【大阪市中央区難波千日前】中華そば 〇丈⇒麺屋 丈六

麺屋 丈六 【ざる中華】

ざる中華(500g)(900円)

ざる中華(500g)の麺

■来店の経緯等
・2016年9月10日(土)の昼に訪問。
・このお店は、元は「中華そば 〇丈」という屋号だったけど、2015年3月から店名を「麺屋 丈六」に変更。
・「麺屋 丈六」としては初訪問だけど、「中華そば 〇丈」時代を含めれば、1年9か月ぶり、14回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)

■食べたメニュー
・期間限定の「ざる中華(500g)」(900円)
(2016年9月2日(金)から10日(土)までの期間限定。1日10食限定)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の11時1分。外待ち7人。

麺屋 丈六

・待っている間、代表待ちで前に1人割り込まれて9番目になった。
・開店は11時29分。その時点で待ち人数は23人。一巡目で入店できずに外で待つ。

麺屋 丈六(のれん)

・入店は11時51分。厨房対面のカウンター席に座り、注文。期間限定の「ざる中華」は、店内に書いていない裏メニューで、麺量は300~500gから500gを選択。
・店員さんは男性2人。
・冷たいお茶は、カウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで7分。

■麺
・四角くて中くらいの太さのストレート。
・少し色が付いていて加水やや高めの、表面がツルッと滑らかで、カンスイが適度に効いて水を含んだ粉の張りと質感があって、やや角張った麺質。それほどキンキンには締めておらずに、常温くらいの温度だったと思う。食感は、固さのない程よい茹で加減で、割と柔らかで滑らかな中に多少引き締まった当たりがあって、プツンとしてスッと切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、やや多加水系で、全粒粉か何かが混じって卵も入ったような粉の旨味を程よく感じる味わい。それほど強い味ではなくて、何も付けずにそのまま麺を食べても旨いと感じた。
・つけ汁との絡みは、カエシの甘味と旨味が程よく絡んで、強い絡みではないながら、やや麺の味をコーティングする感じのバランス。ドップリ付けるよりも、半分くらいサッと付ける向きに感じた。最初の方は、常温の麺につけ汁の冷たさが絡んで麺の温度が低下する感じがあったけど、途中から麺とつけ汁の温度が変わらなくなってきた印象。
・つけ汁の麺としては細めで、麺を少しだけ箸で取ってサッと付けてすするのが旨かったけど、麺量が500gと多くて、容器の下の方は上から押されて麺同士がくっつき気味で、後半は箸で麺を少しだけ取るのが難しくなってきた印象。

■つけ汁
・冷たい和風魚介醤油。提供時には麺よりも冷たかった。
・あっさりしていて、油は浮かんでいなかったと思う。
・出汁は魚介メイン。獣系は不使用のように感じたけど、後で調べたところ、鶏出汁も入っているという説もある模様。節系の風味が効いていて、ラーメンスープというよりは、和風のめんつゆっぽい出汁感のある味わいで、麺との絡みでは魚介の風味はあまり感じなかった。
・タレというかカエシは、カドのない醤油にミリンや砂糖がプラスされた、甘味と旨味とのバランスの取れた味付け。そのまま飲むと多少濃い味だったけど、塩辛さや刺激感はなかったと思う。
・500gの麺を付けると、最後の方はやや味が薄くなってきたかも。

割りスープ

・麺を食べ終わる頃に、店主さんが割りスープを徳利で出してくれた。
・割りスープは、恐らくは鶏の清湯獣系で、温度高めの熱々。つけ汁に割りスープを投入すると、つけ汁に鶏出汁の旨味がプラスされて、つけ汁が減っていたせいもあってか、あっさりしていて飲みやすかった。

■具材
・麺の上には、チャーシュー、メンマ、ネギ。
・チャーシューはやや薄切りの赤身スライス。脂身少なめで程よく加工されていて、滑らかな密度感があってサクッと歯切れの良い歯ごたえに、味付けは強くないけど多少の旨味があって、肉の旨味を引き立てて強めている感じの味わい。
・メンマは長方形でやや細い。滑らかで柔らかめの歯ごたえに、あっさりとしてマイルドな旨味と甘味を感じる煮ダレ系の味付けで、ゴマ油か何かの風味も少し感じて、お店で仕込んでいるっぽい良質感があった。
・青ネギは細長いカット。やや白い部分も混じっていて、シャリッとフレッシュで滑らかに引き締まった繊維感のある歯ごたえに、程よい風味があって、麺を食べる合間のいいアクセントになっていた。
・その他、つけ汁の上にも青ネギ輪切りが浮かんでいた。

