【喜多方市】坂内食堂

坂内食堂 【肉そば】

肉そば(950円)

肉そばの麺

■来店の経緯等
・2014年9月、東日本に遠征。1日目の昼に訪問。
・4年ぶり、2回目の訪問。
・前回の初訪問時、肉そばの肉が気に入ったので、また食べたいと思い訪問してみた。

■食べたメニュー
・肉そば(950円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は14時48分頃。外に34人待ち。
・人数の割には回転は速くて、到着から21分待ちで入店。店内で並んで待つ。
・入店から9分後、厨房前カウンターのレジで注文し、先にお金を払う。
・注文後しばらく待ってから案内されて、入店から11分後に着席。6人掛けのテーブル席に相席で座る。
・店員さんは9人で、男性8人と女性1人。
・店内は広くて席数も多かった。
・注文から提供まで21分。

■麺
・平打ちの太麺縮れ。
・加水高めの、表面は滑らかながら少しだけ茹で湯にとろけたような感じがあって、水を含んでモッチリとした張りのある麺質。食感は、やや柔らかめの茹で加減で、モチッとした優しい弾力を感じる歯ごたえ。
・麺の味は、多加水系で粉の旨味を感じる味わい。
・スープとの絡みはあっさりしている。バランス的には、やや麺自体の味がダイレクトに来る感じだったかも。一口めには、由来がスープなのか油なのか麺なのかよく分からないような、ややクセっぽい風味の絡みを感じたけど、二口め以降からは感じなくなった。

■スープ
・清湯の塩。
・あっさりしていて、少し油が浮かんでいる。
・出汁は、確か豚骨の清湯獣系だったと思うけど、タレの味と較べるとあっさりしていてよく分からない感じ。最初の方は、ほんのりとした豚の油の風味があった気もしたけど、途中からほとんど感じなくなった。
・タレは塩ベース。塩気と強めのタレの旨味とがよく組み合わさっていて、庶民的な中華料理店で焼き飯とかの付け合わせに出てくるような中華スープを少し思い出すような味付け。

■具材
・チャーシューは、少しだけ厚みのあるバラスライス。脂身はプリッと弾力があって柔らかくて、肉の部分はフワッとしながら程よく肉っぽさの残った歯ごたえがあった。味は、味付けは強くなくて適度な旨味があって、脂身のコクがよく効いた味わい。
・メンマは平べったい。ポリッとした歯ごたえに、タケノコの風味を生かした味付け。
・白ネギ輪切りは青い部分混じりで優しい歯ごたえがあって、塩味のスープとも合っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、加水高めでモッチリとした歯ごたえがあって、麺の味も粉の旨味が感じられた。スープとの絡みは、やや弱いというかあっさりしていた印象。
・スープは塩ベースで、出汁があっさりしていてタレの旨味が強めの味わいだった。
・具は、肉のボリューム感が素敵。味付けが強すぎないのと、脂が抜け過ぎていないのも含めて、個人的には結構良かったと思う。
・肉が主役のラーメン。
・お気に入り度は、麺とスープだけなら3.5点で、肉込みのトータルで4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

坂内食堂(食後に撮影)

坂内食堂(食後に撮影)

■お店の情報
スポンサーサイト

【喜多方市】あべ食堂

あべ食堂 【中華そば】

中華そば(650円)

中華そばの麺

■来店の経緯等
・2014年9月、東日本に遠征。1日目の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・中華そば(650円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は14時1分頃。外に9人待ち。

あべ食堂

・到着から8分待ちで入店。4人掛けテーブルに相席で座り、メニューを見て注文。
・厨房は別室で、店員さんは女性5人。
・水は出してくれた。お代わりは冷水機でセルフ。
・メニューには、カレーライスや丼ものもあった。
・テーブルトッピングに酢の瓶が置いてある。
・注文から提供まで25分。

■麺
・平打ちで少し縮れた太麺。
・加水高めの、表面がツルッとしていて、少しプリッとした結合感があって、やや引き締まったような張りを感じる麺質。食感は、プリッとした弾力があって、コシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は多加水系で、旨味はあったけど、どちらかというと麺のコシ重視といった感じかも。
・スープとの絡みは、スープの旨味がサラッと絡んで、麺の味とのバランスも取れていた。スープの熱さもよく絡んでいた。

