【名古屋市中川区】真心堂

真心堂 【伊勢海老つけ麺】

伊勢海老つけ麺 大盛(777円)

伊勢海老つけ麺の麺

■来店の経緯等
・2013年5月25日(土)の夕方に初の訪問。
・秋田県で人気の「伊勢海老つけ麺」を提供しているお店が名古屋にある事を知り、興味を持ったので訪問してみた。

■食べたメニュー
・伊勢海老つけ麺 大盛(777円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は17時12分頃。外待ち無しの先客4人。

真心堂

・カウンター席に案内されて座り、メニューを見て「伊勢海老つけ麺」を注文。大盛無料なので、大盛で注文。
・店員さんは男性2人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・紙エプロンを出してくれた。
・荷物入れのカゴも出してくれた。
・注文から着丼まで8分。着丼時に店員さんから、途中でレモンを絞るよう説明があった。

■麺
・長方形の四角い太麺で、少しウエーブがかかっている。
・加水やや高めの、ツルッと滑らかでみずみずしくて、プリッとやや硬質な密度感のある麺質。食感は、引き締まった中にモチッとした弾力があってコシのある歯ごたえ。
・麺の味はプリッとしてしっかりしている。
・つけ汁との絡みはあっさりしている。つけ汁の、海老の甘い風味とタレの旨味がサラッと絡んで、麺の味で食べる感じ。つけ汁が熱々のせいで、麺をつけ汁にドップリ付けると麺が煮え気味になるので、サッと付けて食べる向き。
・後半、レモンを麺に絞ると、少しだけ目先が変わった。つけ汁とレモンとの相性も悪くなくて、そんなに大きくは変化しないけど、味変化としては良かったと思う。

■つけ汁
・白濁した獣系海老醤油。石鍋に入ってグツグツ煮えていて熱々。
・ほのかなトロミがあるが、割とサラッとしている。
・出汁は獣系ベースに海老。獣系は、トロミと丸みの部分に感じて、獣系のコクやコッテリ感は控えめの優しい感じ。
・海老は、思った程コクや風味は強くなくて、伊勢海老っぽい甘味のベースに、海老粉か何かの旨味も少し感じる。
・タレは醤油系だと思うが、醤油は甘旨でマイルド。海老粉か何かと組み合わさった旨味がメインの味わい。
・味付けは強くなくて、つけ汁は普通にそのまま飲める。塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・チャーシューのスライスはやや冷え気味で、冷えた脂身混じりの口当たりと歯切れの良い食感に、あっさりとした味付け。
・味玉も冷えていて、黄身はやや固めの半熟で甘めのタレの味付け。
・メンマは太くて四角い材木メンマ。ポリッと繊維感があって多少の粘りのある歯ごたえに、あっさりとしてほんの少し塩気の効いた味付け。
・ホウレン草は茹でて水で締めてある。しっとりとして、やや水っぽい食感と味わい。

■全体的な味の感想
・麺は、ツルッとしていて程よい弾力とコシがあって、大盛でもスルッと食べられた。
・つけ汁は、マイルドで旨味が強くて温度高めで、麺との絡みは割とあっさりしていた。
・具は、もう一押し欲しい感じだったが、とりあえず、メンマが大きいのは良かった。
・全体的に、そんなに強い個性は感じないけど、良くまとまっていると思った。

■お気に入り度: ★★★☆- (3.3点)

■お店の情報
スポンサーサイト

【大東市】麺や而今

麺や而今 【鰯に乗ったトリトン(塩)】

鰯に乗ったトリトン(塩)(750円)

鰯に乗ったトリトン(塩)の麺

■来店の経緯等
・2013年5月の平日の晩、3ヵ月ぶり、3回目の訪問。
・「俺のラーメン 創作Cup!(第0回予選)」の7軒目のお店として訪問。

■食べたメニュー
・限定の創作麺「鰯に乗ったトリトン(塩)」(750円)
(2013年5月11日(土)から6月9日(日)までの期間限定。昼15食、夜15食)
・三岳(芋焼酎)ロック(500円)
・親鳥のせせり 黒胡椒焼き(数量限定)(350円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には外に1人待ち。店内にも3人待ちで、外に並んで待つ。
・到着から3分待ちで入店。店内で待つ。
・到着から7分後、入店から4分待ちで案内されて、入口近くの6人掛けのテーブル席に座る。
・創作麺を注文したところ、最後の1杯との話だった。醤油と塩のどちらにするか聞かれたので、塩を選択。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から着丼まで11分。

■麺
・四角い中細ストレート。
・白くて加水低めで張りのある、ゴワッとまでは行かないがしなやかさは少なめの麺質。食感は、低加水気味な弾力があって、噛むとムチッとたわんでザクッと切れる気持ちの良い歯ごたえ。
・麺の味は、低加水らしく粉の味の主張が強めで旨い。
・スープとの絡みは良好。獣系と組み合わさった煮干しのコクが強めに絡んで、鼻にツンと来る感じ。麺の味も主張強めで、煮干しの風味と麺の味とのハーモニー感のある味わい。

■スープ
・白濁した獣系魚介塩。
・白湯らしいほのかなトロミはあるが、粘度は高くなくて油もそれほど多くない。
・出汁は、鶏と豚骨の獣系に煮干しの魚介で、獣系と魚介のバランスは取れている。獣系は、サラッとしたトロミと丸みがあり、旨味は強くなくて獣系のコクやマッタリ感も控えめ。
・魚介は煮干しメインでコクが強め。煮干しのコクは結構強いけど、塩気や雑味は控えめで、味的にはそんなにガンガン来ずに風味が強い感じ。スープ自体の味よりも、麺との絡みの方が煮干しのコクを強めに感じた。
・塩ダレは塩のコクは控えめで、タレの旨味も強くなくて、出汁の味わいを生かしていた。
・塩分控えめの優しい味わいで、塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・チャーシューは大きくて分厚いバラスライスが1枚。片面を少し炙っていて、固くはないが引き締まって厚みなりのしっかりした歯ごたえに、味付けあっさりで脂身のコクもマイルドな、多少の肉っぽさを感じる味わい。
・ホウレン草の葉は、よく茹でてから水で締めてギュッと絞った感じで、しんなりと柔らかい歯ごたえにサッパリとしたホウレン草のコクがあって、割とスープに合っていた。
・玉ネギ角切りは、シャリッと優しい歯ごたえに、甘めで香味は強くなくて、スープとのバランスは良かった。

■追加注文
・ラーメンを食べた後、メニューを見て三岳(芋焼酎)のロックと、「親鳥のせせり 黒胡椒焼き」を追加で注文した。
・三岳は、スッキリしていて甘味があり、上品なコクがあってロックで飲んでも旨かった。酔うためじゃなくて、味わうために飲んでいる気分になれた。

三岳(芋焼酎)ロック(500円)

・親鳥のせせり黒胡椒焼きは、プリッと弾力があって、しなやかで噛みごたえのある歯ごたえ。油がよく絡んでいて、油の風味と丸みにマイルドな塩コショウ系の旨味のある味付けで、お酒のおつまみにちょうど良かった。黒胡椒は、香味が強くなくてじんわりと効いていた。

親鳥のせせり 黒胡椒焼き(数量限定)(350円)

■全体的な味の感想
・麺は、ムチッとした弾力があってザクッとキレの良い歯ごたえで、個人的にはむっちゃ好み。
・麺とスープの煮干しの風味との絡みも素敵。煮干しの味は強くないのに風味が強めに麺に絡んでいて、麺の旨さをよく引き立てていた。
・スープは、マイルドで優しい味の塩白湯の中に煮干しの風味が隠れている感じで、スープ自体の味よりも麺との絡みを味わう向きかも。煮干しは、コクが強いのに塩気や苦味、雑味をあまり感じないのが良かった。
前回訪問時に食べた限定の超ファイティングニボとの比較では、スープは超ファイティングニボの方が濃厚でインパクトがあったけど、麺を食べるという意味では今回の創作麺の方が良い部分もあると思った。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0点)
※ラーメン単体のお気に入り度です。

■お店の情報

【豊中市】味噌らーめん専門 みつか坊主

味噌らーめん専門 みつか坊主 【宝山味噌 たまり醤油ラーメン】

宝山味噌 たまり醤油らーめん(850円)

宝山味噌 たまり醤油らーめんの麺

■来店の経緯等
・2013年5月18日(土)の晩、1ヵ月半ぶり、4回目の訪問。
・「俺のラーメン 創作Cup!(第0回予選)」の6軒目のお店として訪問。

■食べたメニュー
・限定の創作麺「宝山味噌 たまり醤油らーめん」(850円)
(2013年5月11日(土)から6月9日(日)までの期間限定。1日の提供数は不定で、無くなり次第完売)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は20時20分頃。外に13人待ち。
・到着から22分待ちで入店。テーブル席に案内されて座り、創作麺を注文。
・店内は先客15人。
・店員さんは5人で、男性3人と女性2人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・荷物入れのカゴを出してくれた。
・レンゲと割り箸は、テーブル備え付けではなくて、出してくれた。
・注文から着丼まで11分。

■麺
・細麺ストレート。
・加水低めで、ガシッと引き締まったソリッド感のある麺質。食感は、茹で加減固めの、少し粘りがあってコシを感じるやや強めの歯ごたえで、サクッとした歯切れの良さよりも歯ごたえ重視かも。
・麺の味は、低加水らしく粉の味が強めで旨い。
・スープとの絡みはあっさりしているが、バランスは良好。麺の味の方が強いが、スープの魚介と醤油の組み合わさった芳醇な風味が絡んで、麺の旨さを引き立てていた。

■スープ
・清湯の魚介醤油。
・サラッとしていて、少し油が浮かんでいる。
・出汁は、昆布と節系の魚介メインで、獣系はかなり控えめ。優しい旨味があって、魚介の風味はスープ自体の味よりも麺との絡みの方がよく立っていた。
・タレの醤油は、甘旨でコクがかなり控えめの優しい味わいだが、たまり醤油っぽい香ばしい風味があって、魚介と組み合わさると、薄口醤油とは一味違う独特の香味を醸し出していた。
・味付けは強くなくて、塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・チャーシューは薄切りの肩ローススライス。メニューの写真ではレアチャーシューだったが、焼きが入っていてレアではなかった。片面を焼いていて香ばしくて、薄切りながら引き締まってしっかりした歯ごたえに、味付けあっさりで脂の甘味混じりの肉の旨味のある味わい。
・モヤシは、シャキッと歯切れの良い食感で、量がそれほど多くない事もあり、麺と絡んでもモヤシが強過ぎずにバランスが良好だった。
・青ネギは縦に細長く切っていて、サッパリとして程よい強さの食感で、麺とよく絡んで麺との相性も悪くなかった。
・もずくは、味付け控えめで植物性の粘度があり、よく分からないがスープに多少のトロミをプラスしていた気がする。

■全体的な味の感想
・麺は、主張強めの低加水細麺で、スープとの相性も良好だった。
・スープは、たまり醤油ダレなのに醤油のコクがガツンとは来ずにマイルドで、それでいて芳醇な風味を感じる部分にセンスの良さを感じた。
・全体的に気配りが行き届いていて、創作限定メニューらしい良質感があったのが良かった。
・旨味とかコクとかパンチの強さではなくて、センスの良さを求める人向けの個性派のラーメンかも。

■お気に入り度: ★★★☆+ (3.8点)

■お店の情報

【豊中市】烈火

烈火 【強烈鯖】

強烈鯖(900円)

強烈鯖の麺

■来店の経緯等
・2013年5月18日(土)の晩に初の訪問。
・「俺のラーメン 創作Cup!(第0回予選)」の5軒目のお店として訪問。
・このお店は、昨年春に山形に遠征して以来、ずっと気になっていたお店だったが、今回の創作麺イベントでようやくの初訪問。

■食べたメニュー
・限定の創作麺「強烈鯖」(900円)
(2013年5月11日(土)から6月8日(土)までの期間限定。1日10食)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の18時45分頃。既に1人待ち。
・待ち人数は、18時51分頃で5人。
・開店は19時。順番に入店し、厨房対面のカウンター席に座る。
・創作麺が残っているか聞いたところ、この日は夜も残っているとの話だったので、注文。
・店員さんは男性の店主さん1人。
・水は、カウンターのポットでセルフ。
・注文から着丼まで12分。丼をお盆に乗せて、お盆ごとカウンター越しに手渡しだった。

■麺
・四角い少し縮れた中太麺。
・ムチッと滑らかで、適度な密度感があってややソフトな麺質。食感は、ムチッとした弾力があって、やや軽快な噛みごたえがある。
・麺の味は、あっさりながら粉の味があって旨い。
・スープとの絡みは良好。醤油のコクの絡みはサラッと控えめで、鯖節の風味が強めに絡んで麺の味を引き立てていた。