■全体的な味の感想
・麺は、加水やや高めで中くらいの太さの四角い麺で、全粒粉か何かが混じって卵も入ったような粉の旨味があって、何も付けずに食べても旨かった。つけ汁との絡みは、麺を少しだけ箸で取って、つけ汁に半分くらいサッと付けてすすると旨いバランスだった。
・麺量500gだと、下の方の麺が上から押されて麺同士がくっつき気味で、後半は麺を少しだけ取るのが難しくなってきた印象。個人的には、麺のコンディション的に、なるべく少ない麺量で食べる方がおすすめかも。
・つけ汁は、提供時には麺より冷たくて、節系の魚介出汁に甘旨い和風カエシの醤油ダレが効いた、めんつゆテイスト。
・スープ割りは鶏出汁で、徳利での提供だった。
・具は、チャーシューやネギが麺を食べる合間のいい付け合わせになっていた。
・冷たい中華麺を冷たいめんつゆで食べる、冷や冷やのつけ麺。
・お気に入り度は、前半が4.5点、後半が4点で、トータルでは4.5点ぐらいだったと思う。後半の麺同士のくっつき具合からすると、トータルは4点ぐらいの気もしたけど、麺量500gは自己責任ということで、前半重視なら4.5点でいいと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報
スポンサーサイト

【大阪市中央区難波千日前】中華そば 〇丈⇒麺屋 丈六

中華そば 〇丈 【中華そば】

中華そば(東大阪高井田風)(650円)

中華そば(東大阪高井田風)の麺

■来店の経緯等
・2014年12月の平日の晩、1年半ぶり、13回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・2014年11月20日(木)から、一時的に製麺所の麺を使用しているとの情報をネットで見たので、久しぶりに訪問してみた。

■食べたメニュー
・中華そば(東大阪高井田風)(650円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客7人。

中華そば 〇丈

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見てデフォの「中華そば」を注文。ちなみに、メニューには「秋刀魚醤油(数量限定)」が書いてあり、つけ麺が書いていなかった。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・冷たいお茶はカウンターのポットでセルフ。
・厨房内に麺箱が置いてあったけど、製麺所の名前は書いていなかった。
・注文から提供まで12分。

■麺
・長方形で少しウエーブのかかった中太麺。
・加水やや高めの、表面がツルッと滑らかで、少しだけカンスイが効いていながらあまりプリッとはしておらずに、優しい張りを感じる麺質。食感は、滑らかな結合感があって、舌にそっと寄り添うようなしなやかさのある、心地よい歯ごたえ。
・麺の味は、やや多加水系で強くはないけど、卵も少し入ったような旨味を感じる味わい。
・スープとの絡みは、麺の味を主役に感じるバランス。スープの醤油ダレの旨味と油の丸みとコショウの香味が程よく絡んで、麺の旨さをよく引き立てていた。

■スープ
・清湯の醤油。
・あっさりしていて、表面に油が少し浮かんでいる。
・出汁は鶏の清湯獣系メインで、鶏油がほんのりと効いたようなコクがあって、あっさりとした旨味を感じる味わい。旨味的には鶏オンリーではない感じで、後で調べたところ、豚骨も入っていた模様。
・タレの醤油は、コクが濃厚ながら醤油のカドや醤油辛さはなくて、ほんの少しだけタレの甘味も感じるような、醤油の濃さの中に丸みを感じる味付け。そこに、トッピングの黒胡椒の香味が組み合わさっていて、アクセントになっていた。
・多少の塩分はあると思うけど、塩辛くはなかった。

■具材
・チャーシューは薄切りの赤身スライス。よく熱が入っていて、筋っぽさはなくて口当たりは滑らかながら、噛むと少しだけパサッとした感じのある歯ごたえに、あっさりとした豚肉の味わいで、表面にスープの味が多少絡んでいた。
・メンマは平べったい。滑らかな繊維感と密度感のある歯ごたえに、マイルドな甘旨さを感じる味付け。
・青ネギ輪切りはやや太めのカット。シャリッと滑らかな歯ごたえに、程よくジューシーでサッパリとしたネギの風味があって、薬味の役割を果たしていた。

