【城陽市】俺のラーメン あっぱれ屋

俺のラーメン あっぱれ屋 【こくまろタイプⅢチャーシューメン】

こくまろタイプⅢチャーシューメン(1000円)

こくまろタイプⅢチャーシューメンの麺

■来店の経緯等
・2013年11月16日(土)の昼、6か月ぶり、6回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・今回は、期間限定のラーメンを食べるために訪問してみた。

■食べたメニュー
・期間限定の「こくまろタイプⅢ 新たな刺客 ちょっとカッコつけちゃった」(750円)
(2013年11月13日(水)から11月16日(土)までの期間限定)
・チャーシュー麺(+250円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の9時55分頃。既に12人待ち。
・待ち人数は、10時10分頃に20人、10時20分頃に24人、10時30分頃に36人、10時40分頃に50人、11時頃に58人だった。
・開店は11時7分。順番に入店し、店内で立って並ぶ。
・入口横に製麺室があり、大和製作所の製麺機が置いてある。
・店員さんは3人で、男性2人と女性1人。
・店内で立って待っている間に、先に注文を聞かれたので、タイプⅢのチャーシュー増しをチャーシュー別皿で注文。
・入店から15分後、厨房対面のカウンター席に案内されて座る。
・水は先にカウンターに置いてある。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・カウンターには、タイプⅢ用の「ジンジャーオール(oil)」が置いてあった。

ジンジャーオール(oil)

・着席から提供まで12分。

■麺
・平打ちの少し縮れた太麺。
・少し黄色くて加水高めの、表面がツルッとして少しプリッとした結合感がありながら、滑らかで柔らかめの張りのある麺質。食感は、モチッと柔らかでしなやかな、縮れ麺らしい弾力のある歯ごたえ。
・麺の味は、粉の旨味がしっかりしている。
・スープとの絡みは良好。スープの獣系のトロミと味噌のコクがよく絡んで、麺とのバランスも良好で、麺の旨さを引き立てていた。

■スープ
・白湯の獣系味噌。
・油が多めで少しトロッとしている。
・出汁は豚骨の獣系メイン。多少の油混じりのゼラチン感があって、獣系のエキス感のある旨味と厚みがありながら、マッタリ感やクリーミー感の強過ぎないキレのある味わい。
・魚介系は、旨味をプラスするために多少入っていた気もしたが、獣系やタレの味の方が強くてあまり感じなかった。
・タレは味噌ベースで、多少の味噌のコクの主張があるけど塩気は強くなくて、出汁とのバランスが取れており、獣系出汁の旨味や丸みを引き立てる感じの味付け。ほのかなショウガの風味があって、獣系の濃厚なスープとよく合っていた。
・トロミと厚みがあって、多少コッテリしているけど重たさは無い味わいで、塩辛さや刺激感は無い。
・ジンジャーオールで味変化しようと思ったけど、そのままでも十分旨かったので、結局、最後まで使わなかった。
・スープを完食すると、丼の底には少しだけ骨粉が溜まっていた。

■具材
・チャーシューは、少し厚みのある巻いたロースのレアスライスで、サイドにコショウが振ってある。しっとりと滑らかでレアな肉らしい歯ごたえに、味付けあっさりで、多少の脂の甘味の混じった肉自体のジューシーな旨味をよく感じる味わい。別皿での提供で、そのまま食べても良かったけど、スープに少しだけ浸してから食べても旨かった。
・味玉は黄身がトロッとしていて塩系の味付け。
・メンマは太くて四角い材木メンマ。しっとりと滑らかな繊維感があって、噛むとしなやかな弾力を感じながら切れる歯ごたえに、ショウガ系の甘味のあるやや強めの味付け。
・松の実は小さくて、油の乗ったコリッと滑らかな食感に、独特の香味があってスープのアクセントになっていた。
・カイワレは、スープと馴染むとややしんなりとして、苦味は感じずに、麺と絡んで多少のサッパリ感をプラスしていた。
・小口ネギの青ネギ輪切りは、カイワレの方が目立っていた感じで、スープとのバランス的に主張は控えめだった。

■全体的な味の感想
・麺は、少し柔らかい感じの弾力があって、スープのトロミや味噌のコクとの絡みも良好で旨かった。
・スープは、トロッとした感じの獣系に味噌のコクやショウガの香味をバランス良く組み合わせていて、旨味と丸みがありながらキレの良い味わいなのが良かった。
・具は、レアチャーシューが味付けあっさりで、しっとりとジューシーな肉の旨味を味わえたのが良かった。松の実もスープとよく合っていた。
・これはまた食べたいと思った。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報
スポンサーサイト

【大阪市中央区】宮崎郷土料理どぎゃん

宮崎郷土料理どぎゃん 【特製まぜ麺(温)】

特製まぜ麺(温)(800円)

特製まぜ麺(温)の麺

■来店の経緯等
・2013年11月の平日の晩に初の訪問。
・このお店はラーメン屋ではなくて居酒屋だが、「大阪好っきゃ麺2013秋の陣」の期間中(2013年9月1日~11月30日)は、スタンプシートを持参すれば夜営業でも付き出し料金が付かないとの事なので、以前に而今さんで貰ったスタンプシートを持参して訪問してみた。

■食べたメニュー
・特製まぜ麺(温)(800円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無し。建物の2階にあり、階段を昇って入店。

宮崎郷土料理どぎゃん

・入店時に「大阪好っきゃ麺2013秋の陣」のスタンプシートを提示したところ、厨房側のカウンター席に案内されて座る。
・先客は13人。
・メニューを見て、キム玉みたいなビジュアルの「特製まぜ麺」を注文。温かいのと冷たいのがある模様で、店主さんに確認のうえ、デフォの温かい方で注文。
・店員さんは4人で、男性3人と女性1人。
・水は出してくれた。
・冷たいオシボリも出してくれた。
・カウンターの端には電源の入ったノートパソコンが置いてあった。
・注文から提供まで7分。

■麺
・丸みのある平打ちの、少し縮れた中太麺。
・表面はツルッと滑らかで、少し硬質な感じのある麺質。食感は、弾力低めで、コシというよりはアルデンテな、固くはないけど少し芯が残った感じの歯ごたえ。
・麺の味はあっさりしていた。
・タレとの絡みは、トロッとしたタレがよく絡んでいた。

■タレ
・キムチ醤油ダレ。
・汁気多めで、多少のあんかけ風のトロミがあって油は強くない。卵黄を混ぜると、タレのトロミとよく馴染んでいた。
・味付けは、甘い薄口醤油ベースにタレの旨味の効いた、ライトであっさりとしたテイスト。そこにキムチの乳酸発酵系の酸味と唐辛子系の辛味が入り混じっていて、マイルドながら適度なキムチ感のある味わい。
・最初は、魚介系は入っていないように思ったが、途中から、タレの旨味の中に少しだけ昆布か何かの魚介っぽい旨味を感じた。

■具材
・肉は、チャーシューじゃなくてやや薄切りの豚バラスライス。軽く茹でてあって、ムチッと柔らかな弾力のある歯ごたえに、味付け無しで脂身の甘味混じりのあっさりとした冷しゃぶ風の味わいで、タレがよく絡んでいた。
・メンマは平べったい。滑らかで柔らかい歯ごたえに、多少の旨味を感じる味付け。
・青ネギ輪切りは、少し線の細い感じのシャリッとした歯ごたえと風味があった。
・海苔は細かいカットで、多少の風味があった。
・キムチは、白菜のしんなりとして少しパリッとした感じのある歯ごたえに、辛味は強くなくて乳酸発酵の酸味を感じる味わい。

■全体的な味の感想
・麺は、少し芯が残った感じの茹で加減だったのが印象に残った。個人的には、もう少し麺の食感を楽しみたかった気がした。
・タレは、あんかけ風のトロミがあって、キムチの酸味と辛味も多少は効いていたけど、パンチは控えめのマイルドな味わいだった。
・具は、味付け無しの豚バラスライスがキムチの効いたタレとよく絡んでいて、後から考えると、これも一種の豚キムチだと思った。
・どちらかと言うと居酒屋メニューらしいテイストで、個人的には、飲んだ後の〆で食べる向きに感じたかも。

■お気に入り度: ★★★ (3.0)

■お店の情報

【大阪市西区】らーめん 香澄

らーめん 香澄 【濃口・ブタニボ醤油ラーメン】

濃口・ブタニボ醤油ラーメン(750円)

濃口・ブタニボ醤油ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2013年11月の平日の晩、11か月ぶり、2回目の訪問。
・今回は、期間限定の「濃口・ブタニボ醤油ラーメン」に興味を持ったので、久しぶりに訪問してみた。

■食べたメニュー
・期間限定の「濃口・ブタニボ醤油ラーメン」(750円)
(2013年11月11日(月)から11月15日(金)までの期間限定)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客1人。

らーめん 香澄

・最初に店内の券売機で食券を買う。
・厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。
・店員さんは男性2人。
・水は冷水機でセルフ。
・足元に荷物入れのカゴが置いてあった。
・カウンターの下にティッシュがある。
・注文から提供まで5分。

■麺
・長方形の縮れた極太麺。
・加水は中くらいかやや高めの、表面は滑らかであまりプリッとはしておらずに、中身の詰まった感じのボリューム感のある、団子っぽい麺質。食感は、極太縮れ麺なりの主張があって、噛むとムニュッと反発しながらプチッと切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、強くはないけど旨味がしっかりしている。
・スープとの絡みはあっさりしている。煮干のコクの絡みは弱くて、スープの旨味とほのかな甘みがサラッと絡んで麺の旨さで食べる感じ。また、スープの熱さがよく絡んでいた。

■スープ
・清湯の獣系煮干醤油。温度高め。
・サラッとしていて、表面に背脂が浮かんでいるけど油は多くない。
・出汁は、清湯獣系ベースに煮干の魚介。獣系は、旨味メインの厚みがありながらスッキリとした味で、煮干やタレを支える旨味のベースになっていた。
・表面の背脂は、優しい甘味と油の丸みがあって、バランス的にはそれほど強くはなかったけど、スッキリとしたスープの口当たりを多少丸めていた。
・魚介は煮干メイン。魚粉は入っておらずにスッキリと澄んでいて、風味は控えめながら旨味が強くて、多少のコクも感じるリッチな味わい。スープ自体の味は旨味と煮干のコクが強いながら、麺との絡みはかなりあっさりしていた。
・タレの醤油はやや濃いめ。旨味があって多少の丸みと香ばしさを感じるコクがありながら、カドはなくてスッキリとしており、出汁の味をよくまとめて旨味を強めていた。
・塩気は強くなくて、塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・チャーシューは、やや厚みのある肩ロースのレアスライス。食べた時点ではスープで煮えていて、ムチッと引き締まって弾力のある歯ごたえに、油の甘味混じりのあっさりとした旨味がある味付け。
・メンマは細い。細身ながらポリッとしなやかな繊維感のある歯ごたえに、あっさりした味付け。
・青ネギ輪切りは、フレッシュな香味があって麺との絡みが良好だった。
・玉ネギは細かい角切りで、背脂と入り混じっていた。少しカリッとした感じの固めでキレの良い歯ごたえに、苦味が無くて多少の甘味を感じる味わいがスープのアクセントになっていた。
・ナルトは、フワッと柔らかで滑らかだった。

■全体的な味の感想
・麺は極太縮れ麺で、バランス的にはスープとの絡みが弱かったけど、スープと絡んだ麺の味は割と良かったと思う。
・スープは、旨味が強くて醤油ダレと煮干のコクがよく組み合わさった味わい。そこそこ濃い味ながら、スッキリ感があるのが良かった。
・スープは結構気に入ったけど、何か、麺を啜った時にスープの良さがあまり伝わって来ない感じなのが少し惜しいと思った。
・どちらかと言うとスープが主役のラーメン。お気に入り度は、最初に麺を食べた時が4.0点ぐらいだったけど、スープまで完食した後のトータルだと4.5点ぐらいだった。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【磯城郡川西町】ちかみちらーめん

屋台ちかみちらーめん 【らーめん+結崎ねぶか】

らーめん(600円)+結崎ねぶかトッピング(100円)

「らーめん+結崎ねぶかトッピング」の麺

■来店の経緯等
・2013年11月の平日の晩、5か月ぶり、5回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・今回は、このお店の名物、寒い季節限定の「結崎ねぶかトッピング」に興味を持って訪問してみた。

■食べたメニュー
・レギュラーメニューの「らーめん」(600円)
・寒い季節限定の「結崎ねぶかトッピング」(100円)
(2013年10月18日(金)から提供開始)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無し。
・最初に屋台で注文。店員さんの話では、結崎ネブカはどのメニューにもトッピング出来るとの事なので、お勧めを聞いて「らーめん+結崎ねぶか」を注文。
・先にお金を払ってからプレハブの客室に入り、壁対面のテーブル席に座る。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・プレハブの中は先客3人。
・水はテーブルのポットでセルフ。水のポット中には、前回までのレモンじゃなくて緑の皮の柑橘スライスが入っていたけど、水の風味はかなり弱くて、何の柑橘かよく分からなかった。
・注文から提供まで7分。

■麺
・四角くて中くらいの太さで、少しウエーブが掛かっている。
・黄色くて加水やや低めの、引き締まった粉の質感があって中身の詰まった感じの、張りとエッジ感のある麺質。食感は、やや固めの茹で加減で、当たりがややしっかりしていて、多少のコシがありながら歯切れも悪くない感じの歯ごたえ。
・麺の味は、粉の旨味があってしっかりしている。
・スープとの絡みは良好。スープの旨味と煮干のコクが適度に絡んで、麺の旨さを引き立てていた。

