【橿原市】麺処 と市

麺処 と市 【つけ麺(600g)】

つけ麺(600g)

つけ麺(600g)の麺

■来店の経緯等
・2017年8月11日(金)の昼、9か月ぶり、8回目の訪問。

■食べたメニュー
・つけ麺(大)300g(800円)
・麺増量(+300g)(300円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は11時15分頃。外待ち15人。
・到着から41分待ちで入店。
・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。つけ麺の麺量は、100g100円で好きなだけ増量可能なので、今回は600gにチャレンジしてみた。
・店員さんは男性2人。
・冷たいお茶はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで8分。

■麺
・長方形で少しウエーブのかかった中太麺。
・600gの麺を2つの容器に分けての提供で、片方の容器だけ具と一味がトッピングしてある。トッピング無しの容器から先に食べた。
・薄い色が付いていて加水少し高めの、表面が滑らかで、適度に引き締まった粉の張りと結合感があって、噛むと多少のコシを感じてプチッと切れる、心地よい歯ごたえ。茹で加減は、固さや芯はないけどヤワくもない感じで、水でよく締めており、ノド越しのみずみずしさとコシのある歯ごたえとを両立していた印象。
・容器の中の麺量が残り少なくなると、短い麺ばかりが残って、つけ汁に付けにくくなってきた。
・後半の容器の最後の方は、麺の表面が乾いてきて、食感がやや落ちてきた気がした。
・麺の味は、適度に水を含んだ粉の甘味とコクを感じる。
・つけ汁との絡みは、つけ汁の塩気と魚介の風味がよく絡んで、麺の味との相性も良好だった。

■つけ汁
・白濁した獣系魚介醤油。
・少しトロッとしているけど、それほどドロドロやコッテリはしていない感じ。
・出汁は獣系ベースの魚介。獣系は鶏豚骨で、ゼラチン感が少しあるけどネトッとはしておらずに、バランス的に魚介やタレと較べると主張が控えめで、味のベースになっていた感じ。
・魚介は、節系に煮干系も入っている感じで、魚粉混じりの風味とコクがよく効いていて、麺にも魚介がよく絡んでいた。魚粉の効果か、後半つけ汁の温度が低下しても、麺への魚介の絡みはそれほど弱まらなかった気がした。
・タレの醤油は、薄くはないけど、コクの主張はそれほど強くない感じ。
・味付けは少し濃いめで、醤油ダレの旨味と塩気が適度に効いて、魚介とバランスよく組み合わさっていた。
・刺激感とかはない。

・注文時、店員さんから+100円で追加のつけ汁が提供できるとの案内があったけど、結果的につけ汁の追加無しで完食した。ただし、600gの麺を食べると、つけ汁は少ししか残っていなかった。
・スープ割りは、店員さんに容器を渡して返してもらう方式。つけ汁が少なかったせいか、割りスープも少ししか入っておらず、元のつけ汁との味の違いがよく分からなかったかも。

■具材
・麺の上には、チャーシュー、水菜。つけ汁の中には、玉ネギ。
・チャーシューは、分厚い赤身の煮豚スライス。適度に柔らかな肉の密度感があって、噛むとホロッと割ける感じの歯ごたえ。味は、味付けが強くなくて、脂の丸みも少しあって、ほんのりとした胡椒か何かの香味が肉の旨味を引き立てていた。
・水菜は、軸のフレッシュな歯触りがあって、麺と絡んでサッパリとしたアクセントになっていた。
・玉ネギは、やや小さめのカットで、つけ汁の熱が入って、つけ汁に多少馴染んでいた印象。

■全体的な味の感想
・麺が旨かった。特に前半は、麺のコンディションが良好で、みずみずしさとコシのある歯ごたえが堪能できて旨かった。ボリューム的には600gでもそれほどキツくないけど、麺のコンディション重視なら400gぐらいが上限かも。
・つけ汁は、獣系よりも魚介の方が強いバランスで、麺との相性が良かった。
・お気に入り度は、前半が4.5点、後半が4点で、トータルでは4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報
スポンサーサイト

【橿原市】てばてば 橿原店

てばてば 橿原店 【蒸し鶏の塩ラーメン】

蒸し鶏の塩ラーメン(292円)

蒸し鶏の塩ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2017年7月22日(土)の夕方に初の訪問。
・このお店は、手羽先が名物の税抜270円均一料金居酒屋。メニューにラーメンがあるので、興味を持ち訪問してみた。