■全体的な味の感想
・麺は、ツルッと滑らかで優しい結合感と張りのある心地良い食感で、麺の味も旨かった。スープとの絡みも、麺の味を主役に感じるバランスなのが良かった。高井田系の噛みごたえのある太麺とは少しイメージが違うかも。
・スープは、醤油のコクが濃厚ながら醤油のカドはなくて、出汁の旨味や鶏油の風味、黒胡椒の香味と組み合わさってメリハリの効いた味わい。
・具は、青ネギがスープとよく合っていて旨かった。
・チャーシューは薄切りで、味はややあっさりしていたかも。
・スープの味付けは濃いながらも、麺が主役のラーメン。久しぶりに食べたけど、なかなか旨いと思った。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【大阪市中央区難波千日前】中華そば 〇丈⇒麺屋 丈六

中華そば 〇丈 【〇丈そば】

「〇丈そば」(和歌山風中華そば)(800円)

〇丈そばの麺

■来店の経緯等
・2013年6月の平日の晩、3か月ぶり、12回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・この日は、〇丈そば目当てで訪問。前回訪問の際、店内に獣系スープの匂いが漂っていたので、次に訪問した時は〇丈そばを食べたいと思っていた。

■食べたメニュー
・数量限定の「〇丈そば」(和歌山風中華そば)(800円)
※雨の日なので味玉サービス。

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客7人。待ち無しでカウンター席に座る。
・メニューを見て、〇丈そばを注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・お茶はカウンターのポットでセルフ。
・注文から着丼まで9分。雨の日だったので、サービスで味玉が入っていた。

■麺
・平打ちの中太ストレート。
・加水高めの、表面がツルッとしていて滑らかでしなやかながら、しっかりとした密度感のある麺質。食感は、滑らかかな中にコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、加水高め系で繊細な粉の味を感じる味わい。
・スープとの絡みは良好。スープの醤油と豚骨の組み合わさったコクがよく絡んでいるが、トロミや味の絡みは強すぎずに、麺の味がよく引き立っていた。

■スープ
・白濁した獣系醤油。
・ほんの少しトロッとしているが、割とサラッとしていてそれほどコッテリはしていない。
・出汁は、豚骨メインの獣系で、鶏も入っているかも。油は少なめでサラッとした中に多少のゼラチンのトロミがあって、マッタリ感やコッテリ感よりも骨粉混じりの獣系の旨味とコクを感じる味わい。
・タレの醤油は濃口で、醤油っ辛さはないけど濃厚なコクがあり、獣系のコクと組み合わさって旨味を強めるとともに、ほのかに苦み走った感じのコクがスープの味を引き締めて深みを出していた。
・醤油のコクと出汁の旨味や丸みとがうまくバランスしていて、それなりに濃い味ながら、塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・チャーシューは、バラのスライス2枚とバラじゃない部位のスライス1枚の計3枚。バラじゃない方は、脂身付きの薄めのスライスでやや小さめだった。
・バラのスライスは、多少の厚みがあって、サイドにタレを付けてよく焼いてある。引き締まった肉っぽい歯ごたえに多少のタレの香ばしさがあって、脂身のコクと肉の旨味が組み合わさった味わい。
・味玉は黄身がトロトロで柔らかい。味付けは控えめで、タレの味をほのかに感じる。
・メンマは平べったくて、ポリッとしなやかで滑らかな歯ごたえ。味付けは、濃くはないけど醤油のコクがよく染み込んでいて、その奥に多少のゴマ油を感じる味付け。
・青ネギは縦に細長いカット。薄くてシャリッとキレの良い歯ごたえに、優しくてリッチな香味がある。麺とはあまり絡まなかったかも。
・その他、千代巻きスライスが2枚入っていて、和歌山ラーメンらしさを演出していた。

■全体的な味の感想
・麺は旨い。滑らかでしなやかな平打ち麺で、強すぎず弱すぎずの絶妙感のある麺質が素晴らしい。麺とスープとの絡み具合も良好だった。
・スープは、コッテリやマッタリには走らずに、醤油のコクと獣系の骨粉混じりのコクの相乗効果を感じられたのが和歌山ラーメンらしくて良かった。醤油や豚骨の切れ味の強さは程々で、麺の旨さをよく生かしていて麺とのバランスを重視した味の組み立てに感じた。
・縦に細長い青ネギは、それ自体は旨かったけど、麺やスープとの相性はよく分からなかったかも。
・スープやチャーシューも良かったけど、どちらかと言うと麺が主役のラーメン。個人的には、麺をもっと食べていたいと思った。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【大阪市中央区難波千日前】中華そば 〇丈⇒麺屋 丈六

