツルッと滑らかでプリッとした結合感のある麺質。食感は、固くはないながらプリッと引き締まった弾力とコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、やや多加水系で、強くはないけど程よい旨味を感じる味わい。
・スープとの絡みは、麺はみつ葉テイストなので、清湯のスープと合わせるとみつ葉のデフォのスープと較べて麺の食感が強く感じた気もしたけど、スープの表面の油と貝系の旨味がよく絡んでいて、味のバランスは取れていたと思う。

■スープ
・清湯の獣系魚介塩。
・あっさりしていて、表面に多少の油が浮かんでいて口当たり滑らか。
・出汁は獣系ベースに魚介。獣系は、鶏だけなのか豚骨も入っているのかよく分からななかったけど、出汁感が濃厚で旨味に厚みがあった印象。
・魚介は、ホタテの貝系の旨味と風味が立っていて、そこに、昆布か何かの貝系以外の魚介も組み合わさっていたと思う。
・表面の油は、多少の香味とコクがあって、スープのアクセントになっていた。
・タレの塩は、多少の塩気があるけど塩のカドはなくて、出汁の旨味や油の丸みを生かして引き立てている感じ。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは牛と鶏と豚の三種類。
・牛チャーシューは少しだけ厚みのある赤身スライス。脂身のない部位で、サイドはよく熱が通っていて、中心の方はローストビーフみたいに赤みが残った感じ。ガシッと引き締まってしっかりとした歯ごたえに、多少の甘味と丸みの混じった牛の肉と肉汁の味わい。
・鶏チャーシューは厚切りのムネ肉スライス。しっとりとした張りがあってサクッと歯切れの良い歯ごたえに、あっさりとした鶏肉の旨味を感じる味わいで、胡椒の風味がほんのりと効いていた。
・豚チャーシューはやや薄切りのバラスライス。脂身の弾力を多少感じる歯ごたえに、豚肉の軽快な旨味と油の丸みが入り混じった味わい。黒胡椒の香味も多少あったけど、それほど主張は強くなかった気がした。
・穂先メンマは、よく煮てあって色が濃い。サクッと歯切れの良い歯ごたえに、生姜の風味が効いた味付け。
・ホタテ貝柱は、やや小振りなのが何個か。ややしなやかでクニュッとした歯ごたえに、少し塩気が効いて旨味を感じる味。
・水菜は短めのカット。スープの表面の油に多少馴染んだ感じだったかも。

■豚CHIKIめし

豚CHIKIめし(ごはん)(200円)

・具の入った炊き込みご飯で、上から青ネギ輪切りと黒胡椒がトッピングしてある。
・ご飯は、柔らかすぎず固過ぎずの程よい炊き加減。味付けは、強い味ではないけど多少しっかりしていて、具の味とバランスしていた感じ。
・具は、チャーシューとメンマとホタテ貝柱。
・チャーシューは小さめの角切りで、豚肉なのかと思ったけど、ネーミングからすると鶏肉も入っていたのかも。肉の旨味はややあっさりしていて、炊き込みご飯の味付けが少し染み込んでいたように感じた。
・メンマも小さめの角切りで、ラーメンの穂先メンマと同じ系統の味付けながら、生姜の風味は抜けていたと思う。
・ホタテ貝柱は、白くて細かくほぐれていて、見た目的にはそこそこ入っていたけど、食感や味的には炊き込みご飯と一体化していて主張は控えめだった印象。
・トッピングの青ネギ輪切りや黒胡椒は、バランス的にそれほど主張が強くなかったと思う。

■全体的な味の感想
・麺は、ツルッと滑らかでプリッと引き締まったコシを感じる歯ごたえで、恐らくはみつ葉の麺だと思う。スープとの絡みは、表面の油と貝系の旨味がよく絡んでいた。
・スープは、清湯獣系の濃厚な出汁感があって、そこにホタテ等の魚介や香味油を組み合わせていた。麺との絡みでは貝系の旨味と香味油がよく立っていて、スープ自体の味では獣系と魚介の出汁の厚みを感じられた印象。
・具は、チャーシューが牛鶏豚の三種類で、個人的には鶏ムネ肉のチャーシューが一番良かった。牛のチャーシューは、脂身少なめながら肉汁感があったのは良かったけど、やや歯ごたえが強かったかも。
・メンマは、穂先メンマなのに生姜系の味付けなのが個性的だった。
・豚CHIKIめしは、みつ葉飯と較べると、味付けが多少しっかりしていた印象。
・両店の持ち味を生かした、コラボらしさのある一杯。
・お気に入り度は、トータルで4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報
スポンサーサイト

【生駒市】濃とんこつラーメン 一望(ICHIBOU)

濃とんこつラーメン 一望(ICHIBOU) 【濃とんこつラーメン(濃いめ)】

濃とんこつラーメン(濃いめ)(800円)

濃とんこつラーメン(濃いめ)の麺

■来店の経緯等
・2015年2月の平日の晩、5か月ぶり、2回目の訪問。
・奈良のタウン情報誌「ぱーぷる」2015年2月号の、「ぱーぷる読者限定!ラーメン1杯500円クーポン!!」使用の14軒目として訪問。
・このクーポンの対象メニューはお店毎に決まっており、このお店では、レギュラーメニューの「濃とんこつラーメン(濃いめ)」が対象。
(注:このクーポンの有効期限は、2015年2月24日(火)で終了しています。)

■食べたメニュー
・濃とんこつラーメン(濃いめ)(800円)
※2015年1月25日(日)から2月24日(火)まで、「ぱーぷる読者限定!ラーメン1杯500円クーポン!!」使用で500円

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客11人。
・厨房対面のカウンター席に座り、クーポンを提示して注文。
・店員さんは男性2人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで10分。

■麺
・長方形で少し縮れた中太麺。
・やや黄色くて加水中くらいかやや低めの、少しカンスイが効いていて、ゴワッとはしておらずにガシッと引き締まった密度感のある麺質。食感は、芯はないけどやや固めの茹で加減で、噛むと程よい主張があって、強ゴシ過ぎずにムチッと切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は強めでしっかりしている。
・スープとの絡みは良好。スープのトロミとマー油混じりの豚骨のコクがよく絡んで、麺とのバランスも良好だった。

■スープ
・白濁したマー油豚骨醤油。
・ドロッとしていて粘度高めでややコッテリしていて、表面に多少のマー油がトッピングしてある。
・出汁は豚骨の獣系。ゼラチン感が強めで、油も多少混ざってドロッとしていて、トロミと丸みの中に多少の骨粉が混じったような豚骨のコクを感じる味わい。マー油の効果か、獣っぽさは控えめだったと思う。
・タレの醤油は、多少のコクがあるけどカドはなくて、出汁の旨味を引き立てていた印象。そこに、マー油のビターなコクがよく効いていて、豚骨の骨粉感と組み合わさって味を引き締めていた。
・味付けは、マー油も含めるとやや濃いめで、豚骨のドロドロ感とマー油のパンチとのバランスが取れていた。
・刺激感はない。
・麺を食べている時は、それほど油が多くは感じなかったけど、麺を食べ終わった後にスープを飲むと、ジワジワと油っぽさを感じてきた。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りで少しだけ厚みのあるレアの肩ローススライス。しっとりと滑らかでやや歯切れが粘るようなしなやかさのある歯ごたえ。味は、味付け控えめで、レアな肉の味はあっさりしていてスープの味よりもおとなしい感じで、噛み締めるとサイドの黒胡椒の香味をほんのりと感じた。
・メンマは太めで、四角いのと長方形のが一本ずつ。噛むとスッと沈み込む感じがあって、滑らかながらやや繊維感がしっかりとした歯ごたえに、煮汁系のマイルドな旨味を感じる味付けで、前回訪問時に感じた生姜の風味は無かったと思う。
・白髪ネギは、シャリッとした歯ごたえの主張に、サッパリとした風味があって、麺と絡むと食感的に麺とよく合っていた。
・カイワレは、軸の線の細さを感じる歯ごたえがあって、噛むとじんわりとした苦味を感じた。

■全体的な味の感想
・今年からメニューをリニューアルしたということで、前回訪問時に食べた「こってりとんこつ黒(半味玉付)」と較べると、「濃厚豚骨+マー油」という部分は一緒ながら、麺とかスープのゼラチン感とかいろいろ変わっていた。
・麺は、ガシッと引き締まった主張のある歯ごたえで、スープのトロミやマー油混じりの豚骨のコクとのバランスも良好だった。前回訪問時の全粒粉麺とは違う麺に変わっていて、ドロッとしたスープとの組み合わせ的には、大阪の「豚きん」の麺と少し似ていた気もした。
・スープは、ドロッとしていてコッテリとした濃厚豚骨で、そこにマー油のビターなコクがよく効いたパンチのある味付け。前回と較べると、油っぽさが少し和らいで、ゼラチンのドロドロ感が強まっていた印象。個人的には、マー油の主張がやや強かった気もしたけど、メリハリよくまとまっていたと思う。
・具は、白髪ネギが食感的に麺と合っていたのが良かった。
・レアチャーシューは、肉の味がスープの味よりも弱かった気がしたけど、噛み締めると黒胡椒の香味をほんのりと感じた。
・メンマは、前回食べた時は生姜系の味付けだったけど、今回は味付けに生姜を感じなかった。
・お気に入り度は、最初の印象が4.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【磯城郡田原本町】暁製麺

暁 製麺 【鶏豚だしらぁ麺+鶏チャーシュー(3枚)+チャーシュー丼】

鶏豚だしらぁ麺+鶏チャーシュー(3枚)+チャーシュー丼

鶏豚だしらぁ麺+鶏チャーシュー(3枚)

「鶏豚だしらぁ麺+鶏チャーシュー(3枚)」の麺

■来店の経緯等
・2015年2月の平日の晩、3か月ぶり、2回目の訪問。
・奈良のタウン情報誌「ぱーぷる」2015年2月号の、「ぱーぷる読者限定!ラーメン1杯500円クーポン!!」使用の13軒目として訪問。
・このクーポンの対象メニューはお店毎に決まっており、このお店では、レギュラーメニューの「鶏豚だしらぁ麺」が対象。
(注:このクーポンの有効期限は、2015年2月24日(火)で終了しています。)

■食べたメニュー
・鶏豚だしらぁ麺(690円)
※2015年1月25日(日)から2月24日(火)まで、「ぱーぷる読者限定!ラーメン1杯500円クーポン!!」使用で500円
・鶏チャーシュー(3枚)(100円)
・チャーシュー丼(300円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客10人。
・厨房対面のカウンター席に座り、クーポンを提示して注文。「鶏豚だしらぁ麺」は前回訪問時も食べたので、今回は「鶏チャーシュー(3枚)」と「チャーシュー丼」も付けてみた。
・店員さんは4人で、男性1人と女性3人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで3分。

■麺
・長方形で少しウエーブのかかった中太麺。
・全粒粉で少し色が付いていて加水やや高めの、表面が滑らかで少しプリッとした張りと密度感があって、エッジ感の無い麺質。食感は、プリッと引き締まったコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、やや多加水系で優しいカンスイ感があって、強くはないけど粉の旨味をよく感じる味わい。
・スープとの絡みは、スープのトロミと旨味がよく絡んで、麺とのバランスも良好だった。

