【松江市】麺'sダイニング トタン屋

麺'sダイニング トタン屋 【しじみラーメン】

しじみラーメン(800円)

しじみラーメン(800円)

しじみラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年4月、中国地方に遠征。2日目の晩に初の訪問。
・このお店は、松江駅近くの飲み屋街にあるお店。夜遅くまで営業しているので、この日のラストで訪問してみた。

■食べたメニュー
・しじみラーメン(800円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は21時30分頃。外待ち無しの先客3人。

麺'sダイニング トタン屋

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは男性2人。
・水は冷水機でセルフ。
・注文から提供まで11分。貝殻入れの容器も一緒に付いてきた。

■麺
・四角くて、中くらいの太さか中太の、少し縮れたウエーブ。
・色が薄くて加水少し高めの、表面が滑らかで、水を含んだ粉の張りとふくらみを感じる麺質。食感は、程よい茹で加減で、滑らかな張りを感じる当たりがあって、噛むとムチッと切れるような歯ごたえ。
・麺の味は、やや多加水系で、あっさりとした粉の旨味を感じる味わい。
・スープとの絡みは、スープの塩気と旨味がよく絡んでいた。バランス的に、しじみのコクの絡みは感じ難かったかも。

■スープ
・清湯の塩。
・あっさりしていて、油が少し浮かんでいる。
・出汁は、よく分からないけど、恐らくは鶏か何かの獣系ベースにしじみの貝系。獣系は、あっさりしていて、タレの味の方が強い感じ。
・しじみは、具の出汁なのか、スープの味の中にしじみの旨味をじんわりと感じた。
・タレの塩は、塩気がしっかりしていて、タレの旨味と組み合わさって一体化している感じ。
・味付けは割と強めで、飲んだ後の〆の一杯向けに感じた。
・黒胡椒も少し入っていて、前半はあまり気にならないけど、最後の方は、底に溜まった黒胡椒の香味が結構主張してきて、しじみの旨味が隠れ気味になっていた。

■具材
・具はしじみと白ネギ輪切りだけ。
・しじみは殻付きで個数が多い。柔らかな張りのある歯ごたえがあった。味は、スープの味付けが強いせいもあってか、旨味がややあっさりに感じたかも。
・白ネギ輪切りも量がそこそこ入っていた。多少引き締まってフレッシュな歯ごたえと風味があって、スープに対して結構主張していた。

■全体的な味の感想
・麺は、滑らかな張りがあって、噛むとムチッと切れる歯ごたえで、良かったと思う。スープとの絡みは、スープの塩気と旨味がよく絡んでいた。
・スープは、タレの塩気と旨味がしっかりしていて、その中にしじみ出汁の旨味をじんわりと感じた。最後の方は、底に溜まった胡椒の香味でしじみの旨味が隠れ気味だったかも。
・具は、しじみが多めに入っていて、味的には旨味がややあっさりに感じた。
・ネギは、スープに対して結構主張していた印象。
・お気に入り度は、麺が4点で、トータルでは3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報
スポンサーサイト

【松江市】らーめん とんてき 大翔

らーめん とんてき 大翔 【大翔らーめん(並)】

大翔らーめん(並)(730円)

大翔らーめん(並)の麺

■来店の経緯等
・2016年4月、中国地方に遠征。2日目の晩に初の訪問。
・このお店は、松江城の近くにあるお店。

■食べたメニュー
・大翔らーめん(並)(730円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は19時1分頃。外待ち無しの先客2人。

らーめん とんてき 大翔

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・紙オシボリを出してくれた。
・後から続々とお客が入ってきて、地元の人の憩いのお店っぽい雰囲気。
・注文から提供まで6分。

■麺
・四角くてウエーブのかかった中細麺。
・やや黄色くて加水中くらいの、多少カンスイが効いて適度に中身が詰まった感じの麺質。食感は、ヤワさのない程よい茹で加減で、多少のソリッド感のある当たりがあって、ムチッとしてザクッと切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、割としっかりしていて、卵も入っている感じ。
・スープとの絡みは、スープの旨味がサラッと絡んでいて、トッピングの胡椒の香味がアクセントになっていた。