中華そば 〇丈 【〇丈味噌】

〇丈味噌(800円)

〇丈味噌の麺

■来店の経緯等
・2013年3月16日(土)の昼、9か月ぶり、11回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・この日は、期間限定の「〇丈味噌」を食べておこうと思い、訪問した。

■食べたメニュー
・期間限定の裏メニュー「〇丈味噌」(800円)
(2013年2月25日(月)からの期間限定。1日10食限定)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の11時頃。既に4人待ちで5番目だった。
・開店は11時27分。その時点で15人待ち。並びの順にカウンター席に座る。
・店員さんに順番に注文を聞かれたので、「〇丈味噌」を注文。ちなみに、「〇丈味噌」は店内に書いていない裏メニュー。
・店員さんは男性2人。
・冷たいお茶はカウンターのポットでセルフ。
・店内には獣系のスープの匂いが漂っていた。また、店内のサイン色紙も増えている気がした。
・「〇丈味噌」の調理は、モヤシをフライパンで豪快に炒めた後、そこに味噌とスープを入れて火にかけていた。
・注文から着丼まで18分。

■麺
・平打ちの少しウエーブのかかった太麺。
・表面はツルッと滑らかで、やや緩い感じもありながらしっかりした麺質。食感は、やや柔らかめの弾力があり、コシはあまり強くなくて滑らかなフィット感のある歯ごたえ。
・麺の味はあっさりながらしっかりしていて旨い。
・スープとの絡みは適度で、味噌のコクがサラッと絡む。
・具との絡みは、モヤシにきちんと火が通っており、麺との食感のバランスが良好。味のバランス的には、麺だけで食べるより、具と絡めて食べる方が旨い気もした。

■スープ
・獣系味噌。
・サラッとしていて、フライパンで炒めた油が浮かんでいるが、油っぽさはそれほど強くない。
・出汁は獣系で、恐らくは「中華そば」と同じ清湯か。トロミは無くてあっさりしていて、獣系の旨味もきちんと感じる。
・タレの味噌は、麹の豊潤なコクがあって、塩分はそれなりに有るが甘めの味わい。味噌のコクと味付とのバランスが取れており、パンチは強くなく、塩辛さや刺激感もない。
・山椒のピリッとした香味は、野菜には効いているけどスープにはあまり溶け込んでいなかった。

■具材
・チャーシューは、巻きバラスライス2枚とモモ肉スライス1枚の計3枚で、きちんと焼いてある。
・モモ肉は、脂身少なめで、ソテー肉のようなしっかりした歯ごたえと肉らしい味わいがあって旨い。
・巻きバラは、やや厚切りで表面がよく焼いてあり、弾力があってしっかりした歯ごたえに、焼けて香ばしいタレの味付けと肉の旨味と脂身の甘味とが組み合わさった味わいで、こちらも旨い。
・メンマは、平べったくて小さめで柔らかい。量も少なめで、野菜に隠れ気味だった印象。
・青ネギは縦に細長いカット。しなやかでシャキッとした歯ごたえがあるが、味噌スープやモヤシと混ざると、やや埋没気味にも感じた。
・カイワレは、後で写真を見て入っている事に気が付いた。
・野菜は、太モヤシとニンジンとニラ。山椒が振り掛けられていて、山椒のピリッとした香味がアクセントになっていた。
・太モヤシは炒めてあり、水っぽくならずに適度にしんなりしていて、スープに馴染んでいた。
・小さめにカットしたニンジンとニラも、スープによく合っていて、麺との相性も良かった。
・豚のミンチ肉も入っていて、スープに肉の旨味をプラスしていた。

■全体的な味の感想
・麺は、バランス的にはもう少し主張が強くても良い気もしたが、その分、麺とスープと具との一体感があるのが良かった。
・スープは、スパイスや油のパンチではなくて、味噌自体の甘めのコクが主役なのが良かった。味付けの濃さも適度で、味噌と出汁とのバランスも取れていた。
・具は、チャーシューが肉っぽい食感と味で良かったし、野菜も、麺やスープに馴染んで旨さを引き立てていたのが良かった。フライパンできちんと具材を炒めているのが、スープにうまくマッチしていて素晴らしい。
・山椒の香味も、スープには効かせずに野菜だけに効いているのはよく出来ていると思った。
・パンチは強くないけど物足りなさも無い、一体感とバランスの良さで食べさせる、まとまりの良い味噌ラーメン。食べているうちにどんどん引き込まれて、最後まで楽しめた。

