【橿原市】麺屋 いちびり

麺屋 いちびり 【つけ麺(500g)】

つけ麺(500g)(930円)

つけ麺(500g)の麺

■来店の経緯等
・2016年10月の平日の晩、2年8か月ぶり、4回目の訪問。

■食べたメニュー
・つけ麺(500g)(930円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客10人。

麺屋 いちびり

・最初に店内入口の券売機で食券を買い、食券を渡して注文。
・厨房対面のカウンター席に座る。
・店員は2人で、男性1人と女性1人。店主さんはいない。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・紙オシボリは、カウンターに置いてあり、セルフ。
・麺は振りザルで茹でていた。
・注文から提供まで17分。

■麺
・長方形の太麺で、少し縮れたウエーブ。
・全粒粉入りで色が濃くて加水中くらいの、表面が少しプリッと滑らかで、全粒粉の少しボソッとした感じとのバランスが取れていて、そこそこの密度を感じる粉の張りと結合感のある麺質。程よく水で締めてあって、水切りは割ときちんとしていたと思う。食感は、ヤワさのない茹で加減で、縮れ混じりで適度に中身の詰まった弾力を感じながら、ムチッと切れるような歯ごたえ。
・麺の味は、全粒粉混じりで多少の水を含んだ、粉の甘味とコクを感じる味わい。
・つけ汁との絡みは、最初の方はつけ汁の温度が高くて、魚介の風味がよく絡んでいた。温度が低下すると、絡みがマイルドになり、麺の味主体のバランスになってきた印象。

■つけ汁
・白濁した獣系魚介醤油。
・サラッとしていて、表面に濁った油が少し浮かんでいる。
・出汁は、獣系ベースに魚介。獣系は、サラッとして割とあっさりしていて、多少の旨味と丸みを感じる出汁感が、魚介の味を支えるベースになっていた。
・魚介は、煮干と節系のミックスみたいな感じで、魚粉というか乾物の細かい破片も少し混じったような旨味を感じる味わい。節系の酸味もほのかに感じた気がした。
・タレの醤油はやや甘めで、コクの主張は割とマイルド。
・味付けは、多少の塩気と程よい旨味があって、魚介の味とバランスよく組み合わさっており、強い味過ぎずに適度な厚みを感じる味。
・刺激感はない。

追加のつけ汁

・あっさり系のつけ汁で、最初の方は麺に魚介の風味がよく絡んでいたけど、温度が低下すると絡みが弱くなってきた。そのせいか、麺量400g以上の注文だと、後半に具無し(具が白ネギ輪切りだけ)のつけ汁を別容器で追加提供してくれた。
・替えのつけ汁は温度が高くて、麺との絡みも復活したけど、舌がつけ汁の味に慣れたせいか、最初と同じほどのインパクトは感じなかったかも。

・スープ割りは、カウンターのポットでセルフ。
・割りスープは、鰹昆布か何かのあっさりとした魚介出汁で、温度はややぬるめ。
・つけ汁をスープで割ると、タレの味付けが薄まって飲みやすくなった。

■具材
・つけ汁の容器の中には、チャーシュー、メンマ、ナルトと白ネギ輪切り。
・チャーシューは、三角形の短冊切りにカットした厚切りの赤身スライス。脂身少なめで、筋っぽさはないながら引き締まった肉の質感があって割としっかりとした歯ごたえに、味付けは強くなくて、肉自体の味をよく感じる味わい。
・メンマは平べったい。滑らかで柔らかめの質感のある歯ごたえに、多少の旨味とスッキリ感のある煮ダレ系の味付けで、強い味ではないながら、つけ汁の味には負けていなかった印象。
・麺の上には、長方形にカットした海苔が乗っていた。量は多くなくて、麺の邪魔はしておらずに、麺と絡んで口に入ると、風味が多少の薬味になっていた。