■スープ
・清湯の獣系魚介醤油。
・清湯ながら醤油ダレで濁っていて、表面には油が浮かんでいる。
・出汁は、獣系ベースに魚介でバランス型。獣系は、多少の厚みのある出汁感があって旨味がしっかりしていて、恐らくは豚骨メインだと思う。
・魚介は、恐らくは煮干と昆布。煮干しはしっかりと効いているけどコクの主張はそれほど強くはなくて、タレや獣系出汁とよく調和した味わい。
・タレの醤油はやや濃いめだが、旨味と丸みがあってカドは無く、出汁の旨味をよくまとめて厚みのある味わいだった。
・味付けはしっかりしているけど、塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・チャーシューは、少し厚みのあるバラスライスが1枚で、結崎ネブカトッピングのせいかスープの中に沈んでいた。スープで温まってフワッと柔らかい歯ごたえに、味付け控えめで、脂身の丸みが肉によく混ざっていてコッテリと甘旨い味わい。
・メンマは平べったくて枚数は割と多め。滑らかな繊維感のある歯ごたえに、ゴマ油系でしっかりめの味付け。
・ナルトは多少の厚みがあって、フワッと柔らかな弾力のある歯ごたえ。
・海苔は、厚みがあってしっかりしているけど、風味はややおとなしめで、スープの表面の油を吸っていて油の味も若干感じた。
・ネギは、結崎ネブカの青ネギの1センチもない幅の斜め切りと輪切りが多めに入っていて、白ネギの輪切りも混じっていた。香味は意外とマイルドで、ジューシーさも強くなくてサッパリとしていて、しなやかで優しいフレッシュな歯ごたえがスープとよく合っていた。
・小さめの柚子皮が一枚トッピングしてあって、柑橘の香味が、結崎ネブカの優しい味の中でアクセントになっていた。

■全体的な味の感想
・麺は、加水低めで主張のある歯ごたえがあって良かった。スープの煮干しのコクとの絡みも良好だった。
・スープは、味の厚みと旨味がある中に適度な煮干し感があって、麺ともよく合っていた。
・具の結崎ネブカは、やや短めのカットで、それほど主張が強い感じでは無かったけど、サッパリと優しい味わいがあってスープとよく合っていた。
・これからの寒い季節にぴったりのラーメンだと思った。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

屋台ちかみちらーめん(食後に撮影)

■その他
・プレハブの中に、4周年限定営業の告知が貼ってあった。

4周年限定営業告知

■お店の情報

【奈良市】まりお流

まりお流 【松茸入り牡蠣と幻の鶏皮の貝醤油ラーメン】

松茸入り牡蠣と幻の鶏皮の貝醤油ラーメン(1365円)

松茸入り牡蠣と幻の鶏皮の貝醤油ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2013年11月の平日の晩、1週間ぶりの訪問。
・ブログを始めてからは23回目の訪問。
(ブログを始める前にも訪問しているが、回数は記録していないため不明)
・今回は、松茸と牡蠣のラーメンをやるという事なので、興味を持って訪問してみた。

■食べたメニュー
・今週の創作「松茸入り牡蠣と幻の鶏皮の貝醤油ラーメン」(1365円)
(2013年11月8日(金)からの週替わり限定)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には11人待ちだったが、9人と2人の2組で、到着後すぐに入店していった。
・到着から2分待ちで入店。カウンター席に座る。
・先客は39人。若いお客で賑わっている。
・「今週の創作」は店内に書いていない裏メニュー。「あっさり」の方で注文した。
・店員さんは8人で、男性7人と女性1人。
・水は奥の冷水機でセルフ。オシボリも冷水機の横に置いてあり、セルフ。
・先に鶏皮用のポン酢が出てきた。

鶏皮用のポン酢

・注文から提供まで22分。

■麺
・長方形の四角いウエーブのかかった中太麺。
・加水やや高めの、表面が滑らかで少しだけプリッとしてムチッとした、優しい質感と張りのある麺質。食感は、少し柔らかめの茹で加減で、滑らかで張りのある弾力があって、噛むとスッと切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりながらしっかりしている。
・スープとの絡みは、スープの醤油のコク混じりの旨味と松茸の強めの風味がよく絡んでいて、スープの味の方が強いながらバランスは割と取れていたと思う。

■スープ
・清湯の獣系松茸醤油。温度高めでアツアツ。
・あっさりながら、具の鶏皮から出た油が表面に多めに浮かんでいる。
・出汁は、鶏の獣系と貝の魚介ベースに松茸で、旨味と松茸の風味が強い。
・鶏は、醤油ダレや松茸の味の方が強い感じながら、鶏皮の油の味もあって、スープの旨味のベースになっている感じ。
・松茸は、よく出汁が出ており、味と風味がかなり強くて、繊細な香りというよりは、醤油ダレや鶏皮に負けないインパクトのある濃い味に感じた。
・貝系は強い旨味があって、鶏や松茸の出汁とよく組み合わさっているけど、全体的に味が強くて濃いので、貝の風味やコクの繊細さはかき消され気味だった。
・また、牡蠣の出汁は味のバランス的にはあまり感じなかったけど、最初の方だけ少し感じた独特のコクは、後から考えると牡蠣出汁の味だった気がした。
・タレの醤油は濃いめで、旨味があって醤油のカドは控えめながら、結構強くて濃い味だった。
・松茸の雑味すら感じるくらいに濃い味を、鶏皮の油に貝系の旨味や醤油ダレで整えた感じの、足し算しまくりで強めにバランスを取った味。
・タレの味付けは濃いながら、油や旨味も強いせいか、意外と塩辛くはなかったし、刺激感も無かった。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りの肩ローススライスで量が多い。提供時はレア気味ながら、スープの熱で煮えてきて、しっとりと滑らかながら煮えて少し強くなった歯ごたえに、多少の香ばしさがあってあっさりとした味付けで、肉の閉じ込められた旨味が煮えて強まった感じの味わい。
・松茸は小ぶりで少し厚みのあるスライス。よく煮えてフニャッと柔らかい歯ごたえながら、松茸の風味とコクが濃厚で、スープよりも具の松茸自体の方が味が強かった。
・鶏皮は、分厚くて大きめのカットで量が多い。ガシッと引き締まっていて噛むとコリッとした感じの弾力のある強めの歯ごたえに、油が程よく抜けていて、クセが無くてあまり味のしない感じの味わい。別皿のポン酢に付けると、ポン酢の旨味が鶏皮の油混じりの味をよく引き立てていた。
・牡蠣は小さいのが2個。よく煮えて縮んでいて、ムニュッと柔らかいながら少し引き締まった歯ごたえに、牡蠣の旨味とコクが閉じ込められていて濃厚な味わい。
・味玉は黄身がトロッとしていて、強くはないけど醤油ダレのコクがしっかりとした味付け。
・メンマは四角くて太い。滑らかな繊維感のある歯ごたえに、スッキリとした独特の旨味のある味付けで、スープとはケンカしないけど、どんなスープにも負けない存在感のある味わい。
・ネギ系は、松茸の風味を生かすためか、一切入っていなかった。

■全体的な味の感想
・麺は、今回は少し緩めの茹で加減で、全体のバランス的にはスープや具のインパクトの方が強く感じた。麺と、スープの松茸の風味との絡みは割と良かったけど、どちらかと言うとスープ自体の味の方が主張が強かった印象。
・スープは、松茸が強くて貝の旨味が強くて醤油ダレが強くて鶏皮の油も強い、濃くて強い味のバランス。個人的には、松茸と牡蠣の取り合わせを楽しみにしていたけど、スープの牡蠣の味わいは、かなり儚いというかあまり感じなかった印象。
・具は、肩ローススライスのチャーシューと鶏皮がメインで、松茸も割と入っていて具沢山なのは良かった。
・牡蠣は小さいのが二個で、個人的にはメニュー名の牡蠣に釣られて訪問した事もあり、ボリューム的にはやや寂しい気もした。ただし、具の牡蠣の味自体は、よく煮えていながらも旨味とコクが濃厚で旨かった。
・今回は、よく言えば盛りだくさんだったけど、その分、やや焦点が定まらないような気がしたかも。
・また、個人的な好みとしては、松茸や牡蠣のラーメンとしては醤油ダレの味が濃いように感じたので、この系統の出汁なら塩ラーメンで食べてみたいと思った。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【大阪市福島区】中華そば 無限

中華そば 無限 【濃厚煮干つけそば】

濃厚煮干つけそば(850円)

濃厚煮干つけそばの麺

■来店の経緯等
・2013年11月10日(日)の昼、3週間ぶり、6回目の訪問。
・今回は、前日の11月9日(土)限定で提供された「濃厚煮干つけそば」が、この日も昼のみ9食限定で提供されるとの告知があったので、興味を持って訪問してみた。

■食べたメニュー
・期間限定の「濃厚煮干つけそば」(麺量250g)(850円)
・〆ごはん(50円)
(2013年11月9日(土)と11月10日(日)の2日間限定。9日は60食限定で、10日は昼のみ9食限定)
※メニュー案内には「三層麺使用。大盛りはできません。煮干プレミアムの2倍の煮干を使用しました。」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の10時17分頃。シャッターポール(開店前の待ちの先頭)。
・2人目が来たのが10時46分。待ち人数は、11時10分頃に3人で、11時21分頃に4人だった。
・11時23分頃、奥様が出て来て先に外で注文を聞かれたので、「濃厚煮干つけそば」を注文。
・開店は11時29分。U字型のカウンター席に座る。
・開店時点では6人待ちだったが、開店後に続々とお客が来て、開店後すぐに待ちが出ていた。
・店員さんは3人で、男性2人と女性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・入店から提供まで10分。

■麺
・四角い少しウエーブのかかった太麺。
・色が濃くて、表面がかなりツルッとしていてみずみずしい中に、強めの結合感のある麺質。食感は、ムチッと滑らかで引き締まった弾力があって適度なコシの強さのある、噛み心地の良い歯ごたえ。
・麺の味は、みずみずしさとコクの強さを兼ね備えていて旨い。
・つけ汁との絡みはあっさりしていてあまり強くない。煮干しの甘い風味だけがサラッと絡んで、麺の旨さで食べる感じ。

■つけ汁
・清湯の煮干醤油。
・割とあっさりしていて油も少なめだが、濃度は高めで色は濁っている。
・出汁は、恐らく獣系ベースに煮干の魚介で煮干メイン。獣系は、煮干が強くてよく分からないが、ベースには獣系がある感じで、恐らくは獣系不使用ではないと思う。
・煮干はかなり濃厚で、つけ汁をそのまま飲むと多少の塩気と苦味の混じった強い煮干し感があるが、麺との絡みでは、濃厚ながら甘めの風味だけがフワッと絡んでいた。
・タレの醤油は割と濃いめでしっかりしているが、コクの主張は強くなくて、煮干のコクを支えている感じだった。
・味付けは、煮干のコクと組み合わさった感じの塩気が強めで、そのまま飲むには味が濃い。ただし、塩気は強めながらピリッとした刺激感は無い。

〆ごはん(50円)とスープ割り

・麺を食べ終わった後、〆ごはんを追加注文して、スープ割りも頼んだ。
・スープ割りは、店員さんに容器を渡して返して貰う方式。
・割りスープも恐らく煮干出汁で、つけ汁の煮干の苦味と塩気が程よく薄まって、煮干の風味とコクを楽しむのにちょうど良い濃度になっていた。
・また、ネギも追加してあって、ネギのフレッシュな風味がスープとよく合っていた。
・スープ割りを少し飲んだ後、最後はスープ割りに〆ごはんを投入した。
・〆ごはんも悪くなかったけど、個人的には、スープ割りをそのまま飲んだ方が煮干のコクを楽しめたと思う。

■具材
・チャーシューは、やや厚切りの巻きバラスライス。少しだけ熱を加えていて、柔らかくしっとりとしたボリューム感のある歯ごたえに、あっさりと甘い味付けに脂の甘さが適度に加わった味わい。
・味玉は、黄身がネトッとしていて、タレの味付けは強くはないけどしっかりしていた。
・メンマは四角くて太い。しっとりとして優しい歯ごたえに、味付けはかなり控えめのナチュラルな味わい。
・青ネギ輪切りはつけ汁の中に入っていて、ほんのりとした風味があった。

■全体的な味の感想
・麺は、表面がツルンとみずみずしくて、噛みごたえがあって旨かった。つけ汁との絡みはあまり強くなかったけど、つけ汁の煮干のコクが濃厚なのでバランスは取れていた印象。
・つけ汁は、とにかく煮干が濃厚で、そのまま飲むと苦味や塩気も感じる少々キツめの味だが、麺には甘い風味だけが程よく絡んでいた。
・スープ割りは、つけ汁の塩気が薄まって、煮干のコクが堪能できて旨かった。
・具は、全般的に優しい味付けで、麺の上に乗っていてもあまり麺を食べる邪魔にならなかったのが良かった。
・どちらかと言うと麺が主役のつけ麺に感じたけど、つけ汁も麺に負けない煮干の主張があって良かった。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報

【京都市下京区】新福菜館 本店

新福菜館 本店 【中華そば(並)】

中華そば(並)(650円)

中華そば(並)の麺

■来店の経緯等
・2013年11月の平日の晩に訪問。
・新福菜館をブログに書くのは初めてだが、過去に何回か訪問した事があり、今回は2年半ぶりの訪問。
・先月、「末廣ラーメン本舗 盛岡分店」に訪問したので、本家の新福菜館の方も食べておこうと思い、久しぶりに訪問してみた。

■食べたメニュー
・中華そば(並)(650円)
・ヤキメシ(500円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客10人。

新福菜館 本店

・テーブル席に相席で座り、壁のメニューを見て注文。
・店員さんは4人で、男性3人と女性1人。
・水は冷水機でセルフ。
・注文から4分後、先にヤキメシが出てきた。
・ヤキメシは、よく火が通っていて熱々で、油混じりの醤油ダレがよく絡んで、パラッとした中に多少のしっとり感のあるご飯の口当たりに、タレの甘旨い醤油のコクと炒めた油の香ばしさと多少の卵の味が入り混じった、メリハリのある味付け。具は、青ネギ輪切りと卵だけとシンプルだった。

ヤキメシ(500円)

・注文から6分後、ヤキメシを食べている途中で中華そばが出てきた。

■麺
・四角い中太ストレート。
・少し黄色くて、滑らかでムチッとした張りがあって、やや緩めの質感があってエッジ感はあまり強くない麺質。食感は、やや柔らかめの茹で加減で、ムチッと滑らかな弾力があって噛むとプツンと切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味はやや強めで、旨味があってしっかりしている。
・スープとの絡みは、見た目よりはあっさりしている感じ。強めの麺の味に、スープの旨味と醤油ダレの甘旨いコクが程よく絡む。

■スープ
・清湯の醤油。
・色が濃くて、あっさりながらタレの濃度は濃いめで、表面に色の付いた獣系の油がほのかに浮かんでいる。
・出汁は、表面の油の感じからすると恐らく獣系だと思うが、タレの旨味と醤油のコクの方が強くて、出汁感は控えめに感じた。
・タレの醤油は濃口で、コクが濃厚ながら醤油っ辛さやカドの無い丸みのある味わい。塩分は多少あるけど、タレの旨味や甘味が強いので、口当たりの良い飲み口だった。

