スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【山口市】江戸金

江戸金 【ラーメン(大)】

ラーメン(大)(680円)

ラーメン(大)の麺

■来店の経緯等
・2017年11月11日(土)の昼と夕方の合間の時間に訪問。

■食べたメニュー
・ラーメン(大)(680円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は16時1分頃。先客無し。

江戸金

・壁対面のカウンター席に座り、壁のメニューを見て注文。
・厨房は別室。店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水は冷水機でセルフ。
・店内には豚骨出汁の風味が漂っていた。
・注文から提供まで4分。

■麺
・長方形で中くらいの太さのストレート。
・色が白くて加水中くらいか少し低めの、カンスイ感が強くなくて、キメの細かな粉の密度感があって、噛むと多少の当たりを感じて切れる歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりとした粉の味をよく感じる。
・スープとの絡みは、スープの旨味と豚骨出汁の風味がサラッと絡んで、麺の味を主役に感じるバランス。個人的には、少しだけ麺勝ちに感じたかも。

■スープ
・濁った豚骨。
・割とサラッとしていて、表面に多少の油が浮かんでいる。
・出汁は豚骨の獣系。ゼラチン感は控えめで、乳化の丸みも控えめな、骨粉混じりの豚骨のコクと風味をよく感じる味わい。
・タレは薄い醤油ベースで、コクはマイルド。
・味付けは、タレの旨味があって、豚骨出汁のコクや風味とバランスよく組み合わさっていた。麺との絡みよりも、飲んで旨いと感じる豚骨スープだった印象。
・刺激感とかはない。

■具材
・チャーシュー、モヤシ、海苔、青ネギ輪切り。
・チャーシューは薄切りのバラスライス。脂身と肉の部分が入り混じっていて、ペラッとした歯ごたえに、味付け控えめで、脂の丸みと肉の旨味が組み合わさった味わい。
・モヤシは中くらいの太さ。適度に茹でてあって、ややしんなりとしながら噛むとパリッと切れる歯ごたえに、あっさりと優しい味。食感的に麺より強かったので、麺とモヤシは絡めずに別々に食べた。
・青ネギ輪切りは細め。

■全体的な味の感想
・ガチ豚骨のスープが旨かった。コッテリやドロドロじゃなくて、豚骨出汁のコクと風味自体が濃厚なのが良かった。
・麺とスープとの絡みは、麺の方が主役だった印象で、麺に絡んだスープよりもスープ自体をレンゲで飲んだ方が旨かったかも。
・具のモヤシは、麺と絡めずに単体で食べる向きに感じた。
・お気に入り度は、スープが4.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■おまけ
・このお店を出た後、山口駅17時9分発の津和野発新山口行のSLやまぐち号に乗って新山口駅まで移動した。新山口駅着は17時30分。

(山口駅)

SLやまぐち号(山口駅)

(車内)

SLやまぐち号(車内)

(大歳~仁保津間)

SLやまぐち号(大歳~仁保津間)

(新山口駅)

SLやまぐち号(新山口駅)

■お店の情報
スポンサーサイト

【萩市】はた満

はた満 【デラックスちゃんぽん】

デラックスちゃんぽん(780円)

デラックスちゃんぽんの麺

■来店の経緯等
・2017年11月11日(土)の昼に訪問。
・このお店をブログに書くのは初めてだけど、2回目の訪問。

■食べたメニュー
・デラックスちゃんぽん(780円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は13時21分頃。外待ち無しの先客7人。

はた満

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは3人で、男性2人と女性1人。
・水は出してくれた。
・注文から提供まで6分。

■麺
・長方形平打ちの、少し縮れた中細麺。
・少し色が付いた蒸し麺で、少しだけゴワッとした粉のソリッド感があって、細身ながら多少の結合感のあるコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、揚げ麺を少し思い出す感じの、強めの味。
・スープとの絡みは、スープの甘めの旨味と丸みがサラッと絡んでいた。麺の味が強いながら、細めの麺なのでバランスは取れていた印象。
・具の野菜との絡みは、やや野菜勝ちに感じたかも。

