【城陽市】俺のラーメン あっぱれ屋

無鉄っぱれ屋 【無鉄っぱれラーメン】

無鉄っぱれラーメン(850円)+チャーシュー別皿(250円)

無鉄っぱれラーメンの麺

無鉄っぱれ屋のノレン

■来店の経緯等
・2012年2月26日(日)、「俺のラーメン あっぱれ屋」さんにて、「無鉄砲」さんとのコラボ「無鉄っぱれ屋」が開催されることを知ったので、朝一で訪問。

■食べたメニュー
・無鉄っぱれラーメン(850円)
・チャーシューメン(+250円)※追加分のチャーシューは別皿で注文。

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の6時45分頃。その時点で、駐車場にはお店関係者を含めて車が10台駐まっていた。
・到着時に店員さんに番号札を貰い、混み始めるまでの間、車の中で待っていた。ちなみに、1番目は12時頃に来たという話だった。
・8時過ぎに、お客が増えて来たので、店員さんに案内されて、車から出てお店の前に並んだ。
・8時10分頃、お店から、並んでいるお客に対して豚汁が振る舞われた。野菜多めの優しい味で、寒い中、身体が暖まった。
・並んでいる間、どんどん行列が長くなっていった。8時20分頃には30人ぐらいだったが、9時過ぎには60人ぐらい、10時30頃には150~200人ぐらい(列が折り重なってきて正確に数えにくくなって来たので、大体の目分量)並んでいた。
・11時頃、並んでいる間に、先にメニューを渡されて注文を聞かれた。
・開店は11時16分。開店と同時に待ち無しでカウンター席に座る。
・カウンター内の店員さんは6人。あっぱれ屋さん側は、店主さん、奥さん、「ラーメン家 みつ葉」の奥さんの計3人。無鉄砲さん側は、大将と男性2人の計3人。
・着席から着丼まで8分。

■麺
・平打ちの中太ストレート。
・表面ツルツル、ムチムチでややしっかりした滑らかな麺質。弾力やコシは適度で強すぎず、気持ちの良い歯ごたえ。
・麺の味も主張があって旨い。
・トマト味のスープとの絡みも良く、スープとのバランスも良好だった。
・麺の量は、スープの量に対して少し多めに感じた。

■つけ汁
・白濁した豚骨出汁のトマトダレ。
・トロッとしているが油は少なめで、コッテリしておらず重たくはない。
・出汁は豚骨。獣っぽさやマッタリ感は控えめで、ゼラチンのトロミがメイン。
・トマトダレは、細かくカットしたトマトが混じっていて、甘旨酸のバランスが取れた穏やかな味で、サッパリとしたキレがありながらコクのある旨さ。
・味付けはしっかりしているが濃過ぎることはなく、塩辛さや刺激感はなく酸味も強すぎない。バランス的にはトマトが前に出ているが、豚骨がしっかりサポートしていて、丸みと深みがある。
・豚骨出汁にトマトのサッパリとした洋風テイストを合わせた、組み立ての良い味わい。

■具材
・チャーシューはレアで薄めのスライスで、歯ごたえはしっとりしている。旨味のあまり強くないあっさりとした味わいで、脂身のコクと甘味も穏やか。匂い消しのスパイスが香ばしく、肉の旨味を引き立てていた。
・メンマは四角くて柔らかく、生姜の風味。トマトスープによく馴染んでいた。
・トッピングの細かくカットしたレタスとニンジンは、サッパリとしたクセの無い味わいで、トマトスープとよく合っていた。

■全体的な味の感想
・ツルッと滑らかな平打ち麺を豚骨のトロミのあるトマトスープで食べる、キレのいい旨さの豚骨トマトラーメン。
・豚骨が主張し過ぎず、あっぱれ屋さんの洋風テイストがメインながら、味の厚みの部分に無鉄砲さんらしさも出ていた。
・レタストッピングも個性的で素敵。
・個性のぶつかり合いではない、完成度の高いコラボ。単なる合作ではないオリジナルな魅力が出ていたと思う。

■お気に入り度: ★★★★★★ (6.0)

■お店の情報
スポンサーサイト

【大阪市福島区】みつ星製麺所

みつ星製麺所 【つけ麺】

つけ麺(特盛)(750円)

■来店の経緯等
・2012年2月25日(土)の昼の2軒目。

■食べたメニュー
つけ麺(特盛)(750円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は13時10分頃。外に15人待ち。
・外で待っている間に注文を聞かれ、「つけ麺」の特盛を注文。ちなみに、つけ麺は

 小  150g、1玉
 中  225g、1.5玉
 大  300g、2玉
 特盛 375g、2.5玉

が同一料金。
・30分待ちで入店し、テーブル席に相席で座る。
・店員さんは3人で、男性店員2人と女性店員1人。
・着席から着丼まで5分。

■麺
・四角い極太ストレート。
・表面はかなりツルツルしており、みずみずしくてノド越しが良い。噛むとムチムチしていてコシが強い。
・麺の味も旨い。ノド越しが良いので、何も付けなくてもスルスル食べられる。
・つけ汁との絡みはそれ程強くなく、つけ汁に少しだけ付けてもあまり絡まないが、ドップリ付けると魚粉が麺によく絡む。
・麺の量は375gと多いが、最後まで乾かずにみずみずしさをキープしていた。
・後半、レモンを麺に絞って味変してみたが、麺もつけ汁も強めなので、あまり変化が無い気がした。

■つけ汁
・白濁した魚介豚骨醤油。みじん切りの玉ネギが最初から入っている。
・少しオイリーでトロッとしているが、粘度はそれほど高くなく、割とサラッとしている印象。
・出汁は魚介メインで魚粉の味が強い。獣系出汁はトロミの部分に感じる。
・醤油のコクも少し感じる。
・旨味はそれほど強くなく、少し酸味の入った強めの節系の魚介の味と、醤油の味がメインだが、豚骨がきちんとベースを支えていて味のバランスは悪くない。
・麺との絡みは穏やかだが、つけ汁をそのまま飲むと結構濃い味で、塩分も強めに感じる。刺激感はない。
・つけ汁の量は麺と較べて少なめだが、あまりドロドロしていないので絡み過ぎて足りなくなることはない。ただし、温度は低下してくる。

■具材
・チャーシューは分厚くて大きいのが1枚。歯切れが良いがややしっかりした食感で、表面に甘めで薄い味付けがされている。
・味玉は黄身がトロトロで味付き。
・カイワレと白髪ネギは、麺の食感を楽しむなら無くても良いような気もした。

■全体的な味の感想
・ツルッとして強ゴシの極太麺を魚介の効いたつけ汁で食べる、ノド越しの良い魚介豚骨醤油つけ麺。
・つけ汁はまたお前か系ながら、それほどドロドロしてなくて、麺をつけ汁にドップリ付けた時の絡み具合が良好だった。
・麺は、ノド越しの良さとコシの強さを両立していたのが個性的だった。個人的には、もう少しだけ緩い麺の方が好みだが、同じような味ばかりでも面白くないので、これはこれでキャラが立っていて良かったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【茨木市】麺や 紡

麺や 紡 【淡成らー麺】

淡成らー麺(550円)

淡成らー麺の麺

■来店の経緯等
・2012年2月25日(土)の昼、1週間ぶり、3回目の訪問。
・このお店は、2月29日をもって一時閉店し、4月初旬~中旬を目処に茨木市にて移転オープンの予定。
・前回訪問時に杯数限定で淡成らー麺を提供していることを知り、移転前に淡成らー麺の方も食べておこうと思い、再訪。

