【奈良市】無鉄砲しゃばとん

無鉄砲しゃばとん 【豚まぜそば肉増し大盛り】

豚まぜそば肉増し大盛り(1000円)

豚まぜそば肉増し大盛りの麺

■来店の経緯等
・2012年6月の平日の晩に訪問。
・ブログに書くのは初めてだが、7か月ぶり、3回目の訪問。

■食べたメニュー
・豚まぜそば肉増し大盛り(1000円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時は外待ち無しで先客10人。テーブル席が埋まっていてカウンター席は空いていた。
・最初に店内の券売機で「豚まぜそば肉増し」(900円)と「大盛り」(100円)の食券を買う。
・カウンター席に座って注文。店員さんにニンニクを入れるか聞かれたので、ニンニク入りで注文。
・店員さんは4人で、男性3人と女性1人。
・水は先に席に置いてあった。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・カウンター席は厨房に面しているが、厨房との間は壁とガラスで仕切られている。
・店内に製麺所がある。
・注文から着丼まで8分。生ニンニクは別皿。

■麺
・やや平打ちの少し縮れた太麺。
・少し引き締まってしっかりしているが、滑らかで芯のない麺質。食感は固くはなく、モチッとした弾力があり歯切れは良好。
・麺の味は強めでしっかりしている。
・タレとの絡みは良好で、油と醤油ダレとによく絡んでいる。

■タレ
・ドロッとした油と醤油ダレ。コッテリしている。
・醤油ダレは最初からある程度麺に絡んでいて、油は底の方に溜まっている。
・麺との絡みでは、最初のうちは醤油のコクと多少のニンニクの香味が効いているが、後半は、底の方の油の丸みと口当たり、ミンチ肉の旨味がだんだん強くなってきて、マッタリとオイリーな味わいになってくる。
・味付けは適度な濃さで物足りなさは無い。油で丸まっているせいもあり、塩辛くはないし、刺激感も無い。

■具材
・チャーシューは薄切りのバラ肉で、麺によく絡む。モチモチした弾力があり、味付け薄めで肉と脂身のコクを感じる味わい。
・野菜はモヤシとキャベツ。茹でてあって味は付いていない。
・キャベツは固めの茹で具合で量は多くなく、サッパリした味わい。
・モヤシも程よい茹で具合で、大盛りの麺に対してちょうど良い分量と食感。麺と絡んだ時に目立ち過ぎずにバランスが良好。
・トッピングのクルトンは、噛むとカリッと崩れる歯ごたえがアクセントになっている。
・ミンチは柔らかくて味付けは控えめ。スープ無しのまぜそばに肉の旨味をプラスする役割を果たしている。
・メンマは細身で平べったく、しなやかな食感。細いのであまり目立たない印象。
・青ネギは、野菜が入っていたせいか、あまり印象に残らなかった気がする。
・その他、海苔やナルトも乗っていた。

■全体的な味の感想
・モチッとした麺を醤油のコクと油の丸みの効いたタレに絡めて食べる、麺と具との絡みが良好な汁なしコッテリまぜそば。
・今回は麺大盛りの肉増しで食べたが、麺と具とのバランスがちょうど良かった。以前に、麺の量並で食べた時は、ややモヤシ勝ちの印象を受けたが、今回は麺とモヤシのバランスが良いと思った。
・肉は旨いし薄切りなので、量的に肉増しでちょうど良い感じ。
・キャベツの量は少なめだが、食感が強めなのでこれくらいの量で良いと思った。
・麺はモチッと優しい歯ごたえながら程よくしっかりしていて、それほど主張は強くないけどタレや具との絡みが良好で良かった。
・ジャンクっぽさが有りながら、良くまとまっている。あまり難しいことを考えずに、お腹が空いている時にガッツリと食べる向きに感じた。

■その他
・食べ終わってお店を出る際、店員さんが店外まで出て見送ってくれた。

■評価:★★★☆+ (3.8点)

■お店の情報
スポンサーサイト

【東大阪市】らぁめん たむら

らぁめん たむら 【冷やし塩油そば】

冷やし塩油そば(950円)

冷やし塩油そばの麺

■来店の経緯等
・2012年6月の平日の晩、1ヵ月ぶりに訪問。

■食べたメニュー
・オープン5周年記念限定「冷やし塩油そば」(950円)
※大盛無し
(2012年6月26日(火)から日曜日くらいまでの限定)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時は外待ち無しの先客8人。店員さんは男性3人。
・ホワイトボードに書いてある「冷やし塩油そば」を注文。
・注文から着丼まで5分。

■麺
・四角い中太ストレート。
・三谷製麺所の麺で、表面ツルツルでプリッとした透明感のあるハードな麺質。水で良く締められていてかなりコシが強いが、麺が太過ぎないので、歯ごたえは強過ぎずにコシの強さとノド越しの良さとを両立している。
・麺の味はあっさりした旨さ。
・タレとの絡みは良好で、塩ダレの味が程よく絡む。

■タレ
・冷たい塩ダレ。
・サラッと油少なめであっさりしている。
・最初のうちは塩のコクと旨味をよく感じたが、後半はパプリカ混じりの赤い粉の穏やかな辛味と、フルーティでマイルドな酸味が強くなってきた。
・酸味はほのかに効いていて、酢の系統の刺激感は無く、フルーツ系か、もしくは乳酸発酵系の味に感じた。
・塩辛さの無いサラッとした旨さに、ほのかな辛さと酸味とを効かせた、あっさりとしてスッキリとした味わい。

■具材
・チャーシューは脂身少なめの小さいカットで、ホロッと肉の繊維がほぐれる食感。味付けは控えめで、あっさりした肉の旨味が麺や他の具と絡んで引き立っていた。
・味玉は黄身半熟で、味付きだが辛くなくて甘旨い。
・メンマは平べったくて柔らかく、味付け控えめであっさりしている。麺や他の具ともよく絡んで食感が引き立っていた。
・モヤシ、白ネギ、青ネギ、海藻はシャキッとしており、あっさりしたタレと絡んで海藻サラダみたいな味わい。
・麺と具との味と食感のマッチングが絶妙で、かき混ぜるとよく絡んで一体感がある。どんどん引き込まれて、後半は思わず夢中で食べた。

■全体的な味の感想
・プリッと引き締まった三谷製麺所の麺を塩のコクとマイルドな辛味酸味のタレで食べる、麺とタレと具との一体感が秀逸な海藻サラダ風冷やしまぜそば。
・冷やしならではの、麺のコシの強さとノド越しの良い食感が素敵。個人的には、つけ麺の時よりも三谷製麺所の麺の持ち味をよく生かしていると思った。
・冷やしは麺とタレと具とが全部冷たいので、この3つがバランス良く調和してハーモニーを感じる味わいだった。
・赤い辛味は見た目よりも辛くなくて、バランスの取れた程よいアクセントになって食欲をそそってくれた。
・パンチは強くないが、味の組み立てがよく考えられており、これはかなりお気に入り。

■評価: ★★★★☆ (4.5点)

■お店の情報

【京都市中京区】京都千丸しゃかりき

京都千丸しゃかりき 【濃厚魚介つけそば】

濃厚魚介つけそば(800円)

濃厚魚介つけそばの麺

■来店の経緯等
・2012年6月23日(土)の昼に訪問。
・以前に、三重県の「Menkou ともや」で「濃厚魚介つけ麺」を食べて、とても個性の強い味だと思った。その後、同店の店主さんの修業元であるこちらのお店にも同じメニューがあることを知り、興味を持ったので訪問してみた。

■食べたメニュー
・濃厚魚介つけそば(800円)
※メニュー説明には「250g 12番太ちぢれ麺」と書いてあった。

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は14時20分頃。外待ち無しで店内に5人待ち。
・客層は、小さい子供連れのファミリーも何組かいた。
・店内で待っている間に先に注文を聞かれる。
・入店から店内で30分待ちでカウンター席に座る。
・店員さんは4人で、男性3人と女性1人。店内には店員さんの紹介書きもあった。
・水はセルフ。
・カウンター席は、椅子に対してカウンターが高い。
・着席から着丼まで9分。

■麺
・四角い少しウエーブのかかった太麺。
・水切りが緩めで表面がみずみずしく、加水中くらいの滑らかでモチモチした麺質。食感はややソフトな弾力があり、歯切れも良くて食べやすい。
・麺の味はみずみずしくて旨い。
・つけ汁との絡みは良好。魚介のコクがよく絡む。