■スープ
・濁った獣系魚介醤油。
・割とあっさりしていて、表面に油が少し浮かんでいる。
・出汁は、獣系ベースに魚介。獣系は、お店の案内書きでは鶏で、濁っているけど鶏白湯っぽさは控えめな、清湯と白湯の間みたいなサラッとした味わい。
・魚介は、スープに旨味をプラスしている感じで、最初の方は魚介の出汁感を少し感じたけど、後半は出汁がややおとなしくなった気がした。
・タレの醤油は、少し濃いけど丸みがあって、醤油辛さはなかったと思う。
・味付けは、醤油ダレが出汁の味をまとめて一体化している感じ。そこに、トッピングの胡椒の香味が適度に効いて味を引き締めていた。後半は、胡椒の香味の背後から醤油の風味も多少感じた気がした。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、やや厚みのある巻きバラスライス。脂身がトロッと柔らかくて、肉の部分も柔らかい中に多少の密度感のある歯ごたえ。味は、旨味のあるタレの味付けと脂身の甘味とが組み合わさった味わい。
・味玉は、黄身がトロッと半熟で、味付けは控えめだった。
・メンマは平べったい。ポリッと滑らかな繊維感のある歯ごたえに、あっさりとした味付け。
・モヤシは中くらいの太さ。程よく茹でてあって、割と柔らかめの歯ごたえ。
・ネギは、白髪ネギと白ネギ輪切りの二種類。
・白髪ネギは、細身ながらややしっかりとした歯ごたえがあって、モヤシよりも強めの食感。
・白ネギ輪切りも、多少のシャリッとした歯ごたえがあった。

■全体的な味の感想
・麺は中細で、多少カンスイが効いて適度に中身が詰まっていて、ムチッとしてザクッと切れる感じの歯ごたえがあった。スープとの絡みは、胡椒の香味がアクセントになっていた。
・スープは、サラッと濁った獣系魚介醤油で、鶏は割とあっさりしていて、デフォで胡椒がトッピングしてあるのが印象的だった。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【松江市】らー麺塩や

らー麺塩や 【塩らー麺】

塩(塩らー麺)(680円)

塩(塩らー麺)の麺

■来店の経緯等
・2016年4月、中国地方に遠征。2日目の夕方に初の訪問。
・このお店は、島根大学の近くにあるお店。

■食べたメニュー
・塩(塩らー麺)(680円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は17時21分頃。外待ち無しの先客1人。
・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・カウンターの上にモンゴル岩塩を飾ってあった。
・注文から提供まで10分。

■麺
・長方形で四角い、中太か中くらいの太さの麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・色が薄くて加水やや高めの、表面がツルッとしてプリッとした、硬質でカンスイの効いた張りがあって、角張った麺質。食感は、固くはないけどヤワさのない茹で加減で、プリッと引き締まった張りを感じながら切れるような歯ごたえ。
・麺の味は、やや多加水系でプリッとした中に粉の味を多少感じる味わい。
・スープとの絡みは、割とあっさりしている。スープの旨味がサラッと絡んで、麺の味主体で食べる感じのバランス。一口めだけ、スープの味が強めに絡んでいたけど、その後はあっさりしていたと思う。

■スープ
・清湯の塩。
・あっさりしていて、表面に油が少し浮かんでいる。
・出汁は、恐らくは清湯獣系ベースに魚介メイン。獣系はあっさりしていて、バランス的には魚介の方が強かった印象。
・魚介は、一口めはあまり感じなかったけど、食べている内に、だんだん乾物魚介系の優しい風味と旨味をじんわりと感じて来た。ガツンとしたインパクトはなくて、麺にも魚介の風味とかはあまり絡まないけど、スープ自体の味ではリッチな魚介感があった。
・タレの塩は、甘味があって優しい感じのコクがあった。
・味付けは強くなくて、最初の方は優しい甘さを感じたけど、舌が慣れてくると、魚介出汁の旨味の方がメインになってきた印象。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りで少し厚みのあるスライス。部位は、恐らくは肩ロースだったと思う。脂身が多少混じって、固くはないけどやや引き締まった張りを感じる質感のある歯ごたえに、塩系のタレの旨味のある味付けを感じた。
・メンマは四角くて太い。噛むとスッと切れるような柔らかな繊維感のある歯ごたえに、旨味のしっかりとした味付け。
・モヤシは太めで、よく茹でてあって柔らかめの歯ごたえに、あっさりとしてやや水っぽさを感じる味わい。
・白髪ネギは、繊維感のしっかりとした歯ごたえがあって、モヤシよりも歯ごたえが強かった印象。
・その他、海苔、カイワレ、糸唐辛子が乗っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、ツルッとしてプリッとした中くらいの太さの麺で、スープとの絡みは割とあっさりしていた。
・スープは、優しい塩ダレが、魚介メインの出汁の旨味を生かした感じの味わい。最初の方は優しい甘さを感じたけど、後半は魚介出汁の旨味の方がメインになってきた印象。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

