【高松市】横浜家系ラーメン 高松家

横浜家系ラーメン 高松家 【ラーメン+キャベツ】

ラーメン(650円)+キャベツ(40円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2015年9月27日(日)、遠征ラオタ&ブロガーの皆さんと同行して香川県と徳島県に日帰り遠征。昼と夕方の合間の時間に初の訪問。
・このお店は、「吉村家@横浜」直系の家系ラーメンのお店ということで、興味を持ち訪問してみた。

■食べたメニュー
・ラーメン(650円)
・キャベツ(40円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は16時16分頃。16時~17時は準備中の時間だったけど、同行者が交渉した結果、17時まで待たずに入店できることになった。

横浜家系ラーメン 高松家

・最初に店内の券売機で食券を買う。
・厨房対面のカウンター席に座り、食券をカウンターに置いて注文。好みを聞かれ、全て普通を選択。トッピングのキャベツは食券が無く、現金で追加注文。
・店員さんは男性1人。
・水は冷水機でセルフ。
・厨房には酒井製麺の麺箱が置いてあった。
・注文から提供まで9分。

■麺
・長方形で平打ちの、少しウエーブのかかった太麺。麺の長さはやや短め。
・加水中くらいの、表面が滑らかで、柔らかな粉の密度感とボリューム感のある麺質。食感は、柔らかめの茹で加減で、多少の厚みを感じてスッと切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、旨味がしっかりしている。
・スープとの絡みは、スープの旨味と油のトロミが適度に絡んで、弱くはないけど、麺とのバランス的にはややマイルドに感じたかも。

■スープ
・白濁した獣系醤油。
・割とサラッとしているけど、ほんの少しだけ油が馴染んだような丸みがあって、表面には乳化した油と背脂が浮かんでいる。
・出汁は獣系。旨味はそれほど強くなくて、油混じりの丸みを感じる味わい。背脂が入っていたせいか、鶏油のコクはややマイルドに感じたかも。
・タレの醤油は、カドはないけどやや濃いめ。
・味のバランス的には、出汁よりも醤油ダレの方が前に出ている感じで、そこに乳化した油の丸みが組み合わさっていた。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは薄切りのモモスライス。程よく引き締まってサクッと歯切れの良い歯ごたえに、薫製の香ばしさがあって旨味を感じる味わい。
・キャベツは少し茹でてある。スープに馴染んで、パリッと柔らかな歯ごたえに、あっさりとした味。
・ホウレン草は茹でてある。柔らかめの歯ごたえに、ホウレン草のコクをよく感じる味わい。
・その他、海苔が3枚乗っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、家系らしさのある麺線短めの平打ち太麺で、かたさ普通の注文ながら柔らかめの茹で加減だった印象。
・スープは、醤油ダレに吉村家直系の家系らしさを感じた。デフォで背脂が入っていたせいか、鶏油のコクは控えめで、乳化した油混じりの丸みを感じる味わいだった。
・具は、チャーシューが薄切りながら薫製してあって、直系の家系らしさを感じた。
・ホウレン草は良かったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報
スポンサーサイト

【丸亀市】手打ちラーメン たか

手打ちラーメン たか 【ラーメン】

ラーメン(500円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2015年9月27日(日)、遠征ラオタ&ブロガーの皆さんと同行して香川県と徳島県に日帰り遠征。昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・ラーメン(500円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は14時55分頃。外待ち無しの先客2人。

手打ちラーメン たか

・テーブル席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水はペットボトルでセルフ。
・店内の内装は年季が入っている。
・店内は喫煙OKで、地元の人らしき先客がお酒を飲みながらタバコを吸っていた。
・麺は鍋で茹でていて、麺上げは平ザル。
・注文から提供まで17分。

■麺
・平打ちで縮れた太麺。
・加水やや高めの、表面がツルッと滑らかで、水を含んだ優しい粉の結合感のある麺質。食感は、固さのない程よい茹で加減で、スルッと滑らかな口当たりがあって、噛むとスッと切れる心地よい歯ごたえ。
・麺の味は、やや多加水系で旨味を感じる味わい。
・スープとの絡みはあっさりしている。スープの旨味がサラッと絡んで、麺の旨さで食べる感じ。

