【奈良市南京終町】麺屋 NOROMA

麺屋 NOROMA 【鶏つけ麺(特盛)】

鶏つけ麺(特盛)(1050円)

鶏つけ麺(特盛)の麺

■来店の経緯等
・2014年6月21日(土)の昼、7週間ぶり、10回目の訪問。
・今回は、6月19日からつけ麺の麺が自家製麺になったとの告知があったので訪問してみた。

■食べたメニュー
・鶏つけ麺(特盛)(1050円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店直後の11時31分頃。店内満席で外に1人待ち。

麺屋 NOROMA

・外で待っている間に先に注文を聞かれたので、自家製麺であることを確認のうえ、鶏つけ麺を特盛で注文。
・到着から21分待ちで入店。厨房対面のカウンター席に座る。
・店員さんは男性3人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・店内の入口横に製麺室が出来ていた。
・入店から提供まで8分。

■麺
・平打ちで幅広の太麺ストレート。
・少しだけ色が付いていて加水やや高めの、表面がヌルッと滑らかで、あまりプリッとはしておらずにみずみずしくて優しい張りのある麺質。イメージ的には以前の製麺所の麺とあまり変わらない感じで、麺の量特盛でも最後までみずみずしさをキープしていた印象。
・食感は、どちらかというとやや柔らかめで、平打ちながら程よい弾力があって、しなやかなコシを少し感じる優しい歯ごたえで、ノド越しも良好だった。
・麺の長さは長めで、一口分だけ箸ですくうのがやや難しい気もした。
・麺の味は多加水系で、みずみずしさの中に粉の旨味とコクを感じる味わい。最初に麺だけを食べた時には、ほのかな塩気も感じた。
・つけ汁との絡みは良好。つけ汁のトロミと旨味と醤油ダレの味付けが程よく絡んで、麺をつけ汁に半分くらい付けて食べると、麺の旨さをよく引き立てていた。

■つけ汁
・白濁した鶏魚介醤油。
・少しだけトロッとしているけど、それほどドロドロやコッテリはしていない感じ。
・出汁は鶏の獣系ベースに魚介。獣系は、多少の油混じりのゼラチンのトロミがあるけど、油っぽさや乳化のマッタリ感やクリーミーさは強くなくて、肉の細かい破片も少し混じったような旨味メインの味わい。
・魚介は、風味の主張は控えめで、出汁の旨味を強めている感じ。
・タレの醤油は薄めでコクはマイルドながら、存在感はそれなりにある感じ。
・味付けはしっかりしていて、醤油のコクと旨味に、甘味と多少の酸味とが組み合わさっていて、麺との絡みでは甘味や酸味をあまり感じさせずに厚みを持たせるようなバランスだった印象。
・つけ汁をそのまま飲むと、何とか飲める味の濃さながら、味付けの甘味や酸味がやや立っている感じ。

・スープ割りは、店員さんに容器を渡して返してもらう方式。白ネギと柚子皮を足して良いか聞かれたので、入りでお願いした。
・割りスープは魚介出汁。特盛の麺でつけ汁が減っていたせいか、スープ割りはやや魚介強めのバランスで、タレの味付けが弱まって飲みやすくなっていて、追加の白ネギ輪切りの風味と柚子皮のマイルドな香味が程よく効いてサッパリとした味わい。

■具材
・麺の上にはチャーシューとカイワレが乗っている。
・チャーシューは少しだけ厚みのあるレアの肩ローススライス。食感は、肉の部分は多少のしっとり感がありながら汁っぽさや筋っぽさが無くてサクッと歯切れが良くて、脂身は肉と較べると少しソリッド感のある歯ごたえ。味は、あっさりと甘旨い味付けに多少の脂身のコクが入り混じった味わい。
・カイワレは、細身で優しくてフレッシュな歯ごたえに、噛むとあっさりとしたキレの良い苦味があった。麺を食べる合間に付け合わせ的に食べると、サッパリ感があっていいアクセントになっていた。
・白ネギはつけ汁の中。シャリッと優しい歯ごたえと風味があって、麺をつけ汁に付けると白ネギも少し麺に絡んで、麺の食感を引き立てていた。

■全体的な味の感想
・麺は、滑らかでみずみずしくてノド越しの良い自家製の平打ち幅広麺で、つけ汁との相性も良好だった。基本の部分は以前の製麺所の麺と変わらない感じで、弾力とか滑らかさの部分が多少違っていた気もしたけど、誤差の範囲かも。
・自家製麺を始めて、いきなり今までと同じような麺が出てきたのは凄いと思ったけど、今のところは製麺所の麺よりも良くなったとまでは言い切れない感じなので、今後のブラッシュアップが楽しみだと思った。
・また、個人的には、麺の長さの関係か、麺を箸で適量だけすくうのがやや難しかったのが少々気になったかも。
・つけ汁は、トロミはあるけどコッテリやマッタリはし過ぎずに、出汁の旨味とタレの味付けとがバランス良く組み合わさっていて、麺の旨さをよく引き立てていた印象。
・具は、チャーシューの食感がサクッと軽めで、カイワレも含めて、麺を食べる合間のいい付け合わせになっていた。
・白ネギ輪切りも、幅広の麺に絡んでいい仕事をしていた。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報
スポンサーサイト

【東大阪市長堂】らぁめん たむら

らぁめん たむら 【キム玉大盛+キムチ】

キム玉大盛(1180円)+キムチ(250円)

キム玉大盛の麺

■来店の経緯等
・2014年6月の平日の晩、3か月ぶり、35回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・今回は、キム玉にキムチを追加注文して食べてみたいと思い、訪問してみた。

■食べたメニュー
・期間限定の「キム玉大盛」(1180円)
(2014年6月17日(火)からの期間限定)
・キムチ(250円)
・瓶ビール(500円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客2人。
・厨房対面のカウンター席に座り、ホワイトボードのメニューを見て「キム玉大盛」を注文するとともに、カウンターのメニューを見て「キムチ」と「瓶ビール」を注文。
・店員さんは3人で、男性2人と女性1人。女性店員さんは新入りの模様。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・紙オシボリもカウンターの上に置いてあり、セルフ。
・先に瓶ビールとキムチが出てきたが、キムチはキム玉の提供まで置いておき、ビールを飲みながらキム玉を待つことにした。
・瓶ビールはサッポロ黒ラベル。麦芽100%じゃなくて副原料入りらしい丸みのある旨味があって、ホップの風味も含めてあまり主張の強くないベーシックな味わい。

キムチ(250円)+瓶ビール(500円)

・注文から提供まで7分。

■麺
・長方形でウエーブのかかった太麺。
・少しだけ黄色くて加水中くらいの、表面が滑らかでムチッと引き締まった結合感のある筋肉質な麺質。食感は、固くはないけどムチッとした弾力とコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は強めで、中華麺らしくてしっかりしている。
・タレとの絡みは、タレの多少の油と卵の丸みに醤油ダレとキムチの味がプラスされていて、麺の旨さを引き立てていた。前半は、タレの醤油の主張がやや強めの印象で、後半の別皿キムチ投入後は、キムチの旨辛さがやや強めに絡んでいた。

■タレ
・多少の油っ気があるけど割とサラッとしていて、卵黄と卵白とが混ざった丸みを多少感じる。
・ベースは醤油で、醤油のコクにタレの旨味と卵混じりの油の丸みとがバランスよく組み合わさっていて、麺の味とのバランス的には醤油辛さを感じさせない味付け。ただし、今回は今まで食べたキム玉と較べると、醤油のコクをやや強めに感じた印象。
・表面の七味か何かの辛味パウダーは、よく混ぜたせいか、ややタレで丸まり気味で、刺激感はあまり強くなかった気がした。
・後半、別皿のキムチを投入すると、醤油のコクよりもキムチの味とタレの混ざったような旨辛さが強めになって、バランス的には麺の味よりもタレの味の方が強くなった印象。

■具材
・チャーシューは細かくカットした肩ロース。脂身少なめで、ほぐれ気味でパラッとした繊維感がありながら程よく油と馴染んだような歯ごたえ。味付けは強くなくて、キム玉に適度な肉の旨味をプラスしていた。
・キムチは、程よくしんなりとしてパリッと滑らかな歯ごたえに、夏場のせいか、ベースの白菜の味はそれほど強くなくて、表面の酸味や塩気が麺やタレと混ざって薄まったマイルドな味わい。
・メンマは平べったい。ポリッと滑らかな質感があって歯切れの良い食感に、タレやキムチと較べるとおとなしめながら、多少の主張を感じる味付け。
・白ネギ輪切りは、キムチのせいか、今回はあまり目立たなかった印象。

キムチ(250円)

・別皿のキムチは、そのまま食べると、ややしんなりとしていて、旨味よりも酸味と塩気を強めに感じる濃いめの味だった。
・麺を半分くらい食べたところで、別皿のキムチをキム玉に投入してみた。キムチの酸味と塩気が麺やタレと混ざって和らいで、白菜自体のマイルドな乳酸発酵混じりの味に、キムチの味付けとタレの旨味や丸みとがうまくバランスしたような味わいになった。

■全体的な味の感想
・麺は、それほど太くは感じない、ムチッと引き締まった筋肉質な麺質が素敵。麺の味も強めでしっかりしていて、大盛の麺だと、白身混じりの生卵もベチャッとせずに麺の熱で程よく固まるのがいい感じ。
・タレは、今回は醤油の主張がやや強めで表面のパウダーの辛味が控えめに感じたのが少々気になったけど、ベースのタレの旨味に油と生卵の丸みがうまく組み合わさっていて、麺の味とのバランスも良好だった。
・具は、キム玉に別皿でキムチを追加し、途中から丼に投入して追いキムチにチャレンジしてみた。キムチの酸味と塩気がタレの旨味と丸みで程よくマイルドになったのは良かったし、キムチとチャーシューのコンボも旨かったけど、麺とのバランス的にはややキムチ勝ちになった印象。
・お気に入り度は、前半の普通に食べた時が4.5点で、後半の追加キムチ投入後が4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度:
 キム玉単体: ★★★★☆
 (4.5)
 追加キムチ投入後: ★★★★ (4.0)
※通常は両方合わせたトータルのお気に入り度だが、キム玉への別皿キムチ投入は特にお店が勧めている訳ではないので、両方併記とした。

■お店の情報

【大阪市中央区谷町】九州らーめん亀王 谷九店

九州らーめん亀王 谷九店 【亀王らーめん昔味+ちゃあしゅう】

亀王らーめん昔味(680円)+ちゃあしゅう3枚(600円)

亀王らーめん昔味の麺

■来店の経緯等
・2014年6月の平日の晩に初の訪問。
・亀王をブログで書くのは初めてだが、亀王チェーン自体は過去に何回か訪問したことがある。
・谷九店は未訪だったが、このお店の前はよく通っており、看板のメニュー写真を見るうちに、このお店のチャーシューをガッツリ食べたいと思うようになったので、訪問してみた。

■食べたメニュー
・しみだれちゃあしゅう盛(小盛)1~2人前(380円)
※メニュー案内には「らーめんに使用しているばら肉ちゃあしゅうとは異なります。」と書いてあった。
・びんビール(中びん)500ml(500円)
・亀王らーめん昔味(680円)
※メニュー案内には「創業当時の味をそのまま こだわりの極細麺召し上がれ」と書いてあった。
・ちゃあしゅう3枚(600円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客9人。