らー麺塩や(食後に撮影)

■お店の情報

【松江市】らあ麺ダイニング 為セバ成ル。

らあ麺ダイニング 為セバ成ル。 【牛肉そばつけ麺】

牛肉そばつけ麺(780円)

牛肉そばつけ麺の麺

■来店の経緯等
・2016年4月、中国地方に遠征。2日目の昼の遅めの時間に初の訪問。

■食べたメニュー
・牛肉そばつけ麺(780円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は15時45分頃。外待ち無しの先客1人。

らあ麺ダイニング 為セバ成ル。

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは男性2人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・店内には、焼酎や洋酒のボトルが多数並んでいた。
・注文から提供まで7分。

■麺
・平打ちの太麺で、手もみ風の縮れ。
・色が薄くて加水やや高めの、表面がプルッとしてムニュッと滑らかで、水を含んだやや硬質な粉の張りと結合感があって、平打ち気味ながらペラッとはしてない麺質。食感は、固くはないけどヤワくもない程よい茹で加減で、ムニュッとして適度に引き締まったコシを感じてムチッと切れる、心地よい歯ごたえ。
・麺の味は、やや多加水系で、粉の旨味をよく感じる味わい。
・つけダレとの絡みは良好。表面のラー油が程よく絡んで、麺の味や食感とのバランスも良好で、食欲をそそる味わいだった。

■つけダレ
・冷たい和風カエシの上に、ラー油が多めに浮かんで層になっている。
・出汁は、カエシの味が強くてよく分からないけど、恐らくは和風魚介系で、カエシの味を多少薄めて丸めている感じ。
・カエシ(タレ)は、醤油とミリンか何かで、塩気はそれほど強くなくて、甘味が結構効いた甘旨テイストだった。そこに、表面のラー油のピリ辛感と油っぽさが組み合わさってバランスしている感じ。
・ラー油は、ベースがゴマ油か何かの植物油っぽさがあって、激辛すぎない適度なピリ辛感があった。

■具材
・具は牛肉、白髪ネギ、海苔。麺の上に乗っている。
・牛肉は、一口サイズにカットしたやや薄切りのスライスで、適度にマイルドなタレで煮込んである。マイルドな旨味と脂の丸みとが組み合わさった味わいで、麺と絡めてつけダレに付けて食べると、麺とも合っていた。
・白髪ネギは、シャリッとしてサッパリとした歯ごたえがあって、風味は強くなくて、麺との相性も良かった。

・別皿の生卵は、後半、麺が残り3分の1ぐらいになったところで、麺の容器に投入して絡めてみた。卵が麺の食感と味をコーティングする感じになって、つけダレとの絡みも弱まった印象。


■全体的な味の感想
・麺は、加水やや高めの平打ち太麺で、ムニュッとして適度に引き締まったコシを感じてムチッと切れる、心地よい歯ごたえがあった。つけダレとの絡みも良好で、ラー油の辛味と風味が麺の味や食感と組み合わさって食欲をそそっていた。
・つけダレは冷たくて、塩気は強くなくて甘旨テイストの和風カエシの上に、表面のラー油のピリ辛感と油っぽさが組み合わさってバランスしていた。
・具は、牛肉や白髪ネギが麺と合っていて、いい付け合わせになっていた。
・麺が主役の冷や冷やつけ麺で、出汁感とかは無いけど、麺とつけダレとのバランスが良くて結構旨かった。
・生卵は、麺に絡めてみたけど、個人的には無くてもよかったかも。
・お気に入り度は、生卵投入前が4点、投入後が3点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【出雲市】かみあり製麺

かみあり製麺 【しじみ塩】

しじみ塩(720円)

しじみ塩(720円)

しじみ塩の麺

■来店の経緯等
・2016年4月、中国地方に遠征。2日目の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・しじみ塩(720円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は13時38分頃。外待ち無しの先客3人。

かみあり製麺

・最初に店内入口の券売機で食券を買い、店員さんに渡して注文。
・厨房対面のカウンター席に座る。
・店員さんは5人で、男性2人と女性3人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・店内に製麺室があった。
・注文から提供まで4分。貝殻入れの容器も一緒に付いてきた。