■スープ
・清湯の醤油。
・あっさりしていて、醤油ダレのせいか少しだけ濁っていて、表面に多少の油が浮かんでいる。
・出汁は獣系ベースに魚介。獣系は恐らく豚骨メインで、ラードのコクと組み合わさったような清湯豚骨っぽさがあった。
・魚介は煮干系で、醤油や豚骨と較べて突出せずに、ほんのりとした煮干感を感じる味わい。
・タレの醤油はやや濃いめで、コクはしっかりしているけどカドは無くて、タレの旨味もあって多少丸まった感じ。
・醤油ダレが味をまとめている感じのはっきりとした味付けで、豚骨の獣系や煮干とのバランスも割と取れていた印象。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りのバラスライス3枚とモモスライス1枚。肉の部分が引き締まっていてしっかりめの歯ごたえに、塩系で昔風のチャーシューの味付けが効いていて、脂身のコクは強くはなかった。
・メンマは細身で平べったい。ポリッとしなやかな繊維感のある歯ごたえに、味付け控えめであっさりとした味。
・白ネギ輪切りは青ネギ混じりでやや小さめのカット。優しい歯ごたえと風味があった。

■全体的な味の感想
・麺は、ややプリッとしていてコシのある歯ごたえが印象に残った。
・スープは、濃いめの醤油ダレと豚骨と煮干とがバランスよく組み合わさった、はっきりとして分かりやすい味。
・具は、チャーシューが歯ごたえ強めで昔風の味付けだった。
・何が主役というのではなくて、全体的なバランスの取れたラーメンだった印象。
・お気に入り度は、麺が3.5点で、トータルが4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【喜多方市】はせ川

はせ川 【醤油かけらーめん】

醤油かけらーめん(550円)

醤油かけらーめんの麺

■来店の経緯等
・2014年9月、東日本に遠征。1日目の昼に初の訪問。
・このお店は、喜多方駅から約3km離れた場所にあるお店。有名店ながら「喜多方老麺会」に加盟していないということで、興味を持ち訪問してみた。

■食べたメニュー
・醤油かけらーめん(550円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は12時11分頃。外待ち客多数。入口前の待ちリストに名前を書いて外で待つ。リストには、前に13組39人の名前が書いてあった。

はせ川

・お店の前に外待ち用のテントがあり、冷たいお茶と紙オシボリが置いてあった。

外待ち用の冷たいお茶と紙オシボリ

・到着から36分待ちで、先に注文を聞かれる。メニューを見て、チャーシュー無しのデフォ「醤油かけらーめん」を注文。
・到着から45分待ちで入店。2人掛けのテーブル席に座る。ちなみに、今回喜多方で訪問した4軒のうち、このお店だけ行列店ながら相席無しだった。
・店員さんは5人で、男性2人と女性3人。
・空のコップを出してくれた。水はテーブルのポットでセルフ。
・店内にはテーブル席と座敷があった。
・店内にはサイン色紙の類は一切飾っていなかった。その代わり、何故か華原朋美氏のコンサート告知のポスターが貼ってあった。
・着席から提供まで7分。

■麺
・平打ち太麺縮れ。
・加水かなり高めの、表面がプルッとして、水を含んだ粉の膨らみと結合感があって、よく縮れた麺質。食感は、ピロピロというかモッチャリという感じの弾力があり、舌にしっとりと寄り添うような滑らかさがあって、多少のコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、多加水系で旨味を感じる味わい。
・スープとの絡みは、あっさりながらもバランスはそれなりに取れていて、麺の旨さで食べる感じ。スープの熱さも麺によく絡んでいた。

■スープ
・清湯の醤油。温度高めのアツアツ。
・あっさりしていて、表面に少し油が浮かんでいる。
・出汁は、恐らくは清湯獣系ベースに魚介。獣系はあっさりしている。
・魚介は、煮干と昆布か。メニュー案内には煮干しメインのように書いてあったけど、煮干の風味とかコクは強くなくて、優しい旨味メインの味わい。割とあっさりながらも、多少の出汁感はある感じ。
・タレの醤油は、やや薄めながら薄口醤油よりは少しだけ濃いかも。旨味メインの優しいコクがあって、タレの旨味も少し感じる味わい。
・どちらかというと出汁よりもタレの方が強い感じながら、バランスはそれなりに取れていたかも。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは入っていないけど、細かな切れ端が少しだけトッピングしてあった。量が多くないので、背脂みたいにスープに影響を与える感じではなかったかも。脂と肉があって、小さいながらも甘めのタレで炊いてあるのがよく分かる味わいだった。
・メンマは長方形で平べったい。滑らかでポリッとした繊維感のある歯ごたえに、少しだけ甘味を感じるタレの味付け。
・白ネギ輪切りは、少しだけ青みが入っていた。やや優しい感じのシャリッとした歯ごたえに、スープに対する主張はあまり強くはないながら、口に入れると多少のネギのサッパリとした風味があった。
・ナルトは、柔らかい中に多少の密度感があった。

