【奈良市餅飯殿町】若草カレー本舗

若草カレー本舗 【カレーラーメン(小ライス付き)】

カレーラーメン 小ライス付(880円)

カレーラーメンの麺

■来店の経緯等
・2017年12月2日(土)の昼、2か月半ぶり、2回目の訪問。
・このお店は、奈良の「もちいどのセンター街」にあるカレー店。ブログに書くのは初めてで、前回訪問時にはラーメン以外のカレーメニューを食べた。

■食べたメニュー
・カレーラーメン 小ライス付(880円)
※メニュー案内には「スープベースが若草カレーのラーメンです。豚肉と半熟玉子、オニオンピクルス、ナッツオイル入りです。」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は11時43分頃。外待ち無しの先客6人。

若草カレー本舗

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは5人で、男性1人と女性4人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで8分。

■麺
・四角くて少しウエーブのかかった中細麺。
・色が薄くて加水中くらいか少し低めの、カンスイ感が控えめで、噛むと多少の粉の密度を感じながら切れる歯ごたえ。茹で加減は、ヤワくはないけど固くもない感じ。
・麺の味は、あっさりとした粉の旨味を感じる。卵は入っていないかも。
・スープとの絡みは、最初の方はややあっさりで、麺の味が主役のバランスに感じたけど、途中からカレーのスパイシーさがジワジワと舌に来て、カレーの存在感が強まってきた印象。

■スープ
・獣系野菜カレー。
・少しだけトロッとしていて、油はそれほど多くない感じ。
・出汁は、お店の案内書きによると鶏の獣系と野菜系の模様。野菜由来の優しいトロミと獣系の旨味が、カレーを支える味のベースになっている感じ。
・カレーは辛さ中くらい。最初から辛さや刺激がガツンとは来ないけど、食べている内に徐々にスパイシーさを感じるタイプで、ベースの旨味や丸みとカレーのスパイス感とのバランスが取れていた印象。
・野菜系の風味も少し感じた気がした。
・トッピングのナッツオイルは、よく分からなかったかも。

■具材
・豚肉、ミンチ、半熟卵、オニオンピクルス。
・豚肉はやや薄切りのバラスライス。適度に煮込まれている感じで、柔らかな弾力のある歯ごたえに、カレーと馴染んだ感じの味付け。
・ミンチは恐らくは鶏肉で、初めからカレースープの中に混ざり込んでいた感じ。
・半熟卵は、黄身と白身のどちらもトロッと柔らかくて、カレーに混ぜずに食べた。
・オニオンピクルスは薄切りスライス。多少の水気があってシャリっと軽快な歯ごたえに、ピリッとした主張のある香味を多少感じる味わいで、付け合わせとしていい感じだった。

■小ライス

小ライス

・麺と具を食べた後、小ライスを残ったスープにダイブしてみた。
・カレースープは、ライス用のカレーとしても行ける感じで、ライスとの相性的には、麺の時と較べて少しだけマイルドに感じた気がした。

■全体的な味の感想
・カレー店のラーメンということで、あまり期待していなかったけど、想像していたより旨かった。
・ラーメンとして旨いというよりは、カレー料理として旨かった印象。
・麺も、ラーメン専門店じゃないお店の麺としては割と良かったし、カレーとも合っていたと思う。
・具は、オニオンピクルスがいいアクセントになっていた。
・お気に入り度は、最初の印象が3.5点で、トータルでは最後のライスダイブ込みで4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報
スポンサーサイト

【奈良市南京終町】麺屋 NOROMA

麺屋 NOROMA 【スパイシーチキン咖喱つけ麺(特盛)】

スパイシーチキン咖喱つけ麺(特盛)(1150円)

スパイシーチキン咖喱つけ麺(特盛)の麺

■来店の経緯等
・2017年11月23日(木)の昼、1年1か月ぶり、18回目の訪問。

■食べたメニュー
・期間限定の「スパイシーチキン咖喱つけ麺」(950円)
(2017年11月1日(水)から30日(木)までの期間限定。杯数限定なし)
・特盛(+200円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は12時29分頃。外待ち32人。
・外で待っている間、店員さんにメニューを渡され、注文を聞かれる。
・到着から1時間1分待ちで入店。厨房対面のカウンター席に座る。
・店員さんは4人で、男性3人と女性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・紙エプロンは頼んだら出してくれた。
・入店から提供まで9分。