■全体的な味の感想
・麺は、少し縮れた長方形の太麺で、適度に中身の詰まった弾力を感じながらムチッと切れるような歯ごたえ。麺の味は、全粒粉混じりの甘味とコクを感じる味わいで、つけ汁との絡みは、魚介の風味のファーストインパクトがあった。
・つけ汁は、サラッとした獣系ベースに乾物魚介の風味と旨味が効いていて、温度が低下する前と後とでは、麺との絡みが大きく違うタイプに感じた。そのせいか、麺量400g以上の注文だと、替えのつけ汁を別容器で出してくれた。テーブルトッピングも何種類か置いてあったので、後半はセルフで味変化する向けのつけ汁かも。
・具は、チャーシューがつけ汁の中に入っていて、脂身少なめで歯ごたえが割としっかりしていたのが印象に残った。
・お気に入り度は、最初の印象と麺が4点、途中からの麺とつけ汁の絡みが3.5点で、トータルではつけ汁追加のサービス込みで4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報
スポンサーサイト

【橿原市】麺屋 いちびり

麺屋 いちびり 【特製つけ麺(500g)】

特製つけ麺(500g)(1080円)

特製つけ麺(500g)の麺

■来店の経緯等
・2014年2月の平日の晩、1か月半ぶり、3回目の訪問。
・年末年始にかけて、大和Noodle店主会のお店を回って缶バッヂ集めた結果、このお店の缶バッヂだけ売り切れで買えなかった。その旨をつぶやいていたところ、店主さんから缶バッヂが有るとのコメントを頂いたので、訪問してみた。

■食べたメニュー
・特製つけ麺(500g)(1080円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち2人。
・到着から10分待ちで入店。最初に店内入口の券売機で食券を買う。今回は、缶バッヂの連絡を頂いたお礼も込めて、特製つけ麺の500gでガッツリ行ってみた。
・厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。
・店員さんは男性2人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・紙オシボリはカウンターに置いてあり、セルフ。
・カウンター席の背後に、上着掛けのフックがある。
・注文から提供まで13分。

■麺
・長方形の太麺縮れ。
・加水やや高めの全粒粉麺で、表面は滑らかな、プルッと引き締まった麺質。食感は、引き締まってムニュッとした強めの弾力があって、噛むとスッと切れる感じのコシのある歯ごたえ。最初のうちは表面がみずみずしかったけど、麺の量が500gもあったので、後半はやや表面が乾き気味に感じた。
・麺の味はやや多加水系で、みずみずしさの中に旨味とコクを感じる味わい。
・つけ汁との絡みは、ややあっさりしている。つけ汁の魚介の風味と旨味が程よく絡んで、麺の旨さを引き立てる感じ。つけ汁の温度が高い最初の方は魚介の風味の絡みが良かったけど、温度が低下してくると、だんだん絡みが弱くなってきた印象。

■つけ汁
・白濁した獣系魚介醤油。
・サラッとしていて、表面に魚介を仕込んだ油が少し浮かんでいる。
・出汁は獣系ベースに魚介。獣系は、恐らく豚骨と鶏で、ゼラチン感やコッテリ感は少なめで、サラッとした白湯の丸みがあって、あっさりとした旨味のある味わい。ライトながらも、ほんのりとした獣系の出汁感を感じる。
・魚介は、煮干と鯖か何かの節系のミックスで、コクはあるけどキツい味ではなくて、つけ汁の中に獣系とバランス良く組み合わさっている他、表面の油にも風味が仕込んである感じ。麺との絡みでは、表面の油に仕込んだ魚介の風味がよく絡んでいて、つけ汁自体の味では魚介の少し酸味のある旨味とコクが程よく効いていた。
・タレの醤油は、旨味があってカドは無い。味付けは、つけ汁としてはマイルドで、そのままでも何とか飲める程度の味の濃さ。タレの優しい旨味が、獣系の丸みや魚介のコクをよく引き立てていた。
・塩辛さや刺激感は無い。