■スープ
・白濁した獣系醤油。
・少しだけトロッとしていてよく乳化しており、表面が泡立っている。
・出汁は鶏と豚の獣系メイン。ゼラチン感はそれほど強くなくて、油のコクや重たさやマッタリ感も控えめで、フワッとした乳化の丸みと旨味があって、マイルドなクリーミーさを感じる味わい。
・タレの醤油は甘めでマイルドなコクがある。出汁かタレかに魚介系の旨味があって、タレと組み合わさって獣系の旨味を強めている感じ。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは豚と鶏の二種類。
・豚チャーシューは、やや薄切りで少しだけ厚みのある巻きバラスライスで、表面を炙っている。箸で掴むとバラけるくらいに柔らかいながら、肉の部分は炙って多少引き締まった感じのある歯ごたえに、丸みのある旨味を感じる味付け。
・鶏チャーシューは、少し厚みのある低温調理のムネ肉スライス。しっとりとして歯切れの良い歯ごたえに、あっさりとした鶏の旨味を感じる味わいで、サイドの黒胡椒の香味が少し効いていた。
・味玉は、黄身がトロッとしていて甘旨い味付け。
・姫タケノコは縦に半分のカットで、表面を焼いてある。焼いて水分が程よく抜けて引き締まった感じで、歯切れの良い繊維感のある歯ごたえに、味付け控えめで割とあっさりとした味。
・カボチャは薄いスライスでよく焼いてある。固くはないけど焼いて少しパリッとしてペラッとしたチップ感のある歯ごたえに、カボチャ自体の甘味が強めに立った味わい。
・オクラは縦に半分のカット。表面は程よい強さの歯ごたえがあって、噛むと中のネバネバ感と種子の滑らかな張りを感じる歯ごたえに、ネバッとしてあっさりとした味わい。
・白髪ネギはシャリッとした歯ごたえがあって、食感的に麺とも合っていた。
・玉ネギは小さめのカットでスープの中に入っている。シャリッとみずみずしくて柔らかな張りを感じる歯ごたえに、少しスープと馴染んだ感じの優しい風味があった。
・水菜は長めのカットで、みずみずしさがやや控えめだった印象。
・海苔は、スープに浸ってしんなりしていたけど、程よい生地の質感と風味があって、スープともケンカしていなかった。
・青ネギ輪切りは、前回食べた時は小口ネギだったけど、今回は普通の太さになっていた気がした。
・その他、糸唐辛子が入っていた。

■チャーシュー丼

チャーシュー丼

・ご飯の上に小さくカットしたチャーシューが乗っていて、その上からネギと水菜と糸唐辛子とマヨネーズがトッピングしてある。
・ご飯は温かくてやや柔らかめの炊き加減で、タレが掛かっている。
・タレは、甘旨くて丸みのあるマイルドな味付けで、ご飯とタレとマヨネーズが混ざると、少しネットリとした感じがあった。
・チャーシューは鶏と豚の二種類。鶏の方は、熱が入っていて多少引き締まった張りのある歯ごたえに、マイルドなタレの味付けで、カットが豚より少し大きいせいもあってか、鶏チャーシューの方が目立っていた印象。
・ご飯のタレとチャーシューの味付けはどちらもマイルドで、ご飯とチャーシューとの一体感のある味わいがあった。

■全体的な味の感想
・麺は、プリッと滑らかで引き締まったコシを感じる歯ごたえで、スープのトロミや旨味との絡みも良好だった。個人的には、麺を食べるという意味では、丼の口が広くて底がやや浅く感じたかも。
・スープは、フワッとした乳化の丸みがあって、獣系の優しい旨味と醤油ダレの甘めでマイルドな味付けの中に魚介の旨味が組み合わさった味わい。それほどコッテリやドロドロしておらずに、味付けも強くないながら、よくまとまっていた印象。
・具は、追加トッピングの鶏ムネチャーシューがしっとりしていて旨かった。
・野菜は、カボチャスライスの焼いた甘味と、オクラのネバネバ感が印象に残った。
・チャーシュー丼は、鶏チャーシューに熱が入っていて、ラーメンの具の方とは違った味わいになっていた。ご飯に掛かっていたタレは甘旨くて丸みのあるマイルドな味付けで、トッピングのマヨネーズとの組み合わせがネットリしていて個性的だった。
・全体的に優しい味で良質感があったのが良かった。
・お気に入り度は、鶏チャーシューが4.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【奈良市】徳島らーめん 麺よし 奈良柏木店

徳島らーめん 麺よし 奈良柏木店 【徳島ラーメン(バラ肉増量・生玉子入り)】

徳島ラーメン(バラ肉増量・生玉子入り)(840円)

徳島ラーメン(バラ肉増量・生玉子入り)(840円)

徳島ラーメン(バラ肉増量・生玉子入り)の麺

■来店の経緯等
・2015年2月14日(水)の晩に初の訪問。
・このお店は、「ふく利 奈良柏木店」のあった場所で2014年4月28日(月)にオープンしたお店。
・奈良のタウン情報誌「ぱーぷる」2015年2月号の、「ぱーぷる読者限定!ラーメン1杯500円クーポン!!」使用の12軒目として訪問。
・このクーポンの対象メニューはお店毎に決まっており、このお店では、レギュラーメニューの「徳島ラーメン(バラ肉増量・生玉子入り)」が対象。
(注:このクーポンの有効期限は、2015年2月24日(火)で終了しています。)

■食べたメニュー
・徳島ラーメン(バラ肉増量・生玉子入り)(840円)
※2015年1月25日(日)から2月24日(火)まで、「ぱーぷる読者限定!ラーメン1杯500円クーポン!!」使用で500円

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は19時36分頃。外待ち無しの先客6人。

徳島らーめん 麺よし 奈良柏木店

・入口近くの厨房対面カウンター席に座り、クーポンを渡して注文。
・店員さんは男性3人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・荷物入れのカゴはレジの所に置いてあり、セルフ。
・他のお客の注文は、チャーハンの付いたセットメニューの注文が多かった。
・注文から提供まで11分。生卵は割らない状態の別容器で提供。

■麺
・四角くてウエーブのかかった中細麺。
・白くて加水やや高めの、表面はツルッとはしていないけど滑らかで、粉の張りを少し感じる麺質。食感は、噛むとプツンと切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりとした麺の味。
・スープとの絡みは、スープの旨味と味付けが程よく絡んでいて、スープの熱さもよく絡んでいた。
・モヤシとの絡みは、食感的にモヤシの方が強かった。

■スープ
・白濁した獣系醤油。
・割とサラッとしているけど、ほんの少しだけ丸みがあって、表面に乳化した油が多少浮かんでいる。
・出汁は豚骨メインの獣系。ゼラチン感は控えめで、タレの味付けが強い中にほんのりとした乳化の丸み混じりの獣系っぽさを感じる味わい。
・タレの醤油は濃いけどカドはなくて、タレの甘味と組み合わさった甘旨辛い味付け。
・味付けは結構濃くて、甘旨さの中に醤油のコクと塩気とがバランスよく効いている感じ。
・刺激感はない。

・後半、別容器で提供の生卵を割って直接スープに投入してみた。
・スープの温度が低下していたのか、生卵はスープの中で全く固まらなかったので、かき混ぜてスープに溶かして食べた。
・スープの味付けが多少薄まってまろやかになって、元のタレの味付けが結構濃かったので、飲むのにはちょうど良い感じになった。獣系の出汁感はやや感じにくくなったけど、生卵の丸みがそれをカバーしていた印象。
・生卵入りのスープは、麺にはそれほど合わない気もしたけど、バラ肉やモヤシには、まさしくすき焼きテイストで悪くなかったかも。

■具材
・肉は薄切りの豚バラスライス。増量なので量はそこそこ多い。脂身は弾力があって、肉の部分は煮えて少し引き締まった感じで、薄切りなので歯切れの良い歯ごたえ。味は、程よい甘辛さのある煮ダレの味付けで、バランス的にはスープの味付けの方が強かった気がした。
・メンマは平べったい。柔らかめで滑らかな繊維感のある歯ごたえに、旨味が強くてよく調ったメンマらしい味付け。
・太モヤシは、やや固めの茹で加減なのか、パリッと引き締まっていてキレの良い歯ごたえに、モヤシ感がやや強めの味。
・その他、青ネギ輪切りが乗っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、粉の張りがあって噛むとプツンと切れる歯ごたえの中細麺で、スープの熱さがよく絡んでいた。
・スープは、ほんのりとした豚骨メインの獣系ベースに、甘旨辛くて濃い味の醤油ダレがガツンと効いていて、まさしくすき焼きテイストだった印象。別皿提供の生卵をスープに溶かすと、味付けが薄まってまろやかになって、飲むのにはちょうど良かったと思う。
・具は、薄切りのバラ肉が増量で量が多いのが良かった。味付けは甘辛かったけど、スープの甘辛さの方が強かったかも。
・太モヤシは、キレの良い歯ごたえがあったのは良かったけど、食感や味が中細の麺に勝ち気味だった気がした。
・クーポン利用だと500円ながら、バラ肉増量と生卵付きでいろいろ楽しめたのは良かったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【磯城郡田原本町】潮の風吹くラーメン ハナヤマZ

潮の風吹くラーメン ハナヤマZ 【鯛とあごだしの醤油ラーメン】

鯛とあごだしの醤油ラーメン(730円)

鯛とあごだしの醤油ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2015年2月14日(水)の夕方、1年1か月ぶり、2回目の訪問。
・奈良のタウン情報誌「ぱーぷる」2015年2月号の、「ぱーぷる読者限定!ラーメン1杯500円クーポン!!」使用の11軒目として訪問。
・このクーポンの対象メニューはお店毎に決まっており、このお店では、新メニューの「鯛とあごだしの醤油ラーメン」が対象。
(注:このクーポンの有効期限は、2015年2月24日(火)で終了しています。)

■食べたメニュー
・鯛とあごだしの醤油ラーメン(730円)
※2015年1月25日(日)から2月24日(火)まで、「ぱーぷる読者限定!ラーメン1杯500円クーポン!!」使用で500円

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は17時44分頃。先客無し。
・厨房対面のカウンター席に座り、注文。
・店員さんは3人で、男性2人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで6分。

■麺
・平打ちで中くらいの太さの、少しウエーブのかかったストレート。
・加水中くらいの、表面がツルッと滑らかで、キメの細かな粉の密度感があって、平打ち気味ながらエッジの効いた麺質。食感は、滑らかながら引き締まったようなコシがあって、噛むと多少耐えてからプツンと切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりとした粉の旨味をよく感じる。卵が入っているのかは、よく分からなかった。
・スープとの絡みは、スープの旨味と、表面の油に仕込んだような魚介の風味がよく絡んで、麺の味とのバランスも取れていた。

■スープ
・魚介醤油。
・あっさりながら少し濁っていて、表面に魚介の香味油が浮かんでいる。
・出汁は魚介メイン。多少濁っていて丸みがあるので、ベースは獣系のような気もしたけど、よく分からなかった。
・魚介は、メニュー案内によると鯛とアゴの煮干メインで、表面の香味油に仕込んだような鯛煮干の細かい破片混じりの甘いコクがよく効いている。スープ自体の魚介は、鯛にアゴを掛け合わせた旨味が強くて、旨味メインの出汁感が濃厚な味わい。繊細なタイプとは少し違うかも。
・タレの醤油は甘めでコクはマイルドで、鯛煮干出汁の甘旨いコクと組み合わさって旨味を強めていた印象。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、やや厚切りの巻きバラスライス2枚。よく煮込んであって、脂身はトロッと柔らかくて、肉の部分は噛むと沈み込むような質感があって厚みなりの噛みごたえのある歯ごたえに、マイルドなタレの味付けと脂身の甘味が入り混じった味わい。
・穂先メンマは長い。滑らかながらややしっかりとした繊維感のある歯ごたえに、あっさりとした味付け。
・小松菜は茹でてある。しっとりしながら、軸の部分は噛むとパリッとした張りを感じる歯ごたえに、葉っぱのコクは強くなくて割とあっさりしていた印象。
・白ネギは斜め切り。シャリッとした歯ごたえに、ややジューシーさを感じる風味があって、ネギ自体の風味が強いというよりも、スープにネギの風味がよく移っていた気がした。