■スープ
・清湯の醤油。
・あっさりしていて、油が少し浮かんでいる。
・出汁は、鶏の獣系に野菜と昆布。あっさりしていて、昆布か何かの旨味をよく感じる味わい。
・タレの醤油はやや薄めで、味付けは、タレの旨味がしっかりしていた。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューはやや薄切りのバラスライス。脂身多めで、柔らかめの弾力のある歯ごたえに、脂身の甘味のある味わい。
・太モヤシは、程よい茹で加減で、パリッと軽快でキレの良い歯ごたえに、やや水気を感じるモヤシの味。
・海苔は、スープに浸すと程よい風味を感じた。
・その他、青ネギ輪切りが入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、加水やや高めの平打ち縮れ太麺で、旨かった。スープとの絡みは、スープの旨味がサラッと絡んで、麺の旨さで食べる感じだった。ちなみに、お店の人の話によると、麺は4日ほど寝かせて熟成している模様。
・スープは、出汁があっさりしていて、薄めの醤油と昆布か何かの旨味が効いた味付けだった。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

手打ちラーメン たか(食後に撮影)

■お店の情報

【綾歌郡綾川町】隠れ家

隠れ家 【ラーメン】

ラーメン(450円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2015年9月27日(日)、遠征ラオタ&ブロガーの皆さんと同行して香川県と徳島県に日帰り遠征。昼に初の訪問。
・このお店は、表通りから奥まった住宅街にあるお店で、1か月に4日だけ営業のお店。

■食べたメニュー
・ラーメン(450円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は13時7分頃。外に9人待ち。

隠れ家(木製の看板)

隠れ家

・13時25分頃、その時点で並んでいるお客で麺売り切れの案内があった。
・1回にラーメンを二杯ずつ作っており、店内ではラーメン提供待ちのお客が多かった。
・到着から41分待ちの13時48分に入店。奥のテーブル席に座る。
・店員さんは3人で、男性1人と女性2人。
・水は冷水機でセルフ。
・客席は半オープンエアー。
・焼酎のメニューが充実していて、文字通り地元の人の憩いのお店っぽい雰囲気だったけど、「ごきげん!ブランニュ」の「ラーメン全国制覇の旅」で紹介されてすぐだったせいか、この日はかなり混雑していた。
・注文を取りに来たのは着席から22分後。デフォの「ラーメン」を注文。
・注文から提供まで14分。メンマが切れたとのことで、代わりにコーンが入っていた。

■麺
・四角くてウエーブのかかった、中くらいの太さの麺。
・加水中くらいかやや高めの、表面がツルッと滑らかで、少しカンスイの効いた粉の張りを感じる麺質。食感は、固さのない茹で加減で、水を含んだ滑らかな当たりを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、割としっかりしている。
・スープとの絡みは、ややあっさりしている。スープの旨味とほのかな甘みがサラッと絡んでいた。

■スープ
・少しだけ濁った清湯の獣系醤油。
・あっさりしていて、油が少し浮かんでいる。
・出汁は獣系で、恐らくは豚メイン。サラッとしていて、ほんのりとした豚っぽさを感じる味わい。
・タレの醤油は、少し甘めのコクを多少感じた。
・味付けは程よい強さで、タレの旨味がしっかりしていた。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは少し厚みのあるバラスライス。やや引き締まってしっかりとした歯ごたえ。味は、甘めで旨味のある醤油系のタレと味付けと、脂身の丸みが組み合わさっていた。
・コーンはやや甘めで強めの味。
・青ネギ輪切りは細い。
・その他、ナルトと海苔が入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、中くらいの太さで、滑らかな当たりを感じる歯ごたえがあった。
・スープは、あっさりとした豚の清湯ベースに、タレの旨味と少し甘めの醤油のコクを感じる味付け。
・具は、メンマの代わりにコーンが入っていたのが印象的だった。
・お気に入り度は、麺が3.5点で、トータルでは3点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★ (3.0)

■お店の情報

【仲多度郡多度津町】上海軒

上海軒 【中華そば+焼めし】

中華そば(400円)

中華そばの麺

■来店の経緯等
・2015年8月、香川県に遠征。2日目の昼に訪問。
・このお店は、昭和11年創業の老舗店。今回の遠征のラストのお店として訪問してみた。

■食べたメニュー
・中華そば(400円)
・焼めし(400円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は14時1分頃。外待ち無しの先客8人。

上海軒

・店内中央のU字型カウンター席に座り、壁のメニューを見て「中華そば」と「焼めし」を注文。
・厨房は別室。店員さんは、見えた範囲で3人で、男性2人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文からラーメンの提供まで3分。焼めしはラーメンの後から出てきた。

