【松阪市】麺や 青雲志

麺や青雲志 【秋薫る正油らぁ麺】

秋薫る正油らぁ麺(1600円)

秋薫る正油らぁ麺の麺

■来店の経緯等
・2016年10月8日(土)の昼、7週間半ぶり、51回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・今回は、秋の限定「秋薫る正油らぁ麺」狙いで訪問してみた。

■食べたメニュー
・限定の「秋薫る正油らぁ麺」(1600円)
(2016年10月5日(水)から9日(日)までの期間限定。この日は22食限定)
・ごはん(100円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前。
・開店は10時42分。順番に入店し、店内で券売機待ち。
・開店から13分後の10時55分、店内入口の券売機で食券を買い、店内で座って待つ。
・開店から29分後の11時11分、厨房対面のカウンター席に座る。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・椅子の下に荷物入れのカゴが置いてあった。
・ラーメンを待っている間、追加でごはんの食券を買い、注文。
・ごはんが先に提供。
・着席からラーメンの提供まで7分。

■麺
・長方形で中細か中くらいの太さの麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・白くて加水少し低めの、表面はスープが絡んでヌルッと滑らかで、カンスイ控えめな粉の張りとふくらみと適度な密度感のある麺質、食感は、固さのない程よい茹で加減で、少しヌルッとした当たりがあって、噛むとザクッと切れるキレの良い歯ごたえ。
・麺の味は、ややあっさりとした粉の旨味とほのかな甘みを感じる味わい。卵は入っていない感じ。
・スープとの絡みは強め。表面の油混じりのスープが麺を滑らかにして、スープの旨味とコクと風味がよく絡んで、麺の旨さを引き立てていた。

■スープ
・清湯の醤油。
・あっさりながら、表面に油がそこそこ浮かんでスープと少し馴染んでいて、若干の丸みを感じる口当たり。
・出汁は、恐らくは乾物魚介ベースに蛤の貝系とキノコ。キノコ系の旨味とコクがよく効いていて、そこに蛤の旨味と風味が組み合わさって一体化した感じの、濃厚な旨味とコクを感じる味わい。
・表面の油はサラッとしていて、恐らくは植物系で、スープに多少の厚みと丸みをプラスしていた。
・タレの醤油は少し濃いけど、熟成していてカドはない。
・味付けはやや濃いめで、多少強めの塩気が出汁の濃厚さとバランスしている感じ。麺との絡みはちょうど良かった印象。
・ピリッとした刺激感はない。

ごはん(100円)

・麺と大物の具を食べた後、残ったスープにご飯を投入してみた。
・ごはんでスープの味付けが薄まって、ごはんに絡む旨味や風味を程よく感じられた。

■具材
・蛤は殻付き。クニュッとしてプリッと引き締まった歯ごたえに、蛤独特の旨味とコクを感じる味わい。
・キノコは、松茸、ブナシメジ、ナメコ、白いブナシメジ、ハナビラタケ、舞茸、黒アワビ茸。全般的に、スープとのバランス上は味や風味の強いキノコはなくて、食感を楽しむ感じ。
・松茸は、大きくて少し厚みのある縦切りスライスと、やや小振りで縦に半分切りが一つずつ。張りのある繊維感があって歯切れの心地よい歯ごたえに、多少の風味を感じる味わい。スープと較べると、風味はややあっさりに感じたかも。
・ハナビラタケは、サクッと軽快な歯ごたえがあった。
・ナメコはやや大きくて、表面が多少ヌメッとしていた。
・黒アワビ茸は、程よい厚みがあって歯切れの良い歯ごたえ。
・豆は、銀杏、枝豆と白い豆の三種類で、蛤の殻に乗せて提供。銀杏は、多少の弾力を感じる歯ごたえで、枝豆と白い豆も良質感のある張りを感じる歯ごたえがあった。

■全体的な味の感想
・麺は、加水少し低めで長方形の中細麺。表面はスープが絡んでヌルッと滑らかで、ザクッと切れる歯ごたえがあって旨かった。スープとの絡みは、スープの旨味とコクと風味がよく絡んで、麺の旨さを引き立てていた。
・スープは、キノコ系の出汁がよく効いていて、そこに蛤が組み合わさって一体化した感じの、濃厚な旨味とコクを感じる味わい。味付けもやや濃いめで、多少強めの塩気が出汁の濃厚さとバランスしている感じ。
・麺を食べた後、残ったスープにごはんを投入してみたけど、個人的には、ごはんよりも麺の方がスープとの相性は良かったと思う。
・具は、蛤とキノコと豆。キノコは、松茸その他いろいろ入っていて、味や風味的にはスープの方が強くて、食感を楽しむ感じだったかも。
・個人的には、麺とスープとの絡みが一番気に入った。
・お気に入り度は、麺とスープとの絡みが5点、それ以外が4.5点で、トータルでは5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報
スポンサーサイト

【松阪市】麺や 青雲志

麺や青雲志 【特製豆乳冷し塩らぁ麺】

特製豆乳冷しらぁ麺(ウニ氷)(1600円)

特製豆乳冷しらぁ麺(ウニ氷)の麺

■来店の経緯等
・2016年8月の平日の昼、3週間半ぶり、50回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・今回は、昨年食べられなかったウニ氷の豆乳冷やし狙いで訪問。

