【奈良市】鯛だしそば・つけ麺 はなやま

鯛だしそば・つけ麺 はなやま 【濃厚鯛なしつけ麺】

鯛なしつけ麺(780円)

鯛なしつけ麺の麺

■来店の経緯等
・2015年2月の平日の晩、半年ぶり、7回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・奈良のタウン情報誌「ぱーぷる」2015年2月号の、「ぱーぷる読者限定!ラーメン1杯500円クーポン!!」使用の1軒目として訪問。
・このクーポンの対象メニューはお店毎に決まっており、このお店では、新メニューの「鯛なしつけ麺」が対象。
(注:このクーポンの有効期限は、2015年2月24日(火)で終了しています。)

■食べたメニュー
・ぱーぷる企画メニューの「鯛なしつけ麺」(780円)
(1日20杯限定)
※2015年1月25日(日)から2月24日(火)まで、「ぱーぷる読者限定!ラーメン1杯500円クーポン!!」使用で500円

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客2人。
・厨房対面のカウンター席に座り、クーポンを渡して「鯛なしつけ麺」注文。冷やもりかあつもりかを聞かれ、冷やもりを選択。
・店員さんは3人で、男性2人と女性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで11分。

■麺
・四角くて少しウエーブのかかった中太麺。
・加水中くらいかやや高めの、表面が滑らかで、プリッとはしておらずにしっとりとみずみずしい張りがあって、多少のエッジの効いた麺質。水切りはややユルめで、丼の底には少しだけ水が残っていた。食感は、プルッと優しく引き締まった弾力とコシがあって、スルッと食べられる感じの心地よい歯ごたえ。
・麺の味は、みずみずしさの中に粉の旨味をよく感じる味わい。
・つけ汁との絡みは良好。つけ汁のトロミと、酸味混じりの魚粉の味とがよく絡んでいて、やや魚粉強めの味ながら、麺とのバランスはよく取れていた。

■つけ汁
・白濁した獣系魚介醤油。
・トロッとしていて、ややコッテリしている。
・出汁は獣系ベースに魚介。獣系は豚骨メインで、多少のゼラチン感に油の混じった感じのトロミとコッテリ感があって、マッタリ感とか獣系の風味やコクはマイルドに感じた。
・魚介は、節系の魚粉混じりの味で、サバ節か何かの、少し酸味の混じったようなコクがよく効いていた。
・タレの醤油は、コクは強くなくて、獣系出汁や魚粉とのバランスが取れていて一体化している感じ。
・タレの味付けと魚粉とが組み合わさったような、ほのかな酸味を感じる味わいで、刺激感はない。
・味付けは、つけ汁としては強すぎずに程よい濃さだったけど、そのまま飲むと、ややコッテリ感が立っていた印象。

・スープ割りは、カウンターの上に置いてあるポットでセルフ。
・割りスープはややぬるめで、あっさりとした魚介出汁に生姜か何かの風味が少し効いていた。
・つけ汁をスープで割ると、コッテリ感が薄まって飲みやすくなったけど、個人的には、割りスープにもう少しだけ出汁感と温度の高さが欲しい気がしたかも。

■具材
・チャーシューは、少し厚みのあるバラスライスで、表面を炙ってある。柔らかめの張りがあって歯切れが良くて、表面は炙って少しだけサクッと引き締まった感じの歯ごたえ。味は、味付けマイルドで程よい脂身の丸みがあって、炙った香ばしさを感じる味わい。
・味玉は、黄身はやや固めでしっとりしていて、マイルドな旨味を感じる味付け。
・メンマは四角くて太い。柔らかな張りのある歯ごたえに、あっさりながらしっかりとした旨味を感じる和風テイストな味付け。
・白髪ネギは、シャリッとして適度な主張のある歯ごたえに、サッパリとしてみずみずしいネギの風味があった。
・麺の上の海苔は少しだけ幅のあるカット。味付け海苔で、多少の質感があったけど、麺に対する主張はそれほど強くなかった気がした。

