【木津川市】無鉄砲 本店

無鉄砲 本店 【とんこつチャーシュー】

とんこつチャーシュー(950円)+ごはん(中)(160円)

とんこつチャーシュー(950円)

とんこつチャーシューの麺

■来店の経緯等
・2017年1月の平日の晩、1年10か月ぶりの訪問。
・ブログを始めてからは10回目の訪問。
(ブログを始める前にも訪問しているが、回数は記録していないため不明)

■食べたメニュー
・とんこつチャーシュー(950円)
・替え玉(150円)
・ごはん(中)(160円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち25人。

無鉄砲 本店

・並んでいる間に、店外の券売機で食券を買う。
・先に外で注文。麺ふつう、スープふつう、ネギできるだけ多めで注文。
・到着から30分待ちで入店。テーブル席に相席で座る。
・店員さんは5人で、男性3人と女性2人。
・水は出してくれた。お代わりはテーブルのポットでセルフ。
・入店から提供まで6分。

■麺
・長方形の中太で、少し縮れたウエーブ。
・少し色が付いていて加水中くらいか少し低めの、表面は滑らかでゴワッとはしておらずに、カンスイが少し効いた粉の張りと多少の密度感のある麺質。食感は、少し柔らかめというか固さのない程よい茹で加減で、モッチリとして適度に中身の詰まった当たりがあって、噛むとモチッとしてプツッと切れる心地よい歯ごたえ。
・麺の味は、粉の味を適度に感じる味で、ややしっかりしている。
・スープとの絡みは、スープのトロミと旨味に、ゼラチンの甘味混じりの豚骨出汁の味わいがよく絡んで、麺とスープとの一体感というかマリアージュ感のある味わい。スープの熱さも適度に絡んで、麺の旨さを引き立てていた印象。

・替え玉は、最初と同じ「日本めん(宮崎県の製麺所)」の麺を、茹で加減固めで注文。提供時に、店員さんが替え玉を丼に投入してくれる方式。
・茹で加減少し固めの、最初の麺よりも表面が滑らかで、多少引き締まった感じの歯ごたえ。
・麺の味は、茹でが少ない分、最初の麺より少し強かったかも。
・スープとの絡みは、最初の方はやや弱かったけど、麺とスープをよく混ぜるとだんだん馴染んできて、後半はスープがよく絡んでいた。ただし、最初の麺の時と較べるとスープの温度が低下していて、味付けがそれほど強くないのと相まって、少し物足りなく感じた気がした。

■スープ
・白濁した獣系。
・ややドロッとしていて、多少の油が溶け込んでいるけど、それほどコッテリはしていない感じ。
・出汁は豚骨の獣系。ゼラチン感がそこそこあって、油の混じったゼラチンの甘味と丸みの中に、豚骨の出汁を適度に感じる味わい。粘度やドロドロ感は強すぎずに、お粥みたいに優しくドロッとした口当たりがあった。頭骨のコクとか、骨粉混じりの呼び戻しのコクとかは感じないけど、豚骨の出汁感は割としっかりしていた印象。
・タレの醤油は、コクの主張がマイルド。
・味付けは、程よい旨味の厚みがあって、出汁のトロミや甘味や豚骨の味わいとバランスよく組み合わさっていた。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、薄切りのバラスライス。枚数は多いけど、一枚一枚がやや小さめに感じた。脂身混じりで、多少モッチリとした弾力を感じる肉の質感のある歯ごたえに、タレの旨味と塩気が程よく効いた味付け。
・メンマは細くて、長方形で平べったい。ポリッと滑らかで柔らかめのクリック感のある歯ごたえで、味はあまり印象に残らなかったかも。
・青ネギ輪切りは、白い部分も少し混じっていて、「できるだけ多め」だけあって量が多かった。フレッシュで、固くはないけど少し中身が詰まった感じの歯ごたえに、サッパリとした風味があって、スープに対して結構主張していた印象。
・海苔は、味が少し付いていたように感じた。

■ごはん

ごはん(中)(160円)