■食べたメニュー
淡成らー麺(550円)
(杯数限定。この日は35杯限定だった。)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の10時35分頃。既に17人待ちで、先週よりも増えている。
・開店は10時50分。その時点で自分の後ろに11人待っており、どんどん行列が長くなっていた。
・開店から45分後の11時35分頃に店内に入って待ち、それから5分後の11時40分頃にカウンター席に座る。
・店員さんは先週と同じく2人で、店主さんと女性店員1人。
・「熟成らー麺」を注文。壁の説明書きには、「紀州地鶏の胴ガラを中心に弱火でじっくり丁寧に炊いた、鶏清湯スープです。それをベースに、数種の香味野菜や魚介を合わせる事でキレのあるコクに仕上げた、澄んだ感のある薫り高いスープです。」と書いてあった。
・着席から着丼まで6分。

■麺
・四角い平打ちの中細ストレート。
・全粒粉で、表面は少しヌルッとした感じの滑らかさで、適度なゴワツキ感のある食感。固くはないが少しザクッとした気持ちの良い歯ごたえ。
・麺の味も全粒粉の味で、少し甘味があって旨い。
・スープとの絡みはあまり強くはないが、バランス的には悪くないと思う。

■スープ
・清湯鶏出汁の醤油ダレ。
・あっさりしていて油は少なめ。
・出汁は鶏メインで、魚介は前には出ていないが味の厚みを出している。
・醤油ダレは甘めながらキレのいいコクがあり、熟成らー麺よりも醤油のコクがはっきりしている。
・旨味は優しめで、一口目はあまり旨味を感じなかったが、だんだん旨さを感じて来るタイプのスープ。
・塩辛さや刺激感はなく、厚みと丸みのある旨さに醤油の優しいコクがプラスされた、決して薄くはないリッチな味わい。

■具材
・チャーシューは厚くて柔らかく、肉の旨味を感じる香ばしい味付け。
・メンマは細く、ポリポリした歯ごたえ。
・白髪ネギが乗っているが量は少なめ。

■全体的な味の感想
・全粒粉麺をあっさりした鶏の旨味のスープで食べる、じんわり旨い清湯鶏醤油ラーメン。
・熟成らー麺とは麺もスープも別物だが、インパクト勝負ではない優しい味わいは共通している。
・熟成らー麺と較べるとシンプルなテイスト。スープが鶏メインで魚介が強くないのがいい感じ。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報

【東大阪市長堂】らぁめん たむら

らぁめん たむら 【塩つけ麺】

塩つけ麺大盛り(1130円)

■来店の経緯等
・2012年2月の平日の晩、三谷製麺所の麺を使った限定が出るとの事なので、1週間ぶりに訪問。

■食べたメニュー
・期間限定の「塩つけ麺 大盛り」(1130円)
(2012年2月21日(火)から日曜日ぐらいまでの限定)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時は先客5人。店員さんは男性3人。
・期間限定メニューは、店内のボードに書いてある。
・注文から着丼まで6分。

■麺
・四角い中太ストレート。三谷製麺所の麺。
・ツルツル、プリプリとした透明感のある麺質。しなやかなコシと弾力のある歯ごたえ。
・麺の味も透明感があってあっさり旨い。
・つけ汁との絡みは弱めだが、鶏油で麺の表面を滑らかになってツルッとノド越しが良い。麺の旨さで食べさせるタイプ。
・大盛りだと、後半麺が乾いてくる。鶏油に付けて食べるので、あまり影響はない気もするが、大盛りじゃない方が良いかも。

■つけ汁
・清湯塩。
・上に鶏油が浮かんでおり、食べているうちにだんだん混ざってくる。
・出汁は獣系ベース。少し色の濃い清湯であっさりしている。
・タレは少し甘めでピリッとはしておらず、塩のコクは弱め。
・塩辛さや刺激感はないが、ニンニクパウダーが入っていて、マイルドなガーリックの風味が強い。
・味付けはあまり強くなく、普通にそのまま飲める程度の味の濃さ。旨味も控えめで、鶏油とガーリックで麺を引き立てるのがメインの味わい。

■具材
・チャーシューは、ぶ厚くて大きい脂身少なめの巻き肉が1つと、小さいのが多数。ホロっと柔らかいながら歯ごたえがしっかりしていて、肉の旨味を噛みしめて味わう感じ。
・メンマは細くて小さめ。
・味玉は黄身がトロトロで味付けは濃いめ。
・麺の上に乗っている海苔は、薄い割にしっかりしていた。

■全体的な味の感想
・ツルッと旨い麺を鶏油とガーリック風味のつけ汁で食べる、サラッとノド越しの良いオイル系パスタ風塩つけ麺。
・つけ汁はあえて味を絡ませずに、麺をツルッと食べさせることに特化しているようで、三谷製麺所の麺をよく生かしていた。
・三谷製麺所の麺は、ピリッとしたつけ汁を少しだけ付けて麺自体のみずみずしさを味わって食べるのも旨いが、こういう風に鶏油を絡めて食べる食べ方も面白い。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【大阪市東成区】ラーメン人生 JET600

ラーメン人生 JET600 【煮干しそば】

煮干しそば(750円)

煮干しそばの麺

■来店の経緯等
・2012年2月の平日の晩に訪問。

■食べたメニュー
・限定メニューの「煮干しそば」(750円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客13人。店員さんは4人。
・限定メニューは、レギュラーメニューとは別に、限定メニューを書いた紙がカウンターに置いてある時は注文可能なシステム。
・先客が多いせいで時間がかかり、注文から着丼まで15分。

■麺
・四角い平打ち中太ストレート。
・ツルツル、モチモチの、滑らかで弾力のある食感。噛むとグッと粘ってプツンと切れる歯ごたえが気持ちいい。
・麺の味も旨い。
・スープとの絡みはあまり強くない。バランス的にはスープが弱めに感じるが、麺の旨さは引き立っている。

■スープ
・白濁した煮干し醤油。
・鶏白湯ベースに煮干し出汁をプラス。白濁していて、乳化した油が少しだけ浮かんでいるが、トロミやコッテリ感は薄めでややサラッとしている。
・煮干しの風味とコクは強いが、苦味やエグミは少なめ。
・タレは黄色くて甘い。
・サラッとした旨味とほのかな甘みがメインで、そこに煮干しの穏やかなコクが乗っている。塩辛さや刺激感はなく、煮干しを生かしたややライト気味のマイルドな甘旨テイスト。

■具材
・チャーシューは厚くて柔らかめだが、少し筋張って歯ごたえのある部分もあった。
・メンマは細く、ポリポリとした歯ごたえ。
・白ネギと三つ葉は香味が効いていて、薬味としてスープによく合っていた。

■全体的な味の感想
・弾力があってツルッとした旨い麺をマイルドな煮干しスープで食べる、穏やかな甘旨さの煮干し鶏白湯ラーメン。
・ガツンとしたインパクトは無い、優しい煮干しワールド。
・スープが少し弱いかと思いきや、きちんと麺の旨さを引き出していたのは流石。
・やはり、このお店の麺はサラッとしたスープで食べるのが旨い。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報

【大阪市中央区高津】《閉店》麺や 天啓

麺や 天啓 【カレーつけ麺】

カレーつけ麺(900円)

■来店の経緯等
・2012年2月の平日の晩に訪問。

■食べたメニュー
・期間限定の「カレーつけ麺」(900円)
(「期間限定」と書いてあったが、具体的な期間は聞いてないので不明)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には先客3人。店員さんは1人。
・まず最初に、店内の券売機で食券を買う。当初はレギュラーのつけ麺にしようと思っていたが、店内の表示を見て、期間限定の「カレーつけ麺」を選択。
・店内には漫画が置いてある。カウンター席のポットには冷たいお茶が入っている。
・注文から着丼まで15分。ライスと漬物がセットで出てくる。

■麺
・四角くてうっすらと小麦色の、少しだけ平打ちの太麺ストレート。
・カチッとした麺を柔らかく茹でた感じで、モチッとしてやや柔らかめの弾力がある。
・つけ汁との絡みは良い。味濃いめのつけ汁に麺が負けておらず、バランスは悪くない。
・お皿の底にスノコが敷いてあり、ライス付きのせいか、麺の量はデフォだと少なめに感じた。