■具材
・チャーシューは、モモ肉と脂身多めのバラ肉のやや薄切りのスライス。歯ごたえは、脂身は柔らかい弾力があって、肉の部分は多少パサッとしながらやや引き締まってしっかりしていた。味付けは、醤油ダレのコクが表面にサラッと絡んでいながら中までは染みていない感じで、脂身のコクはマイルド気味に感じた。
・青ネギ輪切りは、量が多めでサッパリとしていてジューシーな風味があって、スープとよく合っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、黄色くてムチッとした中太麺で、以前に食べた時の記憶と較べてやや緩めに感じたかも。
・スープは、出汁感よりもタレの旨味と醤油のコクの濃厚さで麺を食べさせるタレ主役の味で、スープを飲んでも醤油っ辛くない分、麺との絡みはややあっさりしていた。
・具は、青ネギがスープとよく合っていた。
・ヤキメシは、火の通り具合が良好で、タレと油と卵とがバランス良く絡んでいて旨かった。このお店で焼き飯を食べたのは初めてだったけど、個人的には、ラーメンよりもヤキメシの方が気に入ったかも。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【加賀市】中華料理 白山

中華料理 白山 【ラーメン】

ラーメン(450円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2013年11月の平日の晩に初の訪問。
・この日は所用で石川県まで来たので、晩に宿の近くのラーメン屋を探索してみた。
・このお店はラーメン屋ではなく中華料理屋だが、大聖寺駅近くで晩の22時過ぎに開いているお店が他に見つからなかったので、訪問してみた。

■食べたメニュー
・ラーメン(450円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は閉店間際で、先客は無し。

中華料理 白山

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て「ラーメン」を注文。
・店員さんは男性1人。
・水は出してくれた。お代わりは冷水機でセルフ。
・オシボリも出してくれた。
・店内は、丸い大テーブルや座敷もあって広い。
・麺は中華鍋で茹でて、平ザルで麺上げしていた。
・注文から提供まで7分。

■麺
・四角い少しウエーブのかかった中細麺。
・少し黄色くて加水は中くらいかやや高めで、カンスイと卵が程よく効いた感じの、表面が滑らかで適度にプルッと引き締まった質感があってエッジの効いた麺質。食感は、程よい茹で加減で、当たりはムニュッと優しいながら中身が詰まった感じの多少のコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、しっとりとした旨味があってしっかりしている。
・スープとの絡みはあっさりしている。スープのあっさりと甘味のある旨味がサラッと絡んで、麺の味で食べる感じ。

■スープ
・清湯の塩。
・あっさりしていて油控えめ。
・出汁は、清湯獣系ベースに昆布と野菜系だと思う。あっさりと優しい旨味があって、ほのかな丸みと甘味を感じる味わい。
・タレは塩ベース。塩のコクは控えめでマイルドな旨味のある味付けで、出汁とのバランスも良好だった。
・デフォでコショウがトッピングされていて多少のアクセントになっているが、それほど強くはなくて、麺との絡みではコショウはあまり感じなかった印象。
・塩気は少なめで、塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りのバラスライス。柔らかくて滑らかな弾力を少し感じる歯ごたえに、脂身のコクがあってタレの旨味を少し感じる味付け。
・メンマは平べったい。滑らかでポリッと引き締まった歯ごたえに、あっさりとした味付け。
・小松菜は茹でてあって、しっとりとして水っぽい歯ごたえに、あっさりとした青菜の味わい。
・白ネギ輪切りは、サッパリと優しくてスープとよく合っていた。
・その他、小さなカマボコの薄切りスライスが乗っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、茹で加減が良好で、優しいながら引き締まった感じの歯ごたえがあって、あっさりとしたスープとのバランスも取れていた印象。
・スープは、あっさりと優しい味わいで、デフォでコショウがトッピングしてあったけど、コショウの効き具合がマイルドなのは良かったと思う。
・それほど強い個性は感じないけど、全体的に味付けが強くなくてホッとする味だった。ラーメン専門店じゃない中華料理店のラーメンとしては、よくまとまっていたと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【奈良市】まりお流

まりお流 【富士山プレミアム】

富士山プレミアム(2940円)

富士山プレミアムの麺

■来店の経緯等
・2013年11月4日(月)の晩、1週間ぶりの訪問。
・ブログを始めてからは22回目の訪問。
(ブログを始める前にも訪問しているが、回数は記録していないため不明)
・今回は、以前から気になっていたレギュラーメニューの「富士山」を食べようと思い、訪問した。

■食べたメニュー
・富士山プレミアム(2940円)
※メニュー案内には「世界一こってり 濃度20」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は18時11分頃。外待ち無しでカウンター席に座る。
・先客は20人。
・壁のメニューを見て、富士山の一番高い「プレミアム」を注文。ちなみに、デフォとプレミアム(+840円)との違いは店員さんに確認していないが、店内のメニュー案内から推測すると、恐らくは「チャーシューがトントロ+煮卵1個+麺が黒小麦麺」だと思う。
・店員さんは見える範囲で7人。男性5人と女性2人。
・水は奥の冷水機でセルフ。温かいオシボリも冷水機の横に置いてあり、セルフ。
・鰹の粉とトントロ用の付けダレが先に出てきた。

別皿の鰹粉とトントロ用の付けダレ

・注文から提供まで22分。

■麺
・長方形の四角い、ウエーブのかかった太麺。
・少し色の付いた全粒粉麺で、表面は滑らかで少しプルッとしながら、引き締まった粉の質感があってエッジの効いた麺質。食感は、滑らかでキメが細かくて中身が詰まった感じの弾力とコシがあって、コッテリしたスープに負けないしっかりめの歯ごたえ。
・麺の味は、適度なコクがあってしっかりしている。
・スープとの絡みは良好。スープのコッテリとしたゼラチン感がよく絡むが、麺も負けておらずにバランスが取れている。

■スープ
・白濁した獣系。煮詰まっていて、スープの量は少なめ。
・ネトッとした粘度が高くてコッテリしているが、油は多過ぎずにゼラチン感とのバランスは取れていた。
・出汁は恐らく豚骨と鶏の獣系。ゼラチン感が強烈に強くて、獣系の旨味やコクよりもゼラチンの粘度だけを抽出したようなコッテリ感のある味わい。
・タレの味付けは控えめで、油混じりのゼラチンのコッテリ感が前に出ていて、ベースが塩か醤油かもよく分からない感じ。
・別皿の鰹粉を投入すると、鰹の節の風味が、獣系やタレの旨味と結びつかずにコッテリ感の中にダイレクトに広がっていた。
・塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・チャーシューは、厚切りの豚トロスライスが何枚かと、大きな軟骨が1本。
・豚トロは、ムチッと滑らかでしっとりと絡み付くような歯ごたえに、コラーゲン化した脂身と肉とが混ざり合って、トロッとしてコッテリした味わい。
・軟骨は太くて長い。煮込んで柔らかいながら引き締まった感じの肉の中に、トロンとして柔らかいコラーゲン感のある歯ごたえがあって、表面に甘めのタレが効いた味付け。
・味玉は黄身が半熟で醤油ダレの効いた味付け。
・メンマは四角くて太い。噛むと沈み込む感じの繊維感のある歯ごたえに、あっさりとした旨味のある味付けで、スープに負けない存在感があった。
・青ネギ輪切りは、多少のシャリッとした歯ごたえはありながらも、粘度高めのスープに絡め取られた感じの味わいだった。

■全体的な味の感想
・麺は、歯ごたえと味がしっかりしていて、粘度高めのスープに負けない主張があった。
・スープは、油が多いというよりはゼラチンの粘度の高さに特化していた感じで、獣系のコクやタレの味付けは控えめの、コッテリながらプレーンな味わいだった印象。
・具は、トントロチャーシューの量が多くて、コッテリ感が半端なかった。麺を食べるだけならそれほどキツくはないと思うが、コッテリしたスープによく絡んだトントロチャーシューを完食するのは相当キツく感じた。
・バランス的には、粘度やコッテリさに対して旨味やコクが控えめで、個人的には激辛や爆盛り等と同じようなチャレンジメニューの一種のようにも感じたけど、若い人なら楽に完食できるのかも。
・唇がくっつくような、ゼラチンの粘度の強いスープが好きな人向け。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【大阪市鶴見区】鶴麺

鶴麺 【牛すじカレーつけそば】

牛すじカレーつけそば(ミニごはん付)(980円)

牛すじカレーつけそばの麺

■来店の経緯等
・2013年11月3日(日)の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・牛すじカレーつけそば(ミニごはん付)(980円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は13時8分頃。外待ち無しの先客7人。

鶴麺

・厨房対面のカウンター席の一番奥の席に案内されて座る。
・入店時には何を注文するか決めていなかったが、メニューを見て、以前にネット上でのレポを見て興味を持った事を思い出し、「牛すじカレーつけそば」を注文。
・店員さんは男性3人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで9分。

■麺
・平打ちの太麺ストレート。麺の長さは、系列の「らぁ麺 Cliff」と同様に長め。
・加水高めで少し色が付いていて、表面がツルッと滑らかで、しっとりとみずみずしくてしなやかな張りを感じる麺質。食感は、プルンと滑らかな弾力があって、柔らかでしなやかなコシを感じる歯ごたえで、ノド越しも良好だった。
・麺の味は多加水系で、繊細でみずみずしいコクを感じる。
・つけ汁との絡みは良好。つけ汁のカレーの香味とフルーツっぽい酸味がよく絡む。味のバランス的にはカレーの味が麺の味に勝ち気味だが、それはそれで悪くない感じ。

■つけ汁
・獣系のカレー。
・多少のトロミはあるけど、粘度や油はそれほど多くない感じ。ただし、煮込んだ玉ネギ等の野菜や牛肉の細かい破片が混じっていて汁っぽさは少なめなので、麺を付けても上に乗っかって沈まない。
・出汁は、獣系ベースに玉ネギ等の野菜で、油が強くなくて、コッテリし過ぎずに適度な旨味と丸みと厚みのある味わい。獣系は、実食時にはカレーの味が強くてよく分からずに、具で入っている牛スジの出汁なのかと思ったけど、後で調べたところ、鶏ベースだった模様。
・カレーは、辛さや刺激感はそれほど強くなくて、フルーツっぽい酸味がよく効いた、スッキリとして適度に辛酸っぱい味付けで、牛スジや野菜の旨味や丸みとバランス良く組み合わさっていた。

■具材
・牛スジ肉は一口大の角切り。トロトロになり過ぎない適度な柔らかさのある歯ごたえに、スジ混じりの牛肉の旨味がカレーつけ汁でよく引き立っていた。
・穂先メンマは平べったくて細長い。シャクッとしなやかでキレの良い歯ごたえ。
・白ネギの細かいカットと、薄切りで小さいカットのニンジンが入っていた。

■ミニごはん

ミニごはん付

・麺を食べている途中で提供されたので、麺を食べ終わってからつけ汁に投入してみた。
・ご飯の方が少し強めのバランスながら、カレーのフルーティな酸味と辛味がよく主張していて、最後までカレーを楽しめた。

■全体的な味の感想
・麺は旨かった。カレーつけ汁との絡みも良かった。
・カレーつけ汁は、ベースの旨味とフルーティな酸味がバランス良く効いていて、麺と絡んだ時の味の組み立ても良好だった。
・具は、牛スジ肉がつけ汁とよく馴染んでいて良かった。
・このお店の麺自体を味わいたいなら、カレーじゃなくてもっとサラッとしたつけ汁のメニューの方が良い気もしたけど、この麺を使っているならではの味だったと思うし、カレーつけ麺としてはよく出来ていると思った。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【大東市】麺や而今

麺や而今 【舞茸踊る鶏湯そば~牡蠣のコンフィ添え~】

舞茸踊る鶏湯そば~牡蠣のコンフィ添え~(750円)

舞茸踊る鶏湯そば~牡蠣のコンフィ添え~の麺

■来店の経緯等
・2013年11月3日(日)の昼、6週間ぶり、8回目の訪問。
・「俺のラーメン 創作Cup!(第0回決勝戦)」の3軒目のお店として訪問。

■食べたメニュー
・限定の創作麺「舞茸踊る鶏湯そば~牡蠣のコンフィ添え~」(750円)
(2013年10月19日(土)から11月10日(日)までの期間限定。1日約20食)

創作麺のメニュー案内

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の10時49分頃。既に5人待ち。
・10時50分頃、女性店員さんが出て来て先に注文を聞かれたので、限定の創作麺を注文。
・開店は10時58分。その時点で11人待ち。
・入口近くのカウンター席に座る。
・店員さんは5人で、男性2人と女性3人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・入店から提供まで8分。

■麺
・四角い中細ストレート。
・白くて加水低めの、ゴワッとはしておらずに粉のリッチな質感があってエッジの効いた麺質。食感は、固くはないけど弾力は低めで、噛むと当たりに多少の主張があってサクッと切れる、気持ち良い歯ごたえ。
・麺の味は、粉の旨味をよく感じる味わい。
・スープとの絡みはあっさりしているが良好。スープの鶏油の、牡蠣を纏って少しバターっぽさのある繊細ながら濃厚なコクがあっさりと絡んで、麺の旨さを引き立てていた。麺の味の方がやや強めながら、バランスは良好。

■スープ
・清湯の獣系キノコ。
・あっさりしていて、少しだけ浮かんでいる油がスープに馴染んでいる感じで、口当たりは滑らか。
・出汁は、鶏の獣系ベースに舞茸の出汁を効かせている感じで、野菜系も入っているかも。獣系は、清湯ながら出汁感が濃厚で丸みのある味わいで、舞茸を生かすためか、旨味はそれほど強くなかった印象。
・舞茸の風味は、かなり繊細でほんのりとしている。
・牡蠣のコンフィの油のコクは、麺にはよく絡んでいたけど、スープ自体の味ではそれほど感じなかった。
・タレは、最初は塩かと思ったけど、タレの旨味の感じからすると薄い醤油だと思う。出汁の繊細さに合わせてコクは控えめながら、タレの味付けはそこそこしっかりしていて、出汁の味をよくまとめていた印象。