■スープ
・清湯の魚介醤油。
・サラッとしていて、表面に油が多めに浮いている。
・出汁は魚介メイン。獣系はよく分からない感じで、不使用かも。
・鯖節の強めのコクの中に旨味のある味わいで、鯖がガッと来るけど、酸味はそれほどキツくないし、スープの節の破片もそれほど多くはなかった。
・タレの醤油は濃口で、カドは無いけど結構濃い。
・鯖節のコクに醤油のコクをバランス良く組み合わせたやや強めの味わいで、出汁の旨味と油の丸みがそれを支えている。
・油の効果か、最初の方は鯖の風味が強めに立っていて、後半になるほど醤油ダレが前に出て来る感じだった。

■具材
・チャーシューはバラのスライス。トロッと柔らかくて醤油ダレの効いた味付け。
・味玉は、黄身がやや固めの半熟で白身は引き締まっており、味付けはあっさり。
・メンマは平べったいのと細いのが混じっていた。しなやかな歯ごたえに、ややはっきりしない感じの味付け。
・白ネギ輪切りは、シナッとしていてサッパリと優しい味。量が多めで、麺やスープとよく絡んで薬味の役割を果たしていた。

■全体的な味の感想
・麺は、ムチッとして噛みごたえがあって良かった。スープの鯖節のコクとの絡みも良好だった。
・スープは、鯖節と醤油の組み合わさった強めの味を表面の油で丸めていて、麺を食べるという意味ではよく出来ていたと思う。
・濃いめの醤油ダレに白ネギの組み合わせが、東日本テイストなのかも。
・スープの油がいい働きをしていて、一口目からグッと引き込まれた。それを最後まで引き付け続ける為のもうひと工夫が欲しい気もしたが、鯖節の強烈さを主軸に据えているというコンセプトならば、これで良いのかも。

■お気に入り度: ★★★☆+ (3.8点)

■お店の情報

【大阪市北区】洛二神

洛二神 【魚味中華そば ビーフとともに】

魚味中華そば ビーフとともに(800円)

魚味中華そば ビーフとともにの麺

■来店の経緯等
・2013年5月18日(土)の昼、5か月ぶりの訪問。
・ブログを始めてからは2回目の訪問。
・「俺のラーメン 創作Cup!(第0回予選)」の4軒目のお店として訪問。
・このお店は、土曜日だけ12時開店なので、開店時間の時間差を利用して「麬にかけろ 中崎壱丁 中崎商店會1-6-18号ラーメン」からの連食で訪問してみた。

■食べたメニュー
・限定の創作麺「魚味中華そば ビーフとともに」(800円)
(2013年5月11日(土)から6月8日(土)までの期間限定。1日10食)
※メニュー説明には「天然羅臼昆布×サバ節+サンマ節」と書いてあった。

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は12時1分頃。外待ち無しの先客5人。
・カウンター席に座り、創作麺を注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文から着丼まで10分。

■麺
・四角い細麺ストレート。
・加水やや高めで卵が入っている感じの、表面が滑らかでしなやかな、線が細いながら張りとエッジ感のある麺質。食感は固くなくて、しなやかで引き締まった感じの弾力とコシがあって、滑らかな口当たり。
・麺の味は、強くはないけどしっかりしていて旨い。
・スープとの絡みはあっさりしているが、細麺なのでバランスは良好。スープの油と魚介のコクがサラッと絡んで、麺の旨さを引き立てる。

■スープ
・清湯の獣系魚介醤油。温度高めで熱々。
・あっさりしながら、表面に多めに油が浮かんでいて口当たりは滑らか。
・出汁は魚介メイン。獣系の味は感じないが、ベースの厚みを感じる。油で厚みを持たせているのかも。
・魚介は、節の細かい破片がガッツリと入っていて、節系の甘旨で濃厚なコクがある。メニュー説明では、昆布と鯖節にサンマ節との事だが、鯖節の酸味はキツくなくて、言われてみればそうかという感じ。油との関係か、スープの表面の方が魚介の風味やコクを強く感じた。
・タレの醤油はやや濃くて味付けは強め。一味の刺激感もほんのりと効いていて、塩分はそれなりにあるが、魚介が立っていて味に厚みがあるので、塩辛いまでは行かない感じ。

■具材
・チャーシューは、薄切りで脂身無しの牛肉スライス。よく焼いてあって汁気や脂っ気は少なめで、引き締まった弾力があって歯切れの良い食感に、あっさりとした牛肉のコクにスープの味がよく絡んだ味わい。
・メンマは、平べったいのとやや四角いのがあった。繊維感のある歯ごたえで味付けはかなり控えめ。
・青ネギは長めの斜め切り。やや大きいカットなりの存在感があって、強めのスープによく合っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、滑らかで張りのある細麺で、スープとの相性が良好だった。絡みはそれほど強くないのに、スープがきちんと麺の旨さを引き出しているのが素晴らしい。
・スープは、節系の濃厚なコクがガツンと来る、インパクト強めの味わい。一口目の鯖とサンマのインパクトは最高に旨かったけど、最後の方になると、だんだん味付けの強さが出て来る感じがした。
・具の牛肉は、スープとよく合っていて良かった。
・これは結構気に入った。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0点)

■お店の情報

【大阪市北区】麬にかけろ 中崎壱丁 中崎商店會1-6-18号ラーメン

麬にかけろ 中崎壱丁 中崎商店會1-6-18号ラーメン 【CLAM.CRAB.SHRIMP@俺のMISO】

CLAM.CRAB.SHRIMP@俺のMISO(880円)

CLAM.CRAB.SHRIMP@俺のMISOの麺

■来店の経緯等
・2013年5月18日(土)の昼、4か月ぶり、4回目の訪問。
・「俺のラーメン 創作Cup!(第0回予選)」の3軒目のお店として訪問。

■食べたメニュー
・限定の創作麺「CLAM.CRAB.SHRIMP@俺のMISO」(880円)
(2013年5月11日(土)から6月9日(日)までの期間限定。1日30食)
※メニュー説明には「鶏白湯と貝白湯を合わせてフスカケテイストを加えました。俺のMISOら~めんをお楽しみください。※味噌ラーメンではありませんので御注意下さい。」と書いてあった。

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の11時4分頃。既に3人待ち。

店外の案内書き

・待ち人数は、11時26分頃で9人。
・開店は11時30分。順番に入店し、最初に店内の券売機で食券を買う。創作麺は、券売機の「裏メニュー」のボタン。
・カウンター席に座り、店員さんに食券を渡して注文。注文時に店員さんから「茹で時間が5分かかる」と言われた。
・店員さんは男性2人。
・ジャスミン茶はカウンターのポットでセルフ。
・ラーメンを待っている間に、外待ちが出ていた。
・注文から着丼まで14分。太麺のせいか、4杯同時に作っていた。

■麺
・四角い太麺ストレート。
・色が濃くて、プリッとした張りがあり、太麺ながら芯を感じない均一な密度感があって、エッジ感とボリューム感のある麺質。食感は、固くはないが弾力が強くて、グッと噛むと沈み込むような歯ごたえ。
・麺の味はコクがあってしっかりしている。
・スープとの絡みはそこそこ強いけど、麺も強いのでバランスは良好。麺の味をしっかりと感じながら、スープのクリーミーで魚貝の効いたコクが程よく絡む。

■スープ
・白湯の獣系魚介塩。
・多少のトロミを感じるけれど、粘度はそれほど高くない感じ。
・出汁は、鶏白湯の獣系ベースに貝の魚介。ややミルキーなコクとサッパリとした旨味があり、クラムチャウダーっぽさを少し感じる。
・タレは塩ダレで、程よい塩気があって出汁の旨味を生かした味わい。

・後半、ワンタンの皮に包まれた海老と蟹の味噌を混ぜて味変化してみた。
・海老と蟹の味噌は、油に和えるか何かしているような感じで、塩気が控えめで、旨味よりもオイリーでマッタリとしたコクの強い味わい。スープに溶かすと、スープがややコッテリで濃厚な感じになった。

■具材
・チャーシューは鶏肉のレアスライス。ムチッとしてしっとりした歯切れの良い食感に、味付けあっさりでムッチリとした鶏の白身肉の味わい。
・貝は、アサリと蛤の二種類。一緒に食べると、蛤の方が旨味が強くて印象に残った。
・白髪ネギは、麺と絡むと食感のアクセントになっていた。
・海老味噌と蟹味噌のワンタンは、トロッと濃厚で、スープに溶かす向きの味だった。

■全体的な味の感想
・麺は、レギュラーの平打ち麺を太麺にしたような感じで、弾力強めでスープとの相性も良好だった。
・スープは、最初の鶏と貝のクラムチャウダー風の味わいと、途中で海老と蟹の味噌を溶かした後のマッタリ感との対比が面白かった。
・具は、鶏チャーシューが良かった。
・貝の量が多いのは嬉しいけれど、貝殻の量も多いので、個人的には殻入れ用の皿が欲しいと思った。
JUNK STORYの創作麺と一対を成している感じの、楽しい一杯だった。

■お気に入り度: ★★★☆+ (3.8点)

■お店の情報

【大阪市浪速区】龍旗信LABO

龍旗信LABO 【俺のタンメン】

俺のタンメン(大盛り)(800円)

俺のタンメン(大盛り)の麺

■来店の経緯等
・2013年5月の平日の晩、1ヵ月ぶり、3回目の訪問。
・「俺のラーメン 創作Cup!(第0回予選)」の2軒目のお店として訪問。

■食べたメニュー
・限定の創作麺「俺のタンメン」大盛り(800円)
(2013年5月13日(月)から6月7日(金)までの期間限定。平日夜のみ5食)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には先客無し。
・店長さんに創作麺が残っている事を確認のうえ、券売機で食券を買う。創作麺は、券売機の「限定A」のボタン。
・厨房対面のカウンター席に座り、店長さんに食券を渡して注文。大盛り同額との説明があったので、大盛りを選択。
・店員さんは男性の店長さん1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から着丼まで15分。

■麺
・中くらいの太さのストレート。
・加水やや高めの、表面が滑らかでしなやかな、あまりプリッとはしておらずに柔らかな張りがあって、エッジ感の無い麺質。食感は、やや柔らかめの茹で具合で、あまり主張の強くない感じの滑らかで優しい歯ごたえ。
・麺の味はあっさりしている。
・スープとの絡みはあっさりしているが、麺も強くないのでバランスは悪くない。スープの旨味とパンチがサラッと絡む。
・麺と野菜の絡みでは、やや麺が弱いような気もした。

■スープ
・清湯の獣系塩。
・サラッとしていて、野菜を炒めた油と背脂が浮いており、野菜を入れて火にかけたせいか少し濁っている。
・出汁は清湯獣系で、鶏か豚かよくわからない感じだが、獣系の旨味はしっかりしている。
・タレは塩ベース。トッピングのコショウが効いており、油の風味と組み合わさって野菜に負けない程度の程よいパンチがありながらも、まろやかな感じの塩のコクがあって、塩辛さや刺激感は強くはない。

■具材
・野菜炒めは、キャベツと太モヤシがメインで、キャベツの主張が結構強い。
・キャベツは、固過ぎないけどややしっかりした歯ごたえに、よく熱が通って表面が油でコーティングされた感じの味わい。
・太モヤシは、スープと絡んで熱が通った程よい強さの歯ごたえで、食感的にはキャベツの方が目立っていたけど、麺との絡みでは麺よりも強かった。
・肉は入っておらずに、小さな海老とアサリが入っていた。味的に食感的にも、シーフードの主張はあまり強くなかったけど、入ってて良かった感はあった。
・青ネギ輪切りは、キャベツやモヤシの陰に隠れ気味だったかも。
・紅ショウガの薄切りの天ぷらは、薄めの衣と紅ショウガとの一体感があって、カリッとキレの良い歯ごたえに少し塩気の効いた味わいがタンメンのアクセントになっていた。

■全体的な味の感想
・麺は、柔らかめの茹で加減で、この手のタンメンの麺としては主張が強くないが、良い意味での脱力感があっていい味を出していた。それほど太い麺ではないので、大盛りじゃなくても良い気もしたけど、野菜とのバランス的には大盛りの方が良いかも。
・スープは、コショウの香味と油の風味を塩ダレがよくまとめていて、パンチはあるけど強過ぎないのが良かった。
・具は、炒めたキャベツとモヤシとのハーモニー感があって、肉が入っていなくても満足感があった。
・紅ショウガの天ぷらも、付け合わせ的なアクセントがあって結構良かった。
・麺よりも野菜が主役で、炒めた野菜と塩ダレのスープとの絡みが良い感じだった。タンメンはあまりよく知らなかったけど、何かホッとする味だった。

■お気に入り度: ★★★☆- (3.3点)

■お店の情報

【大阪市中央区】らーめんstyle JUNK STORY

らーめんstyle JUNK STORY 【蟹白湯ラーメン ~蟹味噌ムースを添えて~】

蟹白湯ラーメン ~蟹味噌ムースを添えて~(中盛)(900円)

