【生駒市】濃とんこつラーメン 一望(ICHIBOU)

濃とんこつラーメン 一望 【濃塩とんこつラーメン】

濃塩とんこつ(750円)+濃いめ(50円)+ライス(100円)

濃塩とんこつ(750円)+濃いめ(50円)

濃塩とんこつの麺

■来店の経緯等
・2016年10月の平日の晩、1年8か月ぶり、3回目の訪問。

■食べたメニュー
・濃塩とんこつ(750円)
・濃塩とんこつのスープ濃いめ(50円)
・ライス(100円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客6人。

濃とんこつラーメン 一望

・最初に店内入口の券売機で食券を買い、食券を渡して注文。
・店内中央の大きなカウンターテーブル席に座る。
・厨房は別室で、店員さんは男性3人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・店内奥のカウンターに、セルフトッピングがまとめて置いてあった。
・注文から提供まで11分。

■麺
・長方形で少し縮れた中太麺。
・少し黄色くて加水中くらいの、表面が滑らかで、カンスイが多少効いて適度にムチッと中身の詰まった粉の張りと結合感のある麺質。食感は、程よい茹で加減で、滑らかで多少の密度感のあるコシを感じてプツッと切れる歯ごたえ。
・麺の味は、ややしっかりとした、中華麺らしい旨味を感じる味わい。
・スープとの絡みは強い。スープのドロドロ感と熱さがよく絡んでいて、どちらかというとスープ勝ちのバランスだったけど、麺の存在感もそこそこあったと思う。

■スープ
・白濁した獣系。
・色が濃くて、ドロッとしていて粘度高めでコッテリしている。
・出汁は豚骨の獣系。ゼラチン感があって、やや煮詰めた感じのドロドロ感とコッテリ感と出汁感とのバランスの取れた味わい。油も多少混じっているけど、それほど油勝ちには感じないガチのドロコッテリで、獣系のコクとか風味は割と抑え気味だった印象。
・タレの塩は、色が濃くて見た目が醤油っぽいけど、醤油とか味噌の旨味やコクがないので、消去法的に塩ベースなのかといった感じ。
・味付けは、多少の旨味があって、スープのドロドロ感とのバランスの取れた味の濃さ。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りで大きめの赤身レアスライス。しっとりと滑らかな張りを感じる歯切れの心地よい歯ごたえに、味付けマイルドで、スープと較べるとあっさりとした、閉じ込められた肉の旨味を程よく感じる味わい。
・メンマは平べったい。ポリッと滑らかな歯ごたえに、軽快で優しい旨味を感じる味付け。
・白髪ネギとカイワレは、ややスープと馴染んでいて、麺と絡むと食感のアクセントになっていた。
・その他、レモンスライスが入っていた。

■ライス+高菜

ライス(100円)+セルフトッピングの高菜

・麺と具を食べた後、残ったスープにライスとセルフトッピングの高菜を投入してみた。
・ライスを入れても、スープのドロドロ感はしっかりしていて、ややしつこい感じだったけど、高菜の旨味と塩気と多少のサッパリ感がいいアクセントになって、やや濃い味の豚骨高菜リゾットテイスト。
・高菜は、無鉄砲系列の激辛高菜と較べると辛味は控えめで、旨味と塩気とゴマ油か何かの風味が組み合わさった味付けだった。

■全体的な味の感想
・麺は、長方形で少し縮れた中太で、滑らかで多少の密度感のあるコシを感じる歯ごたえがあった。スープとの絡みは、スープのドロドロ感と熱さがよく絡んで、どちらかというとスープ勝ちのバランスだった印象。
・スープは、ドロドロして粘度高めでコッテリしていて、獣系っぽいコクとか風味とかは抑え気味だったけど、油勝ちにならずに煮詰まった感じの出汁感があったのが良かった。
・具は、レアチャーシューが良かった。ドロドロした豚骨スープとも意外と合っていた印象。
・残ったスープにライスを投入すると、スープのドロドロ感がしっかりしていて、高菜の旨味と塩気と多少のサッパリ感がいいアクセントになった、やや濃い味の豚骨高菜リゾットテイストだった。
・ドロドロ大好きな濃厚民族向けの、ガチのドロコッテリラーメン。
・お気に入り度は、トータルで4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報
スポンサーサイト

【生駒市】濃とんこつラーメン 一望(ICHIBOU)

濃とんこつラーメン 一望(ICHIBOU) 【濃とんこつラーメン(濃いめ)】

濃とんこつラーメン(濃いめ)(800円)

