【豊中市】烈火

烈火 【山形辛みそらーめん】

山形辛みそらーめん(みそ味)(780円)

山形辛みそらーめん(みそ味)の麺

■来店の経緯等
・2014年4月の平日の晩、5か月ぶり、3回目の訪問。
・「関西らぁ祭2014 兵庫・大阪版」の6軒目のお店として訪問。
・以前から気になっていた「辛みそらーめん」を食べたいと思い、訪問してみた。

■食べたメニュー
・山形辛みそらーめん(みそ味)(780円)
※メニュー案内には「山形を代表する有名ならーめん。みそ味・しょうゆ味からお選び下さい。辛みそ別皿をご希望の方はスタッフにお申し付け下さい。」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客4人。

烈火

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て、「山形辛みそらーめん」を辛みそ別皿で注文。みそ味としょうゆ味のどちらにするか聞かれて、味噌味を選択。
・店員さんは男性2人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで11分。

■麺
・四角くてウエーブの掛かった、中くらいの太さの麺。
・やや白くて加水中くらいかやや高めの、表面は滑らかで適度に引き締まった粉の質感があって、張りとエッジ感のある麺質。食感は、当たりは多少の主張があるけど、噛むと粘らずに切れる感じの、程よい強さの歯ごたえ。
・麺の味はあっさりとした粉の味わい。
・スープとの絡みは、スープの油の甘味と熱さと魚介の風味が程よく絡んで、麺の味とのバランスも良好だった。後半、辛味噌を溶かすと、ピリッとした辛さが麺に絡むけど、麺の味とのバランスが取れていて、辛さが麺の旨さをよく引き立てていた。

■スープ
・清湯の魚介味噌。辛味噌は別皿。
・サラッとしていて、表面にラードか何かの油が多めに浮かんで蓋になっていて、熱々だった。
・出汁は、恐らくは清湯獣系ベースに魚介。獣系は、味噌の味と表面の油のパンチとでよく分からない感じだったかも。表面のラードか何かの油は、甘いコクと厚みがあって、スープとも多少馴染んでいた印象。
・魚介は節系メインの、鯖か鰹みたいなコクの厚みのある味わいで、表面の油の下から魚介の風味と旨味がよく主張していた。
・タレの味噌は白めの合わせ味噌で、甘旨くてマイルドなコクがあって丸みのある味わい。
・油の甘味と丸みに味噌の甘旨さと魚介の風味がよく組み合わさった、甘旨でサラッとオイリーなテイスト。

・後半、別皿の辛味噌をスープに投入してみた。
・辛味噌は、塩分はそれほど強くない感じのコクのある味噌に、唐辛子の辛さがよく効いている。スープに溶かすと、ジワッとした辛さがプラスされて、元のスープの甘さや油っぽさとうまくバランスした、サッパリと旨辛くてキレのある味わいになった。
・魚介の風味や出汁感は辛味噌でマスキングされ気味だったけど、その分、スープの旨味が辛味で引き立っていた印象。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りで大きめのバラスライス2枚。トロッと柔らかいながら表面を焼いていて少しだけ引き締まった感じの歯ごたえに、炙った脂身の甘味混じりで醤油ダレの効いた味付け。
・味玉は、黄身がトロッとしていて、多少のタレの旨味を感じる味付け。
・メンマは平べったい。ポリッと滑らかな繊維感のある歯ごたえに、あっさりとした旨味のある味付け。
・白ネギ輪切りは、シャリッと優しい歯ごたえに、みずみずしい風味があって、スープに多少のサッパリ感をプラスしていた。

■全体的な味の感想
・麺は、程よい質感と張りのある歯ごたえで、前半の油の丸みや魚介の風味との絡みも良かったけど、後半の辛味噌混じりのスープとの絡みも良好だった印象。
・スープは、辛味噌を入れる前は、油の甘味と丸みに味噌のマイルドな甘旨さと魚介の風味がよく効いていて、後半に辛味噌を溶かした後の旨辛い味わいとの対比が良かった。
・麺は少し違ったけど、スープに関しては山形の辛味噌ラーメンっぽさがよく再現されていたと思う。本家よりは辛味噌がややマイルドな気もしたけど、その分、スープとのバランスは良かった印象。
・個人的には、龍上海みたいな太麺でも食べてみたいと思った。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報
スポンサーサイト