■食べたメニュー
・金麦(樽詰)(292円)
・甘辛醤油手羽先(5本)(292円)
・焼鳥「ねぎま塩(3本)」(292円)
・焼鳥「鶏皮塩(3本)」(292円)
・サントリー ザ・モルツ(292円)
・揚げ物「鶏もも塩こしょう」(292円)
・日本酒「奈良地酒 夢にしき(本醸造)」(292円)
・蒸し鶏の塩ラーメン(292円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は18時13分頃。外待ち無しの先客あり。

てばてば 橿原店

てばてば 橿原店

・テーブル席に座る。
・冷たいオシボリを出してくれた。
・メニューを見て注文。最初は「金麦(樽詰)」を注文。

金麦(樽詰)(292円)

・続けて、「甘辛醤油手羽先(5本)、「ねぎま塩(3本)」と「鶏皮塩(3本)」を注文。
・甘辛醤油手羽先は、肉が柔らかめで、ジューシーな熱の通り具合。

甘辛醤油手羽先(5本)(292円)

・ねぎま塩は、ネギがしんなりしていて柔らかい。

焼鳥「ねぎま塩(3本)」(292円)

・鶏皮塩は、片面がカリッとしていた。

焼鳥「鶏皮塩(3本)」(292円)

・次に、「サントリー ザ・モルツ」を注文。鳥貴族だと、金麦とビール(プレミアムモルツ)とで量に差があり過ぎて、金麦しか注文しないけど、このお店の場合、金麦じゃなくてビールを注文するのも有りかも。

・サントリー ザ・モルツ(292円)

・次に、「鶏もも塩こしょう」を注文。衣は割とカリッとしていて、強いて例えると、揚げ餃子の皮を少し思い出す感じ。肉は多少引き締まっている感じで、それほどジューシーではなかった気がした。味付けは、多少のニンニク感があった。

揚げ物「鶏もも塩こしょう」(292円)

・次に、日本酒「奈良地酒 夢にしき(本醸造)」を注文。後で調べたところ、豊澤酒造のお酒だった模様。

日本酒「奈良地酒 夢にしき(本醸造)」(292円)

・最後に、「蒸し鶏の塩ラーメン」を注文。
・注文からラーメンの提供まで8分。
(トップの写真からかなり離れているので、もう一度貼っときます^^)

蒸し鶏の塩ラーメン(292円)

蒸し鶏の塩ラーメンの麺

■麺
・長方形で四角い、ウエーブのかかった中くらいの太さの麺。
・少し色が付いていて加水少し高めの、カンスイが効いていて、水を含んだ優しい張りを感じる歯ごたえ。茹で加減はやや柔らかめで、居酒屋のラーメンらしさのある麺。
・スープとの絡みは、ややあっさりしているけど、麺とのバランスはそれなりに取れていた印象。スープの旨味と塩気と熱さがサラッと絡んでいた。

■スープ
・清湯の塩。
・あっさりしていて、油は少なめ。
・出汁は、よく分からないけど、恐らくは鶏の獣系か。あっさりとした味わい。
・タレの塩は、塩のコクや塩気の主張が割とマイルド。
・味付けは、程よいタレの旨味があって、あっさりとしたスープの味をまとめていた。
・刺激感とかはない。

■具材
・蒸し鶏、海苔、青ネギ輪切り。
・蒸し鶏は、ほぐした感のある小さめのカットで、パラッとした歯ごたえに、あっさりとした味。

■全体的な味の感想
・居酒屋の〆ラーメンらしさのある、あっさりとシンプルな鶏塩ラーメン。
・ラーメン以外のメニューでは、手羽先が一番満足度が高かった。
・お酒も含めたメニュー全体では、鳥貴族より10円安い均一価格ながら、鳥貴族の方が値段に対する満足度は高い気がした。ただし、席の居心地に関しては、こちらのお店の方が鳥貴族よりも良かった印象。

■お気に入り度: ★★☆ (2.5)
※ラーメン単体のお気に入り度

■お店の情報

【天理市】すたみな太郎 天理店

すたみな太郎 天理店 【ラーメン】

ラーメン

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2017年7月8日(土)の晩に初の訪問。
・「すたみな太郎」は、東京に本社のある「株式会社 江戸一」系列の食べ放題セルフバイキングチェーン店。メニューにラーメンがあるということで、興味を持ち訪問してみた。