蟹白湯ラーメン ~蟹味噌ムースを添えて~(中盛)の麺

■来店の経緯等
・2013年5月の平日の晩、3週間ぶり、18回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・「俺のラーメン 創作Cup!(第0回予選)」の1軒目のお店として訪問。

■食べたメニュー
・限定の創作麺「蟹白湯ラーメン ~蟹味噌ムースを添えて~」中盛(900円)
(2013年5月11日(土)から6月9日(日)までの期間限定。昼20食、夜20食)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には外に4人待ち。
・到着から13分待ちで入店。壁対面のカウンター席に座る。
・メニューを見て、創作麺を麺の量中盛で注文。
・店員さんは5人で、男性4人と女性1人。店主さんは居らずに、店長さんが居た。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から着丼まで10分。

■麺
・四角い太麺ストレート。
・表面はムチッと滑らかながらガシッと引き締まっていて、エッジ感のある強めの麺質。食感は、やや固めの茹で加減で、弾力があって強めの歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりながら粉の味がしっかりしていて旨い。
・スープとの絡みは良好。強めの麺に、トロミと蟹の風味がよく絡んで、バランスは取れていた。

■スープ
・蟹白湯塩。温度高めでアツアツ。
・少しトロミがあって油が浮かんでいるが、それほどコッテリはしていない。
・出汁は白湯ベースに蟹。獣系を使っているのかよく分からないが、使っているとしても獣系のコクはかなり控えめ。ほんのりとした旨味と甘味があって、ほのかにミルキーな味わい。トロミも、ゼラチンというよりはデンプン系のようにも感じた。
・蟹は、スープ自体の味ではやや控えめだが、麺との絡みでは蟹の風味がよく絡んでいた。
・タレは塩ベースで、強過ぎずに程よい塩のコクの主張があって、スープの味わいを引き立てていた。
・丸みはあるけど味付けはそれほど強くなくて、塩辛さや刺激感は無い。

・後半は、別皿の蟹味噌ムースを投入して味変化してみた。
・蟹味噌がムース仕立てになっていて、塩気やコクが立ち過ぎずに、マイルドでリッチな味わい。
・スープに混ぜると、スープのコクは強まるが、蟹味噌の風味は思ったほど主張しないので、個人的には、先に別皿のまま蟹味噌を味わってからスープに投入した方が良いと思った。

■具材
・チャーシューはレアのスライス。滑らかで柔らかい歯ごたえで、脂身は少しコリッとしていた。味付けは甘くて、ムチッとジューシーな脂身混じりのレアな肉の味わい。
・メンマは四角くて厚切りのザブトン型。ポリッと繊維感のある歯ごたえに、甘くて少しだけクセのある味付け。
・細長くカットした白ネギと短くカットした水菜がトッピングしてあり、ネギには柚子の皮が仕込んであった。白ネギの食感に柚子皮の香味が組み合わさって、スープとのバランス的にやや強めのアクセントになっていた。

■全体的な味の感想
・麺は、ムチッとしながらガシッと強めの歯ごたえで、スープの蟹の風味との絡みが良好なのが良かった。
・スープは、あっさりとした旨味とトロミのある白湯で、麺への蟹の絡み具合が素敵。個人的には、スープは別皿の蟹味噌ムースを入れる前の方が良かったけど、シンプルな味なので、途中で味変化させるのも悪くはなかった。
・別皿の蟹味噌ムースは、マイルドな蟹味噌のコクがあって良かった。
・蟹の風味は結構繊細で、レアチャーシューの味や柚子皮の香味の方が強い感じだったかも。
・このラーメンの主役は、太麺に絡む繊細な蟹の風味の儚さだと思った。

■お気に入り度: ★★★☆+ (3.8点)

■お店の情報

【京都市中京区】博多長浜ラーメン みよし

博多長浜ラーメン みよし 【ラーメン】

ラーメン(600円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2013年5月12日(日)の晩に初の訪問。
・このお店は数年前から気になっていたが、ようやくの訪問。

■食べたメニュー
・ラーメン(600円)
・替え玉(100円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は19時56分頃。外待ち無しの先客15人。
・隣の別室の方に案内されて、大テーブル席に座る。
・着席するとすぐに注文を聞かれるので、「ラーメン」を注文。
・店員さんは5人で、男性2人と女性3人。
・水は大テーブルに冷水機が置いてあり、セルフ。
・テーブルトッピングが充実していた。

テーブルトッピング

・席の後ろの壁に荷物掛けのフックがあるが、荷物を掛けると狭い。
・注文から着丼まで8分。着丼時に代金と引き換えの、キャッシュオンデリバリー。

■麺
・細麺ストレート。
・加水低めで、表面がツルッとしていてエッジ感の無い素麺風の麺質。食感は、固くはないけどサクッとしていて歯切れが良い。
・麺の味もあっさりの素麺風。
・スープとの絡みは強くないけど、細麺とのバランスは良好。スープの油と旨味と辛味とがサラッと絡んで、麺を食べるには十分な感じだった。

替え玉(100円)

・麺を食べた後、替え玉を麺のかたさ「固め」で注文。
・食感は、最初に較べるとやや粘りが出ていて強めの歯ごたえ。
・麺の味は、やや粉の味が強めだった。

■スープ
・白濁した豚骨醤油。
・サラッとしていて、乳化した油のトロミがあって少しだけコッテリしている。
・出汁は豚骨の獣系。きちんと出汁を取っている感じはあるけど、獣系のコクは控えめでライト気味。油でコッテリ感をプラスしている感じ。
・タレは醤油ベースで醤油は甘旨だけど、タレの味付けは少し強め。そこに一味かラー油かの辛味のピリッとした刺激感が加わって、飲むとタレの強さをやや感じる味わい。

■具材
・チャーシューは恐らく肩ロースのスライス。柔らかい食感に、味付けあっさりでほのかに脂の熟成したようなコクを感じる味わい。
・メンマは平べったくて、一味かラー油かの辛味に絡めて和えた状態で乗せてある。ポリッとしなやかで柔らかい歯ごたえに、和えた辛味の効果でややピリッとしている。
・青ネギ輪切りは、香味控えめのあっさりテイストながら、麺によく絡んで薬味の役割を果たしていた。

■全体的な味の感想
・麺は、博多風のキレのある食感で結構良かった。最初の茹で加減普通の麺と替え玉の固めの麺とを較べると、個人的には最初の麺の方が好き。
・スープは、多少の豚骨出汁感はあるけど、ややタレ勝ち気味の味わいで、個人的には辛味をデフォで入れるのはあまり好みではないが、麺との相性という意味では悪くなかったかも。
・辛味はともかくとして、麺もスープもちゃんと博多テイストがあって良かった。
・どちらかと言うと、スープよりも麺が主役のラーメン。替え玉をするとスープが薄まるので、テーブルトッピングを色々投入して自分好みの味を見つけるのも良さそうに思った。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5点)

■お店の情報

【京都市東山区】篠田屋

篠田屋 【中華そば】

中華そば(450円)

中華そばの麺

■来店の経緯等
・2013年5月12日(日)の夕方に訪問。
・ブログに書くのは初めてだが、5年ぶり、2回目の訪問。ちなみに、前回訪問時には名物の「皿盛」を食べたので、ラーメンを食べるのは今回が初めて。
・この日は、旧東海道ハイキングということで、朝に三雲駅@湖南市をスタートして、夕方には無事に三条大橋@京都市までたどり着いたので、久しぶりに、三条大橋の近くにあるこのお店に行ってみた。

■食べたメニュー
・中華そば(450円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は18時43分頃。外待ち無しの先客1人で、後から5人入って来た。

篠田屋

・テーブル席に座り、壁のメニュー書きを見て「中華そば」を注文。ちなみに、店外のメニュー案内には中華そばが「一番人気」と書いてあり、後から来たお客も中華そばを注文する人が多かった。
・店員さんは3人で、男性1人と女性2人。
・水は出してくれた。お代わりは冷水機で、店員さんに頼んだら入れてくれた。
・店内はテーブル席のみで、年季が入っている。
・注文から着丼まで5分。

■麺
・四角い中細ストレート。
・加水やや低めの、それほど強くはないけど適度に中身が詰まっていて、ボリューム感とエッジ感のある麺質。食感は、ややモチャッとしながら主張も少し感じる歯ごたえで、固くはないけどヤワくもない。
・麺の味は割としっかりしていて旨い。
・スープとの絡みは良好。スープの旨味と醤油のコクとコショウのパンチが程よく絡んで、麺の味を引き立てており、バランスも取れていた。

■スープ
・清湯の獣系醤油。
・あっさりしていて油は少なめで、細かいコショウがトッピングされている。
・出汁は獣系ベースで、お店の説明書きでは鶏ガラと書いてあったが、昆布か何かの旨味を強めに感じた。
・タレの醤油はやや濃いめで、醤油っ辛くはないけど、旨味の中に塩気も少し感じる。そこにコショウの刺激が加わって、思ったより強めの味わいだった。

■具材
・チャーシューは短冊切りのスライス。脂身付きと脂身無しとが混在していて、恐らくモモ肉。固くはないけどややパサッと引き締まっていて少し噛みごたえを感じる食感に、味付けあっさりで昔風の味わい。
・メンマは長方形で細長い。柔らかい歯ごたえに、あっさりとして和風テイストの旨味のある味付け。
・青ネギ輪切りは、主張は強くないが麺やスープによく絡んで薬味の役割を果たしていた。

■全体的な味の感想
・麺は、適度にしっかりしていてスープとの相性も良かった。
・スープは、昔風の清湯醤油で、麺にはよく合っていた。コショウがデフォでトッピングされているのも、麺との絡みという面では良かったと思う。
・昔風のラーメンで、強烈な個性があるという訳ではないけど、値段も安くて普通に旨いので普段使いには良さそう。
・うどん、そば、丼もの、定食もあるお店の中で、中華そばが一番人気のメニューなのも納得できる気がした。

■お気に入り度: ★★★☆- (3.3点)

■お店の情報

【草津市】味の名門 南草津店

味の名門 南草津店 【こってりスタミナスープ特製ラーメン】

こってりスタミナスープ特製ラーメン(580円)+別皿のネギ

こってりスタミナスープ特製ラーメン(580円)

こってりスタミナスープ特製ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2013年5月12日(日)の昼に初の訪問。
・この日は、旧東海道ハイキングということで、朝に三雲駅@湖南市をスタートして旧東海道を京都方面に歩いたところ、南草津駅付近でお腹が空いてきたので、旧東海道沿いにあるこのお店に入ってみた。

■食べたメニュー
・こってりスタミナスープ特製ラーメン(580円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は11時57分頃。外待ち無しの先客13人。

味の名門 南草津店

・カウンター席に座ると、店員さんが青ネギ輪切りの入ったザルとカクテキ(大根キムチ)を出してくれた。

ネギとカクテキ

・メニューを見て注文。
・店員さんは男性4人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・厨房には「中金製麺」の麺箱が置いてあった。
・店内には獣系スープの匂いがしていた。
・注文から着丼まで6分。

■麺
・四角い中くらいの太さのストレート。
・ツルッと滑らかでしなやかな、水っぽくて柔らかい張りのある麺質。食感は、茹で加減柔らかめでコシはあまり無いけど、フニャッとはしておらずにしっとりとした歯ごたえ。
・麺の味はあっさりしている。
・スープとの絡みは強くはないがバランスは悪くない。スープの旨味が柔らかい麺にサラッと絡む。

■スープ
・白濁した獣系醤油。
・サラッとしているが、多少の乳化した油のトロミがあって、少しコッテリしている。
・出汁は鶏の獣系。ゼラチン感は少なめのややライト気味ながら、獣系の風味がきちんとあって、コクの感じられる味わい。最初は、風味と油の感じから豚骨なのかと思ったが、豚骨にしては旨味が強めで、後で調べたところ、どうやら鶏白湯の模様。
・タレは薄い醤油ベースで、ほのかな醤油のコクがあって旨味が強い。醤油ダレの旨味が、出汁の獣系の風味や油の甘味丸みとうまく組み合わさっていて、獣系の味わいを引き立てていた。
・塩辛さや刺激感は無い。
・丼の底に骨粉は無かった。

■具材
・チャーシューは薄切りのスライス。ややパサッとした歯ごたえに、肉のコクのある塩系の味付け。
・メンマは長方形で平べったい。ポリッと滑らかで柔らかい歯ごたえに、甘旨で発酵系の香ばしさがあってしっかりした味付け。
・青ネギ輪切りは別ザル提供で、セルフで投入。新鮮で、程よい香味と歯ごたえがあり、スープによく合っていた。

■全体的な味の感想
・麺はヤワ麺で、スープとよく合っていて良かった。
・スープは、タレの味付けと油のコッテリ感だけに頼らずに、獣系っぽい風味がバランス良く組み合わさっていたのが良かった。
・具は、580円でネギを別ザルにて提供しているのが素晴らしい。
・京都風のヤワ麺と、獣系の風味の効いたスープとの組み合わせが意外とマッチしていて、個人的には結構好みの味だった。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5点)