■全体的な味の感想
・麺は、表面が滑らかでコシを感じる中細気味の平打ち麺で、スープの魚介の風味との絡みも良好だった。
・スープは、ベースが少し濁っていて、鯛とアゴの組み合わさった旨味が強くて出汁感が濃厚で、表面の香味油に仕込んだ鯛煮干の甘いコクがよく効いた味わい。個人的には、香味油の風味がやや強い気もしたけど、魚介の出汁感がきちんとあったのは良かったと思う。
・具は、チャーシューに厚みがあったのが良かった。
・白ネギ斜め切りはジューシーで、スープにネギの風味が少し移っていたのが印象に残った。
・お気に入り度は、トータルで4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【松阪市】麺や 青雲志

麺や 青雲志 【まぜそばブラウン】

まぜそばブラウン(800円)

まぜそばブラウンの麺

■来店の経緯等
・2015年2月14日(水)の昼、3週間ぶり、39回目の訪問。2杯食べたうちの2杯目。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)

■食べたメニュー
・まぜそばブラウン(800円)
(1日2食限定)

■お店への到着から提供までの概要
・入店時に、1杯目の「特製超海老潮らぁ麺」と合わせて注文。

■麺
・長方形で平打ちの、少し縮れた太麺。
・色は薄めでほんの少し黄色くて加水中くらいの、表面が滑らかで、粉の結合感と膨らみがあって、平打ち気味ながらペラッとはしていない麺質。食感は、適度に中身が詰まったような縮れ混じりの弾力があって、多少のコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、粉の旨味をよく感じる味わい。
・タレとの絡みは良好。油がよく絡んでいて表面滑らかで、味の絡みはそれほど強くはないながら、タレのマイルドな旨味と山椒か何かの香味が程よく効いていて、麺の旨さを引き立てていた。

■タレ
・玉ネギを焦がした香味油がトッピングしてあって、汁気は多くないながら口当たり滑らか。
・タレのベースはマイルドな旨味があって、そこに焦がし玉ネギ油の香味がサラッと効いている。
・香味油は、マー油と較べるとパンチは強くなくて、苦味とかも感じずに、優しくて丸みのある風味があった。そこに、山椒か何かのスパイスの香味がプラスされていて、程よく味を引き締めていた。
・香味油を上手く使っていて味付けは強くなくて、麺の味をよく生かしていた印象。

■具材
・チャーシューは、厚切りスライスの一枚肉を短冊切りにカット。熱が通っていてレアではなくて、柔らかいながらムチッとした肉の密度感のある歯ごたえ。味は、味付けマイルドながら、タレが絡んでいるせいか旨味がしっかりしていて、熟成した肉の少しコッテリとした丸みを感じる味わい。
・メンマは、太いのと細い方の二種類。太い方は四角くて、噛むと沈み込むような柔らかな繊維感のある歯ごたえに、発酵系の香ばしさと旨味を少し感じる味付け。細い方は、柔らかめで歯切れの良い歯ごたえで、麺とよく絡んで割と存在感があった。
・水菜は長めのカット。シャキッとして適度な強さの張りのある軸の歯ごたえがあった。
・ベビースターラーメンは、カリッとした歯ごたえがあって、麺に絡んで、麺の食感をスポイルせずに程よいアクセントになっていた。後半は、だんだん油に絡んで柔らかくなってきた印象。味は、恐らくは塩系の味付けだった。
・海苔は味付きで小さくカット。
・その他、白ネギ輪切りが入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、縮れ混じりの弾力と多少のコシがあって、油とよく絡んで表面が滑らかだったのが良かった。タレとの絡みも程よい強さで、麺の味がよく引き立っていて旨かった。
・タレは、焦がし玉ネギの香味油のマイルドな香味と丸みがあって、山椒か何かのスパイスの香味が程よく味を引き締めていた。パンチは強くないながら、麺とのバランスはよく取れていた印象。
・具は、細い方のメンマやベビースターラーメンが麺とよく絡んで、麺の食感に変化を付けていたのが良かった。
・全体的には、まぜそばブラックのマイルド版といったテイストで、個人的には、麺と油の滑らかさとのバランス感が素晴らしいと思った。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【松阪市】麺や 青雲志

麺や 青雲志 【特製超海老潮らぁ麺】

特製超海老潮らぁ麺(1030円)

特製超海老潮らぁ麺の麺

■来店の経緯等
・2015年2月14日(土)の昼、3週間ぶり、39回目の訪問。2杯食べたうちの1杯目。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)

■食べたメニュー
・2月の限定「特製超海老潮らぁ麺」(1030円)
(2015年2月8日(日)から22日(日)までの限定。1日3~8食限定で、この日は8食。)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の9時44分頃。駐車場に車が一台止まっているけど、一応シャッターポール(開店前の待ちの先頭)
・待ち人数は、10時頃に6人、10時10分頃に9人、10時20分頃に12人、10時30分頃に14人だった。
・開店は10時44分。
・最初に店内の券売機で食券を買う。食券は、「特製海老潮らぁ麺」(980円)と「トッピングA券」(50円)を合わせて購入。
・厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで3分。

■麺
・中細で少しウエーブのかかったストレート。
・白くて加水やや低めの、表面がツルッと滑らかでキメの細かな粉の質感があって、エッジの効いた麺質。食感は、固さのない茹で加減で、ほんの少しだけ柔らかいながら、噛むとサクッと切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、カンスイ感控えめで、あっさりとした粉の味をよく感じる。
・スープとの絡みは、ややあっさりながら、海老の風味が強めに絡んでいて、麺の味とのバランスは良好だった。麺に絡む海老の風味を味わう感じ。

■スープ
・清湯の海老塩。
・あっさりながらやや濁っていて、表面に赤い香味油が多めに浮かんでいる。
・出汁は魚介ベースに海老。海老粉か何かの魚粉も入っていて、あっさりながら魚粉混じりの旨味がしっかりしていた。
・海老は、スープ本体と香味油の両方に入っていて、両方が組み合わさって一体化していた印象。海老の身の旨味やコクが強いというよりも、小海老っぽい甲殻の香ばしさが程よく効いている感じで、海老の風味が結構濃いながら、キツイ味ではなかったと思う。
・タレの塩は、海老と組み合わさったような塩気を少し感じた。
・味付けは強くはないけど、海老の味も含めるとそこそこしっかりしていたと思う。刺激感はなかった。
・スープを完食すると、丼の底に海老粉か何かの粉が溜まっていた。

■具材
・チャーシューは厚切りの肩ローススライス。食べた時点ではスープの熱が入っていた。ムチッとした肉の密度感があって、煮えて多少引き締まりながらも筋っぽさや固さのない歯ごたえ。味は、熱が入った中に熟成した肉の少しコッテリとした丸みを感じる味わい。
・味玉はやや固めの半熟。味付けはマイルドで、卵自体のコクの濃厚さを感じた。
・メンマは細くてやや平べったい。噛むとスッと切れる歯ごたえに、優しい旨味を感じる味付けで、バランス的には玉ネギに隠れ気味だったかも。
・玉ネギスライスは量が多め。シャリッとして、みずみずしい中に多少の引き締まった質感のある歯ごたえに、香味をやや強めに感じる味わいで、バランス的に香味がスープに対して結構主張していた気がした。

■全体的な味の感想
・麺は、恐らくはデフォの海老潮と同じ中細麺で、表面がツルッと滑らかで、噛むとサクッと切れる歯ごたえがあった。スープとの絡みは、味の絡みはややあっさりながら、海老の風味が強めに絡んでいて、インパクトがあった。
・スープは、スープ自体の海老粉と表面の香味油とのダブルで海老が効いていて、甲殻の香ばしさ混じりの海老の風味を強めに感じる味わい。味自体は強すぎずに、麺とのバランスも取れていたと思う。
・具は、玉ネギスライスが、スープとのバランスのせいか香味強めに感じた。
・細いメンマは、玉ネギスライスの陰に隠れてあまり目立たなかった気がした。
・海老の風味のインパクト押しのラーメンで、個人的には、麺と海老の風味との絡みは結構気に入った。
・海老の甲殻系の香ばしさが好きな人向き。
・お気に入り度は、最初の印象が4.5点で、後半が4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【大和高田市】麺~leads~なかの

麺~leads~なかの 【TORI白湯らーめん+チャーシュー】

TORI白湯らーめん(750円)+チャーシュー(200円)

「TORI白湯らーめん+チャーシュー」の麺

■来店の経緯等
・2015年2月11日(水)の晩、3週間半ぶり、2回目の訪問。
・奈良のタウン情報誌「ぱーぷる」2015年2月号の、「ぱーぷる読者限定!ラーメン1杯500円クーポン!!」使用の10軒目として訪問。
・このクーポンの対象メニューはお店毎に決まっており、このお店では、レギュラーメニューの「TORI白湯らーめん」が対象。
(注:このクーポンの有効期限は、2015年2月24日(火)で終了しています。)

■食べたメニュー
・TORI白湯らーめん(750円)
※2015年1月25日(日)から2月24日(火)まで、「ぱーぷる読者限定!ラーメン1杯500円クーポン!!」使用で500円
・チャーシュー(200円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の18時53分頃。既に27人待ち。
・開店は18時59分。その時点で35人待ち。
・19時30分頃にスープ売り切れの案内が出た。この日の晩営業は約40食で売り切れになった模様。
・開店から約1時間待ちの20時1分頃に入店。
・最初に券売機で食券を買う。一旦750円で食券を買ってから、クーポンと引き換えに差額を返金する方式。また、「TORI白湯らーめん」は前回食べたのと同じメニューだったので、チャーシューを追加トッピングしてみた。
・厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。
・店員さんは男性2人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・足元に、荷物入れのカゴが置いてあった。
・注文から提供まで10分。

■麺
・四角くてウエーブのかかった、中くらいの太さの麺。
・ほんの少し黄色くて加水中くらいの、表面がツルッと滑らかで少しプリッとした張りを感じる麺質。食感は、噛むとキレの良い弾力があってプツンと切れる感じの歯ごたえ。最初の方は少し固めに感じたけど、後半はスープに馴染んで少しだけ柔らかくなった感じ。
・麺の味は、ほのかな甘味混じりの旨味を感じる味わいで、粉の味だけでなくて卵も少し入っているかも。
・スープとの絡みは、スープの旨味と香味油が程よく絡んで、麺の味とのバランスも取れていた。最初は麺がややスープと絡みにくい気もしたけど、途中からだんだんしっくり来た感じだったかも。

