【大東市】麺や而今

麺や而今 【つけ麺 アメリケーヌ】

つけ麺 アメリケーヌ 大盛(880円)

つけ麺 アメリケーヌ 大盛の麺

■来店の経緯等
・2013年9月22日(日)の昼、5週間ぶり、7回目の訪問。
・今回は、「俺作決勝戦 禁止食材限定コラボ」の「つけ麺 アメリケーヌ」目当てで訪問してみた。
・ちなみに、「俺作決勝戦 禁止食材限定コラボ」とは、「俺のラーメン 創作Cup!」というラーメンイベントの一環として、指定の食材を使ったコラボ限定を提供する企画で、今回は、麺や而今さんが東京の麺屋一燈さんの理論を用いたプチコラボとして、伊勢海老を使ったメニューを提供された。

■食べたメニュー
・限定の「つけ麺 アメリケーヌ」大盛(880円)
・〆のミニライス(30円)
(2013年9月21日(土)から9月23日(月)までの期間限定。1日25食限定)

メニュー案内

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の9時58分頃。既に3人待ち。
・10時頃、店主さんに整理券を貰った。今回は、行列への横入りによる限定売り切れ対策として、整理券を持っている人だけが限定を注文できるシステムを取っており、整理券を貰っても時間まで並ぶ必要があった。
・この日はよく晴れた暑い日で、お店の入口ではミストシャワーを出していた。
・待ち人数は、10時20分頃に12人、10時30分頃に17人、10時40分頃に21人で、10時46分頃に限定数越えの26人だった。
・10時40分頃、外で奥様に注文を聞かれて、限定の「つけ麺 アメリケーヌ」の大盛りと〆のミニライスを注文。
・開店は11時。この時点で30人待ち。カウンター席に座る。
・店員さんは5人で、男性2人と女性3人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・入店から着丼まで8分。

■麺
・長方形の四角い太麺ストレート。やや中太寄りの太麺で、麺線は少しだけ長め。
・トマトエキス練り込みで赤くて、加水高めでみずみずしい。それほど強くは締めていなくて表面はあまりプリッとはしておらずに、柔らかい張りのある麺質。食感は、しっとりとして優しい弾力があって、コシは強くないけど軽快で気持ち良い歯ごたえ。
・麺の味は、ほのかなトマトの甘味と風味を感じる味わい。
・つけ汁との絡みは良好。伊勢海老の風味がフワッと絡んで、トマトと野菜の甘いコクがよく絡み、麺との相性は良好だった。

■つけ汁
・白濁した獣系海老ベジポタ。
・少しトロミがあって、表面には膜が張っていた。
・出汁は、鶏白湯の獣系ベースに野菜と海老。獣系は、トロミと丸みの部分に感じる。獣系はあまり前に出ずにベースになっており、トマトや野菜と組み合わさって味を丸めていた。
・海老は、香ばしくて濃厚な風味がありながら、トマト等とのバランス的にはそれほど突出しておらず、麺との絡みではつけ汁のトマトの味の中からフワッと顔を出す感じ。
・トマトは、柔らかな甘味と旨味があって、酸味は少なめ。
・味付けは、トマトベースに海老の風味と結びついた感じの塩気があって、そこに具のモッツァレラチーズのコクが加わった、割とマイルドな洋風テイスト。バジルペーストみたいなのがトッピングされているように見えたが、バジル系の香味はあまり感じなかったと思う。

■具材
・ベーコンは小さくカットしてある。表面を少し炙っていて、柔らかい弾力のある歯ごたえに塩気の効いたベーコンの味わい。
・ホウレン草の葉っぱは、シナッとしなやかで柔らかい歯ごたえに、サッパリとしたコクがあってチーズやつけ汁とよく絡んでいた。
・モッツァレラチーズは、つけ汁の中でトロッととろけてホウレン草に絡んでいた。塩気の無いミルキーなコクがあって、つけ汁にチーズのコクをプラスしていた。

■〆のミニライス
・麺を食べ終わった後、つけ汁に〆のミニライスを投入してみた。

〆のミニライス(30円)

・つけ汁が減っていたせいか、バランス的にはつけ汁の味はマイルド気味で、その分、底のモッツァレラチーズがよく絡んでチーズのコクの効いた味わいだった。

■全体的な味の感想
・麺は、みずみずしくて優しいトマト風味で、つけ汁との相性も良好で良かった。まさしく、今回のつけ汁の為の麺という感じだった。
・つけ汁は、鶏白湯のベースに海老とトマトと野菜をバランス良く組み合わせた、マイルドながら厚みのある味。トマトの赤に、ホウレン草の緑とチーズの白が組み合わさったイタリアンテイストで、麺との絡みではチーズよりも海老の方が強かったけど、〆のミニライスではチーズがよく絡んでいた。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■その他
・レジの所に、「大阪好っきゃ麺2013秋の陣」のスタンプシートが置いてあったので、1枚貰っておいた。
・このスタンプシートには日付の欄がないので、このお店のスタンプは先に押してあった。

大阪好っきゃ麺2013秋の陣のスタンプシート

■お店の情報
スポンサーサイト

【橿原市】橿原スタミナラーメン

橿原スタミナラーメン 【スタミナラーメン】

スタミナラーメン(400円)

スタミナラーメンの麺

■来店の経緯等
・2013年9月21日(土)の晩に初の訪問。

■食べたメニュー
・スタミナラーメン(400円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は20時22分頃。外に6人待ち。

橿原スタミナラーメン

・到着から55分待ちで入店。ちなみに、自分が店外待ちの先頭になった後、いつまで待っても呼んでくれないので、店内のお客が出るタイミングで店内を見たところ、既に3席ほど空席があった。入店後の店員さんの話では、このお店では自分で店内の様子を確認して入るとの事だった。
・入店した時点で、自分の後ろには13人待ちだった。また、食べ終わってお店を出た時には、外に9人待ちだった。
・厨房対面のカウンター席に座り、壁のメニューを見て「スタミナラーメン」を注文。ちなみに、隣のお客の話ではサイドメニューの「ホルモン揚げ」がお勧めとの事で、確かに注文しているお客が多かった。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・店内は禁煙だった。
・注文から着丼まで13分。

■麺
・中くらいの太さのストレート。
・白くて加水低めで、滑らかな質感とボリュームがあって、エッジ感の無い麺質。食感は固くなくて、噛むとサクッと切れるキレの良い歯ごたえ。
・麺の味は、低加水らしい粉の旨味のある味わい。
・スープとの絡みはあっさりしているが良好。スープの辛味がサラッと絡んで、麺の旨さを引き立てている。

■スープ
・清湯のピリ辛醤油。
・あっさりしていて油が少し浮かんでいる。
・出汁は、清湯獣系ベースに野菜の煮汁が混じっている。獣系は出汁感控えめでタレの味の方が強い感じ。
・タレの醤油はやや濃いめで、薄過ぎず濃過ぎずの適度なコクがある。
・辛味は唐辛子系で、塩気強めのスッキリしたタイプのピリ辛。そこにタレの旨味が組み合わさっていて、スープの味を整えている。

■具材
・肉は少し厚みのあるバラ肉のスライス。歯ごたえはもっちりしており、味付けはほとんど無しで脂身の甘味混じりのあっさりとした肉の味に、スープの辛味がサラッと絡んでいた。
・野菜は白菜とニラとモヤシ。
・白菜は量が多くて適度に熱が入っている。白い部分は厚みがあってジューシーで、冬ほどではないが多少の白菜の旨味を感じる味わいだった。
・ニラは大きめのカットで、火が通っていて適度にしんなりとしなやかな歯ごたえで、味は割とあっさりしていた。
・モヤシは、シャキッとした歯ごたえがアクセントになっていた。

■全体的な味の感想
・麺は、低加水でサクッとキレの良い歯ごたえで、麺の味も旨かった。スープの辛味との絡みも良好。
・スープは、出汁のコクは控えめだったけど、スッキリとキレの良いピリ辛感があって、麺には合っていた。
・具は、白菜やニラの火の通り加減が良好なのが良かった。また、400円なのにきちんと厚みのある肉が入っていたのも素晴らしい。ただし、肉の味はあっさりしていたかも。
・スープはそれなりだったけど、麺は良かった。
・彩華や天スタと較べるとシンプルな味で、天理ラーメンとは似ているけどひと味違う、橿原のソウルフード系のラーメン。
・お気に入り度は主に味で付けているけど、値段やボリュームを加味した満足度はもっと高かったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【橿原市】しおや 一心

しおや 一心 【黄金スープの塩ラーメン】

黄金スープの塩ラーメン(680円)

黄金スープの塩ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2013年9月21日(土)の晩に初の訪問。

■食べたメニュー
・黄金スープの塩ラーメン(680円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は19時9分頃。外待ち無しの先客5人。

しおや 一心

・壁対面のカウンター席に座り、メニューを見て「黄金スープの塩ラーメン」を注文。
・店員さんは男性2人。
・水は出してくれた。お代わりは冷水機で、店員さんに頼んだら入れてくれた。
・注文から着丼まで3分。

■麺
・長方形で中くらいの太さの少し縮れた麺。
・加水高めの表面がツルッと滑らかで、透明感があるけど張りやボリューム感は強くない感じの麺質。強いて例えれば、ノンフライのインスタント麺っぽさを少し感じる。食感は固くなくて、ツルンと滑らかな中に適度な弾力のある歯ごたえで、スルッと食べられる。
・麺の味は多加水系の味。
・スープとの絡みは良好。スープの塩気と旨味がよく絡んでいて、麺との相性も良好だった。

■スープ
・清湯の獣系塩。
・あっさりしていて、油が少し浮かんでいる。
・出汁は清湯獣系ベースで、野菜も入っているかも。
・獣系は恐らく鶏で、出汁感はあるけど、タレの味が強いせいか、獣系の旨味や味わいの主張はそれほど強くなかった。
・タレは、塩のコクが立っていて、重たくはないけど塩気があってピリッとしている。タレの旨味も厚みがあって、貝か何かの魚介で旨味を出している感じだった。
・出汁か油かトッピングかよく分からなかったけど、最初の方はコクのある風味がフワッと立っていて、麺にも絡んでいた。
・塩気が効いた中に旨味が組み合わさった、ややキレのあるタイプだった。

■具材
・チャーシューは薄めのバラスライス。脂身はトロッと柔らかくて、肉の部分は柔らかいながら少し引き締まった感じの歯ごたえに、脂身のコクが強めであっさりとしたタレの味付けが効いた味わい。
・味玉は黄身が半熟だった。
・細モヤシが少し入っていて、ポリッとした歯ごたえ。スープや麺との相性的に、結構主張強めだった。
・白ネギは、細長くカットしたのと細かいのの二種類。モヤシと較べると主張控えめだった。
・カイワレは、麺やネギと混ざるとよく分からなかった。
・細かくカットした白ネギと一緒に、何やら黄色いのがトッピングしてあったが、これは何か分からなかった。後で調べたところ、ラー油か何かの油だった模様。

■全体的な味の感想
・麺は、ツルッとした多加水系で、スープとの絡みも良好だった。
・スープは、塩ダレの塩のコクと旨味がよく出来ていた印象。
・具は、細モヤシがアクセントになっていた。
・具の盛り付けも、白髪ネギをセンターに、味玉、カイワレ、細かく刻んだ白ネギを配していて、ビジュアル的には結構良かった。
・塩ダレが主役の、良くまとまった塩ラーメン。近くにあればまた来てみたい感じのお店。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【桜井市】らーめん いち庵

らーめん いち庵 【鶏パイタン】

鶏パイタン(700円)

鶏パイタンの麺

■来店の経緯等
・2013年9月21日(土)の夕方に初の訪問。

■食べたメニュー
・鶏パイタン(700円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の17時35分頃。シャッターポール(開店前の待ちの先頭)。
・開店は17時51分。外で待っていたせいか、早めに開けてくれた。
・カウンター席に座り、メニューに「当店人気NO.1」と書いてあった鶏パイタンを注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・冷たいオシボリも出してくれた。
・カウンターには灰皿が置いてあったけど、他にお客が居なかったのでタバコの煙は無かった。
・注文から着丼まで4分。

