【大阪市生野区】《閉店》まるとら本店

まるとら本店 【つけ麺中盛】

つけ麺 中盛(750円)

■来店の経緯等
・2011年12月下旬の平日の晩、1年4か月ぶり2回目の訪問。
・このお店が2011年12月末で閉店になることを知り、今までこのお店では「ふじ麺(二郎インスパイア系)」しか食べたことが無かったので、他のメニューも食べておきたいと思い訪問。

■食べたメニュー
つけ麺中盛(350g)(750円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には先客3人。
・最初に店内の券売機で食券を買うが、万札しか無かったので店主さんに両替してもらった。その際に、つけ麺の麺の量について尋ねたところ、普通(700円)が250g、中盛(+50円)が350g、大盛(+100円)が500gとのことだったので、中盛の食券を購入。
・注文時に、麺は冷たいのと温かいのどちらか聞かれたので、冷たいのを選択。
・注文から着丼まで10分。

■麺
・四角い太麺少し縮れ。
・ややモチッとして当たりは滑らかだが、噛むとコシが強く、グッと沈み込む食感が気持ちいい。
・麺の味も旨い。
・つけ汁とのバランスは良く、麺をつけ汁に少しだけ付けても、ドップリ付けても、どちらも良い感じ。

■つけ汁
・ドロッとした魚介豚骨醤油。
・味付けはマイルドで甘旨。醤油ダレはおとなしめで塩辛さや酸味もない。
・魚介の味もきつくない。海苔の上に乗っている魚粉を混ぜると旨味が増す。
・一味も入っているが、ドロッとした口当たりの良さが前に出ていて刺激感は隠し味になっている。
・つけ汁としてはおとなしめの味ながら麺との絡みは悪くない。前に出すぎずに麺の味を引き立てる感じ。

・スープ割りはブーメラン方式。酸味の程よく抜けた柑橘類の皮が入っていて、サッパリとした味わい。
・スープ割りを完食すると、ドンブリの底に骨粉が溜まっていた。

■具材
・チャーシューは角煮風の厚切り。脂身少なめでトロトロではなくホロホロとしたしっかりめの食感。醤油系の味付けがよく染みている。
・味玉は黄身がトロトロで白身も柔らかめ。

■全体的な味の感想
・コシの強い太麺をマイルドな味付けのつけ汁で食べる、甘旨でドロッとした魚介豚骨醤油つけ麺。
・オーソドックスながらレベルは高いと思った。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報
スポンサーサイト

【奈良市富雄元町】ラーメン家 みつ葉

ラーメン家 みつ葉 【豚CHIKIしょうゆラーメン】

豚CHIKIしょうゆラーメン(700円)

豚CHIKIしょうゆラーメンの麺

■来店の経緯等
・2011年12月の平日の晩、3ヵ月ぶり2回目の訪問。

■食べたメニュー
豚CHIKIしょうゆラーメン(700円)並盛

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は閉店間際。店内で2人待ち。
・7分ほど待ってカウンター席に着席。
・着席から着丼まで4分。

■麺
・四角い中太ストレート。
・ツルッとして硬質な透明感のある麺。コシは強めで、グッと噛んで切れる食感が気持ちいい。
・麺自体の味もしっかりしていて旨い。
・スープとの絡みはそれほど強くないがバランスは悪くない。麺自体の旨さをスープが引き立てる感じの味わい。

■スープ
・白濁鶏豚骨醤油。
・表面の泡が凄いが、スープ自体の粘度はそれほど高くはない。
・醤油ダレの甘めのコクが前に出ていて、獣系出汁の旨味とコクはベースになっているが主張し過ぎない。
・マッタリ感やクリーミーさは控えめで、引き算が出来ていてキレのある味の組み立て。
・スープを完食すると、ドンブリの底に骨粉が溜まっていた。

■具材
・チャーシューはレアでしっかりした歯ごたえ。肉の旨味が閉じ込められたレアな味わいに、コショウがほのかに効いている。
・味玉は黄身がトロトロ。
・メンマは太くて大きく、生姜系の味付け。食感は柔らかいが筋の歯ごたえがあって気持ちいい。

■全体的な味の感想
・硬質な透明感のある麺をまろやかなキレのあるスープで食べる、麺を引き立てる組み立ての鶏豚骨醤油ラーメン。
・3ヵ月前の9月に食べた時よりも、タレがビシッと決まっていた。また、前回感じた獣っぽいクセも今回は感じず、全体的に進化しているように感じた。
・スープの濃さとか旨味の強さではなく、味の組み立てで勝負しているのは好印象。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報

【大阪市東成区】ラーメン人生 JET600

ラーメン人生 JET600 【鶏煮込みそば】

鶏煮込みそば(700円)

鶏煮込みそばの麺

■来店の経緯等
・2011年12月の平日の晩、5か月ぶり2回目の訪問。

■食べたメニュー
鶏煮込みそば(700円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には先客5人。店員さんは4人。
・注文から着丼まで5分。

■麺
・やや平打ちの中太ストレート。
・ツルツルしていてしっかりした麺質だが固くはなく、滑らかでしなやかな歯ごたえ。
・スープとの絡みは良く、スープの旨味と鶏の風味をよく持ち上げる。

■スープ
・ドロッとした鶏白湯。
・表面の乳化した脂の層と、その下の細かい肉片が混じったスープの層に分離している。
・旨味がメインでやや甘味があり辛くはない。脂とゼラチンのとろみで丸まったコクがあり、濃いめながら穏やかでバランスのいい味わい。
・ドロッとして口当たりは良いが、マッタリし過ぎておらず程々の重たさ。

■具材
・チャーシューは柔らかいがしなやかな肉の歯ごたえがあり、脂身の味もしっかりしている。
・メンマは小さくて麺とよく絡む。しなやかで粘りのある食感で味付き。

■全体的な味の感想
・滑らかな麺を旨味メインのスープで食べる、ドロッと甘旨な鶏白湯ラーメン。
・このお店の麺は醤油ラーメンで食べる方が好きだが、こちらもスープの旨味があって悪くない。
・全体的なバランスが良い一杯。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【奈良市中町】無鉄砲 つけ麺 無心

無鉄砲 つけ麺 無心 【豚骨つけ麺】

豚骨つけ麺大盛(950円)

■来店の経緯等
・2012年12月25日(日)の昼間、8か月ぶり2回目の訪問。

■食べたメニュー
豚骨つけ麺 大盛(400g)(950円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は13時15分頃。外に8人待ちで、店内にも待ち客。
・最初に入口のところの券売機で食券を買ってから並ぶ。
・店内で待っている間に店員さんに注文を聞かれる。麺は冷やを選択。つけ汁は豚骨100%と魚介ダブルのうちから豚骨100%を選択。
・40分待ちでカウンター席に着席。サービスの紙エプロンを出してもらう。
・着席から着丼まで11分。

■麺
・四角い太麺ストレート。
・表面はツルッとしているが、ガシッとしていてコシもそこそこあり、噛みごたえがある。
・モチモチ感はあまりないかも。
・麺の味は強めで粉の味が旨い。
・つけ汁との絡みはあまり強くない。麺をつけ汁に少しだけ付けてもあまり味が乗らないが、ドップリ付けると塩気と豚骨の風味が麺に絡んで丁度いい。

■つけ汁
・白濁豚骨出汁の醤油ダレ。
・ドロッとしているが脂は少なめで豚骨の味わいがある。穏やかな旨味で獣臭さは無い。
・味付けは塩気がやや前に出て醤油のコクは控えめ。
・柚子の風味が少し効いているが、一味は豚骨で丸まっているせいかあまり感じず、刺激感はない。
・味の濃さは、そのまま飲むと少し濃い程度で、つけ汁としてはおとなしめかも。

