【橿原市】炙り鯛だしらーめん・つけ麺 サクラ

炙り鯛だしらーめん・つけ麺 サクラ 【あっさりらーめん】

あっさりらーめん(680円)

あっさりらーめんの麺

■来店の経緯等
・2012年1月21日(土)、晩に訪問。

■食べたメニュー
あっさりらーめん(680円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は19時30分頃。
・先客4人。店員さんは3人で、男性1人女性2人。
・カウンター席に座り、メニューに「おすすめ」と書いてあった「あっさりらーめん」を注文。
・注文から着丼まで7分。

■麺
・少し縮れた太麺。
・表面はツルツルで、モチモチとしていて粘りと適度なコシがある気持ちいい食感。
・麺の味は旨い。
・スープの魚介の風味がよく絡む。

■スープ
・白濁した魚介豚骨醤油。
・白濁しているが、サラッとしていて少し油が浮かんでいる。炙り鯛ということで、甘めの乾物魚介系の風味が強い。油にも香味を付けてあるのかも。
・いわゆる清湯系の鯛出汁とは少しテイストが違う気がする。豚骨出汁はベースになっていて魚介を支えている。醤油ダレも甘めで、旨味を支えている。
・塩辛さはなく、乾物魚介の甘い風味に豚骨醤油の旨味が組み合わさった、サラッと軽いあっさり甘旨味。
・ドンブリの底に微かに骨粉がある。

■具材
・チャーシューは脂付きの薄切りで、歯ごたえがしっかりしていて味付き。
・メンマは太い。歯ごたえはポリポリと気持ち良く、味付けは生姜系。

■全体的な味の感想
・ツルッとした太麺を魚介の香ばしいスープで食べる、あっさり甘旨な魚介豚骨醤油ラーメン。
・炙り鯛出汁ということで、風味強めながら味が優しめなのが個性的でいい感じ。

■評価: ★★★★ (4.0点)

■お店の情報
スポンサーサイト

【鈴鹿市】Menkou ともや

Menkou ともや 【煮干しそば】

煮干しそば(650円)

煮干しそばの麺

■来店の経緯等
・2012年1月21日(土)、三重県へ遠征。中休み無しということで、昼と夕方の中間の中途半端な時間に訪問。

■食べたメニュー
煮干しそば(650円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は16時30分頃。中休み無しの通し営業。
・お店のノレンには「麺屋棣鄂」の名前入り。店内に入ると限定メニューの貼り紙。
・先客1人。店員さんは2人。カウンター席に座り、メニューに「お勧め」と書いてあった、基本メニューの「煮干しそば」を注文。
・注文から着丼まで5分。

■麺
・少し縮れた中細麺。
・黄色くて、表面がツルッとしており、モチャッとした歯ごたえでコシはそれほど強くない。
・普通のツルツルシコシコよりは少しだけしっかりした質感。
・麺の味は強めで甘い。

■スープ
・和風出汁の清湯醤油。
・あっさりしていて油少なめ。醤油ダレは薄口で味薄め。
・出汁は獣系のベースを感じにくく、和風魚介メインだが、煮干しのコク少なめの甘く薄い味。煮干しガツン系ではない。
・旨味も控えめで、薄いなりのバランスは取れているかも。
・塩分少なめで、あっさり甘いうどんダシみたいな和風薄味。

■具材
・チャーシューは2ミリぐらいの厚さで脂少なめの部位。ややパサッとしていて歯ごたえ強めの味薄め。
・メンマは平べったい。柔らかいがポリポリした歯ごたえ。
・ネギは輪切りで量が多く感じた。

■全体的な味の感想
・ツルッとした縮れ麺をあっさり甘いスープで食べる、和風薄味の醤油ラーメン。
・個人的には、もう少し濃厚な煮干し出汁の方が好みだが、このテイストは意図的にやっているのかも知れないし、こういうあっさり薄味が好きな人もいるとは思う。

■評価: ★★★ (3.0点)

■お店の情報

【松阪市】花紋

花紋 【中華そば(塩)】

中華そば(塩)(750円)

中華そば(塩)の麺

■来店の経緯等
・2012年1月21日(土)、三重県へ遠征。昼の2軒目。

■食べたメニュー
中華そば(塩)(750円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は12時50分頃。先客7人。店員さんは2人。
・カウンター席に座る。
・注文から着丼まで5分。

■麺
・細麺ストレート。
・しなやかでモチャッとした食感でコシがある。
・麺の味はそうめん風。
・スープとのバランスは悪くない。

■スープ
・鶏と魚介の出汁の清湯塩。
・あっさりしているが、少し濁っていて出汁は濃いめ。
・鶏と節系のやや控えめで繊細な風味を感じる。
・塩ダレのコクが強めで、温度の高さと相まって少しピリッとしているが、塩辛いまでは行かない。
・旨味はそれほど強くなく、塩のコクと節の味わいがメイン。どちらかと言うとシンプルなテイストで、素材感がありながら塩のキレの良さ重視か。

■具材
・チャーシューは厚切りで、歯ごたえしっかりでムッチリしている。肉の味わい濃厚。チャーシューと言うよりは肉。
・穂先メンマはトロッと柔らかい。味は薄めで食感メイン。
・味玉は黄身がトロトロで味付き。
・ネギは細切りで麺に絡む。

■全体的な味の感想
・コシのある細麺を塩のコク強めのスープで食べる、鶏と節系のダブルスープの塩ラーメン。

■評価: ★★★☆ (3.5点)

■お店の情報

【松阪市】麺や 青雲志

麺や 青雲志 【ウニ塩つけ麺】

ウニ塩つけ麺(1360円)