■食べたメニュー
・ディナー90分コース(2037円)
・ドリンクバー(250円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は20時21分頃。外待ち無しの先客多数。

すたみな太郎 天理店

・最初に店内入口のレジでコースを選択し、先にお金を払う。ちなみに、後で調べたところ、ドリンクバーはインターネットでクーポンを入手しておけば無料になった模様。
・テーブル席に案内されて座る。
・料理やドリンクバーはすべてセルフサービス。

ドリンクバーのドリンク

・最初は寿司。一皿目は、まぐろ、しめさば、やりいか、えび、黒ミル貝、サーモン、ビンチョウ。

寿司(一皿目)

・二皿目は、玉子、うにたらこ、ツナ、納豆、いくら。
・握り寿司は、握ってあるというよりは、シャリの上にネタを乗せてあるという感じ。100均の回転寿司チェーンと較べると、シャリはそれほど変わらない感じだったけど、ネタが全体的に安めだった印象。

寿司(二皿目)

・次は総菜。鶏の唐揚げ、手羽先揚げ、ポテトフライ、たこ焼き、揚げ餃子。
・ビアガーデンとかの食べ放題料理と似た感じ。

総菜

・次は焼肉。一皿目は、スタミナ上ロース、旨味カルビ、手切りひとくち牛サガリ、WASABIカルビ。

焼肉(一皿目)

・スタミナ上ロースは、やや固めの歯ごたえだったけど、自分で焼くのは楽しい。

スタミナ上ロース

・手切りひとくち牛サガリも、やや固めの歯ごたえ。

手切りひとくち牛サガリ

・二皿目は、黒毛牛カルビ、ひとくちカルビステーキ(塩)、極厚カルビ(辛味噌味)、手切り大判豚はらみ。

焼肉(二皿目)

・黒毛牛カルビは、今回食べたカルビ系の中では脂身が旨かった。

黒毛牛カルビ

・ひとくちカルビステーキ(塩)も、脂身が柔らかだった。

ひとくちカルビステーキ(塩)

・極厚カルビ(辛味噌味)は、厚切りのせいか、カルビの割には歯ごたえがしっかりしていた。

極厚カルビ(辛味噌味)

・手切り大判豚はらみは、大きくて、プリッとした弾力の強い膜状の部分が付いており、固くはないけど噛み切りにくかった。

手切り大判豚はらみ

・三皿目は、牛プルコギ、スタミナ牛ホルモン塩ニンニク風味。

焼肉(三皿目)

スタミナ牛ホルモン塩ニンニク風味

・最後はラーメン。
・振りザルを使って、セルフで冷凍麺を茹でた。茹で時間は30秒。

麺類のセルフ調理コーナー

・容器に麺を入れた後、セルフでスープを掛けて具をトッピングした。
(トップの写真からかなり離れているので、もう一度貼っときます^^)

ラーメン

ラーメンの麺

■麺
・四角い中細麺で、少し縮れたウエーブ。
・少し色が付いていて、表面が滑らかで少しプリッとしていて、固さや芯はないながら多少引き締まった感じのある歯ごたえ。
・スープとの絡みは、スープの醤油ダレの味が適度に絡んでいて、割とあっさりながらバランスは取れていたかも。

■スープ
・清湯の醤油。
・最初からスープの中にタレが混ざっていて、油は少なめ。
・出汁は、あっさりしていて、何かよく分からない感じ。獣系不使用の和風出汁のように感じたけど、違うかも。
・タレの醤油は少し濃いけど、スープと馴染んだような丸みがあって、カドはない。
・味付けは、醤油の味とタレの旨味がスープの味を作っている感じで、タレの甘味とかはなかったと思う。
・刺激感とかはない。

■具材
・ワカメ、コーン、青ネギ輪切り。セルフでのトッピング。
・コーンは、サラダコーナーに置いてあったやつで、スープと合っていた。

■全体的な味の感想
・冷凍麺を使ったセルフ調理のラーメンで、味云々よりも、自分で作るのが楽しかった。
・スープは油少なめなので、自分で焼いた肉をトッピングして油っ気を足しても良さそうに思った。
・焼肉は、輸入肉の安めの部位がメインで、少しでも安い値段で肉を沢山食べたい人向きかも。
・お気に入り度は、ラーメン単体が2.5点、その他個別の食べ放題メニューが2.5点で、トータルでは、自分で肉を焼いたりラーメンを作ったりする楽しさ込みで3点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度:
ラーメン単体: ★★☆
 (2.5)
トータル: ★★★ (3.0)

