【天理市】北乃家

北乃家 【札幌味噌ラーメン】

札幌みそラーメン(700円)

札幌みそラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年12月30日(金)の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・札幌みそラーメン(700円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は13時14分頃。外待ち無しの先客1人。

北乃家

・壁対面のカウンター席に座り、壁のメニューを見て注文。
・店員さんは男性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・店内に、札幌の「森住製麺」の麺箱が置いてあった。
・ジンギスカンや丼ものなど、ラーメン以外のメニューも充実していて、メニュー構成的には北海道料理店兼居酒屋といった感じ。
・注文から提供まで8分。

■麺
・長方形の中太縮れ。
・黄色くて加水中くらいか少し高めの、表面がツルッと滑らかで、カンスイがよく効いて卵も入ったような、よく熟成してプリッと中身の詰まった張りと結合感のある麺質。食感は、固さのない茹で加減で、プリッと滑らかで適度に引き締まった縮れ混じりの弾力と、多少のコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、割と強めでしっかりしていて、熟成卵麺の旨味をよく感じる味わい。
・スープとの絡みは、味噌の旨味が程よくサラッと絡んで、スープの熱さがよく絡んでいた。味の絡みはそれほど強くないけれど、熱さの絡みがいいスパイスになっていた印象。

■スープ
・味噌。
・具の野菜やミンチと一緒に炒め煮してあって、温度高めの熱々。炒めたラードの風味が多少あるけど、油はそれほど多くなくて、表面に油の層はなかったと思う。
・出汁は、あっさりしていてよく分からないけど、清湯獣系メインのように感じた。炒めた油の風味と組み合わさって、味噌を支える味のベースになっていた。
・タレの味噌は合わせ味噌で、コクは割とマイルドながら旨味と厚みがあって、塩気は強くなくて程よい塩梅。
・味付けは、味噌の厚みのある旨味と多少の塩気があって、そこに、ニンニクか何かの風味と一味の辛味が隠し味的に加わって、味にメリハリを付けていた。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りで少し厚みのある巻きバラスライス。脂身混じりで、やや引き締まった弾力を感じる歯ごたえに、塩系の味付けは強くはないけど多少の旨味があって、あっさりとした肉の味や脂身の丸みと組み合わさっていた。
・味玉は、黄身が少し柔らかめの半熟で、多少の味付けを感じた。
・メンマは平べったい。ポリッと滑らかな歯ごたえに、割とマイルドな味付け。やや厚みがあるのも混じっていて、そちらはやや歯ごたえと味付けが強めに感じた。
・野菜は玉ネギとモヤシで、油で炒めた後スープと一緒に炒め煮してある。
・モヤシは太くて、表面を油で炒めてあって、割と柔らかめながら心地よい歯ごたえ。
・玉ネギは細長いカットで、表面を炒めていて、程よく熱が入っていた。
・ミンチは、味付けがマイルドであっさりとした肉の旨味があって、スープに旨味をプラスしていた。
・青ネギ輪切りは細くて、白い部分も少し混じっていた。

■全体的な味の感想
・麺は、黄色い中太の縮れ麺。札幌の味噌ラーメンらしさのあるプリッと熟成した卵麺で、スープとの絡みは、スープの熱さがいいスパイスになっていた。茹で加減は少し柔らかめに感じたけど、スープとのバランスは取れていたと思う。
・スープは、出汁があっさりしていて、味噌の厚みのある旨味を感じる味付けに、炒めたラードの風味が加わった味わい。油の量はそれほど多くなかったけど、スープが熱々で、多少のパンチを感じた。
・具は、野菜の玉ネギやモヤシが、きちんと油で炒めた感じがあったのが良かった。
・寒い時期にぴったりの味噌ラーメン。個人的には、油の量が多くないながらスープが熱々なのが気に入った。
・お気に入り度は、前半が3.5点、後半が4点で、トータルでは食べた日の寒さとの相性の良さ込みで4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報
スポンサーサイト

【生駒市】一喜屋

一喜屋 【一喜屋ラーメン】

一喜屋ラーメン(並)(700円)

一喜屋ラーメン(並)の麺

■来店の経緯等
・2016年12月の平日の晩に初の訪問。

■食べたメニュー
・一喜屋ラーメン(並)(700円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客3人。

一喜屋

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは4人で、男性2人と女性2人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで3分。

■麺
・四角くて少しウエーブのかかった中細麺。
・少し黄色くて加水中くらいか少し低めの、カンスイが多少効いて卵も入ったような、滑らかに引き締まった粉の質感のある麺質。食感は、ヤワさのない程よい茹で加減で、固さや芯はなくて、少し中身の詰まったようなコシを感じて切れる歯ごたえ。
・麺の味は、ややしっかりとした旨味があって、粉の旨味も多少感じる。
・スープとの絡みは、ややあっさりしている。スープの甘めの旨味が程よく絡んで、麺の味主体で食べる感じのバランス。