■具材
・牡蠣のコンフィは、濃いめに色が付いていて、縮んで引き締まっており、噛むとムニュッと切れるような食感に、味付けは強くなくて、牡蠣の濃厚な旨味とコクが中に閉じ込められた味わい。
・チャーシューは、少し厚みのある巻きバラスライス。脂身がムチッと弾力強めでしなやかな感じの歯ごたえに、少し香ばしくて旨味のある味付け。
・舞茸は、柔らかい張りがあって、噛むとサクッと裂ける感じの食感に、あっさりとして繊細な風味のある味わい。
・白髪ネギは、優しいながらシャキッとした適度な主張のある歯ごたえで、麺ともよく合っていた。
・海苔は、あっさりとした風味があった。

■全体的な味の感想
・麺は、低加水の中細麺で旨かった。麺自体の旨味がきちんとありながら、スープの風味やコクとの絡みも良好なのが素晴らしい。
・麺とスープとの絡みは、舞茸の風味よりも牡蠣の方が強かったかも。
・スープは、鶏の濃厚な出汁感があって丸みのある口当たりながら、舞茸の風味を生かした繊細な味わいなのが個性的だった。麺との絡みは、牡蠣のコンフィの油のコクがよく補っていた印象。
・具は、舞茸の歯ごたえと繊細な風味が素敵。牡蠣のコンフィも、コクと旨味が濃厚で良かった。
・旨味の掛け合わせではなくて、風味の掛け合わせを楽しむタイプの、創作メニューらしい変化球のラーメン。個人的には、舞茸は具には良かったけど、ラーメンの出汁にはやや弱いというか繊細過ぎる気がしたかも。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【橿原市】橿原スタミナラーメン

橿原スタミナラーメン 【スタミナやきそば】

スタミナやきそば(500円)

スタミナやきそばの麺

■来店の経緯等
・2013年11月2日(土)の晩、6週間ぶり、2回目の訪問。
・今回は、前回食べなかった名物の「スタミナやきそば」と「ホルモン揚ゲ」を食べようと思い、再訪してみた。

■食べたメニュー
・瓶ビール大(500円)
・ホルモン揚ゲ(400円)
・スタミナやきそば(500円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の17時31分頃。既に8人待ち。
・待ち人数は、17時50分頃には18人で、開店時には23人だった。
・開店は17時54分。厨房対面のカウンター席に座り、「瓶ビール大」と「ホルモン揚ゲ」と「スタミナやきそば」をまとめて注文。ビールを出すタイミングを聞かれたので、先に出してもらうようお願いした。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から2分後、最初に瓶ビールが出てきた。

瓶ビール大(500円)

・注文から9分後にホルモン揚ゲが出てきた。
・ホルモンは、分厚くてコラーゲンのプリッとしなやかな弾力が強めで、衣は、厚みは少なめながらカリッと揚がっていた。衣の色は濃いめで油の香ばしさがあり、調味料系の旨味が強めで唐辛子の刺激感が程よく効いた味付けで、ホルモンのクセはうまく抜けている。
・弾力強めでクニャッとしなやかなホルモンと、カリッとした衣とのコントラストがいい感じで、強めの味付けがビールと合っていた。
・ホルモンの色は濃いめで、少なくとも白モツ系ではないと思ったが、肉には全然詳しくないので部位は特定できなかった。

ホルモン揚ゲ(400円)

・注文から30分後、最後にスタミナやきそばが出てきた。

■麺
・長方形の四角い中細ストレート。
・麺質的には前回食べたスタミナラーメンと同じ麺のように思ったけど、茹で加減の関係か、ラーメンの時よりも細身に感じた。
・白くて加水低めで、カンスイ弱めの粉っぽいソリッド感のある麺質。食感は、固くなくて当たりは多少ザラッとしており、噛むと粉のムニュッとした感じが少しあってサクッと切れるキレの良い歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりながら粉のコクと旨味がしっかりしていて主張のある味わい。
・タレとの絡みは良好。ピリ辛のタレが適度に絡んで、麺の旨さを引き立てていた。

■タレ
・ピリ辛醤油。
・汁気多めでサラッとしている。
・ラーメンのスープの量を減らして、豆板醤の量を多めに配合した感じのテイストで、多少の野菜の煮汁っぽさと強めのタレの旨味があって、そこに豆板醤が加わった、ピリッとしたキレの良い辛味と刺激感がある味わい。

■具材
・肉は少しだけ厚みのあるバラスライス。固くはないけど滑らかな弾力があってしっかりした歯ごたえに、味付け薄めで、やや控えめな肉の旨味と若干の脂身のコクを感じる味わい。
・野菜は、ラーメンと同じ白菜とニラの他に、キャベツも入っている。
・キャベツは、油をまとって表面が滑らかで、しなやかながらシナッとせずにパリッとキレの良い歯ごたえに、あっさりとしたキャベツの甘味があった。
・白菜は、白い部分がメインで厚みがあって、ポリッとしながらジューシーな柔らかさを感じる歯ごたえに、ほんのりとした白菜のコクと旨味を感じた。
・ニラは長めのカットで、独特のしなやかさがありながらシャキッとした張りのある歯ごたえに、噛むと程よい香味を感じる味わい。

■全体的な味の感想
・麺は、「やきそば」というネーミングながら、恐らくは焼きは入っておらずに、スタミナラーメンと同じ感じのテイストだったが、ラーメンよりもピリ辛度強めのタレともバランス良く絡んでいた。
・タレは、ラーメンのスープの量を減らして辛味を強めた感じのテイストで、豆板醤のパンチのある味わいながら、麺や具との絡みは程よい強さだった。
・具は、キャベツに合わせて火が入っている感じで、キャベツのパリッとしなやかな食感が良かった。白菜は、キャベツと比較するとやや柔らかく感じたかも。
・個人的には、やきそばと言うよりもキャベツ入りでスープ少なめのスタミナラーメンといった印象で、キャベツが好きならスタミナやきそば、白菜が好きならスタミナラーメンを選ぶ感じかも。
・ホルモン揚ゲも含めて、お気に入り度では表現し難いソウルフード的な旨さで、地元にあれば通いたいタイプのお店。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【大阪市中央区】ラーメン虎と龍 日本橋店

ラーメン虎と龍 日本橋店 【久留米の龍とんこつラーメン】

久留米の龍とんこつラーメン(580円)

久留米の龍とんこつラーメンの麺

■来店の経緯等
・2013年11月の平日の晩に初の訪問。
・「虎と龍」は兵庫県発祥のチェーン店で、日本橋店は2年以上前から気になっていたが、今回ようやくの初訪問。

■食べたメニュー
・久留米の龍とんこつラーメン(580円)
※メニュー案内には「しっかり久留米ラーメンセンター系」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客1人。

ラーメン虎と龍 日本橋店

・最初に店内の券売機で食券を買う。
・厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。麺のかたさを聞かれたので、おすすめを聞いて「ちょいカタ」で注文。
・店員さんは男性1人。
・お茶はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで2分。

■麺
・細麺ストレート。
・白くて加水低めの、細身で丸みがあって、ゴワッとはしていないけど粉のソリッド感のある麺質。食感は、固くはないけど少し粘ってから切れる感じで、低加水ながら多少のしなやかさを感じる歯ごたえ。
・麺の味は低加水系で、あっさりとした中に旨味を感じる味わい。
・スープとの絡みは良好。スープの獣系のコクがよく絡んで、麺とのバランスも良好だった。麺をすすると、ツンとしたやや刺激的な風味が鼻を抜ける感じがあった。

■スープ
・白濁した獣系醤油。
・割とサラッとしていてほんの少し丸みがあって、油もそこそこあるけど、それほどコッテリはしていない。
・出汁は豚骨の獣系。ゼラチン感は多少あるけど控えめで、油もそれほど強くはなくて、適度なミルキーさの中に骨粉感と多少の呼び戻し感のある、マイルドながらガチな久留米風豚骨スープ。
・タレの醤油はマイルドでコクは控えめ。
・タレの味付けは、塩気やタレの旨味が控えめの、出汁感を生かしたマイルドな味わい。赤い辛味がトッピングしてあったが、スープに溶けてもそれほど辛くはなくて、多少味を引き締める程度だった。
・久留米っぽい骨粉感がありながら、博多風の細麺に合わせた感じの軽さのあるテイストで、塩辛さや刺激感は無い。
・丼の底には骨粉が溜まっていた。

■具材
・チャーシューは薄切りのバラとモモのスライスが1枚ずつ。
・バラは、少しだけパサッとした感じの歯ごたえに、昔風のタレの味付けと脂身のコクが多少効いた中に肉っぽさもある味わい。
・モモは、バラよりも肉の歯ごたえがしっかりしていて、より肉らしいあっさりとした味わいだった。
・茹で卵は、黄身が固茹でで味付け無しだが、トッピングの辛味が少しだけ効いていた。
・キクラゲは、細長いカットで麺とよく絡んでおり、麺とは合っていた。
・青ネギ輪切りはサッパリとしていて、バランス的にはあっさりに感じたけど、スープと合っていたと思う。

■全体的な味の感想
・麺は、ややしなやかでしっかりした感じの低加水麺で、スープとの絡みも良好だった。個人的には、もう少しサクッとした歯切れの良いタイプの方が好みかも。
・スープは、タレや油だけの味じゃなくて、ややマイルドながらきちんと骨粉感のあるガチの豚骨出汁なのが素晴らしい。
・久留米風なら、もう少し太い麺で食べたい気もしたけど、このスープなら細麺の方がバランスは良いのかも。
・麺はそこそこだったけど、自分は骨粉感大好きなので、このスープは結構気に入った。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【大阪市北区】中華そば いぶき

中華そば いぶき 【中華そば】

中華そば(680円)

中華そばの麺

■来店の経緯等
・2013年10月の平日の晩に初の訪問。
・このお店は、天五中崎通商店街の、「麬にかけろ 中崎壱丁」「洛二神」の間にあるお店。

■食べたメニュー
・中華そば(680円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には先客無し。

中華そば いぶき

・厨房対面のカウンター席に座り、「中華そば」を注文。
・店員さんは男性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで7分。

■麺
・長方形の四角い中太ストレート。
・表面がツルッと滑らかで、プリッとはしておらずにキメが細かくて良質感があって、張りとエッジ感のある麺質。食感は、引っ張ると伸びる感じの滑らかで張りのある弾力があって、噛むとたわんでプツンと切れる気持ち良い歯ごたえ。
・麺の味は、粉の旨味がしっかりしていて旨い。
・スープとの絡みは良好。スープの旨味とイリコのコクが程よく絡んで、麺の旨さを引き立てていた。

■スープ
・清湯の魚介醤油。
・少し濁っていて、獣系の油が少し浮かんでいる。
・出汁は清湯獣系ベースに煮干しの魚介。獣系は恐らく鶏メインで、多少の油混じりのコクと旨味がしっかりしていて、味のベースになっていた。
・魚介はイリコメインに昆布。イリコは、やや濃厚な感じのコク混じりの旨味があって、スッキリというよりはやや厚みがあって濁った感じの味わいだった。
・タレの醤油は旨味メイン。
・塩気をやや強めに感じるはっきりした味付けで、塩気と旨味とがよく組み合わさっていて、ピリッとした刺激感はなかった。

■具材
・チャーシューは少し厚みのある脂身付きのモモスライス。もう1枚はバラだったかも。固くはないけどムチッと引き締まった弾力のある歯ごたえに、味付け控えめであっさりとした肉の旨味があって、脂身のコクの主張が強めの味わい。
・味玉は黄身がトロッとしていて、旨味があって少しだけ醤油のコクのある味付け。
・メンマは平べったい。滑らかな歯ごたえに、少しゴマ油の風味を感じるしっかりめの味付け。
・ワカメは、滑らかで張りがあって、噛むとシャキッと切れる感じの歯ごたえに、主張は強くはないけどフワッとした風味があって海の恵みを感じる味わい。
・青ネギ混じりの白ネギは細かいカットで、香味は強くないけど、スープにはまあ合っていたと思う。

■全体的な味の感想
・麺は、自家製麺らしい滑らかな張りのある質感があって旨かった。スープの旨味とイリコのコクも麺をよく引き立てていた。
・スープは、イリコが濃厚なのは良かったけど、やや濁った感じのバランス型の味わいで、個人的には、もう少しスッキリとクリアーな旨味とコクの強さが欲しかったかも。スープ単体で旨いというよりは、麺に合わせたタイプのスープだった印象。
・具は、モモチャーシューが良かったし、ワカメも旨かった。
・どちらかというと麺が主役のラーメンに感じたけど、麺とスープとの相性も良かったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【大阪市北区】麬にかけろ 中崎壱丁 中崎商店會1-6-18号ラーメン

麬にかけろ 中崎壱丁 中崎商店會1-6-18号ラーメン 【ホワイトチョコNoodle】

ホワイトチョコNoodle(900円)

ホワイトチョコNoodleの麺

■来店の経緯等
・2013年10月の平日の晩、5か月ぶり、5回目の訪問。
・「俺のラーメン 創作Cup!(第0回決勝戦)」の2軒目のお店として訪問。

創作麺のメニュー案内

■食べたメニュー
・限定の創作麺「ホワイトチョコNoodle」(900円)
(2013年10月19日(土)から11月10日(日)までの期間限定。1日30食限定)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客2人。
・最初に、店内の券売機で食券を買う。限定は右下のボタン。
・カウンター席に座り、食券を渡して注文。
・店員さんは男性2人。
・ジャスミン茶はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで9分。

■麺
・長方形の四角い中くらいの太さのストレート。
・加水高めの、表面がツルッとしていてプリッと滑らかな結合感があってエッジの効いた麺質。食感は、固くなくて滑らかな張りのある弾力があって、多少のしなやかなコシがありながら歯切れの良い歯ごたえ。
・麺の味は、多加水系でプリッとしていて、あっさりながら旨味を感じる。
・スープとの絡みは良好。スープのほんのりとした塩気と、ホワイトチョコの甘くて少しバターっぽいコクがよく絡んで、麺の味を引き立てていた。
・後半、ホワイトチョコが弱くなってくると、スープのあっさりとした旨味がサラッと絡んで、少し違う感じのテイストになった。