・スープ割りは鶏スープを選択。旨味は強まるが豚骨の風味は薄まる。
・スープ割りを全部飲むと、ドンブリの底に微かな骨粉。

■具材
・チャーシューは四角いカットで、脂身混じりで柔らかい。味付けは薄めで、炙った香ばしさを少し感じた。
・メンマは平べったくて小さい。柔らかくてしなやかな食感。

■全体的な味の感想
・ツルッとした太麺を豚骨のつけ汁で食べる、ドロッとしたガチ豚骨つけ麺。
・つけ汁は旨味よりも、ドロッとした豚骨感を大事にしている。魚介豚骨醤油のような麺を引き立てる系ではなく、麺に絡んだつけ汁を麺と一緒に味わう系。
・8か月前の初訪時とは全く違う印象を受けた。お店の味が変わったのか、それとも、自分の味覚が変わったのか…。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【大阪市中央区難波千日前】中華そば 〇丈⇒麺屋 丈六

中華そば 〇丈 【ボンjoeルノ】

ボンjoeルノ(1100円)

■来店の経緯等
・12月23日(祝日)の昼間、所用で難波まで出たついでに、期間限定メニュー「ボンjoeルノ」を食べようと思い、訪問。

■食べたメニュー
期間限定の裏メニュー「ボンjoeルノ」400g(1100円)
(2011年12月22日~30日の期間限定)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は12時40分頃。外に3人待ち。
・13分待ちでカウンター席に着席。店員さんは3人体制。
・mixiコミュ参加400人&移転1周年記念メニューの「ボンjoeルノ」を麺の量400gで注文。ちなみに、店主さんの話では、締めご飯付きなので250gぐらいがお勧めとのこと。
・注文から着丼まで13分。

■麺
・つけ麺用の麺。平打ちの太麺ストレート。
・透明感があって緩めのしなやかなコシと弾力があり、ムニュッとしてしっかりした歯ごたえ。
・麺の味は旨い。プリッとした透明感のある味。一口目は少しだけ塩気を感じる。

■つけ汁
・トマト味。トマトの酸味とほんのりした甘さに、出汁の旨味が加わってサッパリした味わい。若干まろやかだがあっさりしている。
・乾燥バジルの香味も控えめに効いていてアクセントになっている。
・塩分は控えめで刺激感はあまり強くなく、旨味と酸味とのバランスが取れている。
・そのまま飲んでも旨い味の濃さで、また、そんなにピリッとしていないので、つけ汁としてはややおとなしめ。麺をつけ汁にしっかり付ける向きの味。

■具材
・牡蠣は「広島」と同じく5個で、旨味が身の中に閉じ込められている。トマトの味はあまり絡まずに牡蠣自体の旨さが味わえる。
・細長いカットのネギは、つけ汁のトマト味と絡んで野菜として旨い。
・メンマも入っているが、トマト味と絡むと目立たないかも。

■締めご飯
・麺を食べた残りのつけ汁に、割りスープ無しでそのまま締めのご飯を入れてもらった。
・本来は、さらにチーズをトッピングしてから温めてチーズリゾット仕立てにするが、チーズ抜きでお願いした。
・つけ汁はご飯を入れてちょうど良い味の濃さで、ご飯とよく合っていた。

■全体的な味の感想
・しなやかなコシのある太麺をマイルドなトマトつけ汁で食べる、締めご飯付きのトマト牡蠣つけ麺。
・締めご飯付きで、しかもつけ汁が締めご飯に合わせた味の濃さなので、麺を400gも食べる向きのメニューではないかも。店主さんのお勧め通り、250gぐらいが丁度良い気もする。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報

【大阪市中央区日本橋】煮干しらーめん 二代目 玉五郎

煮干しらーめん 二代目 玉五郎 【煮干しラーメン】

煮干しラーメン(680円)

煮干しラーメンの麺

■来店の経緯等
・2011年12月の平日の晩に訪問。
・玉五郎さんの系列ではつけ麺しか食べたことがなかったので、ラーメンを食べてみようと思って訪問。

■食べたメニュー
煮干しラーメン(680円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には先客1人で、後から4人入ってきた。店員さんは2人。
・最初に券売機で食券を買う。
・注文から着丼まで3分。

■麺
・丸い中細の少し縮れ麺。
・表面はツルツル、プリプリしているが、モッチリした粘りのある歯ごたえでコシがある。
・スープとのバランスは良好。

■スープ
・獣系ベースに魚介が効いており、白濁していて茶色い。
・味付けは濃いめで、タレは色的には醤油ダレかとも思ったが、甘くて醤油のカドや辛さはない。そこに魚介の味わいが加わってかなりの甘旨。
・煮干しの苦味やエグミはなく旨味強めのテイスト。油の甘味もある。
・スープを飲み干すと、底に黒胡椒が溜まっていてピリッとした。

■具材
・チャーシューは1枚で、柔らかいハム風のプリプリした歯ごたえ。味付きで肉の風味が強い。
・メンマは柔らかく粘りのある歯ごたえで、ゴマ油系の味付き。
・ナルトはしなやかな弾力があった。

■全体的な味の感想
・ツルッとしてコシのある縮れ中細麺を甘旨のスープで食べる、旨味の強い白濁魚介ラーメン。
・煮干し感があまり無いような気もするが、旨味の強いスープで麺をサクッと食べられる。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【大阪市中央区高津】らーめんstyle JUNK STORY

らーめんstyle JUNK STORY 【ジンジャーブラック】

ジンジャーブラック(800円)

ジンジャーブラックの麺

■来店の経緯等
・2011年12月の平日の晩、12月の限定メニューを食べようと思い訪問。

■食べたメニュー
12月の期間限定「ジンジャーブラック」(800円)中盛り
・メニューには「スタッフ モリゾーさんの『ジンジャーブラック』800円半玉付き。生姜の効いた、濃いめの醤油ラーメンです。」と書いてあった。

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には先客無し。店員さんは3人。
・注文から着丼まで7分。

■麺
・四角い中太ストレート。
・黄色くて、加水はやや低め。
・しっかりしていて弾力のある麺だが、固くはなく、滑らかさも持ち合わせている。滑らかな弾力の気持ちいい歯ごたえ。
・麺の味は強めでしっかりしている。
・スープとのバランスは良好で、生姜の風味をよく持ち上げていた。

■スープ
・生姜の効いた濃口醤油。温度高め。
・獣系出汁がベースで、醤油は濃口だがまろやか。
・生姜と一味で刺激感は強いが、スープの旨味とのバランスが取れていて、塩分はそれほど強くない。
・生姜のサッパリした甘い風味がいいアクセントで食欲をそそる。

■具材
・レアチャーシューは、しっかりしていてしっとりした歯ごたえ。肉の旨味が閉じ込められた生ハム風の味で、スープの熱さで煮えて来る。
・味玉は黄身がトロトロで醤油系の味付け。
・メンマは小さめで平べったく、ポリポリした歯ごたえ。
・輪切りの白ネギはシャクッとした食感で、スープによく合っていて薬味の役割を果たしていた。

■全体的な味の感想
・しっかりした弾力のある麺を生姜の効いたスープで食べる、スッキリと甘辛い濃口醤油ラーメン。
・生姜の風味が素晴らしい。麺の強さと滑らかさのバランスも良い。
・これはオススメ。

■お気に入り度: ★★★★★★ (6.0)

■お店の情報

【大阪市中央区難波千日前】中華そば 〇丈⇒麺屋 丈六

中華そば 〇丈 【キムラ君】

キムラ君(900円)

キムラ君の麺

■来店の経緯等
・2011年12月の平日の晩、期間限定のキムラ君を食べようと思い、訪問。

■食べたメニュー
キムラ君(900円)
(2011年12月30日までの期間限定)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時は先客6人。待ち無しでカウンター席に座る。
・注文から着丼まで13分。