■来店の経緯等
・2012年1月21日(土)の昼、1ヵ月ぶり、5回目の訪問。

■食べたメニュー
期間限定の「ウニ塩つけ麺」(1360円)
(2012年1月18日~22日の期間限定)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の10時15分頃。駐車場に車が1台止まっているが一応シャッターポール。
・開店は10時53分。その時点で後ろに9人待ち。
・券売機にはウニ塩つけ麺のボタンが無く、つけ麺(780円)とまぜそば(580円)の食券を買って注文。
・注文から着丼まで7分。

■麺
・少し縮れた極太麺。
・表面がツルッとしてややみずみずしく、弾力強めでコシ強い。
・麺の味も旨い。
・つけ汁との絡みも良好。バランス的には、つけ汁があまり主張せず麺を引き立てている。

■つけ汁
・白濁した塩ダレ。
・豚骨魚介ベースにウニと生クリームを入れているとの話で、ドロッとしてマッタリしているが、それほど油っぽくはない。
・少しだけ塩のコクがあり、一味も少し入っており若干ピリッとしているが、厚みがあるので辛くはない。
・味は濃厚で厚みがあり、そのまま飲むと濃いめに感じるが、麺と絡めるとマイルドに感じる。クリーム系なので麺の口当たりを良くしていて、麺との相性は良い。

■具材
・麺の上に乗っているウニは、単体で食べてもトロッと甘くて旨いが、麺と一緒につけ汁に付けて食べると、ウニの風味が麺を引き立てて旨い。
・チャーシューは薄切りでムチムチした食感。少し塩気が効いている。
・メンマは太くて大きい。柔らかいながらしっかりした食感で味付き。

■全体的な味の感想
・極太麺とウニとの絡みをつけ汁が引き立てる、マッタリ旨い白濁ウニクリーム塩つけ麺。
・ウニが単なる具じゃなくて、麺やつけ汁を引き立てるソース的な役割を果たしているのが素晴らしい。
・何となくウニクリームパスタを連想したが、ウニとつけ麺の麺との相性も良いと思った。

■評価: ★★★★☆ (4.5点)

■お店の情報

《閉店》【大阪市東成区】麺家 静

麺家 静 【肉煮干しそば】

肉煮干そば(800円)

肉煮干そばの麺

■来店の経緯等
・2012年1月の平日の晩、初めての訪問。

■食べたメニュー
肉煮干しそば(800円)ニボニボ

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時、先客1人。店員さんは2人。
・店内の入口の所に券売機があったが、設定中とのことで直接注文した。
・「肉煮干しそば」を、壁に書いてあった「ニボニボ(煮干し濃いめ)」で注文。
・店内は細長い。
・注文から着丼まで3分。

■麺
・四角い中細ストレート。
・表面はツルツルで滑らか。弾力があってコシが強めの気持ちいい食感。
・煮干しの風味を持ち上げる。

■スープ
・白濁した煮干し獣系出汁の醤油ダレ。
・煮干しの風味が強く独特の苦みがあるが、ベースになっている獣系出汁とタレがマイルドで、それほどきつい味ではない。
・獣系は鶏豚骨で、油少なめでコッテリはしていない。獣っぽさは煮干しを活かすためか控えめだが、それなりに厚みがあってしっかりベースを支えている。
・タレは甘めでマイルド。
・旨味が強すぎず、煮干しのコクと穏やかな旨味がメインで、塩辛さや醤油のカドは無い。
・ドンブリの底に、骨粉とキラキラした煮干しの破片があった。

■具材
・チャーシューは薄切りで、柔らかくてヘナッと麺に絡む。味は薄めで煮干しの味がよく絡んでいた。
・玉ネギはみじん切りで、シャクッとしてほのかに甘い。
・水菜はシャキシャキでサッパリした食感。

■全体的な味の感想
・ツルッとしてコシのある麺を煮干しの効いたスープで食べる、マイルドな味わいの白濁煮干しラーメン。
・煮干しの苦味とコクが主体だが、ベースの獣系出汁とタレがマイルドで厚みがあるので、あくまで「煮干しそば」ではなくて「肉煮干しそば」といった印象。
・煮干し好きの人向き。

■評価: ★★★☆ (3.5点)

■お店の情報

【大阪市中央区】麺乃家

麺乃家 【醤油つけ麺(濃い味)】

醤油つけ麺(濃い味)(850円)

■来店の経緯等
・2012年1月15日(日)、所用で大阪に出た際の昼食で。5か月ぶりの訪問。

■食べたメニュー
数量限定の「醤油つけ麺(濃い味)」(850円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は12時30分頃。
・先客は5人で空席あり。店員さんは4人で男性店員3人、女性店員1人。店主さん不在。
・昼間はライスがサービスだが頼まず。
・注文から着丼まで6分。

■麺
・四角い中太ストレート。
・表面がツルツルしていて、硬質でみずみずしい麺質。固くはないがプリッとしたコシがあって気持ちいい歯ごたえ。
・麺の味は旨い。
・つけ汁との絡みはあまり強くないが、麺自体の旨さで食べられる。

■つけ汁
・白濁した鶏魚介。
・油少なめであっさりしながらややマッタリしている。白濁しているがドロドロはしていない。
・魚介は魚粉が入っておらず穏やかで丸い旨味。
・タレは甘くて、獣系と魚介とタレとが一体となった厚みのある甘旨味。
・塩分はそれなりにあるが刺激感は少ない。つけ汁としてはやや丸くておとなしいテイストかも。

■具材
・サンマの切り身は柔らかく、旨味と苦味がある。
・チャーシューは短冊切りで、歯ごたえがしっかりしており、味付けは濃いめで少し塩辛い。
・メンマは平べったく、ポリポリとした食感。
・ホウレン草の葉はシナッとして優しい食感。