■麺
・平打ちの極太ストレート。
・少し色が付いていて加水高めの、表面がヌルッと滑らかで、プルッと心地よく引き締まった優しいコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、粉の旨味とコクを程よく感じる。
・つけ汁との絡みは、カレーの旨辛さが程よく絡んで、麺の旨さを引き立てていた。最初の方は、麺の旨さに対してカレーつけ汁がやや凡庸に感じたけど、食べているうちにカレーのスパイシーさが下にジワジワ来て、麺とつけ汁とのバランスが良くなってきた印象。

■つけ汁
・濁った獣系カレー。
・割とサラッとした中に、多少の丸みを感じる口当たり。
・出汁は、鶏の獣系に魚介も入っている感じ。獣系は、粘度は低めながらゼラチン感がすこしあって、旨味と丸みがカレーの旨辛さを支えるベースになっていた。どちらかというと、出汁よりもカレーの方が主役のバランス。杯数制限がないので、ベースの出汁はデフォのつけ麺と一緒かも。
・魚介は節系か何かで、つけ汁に旨味をプラスしていた。
・タレのカレーは、辛さ自体はそれほど強くなくて、最初の方はあまりスパイシーに感じなかったけど、後からじんわりとスパイシーさが来た印象。
・味付けはやや濃いめで、旨味と辛さのバランスが取れた旨辛カレーテイスト。

■具材
・麺の上に、チャーシュー、三つ葉、白ネギ輪切り、フライドオニオンか何か。つけ汁の容器の中にワンタン。
・チャーシューは、やや厚切りでレアの肩ローススライス。しっとりと滑らかな弾力のある歯ごたえに、脂身の甘味と優しい甘さのある味付けとが組み合わさった感じの味わい。
・三つ葉は、口に入れると独特の香味があった。
・ワンタンは、皮がやや厚めで、餡は茹でたジャガイモを潰してマッシュ状にしたものだった。

■全体的な味の感想
・麺が旨かった。
・つけ汁は、最初の方は麺に対してやや物足りなく感じたけど、食べているうちにだんだんしっくり来て、麺の旨さを引き立てていた印象。
・具のレアチャーシューも、厚めのスライスながら食べやすくて旨かった。
・お気に入り度は、麺が5点で、トータルでは4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【奈良市富雄元町】ラーメン家 みつ葉

ラーメン家 みつ葉 【鯛豚骨 塩】

鯛豚骨 塩+みつもりROCK

鯛豚骨 塩(900円)

鯛豚骨 塩の麺

■来店の経緯等
・2017年11月19日(日)の昼、1か月ぶり、31回目の訪問。
・この日は、このお店で「みつもりHOUSE(みつ葉×モリン)」コラボの「鯛のままにわがままに、僕は豚だけを炊きつづけたい 2」営業が開催されるとの告知があったので、訪問してみた。

■食べたメニュー
・コラボ限定の「鯛豚骨 塩」(900円)
(180食限定)
・コラボ限定サイドメニュー「みつもりROCK」(600円)
(10食限定)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前。シャッターポール(開店前の待ちの先頭)。
・券売機のオープンは7時56分。店内入口の券売機で食券を買う。
・店員さんに整理券を渡され、10時までに戻ってくるよう案内される。
・お店に戻ってきたのは9時59分頃。既に開店しており、待ち無しで入店。
・厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。
・店員さんは男性6人。厨房の担当は4人で、後の2人はお客の案内を担当。
・厨房にはみつ葉の店主さんとモリンの店主さんがいた。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・入店から提供まで9分。

■麺
・平打ちでウエーブのかかった極太麺。
・少し色が付いていて加水少し高めの、表面が滑らかで、プルッと中身の詰まった粉の結合感があって、噛むと多少のコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、旨味がしっかりしていて、卵も入っている感じ。
・スープとの絡みは、スープのトロミと旨味と出汁の風味がよく絡んで、麺とのバランスも良好だった。獣系出汁の風味と魚介系の風味がバランスよく絡んで、食欲をそそる味わい。

■スープ
・白濁した獣系魚介塩。
・少しトロッとしていて、多少の油が溶け込んでいる。
・出汁は獣系と魚介で、どちらかというと獣系メイン。獣系は豚骨メインで、鶏も入っているかも。ゼラチン感が少しあって、トロッとクリーミーな丸みと適度なコクを感じる、みつ葉テイストの獣系白湯テイスト。
・魚介は、メニュー案内では鯛だったけど、タレ由来か、鯛以外の乾物魚介も感じた気がした。というか、鯛のアラを使った鮮魚系じゃなくて、鯛煮干の出汁なのかも。獣系とのバランス的に鯛感は割と控えめで、乾物魚介っぽい旨味の中に、鯛か何かの優しい味をほんのりと感じた印象。
・タレの塩は、塩のカドがない。
・味付けは、塩ダレの旨味があって、魚介の旨味と組み合わさった、穏やかながら旨味のしっかりとした味。
・刺激感とかはない。