■食べたメニュー
・限定の「特製豆乳冷しらぁ麺(ウニ氷)」(1600円)
(2016年8月10日(水)から8月31日(水)までの期間限定。豆乳冷しは1日7食ぐらいで、うちウニ氷は1日1~2食)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前。シャッターポール(開店前の待ちの先頭)。
・開店は10時49分。
・最初に店内入口の券売機で食券を買い、注文。
・厨房対面のカウンター席に座る。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・椅子の下に荷物入れのカゴが置いてあった。
・注文から提供まで4分。

■麺
・長方形でウエーブのかかった中細麺。
・白くて加水中くらいの、表面が滑らかでカンスイ感控えめな、キメが細かで程よい粉の密度感があって、やや角張った麺質。食感は、固さのない程よい茹で加減で、冷えて適度に引き締まったコシを感じる歯ごたえ。ウニ氷の効果でだんだんスープの温度が下がるせいもあってか、ウニ氷を溶かしながらゆっくり食べても、最後まで伸びなかった印象。
・麺の味は、あっさりとした粉の味をよく感じる。
・スープとの絡みは、最初は、豆乳の繊細な味と多少の塩気が絡んで、割とあっさりながら、麺の旨さをよく引き立てていた。後半、ウニ氷が溶けてくると、ウニの優しい甘味やコクがプラスされて、麺に絡むウニと塩気との繊細なハーモニー感を楽しめた。

■スープ
・冷たい豆乳塩。温度は最初からやや低めで、それほどキンキンには冷えていなかったと思う。
・割とサラッとしていて、豆乳で少し丸みを感じる口当たり。油は少なめ。
・出汁は、恐らくは魚介で、豆乳のコクを支えるベースになっている感じ。
・豆乳は、割とあっさりながら良質感のあるコクを感じる味わい。
・タレの塩は、強い味ではないけど、スープとのバランス的に多少の塩のコクを感じた。
・味付けは結構繊細で、若干の塩気が豆乳とバランスしていて、豆乳の甘味やコクを引き立てていた印象。
・塩辛さや刺激感はない。

・トッピングのウニ氷が溶けるに従って、だんだんスープにウニの味が加わってきた。スープに溶かしたウニは、食感はほとんど感じなかったけど、スープを少しだけトロッとさせていた印象。
・ウニの味は、味付け感のない生ウニの甘いコクをよく感じる、繊細ながら濃厚な味わいで、豆乳よりは多少強い味だった印象。
・ウニを溶かした分、塩気も最初より少しだけ強まっていた。

■具材
・メンマは四角くて細い。柔らかで少ししなやかな歯ごたえに、多少の旨味を感じる煮ダレ系の味付け。強い味ではないけど、スープの味が繊細なので、メンマの味付けがよく感じられた印象。
・海ぶどうは、プチッと柔らかな張りのある歯ごたえに、マイルドな潮っぽさを感じる味わい。
・カイワレは、優しい張りを感じる軸の歯ごたえに、スープとのバランス的に程よい強さの辛味というか香味があって、スープの薬味の役割を果たしていた。
・イクラは、恐らくは醤油漬け。口に入れるとプチッと潰れる適度に柔らかな食感に、醤油の塩気がやや効いた味付け。ウニ氷とのバランス的には、イクラの味付けがウニの味わいに勝ち気味だったかも。

■全体的な味の感想
・麺は、白くて滑らかに引き締まった中細麺で、ウニ氷を溶かしながらゆっくり食べても、最後まで伸びずに食べられた印象。スープとの絡みは、豆乳やウニの繊細な味と多少の塩気が、麺の旨さをよく引き立てていて旨かった。
・スープは、最初に豆乳の良質感のあるコクを楽しめて、後半は、溶けたウニ氷の味付け感のない甘いコクを楽しめたのが良かった。
・具は、スープの味が繊細だったので、それぞれの具材の味がよく感じられたのが良かった。
・イクラは醤油漬けで、ウニ氷に対してイクラの味付けが勝ち気味だった気がした。トマト氷なら気にならないけど、ウニ氷だとイクラの塩気が気になる感じかも。個人的には、ウニ氷の場合は、味付けしていないイクラで食べてみたいと思った。
・お気に入り度は、最初の豆乳の味わいと途中のウニ氷の味変化が5点、最後の漬けイクラとウニとの相性が4点で、トータルでは5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報

【松阪市】麺や 青雲志

麺や青雲志 【特製ドロ豚骨らぁ麺】

特製ドロ豚骨らぁ麺(1100円)

特製ドロ豚骨らぁ麺の麺

■来店の経緯等
・2016年7月23日(土)の昼、2か月半ぶり、49回目の訪問。2杯食べたうちの2杯目。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)

■食べたメニュー
・特製ドロ豚骨らぁ麺(1100円)

■お店への到着から提供までの概要
・入店時に、1杯目の「冷しまぜそば」と合わせて注文。

■麺
・四角くて少しウエーブのかかった細麺。
・白くて加水中くらいか少し低めの、表面が滑らかで、カンスイ感控えめな中に線の細い粉の張りと結合感があって、やや角張った麺質。食感は、固さのない茹で加減で、噛むと線の細いコシが少しあって、サクッとしてスッと切れる感じの歯ごたえ。ヤワくはないけど、スープとのバランス的には少し柔らかく感じたかも。
・麺の味は、あっさりとした粉の味わい。
・スープとの絡みは強い。細麺にスープのドロドロ感がよく絡んでいて、食感的にはスープ勝ちに感じた。スープの味付けは強くないので、味的にはまだバランスが取れていたかも。麺に絡んだスープを味わう感じのバランス。