■全体的な味の感想
・麺は、しっとりとみずみずしい張りがあって、麺の味も旨かった。つけ汁との絡みは、やや魚粉の味が立っていた気もしたけど、バランスは良好だったと思う。
・つけ汁は、トロッとしてコッテリとした豚骨メインの獣系ベースに魚粉のよく効いた、王道の獣系魚介醤油テイスト。サバ粉か何かとタレの味付けとが組み合わさったような酸味を少し感じたのが印象に残った。
・具は、バラチャーシューの表面をよく炙っていて、炙った食感と香ばしさがつけ汁と合っていた。
・白髪ネギも、コッテリとしたつけ汁と合っていた印象。
・麺の上の海苔は、どちらかというと不要に思う派だけど、今回は、麺を食べる上であまり気にならなかったので、悪くはなかったかも。
・鯛出汁不使用ということで、代わりに魚粉の味が主張していたような気もしたけど、麺は旨かったし、500円のメニューとしては結構満足できたと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報
スポンサーサイト

【奈良市】鯛だしそば・つけ麺 はなやま

鯛だしそば・つけ麺 はなやま 【鯛だしブラック】

鯛だしブラック(730円)

鯛だしブラックの麺

■来店の経緯等
・2014年7月の平日の晩、半年ぶり、6回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・この日は、晩に富雄でラーメンを食べたいと思い、久しぶりに訪問してみた。

■食べたメニュー
・鯛だしブラック(730円)
※メニュー案内には「熟成醤油の黒いスープのラーメン。鯛だしの上品なスープにエビとカツオの香りが食欲をそそります。ぜひ一度食べてみて下さい」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客6人。
・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見たところ、今年1月の前回訪問時には無かった「鯛だしブラック」がレギュラーメニューに追加されていたので、注文してみた。
・店員さんは3人で、男性2人と女性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで3分。

■麺
・四角くて少し縮れた細麺。
・加水中くらいの、表面は滑らかで少しプリッとした感じに引き締まった結合感があって、細身で少しエッジの効いた麺質。食感は、強いて例えれば少しだけコンニャクを連想させるようなコシがあって、噛むと締まりのある弾力を感じながらザクッと切れる歯ごたえ。
・麺の味は、スープの味の方が強いながら、ほんのりと粉のコクを感じる味わい。
・スープとの絡みはしっかりしている。スープのカドの無い醤油のコクと、鰹か何かの魚介の風味が強めに絡んで、麺の味を引き立てていた。

■スープ
・清湯の醤油。
・あっさりしていて、ほんの少しだけ濁っている感じで、表面に油が少し浮かんでいる。
・出汁は、恐らくは獣系ベースの魚介メイン。獣系は、濃いめのタレの味を支えるベースになっていた印象。
・魚介は、麺との絡みでは鰹の風味が強めに絡んでいたけど、スープ自体の味では鰹は控えめで、タレが強くて何なのかよく分からないながら、甘味のある魚介の出汁がほんのりと効いていた。後から考えると、鯛煮干の出汁の味だったのかも。
・海老の風味も、麺に多少絡んでいた気がしたけど、スープ自体の味では海老はあまり分からなかった。トッピングされていた細かい粉が風味付けの魚粉だったのかも。
・タレの醤油は濃口かたまり醤油で、コクが濃厚で厚みがありながら、カドが丸まっていて醤油辛さのないマイルドな味わい。
・味付けは、醤油が強めでしっかりしていたけど、出汁がうまくカドを丸めていた印象。
・塩気はそこそこあると思うけど、味に厚みがあって、塩辛さや刺激感はなかった。