■具材
・チャーシュー、味玉、穂先メンマ、青ネギ輪切り。
・チャーシューは、バラと肩ロースの二種類。
・バラチャーシューは、レアのやや薄切りスライス。みつ葉のデフォのチャーシューと似た感じで、食べた時点ではスープの熱が入っていた。
・肩ロースもレアのやや薄切りスライスで、バラよりも大きかった。しっとりと滑らかで心地よいレア肉の歯ごたえに、タレの味を多少感じる味付けで旨かった。
・味玉は黄身がトロッと半熟で、味付けが卵の濃厚さを引き立てている感じ。
・穂先メンマは、サクッと軽快な歯ごたえ。
・青ネギ輪切りは小口で細い。

■みつもりROCK

みつもりROCK(600円)

・白ご飯の上に、レアチャーシュー、カイワレ、生卵をトッピングして、タレをかけてある。卵黄を潰してチャーシューに絡めてから食べた。
・レアチャーシューは、やや薄切りで大きめの肩ローススライスで、恐らくはラーメンの具と同じものを使用。丼の上に折り重なって乗っており、枚数は数えていないけど結構ボリュームがあった。滑らかで心地よいレア肉の質感があって、卵黄のコクやタレとの相性も良好だった。
・タレは醤油ベースで、甘味はなくて、キリっとフレッシュなパンチを感じる味付けで、酸味も少し感じた気がした。生卵と共に、レアチャーシューと白ご飯の味をまとめる役割を果たしていた。

・後半、丼のフチのワサビをチャーシューにまぶして味変化してみた。バランス的に、ワサビの刺激感は割と控えめで、タレと組み合わさって多少のアクセントになっていた。

■全体的な味の感想
・幅広平打ち麺に絡む、獣系出汁の風味と魚介の風味とのハーモニー感がいい感じ。
・獣系魚介塩のスープは、どちらかというと獣系メインで、鯛感はよく分からなかったけど、そういうのは問題に感じないくらい旨かった。
・みつもりROCKは、白ご飯の上に肩ロースのレアチャーシューがてんこ盛りに乗っていて、生卵を絡めて食べるといい感じだった。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

「鯛のままにわがままに、僕は豚だけを炊きつづけたい 2」営業の暖簾

■お店の情報

【奈良市尼辻町】まりお流

まりお流 【黒小麦極太麺のキーマカレー和え麺】

今週の創作「黒小麦極太麺のキーマカレー和え麺」(2160円)

黒小麦極太麺のキーマカレー和え麺の麺

■来店の経緯等
・2017年11月の平日の晩、10か月ぶりの訪問。
・ブログを始めてからは34回目の訪問。
(ブログを始める前にも訪問しているが、回数は記録していないため不明)

■食べたメニュー
・今週の創作「黒小麦極太麺のキーマカレー和え麺(豚バラレアーチャーシュー&てっちゃん入り)」(2160円)
(2017年11月10日(金)からの週替わり限定)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客24人。
・厨房対面のカウンター席に座る。
・「今週の創作」はお店のWebサイトやSNSで告知のメニュー。「こってり」の方で注文した。
・店員さんは見える範囲で9人。
・水は冷水機でセルフ。
・オシボリは冷水機の横に置いてあり、セルフ。
・注文から提供まで13分。

■麺
・長方形で少しウエーブのかかった太麺。
・色が付いていて加水中くらいかやや低めの全粒粉麺で、多少滑らかで中身の詰まった粉の張りと厚みを感じる歯ごたえ。
・タレとの絡みは、キーマカレーの肉とルーの質感がよく絡んで、結構存在感のある麺ながら、キーマカレーの方がさらに強かった印象。

■タレ
・キーマカレーダレ。
・ミンチ肉が混ざっている。デンプンか何かのペースト感があって粘度高めで、多少の油が溶け込んでいる感じ。
・ベースのカレーは、適度な風味があるけど、辛味やスパイシーさは割と控えめで、刺激感とかはなかった印象。そこに、ルーのデンプン感と丸みが組み合わさっていた印象。
・カレーの風味とルーの粘度が、粗めに挽いたミンチ肉のボリューム感を飲み込んで一体化している感じの味わい。