■スープ
・白濁した獣系。
・ドロドロしていて粘度高めで、スープの量は少なめ。ややコッテリしているけど、油は多くなくて、それほど重たくなかったと思う。
・出汁は獣系で、恐らくは豚骨メイン。メニュー案内には「豚骨、足、軟骨」と書いてあった。ゼラチン感強めで汁気少なめなドロドロ感がメインで、その中に優しい旨味を感じる味わい。豚骨の風味やコクは控えめ。
・タレは、恐らくは塩ベースで、塩のコクや塩気の主張は控えめ。
・味付けは、マイルドながら出汁とのバランス的には少し厚みを感じる穏やかな旨味があって、ドロドロ感とバランスしていた。麺との絡みでは、獣系っぽさを抑えるためか、ほのかな香味を感じた気がした。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは厚切りの肩ローススライス。ムチッと滑らかで割と柔らかな厚みを感じる歯ごたえに、味付けマイルドで、脂の丸みが少し混じった肉の旨味を感じる味わい。
・味玉は、黄身が半熟で味付けはマイルド。
・メンマは四角くて太い。柔らかい中に多少の繊維感のある歯ごたえに、程よい旨味を感じる煮ダレ系の味付け。
・玉ねぎは四角いカット。シャリッと優しい張りを感じる歯ごたえに、辛くはないけど多少の香味があった。最初の方はマイルドに感じたけど、後半はスープの味よりも玉ネギの香味の方が強く感じてきた印象。
・その他、海苔が乗っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、固さのない茹で加減の細麺で、ドロドロしたスープが強めに絡んでいて、食感的にはややスープ勝ちだった印象。たまたまのブレかも知れないけど、個人的には、このスープなら、もう少し固めの茹で加減の方が合う気がした。もしくは、もう少し太い麺を合わせる方が好みかも。
・スープは、汁気少なめで粘度高めの獣系塩で、豚骨の風味やコクは控えめな、ドロドロ感が主役の味わい。味付けはマイルドで、穏やかな旨味がドロドロ感とバランスしていた。
・具は、玉ねぎが四角いカットで、辛くはないながら、後半は香味がスープに対して結構主張していた。
・ドロドロしたスープが大好きな人向けのラーメン。前回食べた時と較べると、スープに対して麺がやや弱かった気がした。
・お気に入り度は、最初の印象が4点、後半が3.5点で、トータルでは3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【松阪市】麺や 青雲志

麺や青雲志 【冷しまぜそば】

冷しまぜそば(900円)

冷しまぜそばの麺

■来店の経緯等
・2016年7月23日(土)の昼、2か月半ぶり、49回目の訪問。2杯食べたうちの1杯目。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)

■食べたメニュー
・夏季限定の「冷しまぜそば」(900円)
(2016年7月23日(土)から8月7日(日)までの期間限定。1日7食限定)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前。既に6人待ち。
・外で並んでいる間、先に「冷しまぜそば」を食べるか聞かれて、食べると回答。
・開店は10時54分。
・最初に店内入口の券売機で食券を買う。
・厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。
・店員さんは3人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・椅子の下に、荷物入れのカゴが置いてあった。
・注文から提供まで7分。具材は麺と別容器で提供。

■麺
・長方形で平打ちの、ウエーブがかかった太麺。
・うっすらと黄色くて加水中くらいか少し低めの、表面がツルッと滑らかで、ゴワッとはしておらずに、よく引き締まった粉の密度感と結合感のある麺質。食感は、芯はないながら少し固めに感じる茹で加減で、当たりは滑らかながら、噛むとガシッと中身の詰まったコシを感じる、強めの歯ごたえ。
・麺の味は、粉の旨味をよく感じる。
・タレとの絡みは良好。油が麺の表面を滑らかにしていて、タレの旨味と魚介の風味が程よく絡んで、油の丸みと組み合わさって麺の旨さを引き立てていた。

■タレ
・植物系メインの油と、醤油系のタレが組み合わさっている。
・油は、冷えていても滑らかな植物系の口当たりの中に、獣系の風味が少しプラスしてある感じで、麺とよく絡んでいた。
・タレは、ややマイルドなコクを感じる醤油ベースに、乾物魚介系の旨味と風味が組み合わさった味付け。スパイス系は隠し味的に効いていて、それほど前には出ていなかった印象。
・味付けは、麺や油とのバランスの取れた、パンチの強くない程よい濃さで、塩辛さや刺激感はない。

