【東大阪市】らぁめん たむら

らぁめん たむら 【ソース油そば】

ソース油そば(950円)

ソース油そばの麺

■来店の経緯等
・2016年11月の平日の晩、2か月半ぶり、50回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)

■食べたメニュー
・ソース油そば(950円)
・ライス小(100円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には、外待ち無しの先客1人。
・最初に店内入口の券売機で食券を買う。
・厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。
・店員さんは男性1人。
・水は冷水機でセルフ。
・紙オシボリは冷水機の上に置いてあり、セルフ。
・注文から提供まで6分。

■麺
・長方形でウエーブのかかった太麺。
・少し色が付いていて加水中くらいの、表面が滑らかで、カンスイが多少効いてガシッとしてムチッと引き締まった粉の張りと密度感のある麺質。食感は、少し固めというかヤワさのない茹で加減で、ムチッとした筋肉質なコシがあって、噛むとプツンと切れるような中身の詰まった張りと厚みを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、やや強めでしっかりとした旨味を感じる、中華麺らしさのある味。
・タレとの絡みは、ソースの甘辛いコクがよく絡んで、麺の味とのバランスが取れていた印象。紅生姜の香味や青ネギ輪切りの風味も適度に絡んでいた。

■タレ
・甘辛ソースダレ。
・割とサラッとしていて汁気多めで、油っぽさはややマイルド。
・トッピングの卵白混じりの生卵と混ぜると、少し丸みがプラスされたけど、どちらかというとタレの味の方が強い感じ。
・ベースは甘辛いソースで、やや濃い味ながら、塩気はそれほど強くなくて、ソースそのものよりは多少マイルドで、ウスターソースの甘辛さと旨味とのバランスが取れている感じ。出汁を少し入れて割っているのかも。

■具材
・チャーシューは、フレーク状にカットした肩ロース。ホロッとほぐれて程よく柔らかなフレーク感のある歯ごたえに、適度な濃さの味付けで、タレの味付けと組み合わさると少し濃いめの味に感じたかも。
・メンマは平べったい。適度な密度感があって、ポリッと歯切れの良い張りを感じる歯ごたえに、強い味ではなくて程よい旨味と風味を感じる味付け。
・紅生姜は細長いカット。多少の質感のある歯ごたえに、程よい香味と塩気を感じる味付けで、ソース味のタレとのベストマッチ感があった。
・ネギは、青ネギ輪切りと白ネギ輪切りの二種類。青ネギ輪切りの色合いと風味が、ソース味のタレや紅生姜と合っていた。

■ライス小

ライス小(100円)

・麺を食べ終わると、タレがそこそこ残っていて、具も多少残っていたので、ライス小を追加注文した。
・サラッとして甘辛旨いソースダレとライスとの相性は良好で、むしろ麺よりもライスの方がタレと合っていたかも。

■全体的な味の感想
・麺は長方形の太麺で、カンスイが多少効いてガシッとしてムチッと引き締まったコシがあって、噛むとプツンと切れるような中身の詰まった張りと厚みを感じる歯ごたえ。タレとの絡みは、ソース焼きそばっぽいながらソース焼きそばよりは多少サラッとしていて、濃い味ながら麺の旨さと食感が主役のバランス。
・タレは、サラッとしていて汁気多めで、ソースの甘辛いコクと旨味とのバランスが取れた味付けで、ソースそのものよりは多少マイルドな味だった印象。
・具は、紅生姜や青ネギ輪切りがソース味のタレと合っていた。
・メンマも、麺やタレとの相性が良くて、いい仕事をしていた印象。
・麺を食べ終わるとタレが多めに残って、ライスをダイブすると旨かった。
・お気に入り度は、トータルで4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報
スポンサーサイト

【東大阪市】らぁめん たむら

らぁめん たむら 【和風鶏がららぁめん】

和風鶏がららぁめん(800円)

和風鶏がららぁめんの麺

■来店の経緯等
・2016年9月の平日の晩、5か月ぶり、49回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)

■食べたメニュー
・和風鶏がららぁめん(800円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には、外待ち無しの先客1人。
・最初に店内入口の券売機で食券を買う。
・厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。ちなみに、和風鶏がららぁめんをブログに書くのは初めてだけど、5年前の初訪問時に食べているので、今回で二回目。
・店員さんは男性1人。
・水は冷水機でセルフ。
・注文から提供まで3分。