■スープ
・清湯の醤油。
・表面に多少の油と少しの背脂が浮かんでいて、あっさりした中に少し丸みを感じる口当たり。
・出汁は、恐らくは清湯獣系メイン。あっさりしていて、タレとのバランス的には主張控えめながら、表面の油と組み合わさって、味のベースになっている感じ。
・表面の油は、スープと少しだけ馴染んでいる感じがあって、味に丸みを付けていた。
・タレの醤油はやや薄めで、旨味メイン。
・味付けは、タレの旨味がしっかりしていて、タレの甘味も少し感じる、割とマイルドながら旨味のある旨甘テイスト。塩気も少しあって、甘味とバランスしている感じ。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは薄切りの赤身スライス。適度に柔らかな歯ごたえに、タレの旨味が効いた味付けと脂身の甘味とが組み合わさった味。
・味玉は、やや硬めの茹で加減に、味付け控えめで、ゆで卵のように感じた。
・メンマは長方形で平べったい。ポリッと滑らかで多少の密度を感じる歯ごたえに、昔ながらの味付きメンマっぽさを感じる味。
・モヤシは細めで、やや柔らかめのパリッと歯切れの良い歯ごたえ。モヤシ単体だと柔らかめに感じたけど、麺と絡むと食感的に麺より強かったかも。
・その他、青ネギ輪切りが入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は中細で、カンスイが多少効いて滑らかに引き締まった粉の質感があって、麺の味も旨味があった。
・スープは清湯の醤油で、出汁があっさりながら表面の油や背脂と少しだけ馴染んだ感じがあって、少し甘めで旨味がしっかりとしたタレの味付け。
・具は、デフォで味玉が入っていたけど、やや固めの茹で加減で、ゆで卵のように感じた。
・モヤシは細めで、割と柔らかかったけど、麺と絡むと食感的に麺より強かったかも。
・あっさりとシンプルでオーソドックスなラーメンで、サクッと食べられる感じ。
・お気に入り度は、麺と最初の印象が3.5点、後半が3点で、トータルでは3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【吉野郡吉野町】豆富茶屋 林

豆富茶屋 林 【豆腐ラーメン膳】

豆腐ラーメン膳(1080円)

豆腐ラーメン

豆腐ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年12月11日(日)の昼に初の訪問。
・このお店は、吉野山にある豆腐店併設の豆腐料理店。メニューにラーメンがあったので、興味を持ち訪問してみた。

■食べたメニュー
・豆腐ラーメン膳(1080円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は11時54分頃。外待ち無しの先客15人。

豆富茶屋 林

・テーブル席に座り、メニューを見て注文。
・厨房は別室。ホールの店員さんは女性2人。
・温かいお茶を出してくれた。お代わりはテーブルのポットでセルフ。
・注文から提供まで5分。

■麺
・四角い中太麺で、少し縮れたウエーブ。
・うっすらと黄色くて加水中くらいか少し高めの、カンスイが効いてプルッと滑らかな張りを感じる麺質。食感は、少し柔らかめというか固さのない茹で加減で、縮れの弾力混じりの少しプリッとしてプルッと優しい弾力を感じて、噛むとスッと切れる歯ごたえ。
・麺の味は、水を含んでややあっさりした中に、カンスイの効いた中華麺らしさを感じる味わい。
・スープとの絡みは、あっさりしているけど、麺とのバランスは取れていて、麺の味をよく感じた。スープの温度がもう少し高ければ、もっと麺の味が引き立つように感じたかも。

■スープ
・清湯の和風醤油。温度はややぬるめ。
・あっさりしていて、油はかなり少ない。
・出汁は和風魚介で、恐らくは獣系不使用。昆布と節系の、あっさりとした和風テイスト。
・タレの醤油は薄めで、コクはマイルド。
・味付けは、醤油のマイルドな旨味にミリンか何かのほんのりとした甘味があって、出汁の旨味と組み合わさっていた。それほど強い味付けではないながら、出汁があっさりしているので、タレというかカエシの方がやや強く感じるバランスで、麺と具の両方と相性は良かったと思う。
・塩気は少しあるけど、塩辛さや刺激感はない。

■具材
・具は、油揚げと湯葉と青ネギのみ。
・油揚げは、厚切りの短冊切りで量が多い。表面に多少のコシがあって、噛むとパフッと切れる歯ごたえに、上げた豆の旨味を感じる優しい味で、スープとも合っていた。
・湯葉は、一口大サイズの四角いカット。ペラッと滑らかで多少の密度感のある食感に、あっさりとした中に豆乳の旨味と丸みを感じる味わい。
・青ネギ輪切りは細くて、風味は強くなくて優しい歯触りだった。