■麺
・四角い細麺ストレート。
・ツルッと滑らかで、少しプリッとした張りのある麺質。食感は、固くなくて張りのある弾力があり、噛むと優しい歯ごたえがあって粘らずにプツッと切れる。
・麺の味は、粉の旨味を感じる味わい。
・スープとの絡みは、あっさり気味ながら良好。スープの旨味が適度に絡んで、麺の味とのバランスは取れている。獣系の風味が麺に絡んでスッと鼻に抜けて行く感じも少しあった。

■スープ
・白濁した獣系醤油。
・表面を泡立てていて、多少のトロミはあるけど割とサラッとしており、ほんの少しコッテリしている。
・出汁は獣系で、鶏白湯との事だが豚骨も少し入っている気がした。ゼラチン感は控えめで、油も多くなくてコッテリやマッタリはしておらずに、獣系の旨味とコクがしっかりした味わい。あと、野菜出汁も少し入っている気もした。
・タレの醤油は甘め。タレの旨味もあって、タレの味は結構強いが、出汁とうまく組み合わさっていた印象。
・ニンニクが隠し味的に効いていたような気がした。
・塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・チャーシューは薄切りのバラスライス。柔らかめで滑らかな歯ごたえに、脂身の甘味混じりであっさりとしたタレの味付けが効いた味わい。
・メンマは平べったい。滑らかな歯ごたえに、あっさりながら旨味がしっかりしたゴマ油系の味付け。
・細モヤシは、ポリッとしたキレの良い歯ごたえがあって、量が多くないので麺との相性も悪くなかったと思う。
・青ネギ輪切りは、香味はそれほど強くなかったけど、多少のサッパリ感があった。

■全体的な味の感想
・麺は、細身でプリッと優しい張りのある歯ごたえで、サクッと食べられる印象。スープとのバランスも悪くなかったけど、個人的にはややあっさり気味に感じたかも。
・スープは、割とサラッとしていてタレの旨味が強めながら、獣系のコクがきちんとあったのが良かった。油にはあまり頼っておらずに、良くまとまっていた印象。
・どちらかと言えばサクッと食べるタイプのラーメンで、スープは良かったと思う。
・近所にあればまた来てみたい感じのお店。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【東大阪市】らぁめん たむら

らぁめん たむら 【油そば大盛+チャーシュー】

油そば 大盛(1100円)+チャーシュー2枚(200円)

油そば 大盛(1100円)+チャーシュー2枚(200円)

■来店の経緯等
・2013年9月の平日の晩、3ヵ月ぶり、31回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)

■食べたメニュー
・油そば 大盛(440g)(1100円)
・チャーシュー2枚(200円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には先客無し。
・店内のホワイトボードには3種類ほど限定メニューが書いてあったけど、全て食べた事があったので、今回は未食のレギュラーメニューである「油そば」を大盛りで注文。さらにバラチャーシューも注文してみた。
・店員さんは男性2人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・紙オシボリもカウンターに置いてあり、セルフ。
・注文から着丼まで6分。

■麺
・四角いウエーブのかかった太麺。
・ムチッと滑らかな質感があって、ゴワッとはしておらずにボリューム感のある麺質。食感は固くはなくて、滑らかながらしっかりした弾力のある歯ごたえ。
・麺の味は強めでしっかりしている。
・タレとの絡みはそこそこ。油のトロミの絡みは控えめで、醤油ダレがあっさりと絡んで麺の旨味と甘味を引き立てていた。

■タレ
・サラッとした醤油ベース。油は多くなくて汁気やトロミは少なめ。
・醤油は濃いめでコクはしっかりしているけど、油やタレの旨味で丸まっていて、塩辛さやカドは無い。
・トッピングの鰹節やあおさ海苔の風味はほんのりと絡んでいて、あまり強くない。
・味付けはあまり強くなくて、バランス的には麺や具の味の方が強めに感じた。

■具材
・チャーシューは小さめにカットした肩ロース。ボリューム感があってややパラッとほぐれる感じの繊維感のある食感に、あっさりとした肉の旨味のある味付け。
・追加注文のバラチャーシューは、かなり分厚いスライス。脂身は柔らかくて肉の部分は噛むとスッと切れながら厚みなりの主張のある歯ごたえで、多少のニンニクの効いたあっさりめの味付けに、ムチッとした脂の甘味混じりのサッパリとした肉の味わい。
・味玉は、黄身がやや固めにトロッとしていて、旨味のあるタレの味付け。
・メンマは平べったい。ポリッと滑らかでしっかりとしたキレの良い歯ごたえに、多少の香ばしさがあってあっさりとした旨味のある味付け。
・白ネギ輪切りは、前半はあまり目立たなかったが、混ぜ加減で底の方に固まり気味だったせいか、後半はジューシーでサッパリとした香味がよく主張していた。

■全体的な味の感想
・麺大盛りのせいか、バランス的にタレのトロミや汁気が弱めに感じた。タレの醤油のコクが頑張って絡んでいたけど、鰹節やあおさ海苔の風味も思ったより控えめで、麺との絡みはあっさりしていた。
・具は、メンマが結構いい仕事をしていた。白ネギ輪切りもサッパリとした香味が立っていたのが良かった。
・麺はそこそこ良かったけど、このお店の限定系の油そばと較べると、タレが麺と具とをまとめ切れていない感じだったかも。
・麺大盛にバラチャーシュートッピングの組み合わせはかなりガッツリしていて、お腹にズシッと来た。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【奈良市】煮干そば ひのき屋

煮干そば ひのき屋 【煮干し醤油中華そば】

煮干し醤油中華そば(650円)

煮干し醤油中華そばの麺

■来店の経緯等
・2013年9月の平日の晩、2か月ぶり、2回目の訪問。
・「大和Noodleスタンプラリー 汁喰街道~シルクぅロード~ 2013」の6杯目として訪問。

■食べたメニュー
・煮干し醤油中華そば(650円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客5人。厨房対面のカウンター席に座る。
・店員さんは男性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・お客はコンスタントに入店しており、自分のすぐ後のお客で煮干し中華そばが売り切れていた。
・注文から着丼まで4分。

■麺
・平打ちの少し縮れた中太麺。
・加水やや高めの、表面がツルッと滑らかで、張りがあって平打ちながらペラッとはしていない麺質。食感は、プリッと引き締まって張りのある弾力があって、固くはないけど主張が強めで気持ち良い歯ごたえ。ノド越しも良好。
・麺の味は、多加水系で強くはないけど旨味を感じる味わい。
・スープとの絡みはあっさりしている。スープのトロミがサラッと絡んでいてバランスは悪くないけど、煮干のコクや風味の絡みは控えめで、麺の味主体で食べる感じ。

■スープ
・白濁した獣系煮干醤油。
・割とサラッとしているけど、ほんの少しだけトロミがある。
・出汁は、獣系ベースに煮干の魚介のバランス型で、野菜出汁も少し入っているような気もした。
・獣系は、多少の油混じりのトロミがあり、多少のクリーミーさと丸みがあって、優しい感じながら出汁感をきちんと感じる味わい。
・魚介は煮干メイン。煮干の風味やコクは前には出ていないけど、獣系の奥から、マイルドながらしっかりとした煮干のコクをじんわりと感じる。
・タレの醤油はマイルドで、出汁の繊細さを邪魔せずに出汁の旨味をそっと支えて厚みを持たせている感じの優しい味。
・味付けは強くなくて、塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・チャーシューは、やや厚切りの肩ローススライス。脂身がややコラーゲン化していてムチッと柔らかい歯ごたえで、旨味があってあっさりとした味付けに、ほんのりとした豚のコクのある味わい。
・メンマは四角くて太い。柔らかいながら繊維感が強めでしっかりした歯ごたえに、旨味のある味付け。
・青ネギ輪切りと豆苗は、スープとの組み合わせ的に結構野菜っぽい主張があった。
・玉ネギの細かいカットは、熱が通っていて甘味があり、スープに合っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、ツルッとしてプリっとしており、リッチな弾力と旨味があって主張があった。
・スープは、マイルドで優しいテイストの中に、獣系と煮干の繊細な出汁感があった。一口目から煮干しがガツンとは来ないけど、後から豊かな煮干し感がジワッと伝わって来るのが個性的で良かった。インパクトやパンチは無くて、麺の旨さを引き立てるというよりは飲んで旨いタイプのスープで、個人的には、麺とのバランスという意味ではやや弱いようにも感じた。
前回食べた極み塩中華そばと比較すると、極み塩の方がタレの主張があって全体のまとまりは良かったけど、今回の煮干し醤油の方が面白味があったと思う。
・強い味やはっきりした味よりも、スープの出汁感を重視する人向きのラーメン。個人的には、もう少しだけ麺とスープとの絡みの妙が感じられればもっと良くなると思った。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【奈良市】ふじ門 製麺

ふじ門 製麺 【豚だしらぁ麺(中太麺)】

豚だしらぁ麺(中太麺)(680円)

豚だしらぁ麺(中太麺)の麺

■来店の経緯等
・2013年9月16日(月)の昼に初の訪問。
・このお店は、2013年7月31日(水)にオープンした新店。

■食べたメニュー
・豚だしらぁ麺(中太麺)(680円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は13時16分頃。外待ち無しの店内4人待ち。
・店内で座って待っていると、先に注文を聞かれた。麺は細麺と中太麺からの選択だが、この日は既に細麺が売り切れで中太麺だけだったので、店員さんにお勧めを聞いて「豚だしらぁ麺」を選択。
・到着から10分待ちで厨房対面のカウンター席に座る。
・店員さんは5人で、男性3人と女性2人。
・水はカウンターのポットでセルフ。コップはプラスチック製だった。
・店内に製麺室があった。
・厨房ではバーミックスを使っていた。
・着席から着丼まで6分。

■麺
・四角い中太ストレート。
・少し黄色くて、多少のプリッとした滑らかさがあるけど真空麺ほどはプリッとしておらずに、若干のパスタっぽさを感じる麺質。適度な張りがあって、エッジ感は弱め。食感は、プリッとした弾力とコシがあって強めの歯ごたえで、歯切れはプツンとしている。
・麺の味は、強くはないけど甘味とコクを感じる味わい。
・スープとの絡みはあっさりしている。スープの甘いコクがサラッと絡んで、麺の味主体で食べる感じ。

■スープ
・白濁した獣系醤油。
・表面を泡立てているけど割とサラッとしていて、多少の乳化した油があってほんの少しだけコッテリしている。
・出汁は獣系。ゼラチン感は控えめで、獣系出汁の旨味は出ていると思うけどタレの味が結構立っていて、獣系のコクはそれほど主張していなかったと思う。
・旨味の感じ的には、出汁かタレに魚介も少し入っているような気もしたが、スープを完食した後味として、出汁には魚介は入っていないように思った。
・タレの醤油は甘旨い。塩気控えめの甘い味わいながら、出汁とのバランス的にタレの味付けは結構しっかりしている。
・塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・チャーシューは薄切りのバラスライス。箸で掴むと切れる位のトロッと柔らかい歯ごたえに、脂身混じりの豚っぽいコクと旨味のある味付け。
・味玉は黄身がややシャバめのトロトロで、タレの味付けはやや控えめだった。
・揚げたゴボウは細長いスライス。噛むと少しだけ粘るしっかりした歯ごたえに、油で揚げたゴボウの香ばしい味わい。
・揚げたレンコンのスライスは、水分の飛んだ歯ごたえで、ゴボウよりも揚げた油の存在を強めに感じたかも。
・その他、青ネギ輪切りと白髪ネギに、水菜の葉とカイワレが乗っていた。白髪ネギは、麺との絡み的には麺の方が目立っていたかも。青ネギ輪切りと水菜とカイワレは、スープとのバランス的には主張控えめで、特にカイワレは後で写真を見て入っていた事に気が付いた。

■全体的な味の感想
・麺は、弾力があって強めの歯ごたえが個性的だった。
・スープは、きちんと出汁を取っている感じはしたけど、タレの甘旨さが立っていたせいか、あまり獣系っぽさが感じられなかった気がしたかも。具のチャーシューの方が豚っぽさがあった。
・揚げた野菜は、ゴボウが香ばしくて良かった。
・今回の中太麺と豚だしスープとの組み合わせだと、バランス的には麺の方が主役に感じた。
・まだオープンしたばかりの新店で、お客も結構入っていたので、これからが楽しみだと思った。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

ふじ門 製麺(食後に撮影)

