【大阪市西淀川区】麺一盃

麺一盃 【正油あっさり(和風魚介味)】

正油あっさりらーめん(和風魚介味)(700円)

正油あっさりらーめん(和風魚介味)の麺

■来店の経緯等
・2014年4月の平日の晩に初の訪問。
・「関西らぁ祭2014 兵庫・大阪版」の8軒目のお店として訪問。

■食べたメニュー
・正油あっさりらーめん(和風魚介味)(700円)
※メニュー説明には「トリガラトンコツの清湯スープと乾物7種からの魚介スープを特製タレ・魚オイル等とブレンドしあっさりしているのに魚介の出汁の効いた一杯に仕上げました。」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には、外待ち無しの先客7人。

麺一盃

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て「正油あっさり」を注文。
・店員さんは3人で、男性1人と女性2人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・代金は前払い。
・店内は狭くて、カウンター席の背後に複数の出入口があって、席の最寄りの出入口から出入りする方式。
・注文から提供まで16分。

■麺
・平打ちの太麺ストレート。
・少し黄色くて加水やや高めの、表面がツルッと滑らかでムチッと引き締まった密度感のある麺質。食感は、ムニュッと引き締まった弾力があって、固くはないけど程よい主張のある歯ごたえ。
・麺の味は、旨味がしっかりしている。
・スープとの絡みはあっさりしているけど、バランスは取れている印象。スープの油が麺にサラッと絡んで、麺の旨さで食べる感じ。

■スープ
・清湯の獣系魚介醤油。
・あっさりしているけど、表面には油がそこそこ浮かんでいて、背脂も少し浮かんでいる。
・出汁は、恐らくは清湯獣系ベースに魚介で、名前は和風魚介ながら、どちらかと言うと獣系の方がメインに感じたかも。獣系は、豚骨に鶏も入っている感じで、表面の油とも少し馴染んだ感じの丸みのある味わい。
・魚介は昆布に節系。風味の主張は控えめで、個人的には、やや焦点が定まらないようにも感じた。
・タレの醤油はやや薄めで、旨味のある味付け。
・味付けは薄くはないけどパンチは強くなくて、スープを飲むと、前半は表面の油にマスキングされたような感じがした。最後の方は、油が減ってくるとタレの旨味を強めに感じてきた。
・塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りのバラスライスと薄切りの肩ローススライスの2種類。
・バラスライスは、脂身がムチッと滑らかで弾力のある歯ごたえに、味付け控えめで脂のコクもあっさりとした味わい。
・肩ローススライスは、ペラッとしていて、固くはないけど多少しっとりと引き締まった感じの歯ごたえに、バラよりは肉の旨味を感じる味付け。
・メンマは細くて平べったい。乾燥メンマを戻したようなポリッとしなやかで柔らかめの歯ごたえに、あっさりとした味付け。
・白ネギ輪切りは、しっとりと優しい歯ごたえに、サッパリとジューシーな風味があって、スープの薬味の役割をよく果たしていた。
・海苔は、味は付いていないと思うけど、海苔自体の味が割としっかりしていたと思う。

■全体的な味の感想
・麺は結構良かったと思う。
・スープは、たまたまのブレかも知れないけど、魚介の風味があまり感じられなくて、個人的には、やや輪郭のはっきりしない味のように感じた。
・具は、白ネギの風味がサッパリとしていて、スープに多少のキレの良さをプラスしていたのが良かった。
・チャーシューも、バラとロースで味わいに変化があったのは良かった。
・どちらかと言うと麺が主役のラーメンで、個人的には、スープはあまりツボに嵌らなかったけど、麺はそれなりに美味しく食べられたと思う。
・次回訪問する機会があれば、こってりの方を食べてみたいと思った。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報
スポンサーサイト
記事リスト
【大阪市西淀川区】麺一盃の記事
プロフィール

Author:かもしか
2011年11月27日始動。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、基本的に、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 02月 【26件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