■麺
・四角くて、少しウエーブのかかった中細麺。
・色が薄くて加水中くらいかやや低めの、カンスイ感は強くなくて、ムニュッとした粉のふくらみと密度感があって、角張った麺質。食感は、ヤワさのない程よい茹で加減で、噛むとムッチリとした当たりがあってザクッと切れる、心地よい歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりとした粉の旨味と甘味をよく感じる味わい。
・スープとの絡みは、しじみ出汁と獣系が入り混じったようなマッタリとしたコクが麺に絡んで、食欲をそそる味わい。

■スープ
・白濁した獣系しじみ塩。
・サラッとしていて、割とあっさりしており、表面に油が少し浮かんでいる。
・出汁は、獣系ベースにしじみの貝系。獣系は、恐らくは鶏豚骨で、あっさりとした旨味と乳化の丸みを感じる、割とライトな味わいで、しじみのコクを支えるベースになっていた印象。
・しじみは、スープ自体の味では旨味メインで、獣系とバランスよく組み合わさっていた。麺との絡みでは、旨味よりも、バターっぽさを少し感じるマッタリとしたコクがよく感じられた。後半は、具のしじみからも出汁が出て、獣系よりもしじみの旨味の方が強くなっていた。
・タレの塩は、コクの主張が強くない感じ。
・味付けは、出汁の味わいを生かして旨味やコクを強める感じの、程よい塩梅だったと思う。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、鶏と豚の二種類。
・鶏チャーシューは、厚切りのムネ肉スライスで、元は低温調理だったのがスープの熱で少し煮えた感じ。熱が入ってやや張りを感じる歯ごたえに、あっさりとした鶏ムネ肉の旨味を感じる味わいで、表面にスープの旨味が絡んでいた。
・豚チャーシューは、やや厚みのある肩ローススライス。ムッチリとしたコシというか粘りを多少感じる歯ごたえ。味は、タレの旨味が効いていて、その中に多少の豚っぽさが入り混じった味わい。
・しじみは、丼の中の小さいザルに入っている。個数は数えていないけど、そこそこ多い。ザルから出して、スープの中に入れてから食べた。貝殻はそれほど大きくないけど、身は貝殻の中に詰まっていた印象で、きちんと砂が抜いてあって、ムニュッと滑らかで柔らかな歯ごたえに、しじみの旨味を適度に感じる味わい。
・青ネギ輪切りは、細くて少しだけ幅のあるスライスで、多少の歯ごたえを感じた。
・その他、糸唐辛子と細かい岩海苔が乗っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、ムッチリとした当たりがあってザクッと切れる心地よい歯ごたえの中細麺で、麺の味も旨かった。スープとの絡みは、しじみ出汁と獣系が入り混じったようなマッタリとしたコクが絡んで、食欲をそそる味わいだった。
・スープは、割とライトな獣系ベースに、しじみの旨味とコクが組み合わさっていて、麺にはスープのコクがよく絡んでいた。
・麺とスープのコクとの絡みが主役のラーメンで、麺が結構気に入った。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【出雲市】ラーメン篠寛

ラーメン篠寛 【担々麺】

担々麺(780円)

担々麺の麺

■来店の経緯等
・2016年4月、中国地方に遠征。2日目の昼に初の訪問。
・このお店は、出雲市駅東側の鉄道高架下にあるお店。

■食べたメニュー
・担々麺(780円)
※メニュー案内には「人気No.1」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は11時54分頃。外待ち無しの先客3人。

ラーメン篠寛

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは3人で、男性2人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで5分。

■麺
・四角くて、少しウエーブのかかった細麺。
・少し黄色くて加水中くらいの、表面がツルッと滑らかで、カンスイが効いて引き締まった粉の質感があって、角張った麺質。食感は、やや固めの茹で加減で、滑らかで線の細い密度感のある当たりを感じる、メリハリのある歯ごたえ。
・麺の味は、カンスイが効いて卵も入ったような、ややオーソドックスな中華麺らしさのある味わい。
・スープとの絡みは、ラー油の辛味に花椒の香味、酢か何かの酸味がよく絡んで、汁なし担々麺的なタレや香辛料のパンチが主役の味わい。後半、卵黄を混ぜると、少しだけ丸みがプラスされた。