九州らーめん亀王 谷九店

・店内奥の大テーブル席に座る。ちなみに、この大テーブル席は中央に仕切りがあるが、対面の席も見える構造になっている。
・メニューを見て、まずは「しみだれちゃあしゅう盛(小盛)」と瓶ビールを注文。店内は広くて席数に余裕があったので、ラーメンは後から頼むことにした。
・店員さんは6人で、男性3人と女性3人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・瓶ビールはキリンラガー。程よい濃さとノド越しがあって、麦もホップも尖っておらずにスッと飲める味わい。

しみだれちゃあしゅう盛(小盛)(380円)+びんビール(中びん)(500円)

・しみだれチャーシュー盛は、盛った細モヤシの上にチャーシュースライスが乗っていて、サラッとしたタレが掛かっている。
・チャーシューは、やや薄切りのバラスライスで温めての提供。表面を炙っていて、ゴマがトッピングしてある。柔らかいながら炙って程よく引き締まった歯ごたえに、脂身のコクは強くなくて、多少の香ばしさと旨味のある味付けと脂身のマイルドな丸みの組み合わさった味わい。タレよりも強い味で、酸味混じりのタレとのバランスも良好だった。
・細モヤシは、パリッと歯切れのよい食感に、タレの酸味がよく絡んでいた。
・タレは水分多めで、多少の酸味と旨味にほんのりとした甘味が組み合わさった、サラッとしてサッパリとした味付けで、トッピングのゴマの丸みが多少プラスされた味わい。

しみだれちゃあしゅう盛(小盛)(380円)

・しみだれちゃあしゅう盛を食べた後、追加で「亀王らーめん昔味」を注文。麺のかたさを聞かれたので「ふつう麺」を選択。また、追加トッピングで「ちゃあしゅう」3枚を別皿で注文。
・注文から提供まで3分。

■麺
・極細ストレート。
・ほんのりと色が付いていて加水低めの、程よく引き締まった粉の質感のある麺質。食感は、細身ながら多少の低加水なコシの主張があって、噛むとサクッと切れるような歯ごたえ。
・麺の味は、しっかりとした粉の旨味を感じる味わい。
・スープとの絡みは、スープの油と旨味がサラッと絡んで、細身の麺とのバランスが取れていて、麺の味主体で食べる感じ。

■スープ
・白濁した豚骨。
・サラッとしていて、表面には細かい背脂と油が浮かんでいて、色の付いた香味油と赤い辛味がトッピングされている。
・出汁は、恐らくは豚骨メインの獣系。ゼラチンのトロミは無くて、ライトながらも背脂と組み合わさったほのかな豚の獣系感のある味わい。
・タレは、塩か薄い醤油かよく分からない感じで、後で調べたところ、塩ベースだった模様。多少のピリッとした味付けの強さを感じさせながらも、表面の背脂や油の丸みとバランスしたような味わい。
・中央の赤いトッピングは、程よい辛味があって、スープの良いアクセントになっていた。
・スープを完食すると、丼の底に微かな骨粉が溜まっていた。

■具材
・チャーシューは、少しだけ厚みのある巻きバラスライスで、やや小さめ。脂身がトロッと柔らかくて、肉の部分も繊維感少なめでパラッと柔らかめの歯ごたえに、味付けあっさりで多少のサイドの甘いタレの味付けと油の甘味を感じる味わい。

ちゃあしゅう3枚(別皿)(600円)

・別皿のチャーシューは冷えていて、そのまま食べると脂身も肉も味が抜けたような感じだった。スープに浸して食べると、脂身に甘味が出て、スープの味付けもプラスされて多少食べられる感じの味になった。
・メンマは平べったい。柔らかくて滑らかな歯ごたえに、あっさりとした味。
・青ネギ輪切りは、多少の歯ごたえと風味があったけど、あまり主張しない感じだった。

■全体的な味の感想
・麺は、細身でサクッとした低加水な歯ごたえがあって、麺の味も旨味があった。
・スープは、ライトながらも表面の背脂と油で厚みを持たせた感じだった。
・具は、チャーシューが思ったよりも小さかった上に、旨味も抜け気味だったのが印象に残った。個人的には、1枚200円でこれは厳しいと思った。
・しみだれチャーシューも量的にはそれほど多くなかったけど、ラーメンのチャーシューよりはまだ良かったと思う。
・お気に入り度は、チャーシューの価格対満足度が2点台で、トータルでは3点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★ (3.0)

■お店の情報

【木津川市】無鉄砲 本店

無鉄砲 本店 【Wスープラーメン】

Wスープラーメン(豚骨6:魚介4)(750円)

Wスープラーメン(豚骨6:魚介4)の麺

■来店の経緯等
・2014年6月14日(土)の夕方、4か月ぶりの訪問。
・ブログを始めてから7回目の訪問。
(ブログを始める前にも訪問しているが、回数は記録していないため不明)
・今回は、このお店の「Wスープラーメン」が未食だったので、一度食べてみたいと思い、訪問してみた。

■食べたメニュー
・Wスープラーメン(豚骨6:魚介4)(750円)
・替え玉(150円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の17時27分頃。既に4人待ち。
・先に店外の券売機で食券を買い、ベンチで座って待つ。

無鉄砲 本店

・待ち人数は、17時40分頃に10人で、17時56分頃には44人だった。
・待っている間、外に店員さんが出て来て注文を聞かれた。Wスープは、「とんこつラーメン」の食券を買い、注文時にWスープで注文。割合は、デフォの6対4でお願いした。また、「麺ふつう、スープふつう、ネギ多め」で注文。
・開店は18時。順番に入店し、厨房対面のカウンター席に座る。
・店員さんは6人で、男性2人と女性4人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・入店から提供まで8分。

■麺
・長方形で少し縮れた中太麺。
・加水やや低めの、表面滑らかで粉の結合感があってやや膨らんだ感じの、モッチリとした張りとボリューム感のある麺質。食感は、やや柔らかめの茹で加減で、コシはあまり無いけど多少の厚みを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、強くはないけど粉の味がしっかりしている。
・スープとの絡みは、あっさり気味というか、豚骨も魚介もタレもやや捉えどころがないような印象で、スープをよくかき混ぜると、多少の豚骨の風味が麺に絡んだ。

・替え玉は、最初と同じ「日本めん(宮崎県の製麺所)」の麺をかたさ固めで注文。
・最初のかたさ普通と較べると、やや表面に硬質な質感があって、多少の歯ごたえがプラスされたけど、麺質自体は最初と似ていて、多少膨らんだようなモッチリとした厚みを感じる歯ごたえがあった。
・麺の味は、最初よりも少し強めの味だった。
・スープとの絡みは、最初と同じくややあっさり気味で、麺の味主体で食べる感じだった。

■スープ
・白濁した豚骨魚介醤油。
・表面は多少トロッとしているけど、ダブルスープのせいか、粘度自体は高くなくて割とサラッとしていた。
・出汁は豚骨の獣系ベースに魚介。豚骨は、表面に乳化した油の層があり、多少の油混じりのゼラチンの甘味と丸みがあって、底の方は肉の細かい破片も混じったような感じもあったけど、魚介で割っているせいか、デフォの豚骨と較べると全体的に弱まっているような印象。
・魚介は、風味や旨味の主張は控えめで、豚骨スープを割ってあっさりさせるのが目的みたいな感じの味わい。
・タレの醤油はマイルドで甘い味。
・魚介で割った分、味付けはマイルドに感じたけど、それでも、魚介の味よりもタレの旨味の方が強かった気がした。
・魚介がプラスされたというよりも、純豚骨のスープを全体的にマイルドにしたようなテイストで、後味の重たさは控えめ。塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは薄切りのバラスライス。脂身の弾力のある歯ごたえに、味付けは強くなくて、多少の脂混じりの豚っぽさがあって、よく味わうと味付けの旨味も感じた。
・メンマは平べったい。ポリッと滑らかでしなやかで柔らかい歯ごたえに、味付けあっさりでほのかにメンマらしい風味があった。
・青ネギ輪切りは細身で、多少のシャキッと引き締まったフレッシュな歯ごたえがあって、風味は穏やかで強くはなかった印象。
・海苔は、スープに浸って、やや表面の乳化した油に馴染んだような味わいだった。

■全体的な味の感想
・麺は、モッチリとした張りと厚みがあったのは良かったけど、その分、ややキレが感じられなかった印象。
・無鉄砲の「日本めん」の麺は、豚の骨営業の時も含めて毎回微妙にコンディションが異なる印象で、個人的には、前回訪問時の麺の方が良かった気がした。
・麺とスープとの絡みもあっさり気味で、個人的には、豚骨やタレとの絡みがマイルドになった分、魚介の絡みがもう少し欲しかったかも。
・スープは、魚介の風味があまり感じられずに、単に豚骨スープが薄まってマイルドになったように感じた。ただし、たまたまのブレで元の豚骨スープ自体がマイルドだった可能性もあるかも。
・このお店のデフォの豚骨ラーメンがキツく感じる人向けなのかも知れないけど、個人的には、もう少し豚骨が薄まった分を魚介で押して欲しい気もした。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【城陽市】俺のラーメン あっぱれ屋

俺のラーメン あっぱれ屋 【濁とろ塩チャーシューメン】

濁とろ塩チャーシューメン(1050円)

濁とろ塩チャーシューメンの麺

■来店の経緯等
・2014年6月14日(土)の昼、半年ぶり、8回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・このお店は、2014年2月3日(月)からメニューが一部変更されたので、遅ればせながら、新メニュー目当てで訪問してみた。

■食べたメニュー
・濁とろ塩チャーシューメン(1050円)
※メニュー案内には「あっぱれマニア向けのラーメンです。」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は12時31分頃。外に33人待ち。
・入口側の壁にはミストシャワーがあった。
・お店の暖簾には「第Ⅱ章 2014.2.3」と書いてあった。

俺のラーメン あっぱれ屋(お店の暖簾)

・到着から51分待ちで入店。店内で立って待つ。
・入店から9分後、店内で座って待つ。
・到着から1時間11分後、入店から20分待ちで、厨房対面カウンターの右端の席に座る。
・着席後、奥様に注文を聞かれ、「濁とろ塩チャーシューメン」を麺の量普通、チャーシュー別皿で注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで6分。

■麺
・平打ちでウエーブのかかった太麺。
・少しだけ色が付いていて加水中くらいかやや高めの、表面滑らかでプルッとした結合感があって、適度に柔らかな張りとボリューム感のある麺質。食感は、固さはなくて、ムチッとした弾力が強めで、程よいコシがあって気持ち良い歯ごたえ。
・麺の味は、卵も少し入ったような粉の旨味がしっかりしている。
・スープとの絡みは、強くはないけどバランスが良好。スープのトロミと塩気と魚介の風味が麺の表面にサラッと絡んで、麺の旨さをよく引き立てていた。