■お店の情報

【大阪市阿倍野区】麺と心 7

麺と心7 【燻製煮干しそば】

燻製煮干しそば(800円)

燻製煮干しそばの麺

■来店の経緯等
・2013年9月15日(日)の昼、6週間ぶり、5回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・この日は、「真夏の総選挙2013」の上位3店舗が限定ラーメンを提供するとの事なので、訪問してみた。
・ちなみに、「真夏の総選挙2013」とは、今年8月に行われた、きんせいグループの6店舗による投票型スタンプラリーで、1位は「中村商店 高槻本店」、2位は「中村商店 寝屋川きんせい」で、3位が「麺と心7」だった。

■食べたメニュー
・真夏の総選挙記念限定「燻製煮干しそば」(800円)
(2013年9月15日(日)限定。1日50食限定(昼30食、夜20食の予定))

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の10時41分頃。既に16人待ち。
・開店は11時1分。その時点で19人待ち。
・1巡目に入れずに外で待つ。待っている間に強い雨が降ってきたが、アーケードがあるので大丈夫だった。
・開店から25分待ちで入店。テーブル席に相席で座る。
・限定の「燻製煮干しそば」は、店内での告知の無い裏メニュー扱いだが、皆それを注文していた。ちなみに、店員さんの話では、麺量は並盛のみとの事だった。
・店員さんは5人で、男性4人と女性1人。この日は社長さんも居た。
・水はテーブルのポットでセルフ。
・注文から着丼まで4分。

■麺
・長方形の四角い、少しウエーブのかかった中太麺。
・表面が滑らかで、プルッと優しい質感があってエッジ感のある麺質。食感は、芯が無くてムチッとした弾力のあるややソフトな歯ごたえ。
・麺の味は多少の旨味を感じる。
・スープとの絡みは良好。スープの煮干しの風味とコクがサラッと絡んで、バランス的には麺の味主体で食べる感じだが相性は良好だった。

■スープ
・清湯の煮干醤油。
・浮かんでいる油はそれほど多くないけど、多少の濁り感があって、あっさりというよりはやや濃厚な感じ。
・出汁は、獣系ベースに煮干の魚介。獣系は恐らく鶏で、割と濃厚な出汁感と旨味があって味のベースになっていた。
・魚介は煮干メイン。大量の煮干を使った感じの濃厚なコクがあって、甘味よりもやや塩気を感じる味わい。煮干の苦味や雑味は控えめだが、ほんの少しだけ感じたかも。スープの煮干の味は結構濃いけど、麺に絡む煮干の風味とコクは適度な強さだった。
・タレの醤油は薄口で、コクの主張は強くない。タレの味はそれほど強くないながら、出汁の旨味の中に煮干しのコク混じりの塩気が効いていた。
・刺激感は無い。

■具材
・チャーシューは、レアの豚肩ローススライスとレアの鶏ムネスライスの二種類。
・豚肩ロースのレアスライスは、薄切りでムチッと滑らかで適度に柔らかい歯ごたえに、タレの味付けのしっかりした味わい。
・鶏ムネのレアスライスは厚切りで、しっとりしながら引き締まった、しっかりめの歯ごたえに、レアな鶏の旨味にタレの味付けがプラスされた少し強めの味わい。
・味玉は黄身がトロトロ。旨味があって多少の塩気のある強めのタレの味付け。
・メンマは四角くて太い。柔らかいながら繊維感のある歯ごたえに、生姜の少し効いた味付け。
・白ネギ輪切りは、フレッシュな香味が適度に立っていてスープと合っており、薬味の役割を果たしていた。

■全体的な味の感想
・麺は、ムチッと軽快な歯ごたえに旨味のある味わいで、スープの煮干のコクとの絡みも良かった。このお店らしい個性的な麺。
・スープは、煮干を大量に使った感じの、塩気の効いた濃厚な出汁感があって良かった。ただ、圓@八王子と似ているかと言われると、麺に絡む煮干の風味にはそれっぽさがあったけど、スープ自体は別物に感じたかも。
・具は、ネギがスープと合っていて良かった。生姜の風味のメンマもスープに合っていたと思う。
・レアチャーシューは、特に鶏の方が、スープの出汁の風味にやや勝ち気味だった気がしたかも。
・このお店らしい、よくまとまった清湯煮干ラーメン。
東京の圓@八王子をインスパイア元として引き合いに出した分、ハードルが上がってしまった部分もあったけど、自らハードルを上げに行った社長の心意気を感じる一杯だった。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【与謝郡与謝野町】麺家チャクリキ

麺家チャクリキ 【らーめん】

らーめん(650円)

らーめんの麺

■来店の経緯等
・2013年9月14日(土)の晩、半日ぶり、2回目の訪問。
この日の昼に初めて訪問したが、他のメニューも気になったので、同じ日の晩に再訪してみた。

■食べたメニュー
・らーめん(650円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は18時20分頃。外待ち無しの先客16人。家族連れが多い。

麺家チャクリキ

・テーブル席に座り、デフォの「らーめん」を注文。
・店員さんは4人で、男性2人と女性2人。
・水は出してくれた。お代わりはテーブルのポットでセルフ。
・紙オシボリは、入口横の本棚の所に置いてあり、セルフ。
・紙エプロンも入口横に置いてあり、セルフ。
・注文から着丼まで8分。

■麺
・長方形でやや平打ちの中太ストレート。
・白くて表面がツルッと滑らかで、引き締まった密度感のある麺質。食感は、少し主張があって、噛むとプツンと切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、強くはないけど粉の味がしっかりしている。
・スープとの絡みは良好。スープの魚介と獣系の組み合わさったコクがよく絡んでいた。

■スープ
・白濁した獣系魚介醤油。
・割とサラッとしているけど、油はそこそこあって多少コッテリしている。
・出汁は獣系と魚介。獣系は、トロミは少なめながらゼラチン感のしっかりした濃厚な味わい。多少の油混じりのコクがあるけど獣っぽくはなくて、豚骨メインだと思うが鶏も少し入っているかも。
・魚介は、魚粉感が少しあってコクの濃厚な味わい。恐らくは節系と煮干しのミックスか。
・タレの醤油は、出汁とのバランス的にコクはそれほど立っていないけど、味付けはしっかりしていて、やや塩気を感じる味わい。
・刺激感は無い。

■具材
・チャーシューは薄切りのバラスライス。脂身は柔らかくて肉の部分はしっかりした歯ごたえに、味付けあっさりで脂身の甘味と肉の旨味のある味わい。
・メンマは四角くて太い。柔らかくて噛むと沈み込む感じの歯ごたえに、旨味があってゴマ油系を少し感じる味付け。
・青ネギは小口で量はやや多め。多少のサッパリ感があるけど、スープとの相性的にはやや控えめな感じかも。
・玉ネギは小さめのサイコロ切り。シャリッと優しい歯ごたえに、甘くて多少の香味のある味わいで、スープとよく合っていた。
・海苔は、適度にしっかりした歯ごたえで、風味がスープと合っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、形状は昼に食べた丹後ブラックと同じだったけど、中身は別物のように感じた。麺とスープの魚介のコクとの絡みが素敵。
・スープは、やや強めの味付けで、獣系も魚介も濃厚で良かった。最初は獣系がサラッとしているように感じたが、スープを飲むと結構出汁感がしっかりしていた。
・具は、チャーシューもメンマも丹後ブラックとは細かく変えているのが印象に残った。個人的には、分厚い方のバラチャーシューで食べてみたかったかも。
・とにかく、麺とスープとの相性が良好で、デフォのメニューらしいよくまとまった完成度の高い味。個人的には、丹後ブラックよりもこちらの方が気に入った。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■おまけ
・この日は、丹後地方を観光で回ってみた。
・午後は、伊根町の重要伝統的建造物群保存地区である「伊根の舟屋」に行ってみた。
(道の駅からの眺め)

伊根の舟屋(道の駅からの眺め)

(遊覧船からの眺め)

伊根の舟屋(遊覧船からの眺め)

伊根の舟屋(遊覧船からの眺め)

■お店の情報

【与謝郡与謝野町】麺家チャクリキ

麺家チャクリキ 【丹後ブラック】

丹後ブラック(750円)

丹後ブラックの麺

■来店の経緯等
・2013年9月14日(土)の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・丹後ブラック(750円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の10時42分頃。シャッターポール(開店前の待ちの先頭)。

麺家チャクリキ

・10時54分頃、先にメニューを渡された。
・開店は11時。テーブル席に座り、「丹後ブラック」を注文。
・店員さんは5人で、男性2人と女性3人。
・水は出してくれた。お代わりはテーブルのポットでセルフ。
・注文から着丼まで6分。

■麺
・長方形でやや平打ちの中太ストレート。
・黄色くて加水中くらいで表面は滑らかで、キメが細かくて中身が詰まった感じの粉の質感のある麺質。食感は、固くなくて、当たりに多少の主張がありながら噛むとスッと切れる感じの、キレがあるけどややあっさりした歯ごたえ。
・麺の味は強めでしっかりしている。
・スープとの絡みは割とサラッとしているが、スープの醤油の甘辛いコクがよく絡んでいて、麺の味とのバランスは良好。

■スープ
・清湯の醤油。
・あっさりしていて、表面にサラッとした油が浮かんでいて、背脂も少し浮かんでいる。
・出汁は清湯獣系ベースに魚介で、魚介の方が強く感じた。獣系は、豚の油や背脂のコク混じりの味わいで、鶏のような気がしながらも豚骨メインのようにも感じた。ちなみに、後で調べた情報では鶏メインの模様。
・魚介は、コクが濃厚でしっかりしていて、タレとの組み合わせの関係か、素材の風味よりも旨味の方が強めに感じたかも。
・タレの醤油は濃口で、甘辛いコクが濃厚な味わい。塩気もやや感じる。醤油のカドもほのかに感じるが、タレの油の甘味や出汁の旨味が上手く組み合わさっていた。
・また、醤油のコクの奥にコショウのパンチが効いていた。
・醤油ダレが主役で、出汁の方が醤油を支えていた印象。

■具材
・チャーシューは分厚いバラスライス。トロッと柔らかい歯ごたえに、あっさりと甘旨い味付けで脂身の甘味と煮豚の旨味のある味わい。
・メンマは平べったい。滑らかで少ししっかりした歯ごたえに、味付けあっさりでタケノコの風味を少し感じる味わい。
・青ネギの小口ネギ輪切りは、量が多めでバランス的にスープと合っていた。
・玉ねぎの細かいカットは、甘くて少し香味があって、シャリッと優しい歯ごたえがスープのアクセントになっていた。
・海苔は味付け無しで、適度な生地の厚みと風味があった。

■全体的な味の感想
・麺は、やや平打ちの中太ストレートで、スープとの味のバランスは取れていたけど、個人的には、もう少し太い麺か縮れ麺でも良かった気もした。
・スープは、醤油の甘辛いコクが濃厚でパンチの効いた味わいに、油と背脂とコショウがプラスされていて、まさしく○○ブラックという名前通りの味わいだったけど、醤油の味が個性的で良かったと思う。ちなみに、後で調べた情報では酢も入っていたらしいが、言われてみればそうかという感じだったかも。
・具は、小口ネギが多めに入っていたのがスープに合っていて良かった。
・どちらかと言うとスープが主役で、スープの中では醤油のコクが主役のラーメン。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■おまけ
・この日は、丹後地方を観光で回ってみた。
・与謝野町にある、加悦の重要伝統的建造物群保存地区。かつては「丹後ちりめん」で栄えた場所。
(旧加悦町役場庁舎)

旧加悦町役場庁舎

(旧尾藤家住宅)

旧尾藤家住宅(外観)

旧尾藤家住宅(中庭)

旧尾藤家住宅(座敷)

・加悦SL広場。昭和60年に廃止された加悦鉄道の車両を展示している。
(旧加悦鉄道加悦駅復元駅舎)

加悦SL広場(旧加悦鉄道加悦駅復元駅舎)

(2号蒸気機関車(重要文化財))

加悦SL広場(2号蒸気機関車(重要文化財))

(ハ20形付随客車)

加悦SL広場(ハ20形付随客車)

加悦SL広場(ハ20形付随客車)

(40900形 内燃三等荷物動車)

加悦SL広場(40900形 内燃三等荷物動車)

加悦SL広場(40900形 内燃三等荷物動車)