■つけ汁
・白濁した魚介獣系の甘辛ダレ。
・少しトロミがあって油が溶け込んでいるが、それほどドロドロやコッテリし過ぎてはいない。
・出汁は獣系ベースに魚介で、魚粉が大量に入っていてザラザラしており、魚介のコクが強い。魚介のコクは特定の魚というよりも、各種の魚のミックスのような感じ。
・タレは甘辛くて味が濃い。そのまま飲むとやや塩辛くて甘辛さが強めだが、麺に絡めると魚介のコクとのバランスがちょうど良い感じになる。刺激感は無い。

・スープ割りはブーメラン方式で、割りスープの煮干し出汁が効いていて旨い。追加で入れてくれるネギの香味がサッパリしている。
・ドンブリの底には目の細かい粉がたっぷり溜まっていた。見た目的には骨粉のようだが、つけ汁の感じからすると魚粉のようにも思えた。

■具材
・チャーシューは短冊切りでよく温まっている。歯ごたえムチムチで柔らかいが、部分的にややパサッとしていた。味付けはしっかりしていて、肉の旨味が濃い。
・メンマは太くて平べったいのが1本だけ入っていた。筋の歯ごたえがしっかりしており、味付け濃いめで少し塩気を感じる。

■全体的な味の感想
・モチッとした太麺を魚粉のたっぷり入った甘辛いつけ汁で食べる、濃厚な味の魚介獣系つけ麺。
・以前に食べた三重県の「Menkou ともや」の「濃厚魚介つけ麺」と比較すると、タレの味は同じ系統だが、こちらの方が魚粉というか魚介の主張が強めで甘辛さが突出していないのと、麺がつけ汁に負けにくいタイプなので、バランスはこちらの方が良いと思った。
・麺はソフトな食べやすいタイプで、つけ汁には合っていたと思う。
・甘辛い魚介のつけ汁は、個性的でキャラが立っているのは良いと思った。

■評価: ★★★☆ (3.5点)

■お店の情報

【京都市北区】紫蔵

紫蔵 【らーめん(並)】

らーめん(並)(650円)

らーめん(並)の麺

■来店の経緯等
・2012年6月23日(土)の昼に訪問。

■食べたメニュー
・らーめん(並)(650円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は12時25分頃。外待ち11人で、客層は若い人が多い。
・並んでいると、店員さんがやって来て、チャーシューが残り少ないのでチャーシュー麺の販売を終了した旨の案内があった。
・到着から20分待ちで入店。カウンター席に座る。
・店員さんに注文を聞かれたので、「らーめん(並)」を、醤油の濃さ、脂の量、麺の茹で加減、全て「普通」で注文。ちなみに、周りのお客は全員「麺かため」で注文していたので、店員さんに麺の茹で加減のお勧めを確認したところ、普通がお勧めとのことだった。
・店員さんは男性2人。水は持って来てくれた。オシボリは入口の所に置いてありセルフ。
・厨房には「酒井製麺」の麺箱が置いてあった。
・麺は数人分をまとめて茹でて、平ザルで麺上げ。自分のロットは自分以外全員「麺かため」だったので、最後に自分の分を一杯分だけ麺上げしていた。
・注文から着丼まで9分。

■麺
・平打ちの少し縮れた太麺。麺の長さが短い。
・表面が滑らかでしっかりしているが、やや緩めのモチモチした麺質。食感はやや柔らかめのモチッとした弾力があり、歯切れが良い。
・麺の味は強めでしっかりしている。
・スープとの絡みは強くはないが良好で、鶏油が絡んでツルツルしている。麺の味がしっかりしていて、スープが麺の味を引き立てている印象。

■スープ
・白濁した豚骨醤油。
・割とサラッとしているが、鶏油が多くてコッテリしている。
・出汁は豚骨に鶏も使ってそうな感じの獣系で、白濁しているがトロミは少なめで旨味がメイン。鶏油と組み合わさった獣系のコクはあるが、獣っぽさは無い。
・タレは醤油ベースだが、醤油は甘めでコクはマイルド。旨味はあるが強すぎない。
・塩辛さや刺激感は無く、鶏油と獣系出汁とタレとが組み合わさった、甘味のある旨味メインの味わい。

■具材
・チャーシューは厚めの脂身少なめのスライスで、箸で切れるくらいに柔らかい。味付けはあっさりしていて甘い肉のコクがある。
・ホウレン草は茹でてあってコクがあり、スープに合っていて旨い。
・海苔は生地と味がしっかりしていて、スープと相性が良い。

■全体的な味の感想
・モチッとした強めの味の平打ち太麺をサラッとして鶏油の効いたスープで食べる、甘旨テイストの家系ラーメン。
・麺は悪くはないが、長さが短くて箸で掴みにくいのが少々気になった。
・スープは、デフォの注文だと醤油のパンチが控えめで、旨味メインのマッタリした味わいだが、トロミがそれほど強くなくて鶏油がよく効いており、家系らしいラーメンだと思った。
・海苔が美味しいのは良かった。
・お客も若い人が多かったし、若い人向けのラーメンのように思った。
・次に食べる機会があれば、麺かためで注文してみたい。

■評価: ★★★☆ (3.5点)

■お店の情報

【京都市中京区】山崎麺二郎

山崎麺二郎 【らーめん】

らーめん(650円)

らーめんの麺


■来店の経緯等
・2012年6月23日(土)の昼、約1年ぶり、2回目の訪問。

■食べたメニュー
・らーめん(650円)
※メニュー説明には「鶏スープと和風ダシを合わせたあっさり系。しなやかでコシのある細麺」と書いてあった。

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の11時10分頃。シャッターポール。
・開店は11時25分。開店時点では後ろに1人待ちだったが、食べ終わってお店を出る頃には店内待ちのお客も出ていた。
・店員さんは2人で、男性の店主さんと女性1名。
・水はカウンターのポットでセルフ。箸は割り箸じゃないけど、1つ1つ袋に入っている。
・店内に、北海道産強力粉「春よ恋」の袋が置いてあった。
・注文から着丼まで6分。

■麺
・長方形の中くらいの太さのストレート。
・表面はツルツルと滑らかで、加水高めでしなやかな、張りがあってボリューム感のある麺質。
・食感はやや柔らかめで、しなやかなコシがある。
・麺の味は粉の味がしっかりしていて旨い。
・スープとの絡みはあまり強くはないがバランスは良好。スープの表面の油をまとってツルツルしている。

■スープ
・清湯の鶏魚介醤油。
・あっさりしていて、表面にはサラッとした油が浮かんでいる。
・出汁は清湯の鶏と魚介で、あまり押しの強くないクリアな味わい。魚介はコクよりも出汁の旨味がメインで、恐らく鰹メインではなく煮干しその他の各種ミックスだと思う。
・タレの醤油はやや濃口でフレッシュなコクがある。醤油のコクはしっかりしているが、醤油のカドのないクリアな味わい。
・塩辛さや刺激感は無く、出汁の旨味と醤油のコクと油の口当たりの良さが組み合わさった、リッチながらスッキリとした味。

■具材
・チャーシューは少し厚めのスライス。ムチムチした食感で肉のコクがある味わい。
・メンマは四角くて太い。柔かくて、噛むとスッと沈み込む食感が気持ちいい。醤油系の甘い味付け。
・ネギは笹切りと白髪ネギの2種類。香味はあまり強くなく、シャリッとした食感がアクセントになっている。

■全体的な味の感想
・しなやかで旨い麺をあっさりしたスープで食べる、シンプルながら良質でリッチな味わいの清湯鶏魚介醤油ラーメン。
・全体的に過剰さの無い味わいで、各パーツがバランス良く組み合わさって一つの味を作り上げているのは凄いと思う。
・麺はメニューには細麺と書いてあったが細麺よりは太いと思う。しなやかで滑らかな部分にこだわりを感じた。
・パンチとかインパクトは無いけど、物足りなさはないし、センスの良さを感じさせながら親しみやすい味なのが素敵。
・近所にあれば通いたいお店。

■評価: ★★★★ (4.0点)

■お店の情報

【大阪市東成区】ラーメン人生 JET600

ラーメン人生 JET600 【冷やしつけ麺 すする】

冷やしつけ麺 すする(900円)

冷やしつけ麺 すするの麺

■来店の経緯等
・2012年6月の平日の晩、4か月ぶりに訪問。

■食べたメニュー
・期間限定メニューの「冷やしつけ麺 すする」(900円)
(2012年5月20日からの提供)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時は外待ち無しの先客5人。
・カウンター席に座り、限定メニューの「冷やしつけ麺 すする」を注文。店員さんの話では、麺の量は300gのみとのことだった。
・店員さんは男性4人。厨房に3人とフロアに1人。水はセルフ。
・店内はエアコンがよく効いていたが、入口のドアを開けてオープンエアーにしていた。
・注文から着丼まで11分。