■お気に入り度: ★★★☆+ (3.8点)

■お店の情報

【大阪市中央区難波千日前】中華そば 〇丈⇒麺屋 丈六

中華そば 〇丈 【カレーつけ麺】

カレーつけ麺(1000円)

カレーつけ麺の麺

■来店の経緯等
・2012年6月の平日の晩、1ヵ月ぶりの訪問。
・6月からカレーつけ麺が提供されるのを知り、興味を持ったので訪問してみた。

■食べたメニュー
・期間限定の裏メニュー「カレーつけ麺」(400g)(1000円)
(2012年6月4日からの提供)
※雨の日なので味玉サービス。

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時は外待ち無しで先客2名。ただし、入店後に満席になり、お店を出る頃には外待ちが出ていた。
・「カレーつけ麺」は店内に書いていない裏メニュー。店主さんに麺の量を聞いたところ、他のつけ麺と同様、250gから500gまで同額で選択できるようなので、400gで注文した。店主さんの話では、400gだと多いと言っていたが、カレーなら食べられると思い、それで注文した。
・店員さんは男性2名。店主さんじゃない方の男性店員は、初めて見た人だった。
・注文から着丼まで12分。雨の日だったので、サービスで味玉が入っていた。

■麺
・四角い平打ちの太麺ストレート。
・加水高めでみずみずしいが、それほどプリッとはしていない。しなやかでやや緩めのコシがあり、ムニュッとしてしっかりした歯ごたえ。
・麺の味はみずみずしく、粉の味が感じられて旨い。
・つけ汁との絡みは良好で、カレーのマイルドな旨さがよく絡む。
・つけ汁の味があまり強くないので、ドップリ付ける向きだと思うが、つけ汁がよく絡むので、400gの麺をドップリ付けているとつけ汁が足りなくなってくる。

■つけ汁
・獣系和風テイストのカレー。
・カレーのトロミがあるが、それほどコッテリはしていない。
・出汁は獣系ベースに少し和風テイストを感じる。カレーの味の方が前に出ていて、出汁はベースになっている。
・トロミは、恐らくカレールーのトロミで、出汁のトロミではないと思う。
・タレはカレーで、旨味がメイン。スパイシーさは控えめで辛さはあまり強くなく、トッピングの糸唐辛子の方が辛く感じた。
・塩辛さや刺激感は無く、カレーうどん的なまろやかな旨辛さ。
・味の濃さは、つけ汁としてはおとなしめで、そのまま飲んで丁度良いくらいの辛さ。

・麺を食べ終わったあと、つけ汁が少しだけ残ったのでセットの締めごはんを貰い、ご飯をそのままつけ汁にダイブした。締めご飯との絡みは、つけ汁の量が少ないこともあり、マイルドに感じた。

■具材
・肉は、小さな角切りと薄切りチャーシューの2種類。
・角切り肉は、脂身多めで、きめ細かくて柔らかいながらしっかりした食感。肉の味だとわかりにくいが、脂身の感じからすると、豚肉じゃなくて牛肉かも。
・薄切りチャーシューは、ムチムチと柔らかい食感で、カレーつけ汁とよく絡んでおり、肉と脂のコクが強めで旨い。
・味玉は、黄身が半熟で白身も柔らかかった。カレーつけ汁の中に入っていると、味玉もサッパリした味わいに感じる。
・オクラは苦味混じりのコクがある。
・ヤングコーンは気持ち良い歯ごたえ。
・メンマは平べったくて、しなやかでポリポリした食感。カレーと絡んでも味付けはしっかりと感じた。
・その他、油揚げと幅広の青ネギ輪切りが入っていて、カレーうどんっぽさを演出。