■具材
・バラチャーシュー、てっちゃん、味玉、パプリカ、芋、むき海老、青ネギ輪切り。
・バラチャーシューはやや薄切り。キーマカレーや麺とのバランス的には、やや主張控えめに感じたかも。
・てっちゃんは大きめのカット。ムニュッとした厚みのある歯ごたえがあって、キーマカレーとの相性はやや微妙に感じた気がした。
・味玉は丸ごと一個。黄身がトロッと半熟で、カレーと較べると味付け控えめに感じた。
・パプリカは適度に茹でるか何かしてあって、厚みを感じる歯ごたえ。
・芋は、小さくて皮の剥いてあるジャガイモか何かで、ホクッと柔らかな質感のある歯ごたえ。
・むき海老は、プリッと柔らかな張りを感じる歯ごたえ。

■全体的な味の感想
・色々ぶち込めばOKみたいなノリを感じるキーマカレー和え麺。
・カレーは、あまりスパイシーじゃなくて、粘度高めのルーがミンチ肉を飲み込んで一体化している感じで、結構コッテリ&ガッツリしていた。
・個人的には、具のてっちゃんとキーマカレーとの相性がやや微妙に感じたかも。
・お気に入り度は、最初の印象が3.5点で、トータルでは3点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★ (3.0)

■お店の情報

【奈良市西大寺栄町】鳥貴族 近鉄西大寺店

鳥貴族 近鉄西大寺店 【濃厚魚介豚骨ラーメン】

濃厚魚介豚骨ラーメン(288.9円)

濃厚魚介豚骨ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2017年11月の平日の晩に訪問。
・ブログに書くのは4年9か月ぶりだけど、その間にも何回か訪問している。
・今回は、10%割引のクーポンをゲットしたので訪問してみた。

■食べたメニュー
・金麦(大)(288.9円)×2
※クーポン利用により、定価(321円)の10%引き(以下同じ)
・2017年秋冬新メニュー「デビルホットチキン」(288.9円)
・もも貴族焼(たれ)(288.9円)
・2017年秋冬新メニュー「もも肉パワフルガーリック焼」(288.9円)
・2017年秋冬新メニュー「鶏肉豆腐」(288.9円)
・トリキの唐揚(288.9円)
・2017年秋冬新メニュー「鶏そぼろ丼」(288.9円)
・2017年秋冬新メニュー「吉野物語 栗ロック」(288.9円)
・濃厚魚介豚骨ラーメン(288.9円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無し。
・待ち無しで2人掛けのテーブル席に案内されて座る。
・紙オシボリはテーブルに置いてあった。
・最初の注文は、「金麦(大)」、「デビルホットチキン」、「もも貴族焼(たれ)」。

金麦(大)(288.9円)

・デビルホットチキンは、手羽先に辛味とメイプルソースの組み合わせで、割と斬新な一品。結構パンチのある辛さが、メイプルソースの甘さとバランスしていた印象。

2017年秋冬新メニュー「デビルホットチキン」(288.9円)

・もも貴族焼(たれ)は、モモ肉とネギと甘旨いタレとのハーモニー感がいい感じ。

もも貴族焼(たれ)(288.9円)

・次の注文は、「金麦(大)」お代わりと、「もも肉パワフルガーリック焼」、「鶏肉豆腐」。

金麦(大)(288.9円)2杯目

・もも肉パワフルガーリック焼は、モモ肉とニンニク醤油ダレとニンニクチップとの組み合わせが良かった。個人的には、焼鳥の味付けは塩が一番好みだけど、この手の格安チェーン店だと、むしろこういうメニューの方が旨いかも。

2017年秋冬新メニュー「もも肉パワフルガーリック焼」(288.9円)

・鶏肉豆腐は、スープがサラッとしていて割とあっさり。豆腐は絹ごし風で柔らかくて、鶏モモ肉よりも豆腐が主役に感じた。

2017年秋冬新メニュー「鶏肉豆腐」(288.9円)

・次の注文は、「トリキの唐揚」と「鶏そぼろ丼」。
・トリキの唐揚は、個人的には鳥貴族で一番注文頻度の高いメニューだけど、今回は、衣のダマ感のある揚げ具合などがやや残念に感じた。

トリキの唐揚(288.9円)

・鶏そぼろ丼は、トッピングの半熟卵とご飯を混ぜてから食べた。和風魚介風味のたまごかけご飯テイストで、乾物魚介系の旨味がしっかりしている。

2017年秋冬新メニュー「鶏そぼろ丼」(288.9円)

2017年秋冬新メニュー「鶏そぼろ丼」(288.9円)混ぜた後

・次の注文は、「吉野物語 栗ロック」。モンブランっぽいスイーツな栗感のあるリキュール。

2017年秋冬新メニュー「吉野物語 栗ロック」(288.9円)

・最後の〆で、久しぶりに「濃厚魚介豚骨ラーメン」を注文。
・注文から提供まで16分。
(トップの写真からかなり離れているので、もう一度貼っときます^^)