■お店の情報

【桜井市】エイコー食堂

エイコー食堂 【中華そば(ニンニク入り)】

中華そば(ニンニク入)(450円)

中華そば(ニンニク入)の麺

■来店の経緯等
・2017年7月の平日の昼に初の訪問。
・このお店は、国道166号線沿いにある食堂。メニューに中華そばがあったので、興味を持ち訪問してみた。

■食べたメニュー
・中華そば(ニンニク入)(450円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客3人。

エイコー食堂

・店内中央の大テーブルに座り、壁のメニューを見て注文。ニンニクを入れるか聞かれて、入りで注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・温かいお茶を出してくれた。後から水も出してくれた。
・注文から提供まで3分。

■麺
・四角くて少し縮れたウエーブのかかった、中くらいの太さの麺。
・色が薄くて加水中くらいの、カンスイ感が強くなくて、適度にムチッと中身が詰まった感じの歯ごたえ。茹で加減は、やや固めに感じた。
・麺の味は、あっさりとした粉の旨味を感じる味わい。
・スープとの絡みは、割とあっさりしていたけど、麺の味もあっさりなので、バランスは悪くなかったかも。スープの旨味と熱さがサラッと絡んでいた。

■スープ
・白濁した獣系。
・サラッと濁っていて、油は多くない感じ。
・出汁は獣系で、恐らくは鶏メイン。割とライトであっさりとした中に、鶏白湯っぽいコクと風味と旨味のある出汁感を多少感じる味わい。
・タレは、ベースが塩か薄い醤油かよく分からない感じで、恐らくは塩か。
・味付けは、適度なタレの旨味があって、塩気は割と穏やかで、その中にニンニクの旨味と風味がほんのりと効いていて、味に厚みを付けていた。
・刺激感とかはない。

■具材
・豚肉、モヤシ、カマボコ、青ネギ輪切り、白ゴマ。
・豚肉は薄切りのバラスライス。脂身混じりでペラッとした弾力を感じる歯ごたえに、味付けあっさりで肉の旨味を適度に感じる味。
・モヤシは中くらいの太さで、適度に茹でてある感じ。
・カマボコは、やや薄切りで少し厚みのあるスライス。

■全体的な味の感想
・麺がやや固めで、スープも割とライトながら多少の鶏っぽさがあって、ラーメン専門店じゃない大衆食堂のラーメンとしては良かったと思う。
・お気に入り度は、最初の印象が3.5点、後半が3点で、トータルでは3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【大和郡山市】《コンビニ》セブン‐イレブン大和郡山上三橋町店

セブン‐イレブン大和郡山上三橋町店 【ご当地の味!旨辛台湾まぜそば】

ご当地の味!旨辛台湾まぜそば(498円)

ご当地の味!旨辛台湾まぜそば(498円)+7プレミアムジャスミン茶(100円)

ご当地の味!旨辛台湾まぜそばの麺

■来店の経緯等
・2017年6月25日(日)の晩に訪問。
・このコンビニをブログに書くのは初めてだが、以前にも訪問したことがある。
・セブン‐イレブンは、東京に本社のある「株式会社セブン‐イレブン・ジャパン」が展開しているコンビニエンスストアのフランチャイズチェーン。
・大和郡山上三橋町店は、「豚の骨/無鉄砲がむしゃら」の向かいにあるコンビニ。この日は、無鉄砲がむしゃらが「豚の骨」営業の日で、通常よりも行列が長かったので、代わりにコンビニのイートインを利用してみた。

■食べたメニュー
・ご当地の味!旨辛台湾まぜそば(498円)
※2017年6月時点では、近畿地方のセブン‐イレブンのみで販売。
・7プレミアムジャスミン茶(100円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は19時6分頃。外待ち無しの先客1人。

セブン‐イレブン大和郡山上三橋町店

・レジに商品を持参して購入し、店員さんにレンジ過熱を頼んだ。
・店員さんは女性2人。
・イートインコーナーの窓対面カウンター席に座って待っていると、店員さんが過熱した台湾まぜそばを持ってきてくれた。
・開封はセルフ。

ご当地の味!旨辛台湾まぜそば(開封前)