■麺
・平打ちの太麺ストレート。
・油をまとってヌルヌルしている。しなやかなコシのある麺でそんなに固くない。

■タレ
・ラー油混じりの油と味噌との2層構造。油と味噌とは完全には混ざり合わない感じで、ヌルヌルはしているがドロドロはしていない。
・味噌は赤味噌系の味わいで、やや辛めの味噌のコクと旨味を感じる。甘味は少なめ。
・油はサラッとした油とラー油とが混じっている。
・ラー油は、一味とかが入っておらず油だけなので、それほど前にガツンと出ない控えめな辛さだが、じんわりと効いている。

■具材
・チャーシューはバラ肉2枚とモモ肉1枚で、フライパンでソテーしている。
・バラ肉は歯ごたえが強く、焼いた脂の香ばしさと甘さが印象的。
・モモ肉は、ソテーした豚肉のしっかりした歯ごたえと肉の旨味がある。
・味玉は、黄身が半熟で味付けなし。
・メンマは小さくて細い。柔らかいが筋の歯ごたえがある。
・キムチは、味噌のせいか、あまり目立たない感じかも。

■全体的な味の感想
・しなやかなコシのある太麺をコクのある味噌とラー油混じりの油で食べる、ジワッと旨辛い味噌和え麺。
・夏に食べた時は味噌の甘めのコクを感じたが、今回は辛めのコクが強かったように感じた。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報

【松阪市】麺や 青雲志

麺や 青雲志 【まぜそば+激辛台湾ミンチ】

まぜそば(580円)+激辛台湾ミンチ(200円)

まぜそばの麺

■来店の経緯等
・2011年12月17日(土)の夕方、2か月ぶり、4回目の訪問。2杯食べたうちの2杯目。

■食べたメニュー
・まぜそば(580円)
・追加トッピングの「激辛台湾ミンチ」(200円)

■お店への到着から着丼までの概要
・1杯目の「ヘルシー鯛塩らぁ麺」を食べた後、追加で注文。
・先月、名古屋の「麺屋はなび」さんで食べた台湾まぜそばが気に入ったので、台湾ミンチ入りのまぜそばを食べてみたくなり、注文。
・激辛台湾ミンチと生卵は別皿で提供されるので、最初から両方とも混ぜて食べた。

■麺
・四角い平打ちの太麺。
・割とカチッとしていて歯ごたえ強め。モチモチ感はあまり無いかも。
・平打ちで、タレとの絡みは良い。

■タレ
・台湾ミンチ入りで、辛いというよりもスパイシーな味わい。
・油の量は少なめで、他のお店の汁無しと較べるとややぎこちないので、個人的には、最初から生卵を混ぜて丁度いい感じ。
・タレ自体の味はそれほど濃くない感じで、台湾ミンチの旨味と山椒混じりのスパイシーさがメイン。ただし、ミンチの食感の方はそれほど目立たない感じだった。

■具材
・チャーシューは短冊切りで太い。しっかりした歯ごたえながら柔らかく仕上げられていて、ハムっぽい肉の旨味がある。
・メンマは太くて大きい。柔らかいが筋の歯ごたえがあり、生姜系の味付け。
・ベビースターラーメンはカリッとした食感担当。

■全体的な味の感想
・カチッとした平打ち麺を油少なめのタレに絡めて食べる、台湾ミンチのスパイシーさがガツンと効いたまぜそば。
・チャーシューやメンマが太めの短冊切りなのは良いと思った。以前に食べたチョモランマだと、具を味わっている余裕があまり無かったが、普通のまぜそばだと、きちんと存在感があって旨い。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【松阪市】麺や 青雲志

麺や 青雲志 【ヘルシー鯛塩らぁ麺】

鯛塩ヘルシーらぁ麺(830円)

鯛塩ヘルシーらぁ麺の麺

■来店の経緯等
・2011年12月17日(土)の夕方、2か月ぶり、4回目の訪問。2杯食べたうちの1杯目。

■食べたメニュー
ヘルシー鯛塩らぁ麺(830円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の16時40分頃。シャッターポール。ちなみに、土曜日の夕方営業は2011年12月末で終了とのこと。
・開店は17時。
・つけ麺NEOを食べたかったが、昼営業時に売切れたとのことで、杯数限定の「ヘルシー鯛塩らぁ麺」を食べることにした。券売機にボタンがないので、お店の人に聞いたところ、塩らぁ麺(680円)とチャーシュー(150円)の食券を買って注文するとのこと。
・注文から着丼まで4分。

■麺
・四角い中細ストレートで、春雨混じり。
・ツルツルしていてしなやかで弾力が強く、プルンとした弾力と食感。噛みしめる食感が気持ちいい。
・麺の味は春雨風でおとなしめ。食感メインの味わい。
・スープの油がよく絡んでツルツル。

■スープ
・鯛の風味が濃厚な清湯塩。
・スープの色は、塩ラーメンの割には濃いめ。
・塩のコクや辛さは控えめで、繊細な旨味で鯛の風味を生かしている。
・その一方で、油が入っていて、口当たりを滑らかにしている。
・ドンブリの底に骨粉があったが、動物系の出汁は入っておらず、魚介由来のものであるとのこと。

■具材
・糸唐辛子は、今までに食べたラーメンでは辛いと思った事がないが、このラーメンは味が繊細なので、普段は感じない辛味を感じた。
・メンマは細長くて小さく、ポリッとした食感。スープが繊細なので、メンマの味付け具合が良くわかった。

■全体的な味の感想
・ツルッとしなやかな食感メインの麺を鯛の風味が濃厚なスープで食べる、繊細な旨味の鯛塩ラーメン。
・かなりユニークで独創的なラーメン。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報

【津市】有機栽培野菜のラーメン すみれ

有機栽培野菜のラーメン すみれ 【新みそ3】

新みそ3(800円)

新みそ3の麺

■来店の経緯等
・2011年12月17日(土)、三重県へ遠征。昼の2軒目。

■食べたメニュー
限定?の「新味噌3」(800円)
・メニューには「(旨辛みそにて候)自家製食べるらーゆと伊勢志摩産青さ入り」と書いてあった。

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は12時40分頃。店内のリストに名前を書いてから外で待つ。先客は11組25人とかなりの人気店。
・リストには交通手段と車のナンバーを書く欄があり、車の中で待っていても店員さんが呼びに来てくれるシステム。
・この日は車ではないので、風除室でメニューを見ながら待っていると、待っている間に先に注文を聞かれた。
・到着から40分でカウンター席に座る。案内された席には先に布オシボリと冷たい薄いお茶が置いてあった。
・店内は、島型のカウンター14席と、6人用小上がり3卓。店員さんは8人と多く、うち6人が女性。
・着席後、店員さんが荷物入れのカゴを持って来てくれた。
・着席から着丼まで8分。

■麺
・丸い中細の少し縮れ。
・少し黄色くてツルツル、シコシコしている。
・柔らかくはないがそれほど固くもない。モチャッとした歯ごたえでコシも強くない、オーソドックスな麺。
・スープとのバランスは悪くない。

■スープ
・白濁豚骨ベースのピリ辛味噌。
・甘めの味噌のコクがある。ピリッとした中にミルキーでマッタリとした旨味と甘味があって、そんなに刺激は強くない。
・辛味と旨味甘味とのバランスのいい旨辛味で、塩辛さはない。
・油もそれほど多くはなく、スープを全部飲んでも後味は重たくない。
・また、厨房は見えないが、スープをフライパンで炒めているような感じで、スープの中にミンチ肉と玉ネギが入っていた。ミンチ肉は旨味が強い。玉ネギは細切れで、よく火が通っていて柔らかい。

■具材
・チャーシューは薄いバラ肉。柔らかいが肉の部分がメインで肉の味わいがある。デフォだと1枚だけで、量的に物足りないかも。
・味玉は黄身が半熟で味付き。
・メンマは平べったくポリポリとした歯ごたえ。
・ネギは細長いカットで、麺とよく絡んでサッパリとした味と食感。
・あおさ海苔はスープに溶けて、海苔の優しい味わい。