■スープ
・白濁した獣系。
・割とサラッとしていて、多少の丸みを感じる口当たり。具と一緒に炒め煮してあり、炒め油の香ばしさを少し感じた。
・出汁は豚骨の獣系メイン。乳化のクリーミーな丸みと旨味を程よく感じる味わい。ややライトながら、出汁感はそこそこあった印象。
・タレは、恐らくは薄い醤油ベース。
・味付けは、タレの甘めの旨味があって、獣系出汁や炒め油とバランスしていた感じ。そこに、具の野菜や海鮮などの煮汁が加わって、旨味に厚みを付けていたかも。
・刺激感とかはない。

■具材
・鴨肉、豚肉、野菜、海鮮、キクラゲ、カマボコ、練り天ぷら。その他、サクラエビがトッピングしてあった。
・鴨肉は、少し厚みのあるスライス3枚。焼きが入っていて、焼いた肉のサクッと引き締まった歯ごたえに、味付け控えめで脂感も強くなくて、鴨肉らしい旨味とコクを感じる味わい。
・豚肉はやや薄切りの小さいカットで、量も少なめ。野菜と一緒に炒め煮してある感じ。
・野菜は、キャベツ、モヤシ、玉ネギ、ニンジン、サヤエンドウで、炒め煮してある。
・キャベツは青くて薄い部分がメイン。
・モヤシはあまり太くない感じ。
・玉ネギはくし切りで、適度に熱が入っていた。
・ニンジンは平べったい。
・海鮮は、ゲソ、アサリむき身、ホタテ貝柱。
・ゲソは程よい歯ごたえがあった。
・ホタテ貝柱は小さめ。
・キクラゲは細い。
・カマボコは薄切りで小さめ。
・練り天ぷらはカマボコよりも小さかった。

■全体的な味の感想
・細めの蒸し麺が印象的な戸畑ちゃんぽん。
・スープは白濁豚骨で、具と一緒に炒め煮していて、甘めの味付けと炒め油の風味と丸みのある出汁感との組み合わせがいい感じ。
・具は、焼いた鴨肉スライスが個性的で良かった。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■おまけ
・「はた満」に訪問する前、長門市駅から東萩駅まで観光列車「〇〇のはなし」に乗車。長門市発が12時22分で、東萩駅着が12時57分。

(長門市駅)

〇〇のはなし(長門市駅)

(車内)

〇〇のはなし(車内)

(三見~飯井間)

〇〇のはなし(三見~飯井間)

(東萩駅)

〇〇のはなし(東萩駅)

■お店の情報

【長門市】麺宗祐気

麺宗祐気 【地どりラーメン】

地どりラーメン(790円)

地どりラーメンの麺

■来店の経緯等
・2017年11月11日(土)の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・地どりラーメン(790円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の10時30分頃。シャッターポール(開店前の待ちの先頭)。
・開店は10時59分。
・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは4人で、男性1人と女性3人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・麺上げは振りザル。
・注文から提供まで5分。

■麺
・長方形で四角い、少しウエーブのかかった細麺。
・色が薄くて加水中くらいの、表面が少し滑らかで、カンスイ感は強くなくて、噛むと適度な粉の結合感を感じる歯ごたえ。最初の方はややコシというか歯切れが強く感じたけど、途中から少し柔らかくなってきて、サクッと軽快な歯切れになってきた印象。
・麺の味は、あっさりとした粉の味をよく感じる。
・スープとの絡みは、スープの旨味と塩気と魚介の風味がよく絡んで、細麺との相性は良かったと思う。