■全体的な味の感想
・みずみずしくしなやかな麺をマイルドなカレーつけ汁で食べる、ほんのり和風テイストな旨辛さの具だくさんカレーつけ麺。
・つけ汁にトロミがあるのと、具の量が結構多いので、麺の量400gだとつけ汁が足りなくなり気味。このつけ汁はドップリ付ける向きだと思うので、麺の量は少なめがお勧め。
・麺は相変わらず旨い。
・麺の旨さを味わうなら、つけ汁を少しだけ付けて食べるのも良いが、その場合、もう少しつけ汁の味が強い方が良いと思った。
・具は、青ネギや油揚げの和風と、オクラやヤングコーンとが混在していてカオスさが楽しい。
・つけ汁と具との絡みは良かったと思う。

■評価: ★★★☆ (3.5点)

■お店の情報

【大阪市中央区難波千日前】中華そば 〇丈⇒麺屋 丈六

中華そば 〇丈 【キムラ君2号】

キムラ君2号(750円)

キムラ君2号の麺

■来店の経緯等
・2012年5月10日(木)の晩に、約1ヵ月半ぶりの訪問。
・5月7日(月)に、人手不足でしばらく夜営業を休止するとの告知があったが、3日後の10日から夜営業を復活したので、様子見がてら訪問してみた。

■食べたメニュー
・期間限定の「キムラ君2号」(750円)
(2012年4月28日からの提供)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には外待ち1人だったが、すぐに入店して店内で待つ。
・入店から7分後にカウンター席に座り、「キムラ君2号」を注文。
・店員さんは2人で、店主さんと女性1人。女性の店員さんはなぜか「大前田」のTシャツを着ている。
・お店にいる間、ガラス越しの店外には常に待ち客が居て、お店は混んでいた。
・注文から着丼まで12分。

■麺
・四角い細麺ストレート。
・表面ツルツルと滑らかで、プリプリでモチモチしながら細麺らしい線の細い食感。少し緩めの弾力があり、気持ちのいい歯ごたえ。
・麺の味はあっさりしていて旨い。
・スープとの絡みはあまり強くはないが、細麺なのでバランスは悪くない。溶き卵などの具との絡みも良好。

■スープ
・清湯の鶏ガラスープ。
・あっさりしていて油が少し浮かんでいる。
・出汁は鶏ガラメインで、野菜も少し感じるが具の影響かも。素材感はあまり強くなくて、旨味がしっかりしているタイプ。
・タレは塩ダレっぽいが、塩のコクは感じず塩辛さはない。旨味がしっかりしているので醤油ダレかも知れないが、醤油はほとんど感じない。
・具の溶き卵と野菜のコクが少し混じった、中華スープみたいな甘味と旨味がメイン。そこに、ラー油のピリッとしたマイルドな刺激が組み合わさると、バランスの良い味わいになる。

■具材
・チャーシューは薄切りで脂身は少ない。しなやかで、味付けは薄めであっさりした肉の旨味があり、ラー油との絡みが旨い。
・溶き卵は大きめに固まっており、柔らかくて箸でスッと切れる。フワリとした食感で、味付けは薄くて甘い。
・メンマは平べったくて柔らかい。味付けは濃いが味は濃過ぎず、ゴマ油の香りがする。
・キャベツはよく茹でてあり、適度な柔らかさであっさりした味わい。
・キムチは辛味がスープに溶けて、白菜の甘味とほのかな酸味が旨い。
・その他、多めの青ネギと、細長いニンジンが入っていた。

■全体的な味の感想
・ツルッと滑らかな細麺をラー油の効いたあっさり薄味スープで食べる、卵スープ風のマイルドなピリ辛感の清湯キムチラー油ラーメン。
・細麺とキムチ、ラー油の組み合わせはスタミナラーメン風だが、スープが卵スープ風で醤油っ気の無いあっさり薄味なのが個性的。
・大阪っぽい遊び心のあるラーメンながら、それなりにまとまりが有るのは流石だと思う。
・細麺とチャーシューは良質感があって素敵。
・スープは、ラー油と混ざってないと単なる薄味の卵スープ風なので、よく混ぜて食べることを推奨。

■評価: ★★★☆- (3.3点)

■お店の情報

【大阪市中央区難波千日前】中華そば 〇丈⇒麺屋 丈六

中華そば 〇丈 【中華そば】

中華そば(650円)

中華そばの麺

■来店の経緯等
・2012年3月20日(火)、朝営業「おはようラーメン」の初営業日ということで、3か月ぶりに朝食として訪問。

■食べたメニュー
・中華そば(650円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は9時10分頃。外待ち無しで先客5人。
・店員さんは2人で、店主さんと女性店員さん1人。
・朝営業の「おはようラーメン」のメニューは、中華そば、ご飯、早寿司のみ。
・注文から着丼まで7分。