■具材
・トマト以外は別皿で提供。最初に麺とトマトをよく混ぜて、少しだけ麺を食べてから、別皿の具と麺を混ぜてみた。
・トマトは小さめの角切り。最初から麺の上に乗っていて、酸味や旨味甘味は強くなくてサッパリしていた印象。
・チャーシューは、厚切りスライスの短冊切りで、肩ロースとモモの二種類。
・肩ロースチャーシューは、ムチッと柔らかな張りを感じる歯ごたえに、味付けマイルドで、脂の丸みが少し混じった肉の旨味を感じる味わい。
・モモチャーシューは、引き締まった弾力があって噛み心地のよい歯ごたえに、あっさりとした肉の旨味をよく感じる味わい。
・メンマは、太いのと細いやつの二種類。
・太いメンマは四角くて、多少の繊維感があるけど、噛むとスッと切れる割と柔らかめの歯ごたえ。味は、お店で仕込んでいるのがよく分かる感じの、マイルドな旨味があって良質感のある煮ダレ系の味付け。
・細い方のメンマは、麺と絡むと存在感控えめだったかも。
・ベビースターラーメンは、麺によく絡んで、カリッとした歯ごたえが食感のアクセントになって、麺の旨さを引き立てていた。
・海苔は、タレと絡むと少しだけタレに馴染んで小さくバラけて、まぜそばに海苔の風味をプラスしていた。
・その他、薄切りスライスの玉ネギが入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、長方形平打ちの太麺で、当たりは滑らかながら、ガシッと中身の詰まったコシを感じる強めの歯ごたえ。タレとの絡みは良好で、油の滑らかさとタレの旨味が麺の旨さを引き立てていた。
・タレは、マイルドな醤油ベースに乾物魚介系の旨味と風味が組み合わさっていて、油の丸みや風味とのバランスの取れた、パンチの強くない程よい濃さの味付け。
・具は、ベビースターラーメンや海苔が麺と絡んで、いい仕事をしていた。
・チャーシューや太いメンマも、麺の付け合せで食べると旨かった。
・お気に入り度は、最初の印象が4.5点、後半が5点で、トータルでは5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報

【松阪市】麺や 青雲志

麺や青雲志 【特製つけ麺】

特製つけ麺(1100円)

特製つけ麺の麺

■来店の経緯等
・2016年5月7日(土)の昼、5か月ぶり、48回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)

■食べたメニュー
・特製つけ麺(1100円)
(1日10食限定)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前。既に4人待ち。
・開店は10時50分。
・最初に店内の券売機で食券を買う。この日からつけ麺がメニューに復活していたので、つけ麺を選択。
・厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・椅子の下に荷物入れのカゴが置いてあった。
・注文から提供まで7分。

■麺
・四角い極太麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・色が薄くて加水やや高めの、表面が滑らかでみずみずしくて、水を含んだ粉の張りとボリューム感のある麺質。食感は、少し柔らかめというか固さのない茹で加減で、プルッとしてモッチリとした厚みがあって優しい弾力を感じる、口当たりの心地よい歯ごたえ。
・麺の味は、やや多加水系でみずみずしくて、粉の旨味をよく感じる味わい。
・つけ汁との絡みは良好。つけ汁の旨味とトロミと魚介の風味が程よく絡んで、麺の味や食感とのバランスが取れていて、麺の旨さを引き立てていた印象。

■つけ汁
・白濁した獣系魚介醤油。
・少しドロッとしていて、多少の油が溶け込んでおり、ややオイリー。
・出汁は、獣系ベースに魚介。獣系は恐らくは豚骨メインで、ゼラチン感が多少あり、油混じりのトロミと丸みと旨味があって、味のベースになっていた。獣系っぽい風味とかは控えめだったと思う。
・魚介は、節系や煮干系などの、魚粉混じりの風味と旨味がしっかりしていて、獣系のトロミ丸みやタレの味付けとバランスよく組み合わさっていた。
・タレの醤油は少し濃いけど、塩辛さや醤油辛さとかはなかったと思う。
・味付けは、やや濃いながらそのままでも飲める程度の味の濃さで、醤油ダレの味と魚介の旨味や風味がバランスしていた。獣系の丸みともバランスが取れていた印象。
・香辛料系の刺激感はなかった。

・割りスープは、小さな魔法瓶でつけ麺と一緒に提供。
・魚介出汁で、昆布などの濃厚な出汁感のベースの上に、蛤か何かの貝系の旨味と風味がよく効いていた。キノコ系も少し感じた気がしたけど、違うかも。
・つけ汁と割りスープは混ぜずに別々に味わった。

■具材
・チャーシューは短冊切りの肩ロース。レアよりは少しだけ熱が入っていて、脂身混じりでムチッと滑らかな張りと弾力のある歯ごたえ。味は、多少の塩気のあるタレの味付けが、肉の旨味と丸みを引き立てている感じの味わい。
・味玉は一個。黄身は固めの半熟で、味付け控えめの、やや熱が入った卵の甘味を感じる味わい。
・メンマは四角くて太い。噛むとスッと切れる、太くて柔らかな繊維感のある歯ごたえに、和風の旨味を感じる煮ダレの味付け。
・白ネギ輪切りは、つけ汁とのバランス的に主張控えめで、優しい歯ごたえがあった。
・海苔は生地がしっかりしている。麺を海苔で巻いて、つけ汁に少し付けて食べると旨かった。
・スダチは小さくて半分切り。後半、果汁を絞って麺にかけてみた。麺にサッパリとした酸味がプラスされて、味変化になっていた。