■全体的な味の感想
・ツルツルとした麺をピリッとしながらマッタリとしたスープで食べる、ソフトな刺激の旨辛味噌ラーメン。
・パンチとかインパクトはないが、良質で優しいテイスト。
・ボリュームも少なめで、見た感じ、ライスと唐揚げ付きのセットメニューで注文しているお客が多かった。

■その他
・食べ終わってお店を出たのは13時40分頃で、10数人待ち。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【津市】博多一丁

博多一丁 【博多ラーメン】

博多ラーメン(600円)

博多ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2011年12月17日(土)、三重県へ遠征。昼の1軒目。

■食べたメニュー
・博多ラーメン(600円)麺の固さ:かためん
・替え玉(120円)麺の固さ:ばりかた

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の10時30分。シャッターポール。
・お店の外に飲料の自販機があり、店内持ち込みOK。
・開店は11時。
・厨房対面カウンター5席のほか、テーブル席もある。店員さんは4人で、男性2人女性2人。
・店内の内装は木を多用したレトロ風。
・麺は博多から直送とのことで、榎田製麺と書いた麺箱が置いてあった。
・スープは、下処理に1日、炊き込みに1日、熟成に1日で、完成までに3日かかるそうで、1日120杯限定。
・店員さんの接客は丁寧で気持ちいい。

■麺
・細麺ストレート。博多ラーメンの中では太い方かも。
・かためんでは、やや粘りのある食感でそれほどザクッとはしていない。低加水ながら粉っぽさはなく、キレの良さはあまりないかも。
・麺の味はそこそこ感じる。
・クリーミーなスープとの相性は良好で、スープと絡んで塩気とコクを持ち上げる。

・替え玉(ばりかた)では、粘りよりもザクッとした歯ごたえが前に出て来る。替え玉のせいか、スープとの絡みは少なめで、よりストレートに麺の味を感じる。

■スープ
・塩っ気の効いたトロッとクリーミーな白濁豚骨。
・よく乳化していて、上の方と底の方の粘度は同じ。カロリー高め。
・マッタリとした旨味があり、塩気が前に出ているが丸みがあって辛くはない。
・豚骨の風味を感じるが、獣臭さはない。
・スープを全部飲むと後味は結構重たい。ドンブリの底に骨粉なし。

■具材
・チャーシューは、薄切りのバラ肉。トロトロで柔らかい。味付けは薄く、肉の風味と脂身の甘味がある。
・キクラゲは量が多く麺によく絡む。味と食感はおとなしめ。

■全体的な味の感想
・低加水の細麺をクリーミーなスープで食べる、臭みはないけど豚骨の風味のあるガチ豚骨ラーメン。
・麺はキレの良さよりも、クリーミーなスープとの相性を優先している感じがした。
・ややマッタリ気味ながら、豚骨の味わいが素晴らしい。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【奈良市富雄北】ジャンク屋 哲

ジャンク屋 哲 【ジャン哲ラーメン】

ジャン哲ラーメン(800円)

ジャン哲ラーメンの麺

■来店の経緯等
12月の平日の晩、今度は飲まずに食べようと思い、2日連続で訪問。

■食べたメニュー
終日限定20食の「ジャン哲ラーメン」(800円)
・メニューには「ド豚骨&魚介 トローンと仕上げました」と書いてある。

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は19時30分頃。待ち無しで奥のカウンター席に座る。先客6人。
・「ジャン哲ラーメン」を注文。店員さんの説明では、ドロッとしたスープなのでモヤシはちょい増しまでしかないとのこと。ニンニクを入れた以外はデフォで注文。
・注文から着丼まで9分。

■麺
・平打ちの少し縮れた太麺。
・程々にガシッとしているが滑らかでゴワゴワはしていない。モチモチ感はあまり無いかも。
・麺の味はややおとなしめ。
・スープとの絡みが良く、スープの旨味とトロミをまとっていて旨い。

■スープ
・熱くてトロッとした白濁豚骨魚介。
・魚粉入りで魚介の旨味がプラスされており、旨味が強いが、魚粉が強すぎないのがいい。
・コッテリしていて味付けは濃いめだが、口当たりは丸まっている。
・豚骨の風味はそれほど強くなく、トロミと旨味メインの味わい。
・背脂入りだがスープ自体はそれほど重たくはない。
・生ニンニクはスープに受け止められており、あまり前に出ない。

■具材
・チャーシューはトロッとして脂身多め。二郎系としては薄切りでカットも小さめ。
・野菜はモヤシメインでキャベツは少ない。茹で加減はちょうど良い。
・モヤシは麺とよく絡むが、適度に柔らかくて量も多くないので、麺との食感のバランスは悪くない。スープとのバランスも取れており、トロッとした豚骨魚介スープとの絡みも良好。

■全体的な味の感想
・程々にガシッとした太麺にドロッとしたスープが絡む、コッテリとした旨さの豚骨魚介白湯ラーメン。
・太麺とコッテリスープとの絡みの旨さが素敵だが、もはや二郎インスパイア系とは違うジャンルのラーメンかも。
・普通のラーメンよりも、ジャン哲ラーメンのスープの方がこのお店の麺に合っていると思う。

■その他
・食べ終わってお店を出た時、外に4人待ち。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報

【奈良市富雄北】ジャンク屋 哲

ジャンク屋 哲 【カレーラーメン】

カレーラーメン(700円)

カレーラーメンの麺

■来店の経緯等
12月の平日の晩、飲んだ後の〆で10ヵ月ぶりに訪問。

■食べたメニュー
カレーラーメン(700円)
(野菜ちょい増し(500g)、ニンニク増し増し、カツオ増し、麺の量大盛り)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は21時45分頃。待ち無しでカウンター席に座る。
・店員さんは2人。店主さんと男性店員。先客は6人で若い男性が多い。
・食券制ではなく、メニュー注文時にトッピングもコールする方式。
・飲んだ後なので、味の濃いメニューをと思い、カレーラーメンを注文。
・注文から着丼まで9分。

■麺
・平打ちの少し縮れた太麺。
・ガシッとした麺だが、二郎系統のラーメンとしては、そこそこ滑らか。
・カレースープのせいか、あまり主張しない感じで、モヤシの量の多さに負け気味かも。
・でも、大盛りなのでボリュームはある。おとなしいながらお腹にガツンと来るタイプ。

■スープ
・獣系ベースでカツオの効いたカレー味。
・カレーはそれほど辛くはないが、カレー粉の風味が濃厚で前に出ている。
・カツオとニンニクもよく効いていて、キリッと引き締まった和風カレーテイスト。
・あまりドロッとしておらず、出汁の丸みや旨味は控えめ。
・麺に対しては濃いめの味だが、野菜に対しては丁度いい味の濃さ。

■具材
・チャーシュー厚さ2~3ミリのバラ肉で、柔らかくトロッとした仕上がり。味わいは煮豚風だが、二郎系統のラーメンとしては薄切りだしカットも小さめに感じる。

・野菜は500gで量が多い。モヤシがメインだが、キャベツも若干入っている。
・野菜の茹で具合は、生っぽくないが柔らか過ぎずにちょうど良い。カレースープとの絡みも良好。
・モヤシは麺によく絡む。存在感で麺に勝っているように感じた。

■全体的な味の感想
・程よく茹でた野菜をカレーの風味が濃厚なスープで食べる、モヤシが主役の二郎インスパイア系カレーラーメン。
・個人的には、二郎(インスパイア)系は野菜よりも豚を重視しているが、このお店に関しては、豚よりもモヤシを楽しむお店だと認識している。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【有田郡有田川町】麺dining月乃家

麺dining月乃家 【濃厚つけ麺・全粒粉・満月】

濃厚つけ麺・満月(1050円)

