【大阪市西区】ふく流らーめん 轍

ふく流らーめん 轍 【春白湯】

春白湯(850円)

春白湯の麺

■来店の経緯等
・2015年4月の平日の晩、3週間ぶり、4回目の訪問。

■食べたメニュー
・限定の「春白湯」(850円)
(2015年4月13日(月)から4月25日(日)までの期間限定)
※メニュー案内には「クリーミーでトロミのある鶏白湯スープに信州田舎醤油を合わせました
春を感じるスナップえんどう、筍の醤油づけを乗せています
引き算の美学、是非ごしょうみ下さい」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には先客無し。後客1人。
・厨房対面のカウンター席に座る。
・特に限定を狙っての訪問ではなかったけど、店員さんから限定があるとの案内があったので、厨房の壁に貼ってある限定メニューの案内を見て「春白湯」を注文。
・店員さんは男性4人。店主さんは居なかった。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・椅子の下に荷物入れのカゴが置いてある。
・注文から提供まで4分。

■麺
・長方形で四角い、中くらいの太さのストレート。
・少しだけ色が付いていて加水中くらいの、表面ツルッと滑らかで密度感のある麺質。食感は、やや固めの茹で加減ながら滑らかで、程よく引き締まったコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、強くはないけど旨味がしっかりしていて、食感とのバランスが取れていた印象。
・スープとの絡みは、スープのトロミと旨味が程よく絡んで、麺の味とのバランスも取れていた。獣系出汁の風味も麺にほんのりと絡んでいて、食欲をそそっていた。

■スープ
・白濁した鶏白湯。
・少しトロッとしていてフワッとした口当たり。よく乳化していて油も多少混じっているけど、それほどコッテリはしていない感じ。
・出汁は鶏メインの獣系で、豚骨も入っているかも。獣系は、フワッとしたゼラチン感があって、乳化の丸みとクリーミー感がありながらマッタリ感は強すぎずに、程よい旨味と出汁の濃厚さを感じる味わい。
・タレの醤油はやや濃いめで、塩気は強くないながら、ほのかな酸味も混じったようなコクの主張を感じる味付け。
・獣系白湯の丸みと醤油のコクとが組み合わさってバランスしたような、シンプルな味の組み立て。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、少しだけ厚みのあるレアの肩ローススライス2枚。1枚はやや薄切りだったかも。食べた時点ではスープの熱で少し煮えていた。しっとりと滑らかで肉の密度感があって多少の噛みごたえを感じる歯ごたえに、味付け控えめで、噛み締めると肉自体の旨味と甘みを感じる味わい。
・筍の醤油漬けは薄切りスライス。固くはないけど弾力少なめの密度感があって歯切れの良い歯ごたえ。味は、醤油の味付けは強くはなくて、筍の味とバランスして筍のクセというか主張を丸めたような感じだった。
・スナップえんどうは小さめで茹でてある。パリッと歯切れの良い歯ごたえに、ほんのりとした青さのある甘味を感じる味。
・白ネギ輪切りは、多少の香味があって、スープと合っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、滑らかで密度感があって、程よいコシを感じる歯ごたえで、スープとの絡みも良好だった。
・スープは、鶏メインの濃厚な獣系白湯に濃いめの醤油のコクがバランスよく組み合わさった、シンプルながら深みのある鶏白湯醤油。ゴチャゴチャしていない骨太な味の組み立てなのが良かった。
・具は、レアチャーシューがスープと合っていて旨かった。少しスープで煮えて歯ごたえがしっかりしていて、噛み締めると肉の旨味が感じられたのが良かった。
・白ネギ輪切りもスープと合っていた。
・お気に入り度は、最初の印象が4点で、食べ終わった時点では4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報
スポンサーサイト

【大阪市西区】ふく流らーめん 轍

ふく流らーめん 轍 【マゼニボジャンキー】

マゼニボジャンキー(800円)

マゼニボジャンキーの麺

■来店の経緯等
・2015年3月28日(土)の晩、11か月ぶり、3回目の訪問。

■食べたメニュー
・マゼニボジャンキー(800円)
・ごはん小(100円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は19時20分頃。外待ち無しの先客6人。
・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て「マゼニボジャンキー」を注文。
・店員さんは男性3人。店主さんもいた。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・椅子の下に荷物入れのカゴが置いてある。
・注文から提供まで6分。

■麺
・四角くてウエーブのかかった中太麺。
・加水中くらいの、表面滑らかで適度に引き締まった張りと結合感があって、エッジの効いた麺質。食感は、固さのない茹で加減で、ムチッとした弾力と程よいコシを感じる、心地よい歯ごたえ。
・麺の味は、タレとのバランス的に程よい強さで、旨味がしっかりしている。
・タレとの絡みは良好。魚介醤油ダレの旨味とコクに背脂の丸みがよく絡んでいて、麺の旨さを引き立てていた。

