【高槻市】あす流

あす流 【夜ノつけめん大盛】

夜ノつけめん大盛(1000円)

夜ノつけめん大盛の麺

■来店の経緯等
・2013年7月の平日の晩、6週間ぶり、6回目の訪問。
・この日は、夏の夜営業限定の「夜ノつけめん」狙いで訪問してみた。

■食べたメニュー
・夜ノつけめん(850円)
(6月12日(水)から提供開始の、夜のみ、夏季限定メニュー。数量限定。)
・大盛(+150円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には、2階の通路に外待ち3人。

あす流

・到着から12分待ちで入店。厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て「夜ノつけめん」を注文。店主さんに麺の量を聞いたところ、

 並 230g
 大盛 400g

との事だったので、大盛で注文。
・店員さんは男性2人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から着丼まで10分。麺の方の容器は、前回訪問時の「角長醤油匠」で使っていた丼だった。

■麺
・平打ち中太ストレート。常温の水で締めてある。
・加水やや低めの、ゴワッとはしていないけど、滑らかというよりはややザラッとした引っ掛かりがある感じで、適度に密度感のある麺質。食感は、平打ちながらペラッとはしておらず、固くはないけど程よく引き締まった歯ごたえ。
・麺の味は、粉の味がしっかりしている。
・つけ汁との絡みはあっさりしている。つけ汁のタレの旨味がサラッと絡んで、麺の味主体で食べる感じ。絡みはあまり強くないけど、ドップリ付けるよりもサッと付けて食べる向きだと思う。
・大葉の風味は、最初の方は麺に絡んでいたけど、後半はあまり絡まなかった。
・水切りはややユルめで、大盛ながら最後まで表面は乾かなかった。

■つけ汁
・清湯の獣系塩。
・あっさりしていて、多少の油が浮いていて口当たりを丸めている。
・出汁は、恐らく鶏の獣系で、塩ラーメンと同じか。あっさりとした旨味があって、コクはやや控えめ。
・タレは塩ベース。塩のコクとタレの旨味とがうまく組み合わさった味わい。そこに、一味の刺激感が結構効いている。ただし、麺との絡みでは一味はそれほど感じなかった。また、一味のせいか、タレの魚介の風味もそれほど感じなかった。
・味付けは、塩ラーメンよりは濃いけど、つけ汁としてはそれほど濃くはないと思う。

・スープ割りは、店員さんに容器を渡して返して貰う方式。スープと白ネギ輪切りを足してくれる。塩ダレと一味の味が薄まって、サラッとした味わい。

■具材
・チャーシューは、厚切りのバラスライス1枚と、バラの角切り。柔らかいながら程よく引き締まった歯ごたえに、タレの旨味がサラッと効いていて、脂身のコクの混じった味わい。
・軸の赤いスプラウトはつけ汁の中に入っている。麺の上に乗せていないのは好感が持てるけど、あまり麺と絡まないので、量の割には主張が控えめだったかも。
・白ネギ輪切りは、香味控えめのサッパリとした味わいが、スープの口当たりを和らげていた。
・大葉は細かいカット。最初の方は風味がよく絡んでいたけど、後半は量が減ってきたせいか、だんだん絡みが弱くなってきた。

■全体的な味の感想
・麺は、ツルッとしていなくて味が強めなのが個性的で良かった。ラーメンと同じようなプリッとした麺を予想していたが、全然違う麺だった。
・つけ汁は、塩ラーメンのスープと似ている感じだったが、一味が多めに入っていて少し印象が違っていた。
・麺とつけ汁の絡みはあまり強くないけど、その分、麺の味がしっかりしていて、麺の味で食べるタイプの麺主役のつけ麺。麺とつけ汁とのバランスもよく考えてあると思う。
・具は、角切りのチャーシューが食べごたえがあって良かった。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報
スポンサーサイト

【高槻市】あす流

あす流 【角長醤油匠】

角長醤油匠(700円)