■お店の情報

【城陽市】俺のラーメン あっぱれ屋

俺のラーメン あっぱれ屋 【スーパーつけめん(中)】

スーパーつけめん(中)2玉(950円)

・スーパーつけめんの麺

■来店の経緯等
・2013年5月11日(土)の昼、5か月ぶり、5回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・この日は、1年半ぶりにこのお店のつけ麺を食べたいと思い、訪問してみた。

■食べたメニュー
・スーパーつけめん(中)2玉(950円)
(20食限定)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の9時56分頃。既に13人待ち。
・待ち人数は、10時15分頃で26人、10時30分頃で35人、11時頃で約50人だった。
・開店は早めの11時6分。順番に入店するが、まだ席には案内されずに店内で待つ。
・待っている場所は製麺室の前。製麺室の中には大和製作所の製麺機が置いてあった。
・店員さんは、店主さんと奥様の2人。
・待っている間に順番に注文を聞かれて、「スーパーつけめん」を注文。(小)1玉、(中)2玉、(大)3玉が同一料金で、今回は(中)を選択した。
・入店から15分後、先頭の1人目のラーメンが出来たタイミングで、最初の18人がカウンター席に座る。
・水は先に席に置いてある。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・厨房を見ていると、麺は振りザルで茹でて、振りザルのまま水に入れて締めていた。また、つけ汁は3人分ずつ手鍋で温めていた。
・着席から着丼まで17分。

■麺
・平打ちでウエーブのかかった太麺。
・加水高めの、表面がツルッと滑らかで、しっとりとみずみずしくて、プリッとし過ぎておらずにしっかりした麺質。食感は、適度にプルッとした弾力と滑らかなコシがあって気持ちの良い歯ごたえで、ノド越しも良好。
・麺の味は粉のコクがあって旨い。
・つけ汁との絡みは、強くはないが良好。つけ汁の乳系のコクと塩気と魚粉の味がサラッと絡んで、バランス的には麺の旨さ主体で食べる感じ。

■つけ汁
・白濁した獣系塩。
・割とサラッとしていて、乳化したマッタリ感がある。
・出汁は獣系ベースに魚粉。獣系は、ゼラチンのトロミや油っぽさは少なめの、マッタリとした旨味のある味わいで、獣系のコクはマイルド。
・魚粉は、バランス的にはあまり強くはなくて、麺との絡みでは多少の主張を感じたが、つけ汁自体の味ではタレと一体化した感じでコクは控えめだった。
・タレは塩ベースに粉チーズが入っていて、乳製品系のコクの中に塩気と魚粉とが程よく効いている。
・塩辛さや刺激感は無く、味付けはそれほど強くはないながら濃厚な味わいで、そのまま飲むと乳製品系がやや強い感じ。

・割りスープは小さなポットに入れて提供されて、旨味よりも鰹出汁のコクがサラッと効いた味わい。つけ汁をスープで割ると、チーズっぽさが薄まって飲みやすくなった。

■具材
・チャーシューはレアの肩ローススライス。しっとりとしてやや引き締まった歯ごたえに、味付けやコショウの香味が控えめの、脂身混じりのあっさりとしたレアな味わい。
・味玉は、黄身がトロッとしていて醤油ダレ系の味付けが効いている。
・メンマは太くて長い。柔らかくて繊維感のある歯ごたえに、生姜の効いた甘旨で濃いめの味付け。
・カイワレは、短く切ってあって麺との絡みは良好で、香味や苦味の主張は控えめだった。
・つけ汁の小口青ネギは、見た目担当の薬味といった感じだった。

■全体的な味の感想
・麺は旨かった。1年半前に食べた時と較べると、麺の旨さ主体で食べる感じのバランスになっていて、この麺なら(大)の3玉でもスルッと行けそうに思った。その分、前回と較べて、麺とつけ汁との絡みのインパクトはやや弱かったかも。
・つけ汁は、マッタリ感メインの個性的な味で、麺との絡みはややマイルドだが、麺には合っていた。
・具は、チャーシューが味付けあっさりで旨かった。一方、味玉とメンマは、やや味付けが濃く感じたかも。
・個性が確立していてセンスの良さを感じるつけ麺で、乳製品系の洋風テイストが好きな人向き。

■お気に入り度: ★★★☆+ (3.8点)

■お店の情報

《閉店》【大阪市中央区】渡辺製麺 上本町店

渡辺製麺 上本町店 【つけ麺太麺(中)ベジポタMIX】

つけ麺 太麺(中)ベジポタMIX(800円)

つけ麺 太麺の麺

■来店の経緯等
・2013年5月の平日の晩に初の訪問。
・このお店は、5月1日(水)にオープンしたばかりの新店。

■食べたメニュー
・つけ麺 太麺(中)ベジポタMIX(800円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客2人。

渡辺製麺 上本町店

・最初に店内の券売機で食券を買う。つけ麺は、麺が太麺と中太麺の2種類で、

 太麺(並)200g 800円
   (中)300g 800円
   (大)400g 900円
  (特大)500g 900円
中太麺(並)180g 780円
   (中)270g 780円
   (大)360g 880円
  (特大)450g 880円
   (小)130g 680円
※(小)は女性・お子様限定

から、太麺(中)を選択。
・カウンター席に座り、店員さんに食券を渡して注文したところ、つけ汁を3種類のどれにするか聞かれたので、

濃厚魚介MIX
 魚の味噌煮付けとゆず・香辛料をブレンド
 ▼濃密で複雑な奥行きのしっかりした味

ベジポタMIX
 6種の野菜を煮詰めたポタージュをブレンド
 ▼バランスの取れたまろやかな味

辛肉ミンチMIX
 四川醤で煮込んだ豚肉のミンチをブレンド
 ▼辛さと甘さの融合で上質な辛味

の中から、ベジポタMIXを選択。
・店員は3人で、男性2人と女性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・椅子の下に荷物入れのカゴがあった。
・注文から着丼まで10分。

■麺
・平打ちのウエーブのかかった太麺。
・色が付いていて、表面がムチッと滑らかで、あまりプリッとはしておらずに程よいボリューム感と主張のある麺質。食感は、滑らかな弾力とコシがあって、適度な強さの歯ごたえ。
・麺の味は、あまり強くないが粉のコクを感じる味わい。
・つけ汁との絡みは良好。つけ汁のトロミがよく絡む。バランス的にはやや麺が強めで、つけ汁のコクや深みはあまり感じないながら、麺を食べるという意味ではバランスはまあ取れていた。

■つけ汁
・白濁した獣系魚介ベジポタ醤油。温度は高めで量は少なめ。
・野菜系のトロミがあって、少しコッテリしているけど油っぽさは控えめ。
・出汁は獣系ベースに魚介と野菜。獣系は、コクの主張は控えめで、油とトロミのベースは感じるけど、獣系の味わいは隠れ気味で目立たなかったかも。
・魚介は、醤油ダレと一体化した感じの旨味がメインで、こちらもコクの主張はそれほど強くない感じ。
・野菜は、植物系のトロミと優しい感じの酸味混じりの甘味の部分に感じたが、味のバランス的にはタレが強めのせいか、それほどベジポタが突出してはいなかった。
・醤油ダレは厚みがあって、出汁と組み合わさった感じの旨味と甘味があり、しっかりした味付けながらまろやかな味わい。
・塩辛くはないが、味付けはやや強め。麺との絡みは割とマイルドながら、つけ汁をそのまま飲むと、ほのかにピリッとした刺激を感じる。

・カウンターに割りスープのポットが置いてあったので、麺を食べ終わった後、セルフでスープ割りを作ってみた。
・つけ汁をスープで割ると、タレの味付けが薄まって、獣系や魚介よりもベジポタが前に出て来る感じだった。

■具材
・チャーシューはバラのスライス。つけ汁で温まってクニャッと柔らかい歯ごたえに、味付けは強くなくて脂混じりのコクのある味わい。
・メンマは平べったい。こちらも、つけ汁で煮えた感じの柔らかい歯ごたえだった。
・白髪ネギは麺の上にトッピングしてある。麺と絡めてつけ汁に付けると麺の方が強くて、あまり主張は強くないけど意外と悪くなかった。
・海苔は、生地がしなやかでしっかりしており、味付け無しで海苔の風味のある味わい。店内の案内書きに従って、手で小さくちぎって食べてみた。

■全体的な味の感想
・麺は、滑らかでしっかりした歯ごたえなのが良かった。
・つけ汁は、タレの味付けやトロミがしっかりしていて、麺とのバランスは取れていたけど、麺と絡めるとややコクが弱い感じがした。太麺とベジポタとがややミスマッチだったのかも。
・個人的には、この麺には、もっと濃厚な味のつけ汁を合わせた方が、麺の味がもっと引き立つように思った。
・お気に入り度は、麺は3.5点ぐらいだったけど、つけ汁との絡みを含めたトータルだと3.3点ぐらいだったかも。
・まだオープンしたばかりのお店なので、今後が楽しみではある。

■お気に入り度: ★★★☆- (3.3点)

■お店の情報

【東大阪市】らぁめん たむら

らぁめん たむら 【みそじらぁめん+チャーシュー6枚】

みそじらぁめん(950円)+チャーシュー6枚(600円)

みそじらぁめん(950円)+チャーシュー6枚(600円)

みそじらぁめんの麺

■来店の経緯等
・2013年5月の平日の晩、3週間ぶり、29回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・この日は、今年3月の前回提供時に売り切れで振られた「みそじらぁめん」が再提供されるとの話だったので、訪問してみた。

■食べたメニュー
・期間限定の「みそじらぁめん」(950円)
(2013年5月4日(土)から5月8日(水)ぐらいまでの限定。)
・チャーシュー6枚(600円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客4人。
・店内のホワイトボードを見て「みそじらぁめん」を注文。また、チャーシューを追加で6枚注文した。
・店員は店主さん1人だった。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・紙オシボリもカウンターに置いてあり、セルフ。
・厨房を見ると、スープに味噌ダレを合わせてから手鍋に入れて温めていた。
・注文から着丼まで8分。チャーシューはデフォで2枚乗っていて、追加の6枚は別皿での提供。せっかくなので、二郎インスパイア風にチャーシューを全部乗せてみた。

■麺
・長方形でやや平打ちの、ウエーブのかかった太麺。
・表面は滑らかで、ムチッと引き締まってしっかりした麺質。食感は、程よい弾力があってしっかりしているが、平打ち気味のせいか、スープや具とのバランス的に、歯ごたえはそれほど強くは感じなかった。
・麺の味は、強くはないがしっかりしている。
・スープとの絡みは良好。スープの油とトロミと味噌のコクと塩気に、カレーのスパイシーさがよく絡んでいて、スープの熱さもあって麺をコーティングしている感じ。ややスープの方が強いながら、バランスは取れていた。

■スープ
・白濁した獣系味噌カレー。タレと一緒に手鍋で温めていて、温度高めでアツアツ。
・割とサラッとしているが、油混じりのトロミがあって、表面には細かい背脂が浮かんでいる。
・出汁は鶏と豚骨の獣系で、タレの味が強いながら油混じりのトロミが少しあって、旨味が味のベースになっていた。
・タレは味噌カレー。塩気の効いた味噌のコクに、カレーのスパイシーさがバランス良く組み合わさっていて、そこにコショウの刺激感がほんのりと効いている。
・味付けは強いけど、油の丸みとカレーの旨味が適度に組み合わさっていて、程よいパンチがありながら塩辛さや刺激感は強過ぎない感じ。

■具材
・チャーシューは厚切りのバラスライス。デフォの2枚に追加オーダーの6枚で計8枚。レンジで少しだけ温めて提供されるので、スープに入れてもスープは冷めない。
・脂と肉とのバランスが良くて、脂身が主張し過ぎずに、柔らかいながら分厚いなりの食べごたえがあって、肉の繊維感の中に脂身の滑らかさが程よく入り混じった歯ごたえ。ニンニクの効いた、辛くなくて旨味のある味付けで、スープとのバランス的にはあっさりした味付けに感じた。
・スープに馴染ませすぎるとやや煮えた感じになるので、スープとの絡み的には、少しだけ絡ませる位がちょうど良かった。

・味玉は、黄身がトロッとしていて濃いめの味付けだが、スープの味の方が強かった。
・メンマは平べったくて、滑らかでしっかりした歯ごたえで、こちらも味的にはスープの方が強かった。
・太モヤシは、ややスープに馴染んだ感じの味と食感で、歯ごたえの強さ的には麺とのバランスが取れており、麺とモヤシとスープとの絡みは一体感があって絶品だった。