■お店の情報

【橿原市】麺屋 いちびり

麺屋 いちびり 【つけ麺】

つけ麺(300g)(780円)

つけ麺(300g)の麺

■来店の経緯等
・2013年9月の平日の晩に初の訪問。
・「大和Noodleスタンプラリー 汁喰街道~シルクぅロード~ 2013」の5杯目として訪問。

■食べたメニュー
・つけ麺(300g)(780円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客6人。

麺屋 いちびり

・最初に、店内入口の券売機で食券を買う。券売機の横には両替機も置いてあった。
・厨房対面のカウンター席に座り、店員さんに食券を渡して注文。
・店員さんは男性2人。店員さんは接客がきちんとしていて感じが良かった。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・紙オシボリがカウンターに置いてあり、セルフ。
・割りスープは先にポットで出してくれた。
・注文から着丼まで12分。

■麺
・長方形で平打ち気味の少し縮れた太麺。
・加水やや高めの全粒粉麺で、表面がツルッと滑らかでみずみずしくて、中身が詰まり過ぎない適度な密度感のある麺質。食感は、多少のプリッとした弾力を感じながらも全粒粉らしさがあって、強ゴシ過ぎずにスッと切れる感じの、縮れ麺らしい適度な主張のある歯ごたえ。ノド越しも良好だった。
・麺の味は、全粒粉らしい、優しいながら深みのあるコクと甘味がある味わい。
・つけ汁との絡みはあっさりしている。つけ汁の魚介のコクがサラッと絡んでいて、味の絡みはあまり強くないけど、全粒粉麺の旨味とコクを引き立てている感じ。一口目は絡みが弱いと思ったけど、食べている内に麺の旨さに気が付いて、だんだん引き込まれていった。
・水切りはやや甘めで、丼の底に水が溜まっていたけど、麺質的に水っぽくならずに最後までみずみずしさをキープしていた。

■つけ汁
・濁った獣系魚介醤油。
・サラッとしていて、魚粉でザラザラしている。
・出汁は、恐らく獣系ベースに魚介で、魚介メイン。獣系は、濁っているけど清湯なのか白湯なのかよく分からない感じで、かなりあっさりしている。
・魚介は、恐らく煮干しメインに鯖節がプラスしてある感じで、魚粉がガッツリ入っている。コクはしっかりしているけど、そんなにキツくはなくて、麺との絡みもサラッとしている。
・タレの醤油は旨味があって、魚介と組み合わさった感じの味わい。
・味付けはやや強めで、そのまま飲むと少し塩気を感じる。また、魚粉で口当たりがややザラッとしている。
・香辛料系の刺激感は無い。

・割りスープはポットでの提供で、鰹出汁。旨味はあっさりながら節系のコクが濃厚な味わい。
・つけ汁をスープで割ると、味付けが薄まるとともに、つけ汁の煮干や鯖にスープの鰹出汁が組み合わさって、魚介の旨味が強まっていた。

■具材
・チャーシューは一口大にカットしていて、恐らくは肩ロース。柔らかくて多少の張りがあってスッと切れる歯ごたえに、タレの旨味の効いた味付け。
・メンマは平べったい。柔らかくて滑らかな歯ごたえに、あっさりしていてタレの旨味の効いた味付け。
・白ネギ輪切りは、香味は強くなくてサッパリしていて、あっさりしたつけ汁に合っていた。
・麺の上の海苔は1センチ幅ぐらいの短冊切りで、味付け無しでややしっかりした質感があった。

■全体的な味の感想
・麺は、全粒粉ながらみずみずしくて、甘いコクがあって旨かった。つけ汁との絡みはあまり強くなかったけど、魚介のコクが麺を引き立てていて、麺の旨さをよく味わえたのが良かった。
・それと、自分はつけ麺では麺を右、つけ汁を左に置いて食べる派だが、麺の丼のフチが高いので、右手が麺の丼にしょっちゅう当たるのが気になった。
・つけ汁は、あっさりでサラッとしているのに魚粉ガッツリだったのが印象に残った。
・具は、個人的には麺の上の海苔は要らないと思った。
・つけ汁はそこそこだったけど、麺は良かったと思う。また、最初はよく分からなかったけど、麺とつけ汁の相性も結構良かった。300gでも全然多いと思わなかったし、最初の方よりも後半の方が旨いと思ってきた。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【奈良市】ラーメン家 みつ葉

ラーメン家 みつ葉 【豚CHIKIしおラーメン】

豚CHIKIしおラーメン(700円)

豚CHIKIしおラーメンの麺

■来店の経緯等
・2013年9月の平日の晩、10日ぶり、14回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・「大和Noodleスタンプラリー 汁喰街道~シルクぅロード~ 2013」の4杯目として訪問。
・このお店は、9月いっぱいで水曜日の夜営業が終了するという事なので、水曜の晩に訪問してみた。

■食べたメニュー
・ザ・プレミアムモルツ小瓶(400円)
・盛り合せ(チャーシュー・めんま・味玉)(450円)
・豚CHIKIしおラーメン(700円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には外に15人待ち。
・到着から8分後、自分の後ろに5人並んだ時点で売り切れの案内が出た。その後、続々とお客が来ては引き返していった。

売り切れの案内

・到着から41分後に入店。店内で待つ。
・店内で待っている間に、奥様に先に注文を聞かれた。この日は逆シャッター(閉店ギリギリの到着)で、自分の座る席に後から来るお客が居ないという事で、まずはビールと盛り合せを注文してみた。
・入店から3分待ちで、厨房対面のカウンター席に座る。この日は、厨房とカウンターとの間にプラスチックの仕切りがあった。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・ザ・プレミアムモルツ小瓶は、グラスが冷えていてスッと飲める味わい。個人的には、グラスがちょいと小さく感じたかも。

「ザ・プレミアムモルツ小瓶」(400円)と「盛り合せ(チャーシュー・めんま・味玉)」(450円)

・盛り合せは、チャーシューとメンマと味玉。
・チャーシューはレアのバラスライス。滑らかでしなやかなレアの歯ごたえで、甘旨くて香ばしい醤油ダレに絡めてあって、小口ネギがトッピングしてあり、ビールとも合っていた。ひょっとすると、このタレがラーメンの醤油ダレなのかも。
・メンマは、スープに絡んでいないので、よりあっさりした優しい味わい。おつまみとしても結構イケた。
・味玉は、ラーメンの具と特に違いは無かったかも。

・盛り合せを食べた後に、追加で「豚CHIKIしおラーメン」を麺の量140gで注文。
・注文から着丼まで8分。

■麺
・長方形の四角い、少しウエーブのかかった中太麺。
・表面が滑らかで、あまりプリッとしておらずに張りも強くないけど、しなやかでしっかりした結合感のある麺質。食感は、弾力は強くないけどしなやかなコシがあって、適度にしっかりした歯ごたえ。
・麺の味は、強くはないけど粉の味を感じる味わい。
・スープとの絡みは、ややあっさり気味に感じたけど、スープの旨味とコクがサラッと絡んで、バランスは取れていたと思う。

■スープ
・白濁した獣系塩。温度高めで、バーミックス使用で表面が泡立っている。
・少しトロミがあるけど、油は多くなくてそれほどコッテリはしていない。
・出汁は鶏と豚骨の獣系。ゼラチン感はきちんと有るけど、それほどコッテリやマッタリはしておらずに、ポタージュっぽい口当たりにコクと旨味が濃厚な味わいで、先日食べた豚CHIKIつけ麺のつけ汁と少し似た感じのテイストだった。獣っぽさやクセはうまく取り除いている。
・タレは、塩のコクはあまり立っておらずに、程よい塩気と旨味が主張し過ぎずに、出汁の旨味を強めて引き立てていた。
・味付けは強くなくて、塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・チャーシューはレアのバラスライス。ムチッと弾力のある歯ごたえに、脂身のコクが強過ぎずに脂身の甘味と肉の旨味とが組み合わさった味わい。アツアツのスープで少しだけ熱が入って、少し弾力と旨味が強まっており、コショウの香味は控えめだった。
・味玉は黄身がトロトロで甘旨いタレの味付け。
・メンマは四角くて太い材木メンマ。柔らかくて、噛むと多少の当たりがありながらスッと切れる歯ごたえに、スープで煮えていて、「盛り合せ」よりも生姜の甘味が立った味わいだった。
・青い小口ネギは、ポタージュスープのパセリみたいに、ほのかな薬味感があった。

■全体的な味の感想
・麺は、今日はあまりプリッとはしていなくて、スープとの絡みもややあっさりしていたけど、しなやかで中身の詰まった感じの歯ごたえがあった。
・スープは、今回はコッテリ感やマッタリ感よりも獣系の濃厚な旨味のある味わいで、つけ麺のつけ汁と似た感じだった。スープとの絡みも良かったけど、スープを直接飲んだ方が旨かったかも。
・具は、盛り合せと、ラーメンの具として乗っている状態との違いがよく分かった。
・豚CHIKIしおラーメンを食べたのは一年ぶりだったけど、やっぱり、このお店の塩ラーメンは、醤油ラーメンと較べると、麺とスープとの絡みよりもスープ自体を味わう向きのラーメンかも。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【岡山市北区】小豆島ラーメン HISHIO

小豆島ラーメン HISHIO 【醤そば】

醤そば(680円)

醤そばの麺

■来店の経緯等
・2013年9月7日(土)、岡山県に日帰り遠征。晩に初の訪問。
・この日の岡山遠征のラストとして、岡山駅の近くにあるこのお店に訪問してみた。

■食べたメニュー
・醤(ひしお)そば(680円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は19時26分頃。外待ち無しの先客5人。

小豆島ラーメン HISHIO

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て「醤そば」を注文。
・店員さんは4人で、男性3人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・カウンターの下には、荷物入れのカゴが置いてあった。
・注文から着丼まで2分。

■麺
・四角い中細ストレート。
・白くて張りとエッジ感があって、引っ張ると伸びるしなやかさのある麺質。食感は、噛むと切れるまで粘る感じのコシがあって、強くはないけどややしっかりめの歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりながら粉の味がしっかりしている。
・スープとの絡みは良好。スープの醤油ダレのコクが程よく絡んで、麺の味とのバランスも取れていた。

■スープ
・白濁した獣系魚介醤油。
・ほんの少し、油っぽい感じのトロミがある。
・出汁は獣系ベースに魚介。獣系は、トロミと油っぽさの部分に感じる。
・魚介は煮干系メイン。タレとのバランス的には醤油ダレのコクの方が前に出ていて、魚介はややタレに隠れ気味に感じた。
・タレの小豆島醤油は、たまり醤油と味噌の間みたいな感じで、塩気はそこそこで醪感の強い芳醇なコクのある味わい。
・醤油ダレのコクが主役の味で、出汁はあまり主張せずにベースになっていた印象。

■具材
・チャーシューは、少し厚切りのバラとモモのスライス。よく煮込んでいてトロッと柔らかくて、噛むとほぐれる感じの歯ごたえに、味付けあっさりで脂身のコク混じりの旨味がある。
・太モヤシは、適度に茹でてあってシャリッとした歯ごたえで、スープの醤油ダレと良く合っていた。
・青ネギ輪切りは、スープとのバランス的にあまり目立たなかったかも。
・トッピングの醪は、スープと混ざると醤油ダレと一体化していた。

■全体的な味の感想
・麺はしなやかなコシがあって良かった。麺に絡む小豆島醤油のコクも素敵。
・ちなみに、後で調べたところ、このお店の麺は大和製作所の製麺機を使った自家製麺の模様。
・スープは、小豆島醤油ダレの醤油でもない味噌でもない感じの独特のコクが個性的で良かった。
・出汁は獣系よりも魚介の方が強かったけど、タレとの組み合わせ的には魚介出汁があまり立っていない感じもした。とは言え、あくまでも小豆島醤油ダレが主役ならば、これで良いのかも。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【岡山市北区】だてそば

だてそば 【支那そば】

支那そば(600円)

支那そばの麺

■来店の経緯等
・2013年9月7日(土)、岡山県に日帰り遠征。夕方に初の訪問。

■食べたメニュー
・支那そば(600円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は18時23分頃。外待ち無しの先客4人。