・替え玉を食べた後、ごはんとテーブルトッピングの激辛高菜を残ったスープに投入してみた。
・ごはんを投入すると、スープのトロミと味付けと豚骨感が薄まって、マイルドな丸みを感じる雑炊テイストになった。そこに、激辛高菜の塩気と旨味とパンチがバランスよく組み合わさって、サッパリと口当たりよく食べられた。

■全体的な味の感想
・麺は、長方形の中太で、モッチリとして適度に中身の詰まった歯ごたえがあった。スープとの絡みは、スープのトロミと旨味にゼラチンの甘味混じりの豚骨の味わいがよく絡んで、麺とスープとの一体感というかマリアージュ感があった。
・替え玉は、最初と同じ麺を茹で加減固めの注文で、最初の麺よりも多少引き締まった歯ごたえ。スープとの絡みは、スープの温度が低下していて、味付けがそれほど強くないのと相まって、少し物足りなく感じた気がした。替え玉時にはテーブルトッピングで味変化する向きかも。
・スープは、ゼラチン感がそこそこあって、油の混じったゼラチンの甘味と丸みの中に、豚骨の出汁を適度に感じる味わい。それほどコッテリはしておらずに、優しくドロッとした口当たりがあった。今回のスープは、今までにこのお店で食べた中では、ベストの状態のスープと較べてややマイルドだったけど、平均以上ではあったと思う。
・具は、ネギが「できるだけ多め」の注文で、量が多くて、スープに対して結構主張していた。
・チャーシューは、枚数が多かったけど、一枚一枚はやや小さめに感じた。薄切りながら多少モッチリとした弾力があって、味付けはタレの旨味と塩気が程よく効いていた。
・最後に、残ったスープにごはんと激辛高菜を投入すると、サッパリと口当たりよく食べられて旨かった。
・お気に入り度は、最初の印象が4.5点、後半が4点で、トータルでは、最後のごはん+激辛高菜ダイブ込みで4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報
スポンサーサイト

【木津川市】無鉄砲 本店

無鉄砲 本店 【とんこつラーメン】

とんこつラーメン(750円)

とんこつラーメンの麺

■来店の経緯等
・2015年3月29日(日)の昼、3か月ぶりの訪問。
・ブログを始めてからは9回目の訪問。
(ブログを始める前にも訪問しているが、回数は記録していないため不明)

■食べたメニュー
・とんこつラーメン(750円)
・替え玉(150円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は13時10分頃。外に40人待ち。
・並んでいる間に、店外の券売機で食券を買う。
・先に外で店員さんに注文。好みを聞かれて、麺ふつう、スープふつう、ネギ多めで注文。
・到着から55分待ちで入店。厨房対面のカウンター席に座る。
・店員さんは6人で、男性3人と女性3人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・入店から提供まで5分。

■麺
・長方形で少し縮れた中太麺。
・ほんの少し黄色くて加水中くらいの、表面はツルッとはしていないけど滑らかで、水を含んだキメの細かな粉の結合感と優しい張りを感じる麺質。食感は、やや柔らかめの茹で加減で、モチャッとした張りを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、やや水気を含んであっさりとした旨味を感じる。
・スープとの絡みは、スープの旨味と丸みが絡んでいたけど、味の絡みはややマイルド気味に感じたかも。

・替え玉は、最初と同じ「日本めん」(宮崎県の製麺所)の麺を、茹で加減かためで注文。
・最初の茹で加減ふつうと較べると、多少の硬質な結合感のある当たりがあって、ゴワッとはしておらずに滑らかで程よい弾力を感じる歯ごたえ。
・麺の味も、それほど強くはないながら、最初の麺よりは多少強まった気がした。
・スープとの絡みは、最初と同じくややマイルド気味で、麺の味や食感が強まった分、多少メリハリが付いた感じ。