■スープ
・白濁した醤油。
・あっさりしていて、表面に赤いラー油が浮かんでいる。
・出汁は、あっさりしていて、タレや辛味とのバランス的に何かよく分からない感じ。スープの白濁は、白湯出汁ではなくて豆乳か何かのように感じた。担々麺なのでゴマペーストかも知れないけど、ゴマっぽさはあまり感じなかった。
・タレは、ベースが醤油みたいだったけど、辛味や酸味の方が強くて、存在感は控えめだった気がした。
・味付けは、ラー油の辛味と花椒の刺激に、酢の系統の酸味がバランスよく組み合わさった、スッキリとした辛味と刺激を感じるパンチの効いた味。
・トッピングの卵黄を混ぜると、少しまろやかになった。

■具材
・ミンチは、程よく引き締まっていて、ところどころカリッとした歯ごたえに、辛くはないけど適度な強さの味付け。
・モヤシはやや太めで、適度に茹でてあり、パリッとした張りを感じる歯ごたえがあった。量も多くなくて、バランス的に、麺を食べる合間の食感のアクセントになっていた。
・海苔は文字がプリントしてある。生地は割としっかりしていて、味や風味は強くなかった印象。
・その他、糸唐辛子と青ネギ輪切りが乗っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、カンスイが効いてツルッと引き締まった細麺で、茹で加減やや固めのメリハリのある歯ごたえだった。スープとの絡みは、ラー油と花椒の辛味に酢か何かの酸味がよく絡んで、汁なし担々麺的な、タレや香辛料のパンチが主役の味わいだった。
・スープは、出汁があっさりしていて、豆乳か何かで白く濁っていて、そこにラー油と花椒と酸味とがよく効いた、スッキリとした辛味と刺激を感じる味わい。後半、トッピングの卵黄を混ぜると、少しだけ丸みがプラスされたけど、大きくは変わらなかった印象。
・具は、モヤシの量が多すぎずに、バランス的に麺を食べる合間の食感のアクセントになっていた。
・どちらかというと、辛味や刺激が主役の担々麺。個人的には、汁ありの担々麺なら、もう少しだけ、辛味や刺激とスープの旨味や丸みとのハーモニーを感じたかったかも。
・お気に入り度は、汁あり担々麺としては3.5点ぐらいだったと思う。香辛料は良かったので、汁なし担々麺ならもっと気に入っていたかも。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【出雲市】らあめん 龍王

らあめん 龍王 【塩らあめん】

塩らあめん(500円)

塩らあめんの麺

■来店の経緯等
・2016年4月、中国地方に遠征。2日目の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・塩らあめん(500円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の10時34分頃。既に3人待ち。

らあめん 龍王

・開店は10時56分。
・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは3人で、男性1人と女性2人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・紙オシボリはカウンターに置いてあり、セルフ。
・麺は振りザルで茹でていた。
・注文から提供まで10分。

■麺
・四角くてウエーブのかかった中細麺。
・うっすらと黄色くて加水中くらいの、表面が滑らかで、多少カンスイの効いた粉の張りと密度感があって、やや角張った麺質。食感は、少し固めというかヤワさのない程よい茹で加減で、多少の当たりとコシを感じてムチッと切れるような歯ごたえ。
・麺の味は、旨味がしっかりしている。お店の案内書きによると、卵入りの模様。
・スープとの絡みはややあっさりしている。スープの優しい旨味と塩気と甘味が程よくサラッと絡んで、麺の旨味と甘さを引き立てている感じ。

■スープ
・清湯の塩。
・あっさりしていて、表面に油が少し浮かんでいる。
・出汁は、恐らくは鶏と豚骨の獣系メインで、魚介や野菜系も入っているかも。獣系は、あっさりとした中に旨味と丸みをじんわりと感じる味わい。
・魚介は、風味の主張は控えめで、昆布か何かを使っているかも。
・出汁由来と思われる優しい甘味も少し感じた。野菜系の出汁かも。
・タレの塩は、優しい塩のコクがあって、スープの甘さと旨味を引き立てている感じ。
・味付けはややマイルド。麺との絡みはあっさり気味だったけど、スープ自体の味はちょうどいい塩梅だった印象で、出汁の旨さをよく感じられた。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・肉は、分厚い角煮風の煮豚。部位はよく分からないけど、肩ロースか何かかも。よく煮込んであって、ホロッとしたシーチキン風で、厚みなりの食べごたえのある歯ごたえ。味は、肉の味がやや抜け気味ながら、旨味のある味付けがあって、肉の旨味や油の丸みと組み合わさった感じの味わい。
・味玉は、黄身がトロッとした半熟で、マイルドな旨味を感じる味付け。
・モヤシはやや太めで、パリッと軽快な張りを感じる歯ごたえがあった。
・青ネギ輪切りは、モヤシと較べると存在感が控えめだったかも。
・海苔は、程よい強さの風味があった。