だてそば

・小上りのテーブル席に座り、支那そばを注文。
・店員さんは3人で、男性2人と女性1人。
・水は出してくれた。
・注文から着丼まで2分。

■麺
・四角い中細ストレート。
・加水やや低めか中くらいの、表面が滑らかで張りとエッジ感があって、中身の詰まった感じの粉の質感のある麺質。食感は、やや固めの茹で加減で、少し粘りがありながらザクッと切れる感じの、少し強めの歯ごたえ。
・麺の味は粉の味がしっかりしている。
・スープとの絡みは強め。スープの醤油のコクが麺によく絡んで持ち上がる。

■スープ
・清湯の醤油。
・あっさりしていて、油が少し浮かんでいる。
・出汁は、恐らく鶏の獣系ベースで、昆布も少し感じる。出汁感は控えめだが、タレの旨味もそれほど強くはない。
・タレの醤油は濃口で、フレッシュなコクがあるが、スープ自体の味ではそれほど前にグイグイ出て来ずに、麺との絡みの方が醤油の主張がある。
・醤油のコクでまとまった味。

■具材
・チャーシューは厚切りの肩ロース。脂身はコラーゲン化していてプリッとした弾力があって、肉の部分は少しだけパサッとしていて引き締まったしっかりめの歯ごたえ。味付けあっさりで、肉の旨味を感じる味わい。
・メンマは平べったい。ポリッと滑らかな歯ごたえに、醤油ダレのコクがよく染みているが、味付け自体はあっさりとしていた。
・青ネギと白ネギの輪切りは、やや長めのカット。シャリッとしたジューシーな香味が程よく主張して、薬味の役割を果たしていた。

■全体的な味の感想
・麺は、少し強めの歯ごたえで、醤油のコクとの絡みにインパクトがあった。
・スープは、醤油のコクが主役。旨味とか出汁感ではなくて、麺と醤油との絡みがメインのシンプルではっきりした味。
・個性が確立されているのは良かった。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【岡山市北区】やまと

やまと 【中華そば】

中華そば(700円)

中華そばの麺

■来店の経緯等
・2013年9月7日(土)、岡山県に日帰り遠征。夕方に初の訪問。

■食べたメニュー
・中華そば(700円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は17時18分頃。外待ち無しの先客7人。

やまと

・厨房対面のカウンター席に座り、中華そばを注文。
・店員さんは5人で、男性4人と女性1人。
・水は出してくれた。
・店内は普通の食堂みたいな雰囲気で、ラーメン以外のメニューもあるが、お客の注文はラーメンが多かった。
・注文から着丼まで8分。

■麺
・四角い少しウエーブのかかった中くらいの太さの麺。
・白くて表面が滑らかで、ボリューム感とエッジ感のある麺質。食感は、ややモチッというかモタッとした感じの、固くはないけど少し重ための歯ごたえ。
・麺の味はあっさりながらしっかりしている。
・スープとの絡みはあっさりしている。スープの魚介のコクと獣系の油がサラッと絡んで、麺の味で食べる感じ。

■スープ
・白濁した獣系魚介醤油。
・割とサラッとしていて、表面に乳化した白い油の層がある。
・出汁は獣系ベースに魚介。獣系は豚骨との事だが、鶏も入っているかも。ゼラチン感は無くてややライトな感じながら、乳化した油混じりの獣系のコクと旨味がよく出ている。
・魚介は、煮干メインに節系も入っている感じで、分かりやすい魚介の風味とコクがよく立っている。
・タレの醤油は甘旨くて、自ら主張するよりも出汁の旨味を引き立てる役回りに感じた。
・獣系と魚介とがバランス良く主張した、まさしく獣系魚介醤油といった味わい。

■具材
・チャーシューは、やや厚切りのバラスライス。脂身は油が抜けてコラーゲン化している。ムチッと弾力強めの歯ごたえに、優しい味付けのあっさりとしてよく整った味。
・メンマは平べったい。噛むと沈み込むような粘りのある歯ごたえに、甘旨い味付け。
・細モヤシはパリッとした歯ごたえで麺と合っていた。
・青ネギと白ネギの輪切りは、シャリッとした歯ごたえがスープに合っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、ボリューム感があって魚介のコクとの絡みも良かったけど、バランス的には、もう少しスープが麺に絡む感じがあっても良かったかも。
・スープは、魚介をうまく使っていて良かった。
・具は、チャーシューにボリュームがあって良かった。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【岡山市北区】とりそば太田

とりそば太田 【とりそば】

とりそば(650円)

とりそばの麺

■来店の経緯等
・2013年9月7日(土)、岡山県に日帰り遠征。昼と夕方の合間の時間に初の訪問。

■食べたメニュー
・とりそば(650円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は16時35分頃。外待ち無しの先客3人。

とりそば太田

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て「とりそば」を注文。
・店員さんは男性3人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・紙オシボリはカウンターに置いてあり、セルフ。
・注文から着丼まで7分。

■麺
・平打ちの、中細と中太の間くらいの太さのストレート。
・加水は中くらいからやや低めの、滑らかさの中に適度な質感のある麺質。食感は、適度な歯ごたえがあってサクッと切れる。
・麺の味は、粉の旨味と味わいがある。
・スープとの絡みは良好。スープの旨味がサッと絡んで麺の味を引き立てていた。

■スープ
・清湯の獣系醤油。
・あっさりしていて油は少なめ。
・出汁は、鶏の獣系に野菜。野菜がやや効いた、あっさりと甘旨い味わい。
・タレの醤油は薄めで甘い。タレの甘味も少し感じる厚みのある味付けで、タレと出汁とがよくまとまっている。
・塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・チャーシューは、鶏モモ肉の薄切りスライス。ムチッと柔らかい歯ごたえに、味付けあっさりで鶏の脂身のコクが少し効いた鶏肉の味わい。
・青ネギ輪切りと、細長くカットしたキャベツが多めに入っている。キャベツは、シャリッと優しい食感に、サッパリとした味がスープや麺によく合っていた。
・白ゴマがトッピングしてあって、ゴマの風味がスープのアクセントになっていた。

■全体的な味の感想
・麺は良かったと思う。
・スープは、出汁感はそれほど強い感じじゃなかったけど、タレと出汁とがよくまとまっていて、甘旨くて優しい味わいが麺とよく合っていた。
・具は、細かくカットしたキャベツが良かった。鶏チャーシューは、もう少し厚切りでもいいかも。
・全体的によくまとまっていたと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【笠岡市】中華そば みやま

中華そば みやま 【中華そば】

中華そば(500円)

中華そばの麺

■来店の経緯等
・2013年9月7日(土)、岡山県に日帰り遠征。昼に初の訪問。
・このお店は、笠岡駅から4km以上離れた神島地区にある。

■食べたメニュー
・中華そば(500円)
※壁のメニューには「530円」と書いてあったが、何故か支払いは500円だった。

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は14時15分頃。外待ち無しの先客5人。

中華そば みやま

・空いている木のテーブル席に座り、壁のメニューを見て「中華そば」を注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりは冷水機でセルフ。
・店内はウッディーでオープンエアー。
・注文から着丼まで4分。

■麺
・平打ちの中太ストレート。
・加水中くらいかやや高めの、表面がツルッと滑らかで、少しカチッとした質感と張りのある麺質。食感は、口の中で踊るような感じの主張があってサクッと切れる、程よい強さの歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりながら粉の味がしっかりしていた。
・スープとの絡みは良好。スープの油のトロミがよく絡んで表面が滑らかで、少し甘くて香ばしい感じのラード系の油のコクが程よく絡んでいた。

■スープ
・清湯の醤油。
・スープ自体はあっさりだが、表面にサラッとした獣系の油が多めに浮かんでいて、背脂も少し浮かんでいる。
・出汁は、ラードっぽい油の甘味と丸みが表面を覆っていて、その奥にほんのりとした甘いコクを感じる味わいで、豚の獣系メインの中に魚介も少し入っているような気もしたが、よく分からない感じだった。ちなみに、後で調べたところ、獣系はラードのみで、出汁は魚介だけだった模様。
・タレの醤油は、色は濃いけど油で丸まっていて、濃い味ながら醤油のカドの無い甘い味わいだった。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りの肩ローススライス。ムチッと弾力があって少ししっかりした歯ごたえに、昔風のあっさりした味付け。
・メンマは平べったい。ポリッとしなやかな歯ごたえに、あっさりした味付け。
・青ネギ輪切りは、サッパリしていたけど、バランス的にはスープの油の方が強かったかも。

■全体的な味の感想
・麺は、ツルッと滑らかな平打ち麺で、オイリーなスープとの絡みも良好だった。
・スープは、ラードの甘い風味が醤油の上にかぶさった個性的な味。オイリーなのに、重たくなくて油ギトギトに感じさせず、食欲をそそる味わいなのが良かった。
・鶏出汁と鶏チャーシューの笠岡ラーメンとは別物の味で、平打ち麺と背脂が朱華園などの尾道ラーメンを少し連想させたが、スープには独自性を感じた。
・風光明媚なロケーションや、アウトドア感あふれるお店の雰囲気も良かった。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■おまけ
・お店のすぐ近くにある、神島大橋からの眺め
(瀬戸内海方面)

神島大橋からの眺め(瀬戸内海方面)

(笠岡市街地方面)

神島大橋からの眺め(笠岡市街地方面)

■お店の情報

【笠岡市】ラーメン おっつぁん

ラーメン おっつぁん 【しょうゆラーメン】

しょうゆラーメン(600円)

しょうゆラーメンの麺

■来店の経緯等
・2013年9月7日(土)、岡山県に日帰り遠征。昼に初の訪問。
・このお店は、笠岡総合卸売市場の中にある。

■食べたメニュー
・しょうゆラーメン(600円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は13時8分頃。外待ち無しの先客12人。

ラーメン おっつぁん

・カウンター席が混んでいたので、中央の大テーブル席に座り、しょうゆラーメンを注文。
・店員さんは4人で、男性1人と女性3人。
・水は入口横の冷水機でセルフ。
・注文から着丼まで4分。

■麺
・四角い中細ストレート。
・加水中くらいの、表面がツルッと滑らかで張りとボリューム感のある麺質。食感は固くなくて、パツンとした張りがあって、噛むとサクッと切れるキレの良い歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりながらしっかりしている。
・スープとの絡みは良好。スープの魚介の甘いコクがサラッと絡んで、麺の旨さを引き立てる。

■スープ
・清湯の魚介醤油。
・あっさりしていて、油が少し浮かんでいる。
・出汁は獣系ベースに魚介で、魚介メイン。獣系は入っていると思うけど、控えめに感じた。
・魚介はイリコメインで、雑味が無くて甘いコクがあって旨味の強い味わい。
・タレの醤油は甘旨い味で、イリコ出汁の旨味と組み合わさって旨味を強めていた。
・あっさりと甘旨い味付けで、塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・チャーシューは少し厚みのある鶏スライス。よく煮てあって、縮んで引き締まった中にプリッとしたコラーゲン感のある弾力を感じる歯ごたえに、甘旨いタレの味付けで、少しジャーキーっぽさのある肉の味わい。
・メンマは、平べったいのと四角いのが混じっていたと思う。ポリッと繊維感のあるキレの良い歯ごたえに、あっさりと控えめなゴマ油系の旨味のある味付け。
・青ネギ輪切りは、シャリッと優しい歯触りと香味がスープによく合っていた。

■全体的な味の感想
・麺は旨かった。麺に絡む魚介のコクも素敵。
・スープは、イリコ出汁が効いたあっさりと甘旨い味わいで、この日4杯目ながら、思わずスープまで完食してしまった。
・次から次へとお客が入っていたが、このお店が人気があるのは分かる気がした。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【笠岡市】中華そば いではら

中華そば いではら 【中華そば(並)】

中華そば(並)(600円)

中華そば(並)の麺

■来店の経緯等
・2013年9月7日(土)、岡山県に日帰り遠征。昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・中華そば(並)(600円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は11時55分頃。外待ち無しの先客3人。

中華そば いではら

・厨房対面のカウンター席に座り、中華そば(並)を注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水は冷水機でセルフ。
・麺上げは平ザルを使用していた。
・注文から着丼まで3分。