■タレ
・背脂魚介醤油。
・背脂混じりで少しだけトロッとしていて、上から魚粉がトッピングしてある。
・ベースの醤油はやや濃いめでコクがしっかりしているけど、煮干系の魚介の旨味と背脂の丸みがバランスよく組み合わさっていて、濃いながらそれほどパンチの強い味ではなくて、麺とのバランスも取れていた印象。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューはレアで厚切りの肩ロース短冊切り。ムチッとした密度感のあるレアな弾力があって、厚みなりにしっかりとした歯ごたえに、味付けマイルドで、あっさりとして丸みのある旨味を感じる味わい。
・青ネギは少し幅のあるカット。炒めてあるので、ややしんなりとした歯ごたえで、風味はそれほど立っていなかったと思う。
・生玉ネギは青ネギよりも大きいカット。シャリッとした優しい張りを感じる歯ごたえに、刺激感はないけどサッパリとした香味があった。

■ごはん小

ごはん小(100円)

・麺を食べ終わると具とタレが残ったので、ごはんを追加注文してみた。店員さんから「ごはんは小もある」との説明があったので、小を選択。
・ごはんを丼にダイブしてタレと具に混ぜると、麺との絡みよりもタレの味がマイルドだった印象。
・短冊切りのレアチャーシューは、半分残しておいてごはんと一緒に食べてみた。個人的には、ごはんと一緒の方が合う気がしたかも。

■全体的な味の感想
・麺は、ムチッとした弾力と程よいコシを感じる心地よい歯ごたえで、タレとの相性も良好で、麺の旨さが引き立っていたのが良かった。
・タレは、醤油のコクに煮干系の魚介の旨味や背脂の丸みがバランスよく組み合わさっていて、濃い味ながらそれほどパンチの強い味ではなかった印象。
・具は、生玉ネギの香味が程よいアクセントになっていた。
・短冊切りのレアチャーシューは、厚切りで歯ごたえが結構しっかりしていて、それ自体は良かったけど、食感的に麺よりも主張が強い気がしたかも。
・麺大盛りの設定が無かったので、麺を食べた後にごはんを追加注文してダイブしてみたけど、個人的には、ごはんよりも麺をもっと食べたかった気がした。とは言え、大盛にするとバランスが悪くなるまぜそばも結構あるので、これはこれで良いのかも。
・お気に入り度は、麺が4.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【大阪市西区】ふく流らーめん 轍

ふく流らーめん 轍 【ふく流らーめん改】

ふく流らーめん改(800円)

ふく流らーめん改の麺

■来店の経緯等
・2014年4月26日(土)の昼、8日ぶり、2回目の訪問。

■食べたメニュー
・ふく流らーめん改(800円)
(2014年4月21日(月)から提供の新メニュー。)
※メニュー案内には
「ふく流らーめんの器の底に細かく刻んだ大葉をしずめ、
スープを注ぐと全体に大葉が広がり、麺に大葉が絡みつく、
ふく流らーめんの進化系。クリーミーなスープが更に飲み易く。
栄養満点。コラーゲン満点。」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は14時41分頃。外待ち無しの先客5人。
・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て新メニューの「ふく流ラーメン改」を注文。
・店員さんは男性3人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで4分。

■麺
・長方形の中細ストレート。
・加水中くらいかやや高めの、表面がツルッと滑らかで、キメが細かくてプリッとして中身が詰まった感じの、エッジの効いた麺質。食感は、固くはないけど、多少のプリッとした密度感のあるコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味はやや多加水系で、強くはないけどしっかりしている。
・スープとの絡みは強め。スープのトロミとマッタリ感に刻み大葉の香味がよく絡んで、なかなか個性的な味わい。

■スープ
・白濁した獣系。
・少しトロミがあってよく乳化しているけど、粘度は高くはなくて、油もそれほど多くない感じ。表面に、多少マイルドでフルーティな酸味のある泡が浮かんでいる。
・出汁は、鶏と豚骨の獣系で鶏メインに感じた。少しだけゼラチン感があるけど割とサラッとしていて、マッタリと丸みのある口当たりに、クリーミーな鶏の旨味とコクを感じる味わい。
・タレは、塩か醤油かよく分からない感じで、恐らくは薄い醤油ベースだと思う。味付けはマイルドで、獣系白湯のクリーミーさと優しい旨味をよく生かした味わい。そこに、コショウや一味のスパイスの刺激感がほんのりと組み合わさっている。
・丼の底に細かく刻んだ大葉が仕込んであって、麺と一緒にスープに混ざって、スープにも大葉のスッとした香味をプラスしていた。
・獣系のクリーミーなコクに、コショウ等のパンチとほのかな酸味混じりの大葉の香味が入り混じった、味のリミックス感のある味わい。