■スープ
・少し濁った獣系塩。
・サラッとしていて、清湯ながらホワイトチョコが溶け込んで表面に白く濁った層があって、ほんの少しだけ丸みのある口当たり。油はあるけど、それほどコッテリはしていなかった。
・出汁は、恐らくは鶏の獣系メイン。獣系のコクは強くはなくて、あっさりとして丸みのある味わい。最初は、ホワイトチョコのバターっぽいコクの方が強めに感じたが、後半になると、多少の鶏っぽい味わいも感じた。
・旨味はそこそこあったけど、恐らく魚介系は入っていないと思った。
・タレは塩ベースで、ほんのりとした優しい感じで、出汁やホワイトチョコとのバランスも取れていた。
・ホワイトチョコのマッタリと甘いコクと、出汁の丸みとがうまく組み合わさった味わい。塩気は控えめで、塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・鮭の切り身は厚切りで、皮や小骨は無しの身だけ。柔らかくて弾力のある歯ごたえに、少し炙った香ばしさがあって塩気は控えめの、鮭の甘味を感じるあっさりとした味わい。
・紫キャベツは色が濃い。茹でてしんなりとした、厚みがあってキャベツっぽい歯ごたえに、色が濃い割にはあっさりとした味。
・白いカリフラワーは、柔らかい張りがあって噛むとスッと切れる感じの歯ごたえに、味付け無しであっさりした味だった。
・アスパラの茎は、柔らかくて優しい繊維感のある歯ごたえに、アスパラの優しいコクのある味わい。
・プチトマトは、熱が入っていて酸味は少なめで、よく熟していて少し濃いめのコクと旨味のある味わい。具材の中では一番強い味で、全体の味にメリハリをつけていた。
・その他、揚げネギみたいなのが浮かんでいて、ほのかに香ばしい風味がスープのアクセントになっていた。

■全体的な味の感想
・麺はツルッとしてプリッと滑らかで、スープのホワイトチョコのコクとの絡みが面白かった。
・スープは、ホワイトチョコが溶け込んで、白湯っぽさがありながら白湯よりも優しい味わいで、後味の軽さが印象に残った。
・具は、鮭の切り身がホワイトチョコ混じりのスープとよく合っていて旨かった。野菜もスープと合っていたと思う。
・全体的に塩気少なめの優しいテイストで、ホワイトチョコ好きな人向けの変化球の味。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【奈良市】まりお流

まりお流 【イベリコ豚バラチャーシュー入り麦味噌の味噌つけ麺】

イベリコ豚バラチャーシュー入り麦味噌の味噌つけ麺(1365円)

イベリコ豚バラチャーシュー入り麦味噌の味噌つけ麺の麺

■来店の経緯等
・2013年10月の平日の晩、2か月ぶりの訪問。
・ブログを始めてからは21回目の訪問。
(ブログを始める前にも訪問しているが、回数は記録していないため不明)
・今回は、久しぶりにこのお店のつけ麺を食べたいと思い、訪問してみた。

■食べたメニュー
・今週の創作「イベリコ豚バラチャーシュー入り麦味噌の味噌つけ麺」(1365円)
(2013年10月25日(金)からの週替わり限定)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無し。カウンター席に座る。
・先客は21人。
・「今週の創作」は店内に書いていない裏メニュー。「こってり」の方で注文した。ちなみに、つけ麺なので麺増しできるか聞いてみたところ、麺増しは無しで、普通(黒小麦じゃない方)の麺での替え玉しか出来ないとの事だった。
・店員さんは見える範囲で8人。男性7人と女性1人。
・水は奥の冷水機でセルフ。温かいオシボリも冷水機の横に置いてあり、セルフ。
・注文から提供まで21分。

■麺
・四角いウエーブのかかった太麺。あつもりで、丼には湯だめという程ではない少量の水かお湯が入っている。
・加水低めの全粒粉麺で、表面はツルッとはしておらずに少々ザラッとしながら、モッチリとした滑らかさのある粉の質感があって、中身の詰まった感じの麺質。食感は、少し柔らかめの茹で加減で、全粒粉っぽさがありながらモチッとしてやや緩めの弾力があって、噛むとムニュッと切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、全粒粉系の甘いコクのある味わい。
・つけ汁との絡みは良好。つけ汁の麦味噌の強めのコクがよく絡んで、麺の味とのバランスもよく取れていた。

■つけ汁
・白濁した獣系味噌。
・油が多くてオイリーでドロドロしていて、大きめの背脂が大量に入っている。
・出汁は獣系で、恐らく豚骨メイン。ゼラチン感もそこそこ強いけど、それ以上にドロドロした油っぽさの方が強い、オイリーでコッテリした味わい。コッテリ感と味噌のコクが強くて、獣系のコクや旨味はあまり主張せずに控えめに感じた。
・タレの味噌は赤い麦味噌。麦味噌の香ばしいコクが強めの濃厚な味で、塩気も強めのパンチの効いた味わい。そこに、ドロドロした油のコッテリ感が組み合わさっていて、味に丸みを付けている。
・油が多いせいか、具にはあまり味噌のコクは絡まないけど、麺には味噌のコクが強めに絡んでいた。
・味付けは強めの、旨味よりもコッテリ感と味噌のコクが立った味わいで、つけ汁をそのまま飲むのは厳しい感じ。

■具材
・チャーシューは、分厚い角切りのバラと短冊切りの肩ロースの二種類で量が多い。
・バラは脂身多めで、脂身は少しだけコラーゲン化した感じのプリッとした弾力が強くて歯切れが良くて、脂のコクは見た目ほどキツくなかった。肉の部分は、やや強めのしっかりした歯ごたえで、タレの味付けは適度ながらあっさりしており、肉のコクの濃厚さを感じる味わい。
・肩ロース短冊切りは脂身少なめで、滑らかながら引き締まった弾力が強めの歯ごたえに、バラよりは濃いめのタレの味付けが肉の味わいを引き立てていた。
・味玉は表面の色が濃い。黄身はトロッとしていて、タレの味付けがよく効いている。
・メンマは四角くて太い。ポリッと小気味よい繊維感があって噛むと沈み込むような歯ごたえに、あっさりとしてスッキリとした旨味があってタケノコの風味をほのかに感じる味わい。
・青ネギ輪切りは量が少なめながら、多少のサッパリ感があってスープに合っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、あつもりでやや緩めの全粒粉の食感と、味噌のコクがよく絡んでパンチの効いた味との対比が印象的だった。
・つけ汁は、これでもかという位に背脂が入っていて、ドロドロでコッテリした中に麦味噌の香ばしいコクがガツンと効いており、旨味よりもコッテリ感と味噌感の方が立った味わい。
・具は、チャーシューがバラの角切りと肩ロースの短冊切りの二種類で量が多かった。特に、バラの角切りは分厚くて量が多くて、コッテリしたつけ汁と相まってかなりのボリューム感があり、個人的には麺よりもチャーシューの方が食べごたえがあった気がした。ただし、チャーシューはつけ汁の味噌のコクとはあまり絡んでいなかったかも。
・今回は、味噌のコクと背脂のコッテリ感とのダブルパンチといった感じで、麦味噌好きでコッテリ大好きの人向けのつけ麺。
・毎度ながら、このお店のコッテリはなかなか強烈だった。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【豊中市】烈火

烈火 【濃昆つけ麺】

濃昆つけ麺(850円)

濃昆つけ麺の麺

■来店の経緯等
・2013年10月27日(日)の昼に訪問。このお店には、移転前に1回訪問しているが、今の場所に移転してからは初の訪問。
・このお店は、最初は今の「らーめん小鉄」の場所にあったが、2013年6月25日(火)に、元の場所から目と鼻の先にある現在の場所に移転した。

■食べたメニュー
・濃昆つけ麺(850円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は13時31分頃。外待ち無しの店内満席で、メニューを渡されて外で待つ。

烈火

・外で待っている間に、先に注文を聞かれて「濃昆つけ麺」を注文。
・到着から5分待ちで入店。厨房対面のカウンター席に座る。
・店員さんは4人で、男性2人と女性2人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・カウンターには、濃昆つけ麺の食べ方の説明書きが置いてあった。
・店内には、移転時の祝いが多数飾ってあった。
・入店から提供まで7分。

■麺
・長方形の四角いウエーブのかかった太麺。
・加水中くらいかやや高めの、表面がツルッと滑らかで、張りの強くないしっとりと優しい質感があってエッジの効いた麺質。食感は、しっとりとした弾力があって、コシはあまり強くない感じの歯ごたえ。後半は、麺の表面がやや乾き気味に感じた。
・麺の味は、みずみずしくてあっさりとした旨味のある味わい。
・スープとの絡みは割とあっさりしていて、半分くらいよりも全部付ける向きかも。最初は、説明書きに従って麺をそのままのつけ汁に付けて食べたところ、つけ汁の油のトロミと昆布の旨味がよく絡んで、麺の旨さを引き立てていた。
・後半、チャーシューを1枚食べて、つけ汁にネギを投入したところ、どちらの効果が原因か不明だが、急に絡みが弱くなって、麺に昆布の風味と旨味が乗らなくなった。

■つけ汁
・清湯の獣系魚介醤油。容器のまま火にかけていて、提供時にはグツグツと沸騰していた。
・表面に獣系の油の層があってオイリーで、つけ汁自体はサラッとしているけど、油のトロッとした感じもある。
・出汁は獣系ベースに昆布メインの魚介。獣系は、表面の油のコクの厚みがあって、ほのかに肉っぽさがあった。食べた時には豚の油のようにも感じたが、後で調べたところ、獣系は鶏メインとの説もある模様。
・魚介は、昆布メインに節系か何かも入っているかも。つけ汁の中に大きな昆布が入っており、、最初の方は昆布の風味がよく立っていて、麺にもよく絡んでいた。
・タレの醤油は、表面の油の層の下にあって、醤油のコクがそこそこあって塩気もよく立っている。
・塩分強めの味付けで、そのまま飲む向きではない。

スープ割り

・スープ割りは、店員さんに容器を渡して返して貰う方式。温度高めの魚介系スープで割って白ネギを足していて、別皿で柚子の皮も出してくれた。
・割りスープとネギで油っぽさは薄まっていたけど、タレの味付けは、薄まりながらもまだまだ強い感じだったかも。

■具材
・チャーシューは、少しだけ厚みのあるバラスライスで、つけ汁の中に入っている。柔らかいながら繊維感のある歯ごたえに、塩気強めの味付け。
・味玉とメンマとネギは麺の上。
・味玉は、やや固めにトロッとしていて、味付けは控えめ。
・メンマは細くて平べったい。柔らかめながらポリッと滑らかな張りのある歯ごたえに、味付け控えめであっさりしている。
・白ネギ輪切りは薄めのスライス。シャリッと優しい歯ごたえに、そのまま食べるとみずみずしいながら結構ピリッと刺激の効いた香味のある味わい。つけ汁に投入すると、つけ汁に馴染んで香味は控えめになった。
・つけ汁の中の昆布は食べなかった。

■全体的な味の感想
・麺は、あっさりでしっとりしていて、つけ汁の油と昆布の繊細な旨味とよく合っていた。
・つけ汁は、表面の獣系の油と昆布とを煮立てて組み合わせた、濃厚ながら繊細な風味と旨味とが麺に絡む味わいが素晴らしかった。油の下のつけ汁は塩分強めの味で、個人的には、ネギもメンマもつけ汁に投入せずに、提供時そのままで麺を一気に食べたいと思った。
・具は、チャーシューが塩辛いのが印象に残った。
・麺自体を味わうというよりも、麺とつけ汁との絡みを楽しむタイプのつけ麺。お気に入り度は、最初に麺をそのままのつけ汁に付けて食べた時が4.5点で、トータルだと4.0点ぐらいだった。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■その他
・食べ終わった後の会計時に、JUNK STORYで貰った「らの道」の参加用紙を出したところ、オリジナルステッカーを貰った。

景品のステッカー

■お店の情報

【豊中市】らーめん小鉄

らーめん小鉄 【台湾海老まぜそば+水餃子】

台湾海老まぜそば(850円)+水餃子トッピング(200円)

台湾海老まぜそばの麺

■来店の経緯等
・2013年10月27日(日)の昼に初の訪問。
・このお店は、「麺やマルショウ」の2号店で、2013年9月17日(火)にオープンした新店。
・この日は、店主さんの骨折復活限定で「台湾海老まぜそば」が提供されるとの事で、興味を持ったので訪問してみた。

■食べたメニュー
・あす流リスペクト「台湾海老まぜそば」(850円)
(2013年10月27日(日)限定。50食限定)
・水餃子トッピング(200円)

メニュー案内

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の10時12分頃。既に7人待ち。
・待ち人数は、10時30分頃に11人、11時2分頃に14人、11時10分頃に16人、10時20分頃に19人だった。
・11時20分頃に、店主さんが外に出て来て挨拶があった。
・開店は11時29分。店内はカウンター5席なので、入店できずに外で待つ。

らーめん小鉄

・開店から21分待ちで入店。厨房対面のカウンター席に座る。
・店員さんに「台湾海老まぜそば」を注文したところ、水餃子を勧められたので、それも一緒に注文。
・店員さんは男性2人。「あす流リスペクト」との事だが、「あす流」は食材の提供だけで店員さんは居なかった。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・カウンターにはニンニク等のトッピングが置いてあった。

カウンタートッピング

・注文から提供まで9分。盛り付け時に水餃子を一つ落としたとの事で、後から一つだけ別皿で提供された。

水餃子(後から一つだけ別皿で提供)

■麺
・平打ちの太麺ウエーブ。
・加水やや高めの、表面が滑らかであまりプリッとはしておらずに、少しモチッとした感じがあって平打ちながらペラッとはしていない麺質。食感は、茹で加減が柔らかめなのか、ムチッとした弾力があって少し緩めの歯ごたえ。
・麺の味は、タレの味の方が強かったけど、多加水系で割としっかりしていた。
・タレとの絡みは良好。卵黄混じりでトロッとしたタレの、海老の風味と唐辛子のパンチがよく絡む。

■タレ
・ドロッとした辛味ダレ。
・適度な汁気があり、卵黄と混ぜると卵黄と油の混じった感じのトロミと丸みがあって一口目はマイルドに感じたが、後から台湾ミンチの唐辛子系の辛味が追いかけて来て、タレの丸みの中に程よい辛味と刺激感があった。
・そこに、油に仕込んだ香ばしい系の海老の風味が強めに効いていて、タレの丸みや唐辛子の辛味とバランス良く組み合わさった、マイルドながらパンチのよく効いた味わい。
・海老の他にも、魚粉か何かの魚介系も少し入っている気もした。
・テーブルトッピングのニンニクは、今回は海老の風味を楽しみたかったので入れなかった。