■来店の経緯等
2011年11月の夕方、3か月ぶり2回目の訪問で2杯食べた内の2杯目。

■食べたメニュー
濃厚つけ麺・全粒粉・満月(400g)(1050円)

■お店への到着から着丼までの概要
・1杯目の「特濃」を食べた後、追加で注文。
・麺は2種類ある内から全粒粉を選択し、麺の量は、400gの「満月」を選択。
・店主さんに、全粒粉と合うつけ汁を聞いてみたところ、濃厚を勧めてくれたので、それを注文。
・注文から着丼まで14分。

■麺
・四角い太麺ストレート。
・加水高めでみずみずしく、少しモッチリした歯ごたえで固くはない。
・麺の味は全粒粉の味で、何も付けずにそのまま食べても旨い。
・ただし、それほど太くないし、味も強くないので、麺をつけ汁に半分くらい付けて食べるのが旨い。
・400gで頼んだせいか、後半麺が乾いてくるが、ドンブリの底に溜まっている水と絡めると復活し、最後までノド越し良好だった。

■つけ汁
・いわゆる魚介豚骨醤油で、魚粉がよく効いていて味が濃い。
・獣系のマッタリさとコクがベースで、塩辛さと魚粉の味が強め。
・麺によく絡み、全粒粉の麺に対して強めの味。

■具材
・具は別皿で、店主さんの話では、お客の要望で別皿にしたとのこと。
・チャーシューは、レアチャーシューとラーメンと同じタイプの2種類。
・レアチャーシューは、縁のハーブが効いていて、味付けは薄めだが肉自体の味がしっかりしている。
・ラーメンと同じタイプのチャーシューは、歯ごたえはしっかりながらややしっとりしていた。味付けは薄めで、肉自体の旨味と油の甘味の味わい。
・味玉は味付けが薄めながら、黄身の食感がしっとりしていて旨い。
・メンマは軽く味付けしてあり、ポリポリしてやや粘りのある歯ごたえ。
・水菜はシャキシャキしていて歯ごたえが良い。

■全体的な味の感想
・みずみずしい全粒粉麺を魚粉の効いた味の濃いつけ汁で食べる、豚骨魚介醤油つけ麺。
・3ヵ月前(8月)に初めてつけ麺を食べた時と較べると、明らかに麺が進化しているように感じた。
・麺は素晴らしいが、つけ汁がドロッとして味付けの濃いタイプなので、繊細な麺に対して強すぎるような気もした。とはいえ、つけ汁の味が強いのは、つけ具合の調節で対応は可能。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【有田郡有田川町】麺dining月乃家

麺dining月乃家 【特濃】

特濃(750円)

■来店の経緯等
2011年11月の夕方、3か月ぶり2回目の訪問。2杯食べた内の1杯目。

■食べたメニュー
特濃(750円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には先客2名。
・店員さんは3名。店主さんと男性1名、女性1名。
・お客はテーブル席が常に埋まるくらいのペースでコンスタントに来店。皆地元客のようで、店主さんや女性店員さんが一人一人に親しげに声を掛けていた。
・注文から着丼まで10分。

■麺
・丸い中太ストレート。
・そんなに固くないが、ザクッとして気持ちのいい歯ごたえ。
・スープの持ち上げが良く、麺とスープとのバランスも良好。

■スープ
・醤油ダレの白濁豚骨。
・麺は熱く感じたが、スープはぬるく感じた。
・ややオイリーだが、思ったほどコッテリしておらず重たくはない。
・味付けは控えめで塩辛くない。旨味と油の甘味がメイン。
・マッタリとしたマイルドな豚骨感で、ポタージュっぽい口当たり。
・骨粉感はあるがザラザラはしておらず、底に溜まっている骨粉の量は少ない。

■具材
・チャーシューはしなやかで柔らかく、味付け薄めで肉の風味が気持ちいいタイプ。
・味玉は黄身が半熟で味付き。
・メンマは平べったく、ポリポリとした歯ごたえ。
・海苔は味付きで、薄いがしなやか。

■全体的な味の感想
・マッタリとしたスープに歯ごたえのいい麺を合わせた、優しい味わいの濃厚豚骨ラーメン。
・ガチの豚骨ながら、臭みや骨粉をなるべく取り除いた、丁寧な仕事。
・個人的には、もう少し豚骨の風味がガツンと効いている方が好みだが、こういう系統の味も有りだと思う。見た感じでは一番出ていた人気メニュー。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【奈良市尼辻町】まりお流

まりお流 【超濃厚ブラックまりおつけ麺】

超濃厚ブラックまりおつけ麺(1260円)

■来店の経緯等
・2011年12月の平日の晩、週替わりの創作ラーメンを食べるために訪問。

■食べたメニュー
今週の創作「超濃厚ブラックまりおつけ麺」(1260円)
(2011年12月9日から1週間の期間限定)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は20時40分頃。待ち無しでカウンター席に座る。
・2日前の土曜日は満席で待ちも出ていたが、この日は平日のせいか、半分くらいの席が埋まるくらいのお客の入り。
・「今週の創作」は、店内のメニューに書いてない裏メニュー扱い。
・注文から着丼まで6分。

■麺
・四角い少し縮れた太麺。
・全粒粉で、本来はややゴワッとした麺質っぽいが、お湯の中に入っていて温かくモチッとしている。
・表面はお湯で少しヌルッとしていて、歯ごたえはモチモチっとした弾力がある。
・麺の味は、全粒粉っぽい味だが薄めに感じた。
・つけ汁との絡みは弱めで、つけ汁にドップリ付けて食べる向き。

■つけ汁
・トロっとした豚骨出汁の濃口醤油。
・黒い醤油ダレが前に出ていて醤油のコクが強いが、それほど辛くない。
・豚骨ベースでトロミと旨味甘味があり、ボディのしっかりした厚みと丸みのある味。豚臭さはない。
・背脂が乗っているが、それほどコッテリしていない。
・ラーメンのスープでも行けそうな味の濃さで、つけ汁としてはやや大人しい味かも。
・つけ汁の量は、麺に対してかなり多い。
・容器の底に骨粉が溜まっていた。

■具材
・薄切りの並チャーシューは、つけ汁の醤油ダレがよく馴染んでいた。
・コンニャク玉が入っていて熱々だった。
・鶏皮餃子が入っていた。つけ汁の味が染みておらず、中身の餡はキメが細かくて柔らかく、香味の効いたサッパリした味わい。
・味玉は黄身が半熟。
・メンマも入っていた。

■全体的な味の感想
・お湯に入れてモチッとさせた全粒粉麺をトロッと旨いつけ汁で食べる、スープが主役の豚骨濃口醤油つけ麺。
・つけ汁が、つけ汁の役目というよりはスープとして旨く、量も多いのが個性的。また、全粒粉麺をお湯に入れて出すのも発想として面白いと思った。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【大阪市東成区】三谷製麺所

三谷製麺所 【つけめん】

つけめん(600円)

■来店の経緯等
・2011年12月11日(日)、所用で大阪に出た際の昼食で。2か月半ぶり3回目の訪問。

■食べたメニュー
つけめん(600円)200g
替え玉(100円)150g

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は12時30分頃。外待ち無しで店内に2人待ち。
・カウンター席に座ったのは12時47分。
・店員さんは2人。店主さんと女性店員1人。
・注文から着丼まで7分。

■麺
・麺は四角い中太ストレート。
・ツルツルしてみずみずしい、透明感のある麺質。
・滑らかで硬質なコシがあり、プツンとした気持ちいい歯ごたえ。
・麺の味も透明感のあるサラッとした旨さ。つけ汁に半分くらい付けてスルスル食べられる。