■全体的な味の感想
・麺は、強さと滑らかさとを兼ね備えていて、スープのパンチや太モヤシの食感とのバランスがよく取れていたのが良かった。
・麺とモヤシとスープとの絡みは良好で、まさしく二郎インスパイアの味わいだった。
・スープは、味噌とカレーのバランスの取れたパンチがあって、そこに背脂の丸みが組み合わさっていたのが良かった。
・具は、バラチャーシュー8枚のボリュームと食べごたえが最高だった。このお店のチャーシューは、良い意味で二郎っぽくは無いと思うが、ガッツリ感満載でファンタスティックだった。
・また、これだけの量のチャーシューを乗せても、麺やスープがきちんと受け止めているのが素晴らしい。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5点)

■お店の情報

【京都市下京区】すみれ 京都店

すみれ 京都店 【味噌ラーメン】

味噌ラーメン(900円)

味噌ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2013年5月5日(日)の晩に訪問。
・ブログに書くのは初めてだが、2年ぶり、5回目の訪問。
・先月の北海道遠征で食べた味噌ラーメンと食べ較べてみたいと思い、久しぶりに訪問してみた。ちなみに、札幌で「すみれ」と「純連」のどちらに行くか迷った際に、「すみれ」は京都でも食べられるという事で「純連」を選択したので、札幌では「すみれ」のラーメンは食べていない。

■食べたメニュー
・味噌ラーメン(900円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は20時3分頃。外に12人待ち。
・最初に店外の券売機で食券を買い、外待ち用の椅子に座って並ぶ。ちなみに、この日は混んでいたせいか、店員さんが並んでいるお客に直接注文を聞いて代わりに食券を買っていた模様だが、到着した際に店員さんが不在だったので気が付かなかった。
・外で待っている間に、店員さんに食券の半券を渡して注文。
・到着から11分待ちで入店。店員さんに案内されて奥の壁対面のカウンター席に座る。先客は24人。
・水は席に置いてあった。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・店員さんは、見える範囲で7人だった。
・入店から着丼まで3分。

■麺
・長方形の四角い中太縮れ。
・黄色くて、表面がツルッとしてプリッと引き締まった強めの麺質。食感は、やや固めの茹で加減で、弾力低めで歯ごたえは強めだが、長方形気味の形状のせいか、北海道の他店で食べた森住製麺の麺と較べると、歯ごたえの主張は強くなくて食べやすい感じ。
・麺の味は割としっかりしている。
・スープとの絡みは、ラードとはよく絡むが、スープのパンチとの絡みはマイルド気味に感じた。

■スープ
・獣系味噌。
・サラッとしていて、表面にラードが多めに浮いていて蓋をしており、温度高めで熱々。スープとラードとは分離している。
・出汁は獣系だと思うが、ラードが強くて獣系のコクはよく分からない感じ。
・味噌ダレは、ラードとのバランス的に、パンチが控えめでマイルドに感じた。一口目は山椒の香味を感じたが、その後はよく分からなくなった。
・味付けは薄くはないが、ラードの油っぽさで丸まっていて、塩気や刺激感はガツンとは来ずに控えめ。

■具材
・チャーシューは小さな角切りで、ボリュームはやや少なめかも。その他、ミンチ肉も入っていた。
・モヤシと細長くカットした玉ネギが炒めてあり、玉ネギの方はまだ存在感があったが、モヤシは存在感が弱い感じで、麺と絡むとあまり目立たなかった。
・メンマは細くて滑らかな食感で、麺と絡めて食べる向きだった。
・白ネギ輪切りは、スープやラードとのバランス的に、香味の主張は控えめだった。

■全体的な味の感想
・たっぷりのラードがスープの表面に蓋をしていてアツアツなのは、札幌っぽくて良かった。
・その分、ラードとのバランス的にスープのパンチが弱めに感じた。麺とスープとの絡みでも、もう少しパンチの絡みが欲しい気がした。
・スープの温度は高かったけど、札幌で食べた純連の味噌ラーメンみたいな、スープの熱さ自体がスパイスになっているような感じとは少し違ったかも。
・とは言え、関西でこれだけ大量のラードを投入したラーメンが常時食べられるだけでも値打ちがあると思うし、関西で食べるなら、これくらいの塩気の味の方が受けは良いとは思う。

■お気に入り度: ★★★☆- (3.3点)

■お店の情報

【湖南市】拉麺ハッパ

拉麺ハッパ 【ハッパラーメン】

ハッパラーメン(700円)

・ハッパラーメンの麺

■来店の経緯等
・2013年5月5日(日)の夕方に初の訪問。
・この日は、旧東海道ハイキングということで、朝に関駅@三重県亀山市をスタートして旧東海道を京都方面に歩いたところ、ちょうど三雲駅前@滋賀県湖南市で夕方になったので、今日はここでゴールにして、このお店に訪問してみた。

■食べたメニュー
・ハッパラーメン(700円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は18時5分頃。外待ち無しの先客2人。

拉麺ハッパ

・カウンター席に座り、メニューを見て「ハッパラーメン」を注文。
・店員さんは男性2人。
・冷たいお茶を出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・店内は喫煙OKで、先客や後から入って来たお客はタバコを吸っていた。
・注文から着丼まで8分。

■麺
・中くらいの太さで少し縮れた麺。
・表面はツルッとして、少しプリッとした張りがあって、モチッとした麺質。食感は、程よい弾力があってキレの良い歯ごたえ。
・麺の味はしっかりしている。
・スープとの絡みは、あっさりしているがバランスは良好。炒めた油の風味とスープの旨味がサラッと絡んで、麺の味を引き立てていた。

■スープ
・清湯の獣系醤油。
・あっさりしていて、野菜を炒めた油が浮かんでいるが、それほどオイリーではない。
・出汁は獣系で、出汁感はあっさりしている。
・タレの醤油は、薄過ぎず濃過ぎずの程よい濃さで、旨味がメインの味わい。
・唐辛子の刺激がピリ辛ではなくほんのり効いていて、そこに油で炒めたニンニクのパンチが加わった、旨味とパンチとのバランスの取れた味わい。
・塩辛くは無かった。

■具材
・具は、炒めた豚バラ肉と太モヤシとニラ。
・豚バラ肉は、ムチッと柔らかくて弾力のある歯ごたえに、あっさりした味わい。
・太モヤシは、油でよく炒めてあって、水っぽくなくて熱々でシャキッとキレの良い歯ごたえ。ニンニクの効いた、炒めた油の風味がよく絡んだパンチのある味わいで、スープよりもモヤシの方がパンチがあったかも。モヤシは量が多くて麺ともよく絡んでいたが、麺との絡みはモヤシの方が強くて、麺よりもモヤシが主役に感じた。
・ニラもよく油で炒めてあって、モヤシのバイプレーヤー的な役割だった。

■全体的な味の感想
・麺は、ツルッとして張りのある食感が良かったし、油の風味との絡みも良好だった。ただし、モヤシとの絡みでは麺はやや負け気味で、このラーメンの主役は炒めたモヤシだと思った。
・スープは、出汁感はあまり無かったけど、変に甘かったり辛かったりせずに、ニンニクと炒め油のパンチをうまく効かせていて、センスが良いと思った。
・太モヤシは、シナッとならずにパンパンのまま熱々に炒めてあって、ニンニクの効いた油の風味がよく絡んでいて旨かった。
・とにかく、炒めた太モヤシの食感と味が素晴らしかった。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5点)

■お店の情報

【甲賀市】天下ご麺 水口店

天下ご麺 水口店 【塩そば】

塩そば(700円)

塩そばの麺

■来店の経緯等
・2013年5月5日(日)の昼に訪問。
・ブログに書くのは初めてだが、3年ぶり、2回目の訪問。
・この日は、旧東海道ハイキングで水口まで来たので、久しぶりに訪問してみた。

■食べたメニュー
・塩そば(700円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は15時1分頃。外待ち無しの先客7人。

天下ご麺 水口店

・最初に、店内入口の券売機で食券を買う。確か前回訪問時にも食べたが、前回の記憶も薄れていたので、券売機左上のボタンの「塩そば」を選択。
・店員さんに食券を渡して注文し、カウンター席に座る。
・店員さんは3人で、男性2人と女性1人。
・水は入れてくれた。お代わりはカウンターのヤカンでセルフ。
・店内には、三河屋製麺の箱が置いてあった。
・注文から着丼まで3分。

■麺
・平打ちの細麺ストレート。
・加水中くらいの、滑らかでしなやかながら密度感のある麺質。食感は、固くはないがしなやかなコシが強くて、舌にまとわりつくような感じの、意外としっかりした歯ごたえ。
・麺の味は、粉のコクがあって、強くはないがしっかりしている。
・スープとの絡みは、強くはないがバランスは良好。スープの旨味が程よく絡んで麺の旨さを引き立てていた。
・一口目は、香味油の風味の絡みを強めに感じた。

■スープ
・清湯の獣系和風塩。
・あっさりしていて、香味油が浮かんでおり口当たりは滑らか。
・出汁は清湯獣系ベースに魚介で、どちらかと言うと獣系メイン。獣系は恐らく鶏メインで、旨味のベースになっている。
・魚介は、素材のコクは控えめで、旨味に厚みがある。
・その他、具の影響かも知れないが、出汁に野菜も使っているように感じた。
・タレは、塩のコクはそれほど強くはなくて、旨味が強め。タレの旨味に香味油も加わった、厚みと丸みがあって良くまとまった、旨味のしっかりした味わい。
・塩辛さや刺激感は無い。
・トッピングの梅干しをスープに混ぜても、それほど梅干しの味は感じなかった。
・また、フライドオニオンみたいなのもトッピングしてあったが、スープや香味油とのバランス的に、風味はよく分からなかったかも。

■具材
・チャーシューは、片面を炙った厚切りのバラスライス。柔らかいながら炙って引き締まった歯ごたえに、味付け控えめで脂のコクも主張せずに、炙った香ばしさのよく立った味わい。
・味玉は、黄身はやや固まっていて、味付けは控えめで卵の甘さがあった。
・穂先メンマは、ポリッと軽快で歯切れの良い食感に、あっさりながらしっかりした味付け。
・ホウレン草は、コクが強くなくてあっさりしていた。
・白ネギ輪切りは、香味控えめで優しい味わいながら、量が多いせいか、スープに対してはやや主張していたかも。
・梅干しは、程よい酸味があって、塩気や旨味はあっさりと控えめで、スープとのバランス的にはそれほど主張は強くなかった。

■全体的な味の感想
・麺は、しなやかな平打ち細麺なのに、ヤワくなくて、きちんとコシが感じられる食感なのが良かった。
・スープは、出汁感はそれほど強くないけど旨味のしっかりしたタイプで、麺には合っていたと思う。
・具は、炙っていて香ばしいチャーシューが個性的で良かった。
・ネギは、個人的には白ネギ輪切りよりも白髪ネギの方が合う気もした。
・梅干しは、あまり主張は強くなかったけど、スープとの相性は悪くなかったと思う。
・麺に主張があって良くまとまっており、前回食べた時の味はほぼ忘れていたけど、特に先入観無しに食べると結構旨かった。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5点)

■お店の情報

【天理市】麺屋 一徳

麺屋 一徳 【塩らーめん】

塩らーめん(700円)

塩らーめんの麺

■来店の経緯等
・2013年5月の平日の晩に訪問。
・ブログに書くのは初めてだが、2年ぶり、2回目の訪問。
・昨年、何回か訪問してみたところ、毎回閉店しており営業していなかったが、ここ最近になって、ネット上でこのお店の訪問レポをまた見掛けるようになったので、再訪してみた。

■食べたメニュー
・塩らーめん(700円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客2人。

麺屋 一徳

・入口近くのカウンター席に座り、メニューを見て「塩らーめん」を注文。
・店員さんは男性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から着丼まで4分。

■麺
・四角いウエーブのかかった細麺。
・少し黄色くて加水低めの、ソリッド感があって引き締まった麺質。食感は、サクッとしていて、噛むと少し粘ってプツンと切れる、細麺らしいキレの良い歯ごたえ。
・麺の味はやや強めでしっかりしている。
・スープとの絡みはあっさりしている。スープの旨味と魚介の風味がフワッと絡んで、麺の味の方が強いが、細麺という事もありバランスは良好。

■スープ
・清湯の和風塩。
・あっさりしていて油は少なめ。
・出汁は清湯獣系ベースに昆布と鰹の和風魚介で、魚介が強い。獣系は、かなりあっさりしていてコクは控えめで、出汁の旨味のベースになっている。
・魚介は、昆布の旨味の効いた和風出汁テイスト。魚介のコクは控えめで、あっさりと繊細ながら出汁感のある旨味と風味がメインの味わい。
・塩ダレは、塩のコクは主張せずに出汁の旨味を引き立てる味付け。
・一口目はそれほど旨味が伝わって来なかったけど、ジワジワと昆布の旨味が見えてきて、その後から節の風味が追いかけて来て、どんどんスープに引き込まれて行った。
・塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・チャーシューはレアの薄切りスライス。滑らかで柔らかい食感に、タレの味付けの効いた、肉のコクをやや感じる味わい。
・小松菜の軸は、やや水っぽくてパツッとした歯ごたえに、ほのかな辛味の混じったキレの良いコクがある。
・白髪ネギは、量は多いけど歯ごたえは強過ぎずに、麺との絡みもバランスは取れていた。