■全体的な味の感想
・ツルッとした旨い麺をあっさりした白濁つけ汁で食べる、刺激感少なめの麺主役型つけ麺。
・麺もつけ汁も旨いが、インパクトとか、そういうのとは違うかも。麺とつけ汁との絡みよりも、このお店の麺自体の旨さを楽しみたい人向き。
・一年前はここのお店の良さが理解できなかったが、あちこちのお店で食べているうちに、このお店の良さが解ってきた。

■評価: ★★★★ (4.0点)

■お店の情報

【尼崎市】虎一番

虎一番 【あっさり醤油ラーメン】

あっさり醤油ラーメン(700円)

あっさり醤油ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2012年1月14日(土)、兵庫県へ遠征。晩の2軒目。

■食べたメニュー
あっさり醤油ラーメン(700円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は19時頃。厨房対面カウンターの空席に座る。
・先客8人。店員さんは2人で店主さんと女性店員1人。
・水は給水機でセルフ。
・注文から着丼まで8分。

■麺
・四角い中細ストレート。
・ツルツル、シコシコで、もっちりした歯ごたえ。固くはないが柔らか過ぎずキレのいい食感。
・スープとの相性が良い。

■スープ
・鶏と魚介出汁の清湯醤油。
・魚介出汁が前に出ていて、薄くはないが濃厚すぎずにバランスのいいスッキリとした旨味。
・醤油ダレは薄口で、獣系出汁と共に旨味を引き立てている。
・塩辛さはなく旨味と魚介の風味がメイン。油は少し入っていて口当たりを丸めている。
・コクがあってキレのいい、関西風味の魚介薄口醤油味。

■具材
・チャーシューは薄切りのレアで、肉の風味が閉じ込められているタイプ。
・味玉は黄身がトロトロで味付き。
・ネギは細長いカットで、シャキッとしていて麺によく絡む。
・小松菜は葉と茎が入っていてサッパリとした味わい。

■全体的な味の感想
・魚介の効いたスープで細麺を食べる、スッキリしていてキレのいい清湯薄口醤油ラーメン。
・麺は一見普通の細麺っぽいが、スープとの相性が良く、スープに引き立てられていた印象。
・かなりセンスが良いと感じた。

■評価: ★★★★☆ (4.5点)

■お店の情報

【西宮市】すっぽんらーめん 太尊

すっぽんらーめん 太尊 【すっぽんらーめん】

すっぽんらーめん(880円)

すっぽんらーめんの麺

■来店の経緯等
・2012年1月14日(土)、兵庫県へ遠征。晩の1軒目。

■食べたメニュー
すっぽんらーめん(880円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は17時45分頃。
・厨房対面のカウンター席に座る。先客は2人。店員さんは1人。
・お店は年季が入っておりいい味を出している。ちなみに、店内は喫煙OK。
・お店の奥に液晶テレビが置いてあり、テレビ番組が映っていた。
・注文から着丼まで12分。

■麺
・丸い少し縮れた太麺。
・ツルツル、プリプリでもっちりした歯ごたえ。
・麺が強すぎず、スープとのバランスも良好。

■スープ
・スッポン出汁の清湯塩。
・ラーメンのスープとしてはかなり軽めの味わいだがスッポンの出汁が効いている。野菜の出汁も入っているかも。
・あっさりしていてトロミは無いが、旨味はしっかりしている。塩辛さや刺激感はなく、優しい旨味がメイン。
・ゴマが乗っていてゴマの味がアクセントになっている。
・スープは全然平気で完飲できる。むしろ身体に良さそうかも。

■具材
・チャーシューは薄切り。パサッとしていて肉の風味があるタイプ。
・味玉は黄身が半熟。
・スッポンの皮はコラーゲンでプリプリしていて淡白な味。身も淡白だが少しだけ旨味がある。
・キクラゲはシャキシャキしながら柔らかい歯ごたえ。
・白菜は小さめのカットで甘味がある。
・細モヤシも少し入っている。

■全体的な味の感想
・プリッとした太麺をスッポン出汁のあっさりスープで食べる、優しい味わいの清湯塩ラーメン。
・これだけあっさりしたスープに太麺を合わせているのは、ある意味凄いと思う。

■評価: ★★★☆ (3.5点)

■お店の情報

【西宮市】らー麺専門店どん

らー麺専門店どん 【ラーメン】

ラーメン(650円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2012年1月14日(土)、兵庫県へ遠征。昼の3軒目。

■食べたメニュー
ラーメン(650円)油の量普通

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は13時頃。厨房対面カウンターの空席に座る。
・先客6人。店員さんは2人で、店主さんと女性店員1人。
・厨房内にテレビがあってカウンターから見やすい。
・ラーメンを注文したところ、油の量を「あっさり、普通、コッテリ」の3種類から選択との事だったので、普通を選択。
・注文から着丼まで8分。

■麺
・四角い中細ストレート。
・茹で加減柔らかめで滑らか。四角くて細いので多少の角張り感がありながら、モチャッとした歯ごたえ。
・スープとの絡みは良い。

■スープ
・白濁した鶏白湯醤油。
・上の乳化した油の層と、下のスープの層に分離しており、多少トロッとしているが粘度はそれほど高くない。
・鶏の味わいはある。
・辛くはないが、タレの味が強めで、マッタリとした中に多少のパンチを感じる。

■具材
・チャーシューは肉の風味があるタイプ。かなり薄切りで、スープによく絡んでいる。
・太モヤシが少し入っており、麺に絡んでアクセントになっている。
・青ネギは輪切りで香ばしい。