■つけ汁
・鶏清湯ベースの醤油ダレ。魚粉も少し入っている。
・旨味と甘味があり、塩辛さや醤油のカドはない。
・酸味と一味の刺激が強い。一口目はそれほどではないが、だんだん刺激が効いてくる。
・麺を少しだけ付けて食べれば、替え玉を食べてもつけ汁は温かいまま。

■具材
・鶏モモ肉は脂身付き。以前に食べた時は弾力があってジューシーに感じたが、この日は、よく煮込まれていたせいか柔らかめでジューシー感は少なめ。
・味玉は黄身がトロトロで柔らかかった。

■全体的な味の感想
・透明感のある麺を酸味の効いたつけ汁で食べる、サラッと旨い清湯つけ麺。
・久々に食べたけど、やっぱり旨い。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報

【奈良市尼辻町】まりお流

まりお流 【貝醤油ブラック】

DSCN4359.jpg

■来店の経緯等
・2011年12月10日(土)、晩に訪問。

■食べたメニュー
貝醤油ブラック(濃度2)(1260円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は20時過ぎ。外に11人待ち。リストに名前を書いて待つ。
・入店は20時19分。カウンター席に座る。
・店員さんは8人。全員男性。
・ラーメンの盛り付けは店主さんが行っていた。
・入店から着丼まで13分。

■麺
・四角い太麺ストレート。
・ツルツルしていて弾力がありモチッとした歯ごたえ。
・このラーメン専用の麺ではなく、他のラーメンと同じ麺だと思う。

■スープ
・黒コショウの効いた濃口醤油。背脂がトッピングしてある。
・黒コショウがかなり強い。
・醤油ダレの味も濃くて強いが、塩分はそれほど多くなく塩辛くはない。
・貝出汁の旨味をベースに感じる。ピリッとした中にも旨味と甘味がある。
・どちらかと言うとシンプルな味わい。
・スープの量は多いが、飲んでも意外と後味はきつくない。

■具材
・並チャーシューは薄切りだが弾力があり、肉の風味が残っている。
・バラ肉は厚くて大きい。トロトロで柔らかく、味は薄め。
・煮卵は1個入っていて、黄身は半熟。
・メンマは太くて大きい。味付けは薄いがタケノコの風味がある。
・エリンギが入っていて、淡白な味と食感がいいアクセントになっている。

■全体的な味の感想
・ツルッとした太麺をコショウのガツンと効いたスープで食べる、あっさりながら濃厚な味わいの黒醤油ラーメン。
・コショウを効かせるなら、もう少し強い麺を使っても良いようにも思う。
・たっぷり入っているスープと具材に、このお店のセンスというか世界観を感じる。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■その他
・食べ終わってお店を出た時、外に11人待ち。

■お店の情報

【四日市市】鉢ノ葦葉

鉢ノ葦葉 【塩】

塩(700円)

■来店の経緯等
・2011年12月10日(土)、三重県へ遠征。昼の2軒目

■食べたメニュー
塩(700円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は13時頃。外待ちは無しで、店内で3人待ち。
・店員さんは4人。店主と女性店員3人。
・待っている間に、店員さんがメニューを持って来て注文を聞かれた。
・店内は厨房対面カウンター10席に小上り2卓で、家族連れのお客も多かった。
・カウンター席に座ったのは13時10分。
・着席から着丼まで6分。

■麺
・丸い中細ストレート。
・自家製麺で、ツルツルしてプリッとしたコシがある。滑らかな麺質ながら歯ごたえは強め。
・麺の味はそうめん風。
・スープの油でコーティングされているような感じ。

■スープ
・油とフライドオニオンがトッピングされた清湯塩。
・鶏ベースで、煮干し系の魚介がプラスされた出汁。
・塩のコクはあまり前に出ておらず、辛くはない。
・清湯塩としてはかなり濃厚な味で、鶏、煮干し、タレ、油の重層的な旨味が心地良い。

■具材
・チャーシューはレアまでは行かないが、ローストして肉の旨味が閉じ込められたタイプ。しなやかな歯ごたえで旨い。
・穂先メンマは柔らかく、味付けは薄い。
・白ネギは麺とよく絡んで、いいアクセントになっていた。

■全体的な味の感想
・ツルッとした中細麺を重層的な旨味のスープで食べる、個性的な味わいの清湯塩ラーメン。
・スープの方が印象的ながら、麺とスープとのまとまりも良く、麺とスープとの相性とかを気にせずに食べることができた。

■その他
・食べ終わってお店を出た時、外に2人待ち。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報

【鈴鹿市】ラーメン ぐんじ

ラーメン ぐんじ 【塩ラーメン】

塩ラーメン(700円)

別皿のネギ油
別皿のネギ油

■来店の経緯等
・2011年12月10日(土)、三重県へ遠征。昼の1軒目

■食べたメニュー
塩ラーメン(700円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の11時12分。シャッターポール。
・開店は11時28分。その時点で後ろに6人待ち。
・入店して、最初に店内の券売機で食券を買う。
・店内は広く、厨房対面カウンターの他、テーブル席多数。店員さんは4人。
・注文から着丼まで3分。

■麺
・中細の少し縮れた麺。
・少し黄色くて、細身ながらガシッとした麺質。
・ザクッとして歯ごたえの強い、キレのいい食感。
・麺の味も旨い。
・スープとのバランスも良好。

■スープ
・清湯塩。獣系ベースに魚介乾物の出汁か。
・油少な目であっさり。
・塩のコクはマイルドで、旨味と甘味辛味のバランスのいい味。穏やかながら中身の詰まった旨さ。
・別皿のネギ油は、玉ネギの油和えで味は付いてない。個人的には、ネギ油は入れない方が好き。

■具材
・チャーシューは巻きバラが1枚。外側が炙っていてカリッと香ばしい。
・味玉は黄身が半熟で味付けあり。
・メンマは柔らかいが繊維の歯ごたえがあり、味付けは薄め。
・ホウレン草の茎のシャクッとした食感がスープとマッチして旨い。

■全体的な味の感想
・キレのいい細身の縮れ麺を穏やかな旨さのスープで食べる、上品であっさりした清湯塩ラーメン。
・塩ラーメンながら、万人受けするタイプの味。
・個人的には、こういう麺は大好き。三重県は遠いが、近くにあれば通いたいタイプのお店。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【大阪市中央区千日前】久留米ラーメン 丸寅 千日前店

久留米ラーメン 丸寅 千日前店 【久留米丸寅ラーメン】

久留米丸寅ラーメン(680円)

■来店の経緯等
・2011年12月の平日の昼、千日前で昼食を食べることになったので、前から気になっていた久留米ラーメンのお店に入ってみた。

■食べたメニュー
久留米丸寅ラーメン(680円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は12時40分頃。
・入店して、最初に店内の券売機で食券を買う。
・店員さんに食券を渡したところ、麺の固さを聞かれたので、「普通」で注文。
・店内はカウンター7席とテーブル8席ぐらいで、先客は4人。
・テーブルには生ニンニクとニンニククラッシャーも置いてあった。
・注文から着丼まで3分。

■麺
・丸い細麺ストレート。博多っぽい麺だが、博多ラーメンとしてはやや太めかも。
・低加水でザクッとした気持ちいい歯ごたえ。
・麺の味もまあまあしっかりしている。
・スープとのバランスは悪くないが普通かも。

■スープ
・醤油ダレの白濁豚骨。
・程よく乳化していてマッタリしたポタージュっぽい味わい。久留米ラーメンとしてはかなりコッテリしている。
・きちんとゼラチン感もあり、真面目にスープを取っている感じだが、おとなしいというか、豚骨のコクは控えめ。
・醤油ダレは甘めで、クセのないマイルドな味。
・ドンブリの底には骨粉がたっぷり溜まっていた。

■具材
・チャーシューは柔らかめの歯ごたえで、醤油系のしっかりした味付け。
・味玉は黄身が半熟で味付けは無し。
・ナルトは柔らかい。

■全体的な味の感想
・ザクッとした細麺を甘い醤油ダレのスープで食べる、マイルドな味わいのコッテリ豚骨ラーメン。
・個人的には、久留米ラーメンはもう少し太い麺で、もう少し豚骨のコクが強めの方が好みかも。