■具材
・チャーシューはバラスライスで、やや厚切りと、それより少し薄いのが一枚ずつ。脂身がトロッと柔らかくて肉の部分も多少の繊維感がありながら歯切れの柔らかな歯ごたえに、脂身の甘味がよく効いた味わい。
・メンマは長方形で四角い。ポリッと滑らかな張りのある歯ごたえに、味付けはしっかりしていて、多少のゴマ油系を感じる旨味がよく染み込んでいた。
・カマボコは薄切りのスライス。柔らかくてプリッとした張りのある歯ごたえに、あっさりとした味。
・青ネギ輪切りは、シャリッと優しい歯ごたえで、あっさりながら量が多めで主張があって、麺にもよく絡んでいた。
・海苔は大きくて味付け無しで、スープに浸すと海苔の風味がスープとよく合っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、細身でプリッと引き締まったコシを感じる歯ごたえで、スープとの絡みは強めながら、スープの醤油のコクと魚介の風味とが麺の味をよく引き立てていた。
・スープは、醤油のコクが濃厚ながらカドや辛さの無い味わいで、タレが強いながらも出汁が醤油のコクをよく支えていた印象。麺との絡みも、醤油のコクの中に鰹の風味がよく立っていて良かった。
・細麺とスープとの絡みが個性的なブラック醤油ラーメン。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【奈良市】鯛だしそば・つけ麺 はなやま

鯛だしそば・つけ麺 はなやま 【鯛だし塩そば】

鯛だし塩そば(極細麺)(650円)

鯛だし塩そば(極細麺)の麺

■来店の経緯等
・2014年1月の平日の晩、7か月ぶり、5回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・この日は、久しぶりにこのお店の「鯛だし塩そば」を食べたいと思い、訪問してみた。

■食べたメニュー
・鯛だし塩そば(極細麺)(650円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外に4人待ち。

鯛だしそば・つけ麺 はなやま

・到着から2分待ちで入店。厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て「鯛だし塩そば」注文。
・店員さんは男性2人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで10分。

■麺
・四角い細麺で、少しウエーブがかかっている。
・白くて加水やや高めの、表面がツルッと滑らかでプリッとした透明感と結合感があって、細身なりの張りがあってエッジの効いた麺質。食感は、固くはないけど引き締まった感じの主張があって、噛むと少しだけ粘ってからパツンと切れる歯ごたえ。
・麺の味は、プリッとしていてあっさりとした素麺風。
・スープとの絡みは良好。スープの魚介の甘いコクがあっさりと絡んで、細麺なのでバランスも良好。

■スープ
・清湯の魚介塩。提供時の温度は高め。
・あっさりしているけど出汁感は割と濃厚で、油が少し浮かんでいる。
・出汁は、清湯獣系ベースに鯛煮干の魚介。獣系は恐らく鶏で、コクはあっさりしているけど、油との馴染み具合が獣系の存在を感じさせる味わい。
・魚介は、鯛煮干か何かの独特の甘いコクがメインで、ややシンプルな味わい。魚介は結構繊細で、具のチャーシューやメンマの味が魚介の風味に勝ち気味のように感じた。
・塩ダレは、塩の主張は控えめで、魚介の風味の方が前に出ている感じながら、じんわりとしたコクが出汁の味を引き立てている。
・味付けは控えめで、塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・チャーシューは、厚切りを更に斜めにスライスして二枚にした感じのバラスライス。脂身はトロッと柔らかくて、肉の部分は柔らかいながら少し引き締まった感じの歯ごたえに、旨味があってあっさりとした味付けで脂身混じりの肉のコクを感じる味わい。
・メンマは太くて四角い。噛むと沈み込むようなボリッとした繊維感のある歯ごたえに、多少のゴマ油系の旨味を感じるしっかりとした味付け。
・菊菜は、シャリッとして優しい感じの張りのある軸の歯ごたえに、あっさりとしたコクを感じる味わい。
・海苔は、スープに浸すとフワッと優しい風味があってスープと合っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、細身ながらエッジが効いていて、プリッとしてパツンとした歯ごたえ。麺の味はあっさりしていて、魚介の甘いコクとの絡みが良好だった。
・スープは、鯛煮干か何かの甘いコクがメインのシンプルで繊細な味わい。途中でチャーシューを食べると、急に魚介の風味が弱まったように感じたかも。
・約2年ぶりに食べたけど、個人的には、先日食べた系列店の「ハナヤマZ」の塩ラーメンの方が気に入ったかも。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【奈良市】鯛だしそば・つけ麺 はなやま