■スープ
・白濁した獣系魚介塩。
・少しだけトロッとしていて、表面がよく泡立っている。
・出汁は、白濁獣系メインに魚介。獣系は恐らくは豚骨メインで、粘度やゼラチン感は強すぎずに程よい塩梅で、油がよく乳化していて、濃厚でフワッとした丸みのある口当たり。適度な旨味があって、油の重たさやコッテリ感は強くなくて、獣っぽさも控えめな味わい。
・魚介は、恐らくは鰹の節系メイン。コクの主張は穏やかで、多少の魚粉っぽさのある風味がよく立っていて、獣系の丸みやトロミに魚介の風味や旨味がバランス良く組み合わさって一体化したような味わい。
・タレは塩ダレで、魚介と組み合わさったような塩のコクの主張を多少感じる。
・味付けは強くなくて、スープ自体の味ではそれほど塩気の強さは感じないけど、麺との絡みでは塩のコクがいい仕事をしていた印象。
・タレの旨味も控えめで、魚介の風味やタレの味付けも、麺の味や出汁の旨味を生かした感じの穏やかなテイストに感じた。そのせいか、別皿のレアチャーシューを食べると、スープの魚介の風味やタレの味がやや負けるように感じたかも。
・塩辛さや刺激感はない。
・スープを完食すると、丼の底に細かい粉がガッツリと溜まっていたけど、恐らくは魚粉だったと思う。

■具材
・チャーシューは別皿で、やや薄切りのレアの肩ローススライスが8枚。食感は、脂身が多少混じっていて筋っぽさは無くて、肉の部分は少ししっとりとした弾力があって、脂身は固くないけどやや弾力少なめのソリッド感のある歯ごたえ。味は、脂身の甘味と油の滑らかさの中にあっさりとしたレアな肉の旨味が入り混じった感じの味わいで、ほんのりとした味付け感があって、サイドの黒コショウの香味は控えめだった印象。麺を食べる合間に何枚か食べたところ、スープの味とややケンカする気がしたので、残りは、麺とスープを食べ終わってから食べた。
・味玉は黄身がトロッと粘度高めで、塩系の旨味のある味付け。
・メンマは四角くて太い。ポリッと歯切れの良い繊維感のある歯ごたえに、生姜の甘い風味がよく立った味付け。
・青ネギ輪切りは小口ネギで、麺やスープとのバランス的に、存在感はややおとなしめに感じた。

■全体的な味の感想
・麺は、ムチッとした弾力が強めで気持ち良い歯ごたえの平打ち太麺で、スープの塩のコクと魚介の風味が麺の旨さをよく引き立てていて、麺の味も旨かった。
・スープは、以前に食べた「こくまろ塩」と較べるとやや獣系の丸みが強めで、獣系のトロミや丸みと魚介の風味や旨味とがバランス良く組み合わさっていた印象。濃厚ながら繊細な味わいで、個人的には、味付けが具のレアチャーシューの味とややケンカしていた気がしたかも。
・具は、レアチャーシューの味付けはそれほど強くないながら、ややスープの味に勝ち気味だった印象。ただし、チャーシューを別皿にしたので、実質的な影響はそれほど無かった。
・メンマは、歯ごたえが良かった。
・麺とスープとの絡みが素晴らしいラーメンで、個人的には、チャーシューメンながらチャーシュー無しでも満足できた気がした。
・お気に入り度は、トータルで4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【貝塚市】がちんこらーめん道 柊

がちんこらーめん道 柊 【味玉とんこつ醤油らーめん】

味玉とんこつ醤油らーめん(880円)

味玉とんこつ醤油らーめんの麺

■来店の経緯等
・2014年6月7日(土)の晩に初の訪問。
・この日は、貝塚市まで来たので、貝塚のラーメン屋を回ってみようと思い訪問してみた。

■食べたメニュー
・味玉とんこつ醤油らーめん(880円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は21時5分頃。外待ち無しの先客9人。

がちんこらーめん道 柊

・店内中央の、真ん中に仕切りのある大テーブル席に座る。
・メニューを見て、一番人気と書いてあった「味玉とんこつ醤油らーめん」を注文。
・店員さんは4人で、男性3人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはテーブルのポットでセルフ。
・店内にはドア付きの個室テーブル席があり、先客は個室に座っていたので入店時には姿が見えなかった。
・注文から提供まで3分。

■麺
・四角くてウエーブのかかった中細麺。
・少しだけ黄色くて加水中くらいかやや低めの、表面が滑らかで卵も入ったような優しい張りと結合感のある麺質。食感は、主張やコシはあまり強くないながら、サクッと小気味が良くてリッチな歯ごたえで、最初はややぎこちなく感じたけど、食べている内にだんだんしっくり来た感じ。
・麺の味は、あっさりとした旨味を感じる味わい。
・スープとの絡みは、スープの旨味がサラッと絡んで、麺の味主体で食べる感じ。

■スープ
・白濁した豚骨醤油。
・サラッとしていて、表面にマー油か何かの油が浮かんでいる。
・出汁は豚骨の獣系メイン。豚骨は、ゼラチン感は少なくて、油や獣っぽさを削ぎ落とした感じのサラッとしてライトな味わい。ちなみに、メニュー案内には野菜も入っているように書いてあり、それっぽいマイルドな甘味があった気がした。
・タレの醤油は甘めでコクの主張は控えめ。
・タレの味付けは塩気少なめのマイルドで、トッピングの一味の多少の刺激感とマー油や揚げネギの風味でアクセントを付けていた。

■具材
・チャーシューは、ほんの少しだけ厚みのある巻きバラスライス。柔らかいながら多少表面が引き締まった感じの歯ごたえに、塩系の味付けがあって少しだけ豚っぽさを感じる味わい。
・味玉は、黄身が外側が固めで内側はややシャバめの半熟で、味付けはマイルド気味だった。
・エリンギの薄切りスライスは、独特の滑らかな結合感のある歯ごたえに、エリンギの風味とコクのある味わい。
・玉ネギのスライスは、多少煮えていてやや柔らかめの歯ごたえに、あっさりとした甘味を感じる味わい。
・ニラは縦に細長いカット。しなやかでしっかりした、ニラっぽさも少し感じる歯ごたえに、風味はあっさりしていてトッピングの一味の刺激感が多少絡んだ味わい。最初は青ネギかと思ったけど、後で調べたところ、ニラだった模様。
・白ネギ輪切りは多少の厚みがあって、柔らかな主張のある歯ごたえに、サッパリとみずみずしい風味があった。
・海苔は、スープに浸ってフワッと柔らかな歯ごたえに、海苔の風味とスープの揚げネギの香味とがよく合っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、優しい中にリッチさを感じる歯ごたえと味わいで、最初はよく分からなかったけど、食べているうちにだんだん旨いと思ってきた。
・スープは、サラッとしてライトな味わいで、豚骨醤油というネーミングながら醤油のコクはあまり効いておらずに、マー油などの風味の方が印象に残ったかも。
・具は、エリンギが個性的だった。
・全体的に優しいテイストでまとまっていて、和歌山ラーメンとかとは別物の豚骨醤油ラーメン。個人的には、麺は割と気に入ったけど、スープがもう一押し欲しかった気がしたかも。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【貝塚市】旭川ラーメン

旭川ラーメン 【スタミナラーメン(小)】

スタミナラーメン(小)(670円)

スタミナラーメン(小)の麺

■来店の経緯等
・2014年6月7日(土)の晩に初の訪問。
・この日は、貝塚市まで来たので、貝塚のラーメン屋を回ってみようと思い訪問してみた。
・ちなみに、奈良県にも「旭川ラーメン」という名前のお店があり、こちらのお店と何らかの関係がありそうな気がするが、調べてもよく分からなかった。

■食べたメニュー
・スタミナラーメン(小)(670円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は19時51分頃。外待ち無しの先客9人。

旭川ラーメン

・厨房対面のカウンター席に座る。
・メニューを見ると、普通のラーメンとスタミナラーメンの2系統があったので、店員さんにお勧めを聞いて「スタミナラーメン」を注文。
・店員さんは男性3人。
・水は冷水機でセルフ。
・カウンターには、おろしニンニク、辛味噌、キムチの入ったタッパ―が置いてあった。
・店内の雰囲気は、昔ながらのお店らしくていい感じ。
・店内にはテレビがあり、AKB総選挙が映っていた。
・注文から提供まで7分。

■麺
・四角くてウエーブのかかった中くらいの太さの麺。
・やや黄色くて加水中くらいの、カンスイが効いていて卵も入ったような、表面は滑らかながらあまりツルッとはしておらずに、少しプリッとした透明感と熟成感のある麺質。食感は、コシというよりもやや固い感じで、芯はないけど全体的にしっかりとした強めの歯ごたえ。
・麺の味は、カンスイの効いた中華麺らしい味。
・スープとの絡みは、スープの油と旨味と唐辛子入りの醤のピリ辛感とが程よく絡んで、麺の味とのバランスも良好だった。

■スープ
・清湯のピリ辛醤油。
・あっさりしていて、表面に油が多めに浮かんでいる。
・出汁は、恐らくは清湯獣系ベースで、具のせいか、野菜の出汁も少し入っているように感じた。出汁感はライトだった印象。
・タレは、醤油ベースに唐辛子入りの醤か味噌かが効いていて、ニンニクも少し入った旨辛くてパンチのある味付け。タレ主体の味ながら、醤油と辛味と旨味と塩気とのバランスがよく取れていて、キレの良さを感じる味わい。
・表面の油は、最初はラー油かと思ったけど、飲んでみるとあまり辛くなかった気がした。

■具材
・豚肉は、薄切りで小さめのカット。量は、この手のスタミナラーメンとしてはそこそこ入っていた印象。固くはないけど脂身少なめで多少肉っぽい歯ごたえに、味付け控えめであっさりとした味わい。
・メンマは四角くて細長い。弾力少なめでメンマっぽい繊維感が控えめな、カリッとした歯ごたえ。
・白菜はやや厚みがあって一口大にカットしてある。よく火が通っていて、固すぎず柔らか過ぎずの程よい張りのある歯ごたえに、冬場と較べると甘味やコクは弱いながらも、加熱でその辺をうまくカバーした感じの味わい。
・細モヤシは、パリッとした強めの歯ごたえが白菜と組み合わさっていた印象。麺と絡むと麺よりも強いながら、そんな細かいことは気にならない感じだったかも。
・青ネギ輪切りはデフォで量が多くて、シャリッとしていて少し粘るような主張のある歯ごたえに、サッパリと優しい風味がスープとよく合っていた。
・その他、ニンジンの細長いカットも入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、適度な太さと歯ごたえがあって、スープや具に負けていなかった印象。
・スープは、出汁感はライトだったけど、旨味と辛味とのバランスがよく取れていてパンチのある味付けが良かった。
・具は、白菜の火の通り具合が良かった。
・青ネギ輪切りが多めに入っていて、豚肉もきちんと入っていたのも嬉しかった。
・昔ながらのスタミナラーメン系の味で、全体的によくまとまっていて旨かった。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【貝塚市】和歌山ラーメン 紀一

和歌山ラーメン 紀一 【中華そば紀一】

中華そば紀一(850円)

中華そば紀一の麺

■来店の経緯等
・2014年6月7日(土)の夕方に初の訪問。
・この日は、ハイキングで貝塚市まで来たので、貝塚のラーメン屋を回ってみようと思い、訪問してみた。
・このお店は、国道26号線沿いにあるロードサイドのお店。