■全体的な味の感想
・柔らかめの細麺をマッタリとして味付け濃いめのスープで食べる、スタンダードな味わいの鶏白湯ラーメン。
・どちらかと言うと、鶏の味わいの濃厚さではなく、柔らかめの麺とスープとのバランス重視のタイプの鶏白湯のように感じた。
・ヤワ麺と鶏白湯の組み合わせが好きな人向き。

■評価: ★★★☆- (3.3点)

■お店の情報

【西宮市】ラーメンたんろん

ラーメンたんろん 【煮干魂】

煮干魂(特効煮干ラーメン)並(800円)

煮干魂の麺

■来店の経緯等
・2012年1月14日(土)、兵庫県へ遠征。昼の2軒目。

■食べたメニュー
期間限定の「煮干魂(特効煮干ラーメン)」並(800円)
(2012年1月14日~31日の期間限定)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は12時頃。
・先客は5人。店員さんは2人で、店長さんと女性店員1人。
・水は入口横の冷水機でセルフ。
・注文から着丼まで7分後。

■麺
・四角い少し縮れた太麺。
・表面はツルッとしており、ガシッとしていて歯ごたえ強め。
・スープとの絡みはあまり強くなく、あっさりしたスープとのバランス的にはやや強い麺かも。

■スープ
・背脂の浮いた清湯煮干醤油。
・煮干しの匂いはそれほど強くないが、煮干しの味は強めで旨味と若干の苦味の混じったコクがメイン。
・煮干しを生かすためか、味付け自体はおとなしめで醤油ダレはマイルドで塩辛さは無い。
・スープ自体はあっさりしているが、上に大きめの背脂が多数乗っている。個人的には、煮干しの風味を味わうのに背脂が邪魔に感じた。

■具材
・チャーシューは豚と鶏の2種類。豚チャーシューはトロッとして柔らかめ。
・鶏チャーシューは、丸くて外側に皮が付いている。ムチッとしていて淡白ながらコクのある味わい。
・メンマは平べったい。柔らかくて味付き。

■全体的な味の感想
・煮干しの効いたマイルドなスープでガシッとした太麺を食べる、背脂の浮いた煮干し醤油ラーメン。
・煮干しの味はよく出ていて結構良いと思うが、背脂が少し多く感じたかも。

■評価: ★★★☆- (3.3点)

■お店の情報

【西宮市】金田家 さくら亭

金田家 さくら亭 【黒豚ラーメン】

黒豚ラーメン(700円)

黒豚ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2012年1月14日(土)、兵庫県へ遠征。昼の1軒目。

■食べたメニュー
・黒豚ラーメン(700円)麺の固さ:かため
・替え玉(150円)麺の固さ:バリかた

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の10時56分。シャッターポール。
・開店は11時1分。
・厨房対面のカウンター席に座る。店員さんは4人。
・注文から着丼まで7分。

■麺
・丸い細麺ストレート。
・低加水でサクッとしたキレのいい歯ごたえ。バリかたでも粘りが強まらずキレが良い。
・麺の味も旨い。
・スープとの相性も良好。

■スープ
・醤油ダレの白濁豚骨。
・よく乳化していて、少しトロミがあってクリーミーだが、コッテリし過ぎておらずそれほど重たくはない。
・醤油ダレの旨味がやや強めだが、醤油のカドや塩辛さはない。
・豚骨の風味はベースになっているがそれほど前には出ておらず、獣くささは感じない。
・ややドロッとしながら麺も引き立てるバランスのいいスープ。替え玉しても弱まらない印象。

■具材
・チャーシューは大きくて少し厚みがある。脂身少なめで、柔らかいがしっかりした歯ごたえ。タレをまぶして味付けしている。口当たりが良くて旨い。
・キクラゲは麺によく絡む。

■全体的な味の感想
・キレのいい細麺をトロミがあってクリーミーなスープで食べる、バランスのいい豚骨ラーメン。
・スープは豚骨の風味の濃厚さで勝負するタイプではなく、豚骨感とクリーミーさとタレのキレとのバランスがいいタイプ。

■評価: ★★★★ (4.0点)

■お店の情報

【大津市】幻の中華そば加藤屋 県庁前もり~んの章⇒ラーメンモリン

幻の中華そば加藤屋 県庁前もり~んの章 【幻の中華そば】

幻の中華そば(680円)

幻の中華そばの麺

■来店の経緯等
・2012年1月9日(月)、滋賀県へ遠征。晩の2軒目。

■食べたメニュー
幻の中華そば(680円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は18時55分頃。
・壁向きのカウンター席に座る。先客は1人。店員さんは2人。
・注文から着丼まで5分。

■麺
・四角い少し縮れた全粒粉の中細麺。
・ツルツルしていながら多少のザラツキを感じる。粘りのある食感でコシがある。
・麺の味は全粒粉っぽい味。
・スープの鰹の味とよく絡んで持ち上げる。

■スープ
・背脂の浮いた鰹と鶏の出汁の清湯醤油。
・鶏ベースに鰹の濃厚な味が前に出ている。
・醤油ダレは甘めで、塩辛くはないが一味が入っていて若干の刺激感があり、味を壊さない程度のアクセントになっている。
・旨味は穏やかで、鶏と醤油に支えられた鰹の味わいがメイン。

■具材
・チャーシューは薄切りのバラ肉で、肉の味と歯ごたえがしっかりしている。
・メンマは太くて大きく、筋の歯ごたえが強いが、横に切れ目を入れて柔らかくしている。

■全体的な味の感想
・全粒粉の細麺を鰹の効いたスープで食べる、あっさりした旨さの背脂醤油ラーメン。
・昔風のシンプルな味わいで、全粒粉麺と鰹との絡みがポイントになっている。