■つけ汁
・白濁した色濃いめの魚介カレー
・出汁は節系の魚介メインで、麺に絡むと、マイルドな和風カレー風味に感じる。
・トロミはあるが、ドロッというよりは魚粉でザラッとしていて、油っぽさやコッテリ感はそれほど強くない。
・カレーは、最初の口当たりはマイルドだが、後からじんわり辛いタイプの、丸みのあるスパイシーさ。
・トロミのあるカレーと魚介の味がメインで、旨味や獣系のコクはそれほど強くない。
・麺に付けてちょうど良い味の濃さで、つけ汁をそのまま飲むと味が濃くて辛めに感じる。

・麺を食べ終わって残ったつけ汁は、スープ割り無しでライスと絡めて食べた。つけ汁はライスとはよく合っていた。

■具材
・チャーシューは麺の上とつけ汁の中の2種類。
・麺の上のチャーシューは、薄切りでモチッとしている。味付け無しで、カレーのせいか肉の味が薄めに感じた。
・つけ汁の中のチャーシューは、厚切りで一口大にカット。こちらも肉の味は薄めだが、厚みがある分、脂の甘味を感じた。
・味玉は、白身が色付きでしっかりしていて、黄身はトロトロで味付き。
・アスパラは柔らかくて、表面が焼いてある。

■全体的な味の感想
・柔らかめの弾力のある太麺を魚介の効いたカレーつけ汁で食べる、マイルドな辛さの和風カレー風味のつけ麺。
・麺とカレーつけ汁のバランスは良いと思うが、バランスが取れた結果、マイルドな和風カレーテイストになっている。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【大阪市中央区難波千日前】宗家一条流 がんこラーメン十八代目

宗家一条流 がんこラーメン十八代目 【天然真鯛スープの塩ラーメン】

天然真鯛スープの塩ラーメン(800円)

天然真鯛スープの塩ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2012年2月の平日の晩、10ヵ月ぶりに訪問。

■食べたメニュー
・限定の「天然真鯛スープの塩ラーメン」(800円)
(不定期の限定メニュー。提供のある時は、お店のブログで告知がある)
・替え玉(200円)

■お店への到着から着丼までの概要
・たまたまお店の前を通りかかったところ、限定ラーメンの案内が貼ってあったので、入店することにした。
・お店への到着時には先客1人。店員さんは2人で店主さんも居た。
・店内の券売機で、限定の「天然真鯛スープの塩ラーメン」の食券を買い、カウンター席に座る。
・替え玉は、店員さんに直接注文した。
・注文から着丼まで5分。

■麺
・少し縮れた細麺。
・黄色くて茹で加減は固め。熟成感があり、少し透明感があって粉っぽくはない麺質。ややゴワッとして角張った食感で、粘りのある歯ごたえながら弾力は少なめ。
・麺の味は旨い。
・スープとの絡みは良好。ただし、替え玉をするとスープとの絡みは弱めになる。

■スープ
・清湯魚介出汁の塩ダレ。
・あっさりしていて、香味油が少しだけ浮かんでいる。
・出汁は昆布と鯛メイン。丸みと少し甘味のある端麗なテイストで、出汁の濃厚さや旨味の強さは感じない。
・タレは塩のコクが強くてピリッとしており、塩分はそれなりにある。強烈には塩辛くないが塩の刺激感が前に出ていて、鯛出汁はその奥にあるような感じ。
・デフォの塩ラーメンよりは繊細で、インパクトは弱め。あまり強いスープではないので、替え玉をすると塩のコクが薄まるようにも感じた。

■具材
・チャーシューは薄切りでかなり柔らかく、味付き。
・メンマは細身ながら平べったくて柔らかい。
・白ネギは厚めの輪切りで、ジューシーだが香味は強くない。

■全体的な味の感想
・角張り感のある細麺を塩のコクの効いた真鯛スープで食べる、刺激感がありながら優しい味わいの清湯鯛塩ラーメン。
・デフォの塩ラーメンと較べるとパンチは弱めながら、塩の刺激感の奥に鯛のテイストがあるのがこのお店らしい。
・このお店の麺はキレが良くて好き。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【大阪市浪速区】無鉄砲 大阪店

無鉄砲 大阪店 【とんこつラーメン】

とんこつラーメン(700円)

とんこつラーメンの麺

■来店の経緯等
・2012年2月19日(日)の昼食で、10ヵ月ぶりに訪問。

■食べたメニュー
・とんこつラーメン(700円)
・替え玉(100円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は13時15分頃。外に27人待ち。
・40分待ちで店内に入り、券売機で「とんこつラーメン」と「替え玉」の食券を買う。
・店内で待っている間に店員さんに注文を聞かれ、麺の固さ、スープ、ネギ、全て「普通」で注文。
・店内に入ってから3分後にカウンター席に座る。
・店員さんは6人で、男性4人と女性2人。
・着席から着丼まで3分。

■麺
・四角くて少し縮れた中くらいの太さの麺。
・適度にゴワッとしながら、弾力のある気持ちの良い食感。
・麺の味も旨い。
・スープとの絡みも良好で、スープの旨味と甘味を持ち上げる。

・替え玉は、最初と同じ日本めんと細麺の2種類から、日本めんの方を麺の固さ固めで注文。固めだと、よりガシッとした食感になり、弾力は少なめになる。個人的には、大阪店の茹で加減なら、固さ普通の方が好み。

■スープ
・白濁した豚骨出汁の醤油ダレ。
・よく乳化してドロッとしている。ドロドロ感はゼラチンが主体で脂もそこそこ入っている。
・味付けは濃いめで、少し塩気が強めだが、口当たりはマッタリと丸まっていて、脂とタレの甘味も少し感じる。
・タレの味付けとドロドロ感が強く、豚骨自体の風味はあまり強くない。豚骨感を味わうには少し味付けが濃いが、麺とのバランス的には悪くは無いと思う。

■具材
・チャーシューは薄切りのバラ肉。脂身多めで、脂はモチッと柔らかい食感。味付けは、少しだけ塩気があるが薄めで、脂のコクも控えめ。
・メンマは細長く、シナッとした歯ごたえ。

■全体的な味の感想
・ゴワッとして弾力のある麺をドロッと乳化したスープで食べる、ドロドロスープの豚骨ラーメン。
・豚骨自体の風味やコクは、ベストの出来の時のスープと比較すると少しだけ弱い気もしたが、きちんと乳化していて、単なるコッテリではないドロドロ感がよく出ていた。麺とスープとの絡みも良かった。
・やはり、「日本めん(宮崎県の製麺所)」の麺は旨い。固さ普通での、ゴワゴワ感と弾力感とのバランスが絶妙。

■お気に入り度: ★★★★★★ (6.0)

■お店の情報

【大東市】麺や而今

麺や而今 【塩鶏湯そば】

塩鶏湯そば(670円)

塩鶏湯そばの麺

■来店の経緯等
・2012年2月18日(土)の昼の3軒目。

■食べたメニュー
塩鶏湯そば(670円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は13時55分頃。外待ち無しで店内に先客8人。
・カウンター席に座る。夜は『華昌』という鶏料理のお店ということで、店内は居酒屋風の雰囲気で、厨房は客席とは別室になっていて中は見えない。
・店員さんは5人で男性3人と女性2人。店主さんは厨房の方に居るが、時々客席の方に顔を出していた。
・メニューはレギュラーと限定の2種類が置いてあった。メニューを見て、レギュラーの「塩鶏湯そば」を注文。
・注文から着丼まで4分。

■麺
・四角い少し縮れた中細麺。
・真空麺ということで、ツルツル、プリプリしていて透明感と弾力のあるザクッとした食感。四角いので角張り感もある。
・スープとの絡みはそれほど強くはないが、スープは味強めなのでバランスは取れている。