濃厚魚介豚骨ラーメン(288.9円)

濃厚魚介豚骨ラーメンの麺

■麺
・四角くて中くらいの太さの麺で、少し縮れたウエーブ。
・少し色が付いていて加水少し高めの、表面滑らかで、プルッと優しい張りと結合感のある歯ごたえ。
・スープとの絡みは、スープのトロミと魚介の風味が程よくしっかりと絡んで、強めで分かりやすい味。

■スープ
・白濁した獣系魚介。
・少しトロッとしていて、若干の油が溶け込んでいる。
・出汁は、獣系ベースに魚介。獣系は、恐らくは豚骨メインで、鶏も入っているかも。多少のコラーゲン感があって、麺との絡みでは獣系出汁っぽさを少し感じた。
・魚介は魚粉混じりで、サバや鰹などの節系に煮干系も加わったような、乾物魚介の風味と味がしっかりとした味わい。
・タレは、恐らくは薄めの醤油ベース。
・味付けは、タレの旨味が効いたやや濃い味で、魚介の風味や旨味と組み合わさっていた。
・刺激感とかはない。

■具材
・鶏肉、青ネギ輪切り。
・鶏肉は、やや薄切りのスライス。やや引き締まった感じの、加工した肉の質感のある歯ごたえに、炙った風味と若干の塩気を感じる味。

■全体的な味の感想
・トロッとした獣系ベースに乾物魚介の風味と味がよく効いた、ハッキリと分かりやすくて濃い味のラーメン。
・具の鶏肉は、2017年秋冬新メニューの「親鶏炙り焼」と同じ肉を使っていた気がした。
・今回食べた2017年秋冬新メニューでは、「鶏そぼろ丼」が割と気に入った。

■お気に入り度: ★★★ (3.0)
※ラーメンのお気に入り度

■お店の情報

【奈良市富雄元町】ラーメン家 みつ葉

ラーメン家 みつ葉 【豚CHIKIしおラーメン】

豚CHIKIしおラーメン(800円)

豚CHIKIしおラーメンの麺

■来店の経緯等
・2017年10月14日(土)の昼、2か月ぶり、30回目の訪問。

■食べたメニュー
・豚CHIKIしおラーメン(800円)
・エビスプレミアムブラック(400円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の9時46分頃。外待ち無し。

ラーメン家 みつ葉

・店内入口の券売機で食券を買い、店員さんから整理券を受け取る。
・お店に戻ってきたのは10時12分頃。
・外で並んでいる間に食券を渡して注文。
・開店は10時17分。
・開店から3分待ちで入店。厨房対面のカウンター席に座る。
・店員さんは男性3人。
・水は席に置いてあった。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・ビールは着席後すぐに提供。

エビスプレミアムブラック(400円)

・着席からラーメンの提供まで7分。

■麺
・長方形でウエーブのかかった中太麺。
・少し色が付いていて加水少し高めの、表面が滑らかで、少しプリッと引き締まった弾力を感じる歯ごたえ。
・スープとの絡みは、味の絡みはややあっさりしているけど、スープの熱さがよく絡んで、獣系出汁のツンとした風味も程よく絡んでいて、食欲をそそっていた。

■スープ
・白濁した獣系塩。
・多少トロッとしていて、多少の油が溶け込んでいる。表面を泡立てていて、丸みのある口当たり。
・出汁は鶏と豚骨の獣系。多少のゼラチン感があって、乳化のクリーミーな丸みの中に獣系出汁の旨味とコクを適度に感じる味わい。
・味付けは、塩ダレの旨味に優しい塩気が組み合わさっていて、獣系出汁の丸みや旨味を引き立てていた印象。麺との絡みよりも、スープ自体の味の方が旨いと思った。
・刺激感とかはない。

■具材
・チャーシュー、味玉、メンマ、青ネギ輪切り。
・チャーシューは、やや薄切りで少し厚みのあるレアのバラスライス。適度な弾力のある歯ごたえに、脂の味が強くなくて脂身と肉とのバランスが取れた味わい。サイドの黒胡椒の香味は割と控えめに感じた。
・味玉は半分切りで、黄身がトロッと半熟。
・メンマは長方形。繊維感の強くない程よい質感があって歯切れの良い歯ごたえに、ややあっさりとした生姜系の味付け。
・青ネギ輪切りは小口で細い。スープを飲む際に適度な風味を感じて、薬味の役割を果たしていた。