■いなり寿司

いなり寿司

・いなり寿司は、甘めに炊いた揚げで酢飯を包んでいて、濃い味過ぎない程よく甘旨い味付けが酢飯と合っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、少し縮れたウエーブの中太で、カンスイが効いてプルッと優しい弾力を感じる、少し柔らかめの歯ごたえ。スープとの絡みはあっさりながらバランスが取れていて、麺の味をよく感じられた。ラーメン専門店じゃない豆腐料理店のせいか、麺は普通だったかも。
・スープは、あっさりとした和風魚介醤油で、恐らくは獣系不使用の黄いそばテイスト。ちなみに、このお店の麺メニューはラーメンのみで、うどん・そばは無かった。味的には麺と具の両方と合っていたけど、ラーメンとしてはスープの温度がややぬるめで、どちらかというと具の油揚げや湯葉に合わせた温度だったのかも。
・具は、油揚げや湯葉の量が多くて、麺よりも具の方が旨かった印象。
・具が主役の、豆腐屋の和風ラーメン。
・お気に入り度は、麺が3点で、具の油揚げや湯葉を含めたトータルでは3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■おまけ
・吉野山の金峯山寺蔵王堂。

金峯山寺

・吉野山からの景色。

吉野山からの景色

■お店の情報

《イベント》【北葛城郡王寺町】王寺ラーメン博

和風とんこつかしや×麺屋NOROMA@王寺ラーメン博2016 【特製和風鶏豚骨ラーメン】

特製ラーメン(950円)

特製ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年11月19日(土)、奈良県北葛城郡王寺町の王寺町役場駐車場で開催の麺イベント「王寺ラーメン博」に訪問。
・このブースは、大阪の「和風とんこつかしや」と奈良の「麺屋NOROMA」とのコラボ。

■食べたメニュー
・特製ラーメン(950円)
※特製は、デフォのラーメンに味玉とバラチャーシューが追加。

■お店への到着から提供までの概要
・ブースへの到着は13時13分頃。外待ち多数。
・最初に整理券を受け取り、駐車場の外にある堤防の待ち列に並ぶ。
・到着から23分待ちの13時36分、堤防から移動してブースの前の列に並ぶ。

和風とんこつかしや×麺屋NOROMA@王寺ラーメン博2016

・到着から62分待ちで注文。
・店員さんは男性6人。NOROMAの店主さんもいた。
・注文から提供まで5分。提供から食事場所までの移動に2分。

■麺
・四角い中細ストレート。最初の方はやや絡まり気味に感じた。
・色が薄くて加水中くらいの、カンスイ感控えめで、多少の水を含んだ粉の張りと滑らかな密度感のある麺質。食感は、ヤワさのない茹で加減で、滑らかで適度に中身の詰まった感じのコシがあって、強ゴシ過ぎずに切れる歯ごたえ。
・麺の味は、旨味をよく感じる。
・スープとの絡みは、味の絡みはそれほど強くないながら、スープの丸みと獣系出汁の風味がよく絡んで、麺の旨さを引き立てて食欲をそそっていた。

■スープ
・白濁した獣系醤油。
・少しトロッとしていて、よく乳化して油が少し溶け込んでいるけど、それほどドロドロやコッテリはしていない感じ。
・出汁は、獣系メインに魚介。獣系は、恐らくは鶏メインの鶏豚骨で、鶏油混じりでクリーミーな丸みとコクをよく感じる、少し煮詰まっているというか、出汁感が濃厚な味わい。少しトロッとしているけど、ゼラチン感はそれほど強くなかったかも。
・魚介は、程よい旨味とマイルドな風味があって、スープに旨味をプラスしていた。スープを飲むと、最初に獣系が来て、その後から魚介の旨味を感じるバランス。
・タレは、恐らくは薄い醤油ベースで、醤油のコクはマイルド。
・味付けは割と穏やかで、魚介の旨味や獣系のコクを生かしながら、必要な旨味を持たせている感じ。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、バラと赤身の二種類。
・バラチャーシューは、厚切りの煮豚スライス。脂身混じりで、厚みがあってフワッと柔らかな歯ごたえに、適度な旨味を感じる味付けと脂身の丸みとが組み合わさった味わい。
・赤身チャーシューは薄切り。程よく引き締まって噛むとサクッと切れる感じの歯ごたえに、味付けが強くなくて適度な肉っぽさを感じる味わい。
・味玉は、黄身がトロッと半熟で、程よい旨味を感じる味付け。
・糸唐辛子は、スープの味付けがマイルドだったせいか、ほんのりとした刺激感をそこそこ感じた印象。
・カイワレは、優しい張りと風味があった。
・その他、白ネギ輪切りが乗っていた。

■全体的な味の感想
・麺は四角い中細で、最初はやや絡まり気味に感じたけど、麺の味は旨味があって旨かった。スープとの絡みは、スープの丸みと獣系出汁の風味がよく絡んで、麺の旨さを引き立てて食欲をそそっていた。
・スープは、クリーミーな丸みとコクをよく感じる白濁獣系メインに、魚介の旨味が加わっていて、少し煮詰まったような濃厚さを感じる味わい。味付けは割と穏やかだった印象。
・具は、糸唐辛子のほんのりとした刺激感が印象に残った。