【豊中市】烈火

烈火 【濃昆つけ麺】

濃昆つけ麺(850円)

濃昆つけ麺の麺

■来店の経緯等
・2013年10月27日(日)の昼に訪問。このお店には、移転前に1回訪問しているが、今の場所に移転してからは初の訪問。
・このお店は、最初は今の「らーめん小鉄」の場所にあったが、2013年6月25日(火)に、元の場所から目と鼻の先にある現在の場所に移転した。

■食べたメニュー
・濃昆つけ麺(850円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は13時31分頃。外待ち無しの店内満席で、メニューを渡されて外で待つ。

烈火

・外で待っている間に、先に注文を聞かれて「濃昆つけ麺」を注文。
・到着から5分待ちで入店。厨房対面のカウンター席に座る。
・店員さんは4人で、男性2人と女性2人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・カウンターには、濃昆つけ麺の食べ方の説明書きが置いてあった。
・店内には、移転時の祝いが多数飾ってあった。
・入店から提供まで7分。

■麺
・長方形の四角いウエーブのかかった太麺。
・加水中くらいかやや高めの、表面がツルッと滑らかで、張りの強くないしっとりと優しい質感があってエッジの効いた麺質。食感は、しっとりとした弾力があって、コシはあまり強くない感じの歯ごたえ。後半は、麺の表面がやや乾き気味に感じた。
・麺の味は、みずみずしくてあっさりとした旨味のある味わい。
・スープとの絡みは割とあっさりしていて、半分くらいよりも全部付ける向きかも。最初は、説明書きに従って麺をそのままのつけ汁に付けて食べたところ、つけ汁の油のトロミと昆布の旨味がよく絡んで、麺の旨さを引き立てていた。
・後半、チャーシューを1枚食べて、つけ汁にネギを投入したところ、どちらの効果が原因か不明だが、急に絡みが弱くなって、麺に昆布の風味と旨味が乗らなくなった。

■つけ汁
・清湯の獣系魚介醤油。容器のまま火にかけていて、提供時にはグツグツと沸騰していた。
・表面に獣系の油の層があってオイリーで、つけ汁自体はサラッとしているけど、油のトロッとした感じもある。
・出汁は獣系ベースに昆布メインの魚介。獣系は、表面の油のコクの厚みがあって、ほのかに肉っぽさがあった。食べた時には豚の油のようにも感じたが、後で調べたところ、獣系は鶏メインとの説もある模様。
・魚介は、昆布メインに節系か何かも入っているかも。つけ汁の中に大きな昆布が入っており、、最初の方は昆布の風味がよく立っていて、麺にもよく絡んでいた。
・タレの醤油は、表面の油の層の下にあって、醤油のコクがそこそこあって塩気もよく立っている。
・塩分強めの味付けで、そのまま飲む向きではない。

スープ割り

・スープ割りは、店員さんに容器を渡して返して貰う方式。温度高めの魚介系スープで割って白ネギを足していて、別皿で柚子の皮も出してくれた。
・割りスープとネギで油っぽさは薄まっていたけど、タレの味付けは、薄まりながらもまだまだ強い感じだったかも。

■具材
・チャーシューは、少しだけ厚みのあるバラスライスで、つけ汁の中に入っている。柔らかいながら繊維感のある歯ごたえに、塩気強めの味付け。
・味玉とメンマとネギは麺の上。
・味玉は、やや固めにトロッとしていて、味付けは控えめ。
・メンマは細くて平べったい。柔らかめながらポリッと滑らかな張りのある歯ごたえに、味付け控えめであっさりしている。
・白ネギ輪切りは薄めのスライス。シャリッと優しい歯ごたえに、そのまま食べるとみずみずしいながら結構ピリッと刺激の効いた香味のある味わい。つけ汁に投入すると、つけ汁に馴染んで香味は控えめになった。
・つけ汁の中の昆布は食べなかった。