■スープ
・清湯の獣系和風塩醤油。
・表面に多少の油が浮かんでいる。
・出汁は、鶏の獣系に魚介。獣系は、旨味のある出汁感がしっかりしていて、和風テイストを支えるベースになっていた感じ。
・魚介は、出汁はタレかよく分からない感じで、旨味と風味が鶏出汁の上に乗っかって味をまとめていた印象。
・タレは、ベースが塩か薄い醤油かよく分からない感じで、店主さんの話によると塩醤油の模様。
・味付けは、塩気が少しあって、獣系や和風魚介の旨味とバランスよく組み合わさっていた感じ。
・刺激感とかはない。

・丼のフチの柚子胡椒は、スープには溶かさずに、ラーメンを食べる合間に少しずつ口に入れてみた。

■具材
・チャーシュー、味玉、青ネギ輪切り。
・チャーシューは、やや薄切りの巻きバラスライス。スープの熱で温まって柔らかめの歯ごたえに、味付け控えめで、脂の丸み混じりの豚っぽいコクを少し感じる味わい。
・味玉は半分切り。黄身が半熟で、旨味のある味付けが卵黄の濃厚な味を引き立てていた感じ。
・青ネギ輪切りは、割と柔らかな歯触りがあって、香味の主張は強くないながら青ネギの存在感はそこそこあった印象。

■全体的な味の感想
・スープは、鶏清湯ベースに魚介をプラスしていて、細麺に絡む旨味と風味がいい感じだった。
・メニュー名が「地どりラーメン」の割には和風魚介がやや強かった気もしたけど、良質感があって、バランスよくまとまっていた印象。
・お気に入り度は、最初の印象が4点、後半が4.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

麺宗祐気

■おまけ
・この日は、前日に萩で宿泊した。

(松下村塾)

松下村塾

松下村塾(講義室)

・東萩駅9時14分発の増田発長門市行普通(1565D)列車に乗車。長門市駅到着は9時52分。

(東萩駅)

東萩駅の1656D列車(キハ40系)

(玉江~三見間)

玉江~三見間

(長門三隅~長門市間)

長門三隅~長門市間

・長門市駅9時56分発の長門市発厚狭行普通(708D)列車に乗り換え。板持駅到着は10時0分。

(長門市駅)

長門市駅の708D列車(JR西日本キハ120形)

■お店の情報

【山口市】一髄

一髄 【一髄ラーメン】

一髄ラーメン(500円)

一髄ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年4月、中国地方に遠征。1日目の晩に初の訪問。

■食べたメニュー
・一髄ラーメン(500円)
※メニュー案内には「こくがあってキレがある、とんこつスープの真髄がわかるラーメン」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は19時29分頃。外待ち無しの先客3人。

一髄

・厨房と垂直につながったカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりは冷水機でセルフ。
・レンゲは店内の一角にまとめて置いてあり、セルフ。
・注文から提供まで6分。

■麺
・四角い中細麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・少しだけ色が付いていて加水やや低めの、表面はツルッとはしておらずに、粉のふくらみと程よい密度感があって、やや角張った麺質。食感は、少し固めの程よい茹で加減で、噛むとザクッと切れるキレの良い歯ごたえ。
・麺の味は、低加水系で、粉の旨味と甘味を程よく感じる味わい。
・スープとの絡みは、味の絡みは強くはないながら、スープの旨味と丸みが適度に絡んで麺の旨さを引き立てていた。麺の旨さ主体で食べる感じのバランス。

■スープ
・白濁した獣系醤油。
・少しだけトロミがあって、多少の油が溶け込んでいる感じ。
・出汁は豚骨の獣系。ゼラチン感が少しあって、久留米風の呼び戻し豚骨のコクと、トロッとした丸みとのバランス型の味わい。獣っぽい風味とかは控えめだったと思う。
・タレの醤油はコクがマイルド。
・味付けは、弱くはないけど、出汁の味わいを生かすためなのか、出汁のトロミや丸みとのバランス的には多少おとなしく感じたかも。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りで少し厚みのある巻きバラスライス。脂身は柔らかくて、肉の部分は柔らかいながら多少の張りと密度感のある歯ごたえ。味は、塩系のタレの旨味を感じる味付けに、脂身のコクが入り混じった味わい。
・メンマは長方形でやや細め。提供時には赤い辛味油が絡めてあったけど、食べた時点では辛味油はスープに混じって落ちていた。ポリッと柔らかで滑らかな張りを感じる歯ごたえに、あっさりとした味。
・青ネギ輪切りは細め。サッパリとフレッシュで優しい風味があって、主張は強くないながらスープとも合っていたと思う。