■スープ
・白濁した豚骨醤油。
・ドロッとしていて、多少の油が乳化してコッテリしており、背脂も少し入っている。
・出汁は豚骨の獣系。お粥みたいにドロッと優しいゼラチン感があって、油混じりの乳化したゼラチンの丸みと甘みがメインの味わい。豚骨のコクも少し感じるけど、頭骨のミルキーなコクや呼び戻しの骨粉混じりのコクとかは無い感じ。
・タレの醤油はマイルド。タレの味付けは、旨味はきちんとあったけど、塩気や醤油のコクの主張は控えめで、出汁の優しい丸みと甘みとを生かしていた印象。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは薄切りのバラスライス。脂身の弾力を感じる歯ごたえに、旨味のあるタレの味付け。
・メンマは平べったい。張りは強くなくて滑らかな繊維感のある歯ごたえに、あっさりとした味付け。
・青ネギ輪切りは、程よくフレッシュな香味があって、スープと合っていた。
・海苔は、食べた時点ではスープに馴染んで柔らかめだったけど、海苔の風味があった。

■全体的な味の感想
・麺は、やや柔らかめの茹で加減で、スープはよく絡んでいたけど、味の絡みはややマイルド気味に感じたかも。
・替え玉は茹で加減固めで、こっちも味の絡みはマイルド気味だったけど、食感や麺の味が最初よりも強まった分、多少メリハリが付いた印象。
・スープは、よく乳化していて油混じりのゼラチンの丸みと甘味があったけど、過去に食べたベストな時のスープの濃厚なゼラチン感と較べると、ややマイルドで優しい感じだった気がした。タレの味付けは強くなくて、出汁の味わいを生かしていたのは良かった。
・具は、ネギがスープと合っていたのが良かった。
・チャーシューも、旨味がきちんとありながら味付けが濃くないのは良かったと思う。
・今回は、全体的に味の強さがマイルドで、スープ自体を味わうのには良かったけど、個人的には、もう少し濃い味が麺に絡む方が好みかも。
・お気に入り度は、トータルで4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【木津川市】無鉄砲 本店

あっ豚の骨屋ッ! 【海老豚骨ラーメン】

海老豚骨ラーメン(重ちゃん・仙ちゃんチャーシュー麺)(1000円)

海老豚骨ラーメン(重ちゃん・仙ちゃんチャーシュー麺)の麺

■来店の経緯等
・2014年12月の平日の昼、半年ぶりの訪問。
・ブログを始めてからは8回目の訪問。
(ブログを始める前にも訪問しているが、回数は記録していないため不明)
・今回は、このお店で「豚の骨」「俺のラーメン あっぱれ屋」のコラボ営業「あっ豚の骨屋ッ!」が開催されるとの告知があったので、訪問してみた。

■食べたメニュー
・海老豚骨ラーメン(重ちゃん・仙ちゃんチャーシュー麺)(1000円)
※メニュー案内には「重ちゃんの男気スープと仙ちゃんの思いのトッピング達をのせて。。。」と書いてあった。

・アーリオ・オーリオライス(300円)
※メニュー案内には「青森産にんにくを色よく炒め無鉄砲のチャーシューとあっぱれ屋の塩ダレで炊きあげた風味豊かなライスです。」と書いてあった。

メニュー案内

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の7時39分頃。既に24人待ち。
・待ち人数は、8時頃に32人、8時30分頃に44人、9時頃に56人、9時30分頃に75人、10時頃に90人だった。
・10時28分頃、あっぱれ屋の女将が外に出てきて、並んでいるお客にメニューを回してくれた。
・10時53分頃、先に外の券売機で食券を買う。
・10時56分頃、両店主が出てきて、共同で入口に暖簾を掛けた。
・開店は10時57分。一巡目で入店できずに外で待つ。

あっ豚の骨屋ッ!