替えのつけ汁

・つけ汁は、温度が下がるのと表面の油が減るのとで、徐々に麺との絡みが弱くなってくる。麺の量400g以上の注文では、替えのつけ汁がセットで付いて来るので、途中で頼んでみた。
・新しいつけ汁に替えると、麺とつけ汁との絡みが復活した。

・麺を食べ終わった後、つけ汁を割りスープで割ってみた。
・割りスープはカウンターのポットでセルフ。鰹出汁の風味がよく効いていて、つけ汁にスープを多めに混ぜると、タレの味付けや獣系出汁は弱まって、魚介のサッパリとした旨味がメインの味わいになった。

■具材
・チャーシューは、麺の上とつけ汁の中の両方に入っている。
・麺の上のチャーシューは、やや厚切りの肩ローススライス。ほんのりと温まっていて、程よく滑らかでしっかりとした繊維感のある歯ごたえに、味付け控えめで脂身少なめながら、ムチッとした油の丸みと甘味が多少混じった味わい。
・つけ汁の中のチャーシューは、肩ロースの厚切りスライスを短冊切りにしてある。つけ汁で温まってムチッとした、厚みなりにしっかりとした弾力のある歯ごたえに、ベースの味付けは控えめでつけ汁の旨味がよく絡んだ味わい。
・味玉は、黄身がトロッとしていて、味付け控えめながら色が濃くて濃厚な味わいだった。
・メンマは平べったい。滑らかで少しだけポリッとした繊維感のある歯ごたえに、味付けあっさりでつけ汁の味とよく絡んでいた。
・白ネギ輪切りは細くて、優しい歯ごたえがあって風味はおとなしめだった。
・麺の上の海苔は短冊切りで、味付けは無しでパリッとした濃厚な風味があった。麺との相性も意外と良かった印象。

■全体的な味の感想
・麺は、全粒粉のコクがありながら適度にみずみずしくて、麺の量が多くても食べやすかった。ただし、麺を良い状態で食べるという意味では500gは少々多い感じで、以前に食べた麺の量300gぐらいがちょうど良かったと思う。
・つけ汁は、タレの味付けが強くなくて、ややライトながら、白濁獣系のサラッとした出汁感と魚介の旨味や風味とのバランスが取れていたのが良かった。麺との絡みは、表面の油に仕込んだ魚介の風味がメインなのか、温度が低下すると絡みが弱くなってくる感じで、そのせいか、麺の量400g以上では替えのつけ汁が付いていた。
・具は、全体的に味付けが控えめだった印象。麺の上の短冊切りの海苔は風味が良かった。
・今回は、寒い時期という事もあってか、昨年の9月に食べた時と較べると、麺自体を楽しむというよりもつけ汁にしっかり付ける向きのバランスに感じた。
・お気に入り度は、最初の方が4点ぐらいで、500gの麺を食べたトータルだと3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■その他
・食べ終わってから店主さんに声を掛けて、缶バッヂのつぶやきの件を伝えたところ、大和Noodle店主会特製缶バッヂの「麺屋いちびり」限定版を譲っていただいた。

大和Noodle店主会特製缶バッヂ(麺屋いちびり限定版)

・その結果、大和Noodle店主会缶バッヂ全8種類をフルコンプすることができた。
・今回の缶バッヂの売上金はチャリティーイベントの運営に充てるとの事なので、応援していきたいと思った。

大和Noodle店主会特製缶バッヂ(全8種類)

 上段左:「煮干そば ひのき屋」限定版
 上段中:「ラーメン家 みつ葉」限定版
 上段右:「麺屋NOROMA」限定版
 中段左:大和Noodle店主会公式版(NOROMAで購入)
 中段右:大和Noodle店主会公式版(まほろば大和市で購入)
 下段左:「屋台ちかみちらーめん」限定版
 下段中:「麺屋 いちびり」限定版
 下段右:「麺処 と市」限定版

■お店の情報

【橿原市】麺屋 いちびり

麺屋 いちびり 【らーめん】

らーめん(680円)

