【生駒市】らぁめん トリカヂ イッパイ

らぁめん トリカヂ イッパイ 【味噌らぁめん】

味噌らぁめん(800円)

味噌らぁめんの麺

■来店の経緯等
・2016年10月の平日の晩、4か月ぶり、4回目の訪問。
・この日は、夜営業で味噌らぁめんを提供するとの告知を見て訪問。

■食べたメニュー
・杯数限定の「味噌らぁめん」(800円)
(15食限定)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客3人。
・最初に店内入口の券売機で食券を買う。
・厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。
・店員さんは男性2人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・店内の奥の方に、荷物入れのカゴが置いてあった。
・注文から提供まで4分。

■麺
・四角くて少しウエーブのかかった中細麺。
・色が薄くて加水中くらいかよく分からない感じの、表面が滑らかで、カンスイ感は強くなくて、多少の水を含んだ粉の張りがあって、やや角張った中に少しふくらみを感じる麺質。食感は、固さのない茹で加減で、優しいながら少しだけ中身の詰まったような当たりがあって、プツンとしてスッと切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、ややあっさりとして、少し水を含んだ粉の味わい。
・スープとの絡みは、ややあっさりしている。スープのマイルドな旨味と甘味と丸みが程よく絡んで、麺の味も強くないのでバランスは取れていたと思う。

■スープ
・濁った味噌。
・サラッとしていて、表面の油も少なめで割とあっさりながら、多少の丸みを感じる口当たり。
・出汁は、恐らくは清湯獣系ベースに魚介か。獣系は、味噌とのバランス的には主張控えめで、スープの丸みと厚みのベースになっている感じ。味噌の色というより乳化しているような白濁色をしていたけど、恐らくは出汁は清湯で、乳系か植物系のペーストか何かで丸みをプラスしているような気がした。
・魚介は、適度な風味と旨味があって、味噌の味やスープの丸みとバランスよく組み合わさっていた。
・タレの味噌は白くて甘めで、味噌のコクや塩気はマイルド。
・味付けは、割と穏やかで優しいながら丸みと厚みのある甘味と旨味があって、そこに一味の香味が多少加わって甘味や旨味を引き立てていた。
・一味などが入っているけど、塩辛さや刺激感はなかったと思う。

■具材
・チャーシューは厚切りの鶏ムネスライス。ややムッチリとした張りがあって噛むとサクッと切れる感じの心地よい歯ごたえに、あっさりとした鶏ムネ肉の旨味を感じる味わいで、スープの旨味と風味がほんのりと絡んでいた。
・野菜は白髪ネギと水菜。
・白髪ネギは、シャリッとした適度な繊維感のある歯ごたえがあって、麺と絡むと食感的には麺より少し強かったかも。
・水菜は、白髪ネギと混ざると、白髪ネギと較べて主張控えめだった印象。
・その他、海苔が乗っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、四角い中細麺で、麺の味はややあっさりしていたけど、スープの味も強い味ではなかったので、バランスは取れていたと思う。
・スープは、あっさりながら乳化しているような丸みがあって、そこに甘めの白味噌が組み合わさった、割と穏やかで優しいながら丸みと厚みのある味わい。一味の香味が多少加わって、甘味や旨味を引き立てていた。
・具は、鶏ムネチャーシューが厚切りで旨かった。
・個性的な白味噌ラーメン。個人的には、ややハードルを上げ過ぎた気がしたかも。
・お気に入り度は、トータルで4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報
スポンサーサイト

【生駒市】らぁめん トリカヂ イッパイ

らぁめん トリカヂ イッパイ 【塩らぁめん】

塩らぁめん(700円)

塩らぁめんの麺

■来店の経緯等
・2016年6月の平日の晩、1年4か月ぶり、3回目の訪問。

■食べたメニュー
・塩らぁめん(700円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客4人。

らぁめん トリカヂ イッパイ

・最初に、店内入口の券売機で食券を買う。
・厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。
・店員さんは男性2人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで4分。