■スープ
・白濁した鶏白湯魚介。
・サラッとしていて、表面に色の濃い香味油が浮かんでいて、その上からスープを泡立てている。
・出汁は鶏の獣系ベースに魚介。鶏は、サラッとしていてゼラチン感は控えめで、よく乳化していてクリーミーな丸みを感じる味わい。
・表面の香味油はスープとよく混ざっていて、ネギ系か何かの香味野菜を焦がしたようなコクがあって、魚介やタレと組み合わさって一体化しているような感じ。前回食べた時はマー油っぽく感じたけど、今回はマー油的な苦味はあまり感じなかったかも。
・魚介は昆布と節系などで、椎茸も結構効いていて、香味油と組み合わさったような風味があって、旨味の強い味。
・タレは、恐らくはマイルドな醤油ベースで、鶏や魚介の味わいを生かしながら旨味を強めていた感じ。
・香味油と魚介の風味や旨味が強いながら、その奥に鶏のクリーミーさを感じる味わいで、塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューはレアで、やや薄切りの肩ローススライス3枚と、小さな角切りが多数(10個以上)入っていた。
・スライスのレアチャーシューは、しっとりと滑らかで、やや噛み切りにくい感じのしなやかな筋っぽさのある歯ごたえ。味は、味付けマイルドで、噛み締めると閉じ込められたレアな肉の旨味とコクを感じる味わいがあって、表面にスープの香味油混じりの味付けが多少絡んでいた。
・小さな角切りのレアチャーシューは、食べた時点ではスープに沈んでよく煮えており、スープと一緒にレンゲですくって食べた。肉の部分は多少引き締まりながらも歯切れの良い軽快な弾力があって、脂身はプリッとした弾力のある歯ごたえ。味は、味付けあっさりで、煮えた肉の旨味があって、脂身混じりの甘味を多少感じる味わい。
・水菜は短めのカット。葉っぱと軸が入り混じってシャキッと軽快な歯ごたえに、みずみずしさのある味わいで、スープにサッパリ感をプラスしていた。
・玉ネギは小さめのカット。シャリッと優しい張りのある歯ごたえに、刺激感のないマイルドな香味があって、水菜と組み合わさってスープの薬味の役割を果たしていた。
・トッピングのフライドオニオンは、スープとのバランス的には存在感が控えめだった気がした。

■全体的な味の感想
・麺は、ツルッとしてプリッとした張りがあって噛むとプツンと切れる歯ごたえで、最初の方はややスープと絡みにくい気がしたけど、途中からだんだんスープに馴染んできた。前回食べた時と較べると、麺の茹で加減というか伸び具合が違っていた印象で、個人的には、この麺は少しスープに馴染んでいるくらいの方が好みのような気がした。
・スープは、サラッとしてクリーミーな鶏白湯ベースに、香味野菜を焦がしたような香味油と和風乾物魚介とが混ざり込んで一体化したような味わい。油の香味と魚介の味の主張が結構強かったけど、その間から鶏のクリーミーさも少し感じられた印象。
・具は、レアスライスのチャーシューが旨かった。
・短いカットの水菜と小さくカットした玉ネギも、スープと合っていた。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【大和高田市】極上とんこつ・つけ麺 ガチトンラーメン

極上とんこつ・つけ麺 ガチトンラーメン 【濃厚豚骨ラーメン】

濃厚豚骨ラーメン(730円)

濃厚豚骨ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2015年2月11日(水)の夕方に初の訪問。
・このお店は、「鯛だしそば・つけ麺 はなやま」の3号店。
・奈良のタウン情報誌「ぱーぷる」2015年2月号の、「ぱーぷる読者限定!ラーメン1杯500円クーポン!!」使用の9軒目として訪問。
・このクーポンの対象メニューはお店毎に決まっており、このお店では、新メニューの「濃厚豚骨ラーメン」が対象。
(注:このクーポンの有効期限は、2015年2月24日(火)で終了しています。)

■食べたメニュー
・濃厚豚骨ラーメン(730円)
※2015年1月25日(日)から2月24日(火)まで、「ぱーぷる読者限定!ラーメン1杯500円クーポン!!」使用で500円

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は17時24分頃。外待ち無しの先客5人。

極上とんこつ・つけ麺 ガチトンラーメン

・厨房とつながったU字型のカウンター席に座り、店内入口の券売機は使わずに、クーポンを渡して直接注文。
・店員さんは男性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで6分。

■麺
・平打ちの太麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・色が薄くて加水やや高めの、表面が滑らかで、プリッとしてやや優しい感じの張りと結合感のある麺質。食感は、固さのない茹で加減で、プリッと滑らかな弾力があって、ムニュッとしたコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、やや多加水系であっさりしていた印象。
・スープとの絡みは、スープのトロミがよく絡んで、麺に絡むスープを味わうようなバランスだったかも。

■スープ
・白濁した獣系。
・トロッとしていて少しコッテリしているけど、それほど重たくはない感じ。
・出汁は獣系。恐らくは豚骨メインで、鶏を使っているかはよく分からなかった。トロミはあるけどゼラチン感はそれほど強くなくて、多少の油が溶け込んでいる感じの丸みがありながら、油の重たさや油混じりのコクはマイルドだった気がした。豚っぽい獣系の風味やコクも抑えめで、マイルドなトロミと丸みの中に優しい旨味を感じる味わい。
・タレは、ベースが塩か醤油かよく分からない感じ。トッピングのXO醤を溶かすのを前提としたような、薄味でほんのりとした旨味を感じるマイルドな味付け。
・中央にトッピングしてある赤いのはXO醤。前半は溶かさずに食べて、途中からスープに溶かしてみた。中国系の豆系の醤みたいなコクと旨味があって、辛味や塩気は控えめで辛くなくて、ゴマ油か何かの風味も感じる、よく調った味付け。
・スープにXO醤を溶かすと、ベースの味付けが薄味のせいもあって、XO醤の味がスープのトロミと組み合わさってよく立っていた。

■具材
・チャーシューはやや薄切りのバラスライス。食べた時点ではスープとよく馴染んでいた。トロッと柔らかな歯ごたえに、味付けマイルドで豚っぽさも控えめな、丸みのある味わい。
・青ネギ輪切りは、バランス的にややスープのトロミの方が強かった気もしたけど、多少のシャリッとした歯ごたえがあった。

■全体的な味の感想
・麺は、プリッと滑らかでムニュッとしたコシを感じる歯ごたえの平打ち麺で、スープのトロミがよく絡んでいた。
・スープは、トロミと多少のコッテリ感がありながらもクセの無いマイルドな味わいで、後半、トッピングのXO醤を溶かすと、XO醤の味がよく立っていた印象。
・XO醤は、辛味控えめで中国系の豆系の醤みたいなコクと旨味があって、ゴマ油か何かの風味も感じる味付け。個人的には、XO醤を溶かす前のスープの方が好みだったけど、XO醤も味変化としては悪くなかったかも。
・具は、チャーシューとネギだけでシンプルだった。
・チャーシューはトロッと柔らかくて、スープとよく馴染んでいた。
・お気に入り度は、前半が4点で、後半が3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【橿原市】麺処 と市

すばやさ+と市 【海老味噌ラーメン】

海老味噌ラーメン(900円)

海老味噌ラーメン(900円)

海老味噌ラーメン

■来店の経緯等
・2015年2月11日(水)の昼、11か月ぶり、6回目の訪問。
・この日、このお店で「麺屋 NOROMA」と「麺処 と市」とのコラボ営業「すばやさ+と市」が開催されるとの告知があったので、訪問してみた。

■食べたメニュー
・コラボ限定の「海老味噌ラーメン」(900円)
(2015年2月11日(水)昼営業限定。150食限定)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は9時14分頃。既に74人待ち。
・待ち人数は、9時20分頃に84人、9時35分頃に118人、9時50分頃に148人で、10時4分頃に売り切れの看板が出た。
・9時28分頃、店員さんが紙コップでインスタントの味噌汁を出してくれた。
・開店は11時4分。一巡目で入店できずに外で待つ。
・開店から約3時間待ちの13時59分頃に入店。
・厨房対面のカウンター席に座り、「海老味噌ラーメン」を注文。限定サイドメニューのブリ丼は売り切れで注文できなかった。
・店員さんは男性4人。
・冷たいお茶はカウンターのポットでセルフ。
・荷物入れのカゴを出してくれた。
・注文から提供まで7分。

■麺
・長方形で平打ちの、少しウエーブのかかった中太麺。
・加水中くらいかやや高めの、表面が滑らかで少しプリッと引き締まった張りがあって、多少の粉の密度感のある麺質。食感は、固くはないけど適度に中身の詰まった感じがあって、強ゴシ過ぎずに程よい強さの歯ごたえがあった。
・麺の味は、粉の旨味がしっかりしていた印象。
・スープとの絡みは良好。スープのトロミと味噌のコクと伊勢海老の風味がよく絡んで、麺とのバランスも良好だった。スープに混ざったミンチも麺に絡んでいた。

■スープ
・白濁した伊勢海老獣系味噌。
・結構ドロッとしているけど、それほどコッテリはしていない感じ。
・出汁は、獣系白湯ベースに伊勢海老。獣系は、NOROMAの店主さんの話では、NOROMAと「と市」のスープを合わせている模様で、味噌や伊勢海老が強いのでよく分からなかったけど、恐らくは鶏メインか。ゼラチン感はそれほど強くないながら、白湯系のトロミと丸みがあって、味のベースになっていた。
・伊勢海老は、風味と出汁感が濃厚で、独特の甘いコクと旨味とがよく出ていた。
・味噌は合わせ味噌で、やや濃い味ながら塩気は強すぎずに、丸みがあってリッチなコクを感じる味わい。伊勢海老の出汁の風味とのバランスも良かったと思う。
・そこに、トッピングの一味か何かの辛味が少し効いていて、味噌の味と組み合わさって、スープの甘いコクとバランスしていた印象。

■具材
・ミンチは細かめ。肉味噌みたいにスープによく馴染んで溶け込んでいて、スープに肉の旨味をプラスしていた。
・水菜は短めのカットで、軸の部分の優しい張りの主張を感じる歯ごたえと、サッパリ感があった。そのまま食べると、トッピングの一味のむせるような刺激を少し感じるので、スープに絡めて食べるとちょうどいい感じ。
・玉ネギは四角いカット。シャリッとした張りのある歯ごたえに、辛味や刺激が控えめでサッパリとした香味があって、水菜と共にスープの薬味の役割を果たしていた。
・伊勢海老の頭は縦に半分切り。NOROMAの店主さんの話では、出汁取り用に身を取った後の単なる飾りみたいだったけど、触角の根元のところに少しだけ身が残っていた。身は茹でてあって、ペーストみたいに柔らかな歯ごたえに、味付け無しで、茹でた伊勢海老の身の甘いコクを程よく感じる味わいがあった。

■全体的な味の感想
・麺は、適度に中身の詰まった程よい強さの歯ごたえで、スープとの相性も良好だった。スープのトロミと味噌のコクと伊勢海老の風味がよく絡んでいて旨かった。
・スープは、白濁獣系ベースに伊勢海老の濃厚な出汁感があって、そこに味噌のリッチなコクがバランスよく組み合わさった味わい。味噌のコクと伊勢海老の風味とのハーモニー感があったのが良かった。
・具は、ミンチが肉味噌みたいにスープとよく混ざっていて、ドロッとしたスープの一部みたいになっていた印象。
・水菜と玉ネギは、スープと絡めるとスープによく合っていたのが良かった。
・味噌と伊勢海老とが濃厚な、スープが主役のラーメン。お店の回転は「すばやさ」を感じにくかったけど、並んだ甲斐はあったと思った。
・お気に入り度は、最初の印象が4.5点で、トータルでは5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報

【奈良市】麺屋 やまひで

麺屋 やまひで 【台湾まぜそば+麺大盛+炙りゴロチャーシュー+黒毛和牛の炙りもつ】

台湾まぜそば+麺大盛+炙りゴロチャーシュー+黒毛和牛の炙りもつ

「台湾まぜそば+麺大盛+炙りゴロチャーシュー+黒毛和牛の炙りもつ」の麺

■来店の経緯等
・2015年2月の平日の晩、3か月ぶり、2回目の訪問。
・奈良のタウン情報誌「ぱーぷる」2015年2月号の、「ぱーぷる読者限定!ラーメン1杯500円クーポン!!」使用の8軒目として訪問。
・このクーポンの対象メニューはお店毎に決まっており、このお店では、レギュラーメニューの「台湾まぜそば」が対象。
(注:このクーポンの有効期限は、2015年2月24日(火)で終了しています。)