■評価: ★★★☆ (3.5点)

■お店の情報

【大津市】麺屋レノン

麺屋レノン 【しおラーメン】

しおラーメン(700円)

しおラーメンの麺

■来店の経緯等
・2012年1月9日(月)、滋賀県へ遠征。晩の1軒目。

■食べたメニュー
しおラーメン(700円)
・メニューの説明文には「魚介と豚の清湯スープ 魚介が強めであっさりしています」と書いてあった。

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店直後の18時1分。カウンター席が1席だけ空いていて自分で満席。
・先客は若い人が多く、ライスや唐揚げを一緒に注文している率が高い印象。
・店員さんは2人。
・注文から着丼まで13分。

■麺
・四角い中細ストレート
・加水中ぐらいで黄色く、表面はツルッとしていて、ややモチャッとしながらザクッとしている。
・多少の角張り感はあるが、細いし固くはないので麺の主張はそれほど強くはなく、繊細なスープには合っている。

■スープ
・魚介豚骨出汁の清湯塩。
・油少なめであっさり。塩分少なめで後味も軽め。
・塩のコクは控えめで、何かの醤でも入ってそうな色と味。
・出汁は決して薄くはないが、あまり素材が主張しない繊細な味で、スッキリとした旨味の中に煮干しか何かの魚介の微かなコクを感じる。

■具材
・チャーシューは厚めで、肉の部分の歯ごたえがやや強め。味はあっさりと淡白め。
・味玉は黄身がトロトロで味付き。
・メンマは大きくて、筋の歯ごたえが強く味付けも強め。
・白ネギは細長くカットしていて麺と絡む。

■全体的な味の感想
・細身の麺をあっさりとしたスープで食べる、繊細でセンスのいい清湯塩ラーメン。
・インパクトは無いが、あまりゴテゴテしていないシンプルな味わいは良いと思う。

■評価: ★★★☆ (3.5点)

■お店の情報

【彦根市】麺屋ジョニ- ベルロード店

麺屋ジョニ- ベルロード店 【真空チャーシュー味噌カレーらーめん】

真空チャーシュー味噌カレーラーメン(750円)

真空チャーシュー味噌カレーらーめんの麺

■来店の経緯等
・2012年1月9日(月)、滋賀県へ遠征。昼の3軒目。

■食べたメニュー
真空チャーシュー味噌カレーらーめん(750円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は13時30分頃。外待ちなしで、店内に待ち5人。
・店内で6分待ってカウンター席に座る。
・店員さんは3人。
・数量限定の「真空チャーシュー味噌カレーらーめん」を注文したところ、ラーメンより先にサービスで唐揚げが出てきた。
・注文から着丼まで11分。

■麺
・四角い中太ストレート。
・表面がカチッとしていて、噛むとムチッとして弾力のある強めの麺。
・スープとの絡みはあまり強くなく、やや麺勝ちの印象。

■スープ
・背脂の浮いた白濁味噌カレー。
・マイルドな味噌ダレにカレー粉でスパイシー感を出している。サラッとしていて、麺や具へのカレーの絡みはそれほど強くない。
・カレーの風味がアクセントになっているが、あくまでスパイス程度で辛くはないし、塩分もそれほど強くない。
・味噌ダレはベースになっているが、コクは控えめ。
・獣系の出汁の旨味も控えめで、ややライトでミルキーなあっさりとした味わい。

■具材
・チャーシューは炙っていて香ばしく、歯ごたえは強めでモチッとしている。メニュー写真ではレアながら実物はよく火が通っているが、確かに肉の旨味は閉じ込められていて旨い。
・味玉は黄身がトロトロで味付き。
・メンマは平べったく、柔らかくて味付け濃いめ。
・モヤシが入っていて、麺に絡む。

■全体的な味の感想
・強めの麺をカレーの効いたスープで食べる、マイルドでライトな味わいの味噌カレーラーメン。
・味噌カレーというジャンル自体がこういうものなのかも知れないが、もっとパンチのあるスープの方がこの麺に合う気もする。

■評価: ★★★☆- (3.3点)

■お店の情報

《閉店》【彦根市】肉そば屋にっこう

肉そば屋にっこう 【肉そば醤油】

肉そば醤油(700円)

肉そば醤油の麺

■来店の経緯等
・2012年1月9日(月)、滋賀県へ遠征。昼の2軒目。

■食べたメニュー
肉そば醤油(700円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は12時30分頃。
・カウンター席に座る。先客は2人。店員さんは2人。
・注文から着丼まで10分。

■麺
・平打ちの太麺ストレート。
・滑らかでムチッとして、柔らかいながらしっかりした食感。二郎系の麺を意識しているような印象で、麺の味は強め。
・スープの醤油の味が良く絡んでいる。
・麺の量はやや少なめに感じた。

■スープ
・色の濃い豚骨醤油。
・上にサラッとした油が浮かんでいて口当たりを丸めているが、コッテリはしていない。
・濃口醤油ダレのパンチのあるコクがメインで、やや塩分強め。旨味はそれほど強くない。
・出汁はベースになっているが、それほど濃厚ではなく、タレ勝ちの印象。
・どちらかと言うとシンプルな味わい。

■具材
・肉は薄切りのバラ肉で、しっとりしたしなやかな食感。醤油ダレとの絡みが良い。
・メンマは平べったく、柔らかくて味付き。
・薬味の白ネギはスープによく合っていた。柚子も混ざっていたような気がした。

■全体的な味の感想
・滑らかな平打ち太麺と薄切り肉を醤油のコクがメインのスープで食べる、シンプルな味わいの醤油豚骨ラーメン。
・本店とはかなりイメージが違う。薄切り肉が気に入るかどうかがポイントか。