■麺
・四角い中太ストレート。
・全粒粉ながら加水高めの滑らかな麺質で、引っ張ると伸びる。食感はしなやかなコシがあって、ヤワくはないがややムニュッとした歯ごたえ。
・麺の味は全粒粉のコクがあって旨い。最初に何も付けずに麺を食べると、多少の塩気を感じた。
・つけ汁との絡みはやや強めで、トロミと魚介の風味がよく絡む。

■つけ汁
・冷たい清湯の鶏魚介醤油。
・少しトロミがあって若干濁っているが、油少なめであっさりしている。
・出汁は鶏ベースに魚介で、魚介の風味がやや立っているが、獣系も魚介もそれほど主張は強くなく、サラッとした旨味がある。
・魚介は恐らく煮干系で、魚粉は感じずコクが強すぎないスッキリとした味わい。
・トロミはゼラチンかも知れないが、デンプン系のトロミのような気もした。
・タレは甘辛いがスッキリとした味わい。薄めの醤油のコクはあるが、ミリン等の他の調味料も使っている感じ。
・薬味に生姜が入っていてアクセントになっている。
・味付けはしっかりしているが、それほど濃くはなく、塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・チャーシューは少し厚みのあるスライス。脂身が程よく混じっていて冷えていても柔らかく、甘い味付け。
・味玉は黄身がトロトロで、味付けは濃いが辛くなくて甘旨い。
・メンマは細くて平べったい。ポリポリとしなやかな食感であっさりした味。
・麺の上に大葉が乗っていたが、香味はあまり強くなく、生姜と較べると目立たない印象。

■全体的な味の感想
・滑らかでしなやかな全粒粉麺につけ汁のトロミと魚介の風味を絡めて食べる、ヒンヤリとしてスッキリとした冷やし鶏魚介醤油つけ麺。
・麺は、やや長めなのと乾きやすいせいで、箸で一口分だけすくうのが少し難しい気がした。
・つけ汁は、あっさりしているのにトロミがあって、麺にトロミがよく絡むのは個性的で良いと思うが、トロミのせいで全粒粉麺の持ち味が感じにくい気もした。かと言って、つけ汁に付けないと、麺がだんだん乾いてくるのが気になる。
・個人的には、もう少しつけ汁がサラッとしている方が良い気もしたが、つけ汁の味をあまり濃くせずに麺に強めに絡ませているのはよく考えられているとは思う。
・チャーシューは、冷えていても脂の口当たりの良いタイプで良かった。
・パンチは無いけど、ヒンヤリ感があってスルスル食べられるので、夏の暑い時期に食べるのには良さそうに思った。

■評価: ★★★☆- (3.3点)

■お店の情報

【大阪市中央区】らーめんstyle JUNK STORY

らーめんstyle JUNK STORY 【にぼし鶏豚骨のたまり醤油つけ麺大盛】

にぼし鶏豚骨のたまり醤油つけ麺大盛(1000円)

にぼし鶏豚骨のたまり醤油つけ麺大盛の麺

■来店の経緯等
・2012年6月17日(日)の昼、6日連続で訪問。
・この日は、このお店の2周年イベント6日目で最終日。前日までの5日間全ての限定をゲットしたので、この日も訪問。

■食べたメニュー
・2周年限定(大トリ!)「にぼし鶏豚骨のたまり醤油つけ麺」(大盛350g)(1000円)
(2012年6月17日(日)限定)
※メニュー説明には「(担当 店主さん)人気絶大のにぼし鶏豚骨と、パンチ力MAXのたまり醤油の特別限定です!!」と書いてあった。

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の9時32分。既に5人待ち。
・9時50分の時点で、待ち人数が座席数と同じ10人になった。
・開店は11時1分。この日も開店時に店主さんから一言挨拶があった。
・開店と同時に入店し、カウンター席に座って注文。
・店員さんは4人。
・この日も、最初に入店したお客は皆2周年記念限定を頼んでいた。厨房では、1回に2~3杯づつ作って出していた。
・注文から着丼まで23分。

■麺
・四角い太麺ストレート。
・少し色が付いていて、表面ツルツルでムチムチと滑らかな、適度に中身の詰まった麺質。食感はやや柔らかめのモチモチとした弾力があって、決してヤワくはないがコシの強過ぎない歯ごたえ。
・麺の味はしっかりしながらも、強過ぎずにあっさりしていて旨い。
・つけ汁との絡みは良好で、ドップリ付けても強く絡み過ぎずに、煮干しとたまり醤油のコクがよく絡む。

■つけ汁
・白濁した獣系煮干醤油。
・少しトロミがあり、表面に乳化した油の層があって多少コッテリしているが、それほどドロドロはしていない。
・出汁は鶏と豚骨の獣系ベースに煮干の魚介で、魚粉がたっぷり入ってザラザラしている。
・煮干しは濃厚で甘いコクがあり、味的には獣系よりも魚介の方が前に出ているが、獣系のベースもしっかりしていてバランスは取れている。
・タレはたまり醤油で、甘辛くて濃い味。煮干しの魚粉と組み合わさって、甘くて強いコクがある。
・刺激感は無いが、味付けは結構濃くて塩分強め。そのまま飲むよりも、スープで割った方が飲みやすい。
・小さくカットした柚子が入っていて、香味がアクセントになっていた。
・麺に絡み過ぎないので、大盛の350gの麺を食べ終わっても、つけ汁はそれほど減っていなかった。

■具材
・肉は、麺の上のレアチャーシュー、鶏のタタキと、つけ汁の中の短冊切り煮豚の3種類。
・レアチャーシューは、ムチムチと柔らかくて、甘い味付け。
・鶏のタタキは、ムチムチとしなやかな歯ごたえで、柚子風味が付いていてあっさりしており、皮には炙った香ばしさが少しあった。
・短冊切りの煮豚は、ムチッと柔らかい歯ごたえで、味付けはしっかりしていて肉の旨味がある。
・ウズラの卵は黄身に味が付いていてコクがある。
・メンマは厚くて四角い。柔らかくポリポリした歯ごたえで味付き。
・海苔はつけ汁の味とよく合っていて旨い。
・ネギの輪切りは青ネギと白ネギの2種類で、つけ汁の味が濃いのであまり目立たなかったかも。

■全体的な味の感想
・モチモチと滑らかな太麺を煮干しとたまり醤油のコクに絡めて食べる、濃厚で甘辛い味わいの白濁獣系煮干醤油つけ麺。
・麺は適度にソフトで食べやすいし、つけ汁との絡みも強過ぎないので、大盛りでもそれほど多いとは感じなかった。
・つけ汁の煮干し魚粉とたまり醤油のコクの組み合わせは、出汁の旨味よりも前に出ている印象で、賛否が分かれそうなくらいに濃いと思ったが、麺とのバランスは取れていたと思う。
・個人的には、つけ汁は塩分が多いし、後味がかなり重たいので、スープ割りでも飲まない方が良いと思った。
・2周年記念限定のラストにふさわしい、直球ながらインパクトのある味だった。

■評価: ★★★☆+ (3.8点)

■お店の情報

【大阪市中央区】らーめんstyle JUNK STORY

らーめんstyle JUNK STORY 【清湯醤油(極みver.)】

清湯醤油(極みver.)(800円)

清湯醤油(極みver.)の麺

■来店の経緯等
・2012年6月16日(土)の昼、5日連続で訪問。
・この日は、このお店の2周年イベント5日目で、2周年当日。何とか平日4日間の限定をゲットしたので、このまま土日も訪問することにした。

■食べたメニュー
・2周年当日記念メニュー「清湯醤油(極みver.)」(中盛175g)(800円)
(2012年6月16日(土)限定)
※メニュー説明には「(担当 店主さん)原価を無視した麺・スープのラーメン。トッピングは、きんせい総本家の極みの醤油ver.」と書いてあった。

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の10時頃。既に7人待ち。
・開店は11時1分。開店時に、店主さんが外に出て、並んでいるお客に2周年の挨拶をしていた。
・開店時には後ろにかなり並んでいたが、東の角で曲がって並んでいたので人数は不明。ちなみに、食べ終わって11時30分頃にお店を出た時点では、外に37人並んでいた。
・開店と同時に入店し、カウンター席に座って注文。
・店員さんは厨房に4人居たが、店外にもう1人居たと思う。
・最初に入店したお客は皆2周年記念限定を頼んでいた。厨房では、1回に2杯づつ作って出していた。
・入店から着丼まで17分。

■麺
・平打ちの中ぐらいの太さのストレート。
・白くて表面がツルツルしていてプリッと滑らかで、平打ちながらボリューム感と張りのある麺質。食感は、キレの良い弾力があって、噛むとプツンと切れる気持ちいい歯ごたえ。
・麺の味は、粉の旨味がしっかりしていて旨い。
・スープとの絡みは強くはないが良好。スープの旨味が麺の味をよく引き立てている。