■全体的な味の感想
・麺は、キレの良い細麺で、スープとの相性も良好だった。
・スープは、タレや香味油に頼らずに、出汁の繊細な和風テイストで勝負しているのが個性的で素晴らしい。飲めば飲むほどに、後からどんどんスープの旨味と風味に惹き付けられていった。
・具も、白髪ネギや小松菜が、スープや麺とケンカせずによく調和しているのが良かった。
・個人的には、麺よりもスープが主役のラーメンに感じた。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0点)

■お店の情報

【津市】らーめん也

らーめん也 【豚骨醤油らーめん】

豚骨醤油らーめん(690円)

豚骨醤油らーめんの麺

■来店の経緯等
・2013年5月の平日の昼に初の訪問。
・このお店は今年1月にオープンしたお店で、興味を持ったので訪問してみた。

■食べたメニュー
・豚骨醤油らーめん(690円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は13時38分頃。外待ち無し。

らーめん也

・店内は厨房対面のカウンター席のみ。先客8人で、1席だけ空いていた席に座る。
・メニューを見て「豚骨醤油らーめん」を注文。ちなみに、周りのお客を見ると、からあげセットがよく出ていた。
・店員さんは4人で、男性2人と女性2人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文から着丼まで10分。別皿のニンニク香味油が一緒に出てきた。

■麺
・四角いウエーブのかかった中細麺。
・黄色くて加水高めの、表面がツルッとしてプリッとした、カンスイと卵が効いた感じの張りのある麺質。食感はやや固めの茹で加減で、程よい弾力のあるプリッと引き締まった歯ごたえ。
・麺の味はツルプリ系でしっかりしている。
・スープとの絡みは弱め。麺がスープを弾き気味であまり絡まずに、麺の味で食べる感じ。

■スープ
・白濁した獣系魚介醤油。
・少しだけトロッとしていて、表面に乳化した油の層があり、背脂も少し浮かんでいる。
・出汁は豚骨の獣系ベースに魚介で、獣系メイン。獣系は、割とサラッとしていてゼラチン感は控えめながら、少しネトッとした感じの乳化した油混じりのトロミがある。取り切りの豚骨スープという事で、出汁感はきちんと有るが、旨味やコクはあっさりしていたと思う。
・魚介は、魚粉は使っておらずに、醤油ダレと一体化した感じの甘くて優しい旨味があり、魚介のコクは控えめで麺にはあまり絡まない。
・タレの醤油は甘め。タレの旨味や味付けは控えめで、出汁と組み合わさって出汁の味わいを引き立てていた。
・塩辛さや刺激感は無い。
・後半、別皿のニンニク香味油を投入した。香味油には味は付いておらず、麺とスープとの絡みはほとんど変化しなかったが、スープを飲むと、ニンニクの風味が加わって魚介の風味が隠れ気味になっていた。

■具材
・チャーシューはバラスライス2枚。トロッと柔らかい歯ごたえに、あっさりとした甘めの味付け。
・穂先メンマは、ややしっかりめのシャクッとした歯ごたえに、穂先メンマらしい味付け。
・ネギは、細長いカットの白ネギと青ネギ輪切りの2種類。どちらも香味は控えめで、白ネギの方は麺とよく絡んでいた。

■全体的な味の感想
・スープは、あまり強い味ではないけど、よくまとまっていて、きちんと出汁感があるのが良かった。
・麺はツルプリ系で、麺自体は悪くないけど、個人的には、スープとの絡みがあまり良くないのが少々気になった。この麺には、もっとパンチの強いスープの方が相性が良いかも。

■お気に入り度: ★★★☆- (3.3点)

■お店の情報

【松阪市】麺や 青雲志

麺や 青雲志 【まぜそば+生姜トリプル+大盛+チャーシュー+台湾ミンチ】

「まぜそば+生姜トリプル+大盛+チャーシュー+台湾ミンチ」(1180円)

「まぜそば+生姜トリプル+大盛+チャーシュー+台湾ミンチ」の麺

■来店の経緯等
・2013年5月の平日の昼、2か月ぶり、22回目の訪問。2杯食べたうちの2杯目。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を除く)

■食べたメニュー
・まぜそば(630円)
・生姜(トリプル)(50円)
・大盛(100円)
・チャーシュー(200円)
・台湾ミンチ(200円)

■お店への到着から着丼までの概要
・入店時に、1杯目の「秋刀魚そば」と合わせて注文。
・今回は、まぜそばを地元の某常連さんのお勧めの組み合わせでカスタマイズしてみた。
・生卵と台湾ミンチは別皿で提供。
・個人的には、まぜ麺に卵白(温玉を含む)を入れるのはあまり好みではないので、今までこのお店のまぜそばに生卵を投入した事は一度も無かったが、今回は「麺屋はなび」「Menkouともや」の卵黄だけ乗せたまぜそばを参考に、レンゲで卵黄だけすくって台湾ミンチの上に投入してみた。

卵黄だけレンゲですくって投入してみた

■麺
・平打ち太麺ストレート。
・表面は滑らかで密度感があって、ゴワッとはしておらずにしっかりとした麺質。食感は、弾力は強くないが、少しモチッとして引き締まった、程よい強さの歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりながら粉の味がしっかりしている。
・タレとの絡みは良好。卵黄混じりのタレのトロミがよく絡んで、台湾ミンチの刺激と生姜のスッキリとした香味の組み合わせが麺の味をよく引き立てていた。

■タレ
・ベースは和風あっさり醤油で、そこに台湾ミンチと卵黄が加わって、麺にトロミがよく絡んでいる。
・あっさりした味付けに、台湾ミンチの刺激感と生姜のスッキリした香味とが、卵黄と油とでうまく纏まった味わい。濃い味ではないけど、ほんのりとして、それでいて物足りなさのない適度なパンチがあって、麺とよく合っていた。
・生姜は、この組み合わせだと、味のバランス的にはトリプルでもマイルドで、甘い風味だけが主張していて味の主張は控えめだった。

■具材
・チャーシューは厚みのある短冊切りの肩ローススライス。ムチッとしなやかで弾力のある歯ごたえに、少しだけ塩気が効いてあっさりとした味付けに、ハムっぽい肉のコクを感じる味わい。
・メンマは太くて、噛むと沈み込むような歯ごたえに、スッキリとした和風の旨味のある味付け。
・揚げ麺は、少し太めだが恐らくベビースターラーメン。揚げた油の香ばしさはあまり感じない味わいに、カリッとし過ぎずにややソフトな歯ごたえで、麺との絡みは良かった。
・台湾ミンチは、ミンチの食感は控えめで目立たずに、ほんのりとしたスパイシーさがタレと一体化していた。
・その他、白ネギ輪切り、水菜、短冊切りの海苔が入っていて、タレのトロミで麺との絡みも良好だった。

■全体的な味の感想
・今回、このお店のまぜそばに生卵を投入して食べてみたが、卵黄だけ投入してみたところ、水っぽくならずにトロミが加わって、結構いい感じだった。
・麺は、トロミが絡んで味が引き立っていた。また、卵黄を入れた方が、入れないよりも麺と具とのまとまりも良くなった。
・生姜は、大盛とかチャーシュー増しとか台湾ミンチのせいか、バランス的にはトリプルでちょうど良い強さだった。生姜があまりガツンと前に出ずに、ジワッと効いているのが上品で良かった。

■お気に入り度: ★★★☆+ (3.8点)

■お店の情報

【松阪市】麺や 青雲志

麺や 青雲志 【秋刀魚そば】

秋刀魚そば(800円)

秋刀魚そばの麺

■来店の経緯等
・2013年5月の平日の昼、2か月ぶり、22回目の訪問。2杯食べたうちの1杯目。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を除く)

■食べたメニュー
・秋刀魚そば(800円)
(2013年5月1日(水)から提供の新メニュー。1日2食限定)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の10時22分頃。駐車場に車が1台止まっていたが、こちらが到着しても出て来なかったので、このお店の並び優先ルールにより、シャッターポール(開店前の待ちの先頭)をゲットした。
・待ち人数は、10時47分頃に7人で、10時51分頃には12人だった。
・開店は10時55分。
・最初に券売機で食券を買う。5月から値上げと料金変更が行われており、券売機のボタンとメニューの案内書きは写真の通りになっていた。
(以下の写真は、クリックすると拡大します)

券売機のボタン

限定メニュー案内(その1)

限定メニュー案内(その2)

全メニューの案内

・「秋刀魚そば」は、「正油らぁ麺」(700円)と「味玉・限定券」(100円)の食券を買い、食券に秋刀魚そばと書いて貰う。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から着丼まで4分。着丼時に店主さんから、途中で黒胡椒を投入して、最後に別皿の生姜を入れる旨の説明があった。

■麺
・四角い中細ストレート。
・やや加水低めの、表面は少しヌルッとして滑らかで、張りがあってしっかりした麺質。食感は、程よい強さの歯ごたえで、歯切れもキレが良い。
・麺の味は、粉のコクがしっかりしていて旨い。
・スープとの絡みは強い。醤油ダレのコクと魚介の風味が強めに絡むが、麺とのバランスも良好だった。
・途中で、店主さんお勧めの黒胡椒を投入すると、強めの醤油味にコショウの香味が少し加わって目先が変わった。

■スープ
・清湯の魚介醤油。
・あっさりしていて、油が浮かんでいて口当たりは滑らか。
・出汁は魚介で、秋刀魚は節だと思う。節系の濃厚な風味と旨味があって、サンマのクセは強くない。スープ自体の味は醤油ダレの方が強いが、麺には節の旨味と風味が強めに絡んでいる。
・タレの醤油は恐らくたまり醤油で、ガツンと強くてフレッシュなコクがある。そこに、一味の刺激感も加わっている。
・味付けは濃くて塩分も強めだが、油の口当たりや出汁の旨味があるので、醤油っ辛さや塩辛さが強過ぎるようには感じなかった。

■具材
・メンマは細くて柔らかい。あっさりとした旨味。
・白ネギ輪切りは、スープに馴染んで優しい味わいだった。
・別皿の生姜も少し入れて食べてみたが、バランス的に醤油が強いせいもあり、個人的には生姜は特に必要とは感じなかった。

■全体的な味の感想
・麺に絡む秋刀魚の節のコクが強くて、麺をよく引き立てているのが素晴らしい。
・スープは、飲むと醤油ダレのパンチが強めで、麺との絡みの方が魚介の風味をよく味わえた。
・これは、麺単体やスープ単体よりも、麺とスープとの絡みの妙で食べさせるタイプのラーメンで、結構気に入った。
・繊細というよりは、分かりやすい味。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0点)

■お店の情報

【倉吉市】ラーメンいのよし

ラーメンいのよし 【しょうゆラーメン】

しょうゆラーメン(500円)

しょうゆラーメンの麺

■来店の経緯等
・2013年4月、山陰旅行の3日目の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・しょうゆラーメン(500円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は12時54分頃。外に15人待ち。
・到着から16分待ちで入店。店内4人待ちで、店内の待ち用椅子は4席なので、立って待った。
・入店から14分後に店内待ち用の椅子が空いたので、座って待つ。
・店内は、入口側と奥の2部屋に分かれており、入口側の部屋には厨房と厨房対面カウンター席があり、奥の部屋にはテーブル席と小上り席がある。
・店内には「広見製麺」の麺箱が置いてあった。
・店員さんは男性3人。
・店内で待っている間に先に注文を聞かれて、「しょうゆラーメン」を注文。
・到着から40分後、入店から24分待ちで、奥の部屋のテーブル席に座る。
・水は出してくれた。お代わりはテーブルのポットでセルフ。
・冷たいオシボリを出してくれた。
・注文から着丼まで5分。

■麺
・中太の縮れ。
・ツルツル、シコシコと滑らかで、エッジ感はあまり無い麺質。食感は固くなくて、ややモチャッとした主張控えめの歯ごたえ。
・麺の味はあっさりしている。
・スープとの絡みはあっさりしている。スープの甘味と牛脂のコクがサラッと絡む。

■スープ
・清湯の牛醤油。
・あっさりしていて、牛の油が多めに浮いている。
・出汁は牛ベースで、牛脂のコクと旨味が強めの味わい。店内で見た説明書きでは野菜も使っているとの事だったが、牛脂のせいか、野菜の出汁感は控えめだった気がした。
・タレの醤油は甘旨で、味付けは濃くはないが旨味がしっかりしている。
・塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・チャーシューはバラのスライスで、旨味強めの塩系の味付け。
・メンマは平べったい。しなやかで柔らかい歯ごたえに、濃いめで旨味のある味付け。
・太モヤシは、シャキッとキレの良い歯ごたえで、麺と絡むとモヤシの方が勝つ感じだが、モヤシ自体は旨かった。
・ネギ輪切りもシャキッとしていたが、太モヤシの印象の方が強かったかも。