■麺
・四角くて中くらいの太さの麺で、少し縮れたウエーブ。
・少し色が付いていて加水中くらいか少し高めの、表面が滑らかで、少しプリッとして程よい密度感と結合感のある粉の張りがあって、やや角張った麺質。食感は、少し固めというかヤワさのない茹で加減で、滑らかに引き締まった弾力と多少のコシを感じる、割とメリハリのある歯ごたえ。
・麺の味は、少しカンスイが効いて水を含んだ、粉の旨味を程よく感じる味わい。
・スープとの絡みは、スープの旨味が多少絡んで、スープの熱さもよく絡んでいた。味の絡みはややあっさりながら、麺の味とのバランスは割と取れていたと思う。

■スープ
・清湯の魚介醤油。提供時の温度高め。
・油が少し浮かんでいる。
・出汁は、清湯獣系ベースに魚介メイン。獣系はあっさりしていて、魚介とのバランス的には旨味や風味の主張が控えめで、魚介を支えるベースになっていた感じ。
・魚介は、昆布メインに節系が旨味をプラスしている感じの、昆布系の味と旨味が濃厚な和風魚介テイスト。
・タレの醤油は、薄口よりは多少濃くて、醤油辛さやカドはないながら、若干の塩気混じりの旨味を感じる醤油感があった。
・味付けは、適度なタレの旨味があって、出汁の旨味や醤油の味と組み合わさって、昆布系の出汁感を引き立てていた印象。塩気は少しあるけど、塩辛くはないと思う。
・赤い粉がトッピングしてあったけど、スープと混ざると、風味とかはあまり感じなかったと思う。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、厚切りの肩ローススライスが2枚。分厚いまでは行かない感じ。脂身少なめで、多少の質感があるけどスープの熱が入ってホロッとほぐれるような柔らかめの歯ごたえ。味は、タレの旨味が効いていて、最初に食べた一枚は、昔風のチャーシューっぽい塩気混じりの旨味のある味付けを少し感じた。もう一枚の方は、最初の一枚よりも塩気がマイルドで、タレの旨味と脂の丸みとのバランスが取れていた印象。
・ニンニクの芽は、割と短めのカット。固くはなくて、適度な張りと密度感のある歯ごたえに、割とマイルドな風味があって、スープの薬味になっていた。
・その他、海苔と白ネギ輪切りが入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、四角くて少し縮れた中くらいの太さの麺で、少し固めというかヤワさのない茹で加減の、割とメリハリのある歯ごたえ。
・スープは、昆布メインの出汁感と旨味が濃厚な和風魚介醤油テイストで、バランス的に獣系よりも魚介の方が前に出ていた印象。
・具は、ニンニクの芽の程よい歯ごたえがアクセントになっていた。
・肩ローススライスのチャーシューは、厚切りながら割と柔らかだった。
・お気に入り度は、最初の印象が4点、途中が3.5点で、トータルでは食後の後味を含めて4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【東大阪市】らぁめん たむら

らぁめん たむら 【濃厚油そば】

濃厚油そば(930円)

濃厚油そばの麺

■来店の経緯等
・2016年4月の平日の晩、3か月ぶり、48回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)

■食べたメニュー
・期間限定の「濃厚油そば」(930円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客1人。
・最初に店内入口の券売機で食券を買う。
・厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。
・店員さんは男性1人。
・水は冷水機でセルフ。
・紙オシボリは冷水機の横に置いてあり、セルフ。
・注文から提供まで5分。

■麺
・長方形で四角い、少しウエーブのかかった太麺。
・加水中くらいの、表面が滑らかで、ムチッと程よく引き締まった粉の張りと密度感があって、やや角張った麺質。食感は、芯はないけど少しだけ固めの茹で加減で、多少のガシッと滑らかな当たりがあってムチッと切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、やや強めでしっかりしている。
・タレとの絡みは、醤油ダレの旨味と油の丸みとが、麺の味とバランスよく絡んでいた。

■タレ
・醤油ダレ。
・油の丸みを多少感じる口当たり。
・ベースの醤油は少し濃いめながら、旨味や油の丸みと組み合わさっていて、醤油辛さやカドはない。そこに、トッピングの七味の香味が多少プラスされていたけど、タレや麺とのバランス的には辛味や刺激はそれほど感じなかった印象。

■具材
・チャーシューは、分厚い巻きバラスライス一枚と、肩ロースの細かいカットがそこそこ乗っていた。やや油に馴染んだ感じの柔らかな肉の繊維感のある歯ごたえに、濃い味じゃない適度な強さの味付け。巻きバラスライスの片面には七味がトッピングしてあったけど、辛くはなかったと思う。
・味玉は半分切りが二個。トロッとした粘度を感じる歯ごたえに、少しだけ甘めのタレの旨味を感じる味付け。
・メンマは平べったい。滑らかな張りを感じる歯ごたえに、ややあっさりとした旨味と風味を感じる味付け。
・その他、白ネギ輪切りが乗っていた。