・開店から22分待ちで入店。厨房対面のカウンター席に案内されて座り、食券を出して注文。
・店員さんは店内に12人で、男性10人と女性2人。あっぱれ屋側は4人で、店主さんと女将のほか、現在は京都と浜松で独立しているお弟子さん2人。豚の骨側は、店主さん夫婦と本店店長さんほか。その他、外に3人(男性2人と女性1人)いて、駐車場の案内などを担当していた。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・ラーメンを待っている間に、先着30人限定のステッカーと、2015年の無鉄砲カレンダーを貰った。

先着30人限定のステッカーと2015年無鉄砲カレンダー

・注文から提供まで4分。ラーメンが先で、アーリオ・オーリオライスは後から出てきた。

■麺
・長方形で縮れた太麺。
・表面が滑らかで、あまりプリッとはしておらずに程よい張りと結合感があって、エッジは効いておらずに厚みを感じる麺質。食感は、モチッとした弾力があって、コシはそれほど強くなくて、噛むとムニュッとしてスッと切れる感じの歯ごたえ。後半はやや柔らかめに感じた。
・麺の味は、カンスイは強くなくて、卵も少し入ったような粉の旨味と甘みをよく感じる味わい。
・スープとの絡みは良好で、麺の味とのバランスも取れていた。スープのトロミがよく絡んで、後半は麺の表面がややスープに馴染んだ感もあったけど、食感的には麺も負けていなかったと思う。

■スープ
・白濁した海老豚骨。
・トロッとしていてコッテリしている。
・出汁は豚骨の獣系メイン。多少の油混じりのゼラチン感があって、トロッとした厚みと丸みを感じる味わい。海老の効果か、通常の無鉄砲の純豚骨と較べると、少しだけマイルドに感じたかも。
・海老は、タレか出汁かよく分からない感じで、海老油とかではなくてスープ全体に溶け込んでいる。甲殻の香ばしさが程よく混じったような海老の風味があって、豚骨とバランスして一体化していた印象。海老がガツンとは前には来ないけど、決して豚骨には負けていない感じの存在感があった。
・タレは恐らくは醤油ベースか。コクはマイルドながら味付けは厚みがあってしっかりしていて、海老が味付けの一部になっていた感じ。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りで少しだけ厚みのあるレアのスライス。デフォでチャーシュー増しぐらいの枚数があって量は多い。脂身多めで、部位はよく分からなかった。しっとりと滑らかで適度な密度感があって歯切れの良い歯ごたえに、脂身の甘味混じりのレアな肉の旨味を感じる味わいで、サイドの胡椒が多少効いていた。
・味玉は、黄身がトロッとして粘度高めで、卵のコクの中に多少の塩系の味付けを感じた。
・メンマは四角くて太い。よく煮込んであって柔らかめの繊維感があって、太さなりの噛みごたえのある歯ごたえに、あっぱれ屋らしい生姜の風味の効いた甘い味付け。
・青ネギ輪切りは細い。風味は控えめだったけど、量がそこそこあったので、スープを飲む際に多少の張りのある優しい歯ごたえを感じた。

■アーリオ・オーリオライス

アーリオ・オーリオライス(300円)

・ニンニク炊き込みご飯で、カイワレがトッピングしてある。
・ご飯は、生米から炊いてあるのか、少し固めの食感で、炒めたニンニクの香ばしくてリッチな風味が強めに効いていて、マイルドな旨味のある程よい強さの味付け。
・ニンニクの小さい破片が入っていて、しっとりと柔らかい食感が米とのハーモニー感を成していた。
・メニュー案内に書いてあったチャーシューは、具に入っているのかよく分からなかった。
・カイワレは、苦味がなくて主張控えめで、見た目の彩り担当だった印象。

■全体的な味の感想
・麺は、モチッとした弾力のある優しい歯ごたえで、少しだけスープに馴染んだ感じがあった。
・スープは豚の骨で、豚骨と海老のバランスが取れていて一体感のある味わいだった。
・具はあっぱれ屋で、レアチャーシューが枚数多めでボリュームがあって、スープとケンカせずによく合っていたのが良かった。やや脂身が多かった気もしたけど、コッテリとしたスープに合わせていたのかも。
・細めの青ネギ輪切りもスープと合っていた印象。
・両店の持ち味を生かした、コラボらしさのある楽しいラーメンだった印象。
・アーリオ・オーリオライスは、炒めたニンニクのリッチな風味と旨味が米とよく合っていて、これは旨いと思った。
・お気に入り度は、ラーメン単体が4.5点で、アーリオ・オーリオライスとセットで5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度:
ラーメン単体: ★★★★☆
 (4.5)
ラーメン+アーリオ・オーリオライス: ★★★★★ (5.0)
※通常はラーメン単体のお気に入り度だが、「アーリオ・オーリオライス」がかなり気に入ったので、セットでのお気に入り度も付けてみた。