■全体的な味の感想
・麺は、四角い極太麺で、プルッとしてモッチリとした心地よい歯ごたえがあって、麺の味もみずみずしい粉の旨味があって旨かった。つけ汁との絡みは、麺とつけ汁とのバランスが取れていて、麺の旨さが引き立っていた。麺質が変わったのか、それとも茹で時間の関係か、今回は少し柔らかめに感じたけど、モッチリとみずみずしくて旨かった。
・つけ汁は、油混じりで少しドロッとした獣系ベースに、魚粉混じりの魚介の旨味や風味がよく効いていて、醤油ダレの味付けがバランスよく組み合わさっていた。
・バランスが取れていて、良質感のあるつけ麺。
・お気に入り度は、最初の印象が4.5点で、トータルでは5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報

【松阪市】麺や 青雲志

麺や青雲志 【青雲志らぁ麺】

青雲志らぁ麺(1000円)

青雲志らぁ麺の麺

■来店の経緯等
・2015年12月6日(日)の昼、8日ぶり、47回目の訪問。
・前回の訪問時、店主さんからこの日のラーメンのお話を伺ったので、訪問してみた。

■食べたメニュー
・期間限定の「青雲志らぁ麺」(1000円)
(2015年12月6日限定。150食限定)
・ごはん(100円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前。外待ち40人くらい。
・開店は9時33分。
・開店から36分待ちで入店。
・最初に店内入口の券売機で食券を買い、店内で立って待つ。
・券売機の置き場所が入口正面から入口横に変更されていて、券売機のあった場所にカウンター席が2席増えていた。
・入店から3分後、先に食券を渡して注文。ごはんの食券は後で渡すよう説明があった。
・入店から6分後、店内で座って待つ。
・入店から12分待ちで、厨房対面のカウンター席に座る。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・椅子の下に荷物入れのカゴが置いてあった。
・着席から提供まで2分。

■麺
・長方形で中細の、少しウエーブのかかったストレート。
・白くて加水やや低めの、カンスイ控えめで引き締まった粉の密度感があって、角張った麺質。食感は、ほんの少し固めの茹で加減で、噛むとサクッとしてプツンと切れる、キレの良い歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりとした粉の味わい。
・スープとの絡みは、スープ自体の味と較べるとややあっさりしていたけど、麺の味よりもスープの方が少しだけ強い感じのバランスだった印象。表面の油の絡みが麺の口当たりを滑らかにして、スープの旨味と風味が程よく絡んでいた。

■スープ
・清湯の醤油。
・あっさりしていて、油が少し浮かんでいる。10月に食べた「秋薫る正油らぁ麺」よりはサラッとしていた感じ。
・出汁は、魚介ベースに貝系とキノコ。麺との絡みでは、デフォの正油らぁ麺と割と似ていた感じながら、スープ自体の味では、蛤の貝系とキノコ系とが組み合わさった旨味をじんわりと感じて、デフォの正油よりも出汁感が濃厚だったと思う。
・蛤は、風味がそれほどガツンとは来ずに、濃厚ながらキノコやタレとバランスしていた印象。
・タレの醤油は、少しだけ塩気を感じるけど、よく熟成していてカドはない。
・味付けは、牡蠣煮干を仕込んだ牡蠣醤油テイストの旨味があって、多少濃いながら塩辛いまでは行かずに、出汁の旨味とバランス良く組み合わさっていた。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、厚切りで大きい肩ローススライス。スープによく浸しておいて、麺を食べた後にご飯と一緒に食べた。脂身混じりで、ムチッと柔らかで滑らかな弾力があって、厚みなりの食べごたえがありながら固さのない歯ごたえ。味は、味付け控えめで、脂身のコクも強すぎずに、脂の丸みと甘味混じりのあっさりとした肉の旨味を感じる味わい。スープとの相性は良かったと思う。
・味玉は、黄身がやや固めの半熟。味付け控えめで卵自体の濃厚な味をよく感じた。
・メンマは四角くて細い。柔らかな張りがあって噛むとスッと切れる歯ごたえに、甘めの旨味を感じる煮ダレ系の味付け。
・白ネギ輪切りは、多少のシャリッとした歯ごたえがあって、風味は強くなかったと思う。
・その他、海苔が乗っていた。

■ごはん

ごはん(100円)

・麺を食べた後、食券を渡して注文。
・白ご飯を茶碗に入れての提供で、残しておいたチャーシューをオカズに、スープを掛けて食べてみた。
・今回のスープは、味付けがそれほど濃くなかったので、ご飯に掛けるよりも、そのまま味わった方が出汁の旨味をよく感じられたと思う。
・チャーシューも、味付けが控えめなので、ご飯のオカズというよりも、単体で味わう向きの味だったかも。