■全体的な味の感想
・麺は太麺で、ガシッと滑らかな当たりがあってムチッと切れる感じの歯ごたえがあった。
・タレは、醤油ダレの味の濃さと油の丸みとのバランスが取れていて、麺とのバランスも良好だった。七味がトッピングしてあったけど、バランス的には辛味や刺激はそれほど感じなかった印象。
・具は、センターに分厚いバラチャーシューが一枚乗っていて、柔らかくて食べやすいのが良かった。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【東大阪市】らぁめん たむら

らぁめん たむら 【和風鶏がらつけ麺(大盛)】

和風鶏がらつけ麺(大盛)(1180円)

和風鶏がらつけ麺(大盛)の麺

■来店の経緯等
・2016年1月の平日の晩、6週間半ぶり、47回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・このお店は、先月(2015年12月)から休業していたけど、年明けから営業を再開するとの告知があったので、訪問してみた。

■食べたメニュー
・和風鶏がらつけ麺(大盛)(1180円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には、券売機待ちで外に1人待ち。
・到着から2分待ちで入店。最初に店内入口の券売機で食券を買う。
・厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。
・先客3人。
・店員さんは男性1人。
・水は冷水機でセルフ。
・紙オシボリは冷水機の横に置いてあり、セルフ。
・この日は、冷水機の左側6席のみの営業で、右側のカウンターは工事中だった。
・注文から提供まで8分。

■麺
・長方形で四角い、ウエーブのかかった太麺。それほどキンキンには締めておらず、常温に近い感じ。
・少し色が付いていて加水中くらいの、表面滑らかで、ムチッと引き締まった粉の密度感があって、エッジの効いた麺質。食感は、固さや芯のない程よい茹で加減で、滑らかながらよく引き締まった弾力とコシがあって、噛み心地の良い歯ごたえ。
・麺の味は、ややしっかりしていて、粉のコクと甘みを程よく感じる味わい。
・つけ汁との絡みは割とあっさりしている。つけ汁の油と魚介の旨味風味がサラッと絡んで、麺の旨さで食べる感じのバランス。麺を半分くらいサッと付けて食べるとちょうど良い感じ。麺大盛のせいか、最後の方はやや油の絡みが弱まってきたように感じた。

■つけ汁
・清湯の獣系魚介醤油。
・あっさりしていて、表面に多少の油が浮かんでいる。
・出汁は、獣系ベースに和風魚介。獣系は恐らくは鶏メインで、魚介と較べるとあっさりしていて、味のベースになっている感じ。
・魚介は、恐らくは昆布メインに節系も入っている感じ。昆布系の旨味が強めに効いた和風テイストで、そこに節系とタレの旨味が組み合わさって旨味を強めているような味わい。麺との絡みはあっさりながら、つけ汁自体の和風魚介感は結構濃厚だった。
・タレの醤油は少し濃いながら、丸みがあってカドはない。
・タレの味付けは、多少の塩気があるけど、つけ汁としては濃い味過ぎずに、魚介出汁の旨味とタレの味とのバランスが取れていた印象。
・一味も少し入っていて、タレの背後から隠し味的に味を引き締めていた。
・スープ割りは無し。

■具材
・チャーシューは分厚い巻きバラスライス。脂身少なめで、やや引き締まった密度感がありながらも歯切れの良い歯ごたえに、タレの旨味が効いた肉の味に脂身の丸みも少し感じる味わい。
・つけ汁の中には、駒膜カットした肉も多少入っていた。
・味玉は、黄身がトロッと粘度高めの半熟で、旨味を程よく感じる味付け。
・メンマは平べったい。ポリッと滑らかな歯ごたえに、割とあっさりとした味付け。
・白ネギ輪切りは、つけ汁とのバランス的に主張は強くないながら、多少の存在感があった。
・海苔は大きくて、麺の上に乗っている。海苔で麺を巻いてつけ汁を少し付けて食べてみた。生地はややしっかりしているけど、それほど強くはなかった印象。

■全体的な味の感想
・麺は、ムチッと引き締まった弾力とコシがあって噛み心地のよい歯ごたえで、つけ汁との絡みはあっさりながら、麺の旨さをよく感じられて旨かった。
・つけ汁は、清湯獣系ベースに昆布と節系の旨味が強めに効いた和風魚介テイストで、そこに醤油ダレの旨味がバランスよく組み合わさっていた。
・麺が主役のバランスながら、つけ汁の和風魚介感が濃厚なのが良かった。
・お気に入り度は、最初の印象が4点、途中が4.5点の最後が4点で、トータルでは4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【東大阪市】らぁめん たむら