■お気に入り度: ★★★ (3.0)

■お店の情報

【大阪市中央区高津】らーめんstyle JUNK STORY

らーめんstyle JUNK STORY 【塩つけ麺】

塩つけ麺中盛り(900円)

■来店の経緯等
・2011年12月の平日の昼休み、雨の日だったので空いていると思い、半年ぶりに昼食で訪問。

■食べたメニュー
数量限定の「塩つけ麺」中盛り300g(900円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は12時20分頃。
・昼休みはいつも行列が出来ているが、この日は雨が降っているせいか、外に行列無し。
・注文から着丼まで11分。

■麺
・四角い太麺ストレート
・上に刻み海苔が乗っていて、ざる蕎麦風のビジュアル。
・色の濃い全粒粉だが、加水多めでツルツルしていてプリッとした麺質。ノド越しがいい。
・表面はツルツルしているが、麺が短めに切ってあるので箸で掴み易い。
・つけ汁との絡みはそれほど良くない。旨い麺なので、つけ汁に少しだけ付けて食べたいところだが、それだとつけ汁の味があまり乗っからない。

■つけ汁
・鶏ベースの清湯塩。
・一口目は、柚子の酸味と香りが効いていた。
・塩のコクが強く、一味入りでピリッとしている。
・塩ダレの味が濃く、出汁の旨味は前に出ないがしっかりベースを支えている。

■具材
・麺の上に乗っているレアチャーシューは、味付けが薄めで、肉自体の控えめな旨味と脂の乗った甘味。歯ごたえはしっとりしていた。
・つけ汁の中に地鶏のモモ肉とムネ肉の白身が入っている。柚子の香りが効いていて、モモ肉はしなやかでムチムチプルンとした食感で柔らかい。
・メンマは小さめで、固くはないが歯ごたえが良い。

■全体的な味の感想
・ツルッとしたノド越しの良い麺をあっさりしたつけ汁で食べる、清湯塩つけ麺。
・つけ汁はそれなりにピリッとしているのに、あまり麺に絡まないのが気になった。
・麺はノド越し重視タイプなので、麺の旨さだけでも食べられるが、もう少しつけ汁のピリッとした部分が麺に乗っかってもいいような気がする。清湯系の塩つけ麺の難しさを感じた。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【東大阪市長堂】らぁめん たむら

らぁめん たむら 【キム玉大盛り】

キム玉大盛り(1080円)

■来店の経緯等
・キム玉を一度食べてみたいと思い、2011年12月の平日の晩に訪問。

■食べたメニュー
期間限定の「キム玉大盛り」440g(1080円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は20時頃。
・店員さんは3人。この日は全員男性。
・注文から着丼まで6分。

■麺
・四角くて黄色い、少し縮れたやや細身の太麺。
・固めでガシッとしていてかなりコシが強い。温かいのに歯ごたえしっかり。
・麺の味は、中華麺らしい味。
・タレや一味パウダーとの絡みも良好。

■タレ
・ヌルッとした醤油ダレ。麺によく絡んでヌルヌル感を供給していたが、タレの味はそれほど強くない。
・卵のせいもあるかも知れないが、バランス的には麺の味の方が強く感じた。
・ただし、上にかかっていた一味パウダーは辛い。大盛りは麺の量が多いので、良くかき混ぜれば激辛とまでは行かないが、ガツンとしたアクセントになっていて、麺をすする際、パウダーが濃い部分だとむせ返る。

■具材
・キムチは、一味パウダーと較べれば辛くない優しい味。ヒヤッとしていて、麺を食べる合間のいい箸休めになっている。
・チャーシューは細かく切ってあり、柔らかく控えめな旨さ。
・メンマはポリポリした歯ごたえが気持ちいい。
・生卵は白身も入っていて、麺の温かさで釜玉うどんのように少しだけ固まっていた。

■全体的な味の感想
・引き締まった強ゴシの麺を、白身入りの生卵とホットな一味パウダーに絡めて食べる、麺の旨さが引き立つキム玉油そば。
・麺がガシッとしていて個性的な味わい。
・440gは結構ボリュームがあるが、一気に食べることができた。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報

【大阪市中央区難波千日前】中華そば 〇丈⇒麺屋 丈六

中華そば 〇丈 【広島】

広島(1100円)

■来店の経緯等
・2011年12月の平日の晩、○丈さんのつけ麺を食べたいと思い訪問。

■食べたメニュー
期間限定の裏メニュー「広島」400g(1100円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は19時10分頃。先客4名。
・その日からmixiコミュで告知開始の「広島」を400gで注文。
・注文から着丼まで12分。

■麺
・平打ちの太麺ストレート。
・加水高めでみずみずしく、表面はヌルッとしている。
・しなやかなコシと弾力があり、ムニュッとしたしっかりした歯ごたえ。
・麺の味は旨い。プリッとした透明感のある味。
・つけ汁との絡みはそれほど強くないが、麺の旨さで食わせる。麺をつけ汁にドプッと浸けるより、半分くらい浸けるのが好き。

■つけ汁
・塩ダレの効いた清湯鶏魚介。
・出汁は鶏と秋刀魚と牡蠣。鶏ベースに魚介の旨さがプラスされていて、旨味が強い。
・塩のコクと一味が効いていてピリッとした刺激があるが、塩分はそれほど強くない。
・タレの味がやや濃いが、割りスープ無しでも飲もうと思えば飲める味。
・割りスープは甘い鶏出汁。中華そばと同じスープ。

■具材
・牡蠣が5粒入っている。ジューシーで旨味とコクが強い。
・メンマは細長い。味付けが濃く、しなやかな歯ごたえ。
・ネギは細切りで控えめな味と食感。麺と絡みにくい気もするが、勝手に麺と絡まないと考えればそれもよし。

■全体的な味の感想
・しなやかなコシのある麺を牡蠣の旨味の塩つけ汁で食べる、あっさり旨い牡蠣つけ麺。
・麺を食べる合間に味わう牡蠣の旨味が素晴らしい。

■お気に入り度: ★★★★★★ (6.0)

■お店の情報

【京都市中京区】麺や高倉二条

麺や高倉二条 【つけめん並】

つけめん並(780円)

■来店の経緯等
・2011年12月4日(日)、京都まで行った際に夕食として訪問。

■食べたメニュー
つけめん並(780円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の17時48分。シャッターポール。
・開店は18時ちょうど。後ろに2人待ち。
・入店して、最初に店内の券売機で食券を買う。
・厨房対面のL字カウンター席に座り、店員さんに食券を渡して注文すると、麺を2種類(全粒粉麺、新しい柚子麺)から選択するよう言われたので、全粒粉麺を選択。
・店員さんは2人。
・カウンターにはジャスミン茶のポットが置いてあった。また、カウンターの箸箱の引き出しの中に紙エプロンが入っていたので使ってみた。
・つけ麺が出来るのを待っている内に、店内は満席になった。
・入店から着丼まで7分。

■麺
・四角い中太ストレート。
・みずみずしく、田舎蕎麦みたいな、モッチリとしながらも硬質な弾力のある歯ごたえ。
・麺の味も、全粒粉ながらフスマっぽさの無い上品な味で、何も付けずに食べても旨い。
・つけ汁との絡みは、魚粉が効きすぎの感があるが、個性として捉えられるかも。

■つけ汁
・魚粉の効いた豚骨魚介。
・煮干か節かの魚粉の味がメインで、甘辛くて濃い味。
・脂は少なめで、粘度もそれほど高くない。

■具材
・チャーシューはつけ汁の中に入っている。サイコロ切りの脂身付きで、少しクセのある味わいと弾力のある食感。
・メンマは太くて大きい。柔らかくて、甘辛い味が良く染みている。
・水菜はビジュアル担当。