■お気に入り度: (屋外イベントなのでお気に入り度無し)

■お店の情報

《イベント》【北葛城郡王寺町】王寺ラーメン博

大和ヌードル青年部@王寺ラーメン博2016 【梅華そば】

梅華そば(700円)

梅華そばの麺

■来店の経緯等
・2016年11月19日(土)、奈良県北葛城郡王寺町の王寺町役場駐車場で開催の麺イベント「王寺ラーメン博」に訪問。
・「大和ヌードル青年部」は、「大和Noodle店主会」加盟店の若手店員によるコラボ。加盟店は、「ラーメン家 みつ葉」「麺屋NOROMA」「ちかみちらーめん」「麺処と市」「麺屋 いちびり」「らぁめん トリカヂ イッパイ」の6店。

■食べたメニュー
・梅華そば(700円)

メニュー案内

■お店への到着から提供までの概要
・ブースへの到着は12時49分頃。待ち人数は30人ぐらい。

大和ヌードル青年部@王寺ラーメン博2016

・最初に整理券を受け取り、ブース前の列に並ぶ。
・到着から12分待ちで注文。
・店員さんは7人で、男性6人と女性1人。
・注文から提供まで1分。提供から食事場所までの移動に1分。

■麺
・四角い細麺ストレート。
・色が薄くて加水やや低めの、カンスイ感は強くなくて、適度に中身の詰まった粉の張りとふくらみがあって、やや角張った麺質。食感は、ヤワさのない程よい茹で加減で、噛むと多少の当たりを感じてサクッと切れる、軽快でキレの良い歯ごたえ。
・麺の味は、ややあっさりとした粉の旨味をよく感じる味わい。
・スープとの絡みは、表面の油と旨味と節系魚介の風味がよく絡んで、やや強めの絡みだったけど、麺の味とのバランスは取れていた印象。メリハリがあって、分かりやすいハッキリとした味。

■スープ
・清湯の魚介醤油。
・表面に多少の油が浮かんでいて、スープと少し馴染んでいる感じ。
・出汁は、恐らくは清湯獣系ベースに魚介メイン。獣系は、魚介を支える旨味のベースになっている感じ。
・魚介は、鯖などの節系メインで、節の旨味や風味を濃厚に感じる味わい。
・表面の油は、魚介の風味と組み合わさって、スープに丸みをプラスしていた。
・タレの醤油は旨味があって、やや薄めの程よい存在感があった。
・味付けは、醤油ダレの旨味があって、魚介の味や油の丸みとバランスよく組み合わさっていた。強い味ではないけど、やや濃いめのバランス。
・刺激感はない。

・後半、鶏チャーシューの上に乗っていた梅肉ペーストを溶かして味変化してみた。バランス的には梅よりもスープの味の方が強くて、麺との絡みでは梅はあまり感じずに、スープ自体の味でも梅はほのかに感じる程度だった印象。

■具材
・チャーシューは、やや厚切りの鶏ムネスライス。脂身無しで、しっとりと滑らかな張りがあって歯切れの心地よい歯ごたえに、あっさりとした味付けで、噛み締めると鶏肉の旨味をよく感じる味わい。
・穂先メンマは長い。ペラッとした中に多少の質感のある歯ごたえに、スープの味と較べるとあっさりとした味付け。
・玉ネギは四角いカット。シャリッと軽快な張りを感じる歯ごたえに、多少の香味があって、スープを飲む際には結構存在感があった。
・青ネギ輪切りは少し斜めのスライス。見た目の存在感はあったけど、食感や風味的には玉ネギの方が主張していた印象。

■全体的な味の感想
・麺は、加水やや低めの細麺で、噛むとサクッと切れる軽快でキレの良い歯ごたえがあって、麺の味も旨かった。スープとの絡みは、節系魚介の風味が強めに絡んで、メリハリが効いていた印象。
・スープは、清湯獣系ベースに節系の魚介が強めに効いていて、鯖などの節の味と風味が濃厚で、そこに表面の油の丸みや醤油ダレの旨味がバランスよく組み合わさった味わい。
・具は、鶏ムネチャーシューが旨かった。
・玉ネギは、スープを飲む際に食感や風味が主張していた。

■お気に入り度: (屋外イベントなのでお気に入り度無し)

■お店の情報

【生駒市】韃靼ラーメン 橘

韃靼ラーメン 橘 【塩ラーメン】

塩ラーメン(630円)

塩ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年11月の平日の夕方に初の訪問。

■食べたメニュー
・塩ラーメン(630円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客1人。

韃靼ラーメン 橘

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・紙オシボリを出してくれた。
・麺上げは、タイマーで自動式の振りザル。
・スープは具と一緒にフライパンか中華鍋かで炒め煮していた。
・注文から提供まで4分。