らぁめん たむら 【キム玉】

キム玉(1000円)

キム玉の麺

■来店の経緯等
・2015年11月の平日の晩、5カ月ぶり、46回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・今回は、限定の「キム玉」狙いで訪問してみた。

■食べたメニュー
・期間限定の「キム玉」(1000円)
(2015年11月18日(水)からの期間限定)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客9人。
・最初に店内入口の券売機で食券を買う。
・厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。
・店員さんは男性1人。
・水は店内入口の冷水機でセルフ。
・紙オシボリは冷水機の横に置いてあり、セルフ。
・注文から提供まで5分。

■麺
・長方形でウエーブのかかった太麺。
・少し色が付いていて加水中くらいの、表面がムチッと滑らかで多少カンスイが効いていて、ガシッとした密度感のある麺質。食感は、やや固めの茹で加減で、当たりは多少のムチッとした感じがありながら、噛むとブチッと切れる感じの、結構強めの歯ごたえ。
・麺の味は、旨味があってしっかりしている。
・タレとの絡みは良好。キムチダレ混じりのタレの旨味と辛味や塩気に、卵混じりの油の丸みがよく絡んでいた。タレの味がやや強めながら、麺の味とのバランスも取れていた印象。
麺大盛りだと麺の温かさが勝ち気味だけど、並盛りは、生卵やキムチで麺の温度が若干下がっているように感じた。

■タレ
・旨辛キムチダレ。
・生卵交じりで少しだけ丸みがあったけど、それほどオイリーではない感じ。麺とのバランス的に多少の汁気があった。
・ベースは旨味のある醤油系で、卵混じりの油の丸みと組み合わさっている。そこに、キムチダレの旨味と辛味と塩気に、トッピングの赤いパウダーの辛味や刺激がプラスされて、ガツンと旨辛い味わい。
・やや塩気を感じながらも、旨味や丸みとのバランスは取れていたと思う。

■具材
・チャーシューは肩ロースの細かいカット。タレや油と馴染んで柔らかくほぐれた感じの歯ごたえに、ややあっさりとして丸みのある肉の旨味があって、油そばに旨味をプラスしていた。
・キムチは、麺と混ざって表面のタレが適度に落ちている。しんなりと滑らかな質感のある歯ごたえに、白菜の旨味と乳酸発酵の酸味とタレの塩気がバランスよく入り混じった味わい。
・メンマは、長方形なのと細めで四角いのが混在。ややコリッとして滑らかな密度感と繊維感のある歯ごたえに、あっさりとした味付け。歯ごたえがやや強いのも混じっていたけど、麺の食感も強かったのでバランス的には良かったと思う。
・その他、白ネギ輪切りが入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、表面が滑らかながらガシッとしていて、噛むとブチッと切れる感じの歯ごたえで、コシがあるというよりも、やや固く感じた気がしたかも。タレや具のキムチとの相性は良かったと思う。
・タレは、醤油ベースの旨味と生卵混じりの油の丸みに、キムチダレや赤いパウダーの辛味が組み合わさった、ガツンと旨辛い味わい。大盛と較べると、麺とのバランス的にやや汁気多めの濃い味で、麺の温度も低下気味だったけど、その分、タレが麺と具をよくまとめていた印象。
・具は、キムチが旨かった。元の味付けは結構強い感じながら、麺と混ぜると適度に表面の味付けが落ちて、キムチ本体の味とのバランスが取れていて、麺とも合っていた。
・お気に入り度は、最初の印象が4点、後半が4.5点で、トータルでは4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【東大阪市】らぁめん たむら

らぁめん たむら 【冷やしカルピス油そば】

冷やしカルピス油そば(1100円)

冷やしカルピス油そばの麺

■来店の経緯等
・2015年6月27日(土)の昼、1か月ぶり、45回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・今回は、らぁめんたむら8周年記念限定の「冷やしカルピス油そば」を食べたいと思い、訪問してみた。

■食べたメニュー
・8周年記念限定の「冷やしカルピス油そば」(1100円)
※ホワイトボードに「並のみ」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の11時23分頃。既に2人待ち。
・開店は11時30分。その時点で4人待ち。
・厨房対面のカウンター席に座り、店内入口のホワイトボードを見て「冷やしカルピス油そば」を注文。
・店員さんは3人で、男性2人と女性1人。
・水は冷水機でセルフ。
・紙オシボリも冷水機のところに置いてあり、セルフ。
・注文から提供まで9分。