■麺
・四角い細麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・白くて加水中くらいかやや低めの、カンスイ控えめで柔らかな粉の張りがあって、エッジの効いた麺質。食感は、柔らかめの茹で加減で、噛むとサクッとしてプツンと切れる軽快な歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりしていてそうめん風。
・スープとの絡みは、ややあっさりしているけど、スープの旨味と味付けが適度に絡んでいて、あっさりとした麺の味とのバランスは取れていた印象。

■スープ
・色の薄い清湯。
・あっさりしていて、表面の油も少なめ。
・出汁は、恐らくは清湯獣系ベースで、獣系はあっさりしている。旨味の感じ的には昆布か何かも入っているかも。
・タレは、色的には塩ベースのように感じたけど、塩気や塩のコクは感じなかった気がした。後で調べたところ、薄い醤油ベースだった模様。
・味付けは強くなくてあっさりしていて、優しい旨味があった。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューはやや薄切りの赤身スライス。脂身少なめで、固くはないけど結構引き締まった歯ごたえ。味は、味付けあっさりで、ほんのりとした肉っぽさがあって、噛み締めると塩系の味付けを少し感じる味わい。
・メンマは長方形で平べったい。柔らかな中に多少の繊維感のある歯ごたえ。
・青ネギ輪切りはやや細めで、あっさりとしたスープと合っていた。

■焼めし

焼めし(400円)

・ご飯は炒めてあったけど、油の量はそれほど多くなくて、少しだけパラッとしている感じ。
・味付けは、軽く塩コショウしてあって、濃い味過ぎずに必要十分な強さ。
・具は、玉ネギ、鶏肉、卵、カマボコ、青ネギで、そのうち、玉ネギと鶏肉のカットが大きめで存在感があった。
・鶏肉は脂身無しで、多少の歯ごたえと、あっさりとした肉の味があった。

■全体的な味の感想
・麺は、柔らかめの茹で加減で、サクッとしてプツンと切れる歯ごたえがあって、麺の味もあっさりしていてそうめん風だった。
・スープは、出汁があっさりしていて、味付けも強くなくて、優しい旨味があった。色的には塩ラーメンみたいだったけど、塩のコクや塩気は感じなかった。
・具は、チャーシューが味付けあっさりながら、噛み締めると塩系の味付けを少し感じた。
・焼めしは、油や味付けは強すぎずに、具の玉ネギと鶏肉の存在感があった。
・ラーメンはあっさりしていて、焼めしもそれほどガッツリしていなかったので、ボリューム的にはラーメンと焼めしのセットで食べてちょうどいい感じだった。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【三豊市】讃岐ラーメン はまんど

讃岐ラーメン はまんど 【つけめん(あっさり)大】

つけ麺(あっさり)大」(1000円)

つけ麺(あっさり)大(1000円)

■来店の経緯等
・2015年8月、香川県に遠征。2日目の昼に訪問。
・はまんどをブログに書くのは初めてだけど、4年ぶり、2回目の訪問。

■食べたメニュー
・限定メニューの「つけ麺(あっさり)大」(1000円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は12時2分頃。外待ち5人。

讃岐ラーメン はまんど

・到着から9分待ちで入店。最初に店内待合室の券売機で食券を買う。今回は2回目の訪問なので、デフォではなく限定メニューの「つけ麺(あっさり)」を選択。
・先に店員さんに食券を渡して注文し、店内待合室で座って待つ。
・入店から7分後、壁対面のカウンター席に案内されて座る。
・店員さんは8人で、男性2人と女性6人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・温かいオシボリを出してくれた。
・着席から提供まで7分。提供時、割りスープの入った容器も一緒に出てきた。

■麺
・平打ちでウエーブのかかった太麺。麺の温度はそれほど低くなくて常温に近い感じ。
・多少黄色い色が付いていて加水やや高めの、表面がツルッと滑らかで、プルッとしてモチッとした張りと結合感のある麺質。食感は、やや柔らかめの茹で加減で、ノド越しが良くて、柔らかな弾力があってスルッと食べられる感じ。
・麺の味は多加水系で、見た目よりもカンスイ感は強くなくて、粉の旨味を程よく感じる味わい。
・つけ汁との絡みは、つけ汁の表面の油がよく絡んで麺を滑らかにして、醤油混じりの旨味がサラッと絡んでいた。最初の方は味の絡みがあっさりに感じたけど、食べているうちに舌が慣れてきて、だんだんしっくり来た。