■評価: ★★★☆- (3.3点)

■お店の情報

【彦根市】ラーメンにっこう 本店

ラーメンにっこう 本店 【鶏白湯塩】

鶏白湯塩(700円)

鶏白湯塩の麺

■来店の経緯等
・2012年1月9日(月)、滋賀県へ遠征。昼の1軒目。4か月ぶり2回目の訪問。

■食べたメニュー
鶏白湯塩(700円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は11時過ぎ。シャッターポール。
・開店は11時32分。カウンター席に座る。後ろには、開店当初から待ちが発生していた。
・店員さんは4人。男性2人女性2人。
・厨房内に「麺屋棣鄂」さんの麺箱が置いてあった。
・注文から着丼まで8分。

■麺
・四角い中太ストレート。
・加水は中くらいで、固くはないがムチッとして歯ごたえ強め。棣鄂さんらしいソリッド感のある食感。
・麺の味はそれほど強くない。
・サラッとしたスープとの絡みはそれほど強くないが、麺の食感が生きていてバランスは悪くない。

■スープ
・白濁した鶏白湯。
・油多めだがサラッとしていて粘度は低め。
・塩のコクは控えめで前に出ておらず塩辛くない。
・マイルドな鶏の旨味メイン。旨味は強すぎず甘味も少なめで、バランス感がある。獣っぽさやコッテリ感は少ない。

■具材
・チャーシューは薄切りのバラ肉。トロトロで柔らかく、味付けはしっかりしていた。
・味玉は黄身がトロトロで味付き。
・昆布の千切りが入っており、麺に絡んであっさりした味わい。

■全体的な味の感想
・サラッとしたスープで歯ごたえ強めの麺を食べる、シンプルな味わいの鶏白湯塩ラーメン。
・ややライトなスープだが、この麺を味わうならこれ位が丁度いいかも。まさしく、このお店の基本のメニューといった印象。

■評価: ★★★☆ (3.5点)

■お店の情報

【名古屋市西区】中華そば 万楽

中華そば 万楽 【ラーメン並】

ラーメン並(480円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2012年1月7日(土)、愛知県へ遠征。晩の2軒目。

■食べたメニュー
ラーメン並(480円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は19時頃。待ち無し。
・最初に店内の券売機で食券を買う。
・カウンターの空席に座る。先客は数えていないが恐らく10人くらい。店員さんは4人で、3人が厨房、1人が奥の製麺室に居た。
・隣の席で注文していたラーメン特大(680円)は洗面器のような大きな丼。
・注文から着丼まで5分。

■麺
・丸い少し縮れた中太麺。
・ツルツル、シコシコして歯ごたえ強め。
・麺自体の味は割としっかりしている。
・スープの油を纏ってツルツルしている。

■スープ
・白濁した豚骨醤油。
・油が浮いているが、それほどコッテリしていない。
・味はマイルドで薄め。醤油のコクは薄めで塩辛くない。旨味もそれほど強くなく、昔風のあっさりとした旨味と甘味。

■具材
・チャーシューは薄くて小さく丸いのが3枚。ペラッとして味は薄め。
・メンマは平べったい。柔らかくて胡麻油の味付き。
・ワカメが入っていて、スープによく合っていた。

■全体的な味の感想
・ツルッとした縮れ麺をマイルドな豚骨醤油スープで食べる、昔ながらの豚骨醤油ラーメン。
・名古屋のソウルフード系のラーメンのように感じた。

■評価: ★★★ (3.0点)

■お店の情報

【春日井市】中華そば はる樹

中華そば はる樹 【中華そば】

中華そば(600円)

中華そばの麺

■来店の経緯等
・2012年1月7日(土)、愛知県へ遠征。晩の1軒目。

■食べたメニュー
中華そば(600円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の17時10分頃。シャッターポール。
・開店は17時29分。
・店内はコの字カウンター席。店員さんは2人で店主さんと女性1人。席に座ると、荷物入れのカゴを出してくれた。
・注文から着丼まで3分。

■麺
・平打ちの少し縮れた中細麺。
・低加水で、粘り感とコシがありながらサクッとした歯ごたえ。
・平打ちの縮れでスープとの絡みも良い。

■スープ
・獣系と野菜と魚介の出汁の醤油ダレ。
・少し赤みを帯びた濃い色で、微かにトロミがある。
・出汁はあまり個々の素材が主張していないマイルドな味わいで、野菜が強いのか甘味がメイン。ドンブリの底には魚粉と骨粉があった。
・醤油ダレもコクよりも甘味が前に出る印象で辛くはない。
・それなりに濃い味ながら、後味はあっさりしている。

■具材
・チャーシューは巻きバラ肉。脂身は柔らかい。肉は柔らかいながらしっかりとした食感。味付けは薄めだが、肉の風味と脂の甘味がきちんと有る。
・メンマは柔らかくて筋の歯ごたえがあり、味付けは薄め。

■全体的な味の感想
・低加水の平打ち縮れ麺を甘くて濃いスープで食べる、マイルドでスッキリした醤油ラーメン。
・高山ラーメンは食べたことが無いが、麺は尾道っぽくて結構気に入った。
・スープは旨味とかコクがもう少し欲しい気もするが、個性的ではある。

■評価: ★★★☆ (3.5点)

■お店の情報

【名古屋市東区】如水

如水 【塩ラーメン】

塩ラーメン(700円)