角長醤油匠の麺

■来店の経緯等
・2013年6月の平日の夕方、2か月ぶり、5回目の訪問。
・この日の夜営業から3日間、限定メニューを提供することを当日の朝に知った。この日は休みだったので、夕方のシャッター狙いで訪問してみた。

■食べたメニュー
・限定の「角長醤油匠」(700円)
(2013年6月6日(木)の夜営業から3日間の期間限定。1日30食限定)
※大盛り・替玉不可。

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の17時40分頃。既に5人待ちで6人目。
・17時51分頃には8人待ちになった。
・開店は17時58分。入店してカウンター席に座る。カウンターは7席で、自分の後ろは2人連れだったので、最初に入店したのは6人だった。
・メニューを見て、限定の「角長醤油匠」を注文。ちなみに、最初に入店したメンバーは、全員が限定を注文。
・店員さんは3人で、男性2人と女性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・厨房を見ていると、麺を手で揉んでいた。
・注文から着丼まで18分。今回の限定用の丼が5杯しか無い模様で、1人目が食べ終わってからの着丼だった。

■麺
・平打ちの太麺。手揉みが入って強めの縮れ。
・加水高めの、表面がツルッと滑らかでプリッとしていながら、割と密度感があってしっかりした麺質。食感は、モチッとして引き締まった弾力があって、噛むと押し返しながらムニュッと切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、加水高め系で強くはないがしっかりしている。
・スープとの絡みはあっさりしている。スープの旨味がサラッと絡んで、ほのかに生姜みたいな風味を感じた。

■スープ
・清湯の獣系醤油。
・あっさりしていて、上に油が浮かんでいる。
・出汁は、恐らく鶏の清湯獣系に昆布か。出汁の旨味はきちんとあるけど、タレとのバランス的にはややあっさり気味に感じたかも。具の白ネギ輪切りから出た風味も少しだけ混ざっていた。
・タレの醤油は、深みがあってキレの良い芳醇な濃口醤油のコクがあって、醤油のカドは無い。麺との絡みでは醤油のコクはそれほど強くないけど、スープ自体の味の方が醤油の旨さがよく伝わってくる。
・醤油ダレの塩分はそれなりにあるが、塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・チャーシューは少し厚切りのバラスライス。柔らかいながらしっかりめの弾力のある歯ごたえに、タレの旨味が程よく効いた、脂身混じりのバラ肉の甘味のある味わい。
・小松菜は、コクが控えめのサッパリとみずみずしい味と食感。
・白ネギ輪切りは細かくスライスしていて、スープとよく馴染んでいた。
・海苔は、スープに浸すとフワッと柔らかくなった。

■全体的な味の感想
・麺は、多加水の平打ち太麺で、手揉みが入っているのが良かった。
・スープは、タレの角長醤油の「濁り醤 3年熟成『匠』」の旨さをよく引き出していたのが良かった。やっぱり、この醤油は旨いと思った。
・個人的には、バランス的にスープに対して麺がやや強い気もした。このスープなら、もう少しだけツルンと柔らかい麺の方が個人的には好みかも。
・兎に角、角長の「匠」は旨いし、ポテンシャルの高さを感じるので、今回限りの限定ではなく、またやって欲しいと思った。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【高槻市】あす流

あす流 【中華そば】

中華そば(800円)

中華そばの麺

■来店の経緯等
・2013年4月7日(日)の昼、1か月ぶり、4回目の訪問。
・この日は、「らの道達成者向け限定」の、「あす流×和海」コラボラーメンを食べるために訪問した。

お店の外観

あす流×和海コラボのポスター

■食べたメニュー
・「らの道」達成者のみ限定「中華そば」(800円)
(2013年4月7日(日)限定。87食限定)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は7時48分頃。既に15人待ち。ちなみに、先頭のお方は5時30分に到着したとの話だった。
・8時前に店主さんと奥様が出て来て、整理券を貰った。開店一時間前(11時)までに戻って来て欲しいとの事だったので、時間まで高槻センター街にあるネットカフェで漫画を読んで過ごした。
・10時50分頃にお店の前に戻り、11時頃から順番に並んだ。この時点で行列は80人を超えており、整理券40番目以降の人は13時まで再度解散する事になった。
・11時26分頃、お店から並んでいるお客に対してお茶とモズクの差し入れがあったので、「もずく黒酢」を貰った。