■つけ汁
・清湯の醤油。
・あっさりしていて、表面にサラッとした油が多めに浮かんで層になっている。
・出汁は魚介で、獣系不使用のように感じた。その分、表面の油で厚みを付けている感じ。
・魚介は、昆布と節系か何かの旨味がよく効いた、和風乾物魚介テイスト。麺への魚介の風味の絡みは控えめだったけど、つけ汁自体の味には濃厚な魚介感があった。
・タレの醤油は、塩気が濃いながら醤油のカドや醤油辛さはなくて、出汁醤油的な旨味があった。
・味付けは、そのまま飲むにはやや濃かったけど、麺との絡みでは旨味とのバランスが取れていた印象。
・刺激感はない。

・麺と具を食べたあと、残ったつけ汁を別容器のスープで割ってみた。
・割りスープは魚介出汁。風味はそれほどガツンとは来ない感じだったかも。
・つけ汁をスープで割ると、味付けが弱まって飲みやすくなった。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りで少しだけ厚みのある低温調理っぽい肩ローススライス。麺の上に乗っていて常温で、固くなくて滑らかな密度感のある歯ごたえに、味付けはかなり控えめで、あっさりとした肉の旨味と脂身の甘味が入り混じった味わい。つけ汁に付けるより、そのまま食べた方が旨かった印象。
・味玉は、白身は固めで黄身はトロッとしていて、甘めで主張控えめの味付け。
・メンマは平べったい。ポリッとした繊維の密度感のある歯ごたえに、あっさりとした煮汁系の味付け。メンマも、つけ汁に投入すると塩気が絡んで味が濃くなるので、そのまま食べた方が旨かったと思う。
・海苔は生地が多少しっかりしていた。
・その他、青ネギ輪切りがつけ汁の中に入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、多加水の平打ち太麺で、ツルッと滑らかでノド越しが良くて旨かった。つけ汁との絡みは、最初の方はあっさりに感じたけど、食べているうちに舌が慣れてきて、だんだんしっくり来た感じ。
・つけ汁は、めんつゆ的な和風魚介の出汁醤油テイストで、表面に油を多めに浮かべて厚みを付けていた。
・具は、チャーシューが低温調理っぽさのある肩ローススライスで、味付けがあっさりしていて旨かった。
・麺が主役のつけ麺で、麺の旨さが堪能できたのが良かった。つけ汁は、麺の引き立て役だったかも。
・お気に入り度は、最初の印象が4.5点、後半が5点で、トータルで5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

讃岐ラーメン はまんど(食後に撮影)

■お店の情報

【三豊市】虎右ヱ門

虎右ヱ門 【讃岐ラーメン】

讃岐ラーメン(680円)

讃岐ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2015年8月、香川県に遠征。2日目の昼に初の訪問。
・このお店は「はまんど」の姉妹店。

■食べたメニュー
・讃岐ラーメン(680円)
※メニュー案内には「あっさりスープ、太麺」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の10時28分頃。シャッターポール(開店前の待ちの先頭)。
・開店は10時58分。
・壁対面のカウンター席に座り、メニューを見て「讃岐ラーメン」を注文。ちなみに、店員さんに「讃岐ラーメン」と「はまんど」の違いを聞いたところ、背脂無しが「讃岐ラーメン」、背脂入りが「はまんど」との説明があった。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・冷たいオシボリを出してくれた。
・開店後、続々とお客が入ってきた。
・店内は喫煙OK。
・注文から提供まで5分。

■麺
・平打ちで少し縮れた太麺。
・加水やや高めの、表面ツルッとしてモチッとした粉の張りと結合感のある麺質。食感は、固さのない程よい茹で加減で、噛むと心地よい弾力と多少のコシがあってプツンと切れる歯ごたえ。
・麺の味は、やや多加水系で、あっさりとした粉の味の中に多少の旨味を感じる味わい。
・スープとの絡みは、スープの旨味と塩気が程よく絡んで、麺の味とのバランスは良好だった。スープの熱さも良く絡んでいた。