■全体的な味の感想
・麺は中細で、多少カンスイの効いた粉の密度感があって、噛むと多少の当たりとコシを感じてムチッと切れるような歯ごたえがあった。スープとの絡みはややあっさりしていて、スープの味が麺の旨味と甘さを引き立てていた印象。
・スープは、あっさりとした中に旨味と丸みをじんわりと感じる味わいで、出汁の優しい甘味も少し感じた。塩ダレの味付けが出汁の旨味と甘さを引き立てていて、インパクトとかは無いながら、スープの味はかなり美味しいと思った。
・具は、500円のラーメンとしては色々入っていたのが良かった。
・お気に入り度は、最初の印象が4点、後半のスープの味わいが4.5点で、トータルでは4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■おまけ
・前日の晩、山口駅21時35分発の山口発津和野行普通(2559D列車)に乗車して、山口県から島根県に移動。津和野駅への到着は22時47分。津和野駅近くで宿泊。

山口発津和野行普通(2559D列車)

(津和野駅前)

津和野駅の駅前

・この日の朝は、津和野駅6時47分発の津和野発益田行普通(2531D列車)に乗車。益田駅到着は7時27分。

津和野発益田行普通(2531D列車)

・益田駅からは、7時43分発の益田発米子行快速アクアライナー(3450D列車)に乗車。出雲市駅到着は9時56分。

益田発米子行快速アクアライナー(3450D列車)

(鎌手~岡見間)

山陰本線鎌手~岡見間

(三保三隅~折居間)

山陰本線三保三隅~折居間

(江津~浅利間の江の川)

山陰本線江津~浅利間の江の川付近

■お店の情報

【出雲市】出雲の國 麺家

出雲の國 麺家 【出雲そば入りラーメン】

出雲そば入りラーメン 並盛り(880円)

出雲そば入りラーメンの麺

■来店の経緯等
・2013年4月、山陰旅行の2日目の昼に初の訪問。
・この日は、朝から出雲大社に参拝した後、参道で見つけたこのお店に訪問してみた。

■食べたメニュー
・出雲そば入りラーメン 並盛り(880円)
※メニューには「出雲そばをブレンドしたラーメンを、つけ麺のたれでお召し上がりください。具もたっぷりで、スープ付」と書いてあった。

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は10時59分頃。外待ち無し。
・店内は奥に長くて、奥の方までよく見えないが、先客は20人以上で混み合っていた。
・入口近くのテーブル席に座り、メニューを見て「出雲そば入りラーメン」を注文。名前はラーメンだがメニューの写真と説明はつけ麺で、冷たい麺のみ。
・店員さんは7人で、男性3人と女性4人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・紙オシボリを出してくれた。
・注文から着丼まで19分。

■麺
・四角い中太ストレート。
・蕎麦っぽい色が付いていて、加水高めでみずみずしさがあり、張りとエッジ感のあるしっかりした麺質。食感は、つけ麺的な適度な強さのしっとりとした弾力があって、蕎麦的なコシと歯ごたえのつよさがある、中華麺と蕎麦とのハイブリッド感のあるテイスト。
・麺の味は、全粒粉よりはあっさりとして甘味を感じるコクがあって旨い。
・つけ汁との絡みはあっさりしている。つけ汁の旨味と魚粉のコクがサラッと絡んで、麺の旨さで食べる感じ。

■つけ汁
・白濁した獣系魚介醤油。
・白湯っぽさはあるけど、サラッとしていて油は少なめ。
・出汁は獣系ベースに魚介で、魚介がメイン。
・獣系はライト。
・魚介は、節系と煮干し系の魚粉がガッツリの魚粉味で、コクがキツ過ぎずに旨味とコクとのバランスは取れていた。
・醤油ダレは甘味と旨味があって、魚介と組み合わさって旨味を強めていた。
・味付けはやや濃いめだが、塩辛さや刺激感は無い。
・割りスープが付いていたので、麺を食べた後にスープ割りを作ってみた。味付けが薄まって飲みやすくなるが、味的にはあまり変わらない感じだったかも。