■麺
・四角い中細麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・白くて加水中くらいか少し低めの、カンスイ感は控えめで、適度に中身の詰まった粉の張りとソリッド感があって、やや角張った麺質。食感は、細身で程よく引き締まった茹で加減で、ザクッとしてプツンと切れる心地よい歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりとした粉の味わい。
・スープとの絡みは、スープの魚介系の旨味と風味がよく絡んで、麺の味とのバランスも良好で、麺の旨さを引き立てていた。

■スープ
・清湯の塩。
・あっさりしていて、油も多くないながら、少し丸みを感じる口当たり。
・出汁は、鶏の獣系ベースに魚介。獣系は、丸鶏混じりの鶏清湯の旨味と丸みを程よく感じる味わい。鶏油のコクとかは控えめだったと思う。
・魚介は、昆布系の旨味がメインで、鶏出汁とバランスよく組み合わさっていた印象。お店の案内書きによると、乾燥ホタテと牡蠣煮干しも使っている模様で、麺との絡みでは乾物系の上品で濃厚な旨味と風味がよく絡んでいた。
・タレの塩は、塩気やコクの主張は強くないけど、出汁の旨味とのバランスが取れた、適度な存在感があった。
・味付けは、割と優しいながら薄くはなくて、出汁の旨味を程よく引き立てる塩梅だった印象。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、厚切りの鶏ムネスライス3枚。脂身無しで、元は低温調理っぽいながら、食べた時点ではスープの熱が多少入っていた。サクッと滑らかな張りを感じて歯切れの良い歯ごたえに、塩コショウ系の味付けを隠し味的にほんのりと感じた。
・白髪ネギは、適度にシャリッとした歯ごたえと優しい風味があった。
・水菜は、葉の部分のカットが入っており、主張は強くなくて、スープや白髪ネギとも合っていた。
・海苔は、スープに浸すとフワッとしていて、海苔の風味とスープの味とのバランスが取れていた。
・その他、糸唐辛子が乗っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、ザクッとしてプツンと切れる心地よい歯ごたえの中細麺で、スープとの絡みは、魚介系の旨味や風味がよく絡んでいた。
・スープは、鶏清湯の旨味と丸みに昆布がバランスよく組み合わさっていて、乾物貝系の旨味と風味が麺の旨さを引き立てていた印象。以前に食べた醤油らぁめんと較べると優しい味だったけど、出汁感は割としっかりしていたと思う。
・具は、鶏ムネチャーシューが厚切りで、歯切れの良い歯ごたえがあって、塩コショウ系の味付けをほんのりと感じた。
・個人的には、以前に食べた醤油らぁめんの方が好みだった気がしたけど、これはこれで良かった。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【生駒市】らぁめん トリカヂ イッパイ

らぁめん トリカヂ イッパイ 【豚CHIKIちん】

豚CHIKIちん(900円)+豚CHIKIめし(ごはん)(200円)

豚CHIKIちん(900円)

豚CHIKIちんの麺

■来店の経緯等
・2015年2月22日(日)の昼、5か月ぶり、2回目の訪問。
・この日は、このお店で「ラーメン家 みつ葉」と「らぁめん トリカヂ イッパイ」とのコラボが開催されるとの告知があったので、訪問してみた。

■食べたメニュー
・コラボ限定の「豚CHIKIちん」(900円)
(2015年2月22日(日)昼営業限定。150食限定)
・豚CHIKIめし(ごはん)(200円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の6時35分頃。既に12人待ち。
・待ち人数は、6時40分頃に18人、6時50分頃に23人、7時頃に24人。
・7時8分頃に店主さんが到着。7時20分頃に13番の整理券を貰ったので、一旦家に帰った。

整理券と缶バッヂ

・お店に戻って来たのは10時30分頃。既に11人並んでいる。ちなみに、整理券は20番(20人)単位で区切って案内する方式で、1~20番の中ではお店に戻ってきた順の案内になる。
・開店は10時37分。一巡目に入れず、外で待つ。
・開店から9分待ちで入店し、店内入口の券売機で食券を買い、店内で座って待つ。
・入店から5分後、厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。
・店員さんは6人で、男性4人と女性2人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・席の後ろに、荷物入れのカゴが置いてあった。
・注文から提供まで2分。