■全体的な味の感想
・獣系白湯塩のスープが旨かった。獣っぽさや油っぽさを前面に出さずに、クリーミーな丸みと旨味とのバランスが取れていたのが良かった。
・麺には、スープの熱さと獣系出汁の風味が絡んでいたのが良かった。
・お気に入り度は、最初の印象が4.5点、後半が5点で、トータルでは4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【奈良市富雄元町】鳥貴族 富雄店

鳥貴族 富雄店 【トリキ流台湾ラーメン】

トリキ流台湾ラーメン(321円)

トリキ流台湾ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2017年10月の平日の晩に訪問。
・ブログに鳥貴族富雄店を書くのは1年ぶり、2回目だけど、その間にも何回か訪問している。
・今回は、2017年秋冬新メニューの台湾ラーメンに興味を持ち訪問してみた。

■食べたメニュー
・金麦(大)(321円)
・2017年秋冬新メニュー「親鶏炙り焼-塩ポン酢味-」(321円)
・2017年秋冬新メニュー「トリキ流台湾ラーメン」(321円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客多数。
・待ち無しで厨房対面のカウンター席に座る。
・店員さんは8人で、男性5人と女性3人。
・メニューを見て、「金麦(大)」と「親鶏炙り焼-塩ポン酢味-」を注文。

「金麦(大)」と「親鶏炙り焼-塩ポン酢味-」

親鶏炙り焼-塩ポン酢味-(321円)

・親鶏炙り焼は、やや薄切りのスライスで、注文が入ってから炙るのではなくて、予め炙ってある感じ。燻製というか水分を飛ばして加工した肉っぽい、引き締まった弾力を感じる歯ごたえに、燻製肉的な旨味を程よく感じる味わい。塩ポン酢のタレと合えてあって、玉ネギスライスや青ネギ輪切りがトッピングしてあり、スピードメニュー的な存在に感じた。
・親鶏炙り焼を食べた後、「トリキ流台湾ラーメン」を追加注文。
・注文から提供まで6分。

■麺
・四角くて少し縮れた中細麺。
・少し黄色くて加水少し高めの、表面が滑らかで、カンスイが効いてプリッと引き締まった弾力とコシを感じる歯ごたえ。
・スープとの絡みは、スープの旨辛さが程よく絡んで、麺の味とのバランスは取れていた印象。

■スープ
・少し濁った清湯のピリ辛醤油。
・ほんの少しだけ丸みを感じる口当たり。
・出汁は、タレとのバランス的に、あっさりしていてよく分からなかった印象。
・タレの醤油は旨味メイン。
・味付けは、醤油ダレの旨味ベースに、唐辛子系の辛味と花椒か何かの刺激がバランスよく組み合わさった、割と整った味の旨辛テイスト。唐辛子などの個々の香辛料の主張は強くなくて、香辛料はタレの味付けにビルトインされている感じだったかも。

■具材
・鶏そぼろ、青白ネギ輪切り。
・鶏そぼろは、味付けがあっさりとした中に、適度な肉の旨味を感じる味わい。

■全体的な味の感想
・タレの旨味の厚みを感じる、旨辛い味付けのラーメン。
・ガチの辛味や刺激はないけど、唐辛子と花椒か何かを混ぜて味を調えたような、程よいタレの旨辛感があって、麺をサクッと食べられる感じ。
・具は、鶏ミンチがスープと合っていた。
・台湾ラーメンを名乗るなら、ニラが欲しい気もしたけど、これはこれで悪くなかったかも。

■お気に入り度: ★★★ (3.0)

■お店の情報

【奈良市芝辻町】ジャンボカラオケ広場 新大宮駅前店

ジャンボカラオケ広場 新大宮駅前店 【魚介つけ麺】

魚介つけ麺(490円)

魚介つけ麺の麺

■来店の経緯等
・2017年9月23日(土)の夕方に初の訪問。
・「ジャンボカラオケ広場」は、京都市に本社のある「東愛産業株式会社」系列のカラオケルームチェーン店。
・新大宮駅前店は初訪問だけど、ジャンボカラオケ広場自体には年数回ぐらいのペースで訪問している。

■食べたメニュー
・ソフトドリンク付きルーム料金(90分)(1070円)
※土日祝昼間30分210円+土日祝夜60分860円
・期間限定の「魚介つけ麺」(490円)
※2017年9月13日(水)提供開始で、商品がなくなり次第終了。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は18時35分頃。外待ち無しの先客あり。店員さんによると、8割ぐらいの部屋が埋まっている模様。