■麺
・四角い長方形の太麺ストレート。
・加水高めで、表面はツルツルで少しヌルッとしている。麺質はモチモチと滑らかで、やや緩めのコシがある。
・スープとの絡みはそれほど強くないが、スープは醤油強めなのでバランスは取れている。
・スープのコショウと油の香味を良く持ち上げる。

■スープ
・清湯の鶏醤油。
・あっさりしていて、上に油が乗っており、鶏油の香味がある。
・出汁は鶏メインで穏やかな旨味があり、あまり前に出ずにベースになっている。
・タレは濃口醤油でコクが強く、塩辛くはないが塩分はやや多め。
・コショウが振り掛けられていて香ばしい。
・醤油の濃いコクに鶏油の香味とコショウの刺激がアクセントを付けて、それを穏やかな旨味が支えている、パンチがあって深みのある味わい。
・醤油濃いめで塩分があるので、朝一ということもありスープ完飲はせず。

■具材
・チャーシューは2ミリぐらいの厚さで大きい。歯ごたえはややパサッとしていて柔らかめの弾力があり、味付けは薄めであっさりした肉の旨味。
・メンマはポリポリしたしなかやな歯ごたえで、香ばしい味付け。
・青ネギは長めにカットしていて、ジューシーで香ばしい。

■全体的な味の感想
・モチッと滑らかで緩めの太麺を醤油の濃いスープで食べる、コショウと鶏油の香味がアクセントの清湯鶏醤油ラーメン。
・旨味の強さよりも、麺の緩さと、スープの深みのあるパンチとの対比を楽しむラーメンに感じた。
・高井田系が好きな人向き。

■評価: ★★★☆+ (3.8点)

■お店の情報

【大阪市中央区難波千日前】中華そば 〇丈⇒麺屋 丈六

中華そば 〇丈 【ボンjoeルノ】

ボンjoeルノ(1100円)

■来店の経緯等
・12月23日(祝日)の昼間、所用で難波まで出たついでに、期間限定メニュー「ボンjoeルノ」を食べようと思い、訪問。

■食べたメニュー
期間限定の裏メニュー「ボンjoeルノ」400g(1100円)
(2011年12月22日~30日の期間限定)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は12時40分頃。外に3人待ち。
・13分待ちでカウンター席に着席。店員さんは3人体制。
・mixiコミュ参加400人&移転1周年記念メニューの「ボンjoeルノ」を麺の量400gで注文。ちなみに、店主さんの話では、締めご飯付きなので250gぐらいがお勧めとのこと。
・注文から着丼まで13分。

■麺
・つけ麺用の麺。平打ちの太麺ストレート。
・透明感があって緩めのしなやかなコシと弾力があり、ムニュッとしてしっかりした歯ごたえ。
・麺の味は旨い。プリッとした透明感のある味。一口目は少しだけ塩気を感じる。

■つけ汁
・トマト味。トマトの酸味とほんのりした甘さに、出汁の旨味が加わってサッパリした味わい。若干まろやかだがあっさりしている。
・乾燥バジルの香味も控えめに効いていてアクセントになっている。
・塩分は控えめで刺激感はあまり強くなく、旨味と酸味とのバランスが取れている。
・そのまま飲んでも旨い味の濃さで、また、そんなにピリッとしていないので、つけ汁としてはややおとなしめ。麺をつけ汁にしっかり付ける向きの味。

■具材
・牡蠣は「広島」と同じく5個で、旨味が身の中に閉じ込められている。トマトの味はあまり絡まずに牡蠣自体の旨さが味わえる。
・細長いカットのネギは、つけ汁のトマト味と絡んで野菜として旨い。
・メンマも入っているが、トマト味と絡むと目立たないかも。

■締めご飯
・麺を食べた残りのつけ汁に、割りスープ無しでそのまま締めのご飯を入れてもらった。
・本来は、さらにチーズをトッピングしてから温めてチーズリゾット仕立てにするが、チーズ抜きでお願いした。
・つけ汁はご飯を入れてちょうど良い味の濃さで、ご飯とよく合っていた。