■全体的な味の感想
・麺は、噛むとザクッと切れるキレの良い歯ごたえの中細麺。麺の味も、粉の旨味と甘味を程よく感じる味わいがあって旨かった。
・スープは、呼び戻し豚骨のコクと、トロッとした丸みとのバランス型で、味付けは、出汁の味わいを生かしていた印象。
・個人的には、スープはもっと呼び戻し豚骨感をメインに据えた方が好みのような気もしたけど、麺は良かったと思う。
・お気に入り度は、トータルで4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【山口市】三久ラーメン 小郡店

三久ラーメン 小郡店 【ラーメン】

ラーメン(570円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年4月、中国地方に遠征。1日目の夕方に初の訪問。
・「三九ラーメン」は、山口県内に同じ屋号のお店が何店かあるみたいだけど、各店の関係はよく分からなかった。

■食べたメニュー
・ラーメン(570円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は18時3分頃。外待ち無しの先客4人。

三久ラーメン 小郡店

・厨房対面のカウンター席に座り、壁のメニューを見て注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水は冷水機でセルフ。
・注文から提供まで3分。

■麺
・四角い細麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・少しだけ黄色くて加水中くらいの、表面が滑らかで、多少カンスイが効いて水を含んだ粉の張りと結合感があって、やや角張った麺質。食感は、やや柔らかめの茹で加減で、多少の滑らかなコシを感じて切れる歯ごたえ。
・麺の味は、強い味ではないけど、ややしっかりしている。
・スープとの絡みは、ややあっさりしているけどバランスは取れていた印象。スープの表面の油と旨味とミルキーさがサラッと絡んで、麺の味との相性も良好だった。

■スープ
・白濁した獣系。
・割とサラッとしていて、表面に多少の油が浮かんでいる。
・出汁は豚骨の獣系。ゼラチン感は控えめで、頭骨を使っている感じのミルキーな旨味とコクをよく感じる味わい。骨粉感は少なめで、獣っぽい風味も控えめだったと思う。
・タレの醤油は、薄めの旨味メインで、コクはマイルド。
・味付けは、必要十分なタレの旨味はあるけど、主張は強くなくて、出汁のミルキーなコクを引き立てている感じで、出汁とタレとのバランスは良好。
・塩気は程よい塩梅で、塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りのバラスライス。固くはなくて、多少の肉の密度感があって歯切れの良い歯ごたえに、適度な旨味を感じる味付け。
・メンマは長方形でやや細め。柔らかめの繊維感のある歯ごたえ。
・青ネギ輪切りは、シャリッと軽快な歯ごたえに、多少の風味の主張があって、スープの薬味の役割を果たしていた。

■全体的な味の感想
・麺は、少しカンスイの効いた細麺で、茹で加減はやや柔らかめながら、多少の滑らかなコシを感じる歯ごたえがあって、麺の味もややしっかりしていた。
・スープは、サラッとした白濁豚骨で、頭骨を使ったようなミルキーな旨味とコクがしっかりしていて、強いて言えば、博多ラーメンっぽいテイストだった。獣っぽい風味が控えめだったのも良かったと思う。
・具は、ネギの存在感がしっかりあって、スープの薬味の役割を果たしていた。
・お気に入り度は、スープが4.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【宇部市】中華そば一久 新川店

中華そば一久 新川店 【ラーメン】

ラーメン(550円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年4月、中国地方に遠征。1日目の昼と夕方の合間の時間に初の訪問。
・「中華そば一久」は、山口県宇部市に本社のあるローカルチェーン店。