■お店の情報

【木津川市】無鉄砲 本店

無鉄砲 本店 【Wスープラーメン】

Wスープラーメン(豚骨6:魚介4)(750円)

Wスープラーメン(豚骨6:魚介4)の麺

■来店の経緯等
・2014年6月14日(土)の夕方、4か月ぶりの訪問。
・ブログを始めてから7回目の訪問。
(ブログを始める前にも訪問しているが、回数は記録していないため不明)
・今回は、このお店の「Wスープラーメン」が未食だったので、一度食べてみたいと思い、訪問してみた。

■食べたメニュー
・Wスープラーメン(豚骨6:魚介4)(750円)
・替え玉(150円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の17時27分頃。既に4人待ち。
・先に店外の券売機で食券を買い、ベンチで座って待つ。

無鉄砲 本店

・待ち人数は、17時40分頃に10人で、17時56分頃には44人だった。
・待っている間、外に店員さんが出て来て注文を聞かれた。Wスープは、「とんこつラーメン」の食券を買い、注文時にWスープで注文。割合は、デフォの6対4でお願いした。また、「麺ふつう、スープふつう、ネギ多め」で注文。
・開店は18時。順番に入店し、厨房対面のカウンター席に座る。
・店員さんは6人で、男性2人と女性4人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・入店から提供まで8分。

■麺
・長方形で少し縮れた中太麺。
・加水やや低めの、表面滑らかで粉の結合感があってやや膨らんだ感じの、モッチリとした張りとボリューム感のある麺質。食感は、やや柔らかめの茹で加減で、コシはあまり無いけど多少の厚みを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、強くはないけど粉の味がしっかりしている。
・スープとの絡みは、あっさり気味というか、豚骨も魚介もタレもやや捉えどころがないような印象で、スープをよくかき混ぜると、多少の豚骨の風味が麺に絡んだ。

・替え玉は、最初と同じ「日本めん(宮崎県の製麺所)」の麺をかたさ固めで注文。
・最初のかたさ普通と較べると、やや表面に硬質な質感があって、多少の歯ごたえがプラスされたけど、麺質自体は最初と似ていて、多少膨らんだようなモッチリとした厚みを感じる歯ごたえがあった。
・麺の味は、最初よりも少し強めの味だった。
・スープとの絡みは、最初と同じくややあっさり気味で、麺の味主体で食べる感じだった。

■スープ
・白濁した豚骨魚介醤油。
・表面は多少トロッとしているけど、ダブルスープのせいか、粘度自体は高くなくて割とサラッとしていた。
・出汁は豚骨の獣系ベースに魚介。豚骨は、表面に乳化した油の層があり、多少の油混じりのゼラチンの甘味と丸みがあって、底の方は肉の細かい破片も混じったような感じもあったけど、魚介で割っているせいか、デフォの豚骨と較べると全体的に弱まっているような印象。
・魚介は、風味や旨味の主張は控えめで、豚骨スープを割ってあっさりさせるのが目的みたいな感じの味わい。
・タレの醤油はマイルドで甘い味。
・魚介で割った分、味付けはマイルドに感じたけど、それでも、魚介の味よりもタレの旨味の方が強かった気がした。
・魚介がプラスされたというよりも、純豚骨のスープを全体的にマイルドにしたようなテイストで、後味の重たさは控えめ。塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは薄切りのバラスライス。脂身の弾力のある歯ごたえに、味付けは強くなくて、多少の脂混じりの豚っぽさがあって、よく味わうと味付けの旨味も感じた。
・メンマは平べったい。ポリッと滑らかでしなやかで柔らかい歯ごたえに、味付けあっさりでほのかにメンマらしい風味があった。
・青ネギ輪切りは細身で、多少のシャキッと引き締まったフレッシュな歯ごたえがあって、風味は穏やかで強くはなかった印象。
・海苔は、スープに浸って、やや表面の乳化した油に馴染んだような味わいだった。