塩ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2012年1月7日(土)、愛知県へ遠征。昼の2軒目。

■食べたメニュー
塩ラーメン(700円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は13時頃。外待ちは無しで、店内に先客7人待ち。
・店員さんは5人で、男性4人女性1人。店内は座席の上に白熱電球が吊ってあり、シンプルな内装。
・店内で10分待ってカウンター席に座る。席に座ってから注文。
・注文から着丼まで6分。

■麺
・丸い細麺ストレート。
・低加水で少し粘りのあるサクッとした食感。
・麺の味強めで粉の味が旨い。
・スープとのバランスは悪くない。

■スープ
・魚介と獣系のダブルスープの清湯塩。
・魚介が強めで節系がメインか。出汁は濃いめで決して薄味ではないが味はかなり繊細。
・旨味が控えめで、魚介の少し濁った素材感が前に出ていて微かな甘味がある。
・塩のコクはあるが塩辛くはない。
・上に少し油が乗っていて、コッテリまでは行かないが若干の重厚感がある。獣系出汁のベースが効いているのかも。

■具材
・チャーシューは厚さ2~3ミリのバラ肉で柔らかい。味付けはしっかりしているがスープに合わせて控えめな味わい。
・メンマは柔らかいが筋の歯ごたえがある。中の方だけ薄めの味付け。

■全体的な味の感想
・低加水の細麺を繊細ながら重厚な味わいのスープで食べる、魚介の滋味のある無化調清湯塩ラーメン。
・素材がガツンと主張したようなクッキリハッキリした旨さではないが、良質感のある優しい味。

■その他
・食べ終わってお店を出る時、店内で18人待ち。

■評価: ★★★★ (4.0点)

■お店の情報

【名古屋市中川区】麺屋はなび

麺屋はなび 【元祖台湾まぜそば+ど肉+こってり(背アブラ)】

元祖台湾まぜそば(750円)+ど肉(300円)+背アブラ

元祖台湾まぜそばの麺

■来店の経緯等
・2012年1月7日(土)、愛知県へ遠征。昼の1軒目。2か月ぶり2回目の訪問。

■食べたメニュー
・元祖台湾まぜそば(750円)
・ど肉(300円)
・こってり(背アブラ)(100円)※先頭に並んでいたのでサービス

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の10時20分。シャッターポール。お店の前には、椅子(4人分)、温かいお茶、メニューが置いてある。
・開店は10時59分。開店時には後ろに6人待ち。
・最初に店内の券売機で食券を買う。
・カウンター席に座り、食券を渡して注文すると、「先頭で並んでいたのでトッピング100円分サービスします。」と言われ、「こってり(背アブラ)」を選択。また、ニンニクを入れるか聞かれたので、ニンニク入りで注文。
・店員さんは6人。男性4人女性2人。
・注文から着丼まで12分。

■麺
・四角い太麺ストレート。
・モチッとしていて滑らか。固くはないがしっかりしていて、ボリューム感のあるうどんっぽい食感。
・タレとの絡みが良く、ドロドロしたタレに負けていない。

■タレ
・油っぽい、魚粉の効いた穏やかな旨味。
・卵黄と背脂が混ざり込んでドロドロで量が多め。
・台湾ミンチの唐辛子でピリッと辛いが、背脂のせいか全体的にドロッと丸まった味わい。

■具材
・ど肉は、脂身付きの炙った角切りチャーシュー。炙っているので、柔らかいながら表面が少し引き締まっている。
・台湾ミンチはプチッと固いが、今回は背脂のせいか、麺を食べている時はあまりミンチの食感が前に出なかった。
・ネギや海苔はドロッとしたタレに混ざり込んでいた。

■追い飯
・店員さんにドンブリを渡してご飯を入れてもらう方式。ご飯は温かい。ややタレの残量多め。麺の時よりもミンチのプチッとした食感を感じる。

■全体的な味の感想
・モチッとした太麺をドロドロのタレに絡めて食べる、台湾ミンチがアクセントのまぜそば。
・唐辛子でピリッとしながら、激辛までは行かない台湾ミンチの辛さの加減がポイント。
・台湾ミンチや魚粉等とのバランス的には背脂無しの方がいいと思う。初回はデフォで食べてみて、リピート時のお好みで背脂を注文するのが良いのでは。

■その他
・食べ終わってお店を出る時、店内で7人待ち。

■評価: ★★★★☆ (4.5点)

■お店の情報

【大阪市中央区】自家製太麺 ドカ盛 マッチョ 難波千日前店

自家製太麺 ドカ盛 マッチョ 難波千日前店 【ラーメン並】

ラーメン並、ニンニクマシマシ、野菜マシマシ(650円)

ラーメン並の麺

■来店の経緯等
・2012年1月4日の晩、13か月ぶり7回目ぐらいの訪問。

■食べたメニュー
ラーメン並(650円)ニンニクマシマシ、野菜マシマシ

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には先客10人。店員さんは4人。
・最初に店内の券売機で食券を買うが、なぜか千円札使用不可で店員さんに両替してもらう。この日は野菜をガッツリ食べたかったので、並の食券を購入。
・食券をカウンターに出して注文する際にトッピングをコール。
・店内はウナギの寝床でカウンターの後ろの通路が狭い。特に冬は、壁に上着を掛けているので余計に狭い。
・水とティッシュは入口側まで取りに行く必要があるが、箸とレンゲはカウンターの上に置いてある。オシボリ無し。
・注文から着丼まで10分。

■麺
・平打ちの少し縮れた太麺。
・固めのムチッとした麺。歯ごたえがあって噛むとブチッと切れる感じの食感。
・大量の野菜が絡んでも負けない、存在感のある麺。

■スープ
・乳化した豚骨醤油。
・表面に乳化した脂の薄い層があり、その下にトロッとした茶色い豚骨醤油スープの層がある。
・トロミは多少あるが、大量の野菜のせいか、味は薄めで味付けも甘め。マシマシのニンニクを受け止めきれずに、生ニンニクの味と香りに支配されている。