■麺
・四角い中細で、少しウエーブのかかったストレート。
・少し色が付いていて、加水中くらいかよく分からない感じの、カンスイ感は強くなくて、韃靼蕎麦混じりで多少の水を含んだ優しい粉の張りと結合感があって、やや角張った麺質。食感は、少し柔らかめというか固さのない茹で加減で、滑らかで少ししなやかな質感を感じる当たりがあって、噛むとスッと切れるような歯ごたえ。
・麺の味は、韃靼蕎麦の味と風味を多少感じる味わい。
・スープとの絡みは、味の絡みは割とあっさりしていて、麺の味が主役のバランスだったけど、あんかけのトロミと熱さがよく絡んでいて、麺を引き立てていた印象。

■スープ
・清湯のあんかけ。具の野菜と一緒に炒め煮していて、温度高めの熱々。
・あっさりしていて、あんかけのトロミが少しあるけど、粘度はそれほど高くない感じ。
・出汁は、魚介系ベースに薬膳っぽい野菜系が加わっていて、獣系は入っているのかよく分からなかった。
・魚介は、割とあっさりながら、味付けがマイルドなので、雑味のない優しい旨味と出汁感を感じられた印象。
・野菜は、出汁感はそれほど強くないけど、薬膳風の風味が多少効いていた。
・タレの塩は、塩気や塩のコクの主張はかなり控えめ。
・味付けはマイルドで、出汁の旨味や風味を引き立てていた。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・具は野菜系のみ。
・野菜は、白菜、キャベツ、小松菜、高菜、ニンジンが入っていて、いずれも細長いか小さいカット。食感的には白菜が一番存在感があったけど、細長く刻んであり、量もスタミナラーメン(天理ラーメン)とかと較べると控えめだった印象。
・キノコは、細長いキクラゲと、小さめのブナシメジが入っていた。
・松の実は、柔らかなナッツ感のある歯ごたえ。
・クコの実は、赤くて柔らかかった。
・揚げネギはペラッとしていて、スープに馴染んでおり、香ばしい風味がスープの薬味になっていた。
・その他、卵の卵白だけが少しだけスープに溶いてあった気がした。

■全体的な味の感想
・麺は中細で、少し柔らかめというか固さのない食感に、韃靼蕎麦の味と風味を多少感じる味わい。スープとの絡みは、あんかけのトロミと熱さがよく絡んで、麺の味を引き立てていた。
・スープは、あんかけのトロミがあって、具の野菜と一緒に炒め煮していた。味付けマイルドで、魚介メインの出汁の優しい旨味と薬膳テイストの野菜の風味を感じる味わい。
・具は野菜系のみ。小さくカットしてあり、量的にはチャンポンスタミナラーメン(天理ラーメン)とかと較べると控えめだったけど、スープとの一体感があったと思う。
・揚げネギは、香ばしい風味があって、スープの薬味になっていた。
・松の実は、食感のアクセントになっていた。
・溶き卵も入っていたけど、卵白しか入っていなかったかも。
・韃靼蕎麦入りの麺が個性的な、優しい味のあんかけラーメン。
・お気に入り度は、最初の印象が3.5点、後半が3点で、トータルでは3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【橿原市】麺処 と市

麺処 と市 【ちゃーしゅーめん+ちゃーしゅー丼】

ちゃーしゅーめん+ちゃーしゅー丼

ちゃーしゅーめん(1000円)

ちゃーしゅーめんの麺

■来店の経緯等
・2016年11月12日(土)の昼、1年9か月ぶり、7回目の訪問。

■食べたメニュー
・ちゃーしゅーめん(1000円)
・ちゃーしゅー丼(ねぎ塩)(300円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は13時26分頃。外待ち22人。

麺処 と市(暖簾)

・入店は、到着から58分待ちの14時24分。
・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。この日のスープは濃いので、つけ麺の方がおすすめとの案内があったが、むしろ望むところなので、ラーメンの方を注文。
・店員さんは男性2人。
・冷たいお茶はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで4分。

■麺
・長方形で四角い、ウエーブのかかった中太麺。
・色が薄くて加水中くらいか少し高めの、表面が割と滑らかで、カンスイ感は強くなくてプルッと中身が詰まった感じの粉の結合感があって、角張った麺質。食感は、程よい茹で加減で、ムチッとして適度な密度感のあるコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、ややあっさりとした粉の旨味と甘味をよく感じる味わい。
・スープとの絡みは良好。スープの旨味と丸みが程よく絡んで、麺の味を引き立てていた印象。

■スープ
・白濁した獣系魚介醤油。
・少しトロッとしていて、よく乳化しており、若干の油が溶け込んでいる。それほどコッテリはしていない感じ。
・出汁は、獣系ベースに魚介。獣系は、恐らくは鶏豚骨で、粘度は高くないながら多少のゼラチン感があって、乳化のクリーミーな丸みと旨味をよく感じる味わい。
・魚介は節系メインで、適度な強さの旨味と風味があって、魚介が勝ちすぎずに獣系とバランスしていた。麺との絡みでは、魚介の風味をそれほど感じなかったけど、スープ自体の味では魚介の存在感がそこそこあった。
・タレの醤油はコクがマイルド。
・味付けは、醤油の旨味に多少の塩気と一味の刺激感があって、濃い味ではないながら少しピリッとしていて、出汁の丸みや濃厚さとバランスよく組み合わさっていた印象。