■麺
・四角い中細ストレート。
・加水やや低めの、ゴワッとはしておらずにやや滑らかな密度感があって、張りとエッジ感のある麺質。食感は、固くはないけどややパツッとした主張があってザクッと切れる歯ごたえ。
・麺の味は、強くはないけど粉の味がしっかりしている。
・スープとの絡みは強め。スープの鶏油がよく絡んで表面をしっとりと滑らかにしていて、鶏油混じりの醤油のコクがよく絡んで麺の味と組み合わさっていた。

■スープ
・清湯の獣系醤油。
・あっさりしているが、鶏油が多めに浮かんでいて、ややオイリーで温度高めのアツアツ。
・出汁は恐らく鶏の獣系。出汁は薄くはないと思うけど、鶏油のコクが強めで、獣系の出汁の味は控えめに感じた。
・タレの醤油は濃口で、コクはあるけど鶏油で丸まっていてあまり強くは感じない。タレの旨味もあって、醤油のコクと旨味とがバランスした中に鶏油のコクの効いた味わい。

■具材
・チャーシューは鶏のスライス。醤油ダレで煮込んであって、縮んで引き締まった中に、パサッとせずに弾力があって強めの歯ごたえ。噛みしめると、タレの効いた中にほのかな鶏の旨味を感じる味わい。
・メンマは平べったい。滑らかでしなやかな中に少しシャリッとした感じのある歯ごたえに、甘くて優しい旨味のある味付け。
・ネギは青ネギと白ネギの斜め切り。白ネギの方がフレッシュな香味があった。

■全体的な味の感想
・麺は、鶏油にやや馴染んでいる感じがしたけど、良かったと思う。
・スープは、醤油のコクの上に鶏油のコクが乗っかった、温度の高さもあってややパンチのある味わい。鶏油が出汁感を補っていたかも。
・具は、鶏スライスと鶏油の相性が良かった。
・醤油よりも鶏油のインパクトでまとめた味で、坂本と似ているけど少し違う感じだった。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【笠岡市】中華そば 坂本

中華そば 坂本 【中華そば(並)】

中華そば(並)(500円)

中華そば(並)の麺

■来店の経緯等
・2013年9月7日(土)、岡山県に日帰り遠征。昼に訪問。
・ブログに書くのは初めてだが、2年ぶり、2回目の訪問。

■食べたメニュー
・中華そば(並)(500円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は11時13分頃。外待ち無しの先客6人。

中華そば 坂本

・空いているテーブル席に座り、壁のメニューを見て「中華そば(並)」を注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりは冷水機でセルフ。
・レンゲも厨房の前に置いてあり、セルフ。
・支払いも、厨房前のカゴにお金を入れるセルフ方式。
・注文から着丼まで2分。

■麺
・四角い中細ストレート。
・表面がツルッと滑らかで、やや硬質な感じのあるエッジ感のある麺質。食感は、少し固めの茹で加減で、一口目はややパツンとした感じで、後はザクッとした感じの、多少の張りのある歯ごたえ。
・麺の味は、ややあっさりながらしっかりしていた。
・スープとの絡みは、やや微妙な感じだった。最初の方は、スープの醤油のコクとあまり絡んでおらずに麺の茹で湯の味が少し残っている感じで、後半は、醤油の少し酸味の混じったコクがほんのりと絡んでいた。

■スープ
・清湯の獣系醤油。
・あっさりしていて、油が浮かんでいる。
・出汁は恐らく鶏の獣系だと思うが、出汁感は控えめで、鶏の味わいはあまり感じなかった。ただし、タレの旨味もそれほど強くはなかった。
・タレの醤油は濃口で、ややフレッシュなコクがあって醤油のカドは無い。多少のタレの旨味が醤油のカドを丸めている感じ。
・前半はタレがやや薄めに感じたが、最後の方になると、何故かタレの味が濃くなってきた。要するに、タレと出汁とがよく混ざっていない事に気付いた。最後の方は、醤油のコクがスープの味を良くまとめていた。

■具材
・チャーシューは鶏のスライス。醤油ダレで煮込んであって、縮んで引き締まった中に少しだけ弾力の残った感じの歯ごたえ。味は、タレの味付けの中に、鶏肉の旨味が少しだけ残った感じだった。
・メンマは平べったい。固くはなくて繊維感も強くないけど、滑らかな中に少しシャリッとした感じの歯ごたえに、タケノコ感がほんのりとあって、あっさり優しい旨味のある味付け。
・青ネギは笹切りで大きめ。少しジューシーでネギの甘味のある味わい。

■全体的な味の感想
・後半持ち直して来たけど、一口目に麺とタレと出汁とがよく混ざっていなかったのが少々気になった。
・麺は、ややパツンとした歯ごたえだった。
・スープは、出汁感はライトだけどタレの旨味もあまり強くなくて、醤油ダレがきちんと混ざっていればそれなりにまとまった味だと思った。
・具は、ネギに甘味があって良かった。

■お気に入り度: ★★★ (3.0)

■お店の情報

【笠岡市】笠岡ラーメン 山ちゃん

笠岡ラーメン 山ちゃん 【笠岡ラーメン(並)】

笠岡ラーメン(並)(600円)

笠岡ラーメン(並)の麺

■来店の経緯等
・2013年9月7日(土)、岡山県に日帰り遠征。朝と昼の合間の時間に初の訪問。
・このお店は、朝から開いているのと、海辺にあるお店ということで、この日の1軒目で訪問してみた。

■食べたメニュー
・笠岡ラーメン(並)(600円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は10時30分頃。先客無し。

笠岡ラーメン 山ちゃん

・厨房対面のカウンター席に座り、「笠岡ラーメン(並)」を注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水は冷水機でセルフ。
・麺上げは平ザルを使用していた。
・注文から着丼まで7分。

■麺
・四角い中細ストレート。
・加水やや低めの、張りとエッジ感のある麺質。食感は、ザクッとしたキレの良い歯ごたえ。
・麺の味は、粉の旨味がしっかりしていて旨い。
・スープとの絡みは良好。スープの醤油のコクとほのかな鶏油のコクが麺に絡んで、麺の味を引き立てていた。

■スープ
・清湯の獣系醤油。
・あっさりしていて、油が少し浮かんでいる。
・出汁は恐らく鶏の獣系。出汁感は控えめで、鶏の旨味を探そうとするとタレの旨味が邪魔をする感じかも。
・タレの醤油は濃口で、コクが強い。タレの旨味と醤油のコクとのバランスが取れていて、良くまとまっている。醤油が主役だが、旨味が組み合わさっていて醤油辛さやカドは無い。

■具材
・チャーシューは鶏のスライス。醤油ダレで煮込んであって、縮んで引き締まっており、パサッとせずにコラーゲン感のある弾力があってしっかりと強めの歯ごたえ。味は、鶏の旨味は外に出てしまっている感じで、タレのコクがよく効いており、味付け自体は適度な濃さだった。
・メンマは平べったい。滑らかでしなやかな歯ごたえに、タケノコ感が少しあって旨味のある味付け。
・ネギの笹切りは、見た目ほど主張は強くなくて、香味はそこそこでジューシーなネギの味わいがスープと合っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、少しだけ絡まっていたけど、ザクッとした歯ごたえにスープの醤油との絡みが良好で、良くまとまった味だった。
・スープは、出汁感がライトでタレの旨味強めだったけど、濃いめの醤油がうまく味をまとめていた。
・チャーシューは、縮んでいて固くて出がらし感があったけど、歯ごたえは結構良かった。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【大阪市中央区】らーめんstyle JUNK STORY

らーめんstyle JUNK STORY 【煮干四郎】

煮干四郎(中盛)(850円)

煮干四郎(中盛)の麺

■来店の経緯等
・2013年9月の平日の晩、5週間ぶり、23回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・今回は、ホットペッパー大阪版9月号に、このお店の味玉無料クーポンが載っていたので、そのクーポンを使おうと思い訪問してみた。

■食べたメニュー
・9月前半の期間限定「煮干四郎」中盛(850円)
(2013年9月2日(月)から9月12日(木)までの期間限定。1日30食限定)
・味玉(ホットペッパー大阪版9月号の無料クーポン使用)

メニュー案内

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客4人。
・厨房対面のカウンター席に座り、カウンターに置いてあるメニューを見て「煮干四郎」をクーポン利用の味玉トッピングで注文。注文時にニンニクを入れるか聞かれたので、入りでお願いした。
・店員さんは男性4人。この日は社長が厨房に居て、店長さんは居なかった。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から着丼まで10分。

■麺
・四角い少し縮れた太麺。
・表面が滑らかで、プルッと引き締まっていながら適度にソフトな質感があって、ボリューム感とエッジ感のある麺質。食感は、固くなくてムチッとしたやや軽快な弾力があって噛みごたえがある。
・麺の味は、あっさりながら粉の味がしっかりしていて旨い。
・スープとの絡みは良好。スープの醤油と煮干しのコクとニンニクのパンチがよく絡んでいて、麺とのバランスも良好で麺の旨さを引き立てていた。
・具の野菜ともよく絡んでいて、味や食感的に麺も負けておらずにバランスが取れていた。

■スープ
・清湯の煮干醤油。温度高めでアツアツ。
・あっさりしていて、多少の油と、大きくて柔らかめの背脂が浮かんでいる。
・出汁は、恐らく清湯獣系に魚介。獣系はよく分からない感じで、ひょっとすると背脂だけで獣系出汁不使用なのかも知れないが、スープのパンチと厚みの感じからすると、獣系も多少は入っていると思う。
・魚介は煮干しメイン。煮干しの風味はそれほど強くなくて、やや甘めのコクが濃厚な味わい。
・タレの醤油は、やや濃いめながらコクの主張はそれほど強くなくて、煮干しと組み合わさって旨味を強めていた。
・ニンニクトッピングをスープに混ぜると、生ニンニクの香味が煮干しの風味に勝ち気味になる。ただし、出汁の薄い二郎インスパイアにありがちな、油とタレに頼ったウスウスのスープが完全にニンニクの味に染まるような感じではなくて、ベースの煮干出汁のコクがきちんとニンニクの奥で主張していた。
・コショウもトッピングされていて、ほのかな刺激感が効いていた。
・塩辛くはないし、背脂の厚みはあるけど油ギトギトではないので、スープ完食も十分可能。

■具材
・チャーシューはレアの肩ローススライス。今回は、少しだけスープの熱を入れてから食べてみた。しっとりと滑らかで柔らかくて、ムチッと歯切れの良い食感に、甘旨いタレの味付けに少し煮えた肉の旨味があった。
・味玉は黄身がトロトロで、塩気控えめの甘旨い味付け。
・野菜はモヤシとキャベツで、キャベツが主役。
・モヤシは細モヤシ。モヤシ同士がやや絡まり気味で、適度に煮てあって強過ぎないパリッとした歯ごたえ。麺との相性は悪くなかったけど、二郎系とは少し違う感じだったかも。
・キャベツは一口大のカット。少し熱が入っていて、固くはないけど割としっかりした歯ごたえに、キャベツの甘い味わい。量が多くて麺とよく絡んでいて、麺と合っていた。
・青ネギは太くて少し長めのカット。ポリッと強めの歯ごたえで、香味も多少あったけど、キャベツとのバランス的にはあまり目立たずに、キャベツと混ざって一体化していた感じ。

■全体的な味の感想
・麺は、ムチッとしていて噛みごたえがあって旨かった。スープとの相性も良好で、具のキャベツとの絡みもガッツリ感があって良かった。
・スープは、昨年の限定メニュー「背脂煮干醤油」を少し思い出す感じで、そこに生ニンニクが加わってパンチのある味わい。ニンニク有りだと、煮干よりもニンニクの方が強くなって、煮干がもったいない感じも少ししたけど、麺を食べさせるという意味では良かったと思う。
・野菜はモヤシよりもキャベツメインで、個人的にはキャベツ好きなので良かった。
・油ギトギトじゃないし、モヤシや肉は全然違うので、あくまでも二郎(インスパイア)系とは別物だけど、生ニンニクのパンチや、麺とキャベツをワシワシと食べる部分は、それっぽいジャンク感があって良かった。
・二郎(インスパイア)系が好きな人向けというよりは、普段その手のラーメンを食べない人が気分を味わうのにいい感じかも。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【奈良市】ラーメン家 みつ葉

ラーメン家 みつ葉 【豚CHIKIみそつけ麺(全粒粉麺)】

豚CHIKIみそつけ麺(全粒粉麺)2玉(850円)