■具材
・チャーシューは、大きめのレアの肩ローススライスが2枚。1枚は薄切りで、もう1枚は少しだけ厚みがあった。食べた時点ではスープの熱がよく入っていて、ムチッと滑らかな弾力のある歯ごたえに、味付けあっさりで多少の脂身混じりの肉の旨味を感じる味わい。
・水菜はやや長めのカット。シャキッとした主張がある中に、スープの熱が通って多少のしんなりとした感じもある歯ごたえに、さっぱりとした水菜の風味の主張のある味わい。
・白ネギ輪切り。多少のシャリッとした歯ごたえがあったけど、バランス的には水菜の方が印象に残った感じ。

■全体的な味の感想
・麺は、ツルッとしてキメが細かくて密度感のある歯ごたえで、スープのマッタリ感と大葉の香味との絡みの組み合わせが個性的だった。
・スープは、マッタリとクリーミーな鶏メインの白湯ベースにいろんなフレーバーがプラスされていて、獣系と大葉との間に多少の酸味があるのが印象に残った。
・具は、レアチャーシューがスープで煮えた状態でも結構良かった印象。
・個人的には、大葉がやや過剰な気もしたけど、獣系白湯に刻み大葉の組み合わせは変化球な味わいで、なかなか面白かった。
・普通の「ふく流らーめん」の方も食べてみたいと思った。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【大阪市西区】ふく流らーめん 轍

ふく流らーめん 轍 【煮干醤油らーめん】

煮干醤油らーめん(680円)

煮干醤油らーめんの麺

■来店の経緯等
・2014年4月の平日の晩に初の訪問。
・このお店は、2014年3月18日(火)オープンの新店で、店主さんは「らーめんstyle JUNK STORY」出身。

■食べたメニュー
・煮干醤油らーめん(680円)
※メニュー案内には
「二種類の煮干、さんまぶし、昆布等でとった
魚介100%のスープに背脂の甘味がアクセント
わしわし食べれる太麺を合わせて
働く貴方をサポートします。」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客6人。
・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは男性4人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・荷物入れのカゴを出してくれた。
・注文から提供まで8分。

■麺
・四角くて少しウエーブのかかった太麺。
・やや白くて加水中くらいの、ムチッとしてガシッと引き締まった、中華麺らしい結合感と粉のソリッド感を兼ね備えた、やや丸みがあってボリューム感のある麺質。食感は、中身の詰まった感じの弾力があって噛みごたえのある歯ごたえ。
・麺の味は、粉の旨味と甘味があるけど、それほど強くはない感じ。
・スープとの絡みはややあっさりしている。スープの甘いコクがほんのりと絡んで、麺の味とのバランスは割と取れていた印象。

■スープ
・清湯の魚介醤油。
・あっさりしていて、表面に大小の背脂が多めに浮かんでいる。
・出汁は魚介で獣系不使用。煮干の風味が多少あるけど、煮干のコクよりも魚介の甘味と旨味がメインの優しい味わい。メニュー案内には、昆布とサンマ節も入っているように書いてあった。
・タレの醤油は甘いコクがあって、魚介出汁とバランスよく組み合わさった感じの甘旨テイスト。
・そこに、トッピングのコショウの香味が少し効いていて、多少のパンチをプラスして味を引き締めていた。
・塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・チャーシューは、やや厚切りのレアの肩ローススライス。スープに浸って、下の面だけ熱が入っていた。滑らかながらやや引き締まっていてしっかりめの歯ごたえに、味付け控えめであっさりとした味わい。脂身は、レアらしいカチッとした歯ごたえに、コクが強くなくてほんのりとした甘味があった。
・青ネギ輪切りはやや長めのカットで、肉厚でパリッとした主張のある歯ごたえに、香味は強くなくてトッピングのコショウの風味が少し効いていた。
・玉ネギは小さめのカットで背脂の中に混じっている。シャリッと優しい主張のある歯ごたえに、サッパリとした味わいが多少のアクセントになっていた。

■全体的な味の感想
・麺は、ムチッとしてガシッとした噛みごたえのある太麺。食感は主張があるけど味の方は割とおとなしめで、スープとのバランスは取れていた印象。
・スープは、獣系不使用でマイルドな煮干の魚介出汁に多めの背脂を組み合わせた甘旨い味わいで、構成的には、一昨年食べたJUNK STORYの限定の「煮干背脂醤油」を少し思い出したけど、出汁やタレの味は違っていたと思う。個人的には、コショウの香味がアクセントになっていたのと、背脂が大きいのが印象に残ったかも。
・具は、青ネギの食感が印象に残った。レアチャーシューは、味があっさりしていたように感じた。
・どちらかと言うと麺が主役のラーメンで、スープはマイルドだったけど、ガシッとした太麺にネギとコショウのパンチがあって、強いて言えば高井田系みたいなジャンクっぽさも少し感じたのが面白かった。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

ふく流らーめん 轍(食後に撮影)

■お店の情報
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 06月 【13件】
2017年 05月 【20件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