■食べたメニュー
・中華そば紀一(850円)
・替え玉(110円)
※メニュー案内には、
「三倍以上のコストと時間手間を掛けた濃厚豚骨は
中華そばのスープを三分の一まで濃縮させて作る
和歌山紀州一の、ど豚骨スープになりました
紀一の屋号を付ける自信作です。
博多の豚骨より濃厚な和歌山最強の豚骨ラーメン
をお楽しみ下さい。」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は17時55分頃。先客無し。

和歌山ラーメン 紀一

・テーブル席に座り、メニューを見て「中華そば紀一」を注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水はテーブルのポットでセルフ。水のポットには浄水機能が付いていた。
・店内には、仮面ライダーのバイクとか、昔の玩具(キカイダーとか永井豪関係)や古い映画のポスターが飾ってあった。
・注文から提供まで4分。ラーメンと一緒にデザートも出てきた。

■麺
・四角い中細ウエーブ。
・白くて加水中くらいかやや低めの、粉とカンスイ以外に卵も少し入ったような、ゴワッとはしておらずに滑らかながら粉の密度感があって張りを感じる麺質。食感は、程よい固さの茹で加減で、噛むと滑らかで中身の詰まったような粘りをほんの少しだけ感じさせながら切れるタイプの歯ごたえで、ザクッとした歯ごたえに近いけど少し違う感じだったかも。
・麺の味は、粉の味に卵が少し混じったような旨味があって、あっさりながらしっかりしていた。
・スープとの絡みは、スープの旨味と香味油の豚の風味とコショウや生姜などの香味とが程よくサラッと絡んで、麺の味とのバランスは良好だった。

替え玉(110円)

・麺を食べた後、替え玉を追加注文してみた。
・茹で加減は最初と同じで、少しだけタレを絡めての提供。
・替え玉の麺にもスープがよく絡んでいた。ただし、スープの豚っぽい風味は弱まっていて、その分、コショウや生姜のパンチの絡みを強めに感じたかも。

■スープ
・白濁した獣系。
・サラッとしていてよく乳化しており、表面に多少の香味油が浮かんでいる。
・出汁は、恐らくは豚の獣系。ゼラチン感は控えめでサラッとしていて、多少のミルキーな乳化の丸みがあったけど、恐らくはショウガでクセを消しているのと、タレの味付けが強めなので、豚の味わいは控えめに感じた。
・最初は豚っぽい風味がガンガン麺に絡んできたけど、途中から弱まって来た。恐らくは、スープ自体の豚っぽさは消してあって、香味油に風味を仕込んであるのだと思う。
・タレは、塩か醤油かよく分からない感じで、恐らくは薄い醤油ベース。醤油のコクは控えめ。
・タレの味付けが強めでしっかりしていて、そこに、コショウと生姜が混じったようなパンチのある香味がガツンと効いている。生姜の味は、スープ自体の味よりも麺との絡みでよく主張していた印象。
・どちらかというと、出汁の味わいよりもタレの味付けの方が強かったと思う。
・スープを完食すると、丼の底にほのかな骨粉とコショウが溜まっていた。

■具材
・チャーシューは薄切りのバラスライス。薄切りなので固くはないけど、やや引き締まって弾力少なめの歯ごたえに、あっさりめの味付け。
・メンマは長方形で平べったい。ポリッと滑らかで柔らかめの歯ごたえに、味付けは強くはないけど醤油系の煮汁がよく染みた感じの味わい。
・青ネギ輪切りは、主張は程よくてそれほど強くなくて、シャリッと優しい歯ごたえと風味があった。

■ゼリー

ゼリー

・デザートはゼリーで、恐らくはリンゴ味だったと思う。程よく冷えていて、プルッと柔らかでスッと切れる歯ごたえに、甘味や風味が強すぎずにスッキリとした味わいだった。

■全体的な味の感想
・麺は、程よい主張のある歯ごたえで、麺の味も割と良かった。歯ごたえは、ザクッとした感じに近いながら、ほんの少しだけキレが丸まっていた気もしたけど、それはそれで個性として良いのかも。
・スープは、タレの味付け強めながら醤油のコクは控えめで、和歌山ラーメンのお店ながらあまり和歌山ラーメンっぽくなかった印象。多少の出汁感はあったけど、生姜で豚っぽさを消していて、その上からタレと香味油で味を作っていた感じ。そのせいか、最初は香味油の豚の風味がガッと来たけど、途中から豚っぽさが弱まってきたように感じた。
・ドロドロやコッテリに頼っていないのは好感が持てたけど、個人的には、タレの味がやや強すぎるように思った。
・麺とスープとの絡みはよく出来ていたと思ったけど、個人的には、この値段で出すのなら、もう少し豚骨の味わいが欲しい気もした。ただし、たまたまのブレだった可能性もあるかも。
・お気に入り度は、最初の豚っぽい風味が効いていた時が4点で、後半が3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【奈良市尼辻町】まりお流

まりお流 【ウニたれの豚骨つけ麺】

ウニたれの豚骨つけ麺(1836円)

ウニたれの豚骨つけ麺の麺

■来店の経緯等
・2014年6月の平日の晩、3ヵ月ぶりの訪問。
・ブログを始めてからは28回目の訪問。
(ブログを始める前にも訪問しているが、回数は記録していないため不明)
・今回は、限定の「ウニたれの豚骨ラーメン」のつけ麺バージョンに興味を持ち、訪問してみた。

■食べたメニュー
・数量限定の「ウニたれの豚骨つけ麺」(1836円)
(2014年6月3日(火)からの提供で、売り切れ次第終了)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無し。店外の入口のところに、今回の限定のメニュー案内があった。

店外入口のメニュー案内

・厨房対面のカウンター席に座り、限定のウニたれ豚骨をつけ麺バージョンで注文。
・先客は29人。
・店員さんは、見える範囲で男性7人。
・水は奥の冷水機でセルフ。温かいオシボリも冷水機の横に置いてあり、セルフ。
・注文から提供まで14分。

■麺
・長方形で少しウエーブのかかった太麺。あつもりで、下の方はお湯に浸かっている。
・加水中くらいの全粒粉麺で、表面はツルッとはしていないけど、ややお湯に馴染んだ感じのヌルンとした滑らかさがあって、少し緩めの粉のソリッド感のある麺質。食感は、やや柔らかめの茹で加減で、モチッとブヨッの間ぐらいの歯ごたえながら、太麺らしい食べごたえもあった。
・麺の味は、少し甘味を感じる粉のコクがあって、つけ汁に付けずに食べるとやや表面のお湯の存在を感じる味わい。
・つけ汁との絡みは、つけ汁のトロミとウニたれのコクがよく絡んで、バランス的には、麺に絡むウニの味を味わう感じ。

■つけ汁
・白濁した獣系ウニ塩。
・トロッとしていて、ややコッテリしている。」
・出汁は獣系。油混じりのゼラチンのトロミがあって丸みのある口当たりで、味的にはタレのウニの味が濃厚で、獣系の風味やコクはあまり主張しない感じ。
・タレは、恐らくは塩ベースで、ウニが大量に入っているような感じ。ウニは、スープのトロミと一体化したようなクリーミーさがあって、生ウニというよりは加工品の珍味のウニみたいな、少し塩気の混じったコクがガツンと効いた濃厚な味わい。
・味付けはウニの味がメインで、つけ汁としてはそれほど強くないけど、麺との絡みは強めでしっかりしていた印象。
・つけ汁自体の味は、旨味よりもベースのコッテリ感とウニの珍味っぽいコクがメインの味わいで、飲むよりも麺に付けて味わう向きに感じた。
・多少の塩気はあるけど、塩辛さや刺激感は無かった。

■具材
・麺の上には、チャーシューと青ネギ輪切りが乗っている。
・チャーシューは、少し厚みのあるレアの肩ローススライス。筋っぽさや汁っぽさが無くて、しっとりと滑らかで噛むとサクッと切れる心地良い歯ごたえに、味付け控えめで脂身の味も控えめの、あっさりとしたレアな肉の甘味と旨味を感じる味わい。麺の上に乗っていて、お湯に浸っている部分は少しだけ熱が入っていたけど、ラーメンと較べるとあまり煮えずにレアな肉の味わいを楽しめた。
・青ネギ輪切りは、多少の質感があるけど麺に対して主張しない感じの優しい歯ごたえに、フレッシュで優しいネギの風味があった。麺とネギを絡めてつけ汁に付けると、ネギ無しの時よりも麺に絡むウニの風味が引き立っていた印象。

・つけ汁の中には、味玉とメンマが入っている。
・味玉は、黄身がしっかりめの質感のある半熟で、甘味と旨味があって、辛くはないけど多少の醤油のコクを感じる味付け。
・メンマは太くて四角い。噛むとポリッと切れる程よい強さの繊維感のある歯ごたえに、サッパリとしながらつけ汁に負けない旨味強めの味付け。

別皿の軟骨チャーシュー

・軟骨チャーシューは、つけ麺の提供後に別皿で提供。量が多めでよく煮込んでいて、軟骨はモチッと柔らかくて、肉の部分は柔らかいながらホロッとほぐれるような密度感のある歯ごたえに、味付けは甘辛くて濃いながら、油っぽさも強めで程よく丸まった感じの味付け。ボリュームがあって、かなりコッテリでガッツリしていた。
・つけ汁に付けると、軟骨チャーシューの味付けが強くてつけ汁のウニの味を打ち消す感じで、味の相性はあまり良くなかった印象。

■全体的な味の感想
・麺は、お湯に浸かったあつもりで、ややユルめの食感に感じたけど、つけ汁との絡みは良好で、もっと麺を食べたいと思った。バランス的には、麺に絡んだウニのコクを味わうような感じだった。
・つけ汁は、ベースがトロッとしてコッテリしていてクリーミーで、ウニが大量に入ったような濃厚なコクのある味わい。ウニの味は、生ウニというよりはやや加工してある感じながら、とにかく濃厚なのが良かった。
・具は、レアチャーシューが旨かった。麺の上に乗っていて、スープで煮えずにレアな味わいを堪能できたのが良かった。
・青ネギ輪切りも、麺に絡めてつけ汁に付けると、麺に絡んだウニの味をよく引き立てていたのが素晴らしかった。
・軟骨チャーシューはボリュームがあって、とにかくコッテリでガッツリしていた。味付け濃いめでウニとはあまり合わない感じも相まって、個人的には、このつけ麺には軟骨チャーシューは要らない気もした。とは言え、つけ汁と軟骨チャーシューとの組み合わせはコッテリ感満載で、こういうのが好きな人もいると思う。
・このお店らしさに溢れたウニつけ麺。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【那覇市】琉球村

琉球村 【ソーキそば】

ソーキそば(860円)

ソーキそばの麺

■来店の経緯等
・2014年6月、沖縄旅行の最終日の夕方に初の訪問。
・このお店は、那覇空港の国内線旅客ターミナルビル内にある沖縄そば専門店。
・今回の沖縄旅行で沖縄そばを食べていなかったので、最後に食べておこうと思い、帰りの飛行機のチェックインを済ませた後に訪問してみた。