豚CHIKIみそつけ麺(全粒粉麺)2玉の麺

■来店の経緯等
・2013年9月1日(日)の昼、2日連続、13回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・当日、Twitterにてこの日限定で全粒粉入りの麺が提供されるとの告知があり、2日連続で訪問してみた。

■食べたメニュー
・ラーメン家 みつ葉 2周年限定「豚CHIKIみそつけ麺(全粒粉麺)」2玉(280g)(850円)
(2013年9月1日(日)限定。20食限定)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の9時56分頃。既に4人待ち。
・入口のところに貼り紙があり、この日のつけ麺は20食で、つけ汁が二種類から選択可能と書いてあった。
・待ち人数は、10時頃に8人、10時10分頃に9人、10時20分頃に14人、10時30分頃に19人、10時40分頃に21人、10時50分頃に25人くらいだった。
・10時43分頃、奥様が外に出て来て、先に外で注文を聞かれた。もう一つのつけ汁は味噌との事だったので、つけ麺を味噌のつけ汁と全粒粉麺2玉で注文。
・開店は10時52分。順番に厨房対面のカウンター席に座る。
・水は先に席に置いてあった。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・この日は、昨日あった厨房とカウンターとの仕切りのプラスチック板が無かった。
・着席から着丼まで8分。

■麺
・平打ちの少しウエーブのかかった中太麺。
・加水中くらいの全粒粉麺で、デフォの麺よりはやや加水低め。滑らかでみずみずしい中に、多少の全粒粉麺らしい質感と引っ掛かり感があってプリッとはしていない麺質。食感は、適度に引き締まった弾力があって、強ゴシ過ぎずにスッと切れる気持ち良い歯ごたえ。
・麺の味は、程よいみずみずしさの中に、全粒粉らしい粉のコクと旨味がある。
・つけ汁との絡みは強い。つけ汁の味噌のコクがよく絡んで、全粒粉麺との相性は良好だった。麺を半分くらいサッと付けるとちょうど良いバランスなので、麺自体の旨さを堪能できた。

■つけ汁
・白濁した獣系味噌。
・トロミはあるけど、デフォのつけ汁と較べるとやや粘度は低め。その代わり、味噌の豆か何かの細かい粒が混じっている。
・出汁は、鶏と豚骨の獣系。ゼラチン感が強めで獣系の旨味も濃厚で、バランス的にはタレの方が強いながら、トロミと厚み丸みがあって味のベースをきちんと支えていた。
・タレの味噌は、以前のみつ葉の日限定の味噌ラーメンと似たタイプで、味噌のコクが濃厚な味わい。
・味噌のコクに甘辛い味付けが組み合わさっていて、塩分もそれなりにあってパンチが強めの味付けながら、甘味と旨味が塩辛さを和らげていて味噌のコクを引き立てていた。また、ショウガか何かの系統のスパイスの香味も少し感じた。
・味付けは強めで、そのまま飲むには少し濃い味。

・割りスープは徳利で提供。いつもと同じ、昆布と乾物ホタテ貝柱の甘旨いコクが濃厚な味わい。スープでつけ汁を割ると、タレの味付けがやや弱まって飲みやすくなった。

■具材
・チャーシューは、少し厚みのあるレアのバラスライス。しっとりとして、少ししっかりした歯ごたえに、脂身のサッパリとした甘味と肉の部分のレアな旨味が入り混じった味わいで、サイドのコショウの香味がほんのりと効いていた。
・味玉は黄身がトロトロで、あっさりとして多少の塩気のある味付け。
・メンマは太くて四角い。少しポリッとしていて繊維感控えめの柔らかい歯ごたえに、あっさりとしたショウガの味付け。今回は、つけ汁の味噌の味が強いので、甘味よりもショウガの風味の方が強めに感じた。
・三つ葉は、サッパリとした葉っぱの味わいで、味噌ダレの効果か、今回は少しだけ青いコクの主張を感じた。
・小口ネギは、サッパリとした香味をほのかに感じて、デフォのつけ汁よりは存在感があったかも。
・糸唐辛子は、麺とは絡まずにつけ汁の底に沈んでいたが、スープ割りの際に意外と絡みが主張していて、スープ割りの為に入っている感じだったかも。

■全体的な味の感想
・麺は、全粒粉らしいコクと旨味のある味に、みずみずしい中にややボソッとした感じのある食感が良かった。味噌のつけ汁との相性も良好で、つけ汁に少しだけサッと付けると、麺の旨さを堪能できた。
・つけ汁は、味噌のコクが濃厚で甘辛い味付けに、獣系出汁のトロミと旨味がバランスよく組み合わさっていて、味噌感が強めの味付けながら、塩気や刺激感が主張せずに適度な甘味と丸みがあったのが良かった。
・具は、つけ汁が味噌ダレだったので、いつもの塩ダレの時とは少し感じが違ったかも。
・とにかく、今回は全粒粉麺と味噌のつけ汁との相性が素晴らしかった。ドボ付けするよりも少しだけ付ける向きの味のバランスで、自分で付け具合を調整できるつけ麺ならではの利点が生かせていて、最後まで飽きずにグイグイと引き込まれた。

■お気に入り度: ★★★★★★ (6.0)

■お店の情報

【奈良市】ラーメン家 みつ葉

ラーメン家 みつ葉 【豚CHIKIつけ麺(1玉)+チャーシュー】

豚CHIKIつけ麺(1玉)+チャーシュー(1000円)

豚CHIKIつけ麺(1玉)+チャーシューの麺

■来店の経緯等
・2013年8月31日(土)の昼、2か月ぶり、12回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・今回は、久しぶりにつけ麺を食べたいと思い、訪問してみた。

■食べたメニュー
・豚CHIKIつけ麺 1玉(140g)(800円)
(1日10食限定)
・チャーシュー増量(200円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の10時14分頃。シャッターポール(開店前の並びの先頭)。
・待ち人数は、10時20分頃に6人、10時30分頃に12人、10時40分頃に23人、10時50分頃に28人だった。
・10時41分頃、誘導員の人が出勤。
・10時52分頃、奥様が外に出て来て、先に外で注文を聞かれた。今回は、一度つけ麺を1玉で食べてみたかったので1玉で注文し、代わりにチャーシューを増しにしてみた。
・開店は11時。奥から順番に厨房対面のカウンター席に座る。
・水は先に席に置いてあった。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・暑さ対策か、厨房とカウンターの間に、透明なプラスチックの仕切り板が吊るしてあった。
・着席から着丼まで4分。

■麺
・長方形の四角い、少しウエーブのかかった中太麺。
・表面がツルッとしていてプリッと滑らかで、みずみずしくて透明感があって張りとエッジ感のある麺質。食感は、プリッと引き締まった中に滑らかさも兼ね備えた弾力があって、適度なコシのある歯ごたえ。
・麺の味は、プリッとみずみずしくて粉の旨味のある味わい。
・つけ汁との絡みは良好。つけ汁のトロミと旨味と多少の塩気がほんのりと絡んで、麺の旨さを引き立てていた。
・麺の丼の底には、水切り時に残ったのか、小さな氷があった。

■つけ汁
・白濁した獣系塩。
・少しトロミがあるけど、油はあまり多くなくてそれほどコッテリはしていない。
・出汁は鶏と豚骨の獣系。どちらかと言うと鶏メインの、ゼラチン感があって少しザラッとした感じで、獣系の旨味が濃厚な味わい。トロミが強いのにマッタリ感や油っぽさは控えめの、ポタージュみたいな口当たりで、以前に食べた時は野菜系のトロミも入っている気がしたが、今回はよく分からなかった。
・タレは塩ダレで、塩のコクはあるけど旨味が強めで塩のカドは立っておらず、ピリッとした刺激感は無い。
・味付けは、つけ汁としてはマイルドで、多少の塩気が効いているけど旨味と丸みがうまくバランスしていて、そのままでも飲める味の濃さ。

・割りスープは徳利で提供。昆布と乾物ホタテの組み合わさった旨味と甘いコクがあって濃厚な味わい。
・つけ汁と割りスープを同じ分量ぐらいで割ってみた。つけ汁のトロミが薄まって、獣系の方が強いながら割りスープが獣系の旨味を引き立てていて、それぞれを単体で飲むよりも旨味が強まっていて旨かった。

■具材
・チャーシューは、やや厚みのあるレアのバラスライス。しっとりとした弾力があって、噛み切るにはややしっかりめの歯ごたえに、味付けあっさりでサイドのコショウが少しだけ聞いていて、脂身多めながら脂身のコクもくど過ぎずにレアなジューシーさを少し感じる味わい。
・1枚のチャーシューを、半分はそのまま食べて、残り半分はつけ汁に少し付けて食べると良い感じだった。バジルペーストも付けてみたけど、バジルの味が勝ち気味に感じたかも。
・味玉は、黄身がトロトロで、あっさりした旨味と多少の塩気のある味付け。
・メンマは四角くて太い。水分がやや多めで柔らかい歯ごたえに、あっさりと甘いショウガ系の味付け。
・三つ葉は、香味が控えめでサッパリとした、クセの無い葉っぱの味。
・小口青ネギは、つけ汁とのバランス的には見た目担当といった感じだった。
・バジルペーストは、今回は少しだけチャーシューに付けただけだった。

■全体的な味の感想
・麺は、プリッとみずみずしい弾力があって旨かった。麺の量1玉だと、最後まで麺のコンディションが変わらないのが良かった。
・つけ汁は、今回はやや味付けがマイルドで、その分、獣系の濃厚な旨味を堪能できたのが良かった。麺との絡みも、味付けがマイルドなのがむしろ麺に合っていたと思う。
・チャーシューは、レアな肉の味わいと脂身の甘味がうまく組み合わさっていて、バラ肉ながら脂身のコクやクセが強くないのが良い感じ。つけ麺だと、スープで煮えないし、つけ汁やバジルペーストで変化を付けられるので、むしろラーメンよりもチャーシュー増しに向いているかも。
・今回は、麺だけを楽しむというよりも、麺、つけ汁、チャーシューがそれぞれ楽しめたのが良かった。
・麺2玉でガッツリ食べるのも良いけど、たまには1玉で食べるのも良いと思った。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報

【奈良市】まりお流

まりお流 【大きなフグの上身だけ【一匹付け】のラーメン】

大きなフグの上身だけ【一匹付け】のラーメン(1365円)

大きなフグの上身だけ【一匹付け】のラーメンの麺

■来店の経緯等
・2013年8月の平日の晩、1ヵ月ぶりの訪問。
・ブログを始めてからは20回目の訪問。
(ブログを始める前にも訪問しているが、回数は記録していないため不明)
・今回は、フグ(サバフグ)のラーメンをやるということで、興味を持って訪問してみた。

■食べたメニュー
・今週の創作「大きなフグの上身だけ【一匹付け】のラーメン」(1365円)
(2013年8月23日(金)からの週替わり限定)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には外待ち無し。カウンター席に座る。
・先客は22人。
・「今週の創作」は、店内に書いていない裏メニュー。「あっさり」の方で注文した。
・店員さんは見える範囲で8人。男性7人と女性1人。
・水は奥の冷水機でセルフ。冷たいオシボリも冷水機の横に置いてあり、セルフ。
・先に、ポン酢とガラ入れの小皿が出てきた。

ポン酢とガラ入れの小皿

・注文から着丼まで12分。

■麺
・長方形の四角い中太ウエーブ。
・表面がツルッと滑らかで少しプリッとした感じの、張りがあって優しい質感のある麺質。食感は、少しだけ固めの茹で加減で、張りのある弾力があって気持ちの良い歯ごたえ。
・麺の味は強くないけどしっかりしている。
・スープとの絡みは、割とあっさりしていたけどバランスは取れていた。スープの油と旨味がサラッと絡んで、麺を甘味のある味わいに引き立てていた。
・具のバラ肉スライスや白髪ネギとの絡み具合も良好だった。