■具材
・チャーシューは、分厚い赤身の煮豚スライスが5個ぐらい入っていた。脂身が少し混じって、フワッと柔らかな肉の繊維感のある歯ごたえ。味は、ほんのりとした塩気があってマイルドな旨味を感じる味付けが、肉の旨味と脂混じりの丸みとを引き立てる感じの味わい。スープとの相性も良好だった印象。
・チャーシュー5個のうち、脂身少なめの部位も1個入っていて、固くはないながら肉の繊維の密度感があって、ややしっかりとした食べ応えのある歯ごたえがあった。
・水菜は、葉と軸が別々の一口大カット。軸が太くて、ポキッとキレの良い歯ごたえに、サッパリとみずみずしい味があって、食感のアクセントになっていた。
・玉ネギは、やや小さめの四角いカット。シャリッと軽快な張りを感じる歯ごたえに、辛くなくてサッパリとした生玉ネギの味。

■ちゃーしゅー丼

ちゃーしゅー丼(ねぎ塩)(300円)

・白ご飯の上に、小さくカットしたチャーシューと細かくカットしたネギが乗っていて、塩ダレがまぶしてある。トッピングとご飯を混ぜながら食べた。
・チャーシューは煮豚で、ホロッと柔らかな食感に、マイルドで丸みのある旨味を感じる味。
・ご飯の量はやや少なめで、丸みのあるチャーシューの味と塩ダレの塩気との組み合わせがご飯と合っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、長方形で四角い中太麺。プルッと中身が詰まった感じの粉の結合感があって、麺の味はややあっさりとした粉の旨味と甘味をよく感じた。
・スープは、少しトロッとしてクリーミーな獣系ベースに、節系の魚介がバランスよく組み合わさった味わい。店員さんの説明では、今回のスープは通常よりも濃かった模様で、そのせいか、以前にデフォの「らーめん」を食べた時よりも麺との絡みが良くて、それが自分の好みと合っていた印象。
・具は、チャーシューが分厚くて柔らかな赤身の煮豚で、スープとの相性も良好で旨かった。脂身少なめで歯ごたえがややしっかりしたの1個混じっていて、食べごたえがあった。
・ちゃーしゅー丼は、小さくカットした煮豚チャーシューと塩ダレとの組み合わせが、ご飯と合っていた。
・お気に入り度は、トータルで4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【橿原市】心ゝ和

心ゝ和 【とんこつラーメン】

とんこつラーメン(700円)

とんこつラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年11月の平日の晩に初の訪問。
・このお店は、橿原神宮前駅東改札口の横にあるお店。

■食べたメニュー
・とんこつラーメン(700円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客9人。

心ゝ和

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て「とんこつラーメン」を注文。太麺と細麺から太麺を選択。ちなみに、太麺はつけ麺と共通との説明があった。
・店員さんは4人で、男性2人と女性2人。
・水は出してくれた。
・オシボリも出してくれた。
・お酒がいろいろ揃っていて、焼鳥、串カツ、唐揚げ等の居酒屋メニューもあって、ラーメン店と居酒屋を兼ね備えている感じ。
・麺上げは振りザル。
・チャーシューは、焼鳥用の電熱器の上に網を置いて、その上で焼いていた。
・注文から提供まで6分。

■麺
・長方形で平打ちの太麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・少し黄色くて加水中くらいか少し高めの、表面がムチッと滑らかで、カンスイが多少効いて適度に熟成した感じの粉の張りと密度感と結合感があって、平打ち気味ながらペラッとはしていない感じの麺質。食感は、ヤワさのない程よい茹で加減で、滑らかで中身の詰まった筋肉質な弾力とコシを感じる、噛み心地のよい歯ごたえ。
・麺の味は、カンスイが多少効いて卵も入ったような、粉の旨味がしっかりとした味。
・スープとの絡みは、どちらかというと麺の方が主役だったけど、バランスは割と取れていたと思う。スープのトロミと旨味が程よく絡んで、麺の味を引き立てていた印象。