■スープ
・清湯鶏塩。
・あっさりしていて油少なめ。
・出汁は鶏メインで、素材感よりも旨味が強い。
・メニューの説明には貝も入っているように書いてあったが、貝の風味はあまり感じなかった。旨味の強い部分が貝出汁の味かも。
・味付けは濃いめだが、塩辛さや刺激感は少ない。旨味メインで、旨味の中にほのかな甘味を感じる。

■具材
・肉はチャーシューと鴨燻製の2種類が入っている。
・チャーシューはレアで歯ごたえはしっかりしていて、ペッパー系の香ばしさとレアらしい肉の旨味がある。
・鴨燻製もレアでハムっぽい食感。スモーク系の香ばしさがあり、味付きで旨味が強い。
・つくねは軟骨入りで、サッパリとした味わい。
・水菜は短くカットされていて量が多い。シャキッとしていて、麺によく絡むし、スープを飲む時にもよく絡む。

■全体的な味の感想
・ツルッとした中細麺を旨味強めのあっさりスープで食べる、水菜とレアチャーシューの入った清湯塩ラーメン。
・麺が主体のテイストで、スープは素材感や繊細さよりも旨味の強さを感じた。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【大阪市東成区】金久右衛門 本店

金久右衛門 本店 【なにわブラック】

なにわブラック(太麺)(750円)

なにわブラックの麺(太麺)

■来店の経緯等
・2012年2月18日(土)の昼の2軒目。9か月ぶり2回目の訪問。

■食べたメニュー
なにわブラック(太麺)(750円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は11時45分頃。外に24人待ち。
・40分待ちでカウンター席に座る。
・店内に入ってから待っている時にメニューを渡されて注文を聞かれ、「なにわブラック」を注文。麺は細麺と太麺の2種類で、店員さんお勧めの太麺を選択。
・店員さんは5人で、男性店員4人と女性店員1人。
・着席から着丼まで6分。

■麺
・四角い平打ちの太麺ストレート。
・表面はかなりツルッとしていて滑らか。
・固くはないが、独特のソリッド感と弾力のある麺質でキレのいい歯ごたえ。
・麺の味も旨い。
・スープとの絡みも良好。麺に関しては、最初から固まっているタレと良く絡んでいる。

■スープ
・清湯魚介醤油。
・中央に固まっているタレを溶かしながら食べる。
・出汁はあっさりしていて繊細で、貝の旨味がある。
・醤油ダレは濃口で醤油のコクが強めだが、塩辛くはなくまろやかで、酸味も少し感じる。
・食べ始めは薄味気味で出汁の味わいがメインだが、後半はタレが混ざって醤油ダレのコクがメインになる変化が面白い。
・香味油が無い分、よりダイレクトに出汁や醤油を味わえる感じがする。

■具材
・チャーシューは厚い巻きバラ肉で柔らかい。脂のコクと甘味があり、肉も旨味がある。
・メンマは太い。味付きで、柔らかいが歯ごたえのしっかりした部分もあった。

■全体的な味の感想
・ツルッと旨い平打ち麺を貝と醤油のあっさりスープで食べる、繊細さと醤油のコクのある清湯魚介醤油ラーメン。
・タレを自分でかき混ぜるのは何故かと思ったが、前半と後半で味わいが変化していくのが良かった。

■お気に入り度: ★★★★★★ (6.0)

■お店の情報

【茨木市】麺や 紡

麺や 紡 【熟成らー麺】

熟成らー麺(550円)

熟成らー麺の麺

■来店の経緯等
・2012年2月18日(土)の昼、7か月ぶり、2回目の訪問。
・2月末で現在の店舗を閉店して茨木市に移転するとの話を聞き、移転後は遠くなるので、今のうちに訪問することにした。

■食べたメニュー
熟成らー麺(550円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の10時35分頃。既に6人待ち。
・開店は10時54分。6席営業と書いてあったが7席あり、7人目ながら開店と同時にカウンター席に座る。
・店員さんは2人。店主さんと女性店員1人。
・店主さんに順番に注文を聞かれ、「熟成らー麺」を注文。壁の説明書きには、「紀州地鶏のモミジを中心に強火で長時間炊き上げた鶏白湯スープです。それを一晩熟成させ、数種の魚介を合わせる事で濃厚かつ上品に仕上げた、とろみ感のある独特スープです」と書いてあった。
・3~4杯ずつまとめてラーメンを作っており、第2ロット目で着丼。注文から着丼まで11分。

■麺
・少し縮れた中太麺。
・ツルッと滑らかで、ズシッと中身の詰まった麺質。
・モチッとした食感で、固くはないが、弾力のある気持ちの良い歯ごたえ。
・スープとの絡みもよい。やや麺の方が強い感じもした。

■スープ
・白濁した魚介鶏豚骨醤油。
・少しトロミがあるが、油はそれほど多くなく、コッテリとはしていない。
・魚介の味が前に出ているが、バランス的にはそれほど突出していない。
・鶏はベースになっていて、旨味よりはトロミ感がメインの味わい。
・タレはマイルドで、旨味を支えている。
・魚介と鶏とタレの組み合わさった穏やかな旨味がメインで、塩辛さや刺激感はない。パンチの強くない、まろやかで優しい味わい。
・値段が安いせいか、スープの量はやや少なめだが、麺を食べる分には必要十分。

■具材
・チャーシューは厚めの巻きバラ肉。トロトロで柔らかく、香ばしい味付けで旨い。
・メンマは細身でしっかりした歯ごたえ。
・青ネギは少し厚めの輪切り。

■全体的な味の感想
・モチッとした縮れ麺を鶏のトロミと魚介の旨味のスープで食べる、優しい味わいの魚介鶏白湯醤油ラーメン。
・スープは鶏白湯としての濃厚さを売りにしていると言うよりは、良質感があってバランスのいいタイプ。
・パンチやインパクト勝負ではない、優しいテイストがいい感じ。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報

【東大阪市長堂】らぁめん たむら

らぁめん たむら 【カレーらぁめん】

カレーらぁめん(800円)

カレーらぁめんの麺

■来店の経緯等
・2012年2月の平日の晩、2か月ぶりの訪問。

■食べたメニュー
期間限定の「カレーらぁめん」(800円)
(2012年2月14日(水)から日曜日ぐらいまでの限定)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時は先客2人。店員さんは男性3人。
・期間限定メニューは店内に書いて貼ってある。
・注文から着丼まで5分。

■麺
・中太の少しウエーブのあるストレート。
・ツルツル、シコシコでしっかりした麺質。しなやかなコシがあり、弾力のある気持ちいい歯ごたえ。
・麺の味も中華麺のしっかりした味で旨い。
・スープとの絡みは強くないが、麺が旨いのでバランスは悪くない。

■スープ
・白濁獣系出汁のカレー。
・ややオイリーで上に油の層がある。
・少しだけトロッとしているが、ドロドロはしておらず、カレーの割にはサラッとしていて重たくはない。
・出汁は白濁獣系ベースで、まろやかで厚みがある。
・カレーはそれほどスパイシーではなく、辛さや風味が前にでていないが、じんわりとした香味とコクがある。
・塩辛さや刺激感は少なめで、少しマッタリとした、甘旨さと辛さのバランスのいいマイルドな味わい。

■具材
・チャーシューは、分厚くて大きい巻きバラ肉が1つと、小さいのが多数。巻き肉は脂っぽくなくて柔らかく、大きいので食べごたえがある。味付けは薄めで旨い。
・メンマは柔らかく、歯ごたえポリポリ。
・小さく切ったニンニクの芽が入っている。

■全体的な味の感想
・ツルッとして弾力ある麺をマイルドなカレースープで食べる、マッタリ旨い白濁獣系カレーラーメン。
・カレーラーメンながら、麺の方が主役に感じた。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【奈良市富雄元町】麺屋 あまのじゃく 本店