■麺
・長方形で四角い太麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・少しだけ色が付いていて加水中くらいの、表面ツルッと滑らかで、よく引き締まった密度感とソリッド感があって、エッジの効いた麺質。食感は、芯はないけどやや固めで、噛むとムチッと引き締まった当たりと質感があって、プツッと切れる強めの歯ごたえ。
・麺の味はやや強めで、粉の旨味をよく感じる味わい。
・タレとの絡みはあっさりしている。タレのマイルドな醤油系の旨味と、ほんのりとしたカルピスの甘味がサラッと絡んでいた。カルピスは隠し味程度の絡み具合で、独特のネットリとした甘味とか酸味は感じなかった印象。

■タレ
・醤油カルピス。
・サラッとした汁気があって、油は少なめ。
・ベースは薄めの醤油で、塩気は強くなくて醤油のコクもマイルドで、程よい旨味があった。そこにカルピスの甘味が隠し味的に効いていてベースの旨味とバランスしており、サッパリと優しい甘旨さを感じる味付け。
・酸味はなくて、油の風味や丸みも控えめで、ニンニクとか唐辛子も入っていなかったと思う。
・麺や具との絡みではカルピスっぽさは控えめだったけど、麺を食べた後に残ったタレ単体の味では、カルピスの甘酸っぱさを少し感じた。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは細かくほぐした肩ロース。タレで煮てあって、シーチキン風のパラッとほぐれた弾力少なめで柔らかな密度感のある歯ごたえに、塩気の強すぎない程よいタレの味付け。
・味玉は黄身がやや固めの半熟で、旨味のあるタレの味付け。
・メンマは長方形で、平べったいのとやや四角いのが混在。やや柔らかくてポリッとキレの良い繊維感のある歯ごたえに、あっさりとした味付け。
・麺の上にワカメとニンジンがトッピングしてある。
・ワカメはペラッとしてしっとりと滑らかな舌触りで、味はあっさりしていた。
・ニンジンは細長いカットで、軽快で優しい歯ごたえに、あっさりとした甘さのある味。
・レタスは底の方に敷いてあって、麺を混ぜると上の方に出てきた。パリッと薄くて張りのある歯ごたえに、サッパリとしたみずみずしさがあった。
・ワカメとニンジンとレタスは、最初の方は麺と混ざってなかったけど、だんだん混ざってきて、後半は麺とタレと具の一体感のあるサラダ風の味わいになった。
・その他、白ネギ輪切りが入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、ムチッと引き締まった強めの歯ごたえで、タレとの絡みは、マイルドな旨味の中にほんのりとしたカルピスの甘味がサラッと絡んでいた。
・タレは、マイルドな醤油ベースにカルピスの甘味が隠し味的に効いた、サッパリと優しい甘旨さを感じる味付け。酸味や辛味はなくて、油の風味や丸みも控えめで、どちらかというと油そばよりもサラダっぽく感じたかも。
・具は、チャーシューが細かくほぐれていてシーチキンっぽかった印象。
・ワカメやレタスは、最初の方はあまり麺と絡んでいなかったけど、だんだん混ざってきて、後半は麺とタレと具との一体感のあるサラダ風の味わいになった。
・カルピスを使うという発想が個性的な、このお店のファンの人向けの限定メニュー。
・お気に入り度は、麺が4点で、トータルでは3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【東大阪市】らぁめん たむら

らぁめん たむら 【油そば(もやし、背脂入り)大盛】

油そば(もやし、背脂入り)大盛(1100円)

油そば(もやし、背脂入り)大盛の麺

■来店の経緯等
・2015年5月の平日の晩、1か月ぶり、44回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・今回は、限定の「油そば(もやし、背脂入り)」目当てで訪問してみた。

■食べたメニュー
・期間限定の「油そば(もやし、背脂入り)」大盛(1100円)
(2015年5月17日(日)からの期間限定)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には先客無しの後客1人。
・厨房対面のカウンター席に座り、店内のホワイトボードに書いてある限定メニューの案内書きを見て注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・紙オシボリもカウンターに置いてあり、セルフ。
・注文から提供まで6分。

■麺
・長方形で四角い、少しウエーブのかかった太麺。
・少しだけ色が付いていて加水中くらいの、表面滑らかでムチッとした密度感のある筋肉質な麺質。食感は、噛むと引き締まった弾力があってプツンと切れる歯ごたえ。
・麺の味は強めでしっかりしている。
・タレとの絡みは、タレの旨味と脂の丸みがよく絡んで、七味の刺激も少し絡んでいた。脂の丸みの中に多少のパンチがあって、麺の味とのバランスも取れていた。