■スープ
・白濁した獣系。
・少しトロッとしていて、多少の油が溶け込んでいる。カットした背脂も何個か入っていたと思う。
・出汁は豚骨メインの獣系で、鶏も入っているかも。少しだけネトッとしたゼラチン感があって、肉や背脂も一緒に煮込んだような丸みのある旨味とコクを感じる味わい。獣系出汁のコクや風味はそれほど強くないけど、ゼラチン混じりの出汁感を多少感じた気がした。
・タレは、恐らくは薄い醤油ベース。
・味付けは、強い味ではないながら、少し甘めの旨味がしっかりしていて、出汁のトロミや丸みとバランスよく組み合わさっていた。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、少し厚切りのバラスライス。表面を軽く焼いており、柔らかい中に焼いて少しだけ引き締まった感じのある歯ごたえ。味は、程よい旨味を感じる味付けが、肉の旨味と組み合わさっていた。
・細かくカットしたチャーシューも多少入っていて、ラーメンに肉の旨味をプラスしていた。
・メンマは平べったい。柔らかめで滑らかな繊維感のある歯ごたえに、多少の甘旨さと風味を感じる味付け。
・海苔は風味がスープと合っていた。
・その他、青ネギ輪切りが乗っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、つけ麺と共通の長方形平打ち太麺で、滑らかで中身の詰まった筋肉質な弾力とコシを感じる、噛み心地のよい歯ごたえ。スープとの絡みは、麺の方が主役のバランスで、麺の味が引き立っていた印象。
・スープは、ネトッとしたゼラチン感と、肉や背脂も一緒に煮込んだような丸みのある旨味とコクを感じる味わいで、味付けは少し甘めの旨味がしっかりしていた。
・ラーメン店と居酒屋を兼ねた感じのお店だったけど、ラーメンの味は割としっかりしていたと思う。
・個人的には、麺が一番気に入った。
・お気に入り度は、麺が4点、スープが3.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【磯城郡川西町】麺食堂 88

麺食堂 88 【つけそば(1000g)】

つけそば(1000g)

つけそばの麺

■来店の経緯等
・2016年11月5日(土)の昼、8か月ぶり、8回目の訪問。

■食べたメニュー
・つけそば(麺量200g)(750円)
・麺増し(800g追加)(800円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店直後の11時3分頃。外待ち無しの店内満席。外で待つ。
・到着から21分待ちで入店。最初に、店内の券売機で「つけそば」の食券を買う。
・厨房対面のカウンター席に座り、麺量1000gで注文。麺増しは100g100円で、800g分を現金で払った。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで21分。麺は2つの丼に分けての提供。

■麺
・長方形平打ちの太麺ストレート。
・色が薄くて加水少し高めの、表面がツルッと滑らかで、カンスイが少し効いた感じの粉の張りとふくらみと結合感のある麺質。食感は、少し柔らかめの茹で加減で、ムチッと滑らかな張りと弾力と優しいコシを感じる、心地よい歯ごたえ。ノド越しよくスルッと食べられる感じ。
・麺の味は、水を含んでややあっさりとした粉の旨味を感じる味わい。
・つけ汁との絡みは良好。表面の油と醤油ダレの味付けと出汁の旨味と魚介の風味がバランスよく絡んで、ややあっさりとした絡みながら、麺とのバランスは良好で、麺の旨さを引き立てていた。魚介が勝ち過ぎないので、つけ汁の温度が低下しても、それほど絡みが弱まった感じがしないのが良かった。

・後半、麺同士がくっつき気味になってきたので、店主さんに麺を渡して、再度水で締めてもらった。麺の食感がみずみずしくなって食べやすくなったけど、その代わり、つけ汁との絡みがやや弱まった印象。

■つけ汁
・清湯の醤油。
・あっさりしていて、表面に多少の油が浮かんでいる。一味もトッピングしてある。
・出汁は、鶏の獣系ベースに魚介。獣系はあっさりしていて、味のベースになっている感じ。
・魚介は、風味が立ち過ぎずに、獣系やタレとバランスよく組み合わさって、つけ汁に適度な旨味をプラスしていた。
・タレの醤油は少し濃いめで、コクはややしっかりしているけど、丸みがあってカドはない。
・味付けは、醤油ダレの旨味と醤油感に、ほのかな甘味があって、そこにトッピングの一味のピリッと感が加わって味を引き締めていた。多少濃い味ながら、塩辛さやキツさはなかった印象。

サービスの追加つけ汁

・麺を三分の二ぐらい食べたところで、サービスの追加つけ汁を出してもらった。温度が高い分、すっかり冷えた最初のつけ汁よりも麺との絡みは強いけど、麺を再度水で締めたせいか、最初の絡みまでは戻らなかった気がした。

■具材
・麺の容器のチャーシューは、やや厚みのあるレアの肩ローススライス。しっとりとしながら汁っぽさは控えめで歯切れの滑らかな歯ごたえに、味付けマイルドであっさりと軽快な肉の旨味を感じる味わい。

・つけ汁の容器の中には、チャーシューとメンマとネギ。
・チャーシューは、やや大きめの四角い赤身の角切り。適度に熱が入って、程よい張りと弾力を感じる歯切れの心地よい歯ごたえに、肉の味とチャーシューの味付けとつけ汁の味とが一体化したような、肉の甘さを感じる味わい。
・メンマはやや細めで、長方形で平べったい。コリッと滑らかな歯ごたえに、多少の旨味を感じる味付けで、つけ汁と合っていた印象。
・ネギは、白髪ネギと青ネギ輪切りの二種類。白髪ネギはやや細めで、シャリッとした強すぎない繊維感のある歯ごたえが、麺を食べる合間の食感のアクセントになっていた。

