《閉店》【大阪市東成区】京地どりらーめん 氣ばりい屋

京地どりらーめん 氣ばりい屋 【京地どりらーめん】

京地どりらーめん(890円)

京地どりらーめんの麺

■来店の経緯等
・2014年4月の平日の晩、2日ぶり、3回目の訪問。
前回訪問時に「京地どりらーめん」が食べられなかったので、リベンジで訪問。
・このお店は、2014年4月29日(火)を最後に閉店したので、今回が最後の訪問になった。

■食べたメニュー
・京地どりらーめん(890円)
(昼夜各15食限定)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には満席で、外待ち無しの店内5人待ち。店内で座って待つ。
・到着から14分待ちで、厨房対面のカウンター席に座る。
・メニューを見て、「京地どりらーめん」を注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで25分。

■麺
・長方形でウエーブのかかった太麺。
・少しフスマが入ったような色をしていて加水中くらいの、表面が滑らかで適度な強さの粉の質感があって、程よい張りとボリューム感のある麺質。食感は、ムチッとして中身の詰まった弾力があって、噛むと程よい強さで押し返しながら切れるような歯ごたえ。
・麺の味は、強くはないけど粉の旨味がしっかりしている。
・スープとの絡みは、スープのトロミと旨味が適度に絡んで、麺の旨さで食べる感じ。

■スープ
・鶏白湯。
・トロッとしてよく乳化していて、口当たりは少しコッテリしているけど油はそれほど多くない。
・出汁は鶏の獣系。多少のゼラチンのトロミがあって、マッタリとしたキメの細かな膨らみがあって、乳化した油混じりのややクリーミーで丸みと厚みのある、コクと旨味を感じる鶏ポタージュな味わい。鶏の肉と油とゼラチンをバランスよく組み合わせているような感じ。
・タレは、塩か醤油かよく分からない感じで、恐らくは薄い醤油か。タレの味付けは、弱くはないけど主張は控えめで、鶏白湯の味わいを生かして味をまとめていた印象。そこにコショウの香味が程よく効いていて、クリーミーなスープのいいアクセントになっていた。

■具材
・肉は、地鶏のカットとモモスライスの2種類。
・地鶏のカットは、皮付きの一口大で部位はよく分からない。注文が通ってからガスレンジで焼いていて、焼き加減はやや弱めの、プリッと滑らかな弾力を感じる歯ごたえに、表面の塩麹っぽい味付けがやや立った味わい。
・モモスライスは、やや厚切りで皮付き。プリッと柔らかで滑らかな歯ごたえに、味付け控えめで脂身混じりのあっさりとした鶏肉のコクと旨味のある味わい。
・味玉は、黄身がトロッとしていて、旨味のあるタレの味付け。
・メンマは細い。ポリッとしなやかな歯ごたえに、あっさりとした味付け。
・白髪ネギは、細身でシャリッとして少し滑らかな歯ごたえがあって、麺と絡むと麺によく合っていた。
・玉ネギは小さいカット。シャリッと柔らかめの張りのある歯ごたえに、苦味の無いあっさりとした味わい。量も控えめで、主張し過ぎずにスープのいいアクセントになっていた。

■全体的な味の感想
・麺は、ムチッと中身の詰まった弾力があって、麺の味も旨かった。
・スープは、トロッとしてクリーミーな口当たりと、マッタリとして程よくコショウの効いた味わいが素敵。
・具は、白髪ネギが麺やスープとよく合っていて良かった。
・地鶏は、少し焼きが弱いのと表面の塩麹の味付けが立ち気味だったせいか、ややツボに嵌まらなかった気がした。前回食べた地鶏は、逆に火が通りすぎの気もしたけど、どちらかと言うと前回の地鶏の方がまだ良かったと思う。
・個人的には、このお店で食べた中では醤油らーめんが一番気に入ったけど、今回の京地どりらーめんも、麺とスープとネギは結構良かったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報
スポンサーサイト

《閉店》【大阪市東成区】京地どりらーめん 氣ばりい屋

京地どりらーめん 氣ばりい屋 【醤油らーめん+地鶏増し】

醤油らーめん(650円)+地鶏増し(300円)

醤油らーめんの麺

■来店の経緯等
・2014年4月の平日の晩、10か月ぶり、2回目の訪問。
昨年訪問した際、「京地どりらーめん」が気になっていたが、なかなか訪問できていなかった。今回、2014年4月29日(火)を最後に閉店するという情報を見かけたので、その前に食べておこうと思い、再訪してみた。

■食べたメニュー
・醤油らーめん(湯浅醤油使用)(650円)
・地鶏増し(300円)
・味玉半分(サービス)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には先客無しの後客2。
・カウンター席に座り、メニューを見ていたところ、店主さんから「鶏白湯はスープ不出来で提供できない」と言われた。今回は「京地どりらーめん」目当てだったので、少し考えた結果、「醤油らーめん」に地鶏をトッピングして注文することにした。
・店員さんは男性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・オシボリも出してくれた。
・店内の入口横に製麺室がある。
・注文から提供まで11分。目当ての「京地どりらーめん」が提供できないということで、味玉半個サービスしてくれた。

■麺
・長方形で平打ちの、少しウエーブのかかった中太麺。
・加水中くらいかやや高めの、表面がツルッと滑らかで少しカチッとして引き締まった粉の結合感があって、平打ち気味ながらペラッとはしていない麺質。食感は、ツルッとした歯触りで、滑らかに引き締まっていて多少のしなやかさのあるコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、強くはないけど粉の旨味を感じる味わい。
・スープとの絡みは、ややあっさりしているけど、麺の味とのバランスは良好。スープの旨味と風味が程よく絡んで、麺の旨さを引き立てていた。