■スープ
・清湯の塩。温度高めの熱々。
・あっさりしていて、表面に油が少し浮かんでいる。
・出汁は、恐らくは獣系ベースに魚介メイン。獣系はあっさりしていて、味のベースになっている感じ。
・魚介は、恐らくはイリコと昆布か。イリコの風味は程よく感じるけど、それほどガツンとは来ずに、イリコの風味と旨味のバランス型といった感じの味わい。
・タレの塩は、塩のコクというよりも塩気自体を強めに感じた。
・タレの味付けは、スープ自体の味ではやや強めながら、麺との絡みではちょうど良い塩梅。塩気の中に甘味も少し混じっていた気がした。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューはやや薄切りで少し厚みのある肩ローススライス3枚。弾力があってよく引き締まった歯ごたえに、やや塩気の効いた塩系の味付け。
・メンマは平べったい。噛むとポリッと切れる繊維感のある歯ごたえに、あっさりとして、ゴマ油か何かの風味がほんのりと付いた感じの味付け。
・海苔は、生地がややしっかりしていて、スープに浸すとフワッと柔らかくなって、スープの塩気がよく染みていた。
・青ネギは細めで、優しい歯ごたえと風味があった。
・ナルトは柔らかな弾力があって、味はあっさりしていた印象。

■全体的な味の感想
・麺は、加水高めでツルッとしてモチッとした平打ち太麺で、心地よい弾力と多少のコシを感じる歯ごたえがあって旨かった。
・スープは、旨味と程よいイリコの風味があって、塩気やや強めの味付けだったけど、麺との絡みではちょうど良い味の強さだった印象。
・麺が主役の塩ラーメン。
・お気に入り度は、麺が4.5点、スープが4点で、トータルでは4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

虎右ヱ門

■お店の情報

【高松市】酔笑ラーメン

酔笑ラーメン 【らーめん】

らーめん(680円)

らーめんの麺

■来店の経緯等
・2015年8月、香川県に遠征。1日目の晩に初の訪問。
・このお店は、高松の飲み屋街にあるお店。夜遅くまで営業しているので、この日のラストに訪問してみた。

■食べたメニュー
・らーめん(680円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は21時37分頃。外待ち無しの先客5人。

酔笑ラーメン

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは男性3人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・周りが飲み屋のせいか、近所への出前もやっていた。
・注文から提供まで5分。

■麺
・四角くて少しウエーブのかかった、中くらいの太さの麺。
・加水はよく分からない感じの、表面が滑らかで水を含んだ優しい粉の張りがあって、エッジの効いた麺質。食感は、柔らかめの茹で加減で、ムニュッと滑らかな張りを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりとした旨味を感じる。
・スープとの絡みは、スープの旨味と油と熱さがよく絡んでいた。

■スープ
・白濁した獣系醤油。
・サラッとしていて、表面に液体油と背脂が浮かんでいる。
・出汁は獣系。あっさりとしたライトな出汁感で、バランス的にはタレの味の方が強く感じた。
・表面の油は、背脂由来なのか、コクや風味はそれほど強くなかった印象。
・タレは薄い醤油ベースで、醤油のコクは控えめ。
・タレの味付けは結構濃くて、タレの旨味もしっかりしていた。
・刺激感はなかった。

■具材
・チャーシューはやや薄切りで少しだけ厚みのあるバラスライス。固くはないけど加工されて引き締まった肉の細かな繊維感のある歯ごたえに、濃いめのタレの味付け。タレは醤油系だと思うけど、醤油のコクじゃなくて塩気が強い感じ。
・白ネギ輪切りはやや太め。シャリッとした歯ごたえに、みずみずしい風味があって、スープと合っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、柔らかめの茹で加減で、ムニュッと滑らかな張りを感じる歯ごたえがあった。
・スープは、あっさりとライトな白濁獣系出汁に、タレの味付けが強めに効いていた。
・具は、チャーシューの味付けが濃かった。
・白ネギ輪切りは、スープと合っていた。
・飲んだ後にぴったりな、味付け濃いめのラーメン。麺は割と良かったので、もう少しだけスープが麺を引き立てる感じがあればもっと良くなると思った。
・お気に入り度は、麺が3.5点、スープが3点で、トータルでは3店ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★ (3.0)

■お店の情報

【高松市】支那そば 讃岐ロック

支那そば 讃岐ロック 【支那そば】

支那そば(700円)