■具材
・豚は脂身少なめの柔らかい仕上げ。トロトロのバラ肉と、ほぐれる食感のウデ肉の二種類。醤油系の味付けの濃い部分と薄い部分とが混在していた。
・野菜はマシマシで量がかなり多い。モヤシ6割、キャベツ4割ぐらいの比率で、キャベツの量が多めながら、程よい茹で加減で食べやすい。
・モヤシは麺とよく絡むが、麺とのバランスは良好。
・生ニンニクは、香味と苦味が強い。

■全体的な味の感想
・固めの太麺に大量のニンニクと野菜を絡めて食べる、野菜補給に最適のラーメン。
・久しぶりに食べたが、相変わらず、粗削りなテイストを感じた。
・並だと脂の量がそれほど多くないので、野菜マシマシで腹一杯になるが、意外とあっさりした後味。モヤシだけじゃなくて、キャベツの量も多いのが嬉しい。
・麺は一昨年の記憶と比較すると、ゴワゴワ感が減って多少滑らかになった気がする。

■その他
・食べ終わってお店を出る時、店内の入口側で5人待ち。

■評価: ★★★☆- (3.3点)

■お店の情報

【奈良市】つけめん・らーめん元喜神

つけめん・らーめん元喜神 【鶏白湯らーめん】

鶏白湯らーめん(650円)

鶏白湯らーめんの麺

■来店の経緯等
・2011年12月31日(土)の昼、大晦日の買い物の帰りに訪問。

■食べたメニュー
鶏白湯らーめん(650円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は12時過ぎ。テーブル席に着席。
・テーブルの上にはつけ麺用のIH調理器が置いてある。
・注文から着丼まで6分。

■麺
・丸い中細ストレート。
・黄色くてツルツル、シコシコしており、固くはないが多少の歯ごたえがある。オーソドックスな麺。
・スープとのバランスは取れている。

■スープ
・醤油ダレの鶏白湯。
・きちんと乳化していてトロミのあるガチの鶏白湯で、野菜出汁も少し入っている感じ。
・鶏の旨味がメインで辛くはない。味の濃さは程々で、醤油も前に出すぎておらずタレと出汁のバランスが取れている。
・獣のクセもなく、脂も多くない。コッテリし過ぎておらず重たさはない。

■具材
・チャーシューはバラ肉。脂身少なめだが柔らかい仕上げで醤油系のしっかりした味付け。
・鶏つくねは柔らかめの食感で、生姜の香味が効いている。
・メンマはポリポリした歯ごたえで味付けは薄め。
・小さな揚げたネギが少し入っており、揚げた油の香りがアクセントになっている。
・細長いカットの白ネギとニンジンは、麺によく絡むが、香味はおとなしめ。
・輪切りの青ネギはスープとよく合っていた。

■全体的な味の感想
・鶏の味わいのトロミのあるスープでオーソドックスな中細麺を食べる、穏やかな旨さの鶏白湯ラーメン。
・スープの方は鶏の旨味がきちんと出ていると思うが、麺の方は普通かも。次はつけ麺を食べてみたい。

■評価: ★★★☆- (3.3点)

■お店の情報

【大阪市生野区】男のラーメン 麺屋わっしょい

男のラーメン 麺屋わっしょい 【男の根性黒醤油】

男の根性黒醤油(麺大盛、肉大盛)(780円)

男の根性黒醤油の麺

■来店の経緯等
・2011年12月下旬の平日の晩、5か月ぶり2回目の訪問。

■食べたメニュー
・男の根性黒醤油(680円)
・麺大盛(200g)(無料)
・肉大盛(100円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には先客10数人で賑わっていた。外待ちはなし。
・お店の外にリストが置いてあって名前を書いたが、それに関係なく、店内のレジの前で待っている順に案内されてカウンター席に着席。
・店員さんは4人で全員男性。サービスの紙エプロンを出してもらった。
・椅子の中が荷物入れになっている。
・店内のBGMは祭りに関係ある曲ばかり流れていた。
・着席から着丼まで27分。ちなみに、店員さんに時間がかかった理由を聞いたところ、厨房で順番を飛ばしてしまったためとのこと。

■麺
・丸い少し縮れた太麺。
・表面ツルツルで滑らかな食感ながら、噛むとコシがある旨い麺。
・スープとのバランスも良好で、油の香味をまとって麺の旨さが引き立っている。

■スープ
・背脂が乗った清湯濃口醤油ダレ。
・獣系出汁ベースに濃口醤油のまろやかなコクで、辛くないスッキリした旨味。
・そこに、具を炒めた油の香味と甘味とニンニクとが効いていて、パンチがある。
・醤油が効いていながら甘旨な味わいで刺激感はない。
・背脂の量は多いが重たくはない。

■具材
・肉は薄切りのバラ肉。モチッと柔らかく炒めている。味付けは薄めで、肉と脂の入り混じったサッパリした味わい。
・野菜はモヤシとキャベツが半々ぐらい。油で炒めてあり、野菜炒め風の味と食感。
・モヤシは太く、麺によく絡む。茹でるよりも味が強くて甘い。
・キャベツも油で炒めてしなやかな食感になっていて、食べごたえがある。

■全体的な味の感想
・滑らかでコシのある太麺をパンチのある甘旨醤油スープで食べる、野菜炒め風味の背脂ニンニク醤油ラーメン。
・具を油で炒めているのがポイントになっている。

■評価: ★★★☆ (3.5点)

■お店の情報
記事リスト
2012年01月の記事
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 05月 【18件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