お店からの差し入れ(もずく黒酢)

・開店は12時。最初に外で「あす流」と「和海」の両店主さんの挨拶があった。
・店内はカウンター7席なので、1順目では入店できずに外で待つ。
・開店から35分待ちで入店。カウンター席に座る。
・この日のメニューは1種類だけなので、特に注文は聞かれない。
・店員さんは4人で、男性3人と女性1人。あす流側は店主さん、奥様、男性店員さんの3人で、和海側は店主さん1人。その他、シナさんが入口での案内を担当していた。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・入店から着丼まで6分。

■麺
・平打ちの中太ストレート。
・加水は中くらいの、表面がツルッと滑らかで、しなやかながらカチッとした麺質。食感は、しなやかなコシがあってキレの良い歯ごたえ。
・麺の味は、粉の味が感じられて旨い。
・スープとの絡みは良好。スープの油と旨味が程よく絡んで、麺の旨さを引き立てていた。

■スープ
・清湯の鶏醤油。
・あっさりしているが、油が浮いていて口当たりは滑らか。
・出汁は鶏の獣系で、魚介は恐らく使っていないと思う。鶏のふくよかな旨味のある味わい。
・タレは、醤油のカドの無いフレッシュなコクが効いている。塩気はそれなりに有るが、出汁とタレとが組み合わさった強めの旨味と油の滑らかさがあって、塩辛くは無いし、刺激感もない。
・醤油ダレの濃さと出汁の旨味とのバランスが取れていて、そこに油が丸みをプラスしている。

■具材
・チャーシューは豚のレアと鶏のレアの2種類。
・豚のレアは、やや薄切りの肩ローススライス。ムチッとしなやかな食感に、タレの味付けが効いていてレアな肉の旨味を感じる味わい。
・鶏のレアは、厚切りのモモスライス。ムチッと弾力があって、脂身混じりで塩気の効いた鶏モモのコクと旨味のある味わい。
・車麩は、そのまま食べるとパフッとした食感で、スープに浸すとフワッととろけた。
・レッドスプラウトは、ほのかにツンとした優しい苦味混じりの香味。
・白ネギ輪切りは、それ自体の主張は強くなかったが、スープには少しだけネギの風味が効いていた気がした。ひょっとすると、油の香味だったのかも。

■全体的な味の感想
・麺は、カチッとしながらしなやかで、麺の味も旨かった。個人的には、かなり気に入った。
・スープは、醤油ダレのコクと出汁感とのバランスが取れているのが良かった。
・具は、豚と鶏のレアチャーシューがコントラストを描いていたのが良かった。
・和海は一度しか行った事がないのでよく知らなかったが、このコラボはよく出来ていると思った。
・麺が主役で、スープは麺をよく引き立てていて、レアチャーシューも麺やスープとケンカせずに、一杯の丼の中で良くまとまっていた。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0点)

■その他
・食べ終わった後の会計時に、奥様からクリームパンとチョコを貰った。

■お店の情報

【高槻市】あす流

あす流 【塩ラーメン】

塩ラーメン(700円)

塩ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2013年3月14日(木)の晩、1カ月ぶり、3回目の訪問。
・「らの道 関西版(弐)」の番外編として訪問。
・前回、バレンタイン企画の日に朝から並んだ際に、店主さんから温かいお茶のペットボトルの差し入れを頂き、奥様からもクリームパンの差し入れを頂いたので、お返しの意味で、ホワイトデーの日に訪問してみた。