らーめんの麺

■来店の経緯等
・2014年1月4日(土)の晩、4か月ぶり、2回目の訪問。
・大和Noodle店主会特製缶バッヂ集めの5軒目。

■食べたメニュー
・らーめん(680円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は19時5分頃。外に家族連れ2組の7人待ち。
・1人だったので、空席の関係で先に案内してもらい、到着から16分待ちで入店。
・最初に店内の券売機で食券を買う。
・厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。
・店員さんは男性2人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・紙オシボリもカウンターに置いてあり、セルフ。
・注文から提供まで4分。

■麺
・少し縮れた中太麺。
・加水やや高めの全粒粉麺で、表面が滑らかで適度に引き締まった結合感のある麺質。食感は、固くはないけどややボソッとしていて、噛みごたえのあるしっかりめの歯ごたえ。
・麺の味は、多加水系で全粒粉のコクが強めの味わい。
・スープとの絡みは、麺がスープを弾く感じでややあっさりしているが、魚介の風味がサラッと絡んで、麺の味とのバランスはそれなりに取れていた。

■スープ
・白濁した獣系魚介醤油。
・サラッとしていて、表面に魚介を仕込んだ油が浮いている。
・出汁は獣系ベースに魚介。獣系は、ゼラチン感は少なめでサラッとライトながら、スープ自体の味は魚介よりも獣系の丸みや旨味の方が強かった印象。
・魚介は、恐らく煮干しメインに節系も入っていて、スープ自体の味では魚介の風味は割と控えめだったが、麺には魚介がよく絡んでいた。
・タレの醤油はコクが控えめで、獣系の丸みや魚介の風味を生かしながら旨味をプラスしている感じ。
・味付けはそれほど強くなくて、塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・チャーシューは、少し厚みのある肩ローススライス。柔らかい中に多少の肉っぽさのある歯ごたえに、あっさりとした味付けが脂身のコク混じりの肉の旨味を引き立たせていた。
・メンマは平べったい。柔らかくて滑らかな歯ごたえに、あっさりとしてほのかな旨味を感じる味付け。
・白ネギ輪切りは、シャリッと優しい歯ごたえがあって、スープとのバランス的に適度な存在感があった。
・ナルトは、少し厚みがあってムニュッとした歯ごたえ。
・海苔は味付け無し。

■全体的な味の感想
・麺は、加水高めの全粒粉麺で、スープとの絡みは、強めの麺に魚介の風味がサラッと絡むつけ麺風の個性的なテイスト。食感が引き締まっていたのは良かったと思う。
・スープは、ライト気味の白濁獣系に魚介の風味を組み合わせていて、スープ自体の味ではそれほど魚介が強くないながら、麺との絡みでは魚介の方が強いのが印象的だった。つけ麺のつけ汁と較べて味付けが強くないので、獣系出汁がどういう感じなのか分かりやすいのは良かったと思うけど、個人的には、もう少し旨味が欲しかったかも。
・基本的にはつけ麺と似た感じのテイストなので、個人的には、つけ麺の方がより麺を味わえる分お勧めだと思うけど、ラーメンの方も、まとまりが良くて食べやすかった印象。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■その他
・大和Noodle店主会の特製缶バッヂは、既に完売していたので買えなかった。売上金はチャリティーイベントの運営に充てるとの事なので、完売していて良かったと思った。

■お店の情報

【橿原市】麺屋 いちびり

麺屋 いちびり 【つけ麺】

つけ麺(300g)(780円)

つけ麺(300g)の麺

■来店の経緯等
・2013年9月の平日の晩に初の訪問。
・「大和Noodleスタンプラリー 汁喰街道~シルクぅロード~ 2013」の5杯目として訪問。

■食べたメニュー
・つけ麺(300g)(780円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客6人。