■スープ
・清湯の鶏魚介醤油。
・あっさりしていて油少なめながら、少し濁っている。
・出汁は清湯鶏と魚介で、やや魚介が強いがバランスは取れている。鶏は旨味メインで、ベースになっているのをよく感じる。
・魚介は鰹と昆布の和風出汁テイストで魚粉は使っていない。かなり濃厚な味わいでコクは強めだが、あまりガツンとは前に出ない感じ。
・タレは醤油だが、醤油のコクは薄めであまり強くなく、しっかりした旨味と多少の塩気を感じる。
・塩分は強めだが塩辛いまでは行かない。刺激感はない。
・味付けはやや濃いめで、スッキリ感よりも、濃厚な素材の旨味を感じる味わい。

■具材
・チャーシューはバラと肩の2種類。厚いバラ肉は、ムチムチしていて歯ごたえがしっかりしており、脂のコクがある。肩肉は、しなやかな歯ごたえで、味付けがしっかりしていて旨味が強い。
・メンマは厚くて四角い。柔かいのと少し歯ごたえがあるのが混在していて、味付けはしっかり。
・ウズラの卵は、黄身が味付き。
・海苔は、生地がしっかりしていて旨い。
・ナルトはフワッとした食感。
・白ネギの笹切りとカイワレは、麺によく絡む。

■全体的な味の感想
・滑らかで張りのある平打ち麺を濃厚な鶏と魚介のスープで食べる、やや濃いめの味わいの清湯鶏魚介醤油ラーメン。
・麺は食感も良いが味も良くて、かなり気合いが入っているのが良くわかった。
・スープは、スッキリ感やキレの良さよりも、清湯での濃厚さにこだわった感じで、こちらも気合いが感じられた。
・具はきんせい風で、このお店の原点を感じさせるものだった。
・2周年記念メニューらしい、作り手の思いを感じさせる、このお店のファン向けのスペシャルなラーメン。

■評価: ★★★★ (4.0点)

■お店の情報

【大阪市中央区】らーめんstyle JUNK STORY

らーめんstyle JUNK STORY 【赤・貝・魚】

赤・貝・魚(850円)

赤・貝・魚の麺

■来店の経緯等
・2012年6月15日(金)の晩、4日連続で訪問。
・この日は、このお店の2周年イベントの4日目。すっかり店員さんにも覚えられたので、イベント限定のフルコンプを狙って訪問。

■食べたメニュー
・2周年限定(その4)「赤・貝・魚(A.K.Aダルマ1号)」(中盛300g)(850円)
(2012年6月15日(金)限定)
※メニュー説明には「(担当 ダルマさん)トマト・貝・魚介のトリプルスープを少しピリ辛に仕上げました!!」と書いてあった。

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時は外待ち8人。
・この日は、外で待っている間に先に注文を聞かれた。
・到着から24分待ちで入店。カウンター席に座る。
・店員さんは4人。店主さんが外出していて居なかった。
・入店から着丼まで9分。

■麺
・四角い太麺ストレート。
・色の濃い全粒粉麺で、やや低加水っぽくてしっかりしているが、モチモチ感の強い麺質。食感は、固くはないが弾力が強めで、噛むとグッと反発しながらスッと切れる、重たすぎずにリッチな歯ごたえ。
・麺の味はあっさりながら、しっかりしたコクがある。
・サラッとしたつけ汁との絡みは、強くはないが良好で、トマトのコクが絡む。味的には麺の方が強いが、旨味成分の関係か、麺の旨味がトマトで強まっており、麺をそのまま食べるよりも麺の旨さが引き立っている。

■つけ汁
・赤く濁った魚介トマト。
・サラッとしていて油は多くない。
・出汁は魚介と野菜。魚介は、トマトの味が前に出ているせいか、控えめで主張せず、あっさりとした旨味メインの味わい。
・トマトもあまり濃厚な味ではなく、甘味や酸味は控えめであっさり。火の通った玉ネギのみじん切りが入っていて、その味わいも少しある。
・バジルがトッピングされていたが、トマトの味に隠れてか、香味はあまり目立たなかった。
・塩辛さや刺激感は無く、丸みのある旨味の中に、スッキリとしたトマトのコクと多少の塩気を感じる、トマトメインのシンプルなミネストローネ風の味わい。
・味付けは濃くはなく、そのままでも普通に飲める。麺との絡みも強くないが、旨味の相性が良い。

・後半、別皿の粉チーズを少し投入してみた。味が少しだけまろやかになる。
・麺を食べ終わった後、割りスープをつけ汁に投入。割りスープはあっさりした煮干し出汁で、トマトの味に煮干のコクがよく絡んで、つけ汁をそのまま飲むよりも旨い。

■具材
・尾頭付きの海老が1匹入っている。よく火が通っており、身の食感もしっかりしていて海老の香ばしい旨味がある。頭の部分には海老のミソのコクがある。
・チャーシューは細身の短冊切り。ムチムチとしてジューシーで、肉の旨味を感じる味付け。
・メンマは分厚くて四角い。ポリッとしなやかな食感で、味付きだがタケノコの風味がある。
・麺の上に乗っているオクラは、軽快な歯ごたえでサッパリした味わい。

■全体的な味の感想
・モチモチ感強めの全粒粉太麺の旨味をサラッとしたトマトつけ汁が引き立てる、あっさりした旨さのトマト魚介つけ麺。
・今回のイベントでは、麺を毎日変えているのは凄いと思った。
・麺とつけ汁との絡みは、本当に麺の味の旨味だけが強まる感じで面白い。
・つけ汁は、トマトが勝ち気味で魚介の味わいを感じにくい気がした。つけ汁を飲む分には、スープ割りの方が魚介が主張していて旨かった。
・具に有頭海老を入れるなら、つけ汁にもっと海老を効かせても面白かったのではとも思った。
・麺は結構良かったので、もう一押しの工夫があればもっと良くなると思った。

■評価: ★★★☆ (3.5点)

■お店の情報

【大阪市中央区】らーめんstyle JUNK STORY

らーめんstyle JUNK STORY 【ヘルシーフード】

ヘルシーフード(680円)

ヘルシーフードの麺

■来店の経緯等
・2012年6月14日(木)の晩、3日連続で訪問。
・この日は、このお店の2周年イベントの3日目。前日の限定も良かったので、またまた訪問。

■食べたメニュー
・2周年限定(その3)「ヘルシーフード」(中盛250g)(680円)
(2012年6月14日(木)限定)
※メニュー説明には「(担当 ゲンコツさん)イカ墨練り込み麺を使用。シーフードやアボガドなどを用い、あっさり、低カロリー、ヘルシーに仕上げた和えそばです」と書いてあった。

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時は外待ち14人。某ブロガーさんも来られていた。
・到着から45分待ちで入店。カウンター席に座って注文。
・店員さんは全部で5人だが、厨房に居たのは4人。
・注文から着丼まで10分。

■麺
・四角い平打ちの太麺ストレート。イカ墨練り込みで黒い。
・表面滑らかで加水やや高めの、モチモチながら引き締まっていてしっかりした麺質。食感は弾力強めで、噛むとグッと押し返しながら切れる歯ごたえが気持ちいい。
・麺の味は、イカ墨練り込みらしいしっかりした味。
・タレとの絡みは良好。ドレッシング風のオイルダレの旨味がよく絡んで、麺の旨味をよく引き立てていた。

■タレ
・冷たくてトロッとした植物系の油に、魚介系の旨味とバジルの香味が混ざった感じのドレッシング風オイルダレ。
・植物油のサッパリと丸みのある口当たりに強い旨味が乗っかっていて、オイリーながらあっさりした味わい。
・旨味は魚介系で、細かな魚粉でも入っていそうな味だがザラザラはしていない。アンチョビか何かを使っているのかも。旨味が強いので醤油も使っている感じだが、醤油のコクは感じない。
・そこにスパイスの香味が加わってアクセントになっている。バジルメインにペッパーも少し入っている感じで、刺激感は無いがしっかりした香味がある。
・酸味は感じず、酢は入っていない。
・味はやや濃いめだが、麺に絡むとちょうど良い感じで旨味が強調される。

■具材
・アサリのむき身は、あっさりながら噛むとしっかりした旨味があって、トッピングのバジルが効いていた。
・小海老のむき身はプリプリした食感。あと、小さな白いイカも入っていた。
・レタスはシャリっとしていて、優しくみずみずしい食感で口がサッパリする。
・トマトは小さくカットしてあり、酸味や甘味が強くなくて、優しくみずみずしい味わい。