麺屋 あまのじゃく 本店 【あっさり塩】

あっさり塩(650円)

あっさり塩の麺

■来店の経緯等
・2012年2月の平日の晩、1年4か月位ぶり、2回目の訪問。

■食べたメニュー
あっさり塩(650円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時は外に10人待ち。
・30分待ちで入店。店員さんは2人。
・店内は携帯電話使用禁止。
・注文から着丼まで3分。

■麺
・丸い中太ストレート。
・加水やや低めでしっかりした強めの歯ごたえ。
・パンチのあるスープとのバランスも悪くない。

■スープ
・清湯塩。
・香味油が浮かんでいて、そこにネギと柚子の香味もプラスされている。
・出汁は獣系と魚介系のダブルのように感じた。魚介メインで、あまり前に出ないが、ベースになって塩ダレの味を支えている。
・塩ダレはコク強めで、少しピリッとしているが塩辛いまでは行かない。
・あっさりしながらパンチのあるタイプで、繊細さは感じにくいが味の厚みもあってそれなりにバランスが取れている。
・ドンブリの底にゴマが溜まっていた。

■具材
・チャーシューは厚切りのバラ肉。トロトロで柔らかい肉を鉄板で焼いていて、表面が熱せられて香ばしい味わい。
・メンマは柔らかく、ゴマ油系の味付け。
・輪切りの青ネギはスープによく合っていた。その他、白髪ネギと菊菜も入っていた。

■全体的な味の感想
・塩のコクのパンチのあるスープでしっかりした中太麺を食べる、あっさり旨い清湯塩ラーメン。
・味付け強めのテイストながら、キツ過ぎずに後味はスッキリ。
・トータルのバランスが取れていてメリハリのある味わいで、ラオタ受けよりも万人受けするタイプの味に感じた。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【奈良市鳥見町】鯛だしそば・つけ麺 はなやま

鯛だしそば・つけ麺 はなやま 【鯛だし塩そば】

鯛だし塩そば(650円)

鯛だし塩そばの麺

■来店の経緯等
・2012年2月の平日の晩、1週間ぶり、2回目の訪問。

■食べたメニュー
鯛だし塩そば(650円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時は先客2人。店員さんは2人。
・注文から着丼まで3分。ドンブリと一緒に、薬味の入った容器を出してくれた。

■麺
・四角い細麺ストレート。
・白くて加水は中ぐらい。細身ながら、少しコシのあるしっかりした麺質。時間が経つとのびて来そうな感じ。
・麺の味は素麺風で旨い。
・スープとのバランスは良好。スープの魚介の風味をよく持ち上げる。

■スープ
・清湯魚介塩。
・あっさりしていて、少しだけ油が入っている。
・塩のコクがあるが、塩辛さは無い優しくて丸い味。
・出汁は濃いめ。ベースは鶏か何かで、そこに鯛出汁の繊細な風味と甘めの旨味が乗っかっている。魚粉は入っておらず、海苔が浸っている周りは海苔の風味がするくらい繊細。
・塩のコクと鯛の甘く優しい旨味がメインの、繊細ながら旨味のしっかりした味わい。

■具材
・チャーシューは脂付きで少し厚め。食感は焼き豚風で程よい柔らかさ。味はそれほど濃くないがしっかり味付けされている。
・メンマは太くて、ポリポリした歯ごたえで、味付けもしっかり。
・ネギは入っておらず、水菜が入っている。水菜はシャキシャキしていて、味わいはあっさり薄め。

■全体的な味の感想
・コシのある極細麺を繊細な旨さのスープで食べる、鯛の優しい風味の清湯塩ラーメン。
・豚骨醤油ベースの「鯛だしそば」とはかなりテイストが違うが、鯛の風味は多少は共通しているかも。
・繊細なテイストで統一していて、バランスが取れているのが好印象。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報

【城陽市】麺屋 たけ井

麺屋 たけ井 【つけ麺大】

つけ麺大(950円)

■来店の経緯等
・2012年2月11日(土)の昼に、7か月ぶり、2回目の訪問。

■食べたメニュー
つけ麺大(400g)(950円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は13時35分頃。外に35人待ち。
・待っている間に、店員さんにメニューを渡されて、店内の券売機で先に食券を買っておくよう言われる。
・1時間40分後に入店して店内で待つ。その時点で、お店の入口に「麺切れ終了」の札が出ていた。
・入店から10分後、1時間50分待ちで小上り席に座る。小上り席は床暖房で温かい。
・店員さんは5人で、男性店員3人と女性店員2人。接客はきちんとしている。
・着席から着丼まで9分。

■麺
・全粒粉の四角い極太ストレート。
・ガシッとしながらモチッとしていて、弾力があって噛みごたえがある。ボソッとした固さではなく、程よい弾力と滑らかさがある。
・麺の味は甘めの全粒粉の味。
・つけ汁との絡みは良く、バランスも良好。

■つけ汁
・魚介豚骨醤油。海苔の上に魚粉は乗っていない。
・ややオイリーで、ドロッというよりザラッとしている感じ。
・魚介が強いが豚骨のベースもしっかりしていて、魚介が突出していない。
・味付けは甘辛で味が濃い。そのまま飲むと、かなり濃い味付けに感じるが、甘さと辛さとのバランスは良いと思う。個人的には、麺にドップリ付けずに、半分くらい付けて食べるのが良い感じ。

■具材
・チャーシューは脂混じりのバラ肉で、しっかりした食感でムチムチしている。脂のコクと甘味、肉の風味があり、チャーシューというよりは肉という感じがした。
・メンマは太くて、しっかりした食感。
・薬味の柚子は少し効いていた。

■スープ割り
・スープ割りはブーメラン方式。スープと一緒に、ネギと小さなチャーシューを足してくれる。
・つけ汁の味付けが薄まって、サッパリした味わいで旨い。
・ドンブリの底には骨粉がたっぷりあった。

■全体的な味の感想
・甘辛で濃い味のつけ汁がガシッと甘い極太麺を引き立てる、濃い同士のぶつかり合いが素敵な魚介豚骨醤油つけ麺。
・麺が関東の『とみ田』さんのオーダー麺ということもあり、関西でよくあるタイプのつけ麺とは一風違うのがいい感じ。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報

【奈良市尼辻町】まりお流

まりお流 【目抜けの背脂入りブラック煮干し正油ラーメン】

目抜けの背脂入りブラック煮干し正油ラーメン(1260円)

目抜けの背脂入りブラック煮干し正油ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2012年2月の平日の晩、週替わりの創作ラーメンを食べるために訪問。

■食べたメニュー
今週の創作「目抜けの背脂入りブラック煮干し正油ラーメン」(1260円)
(2012年2月10日からの週替わり限定)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時は外待ち無し。カウンター席に座る。先客18人。
・今週の創作は店内には書いてない裏メニュー。「あっさり」と「こってり」の2種類があるので、「あっさり」の方で注文。
・先に、白身魚用のポン酢を入れた小皿が出てきた。
・注文から着丼まで8分。

■麺
・四角い中太ストレート。
・ツルツル、モチモチで、あまり固くない弾力のある食感。
・スープとの絡みやバランスも良好。
・毎度の話だが、ドンブリが大きくて、スープの量が多い割に、麺の量は普通に感じる。

■スープ
・背脂の入った清湯魚介醤油。
・表面にサラッとした油の層がある。それが蓋の役割をしていて、スープの温度はかなり高くて熱々。
・魚介出汁メインであっさりしており、獣系も軽めで重たさは無い。
・煮干しのコクと風味が前に出て主張しているが、出汁のベースは貝と獣系で旨味がしっかりしている。
・醤油ダレは濃口でコクがあるが、まろやかで塩分は控えめ。
・旨味と醤油のマイルドのコクと煮干のコクがメインで、塩辛くなく甘過ぎもしない気持ちいい味わい。
・刺激感はないが、スープの熱さがパンチになっている。