■タレ
・背脂醤油。
・ベースはサラッとしているけど、背脂混じりの油が混ざるとトロッとして、麺を食べ終わった時点ではタレがほとんど残っていなかった。
・ベースの醤油は少し濃いけど、塩気やコクはそれほど強くなくて、旨味メインの味付け。そこに、細かな背脂混じりの油の丸みのあるコクと、トッピングの七味の刺激感が組み合わさっていた。脂の丸みとタレの旨味が立った中に七味が程よく効いてバランスしている感じ。

■具材
・チャーシューは小さくカットした肩ロース。適度に柔らかな、ほぐし肉っぽい質感のある歯ごたえ。味付けは強くなくて、まぜそばの脂と少し馴染んだ感じの、ややあっさりとした肉の旨味を感じる味わいで、麺とよく絡んで油そばに肉の旨味をプラスしていた。
・味玉は、黄身が少しだけ固めでトロッとしていて粘度高めで、程よい旨味を感じるタレの味付け。
・太モヤシは、適度に茹でてあってパリッと軽快な歯ごたえに、味付け無しであっさりとした味。麺やタレや脂とよく絡めて食べると、食感や味のバランス的には麺の方が強かった気がした。
・メンマは平べったい。滑らかな密度感のある張りがあって歯切れの良い歯ごたえに、多少の旨味を感じる味付けで、味的には油そばのタレや脂の味の方がやや強かったかも。
・白ネギ輪切りも入っていた。
・青海苔は、よく混ぜるとあまり目立たなかった印象。

■全体的な味の感想
・麺は、表面滑らかでムチッと引き締まった麺質で、麺の味も強めでしっかりしていて旨かった。タレとの絡みは、やや背脂の丸みの絡みが強い気もしたけど、麺の味とのバランスは取れていたと思う。
・タレは、醤油ダレの旨味と背脂混じりの油の丸みがメインで、そこに七味の刺激が組み合わさってバランスしている感じ。個人的には、醤油ダレに対して背脂や油がやや強く感じたかも。
・具は、麺が大盛だったせいか、モヤシがバランス的に麺よりも存在感控えめに感じた。
・チャーシューは小さくカットしてあって、背脂のコクと一緒に麺とよく絡んで、まぜそばに肉の旨味をプラスしていた。
・次回食べる機会があれば、並で食べてみたいと思った。
・お気に入り度は、麺が4.5点で、麺と具のバランスを含めたトータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【東大阪市】らぁめん たむら

らぁめん たむら 【煮干し燕三条らぁめん】

煮干し燕三条らぁめん(850円)

煮干し燕三条らぁめんの麺

■来店の経緯等
・2015年4月の平日の晩、2か月ぶり、43回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・今回は、限定の「煮干し燕三条らぁめん」目当てで訪問してみた。

■食べたメニュー
・期間限定の「煮干し燕三条らぁめん」(850円)
(2015年4月14日(火)からの期間限定)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には先客無し。

らぁめん たむら

・厨房対面のカウンター席に座り、店内のホワイトボードを見て「煮干し燕三条らぁめん」を注文。
・店員さんは男性1人で店主さん。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・紙オシボリもカウンターの上に置いてあり、セルフ。
・注文から提供まで6分。

■麺
・長方形で少しウエーブのかかった太麺。
・少しだけ黄色くて、表面滑らかで引き締まった密度感のある筋肉質な麺質。食感は、やや固めの茹で加減で、ガチッとしてムチッとした主張があって、噛むとブツッと切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、強めでしっかりしている。
・スープとの絡みは、スープの旨味と油の丸みがサラッと絡んでいて、スープの熱さがよく絡んでいた。煮干の風味の絡みは控えめだったかも。

■スープ
・少し濁った煮干背脂醤油。温度高めのアツアツ。
・少し濁っていながら割とあっさりしていて、表面に細かい背脂が浮かんで薄い層になっている。
・出汁は、恐らくは獣系ベースに煮干の魚介。獣系は恐らくは鶏メインで、表面の豚の油の丸みと組み合わさったような旨味を感じる味わい。
・魚介は煮干メインで、スープ自体の味では多少の煮干っぽいコクを感じたけど、やや丸まり気味で、麺との絡みではそれほど煮干の風味を感じなかった気がした。煮干の風味やコクがガツンと来るというよりは、スープの旨味の一部になっていた印象。
・タレの醤油は、カドはないけどやや塩気の混じったようなコクがあって、旨味や煮干のコクや油の丸みとバランスしていた。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは分厚い巻きバラスライス。油が程よく抜けていて、ホロッとほぐれるような肉の繊維感と密度感があって、厚みなりの食べごたえのある歯ごたえ。味は、濃い味ではないけど、ニンニクか何かの旨味が程よく効いた味付けが肉の味を引き立てていて、そこに脂の丸みが少しだけ組み合わさった感じの味わい。
・メンマは平べったい。ポリッと滑らかな歯ごたえに、味付けは多少のゴマ油か何かの風味があって、ややマイルド気味に感じたかも。
・白ネギ輪切りは、適度な香味があって、スープを飲んだ際には主張を感じた。
・海苔は、食べた時にはスープに馴染んでいて、スープの旨味がよく絡んでいた。