■全体的な味の感想
・麺は、モッチリとした張りと厚みがあったのは良かったけど、その分、ややキレが感じられなかった印象。
・無鉄砲の「日本めん」の麺は、豚の骨営業の時も含めて毎回微妙にコンディションが異なる印象で、個人的には、前回訪問時の麺の方が良かった気がした。
・麺とスープとの絡みもあっさり気味で、個人的には、豚骨やタレとの絡みがマイルドになった分、魚介の絡みがもう少し欲しかったかも。
・スープは、魚介の風味があまり感じられずに、単に豚骨スープが薄まってマイルドになったように感じた。ただし、たまたまのブレで元の豚骨スープ自体がマイルドだった可能性もあるかも。
・このお店のデフォの豚骨ラーメンがキツく感じる人向けなのかも知れないけど、個人的には、もう少し豚骨が薄まった分を魚介で押して欲しい気もした。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【木津川市】無鉄砲 本店

無鉄砲 本店 【とんこつラーメン(スープあっさり+タレ半分+ネギできるだけ多め)】

とんこつラーメン(スープあっさり+タレ半分+ネギできるだけ多め)(700円)

とんこつラーメンの麺

■来店の経緯等
・2014年2月22日(土)の昼、2か月ぶりの訪問。
・ブログを始めてから6回目の訪問。
(ブログを始める前にも訪問しているが、回数は記録していないため不明)
・基本的に、無鉄砲ではノーマルなオーダーで食べる事が多いが、今回は、いろいろ変わった注文を試してみたいと思った。まずは、魚介無しの純豚骨だと出汁に対してタレの味が強いと感じる時があるので、ネットで見た事のある「タレ半分」を試してみようと思った。また、昨年3回訪問したところ、3回ともネギの量が寂しかったので、今回は「ネギできるだけ多め」を試してみる事にした。

■食べたメニュー
・とんこつラーメン(700円)
・替え玉(150円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は13時55分頃。外に22人待ち。

無鉄砲 本店

・並んでいる間に、店外の券売機で食券を買う。店員さんが来て注文を聞かれたので、「麺ふつう、スープあっさり、タレ半分、ネギできるだけ多め」で注文。
・到着から36分待ちで入店。テーブル席に相席で案内される。
・店員さんは6人で、男性3人と女性3人。
・水は出してくれた。お代わりはテーブルのポットでセルフ。
・入店から提供まで4分。

■麺
・長方形の中太縮れ。
・少し色が付いていて加水やや低めか中くらいの、表面が滑らかで、ゴワッとはしていないけど粉の結合感があって張りのある麺質。食感は、少し柔らかめの茹で加減で、多少の膨らみのある弾力を感じる歯ごたえ。
・麺の味は、粉の味が強めでしっかりしている。
・スープとの絡みは、味の絡みはあっさりしていて、バランス的には通常よりも麺の味をしっかりと感じるけど、ゼラチンのトロミがよく絡むので、物足りなくはなかった。

・替え玉は、最初と同じ「日本めん(宮崎県の製麺所)」の麺を固めで注文。
・最初よりもやや色が黄色くて、硬質な滑らかさがあって水分少なめな麺質。食感は、キメが細かで引き締まった密度感のある歯ごたえ。
・スープとの絡みは、味の絡みは最初よりも更にあっさりしていたけど、麺自体の主張があるのと、トロミはよく絡んでいる事から、バランスはそれなりに取れていた印象。

■スープ
・白濁した豚骨醤油。
・少しトロッとしていてよく乳化しており、背脂は少なめで油っぽさや粘度は控えめながら、それなりに重たい感じ。
・出汁は豚骨。ゼラチン感はあるけど、脂が少ないせいか、甘味はあっさりしている。ドロッとしていて、優しい甘味と旨味を感じる味わいで、コッテリ感やマッタリ感は少なめ。豚っぽさや骨粉感も少なめ。
・タレは半分の量なので、醤油のコクや塩気はマイルドながら、化調抜きではないので多少の旨味はある。
・スープ自体の、出汁の味とタレの味付けとのバランスは割と良かったけど、麺を引き立てる感じは弱いかも。
・塩辛さや刺激感は無い。
・スープを完食すると、後味は結構重たい。