■食べたメニュー
・台湾まぜそば(780円)
※2015年1月25日(日)から2月24日(火)まで、「ぱーぷる読者限定!ラーメン1杯500円クーポン!!」使用で500円
・まぜそば麺大盛(100円)
・炙りゴロチャーシュー(200円)
・黒毛和牛の炙りもつ(200円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客2人。
・最初にクーポンを提示して、500円を直接支払う。
・追加トッピングは券売機で食券を購入。前回訪問時にデフォの台湾まぜそばを食べたので、今回はいろいろ乗せて変化を付けてみた。
・ニンニクを入れるか聞かれて、入りで注文。
・厨房対面のカウンター席に座る。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・椅子の下に荷物入れのカゴが置いてあった。
・注文から提供まで10分。

■麺
・長方形でウエーブのかかった太麺。
・加水やや高めの、あまりプリッとはしておらずに、ムニュッと滑らかな張りと結合感のある麺質。食感は、やや柔らかめの茹で加減で、モッチリとしてムニュッとした弾力を感じる歯ごたえ。
・麺の味はやや多加水系で、丸みのある旨味とほのかな甘みを感じる味。
・タレとの絡みは、よく絡んでいたと思うけど、麺大盛のせいか、バランス的にやや麺勝ちだった気もした。

■タレ
・トッピングの卵黄と混ぜるとドロッとしていた。麺大盛のせいか、汁気はあまり多くない感じ。
・ベースのタレはマイルドな旨味があって、油混じりの卵黄のコクをほんのりと感じる味わい。そこに台湾ミンチの唐辛子の辛味が多少効いていた。
・魚粉の旨味も少しあったけど、魚粉の味はそれほど強くは主張しておらずに、生ニンニクの香味やパンチもやや控えめだった気がした。ただし、食後の後味にはニンニク感が結構あった。

■具材
・台湾ミンチは、多少の歯ごたえがあった。
・炙りゴロチャーシューは、一口大のサイコロ切り。脂身は多くなくて、加工されていて柔らかめの歯ごたえに、マイルドな旨味を感じるタレの味付け。バーナーで炙っていたけど、炙った香ばしさはあまり立っていなかった気がした。
・炙りもつは一口大のカット。脂身付きのホルモンで、プリッとしてムニュッとした柔らかな弾力のある歯ごたえ。味は、脂身の丸みがあって、表面に程よい強さのタレの味付けが馴染んでいる感じで、こちらも炙った香ばしさはあまり立っていなかったかも。
・ニラは、あまり強くはないけど、多少の香味があって、タレやミンチと組み合わさって薬味の役割を果たしていた。
・その他、ネギと海苔が乗っていた。

■追い飯
・麺を完食すると、タレはあまり残っていなかったけど、具のニラやミンチが少し残っていたので、追い飯を頼んでみた。
・追い飯は、店員さんに容器を渡して返して貰う方式。具の量に合わせてか、ご飯の量は少なめで、サクッと食べられた印象。

■全体的な味の感想
・麺は、モッチリとしてムニュッとした弾力のある歯ごたえで、前回食べた時より少し柔らかめだったかも。タレや具とはよく絡んでいたけど、大盛のせいか、バランス的にはやや麺勝ちに感じた気がした。
・タレは、麺大盛に対してタレやトッピングの量が増えていないのか、魚粉やニンニクの味が控えめで、全体的にマイルド気味だった印象。ただし、食後の後味にはニンニク感がそこそこあった。
・具は、炙りゴロチャーシューのカットがやや小さくて歯ごたえ柔らかめで、炙った香ばしさを感じにくかったかも。
・炙りもつも、悪くはなかったけど、炙った香ばしさとかは感じにくかった気がした。
・個人的には、今回の麺大盛よりも前回食べたデフォの台湾まぜそばの方が、麺とタレとのバランスが良かったように思った。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【大和高田市】麺屋 ななつ星

麺屋 ななつ星 【塩らーめん】

塩らーめん(680円)

塩らーめんの麺

■来店の経緯等
・2015年2月7日(土)の晩に初の訪問。
・奈良のタウン情報誌「ぱーぷる」2015年2月号の、「ぱーぷる読者限定!ラーメン1杯500円クーポン!!」使用の7軒目として訪問。
・このクーポンの対象メニューはお店毎に決まっており、このお店では、レギュラーメニューの「塩らーめん」が対象。
(注:このクーポンの有効期限は、2015年2月24日(火)で終了しています。)

■食べたメニュー
・塩らーめん(680円)
※2015年1月25日(日)から2月24日(火)まで、「ぱーぷる読者限定!ラーメン1杯500円クーポン!!」使用で500円

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は20時25分頃。外待ち無しの先客14人。

麺屋 ななつ星

・厨房対面のカウンター席に座り、クーポンを提示して「塩らーめん」を注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・温かいオシボリも出してくれた。
・メニューにはお酒や一品ものもあり、店内のテーブル席では居酒屋使いしているお客がタバコを吸っていたけど、空調の関係か、タバコの煙はあまり気にならなかった。
・注文から提供まで12分。丼は大きくて結構重たかった。

■麺
・長方形でウエーブのかかった中太麺。
・やや黄色くて加水中くらいかやや高めの、表面が滑らかでカンスイがよく効いていて、張りとボリューム感があって、少し丸みを感じる麺質。食感は、ムチッとした弾力が強めでコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、カンスイが効いていて卵も入ったような、強めでしっかりとした中華麺らしい味。
・スープとの絡みはあっさりしている。スープの旨味がサラッと絡んで、麺の味主体で食べる感じ。

■スープ
・清湯の塩。
・あっさりしていて油が少なめで、塩ラーメンながらうっすらと色が付いている。
・出汁は恐らくは獣系ベースで、野菜も使っている感じ。獣系は鶏のように思ったけど、鶏の風味とかコクは控えめであっさりしていた印象。
・タレの塩は、塩気や塩のカドは強くなくて、タレの旨味と組み合わさったような感じ。タレには魚介系とかの旨味も仕込んである気がした。
・あっさりとした出汁と旨味のある塩ダレとが組み合わさった、中華スープ風の旨味を感じる味わいで、塩辛さや刺激感はなかった。

■具材
・チャーシューは薄切りの巻きバラスライス。柔らかめの歯ごたえに、旨味のあるタレの味付けが脂身のコクと組み合わさった味わい。
・味玉は、黄身がトロッと粘度高めで、味付けはマイルドながら旨味がしっかりしていた。
・メンマは四角くて太い。噛むと沈み込んでポリッと切れるような繊維感のある歯ごたえに、独特の和風な旨味がしっかりとした味付けで、あえて言うと、まりお流のメンマと非常によく似ている気がした。
・白髪ネギは量が多い。シャリッとした繊維感のある歯ごたえに、サッパリとしながらも白ネギの香味をよく感じる味わいで、麺やスープとは結構合っていたと思う。
・柚子皮の小さいカットが何切れか盃っていたけど、スープ自体には柚子の風味は付いておらずに、口に入ると柚子皮の味自体を感じた。
・その他、青ネギ輪切りも少し入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、弾力強めでコシを感じる歯ごたえの、中華麺らしさのある中太麺で、スープとの絡みはあっさりしていた。
・スープは、あっさりとした鶏出汁に旨味のある塩ダレが組み合わさった、中華スープ風の旨味を感じる味わいで、味付けが強すぎないのは良かったと思う。
・具は、白髪ネギの量が多かったのが良かった。
・メンマは、まりお流のメンマとよく似ていた印象。
・柚子皮は、風味が立っていなかった気がした。
・店内は結構混み合っていつつも、テーブル席には居酒屋使いしているお客がいて、地元の人気店といった印象。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【高市郡明日香村】らー麺 あす香

らー麺 あす香 【塩らーめん】

塩らーめん(並)(650円)

塩らーめん(並)の麺

■来店の経緯等
・2015年2月7日(土)の夕方に初の訪問。
・奈良のタウン情報誌「ぱーぷる」2015年2月号の、「ぱーぷる読者限定!ラーメン1杯500円クーポン!!」使用の6軒目として訪問。
・このクーポンの対象メニューはお店毎に決まっており、このお店では、レギュラーメニューの「塩らーめん」が対象。
(注:このクーポンの有効期限は、2015年2月24日(火)で終了しています。)

■食べたメニュー
・塩らーめん(並)(650円)
※2015年1月25日(日)から2月24日(火)まで、「ぱーぷる読者限定!ラーメン1杯500円クーポン!!」使用で500円

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は18時36分頃。先客無し。

らー麺 あす香

・厨房対面のカウンター席に座り、クーポンを提示して「塩らーめん」を注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・店内に製麺室があった。
・注文から提供まで5分。

■麺
・四角い中細麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・やや低加水の、ツルッとはしていないけど滑らかで、程よい粉の密度感のある麺質。食感は、固くはなくて、ムニュッとした粉の質感をよく感じる歯ごたえ。
・麺の味は、強くはないけど、低加水な粉の味が結構しっかりしている。
・スープとの絡みはややあっさりしている。スープの旨味と風味と塩のコクとがほんのりと麺に絡んで、麺の味をよく感じるバランス。

■スープ
・清湯の塩。
・あっさりしていて、表面に少し油が浮かんでいる。
・出汁は、鶏の清湯獣系ベースに魚介。鶏は、あっさりとした出汁感があって、旨味のベースになっていた。
・魚介は、昆布の出汁感がよく効いていて、そこに煮干が組み合わさっている感じ。煮干は、繊細な旨味と風味があって、苦味とかの煮干の主張は感じなかったと思う。
・タレの塩は、塩気は強くなくてコクがしっかりしていて、麺には塩の繊細でリッチなコクがよく絡んでいた。
・魚介の風味と塩のコクの他に、香味野菜か何かの香味をほのかに感じた気もした。
・柑橘系が隠し味的に入っているようにも思ったけど、違うかも。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューはやや薄切りのバラスライス。箸で掴むと切れるような柔らかい歯ごたえに、味付けはマイルドな塩系で、ほんのりとした肉っぽさと脂身のコクを感じる味わい。
・穂先メンマは、柔らかめの張りと繊維感のある歯ごたえに、噛むと中の方から旨味のある味付けを感じた。
・太モヤシは、固くはないけどパリッとした張りのある歯ごたえがあって、麺と絡むと食感が結構主張していた。量は多くないながら、存在感があった印象。
・水菜は若くて細い。スープに馴染んでしんなりと柔らかな繊維感のある歯ごたえに、あっさりながらも水菜らしさのある味わい。
・その他、青白ネギの輪切りが入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、加水低めで粉の味と質感とをよく感じる味わいで、スープとの絡みでは、スープの旨味と風味と塩のコクとがほんのりと麺に絡んでいた。
・スープは、清湯の鶏ベースに昆布がよく効いていて、そこに煮干の旨味や風味と塩のコクとが組み合わさった、繊細ながらリッチな味わい。
・具は、バラチャーシューが柔らかかった。
・太モヤシは、量は少ないながら主張があった印象。
・お気に入り度は、4点か3.5点か迷う感じだったけど、スープが良かったので、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【橿原市】河童ラーメン本舗 橿原店

河童ラーメン本舗 橿原店 【味噌河童】

味噌河童(820円)

味噌河童の麺

■来店の経緯等
・2015年2月7日(土)の昼と夕方の合間の時間に初の訪問。
・奈良のタウン情報誌「ぱーぷる」2015年2月号の、「ぱーぷる読者限定!ラーメン1杯500円クーポン!!」使用の5軒目として訪問。
・このクーポンの対象メニューはお店毎に決まっており、このお店では、期間限定メニューの「味噌河童」が対象。
(注:このクーポンの有効期限は、2015年2月24日(火)で終了しています。)
・このお店は、国道24号線沿いの、パチンコ店やボーリング場の入った建物の一階にあるお店。ちなみに、河童ラーメン本舗をブログに書くのは初めてだが、千日前の本店には10年くらい前に1~2回訪問したことがある。