■麺
・長方形の太麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・予め茹でてある麺で、提供時には麺同士が多少くっつき気味だったけど、タレと絡めてよく混ぜると、麺がほぐれてきた。
・少し色が付いていて加水少し高めの、表面が滑らかで、モチッとして少しブヨッとしたユルさの中に多少のコシを感じる、うどん風の歯ごたえ。
・タレとの絡みは良かったけど、麺がタレの汁気を吸い気味で、もう少しだけタレの汁気が欲しい気がしたかも。味の絡みは、台湾まぜそばとしてはややマイルドだった印象。

■タレ
・麺とのバランス的に、油っぽさはやや控えめ。
・半熟卵の固まっていない部分が溶け込んでいて、少しトロッとしている。
・獣系出汁のスープも少し入っていて、最初は多少の汁気があったけど、麺と混ぜると汁気は控えめになった。
・ベースは恐らくは醤油で、濃い味過ぎずに、適度な強さの旨味があった。
・原材料表示では、ニンニクや魚粉も入っているみたいだったけど、最初からタレの中に混ざっていて、魚粉感は控えめで、ニンニクもそれほど強くは主張していなかった印象。
・唐辛子のピリッとした辛味も多少効いていて、程よいアクセントになっていた。

■具材
・半熟卵、ミンチ、青ネギ輪切り。
・半熟卵は、白身が固まっていて、黄身は固まらずにタレと混ざっていた。
・ミンチは、原材料表示によると鶏肉と豚肉を使っている模様で、麺との絡みは悪くなかった感じ。

■全体的な味の感想
・麺は、うどん風でモチッとした食感の太麺で、レンジ調理のせいか、ややユルめに感じた。
・タレは、麺屋はなびの台湾まぜそばと較べると、ややパンチが控えめだった印象。
・具は、ニラも入れて欲しいかも。
・コンビニのイートインだと難しいけど、セルフの追加トッピングを用意して食べると良さそうに思った。

■お気に入り度: ★★★ (3.0)

■おまけ
向かいのお店の提灯。

豚の骨の提灯

■お店の情報

【生駒郡斑鳩町】ラーメン家 みつ葉 the second

ラーメン家 みつ葉 the second 【豚CHIKIしょうゆラーメン】

豚CHIKIしょうゆラーメン(800円)

豚CHIKIしょうゆラーメンの麺

■来店の経緯等
・2017年6月24日(土)の昼に初の訪問。
・このお店は、「ラーメン家 みつ葉」の2号店で、2017年6月19日(月)のオープン。

■食べたメニュー
・豚CHIKIしょうゆラーメン(800円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の9時43分頃。外待ち無し。

ラーメン家 みつ葉 the second

・店員さんに28番目の整理券を貰う。11時15分に来店するよう書いてある。
・お店に戻ってきたのは11時3分頃。外待ち8人。
・11時24分頃、店内の券売機で食券を買い、再度外で並ぶ。
・外で並んでいる間、店員さんに食券を渡す。

ラーメン家 みつ葉 the second(暖簾)

・入店は11時37分頃。厨房対面のカウンター席に座る。
・店員さんは4人で、男性3人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・入店から提供まで2分。

■麺
・長方形の中太で、少しウエーブのかかったストレート。
・多少の色が付いていて加水少し高めの、表面滑らかで、プリッと引き締まった弾力をよく感じる歯ごたえ。茹で加減は、少し固めに感じた。
・スープとの絡みは、スープの獣系醤油の旨味が程よく絡んでいた。麺の食感がやや勝ち気味のバランスのようにも感じたけど、味の絡みは良かったと思う。

■スープ
・白濁した獣系醤油。
・少しトロッとしていて、表面を泡立てている。
・出汁は、鶏と豚骨の獣系。富雄のみつ葉を基準にすると、出汁の粘度やコッテリ感が少し抑えめで、醤油ダレがやや主張していた気もしたけど、適度なゼラチン感と丸みがあって、獣系出汁の旨味と丸みと厚みをきちんと感じる味わい。獣っぽい風味とかは抑えめだったと思う。
・タレの醤油は、少し濃いめに感じたけど、カドはない感じ。
・味付けは、醤油ダレの旨味とコクと風味が獣系出汁の旨味や丸みと組み合わさって、味をまとめていた印象。
・刺激感とかはない。
・スープを完食すると、丼の底に骨粉が少し溜まっていた。