■具材
・ミンチは、タレとよく絡んでいて、ややソフトな感じの食感に、それほど主張しない感じの肉の旨味が麺やタレとよく合っていた。
・メンマはサイコロ切り。柔らかくてスッと切れる感じの繊維感のある歯ごたえが心地良くて、味付けあっさりで多少のメンマの風味が味の彩りになっていた。
・ニラは小さめのカット。しなやかでペラッとした感じで、適度な香味が薬味の役割をよく果たしていた。
・白ネギ輪切りは、ニラの方が目立っていたと思う。
・その他、細かくカットした海苔がよく混ざって、ほんのりと控えめな風味をプラスしていた。
・水餃子は、皮が厚めでモチッとしており、餡はミンチ肉メインで、あっさりとしてジューシーな旨味のある味わいだった。少し時間が経ってから食べたせいもあってか、餡はそれほどアツアツでは無かったかも。

■追い飯
・麺を食べ終わると、丼の底にタレや具が残るので、追い飯を投入した。
・追い飯は、小皿に入れた白ご飯で、まぜそばと同じタイミングでの提供。
・ご飯を混ぜるとタレは多少マイルドになるが、バランス的にはご飯の量が少なめなので、タレに混ざったミンチの旨味やニラの風味をよく味わえた。

■全体的な味の感想
・麺は、以前にマルショウで食べた時と較べると少し緩い感じもしたけど、ややモチッとしていてタレとの絡みも良好だった。
・タレは、卵黄混じりのトロミと丸みに、唐辛子の刺激感と海老油の香ばしさがバランス良く組み合わさっていて良かった。今回は、ニンニクを入れなかった事もあり、ややマイルド気味にも感じたが、その分海老の風味がよく生きていたと思うし、麺や具とのバランスも良好で良かった。
・水餃子は、サイドメニューとしてなら悪くなかったけど、まぜそばのトッピングとしては、タレや海老との相乗感はあまり無かったかも。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【大阪市中央区】らーめんstyle JUNK STORY

らーめんstyle JUNK STORY 【地鶏と帆立の塩らーめん】

地鶏と帆立の塩らーめん(中盛)(1000円)

地鶏と帆立の塩らーめん(中盛)の麺

■来店の経緯等
・2013年10月の平日の晩、3週間ぶり、25回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・「俺のラーメン 創作Cup!(第0回決勝戦)」の1軒目のお店として訪問。

■食べたメニュー
・限定の創作麺「地鶏と帆立の塩らーめん」中盛(1000円)
(2013年10月19日(土)から11月10日(日)までの期間限定。1日40食以上)

創作麺のメニュー案内

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客2人。
・カウンターの9番席に案内されて座り、壁のメニュー案内を見て「地鶏と帆立の塩らーめん」を麺中盛で注文。
・店員さんは男性3人。社長さんは居なかった。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで9分。

■麺
・長方形の中太ストレート。
・白くて加水やや高めの、ムチッと滑らかな結合感があって、ほんの少しだけプリッとした張りを感じる麺質。食感は、ムチッとしてやや軽めの弾力のある歯ごたえ。
・麺の味は、やや多加水系であっさりとした粉の味わい。
・スープとの絡みはあっさりしている。スープの出汁の旨味がほんのりと絡んで、麺の味主体で食べる感じ。

■スープ
・清湯の獣系魚介塩。
・清湯の塩ながら出汁が少し濁った濃厚な感じで、油が少し浮かんでいる。
・出汁は獣系ベースに魚介。獣系は恐らく鶏で、出汁感は濃厚ながら旨味やコクはあっさりとした繊細な味わい。
・魚介は、帆立メインに昆布か何かもプラスされている感じで、こちらも濃厚で出汁感に厚みがありながら素材の旨味やコクはマイルドで、優しく繊細な味わいだった。
・タレの塩のコクは控えめでマイルド。
・タレの味付けはおとなしめで、出汁の繊細さを生かしている感じ。塩気は少なめで、塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・鶏ムネ肉のタタキは厚切りのスライス。表面は炙っていて香ばしくて、中はしっとりとした滑らかな弾力のある歯ごたえ。味付けはあっさりしていて、ほのかに柑橘っぽい風味があって、繊細なスープとのバランスも取れていた。
・帆立は、大きいのが2枚と小さいのも1枚入っていた。柔らかい歯ごたえに、貝柱と大きな生殖巣の組み合わさったあっさりとした味で、スープと合っていた。生殖巣は、赤い雌と白い雄が一枚ずつ入っていた。
・味玉は、黄身がトロッとしていてタレの味付けが効いており、スープとのバランス的に濃い味付けに感じた。
・カイワレは、苦味の主張は控えめで、麺とよく絡んでいた。
・色の付いた細かい乾物魚介の繊維の破片みたいなのが多めにトッピングしてあった。スルメか貝柱の乾物を細かくカットして戻したような歯ごたえに、出汁を取った後みたいなあっさりした味で、スープとよく馴染んでいた。最初はスルメかと思ったけど、スルメにしてはあっさりしていたので、恐らくは、ほぐした帆立貝柱の乾物だったと思う。
・海苔は、風味が薄味のスープと合っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、スープとの絡みが控えめで、麺自体のあっさりとした味をよく味わえたのが良かった。
・また、このラーメンでは、麺は中盛にせずに並を選択した方が良さそうに思った。
・スープは、レギュラーの塩ラーメンと較べるとタレの味付けが控えめで、出汁の繊細な味わいが主役の味の組み立て。出汁感は濃厚ながら旨味やコクがガツンとは来ない優しい味で、ある意味マニア向けだと思った。
・具は、鶏のタタキが厚切りで旨かった。スープともケンカしてなくて良かった。
・具の帆立は、味がそれほど強くなくて、スープの一部といった感じの味わいだったかも。
・干し貝柱か何かの細長い乾物みたいなのは、何故入っているのかよく分からなかったけど、スープとは馴染んでいたと思う。
・濃い味付けが好きな人向きではないと思うけど、わかる人にはわかるタイプの旨さだと思った。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【奈良市】らーめん小舎 熊っ子

らーめん小舎 熊っ子 【レギュラーらーめん(しょうゆらーめん)】

レギュラーらーめん(しょうゆらーめん)(610円)

レギュラーらーめん(しょうゆらーめん)の麺

■来店の経緯等
・2013年10月の平日の晩に訪問。
・ブログに書くのは初めてだが、過去に何回か訪問した事があり、今回は7年ぶりの訪問。

■食べたメニュー
・レギュラーらーめん(しょうゆらーめん)(610円)

■お店への到着から提供までの概要
・このお店は、大和西大寺駅前から少し南に入った場所の飲食街「国見小路」の中にある。
・お店への到着時には先客無し。

らーめん小舎 熊っ子

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見てデフォの「レギュラーらーめん」を注文。しょうゆ、しお、みそ、とんこつの4種類から「しょうゆらーめん」を選択。
・店員さんは3人で、男性2人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・紙オシボリも出してくれた。
・店内の内装はウッディーでログハウス風。
・注文から提供まで4分。

■麺
・四角い縮れた中細麺。
・少し黄色くて、表面がツルッとしてプリッと滑らかで、少しだけ丸みを帯びていてモッチリとした質感と張りのある麺質。食感は、やや柔らかめながら、縮れ麺らしい口当たりとプリッとしてモチッとした弾力があって、歯切れも良好だった。
・麺の味は旨味があってしっかりしている。
・スープとの絡みはあっさりしているが良好。スープの旨味がよく絡んで、麺とのバランスも取れていた。

■スープ
・清湯の醤油。
・あっさりしていて、表面に油が浮かんでいて口当たりは多少滑らか。
・出汁は、恐らく清湯獣系ベースに昆布か何かの旨味がプラスされていて丸みのある味わい。獣系の出汁はよく分からない感じだったけど、旨味が強くて丸みがあって、決して薄っぺらくは無かったと思う。
・タレの醤油はやや濃いめで、適度なコクを感じる。
・味付けは濃いめで少し塩気もあるけど、タレの旨味と醤油のコクに油の風味と口当たりがバランスしていて、上手く整った味。刺激感は無い。

■具材
・チャーシューは、少しだけ厚みのある肩ローススライス。脂身少なめで、柔らかいながらややパラッとした質感の歯ごたえに、タレの旨味と塩気がやや強めの味付け。
・メンマは平べったい。柔らかくて滑らかな繊維感のある歯ごたえに、味付け控えめで噛むとほのかにタケノコの風味を感じる味わい。
・太モヤシは程よく茹でてあり、適度に水っぽくてパリッとした歯ごたえに、サッパリとした味で、麺と絡めるとモヤシが麺に勝ち気味だった。
・白ネギの輪切りは香味が結構強めで、モヤシと一緒になって薬味の役割を果たしていた。
・海苔は味付け海苔だった。

■全体的な味の感想
・麺は加水高めでプリッとしてモチッとした縮れ麺で、それほど太くなくてスルッと食べられる感じだった。
・スープは、出汁の主張はそれほど強くないけど、旨味に厚みがあって良くまとまっていた印象。濃い味ながら口当たりが良くて、飲んだ後の〆にも良さそうな感じだった。
・具は、白ネギに香味があって良かった。太モヤシは、単体では良かったけど、麺と絡むと麺をスポイルする感じだったかも。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【大阪市福島区】中華そば 無限

中華そば 無限 【肉そば】

肉そば(800円)

肉そばの麺

■来店の経緯等
・2013年10月の平日の晩、2週間ぶり、5回目の訪問。
・今回は、期間限定メニューの「肉そば」に興味を持ったので訪問してみた。

■食べたメニュー
・期間限定の「肉そば」(800円)
(2013年10月15日(火)から11月30日(土)までの期間限定。昼・夜各30食限定)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客7人で、1席だけ空いていた。
・U字型のカウンター席に座り、メニューを見て「肉そば」を注文。
・店員さんは男性2人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・荷物入れのカゴが床に置いてあり、セルフ。
・注文から提供まで5分。

■麺
・長方形で平打ち気味の中太ストレート。
・加水中くらいかやや高めの、表面が滑らかで多少プリッとしながら中身が詰まった感じの張りとエッジ感のある麺質。食感は、固くはないけど滑らかでしっかりとした弾力とコシがあって、平打ち気味ながらやや強めの歯ごたえ。
・麺の味はあっさりとした粉の味わい。
・スープとの絡みは良好。スープの醤油混じりの魚介のコクがよく絡む。スープの味の方が少し強い気もしたが、バランスはまあ取れている。

■スープ
・清湯の獣系魚介醤油。
・色が濃くて、魚介のパウダー感が少しあって、表面には獣系の油が少し浮かんでいる。
・出汁は清湯獣系ベースに魚介で、魚介が強め。獣系は旨味のベースになっている感じで、魚介とタレの方が強い。
・魚介は、恐らく煮干しに昆布と節系か。昆布系の強い旨味と、煮干し系のややザラッとした濃厚な風味が組み合わさった、魚介の厚みのある味わい。
・タレの醤油はかなり濃いめでコクと塩分が強めだが、タレには多少の甘味もあって、多少の醤油のフレッシュさを感じながらも丸みがあってカドは無い。
・味付けは濃いめだが、魚介メインの出汁の旨味がバランスしていて、塩分強めながらピリッとはしておらず、刺激感も無い。

■具材
・肉は薄切りで折り重なった豚バラ肉で、脂身と肉の部分が一体化しているようなテイスト。ムチッと滑らかで柔らかな弾力のある歯ごたえに、味付け控えめであっさりとした肉の味わい。
・味玉は黄身がトロッとしていて味付き。
・メンマは四角くて太い。滑らかで噛むと沈み込むような歯ごたえに、あっさりとした旨味のある味付け。
・青ネギの斜め切りは、スープとのバランス的には主張控えめで、しなやかな歯ごたえがあった。

■全体的な味の感想
・麺は、プリッと引き締まった弾力があって強めの歯ごたえで、スープの魚介のコクとの絡みは良好だった。麺の食感の方を強めにする事で、濃い味のスープとのバランスを取っているようにも感じた。
・スープは、昆布の旨味と煮干しのコクに醤油ダレの甘辛くて濃い味が組み合わさった、濃厚で力強い足し算の味。塩分濃度強めながら魚介出汁に引き寄せられて、思わずスープまで完食してしまった。
・具は、肉が薄切りながら縮れて折り重なっていて、柔らかな弾力のある歯ごたえにあっさりとした味わいで、スープとも合っていた。
・個人的には、ネギがもう少し欲しい気もしたけど、油少なめで魚介強めのスープにはこれぐらいの量の方が良かったのかも。
・名前通り、肉とスープとの組み合わせが主役のラーメン。ただし、麺と肉との一体感はあまり感じなかったかも。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【松阪市】麺や 青雲志

麺や 青雲志 【特製秋薫る正油らぁ麺】

特製秋薫る正油らぁ麺(1200円)

特製秋薫る正油らぁ麺の麺

■来店の経緯等
・2013年10月19日(土)の昼、2か月ぶり、27回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)

■食べたメニュー
・期間限定の「特製秋薫る正油らぁ麺」(1200円)
(2013年10月17日(木)から10月27日(日)までの期間限定。1日約7食)

メニュー案内

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の9時59分頃。既に4人待ち。
・待ち人数は、10時6分頃に9人、10時25分頃に12人、10時35分頃に16人だった。
・開店は10時57分。
・最初に店内の券売機で食券を買う。「特製秋薫る正油らぁ麺」は、「特製正油らぁ麺」(900円)に「味玉・限定券」(100円)と「トッピングB(限定用200円券)」を購入する。
・厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで8分。

■麺
・四角い少しウエーブのかかった中細麺。
・少し黄色くて、表面がヌルッと滑らかで、キメが細かくてボリューム感とエッジ感のある麺質。食感は、滑らかでしなやかな張りがあって気持ちの良いはごたえ。
・麺の味は、強くはないけど粉の旨味とコクを感じる味わい。
・スープとの絡みは良好。麺の表面がスープとよく馴染んでいて、スープのキノコの風味と旨味が程よく絡んで麺の旨さを引き立てていた。