支那そばの麺

■来店の経緯等
・2015年8月、香川県に遠征。1日目の晩に初の訪問。
・このお店は、高松の瓦町の繁華街にあるお店。

■食べたメニュー
・支那そば(700円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は19時31分頃。先客無し。

支那そば 讃岐ロック

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは男性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで3分。

■麺
・平打ちで少し縮れた太麺。
・少し黄色くて加水高めの、表面ツルッとしてプルッとした張りと結合感があって、ペラッとした麺質。食感は、ややヌチャッとした舌触りで、噛むとムニュッと沈んで切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、多加水系でカンスイの効いた味わい。
・スープとの絡みはややあっさりしている。表面に浮いている揚げネギか何かの風味が油に移っていて、その風味の絡みが印象に残った。

■スープ
・清湯の醤油。
・あっさりしていて、表面にサラッとした油が多めに浮かんでいる。
・出汁は、恐らくは獣系ベースに魚介。獣系は、よく分からなかったかも。
・魚介は、食べた時には昆布系メインのように感じたけど、店頭のメニュー案内によるとイリコを使っていた模様。マイルドな旨味メインの味わいで、イリコの風味とかは控えめだったと思う。
・タレの醤油はやや甘めに感じた。
・麺との絡みでは、表面に油に移った揚げネギか何かの風味を感じたけど、スープ自体の味ではあまり感じなかった。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは豚と鶏の二種類。
・豚チャーシューはやや厚切りのバラスライス。柔らかいながら肉の部分はやや密度感のある歯ごたえに、旨味のある味付けと脂身のコクが組み合わさった味わい。
・鶏チャーシューはやや薄切りのムネスライス。スープの熱が入って少しクニュッとした感じの柔らかな歯ごたえに、鶏ムネ肉の旨味を感じる味。
・メンマは、柔らかめの歯ごたえに、甘旨い味付け。
・三つ葉は小さめで、軸と葉がバラけていた。葉っぱは、スープに馴染んでペラッとしていた。
・海苔は、生地が割としっかりしていた。
・その他、白ネギ輪切りが入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、加水高めでペラッとした平打ち太麺で、スープとの絡みは、油に移った揚げネギか何かの風味が絡んでいたのが印象に残った。
・スープは、魚介系のマイルドな旨味と甘めの醤油ダレが効いた個性的な味わいだった。メニュー案内にはイリコが書いてあったけど、イリコの風味はあまり感じなかった印象。
・具は、鶏ムネチャーシューが気に入った。
・お気に入り度は、トータルで3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【高松市】らぁめん 欽山製麺所

らぁめん 欽山製麺所 【鶏そば】

鶏そば(700円)

鶏そばの麺

■来店の経緯等
・2015年8月、香川県に遠征。1日目の夕方に初の訪問。
・このお店は、高松の片原町の商店街にあるお店。

■食べたメニュー
・鶏そば(700円)
※メニュー案内には「丸鶏を長時間かけて煮込んだスープと深みのある魚介スープを合わせたコラーゲンたっぷりのらぁめんです」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は18時18分頃。外待ち無しの先客1人。

らぁめん 欽山製麺所

・カウンター席に座り、メニューを見て「鶏そば」を注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで4分。

■麺
・長方形で平打ちの、少し縮れた太麺。
・白くて加水中くらいかやや低めの、カンスイ控えめで粉の密度感とふくらみがあって、平打ち気味ながらペラッとはしていない麺質。食感は、やや固めの茹で加減で、噛むとモッチリとした粉の厚みを感じてプツンと切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、カンスイ控えめでややあっさりとした、うどん風の粉の味わい。どちらかというと、食感が主役の麺に感じた。
・スープとの絡みはあっさりしている。スープの旨味や魚介の風味の絡みはあっさりしているけど、麺の味もあっさりしているので、パランスは取れているかも。スープの熱さはよく絡んでいた。

■スープ
・白濁した鶏魚介醤油。
・割とサラッとしていて、表面には多少の油が浮かんでいた。
・出汁は、鶏白湯の獣系ベースに魚介。獣系は、ゼラチン感が控えめで、乳化のマッタリ感や鶏油混じりのコクも強くなくて、肉も混じったような旨味と丸みがメインの味わい。
・魚介は、煮干等の乾物魚介メインで、煮干や節系の魚粉感がやや立っていた印象。バランス的には、鶏よりも魚介の味の方が強かった。
・タレの醤油はやや甘めで、コクの主張は強くなくて、魚介と組み合わさって旨味を強めていた。
・味付けは結構強くて、香辛料か何かのピリッとした刺激感も多少効いていたと思う。