■具材
・獣系の肉は入っておらず、代わりに白身魚が入っている。
・白身魚は赤い皮付きで、2切れ入っていて量的にも満足感がある。身はプリプリした食感で、味は淡白ながら旨味も感じる。ポン酢に付けて食べると旨い。
・味玉は柔らかいが、黄身はスープの温度でやや固まり気味の半熟状態だった。
・メンマは太くて大きい。太い分、歯ごたえはしっかりしていて、噛むと沈み込むような食感。

■全体的な味の感想
・モチッとした麺を熱々のあっさりスープで食べる、醤油と煮干のコクが効いた清湯醤油ブラック醤油ラーメン。
・スープは個性的でキレがよく、かなり素敵。ブラック醤油なのに塩分控えめでスッキリしていて、背脂と油入りなのに後味軽め。
・具の白身魚も旨かった。

■その他
・食べ終わってお店を出た時、外に3人待ち。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【大阪市東淀川区】ラーメン荘 歴史を刻め

ラーメン荘 歴史を刻め 【豚ダブルラーメン】

豚ダブルラーメン(1000円)

豚ダブルラーメンの麺

■来店の経緯等
・2012年2月の平日の晩に、3ヵ月ぶり、3回目の訪問。

■食べたメニュー
豚ダブルラーメン(1000円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には、外に14人待ち。
・最初に店外の券売機で食券を買ってから並ぶ。
・麺の量は並が350gと「夢を語れ」さんよりも多い。ちなみに、大は500gで、券売機は常時「売切」表示で店員さんに設定してもらわないと購入できず、食べ残しお断り。
・22分待ちで入店。店員さんは2人。
・入口横で、水、箸、レンゲ、オシボリをセルフで取る。
・自分の分は、1ロット6人分のラスト。麺をドンブリに入れてから「ニンニク入れますか」と聞かれるので、「ニンニク増し増し、野菜ちょい増し」で注文。
・着席から着丼まで9分。

■麺
・平打ちの少し縮れた極太麺。
・よく茹でられていて柔らかい。ピロピロ、ムチムチで滑らかな食感だが、フニャッとはしておらず、食感的にはモヤシに負けていない。
・麺は刀削麺風のギザギザで太さにムラがあり、かなり太い麺も混じっていた。
・麺の味は甘めのオーションの味。
・スープとの絡みも良好で、生ニンニクの香味をよく持ち上げる。
・麺の量は350gでかなり食べごたえがある。

■スープ
・白濁した豚骨醤油。
・よく乳化していて、上に乳化した油の層があって少しだけトロミがある。
・かなり丸みがあり、マシマシの生ニンニクを受け止めて、苦味を突出させずに香味を良い感じのアクセントに仕立てていた。
・醤油ダレは甘めで、割としっかりしている。
・旨味よりも、乳化した油の厚みと丸みがメインで、そこに豚と醤油のマイルドなコクとニンニクの苦味香味が乗っかっていて、甘過ぎず辛すぎない包容力のある味わい。

■具材
・豚は量が多いが、前に食べた「夢を語れ」さんと較べると、ムチッとしておらず脂身少なめで食べやすい。
・しっかり煮込まれていて柔らかく、肉のクセも抜けている。ジューシー感はあまり残っていない感じで、タレでしっかり味が付いているが塩辛くはない。

・野菜はモヤシメインで、キャベツも少々。茹で加減は柔らかめで、モヤシは麺とよく絡むが、量的にも食感的にも主張はそれほど強くない。

■全体的な味の感想
・ムチッとした平打ち極太麺をマイルドで厚みのある豚骨醤油スープで食べる、ガッツリした豚ダブルラーメン。
・肉は油が程よく抜けていて、量の割にボリューム感が感じにくいかも。以前に食べたデフォの豚の量だと、かなり少なく感じた。個人的には豚ダブルの量でちょうど良い感じ。豚を麺の付け合わせとして、豚丼的なノリで麺と豚を一緒に食べるのが好き。
・麺はかなりボリュームがあり、粗削りで個性的。スープが薄いとかなりバランスが悪く感じるが、この日のスープは出来が良かった。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【奈良市鳥見町】鯛だしそば・つけ麺 はなやま

鯛だしそば・つけ麺 はなやま 【鯛だしそば】

鯛だしそば(650円)

鯛だしそばの麺

■来店の経緯等
・2012年2月の平日の晩に訪問。

■食べたメニュー
鯛だしそば(650円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時は先客無しで直後に2人入店。店員さんは2人。
・注文から着丼まで4分。

■麺
・平打ちの太麺ストレート。
・表面はツルツルでモチモチ。固くはないが、平打ちながらしっかりした麺質でコシがあり、気持ちいい歯ごたえ。
・スープとのバランスも良好。

■スープ
・うっすらと濁った魚介豚骨醤油。スープの温度はかなり熱い。
・少し油が入っているが、サラッとしている。
・出汁は鯛煮干し他の魚介メインで、豚骨は薄め。
・醤油ダレは甘めで、魚介と豚骨と醤油の組み合わさった、繊細さと強さを兼ね備えた旨味がある。
・甘味のある魚介のコクとしっかりした旨味がメインで塩辛さは無い。
・あっさりで優しい味ながら豚骨醤油の厚みも感じて、その上に、エグミや苦味のない乾物魚介のフワッと華やかな風味が乗った絶妙のバランス。

■具材
・チャーシューは厚めのバラ肉で、柔らかくて味付き。脂身のコクと甘味がある。
・メンマは柔らかく、ポリポリした歯ごたえ。
・青ネギの香味がスープによく合っていた。

■全体的な味の感想
・ツルッとした平打ち麺を魚介の甘い風味のスープで食べる、優しい旨味の魚介豚骨醤油ラーメン。
・味の系統的には「炙り鯛だしらーめん・つけ麺 サクラ」のあっさりラーメンと同じだが、麺が平打ちの分、こちらの方が少しだけ繊細なテイストに感じた。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【鈴鹿市】Menkou ともや

Menkou ともや 【濃厚魚介つけ麺】

濃厚魚介つけ麺(800円)

■来店の経緯等
・2012年2月5日(日)、三重県へ遠征の3軒目。2週間ぶり2回目の訪問。
・前回は「煮干しそば」を食べたが、このお店はつけ麺がメインのお店みたいなので、つけ麺も食べてみようと思い再訪。

■食べたメニュー
濃厚魚介つけ麺(800円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は14時10分頃。
・先客7人。店員さんは4人で、男性店員3人と女性店員1人。
・店内に限定メニューの貼り紙があったが、味噌ラーメンとカレー汁なしの2種類だった。つけ麺を食べたかったので、メニューに「当店一押し」と書いてあった、基本メニューの「濃厚魚介つけ麺」(800円)を注文。
・注文から着丼まで10分。

■麺
・四角い太麺ストレート。
・黄色くて、表面はツルツルしており、ややみずみずしい麺質。モチッとして滑らかでしなやかな歯ごたえ。
・麺の味も旨い。
・つけ汁との絡みはそれほど強くないが、甘味と魚介の風味を持ち上げる。
・麺をつけ汁に少しだけ付けて食べる向きに感じた。

■つけ汁
・魚介醤油。
・多少のトロミはあるが、サラッとしていて粘度は低く、コッテリはしていない。
・タレはかなり甘辛い。甘味と旨味が前に出た強くて濃い味だが、塩辛さや刺激感はない。
・出汁は魚介メインで、獣系の重たさは感じない。魚介感はあるが魚粉は入っておらず、タレの甘辛さの方が前に出ている。
・容器の底には煮干しの破片があったが、煮干しの苦味は感じなかった。