■具材
・チャーシュー、味玉、メンマ、青ネギ輪切り。
・チャーシューは、やや薄切りでレアのバラスライス。食べた時点では、スープの熱がやや入っていた。ペラッとして多少の弾力を感じる歯ごたえに、脂身の主張が強くなくて肉の旨味を程よく感じる味わい。
・味玉は、黄身がやや固めの半熟で、マイルドな旨味を感じる味付け。
・メンマは、やや太めで四角い。隠し包丁が入れてあって、多少の繊維感があるけど強すぎない感じの歯ごたえに、生姜系の風味と甘味をほんのりと感じる味付け。
・青ネギ輪切りは小口で細い。スープを飲む際に、多少のシャリっとした歯触りがあった。

■全体的な味の感想
・基本的に、富雄のみつ葉と同じ構成のラーメン。
・富雄のお店と較べると、麺の食感がやや固めで、スープの粘度やコッテリ感が少し抑えめに感じたけど、獣系出汁感がしっかりしていたのが良かった。
・お気に入り度は、最初の印象が4.5点、スープが5点で、トータルでは4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【天理市】ちゃんぽん亭総本家 天理店

ちゃんぽん亭総本家 天理店 【近江ちゃんぽん(野菜大盛り)】

近江ちゃんぽん(野菜大盛り)(734円)

近江ちゃんぽん(野菜大盛り)の麺

■来店の経緯等
・2017年6月18日(日)の晩に初の訪問。
・「ちゃんぽん亭総本家」は、滋賀県彦根市に本社のある「ドリームフーズ株式会社」系列の近江ちゃんぽんチェーン店。

■食べたメニュー
・近江ちゃんぽん(野菜大盛り)(734円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は19時50分頃。外待ち無しの先客13人。

ちゃんぽん亭総本家 天理店

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは男性3人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで9分。

■麺
・四角い中太麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・少し色が付いていて加水中くらいの、多少のカンスイ感があって、適度に中身の詰まった粉の質感のある歯ごたえ。茹で加減は、少し固めというか、ヤワさのない感じ。
・スープとの絡みは、ややあっさりしていて、どちらかというと麺が主役のバランス。スープの旨味がサラッと絡んでいた。
・野菜との相性は良かったけど、野菜大盛りだと、最後の方は野菜勝ちのバランスになってきた印象。

■スープ
・清湯の醤油。
・あっさりしていて、油が少し浮かんでいる。
・出汁は魚介で、恐らくは獣系不使用。メニュー案内によると、昆布と節系の模様。あっさりしていて、具の野菜とのバランス的に、素材の風味は控えめだった印象。野菜と一緒に煮ている割には、野菜の煮汁感は少なめだったかも。
・タレの醤油は薄めで、コクはマイルド。
・味付けは、ややあっさりしていて、醤油ダレの旨味と多少の塩気がスープの味をまとめていた。
・刺激感とかはない。

■具材
・野菜、豚肉、キクラゲ。
・野菜は、キャベツ、モヤシ、青ネギ、ニンジンで、キャベツがメイン。スープと一緒に多少煮てある。
・キャベツは、一口サイズにカットしてあり、少し固めの歯ごたえのも混じっていたけど、カットが小さいので割と食べやすかった。
・ニンジンは細長いカットで、味や食感の存在感は控えめ。
・豚肉は薄切りで、味があっさりしていて、野菜と較べると主張控えめだった。

■全体的な味の感想
・麺は、少し固めの茹で加減で、ちゃんと生麺を使っているのが良かった。
・スープは、出汁があっさりしていて、大盛りの野菜とのバランス的にはやや野菜勝ちに感じた気がした。テーブルトッピングの酢を投入する向きだったのかも。
・具は、野菜がキャベツメインで、小さめにカットしてあったので食べやすかった。
・お気に入り度は、麺と最初の印象が3.5点で、トータルでは3点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★ (3.0)

■お店の情報

【橿原市】らー麺 あす香

らー麺 あす香 【醤油(並)】

醤油(並)(560円)

醤油(並)の麺

■来店の経緯等
・2017年6月11日(日)の夕方に訪問。
・このお店は、2014年3月に明日香村でオープンした後、2015年に橿原市へ移転。今の場所になってからは初の訪問だけど、明日香村時代を含めれば、2年4か月ぶり、2回目の訪問。

■食べたメニュー
・醤油(並)(560円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は18時13分頃。先客無し。