■食べたメニュー
・ソーキそば(860円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は18時17分頃。店外の券売機の前に3人並んでいた。
・最初に外の券売機で食券を買う。券売機の横にメニューのサンプルがあったので、それを見て「ソーキそば」を選択。
・到着から1分後に入店。テーブル席に案内されて相席で座り、店員さんに食券を渡して注文。
・店員さんは5人で、男性1人と女性4人。
・水は出してくれた。お代わりはテーブルのポットでセルフ。
・注文から提供まで2分。提供時に骨入れの小皿を一緒に出してくれた。

■麺
・平打ちの太麺ストレート。
・白くて加水やや低めの、カンスイは控えめながら、うどんや素麺とは少し違う感じのペラッと滑らかな麺質。食感は、柔らかくはないけどやや軽めで、噛むとスッと切れる歯ごたえ。
・麺の味は、旨味があって粉の味がしっかりしている。
・スープとの絡みはあっさりしている。スープの旨味がサラッと絡んで、麺の味主体で食べる感じ。

■スープ
・和風の魚介醤油。
・あっさりしていて、油が少し浮かんでいる。
・出汁は魚介メインで、鰹メインに昆布も少し入っている感じ。薄口の醤油ダレと相まって、関西風のうどんダシっぽい和風テイストを少し連想したけど、出汁のクリアーさはやや弱く感じたかも。獣系は、入っているのかよく分からなかった。
・醤油はやや薄口。味付けは、多少の塩気があって、タレの旨味が結構しっかりしている。どちらかというと出汁よりもタレの味付けが強めで、少しだけ「どん兵衛(関西版)」を思い出すようなテイストに感じたかも。

■具材
・ソーキ(豚あばら肉)は、分厚いのが3つで、軟骨付きが2つと硬い肋骨付きが1つ。
・軟骨付きのソーキは、軟骨がよく煮込んであって、1つはモチッと柔らかいバラ先軟骨で、もう1つはギザギザしていて少しだけコリッとした弾力のある軟骨が付いていた。柔らかいながら多少引き締まった肉の歯ごたえに、旨味のある肉の味付けと軟骨の丸みとが入り交じった味わい。
・硬い肋骨付きのソーキもよく煮込んであって、脂身がよく抜けて柔らかいながら多少の肉の繊維感のある歯ごたえに、強くはないけど旨味と甘味を感じる味付け。
・青ネギ輪切りは小口ネギで、食感や風味の主張は控えめに感じた。

■全体的な味の感想
・麺は、歯ごたえが軽めで、麺の味は旨味と粉の味がしっかりしていた。
・スープは、鰹と薄口醤油がメインで、ややタレの味付けが勝っているように感じたかも。
・具は、ソーキがよく煮込んであって、軟骨付きと硬い肋骨付きの二種類で、食感の違いを味わえた。
・全体的にライトで食べやすかった印象。

■お気に入り度: ★★★ (3.0)

琉球村(食後に撮影)

■お店の情報

【那覇市】登竜門

登竜門 【濃厚担々麺】

濃厚担々麺(太麺)並(880円)

濃厚担々麺(太麺)並の麺

■来店の経緯等
・2014年5月、沖縄旅行の2日目の晩に初の訪問。
・このお店は、那覇の飲み屋街の近くにあるお店。深夜に営業しているので、この日のラストに訪問してみた。

■食べたメニュー
・濃厚担々麺(太麺)並(880円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は22時56分頃。外待ち無しの先客7人。

登竜門

・最初に店内の券売機で食券を買う。「当店人気No.1」と書いてあった「濃厚担々麺」を選択。
・厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。太麺と平打ち麺から太麺を選択。麺の量は、並と大盛(同額)から並を選択。
・店員さんは男性3人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・店内に製麺室があった。
・注文から提供まで7分。レンゲと一緒に、穴開きのレンゲも出してくれた。

■麺
・ウエーブのかかった太麺。
・白くて加水中くらいかやや高めで、少しだけカンスイを効かせた感じの、表面が滑らかでモチッとした張りとボリューム感のある麺質。食感は、モチッとした程よい噛みごたえがあって、強ゴシ過ぎずに、歯切れは多少ブチッとした感じながらも良好だったと思う。
・麺の味は、強くはないけどほのかな粉の甘さを感じる味わい。
・スープとの絡みは、ラー油のツンとした刺激感が表面によく絡むけど、太麺なので麺の味も負けてはおらずに、麺の味を楽しみながらラー油の絡みも楽しめる感じ。

■スープ
・白く濁った胡麻ラー油。
・あっさりしていて、表面に赤いラー油が浮かんでいる。
・出汁はよく分からない感じで、恐らくは清湯か。
・そこに、擂った白ゴマの風味が強めに効いていて、丸みはあるけど、芝麻醤的な甘味よりはゴマの香ばしさの方が立っていたように感じた。
・ラー油は、キレの良い刺激感があって、鼻にツンと抜けるような辛味のあるタイプ。
・花椒も少し入っていたけど、どちらかというとラー油の方が主役だったと思う。
・表面のラー油の刺激とベースのゴマの丸みとのバランスがうまく取れていて、辛さは表面だけでベースはマイルドだったので、それほどキツい激辛ではなかった印象。そのせいか、もっと辛いのが好きな人向けに、カウンターにはセルフトッピングのラー油や花椒が置いてあった。

■具材
・ミンチは粗めに挽いてあって、多少の肉の弾力を感じる歯ごたえに、味付け控えめであっさりとした肉の味わい。
・ナッツは小さくカットしてあって、穴開きのレンゲですくうと、ミンチに混じって滑らかでカリッとした歯ごたえの主張があった。
・小松菜の軸と葉っぱは、少しだけしんなりしていて、多少の繊維の粘りを感じながらもパリッとした感じの歯ごたえに、スープとのバランス的にコクは控えめでサッパリとした味に感じた。
・その他、白ネギの平べったくて小さめのカットも入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、モチッとした張りのある太麺で、麺の味と麺に絡むラー油の刺激とのハーモニー感が良かった。
・スープは、白ゴマの風味と、ラー油の鼻にツンと抜けるようなキレの良い刺激感との組み合わせが素敵。出汁感はライト気味だったかも。辛さはそこそこで、個人的にはそれほどの激辛ではなかったけど、辛いのが苦手な人だと辛く感じるかも。
・具は、ミンチが粗挽きで、弾力のある肉の歯ごたえを堪能できたのが良かった。ナッツの食感も、ミンチの歯ごたえとの対比で活きていた印象。
・麺は良かったし、よく出来た担々麺だったと思うけど、ラーメン的には、出汁がゴマとラー油にやや負け気味に感じた気もした。
・汁あり担々麺が好きな人向け。
・お気に入り度は、スープが3.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【浦添市】麺や偶

麺や偶 【偶ラーメン】

偶ラーメン(中細ちぢれ麺)(780円)

偶ラーメン(中細ちぢれ麺)の麺

■来店の経緯等
・2014年5月、沖縄旅行の2日目の晩に初の訪問。

■食べたメニュー
・偶ラーメン(中細ちぢれ麺)(780円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は21時8分頃。外待ち無しの先客4人。

麺や偶

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見てデフォらしき「偶ラーメン」を注文。麺は中細縮れ麺と太麺からの選択で、店員さんに説明を聞いて中細ちぢれ麺を選択。
・店員さんは男性2人。
・冷たいお茶はカウンターのポットでセルフ。
・冷たいオシボリを出してくれた。
・注文から提供まで4分。丼は、縁が高くて手前に傾いていて、レンゲ用の切り欠きがあった。

■麺
・四角くて中くらいの太さの縮れ麺。
・白くて加水中くらいかやや低めの、表面が滑らかでカンスイ控えめな粉の密度感のある麺質。食感は、やや固めの茹で加減に感じさせながらもゴワッとはしておらず、縮れの弾力があって当たりに多少の主張があり、噛むとサクッと切れるキレの良い歯ごたえ。
・麺の味は、粉自体のあっさりとした旨味と甘味を感じる味わい。
・スープとの絡みは、スープの魚介と醤油ダレの組み合わさったような甘旨い風味が程よく絡んで、麺の旨さを引き立ていた。

■スープ
・清湯の魚介醤油。
・あっさりしていて、油が少し浮かんでいる。
・出汁は清湯獣系ベースに魚介で、魚介メイン。獣系は強くはないけど旨味のベースになっている感じ。
・魚介は、節系か何かを何種類か組み合わせたような、コクは強くはないけど風味と旨味がしっかりしていて深みのある味わい。ちなみに、後で調べたところ、魚介は鰹節、鯖節、ホタテ、サンマ節で、その他、香味野菜も入っていた模様。
・タレの醤油は甘めで、少し香ばしいようなコクを感じた。
・タレの香味と魚介の風味が組み合わさった個性的な甘旨テイストで、その奥に旨味の強さを感じる味わい。旨味の強さは化調のようにも感じたけど、タレに仕込んだ魚介系の旨味のような気もして、実際のところ、どちらかよく分からなかった。
・唐辛子の皮が多少浮かんでいて、麺との絡みにはあまり影響しない感じながら、スープを飲むと少しだけピリッとしていて、甘めのスープのアクセントになっていた。ただし、刺激感までは行かない感じ。また、塩気も強くはなくて、塩辛さも無かった。

■具材
・チャーシューは、薄切りの巻きバラスライス。脂身多めで表面を少し炙っていて、柔らかいながら少しだけ引き締まったような脂身の弾力のある歯ごたえに、味付けあっさりで脂身のコクも強くはなくて、多少の炙った香ばしさのある味わい。
・小松菜の軸は量が多め。パリッとした張りのある歯ごたえに、みずみずしいコクのある味わい。
・玉ネギの角切りは紫玉ネギで、優しい張りのある歯ごたえに、苦味や刺激感は抜いてあって、サッパリとマイルドな風味があった。
・糸唐辛子は、小松菜と絡むとほのかな刺激を感じた。

■全体的な味の感想
・麺は、縮れの主張があってサクッと切れるキレのある歯ごたえで、麺の味も旨かった。スープの魚介とタレの組み合わさった風味との絡みも印象的だった。
・スープは、甘めで香ばしい醤油ダレに魚介の風味が組み合わさった個性的な味わいで、旨味の強さは魚介なのかタレの味付けなのかよく分からない気もしたけど、良くまとまっていて、麺との相性も良かった。
・どちらかというと麺が主役のラーメンで、麺は結構気に入った。
・お気に入り度は、最初の印象が4.5点、後半が4点で、トータルでは4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【沖縄市】つけ麺 ジンベエ

つけ麺 ジンベエ 【濃厚つけ麺(大)】

濃厚つけ麺(大)(850円)

濃厚つけ麺(大)の麺

■来店の経緯等
・2014年5月、沖縄旅行の2日目の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・濃厚つけ麺(大)375g(850円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の10時51分頃。シャッターポール(開店前の待ちの先頭)。