■全体的な味の感想
・麺は、やや固めの茹で加減で、ガチッと引き締まってムチッとした主張が強めの歯ごたえがあって、麺の味もしっかりしていた。スープの熱さがよく絡んでいたけど、煮干の風味の絡みは控えめだったかも。
・スープは、温度高めのアツアツで、醤油ダレや煮干のコクが細かな背脂とバランスしてやや丸まった感じの味わい。煮干のコクも多少感じたけど、個人的には、メニュー名が「煮干し燕三条」の割には煮干がそれほどガツンと来なかった気がした。
・具は、バラチャーシューが分厚くて、油も程よく抜けていて旨かった。前回訪問時のバラチャーシューはやや微妙だったけど、今回は満足できた。
・全体的には、やや麺勝ちのバランスだった気もしたけど、スープの熱さが麺によく絡んでいたのは良かったと思う。
・お気に入り度は、最初の印象が4点、途中が4.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【東大阪市】らぁめん たむら

らぁめん たむら 【煮干し鶏しょうゆつけ麺】

煮干し鶏しょうゆつけ麺(大盛)(1200円)

煮干し鶏しょうゆつけ麺(大盛)の麺

■来店の経緯等
・2015年2月の平日の晩、3週間ぶり、42回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・今回は、新作の「煮干し鶏しょうゆつけ麺」目当てで訪問してみた。

■食べたメニュー
・期間限定の「煮干し鶏しょうゆつけ麺」大盛(1200円)
(2015年2月5日(木)限定)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客2人。
・厨房対面のカウンター席に座り、ホワイトボードのメニューを見て「煮干し鶏しょうゆつけ麺」を大盛で注文。
・店員さんは男性3人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・紙オシボリはカウンターの上に置いてあり、セルフ。
・注文から提供まで8分。

■麺
・長方形でウエーブのかかった太麺。麺の温度は、それほどキンキンには冷えておらずに常温くらい。
・少し色が付いていて加水中くらいの、表面が滑らかで、それほど強くは締まっていないながらも、ムチッとした密度感があってエッジの効いた筋肉質な麺質。食感は、ほんの少し固めながらも芯のない程度の茹で加減で、噛むとムチッとしたコシがあって噛み心地の良い歯ごたえ。
・麺の味は、強めで粉の味がしっかりとした、中華麺らしさのある味。
・つけ汁との絡みはあっさりしている。つけ汁の表面の油と煮干の苦み走った風味がサラッと絡んで、麺の味を引き立てていて、麺の旨さ主体で食べる感じ。

■つけ汁
・清湯の煮干醤油。つけ汁の量は多め。
・あっさりしていて、表面に多少の香味油が浮かんでいる。
・出汁は、清湯獣系ベースに煮干の魚介。
・獣系はあっさりしている。メニュー名によると鶏で、煮干や醤油ダレや表面の油の方が強くて主張控えめながらも、サラッとした旨味が味のベースになっている感じ。つけ汁の底の方にはチャーシューの細かい破片が入っていて、最後の方はその影響を少し感じたかも。
・魚介は煮干メイン。魚粉感はなくて程よい濃さながら、煮干がまるごと入ったような苦味混じりのコクをよく感じる味わいで、麺には煮干の風味がサラッと絡んでいた。ただし、後半はやや煮干の風味やコクが弱まってきた印象。
・タレの醤油は、多少の塩気を感じるけどコクはそれほど強くなくて、煮干のビターなコクや表面の油の丸みとバランスが取れている感じ。
・味付けは、薄くはないながらつけ汁としては強すぎずに、そのままでも何とか飲める程度の味の濃さ。黒胡椒が底に沈んでいて、最初の方はあまり感じなかったけど、底の方は香味が隠し味的にほんのりと効いていた。
・ピリッとした刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、分厚い巻きバラスライス一枚と肩ロースの細かいカット。
・バラスライスはやや脂身多めで、ムチッとして多少の筋っぽさのある脂身の弾力強めの歯ごたえに、肉の旨味は控えめで、脂そのもののコッテリ感が強めに残ったような味わい。
・肩ロースの細かいカットは、脂身少なめで、パサッとはしていないけどパラッとほぐれるような柔らかな肉の繊維感のある歯ごたえに、程よい強さの味付けで、つけ汁とのバランス的にはややおとなしく感じたかも。
・味玉は、黄身がトロッと粘度高めで旨味のある味付け。
・メンマは平べったい。ポリッと滑らかな張りがあってキレの良い歯ごたえに、強くはないながら旨味と多少のゴマ油系の風味を感じる味付けで、つけ汁との相性は割と良かったと思う。
・白ネギ輪切りは、多少の歯ごたえがあったけど、ややつけ汁に馴染んだ感じだったかも。