■全体的な味の感想
・麺は、サクッとしてプツンと切れる、キレの良い歯ごたえの中細麺で、スープの旨味と風味が程よく絡んでいた。メニュー案内によると、小麦粉は北海道産の強力粉「春よ恋」100%使用ということで、食感や味がレギュラーの細麺と違っており、個人的には、麺の味はレギュラーの細麺の方が好みだったかも。
・スープは、牡蠣醤油ダレの熟成した旨味があって、蛤とキノコの出汁の濃厚な旨味をじんわりと感じる味わいで、個人的には、麺との絡みよりもスープ自体の味の方が出汁の旨味をよく感じられた印象。濃厚さの度合は、デフォの正油らぁ麺秋の限定メニュー「秋薫る正油らぁ麺」との間くらいで、秋薫るよりはあっさりしていたと思う。
・具は、チャーシューが大きくて、脂身混じりで柔らかな弾力のある歯ごたえで、味付けはあっさりしていた。
・ごはんは、10月に秋薫る正油らぁ麺を食べた際、スープの味がそのまま飲むにはやや濃かったので、今回もそうかと思い最初に食券を買っておいたけど、今回のスープは秋薫るほど味が濃くなかったので、ご飯と合わせるよりそのまま味わった方が旨かったと思う。
・お気に入り度は、麺が4.5点、スープが5点で、トータルではラーメン単体で5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報

【松阪市】麺や 青雲志

麺や青雲志 【まぜそば】

まぜそば(旧スタミナまぜそば)(800円)

まぜそば(旧スタミナまぜそば)の麺

■来店の経緯等
・2015年11月28日(土)の昼、5週間ぶり、46回目の訪問。2杯食べたうちの2杯目。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)

■食べたメニュー
・まぜそば(800円)
(旧「スタミナまぜそば」)

■お店への到着から提供までの概要
・入店時に、1杯目の「特製ドロ豚骨らぁ麺」と合わせて注文。

■麺
・平打ちで少しウエーブのかかった太麺。
・色は薄めで加水中くらいかやや高めの、表面が滑らかで、プルッとした密度感と結合感のある麺質。食感は、固さや芯はないながら、滑らかで適度に引き締まった弾力があって、コシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、やや多加水系で、粉の旨味を感じる味わい。
・タレとの絡みは、タレの旨味と油の風味がよく絡んでいたけど、タレの味付けが強くないので、味の絡みはややマイルドに感じたかも。

■タレ
・汁気は控えめで、粉っぽさはなくて、多少の油が混ざっている。
・ベースは塩か薄い醤油かよく分からない感じ。魚介か何かの旨味があって、油の丸みや風味と組み合わさった、割とマイルドな味わい。
・油は、植物系メインに獣系も入っているかも。
・ニンニクはほんのりと効いていて、香味やパンチは控えめだった印象。
・香辛料系の刺激感とかは無かったと思う。

■具材
・チャーシューは、厚切り肩ローススライスの短冊切り。ムチッと滑らかで柔らかな弾力のある歯ごたえ。味は、脂身の丸み混じりでコッテリと熟成した肉の味わい。味付けは強くないながら、サイドを強めに焼いていて、焦げたタレの香ばしさが多少あった。
・メンマは太いのと細いやつの二種類。太いのは、ポリッと滑らかな繊維感のある歯ごたえに、旨味を感じる味付け。細いのは、固くなくて繊維感控えめでサクッと切れる歯ごたえに、太いのよりもあっさりとした味付け。
・ベビースターラーメンは、麺に絡んで、多少のカリッとした歯ごたえがあった。よく混ぜたので、タレと少し馴染んでいて、麺に対する食感の主張はそれほど強くなかったかも。
・海苔は、やや小さめの長方形にカットした味付け海苔。よく混ぜてから食べたので、麺やタレと馴染んでいた。
・その他、白ネギ輪切りと玉ネギの薄切りスライスが入っていた。こちらもよく混ぜたせいか、風味の主張は強くなかったと思う。

■全体的な味の感想
・麺は、弾力とコシを感じる平打ち太麺。タレとの絡みは、味の絡みはややマイルドながら、油の風味が程よく絡んでいた。
・タレは、油の風味と丸みが適度に効いた、マイルドな旨味を感じる味付け。ニンニクはほんのりとした効き具合だった印象。
・具は、よく混ぜると麺やタレとの一体感があった。
・プレーンな味のまぜそばで、個人的には、タレにもう少しだけパンチが欲しかったかも。
・お気に入り度は、麺が4点で、トータルで3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【松阪市】麺や 青雲志

麺や青雲志 【特製ドロ豚骨らぁ麺】

特製ドロ豚骨らぁ麺(1100円)

特製ドロ豚骨らぁ麺の麺

■来店の経緯等
・2015年11月28日(土)の昼、5週間ぶり、46回目の訪問。2杯食べたうちの1杯目。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)

■食べたメニュー
・準デフォ(個数限定)の「特製ドロ豚骨らぁ麺」(1100円)
(限定数は5~10食程度で、この日は13食)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前。先に車が1台止まっているけど、一応シャッターポール(開店前の待ちの先頭)。
・開店は10時50分。
・最初に店内の券売機で食券を買う。
・厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・椅子の下に荷物入れのカゴが置いてあった。
・注文から提供まで2分。

■麺
・四角い細麺か中細のストレート。提供時には絡まり気味だった。
・白くて加水やや低めの、カンスイ控えめで、粉の張りと密度感があって、角張った麺質。食感は、やや固めの茹で加減で、細身ながら中身が詰まっていて、パツンとしてザクッとした歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりとした粉の旨味をよく感じる。
・スープとの絡みは強め。スープのトロミと塩気混じりの旨味がよく絡んで、麺の旨さを引き立てていた印象。麺とスープがよく絡むので、麺を食べ終わるとスープが結構減っていた。