つけ麺 ジンベエ

・次のお客が来たのが11時16分頃。
・開店は11時30分。その時点で8人待ち。
・最初に店内の券売機で食券を買い、店員さんに渡して注文。濃厚つけ麺は、

 並  250g 750円
 大  375g 850円
 特大 500g 950円

からの選択で、大の食券を購入。
・カウンター席に座る。
・店員さんは5人で、男性1人と女性4人。女性店員さんのうち、1人は店外で案内を担当していた。
・券売機の横に、麦茶の入ったアウトドア用ポットが置いてあり、セルフ。
・カウンターには水の入ったポットが置いてあり、セルフ。
・足元に荷物入れのカゴが置いてある。
・カウンターの上に、割りスープの入った電気ポットが置いてある。
・後から続々とお客が来て、開店10分後ぐらいには外待ちが出ていた。ちなみに、食べ終わってお店を出た際には、外に10人待ちだった。
・注文から提供まで9分。

■麺
・長方形の太麺ストレート。
・少し色が付いていて加水中くらいかやや高めの、表面が滑らかでキメが細かくて、ガシッとはしておらずに適度な密度感と結合感のある麺質。食感は、ムチッとして少しだけしなやかさを感じるようなコシがあって、強ゴシ過ぎずに程よい強さの歯ごたえ。
・麺の味は、みずみずしさの中に多少の粉のコクを感じる味わい。
・つけ汁との絡みは、つけ汁のトロミがよく絡んで、麺のコシと組み合わさって少しだけネトッとした粘りを感じる口当たり。味の絡みは、魚介の旨味と甘味がよく絡んで、麺の味とのバランスも良好だった。

■つけ汁
・白濁した獣系魚介醤油。
・最初から温度ややぬるめで、トロッとしていて、多少の魚粉のザラザラ感がある。
・出汁は獣系ベースに魚介。獣系は恐らく豚骨メインで、ゼラチンのネトッとしたトロミがあって、獣っぽさや油っぽさはそれほど強くなくて、トロミが味のベースになっている感じ。
・魚介は、恐らくは鰹の節系メインで、魚粉感が強め。風味やコクはややライトな旨味強めの味わいで、デフォで魚粉がよく効いていて、海苔の上に乗っていた魚粉を混ぜてもあまり味が変わらないように感じた。
・タレの醤油は、コクの主張は控えめで旨味メイン。魚粉の濃さも相まって味付けは結構強いけど、タレに甘味が少し入っていて、麺との絡みではマイルドな甘旨魚介テイストだった。
・七味か何かの辛味が少しトッピングしてあったけど、塩辛さや刺激感は無かったと思う。

・スープ割りは、カウンター上の電気ポットでセルフ。
・割りスープは、昆布メインでやや海藻っぽさを感じるテイスト。タレや魚粉の味付けが薄まって飲みやすくなったけど、つけ汁に対してスープが多過ぎたのか、旨味が強まる感じは無かったかも。
・割りスープを完食すると、丼の底にほんのりと骨粉が溜まっていた。

■具材
・チャーシューは、厚切りで小さめのカット。脂身が取ってあって部位はよく分からなかったけど、バラっぽい感じもした。表面を少し炙っていて、柔らかめながら少しパラッとした繊維感のある歯ごたえに、味付け控えめでマイルドな肉の旨味を感じる味わい。
・メンマは平べったくて長い。柔らかい歯ごたえに、味付け控えめでタケノコらしい風味が少しあった。
・白ネギ輪切りは、シャリッと優しい歯ごたえに、サッパリとした風味があった。
・海苔は、上に魚粉が乗っており、魚粉をつけ汁に混ぜてから食べた。多少の海苔の風味がある中に、トッピングしてあった鰹系の魚粉の風味をやや感じる味わい。

■全体的な味の感想
・麺は、ムチッとしてキメの細かなコシを感じる歯ごたえが良かった。つけ汁との相性も良好で、つけ汁のトロミを纏って少しネトッとした口当たりが印象に残った。
・つけ汁は、獣系のトロミのベースに鰹メインの魚粉がガッツリと効いた、王道の獣系魚介醤油。タレの甘味と魚粉とがうまく組み合わさった甘旨魚介テイストだった印象。
・沖縄らしい味というよりは、全国区的な獣系魚介醤油味だったけど、これはこれで旨かった。
・正直言って、個人的には「マタオマ」という言葉はあまり好きではないのだが、沖縄まで来てこの味に出会って、つい「またお前か」と思ってしまった。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■おまけ
・この日は、このお店を出た後、沖縄本島北部をドライブしてみた。

(大石林山)

大石林山

大石林山(展望台からの眺め)

(辺戸岬)

辺戸岬

辺戸岬からの眺め

(古宇利島)

古宇利島(古宇利大橋)

古宇利島

■お店の情報

【東大阪市西岩田】ラーメン 坊也哲

ラーメン 坊也哲 【醤油馬鹿つけ麺】

醤油馬鹿つけ麺(400g)(1000円)

醤油馬鹿つけ麺の麺

■来店の経緯等
・2014年5月の平日の晩、1か月ぶり、4回目の訪問。
・今回は、限定メニューの「醤油馬鹿つけ麺」を食べてみたいと思い、訪問してみた。

■食べたメニュー
・期間限定の「醤油馬鹿つけ麺」400g(1000円)
※メニュー説明には、「豚足の小骨が混ざることがあります」と書いてあった。
・肉増し(200円)
・親鶏ポン酢(揚げたたき)(400円)
・ビール(ハートランド)(500円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客3人。
・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て「醤油馬鹿つけ麺」を肉増しで注文。店員さんに麺の量を聞かれたので、400gを選択。
・店員さんは男性3人。
・冷たいお茶は、カウンターのポットでセルフ。
・カウンターの端にラジオが置いてあり、FM放送が流れていた。
・先に、ビールと親鳥ポン酢が出てきた。
・ビールはハートランド。あっさりとした麦の風味にフレッシュなホップの風味が組み合わさった味わいで、良質感がありながら、今時のプレミアムビールほどの押しの強さが無いのがいい感じ。

ビール(ハートランド)(500円)

・親鶏ポン酢は、鶏肉の表面を軽く揚げてあって、やや小さめにカットしてある。
・肉は皮付きで、厚めの皮と肉とが組み合わさって、親鶏らしくよく引き締まって弾力強めの歯ごたえに、コクや旨味の主張はそれほど強くなくて、噛み締めて旨さを感じるタイプの味わい。
・おろしポン酢がトッピングしてあって、ポン酢は酸味控えめでマイルドな旨味を感じる味わいで、肉や揚げた表面の味とのバランスもよく取れていた。

親鶏ポン酢(揚げたたき)(400円)

・注文から14分後、「醤油馬鹿つけ麺」が出てきた。

■麺
・長方形の中太ストレート。
・加水やや高めの、表面が滑らかでしっとりとみずみずしい中にプルッと優しい結合感のある麺質。食感は、主張は強くなくてしっとりしていて、強ゴシ過ぎずにスルッと食べられる感じながらも、決してヤワくはなくて適度なノド越しの良さを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、みずみずしくて優しい粉の旨味を感じる味わい。
・つけ汁との絡みは、つけ汁の醤油のコクと豚足の丸みと豚っぽい風味が程よくサラッと絡んで、麺の味とのバランスも良好だった。

■つけ汁
・清湯の獣系醤油。
・どちらかと言えばあっさりしているけど、トロッと煮込んだ豚足が多めに入っていて、多少の油とゼラチンの丸みを感じる口当たり。
・出汁は、恐らくは獣系と昆布のベースに、具の豚足のゼラチンの丸みのある豚っぽさを強めに感じる味わい。
・タレの醤油は濃いめでコクは強めながら、豚足の丸みと風味がせめぎ合うようにバランスしていて、醤油のカドの存在を感じさせながらもマスキングして丸めたような味わい。ニンニクも少し効いていたような気がした。
・醤油の濃さと豚足の出汁とが打ち消し合うのではなくて、両立しながら引き立て合うような、まさしく豚醤油といった感じのパンチのある味の組み立て。
・塩気はそこそこあるけど、香辛料系のピリッとした刺激感はない。

・麺と具を食べ終わった後、スープ割りを頼んでみた。
・スープ割りは、店員さんに容器を渡して返して貰う方式。
・スープ割りは温度高めで、醤油の塩気と豚っぽい風味が多少和らいで飲みやすくなったけど、それでも醤油のコクの厚みをよく感じる味わい。

■具材
・肉は、骨を外して小さくカットした豚足と、やや薄切りで少しだけ厚みのあるスライスの肩ロースチャーシューの2種類。
・豚足は、フワッと柔らかなコラーゲン感があってトロッとした、噛むとスッと切れるような優しい弾力のある舌触りと歯ごたえに、味付け控えめでゼラチンのほんのりとした甘味と旨味を感じる味わい。骨は取ってあったけど、それでも小さな骨が何個か残っていた。
・肩ローススライスは、ほんの少しだけつけ汁で煮えたような、固くはないけど豚足と較べると多少の肉っぽい密度感のある歯ごたえに、つけ汁との組み合わせのせいか、少しだけ塩気の強さを感じる味わい。
・メンマは平べったい。豚足に混じっていて見た目的には目立たないけど、ポリッとしなやかな主張のある歯ごたえに、味付けは強くないけど多少のタケノコっぽい風味の主張を感じる味わい。
・青ネギは縦に細長いカット。滑らかな繊維感があって、しっかりながら多少つけ汁に馴染んだようなしなやかさを感じる歯ごたえに、サッパリとした風味があって、つけ汁のバランス的にはややおとなしめに感じたかも。

■全体的な味の感想
・麺は、このお店のつけ麺らしいしっとりとみずみずしい中太麺で、つけ汁との絡みは、パンチがあって麺の味とのバランスもよく取れていた印象。
・つけ汁は、濃いめの醤油のコクがガツンと効いた中に、多めの豚足の丸みと豚っぽい風味とがバランス良く組み合わさった味わいで、醤油のカドと豚足の丸みとのハーモニー感が素敵。
・具は、骨を外した豚足と肩ロースチャーシューとが濃い味のつけ汁の中にガッツリ入っていて、肉が多いながらも油っぽくなり過ぎずに、豚足のフワッとした口当たりが堪能できたのが良かった。
・メンマや縦切りの青ネギも、豚足や肉に混じった中でバイプレーヤー的なアクセントになっていた。
・個人的には、麺はつけ麺よりも前回食べたラーメンの方が好みだった気がしたけど、つけ汁が麺の旨さをメリハリよく引き立てていて、400gでも一気にスルッと食べられたのが良かった。
・お気に入り度は、麺が4点、つけ汁と豚足が4.5点ぐらいで、あくまでも麺が主役のつけ麺ということで、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)
※麺メニュー単体のお気に入り度です

■お店の情報

【京田辺市】京田辺塩元帥

京田辺塩元帥 【天然塩ラーメン】

天然塩ラーメン(700円)

天然塩ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2014年5月の平日の晩に初の訪問。
・「関西らぁ祭2014 兵庫・大阪版」の16軒目、ゴールのお店として訪問。
・このお店は、大阪に本店のある塩元帥チェーンの支店で、2013年12月6日(金)にオープン。ちなみに、塩元帥のお店自体、今回が初の訪問。

■食べたメニュー
・天然塩ラーメン(700円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外に5人待ち。