■具材
・チャーシューは薄切りのバラスライス。柔らかくて多少のしなやかさのある歯ごたえに、味付けは強くなくてほんのりとタレが効いた味わい。
・メンマは平べったい。ポリッと滑らかな歯ごたえに、こちらも味付けは強くなくて、タレがほんのりと効いていた。
・青白ネギの輪切りは、やや細めで白ネギ混じりの、柔らかいながら中身の詰まった感じでシャリッとした歯ごたえに、フレッシュな香味がガツンと強めの味わいで、タレ半分の代わりにスープのアクセントになっていた。

■全体的な味の感想
・麺は、前回の豚の骨営業の時と較べると、ペラッとしておらずにリッチな食感だったのが良かった。スープとの絡みは、やや麺の味主体のバランスだった印象で、最初の「日本めん、茹で加減ふつう」よりも、替え玉の「日本めん、固め」の方が今回のスープには合っていたかも。
・スープは、「あっさり+タレ半分」のオーダーで、豚骨の味わいはよく感じられたけど、麺を引き立てるという意味ではタレ普通の方が良さそうに思った。
・また、背脂少なめのせいか、よく乳化していながらゼラチンの甘味は割とマイルドに感じた。今までゼラチンの甘味だと思っていたのは、実は油の甘味だったのかもと思ったが、ひょっとするとスープのブレの要素もあるのかも。
・また、お粥みたいにドロッと優しい豚骨の味わいはあるけど、製法上、頭骨のコクとか久留米風の呼び戻し感とかは無いので、タレや背脂を減らしても、そういうのが現れてくる訳ではない。
・具は、前回はネギ多めでも寂しく感じたので、今回はネギできるだけ多めでオーダーしたところ、むしろネギの香味がガツンと強くて、ネギラーメンかというくらいにインパクトのある味わいだった。スープとの相性的には、スープのトロッとした味わいとネギの香味とはよく合っていたけど、ネギの風味が強過ぎて豚骨の味がやや負け気味だった部分もあった。これはこれで悪くないけど、豚骨の味わいを楽しみたいなら、ネギは少なめの方が良かった気がした。
・「あっさり+タレ半分」は、色々試した結果、この組み合わせがツボに嵌った人向けだと思う。
・お気に入り度は、今回「あっさり+タレ半分+ネギできるだけ多め」を試した結果は4点ぐらいだったけど、麺や出汁の感じからすると、ノーマルで注文していればもう少し高かったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【木津川市】無鉄砲 本店

豚の骨@無鉄砲 本店 【豚にぼラーメン】

豚にぼラーメン(700円)

豚にぼラーメンの麺

■来店の経緯等
・2013年12月22日(日)の昼、7か月ぶりの訪問。
・ブログを始めてから5回目の訪問。ちなみに、前回の訪問は2013年5月だが、ブログには書いていない。
(ブログを始める前にも訪問しているが、回数は記録していないため不明)
・この日は、無鉄砲京都本店10周年記念として、このお店で「豚の骨」営業が行われるので、訪問してみた。

■食べたメニュー
・豚にぼラーメン(700円)
(「豚の骨」営業日限定。この日は昼夜各100食限定)
・替え玉(100円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店4時間半前の6時35分頃。既に26人待ち。