■スープ
・白濁した獣系塩。
・ドロドロしていて粘度高めで、多少の油が溶け込んでいるけどそれほどコッテリはしていない感じ。
・出汁は豚骨の獣系。ドロッとしたゼラチン感があって、肉も混じったような旨味と丸みを感じる味わい。バランス的に、豚骨っぽいコクとか風味はやや控えめだった気がした。
・タレの塩は、多少の塩気があって、魚介か何かも入ったようなタレの旨味と組み合わさっていた。
・味付けは結構濃くて、出汁のドロドロ感とバランスしていて、麺との絡みではいい塩梅だったと思う。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは厚切りの肩ローススライス。提供時は中の方が少し赤かったので、スープに浸してから食べた。固さや筋っぽさはなくて、ムチッと滑らかな弾力があって多少の食べごたえのある歯ごたえ。味は、スープの味がよく絡んでいて、脂身の丸み混じりの肉の旨味を感じる味わい。サイドが強めに焼いてあって、その部分に多少の醤油系のタレの味付けを感じた。
・味玉は、黄身がやや固めの半熟で、多少の旨味のある味付けが卵自体の味を引き立てていた。
・メンマは太くて大きい。噛むと沈み込むような滑らかな繊維感のある歯ごたえに、甘めの旨味のある味付けがスープに対して結構主張していた。
・生玉ネギは1cmぐらいの角切り。シャリッとした歯ごたえと強めの香味があって、玉ネギの香味がスープに対して勝っていた印象。
・海苔は生地がしっかりしていて、スープと合っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、茹で加減やや固めの細麺で、パツンとしてザクッとした歯ごたえがあって、ドロッとしたスープが強めに絡んで麺の旨さを引き立てていた。
・スープは、ドロッとしていて、塩気混じりのタレの旨味が強めの味付け。豚骨のコクとか風味はやや控えめだったけど、塩気と旨味とドロドロ感とのバランスが取れていて、麺との相性は良かったと思う。
・具は、玉ネギ角切りの香味が強くて、スープの味に勝ってしまっていた印象。
・海苔はスープと合っていた。
・チャーシューもスープと合っていて旨かった。提供時は少し赤かったけど、スープに浸すと気にならなくなった。
・名前通り、濃厚豚骨というよりもドロ豚骨のラーメンで、個人的には麺とスープとの絡みが結構気に入った。
・お気に入り度は、麺が4.5点、玉ネギとスープとの相性が3.5点で、トータルでは4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【松阪市】麺や 青雲志

麺や青雲志 【特製つけ麺】

特製つけ麺(1080円)

特製つけ麺の麺

■来店の経緯等
・2015年10月24日(土)の昼、3週間ぶり、45回目の訪問。2杯食べたうちの2杯目。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・レギュラーメニューのつけ麺は10月末までの提供で、11月~3月は休止予定との告知があったので、注文してみた。

■食べたメニュー
・特製つけ麺(1080円)

■お店への到着から提供までの概要
・入店時に、1杯目の「特製3年熟成たまり麹らぁ麺」と合わせて注文。

■麺
・四角くてウエーブのかかった太麺。
・加水やや高めの、表面がツルッと滑らかで、みずみずしい粉の結合感とボリューム感のある麺質。食感は、当たりは滑らかながら強めのコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、みずみずしさの中に、あっさりとした粉の旨味をよく感じる味わい。
・つけ汁との絡みは、つけ汁のトロミと魚介の味が絡んでいた。味の絡みはややマイルド気味だったけど、麺とのバランスは取れていたと思う。
・後半は、スダチを麺に絞ってみた。酸味は強くなくて、ほんのりとした清涼感を麺にプラスしていたけど、つけ汁と絡むとつけ汁の味の方が強かったかも。

■つけ汁
・白濁した獣系魚介醤油。
・ややドロッとしていて、多少の油が溶け込んでいる感じ。
・出汁は、獣系ベースに魚介。獣系は、恐らくは豚骨と鶏だと思う。ゼラチン感が少しあって、獣っぽさとかは控えめで、少しオイリーながら割と軽快な味わいで、味のベースになっていた。
・魚介は、節系や煮干系などの乾物魚介の味が濃厚で、魚粉も混じっている感じ。麺にも魚介の風味と味がよく絡んでいた。以前に食べた時は、魚介の酸味も感じたけど、今回は感じなかった。
・タレは、恐らくは醤油ベース。多少の濃さを感じるけど、醤油のコクの主張は強くない感じ。
・味付けは割と強くて、つけ汁をそのまま飲むと、塩気とコショウか何かの香辛料系のパンチを結構強めに感じた。ただし、麺との絡みでは塩気や香辛料の主張は控えめで、むしろマイルドな味付けに感じたかも。

・麺と具を食べ終わった後、残ったつけ汁に割りスープを投入してみた。
・割りスープは、小さな魔法瓶でつけ麺と一緒に提供。魚介系の濃厚な出汁で、昆布や節系などの他に、貝系の旨味を感じた。今回は、いつもよりややぬるめだったかも。
・つけ汁をスープで割ると、味付けが薄まって飲みやすくなった。