■全体的な味の感想
・麺はあっさりと優しい味わいで、個人的には、もう少しキレが欲しい気がした。
・スープは、牛脂の効いた甘旨テイストで、旨味のしっかりした分かりやすい味。麺との絡みよりも、スープ自体の味の方が旨味の印象が強かった。個人的には、牛脂が強過ぎて出汁の繊細な味わいがやや分かり難かったかも。
・具は、太モヤシが旨かったけど、バランス的に麺に勝ち気味だったと思う。
・同じ鳥取牛骨ラーメンながら、すみれ飲食店とはいろいろ違っていて、この系統も奥が深いと思った。

■お気に入り度: ★★★☆- (3.3点)

ラーメンいのよし(食後に撮影)

■お店の情報

【東伯郡琴浦町】すみれ飲食店

すみれ飲食店 【ラーメン】

ラーメン(550円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2013年4月、山陰旅行の3日目の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・ラーメン(550円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客7人。

すみれ飲食店

・テーブル席に座り、メニューを見て「ラーメン」を注文。
・店員さんは女性3人。
・水は出してくれた。お代わりは冷水機でセルフ。
・注文から着丼まで6分。

■麺
・中くらいの太さの四角い縮れ麺。
・表面がツルッとして滑らかで、優しいエッジ感のあるしっかりした麺質。食感は、固くはないが縮れ麺らしい優しい弾力としなやかなコシのある歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりしていて粉の甘味を感じる。
・スープとの絡みは良好。スープの牛の甘味が程よく絡んで、麺の旨さを引き立てる。

■スープ
・清湯の牛醤油。
・あっさりしていて、油が少し浮かんでいる。
・出汁は牛の獣系。牛骨ベースに、あっさり甘い牛脂混じりの牛のコクと野菜の煮汁を感じる味わい。牛脂の甘味はあるけど、油っぽさはそれほど強くなかったと思う。
・タレの醤油は甘めで、出汁との組み合わせはコンソメテイスト。
・味付けは濃くはないが、スープの温度が高いこともあって、ほのかにピリッとした強めの味わい。麺との絡みでは牛のコクと甘味がよく絡むが、スープ自体の味は、あっさりながらややタレが強めに感じた。
・塩辛くはない。

■具材
・肉は、豚スライスの煮込み。脂身混じりで柔らかい歯ごたえに、あっさりとして甘い味付け。スープの牛脂のコクが絡んでおり、一瞬牛肉かと思った。
・メンマは平べったい。滑らかでしっかりした歯ごたえ。
・細モヤシは、シャキッとしっかりめの歯ごたえで、食感がいいアクセントになっていた。

■全体的な味の感想
・麺は結構良かった。麺とスープの牛のコクとの絡みも個性的で素敵。
・スープは、飲んだ時の味よりも、麺との絡みの方に甘いコクをより強く感じた。
・昔風のラーメンながら、キャラがきちんと立っていて、良く出来ていると思った。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5点)

■お店の情報

【出雲市】出雲の國 麺家

出雲の國 麺家 【出雲そば入りラーメン】

出雲そば入りラーメン 並盛り(880円)

出雲そば入りラーメンの麺

■来店の経緯等
・2013年4月、山陰旅行の2日目の昼に初の訪問。
・この日は、朝から出雲大社に参拝した後、参道で見つけたこのお店に訪問してみた。

■食べたメニュー
・出雲そば入りラーメン 並盛り(880円)
※メニューには「出雲そばをブレンドしたラーメンを、つけ麺のたれでお召し上がりください。具もたっぷりで、スープ付」と書いてあった。

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は10時59分頃。外待ち無し。
・店内は奥に長くて、奥の方までよく見えないが、先客は20人以上で混み合っていた。
・入口近くのテーブル席に座り、メニューを見て「出雲そば入りラーメン」を注文。名前はラーメンだがメニューの写真と説明はつけ麺で、冷たい麺のみ。
・店員さんは7人で、男性3人と女性4人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・紙オシボリを出してくれた。
・注文から着丼まで19分。

■麺
・四角い中太ストレート。
・蕎麦っぽい色が付いていて、加水高めでみずみずしさがあり、張りとエッジ感のあるしっかりした麺質。食感は、つけ麺的な適度な強さのしっとりとした弾力があって、蕎麦的なコシと歯ごたえのつよさがある、中華麺と蕎麦とのハイブリッド感のあるテイスト。
・麺の味は、全粒粉よりはあっさりとして甘味を感じるコクがあって旨い。
・つけ汁との絡みはあっさりしている。つけ汁の旨味と魚粉のコクがサラッと絡んで、麺の旨さで食べる感じ。

■つけ汁
・白濁した獣系魚介醤油。
・白湯っぽさはあるけど、サラッとしていて油は少なめ。
・出汁は獣系ベースに魚介で、魚介がメイン。
・獣系はライト。
・魚介は、節系と煮干し系の魚粉がガッツリの魚粉味で、コクがキツ過ぎずに旨味とコクとのバランスは取れていた。
・醤油ダレは甘味と旨味があって、魚介と組み合わさって旨味を強めていた。
・味付けはやや濃いめだが、塩辛さや刺激感は無い。
・割りスープが付いていたので、麺を食べた後にスープ割りを作ってみた。味付けが薄まって飲みやすくなるが、味的にはあまり変わらない感じだったかも。

■具材
・具は全て別皿。
・チャーシューは厚切りのバラスライス。表面は炙ってあるが後から冷やしてあり、やや引き締まった食感に、味付けあっさりで脂身のコクも控えめだった。
・ゆで卵は、黄身は固茹でで味付け無しだが、白身の表面にほんのりと味が付いていた。
・アゴのカマボコのスライスは、魚肉のあっさりとした旨味と甘味とコクがあって旨い。
・太モヤシは、程よい茹で加減で表面はシャキッとして中は水っぽい歯ごたえに、ほのかな甘みを感じる味わい。
・梅干しは、酸味と塩気が強過ぎずに、適度な旨味があった。
・その他、キクラゲ、ワカメ、青ネギ輪切りもあった。

■全体的な味の感想
・麺は、中華麺のベースに蕎麦っぽさがうまく組み合わさった味と食感で、良く出来ていると思った。
・つけ汁は、甘旨で魚粉の効いた、ライトマタオマといった味わいだった。
・具はいろいろ入っていたけど、全て別皿だったので、麺をつけ汁に付けて食べるのに邪魔にならずに、付け合わせ的に食べられるのが良かった。
・つけ汁はアレだけど、麺は結構気に入った。つけ麺なので、お気に入り度は麺主体で付けてみた。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5点)

出雲の國 麺家(食後に撮影)

■お店の情報

【松江市】isemiya 527

isemiya 527 【塩ラーメン】

塩ラーメン(650円)

塩ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2013年4月、山陰旅行の1日目の晩に初の訪問。

■食べたメニュー
・塩ラーメン(650円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は20時頃。外待ち無しの先客6人。

isemiya 527

・店内には厨房対面のカウンター席とテーブル席があり、カウンター席に座る。
・メニューを見ると「すべて『塩』ベースになっております。」と書いてあったので、デフォの「塩ラーメン」を注文。
・店員さんは男性2人。
・水は冷水機でセルフ。
・店内には液晶テレビがあって、テレビ番組が映っていた。
・注文から着丼まで15分。

■麺
・四角い中太縮れ。
・表面がツルッと滑らかで、あまりプリッとはしておらずにモチッとした張りとボリューム感があって、縮れ麺らしくエッジ感は少なめの麺質。食感は、モチッとした弾力があって、強くはないが少しズッシリした歯ごたえで、歯切れは良かった。
・麺の味は、あっさりながら甘味があってしっかりしている。
・スープとの絡みはあっさりしている。スープがサラッと絡んで、麺の旨さで食べるタイプ。

■スープ
・清湯の塩。
・あっさりしていて油は少なめ。
・出汁は獣系ベースに魚介。獣系はあっさりでコクは控えめ。
・魚介は、節系の魚粉がトッピングしてあり、旨味は強くなくて、あっさりとした節系の風味がほんのりと効いている。
・タレは、塩にコショウの刺激感がジワッと効いた塩コショウ系。出汁とのバランス的にはタレの味付けはしっかりしているが、タレの旨味は強くなくてサラッとしている。
・塩辛くは無い。

■具材
・チャーシューは厚切りのバラスライス。柔らかくて弾力のある歯ごたえに、甘めのタレの効いた味付け。
・メンマは平べったくて、ポリッと滑らかな歯ごたえに、あっさりした味付け。
・太モヤシは、シャキッと強めの歯ごたえにやや水っぽい味わい。麺との絡みは、モヤシの方が麺より強いが、麺も強いのでバランスは悪くはなかった。
・白ネギは細かいカットで、香味控えめ。

■全体的な味の感想
・麺はツルッとしてモチッとしていて、結構良かった。
・スープは、あっさり味で出汁の印象が弱い気がしたが、麺とのバランスはそれなりに取れていたと思う。
・太モヤシも、強過ぎると思いきや、麺やスープとのバランスは取れていて、いいアクセントになっていた。
・飲み屋街のど真ん中のお店だが、単なる飲んだ後向けのラーメンではなくて、よくまとまっていたと思う。

■お気に入り度: ★★★☆- (3.3点)

■お店の情報

《閉店》【大阪市天王寺区】らー麺 達

らー麺 達 【つけ麺大盛】

つけ麺大盛(250g)(830円)

つけ麺大盛の麺

■来店の経緯等
・2013年4月の平日の晩、1カ月半ぶり、2回目の訪問。

■食べたメニュー
・つけ麺大盛(250g)(830円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には先客無し。
・最初に店外の券売機で食券を買う。つけ麺は、

 小盛(150g)(780円)
 並盛(200g)(780円)
 大盛(250g)(830円)

で、大盛を選択。
・店内に入り、店員さんに食券を渡して注文してからカウンター席に座る。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文の際、紙エプロンを使うか聞かれたので、出して貰った。
・注文から着丼まで10分。

■麺
・やや平打ちで中太の、ウエーブのかかったストレート。
・色が付いていて、表面は少しヌルッとしており、みずみずしさは少なめながらゴワッとはしておらずに滑らかな麺質。食感は、固くはなくて滑らかながら、弾力は少なめでコシが強めの歯ごたえ。
・麺の味はコクがあってしっかりしている。
・つけ汁との絡みは良好。つけ汁のトロミがよく絡んで、魚介のコクも適度な強さで絡むが、麺も負けておらずにバランスは取れていた。

■つけ汁
・白濁した獣系魚介醤油。着丼時には沸騰してグツグツと煮立っていた。
・ゼラチンのトロミがあって、少しコッテリしている。
・出汁は、豚骨と鶏の獣系に魚介で、魚介が強いながらバランスは取れている。獣系は、ややネトッとしたゼラチンのトロミが主張していて、味のベースになっている。
・魚介は、煮干しメインに節系も加わった感じで、旨味があって濃厚な味わいながら、コクが強過ぎないのがいい感じ。
・タレの醤油は濃いめでコクがしっかりしているが、甘味や旨味とのバランスは取れている。
・醤油ダレと魚介が組み合わさったコクと旨味と甘味に、獣系のトロミが厚みをプラスしていて、濃厚な味わい。
・味付けは濃いめで、そのまま飲む向きではない。
・割りスープは煮干し出汁で、ポットで出て来てスープ割りはセルフ。つけ汁は、スープで割った方が味付けが薄まって飲みやすくなる。

■具材
・チャーシューは、薄切りと厚切りが一枚ずつ。表面を炙っているが、思った程温かくはない。肉の部分のサクッとした感じに、脂の滑らかな口当たりが程よく混じった食感に、味付けあっさりで脂の甘味の効いた味わい。
・メンマは平べったい。少し汁気を感じる滑らかな歯ごたえで、味付けはあっさりしていた。
・水菜は短くカットしてあり、麺にはあまり絡まなかったが、サッパリとした食感と歯ごたえがあって、箸休め的につまむと旨い。
・つけ汁の中のワンタンは、皮は薄くて餡が主役。餡は、小さくカットしたチャーシューが入っていて、ゴロっとしていて脂身の部分がプリッとした食感に、ニンニクが効いて旨味のある味わい。
・つけ汁の中には小さいカットの玉ネギも入っていて、麺を食べている時には目立たなかったが、つけ汁を飲むといい感じでアクセントになっていた。