■食べたメニュー
・ラーメン(550円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は16時14分頃。外待ち無しの先客2人。

中華そば一久 新川店

・厨房対面のカウンター席に座り、壁のメニューを見て注文。
・店員さんは男性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで4分。

■麺
・四角い細麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・白くて加水中くらいの、表面が滑らかでカンスイ感控えめな、少しだけ中身の詰まったような粉の張りがあって、やや角張った麺質。食感は、固くないけどヤワくもない程よい茹で加減で、滑らかで細身な当たりを感じて切れるような歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりしていてそうめん風の中に、多少の旨味を感じる味わい。
・スープとの絡みはややあっさりしている。麺も細麺であっさりとした味なので、バランスは取れていた印象。スープの旨味とコクがほんのりと絡んで、麺の味に旨味をプラスしている感じ。

■スープ
・白濁した獣系醤油。
・少しトロッとしていて、油が溶け込んでややコッテリしている。
・出汁は、豚の獣系メイン。ゼラチン感が少しあって、油混じりのトロミと丸みの中に、骨粉混じりの豚骨の旨味とコクを多少感じる味わい。ややコッテリ感の方が前に出ている感じながら、骨粉のコクもきちんと感じられた印象。
・タレの醤油は旨味メインで、コクはマイルド。
・味付けは、タレの旨味がしっかりしていて、スープのトロミや丸みや出汁感と組み合わさっている感じ。濃い味すぎずに、塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りのバラスライス。割と柔らかめの歯ごたえに、多少の旨味のある味付けが肉の旨味を強めていて、脂身の丸みとバランスよく組み合わさった味わい。
・メンマは、平べったいのと長方形のが混在。柔らかめの歯ごたえに、旨味を感じる味付け。味付けは、濃い味ではなくて、独特のスッキリとした風味があった。
・青ネギ輪切りは細め。スープを飲む際に、多少のサッパリとフレッシュな歯ごたえと風味があって、スープの薬味になっていた。

■全体的な味の感想
・麺は、白くてカンスイ控えめながら滑らかな張りを感じる歯ごたえの細麺で、麺の味は、あっさりとしてそうめん風の中に多少の旨味を感じた。スープとの絡みはややあっさりしていたけど、それはそれでバランスが取れていたと思う。
・スープは、少しトロッとしてややコッテリしており、油混じりのトロミと丸みの中に骨粉混じりの豚骨の旨味とコクを多少感じる味わい。ややコッテリ寄りながら、骨粉のコクをきちんと感じられたのが良かった。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【宇部市】味の三平

味の三平 【ラーメン】

ラーメン(580円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年4月、中国地方に遠征。1日目の昼の遅めの時間に初の訪問。

■食べたメニュー
・ラーメン(580円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は15時21分頃。先客無し。

味の三平

・テーブル席に座り、壁のメニューを見て注文。
・店員さんは4人で、男性1人と女性3人。
・水を出してくれた。
・注文から提供まで4分。

■麺
・四角い中細ストレート。
・色が薄めで加水中くらいの、表面が滑らかで、水を含んだ粉の張りがあって、やや角張った麺質。食感は、柔らかめの茹で加減で、滑らかでモチャッとした歯ごたえ。
・麺の味は、水を含んであっさりとした粉の味わい。
・スープとの絡みはややあっさりしている。麺の味もあっさりしているので、バランスは取れていた印象。スープの旨味がサラッと絡んで、豚骨出汁のコクや風味の絡みはあっさりしていた。