■具材
・チャーシューは短冊切りで、ムチムチした歯ごたえ。肉の旨味があり、つけ汁とよく合っていた。
・メンマは平べったい。柔かいが少し粘りのある食感。

■スープ割り
・割りスープはカウンターにポットで置いてあり、生姜が効いている。
・つけ汁はそのまま飲むとかなり濃いが、割りスープで割るとサッパリとして飲みやすくなり、結構旨い。

■全体的な味の感想
・ツルッと旨い麺を甘辛いタレのつけ汁で食べる、甘味がガツンと濃厚な魚介つけ麺。
・麺の方は割と王道ながら、つけ汁がかなり個性的な味で、またお前か系にしたくないという心意気は感じた。
・個人的には、つけ汁のキャラが立ちすぎてて、麺を引き立ててないような気がした。とは言え、この辺は好みの問題なので、こういうのが好きな人もいると思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【津市】麺 神楽

麺 神楽 【らーめん並盛】

らーめん並盛(680円)

らーめん並盛の麺

■来店の経緯等
・2012年2月5日(日)、三重県へ遠征の2軒目。

■食べたメニュー
らーめん並盛(一玉)(680円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は12時50分頃。先客10人。店員さんは3人で、男性店員2人と女性店員1人。
・注文から着丼まで4分。

■麺
・四角い中太ストレート。
・表面がツルツルで、固くはないがガシッとした弾力があって気持ちの良い歯ごたえ。コシもそこそこある。
・スープとのバランスも良好。
・並でも麺の量は多めに感じた。

■スープ
・白濁した豚骨鶏ガラ醤油。
・少しトロミがあり、表面に乳化した油の層があるが、鶏油は少なくギトギトはしていない。
・獣系の旨味と厚みがあるが、獣っぽさは少なめ。
・醤油は濃口でコクが強いがカドは無く、スープと組み合わさって丸まったマイルドな旨味を作っている。
・一般的なラーメンとしてはパンチがある方だが、家系ラーメンとしてはマイルドに感じる。

■具材
・チャーシューは厚さ3ミリぐらいで大きめ。柔らかく仕上げてあり、味付け薄めで肉の旨味を感じる。
・家系に付き物のホウレン草が入っていない。

■全体的な味の感想
・強めの中太麺を厚みがあるスープで食べる、バランスの良い家系風豚骨鶏醤油ラーメン。
・ギトギトの鶏油やホウレン草が無く、家系ラーメンとしてはマイルドな味わいながら、醤油ダレや麺には家系としての主張も感じた。
・あまり尖っていないバランス型のラーメン。近所にあれば通いたいタイプのお店。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【松阪市】麺や 青雲志

麺や 青雲志 【特製ジビエつけ麺】

特製ジビエつけ麺(980円)

■来店の経緯等
・2012年2月5日(日)の昼、2週間ぶり、6回目の訪問。

■食べたメニュー
正月限定ラストの「特製ジビエつけ麺」(980円)
(2012年2月1日~5日の期間限定)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の10時30分頃。駐車場に車が1台止まっているが一応シャッターポール。
・開店は11時。その時点で後ろに12人待ち。
・券売機にはジビエつけ麺のボタンが無く、「特製つけ麺」(980円)の食券を買って注文。
・注文から着丼まで15分。

■麺
・四角い少し縮れた極太麺。
・モチッとしていてややみずみずしい。固くはないがしなやかなコシがある。
・麺の味も旨い。
・つけ汁との絡みも良好。

■つけ汁
・白濁した獣系醤油。
・店主さんの話では、猪、鴨、キジ、エゾシカの出汁に香味野菜を加えているとのこと。
・少しトロッとしていて、野生動物系統の濃厚なコクがある。多少のクセがあるがスパイスなどで消している。
・塩分強めでスパイシー。味は濃いめだが若干マッタリしていて丸みも感じる。
・獣系の厚みのあるコクとスパイシー感がメインのサッパリとした旨さ。
・麺に絡めると丁度いい味の濃さ。

■具材
・ジビエチャーシューは全部で4種類。全般的に脂身が少なく、珍味風の味わい。
・猪チャーシューは、味が濃く肉のコクが強い。
・エゾシカチャーシューは野趣溢れる味わい。多少塩辛いが、他の肉と較べると、パイナップルジュースに浸けて塩が抜けて柔らかくなっている感じが強かった。
・鴨肉はジャーキー風の食感で、味が濃く塩辛い。
・キジ肉はパサッとしたジャーキー風の食感。淡白な味でかなり塩辛く感じた。

・味玉は黄身がトロトロで味付け薄い。
・メンマは太くて大きく、ポリポリした食感で香ばしい味付け。

・麺の上に小さなトマトと食用花が乗っている。トマトは甘くてサッパリした味。食用花は味は強くなく、見た目と雰囲気担当。

■全体的な味の感想
・極太麺に獣のコクの濃厚なつけ汁を絡めて食べる、スパイシーで野趣溢れるジビエつけ麺。
・つけ汁が麺を引き立てるというよりも、麺に絡めたつけ汁を楽しむタイプのつけ麺のように感じた。つけ汁が気に入ったので、麺大盛りでなくても満足度は高い。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報

【奈良市尼辻町】まりお流

まりお流 【カツカレーラーメン】

カツカレーラーメン(1575円)

カツカレーラーメンの麺

■来店の経緯等
・2012年1月の平日の晩に訪問。

■食べたメニュー
カツカレーラーメン(濃度7)(1575円)
・メニューには「濃厚豚骨カレーラーメンに自家製の厚切りロースカツとカレールーをトッピング」と書いてあった。

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には、待ち無しでカウンター席に座る。
・この日は、レギュラーメニューの「カツカレーラーメン」
・注文から着丼まで9分。

■麺
・四角い中太ストレート。
・プリプリでモッチリした歯ごたえ。
・スープとの絡みも良好。ややスープが強めだが、コッテリしたスープに合った麺だと思う。

■スープ
・白濁豚骨ベースのカレー。
・ドロッとして粘度があり、かなりコッテリしている。ベースのスープは味の丸みと厚みがある。
・カレーはスパイシーさが前に出ず、それほど辛くはないが、じんわりとしたコクがある。
・スパイスのコクとドロッとしたスープの口当たりがメインの味わいで、辛くはないが甘すぎないマイルドで厚みのある味。

■具材
・ロースカツは衣も肉も厚く、かなりボリューム感がある。温度も高め。
・衣はスープで柔らかくなりにくいしっかりしたタイプ。
・衣の上にカレーソースが掛かっていてアクセントになっている。カレーソースは濃い味で、甘すぎず辛すぎない丸みのある旨味。
・衣の中の肉は、歯ごたえがしっかりしたタイプ。

・味玉は黄身がトロトロで味付き。
・メンマはポリポリした歯ごたえ

■全体的な味の感想
・モッチリした麺をドロッとしたカレースープで食べる、マイルドでコクのあるカツカレーラーメン。
・食感的にもボリューム的にも、麺よりもカツのインパクトの方が強い。カレーラーメン自体はスパイシーさよりも口当たりメインで、衣も肉もガシッとしたカツがアクセントになっている。
・コッテリしたカレーラーメンに大きなカツの組み合わせで、値段もボリュームもガッツリ。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【大阪市福島区】つけ麺 みさわ

つけ麺 みさわ 【つけ麺】

つけ麺中盛(850円)

■来店の経緯等
・2012年1月の平日の晩に訪問。

■食べたメニュー
つけ麺中盛(300g)(850円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店の外の券売機で食券を購入。
・お店への到着時は先客1人。店員さんは4人で、男性3人女性1人。
・カウンター席に座る。
・注文から着丼まで8分。

■麺
・四角い中太の、少しウエーブのかかったストレート。
・表面はツルツル、プリプリしていて滑らか。食感は柔かめでモチッとしていてしなやか。コシはそれほど強くないがノド越しは良い。
・麺の味は、ややみずみずしい中華麺風の味。
・つけ汁との絡みはあまり強くない。スダチや黒七味を麺に掛けてちょうど良い感じ。
・黒七味は結構麺に合っていた。