■麺
・長方形で中太の、少し縮れたウエーブ。
・加水やや高めの、表面がツルッと滑らかでプリッとした結合感のある麺質。食感は、固くはないながらプリッと引き締まった弾力とコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、やや多加水系で、強くはないけど程よい旨味を感じる味わい。
・スープとの絡みは、麺はみつ葉テイストなので、清湯のスープと合わせるとみつ葉のデフォのスープと較べて麺の食感が強く感じた気もしたけど、スープの表面の油と貝系の旨味がよく絡んでいて、味のバランスは取れていたと思う。

■スープ
・清湯の獣系魚介塩。
・あっさりしていて、表面に多少の油が浮かんでいて口当たり滑らか。
・出汁は獣系ベースに魚介。獣系は、鶏だけなのか豚骨も入っているのかよく分からななかったけど、出汁感が濃厚で旨味に厚みがあった印象。
・魚介は、ホタテの貝系の旨味と風味が立っていて、そこに、昆布か何かの貝系以外の魚介も組み合わさっていたと思う。
・表面の油は、多少の香味とコクがあって、スープのアクセントになっていた。
・タレの塩は、多少の塩気があるけど塩のカドはなくて、出汁の旨味や油の丸みを生かして引き立てている感じ。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは牛と鶏と豚の三種類。
・牛チャーシューは少しだけ厚みのある赤身スライス。脂身のない部位で、サイドはよく熱が通っていて、中心の方はローストビーフみたいに赤みが残った感じ。ガシッと引き締まってしっかりとした歯ごたえに、多少の甘味と丸みの混じった牛の肉と肉汁の味わい。
・鶏チャーシューは厚切りのムネ肉スライス。しっとりとした張りがあってサクッと歯切れの良い歯ごたえに、あっさりとした鶏肉の旨味を感じる味わいで、胡椒の風味がほんのりと効いていた。
・豚チャーシューはやや薄切りのバラスライス。脂身の弾力を多少感じる歯ごたえに、豚肉の軽快な旨味と油の丸みが入り混じった味わい。黒胡椒の香味も多少あったけど、それほど主張は強くなかった気がした。
・穂先メンマは、よく煮てあって色が濃い。サクッと歯切れの良い歯ごたえに、生姜の風味が効いた味付け。
・ホタテ貝柱は、やや小振りなのが何個か。ややしなやかでクニュッとした歯ごたえに、少し塩気が効いて旨味を感じる味。
・水菜は短めのカット。スープの表面の油に多少馴染んだ感じだったかも。

■豚CHIKIめし

豚CHIKIめし(ごはん)(200円)

・具の入った炊き込みご飯で、上から青ネギ輪切りと黒胡椒がトッピングしてある。
・ご飯は、柔らかすぎず固過ぎずの程よい炊き加減。味付けは、強い味ではないけど多少しっかりしていて、具の味とバランスしていた感じ。
・具は、チャーシューとメンマとホタテ貝柱。
・チャーシューは小さめの角切りで、豚肉なのかと思ったけど、ネーミングからすると鶏肉も入っていたのかも。肉の旨味はややあっさりしていて、炊き込みご飯の味付けが少し染み込んでいたように感じた。
・メンマも小さめの角切りで、ラーメンの穂先メンマと同じ系統の味付けながら、生姜の風味は抜けていたと思う。
・ホタテ貝柱は、白くて細かくほぐれていて、見た目的にはそこそこ入っていたけど、食感や味的には炊き込みご飯と一体化していて主張は控えめだった印象。
・トッピングの青ネギ輪切りや黒胡椒は、バランス的にそれほど主張が強くなかったと思う。