■スープ
・清湯の獣系魚介醤油。
・あっさりしていて、表面に多少の油が浮かんでいる。
・出汁は、恐らくは鶏の清湯獣系ベースに魚介。獣系は、旨味があって出汁の濃厚さを感じる味わい。
・魚介は、昆布と節系の和風テイストのように感じたけど、魚介の風味はあまり主張せずに旨味が強め。
・タレの醤油はやや濃いめで、キレの良いコクとほのかな香ばしさがあって、醤油辛さやカドは控えめ。
・味付けはやや強めでしっかりしているけど、醤油ダレのコクに出汁の旨味がバランス良く組み合わさっていて、タレ勝ちにならずに出汁感もよく引き立っていた印象。
・白コショウか何かのスパイスが隠し味的に効いていて、スープの底の方は少しだけ刺激感があった。

■具材
・鶏肉は、皮付きのカットが何個かと、モモのスライスが何枚か入っていた。
・皮付きのカット肉は注文が入ってからオーブンで焼いていて、皮はプリッとして歯切れが良くて、肉の部分はプリッとはしておらずにサクッとした感じの、固くはないけど適度に引き締まった歯ごたえ。味は、脂のコクはあまり強くなくて、軽く塩を振ったような味付けの、あっさりとした鶏の旨味を感じる味わい。
・味玉は、黄身がトロッとしていて甘めのタレの味付け。
・メンマは細長い。ポリッとしなやかな歯ごたえに、あっさりとした味付けで、麺や白髪ネギとよく絡んでいた。
・ネギは白髪ネギと青ネギ輪切り。白髪ネギは、パリッと滑らかな歯ごたえで麺ともよく合っていた。青ネギはやや主張控えめ。
・ネギの中に柚子か何かの柑橘が少しだけ仕込んであって、香味がワンポイントのアクセントになっていた。

■全体的な味の感想
・麺は、表面がツルッとして滑らかなコシがあって旨かった。
・スープは、鶏と魚介の出汁の旨味に醤油ダレのコクがバランス良く組み合わさった、旨味が強くてメリハリのある味。
・具は、ネギに隠れた柑橘の皮の香味の効き具合が素敵だった。
・地鶏は、あまりプリッとした弾力は無くてサクッとした歯ごたえで、皮付きながら油っぽくないのが良かった。
・スープの味の強さも、麺とスープとの絡みも、強すぎず弱すぎずの程よいバランスで、個人的には、昨年塩ラーメンを食べた時よりも良かった印象。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

《閉店》【大阪市東成区】京地どりらーめん 氣ばりい屋

京地どりらーめん 氣ばりい屋 【塩らーめん(氣鶏)】

塩らーめん(氣鶏)(700円)

塩らーめんの麺

■来店の経緯等
・2013年6月の平日の晩に初の訪問。

■食べたメニュー
・塩らーめん(氣鶏)(700円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客1人。カウンター席に座る。

京地どりらーめん 氣ばりい屋

・メニューを見たところ、醤油と塩のどちらがデフォかよく分からなかったので、店員さんに聞いた上で塩らーめんを注文。鶏チャーチ―と豚チャーシューから、鶏チャーチ―を選択。
・店員さんは男性1人。
・水は出してくれた。コップは金属。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・冷たいオシボリを出してくれた。また、瓶に入ったピクルスを出してくれた。
・店内には製麺室があった。
・注文から着丼まで9分。

■麺
・平打ちの中太ストレート。
・表面がツルッと滑らかでしなやかな中に、少しだけカチッとした感じの混じった麺質。食感は、柔らかで滑らかながら弾力は控えめの、しなやかなコシを感じる歯ごたえで、歯切れも悪くない。
・麺の味は、強くはないけど粉の味がしっかりしている。
・スープとの絡みはあっさりしている。スープの油がよく絡んで表面は滑らかだが、味の絡みは強くなくて麺の味で食べる感じ。

■スープ
・清湯の獣系塩。
・あっさりしているが、油が浮かんでいて口当たりは滑らか。
・出汁は鶏の獣系メイン。鶏は、ガラだけじゃなくて肉も入っていそうな、優しい丸みのある旨味。
・昆布か何かの魚介も入っているのかも知れないが、魚介の主張は控えめで獣系の味の方が強い。野菜も少し感じた。
・タレの塩は、コクは穏やかで、出汁の旨味を引き立てている。
・麺との絡みはあっさりしているけど、スープ自体の味は、出汁の旨味とほのかな甘みがジワッと伝わってきて旨い。
・味付けは強くなくて、塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・鶏チャーチ―はモモ肉のスライス。オーブンか何かで焼いてある感じの、柔らかいながら少し引き締まった歯ごたえに、優しくて丸みのある塩系の味付けで、あっさりとした鶏の旨味のある味わい。
・メンマは細長い。乾燥メンマを戻してある感じの、強くはないけどしなやかな主張のある歯ごたえ。
・白髪ネギは、固すぎずに適度な強さの歯ごたえで、麺との絡みはバランスが取れていて相性が良かった。

■全体的な味の感想
・麺は、ツルッとしなやかな中に多少の主張が感じられて良かった。スープとのバランス的にはやや麺勝ち気味に感じたけど、麺を味わうという意味ではこれで良いのかも。
・スープは、インパクトは無いけど地味に良質感があって旨いタイプ。油やタレのパンチでガッと来るというよりも、出汁で勝負している感じがあって好感が持てた。
・鶏チャーチ―は、デフォだと京地鶏ではない模様で、そこそこという感じだったけど、数量限定の京地鶏チャーチーがどんなのか興味を持った。
・最初のうちは、麺に対してスープの印象が弱かったけど、後半になると、次第にスープの旨さが見えてきた。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 05月 【11件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