鯛だしそば・つけ麺 はなやま 【鯛だしつけ麺】

鯛だしつけ麺(醤油・平打ち麺)(750円)

鯛だしつけ麺の麺

■来店の経緯等
・2013年6月の平日の晩、1年4か月ぶり、4回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・このお店のつけ麺が未食だったので、食べたいと思って訪問した。

■食べたメニュー
・鯛だしつけ麺(醤油・平打ち麺)(750円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客6人。
・カウンター席に座り、メニューを見て「鯛だしつけ麺」を注文。
・店員さんは男性3人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・席の背後の壁には、荷物掛けのフックがあった。
・注文から着丼まで6分。

■麺
・平打ちの中太ストレート。
・加水高めのツルッと滑らかでしなやかながら、カンスイをあまり感じない麺質。食感は、優しくて滑らかな弾力があって、強くはないけどヤワくもない、しっとりとした歯ごたえ。
・麺の味はあっさりしていて、そうめん風に粉の味が立った味わい。
・つけ汁との絡みはあっさりしているが、バランスは良好。乾物魚介の甘いコクがサラッと絡んで、麺の味を引き立てている。

■つけ汁
・清湯の魚介醤油。
・サラッとしていて、濃い色の油が浮かんでいてあっさりしている。
・出汁は魚介メイン。鮮魚ではなく乾物魚介の甘いコクが濃厚な味で、これが鯛煮干の味なのかよく分からないが、確かに他の魚とは違う感じの独特な味わいがある。
・獣系も入っている感じだが、魚介とタレが強くてよく分からなかった。繊細な出汁感というよりは、鯛煮干か何かの乾物魚介のコクに頼った感じ。
・タレの醤油は、やや濃いながらコクは甘め。タレの甘味と醤油のコクと塩気に、多少の一味の刺激と、トムヤムクン的な柑橘っぽい酸味が少し加わった、甘辛酸の組み合わさった味付け。
・麺との絡みは甘旨な魚介のコクが強いけど、つけ汁自体の味は辛味と酸味も結構主張していて、そのまま飲むと麺の味の余韻が消えるような感じ。塩辛いまでは行かないが、飲むとそれなりに塩分を感じる。
・割りスープはカウンターのポット。出汁の旨味やコクは薄めで、ほのかに生姜か何かの香味を感じる。

■具材
・チャーシューはバラのスライス。柔らかいながら引き締まった密度感のある歯ごたえに、あっさりした味付けで脂身よりも肉の部分の旨味を感じた。
・メンマは太い。柔らかい繊維感があって噛むと沈み込むような歯ごたえに、醤油とゴマ油の効いた程よい強さの味付け。
・青ネギ輪切りは、多少のサッパリとした香味を感じたけど、つけ汁の味の方が強かったかも。
・麺の上の短冊切りの海苔は味付け海苔で、ネトッと甘旨い味わい。

■全体的な味の感想
・麺は、素麺風の味わいながらツルッとしなやかで滑らかな食感なのが良かった。つけ汁の魚介のコクとの絡みも良好だった。
・つけ汁は、乾物魚介の華やかで甘いコクにタレの甘旨辛酸をうまく組み合わせていたのが個性的で良かった。
・個人的には、麺の上の味付け海苔は無くても良かったかも。
・繊細な麺を乾物魚介の効いたつけ汁が引き立てる、和のテイストのつけ麺。麺とつけ汁との組み合わせの妙があって、個人的には結構好みの味だった。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【奈良市】鯛だしそば・つけ麺 はなやま