■全体的な味の感想
・モチッとして弾力のあるイカ墨練り込み麺をバジルの効いた魚介系オイルダレに絡めて食べる、サッパリとして旨味強めのサラダ風冷やしシーフード和え麺。
・イカ墨練り込み麺とタレとの絡みは、相性が良くて素晴らしい。
・具も含めて動物系は一切感じないが、麺が食べごたえがあって旨いし、サラダ風によくまとまっているので気にならなかった。
・値段も安いし、これはレギュラーメニューにしても良いと思った。

■評価: ★★★★ (4.0点)

■お店の情報

【大阪市中央区】らーめんstyle JUNK STORY

らーめんstyle JUNK STORY 【冷製ポタージュのつけ麺】

冷製ポタージュのつけ麺(900円)

冷製ポタージュのつけ麺の麺

■来店の経緯等
・2012年6月13日(水)の晩、2日連続で訪問。
・この日は、このお店の2周年イベントの2日目。前日の限定が気に入ったので、連日訪問してみた。

■食べたメニュー
・2周年限定(その2)「冷製ポタージュのつけ麺 ~サルサソースを添えて~」(中盛300g)(900円)
(2012年6月13日(水)限定)
※メニュー説明には「(担当 ゼータさん)牛テール・豚・8種類の野菜たっぷりのポタージュスープ&黒米入りのモチモチ麺のつけ麺です。途中でサルサソースを加えてどうぞ」と書いてあった。

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時は外待ち7人。
・到着から17分待ちで入店。カウンター席に座って注文。
・店員さんは男性5人。
・この日は、周りのお客は皆限定を注文していた。
・注文から着丼まで18分。

■麺
・四角い平打ちの少し縮れた太麺。麺の温度は常温でキンキンには冷えていない。
・色の濃い全粒粉で、表面滑らかで中身の詰まった感じのしっかりした麺質。固くはないがしっかりめの弾力があり、歯ごたえは強めながらコシの強過ぎない気持ちの良い食感。
・麺の味は、しっかりめのフスマのコクがあって旨い。
・つけ汁との絡みは良好。つけ汁のポタージュのコクとよく絡んで麺の味を引き立てる。

■つけ汁
・冷たい野菜ポタージュ。
・少しトロミがあるが、油は少なめであっさりしている。
・出汁は獣系ベースに野菜。獣系は、メニュー書きには「牛テール・豚」と書いてあったが、洋風テイストで豚はあまり感じなかったかも。トロミは野菜のトロミで、ゼラチンではないと思う。
・野菜は、カボチャ、ニンジン、その他のミックス。トロッと滑らかで、濃厚ながらサッパリとした味わい。
・多少の塩気とミルクっぽいコクがある。
・味付けはしっかりしているがあまり強くなく、そのままでも冷製スープとして飲める程度。
・塩辛さや刺激感は無く、獣系出汁と野菜の穏やかな旨味にポタージュのコクが組み合わさった、ミルキーでマッタリながらサッパリとした口当たりの良い味わい。

・後半、別皿のサルサソースをつけ汁に入れて味変化。サルサソースは、トマトの酸味と玉ネギの香味がメインの優しい味わいで、つけ汁に入れると酸味が加わってスッキリ感が増すが、その分、ポタージュのコクが感じにくくなる。
・麺を食べ終わった後、割りスープをつけ汁に投入。割りスープは冷たくあっさりした魚介出汁で、恐らく煮干出汁。割るとつけ汁のトロミが無くなるが、味的には魚介が主張せずあまり変化しないので、個人的にはスープで割らなくても良い気がした。

■具材
・チャーシューは薄切りのレア。生ハム風のしっとり滑らかながら少し締まった食感で、味付けは、塩気と少しフルーツっぽい酸味を感じる。
・つけ汁の底に小さくカットしたレンコンが入っている。シャリシャリした食感で、あっさりした味わい。
・麺の上とつけ汁の両方に、細かく切ったパセリがトッピングされている。麺によく絡んで、香味がアクセントになっていた。
・その他、つけ汁に千切りのニンジンが入っていた。

■全体的な味の感想
・しっかりした弾力のある平打ち全粒粉麺をコクのある野菜のポタージュつけ汁に絡めて食べる、濃厚なのにスッキリした旨さの冷製洋風ベジポタつけ麺。
・麺とベジポタつけ汁との絡みが素晴らしい。個人的には、サルサソース無しの方が良かったが、途中で味変化するのも悪くはない。
・つけ汁は、ドロドロし過ぎておらず、洋風の冷製スープみたいなテイストで、つけ麺の味のバリエーションを拡げてくれる気がした。
・具がやや寂しいが、麺とつけ汁だけで充分満足できた。これはかなりお気に入り。

■評価: ★★★★☆ (4.5点)

■お店の情報

【大阪市中央区】らーめんstyle JUNK STORY

らーめんstyle JUNK STORY 【濃厚牛そば】

濃厚牛そば(750円)

濃厚牛そばの麺

■来店の経緯等
・2012年6月12日(火)の晩、1週間ぶりに訪問。
・この日は、このお店の2周年イベントの初日だったので、訪問してみた。

■食べたメニュー
・2周年限定(その1)「濃厚牛そば」(中盛175g)(750円)
(2012年6月12日(火)だけの限定)
※メニュー説明には「(担当 ラッキーさん&店主さん)牛骨白湯スープにオリジナル太麺を合わせました!」と書いてあった。

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には外待ち6人。
・到着から20分待ちで入店。
・店員さんは男性5人。店主さんも居る。
・このお店は椅子が高くて、座ると足が床に着かない。
・入店から着丼まで11分。

■麺
・平打ち太麺ストレート。
・白くて表面は滑らかで、やや加水低めのカチッとした麺質。平打ちながら、中身の詰まった感じのしっかりした弾力があり、噛むとプツンと切れる感じの歯ごたえが気持ちいい。
・麺の味はあっさりながら粉の味がしっかりしている。
・スープとの絡みは良好。スープのトロミと牛のコクとタレの味がよく絡む。

■スープ
・白濁した牛出汁。温度はあまり高くない。
・少しトロッとしていて牛の油が多く、オイリーでコッテリしている。
・出汁は白湯獣系で、牛メインだが、牛だけでこういうドロドロスープが取れるのかよく知らないので、ひょっとすると鶏や野菜も足しているかも知れない。油多めのトロミに、牛の牛脂混じりのコクがある。
・タレは、塩か醤油かよくわからない感じ。少し塩気を感じる濃いめの味付けで、旨味メインの中にほのかな甘辛さがある。
・のどが渇く感じの濃い味ながら、白湯出汁と油で丸まった味わいで、塩辛さや刺激感は無く、甘味やタレのコクも強過ぎない。
・細かく切った柚子がトッピングされていて、その酸味がアクセントになっていた。
・スープを完飲すると、後味は結構重たい。

■具材
・肉はレアチャーシューと牛肉の角切りの2種類。
・レアチャーシューは、しっとりしてムチッとしたレアな食感に、穏やかでじんわりした肉のコクがあり、タレと絡んで少し塩気を感じる。スープの温度がぬるめなので、あまり煮えないのが良かった。
・牛肉の角切りは煮込んでいて、肉の繊維感があってトロッと柔らかい食感。味付けは甘辛くて脂と肉のコクがある。
・メンマは厚くて四角い。歯ごたえはポリポリと強めで、タケノコの風味があって味付けはあっさり。
・味玉は黄身が半熟とトロトロの間ぐらいで、スープに浸すとスープの味の方が強い。
・ネギは厚めの輪切りで、香ばしくてジューシー。スープとよく合っていて、薬味の役割を果たしていた。

■全体的な味の感想
・キレのいい歯ごたえの平打ち太麺を牛の旨味のスープで食べる、コッテリした旨さの白濁牛出汁ラーメン。
・麺は結構主張があって食感が強めなのが、コッテリしたスープによく合っていて良かった。こういう麺は結構好き。
・スープは牛脂の効いたコッテリ白湯で、シチューっぽかったり、甘辛テイストだったりしてなかなか個性的で面白い。
・スープはコテコテの味だけど、その分、麺にキレを感じるのでバランスが取れている。
・1日限定の記念メニューらしい、楽しいラーメンだった。

■評価: ★★★☆+ (3.8点)

■お店の情報

【橿原市】麺処 と市

麺処 と市 【らーめん】

らーめん(700円)

らーめんの麺

■来店の経緯等
・2012年6月10日(日)の晩に訪問。

■食べたメニュー
・らーめん(700円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は18時20分頃。外待ち無しで先客2人。
・カウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・店内はカウンター席のみで、椅子がカウンターに対して高い気がした。
・カウンターに冷たいお茶のポットが置いてあり、セルフ。
・注文から着丼まで4分。