京田辺塩元帥

・外待ち客が順番に並んでいないように見えたので、聞いてみたところ、先に店内で名前を書くと教えて貰った。店内の風除室のウエイティングシートに名前を書いてから、外の待合スペースで待つ。
・待っている間も、後から続々とお客が来た。
・到着から18分待ちで、店員さんに名前を呼ばれて入店。
・カウンター席に座り、メニューを見てデフォらしき「天然塩ラーメン」を注文。
・大箱のお店で、店内は先客17人。
・店員さんは6人で、男性3人と女性3人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・店内には、製麺室とキムチバーがあった。
・注文から提供まで4分。

■麺
・長方形で平打ちの中太ストレート。
・白くて加水中くらいかやや低めの、表面が滑らかでカンスイが控えめな、粉の密度感のある麺質。食感は、ややカチッとして中身の詰まったような弾力があって、噛むと適度な主張があってプツッと切れる心地良い歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりとした粉のリッチな旨味を感じる味わい。
・スープとの絡みは、スープの油がよく絡んで表面を滑らかにしていて、旨味がサラッと絡んで麺の味とのバランスも取れていた。

■スープ
・清湯の塩。
・あっさりしていて、表面に多少の油が浮かんでいて少しオイリーな丸みを感じる口当たり。
・出汁は、清湯獣系ベースに魚介のバランス型。出汁感はそこそこあるけど、出汁で押すというよりは、タレや油やトッピングとバランスよく組み合わさったようなテイスト。
・獣系は恐らく鶏メインで、味のベースになっていた。ちなみに、後で調べたところ、鶏だけでなく豚骨も入っていた模様。
・魚介は、旨味がしっかりしているけど、魚介のコクや風味の主張は控えめに感じた。
・タレの塩は、多少のコクの主張があるけど、旨味や油の丸みとバランスが取れていて、ピリッとした塩のカドは無かった印象。
・小さな柚子の皮がいくつか浮かんでいて、強すぎないほんのりした香味がスープと合っていた。
・塩気はそこそこあるけど、塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・チャーシューはやや薄切りの巻きバラスライス。柔らかい中に多少の弾力を感じる歯ごたえに、脂身のコクとタレの旨味がよく効いた味わい。
・メンマは細くて平べったい。乾燥メンマを戻した系のしなやかでコリッとキレの良い歯ごたえに、ゴマ油系の旨味を少し感じる味付け。
・菊菜の葉っぱが一枚入っていて、サリッと薄くて歯切れの良い歯ごたえに、サッパリとした葉っぱの味わいで菊菜のコクはマイルドだった印象。
・白髪ネギは、固くはないけど少ししなやかで多少の主張を感じる歯ごたえ。麺との絡みは割と良好だったけど、やや量が多く感じたかも。
・揚げたネギがスープの表面に小さく散らばって浮かんでいて、油やタレと一体化して馴染んだような風味があった。
・糸唐辛子は、麺と絡むとほのかな香味を感じた。

■全体的な味の感想
・麺は、キレの良い粉の密度感のある歯ごたえで、麺の味もあっさりとした粉の味わいがあって旨かった。
・スープは、出汁と塩ダレと表面の油に揚げネギや柚子とがバランス良くまとまっており、出汁感はそこそこあるけどやや油が強めの味わいで、麺を食べるのには十分といった感じ。
・具は、白髪ネギが少しうるさい気もしたけど、麺との絡みは悪くなかった印象。
・どちらかというと麺が主役のラーメンで、サクッと食べられた印象。ラーメン単体よりもセットメニュー向きかも。
・お気に入り度は、最初の印象が4点、後半が3.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【大阪市北区】世界一暇なラーメン屋

世界一暇なラーメン屋 【CAPTAIN GOLD】

CAPTAIN GOLD(800円)

CAPTAIN GOLD(800円)横から

CAPTAIN GOLDの麺

■来店の経緯等
・2014年5月24日(土)の昼に初の訪問。
・このお店は、「人類みな麺類」の系列店で、2014年2月11日(火)にオープン。
・中之島ダイビルの2階にあるお店。

■食べたメニュー
・CAPTAIN GOLD ― Light soy sauce ramen ―(800円)
※メニュー案内には「彼は、誇り高き戦士。決して仲間を見捨てたりはしない!愛に溢れ、統率力のある男。そんな彼が戦いから帰還した時に、まず口にする一杯をイメージして作りました。(イメージ:人類みな麺類 店長)」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は14時28分頃。外待ち無しの先客10人。

世界一暇なラーメン屋(中之島ダイビルの外観)

・厨房対面のカウンター席に座る。
・メニューを見ても内容がよく分からないので、店員さんにメニューの説明を聞く。説明によると、デフォの3種類は全て醤油ラーメンで、要するに

 KUROFUNE :黒醤油
 CAPTAIN GOLD :金醤油
 WITCH’S RED :紅醤油

だと理解したので、「CAPTAIN GOLD」を注文。
・店員さんは4人で、男性3人と女性1人。
・冷たいお茶はカウンターのポットでセルフ。
・色の付いた紙オシボリがカウンターに置いてあり、セルフ。
・椅子の下に荷物入れのカゴがあった。
・注文から提供まで8分。丼は、かなり縁が高くて底が深い。

■麺
・平打ちの中太ウエーブ。
・加水中くらいで少しだけ全粒粉の入った、表面滑らかでプリッとはしておらずに、ムチッとした結合感と適度に柔らかな張りを感じる麺質。食感は、ムチッとして密度感がありながら膨らみのあるような弾力があって、噛むと適度な反発があってスッと切れる歯ごたえ。
・麺の味は、強くはないけど粉のコクを感じる味わい。
・スープとの絡みは、スープの表面の油がよく絡んで、旨味と油のコクと魚介の風味が麺の旨さを引き立てていた。

■スープ
・清湯の醤油。
・あっさりしていて、表面に獣系油ベースの香味油が浮かんでいる。
・出汁は、恐らくは清湯獣系ベースに魚介。獣系はあっさりしていて、表面の油のせいか、スープの蓋になっているチャーシューの豚肉の味が少し移っているような風味もあった。
・魚介は、恐らくは貝系の旨味がメインの味わいで、出汁かタレか香味油かはよく分からないけど、貝以外の節系とかの旨味も入っている気もした。
・タレの醤油は薄めで、出汁の貝の旨味を引き立てて強めるような感じ。
・味付けは程よい濃さで、油をうまく使っているせいか、タレの味はそれほど強くなかった印象。
・コショウか何かのスパイスが隠し味的に入っていて、それほど強くは効いていなかったと思うけど、底の方に溜まっていたので最後の方は多少の存在感があったかも。
・塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りのバラスライスと肩ローススライスが1枚ずつで、2枚でスープの表面を覆って蓋をしていた。
・肩ローススライスは、滑らかで固くはないけどやや引き締まったような歯ごたえに、味付け控えめで、あっさりとした肉の味にほんのりと塩気が効いていた。
・バラスライスは、肉の部分がややハムっぽい滑らかさがあって少しだけ引き締まったような歯ごたえに、こちらも味付けはやや控えめで、肩ロースよりも脂身の甘味が効いた味わい。
・穂先メンマは、サクッと滑らかで柔らかな繊維感のある歯ごたえに、強くはないけど多少の旨味を感じる味付け。
・カイワレは、チャーシューの上に乗っている。優しい張りのある軸の歯ごたえに、マイルドでサッパリとした苦味を感じる味わいで、スープに浸った後は苦味が弱まっていた印象。
・青ネギ輪切りは、少しシャリッとした優しい歯ごたえと風味があって、主張は強くないけど多少の薬味になっていた感じ。

■全体的な味の感想
・麺は、人類みな麺類の系列らしい麺で、スープや香味油が麺の旨さをよく引き立てていたのが良かった。
・スープは、貝の旨味が効いた出汁に香味油を効果的に組み合わせていて、麺との相性が良好だった。
・具は、チャーシューがスープの蓋になっていたのが三くの落し蓋ラーメンを少し思い出す感じで、チャーシューの味がスープに少し移っていたのが印象的だった。
・ネーミングとか丼の形は斬新というか個性的だったけど、味の方は、既存のパーツを使って手堅くまとめていたような印象だったかも。
・個人的には、麺とスープとの相性の良さが結構気に入った。
・お気に入り度は、スープが4点で、トータルでは4.5点ぐらいだったと思う。ただし、丼の形も含めると4点ぐらいだったかも。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【大阪市福島区】極濃拉麺らーめん小僧

極濃拉麺らーめん小僧 【極濃豚骨らーめん極】

極濃豚骨らーめん極(900円)

極濃豚骨らーめん極の麺

■来店の経緯等
・2014年5月24日(土)の昼に初の訪問。
・このお店は、2014年2月17日にオープンしたお店。

■食べたメニュー
・極濃豚骨らーめん極(900円)
※券売機に「極とは、チャーシュー、のり増し、半熟味玉」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は12時36分頃。外に2人待ち。
・先に店内の券売機で食券を買い、外で待つ。ちなみに、券売機の下の方に「骨らーめん」のボタンがあって売り切れになっていた。店主さんに確認したところ、「骨らーめん」は日によって提供するメニューで、この日も提供していたが既に完売したとの回答だった。

極濃拉麺らーめん小僧

・到着から5分後に入店。厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで6分。

■麺
・四角くて中くらいの太さの縮れ麺。
・少しだけ黄色くて加水中くらいかやや低めの、カンスイが効いていて、ゴワッとはしておらずに少しだけ硬質でキメの細かなソリッド感のある麺質。食感は、やや固めの茹で加減で、麺自体の弾力は強くないけど縮れの弾力があり、程よい結合感の主張があってサクッと切れる歯ごたえ。
・麺の味はやや強めでしっかりしている。
・スープとの絡みは、スープのトロミと旨味が強めに絡んで、麺の味を良く引き立てていた。獣系出汁の風味も少しだけ麺に絡んでいて、食欲をそそられた。

■スープ
・白濁した獣系醤油。
・ドロドロしていて、粘度高めでコッテリしている。
・出汁は豚骨の獣系。油混じりのゼラチン感が強めで、細かな肉の破片も入っていそうな感じの、濃厚で厚みのあるドロドロ感の中にマイルドな旨味を感じる味わい。油でドロドロさせるのではなく、あくまでもゼラチンの濃さが主役のガチコッテリ。頭骨のクリーミーさや久留米風の呼び戻しのコクはあまり無くて、系統的には無鉄砲に似ているように感じた。
・タレの醤油は、コクがマイルドで旨味メイン。
・味付けは、旨味はしっかりしていたけどバランス的にはそれほど強くなくて、タレ勝ちにならずに出汁のドロッとした丸みと厚みとが主役の味わいだった。
・塩気はそこそこあると思うけど、出汁の丸みがあるので、塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りのモモスライス。脂身少なめで、張りのある繊維感があってややしっかりめの歯ごたえに、タレの味付けが効いていてあっさりとした肉の味わい。
・味玉は、黄身がトロッと粘度高めで、味付けはマイルドで卵の味を引き立てるような感じ。
・キクラゲは平べったくて細いカット。パリッと軽快でキレの良い歯ごたえがあって、麺と絡めるとやや麺の方が強かった印象。
・チンゲン菜は横にカット。シャキッと軽快な張りのある歯ごたえに、サッパリとしたコクの主張がスープのアクセントになっていた。
・青ネギ輪切りは、シャリッと優しい歯ごたえと風味があったけど、チンゲン菜の方が存在感があった気がした。
・海苔は大きいのが3枚。適度にしっかりした生地に、スープに負けない程よい強さの風味があった。3枚あったので、そのままスープに浸して食べたり、チャーシューを海苔で巻いて食べたりしてみた。