■全体的な味の感想
・しなやかなコシのある太麺をマイルドなトマトつけ汁で食べる、締めご飯付きのトマト牡蠣つけ麺。
・締めご飯付きで、しかもつけ汁が締めご飯に合わせた味の濃さなので、麺を400gも食べる向きのメニューではないかも。店主さんのお勧め通り、250gぐらいが丁度良い気もする。

■評価: ★★★★ (4.0点)

■お店の情報

【大阪市中央区難波千日前】中華そば 〇丈⇒麺屋 丈六

中華そば 〇丈 【キムラ君】

キムラ君(900円)

キムラ君の麺

■来店の経緯等
・2011年12月の平日の晩、期間限定のキムラ君を食べようと思い、訪問。

■食べたメニュー
キムラ君(900円)
(2011年12月30日までの期間限定)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時は先客6人。待ち無しでカウンター席に座る。
・注文から着丼まで13分。

■麺
・平打ちの太麺ストレート。
・油をまとってヌルヌルしている。しなやかなコシのある麺でそんなに固くない。

■タレ
・ラー油混じりの油と味噌との2層構造。油と味噌とは完全には混ざり合わない感じで、ヌルヌルはしているがドロドロはしていない。
・味噌は赤味噌系の味わいで、やや辛めの味噌のコクと旨味を感じる。甘味は少なめ。
・油はサラッとした油とラー油とが混じっている。
・ラー油は、一味とかが入っておらず油だけなので、それほど前にガツンと出ない控えめな辛さだが、じんわりと効いている。

■具材
・チャーシューはバラ肉2枚とモモ肉1枚で、フライパンでソテーしている。
・バラ肉は歯ごたえが強く、焼いた脂の香ばしさと甘さが印象的。
・モモ肉は、ソテーした豚肉のしっかりした歯ごたえと肉の旨味がある。
・味玉は、黄身が半熟で味付けなし。
・メンマは小さくて細い。柔らかいが筋の歯ごたえがある。
・キムチは、味噌のせいか、あまり目立たない感じかも。

■全体的な味の感想
・しなやかなコシのある太麺をコクのある味噌とラー油混じりの油で食べる、ジワッと旨辛い味噌和え麺。
・夏に食べた時は味噌の甘めのコクを感じたが、今回は辛めのコクが強かったように感じた。

■評価: ★★★★ (4.0点)

■お店の情報

【大阪市中央区難波千日前】中華そば 〇丈⇒麺屋 丈六

中華そば 〇丈 【広島】

広島(1100円)

■来店の経緯等
・2011年12月の平日の晩、○丈さんのつけ麺を食べたいと思い訪問。

■食べたメニュー
期間限定の裏メニュー「広島」400g(1100円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は19時10分頃。先客4名。
・その日からmixiコミュで告知開始の「広島」を400gで注文。
・注文から着丼まで12分。

■麺
・平打ちの太麺ストレート。
・加水高めでみずみずしく、表面はヌルッとしている。
・しなやかなコシと弾力があり、ムニュッとしたしっかりした歯ごたえ。
・麺の味は旨い。プリッとした透明感のある味。
・つけ汁との絡みはそれほど強くないが、麺の旨さで食わせる。麺をつけ汁にドプッと浸けるより、半分くらい浸けるのが好き。

■つけ汁
・塩ダレの効いた清湯鶏魚介。
・出汁は鶏と秋刀魚と牡蠣。鶏ベースに魚介の旨さがプラスされていて、旨味が強い。
・塩のコクと一味が効いていてピリッとした刺激があるが、塩分はそれほど強くない。
・タレの味がやや濃いが、割りスープ無しでも飲もうと思えば飲める味。
・割りスープは甘い鶏出汁。中華そばと同じスープ。

■具材
・牡蠣が5粒入っている。ジューシーで旨味とコクが強い。
・メンマは細長い。味付けが濃く、しなやかな歯ごたえ。
・ネギは細切りで控えめな味と食感。麺と絡みにくい気もするが、勝手に麺と絡まないと考えればそれもよし。

■全体的な味の感想
・しなやかなコシのある麺を牡蠣の旨味の塩つけ汁で食べる、あっさり旨い牡蠣つけ麺。
・麺を食べる合間に味わう牡蠣の旨味が素晴らしい。

■お気に入り度: ★★★★★★ (6.0)

■お店の情報
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 08月 【17件】
2017年 07月 【30件】
2017年 06月 【15件】
2017年 05月 【20件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