濃とんこつラーメン(濃いめ)の麺

■来店の経緯等
・2015年2月の平日の晩、5か月ぶり、2回目の訪問。
・奈良のタウン情報誌「ぱーぷる」2015年2月号の、「ぱーぷる読者限定!ラーメン1杯500円クーポン!!」使用の14軒目として訪問。
・このクーポンの対象メニューはお店毎に決まっており、このお店では、レギュラーメニューの「濃とんこつラーメン(濃いめ)」が対象。
(注:このクーポンの有効期限は、2015年2月24日(火)で終了しています。)

■食べたメニュー
・濃とんこつラーメン(濃いめ)(800円)
※2015年1月25日(日)から2月24日(火)まで、「ぱーぷる読者限定!ラーメン1杯500円クーポン!!」使用で500円

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客11人。
・厨房対面のカウンター席に座り、クーポンを提示して注文。
・店員さんは男性2人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで10分。

■麺
・長方形で少し縮れた中太麺。
・やや黄色くて加水中くらいかやや低めの、少しカンスイが効いていて、ゴワッとはしておらずにガシッと引き締まった密度感のある麺質。食感は、芯はないけどやや固めの茹で加減で、噛むと程よい主張があって、強ゴシ過ぎずにムチッと切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は強めでしっかりしている。
・スープとの絡みは良好。スープのトロミとマー油混じりの豚骨のコクがよく絡んで、麺とのバランスも良好だった。

■スープ
・白濁したマー油豚骨醤油。
・ドロッとしていて粘度高めでややコッテリしていて、表面に多少のマー油がトッピングしてある。
・出汁は豚骨の獣系。ゼラチン感が強めで、油も多少混ざってドロッとしていて、トロミと丸みの中に多少の骨粉が混じったような豚骨のコクを感じる味わい。マー油の効果か、獣っぽさは控えめだったと思う。
・タレの醤油は、多少のコクがあるけどカドはなくて、出汁の旨味を引き立てていた印象。そこに、マー油のビターなコクがよく効いていて、豚骨の骨粉感と組み合わさって味を引き締めていた。
・味付けは、マー油も含めるとやや濃いめで、豚骨のドロドロ感とマー油のパンチとのバランスが取れていた。
・刺激感はない。
・麺を食べている時は、それほど油が多くは感じなかったけど、麺を食べ終わった後にスープを飲むと、ジワジワと油っぽさを感じてきた。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りで少しだけ厚みのあるレアの肩ローススライス。しっとりと滑らかでやや歯切れが粘るようなしなやかさのある歯ごたえ。味は、味付け控えめで、レアな肉の味はあっさりしていてスープの味よりもおとなしい感じで、噛み締めるとサイドの黒胡椒の香味をほんのりと感じた。
・メンマは太めで、四角いのと長方形のが一本ずつ。噛むとスッと沈み込む感じがあって、滑らかながらやや繊維感がしっかりとした歯ごたえに、煮汁系のマイルドな旨味を感じる味付けで、前回訪問時に感じた生姜の風味は無かったと思う。
・白髪ネギは、シャリッとした歯ごたえの主張に、サッパリとした風味があって、麺と絡むと食感的に麺とよく合っていた。
・カイワレは、軸の線の細さを感じる歯ごたえがあって、噛むとじんわりとした苦味を感じた。

■全体的な味の感想
・今年からメニューをリニューアルしたということで、前回訪問時に食べた「こってりとんこつ黒(半味玉付)」と較べると、「濃厚豚骨+マー油」という部分は一緒ながら、麺とかスープのゼラチン感とかいろいろ変わっていた。
・麺は、ガシッと引き締まった主張のある歯ごたえで、スープのトロミやマー油混じりの豚骨のコクとのバランスも良好だった。前回訪問時の全粒粉麺とは違う麺に変わっていて、ドロッとしたスープとの組み合わせ的には、大阪の「豚きん」の麺と少し似ていた気もした。
・スープは、ドロッとしていてコッテリとした濃厚豚骨で、そこにマー油のビターなコクがよく効いたパンチのある味付け。前回と較べると、油っぽさが少し和らいで、ゼラチンのドロドロ感が強まっていた印象。個人的には、マー油の主張がやや強かった気もしたけど、メリハリよくまとまっていたと思う。
・具は、白髪ネギが食感的に麺と合っていたのが良かった。
・レアチャーシューは、肉の味がスープの味よりも弱かった気がしたけど、噛み締めると黒胡椒の香味をほんのりと感じた。
・メンマは、前回食べた時は生姜系の味付けだったけど、今回は味付けに生姜を感じなかった。
・お気に入り度は、最初の印象が4.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【生駒市】濃とんこつラーメン 一望(ICHIBOU)