■全体的な味の感想
・麺は、ツルッと滑らかでプリッと引き締まったコシを感じる歯ごたえで、恐らくはみつ葉の麺だと思う。スープとの絡みは、表面の油と貝系の旨味がよく絡んでいた。
・スープは、清湯獣系の濃厚な出汁感があって、そこにホタテ等の魚介や香味油を組み合わせていた。麺との絡みでは貝系の旨味と香味油がよく立っていて、スープ自体の味では獣系と魚介の出汁の厚みを感じられた印象。
・具は、チャーシューが牛鶏豚の三種類で、個人的には鶏ムネ肉のチャーシューが一番良かった。牛のチャーシューは、脂身少なめながら肉汁感があったのは良かったけど、やや歯ごたえが強かったかも。
・メンマは、穂先メンマなのに生姜系の味付けなのが個性的だった。
・豚CHIKIめしは、みつ葉飯と較べると、味付けが多少しっかりしていた印象。
・両店の持ち味を生かした、コラボらしさのある一杯。
・お気に入り度は、トータルで4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【生駒市】らぁめん トリカヂ イッパイ

らぁめん トリカヂ イッパイ 【醤油らぁめん】

醤油らぁめん(700円)

醤油らぁめんの麺

■来店の経緯等
・2014年9月27日(土)の昼に初の訪問。
・このお店は、2014年6月28日(土)にオープンしたお店。

■食べたメニュー
・醤油らぁめん(700円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の10時41分頃。既に6人待ち。
・開店は10時44分。
・最初に店内入口の券売機で食券を買い、厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。
・店員さんは男性2人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで9分。

■麺
・四角くて少しウエーブのかかった中細麺。
・白くて加水やや高めの、表面は滑らかながら多少の低加水感があり、強すぎない適度な粉の密度感があって、エッジの効いた麺質。食感は、噛むと程よくザクッとした当たりがあって、プツンと切れる気持ち良い歯ごたえ。
・麺の味はあっさりとした粉の味わい。
・スープとの絡みは、スープの鶏油混じりの鶏の旨味とコクが程よく絡んで、麺の味とのバランスも良好だった。

■スープ
・清湯の鶏醤油。
・あっさりしていて、表面に多少の鶏油が浮かんでいる。
・出汁は鶏の獣系メイン。鶏油混じりの鶏ガラと肉の、旨味とコクとがしっかりとした味わい。
・魚介は、鶏と較べると主張は控えめで、出汁の旨味をプラスして、鶏の味わいを引き立てていた印象。
・タレの醤油は、ほんの少しだけ濁っていて甘旨いコクを感じる味。醤油辛さはなくてマイルドな醤油感があって、出汁とのバランスもよく取れていた。
・味付けはややしっかりしていたけど、塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、低温調理でやや厚切りの鶏ムネスライス3枚。脂身無しで、しっとりと滑らかで歯切れが良くて厚みのある歯ごたえ。味は、あっさりとした中に鶏の旨味とコクを感じる味わいだった。
・白髪ネギは、表面が滑らかで、噛むと少しキュッとしたような歯ごたえがあった。
・水菜は短めのカット。葉っぱの部分はシャキッとしながら表面にスープの油が絡んで滑らかな舌触りがあって、軸の部分のボキッとした歯ごたえが多少のアクセントになっていた。
・糸唐辛子は、スープとのバランス的に風味が感じにくかった。
・海苔はパリッとしていて程よい生地の強さで、風味がスープと合っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、適度な滑らかさがあって噛むとプツンと切れる歯ごたえで、スープとの相性も良好だった。
・スープは、鶏油混じりの鶏の旨味とコクが濃厚で、甘旨い醤油がそこにバランス良く組み合わさった味わい。魚介も使っていながら、あくまでも清湯の鶏が主役の味だったのが良かった。タレの醤油が島根県産の生揚げ醤油ということで、テイストは違うながらも、東京で食べた「らぁ麺やまぐち」の鶏そばを少し思い出した。
・具は、鶏ムネ肉のスライスが旨かった。厚切りでボリュームがあって、味も食感も良くて、低温調理ながらスープの熱が入ってもあまり煮えない感じなのが良かった。
・麺、スープ、具材と、どれもバランス良く満足できたのが素晴らしかった。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

らぁめん トリカヂ イッパイ(食後に撮影)

■お店の情報
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【21件】
2017年 07月 【30件】
2017年 06月 【15件】
2017年 05月 【20件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