麺屋 いちびり

・最初に、店内入口の券売機で食券を買う。券売機の横には両替機も置いてあった。
・厨房対面のカウンター席に座り、店員さんに食券を渡して注文。
・店員さんは男性2人。店員さんは接客がきちんとしていて感じが良かった。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・紙オシボリがカウンターに置いてあり、セルフ。
・割りスープは先にポットで出してくれた。
・注文から着丼まで12分。

■麺
・長方形で平打ち気味の少し縮れた太麺。
・加水やや高めの全粒粉麺で、表面がツルッと滑らかでみずみずしくて、中身が詰まり過ぎない適度な密度感のある麺質。食感は、多少のプリッとした弾力を感じながらも全粒粉らしさがあって、強ゴシ過ぎずにスッと切れる感じの、縮れ麺らしい適度な主張のある歯ごたえ。ノド越しも良好だった。
・麺の味は、全粒粉らしい、優しいながら深みのあるコクと甘味がある味わい。
・つけ汁との絡みはあっさりしている。つけ汁の魚介のコクがサラッと絡んでいて、味の絡みはあまり強くないけど、全粒粉麺の旨味とコクを引き立てている感じ。一口目は絡みが弱いと思ったけど、食べている内に麺の旨さに気が付いて、だんだん引き込まれていった。
・水切りはやや甘めで、丼の底に水が溜まっていたけど、麺質的に水っぽくならずに最後までみずみずしさをキープしていた。

■つけ汁
・濁った獣系魚介醤油。
・サラッとしていて、魚粉でザラザラしている。
・出汁は、恐らく獣系ベースに魚介で、魚介メイン。獣系は、濁っているけど清湯なのか白湯なのかよく分からない感じで、かなりあっさりしている。
・魚介は、恐らく煮干しメインに鯖節がプラスしてある感じで、魚粉がガッツリ入っている。コクはしっかりしているけど、そんなにキツくはなくて、麺との絡みもサラッとしている。
・タレの醤油は旨味があって、魚介と組み合わさった感じの味わい。
・味付けはやや強めで、そのまま飲むと少し塩気を感じる。また、魚粉で口当たりがややザラッとしている。
・香辛料系の刺激感は無い。

・割りスープはポットでの提供で、鰹出汁。旨味はあっさりながら節系のコクが濃厚な味わい。
・つけ汁をスープで割ると、味付けが薄まるとともに、つけ汁の煮干や鯖にスープの鰹出汁が組み合わさって、魚介の旨味が強まっていた。

■具材
・チャーシューは一口大にカットしていて、恐らくは肩ロース。柔らかくて多少の張りがあってスッと切れる歯ごたえに、タレの旨味の効いた味付け。
・メンマは平べったい。柔らかくて滑らかな歯ごたえに、あっさりしていてタレの旨味の効いた味付け。
・白ネギ輪切りは、香味は強くなくてサッパリしていて、あっさりしたつけ汁に合っていた。
・麺の上の海苔は1センチ幅ぐらいの短冊切りで、味付け無しでややしっかりした質感があった。

■全体的な味の感想
・麺は、全粒粉ながらみずみずしくて、甘いコクがあって旨かった。つけ汁との絡みはあまり強くなかったけど、魚介のコクが麺を引き立てていて、麺の旨さをよく味わえたのが良かった。
・それと、自分はつけ麺では麺を右、つけ汁を左に置いて食べる派だが、麺の丼のフチが高いので、右手が麺の丼にしょっちゅう当たるのが気になった。
・つけ汁は、あっさりでサラッとしているのに魚粉ガッツリだったのが印象に残った。
・具は、個人的には麺の上の海苔は要らないと思った。
・つけ汁はそこそこだったけど、麺は良かったと思う。また、最初はよく分からなかったけど、麺とつけ汁の相性も結構良かった。300gでも全然多いと思わなかったし、最初の方よりも後半の方が旨いと思ってきた。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報
プロフィール

Author:かもしか
2011年11月27日始動。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、基本的に、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 02月 【26件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