ジャンボカラオケ広場 新大宮駅前店

・90分で部屋を注文。
・4階の個室のテーブル席に座る。椅子は長椅子。
・水とソフトドリンクは3階のセルフコーナーでセルフ。

水とソフトドリンクのセルフコーナー

・この日は、カラオケの練習が主目的。練習した歌の一部は、今年話題になった方々に捧げるつもりで歌ってみた。

北国の春

I'm proud

卒業

藍色好きさ

・部屋の残り時間が30分ぐらいになったタイミングで、フード注文用端末のタッチパネルを使って「魚介つけ麺」を注文。
・注文から提供まで12分。割り箸とオシボリを一緒に持ってきてくれた。
(トップの写真から離れているので、もう一度貼っときます^^)

魚介つけ麺(490円)

魚介つけ麺の麺

■麺
・平打ちでウエーブのかかった幅広麺。
・少し黄色くて加水やや高めの、表面が滑らかで水気があって、カンスイが効いてプリッとした弾力を感じる歯ごたえ。水切りは甘めで、麺の容器の底には多少の水が溜まっていた。
・つけ汁との絡みは、タレの旨味と塩気が程よくサラッと絡んでいた。

■つけ汁
・白濁した魚介醤油。
・少しだけトロッとした丸みがあるけど、油はそれほど多くない感じ。
・出汁は、魚介は分かったけど、トロミや丸みが獣系由来なのかはよく分からなかった。
・魚介は、恐らくは鰹か何かで、魚粉は入っていなくて、出汁かタレかよく分からない感じの旨味があった。
・タレの醤油は、コクの主張がそれほど強くなかったと思う。
・味付けはやや濃いめで、醤油ダレの旨味と塩気がよく効いていて、つけ汁の味を調えていた。
・刺激感とかはない。

■具材
・チャーシュー、メンマ、青ネギ輪切り、海苔。すべて麺の上に乗っている。
・チャーシューはやや薄切りのバラスライス。少し固めというか弾力少なめな肉の歯ごたえに、あっさりながら旨味のある味付け。
・メンマは平べったい。感想メンマを戻したような、少しコリッとしていて張りのない歯ごたえに、あっさりとした味。つけ汁に付けて食べる向きに感じた。
・海苔は細長いカットで、味付きだったのか、青ネギ輪切りとともに麺に絡んで薬味の役割を果たしていた。

■全体的な味の感想
・家庭用のチルドつけ麺みたいな感じの味で、麺は比較的良かったけど、つけ汁がややチープだった気がした。
・カラオケルームの麺メニューとしては、これはこれで悪くないかも。

■お気に入り度: ★★★ (3.0)

■お店の情報

【奈良市東向中町】《コンビニ》ローソン近鉄奈良駅前店

ローソン近鉄奈良駅前店 【コク旨仕立ての味噌ラーメン】

コク旨仕立ての味噌ラーメン+ビール+Lチキ

コク旨仕立ての味噌ラーメン(498円)

コク旨仕立ての味噌ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2017年9月の平日の晩に訪問。
・このコンビニをブログに書くのは初めてだが、以前にも訪問したことがある。
・ローソンは、東京に本社のある「株式会社ローソン」が展開しているコンビニエンスストアのフランチャイズチェーン。

■食べたメニュー
・コク旨仕立ての味噌ラーメン(498円)
・缶ビール「一番搾り 奈良に乾杯」(224円)
・Lチキ旨塩チキン(150円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客あり。

ローソン近鉄奈良駅前店

・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・レジに商品を持参して購入し、店員さんにラーメンのレンジ過熱を頼んだ。Lチキはレジで注文して購入。
・レジで加熱後のラーメンを受け取って、イートインコーナーへ移動。ちなみに、コンビニによってはイートインでの飲酒を禁止しているけど、このコンビニは飲酒OKだった。

コク旨仕立ての味噌ラーメン(498円)

■麺
・長方形で四角い、中くらいの太さの縮れた麺。
・やや黄色くて加水中くらいか少し高めで、卵入りでやや熟成した感じの、カンスイが効いて滑らかに引き締まった粉の張りと密度感のある、少し柔らかめの歯ごたえ。
・スープとの絡みは、味噌と油のコクが程よくサラッと絡んで、麺とのバランスは取れていた印象。

■スープ
・味噌。
・味噌で濁っていて、表面に多少の油が浮かんでいる。
・出汁は、恐らくは清湯で、獣系ベースに野菜も入っている感じ。
・表面の油はラード混じりで、スープに油の丸みとコクをプラスしていた。
・タレの味噌は合わせ味噌で、塩気は強くなくて、程よい旨味とコクを感じる。
・味付けは、味噌ダレの旨味がしっかりしていて、濃い味過ぎずに味噌と油のコクの厚みを感じるバランス。
・刺激感とかはない。