■全体的な味の感想
・麺は、あっさりでしっとりしていて、つけ汁の油と昆布の繊細な旨味とよく合っていた。
・つけ汁は、表面の獣系の油と昆布とを煮立てて組み合わせた、濃厚ながら繊細な風味と旨味とが麺に絡む味わいが素晴らしかった。油の下のつけ汁は塩分強めの味で、個人的には、ネギもメンマもつけ汁に投入せずに、提供時そのままで麺を一気に食べたいと思った。
・具は、チャーシューが塩辛いのが印象に残った。
・麺自体を味わうというよりも、麺とつけ汁との絡みを楽しむタイプのつけ麺。お気に入り度は、最初に麺をそのままのつけ汁に付けて食べた時が4.5点で、トータルだと4.0点ぐらいだった。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■その他
・食べ終わった後の会計時に、JUNK STORYで貰った「らの道」の参加用紙を出したところ、オリジナルステッカーを貰った。

景品のステッカー

■お店の情報

【豊中市】烈火

烈火 【強烈鯖】

強烈鯖(900円)

強烈鯖の麺

■来店の経緯等
・2013年5月18日(土)の晩に初の訪問。
・「俺のラーメン 創作Cup!(第0回予選)」の5軒目のお店として訪問。
・このお店は、昨年春に山形に遠征して以来、ずっと気になっていたお店だったが、今回の創作麺イベントでようやくの初訪問。

■食べたメニュー
・限定の創作麺「強烈鯖」(900円)
(2013年5月11日(土)から6月8日(土)までの期間限定。1日10食)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の18時45分頃。既に1人待ち。
・待ち人数は、18時51分頃で5人。
・開店は19時。順番に入店し、厨房対面のカウンター席に座る。
・創作麺が残っているか聞いたところ、この日は夜も残っているとの話だったので、注文。
・店員さんは男性の店主さん1人。
・水は、カウンターのポットでセルフ。
・注文から着丼まで12分。丼をお盆に乗せて、お盆ごとカウンター越しに手渡しだった。

■麺
・四角い少し縮れた中太麺。
・ムチッと滑らかで、適度な密度感があってややソフトな麺質。食感は、ムチッとした弾力があって、やや軽快な噛みごたえがある。
・麺の味は、あっさりながら粉の味があって旨い。
・スープとの絡みは良好。醤油のコクの絡みはサラッと控えめで、鯖節の風味が強めに絡んで麺の味を引き立てていた。

■スープ
・清湯の魚介醤油。
・サラッとしていて、表面に油が多めに浮いている。
・出汁は魚介メイン。獣系はよく分からない感じで、不使用かも。
・鯖節の強めのコクの中に旨味のある味わいで、鯖がガッと来るけど、酸味はそれほどキツくないし、スープの節の破片もそれほど多くはなかった。
・タレの醤油は濃口で、カドは無いけど結構濃い。
・鯖節のコクに醤油のコクをバランス良く組み合わせたやや強めの味わいで、出汁の旨味と油の丸みがそれを支えている。
・油の効果か、最初の方は鯖の風味が強めに立っていて、後半になるほど醤油ダレが前に出て来る感じだった。

■具材
・チャーシューはバラのスライス。トロッと柔らかくて醤油ダレの効いた味付け。
・味玉は、黄身がやや固めの半熟で白身は引き締まっており、味付けはあっさり。
・メンマは平べったいのと細いのが混じっていた。しなやかな歯ごたえに、ややはっきりしない感じの味付け。
・白ネギ輪切りは、シナッとしていてサッパリと優しい味。量が多めで、麺やスープとよく絡んで薬味の役割を果たしていた。

■全体的な味の感想
・麺は、ムチッとして噛みごたえがあって良かった。スープの鯖節のコクとの絡みも良好だった。
・スープは、鯖節と醤油の組み合わさった強めの味を表面の油で丸めていて、麺を食べるという意味ではよく出来ていたと思う。
・濃いめの醤油ダレに白ネギの組み合わせが、東日本テイストなのかも。
・スープの油がいい働きをしていて、一口目からグッと引き込まれた。それを最後まで引き付け続ける為のもうひと工夫が欲しい気もしたが、鯖節の強烈さを主軸に据えているというコンセプトならば、これで良いのかも。

■お気に入り度: ★★★☆+ (3.8点)

■お店の情報
記事リスト
【豊中市】烈火の記事
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 05月 【18件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