らー麺 あす香

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで5分。

■麺
・四角くて少しウエーブのかかった細麺。
・薄い色が付いていて加水中くらいか少し高めの、表面がヌルッと滑らかで、カンスイが多少効いたような、やや硬質な粉の張りと密度を感じて切れる歯ごたえ。
・スープとの絡みは、スープの旨味と魚介の風味が程よく絡んで、麺を引き立てていた。

■スープ
・清湯の醤油。温度高め。
・あっさりしていて、表面に油が少し浮かんでいる。
・出汁は、獣系ベースに魚介。獣系は恐らく鶏で、あっさりとした中に出汁の旨味を多少感じる味わい。
・魚介は、麺との絡みでは感じたけど、スープ自体の味では、醤油とのバランス的にやや主張控えめだったかも。
・タレの醤油は、穏やかで丸みがあって、コクの主張はややマイルド。
・味付けは、醤油ダレの優しい旨味と厚みが出汁の味をまとめている感じ。
・刺激感とかはない。

■具材
・チャーシュー、穂先メンマ、モヤシ、水菜、青ネギ輪切り。
・チャーシューは、やや薄切りで少し厚みのあるバラ煮豚スライス3枚。柔らかめの歯ごたえに、味付けが強くなくて豚っぽさを少しだけ感じる味わい。
・穂先メンマは、味付けあっさり。
・モヤシは短めにカットしてあった。

■全体的な味の感想
・麺に絡むスープの魚介の風味が一番気に入った。
・スープは、醤油ダレが鶏と魚介の繊細な出汁の味をまとめている感じで、個人的には、スープは移転前に食べた塩ラーメンの方が好みだった気がした。
・お気に入り度は、麺とスープの絡みが4点、スープが3.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【天理市】北乃家

北乃家 【札幌味噌ラーメン】

札幌みそラーメン(700円)

札幌みそラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年12月30日(金)の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・札幌みそラーメン(700円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は13時14分頃。外待ち無しの先客1人。

北乃家

・壁対面のカウンター席に座り、壁のメニューを見て注文。
・店員さんは男性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・店内に、札幌の「森住製麺」の麺箱が置いてあった。
・ジンギスカンや丼ものなど、ラーメン以外のメニューも充実していて、メニュー構成的には北海道料理店兼居酒屋といった感じ。
・注文から提供まで8分。

■麺
・長方形の中太縮れ。
・黄色くて加水中くらいか少し高めの、表面がツルッと滑らかで、カンスイがよく効いて卵も入ったような、よく熟成してプリッと中身の詰まった張りと結合感のある麺質。食感は、固さのない茹で加減で、プリッと滑らかで適度に引き締まった縮れ混じりの弾力と、多少のコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、割と強めでしっかりしていて、熟成卵麺の旨味をよく感じる味わい。
・スープとの絡みは、味噌の旨味が程よくサラッと絡んで、スープの熱さがよく絡んでいた。味の絡みはそれほど強くないけれど、熱さの絡みがいいスパイスになっていた印象。

■スープ
・味噌。
・具の野菜やミンチと一緒に炒め煮してあって、温度高めの熱々。炒めたラードの風味が多少あるけど、油はそれほど多くなくて、表面に油の層はなかったと思う。
・出汁は、あっさりしていてよく分からないけど、清湯獣系メインのように感じた。炒めた油の風味と組み合わさって、味噌を支える味のベースになっていた。
・タレの味噌は合わせ味噌で、コクは割とマイルドながら旨味と厚みがあって、塩気は強くなくて程よい塩梅。
・味付けは、味噌の厚みのある旨味と多少の塩気があって、そこに、ニンニクか何かの風味と一味の辛味が隠し味的に加わって、味にメリハリを付けていた。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りで少し厚みのある巻きバラスライス。脂身混じりで、やや引き締まった弾力を感じる歯ごたえに、塩系の味付けは強くはないけど多少の旨味があって、あっさりとした肉の味や脂身の丸みと組み合わさっていた。
・味玉は、黄身が少し柔らかめの半熟で、多少の味付けを感じた。
・メンマは平べったい。ポリッと滑らかな歯ごたえに、割とマイルドな味付け。やや厚みがあるのも混じっていて、そちらはやや歯ごたえと味付けが強めに感じた。
・野菜は玉ネギとモヤシで、油で炒めた後スープと一緒に炒め煮してある。
・モヤシは太くて、表面を油で炒めてあって、割と柔らかめながら心地よい歯ごたえ。
・玉ネギは細長いカットで、表面を炒めていて、程よく熱が入っていた。
・ミンチは、味付けがマイルドであっさりとした肉の旨味があって、スープに旨味をプラスしていた。
・青ネギ輪切りは細くて、白い部分も少し混じっていた。