■食べたメニュー
・期間限定の「味噌河童」(820円)
(2015年1月25日(日)から2月24日(火)までの期間限定)
※「ぱーぷる読者限定!ラーメン1杯500円クーポン!!」使用で500円

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は16時30分頃。外待ち無しの先客4人。

河童ラーメン本舗 橿原店

・店内入口に券売機があったけど使わずに、厨房対面のカウンター席に座り、クーポンを出して直接注文。麺のかたさを聞かれて「ふつうめん」で注文。
・店員さんは4人で、男性3人と女性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・先に、キムチの入った容器を出してくれた。
・カウンターの下にティッシュが置いてあった。
・注文から提供まで4分。

■麺
・四角い細麺ストレート。
・白くて加水低めの、ゴワッとはしておらずに引き締まった粉の密度感があって、細身ながらもエッジの効いた麺質。食感は、程よい茹で加減で、引っ張ると少し伸びるような結合感があって、強ゴシ過ぎずに噛むとサクッとしてプツンと切れるキレの良い歯ごたえ。
・麺の味は、カンスイ感がなくて、あっさりとした粉の味をよく感じる味わい。最初はそうめん風に感じたけど、食べているうちに、だんだんしっくり来た。
・スープとの絡みはあっさり気味だったけど、麺が細麺でスープの味が強いので、バランスは取れていたと思う。

■スープ
・白濁した獣系味噌。
・割とサラッとしていて、表面に少し油が浮かんでいる。
・出汁は獣系。ゼラチン感はなくて、乳化の丸み混じりの旨味を感じる、ややライトな味わい。味噌の味が強いせいか、獣系の風味とかはあまり主張しない感じ。
・タレの味噌は、旨味の中に多少の塩気の効いたコクがあって、味噌自体に仕込んであるような辛味と刺激が強めに効いていた。激辛というほどではないので、麺や具を食べる分には程よい強さだったけど、スープ自体の味は結構ピリッとしていた印象。

■具材
・チャーシューは、薄切りのバラスライス2枚。柔らかめながら肉の部分は少しだけ引き締まった感じのある歯ごたえに、程よい旨味のある味付けと脂身の丸みが組み合わさった味わい。
・メンマは太い。噛むと沈み込むような滑らかさがあって、繊維感強めでしっかりとした歯ごたえ。味付けは強くなくて、ゴマ油系の旨味を少し感じた。
・太モヤシは量が多め。やや固めでシャキッとした張りがあってキレの良い歯ごたえに、あっさりとした味で、スープとの相性は良かったと思うけど、細麺にはやや勝ち気味だったかも。
・三つ葉は、食べた時点ではスープに馴染んでいた。しんなりと滑らかな歯ごたえで、葉っぱの青っぽさを少し感じた。
・糸唐辛子と黒胡麻がトッピングしてあったけど、スープの味が強いので、あまり目立っていなかった気がした。

■全体的な味の感想
・麺は、噛むとサクッとしてプツンと切れるキレの良い歯ごたえの細麺で、スープとのバランスも良かった。茹で加減は「ふつうめん」でちょうど良かったと思う。
・スープは、サラッとした白濁獣系出汁に辛味と刺激の効いた味噌ダレを組み合わせていて、スープ自体の味は結構強かったけど、麺やモヤシとの絡みはそれほど強くなくて、バランスが取れていた印象。
・具は、太モヤシが旨かったし、スープとの相性も良かったけど、個人的には、細麺との組み合わせは麺の食感をスポイルする気がしたので、その点は惜しい気がした。
・河童ラーメンはかなり久しぶりに食べたけど、麺は結構良かった。
・お気に入り度は、麺が4点で、トータルでは3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【奈良市】無鉄砲しゃばとん

無鉄砲しゃばとん 【ベジ豚そば】

ベジ豚そば(780円)

ベジ豚そばの麺

■来店の経緯等
・2015年2月7日(土)の昼、2年8か月ぶり、4回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・奈良のタウン情報誌「ぱーぷる」2015年2月号の、「ぱーぷる読者限定!ラーメン1杯500円クーポン!!」使用の4軒目として訪問。
・このクーポンの対象メニューはお店毎に決まっており、このお店では、期間限定メニューの「ベジ豚そば」が対象。
(注:このクーポンの有効期限は、2015年2月24日(火)で終了しています。)

■食べたメニュー
・期間限定の「ベジ豚そば」(780円)
(2015年1月25日(日)から2月24日(火)までの期間限定。1日20食限定。)
※「ぱーぷる読者限定!ラーメン1杯500円クーポン!!」使用で500円

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は11時39分頃。外待ち無しの先客13人。
・最初に店員さんにクーポン使用を伝えてから、店内入口の券売機で食券を買う。
・厨房対面のカウンター席に座り、店員さんに食券を渡して注文。
・店員さんは4人で、男性3人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・店内に製麺所を併設しており、店員さんとは別に、製麺所の方にも3人くらいいた。
・注文から提供まで8分。

■麺
・長方形で縮れた中太麺。
・白くて加水やや高めの、表面が滑らかで優しい張りと結合感のある麺質。食感は、固さのない適度な茹で加減で、モチッとした滑らかな弾力を感じる歯ごたえ。
・麺の味は、強くはないけど粉の旨味とほのかな甘みを感じる味わい。
・スープとの絡みは良好。スープの豚っぽい風味と野菜系の甘いコクとが程よく絡んで、麺の味とのバランスも良好だった。

■スープ
・白濁した豚骨ベジポタ。
・トロッとしていて、豚骨っぽさもきちんとあるけど、それほどコッテリやオイリーではない感じ。
・出汁は、豚骨の獣系に野菜。豚骨は、多少のゼラチン感があって、豚骨の風味や油混じりのゼラチンの甘いコクも多少感じる味わいで、ベジポタ混じりでマイルドながら、ベースには無鉄砲の系列らしい濃厚さもきちんとあった印象。
・野菜は、ジャガイモや玉ネギその他の、デンプンと食物繊維とが組み合わさった感じのあっさりとしたトロミがあって、カボチャか何かの緑黄色野菜系の甘いコクを感じる味わい。麺との絡みでは、トマトっぽい酸味もほんのりと感じた気がした。
・タレは醤油ベース。醤油はコクがマイルドで旨味があって、豚骨と野菜の出汁の味わいを生かしていた感じ。
・黒胡椒の香味がよく効いていたけど、スープ自体の味に厚みがあるので、コショウとスープとのバランスは取れていたと思う。
・トッピングのバジルの香味も少しあった。
・味付けは程よい強さで、塩辛くはない。

■具材
・チャーシューは分厚い巻きバラスライスで、片面を炙ってある。脂身はそれほど多くなかった。柔らかくて歯切れが良いながら少しだけ引き締まったような肉の弾力があって、厚みなりの食べごたえのある歯ごたえに、味付けは強くなくて、脂身のコクと多少の肉っぽさのある旨味があって、表面の炙った香ばしさが程よく効いた味わい。
・トマトは一口大のカット。熱は入っておらずにフレッシュな張りを感じる歯ごたえに、あっさりとした甘味を感じるサッパリとした味。
・ブロッコリーも一口大にカット。少し茹でてあり、噛むとスッと切れる程よい強さの歯ごたえに、あっさりとした味で、スープとの相性はよく分からない感じだったかも。

■全体的な味の感想
・麺は、モチッとした弾力のある中太縮れ麺で、豚骨+野菜のスープとの相性が良好で、麺の旨さがよく引き立っていて旨かった。
・スープは、無鉄砲系の豚骨ベースにベジポタをプラスしていて、豚骨の味わいをよく感じながらも油の重たさは控えめで、麺との絡みでは豚骨の風味と緑黄色野菜系の甘いコクとがバランスよく絡んでいたのが良かった。
・具は、バラチャーシューが分厚くて、表面を炙っていて、食べごたえがあって旨かった。
・カットしたトマトは、あっさりとした甘味があった。
・麺とスープとのバランスがよく取れていて、これは結構気に入った。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

無鉄砲しゃばとん(食後に撮影)

■お店の情報

【磯城郡川西町】ちかみちらーめん

ちかみちらーめん 【らーめん(平打麺)】

らーめん(平打麺)(720円)

らーめん(平打麺)の麺

■来店の経緯等
・2015年2月の平日の晩、2か月ぶり、10回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・奈良のタウン情報誌「ぱーぷる」2015年2月号の、「ぱーぷる読者限定!ラーメン1杯500円クーポン!!」使用の3軒目として訪問。
・このクーポンの対象メニューはお店毎に決まっており、このお店では、レギュラーメニューの「らーめん(平打麺)」が対象。
(注:このクーポンの有効期限は、2015年2月24日(火)で終了しています。)

■食べたメニュー
・らーめん(平打麺)(720円)
※2015年1月25日(日)から2月24日(火)まで、「ぱーぷる読者限定!ラーメン1杯500円クーポン!!」使用で500円

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には先客無し。後客3人。
・クーポンを渡して、券売機を使わずに直接注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで3分。

■麺
・平打ちで幅広の、少しウエーブのかかった太麺。
・やや黄色くて加水中くらいの、表面が滑らかで、やや硬質な密度感があってペラッと引き締まった麺質。食感は、ゴワッとはしていないけどやや固めの茹で加減で、コシというか当たりがしっかりしていて、噛むとプツッと切れる感じの主張のある歯ごたえ。最後まであまり伸びなかった印象。
・麺の味は、粉の味が強めでしっかりしている。
・スープとの絡みは、強くはなくてややあっさりしている。スープの旨味が幅広の麺に優しく絡んで、強めの麺の味主体で食べる感じのバランス。煮干の風味の絡みは控えめだったかも。

■スープ
・魚介醤油。
・あっさりながら見た目は少し濁っていて、表面に少し油が浮かんでいる。
・出汁は、豚骨の獣系ベースに煮干昆布の魚介。豚骨は恐らく非乳化で、油少なめであっさりした中に丸みのある旨味があって、魚介と組み合わさっているせいか、獣系の風味やコクは控えめに感じた。
・魚介は煮干昆布で、煮干の風味に昆布の旨味がバランスよく組み合わさった、優しいながら出汁の厚みを感じる味わい。煮干感はあるけど、苦味とか雑味はなくて、煮干ガツンとは違う感じだったと思う。
・タレの醤油はマイルドでコクは強くなくて、出汁の旨味と組み合わさって味をまとめていた印象。そこに、トッピングの柚子皮の風味が加わって、スープにほっこり感をプラスしていた。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、やや厚切りの巻きバラスライス。フワッと柔らかい歯ごたえで、脂身の丸みのあるコクの中に、旨味のある醤油系のタレの味付けが効いた味わい。
・メンマは平べったい。滑らかな密度感があって歯切れの良い繊維感のある歯ごたえに、味付けは程よい強さで、何本かまとめて食べるとゴマ油か何かの風味と旨味を多少感じた。
・白ネギ輪切りは、固くはないけど少し厚みがあって存在感のある歯ごたえに、サッパリとしたフレッシュなネギの香味があって、スープに対して主張があった。
・海苔は、食べた時点ではスープによく浸っていて、柔らかな生地の質感と優しい風味があった。
・その他、ナルトが乗っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、ペラッとしていて密度感があって主張のある歯ごたえで、スープとの絡みはややあっさりしていて、麺主体のバランスに感じたかも。
・スープは、あっさりとした豚骨ベースに煮干と昆布の旨味の効いた、優しいながら厚みを感じる出汁感があって、柚子皮の風味がほっこり感をプラスしていた。
・具は、白ネギ輪切りのフレッシュでサッパリとした風味をよく感じた。
・スープの優しい出汁感をよく感じる味わいで、個人的には、このスープなら以前に食べた細麺の方がバランスが良さそうな気もしたけど、平打麺との組み合わせも個性的だったと思う。
・お気に入り度は、スープが4.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