■麺
・平打ちの太麺ストレート。
・白くて表面は滑らか。加水低めでしっかりした強めの麺質で、ひょっとすると無カンスイかも。
・食感はコシがあると言うよりは歯ごたえが強めで、歯切れはあまり良くない。ただし、時間が経つと少しのびて来て、ややモチッとしてきた。
・麺の味はあっさりしていて粉の味を感じる。
・スープとの絡みはそこそこ良好で、スープのトロミと魚介のコクが程よく絡む。

■スープ
・白濁した魚介豚骨醤油。
・少しトロミがあるが、油は多くなくコッテリし過ぎてはいない。
・出汁は豚骨と鶏の獣系と魚介で、獣系と魚介のバランスは良い。
・獣系は少しミルキーでマッタリした味わいで、獣っぽさは少なめ。魚介は鰹メインで鰹のコクが強めだが、マッタリした獣系とのバランスが取れていて突出はしていない。
・タレはマイルドで醤油のコクは控えめ。
・魚介のコクと結びついた感じの塩気を多少感じるが、塩辛くはない。
・七味がトッピングしてあるが、スープに溶け込むと刺激感は無い。
・獣系のマッタリ感と鰹のコクが組み合わさった、丸みのある穏やかな旨味がメインの味わい。

■具材
・チャーシューは分厚くて大きく、脂身は少ない。蒸してあるような感じの、ホロッと柔らかいながらしっかりした食感。味付けは薄くてあっさりした味わい。
・生玉ネギは角切りでシャクッとした食感。苦味を抜いてある感じの甘めの香味があって、スープによく合っていた。
・水菜は短くカットしてあって麺とよく絡む。

■全体的な味の感想
・白くて歯ごたえ強めの平打ち麺をトロッとミルキーで鰹のコクが効いたスープで食べる、マッタリした味わいの白濁魚介獣系醤油ラーメン。
・麺は主張があって個性的なのは良いが、個人的にはもう少し歯切れが良い方が好みかも。ただし、茹で加減のブレの可能性もある。
・スープは、魚介のコクが強めながら魚介が勝ちすぎてないのと、コッテリし過ぎてないのは良かった。
・肉は厚くて大きいのは嬉しいが、冷えているので、スープの温度が下がりそうなのが少々気になった。
・全体的に良質感はあるので、今後もっと進化させていって欲しいと思った。

■評価: ★★★☆ (3.5点)

■お店の情報

【奈良市】麺人 ばろむ庵

麺人 ばろむ庵 【新中華そば】

新中華そば(並)(700円)

新中華そば(並)の麺

■来店の経緯等
・2012年6月10日(日)の昼に訪問。

■食べたメニュー
・新中華そば(並)(140g)(700円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は10時40分頃。入店時は先客無しで、後から1人入ってきた。
・最初に店内の券売機で食券を買い、カウンター席に座って注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。水は出してくれた。
・店内はカウンターのみだが広めで綺麗。店内に製麺室がある。
・注文から着丼まで4分。

■麺
・平打ちの中太ストレート。
・表面はツルツルと滑らかながら、全粒粉らしくしっかりしていてややゴワッとした麺質。食感は適度にモチッとした弾力があって歯切れがよく、気持ちいい歯ごたえ。
・麺の味は全粒粉らしい滋味とコクのある味。
・スープとの絡みはそこそこで、バランス的には麺の味が強めでスープのコクが麺の味を引き立てている印象。一口目は、煮干油のコクの絡みを強く感じた。

■スープ
・鶏白湯醤油。
・少しだけトロッとしているが割とサラッとしていて、それほどドロドロやコッテリはしていない。
・出汁は鶏白湯に魚介で、煮干油の香味が強めだが出汁自体の味は獣系メイン。鶏の鶏油混じりのコクがあり、魚介の香味や全粒粉麺のコクと組み合わさって独特の味わい。魚介は恐らく煮干系メインで、煮干油ということで香味油的に効いており、魚介のコク自体はそれほど強くない。
・タレの醤油は甘めでコクはマイルド。
・少し丸みのある、程よい旨味がメインの味わいで、塩辛さや刺激感は無いが、スパイス系の香ばしさを少し感じる。

■具材
・チャーシューはレアで脂身少なめ。ムチッと柔らかく、あっさりしたレアな肉の味わいに黒コショウの香味がよく効いている。
・メンマは太くて柔らかく、沈み込む歯ごたえ。味付けは甘くてはっきりした生姜系。
・味玉は黄身がトロトロで味付き。
・カイワレはシナッとして香味は少なめ。
・その他、正確な名前はよく知らないが、サラダ用のベビーリーフが乗っている。

■全体的な味の感想
・全粒粉で強めの味の平打ち麺を魚介の香味の鶏白湯スープで食べる、コクと香味の組み合わせが個性的な鶏白湯魚介醤油ラーメン。
・見た目や具材は「俺のラーメン あっぱれ屋」のラーメンとよく似ているが、麺や香味油のあたりに独自性を感じる。
・全粒粉麺と鶏白湯スープとの組み合わせは、麺の主張が強めで面白い。
・色んなコクや香味が組み合わさって、少しゴテゴテしている感じもするが、味自体はスッキリまとまっていて、個人的には個性的で良いと思った。
・チャーシューはブラックペッパーの香味が強めだけど、香味が肉の味わいを生かしていて良かったと思う。

■評価: ★★★☆+ (3.8点)

■お店の情報

【松阪市】麺や 青雲志

麺や 青雲志 【特製つけ麺NEO大盛】

特製つけ麺NEO大盛(1180円)

特製つけ麺NEO大盛の麺

■来店の経緯等
・2012年6月9日(土)の昼、4週間ぶり、11回目の訪問。
・この日は、つけ麺NEOが未食だったので、食べてみたいと思って訪問した。

■食べたメニュー
・特製つけ麺NEO(スパイシーアゴ塩つけ麺) 大盛(270g)(1180円)
※2011年6月1日からレギュラーメニュー化。杯数限定あり。

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の10時27分頃。シャッターポール。
・入口扉のところに、店外で並ぶ際のルールやマナーについての貼り紙があった。
・開店は早めの10時50分。その時点で後ろに6人待ち。
・券売機で食券を買う。特製つけ麺NEOは、「特製つけ麺」(980円)と「味玉」(100円)の食券。大盛は、それに「大盛」(100円)の食券をプラスする。
・店内に、「つけ麺の麺、つけ汁ともに改良中」の告知があった。(食べ終わって帰る際に気が付いた。)
・注文から着丼まで12分。

■麺
・四角い少し縮れた極太麺。
・表面ツルツルでみずみずしいながら、しっかりした麺質。しなやかさやモチモチ感は少なめの、歯ごたえが強めで噛みごたえのある食感。
・麺の味は粉の味が強めで旨い。
・つけ汁との絡みは良好。魚介のコクとスパイシーさがよく絡む。味的にはつけ汁の方が強いが、極太麺でつけ汁のスパイシーさが程よく緩和されるのでバランスの良い味わい。
・後半、オレンジを麺に絞って味変化してみた。麺の表面の水っぽさが強めになって、麺の味に甘味が少しプラスされるが、つけ汁にドップリ付けるとあまり変わらないかも。

■つけ汁
・白濁した魚介豚骨。
・トロミがあるが油は多くなく、それほどコッテリはしていない。
・出汁は豚骨と魚介で、魚粉というか魚の破片が大量に入っていてザラザラしている。
・豚骨はベースになっていて、トロミの部分に感じる。魚介はコクが濃厚なので、よくわからないが、アゴ以外にも何か使っているのかも。
・タレは色的には醤油だが、醤油のコクはあまり感じずに、塩のコクとスパイシーさがメイン。スパイシーさは、七味だけでなく山椒も効いており、単に辛くて刺激感があるのではなく、深みを感じる味わい。
・味付けはやや強めで、そのまま飲むとスパイシーさが強い。塩分はそれなりにあるが、出汁の厚みがあるので塩辛さはそれほど強くない。
・旨味よりもスパイシーさが前に出ているが、出汁の厚みと魚介のコクがスパイシーさを支えており、深みがあって食欲をそそる味わい。

■具材
・チャーシューは短冊切り。ムチッと弾力があって、筋張っておらずにしっかりした歯ごたえ。味付けは濃いめで、肉のコクの中に塩気とコショウのスパイシーさを感じる。
・メンマは太くてポリポリと柔らかく、噛むと沈み込む繊維の歯ごたえが気持ちいい。味付けはしっかりしているが控えめな味わい。
・味玉は黄身がトロトロ。
・海苔は生地がしっかりしていて、麺を巻いてつけ汁に付けて食べると旨い。