■具材
・具は全て別皿。
・チャーシューは厚切りのバラスライス。表面は炙ってあるが後から冷やしてあり、やや引き締まった食感に、味付けあっさりで脂身のコクも控えめだった。
・ゆで卵は、黄身は固茹でで味付け無しだが、白身の表面にほんのりと味が付いていた。
・アゴのカマボコのスライスは、魚肉のあっさりとした旨味と甘味とコクがあって旨い。
・太モヤシは、程よい茹で加減で表面はシャキッとして中は水っぽい歯ごたえに、ほのかな甘みを感じる味わい。
・梅干しは、酸味と塩気が強過ぎずに、適度な旨味があった。
・その他、キクラゲ、ワカメ、青ネギ輪切りもあった。

■全体的な味の感想
・麺は、中華麺のベースに蕎麦っぽさがうまく組み合わさった味と食感で、良く出来ていると思った。
・つけ汁は、甘旨で魚粉の効いた、ライトマタオマといった味わいだった。
・具はいろいろ入っていたけど、全て別皿だったので、麺をつけ汁に付けて食べるのに邪魔にならずに、付け合わせ的に食べられるのが良かった。
・つけ汁はアレだけど、麺は結構気に入った。つけ麺なので、お気に入り度は麺主体で付けてみた。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5点)

出雲の國 麺家(食後に撮影)

■お店の情報

【松江市】isemiya 527

isemiya 527 【塩ラーメン】

塩ラーメン(650円)

塩ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2013年4月、山陰旅行の1日目の晩に初の訪問。

■食べたメニュー
・塩ラーメン(650円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は20時頃。外待ち無しの先客6人。

isemiya 527

・店内には厨房対面のカウンター席とテーブル席があり、カウンター席に座る。
・メニューを見ると「すべて『塩』ベースになっております。」と書いてあったので、デフォの「塩ラーメン」を注文。
・店員さんは男性2人。
・水は冷水機でセルフ。
・店内には液晶テレビがあって、テレビ番組が映っていた。
・注文から着丼まで15分。

■麺
・四角い中太縮れ。
・表面がツルッと滑らかで、あまりプリッとはしておらずにモチッとした張りとボリューム感があって、縮れ麺らしくエッジ感は少なめの麺質。食感は、モチッとした弾力があって、強くはないが少しズッシリした歯ごたえで、歯切れは良かった。
・麺の味は、あっさりながら甘味があってしっかりしている。
・スープとの絡みはあっさりしている。スープがサラッと絡んで、麺の旨さで食べるタイプ。

■スープ
・清湯の塩。
・あっさりしていて油は少なめ。
・出汁は獣系ベースに魚介。獣系はあっさりでコクは控えめ。
・魚介は、節系の魚粉がトッピングしてあり、旨味は強くなくて、あっさりとした節系の風味がほんのりと効いている。
・タレは、塩にコショウの刺激感がジワッと効いた塩コショウ系。出汁とのバランス的にはタレの味付けはしっかりしているが、タレの旨味は強くなくてサラッとしている。
・塩辛くは無い。

■具材
・チャーシューは厚切りのバラスライス。柔らかくて弾力のある歯ごたえに、甘めのタレの効いた味付け。
・メンマは平べったくて、ポリッと滑らかな歯ごたえに、あっさりした味付け。
・太モヤシは、シャキッと強めの歯ごたえにやや水っぽい味わい。麺との絡みは、モヤシの方が麺より強いが、麺も強いのでバランスは悪くはなかった。
・白ネギは細かいカットで、香味控えめ。

■全体的な味の感想
・麺はツルッとしてモチッとしていて、結構良かった。
・スープは、あっさり味で出汁の印象が弱い気がしたが、麺とのバランスはそれなりに取れていたと思う。
・太モヤシも、強過ぎると思いきや、麺やスープとのバランスは取れていて、いいアクセントになっていた。
・飲み屋街のど真ん中のお店だが、単なる飲んだ後向けのラーメンではなくて、よくまとまっていたと思う。

■お気に入り度: ★★★☆- (3.3点)

■お店の情報
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【21件】
2017年 07月 【30件】
2017年 06月 【15件】
2017年 05月 【20件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