■全体的な味の感想
・麺は、黄色い中太の縮れ麺。札幌の味噌ラーメンらしさのあるプリッと熟成した卵麺で、スープとの絡みは、スープの熱さがいいスパイスになっていた。茹で加減は少し柔らかめに感じたけど、スープとのバランスは取れていたと思う。
・スープは、出汁があっさりしていて、味噌の厚みのある旨味を感じる味付けに、炒めたラードの風味が加わった味わい。油の量はそれほど多くなかったけど、スープが熱々で、多少のパンチを感じた。
・具は、野菜の玉ネギやモヤシが、きちんと油で炒めた感じがあったのが良かった。
・寒い時期にぴったりの味噌ラーメン。個人的には、油の量が多くないながらスープが熱々なのが気に入った。
・お気に入り度は、前半が3.5点、後半が4点で、トータルでは食べた日の寒さとの相性の良さ込みで4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【生駒市】一喜屋

一喜屋 【一喜屋ラーメン】

一喜屋ラーメン(並)(700円)

一喜屋ラーメン(並)の麺

■来店の経緯等
・2016年12月の平日の晩に初の訪問。

■食べたメニュー
・一喜屋ラーメン(並)(700円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客3人。

一喜屋

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは4人で、男性2人と女性2人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで3分。

■麺
・四角くて少しウエーブのかかった中細麺。
・少し黄色くて加水中くらいか少し低めの、カンスイが多少効いて卵も入ったような、滑らかに引き締まった粉の質感のある麺質。食感は、ヤワさのない程よい茹で加減で、固さや芯はなくて、少し中身の詰まったようなコシを感じて切れる歯ごたえ。
・麺の味は、ややしっかりとした旨味があって、粉の旨味も多少感じる。
・スープとの絡みは、ややあっさりしている。スープの甘めの旨味が程よく絡んで、麺の味主体で食べる感じのバランス。

■スープ
・清湯の醤油。
・表面に多少の油と少しの背脂が浮かんでいて、あっさりした中に少し丸みを感じる口当たり。
・出汁は、恐らくは清湯獣系メイン。あっさりしていて、タレとのバランス的には主張控えめながら、表面の油と組み合わさって、味のベースになっている感じ。
・表面の油は、スープと少しだけ馴染んでいる感じがあって、味に丸みを付けていた。
・タレの醤油はやや薄めで、旨味メイン。
・味付けは、タレの旨味がしっかりしていて、タレの甘味も少し感じる、割とマイルドながら旨味のある旨甘テイスト。塩気も少しあって、甘味とバランスしている感じ。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは薄切りの赤身スライス。適度に柔らかな歯ごたえに、タレの旨味が効いた味付けと脂身の甘味とが組み合わさった味。
・味玉は、やや硬めの茹で加減に、味付け控えめで、ゆで卵のように感じた。
・メンマは長方形で平べったい。ポリッと滑らかで多少の密度を感じる歯ごたえに、昔ながらの味付きメンマっぽさを感じる味。
・モヤシは細めで、やや柔らかめのパリッと歯切れの良い歯ごたえ。モヤシ単体だと柔らかめに感じたけど、麺と絡むと食感的に麺より強かったかも。
・その他、青ネギ輪切りが入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は中細で、カンスイが多少効いて滑らかに引き締まった粉の質感があって、麺の味も旨味があった。
・スープは清湯の醤油で、出汁があっさりながら表面の油や背脂と少しだけ馴染んだ感じがあって、少し甘めで旨味がしっかりとしたタレの味付け。
・具は、デフォで味玉が入っていたけど、やや固めの茹で加減で、ゆで卵のように感じた。
・モヤシは細めで、割と柔らかかったけど、麺と絡むと食感的に麺より強かったかも。
・あっさりとシンプルでオーソドックスなラーメンで、サクッと食べられる感じ。
・お気に入り度は、麺と最初の印象が3.5点、後半が3点で、トータルでは3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 08月 【17件】
2017年 07月 【30件】
2017年 06月 【15件】
2017年 05月 【20件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