■全体的な味の感想
・麺は、加水高めの平打ち縮れ麺で旨かった。
・スープは、メニュー案内には煮干しメインと書いてあり、多少の出汁感はあったけど、煮干の風味やコクはおとなしめに感じたかも。醤油ダレは、よく考えて選んである感じで、インパクトや押しは強くはないけど、麺を食べるという意味ではよくまとまっていたと思う。
・具は、チャーシューが細かい切れ端だけだったけど、タレの味付けがよく分かった。
・スープよりも麺が主役のラーメンだった印象。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■おまけ
・お店の近くから磐梯山方面を見た景色。

お店の近くの景色(磐梯山方面)

■お店の情報

【喜多方市】食堂なまえ

食堂なまえ 【極太手打ちラーメン】

極太手打ちラーメン(520円)

極太手打ちラーメンの麺

■来店の経緯等
・2014年9月、東日本に遠征。1日目の朝と昼の合間の時間に初の訪問。
・このお店は、喜多方駅から比較的近い場所にあるお店なので、喜多方の1軒目で訪問してみた。

■食べたメニュー
・極太手打ちラーメン(520円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は10時43分頃。外待ち無し。お店は1階と2階に席があり、1階の先客は6人だった。

食堂なまえ

・1階の大テーブル席に相席で座り、店員さんに注文。このお店の事前知識は特に無く、他のお客が全員「極太手打ちラーメン」系を注文していたので、それに倣って「極太手打ちラーメン」を注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。調理は女性の店員さんが担当していた。
・水は入口横の冷水機でセルフ。
・「食堂」らしく、メニューにはうどんや定食もあった。
・店内にはサインが多数飾ってあり、有吉弘行氏とデヴィ夫人のツーショット写真も飾ってあった。
・後から続々とお客が来て、ラーメンを待っている間に外待ちが出ていた。
・注文から提供まで18分。

■麺
・平打ちの極太縮れ。
・少し色が付いていて加水高めの、表面はツルンと滑らかで、ムニュッとして少しだけ団子っぽい粉の密度感があって、平打ちながら厚みを感じる麺質。食感は、当たりはプルッとしていて、噛むと少しモチッとして中身の詰まった感じがありながら、コシは強くなくて割とスッと切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、多加水系で生地の旨味がしっかりしている。
・スープとの絡みは、スープの旨味がサラッと絡んで、麺の旨さで食べる感じ。バランス的には、麺を食べるのに十分だったと思う。

■スープ
・清湯の醤油。
・あっさりしていて、表面に少し油が浮かんでいる。
・出汁は、恐らくは獣系ベースか。あっさりとクリアーで、タレの旨味の方が強い感じの昔風のスープ。獣系は、よく分からないけど、どちらかというと豚骨系かも。
・魚介系は入っていない気がしたけど、昆布とかは入っているのかも。
・タレの醤油は薄口で、タレの旨味が強めの味付け。提供時に、ほのかに生姜の風味を感じた気がしたけど、食べ始めた後は分からなくなった。
・最初のうちは、やや物足りなく思ったけど、食べている内にだんだんしっくり来て、麺とも合っている気がしてきた。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、少し厚みのあるバラスライス。やや密度感があってプリッと弾力のある歯ごたえに、タレの旨味が少し効いていて脂身のコクが強めの味わい。
・メンマは細くて、滑らかで少しコリッとした歯ごたえ。
・白ネギ輪切りは、シャリシャリしたフレッシュな歯ごたえに、少し強めの香味があって、スープにサッパリ感をプラスしていた。
・その他、ナルトも入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、手打ちらしい極太の平打ち縮れ麺で、やや歯切れが軽い気もしたけど、プルッとしてモッチリとした厚みのある食感で、麺の味も旨かった。
・スープは、薄口醤油のあっさりしてクリアーな昔風のテイスト。最初の印象はやや物足りなかったけど、食べている内にだんだん麺と合っている気がして、しっくりして来た。
・具は、白ネギ輪切りがスープと合っていて良かった。
・バラチャーシューも弾力があって良かった。
・手打ちの極太麺が主役のあっさりラーメン。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