■スープ
・白濁した獣系。
・少し丸みがあるけど、油はそれほど多くない感じ。
・出汁は豚骨の獣系。ゼラチン感は強くなくて、骨粉混じりの豚骨の旨味とコクを程よく感じた。インパクトとかはないけど、豚骨の出汁感をきちんと感じる味わい。
・タレの醤油は甘めでコクはマイルド。
・味付けは、タレの旨味がしっかりしていて、塩気は強すぎずに、出汁と組み合わさって味にメリハリを付けている感じ。ただし、麺との絡みはあっさり気味だった印象。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューはバラスライスで、やや薄切りと少し厚みがあるのとが混在。割と柔らかめながら多少の肉の密度感のある歯ごたえに、味付けは強くなくて、適度な旨味を感じる味わい。脂身の主張は割と控えめだったと思う。
・メンマは長方形。ポリッと柔らかで滑らかな繊維感のある歯ごたえに、あっさりとした味。
・青ネギ輪切りは、優しい歯ごたえと風味があった。

■全体的な味の感想
・麺は、柔らかで滑らかな歯ごたえで、麺の味もあっさりしていたけど、スープとの絡みもあっさり気味だったので、バランスはそれなりに取れていた印象。
・スープは、骨粉混じりの豚骨の旨味とコクを程よく感じる、出汁感のしっかりとした味わいで、タレの旨味が味にメリハリを付けていた感じ。麺との絡みはあっさりしていたけど、スープ自体は結構気に入った。
・具は、豚骨スープとメンマの組み合わせが良かった。
・個人的には、スープが一番気に入ったけど、全体的にも、昔ながらのラーメンっぽさがあって、なかなか味があったと思う。
・お気に入り度は、麺が3.5点、スープが4点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【光市】瀬戸内ラーメン 大島

瀬戸内ラーメン 大島 【いりこラーメン】

いりこラーメン(580円)

いりこラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年4月、中国地方に遠征。1日目の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・いりこラーメン(580円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は11時59分頃。外待ち無しの先客8人。
・壁対面のカウンター席に座り、壁のメニューを見て注文。
・厨房は別室。店員さんは4人で、男性2人と女性2人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで3分。

■麺
・長方形で四角い、少し縮れた中太麺。
・加水やや高めの、表面がプルッと滑らかで、カンスイが多少効いて水を含んだ粉の張りと結合感があって、多少の厚みとボリュームを感じる麺質。食感は、少し固めというかヤワさのない茹で加減で、モッチリとしながら適度に引き締まった弾力を感じる、心地よい歯ごたえ。
・麺の味は、やや多加水系で、粉の旨味をよく感じる味わい。
・スープとの絡みはややあっさりしている。スープのイリコのビターな風味が程よくサラッと絡んで、麺の味とのバランスは割と取れていた印象。味の絡み自体はそれほど強くなくて、イリコの風味を楽しみながら、麺の味主体で食べる感じのバランス。