鯛だしそば・つけ麺 はなやま 【鯛だし塩そば】

鯛だし塩そば(650円)

鯛だし塩そばの麺

■来店の経緯等
・2012年2月の平日の晩、1週間ぶり、2回目の訪問。

■食べたメニュー
鯛だし塩そば(650円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時は先客2人。店員さんは2人。
・注文から着丼まで3分。ドンブリと一緒に、薬味の入った容器を出してくれた。

■麺
・四角い細麺ストレート。
・白くて加水は中ぐらい。細身ながら、少しコシのあるしっかりした麺質。時間が経つとのびて来そうな感じ。
・麺の味は素麺風で旨い。
・スープとのバランスは良好。スープの魚介の風味をよく持ち上げる。

■スープ
・清湯魚介塩。
・あっさりしていて、少しだけ油が入っている。
・塩のコクがあるが、塩辛さは無い優しくて丸い味。
・出汁は濃いめ。ベースは鶏か何かで、そこに鯛出汁の繊細な風味と甘めの旨味が乗っかっている。魚粉は入っておらず、海苔が浸っている周りは海苔の風味がするくらい繊細。
・塩のコクと鯛の甘く優しい旨味がメインの、繊細ながら旨味のしっかりした味わい。

■具材
・チャーシューは脂付きで少し厚め。食感は焼き豚風で程よい柔らかさ。味はそれほど濃くないがしっかり味付けされている。
・メンマは太くて、ポリポリした歯ごたえで、味付けもしっかり。
・ネギは入っておらず、水菜が入っている。水菜はシャキシャキしていて、味わいはあっさり薄め。

■全体的な味の感想
・コシのある極細麺を繊細な旨さのスープで食べる、鯛の優しい風味の清湯塩ラーメン。
・豚骨醤油ベースの「鯛だしそば」とはかなりテイストが違うが、鯛の風味は多少は共通しているかも。
・繊細なテイストで統一していて、バランスが取れているのが好印象。

■評価: ★★★★ (4.0点)

■お店の情報

【奈良市】鯛だしそば・つけ麺 はなやま

鯛だしそば・つけ麺 はなやま 【鯛だしそば】

鯛だしそば(650円)

鯛だしそばの麺

■来店の経緯等
・2012年2月の平日の晩に訪問。

■食べたメニュー
鯛だしそば(650円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時は先客無しで直後に2人入店。店員さんは2人。
・注文から着丼まで4分。

■麺
・平打ちの太麺ストレート。
・表面はツルツルでモチモチ。固くはないが、平打ちながらしっかりした麺質でコシがあり、気持ちいい歯ごたえ。
・スープとのバランスも良好。

■スープ
・うっすらと濁った魚介豚骨醤油。スープの温度はかなり熱い。
・少し油が入っているが、サラッとしている。
・出汁は鯛煮干し他の魚介メインで、豚骨は薄め。
・醤油ダレは甘めで、魚介と豚骨と醤油の組み合わさった、繊細さと強さを兼ね備えた旨味がある。
・甘味のある魚介のコクとしっかりした旨味がメインで塩辛さは無い。
・あっさりで優しい味ながら豚骨醤油の厚みも感じて、その上に、エグミや苦味のない乾物魚介のフワッと華やかな風味が乗った絶妙のバランス。

■具材
・チャーシューは厚めのバラ肉で、柔らかくて味付き。脂身のコクと甘味がある。
・メンマは柔らかく、ポリポリした歯ごたえ。
・青ネギの香味がスープによく合っていた。

■全体的な味の感想
・ツルッとした平打ち麺を魚介の甘い風味のスープで食べる、優しい旨味の魚介豚骨醤油ラーメン。
・味の系統的には「炙り鯛だしらーめん・つけ麺 サクラ」のあっさりラーメンと同じだが、麺が平打ちの分、こちらの方が少しだけ繊細なテイストに感じた。

■評価: ★★★☆+ (3.8点)

■お店の情報
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【20件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