■スープ
・清湯の醤油。
・あっさりしていて表面に油が浮かんでいる。
・出汁は、鶏の獣系と貝か何かの魚介ベースに、具のサバフグの切り身を電子レンジで加熱して出汁を取っており、少しアクが出ているけどスープ自体は澄んでいる。フグの旨味がしっかり出ているけど、旨味が過剰に強くなくて、あっさりとシンプルな味わい。
・タレの醤油は甘めで少し香ばしい感じのコクがあり、醤油っ辛さやカドは無い。醤油の甘いコクにフグ出汁の旨味が組み合わさっていて、表面の油がそこに厚みをプラスしている。
・塩気は強くなくて、塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・肉は、チャーシューではなくて豚バラ肉の一口大カットの薄切りスライス。弾力のある歯ごたえに、味付け控えめで脂身の甘味と肉のあっさりとした旨味のある味わい。麺とよく絡んで、麺とも合っていた。
・貝かキノコかよく分からない、丸くて太い輪切りが何個か入っていた。柔らかくて張りと繊維感のある歯ごたえに、ベースはあっさりとしていて味付け感のある味。最初は帆立貝柱かと思ったが、ホタテにしては大きいし旨味も控えめなので、キノコの軸のようにも思ったが、キノコにしては繊維感が強めに感じたので、結局何なのか分からなかった。後からネットでお店のメニュー説明を見たところ、エリンギとの事だった。
・味玉は、黄身はかなり固めの半熟。味付け控えめで、黄身の外側の茹で卵っぽい味が強めの味わいだった。
・メンマは太くて四角い。ポリッとして噛むと沈み込むようなしっかりめの歯ごたえに、旨味のある味付け。
・白髪ネギは、程よい強さの歯ごたえで、食感的に麺とよく合っていた。

・フグは、麺を食べ終わってから食べた。
・フグはサバフグで、骨付きで皮を剥いてあって大きめのカット。プリッと弾力があって柔らかい歯ごたえで骨離れも良好。味はあっさりながらフグらしい豊かな旨味があった。
・ポン酢に付けずに食べると身の繊細さがよく味わえた。ポン酢に付けると、ポン酢の柑橘果汁系の酸味がよく絡んで、サッパリした味わい。
・量が多いので、基本ポン酢に付けずに食べて、時々ポン酢に付けて変化を付けた。
・ちなみに、ポン酢は表面に油が浮かんでいて、旨味よりも柑橘の味がメインになっており、以前に出てきたポン酢とは味が変わっていた。

■全体的な味の感想
・麺は、デフォの麺だと思うけど、合わせるスープによって微妙にテイストが変わる感じで、今回は麺の甘味の部分が引き立っていたように思った。スープとの絡みはあっさり気味だったけど、その分、具のバラ肉スライスや白髪ネギが麺に絡んで補っていたのが良かった。
・スープは、甘めで香ばしい醤油ダレと、フグ出汁の旨味と油の厚みとがうまく組み合わさった、あっさりとして旨味が後を引く味わい。味の足し引きがきちんと出来ていて、フグの繊細な旨味がきちんと生きていたのが良かった。
・電子レンジで加熱している関係上、少しアクが出ていたが、スープが旨いのであまり気にならなかった。
・具は、サバフグの身に弾力と旨味があって、出がらし感があまり無いのが良かった。
・チャーシューじゃなくて一口大のバラ肉スライスが入っていたのも、麺やスープとよく合っていて良かった。
・ポン酢も、以前と較べると良くなっていた。
・このお店のあっさり系の創作の中では、特大牡蠣、松茸の次くらいのお気に入りだと思った。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報

【敦賀市】池田屋ごんちゃん

池田屋ごんちゃん 【並】

並(600円)

並の麺

■来店の経緯等
・2013年8月25日(日)、石川県と福井県に日帰り遠征。晩に初の訪問。
・事前の調べでは、敦賀の国道8号線沿いの屋台は20時オープンという事で、帰りの電車の時間に間に合わないので諦めていたが、「中華そば 一力」の帰りに立ち寄ってみたところ、何故かこのお店だけ19時前から営業していたので、訪問してみた。

■食べたメニュー
・並(600円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は19時頃。先客13人。
・トラックの屋台が止まっていて、歩道にテーブル席があった。
・メニューは「並(600円)」と「大盛(800円)」の二種類。屋台で注文してからテーブル席に座る。お金は後払いで、注文時に番号の書いた食券を受け取る。
・店員さんは3人で、男性1人と女性2人。
・水は屋台の冷水機でセルフ。
・注文から着丼まで4分。時間帯が早いせいか、着丼時にはじっこチャーシューのセルフトッピングサービスがあったので、少しだけ乗せてみた。

着丼時のはじっこチャーシューセルフトッピングサービス

並(はじっこチャーシューをセルフトッピング)

■麺
・四角くて少し縮れた、中細と中太の間くらいの太さの麺。
・加水高めの、黄色くて表面がツルッとしていて、プリッとした密度感があって張りとエッジ感のある強めの麺質。食感は、コシがあって強めの歯ごたえで、ノド越しも良好。
・麺の味は多加水系でしっかりしている。
・スープとの絡みはややあっさりしている。スープの旨味がサラッと絡んで、麺の旨さで食べる感じ。

■スープ
・少し濁った清湯の獣系醤油。
・あっさりしていて油は少なめ。
・出汁は獣系で恐らくは豚骨メイン。出汁感はライト気味で、昆布か何かの旨味も少し感じたかも。
・タレの醤油は甘めで、タレの旨味が強めの優しい味わい。
・多少の塩分は感じるけど、塩辛さや刺激感は無い。
・テーブルトッピングでの味変化向きの味のようにも感じた。

■具材
・チャーシューは、デフォがバラスライス1枚とモモスライス2枚。それに加えて、セルフトッピングのはじっこチャーシューが何枚か。
・バラと、モモでも脂身多めのやつは、脂身の弾力のある歯ごたえで、脂身少なめのモモもパサッとはしていなかったと思う。バラもモモも味付け薄めのあっさりした味わいで、はじっこチャーシューにはタレの味付けが強めなのも混じっていた。
・メンマは平べったい。強めの歯ごたえに、あっさりとして香ばしさのある味。
・青ネギと白ネギの輪切りは、太めのネギで歯ごたえに主張があった。

■全体的な味の感想
・麺はツルプリで歯ごたえがしっかりしていた。
・スープは、たまたまのブレかも知れないが、何か出汁感薄めでタレの旨味が強めのライトな味わいだった。周りのお客は、テーブルの紅ショウガとかを投入して自分好みの味を作っていた。
・具は、チャーシューがデフォでバラとモモの二種類入っていたのが良かった。
・スープはちょっとアレだったけど、麺とチャーシューは悪くないと思った。
・地元の人気店で、恐らくは敦賀のソウルフードなのだと思う。お店の人の感じも良かったし、敦賀の屋台を満喫できて良かった。

■お気に入り度: ★★★ (3.0)

池田屋ごんちゃん(食後に撮影)

■お店の情報

【敦賀市】中華そば 一力

中華そば 一力 【中華そば】

中華そば(650円)

中華そばの麺

■来店の経緯等
・2013年8月25日(日)、石川県と福井県に日帰り遠征。夕方に初の訪問。

■食べたメニュー
・中華そば(650円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は18時2分頃。外待ち無しの店内4人待ち。店内で座って待つ。

中華そば 一力

・到着から12分待ちで、奥の丸い大テーブル席に相席で案内されて座る。
・メニューを見て「中華そば」を注文。
・店員さんは7人で、男性2人と女性5人。
・水は出してくれた。お代わりは厨房前の冷水機でセルフ。
・店内はテーブル席のみ。4人掛けテーブル7つと奥の丸い大テーブル1つで、混み合っている。
・注文から着丼まで8分。

■麺
・四角い少し縮れた中細麺。
・加水高めの、表面がツルッと滑らかで少しプリッとした感じの優しい張りのある麺質。食感は、固くなくて、優しい弾力があって柔らかなコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は多加水系で、あっさりとした粉の味わい。
・スープとの絡みは良好。スープのコショウの香味がよく絡んで、麺の味を引き立てている。

■スープ
・白濁した獣系醤油。
・サラッとしていて、多少の油はあるけど割とあっさりしている。
・出汁は獣系で、どちらかと言うと豚骨メインか。恐らくは白湯だと思うけど、清湯と白湯の間みたいなテイスト。丸みがあって旨味のしっかりした味で、獣っぽさは少なめ。
・タレの醤油は甘旨い味。コショウが底に溜まっており、コショウの香味がスープのアクセントになっているが、旨味とのバランスは取れていて刺激感は強くない。タレの旨味もあって、上手くまとまった味。

■具材
・チャーシューは薄切りのモモ肉スライス。柔らかいながらややパサッと引き締まった歯ごたえに、味付け控えめで昔風のチャーシューの味わい。
・メンマは、平べったいのと細いのが混在。ポリッとしなやかな歯ごたえに、あっさりとした味付け。
・白ネギ輪切りは、適度な香味があって主張のある歯ごたえで、スープにサッパリ感をプラスしていて薬味の役割を果たしていた。
・紅ショウガが少しトッピングされていて、香味がアクセントになっていた。

■全体的な味の感想
・麺は、優しい歯ごたえで結構良かった。麺に絡むコショウの香味もよく合っていた。
・スープは、コショウがアクセントになっていて、昔風の味わいながらよくまとまっていた。
・個人的には、通常はコショウや紅生姜がデフォで入っているのはどうかと思うけど、このラーメンに関しては悪くないと思った。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【金沢市】麺や 福座

麺や 福座 【福座ラーメン】

福座ラーメン(650円)

福座ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2013年8月25日(日)、石川県と福井県に日帰り遠征。昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・福座ラーメン(650円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は12時42分頃。外待ち無しの店内6人待ち。

麺や 福座

・店内で座って待っていると、先に注文を聞かれたので、メニューを見てデフォの「福座ラーメン」を注文。
・店員さんは5人で、男性2人と女性3人。
・到着から13分待ちで厨房対面のカウンター席に座る。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・店内は、混み合っている時だとやや狭く感じるかも。
・着席から着丼まで8分。

■麺
・長方形の太麺縮れ。
・加水高めの、表面がツルッと滑らかでプリッとした張りとボリューム感のある麺質。食感は、プリッとした当たりの中に、滑らかな張りのある弾力があって、キレの良い歯ごたえ。
・麺の味は、強くはないけど粉の旨味と甘味がしっかりしていて旨い。
・スープとの絡みは良好。スープのニンニクと醤油のパンチがよく絡んで、麺の旨さを引き立てて食欲をそそっていた。

■スープ
・白濁した獣系醤油。
・ほんの少しだけトロッとしていて、表面に乳化した油の層がある。コッテリしているけど、それほど重たくはない。
・出汁は鶏と豚骨の獣系。ゼラチン感は少しあるけど割とサラッとした感じで、鶏白湯ベースに豚をプラスして旨味を強めている感じ。
・タレの醤油は甘旨で、コクはしっかりしている。
・タレの旨味も強めで、油に仕込んであるのか、ニンニクのパンチがガツンと効いている。醤油のコクとニンニクのパンチとの組み合わせは、少しだけ二郎系を思い出す感じのテイストだったかも。
・少しだけ、一味か何かの赤いのが入っていたけど、刺激感は特に感じなかった。

■具材
・チャーシューはやや厚切りの肩ローススライス。よく煮込んであって脂身少なめで、トロッとはしておらずに繊維感少なめでパラッとほぐれる感じの柔らかさのある歯ごたえに、旨味のあるタレの味付け。
・青い細ネギは長めのカット。表面に油をまとっていて滑らかながら、熱はそれほど入っておらず、若くてサッパリとした香味のある味わい。
・太モヤシは、適度に熱が入っていてあまりシャキッとしておらずに、やや控えめな歯ごたえが麺とよく合っていた。というか、麺に隠れてあまり目立っていなかったかも。
・キャベツも、適度に熱が通っていて柔らかい歯ごたえに、甘くてクセのない味わい。
・野菜は、全般的に麺とよく合っていた。

■全体的な味の感想
・麺は旨いと思った。パンチのあるスープとの絡みも素敵。
・スープは、醤油とニンニクの組み合わさったパンチがあって、軽快で旨味の強い味わい。ニンニクのパンチに目を奪われがちだけど、獣系白湯の出汁感もしっかりしていて良かった。
・具は、とりあえず野菜が麺とよく合っていて、スープを薄めていないのが良かった。
・野菜とかニンニクのパンチだけ見ればありがちな味にも感じるけど、麺とスープとのバランスが絶妙で、どこにでも有りそうでどこにも無い味だと思った。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報
記事リスト
2013年09月の記事
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