■スープ
・清湯の魚介。
・あっさりしていて、油が少し浮かんでいる。
・出汁は、イリコの魚介メインで、鶏か何かの獣系も少し入っている気がしたけど、違うかも。ベースの旨味は、イリコに獣系か昆布か何かが組み合わさったような、あっさりながらしっかりとした旨味があった。お店の案内書きでは「昆布」と書いてあったけど、昆布っぽさはよく分からなかったかも。
そこに、イリコの一匹丸ごと出汁を取ったような、濃い味過ぎずに独特のビターなコクと風味をよく感じる味わいが加わっていた。煮干感は強いながら、細かい破片とかは浮かんでおらずに、ガツンとは来ずにじんわりと来る感じ。
・タレは、ベースが塩か、または塩と薄い醤油で、多少の塩気はあるけど塩のコクは割とマイルド。
・味付けは、ミリンか何か由来の甘味を少し感じるマイルドな甘旨テイストで、出汁の旨味や煮干のコクと組み合わさっていた。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、少し厚みのあるバラスライス。柔らかくて、噛むとスッと切れる歯ごたえ。味は、味付けは強くないながら多少の旨味があって、そこに脂身のコクがよく効いた味わい。油っぽさは程よく抜けているけど、脂身のコクはしっかりしていた印象。
・味玉は、黄身が固めの半熟で、マイルドな旨味を感じるタレの味付け。
・メンマは平べったい。繊維感控えめでタケノコっぽい柔らかなソリッド感のある張りを感じる歯ごたえに、やや甘めの味付けとタケノコっぽさを感じる味わい。
・モヤシは、やや細めで量は少なめ。パリッとした歯ごたえがあって、キクラゲと共に麺によく絡んでいた。
・キクラゲは細長いカット。ポリッと滑らかで割と滑らかな歯ごたえ。
・その他、青ネギ輪切りが乗っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、加水やや高めの中太縮れ麺で、モッチリとしながら適度に引き締まった弾力を感じる、心地よい歯ごたえがあった。スープとの絡みはややあっさりで、イリコのビターな風味が程よくサラッと絡んで、イリコの風味を楽しみながら麺の味主体で食べる感じのバランス。
・スープは、出汁がイリコの魚介メインで、あっさりながらしっかりとした旨味のベースに、イリコのビターな風味とコクをよく感じる味わい。そこに、マイルドな甘旨テイストのタレの味付けが組み合わさっていた。イリコが濃厚ながら、ガツンと来るのとは少し違っていた印象。
・具は、モヤシとキクラゲが麺によく絡んでいた。個人的には、麺とスープとの絡みの繊細さを楽しみたかったので、モヤシはなくても良かったかも。
・イワシ煮干のビターな風味が大好きな人向けのラーメン。
・お気に入り度は、最初の印象が4点、途中が4.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

瀬戸内ラーメン 大島(食後に撮影)

■お店の情報

【下松市】中華そば 紅蘭

中華そば 紅蘭 【中華そば(並)】

中華そば(並)(540円)

中華そば(並)の麺

■来店の経緯等
・2016年4月、中国地方に遠征。1日目の昼に初の訪問。
・このお店は、昭和27年創業で、下松の牛骨ラーメン元祖のお店。

■食べたメニュー
・中華そば(並)(540円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は10時41分頃。外待ち無しの先客16人。

中華そば 紅蘭

・店内入口近くの大テーブル席に座り、壁のメニューを見て注文。
・店員さんは5人で、男性2人と女性3人。
・水は出してくれた。お代わりはテーブルのポットでセルフ。
・注文から提供まで5分。

■麺
・四角い中細の、少しウエーブのかかったストレート。
・色が薄くて加水中くらいの、表面が滑らかで、水を含んだ粉のふくらみがありながらやや線が細めで、角が丸まった感じの麺質。食感は、固さのない程よい茹で加減で、滑らかな当たりがあってサクッと切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、強い味ではないけど、旨味が割としっかりしていた印象。
・スープとの絡みは、表面の油のコクと丸みがよく絡んでいた。味の絡みは、タレの旨味がよく絡んでいたけど、油とのバランス的にはややあっさりしていた印象。

■スープ
・少し濁った獣系醤油。
・表面に獣系の油が多めに浮かんで層になってて、油で少しトロッとした丸みを感じる口当たり。
・出汁は、恐らくは牛メインの獣系。少し濁っていて、バランス的には表面の油とタレの方が強くて、出汁感はやや控えめに感じたかも。
・表面の油は牛脂メインでラードも入っているかも。牛の油の甘いコクも多少感じるけど、どちらかというと油の丸みや厚みが前に出た感じだった気がした。
・タレの醤油は、コクの主張が控えめでマイルド。
・味付けは、タレの旨味がしっかりしていて、塩気もそこそこあって、バランス的には油の方が強かった印象。
・ピリッとした刺激感はない。