■全体的な味の感想
・みずみずしく硬質な食感の全粒粉麺を魚粉メインのつけ汁で食べる、個性的な取り合わせのつけ麺。
・個人的には、魚粉は化調と一緒だと思っているので、無化調ながら魚粉全開のつけ汁はあまり好みではないが、これはこれで有りだとは思う。
・上品な味の麺と、ある意味下品な味のつけ汁との組み合わせ。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【京都市左京区】ラーメン荘 夢を語れ

ラーメン荘 夢を語れ 【豚ダブルラーメン】

豚ダブルラーメン(1000円)

豚ダブルラーメン 横からの構図

■来店の経緯等
・2011年12月4日(日)、「麺屋 極鶏」さんで「極拳1号ラーメン」を食べた帰りに連食。


■食べたメニュー
豚ダブルラーメン(1000円)


■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は12時10分頃。外に8人待ち。
・先に店内の券売機で食券を買ってから並ぶ。
・麺の量は並が300g。ちなみに、大は400gで食べ残しお断り。
・入店は12時26分。
・店内は、厨房対面L字カウンター11席で、店員さんは2人。
・入口横で、水、リターナブル竹箸、レンゲ、布オシボリをセルフで取る。
・麺が出来てから、店員さんに「ニンニク入れますか?」と聞かれるので、「ニンニク増し増し、野菜ちょい増し」で注文。
・入店から着丼まで11分。


■麺
・平打ちの太麺。
・麺の切れ目がギザギザしていて、柔らかめで滑らかな食感。少しだけモチッとしていた。
・基本的に、先日行った「ラーメン荘 歴史を刻め」さんと同じ麺だが、スープや野菜とのバランス的に、麺が少し弱いようにも感じた。


■スープ
・豚骨醤油。
・出汁の乳化感は弱めで、タレ感がやや前に出ているが、醤油ダレの味自体はそれほど濃くない。
・油っぽいが、それほどコッテリしてない。
・旨味は控えめで、増し増しのニンニクの苦味がメインのようにも感じた。


■具材
・豚はバラ肉メイン。カットが大きめで量も多く、かなりボリュームがある。
・柔らかくて味付けは薄め。バラ肉は肉と脂身とが一体になったようなムチムチした食感。
・ウデ肉も含めて、固くないし臭みも無かった。
・「ラーメン荘 歴史を刻め」さんの豚とは別物の味わいで、ボリューム感と食べ応えはこちらのお店の方が上のように感じた。


・野菜は、モヤシメインだが、キャベツも多少入っている。
・よく茹でられていて、柔らかめの食感。
・モヤシは麺とよく絡む。ちょい増しで量が多いせいか、麺よりも野菜の方が印象に残った。


・増し増しの生ニンニクのボリュームは半端ない。


■全体的な味の感想
・ムチッとした豚のボリューム感と、増し増しの生ニンニクの盛り加減が素敵な豚ダブルラーメン。
・麺は「ラーメン荘 歴史を刻め」さんと同じ系統だが、スープや肉、野菜のテイストが違っていて別物の味わい。
・スープに関しては、たまたまブレていた可能性もあるので、もう一回ぐらい食べてから判断したい。



■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【京都市左京区】麺屋 極鶏

麺屋 極拳 【極拳1号ラーメン】

極拳1号ラーメン(850円)

極拳1号コラボ

■来店の経緯等

・2011年12月4日(日)、一乗寺の「麺屋 極鶏」さんにて、極鶏さんと「拳ラーメン」さんとの「極拳1号コラボ」が開催されることをお店のブログで知ったので、参戦してみた。


■食べたメニュー

当日限定の「極拳1号ラーメン」(850円)


■お店への到着から着丼までの概要

・お店への到着は10時15分頃。既に30人以上並んでいた。

・当日の天気は晴れたり曇ったりの冬の天気で、10時55分頃から一時的に雨が降ってきたが、直ぐに止んだ。

・開店は11時ちょうど。1人目が店から出て来たのが11時15分。

・入店は11時48分。

・カウンター席の反対側の壁際に、仮設のカウンター席3席が設置されていた。

・注文から着丼まで5分。


■麺

・極太の手もみ風縮れ麺。

・加水は中ぐらいで、プリプリしていながらガシッとしていて、噛むとグッと沈み込む麺質。
・麺の味も旨い。

・スープとのバランスも良好。

・麺の量はやや少なく感じた。


■スープ

・鶏白湯スープに、拳さん風のタレがトッピング。

・鶏白湯は「鶏だく」よりも粘度低め。旨味強めでタレはやや甘めかも。

・コッテリしておらず、スープを完食しても後味は重たくない。


■具材

・チャーシューは大きい1枚もので、拳さん風の柔らかい仕上げ。味付け薄めで肉の味が旨い。

・メンマは四角くて太いのが2本。繊維と垂直の向きに長くカットしている。柔らかく煮ていて、甘辛いながら優しめの味付け。

・チンゲンサイが細くなったような野菜の茎は、香味があって気持ちのよい食感。

・白ネギは香味控えめながらシャキシャキ感があった。


■全体的な味の感想

・プリッとしながら歯ごたえのある麺を旨味の強い鶏白湯スープで食べる、まとまりの良いコラボラーメン。

・麺はこのラーメン用に新しく作った麺かも。スープと具は両店のテイストが出ていた。

・極鶏さんと拳さんの両方の持ち味が出ていて、かつ、融合感があった。

・第一弾としては完成度が高くて良かった。第二弾は、予想の斜め上を行くような、もっとぶっ飛んだ味を期待したいが、コラボという縛りがあるので、より完成度を高める方向でバージョンアップしていくのかも。


■その他

・食べ終わってお金を払う際、「麺屋 極拳」さんのショップカードを貰った。

・食べ終わってお店を出たのは12時過ぎ。外に68人待ち。



■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報

【東大阪市長堂】らぁめん たむら

らぁめん たむら 【極太中華そば】

極太中華そば(730円)

■来店の経緯等

・2011年12月2日(金)の晩、軽く飲んだ後の〆で来訪。


■食べたメニュー

期間限定の「極太中華そば」(730円)
※大盛り、替え玉なし。


■お店への到着から着丼までの概要

・お店への到着は20時30分頃。

・店員さんは3人。店主さんの他、女性店員と男性店員が1人ずつ。

・カウンター席に着席すると、店員さんが、荷物入れ用のカゴを持ってきてくれた。

・カウンターの上に紙オシボリが置いてあったが、よく解らなかったので使わなかった。


■麺

・四角くて少し縮れた太麺。名前は「極太」だが、「住吉」さん等の高井田系よりは細い。

・ガシッとした固めの麺質で、気持ちのいい歯ごたえ。

・噛みしめると、ほんのり甘味も感じる旨い麺。

・辛めのスープとの絡みと、麺の味わいとのバランス感が良好。


■スープ

・コショウの効いた、獣系出汁の濃口醤油。

・かなり塩分強めで、塩辛さメイン。旨味はそこそこで、甘味は感じない。

・油はそれほど多くない。


■具材

・チャーシューは、巻きバラと短冊切りの2種類。

・個人的には、このラーメンには巻きバラより短冊切りのチャーシューの方が合うように感じた。


・メンマは、平べったくて柔らかく、味付き。

・輪切りの白ネギは香ばしくて、辛めのスープとよく合っていた。


■全体的な味の感想

・ガシッとした甘くて旨い麺をコショウの効いた塩辛いスープで食べる、麺主役型の醤油ラーメン。

・シンプルな味わいだが、個人的にはこういう系統のラーメンは結構好き。



■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報
記事リスト
2011年12月の記事
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【12件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【21件】
2017年 07月 【30件】
2017年 06月 【15件】
2017年 05月 【20件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