■全体的な味の感想
・麺は、それほど強くは締めていなかった気がしたけど、ムチッとしたコシを感じる心地よい噛みごたえで、麺の味も旨かった。つけ汁との絡みはあっさりながら、煮干のビターな風味がサラッと絡んでいて、麺の味を引き立てていた印象。
・つけ汁は、あっさりとした清湯獣系ベースに煮干出汁と香味油と醤油ダレとがバランス良く組み合わさっていて、煮干の苦味混じりのコクを程よく感じる味わい。後半はやや煮干の風味が弱まってきた気もしたけど、麺との相性は良かったと思う。
・具は、今回はバラチャーシューの脂身が多くて、脂身の筋っぽい弾力とコッテリ感とが強めに残っていて、ややツボに嵌まらなかった気がしたかも。
・メンマは、つけ汁と合っていたと思う。
・煮干が効いていながらも、あくまでも麺の旨さが主役のつけ麺。
・お気に入り度は、前半が4.5点、後半が4点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【東大阪市】らぁめん たむら

らぁめん たむら 【油そば小盛】

油そば小盛(130g)(550円)

油そば小盛(130g)の麺

■来店の経緯等
・2015年1月の平日の晩、3週間ぶり、41回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)

■食べたメニュー
・油そば小盛(130g)(550円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客2人。
・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て「油そば小盛」を注文。
・店員は店主さん1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで5分。

■麺
・四角くて少し縮れた、中くらいの太さの麺。
・加水中くらいかやや高めの、表面ツルッと滑らかで少しプリッとした張りと結合感があって、エッジの効いた麺質。食感は、芯はないながらやや固めの茹で加減で、程よく引き締まった張りのある当たりがあって、プツンと切れる心地よい歯ごたえ。
・麺の味は、強くはないけど程よい旨味を感じる味わい。
・タレとの絡みは良好。タレの旨味と油の風味や丸みが麺によく絡んで、麺とのバランスも良好だった。
・具の肉の旨味やネギの風味も程よく麺に絡んで、タレと相まって麺の味を引き立てていた。

■タレ
・醤油ベース。
・油は、植物系ベースにラードか何かの動物系の丸みとコクが組み合わさっている感じ。
・タレの醤油は、多少のコクがあるけどカドはなくて、タレの旨味や油の丸みとのバランスが取れていて、旨味メインの味わい。
・タレの味付けはそれほど強くはないながら、麺も太くないのでバランス的にはタレの旨味や油の風味をよく感じられて、麺とタレと具の肉やネギとのハーモニー感があった印象。

■具材
・チャーシューは細かくカットした肩ロース。パサッとはしておらずに、ほぐし肉のような柔らかな肉の繊維感のある歯ごたえに、タレの旨味や油と組み合わさったような肉の旨味を感じる味わい。
・味玉は、黄身がトロッと粘度高めで、甘旨いタレの味付けがよく効いていた。
・メンマは、四角くて細いのと、長方形のが混在していた。やや柔らかめで滑らかな張りのある歯ごたえに、あっさりとしたゴマ油系の風味と旨味を感じる味付け。
・白ネギ輪切りは、固くなくてフレッシュな質感のある歯ごたえに、やや強めの香味があった。
・糸唐辛子は、最初の方で少しだけほんのりとした刺激を感じたけど、その後は存在感がなかったかも。

■全体的な味の感想
・麺は、恐らくは「和風鶏がららぁめん」とかと同じ麺で、プリッと引き締まった張りがあってエッジの効いた食感はなかなか良かった。タレや具との絡みも良好で、麺が勝ち過ぎずに麺とタレと具とのハーモニー感があるのが素敵。
・タレは、醤油ベースで旨味があって、植物系と動物系との組み合わさった油の丸みと風味とがよく効いていて、麺とのバランスもよく取れていたのが良かった。
・具は、細かくカットしたチャーシューの旨味や、輪切りの白ネギの香味が、麺やタレの旨さをよく引き立てていたのが良かった。
・値段控えめでボリューム的にも控えめだけど、油そばの魅力である麺と油との絡みの妙がちゃんと感じられる味わいなのが良かった。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報
プロフィール

Author:かもしか
2011年11月27日始動。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、基本的に、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 02月 【33件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