ちかみちらーめん(食後に撮影)

■お店の情報

【磯城郡川西町】麺食堂 88

麺食堂 88 【つけそば】

つけそば(麺量200g)(750円)

つけそば(麺量200g)の麺

■来店の経緯等
・2015年2月の平日の晩、3か月半ぶり、4回目の訪問。
・奈良のタウン情報誌「ぱーぷる」2015年2月号の、「ぱーぷる読者限定!ラーメン1杯500円クーポン!!」使用の2軒目として訪問。
・このクーポンの対象メニューはお店毎に決まっており、このお店では、レギュラーメニューの「つけそば」が対象。
(注:このクーポンの有効期限は、2015年2月24日(火)で終了しています。)

■食べたメニュー
・つけそば(麺量200g)(750円)
※2015年1月25日(日)から2月24日(火)まで、「ぱーぷる読者限定!ラーメン1杯500円クーポン!!」使用で500円

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客5人。
・厨房対面のカウンター席に座り、クーポンを渡して「つけそば」を注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで13分。

■麺
・長方形の太麺ストレート。
・加水中くらいの、表面滑らかで、みずみずしくてキメの細かな粉の密度感のある麺質。食感は、固さのない茹で加減ながら程よく引き締まっていて、滑らかなコシがあって心地良い歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりとみずみずしい中に粉の旨味を感じる味わい。
・つけ汁との絡みは、つけ汁の表面の油と魚介の風味がサラッと絡んで、味の絡みはあっさりながら麺の味よりも強くて、ドップリ付けるとやや麺の味をコーティングする感じだったかも。麺を半分くらい付けて、麺の味主体で食べるのが良さそうに思った。

■つけ汁
・清湯の醤油。
・あっさりしていて、表面に油が多めに浮かんでいる。
・出汁は、鶏の清湯獣系ベースに魚介。獣系はあっさりしていて、旨味が味のベースになっている感じ。
・魚介は、節系に煮干も少し入った感じの、旨味がしっかりしていて乾物魚介の風味がよく立った味わいで、麺にはタレの味よりも魚介の方が絡んでいた印象。
・タレの醤油は濃口で、カドは無いけどコクが強め。
・醤油のコクの中に少し酸味を感じる味付けで、つけ汁自体の味はそこそこ濃いながら、麺にはあまりタレの味付けが絡まない感じだったかも。
・トッピングの一味がほんのりと効いていた。

割りスープの徳利

・割りスープは徳利で提供。温度高めのアツアツで、徳利の中には青ネギ輪切りも入っていた。
・割りスープは昆布メインの魚介。あっさりながら旨味がしっかりしていて濃厚な出汁感があって、薬味の青ネギ輪切りの風味がサッパリ感をプラスしていた。
・店主さんにつけ汁を少し減らして貰ってから、つけ汁に割りスープを投入。タレの味付けが程よい濃さに薄まって、つけ汁の出汁と割りスープの出汁との相性が良くて旨かった。

■具材
・チャーシューは、麺の容器とつけ汁の中の二種類。
・麺の容器の方は、やや薄切りで少しだけ厚みのあるレアの肩ローススライス。しっとりしていて筋っぽくなくて軽快な密度感のある歯切れの良い歯ごたえに、味付けは強くなくてあっさりとしたレアな肉の中に、ほんのりとフルーティな甘味を感じる味わい。
・つけ汁の中の方はサイコロ切りのカットで、恐らくは肩ロースか。つけ汁でよく煮えていて、柔らかく引き締まった弾力を感じる歯ごたえに、煮えてやや強まった肉の旨味に多少の丸みのある甘味を感じる味。
・メンマは細くて四角い。やや平べったいのも混じっていた。引き締まった繊維感があってコリッとキレの良い歯ごたえ。
・白髪ネギは、ややつけ汁に馴染んでシャリッとした繊維感のある歯ごたえ。
・その他、青ネギ輪切りも少し入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、みずみずしくてキメの細かな粉の密度感があって、麺の味も旨かった。つけ汁との絡みは、あっさりながらも麺の味をややコーティングする感じで、個人的には、つけ汁にあまり付けずに麺の味主体で食べる向きに感じたかも。
・つけ汁は、醤油が濃いながら麺にはタレの味付けがあまり絡まなかった印象で、魚介の旨味と風味がよく効いていた。
・スープ割りは、つけ汁少なめのバランスにしたところ、つけ汁と割りスープとの相性が良くて旨かった。
・具は、チャーシューが麺の容器とつけ汁の中の両方に入っていて、カットの形状や熱の入り方の違いの対比を楽しめたのが良かった。
・レアチャーシューは、レアな肉の味の中にほんのりとフルーティな甘味があった。
前回つけそばを食べたのがオープン初日で、その時と較べると麺が良くなっていて、つけ汁も魚介が強まっていた印象。
・もう少しだけ、つけ汁が麺の味を引き立てる感じがあれば、もっと良くなると思った。
・お気に入り度は、麺が4.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【東大阪市】らぁめん たむら

らぁめん たむら 【煮干し鶏しょうゆつけ麺】

煮干し鶏しょうゆつけ麺(大盛)(1200円)

煮干し鶏しょうゆつけ麺(大盛)の麺

■来店の経緯等
・2015年2月の平日の晩、3週間ぶり、42回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・今回は、新作の「煮干し鶏しょうゆつけ麺」目当てで訪問してみた。

■食べたメニュー
・期間限定の「煮干し鶏しょうゆつけ麺」大盛(1200円)
(2015年2月5日(木)限定)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客2人。
・厨房対面のカウンター席に座り、ホワイトボードのメニューを見て「煮干し鶏しょうゆつけ麺」を大盛で注文。
・店員さんは男性3人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・紙オシボリはカウンターの上に置いてあり、セルフ。
・注文から提供まで8分。

■麺
・長方形でウエーブのかかった太麺。麺の温度は、それほどキンキンには冷えておらずに常温くらい。
・少し色が付いていて加水中くらいの、表面が滑らかで、それほど強くは締まっていないながらも、ムチッとした密度感があってエッジの効いた筋肉質な麺質。食感は、ほんの少し固めながらも芯のない程度の茹で加減で、噛むとムチッとしたコシがあって噛み心地の良い歯ごたえ。
・麺の味は、強めで粉の味がしっかりとした、中華麺らしさのある味。
・つけ汁との絡みはあっさりしている。つけ汁の表面の油と煮干の苦み走った風味がサラッと絡んで、麺の味を引き立てていて、麺の旨さ主体で食べる感じ。

■つけ汁
・清湯の煮干醤油。つけ汁の量は多め。
・あっさりしていて、表面に多少の香味油が浮かんでいる。
・出汁は、清湯獣系ベースに煮干の魚介。
・獣系はあっさりしている。メニュー名によると鶏で、煮干や醤油ダレや表面の油の方が強くて主張控えめながらも、サラッとした旨味が味のベースになっている感じ。つけ汁の底の方にはチャーシューの細かい破片が入っていて、最後の方はその影響を少し感じたかも。
・魚介は煮干メイン。魚粉感はなくて程よい濃さながら、煮干がまるごと入ったような苦味混じりのコクをよく感じる味わいで、麺には煮干の風味がサラッと絡んでいた。ただし、後半はやや煮干の風味やコクが弱まってきた印象。
・タレの醤油は、多少の塩気を感じるけどコクはそれほど強くなくて、煮干のビターなコクや表面の油の丸みとバランスが取れている感じ。
・味付けは、薄くはないながらつけ汁としては強すぎずに、そのままでも何とか飲める程度の味の濃さ。黒胡椒が底に沈んでいて、最初の方はあまり感じなかったけど、底の方は香味が隠し味的にほんのりと効いていた。
・ピリッとした刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、分厚い巻きバラスライス一枚と肩ロースの細かいカット。
・バラスライスはやや脂身多めで、ムチッとして多少の筋っぽさのある脂身の弾力強めの歯ごたえに、肉の旨味は控えめで、脂そのもののコッテリ感が強めに残ったような味わい。
・肩ロースの細かいカットは、脂身少なめで、パサッとはしていないけどパラッとほぐれるような柔らかな肉の繊維感のある歯ごたえに、程よい強さの味付けで、つけ汁とのバランス的にはややおとなしく感じたかも。
・味玉は、黄身がトロッと粘度高めで旨味のある味付け。
・メンマは平べったい。ポリッと滑らかな張りがあってキレの良い歯ごたえに、強くはないながら旨味と多少のゴマ油系の風味を感じる味付けで、つけ汁との相性は割と良かったと思う。
・白ネギ輪切りは、多少の歯ごたえがあったけど、ややつけ汁に馴染んだ感じだったかも。

■全体的な味の感想
・麺は、それほど強くは締めていなかった気がしたけど、ムチッとしたコシを感じる心地よい噛みごたえで、麺の味も旨かった。つけ汁との絡みはあっさりながら、煮干のビターな風味がサラッと絡んでいて、麺の味を引き立てていた印象。
・つけ汁は、あっさりとした清湯獣系ベースに煮干出汁と香味油と醤油ダレとがバランス良く組み合わさっていて、煮干の苦味混じりのコクを程よく感じる味わい。後半はやや煮干の風味が弱まってきた気もしたけど、麺との相性は良かったと思う。
・具は、今回はバラチャーシューの脂身が多くて、脂身の筋っぽい弾力とコッテリ感とが強めに残っていて、ややツボに嵌まらなかった気がしたかも。
・メンマは、つけ汁と合っていたと思う。
・煮干が効いていながらも、あくまでも麺の旨さが主役のつけ麺。
・お気に入り度は、前半が4.5点、後半が4点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【奈良市】鯛だしそば・つけ麺 はなやま

鯛だしそば・つけ麺 はなやま 【濃厚鯛なしつけ麺】

鯛なしつけ麺(780円)

鯛なしつけ麺の麺

■来店の経緯等
・2015年2月の平日の晩、半年ぶり、7回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・奈良のタウン情報誌「ぱーぷる」2015年2月号の、「ぱーぷる読者限定!ラーメン1杯500円クーポン!!」使用の1軒目として訪問。
・このクーポンの対象メニューはお店毎に決まっており、このお店では、新メニューの「鯛なしつけ麺」が対象。
(注:このクーポンの有効期限は、2015年2月24日(火)で終了しています。)

■食べたメニュー
・ぱーぷる企画メニューの「鯛なしつけ麺」(780円)
(1日20杯限定)
※2015年1月25日(日)から2月24日(火)まで、「ぱーぷる読者限定!ラーメン1杯500円クーポン!!」使用で500円

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客2人。
・厨房対面のカウンター席に座り、クーポンを渡して「鯛なしつけ麺」注文。冷やもりかあつもりかを聞かれ、冷やもりを選択。
・店員さんは3人で、男性2人と女性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで11分。

■麺
・四角くて少しウエーブのかかった中太麺。
・加水中くらいかやや高めの、表面が滑らかで、プリッとはしておらずにしっとりとみずみずしい張りがあって、多少のエッジの効いた麺質。水切りはややユルめで、丼の底には少しだけ水が残っていた。食感は、プルッと優しく引き締まった弾力とコシがあって、スルッと食べられる感じの心地よい歯ごたえ。
・麺の味は、みずみずしさの中に粉の旨味をよく感じる味わい。
・つけ汁との絡みは良好。つけ汁のトロミと、酸味混じりの魚粉の味とがよく絡んでいて、やや魚粉強めの味ながら、麺とのバランスはよく取れていた。