■全体的な味の感想
・麺は、長方形平打ちの太麺で、ムチッと滑らかな張りと弾力と優しいコシを感じる歯ごたえがあって、ノド越しよくスルッと食べられる感じ。つけ汁との絡みも良好で、魚介が勝ち過ぎずに、醤油ダレと出汁の旨味がバランスよく絡んで、麺の旨さを引き立てていたのが良かった。
・麺量1000gだと、後半に麺同士がくっつき気味になるので、再度水で締めてもらったけど、麺がみずみずしくなった代わりに、最初よりもつけ汁との絡みが弱まった印象。個人的には、麺を再度水で締めずに済む、500g~600gぐらいまでの麺量がおすすめだと思う。
・つけ汁は清湯の醤油で、獣系と魚介のバランスが取れていて、醤油ダレはやや濃いながらカドが無いのが良かった。
・具は、チャーシューが麺の容器とつけ汁の容器の両方に入っていた。つけ汁の中の角切りチャーシューは、肉の甘さを感じる味わいがあった。
・このお店でつけそばを食べたのは今回で4回目だけど、麺とつけ汁との相性的には、今回が今まで食べた中で一番気に入った。
・お気に入り度は、前半が4.5点、麺を再度水で締めた後が4点で、トータルでは4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【大和高田市】フレンチシェフのラーメン くろす

フレンチシェフのラーメン くろす 【鶏煮込み塩らーめん】

鶏煮込み塩らーめん(790円)

鶏煮込み塩らーめんの麺

■来店の経緯等
・2016年11月3日(祝)の昼に初の訪問。2杯食べたうちの2杯目。
・このお店は、フランス料理店「ヴェルデ辻甚」プロデュースのラーメン店で、2016年10月21日(金)オープンの新店。

■食べたメニュー
・鶏煮込み塩らーめん(790円)

■お店への到着から提供までの概要
・入店時に、1杯目の「鶏塩らーめん」と合わせて注文。

■麺
・長方形で平打ちの、少しウエーブのかかった、中太か中くらいの太さの麺。最初はやや絡まり気味。
・全粒粉混じりで少し色が付いていて加水中くらいの、表面はツルッとはしておらずに、カンスイが多少効いた感じの粉の張りと適度な密度感のある麺質。食感は、程よい茹で加減で、適度に中身の詰まった中に多少のモッチリとした弾力を感じる、噛み心地のよい歯ごたえ。
・麺の味は、粉の旨味がしっかりしていて、全粒粉のコクも多少感じる味わい。
・スープとの絡みは、スープのトロミと旨味がよく絡んでいたけど、麺の味や食感もしっかりしているので、バランスは取れていた印象。

■スープ
・白濁した鶏塩。
・ややトロッとしていて、多少の油が溶け込んでおり、ややコッテリしている。
・出汁は鶏の獣系。ゼラチン感が少しあって、鶏油や肉も混じった感じの鶏のコクと旨味をよく感じる味わい。
・タレの塩は、塩気の主張は強くない感じ。
・味付けは、程よい旨味があって、ややしっかりしている。鶏のクセとかは抑えながら、出汁の旨味と組み合わさって出汁の味わいを引き立てていた印象。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りで少し厚みのある赤身スライス。レアよりは少し熱が入っている感じの、しっとりと滑らかな密度感があって割と歯切れの良い歯ごたえに、味付けマイルドで、ほんのりとした塩気があっさりとした肉の旨味を引き立てている感じの味わい。スープの味よりも繊細なので、スープに付けずに食べる方が旨かった印象。
・味玉は、黄身がトロッと半熟で、醤油系のタレの旨味が効いた味付け。
・ネギは、青ネギ輪切りと白ネギ輪切りと細かいカットの玉ネギの三種類で、スープとのバランス的には主張控えめに感じた。
・揚げた玉ネギか何かも、清湯系と較べると風味の主張は控えめで、多少の薬味になっていた。

■全体的な味の感想
・麺は、全粒粉混じりの平打ち太麺で、適度に中身が詰まった中に多少のモッチリとした弾力を感じる歯ごたえがあって、スープとのバランスも取れていた。麺同士がやや絡まり気味だったのが少々気になったかも。
・スープは鶏白湯塩で、鶏のクセとかは抑え気味ながら、鶏油や肉も混じったようなコクと旨味をよく感じられたのが良かった。
・具は、チャーシューがしっとりしていて旨かった。丼のフチに乗せての提供で、スープに付けずに食べた方が旨かったと思う。
・スープが一番気に入った。
・個人的には、1杯目の「鶏塩らーめん」よりもこちらの方が好み。
・お気に入り度は、スープが4.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

フレンチシェフのラーメン くろす(のれん)

フレンチシェフのラーメン くろす

■お店の情報
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 06月 【15件】
2017年 05月 【20件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