■つけ汁
・白濁した豚骨魚介醤油。
・少しトロミがあるが、脂や粘度はそれほどきつくない。
・豚骨メインで少し豚っぽさがある。魚介と醤油は控えめな味わい。
・トロッとした口当たりと穏やかな旨味メインで、味付けはつけ汁としてはかなりおとなしめ。塩辛さや刺激感はなく、割りスープ無しで飲める程度の味の濃さ。
・麺にあまり味が乗らないが、麺も柔らかめなのでそれなりにバランスは取れている。
・玉ネギの香味は多少効いていたが、最初から投入していたせいもあり、あまり気にならなかった。

■具材
・チャーシューは厚く小さいカット。ふわっと柔らかい食感で、味付けは薄いが肉の旨味がある。
・メンマは長くて大きく、筋の歯ごたえがある。

■全体的な味の感想
・ツルッとした柔らかめの麺をトロッとしたつけ汁で食べる、マイルドな旨さの豚骨魚介つけ麺。
・ソフトなテイストの麺ながら、麺主役型のつけ麺に感じた。
・つけ汁の微かな豚っぽさがアクセントになっていた。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【大阪市福島区】烈志笑魚油 麺香房 三く

烈志笑魚油 麺香房 三く 【かけ並】

かけ並(780円)

かけ並の麺

■来店の経緯等
・2012年1月の平日の晩に訪問。

■食べたメニュー
かけ並(780円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時は先客5人。店員さんは男性が2人。
・最初に券売機で食券を買う。
・壁に荷物置きの棚がある。
・店内の雰囲気は割とオシャレ。BGMはジャズ。
・ラーメンより先に、小鉢に入ったお通しが出てきた。
・注文から着丼まで3分。

■麺
・少し縮れた中細麺。
・加水低めながら滑らかで、縮れている分主張のある食感。歯ごたえはザクッとしていて、キレが良く気持ちいい。
・スープとのバランスも良い。

■つけ汁
・魚介出汁の清湯醤油。
・油少なめだが少し丸みのある口当たり。
・煮干しと節の濃厚な出汁で、煮干しのコクと節の風味があり旨味もしっかりしている。
・煮干しは水出しということで、苦味とかはあまり出ていない。
・醤油ダレもカドはないが穏やかなコクがあり、魚介の風味を支えている。
・塩辛さや刺激感はなく、魚介と醤油の旨味とコクがメイン。後味は重たくない。

■具材
・チャーシューは厚めのバラ肉。トロトロで柔らかく、味付けは控えめ。
・ホウレン草はコクがあり、スープに合っている。
・煮干しが1匹入っている。大きめの頭付きで、出汁を取った後かも。スープではなくて、具で煮干しのガツン感を出そうとしている感じがした。
・白ネギは薄く広がった大きめのカット。歯ごたえシャリシャリで味や風味は薄め。

■全体的な味の感想
・キレのいい縮れ細麺を魚介と醤油の旨味のスープで食べる、あっさりながら濃厚な味わいの清湯魚介醤油ラーメン。
・魚介系の出汁だけの割には味がしっかりしている。麺も好き。
・個人的には、煮干しは具ではなくて出汁で味わいたいので、煮干しを食べずに見た目だけ楽しんでも良い気がした。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【大阪市中央区西心斎橋】つけ麺 雀

つけ麺 雀 【アメ村KING】

アメ村KING大盛り(800円)

■来店の経緯等
・2012年1月の平日の晩に訪問。

■食べたメニュー
アメ村KING(大盛り)(800円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には、先客4人。店員さんは男性2人。
・最初に店内の券売機で食券を買う。アメ村KINGは、
麺の量普通(200g)
  中盛り(300g)
  大盛り(400g)
で値段が同じ。
・注文から着丼まで11分。

■麺
・四角い少し縮れた極太麺。
・色が濃く、かなりガシッとしていて、小麦粉以外にも何か入っている感じのややボソッとしたコシの強さ。噛むとちぎれるタイプの食感で、かなり歯ごたえ強め。
・麺の味は少し甘味を感じる。
・つけ汁にドップリ付ける向きの麺。

■つけ汁
・ドロッとした豚骨魚介。
・かなり粘度が高く、半分ペースト状。コッテリしているが、上に油の層はなく、良く混ざり込んでいる。
・ドロッとした口当たりがメインで、魚介の味は魚粉が入っておらず控えめ。
・味付けはバランスが取れていて、つけ汁としてはおとなしめ。塩辛さや刺激感はなく、甘味旨味酸味もそれほど強くないクセのない丸みのある味。
・極太のガシッとした麺との相性は良い。麺によく絡んで、ドロッとした口当たりで食べやすくしている。
・出てきた時はグラグラ煮立っていたが、麺をドップリ付けていると、後半温度が下がってくる。麺によく絡むので、大盛りだとほとんどつけ汁が残らない。
・割りスープはカウンターにポットで置いてあり、柑橘の汁が入っている。

■具材
・チャーシューは少し厚切りのバラ肉。歯ごたえしっかりで、味付け薄めで肉の味わいがある。
・つけ汁の中のメンマは柔らかい。麺と絡む。

■全体的な味の感想
・ガシッとした極太の剛麺をドロッとして口当たりのいいつけ汁で受け止める、コッテリつけ麺。
・つけ汁はドロドロ感メインでやや大味ながらバランスが良く、麺との相性は良かったと思う。
・麺はノド越しよりも噛みごたえ重視のガチ剛麺で、剛麺好きの人向き。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【大阪市西区】カドヤ食堂 本店

カドヤ食堂 【手もみ魚介そば】

手もみ魚介そば(680円)

手もみ魚介そばの麺

■来店の経緯等
・2012年1月の平日の晩、3ヵ月ぶり2回目の訪問。

■食べたメニュー
手もみ魚介そば(680円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には、店内で4人待ち。
・メニューが、
『手もみ魚介そば』(680円)
『手もみワンタンメン』(800円)
『黒豚旨味そば』(900円)
『魚介かけそば定食』(800円)
の4種類だけで、他のメニューは昼で終わった模様。どうやら、訪問日の4日前にテレビの「大阪ラーメン覇王決定戦」という番組にこのお店が出て優勝した効果で、お客が多い模様。
・待っている間に注文を聞かれたので、未食の「手もみ魚介そば」を注文。
・店内で5分待ってカウンター席に座る。店員さんは4人で、店主さんは不在。
・着席から着丼まで8分。

■麺
・平打ちの少し縮れた太麺。
・ツルツル滑らかで、柔らかいながらしなやかでプリッとしたコシがある。
・スープとの相性は良好。

■スープ
・魚介出汁の清湯醤油。
・獣系なしの魚介出汁だけという話。油少なめであっさり。
・サンマ出汁がメインだが、サンマ感が濃厚というタイプではなく、スルメや昆布などの旨味と組み合わさった味わい。
・塩辛さや刺激感はないが、口当たりはいわゆる和風出汁と較べると少しだけ強め。
・少し酸味を感じる、醤油のコクとサンマのコクがメインで、旨味はじんわり穏やか。
・軽いけど主張のあるスッキリした味。

■具材
・チャーシューは薄切り。身は柔らかいがしっかりしていて穏やかな肉の旨味。
・海苔は三角切りで、弱めの味だがスープには合っていた。

■全体的な味の感想
・滑らかでプリッとした平打ち太麺をスッキリとした魚介のスープで食べる、麺主役型の清湯魚介醤油ラーメン。
・スープは単体だと若干軽いような気もするが、麺にはよく合っていたと思う。
・麺は結構好き。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報
記事リスト
2012年02月の記事
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【12件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【21件】
2017年 07月 【30件】
2017年 06月 【15件】
2017年 05月 【20件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