■具材
・鶏モモ肉は厚切りのスライス。皮付きでローストしてある。弾力と肉の密度感があって歯切れの良い歯ごたえに、ロースとした香ばしさと塩系の味付けがあった。
・メンマの代わりに、昆布か何かの海藻の平べったい短冊切りが入っていた。しっとりとした繊維の密度感のある歯ごたえに、あっさりとした味。
・糸唐辛子は、スープの味が強いせいか、香味の主張はあまり感じなかった。
・海苔は、生地が結構強かった。
・白ネギ輪切りは、シャリッとみずみずしい歯ごたえがあって、スープに対して程よい存在感があった。

■全体的な味の感想
・麺は、カンスイ控えめで粉の厚みを感じる歯ごたえの、個性的な低加水平打ち太麺で、粉の味もあっさりしていてうどん風だった印象。
・スープは、鶏白湯は割とサラッとしていて、魚介はやや魚粉感が立っていた。麺との絡みはあっさりしていたけど、味付けは結構強くて、ピリッとした刺激感も少し感じた気がした。
・具は、昆布か何かの海藻が個性的だった。
・全体的に個性的なラーメンで、個人的なお気に入り度は4点ぐらいだったけど、こういうのが好きな人ならもっと気に入ると思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【高松市】麺屋 軌跡 本店

麺屋 軌跡 本店 【鯛塩ラーメン】

鯛塩ラーメン(平太手もみ麺)(720円)

鯛塩ラーメン(平太手もみ麺)の麺

■来店の経緯等
・2015年8月、香川県に遠征。1日目の昼と夕方の合間の時間に初の訪問。
・このお店は、栗林公園の南、国道11号線沿いにあるお店。通し営業なので、16時台に訪問してみた。

■食べたメニュー
・鯛塩ラーメン(平太手もみ麺)(720円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は16時14分頃。先客無しの後客4人。

麺屋 軌跡 本店

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。麺は、極細ストレート麺と平太手もみ麺の2種類から、平太手もみ麺を選択。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・冷たいオシボリを出してくれた。
・注文から提供まで3分。

■麺
・平打ちで少し縮れた太麺。
・加水やや高めの、表面に手もみが入っていて、少しプリッとした粉の結合感と密度感のある麺質。食感は、固さのない程よい茹で加減で、噛むと多少のムチッとした当たりがあって、強ゴシ過ぎずに切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、やや多加水系であっさりとした粉の旨味を感じる。
・スープとの絡みはあっさりしている。スープの旨味がサラッと絡んで、麺の味主体で食べる感じ。インパクトとかは無いけど、太麺ながら意外と物足りなさはなかった。

■スープ
・清湯の塩。
・あっさりしていて、表面の油も少なめで、香味油は使っていない感じ。
・出汁は、恐らくは清湯獣系ベースに魚介。獣系は恐らくは鶏で、旨味のベースになっている感じ。
・魚介は、鯛のアラを使用の模様。乾物魚介感は無くて、ほんのりとした甘味を感じる味わい。
・タレの塩は、多少の塩のコクがあって、魚介出汁の甘味を引き立てていた。
・出汁の旨味や甘味とタレの塩気はバランスしていて、塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは薄切りのバラスライスで表面を炙っている。固くはないけど炙って引き締まった感じのある歯ごたえに、塩気の少し効いた味付け。
・メンマは平べったい。柔らかめの歯ごたえに、あっさりとした旨味を感じる味付け。
・スプラウトは本数多め。線が細くて優しい軸の歯ごたえに、辛さや苦味はないけど適度な香味を感じる味。
・白髪ネギは、一本一本は細いながらも本数が多くて固まっていて、歯ごたえの主張は結構強かった印象。
・丼のフチに乗っていた味変化アイテムの柚子胡椒とスダチは使わなかった。

■全体的な味の感想
・麺は、手もみの入った平打ち太麺で、スープとの絡みはあっさりしていたけど、割とマッチしていた印象。
・スープは、鯛のアラを使用ということで、乾物魚介感はなくてほんのりとした甘味があって、塩ダレがその甘みを引き立てていた。インパクトに頼らない繊細な味なのが良かったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 08月 【17件】
2017年 07月 【30件】
2017年 06月 【15件】
2017年 05月 【20件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