■スープ
・清湯のキノコ魚介醤油。
・あっさりながら、少しトロッとした油が浮かんでいて口当たりは滑らか。
・出汁はキノコと蛤の魚介。キノコはシメジと松茸で、どちらかと言うとシメジがメインの、優しい風味とコクを感じる味わい。
・魚介は蛤メイン。シジミやアサリよりも丸い感じのあっさりとした旨味が、キノコ出汁と組み合わさって旨味を強めていた。
・タレの醤油はやや濃いめながら熟成していてカドは無く、旨味メインの味わいが出汁の旨味を引き立てていた。
・多少の塩気はあるけど、塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・蛤は貝殻付きで、しなやかで柔らかい歯ごたえに、独特のスッキリとした旨味とコクのある味わい。ちなみに、昨年の提供時には蛤が二枚で今年は一枚だが、その分、今年の方が大きい蛤を使っていた。
・キノコは、松茸、ぶなしめじ、えのき茸、ハナビラタケ、なめこ、舞茸、黒あわび茸の7種類。全般的に、スープとケンカせずに調和していた印象。
・松茸は、白くて薄切りのスライスで、具のボリューム的には他のキノコの方が多かった。ちなみに、店内のメニュー案内には「白松茸」と書いてあったが、後で調べたところ「白松茸」という名称のキノコは無くて、北米産などの色白の松茸か、またはモミタケの俗称の模様だが、恐らくは前者だと思う。
・ハナビラタケは、スープがよく絡んでいて、サクッと軽い歯切れが心地良かった。
・なめこは大きかった。
・黒あわび茸は、見た目は椎茸っぽかったけど、椎茸ほど味が強くなくてあっさりとした風味があった。
・蛤の貝殻の上に、大豆、枝豆、銀杏が乗っていた。銀杏は枝豆と同じ感じの色合いで、クセが控えめで独特のムニュッと滑らかな歯ごたえだった。

■全体的な味の感想
・麺は、以前に食べた細麺とは麺質が変わっていた。滑らかでキメが細かくて口当たりが良く、粉の味わいが豊かになっていて、スープとよく合っていて良かった。食感的には卵が入っている気もしたけど、麺の味的には入っていない気もした。
・スープは、蛤の旨味とキノコの風味が組み合わさった、あっさりながら濃厚な味わい。
・具は、去年よりもキノコの種類が増えていて、銀杏とか枝豆も入っていて、秋らしさを感じる味わいなのが楽しかった。
・全般的に、去年の特製秋薫る正油らぁ麺とは別物に感じた。個人的には、今回の麺はかなり気に入ったけど、スープは去年のバージョンの方が松茸と蛤のシンプルな味で好きだったかも。とは言え、今年の方が「秋薫る」というメニュー名には合っていたと思う。
・このお店らしくて秋らしい、オンリーワンの味。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報

【尼崎市】尼龍

尼龍 【塩ラーメン】

塩ラーメン(650円)

塩ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2013年10月の平日の晩、4カ月半ぶり、2回目の訪問。
・7月21日から10月20日までの間、「兵庫らぁ祭2013」というスタンプラリーが開催されており、兵庫県は遠いので参加していなかったが、折角なので1軒ぐらい回ってみようと思い、このお店に訪問してみた。

■食べたメニュー
・チューハイレモン(350円)
・チャーシュー天ぷら(550円)
・地鶏唐揚(6個)(550円)
・塩ラーメン(650円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客6人。

尼龍

・厨房対面のカウンター席に座る。
・店員さんは男性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・まず最初に、「チューハイレモン」と「チャーシュー天ぷら」を注文。チャーシュー天ぷらは、注文が通ってからチャーシューを切って衣を付けて揚げていた。
・チューハイレモンは、アルコールとレモンと甘味とのバランスの良い味わいで、程よいレモンの風味がスッと鼻に抜ける。チェーン居酒屋のチューハイよりは旨いと思った。

チューハイレモン(350円)

・チャーシュー天ぷらは、厚切りのチャーシュースライスの天ぷら。
・カリッとした衣と、適度な弾力があって柔らかいチャーシューとの、いもの天ぷらみたいなハーモニー感のある歯ごたえで、脂身はトロっとしてプリッとしたコラーゲン感があって少しネットリしていて、肉の部分の歯ごたえはサッパリとしていた。
・味は、多少の塩気と脂身の甘めのコクのある、あっさりとした肉っぽさを感じる味わい。

地鶏唐揚(6個)(550円)

・次に、「地鶏唐揚(6個)」を注文。こちらも注文が通ってから衣を付けて揚げていた。
・地鶏唐揚は、衣が少しカリッとしていて、多少のニンニク醤油系の下味が付いていて、その上からタレが掛かっている。
・鶏肉はモモ肉のカットで、ジューシーでジュワッと柔らかくてプリッとした弾力のある歯ごたえに、あっさりとしたなかにムチッとしたコッテリ感のある味わいだった。

地鶏唐揚(6個)(550円)

・最後に、塩ラーメンを注文。
・注文から提供まで3分。

■麺
・長方形で平打ち気味の中太ストレート。
・白くて加水やや高めの、表面が滑らかでほんの少しだけプリッとしていて中身が詰まった感じの、エッジ感のある麺質。食感は、やや固めの茹で加減で、滑らかでしなやかな弾力を感じる舌触りながら、意外と引き締まってしっかりした強めの歯ごたえ。
・麺の味はあっさりしている。
・スープとの絡みは、あっさりながらバランスは取れている。スープのあっさりとした旨味がサラッと絡んでいて、ほんの少し隠し味的に柑橘系か何かの香味の絡みも感じた。

■スープ
・清湯の塩。
・あっさりしていて、油が少し浮かんでいる。
・出汁は獣系ベースに魚介で、野菜も少し入っているかも。獣系はあっさりとした旨味のある味わいで、コクの主張はやや控えめかも。
・魚介は恐らく昆布と節系か。こちらも、出汁感はきちんとあるけど、あっさりとした旨味がメインで素材のコクの主張は控えめに感じた。
・タレは、塩のコクがあって、旨味と厚みのある結構しっかりめの味付け。バランス的には出汁よりもやや強い感じながら、タレの味で出汁を隠すというよりも、出汁と組み合わさっている感じだった。

■具材
・チャーシューは、やや厚みのあるバラと肩ロースのスライスが1枚ずつ。脂身は少しプリッとしてもっちりとしたコラーゲン感があって、肉の部分は程よい繊維の弾力感があってムッチリとしながらサクッとした歯ごたえに、あっさりとした醤油系のタレの味付けが脂身の丸みと肉の旨味を引き立てる味わい。
・味玉は、黄身がトロトロであっさりと甘い味付け。
・メンマは細長い。ゴボウみたいにポリッとした歯ごたえにあっさりした味付け。
・白ネギは、優しい存在感があってスープに合っていた。
・ワカメが少し入っていて、ほのかなワカメの風味があった。

■全体的な味の感想
・麺は、滑らかながら歯ごたえが適度に強いのが良かった。
・スープは、醤油ラーメンよりも油少なめであっさりとした出汁感があって、一見ワカメスープ的な普通っぽいテイストながら、決してウスウスの出汁をタレで整えた味ではなくて、きちんと出汁とタレとのバランスの取れた味だったと思う。
・具は、チャーシューは旨かったけど、先に食べたチャーシュー天ぷらの方が印象に残ったかも。
・ラーメン以外では、チューハイレモンが旨かった印象。
・チャーシュー天ぷらは、カリッとした衣と弾力のあるチャーシューの歯ごたえとの組み合わせが良かった。
・地鶏唐揚は、柔らかいながらプリッと弾力のある鶏モモ肉の歯ごたえが良かった。
・個人的には、どちらかと言うと地味な味のラーメンに感じたけど、こういう味が好きな人もいると思う。
・地元にあればまた来たいタイプのお店。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)
※ラーメン単体のお気に入り度です。

■その他
・食後の会計時に、「兵庫らぁ祭2013」のスタンプを押してもらった。

「兵庫らぁ祭2013」の参加用紙

■お店の情報

【盛岡市】末廣ラーメン本舗 盛岡分店

末廣ラーメン本舗 盛岡分店 【中華そば】

中華そば(並)(680円)+別丼のネギ

中華そば(並)(680円)

中華そば(並)の麺

■来店の経緯等
・2013年10月、北東北に遠征。3日目の昼と夕方の合間の時間に初の訪問。
・このお店は、秋田県に本店のある、新福菜館リスペクトのラーメン店「末廣ラーメン本舗」の盛岡分店。ちなみに、末廣ラーメン本舗をブログで書くのは初めてだが、秋田県の秋田駅前店には3年前に一度訪問した事がある。
・このお店は事前には調べていなかったが、もう1軒行けば今回の遠征の20軒目になる事に気付いたので、盛岡駅への帰り道の途中、盛岡の繁華街「大通」にあるこのお店に立ち寄ってみた。

■食べたメニュー
・中華そば(並)(680円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は16時13分頃。先客無しの後客4人。

末廣ラーメン本舗 盛岡分店

・最初に券売機で食券を買い、厨房対面のカウンター席に座り、注文。
・店員さんは男性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。冷水機もある。
・カウンター席の背後には、荷物置きの棚があった。
・注文から提供まで3分。ラーメンと一緒に、別丼でネギも出してくれた。

■麺
・四角い中細ストレート。
・白くて加水中くらいの、表面が滑らかで張りのある麺質。食感は、多少のもっちりとしたコシがあって、少しパツンとした感じの歯ごたえ。
・麺の味はあっさりしている。
・スープとの絡みは良好。スープの旨味と醤油のコクがよく絡む。バランス的にはスープの味の方が少し強いけど、バランスは取れていると思う。

■スープ
・少し濁った獣系醤油。
・白湯じゃなくて微乳化ぐらいのスープ。トロミは無いけどややオイリーで、表面に乳化した獣系の油が浮かんでいる。
・出汁は獣系。出汁感は割とサラッとしているけど、豚の油のコクがあって肉の出汁も入っている感じの、タレの旨味と組み合わさった感じの味わい。メニュー説明では野菜も入っていると書いてあったが、タレの味が強くてよく分からなかった。
・タレの醤油は濃口。コクは強いけどカドは無くて、タレの旨味や多少の甘味と組み合わさって厚みのある味わい。
・味付けは結構強めで、旨味で丸まっているが塩気もそこそこ感じる。

■具材
・肉は、タレで煮込んだ薄切りのモモ肉が多めに入っている。煮込んで少し引き締まりながらも肉の弾力を感じる歯ごたえに、タレの味が効いた、脂身の甘味混じりの肉っぽさと旨味のある味わい。
・ネギは別丼。今回は入れずに食べた。

■全体的な味の感想
・麺は、あっさりとした味わいでスープとの相性も良かったと思う。
・スープは、醤油の強めのコクとタレの旨味と多少の肉っぽさとがガッチリと組み合わさった味わいで、関西風とはひと味違うパンチがあるのが良かった。
・具は、タレで煮込んだモモ肉が多めに入っているのが良かった。
・以前に秋田駅前店で食べた時にも思ったけど、京都の新福菜館リスペクトとの事だが、個人的には新福菜館とは別物に感じたかも。
・たまに食べたくなるタイプの味。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■おまけ
・このお店を出た後、盛岡駅に戻り、盛岡駅17時28分発の東北新幹線はやぶさ14号に乗って東京駅まで移動した。

盛岡駅の新幹線はやぶさ14号(新幹線E5系)

・はやぶさ14号は全席指定で全席売り切れの満席だったので、立席特急券で移動した。

はやぶさ14号のデッキ

・東京駅からは、20時0分発の東海道新幹線のぞみ259号に乗って関西まで帰った。

京都駅の新幹線のぞみ259号(新幹線N700系)

■お店の情報

【盛岡市】支那めん処 はすの屋

支那めん処 はすの屋 【支那麺】

支那麺(550円)

支那麺の麺

■来店の経緯等
・2013年10月、北東北に遠征。3日目の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・支那麺(550円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は14時56分頃。先客無し。

支那めん処 はすの屋

・カウンター席に座り、壁のメニュー書きを見て「支那麺」を注文。
・店員さんは女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで3分。

■麺
・四角い縮れた中細麺。
・白くて加水やや高めの、表面がツルッとしていて優しい張りがあって、透明感のある麺質。食感は、優しい縮れ感とプルッとした弾力があって心地良い歯ごたえ。
・麺の味はあっさりしている。
・スープとの絡みはあっさりしていて、スープのコショウらしき風味がサラッと絡んでいる。

■スープ
・清湯の醤油。
・あっさりしていて、油は少なめ。
・出汁は、恐らくは清湯獣系ベースに魚介だと思う。あっさりと澄み切っていてコクの主張は控えめで、そこにコショウの風味が効いているので何の出汁かよく分からない感じ。
・タレの醤油は薄口で、コクもあっさりしている。
・タレの味付けは控えめで、タレの旨味や塩気も少なめだが、コショウの香味が隠し味的に効いていて、これがバランス的に結構強く感じた。

■具材
・チャーシューはやや薄切りの巻きバラスライス。箸でつかむと切れるトロッと柔らかい歯ごたえに、脂身の甘味混じりの旨味のある味付け。
・メンマは平べったいのと細いのが混じっていた。滑らかで繊維感のある歯ごたえに、あっさりとしてほのかにショウガの効いた味付け。
・海苔は小さめでスープに浸っており、箸でつかむと崩れた。
・ナルトはフワッとしていた。
・白ネギの輪切りは、優しい歯ごたえと風味がスープと合っていた。

■全体的な味の感想
・麺は結構好みのタイプで旨かった。スープとのバランスも取れていた。
・スープは、あっさりと澄み切ったシンプルな味なのは良かったけど、コショウの風味が結構強めに効いていた印象。コショウは、麺を引き立てるという意味では悪くはなかったけど、個人的には、もう少し出汁の風味や旨味を感じたかったかも。
・ラーメンの見た目は素敵だし、また、麺のレベルは高いと思ったので、スープがやや惜しい感じもしたが、盛岡でこの味が支持されているのならこれで良いのかも。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【盛岡市】鶏白湯そば 東座

鶏白湯そば 東座 【鶏白湯ラーメン】

鶏白湯ラーメン(600円)

鶏白湯ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2013年10月、北東北に遠征。3日目の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・鶏白湯ラーメン(600円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は昼営業終了間際の13時50分頃。外待ち無しの先客12人。

鶏白湯そば 東座

・最初に店内の券売機で食券を買う。券売機の左上は「あっさり出汁ラーメン」だが、おススメを聞いて「鶏白湯ラーメン」を選択。
・厨房対面のカウンター席に座り、注文。
・店員さんは3人で、男性2人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・紙オシボリが券売機の横に置いてあり、セルフ。
・注文から提供まで7分。