■具材
・角切りチャーシュー、メンマ、玉ネギ、ニンジン、モヤシ、コーン、青ネギ輪切り。
・角切りチャーシューは小さなカットで、柔らかな歯ごたえ。
・メンマは平べったい。少しだけポリッとした感じの歯ごたえに、濃い味ではなくてゴマ油か何かの風味を多少感じる味付け。
・玉ネギとニンジンは細長いカットで、炒めてあって程よく柔らかな歯ごたえ。
・モヤシは量が多くなくて、多少の歯ごたえがあった。

■Lチキ旨塩チキン

Lチキ旨塩チキン(150円)

・衣は少しだけカリッとしているけど、固くはなくて、適度な厚みのある歯ごたえ。味付けは、割とあっさりながら、必要十分な旨味があった印象。
・肉は、恐らくはモモ肉で、やや脂が混じった感じのネトッと滑らかで柔らかな鶏肉の質感のある歯ごたえ。味は、肉自体の味が割とあっさりしていて、その中に肉汁のジューシーさというよりは脂感をやや感じる味わい。

■全体的な味の感想
・麺は、少し柔らかめだったけど、電子レンジ調理と考えれば割と良かったと思う。熟成卵麺感がきちんとあって、スープとの相性も良かった。
・スープは、味噌と油の旨味とコクがあって、味の構成が電子レンジ調理向きだった印象。
・具は、角切りチャーシューがやや寂しかった気がした。
・Lチキは、ラーメンと一緒に食べるとお腹が膨れた。
・個人的には、Lチキよりもラーメンの方が気に入った。

■お気に入り度: ★★★ (3.0)

■お店の情報

【奈良市小西町】煮干し中華そば 長田屋

煮干し中華そば 長田屋 【濃厚煮干し中華そば】

濃厚煮干し中華そば(750円)

濃厚煮干し中華そばの麺

■来店の経緯等
・2017年9月の平日の晩に初の訪問。
・このお店は、以前「麺や 朱夏」があった場所にあるお店で、2016年11月26日(土)のオープン。

■食べたメニュー
・濃厚煮干し中華そば(750円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客1人。

煮干し中華そば 長田屋

・最初に店内入口の券売機で食券を買う。
・厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。
・店員さんは男性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・紙オシボリがカウンターに置いてあり、セルフ。
・注文から提供まで8分。

■麺
・四角くてウエーブのかかった中細麺。
・色が薄くて加水やや低めの、少しゴワッとした感じの当たりがあるけど、それほど強すぎずに程よい歯切れの歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりとした粉の味。
・スープとの絡みは割とあっさりしている。スープの表面の油が絡んで、麺の味主体で食べる感じのバランス。

■スープ
・白濁した獣系魚介。
・多少の丸みがあって、表面に油がやや多めに浮かんでいる。
・出汁は獣系と魚介で、どちらかというと獣系メイン。獣系は鶏メインで、多少の鶏のコクと出汁感があるけど、表面の油の丸みが主役に感じる、ややライトでオイリーな味わい。
・魚介は煮干と節系。煮干のコクや風味は割と控えめで、あっさりと上品な旨味があって、スープに旨味をプラスしていた。煮干のビターさとかは、ほとんど感じなかった印象。
・表面の油は、鶏油だけでなく豚の油も入っているかも。
・タレの醤油は薄めで、コクはマイルド。
・味付けは、少し甘めで穏やかな旨味があって、油の甘味や出汁の旨味とバランスしていた。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシュー、穂先メンマ、海苔、玉ネギ、青ネギ輪切り。
・チャーシューは豚と鶏の二種類。
・豚チャーシューは、やや厚切りのスライスで、部位は恐らくはバラか。食べた時点ではバラけていた。脂感は強くないながら柔らかな歯ごたえに、甘めの旨味を感じるタレの味付け。
・鶏チャーシューは厚切りのムネスライス。歯切れの良い歯ごたえで、味は、あっさりとした中に鶏っぽさを少し感じた。
・玉ネギは細かいカットで、香味はあまり感じなかった。

■煮干し油

テーブルトッピング

・テーブルトッピングの煮干し油は、煮干感よりも油感の方が勝っていた気がした。

■全体的な味の感想
・メニュー名は「濃厚煮干し」ながら、煮干感は控えめで優しい感じだった印象。
・お気に入り度は、最初の印象が3.5点で、トータルでは3点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★ (3.0)

■お店の情報
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2018年 02月 【7件】
2018年 01月 【26件】
2017年 12月 【18件】
2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【12件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【21件】
2017年 07月 【30件】
2017年 06月 【15件】
2017年 05月 【20件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