■つけ汁
・白濁した獣系魚介醤油。
・トロッとしていて、ややコッテリしている。
・出汁は獣系ベースに魚介。獣系は豚骨メインで、多少のゼラチン感に油の混じった感じのトロミとコッテリ感があって、マッタリ感とか獣系の風味やコクはマイルドに感じた。
・魚介は、節系の魚粉混じりの味で、サバ節か何かの、少し酸味の混じったようなコクがよく効いていた。
・タレの醤油は、コクは強くなくて、獣系出汁や魚粉とのバランスが取れていて一体化している感じ。
・タレの味付けと魚粉とが組み合わさったような、ほのかな酸味を感じる味わいで、刺激感はない。
・味付けは、つけ汁としては強すぎずに程よい濃さだったけど、そのまま飲むと、ややコッテリ感が立っていた印象。

・スープ割りは、カウンターの上に置いてあるポットでセルフ。
・割りスープはややぬるめで、あっさりとした魚介出汁に生姜か何かの風味が少し効いていた。
・つけ汁をスープで割ると、コッテリ感が薄まって飲みやすくなったけど、個人的には、割りスープにもう少しだけ出汁感と温度の高さが欲しい気がしたかも。

■具材
・チャーシューは、少し厚みのあるバラスライスで、表面を炙ってある。柔らかめの張りがあって歯切れが良くて、表面は炙って少しだけサクッと引き締まった感じの歯ごたえ。味は、味付けマイルドで程よい脂身の丸みがあって、炙った香ばしさを感じる味わい。
・味玉は、黄身はやや固めでしっとりしていて、マイルドな旨味を感じる味付け。
・メンマは四角くて太い。柔らかな張りのある歯ごたえに、あっさりながらしっかりとした旨味を感じる和風テイストな味付け。
・白髪ネギは、シャリッとして適度な主張のある歯ごたえに、サッパリとしてみずみずしいネギの風味があった。
・麺の上の海苔は少しだけ幅のあるカット。味付け海苔で、多少の質感があったけど、麺に対する主張はそれほど強くなかった気がした。

■全体的な味の感想
・麺は、しっとりとみずみずしい張りがあって、麺の味も旨かった。つけ汁との絡みは、やや魚粉の味が立っていた気もしたけど、バランスは良好だったと思う。
・つけ汁は、トロッとしてコッテリとした豚骨メインの獣系ベースに魚粉のよく効いた、王道の獣系魚介醤油テイスト。サバ粉か何かとタレの味付けとが組み合わさったような酸味を少し感じたのが印象に残った。
・具は、バラチャーシューの表面をよく炙っていて、炙った食感と香ばしさがつけ汁と合っていた。
・白髪ネギも、コッテリとしたつけ汁と合っていた印象。
・麺の上の海苔は、どちらかというと不要に思う派だけど、今回は、麺を食べる上であまり気にならなかったので、悪くはなかったかも。
・鯛出汁不使用ということで、代わりに魚粉の味が主張していたような気もしたけど、麺は旨かったし、500円のメニューとしては結構満足できたと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【奈良市】ラーメン家 みつ葉

ラーメン家 みつ葉 【豚CHIKIつけ麺】

豚CHIKIつけ麺 2玉(280g)(900円)

豚CHIKIつけ麺 2玉(280g)の麺

■来店の経緯等
・2015年1月31日(土)の昼、3か月ぶり、19回目の訪問。
・この日は、久しぶりに豚CHIKIつけ麺を食べたいと思い、訪問してみた。

■食べたメニュー
・豚CHIKIつけ麺 2玉(280g)(900円)
(1日10食限定)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の8時58分頃。シャッターポール(開店前の並びの先頭)。

外待ち用のひざかけ

・待ち人数は、9時10分頃に5人、10時頃に9人、10時10分頃に15人、10時20分頃に20人、10時30分頃に26人、10時40分頃に29人、10時50分頃に37人だった。
・外で待っている間に注文を聞かれて、「豚CHIKIつけ麺」を2玉で注文。
・開店は10時52分。厨房対面のカウンター席に座る。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水は先に席に置いてあった。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・椅子の下に荷物入れのカゴが置いてあった。
・入店から提供まで4分。

■麺
・長方形で四角い、少しウエーブのかかった中太麺。
・加水中くらいかやや高めの、表面がツルッと滑らかでみずみずしくて、プリッとした張りと密度感があって、ややエッジの効いた麺質。食感は、よく引き締まっていてプリッとしたコシと弾力のある歯ごたえ。最初に麺をそのまま食べた際には、噛むとプチッと切れる感じがあったけど、つけ汁に付けて食べるとプチッとはしなくなった印象。
・麺の味は、みずみずしさの中に粉の旨味を感じる味わい。
・つけ汁との絡みは、つけ汁のトロミと多少の塩気混じりのコクが程よく絡んで、味の絡みはややマイルド気味だったけど、麺の味とのバランスは取れていたと思う。麺をつけ汁に半分くらい付けて食べると、麺の味もよく感じられてちょうど良かった。

■つけ汁
・白濁した獣系塩。
・少しトロッとしていて濃度高めで、表面が泡立っている。
・出汁は獣系。多少のゼラチン感があり、ポタージュ的な丸みのあるコクと口当たりがあって、獣っぽい風味やコクは控えめながら、鶏に豚骨の組み合わさった濃厚な旨味を感じる味わい。乳製品か何かを隠し味的に使っている気もしたけど、違うかも。
・タレの塩は、カドがなくて多少のコクを感じる塩気があって、旨味や丸みとのバランスが取れていた。麺との絡みでは塩気が程よく絡んでいたけど、途中でチャーシューを食べると、やや塩気の主張が弱まった気がした。
・味付けは、弱くはないけどつけ汁としてはややマイルドで、そのままでも飲める程度の味の濃さ。
・塩辛さや刺激感はない。

・麺を食べ終わる頃に、割りスープを徳利で出してくれた。
・割りスープは、昆布と帆立の乾物魚介出汁で、甘いコクをよく感じる味。
・先につけ汁をそのまま飲んで、最後に少しだけ残った状態で割りスープを投入してみたところ、割りスープの量が多かったせいか、バランス的にベストの状態よりもややつけ汁が薄まったような感じだった。今回は、つけ汁の味付けもマイルドに感じたので、スープで割らずにそのまま全部飲んでも良かったかも。

■具材
・チャーシューは、薄切りでレアのバラスライス。汁っぽさはないけど少しだけしっとりとした肉の結合感のある歯ごたえに、味付け控えめで脂身のコクも強くなくて、レアな肉のあっさりとした旨味に脂の丸みが程よく組み合わさった味わい。サイドの黒胡椒の香味も控えめに感じた。
・味玉は、黄身がトロッとしていて、ほんのりとしたタレの味付けが卵の濃厚な味を引き立てていた。
・メンマは四角くて太い。柔らかな張りがあって歯切れの良い歯ごたえに、味付けは強くなくて、マイルドな甘味と生姜の風味を感じる優しい味わい。
・三つ葉は、固さや筋っぽさはないけど割としっかりとした質感のある歯ごたえがあって、噛むと青っぽいコクを感じた。
・青ネギ輪切りは細い。つけ汁とのバランス的にはあまり主張は強くなくて、つけ汁を飲む際に少しだけネギの歯触りを感じた。
・小さな容器に入ったバジルペーストは、今回は使わなかった。

■全体的な味の感想
・麺は、よく引き締まっていてプリッとしたコシと弾力を感じる歯ごたえがあった。つけ汁との絡みは、つけ汁のトロミと程よい塩気が麺の旨さを引き立てていて旨かった。
・つけ汁は、トロッとしていて濃厚な獣系の旨味がありながら獣っぽさは控えめで、ポタージュ的なコクと口当たりとを感じる味わい。味付けは割とマイルドだったけど、麺とのバランスは良かったと思う。
・具は、全体的に味付けマイルドだった印象。バラチャーシューは、脂身の主張が控えめで、レアな肉のあっさりとした旨味をよく感じられた。
・このお店でデフォのつけ麺を食べたのは1年5か月ぶりだったけど、やっぱり旨いと思った。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報

【名古屋市瑞穂区】拉麺 登

拉麺 登 【カレーラーメン】

カレーラーメン(950円)

カレーラーメンの麺

■来店の経緯等
・2015年1月の平日の晩に初の訪問。

■食べたメニュー
・カレーラーメン(950円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客2人。

拉麺 登

・テーブル席に案内されて座り、メニューを見る。メニュー数が多かったので、店員さんに説明を聞き、メニューの左上に書いてある「カレーラーメン」を注文。
・店員さんは男性2人。
・水は出してくれた。お代わりはテーブルのポットでセルフ。
・紙オシボリはテーブルに置いてあり、セルフ。
・店内は喫煙OK。
・注文から提供まで6分。提供時に紙エプロンも出してくれた。

■麺
・長方形で少し縮れたウエーブの中太麺。
・白くて加水中くらいかやや低めの、表面は滑らかでゴワッとはしておらずに、カンスイ控えめな粉の密度感があって、平打ち気味ながら厚みを感じる麺質。食感は、芯はないけど少し引き締まった茹で加減で、多少のコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりとした粉の味をよく感じる。
・スープとの絡みは良好。スープのトロミと旨味とカレーの香味と和風出汁の風味とが程よく絡んで、麺の食感や味とのバランスがよく取れていた。

■スープ
・白濁した和風豚骨カレー。
・ほんの少しトロッとしているけど、それほどコッテリやドロドロはしていない感じ。
・出汁は、豚骨の白濁獣系ベースに和風魚介。獣系は、多少の出汁感があったけど、魚介で割っているのか、割とサラッとしていて獣系のコクとか風味の主張も控えめで、旨味のベースになっている感じ。
・魚介は、恐らくは昆布と節系の和風出汁テイストで、風味や旨味がカレーとよく組み合わさっていた印象。
・カレーは、少しだけルーっぽいトロミがあって、ピリッとした刺激感や辛味は強くはないながら、スパイスの香味の厚みを感じる味わい。
・甘くはなくて、出汁の旨味や風味とカレーの味付けとのバランスが取れていて、カレーうどんを少し思い出すような和風カレーテイストだった印象。

■具材
・チャーシューじゃなくて肉は、薄切りで一口大にカットした豚の赤身スライス。部位は肩ロースのような気もしたけど、カットが小さいのでよく分からなかった。適度に引き締まった肉の密度感があって歯切れの良い歯ごたえに、味付け感が無くてあっさりとした肉の味。
・油揚げは、フワッとした膨らみがあって、表面は薄いながらもコシというか多少の噛み切りにくさを感じる歯ごたえがあった。
・ネギは長めの白ネギ斜め切りで、青ネギも少し混じっていた。中身が詰まっていて、表面はパリッとした歯切れがあって中の方は柔らかな密度感のある歯ごたえに、ジューシーなネギの汁気を感じる味わいがあって、和風カレーのスープと合っていた。
・その他、ナルト輪切りが入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、粉の密度感とコシを感じる歯ごたえで、麺の味も粉の味がしっかりしていて、スープとの絡みも良好だった。
・スープは、豚骨ベースに和風魚介出汁が効いていて、そこにカレーが組み合わさった、辛すぎずに香味の厚みを感じる和風カレーテイスト。
・具は、油揚げや長めのネギが和風感をアップさせていた印象。
・全体的にカレーうどん的なテイストのカレーラーメンで、麺とスープとのバランスが良くて旨かった。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報
記事リスト
2015年03月の記事
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 05月 【14件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