■全体的な味の感想
・麺は、平打ちながらコシが強くて、あまりムチッとはしていない感じだったけど、グツグツ煮えたつけ汁に付けても麺が負けないのは良かった。
・つけ汁は、よくある系統の獣系魚介醤油ながら、獣系のゼラチン感がしっかりしていて、タレの味付けと出汁感とのバランスも良かった。
・具は、ワンタンがユニークだったけど、個人的には水菜が一番良かったかも。
・個人的には、麺はそれほどツボに嵌らなかったけど、つけ汁は結構に気に入った。お気に入り度は、つけ汁主体なら3.5点ぐらいだったけど、つけ麺なので麺主体で付けてみた。
・つけ汁の温度が高いつけ麺が好きな人向け。

■お気に入り度: ★★★☆- (3.3点)

■お店の情報

【大阪市中央区】らーめんstyle JUNK STORY

らーめんstyle JUNK STORY 【鶏と野菜のつけ麺】

鶏と野菜のつけ麺(300g)(850円)

鶏と野菜のつけ麺の麺

■来店の経緯等
・2013年4月の平日の晩、2か月ぶり、17回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)

■食べたメニュー
・4月後半の期間限定「鶏と野菜のつけ麺」(300g)(850円)
(4月16日(火)から4月30日(火)までの期間限定。1日25食。)
※メニュー説明には「幻のじゃがいもインカのめざめ等を使ったベジポタと鶏の新感覚の洋風つけ麺です。」と書いてあった。

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には外待ちが1人だったが、連れと待ち合わせ中との事で、店長さんが出て来て先に案内してくれた。
・店内は先客6人。壁対面のカウンター席に座る。
・限定の「鶏と野菜のつけ麺」がまだ残っていたので注文した。麺の量は、200g、250g、300gから300gを選択。
・店員さんは男性3人。店主さんは居らずに、店長のダルマさんが居た。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から着丼まで10分。

■麺
・四角い太麺で、少しウエーブのかかったストレート。着丼時に、ブラックペッパー練り込み麺との説明があった。
・色が濃くて、滑らかでしなやかながら、混ざりもの感のある引っ掛かりも少し感じる、エッジ感のある麺質。食感は、固くはないが弾力はやや少なめでコシがあって、しなやかでしっかりした歯ごたえ。
・麺の味は、強過ぎずに適度なコクがあってしっかりしている。ブラックペッパーの刺激はあまり感じなかった。
・つけ汁との絡みは強い。つけ汁の、トロミとジャガイモの味と鶏のコクとが強めに絡むが、麺も負けておらずにバランスは良好で、麺の味が引き立っていた。
・麺は、そのまま食べるよりも、つけ汁に絡めて食べる方が旨いと思った。

■つけ汁
・獣系ベジポタ。
・少しだけトロミがあるが、粘度やゼラチン感は少なめ。油が浮いていてややコッテリしている。
・出汁は、鶏の獣系ベースに野菜で、野菜の方が強い。
・獣系は、旨味のベースになっていて、乳製品っぽいテイストの風味とコクが強いが、鶏白湯的なゼラチン感やマッタリ感はあまり主張しない感じ。
・野菜は、ジャガイモの甘味とトロミがベースになっていて、そこにトマトの酸味とオニオンのコクが組み合わさっていて、どこまでが出汁でどこからがタレなのかよく分からない感じの洋風ベジポタテイスト。
・味付けは、スッキリとした旨味と優しい酸味が効いていて、塩辛さや刺激感は無い。味付けは濃くはないが、麺にはジャガイモの味と鶏のコクが強めに絡む。
・スープ割りは、割りスープが煮干しの和風魚介で洋風テイストが薄まるので、スープで割らずにつけ汁をそのまま飲んでも良いかも。

■具材
・チャーシューはレアの厚切りスライス。ムチッと柔らかくて歯切れの良い食感に、タレのフルーツっぽいスッキリとした甘味が効いた、脂の甘味混じりのレアな肉の味わい。
・つけ汁の中にも、小さめの薄切りスライスのチャーシューが入っており、つけ汁の熱で煮えて、脂の甘味と肉の旨味が強まっていた。
・メンマは四角くて厚みのある正方形のザブトン型。ポリッと繊維感があってキレの良い歯ごたえに、少しゴマ油の効いた旨味のある味付け。
・麺の上のキャベツは固めに茹でてあり、水っぽくなくて、パリッとキレの良い歯ごたえ。
・レッドオニオンのスライスは、水で香味を抜いてあるのか、見た目よりも優しい歯ごたえと味だった。

■全体的な味の感想
・麺は、単体で食べると微妙に滑らかじゃない感じだったが、つけ汁との相性は良好で、つけ汁に絡めると旨いと思った。
・つけ汁は、ベジポタのジャガイモ感の強さと、鶏のキレのあるコクとのハーモニーが素晴らしい。単なるベジポタじゃなくて、鶏をうまく組み合わせているのが素敵。つけ汁自体の味よりも、麺と絡んだ時の味の方が旨くて、よく出来ていると思った。
・具は、レアチャーシューにフルーツっぽい風味が付いていたのが良かった。
・やや好みが分かれそうな変化球のテイストだが、個人的にはこういうのは結構好き。

■お気に入り度: ★★★☆+ (3.8点)

■お店の情報

【有田市】和 dining 清乃

和 dining 清乃 【紀ノ国地鶏の塩】

紀ノ国地鶏の塩(680円)

紀ノ国地鶏の塩の麺

■来店の経緯等
・2013年4月20日(土)の昼、1ヵ月ぶり、3回目の訪問。
・先日、某所でのパーティーの景品として、このお店の丼を頂いたので、そのお礼を兼ねて訪問してみた。

■食べたメニュー
・紀ノ国地鶏の塩(680円)
※メニューには「魚介のきいた塩ラーメンです」と書いてあった。
・本日のおまかせ丼(まぐろのお造り丼)(300円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の10時20分頃。シャッターポール(開店前の並びの先頭)。

和 dining 清乃

・外で待っていると、店内からイリコの匂いが漂ってくる。
・2台目の車が来たのは10時25分頃。
・10時50分頃には、お店の前の駐車場が満車になった。
・開店は11時。同行者がいるので、テーブル席に座る。
・メニューを見て店員さんに注文。実は、当初は新メニューの「汁なし担々ブラック」狙いだったが、待っている間の魚介の匂いに惹かれて、「紀ノ国地鶏の塩」を注文。また、「本日のおまかせ丼」も一緒に注文した。
・店員さんは4人で、男性2人と女性2人。前回訪問時よりも男性店員さんが1人少なかった。
・水は出してくれた。お代わりはテーブルのポットでセルフ。
・オシボリも出してくれた。
・注文から着丼まで10分。今回は、「本日のおまかせ丼」の方が先に出てきた。

■麺
・四角い中細ストレート。
・ツルッと滑らかでムチッとしなやかな、張りとエッジ感のあるややソフトな麺質。食感は、歯ごたえは強くないがしなやかなコシがある。
・麺の味はややあっさりしている。
・スープとの絡みは強くはないが良好。スープの塩気と旨味がサラッと絡んでバランスは良い。魚介の風味の絡みはマイルド。

■スープ
・清湯の獣系魚介塩。
・あっさりしていて、多少の油が浮かんでいる。
・出汁は鶏の獣系ベースに魚介で、魚介が強い。獣系は、旨味のベースになっている。
・魚介は、恐らく煮干がメインで、塩気の効いたコクが強め。風味というよりもスープの味自体が強いタイプで、苦味は無いが甘味も少なめの、丸ごとの魚から取った感じのコクが強い。
・塩ダレは、塩のコクはガツンとは立っていないが、魚介のコクと組み合わさっていて、塩気は結構強めに感じる。ただし、旨味やコクと組み合わさっていて、ピリッとした塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・チャーシューは鶏と豚の2種類。
・鶏は、ムネ肉の厚切りスライス。ムチッとしてしっとりした歯ごたえに、あっさりした味わい。
・豚は、白いローススライス。ムチッとした食感に、味付けはあっさりと薄味の塩系で、ほのかに肉のコクを感じる味わい。
・味玉は黄身がトロトロで、あっさりと薄味ながら醤油感のある味付け。
・穂先メンマは、シャクッとしなやかでしっかりした歯ごたえに、スッキリとした味。
・大葉は、控えめな香味で主張はおとなしめ。
・柚子皮も入っていて、ほのかに効いていた。
・白ネギの輪切りは細長くて主張は控えめ。
・小松菜の軸は、味は強くないが食感がアクセントになっていた。

■本日のおまかせ丼

本日のおまかせ丼(まぐろのお造り丼)(300円)

・マグロの赤身は、分厚くなくて適度な厚さのスライス。程よくムッチリとした柔らかい歯ごたえと、少し脂の乗った感じの赤身の味わいで、醤油を掛けても無しでもどっちでも行ける感じ。
・山葵は、刺激感がマイルドだった。
・ご飯は、程よい固さの炊き加減で、甘味と旨味のある味わいがマグロの赤身とよく合っていた。

■シャーベット

シャーベット

・最後に、サービスのシャーベットを出してもらった。
・今回はやや固めに凍っていた。
・酸味控えめで、スッキリとしたリンゴの甘味が食後のデザートにぴったりだった。

■全体的な味の感想
・麺は、ツルッとしてしなやかなコシがあるのが良かった。
・スープは、魚介のコクは濃厚ながら、麺と魚介との絡みは割とあっさりしていた。「紀ノ国地鶏の塩」という名前ながら、バランス的には鶏よりも魚介の方が強くて、旨味よりも塩気の効いた魚介の素材感が前面に出ていた。
・具は、穂先メンマがスープによく合っていて良かった。小松菜の軸は、個人的にはスープに対してやや勝ち気味に感じたかも。
・大葉は、それほど主張は強くなくて、見た目よりは風味が控えめだった。
・魚介のコクが強くて個性的なのは良かったけど、個人的には、大葉や柚子も含めて、個々のパーツが統合されていない感じも少し受けた。そういう意味では、前回訪問時に食べた『角長醤油「匠」』の方が良かったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆+ (3.8点)

■お店の情報

【大阪市西成区】かしや

かしや 【和風とんこつ】

和風とんこつ(700円)

和風とんこつの麺

■来店の経緯等
・2013年4月の平日の晩、4週間ぶり、2回目の訪問。
・この日は、旨い和風豚骨ラーメンが食べたくなったので、このお店に訪問してみた。

■食べたメニュー
・和風とんこつ(700円)
※メニュー説明には「豚骨スープと魚介出汁のWスープ」と書いてあった。

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客5人。
・カウンター席に座り、メニューを見たところ「濃厚とんこつ」と「和風とんこつ」の2種類があったので、奥様に確認のうえ、看板メニューとの事の「和風とんこつ」を注文。
・先客の人は、くつろいでビールを飲みながらタバコを吸っていた。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から着丼まで6分。

■麺
・やや平打ちの太麺縮れ。
・加水やや高めの表面がツルッと滑らかで、少しプリッとしてモチッとした、団子っぽくてしっかりした麺質。食感は、弾力があって、程よい強さでキレの良い歯ごたえで、ノド越しも良好。
・麺の味は、旨味がしっかりしていて旨い。
・スープとの絡みは、スープのトロミと魚介の風味が適度に絡む。バランス的には麺の方がやや強くて、麺の旨さで食べる感じかも。

■スープ
・白濁した獣系魚介醤油。
・少しトロミがあって、ややコッテリしている。
・出汁は、豚の獣系と魚介で、獣系がメイン。獣系は、油混じりのネトッとした感じのトロミがあり、じんわりとした獣系のコクがあって獣っぽさは控えめ。マッタリ感やクリーミーさよりも、コッテリとしたトロミ感が前に出た、やや重めの味わい。
・魚介は節系メイン。旨味の強さよりも風味とコクがしっかりしているタイプで、雑味は無い。
・タレの醤油は甘め。タレの味付けはマイルドで、獣系のトロミや丸みと魚介の風味を生かした味わい。
・塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・チャーシューは脂身多めの巻きバラスライスが3枚。熱が加えてあって、プリッと柔らかい歯ごたえに、ほのかな油のクセの混じった脂身のコクを感じる味わい。
・味玉は黄身がトロトロで甘めのタレの味付け。
・白髪ネギは細めのカットで、麺と絡めると麺の方が強い気もした。
・カイワレは主張が控えめな香味がスープに合っていた。
・白ネギの輪切りも、サッパリとしていてスープに合っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、ツルプリの手もみ風縮れ麺で、自家製麺らしい旨い麺だった。
・スープは、タレの旨味が控えめで、麺に絡む獣系のトロミと魚介の風味が良かった。旨味よりもネットリとしたコッテリ感がやや勝ったテイストに感じたが、麺には合っていたと思う。王道の魚介豚骨醤油ながら、このお店の個性を感じられるのは良いと思った。
・どちらかと言うと、スープよりも麺の方が主役のラーメンに感じた。
・次に来る機会があれば、昼営業に来てみたいと思った。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5点)

■お店の情報
記事リスト
2013年05月の記事
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