■具材
・チャーシューは薄切りの赤身スライス。ペラッと滑らかで、噛むとサクッと切れる歯ごたえに、味付けは強くなくて、マイルドな旨味を感じた。
・モヤシはやや細め。ややしっかりした歯ごたえがあって、麺と絡むと食感的に麺よりも強かったと思う。
・その他、青ネギ輪切りが入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は中細で、滑らかな当たりがあってサクッと切れる感じの歯ごたえがあった。麺の味は旨味があって、スープとの絡みは、表面の油のコクと丸みがよく絡んでいた。
・スープは、少し濁っていて表面の油多めの牛骨醤油。出汁よりも表面の油感が強めの味わいだった印象。タレの味付けは、タレの旨味と塩気はそこそこあったけど、醤油のコクが控えめで、バランス的には油の方が強かったかも。
・具は、チャーシューがペラッとしていた。
・たまたまのブレだったのかも知れないけど、個人的には、全体のバランス的にやや油が勝ち気味に感じた。ただし、こういうのが好きな人もいると思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【下松市】北斗亭

北斗亭 【中華そば小(1玉)】

中華そば小(1玉)(550円)

中華そば小(1玉)の麺

■来店の経緯等
・2016年4月、中国地方に遠征。1日目の朝と昼の合間の時間に初の訪問。

■食べたメニュー
・中華そば小(1玉)(550円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の9時32分頃。シャッターポール(開店前の待ちの先頭)。
・開店は9時56分。
・テーブル席に座り、壁のメニューを見て注文。
・店員さんは女性2人。
・水は出してくれた。
・「武居製麺所」の麺箱が置いてあった。
・注文から提供まで5分。

■麺
・四角くて少しウエーブのかかった中細麺。
・白くて加水中くらいかやや低めの、カンスイ感は強くなくて、粉のふくらみと程よい密度感と結合感があって、少し角張った麺質。食感は、少し固めの程よい茹で加減で、少しだけモッチリとしたコシを感じてザクッと切れるような歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりとした粉の旨味と甘味を感じる味わい。
・スープとの絡みは、表面の油の甘いコクがよく絡んで、麺の味を引き立てていた。

■スープ
・清湯の醤油。
・あっさりながら、表面に獣系の油が多めに浮かんでいて、ややオイリーな口当たり。
・出汁は、恐らくは牛の獣系メイン。割とあっさりしていて、バランス的にはタレや油の方が強いながら、味のベースにはなっている感じ。
・表面の油は、牛の油メインで、ラードも入っているかも。牛脂の甘いコクと丸みがよく効いた味わい。
・タレの醤油は、少し濃いながら甘めで、醤油辛さやカドはない。
・味付けは、多少の塩気はあるけど甘めの旨味が主役で、油の甘いコクと組み合わさって一体化している感じ。
・ピリッとした刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、少し厚みのある赤身スライス。脂身付きで、肉の部分はややパサッとした張りと弾力のある歯ごたえで、味付け控えめなあっさりとした肉の味わい。そこに、脂身のコクと丸みが組み合わさっていた。
・モヤシはやや細め。パリッとして少しだけしっかりとした歯ごたえに、モヤシの味をよく感じる味わいで、スープの油の甘いコクもよく絡んでいた。麺とのバランスも悪くなかったと思う。
・その他、青ネギ輪切りが乗っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、白くて茹で加減少し固めの中細で、少しだけモッチリとしたコシを感じてザクッと切れる歯ごたえがあって、麺の味も旨かった。スープとの絡みは、表面の油の甘いコクがよく絡んで、麺の味を引き立てていた。
・スープは、あっさりとした牛骨出汁に、表面の牛の油の甘いコクと、醤油ダレの甘旨い味付けとが組み合わさって一体化した感じの味わい。タレの味の濃さと油のコクとのバランスが取れていた印象。
・お気に入り度は、最初の印象が3.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

北斗亭(食後に撮影)

■お店の情報
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2016年9月18日全国47都道府県ラーメン食べ歩き達成。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2018年 04月 【21件】
2018年 03月 【38件】
2018年 02月 【11件】
2018年 01月 【26件】
2017年 12月 【18件】
2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【12件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【21件】
2017年 07月 【30件】
2017年 06月 【15件】
2017年 05月 【20件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。