■麺
・長方形でウエーブのかかった、少し太めの中細麺。
・少し黄色くて加水やや低めの、表面が滑らかで、ゴワッとはしていないけどやや中身が詰まった感じの主張のある麺質。食感は、少しだけ粘りを感じるけどザクッとキレの良い歯ごたえ。
・麺の味は、しっかりしていて粉の甘味を感じる。
・スープとの絡みは、スープのトロミと甘味がよく絡んで、麺の味とよく組み合わさっていた。

■スープ
・白濁した鶏白湯醤油。
・少しトロッとしていて多少の油もあるが、それほどコッテリはしていない。
・出汁は鶏の獣系と野菜。獣系は鶏の旨味がメインで、ゼラチン感とかマッタリ感、コッテリ感はそれほど強くない。
・野菜は、トロミとデンプンっぽい甘旨さがあって、鶏の旨味と組み合わさってコーンスープみたいなトロミと甘味のある味わい。
・タレの醤油はカドがなくて甘旨い味付けで、出汁とうまく組み合わさっている。
・塩気は強くなくて、塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・チャーシューは少し厚みのあるバラスライス。表面を炙っていて、脂身はトロッと柔らかくて肉の部分は少しだけ引き締まった歯ごたえに、脂身の甘味混じりの旨味があって炙った香ばしさのある味わい。
・メンマは幅広で平べったい。柔らかいながら漬物みたいにポリッと張りのある歯ごたえ。
・青白ネギの輪切りは、スープとよく馴染んでいた印象。
・その他、大きめの海苔が乗っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、適度な主張があって、スープとの相性も良かった。
・スープは、鶏と野菜のトロッと甘旨いテイストで、あまりコッテリしておらずに後を引く旨さだった。
・個性的でよくまとまった鶏白湯ラーメンだった。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【盛岡市】中華そば 弥太郎

中華そば 弥太郎 【中華そば】

中華そば(550円)

中華そばの麺

■来店の経緯等
・2013年10月、北東北に遠征。3日目の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・中華そば(550円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は12時3分頃。外に2人待ち。
・外で待っている間にメニューを渡されて注文を聞かれたので、「中華そば」を注文。
・到着から5分後に入店。先客14人。カウンター席に案内されて座る。
・店員さんはホールに女性2人。別室の厨房にも何人か居る。
・入店から提供まで2分。

■麺
・四角いウエーブのかかった中細麺。
・加水やや低めか中くらいで白い粉以外の部分も少し混じっている感じの、表面はツルッとしているがプリッとはしておらずに多少のソリッド感とエッジ感のある麺質。食感は、噛むとザクッとした感じがあって、少し粘りながら切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりながら粉のコクを感じる味わい。
・スープとの絡みは、あっさりながらバランスは良好。スープの旨味がサラッと絡んで麺の旨さで食べる感じ。

■スープ
・清湯の醤油。
・あっさりしていて、表面に黄色い油が浮かんでいる。
・出汁は、恐らく鶏の獣系に魚介の和風テイスト。獣系は、あっさりとした旨味があって油のコクの主張はおとなしめ。
・魚介は恐らく煮干昆布系で、素材のコクよりも旨味メインの和風出汁テイスト。
・タレの醤油は薄口だが、関西風よりは少し濃いかも。
・タレの味付けはあっさりしていて、出汁の旨味がメインの良質感のある味わい。塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・チャーシューは厚切りのバラスライス。トロッと柔らかい歯ごたえに、脂身の甘味混じりのあっさりと甘い味付け。
・メンマは長方形で太い。滑らかでポリッと軽快な繊維感のある歯ごたえに、あっさりとしてほのかにショウガの風味と甘味を感じる味付け。
・白ネギ輪切りは、シャリッと優しい歯ごたえでスープに合っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、ほのかなフスマ感の主張があるのが良かった。
・スープは、出汁の旨味メインの良質感のある味わいが素晴らしい。一見、関西でもありそうな感じながら、よく味わうと東日本の味かなと思った。
・インパクトとかパンチはないけど、これはよく出来ていると思った。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

中華そば 弥太郎(食後に撮影)

■お店の情報

【盛岡市】正太郎

正太郎 【濃厚魚ダシ中華そば】

濃厚魚ダシ中華そば(600円)

濃厚魚ダシ中華そばの麺

■来店の経緯等
・2013年10月、北東北に遠征。3日目の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・濃厚魚ダシ中華そば(600円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の10時45分頃。シャッターポール(開店前の待ちの先頭)。

正太郎

・開店は10時59分。荷物が多かったので、小上り席に座らせてくれた。
・「おすすめ」と書いてあった「濃厚魚ダシ中華そば」を注文。
・店員さんは、見える範囲で女性3人。厨房の中は見えなかった。
・水は出してくれた。お代わりはテーブルのポットでセルフ。
・店内の小上り席には床の間もあって、そこにはテレビも置いてあった。
・注文から提供まで4分。

■麺
・細麺縮れ。
・黄色くて加水中くらいでカンスイの効いた、プリッとはしていないけどややしっかりめの麺質。食感は、縮れ感があって、噛むと少しネチッとした感じで切れるような歯ごたえ。
・麺の味はしっかりしている。
・スープとの絡みは良好。スープの甘いコクが適度にあっさりと絡んで、麺の味を引き立てていた。

■スープ
・魚介醤油。
・濁っているけど恐らく白湯ではない感じで、表面に濁って色のついた油が少し浮かんでいる。
・出汁は魚介メイン。獣系はよく分からないけど、表面の油の感じからすると豚骨系かも。
・魚介は、細かい破片が大量に入っている感じの濃い味で、独特の甘旨いコクが強い味わい。煮干しにしては甘いので、焼干しなのかも。もしくは、アゴや節系も入っているのかも。
・タレの醤油はしっかりしているけど甘旨い味付けで、魚介のコクとタレの味付けが組み合わさった甘旨いコクの濃厚な味。
・濃い味なので、塩分はそこそこあると思うが、塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・チャーシューは厚みのある肩ローススライス。脂身がコラーゲン化していて、肉の繊維感があって弾力強めのしっかりした歯ごたえに、ほのかにショウガの効いた味付け。
・メンマは長方形で太くて大きい。繊維感があって、噛むと沈み込むけど噛み切るには結構強めの歯ごたえに、あっさりとしてショウガの効いた味付け。
・味玉は、黄身がトロッとしていて甘めの味付け。
・白ネギ輪切りは、シャリッと優しい歯ごたえと香味がスープに合っていた。

■全体的な味の感想
・麺は黄色い細縮れ麺で、スープとの相性が良かった印象。
・スープは、魚介が濃いのにコクがキツくなくて甘旨い味わいの個性的な味。
・具は、肉が弾力強めの歯ごたえで良かった。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■おまけ
・この日は、10時前に盛岡駅に着いた後、駅の近くの自転車屋でレンタサイクルを借りた。

盛岡駅構内の「北限の海女」の案内

・遠征の初日と2日目は雨だったけど、この日はようやくの好天で自転車日和だった。

岩手県道223号線(盛岡市前九年)

■お店の情報

【青森市】長尾中華そば 青森駅前店

長尾中華そば 青森駅前店 【ごぐえぎ(細麺)】

ごくえぎ(細麺)(750円)

ごくえぎ(細麺)の麺

■来店の経緯等
・2013年10月、北東北に遠征。3日目の朝に初の訪問。
・2日目の晩は青森駅近くのホテルに泊まったので、このお店に朝ラーで訪問してみた。

■食べたメニュー
・裏メニューの「ごくえぎ」(細麺)(750円)

裏メニューの案内

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は7時13分頃。外待ち無しの先客5人。

長尾中華そば 青森駅前店

・最初に店外の券売機で食券を買う。券売機の下の方に裏メニューのボタンがあったので、「裏メニュー(中)」の食券を購入。

店外の券売機

・入店して、厨房対面のカウンター席に座り、店員さんに食券を渡して注文。麺は、細麺、中太麺、手打麺の3種類から「細麺」を選択。
・店員さんは男性1人。
・水は冷水機でセルフ。
・注文から提供まで4分。

■麺
・四角い中細ストレート。
・白くて加水やや高めの、表面がツルッと滑らかでみずみずしくて、優しい張りとエッジ感のある麺質。食感は、プルンとした弾力があって、多少のしなやかなコシがありながら強ゴシ過ぎない、優しくてキレのある歯ごたえ。
・麺の味はあっさりした粉の味わい。
・スープとの絡みはそこそこで強くはないが、中細麺なのでバランスは良好。スープの煮干しのコクと風味が程よく絡んで、食欲をそそる味わいだった。

■スープ
・白濁した獣系煮干醤油。
・ほんの少しトロミはあるけど割とサラッとしていて、表面に乳化した油が少し浮かんでいる。
・出汁は、獣系ベースに煮干しの魚介で煮干しメイン。獣系は、多少の乳化の丸みはあるけど、バランス的にはやや控えめに感じたかも。
・魚介は、煮干しが大量に入っていて、煮干粉でキラキラしている。煮干しの濃厚なコクがガツンと効いていて、塩気や苦味も結構あるが雑味は少なめで、煮干しの旨味や甘味の味のふくらみがちゃんと感じられるのがお見事だと思った。
・タレの醤油は、割と強めでしっかりしていた。
・タレの味付けと煮干しの濃厚なコクが組み合わさっていて、やや塩気強めの味わい。

■具材
・チャーシューは、少し厚みのあるモモとバラのスライス。どちらもやや引き締まっていて歯切れの良い歯ごたえで、モモは少し塩気を感じる味付け。バラも味付け濃いめで、やや塩気を感じた。
・メンマは平べったい。滑らかな歯ごたえに、味付けは甘めで優しい甘辛さがある。
・青白ネギの輪切りは、やや青ネギ多めで、青ネギの風味は強くないながらも煮干しの風味を和らげる感じに働いていた。

■全体的な味の感想
・麺はツルッと滑らかで優しい張りがあった。個人的には、もう少し低加水の麺で食べてみたい気もしたが、こういう麺が青森の味なのかも。
・スープは、とにかく煮干しが濃厚なマニア向けの味。個人的には、西バイパス本店で食べた「こく煮干し」の方が味のバランスは良かったと思うけど、単にコクが濃いだけでなく、煮干しのリッチな味わいがあるのが素晴らしい。
・裏メニューらしい、個性の強いとんがった味。青森のラストでこれを食べられて良かったと思った。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■おまけ
・このお店を出た後、そのまま青森駅から新青森駅に向かい、新青森駅8時34分発の東北新幹線はやぶさ10号に乗って盛岡駅まで移動した。

新青森駅の新幹線はやぶさ10号(新幹線E5系)

・盛岡駅では、「はやぶさ10号」と「スーパーこまち10号」を連結していた。

盛岡駅のスーパーこまち10号(新幹線E6系)

盛岡駅のはやぶさ10号とスーパーこまち10号(併結前)

盛岡駅のはやぶさ10号とスーパーこまち10号(併結後)

■お店の情報

【青森市】麺匠とうぎょう

麺匠とうぎょう 【濃厚つけそば】

濃厚つけそば 小(200g)(650円)

濃厚つけそば 小(200g)の麺

■来店の経緯等
・2013年10月、北東北に遠征。2日目の晩に初の訪問。
・この日の晩は、「味の札幌大西」に行って終わりにするつもりだったが、20時30分過ぎに訪問したところ早仕舞いで閉店していたので、同じ「あおもりラーメン協会 第8回ラーメンスタンプラリー」参加店の中から近くにあるお店を探して、このお店に訪問してみた。

■食べたメニュー
・濃厚つけそば 小(200g)(650円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は20時44分頃。外待ち無しの先客5人。

麺匠とうぎょう

・入口側のカウンター席に座り、メニューを見て「濃厚つけそば」を注文。
・店員さんは男性2人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・店内は居酒屋か和食の料理店の居抜きっぽい造りで、間口よりも奥行きが広くて、入口側の厨房対面のカウンターと奥の座敷に分かれていた。
・注文から提供まで9分。

■麺
・四角い太麺ストレート。平べったいお皿に盛り付けてあり、水切りはやや緩めでそんなに強くは締めていない。
・白くて表面が滑らかで、みずみずしくて少しソフトな感じのエッジの効いた麺質。食感は、ムチッとソフトな弾力があって、意外としなやかなコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味はあっさりした粉の味わい。
・つけ汁との絡みはややあっさりしているが、つけ汁の味が濃くて麺の味はあっさりしているのでバランスは取れている。
・サクッと食べられて、麺の量は少なめに感じたが、店員さんの話では麺量200gは茹でる前の量との事だった。

■つけ汁
・白濁した獣系魚介醤油。
・油多めで、油混じりのトロミがある。
・出汁は獣系ベースに魚介。獣系は、油混じりのゼラチンのトロミの部分に感じた。
・魚介は、魚粉も入っている感じで結構コクが強めで、系統的には煮干しに鯖節などのミックスか。最初に海苔を食べた時に海老粉の風味を感じたが、その後は味が濃いので海老はよく分からなくなった。
・タレの醤油は濃いめ。タレの味付けは結構強めで厚みがあり、魚介のコクと組み合わさって一体化したような味わいだった。

・割りスープはカウンターのポットでセルフ。恐らくは鰹出汁か。つけ汁をスープで割ると、味の濃さと油っぽさが薄まるが、それでも結構強めの味だと思った。

■具材
・チャーシューは薄切りで小さめの短冊切り。トロッと柔らかめの歯ごたえに、脂身混じりの旨味のある味付け。
・メンマは平べったい。しなやかながらポリッとキレの良い歯ごたえに、あっさりした味付け。
・ホウレン草は、つけ汁に馴染んでシナッとしていてコクは控えめ。ちなみに、後で調べたところ、ホウレン草じゃなくて小松菜だったのかも。
・白ネギ輪切りは適度な香味があって、濃い味のつけ汁の中でも多少のアクセントになっていた。
・海苔はつけ汁の中央に乗っており、海苔で麺が沈まないので最初に食べた。海苔を食べた際に、つけ汁に海老粉も入っているように感じた。

■全体的な味の感想
・麺は、ムチッとソフトでみずみずしくて、200gだとサクッと食べられた。
・つけ汁は、獣系の油混じりのトロミがあって、魚介とタレの味が組み合わさった強めの味で、麺との相性も良かった。
・この味が青森風なのかはよく分からないけど、全体的によくまとまっていて良かったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■その他
・食べた後の会計時に、「あおもりラーメン協会 第8回ラーメンスタンプラリー」の3つ目のスタンプを押してもらい、ゴールした。

■お店の情報
記事リスト
2013年11月の記事
プロフィール

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