■食べたメニュー
・塩ラーメン(700円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客6人。運良く1席だけ空いていたので、待ち無しでカウンター席に座る。
・メニューを見て「塩ラーメン」を注文。
・店員さんは男性2人。奥様は居なかった。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・カウンターの背面の壁に、上着掛けのハンガーがある。
・厨房の壁のテレビは消えていた。
・注文から着丼まで12分。

■麺
・四角い中細ストレート。
・表面がツルッと滑らかでプリッと硬質な、エッジ感と張りのある麺質。食感は、固くはないが硬質な弾力があって、歯ごたえは少し粘る感じのコシがあってしっかりしている。
・麺の味はプリッとしている。
・スープとの絡みは強くはないが良好。スープの旨味がサラッと絡む中に、大葉の香味が効いていて、麺を引き立てていた。

■スープ
・清湯の獣系塩。
・あっさりしていて、黄色い油が浮かんでいる。
・出汁は恐らく鶏の獣系で、魚介は使っていないように感じた。旨味はしっかりしているが、この日は、ややタレの味が勝ち気味で、出汁のコクは控えめに感じた。
・塩ダレは、塩のコクがあって旨味も強い。やや塩気が強めながらも、旨味で丸みと厚みを持たせており、ピリッとはしていなかった。
・大葉の風味は、スープにはあまり影響していない。
・今回は、前回と違う食べ方をしようと思い、レンゲを使わずにデッド飲みでスープを完食した。

■具材
・チャーシューはバラ肉のスライスで、巻きバラと巻きじゃないのが1枚ずつ。脂身はトロトロで、肉は柔らかいながらも歯ごたえがしっかりしており、バラ肉らしいタレの効いた味わい。
・軸の赤いスプラウトは、スープに馴染んでしんなりとしていて、柔らかい中に芯を感じる食感に、ライトな苦味と香味があってキレの良い味わい。
・白ネギ輪切りはあまり印象に残らなかったかも。
・海苔は薄くてパリッとしていて香ばしさがあり、スープにも合っていたと思う。
・細かく切った大葉は、風味が麺に程よく絡んでいた。

■全体的な味の感想
・麺は、初めて食べた時には「何故にこの麺」と思った気がするが、三回目になるとだんだん慣れて来て、旨いと思ってきた。
・スープは、前回塩を食べた時よりもタレ勝ち気味に感じたが、麺との相性も良好で、後味もスッキリしていたのが良かった。
・麺に絡む大葉の風味は相変わらず旨いけど、二回目になると、初回ほどのインパクトは感じなかったかも。
・チャーシューは、スープと喧嘩しないのは良かったが、個人的には、もう少し肉の主張が欲しいと思った。
・何かが突出しているというのではなくて、センス良くまとまった一杯という印象。

■お気に入り度: ★★★☆+ (3.8点)

■らの道 関西版(弐)(スタンプラリー)
・関西版は既にゴール済みで2周目の予定は無いが、三重版の方は3周しているので、参加用紙は3枚持っている。そこで、全店回るとか関係無く、お店の人との交流のためのツールとして、3枚目の参加用紙を持参した。
・食べ終わった後の会計時にスタンプを押してもらった。
・スタンプは店員さんが押してくれたが、会計は店主さんが担当してくれた。その際、店主さんが気さくに話しかけてくれたので、思い切って、「バレンタイン企画の日に訪問して朝から並んだ際、店主さんと奥様のお二人から差し入れを頂いて嬉しかったので、お礼のためにホワイトデーに再訪した」旨を話して、お二人へのお礼の気持ちを伝えた。
・店主さんは、なかなか気さくで感じの良い人だった。
・ちなみに、奥様は不在だったが、お店のブログにこの日の事を書いていただき、しかも、私のハンドルネームを織り込んだ川柳まで詠んで頂いていた。

■お店の情報

【高槻市】あす流

あす流 【海老醤油ラーメン+叉焼丼】

ランチセット(海老醤油ラーメン+叉焼丼)(850円)