濃とんこつラーメン 一望(ICHIBOU) 【こってりとんこつ黒】

こってりとんこつ黒(半味玉付)(700円)

こってりとんこつ黒(半味玉付)の麺

■来店の経緯等
・2014年9月27日(土)の昼に初の訪問。
・このお店は、2014年3月9日(日)にオープンしたお店。

■食べたメニュー
・こってりとんこつ黒(半味玉付)(700円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は12時31分頃。外待ち無しの店内満席で、店内の待ちリストに名前を書いて外で待つ。

濃とんこつラーメン 一望(ICHIBOU)

・到着から7分待ちで入店。
・壁側がロングシートになっている長テーブル席に相席で座り、メニューを見て「こってりとんこつ黒」を注文。麺の固さは、「やわ・普通・カタ・バリ・はりがね・こなおとし」から普通を選択。
・店員さんは3人で、男性2人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはテーブルのポットでセルフ。
・紙オシボリは厨房前のカウンターに置いてあり、セルフ。
・注文から提供まで4分。

■麺
・四角い中太ストレート。
・加水低めで全粒粉入りの、カンスイは強くなくて中身が詰まったような粉の結合感とボリューム感があって、エッジの効いた麺質。食感は、密度感があって多少粘るようなコシを感じる、しっかりとした歯ごたえ。
・麺の味は、粉の旨味がしっかりしていた。
・スープとの絡みは、スープのトロミとパンチがよく絡んでいて、麺の味も負けずに主張しているような、強めのバランス感があった。

■スープ
・白濁した豚骨マー油醤油。
・粘度はそれほど高くないながら、油が多くてトロッとしていて、かなりコッテリしている。
・出汁は豚骨の獣系。ゼラチン感はあまり強くなくて、油の方が多いようなトロミがあって、そこに多めの骨粉が溶け込んでいるような、コッテリしていて骨粉のコクが強めの味わい。豚っぽさや獣っぽい風味は、マー油でうまく隠してあった印象。
・タレは、恐らくはマイルドな醤油がベースで、その上にマー油のパンチがよく効いていて、油の丸みや豚骨の骨粉感とよく混ざりあった、厚みのある味付け。
・マー油は、風味やコクが強いながら味自体は強くはないので、マー油の風味がスープをまとめながらも、味付けや塩気は強過ぎずに骨粉の味わいをよく感じられたと思う。
・麺を食べた後のスープは、飲むうちにだんだん油がクドくなってきたので完食せずに残したけど、底の方には骨粉がガッツリと溜まっている感じだった。

■具材
・チャーシューは、少しだけ厚みのあるレアの肩ローススライスで、大きいのが1枚。柔らかくて少しプリッとしたレアっぽい弾力があって、筋の部分だけ多少の筋っぽさを感じる歯ごたえ。味は、味付け控えめであっさりとしたレアな肉の旨味があって、サイドの黒コショウの香味がよく効いていた。
・味玉は、黄身がトロッとしていて甘めのタレの味付け。スープの味がやや強めに絡んでいたかも。
・メンマは四角くて太い。噛むと沈み込むような繊維感のある歯ごたえに、醤油系のベースに生姜の甘みが組み合わさったような味付け。
・白髪ネギは、麺とよく絡んで、サッパリとした風味が麺とスープとの絡みの中でのアクセントになっていた。
・小さな青ネギ輪切りは量が少なくて、見た目の彩り担当だった印象。

■全体的な味の感想
・麺は、コシを感じる歯ごたえの全粒粉麺で、コッテリとしたスープとのバランスが取れていた。
・スープは、油多めでトロッとしていて骨粉感が強めで、そこにマー油の風味をプラスしたパンチのある味わい。マー油で獣っぽさをマスキングしながらも、豚骨の骨粉感を感じられたのは良かった。個人的には、少々油が多過ぎてスープ完食は無理だったけど、若い人なら大丈夫かも。
・具は、レアチャーシューが大きかったのは良かったけど、スープとの相性はよく分からない感じだったかも。
・メンマは生姜で味付けしてあって、コショウの効いたレアチャーシューと相まって、あっぱれ屋系の具を一瞬思い出したけど、テイスト自体は別物だったと思う。
・白髪ネギは、麺との相性が良かった。
・お気に入り度は、最初の印象が4.5点で、後半が4点ぐらいだった。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 07月 【10件】
2017年 06月 【15件】
2017年 05月 【20件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