■全体的な味の感想
・麺は、加水やや低めでカンスイが効いた固めの縮れ麺で、スープとの絡みも良好で、食感も麺の味もドロッとしたスープに負けない存在感があったのが良かった。
・スープは、濃厚なゼラチン感があってドロドロしていて、麺との絡みも含めて、無鉄砲を少し思い出すような感じだった印象。細かいことは抜きにして、とにかく、骨を多めに使ってちゃんと炊いている感じがするのが素敵。ちなみに、提供を待っている間の店内には、スープを炊いている匂いがあまり漂っていなかったので、いきなりこんなガチのスープが出てきてびっくりした。
・具は、チャーシューと海苔を増量ということで、チャーシューはそれほど多いと思わなかったけど、海苔は見た目のボリュームがあったのが良かった。
・チンゲン菜は、麺やスープに合うというよりは、箸休め的なテイストに感じたかも。
・個人的には、麺とスープとの絡みの部分が一番気に入った。
・このお店は、もう一度来てみたいと思った。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【奈良市富雄北】アノラーメン製作所

アノラーメン製作所 【Kani soupツケメン】

Kani soupツケメン(Double)300g(850円)

Kani soupツケメン(Double)の麺

■来店の経緯等
・2014年5月の平日の晩、3日ぶり、2回目の訪問。
前回食べた「Pine soupツケメン」の麺が気に入ったので、「Kani soupツケメン」の方も食べてみたいと思い、再訪してみた。

■食べたメニュー
・Kani soupツケメン(Double)300g(850円)
(カニ、トンコツ)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客2人。
・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは男性2人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・厨房には譜面台が置いてあり、伝票が乗せてあった。
・注文から提供まで7分。

■麺
・平打ちで中太の、少しウエーブのかかったストレート。
・色の濃い全粒粉で加水やや高めの、表面が滑らかでみずみずしくて、キメが細かくて中身の詰まったような粉の密度感のある麺質。食感は、やや固めの茹で加減なのか、前回よりも引き締まったようなコシを感じる歯ごたえながら、舌触りは滑らかでノド越しも良好だった。
・麺の味は、多加水系でみずみずしい中に全粒粉らしい粉のコクを感じる味わい。
・つけ汁との絡みは、つけ汁のカニの味噌が混じったようなコクがサラッと絡んで、麺の旨さで食べる感じ。

■つけ汁
・白濁した蟹。
・よく乳化していて、ほんの少しだけトロミがあるけど、割とサラッとしていて油はあまり多くない感じ。
・出汁は、獣系ベースに蟹の魚介で、蟹メインに感じた。獣系は、メニュー案内には豚骨と書いてあったけど、野菜系も入ったようなライトなポタージュっぽいトロミと丸みを少しだけ感じる味わいで、蟹の味の方が強くて獣系っぽさはあまり感じなかった印象。
・蟹は、蟹味噌が混じったようなマッタリとしたコクと風味が強めで、フレーバー感があって、脚肉ではなくて甲羅の肉を使っているような味わい。麺との絡みよりもつけ汁自体の味の方が蟹が濃厚で、最初のうちは麺との絡みが弱いと思ったけど、食べているうちにだんだん馴染んでしっくり来た印象。
・蟹に隠れていたけど、その他の魚介も少し入っていたかも。
・タレは、恐らくは薄い醤油かと思ったけど、醤油っぽさは少なめで洋風テイストも少し感じる味付け。
・味付けは、ベースはしっかりしていたけど、つけ汁としてはマイルドで、そのままでもカップスープとして飲める程度の味の濃さ。

・麺と具を食べ終わると、店員さんが割りスープのポットを出してくれた。
・割りスープは恐らくは昆布で、濃厚ながらシンプルであっさりとした旨味を感じる味わい。
・つけ汁に注ぐと、元の味付けが強くないせいか、蟹のコクが薄まって、単に味が薄くなったようなややあっさりとした味わいだったかも。
・スープ割りを完食すると、丼の底にきめの細かい粉が溜まっていた。最初は骨粉かと思ったけど恐らくは魚粉で、味や風味はあっさりしていた印象。

■具材
・チャーシューは少し薄切りのレアのローススライス。固さや筋っぽさは無くて、多少しっかりした歯ごたえながら厚くも大きくもないのでサクッと食べられる感じで、多少の脂身混じりでほんの少しだけジューシーさのあるレアな肉の旨味に、サイドのコショウの風味がよく効いた味わい。
・味玉は、黄身がトロッとしてややネットリとしていて、味付けはマイルドで卵自体の味の方が強かった印象。
・メンマは四角くて太い。柔らかくて少し水気を感じる繊維感のある歯ごたえに、ほのかに生姜が効いたような甘味のある味付け。前回のパインスープでは、パイナップルの味のせいか生姜の風味は感じなかったけど、今回はほんのりと生姜を感じた。
・豆苗は、軸は少し太くて多少の歯ごたえの主張があるけど、麺とのバランス的にはそれほど強くは感じずに、つけ汁との相性的に葉っぱの少し青い風味がよく立っていて、全体の味のアクセントになっていた。
・つけ汁に細かいパセリが浮いていたけど、つけ汁とのバランス的に風味は控えめだった。

■全体的な味の感想
・麺は、今回は少しだけ歯ごたえ強めに感じたけど、表面がみずみずしくてノド越しの良い全粒粉麺で、麺の味も旨かった。
・つけ汁は、獣系はライト気味でよく分からなかった気もしたけど、蟹の濃厚なコクがメインの味わいで、麺を引き立てるというよりは、つけ汁の蟹のフレーバー感を楽しむタイプに感じたかも。味付けがあまり強くないので、個人的には、つけ汁はスープで割らずにそのまま飲む方が蟹を楽しめると思った。
・具は、メンマにマイルドな生姜の風味があった。前回はパイナップルの味に負けたせいか生姜の味がしなかったけど、今回は感じられた。
・レアチャーシューは、コショウの香味が肉の味を引き立てている感じなのが良かった。
前回食べたパインスープとの比較では、麺を引き立てるという意味ではパインの方が良かったと思うけど、つけ汁自体の味は今回のカニスープの方が良かったと思う。とは言え、どちらのつけ麺とも、麺が主役の印象だったかも。
・お気に入り度は、最初の印象が4点、後半が4.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【奈良市富雄北】アノラーメン製作所

アノラーメン製作所 【Pine soupツケメン】

Pine soupツケメン(Double)300g(850円)

Pine soupツケメン(Double)の麺

■来店の経緯等
・2014年5月の平日の晩に初の訪問。
・このお店は、2014年5月12日(月)オープンの新店。

■食べたメニュー
・Pine soupツケメン(Double)300g(850円)
(パイナップル、アーモンド、魚ダシ)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客7人。

アノラーメン製作所

・厨房対面のカウンター席に座り、壁のメニューを見て注文。
・店員さんは男性2人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・カウンターにはアンクルトリスの爪楊枝入れが置いてあった。
・つけ汁は小さな鍋で温めていた。
・注文から提供まで8分。

■麺
・平打ちで中太の、少しウエーブのかかったストレート。
・全粒粉で加水やや高めの、表面が滑らかで、しっとりとみずみずしい張りと結合感のある麺質。食感は、適度な弾力があってしっとりとしながら歯切れも良好で、歯ごたえというよりは舌触りと喉越しを楽しむタイプに感じた。
・麺の味は、多加水系でみずみずしい中に粉の旨味とコクを感じる味わい。
・つけ汁との絡みは、つけ汁のマイルドな甘酸っぱさがサラッと絡んで、麺自体の旨さで食べる感じ。

■つけ汁
・清湯の魚介パイン。
・あっさりしていて油は少なめ。
・出汁は魚介メイン。獣系はよく分からない感じで、多少は入っている気もしたけど、獣系不使用なのかも。
・魚介は、鯖か何かの節系のコクを結構濃厚に感じる味わいで、魚粉のザラザラ感は無かったけど、味的には多少の魚粉っぽいテイストもあった気がした。
・タレは、ベースは薄い醤油みたいな感じで、魚介の旨味を強めていた。そこに、パイナップルのマイルドな甘味と柔らかな酸味がプラスされていた。
・パイナップルは、砂糖の甘味や酢の酸味とは違うフルーティで優しい味で、つけ汁自体の味は魚介も強かったけど、麺との絡みはパインの味がメインだった印象。
・メニュー案内に書いてあったアーモンドはよく分からなかったけど、甘味に多少の丸みがあったのがそうだったのかも。
・魚介と組み合わさったような塩気を少し感じるけど、味付けはつけ汁としては強くなくて、塩辛さや刺激感は無い。

・麺を食べた後、スープ割りを頼んでみた。
・割りスープはポットでの提供で、セルフでつけ汁に投入。
・割りスープは恐らくは昆布出汁で、つけ汁に投入すると、パインの味が薄まるとともに魚介の風味が強まって飲みやすくなった。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りのレアのローススライス。筋っぽさが無くてしっとりとしながら、やや引き締まってサクッと切れるような歯ごたえに、多少の脂混じりのあっさりとしたレアな肉の旨味にサイドのコショウの風味がバランス良く効いた味わい。
・味玉は、黄身がトロッとしていて、卵自体の味わいを生かしたようなあっさりとした旨味のある味付け。
・メンマは四角くて太い。よく煮ていて水気があって、隠し包丁が入っていて噛むとボリッと沈み込むような柔らかな繊維感とボリューム感のある歯ごたえに、あっさりとした甘味を感じる味付け。テイスト的にはあっぱれ屋やみつ葉に似ているけど、つけ汁のパイナップルのせいか、生姜の風味は感じなかったと思う。
・豆苗は、程よい太さで適度な張りのある軸の歯ごたえに、サッパリと優しい葉っぱの風味があった。
・つけ汁の中には、白ネギの細かいカットとパセリが入っていて、つけ汁に洋風スープっぽさをプラスしていた。

■全体的な味の感想
・麺は、加水高めの全粒粉麺で、みずみずしい舌触りと喉越しが素晴らしくて、麺の味も旨かった。自家製麺の新店で、いきなりこんな麺が出てきてびっくりした。
・つけ汁は、魚介の濃い味にパイナップルのマイルドな甘味と酸味が効いた味の組み立て。麺との絡みはあっさりしていて、ややパイナップル頼みに感じた。個人的には、麺と較べるとややツボに嵌まらなかった印象ながら、ありがちな味ではないのは良かったと思う。
・具は、レアチャーシューが肉の味とコショウとのバランスが取れていて旨かった。
・メンマは、あっぱれ屋みつ葉のメンマをインスったようなテイストながら、パイナップルの効果か、生姜の風味は無かった気がした。
・つけ汁はもう一押し欲しい感じだったけど、とにかく麺の旨さが印象的で、麺だけでも満足できた。
・お気に入り度は、麺が5点、つけ汁が3.5点で、トータルでは4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【21件】
2017年 07月 【30件】
2017年 06月 【15件】
2017年 05月 【20件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