海老醤油ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2013年2月14日(木)の昼、1ヵ月ぶり、2回目の訪問。
・「らの道 関西版(弐)」の番外編として訪問。
・このお店は、ネット上で奥様のホスピタリティ溢れる接客が話題になっていたので、先月の「らの道」での初訪問の際には物凄く楽しみにしていたが、残念ながら奥様は不在だった。これはきっと再訪フラグだと思っていたところ、2月14日にバレンタイン企画がある事を知り、この日なら確実に奥様が居るだろうと思い、朝から訪問してみた。

■食べたメニュー
・ランチセット「海老醤油ラーメン+叉焼丼」(850円)
※セットは平日のお昼のみ

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の9時34分頃。既に2人待ちで3人目。ちなみに、この日のバレンタイン企画の内容は、

 あす流チョコ4個×1セット:昼夜各先着3名
 あす流チョコ2個×1セット:昼夜各(4個セット終了後の)先着10名

なので、ギリギリ4個セットに間に合った。

あす流

・階段に座って待っていると、10時18分頃に店主さんから温かいお茶のペットボトルの差し入れを頂いた。
・4人目が来たのは10時31分頃。
・10時48分頃、奥様からクリームパンを頂いた。
・11時23分頃、待っている間に店員さんにメニューを渡されて先に注文を聞かれた。
・開店は11時26分。その時点で11人待ち。
・店員さんは3人で、男性2人と女性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・厨房の壁のテレビは電源がオフになっていた。BGMは演歌。
・入店から着丼まで9分。

■麺
・四角い中太ストレート。気のせいかも知れないが、前回食べた塩ラーメンの時とは麺の太さが違う気がした。
・表面がツルッとして張りがあり、プリッと硬質で滑らかな麺質。食感は、固くなくてキレの良い弾力のある歯ごたえで、歯切れも良好。
・麺の味はプリッとした感じで強くはない。
・スープとの絡みはサラッとしているが、海老の風味が強めに絡んで食欲をそそる味わい。

■スープ
・清湯の海老醤油。
・あっさりしているが、香味油が多めに浮かんでいて少しオイリー。
・出汁は恐らく獣系ベースで、海老の香味油が強いので細かい部分はよく分からない。
・海老は、恐らく出汁ではなくて香味油に仕込んであるようなフレーバー感があり、油の丸みのあるコクと組み合わさって結構強めに効いている。
・醤油ダレは薄くはないがカドは無く、出汁をまとめ上げて香味油と合わせている感じ。
・海老の塩気はそれなりにあるが、塩辛いまでは行かない。また、ほのかに一味か何かの刺激が効いていて味を引き締めている。

■具材
・チャーシューは巻いていないバラスライスが2枚。柔らかい歯ごたえに、タレの味付けがしっかりした味わい。
・白ネギのスライスは、香味は弱いけどシャキッとした歯ごたえがあった。
・軸の赤いスプラウトは、スープで煮えておらず、苦すぎずにキレの良い香味があって、麺やスープのアクセントになっていた。

■叉焼丼
叉焼丼

・白ご飯の上にほぐしチャーシューが乗っていて、汁気は無し。
・白ご飯は、熱かったりベチャッとしたりせずに、米粒がしっかり立っていて、ふんわりした食感で旨かった。
・ほぐしチャーシューは、よく煮込んであって甘辛い味付けだが、味付けが濃過ぎずに白ご飯とよく合っていた。
・量もそれほど多くなくて、単体で食べるというよりも、まさしくラーメンとセットで食べる向きの味。スープを少し掛けて食べても良いかも。

■全体的な味の感想
・麺は、キレの良い食感で、海老フレーバーとの相性も良好だった。
・スープは、出汁感よりも海老の香味油がメインの味わいで、海老の塩気やエグミの部分があまり強くないのは良かった。
・海老は、スープ自体の味を楽しむよりも、麺との絡みを楽しむタイプに感じた。
・個人的には、前回食べた塩ラーメンと比較すると、麺は今回の方が良かったけれど、スープは大葉フレーバーの塩ラーメンの方が好み。
・奈良からは遠いけど、地元にあれば通いたいタイプのお店。