■具材
・チャーシューは短冊切りでレアの肩ロース。食べた時点では、熱が入っているのとレアなのが混在していた。ムチッとした弾力のある歯ごたえに、脂の甘味混じりの肉の旨味を感じる味わい。熱の入っていた方が、旨味が強まっていて旨かった印象。
・味玉は、黄身がトロッと半熟で、味付け控えめの濃厚な卵のコクがあったけど、つけ汁の味が強いので、ラーメン系と較べると卵自体の味はやや感じにくいかも。
・メンマは太くて四角い。噛むとスッと沈み込む感じの柔らかな繊維感のある歯ごたえに、旨味強めで結構しっかりした味付け。
・白ネギ輪切りは、つけ汁とのバランス的には主張控えめながら、噛むと多少のシャリッとした歯ごたえと風味があった。
・麺の容器には、大きな海苔が2枚。生地は割と強め。麺を海苔で巻いて、つけ汁を少し付けて食べるのが個人的には好みの食べ方。

■全体的な味の感想
・麺は、みずみずしくてコシが強めの太麺で、麺の味も旨かった。
・つけ汁は、ドロッとした白濁獣系ベースに魚介の味が強めに効いていた。味付けは割と強くて、香辛料系も入っていたけど、麺との絡みではむしろマイルドな味付けに感じたかも。
・具は、チャーシューが短冊切りで、レアなのと熱が入ったのとが混在していて、熱の入った方が旨味が強まっていて旨かった。
・味玉は味付け控えめで、つけ汁の味の方が強かったかも。
・メンマは太くて、味付けもつけ汁に負けていなかった印象。
・海苔は、麺を巻いてつけ汁を付けて食べると旨かった。
・このお店でデフォのつけ麺を食べるのは1年半ぶりの3回目で、前回とはつけ汁が少し変わっていた印象。
・お気に入り度は、最初の印象が4.5点、後半が4点で、トータルでは4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【松阪市】麺や 青雲志

麺や青雲志 【特製3年熟成たまり麹らぁ麺】

特製3年熟成たまり麹らぁ麺(1000円)

特製3年熟成たまり麹らぁ麺の麺

■来店の経緯等
・2015年10月24日(土)の昼、3週間ぶり、45回目の訪問。2杯食べたうちの1杯目。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)

■食べたメニュー
・期間限定の「特製3年熟成たまり麹らぁ麺」(1000円)
(2015年10月21日(水)から2週間ぐらいの期間限定。1日6食限定)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前。既に1人待ち。
・開店は10時47分。
・最初に店内の券売機で食券を買う。
・厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・椅子の下に荷物入れのカゴが置いてあった。
・注文から提供まで3分。

■麺
・平打ちで縮れた太麺。
・少し色が付いていて加水中くらいかやや高めの、表面がツルッと滑らかで、プルッとした粉の張りと結合感があって、適度に中身が詰まっていて、平打ちながらペラッとはしていない麺質。麺の色はスープの色かも。食感は、固さのない程よい茹で加減で、モチッとしてプルッとした中に多少のコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、ややカンスイが効いて熟成した感じの、このお店の麺としては割と強めでしっかりした味。卵も入っているのかも。
・スープとの絡みは、表面の油が絡んで口当たりを滑らかにしていて、スープの甘味と旨味が程よく絡んで、麺の味とのバランスも取れていたと思う。

■スープ
・清湯の醤油。
・あっさりしていて、表面にサラッとした油が多少浮かんでいる。
・出汁は、恐らくは魚介系だと思うけど、タレの味が強くてよく分からなかったかも。
・タレのたまり醤油は、熟成していて丸みがあって、醤油のカドや辛さはなかったけど、そこそこ濃いので塩気はそれなりにあった印象。ただし、麺との絡みでは塩気や醤油のコクはあまり感じなかったと思う。そこに、麹の甘味が組み合わさっていて、甘旨さとたまり醤油の丸みとがバランスしていた。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは厚切りの肩ローススライス。ややレアっぽくて、食べた時点ではスープの熱が多少入っていた。ムチッとした肉の弾力があって、歯切れは良いながら一部には筋っぽさも感じる歯ごたえ。味は、味付け控えめで、ややあっさりとしたレアな肉の旨味があった。
・味玉は、黄身が半熟でトロッとしていて、味付けはかなり控えめで卵自体の濃厚な味をよく感じられた。
・メンマは細い。柔らかくて滑らかな歯ごたえに、旨味のある味付け。
・白ネギ輪切りは、麺やスープとのバランス的に、主張控えめに感じたかも。
・その他、海苔が乗っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、ツルッとしてプルッとしてモチッとした平打ち縮れ太麺で、麺の味もしっかりしていた。スープとの絡みは、スープの甘味と旨味が程よく絡んでいた。スープに合わせてか、このお店のレギュラーの麺とは少し違っていたように思った。
・スープは、熟成したたまり醤油の丸みのある味に、麹の甘味が組み合わさった味付けで、どちらかというと出汁よりも醤油と麹の方が主役だった印象。
・具は、レギュラーメニューと同じだった。
・このお店のチャーシューの熱の入り具合は毎回少しずつ違っていて、今回は割とレアっぽかったと思う。
・味玉は味付け控えめで、卵の味がよく感じられて旨かった。
・麺もスープも個性的で、限定メニューらしさのある一杯だった。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報
プロフィール

Author:かもしか
2011年11月27日始動。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、基本的に、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 02月 【34件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