■全体的な味の感想
・ツルッとして歯ごたえ強めの太麺をスパイシーなつけ汁で食べる、香辛料と魚介のコクに深みを感じる白濁魚介豚骨つけ麺。
・麺は改良中とのことで、以前よりも乾きにくくなったと思うが、その分、食感が強めになった気がする。
・つけ汁は、麺と絡んだ時に魚介のコクとスパイシーさとのバランスが取れているのが素晴らしい。強めの極太麺にもよく合っている。
・チャーシューは味付け強めだが、短冊切りだとちょうど良い。
・麺の量は並でも良いが、麺を海苔に巻いて食べるなら大盛りの方がお勧め。

■評価: ★★★★ (4.0点)

■お店の情報

【大阪市中央区】中華そば 〇丈⇒麺屋 丈六

中華そば 〇丈 【カレーつけ麺】

カレーつけ麺(1000円)

カレーつけ麺の麺

■来店の経緯等
・2012年6月の平日の晩、1ヵ月ぶりの訪問。
・6月からカレーつけ麺が提供されるのを知り、興味を持ったので訪問してみた。

■食べたメニュー
・期間限定の裏メニュー「カレーつけ麺」(400g)(1000円)
(2012年6月4日からの提供)
※雨の日なので味玉サービス。

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時は外待ち無しで先客2名。ただし、入店後に満席になり、お店を出る頃には外待ちが出ていた。
・「カレーつけ麺」は店内に書いていない裏メニュー。店主さんに麺の量を聞いたところ、他のつけ麺と同様、250gから500gまで同額で選択できるようなので、400gで注文した。店主さんの話では、400gだと多いと言っていたが、カレーなら食べられると思い、それで注文した。
・店員さんは男性2名。店主さんじゃない方の男性店員は、初めて見た人だった。
・注文から着丼まで12分。雨の日だったので、サービスで味玉が入っていた。

■麺
・四角い平打ちの太麺ストレート。
・加水高めでみずみずしいが、それほどプリッとはしていない。しなやかでやや緩めのコシがあり、ムニュッとしてしっかりした歯ごたえ。
・麺の味はみずみずしく、粉の味が感じられて旨い。
・つけ汁との絡みは良好で、カレーのマイルドな旨さがよく絡む。
・つけ汁の味があまり強くないので、ドップリ付ける向きだと思うが、つけ汁がよく絡むので、400gの麺をドップリ付けているとつけ汁が足りなくなってくる。

■つけ汁
・獣系和風テイストのカレー。
・カレーのトロミがあるが、それほどコッテリはしていない。
・出汁は獣系ベースに少し和風テイストを感じる。カレーの味の方が前に出ていて、出汁はベースになっている。
・トロミは、恐らくカレールーのトロミで、出汁のトロミではないと思う。
・タレはカレーで、旨味がメイン。スパイシーさは控えめで辛さはあまり強くなく、トッピングの糸唐辛子の方が辛く感じた。
・塩辛さや刺激感は無く、カレーうどん的なまろやかな旨辛さ。
・味の濃さは、つけ汁としてはおとなしめで、そのまま飲んで丁度良いくらいの辛さ。

・麺を食べ終わったあと、つけ汁が少しだけ残ったのでセットの締めごはんを貰い、ご飯をそのままつけ汁にダイブした。締めご飯との絡みは、つけ汁の量が少ないこともあり、マイルドに感じた。

■具材
・肉は、小さな角切りと薄切りチャーシューの2種類。
・角切り肉は、脂身多めで、きめ細かくて柔らかいながらしっかりした食感。肉の味だとわかりにくいが、脂身の感じからすると、豚肉じゃなくて牛肉かも。
・薄切りチャーシューは、ムチムチと柔らかい食感で、カレーつけ汁とよく絡んでおり、肉と脂のコクが強めで旨い。
・味玉は、黄身が半熟で白身も柔らかかった。カレーつけ汁の中に入っていると、味玉もサッパリした味わいに感じる。
・オクラは苦味混じりのコクがある。
・ヤングコーンは気持ち良い歯ごたえ。
・メンマは平べったくて、しなやかでポリポリした食感。カレーと絡んでも味付けはしっかりと感じた。
・その他、油揚げと幅広の青ネギ輪切りが入っていて、カレーうどんっぽさを演出。

■全体的な味の感想
・みずみずしくしなやかな麺をマイルドなカレーつけ汁で食べる、ほんのり和風テイストな旨辛さの具だくさんカレーつけ麺。
・つけ汁にトロミがあるのと、具の量が結構多いので、麺の量400gだとつけ汁が足りなくなり気味。このつけ汁はドップリ付ける向きだと思うので、麺の量は少なめがお勧め。
・麺は相変わらず旨い。
・麺の旨さを味わうなら、つけ汁を少しだけ付けて食べるのも良いが、その場合、もう少しつけ汁の味が強い方が良いと思った。
・具は、青ネギや油揚げの和風と、オクラやヤングコーンとが混在していてカオスさが楽しい。
・つけ汁と具との絡みは良かったと思う。

■評価: ★★★☆ (3.5点)

■お店の情報

《閉店》【大阪市東住吉区】マルイ製肉店

マルイ製肉店 【肉にんジャータンメン】

肉にんジャータンメン(950円)

肉にんジャータンメンの麺

■来店の経緯等
・2012年6月の平日の昼に訪問。
・先日、YTV「大阪ほんわかテレビ」の「昼ごはんでっせェ~」で紹介されていたのを見て興味を持ったので、訪問してみた。
・普段は平日の昼にはラーメンを食べないが、この日は休みだったので、大阪まで出たついでに訪問してみた。

■食べたメニュー
・肉にんジャータンメン(950円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は13時35分頃。外待ち4人。
・11分待ちで入店。カウンター席に座る。
・メニューを見て、店員さんに説明を聞いた上で「肉にんジャータンメン」を注文。このタンメンには、「肉そぼろ+肉にんジャー+野菜」がトッピングされているということだった。
・店員さんは4人で、男性2人と女性2人。
・最初に冷たいオシボリを出してくれて、食べている途中にも再度冷たいオシボリを出してくれた。
・カウンターに冷たいお茶がポットで置いてあり、セルフ。
・注文から着丼まで7分。別皿で、「にんジャー」(ニンニク1、生姜9の割合で配合したすりおろし)を出してくれた。

■麺
・少し縮れた太麺。
・表面はツルツルで、滑らかでしっかりした麺質。固くはないが歯ごたえは強め。
・麺の味はしっかりしているが、全体のバランスの中ではそれほど主張は強くない。
・スープとの絡みはあまり強くないが、スープの味とのバランスは取れている。また、具の野菜や肉とよく絡む。

■スープ
・濁った獣系味噌。
・サラッとしていて油が浮かんでいる。
・出汁は恐らく獣系で、あまり前には出ないが、きちんとベースを支えている。
・タレは味噌ベースで、味噌のサッパリしたコクに、ピリッとした辛さと穏やかな甘味が組み合わさった味わい。
・甘味は、「ほんわかテレビ」ではバナナと紹介されていたが、言われれば確かにそんな感じ。
・スープは野菜と一緒に炒めており、パンチのある味わいながら丸みがあって、甘味や塩辛さは強過ぎない。
・一味とコショウが入っていて多少の刺激感があるが、野菜と肉がたっぷり入っていることもあり、バランス的には刺激感が突出せず程よいアクセントになっている。
・後半、別皿のにんジャーを投入。生姜メインの味で、生姜の刺激が良く立つが、スープや具とのバランスも良好でサッパリとした味わいになる。

■具材
・豚肉は薄切りでよく火が通っていて、そぼろが混じっていることもあり、ややそぼろっぽい食感。味付けはあっさりしている。
・野菜は、最初にきちんと炒めているので、よく火が通っており、程よくシャキッとした食感。モヤシが一番多いが、その他、キャベツ、白菜、ニラ、ニンジン、きぬさや、コーン等が入っている。味付けは控えめだが、スープがタレの役割をしており、また、肉と野菜とがよく絡むので、量が多くても野菜炒めみたいで食べやすい。

■全体的な味の感想
・滑らかで食感強めの太麺をたっぷりの野菜と肉に絡めて食べる、パンチがあってまろやかな刺激感の味噌タンメン。
・麺よりも具の方が多く、野菜炒めを食べているような感じだが、スープの味が薄過ぎず濃過ぎずでバランスが良く、また、後半はにんジャー投入で味が変化するので、最後まで飽きずに食べられる。
・麺は、「ほんわかテレビ」では7種類の麺のミックスという話だったが、野菜が多いせいもあり、よくわからなかった。
・肉は、単体で食べて満足するというよりも、野菜と絡めて食べる向きに感じた。
・あまりコッテリしていないし、色んな種類の野菜が入っているので、野菜をたっぷり食べたい人向け。

■評価: ★★★☆ (3.5点)

■お店の情報

【大阪市阿倍野区】麺屋 彩々

麺屋 彩々 【白鶏塩らーめん】

白鶏塩らーめん(750円)