■お気に入り度: ★★★☆+ (3.8点)

■らの道 関西版(弐)(スタンプラリー)
・あす流チョコを貰うには参加用紙が必要なので、新しい参加用紙を用意して持参し、食後の会計時に奥様にスタンプを押してもらった。
・また、先着3名限定の「あす流チョコ4個セット」を貰った。

あす流チョコ4個セット

・噂の奥様はとても感じの良い人だった。ちなみに、お店のブログにはこの日のイベントの事が書いてあり、常連でもない私の為にわざわざ川柳を詠んで頂いていた。

■お店の情報

【高槻市】あす流

あす流 【塩ラーメン】

塩ラーメン(700円)

塩ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2013年1月の平日の晩に初の訪問。
・「らの道 関西版(弐)」の8軒目のお店として訪問。
・このお店は、「らの道」で初めて知った。

■食べたメニュー
・塩ラーメン(700円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には外に6人待ち。ビルの2階のお店だが、外から階段を昇って直接お店に入る。
・ちょうど入れ替わりのタイミングだった模様で、到着から3分で入店。カウンター席に座る。
・メニューに「当店の基本の品は塩ラーメンです」と書いてあったので、塩ラーメンを注文。
・店員さんは男性2人。奥様は居なかった。
・厨房対面のL字カウンター7席のお店で、カウンターの背後には上着掛けのハンガーがある。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・厨房には壁掛けの液晶テレビがあり、テレビ番組が映っていた。
・店内には某ブロガーさんのサイン色紙が飾ってあった。
・スープを小さい鍋で温めていた。
・注文から着丼まで9分。

■麺
・少しウエーブのかかった細麺。
・ツルッとしてプリッと硬質で、滑らかながら引き締まった麺質。食感は、少し固めの弾力とコシがあって、噛むとプツンと切れる歯ごたえ。
・麺の味はあっさりしている。
・スープとの絡みは強くないが良好。スープとの絡みはあっさりだが、シソの風味が麺によく絡んでいた。

■スープ
・清湯の塩。
・あっさりしていて、油が浮かんでいて口当たりは滑らか。
・出汁は清湯獣系ベースに魚介で、獣系の方が強い印象。獣系は恐らく鶏メインで、濃厚な旨味と丸みのある味わい。魚介は旨味メインでコクは控えめ。
・タレは、塩のコクがしっかりしているが、旨味も強めで、塩辛くはないし刺激感も無い。
・味付けはしっかりしていて、出汁とタレとのバランスが取れた味わい。

■具材
・チャーシューは、巻きバラとロース?のスライスが各1枚。ロースは、弾力があって噛みごたえのある食感に、肉のコクのある味わいで旨い。巻きバラは、味付け控えめで脂のコクもあっさりしていた。
・軸の赤いスプラウトと白ネギ輪切りは、スープに馴染んでシナッとしていた。
・細かく刻んだ大葉(青シソ)が入っていて、スープ自体の味にはあまり影響していないが、麺にはよく絡んで旨味を引き立てると共にサッパリ感を醸し出していた。

■全体的な味の感想
・麺は、ツルツル、プリプリながら弾力があって歯ごたえ強めで、スープとのバランスもシソをうまく使っていて良好だった。
・大葉を細かく刻んで麺に絡ませるアイデアは良いと思った。
・スープは、タレの味がしっかりしていて、繊細というより結構力強い味に感じたかも。
・チャーシューは、バラよりロース?の方が味も食感も良かった。
・全体的に良くまとまった一杯だった。

■お気に入り度: ★★★☆+ (3.8点)

■らの道 関西版(弐)(スタンプラリー)
・食後の会計時に、店員さんにスタンプを押してもらった。
・先着300名の景品のステッカーを貰った。

景品のステッカー

■お店の情報
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 05月 【14件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