白鶏塩らーめんの麺

■来店の経緯等
・2012年6月の平日の昼に訪問。
・このお店は、約1年前から興味を持っていたが、今回が初訪問。
・普段は平日の昼にはラーメンを食べないが、この日は休みだったので、大阪まで出たついでに訪問してみた。

■食べたメニュー
・白鶏塩らーめん(750円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は11時45分頃で、外待ち8人。お店の前に外待ち用の椅子が3つあり、4人目以降は道を挟んで並ぶ。
・20分待ちで入店。カウンター席に座る。
・店員さんは男性3人。水は出してくれて、お代わりはポットでセルフ。
・注文から着丼まで12分。

■麺
・四角い少し縮れた中太麺。
・白くて加水やや低めの、張りがあって中身が詰まった感じの麺質。四角いがエッジ感はあまり無い。コシや歯ごたえはそれほど強くはなく、歯切れが良くて気持ちの良い食感。
・麺の味は粉の旨味があって旨い。
・スープとの絡みは良好。スープの旨味がよく絡んで、麺の味を引き立てる。

■スープ
・白濁した鶏塩。
・少しトロミがあって油が浮いているが、白湯系としてはサラッとしていて、それほどドロドロやコッテリはしていない。
・出汁は鶏白湯で、トロミは少しあるがゼラチン感はあまり強くない。鶏の少し鶏油の混じった感じのコクがあり、旨味がメインの味わい。この旨味は鶏だけでは出ない気もするので、野菜や昆布等も入っているのかも知れないが、鶏以外の素材はよくわからない。
・タレは塩ダレで、塩のコクと旨味がメイン。
・味付けは濃過ぎず、塩辛さやピリッとした刺激感は無い。また、トッピングでコショウが振ってあるが、スープの刺激感は少ない。
・少しミルキーで丸みがありながら、旨味メインで程よいコクのある優しい味わい。

■具材
・チャーシューは赤身のスライス。歯ごたえは弾力があってしっかりしており、肉の旨味がある。
・メンマは平べったくて柔らかく、味付けは濃いめ。
・春菊はシャリシャリとした食感でサッパリとした味わい。
・白髪ネギはシャキッとした食感で苦味の効いた香味があり、コショウも少し効いている。

■全体的な味の感想
・粉の味わいのある麺を旨味メインの鶏白湯スープが引き立てる、優しくてキレの良い旨さの鶏白湯塩ラーメン。
・麺とスープとの相性が良く、スープが麺の旨さを増幅させている感じなのが素晴らしい。
・スープは、あまりゴテゴテしておらず、旨味メインながら旨味とコクとのバランスが良い。
・万人受けするタイプのわかりやすい旨さ。

■評価: ★★★★☆ (4.5点)

■お店の情報

【大阪市中央区】らーめんstyle JUNK STORY

らーめんstyle JUNK STORY 【冷やし塩ラーメン】

冷やし塩ラーメン(900円)

冷やし塩ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2012年6月の平日の晩、半年ぶりに訪問。

■食べたメニュー
・夏の期間限定の「冷やし塩ラーメン」(麺中盛170g)(900円)
(8月末か9月頃までの期間限定)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時は外待ち無しで先客6人。カウンター席に座る。
・店員さんに「冷やし塩ラーメン」を注文。麺を中盛にするか聞かれたので、中盛で注文。
・「冷やし塩ラーメン」のメニュー案内には、「今年のポイント」として「キラキラ光る宝石のような鶏のジュレ&魚介の醤油ジュレ」と書かれていた。
・店員さんは男性4人。
・ショップカードが新しくなっていた。
・注文から着丼まで7分。

■麺
・四角い平打ちの中太ストレート。
・表面は滑らかだが少しだけ全粒粉的なボソッとした感じのある麺質で、ノド越しが良い。
・弾力はあまり強くなく、少し固めでよく締まっていてコシが強い。ただし、それほど太くはないので、歯ごたえが強すぎることはない。
・麺の味は控えめながら全粒粉っぽい旨さ。
・つけ汁との絡みはあまり強くなく、スープの旨味はあまり絡まないが、マイルドな柑橘っぽい酸味とはよく絡む。

■スープ
・冷たい清湯鶏魚介塩。上に2種類のジュレが乗っている。
・あっさりしていて油は少なめ。
・出汁は清湯鶏に魚介で、ジュレが溶けていない状態だと魚介の風味が前に出ている。魚介は節系その他の和風テイストで魚介は入っておらず、出汁感が濃厚ながらコクが強すぎず、軽快で丸みのある旨味。
・タレは、塩のコクは控えめでマイルドな旨味。塩辛さや刺激感は無い。
・柑橘系のマイルドな酸味が少しあるが、スープ自体の味には酸味はあまり感じず、麺との絡みで少し感じる程度。
・食べている内に、だんだんジュレが混ざってくる。ジュレの味はそれほど強くなく、スープの味とのバランスは取れている。
・ジュレの醤油のせいか、ジュレが溶けると色んな味が混ざって魚介の風味が弱まる気がした。

■具材
・地鶏のタタキはスライスされている。冷やしなので熱で煮えず、しっとりと締まりのある歯ごたえが気持ちいい。味付けは薄めで、あっさりしたレアな肉の味わい。
・味玉は黄身が半熟で味付けは甘め。
・水菜はシャキッとした食感で、サッパリとした強すぎない香味がある。
・メンマは四角く厚い。ポリポリ、シャクッとした食感で、味付けは控えめながら旨い。

■全体的な味の感想
・よく締まった全粒粉麺を穏やかであっさりした旨味のスープで食べる、鶏のタタキが旨い冷やし清湯鶏魚介塩ラーメン。
・麺は結構強めの食感だが、それほど太い麺ではないので、ノド越しと歯切れが良好。
・スープは、個人的にはジュレと混ぜない方がキレがある気がしたが、前半と後半とで味が変化するのも面白いと言えば面白い。
・麺の食感に主張を持たせていて、スープはどちらかと言うと上品に仕上げている印象。
・パンチとか刺激感、ガッツリ感は無く、上品で良質感のある一杯。

■評価: ★★★☆ (3.5点)

■お店の情報

【大阪市中央区】つけ麺 雀

つけ麺 雀 【キムラ君】

キムラ君(650円)

キムラ君の麺

■来店の経緯等
・2012年5月の平日の晩、4か月ぶり、2回目の訪問。

■食べたメニュー
・キムラ君(250g)(650円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時は外待ち無しで先客2人。
・最初に店内の券売機で食券を買う。「キムラ君」は

並盛 170g
大盛 250g

を同一料金で選択可能。
・店員さんは男性2人。
・水はカウンターのポットでセルフ。割りスープのポットと間違えやすいので注意。
・紙オシボリもカウンターに置いてあり、セルフ。
・注文から着丼まで11分。

■麺
・平打ちの太麺ストレート。温かい麺。
・表面ツルツルでモチッと滑らかな麺質。歯ごたえはしっかりしていて、モチッとしながら締まりのある弾力とコシがある。
・麺の味もしっかりしている。ただし、ラー油ダレでコーティングされていて、麺の味は前には出ない。
・タレとの絡みは良好。ラー油の味とよく絡んで、程よい辛さと旨さ。

■タレ
・ラー油ダレ。赤く透き通っていて、サラッとしていながら少しだけトロッとしている。
・オイリーで、一味等の粉は入っておらず、ピリッとした刺激感は強すぎない。
・麺に絡むとマイルドで旨辛い味わいだが、タレ自体の味は、油の甘旨さの中からラー油の辛さがツンと鼻に抜けてキレが良い。
・ラー油以外の味付けは薄めで、塩辛さは無い。

■具材
・チャーシューは角切り。少し肉の繊維感があって、ホロッと柔らかい肉の歯ごたえ。味付けはあっさりで甘めの肉の味わいがある。
・キムチは漬けが浅めで、歯ごたえはシャキシャキ気味。あっさりした酸味と旨味の白菜の味わい。
・メンマは平べったく、しなやかでポリポリとした歯ごたえ。
・白ネギと水菜は、シャキッとした食感でサッパリした味わい。

■全体的な味の感想
・ムチッと滑らかで歯ごたえ強めの平打ち麺をオイリーで旨辛いラー油ダレで食べる、タレと麺との絡みが素敵なオイル系ラー油まぜ麺。
・麺とラー油ダレとの絡みは、オイリーでシンプルながらキレの良い旨辛さで、麺によく合っていた。
・キムチは、もう少し熟成して深みのある方が好みかも。
・あまりゴテゴテやコッテリはしておらず、食欲をそそられる味わいでサクッと食べられるのが良い。

■評価: ★★★☆ (3.5点)

■お店の情報
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 05月 【18件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