豚の骨@無鉄砲 本店

・この日は、昼夜先着30人に記念Tシャツがプレゼントされるとの事だが、6時43分頃には待ち人数が30人になった。
・待ち人数は、7時頃に48人、7時30分頃に54人、8時頃には約60人、9時頃には約110人で、10時頃には駐車場の入口ぐらいまで並んでいた。
・7時30頃に警備員が来て、8時頃から自転車やバイクの整理と行列の整理を始めた。
・10時34分頃、先に店外の券売機で食券を買う。豚にぼラーメンは「とんこつラーメン」の食券を買い、注文時に「豚にぼラーメン」を選択するとの事だった。また、替え玉は通常は150円だが、豚の骨営業の時だけ100円に値下げしていた。
・開店は11時1分。一巡目で入店できずに外で待つ。
・外で待っている間に店員さんに注文を聞かれたので、「麺ふつう、スープこってり、ネギ多め」で注文。
・11時16分頃、店外のストーブの前のベンチに座る。
・11時32分、到着から約5時間待ちで入店。厨房対面のカウンターの左端の席に座る。
・店員さんは9人で、男性6人と女性3人。店主さんと奥様も居る。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・ラーメンを待っている間に、先着30人限定のTシャツを貰った。ちなみに、当日貰えるのはLサイズのみで、それ以外のサイズは後日送付。

先着30人限定の記念Tシャツ

・入店から提供まで11分。

■麺
・長方形でウエーブのかかった、中くらいの太さの麺。
・加水低めの、やや平べったいというか痩せ気味で、少し硬質な感じの結合感があって、張りやボリューム感は控えめな麺質。食感は、最初は少し固めの茹で加減に感じたけど、だんだんスープに馴染んで張りが出てきた感じで、強くはないけどややペラッと引き締まった感のある歯ごたえ。
・麺の味は、強くはないけどしっかりしている。
・スープとの絡みは、トロミは適度に絡むが、味の絡みはややあっさり気味で、麺の味主体で食べる感じ。煮干の風味の絡みはほとんど感じなかった。

・替え玉は、最初と同じ「日本めん(宮崎県の製麺所)」の麺を、茹で加減「かため」で注文。
・固いというよりは、さらに麺が痩せて平べったくなった感じで、その分、歯切れには粘りは出ていなかった。
・また、替え玉と一緒に煮干の風味を足してくれたので、最初よりは煮干の風味が絡んでいた。

■スープ
・白濁した獣系醤油。
・ドロッとしていてコッテリしている。
・出汁は、豚骨の獣系メインに煮干の魚介。豚骨は、ゼラチン感がよく出ていて、トッピングの背脂を取り込んでドロッとしており、コッテリながら油勝ちにはならずにゼラチンと油のバランスが取れていた印象。純豚骨よりもタレが控えめな分、ドロッとした甘味の中にある豚骨の味わいもよく感じられた。骨粉感は無かった。
・煮干は、豚骨とのバランス的にかなり控えめに感じた。特に、麺にはほとんど煮干の風味が絡んでいなかった。
・替え玉の際、煮干が弱い旨を伝えたところ、替え玉に煮干の風味を足してくれたので、多少は煮干の風味を感じるようになったけど、それでも、豚骨のドロドロ感の方が強かった。
・足した後の煮干は、旨味やコクのふくよかさというよりも、多少の苦味混じりの風味がアクセントになっている感じで、あまり強くない分、塩気や雑味も控えめだった。
・醤油ダレは、レギュラーのとんこつラーメンよりも控えめで、ゼラチンの甘味や繊細な豚骨の味わいをよく生かしていた。
・味付けはマイルドで、塩辛さや刺激感は無い。
・スープを飲むとズシッと重たいけど、個人的には、このお店ならこれ位でちょうど良い感じだった。

■具材
・チャーシューは薄切りのバラスライス。滑らかで柔らかいながら適度にしっかりした歯ごたえに、あっさりとした味付け。
・メンマは細い。柔らかめの歯ごたえに、味付け控えめのあっさりテイスト。
・青ネギ輪切りは、香味が強めでスープとよく合っていたのは良かったけど、ネギ多めで頼んだ割にはあまり量が多くなかった気もした。ちなみに、後で調べたところ、ネギの量普通で注文した場合よりは多かった模様。
・その他、海苔が乗っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、6月の「豚の骨」以来、半年ぶりに日本めんの麺を食べたけど、随分痩せて平べったくなった気がした。恐らくはお店よりも製麺所側の問題だと思うけど、個人的には、以前の日本めんの麺はもっとリッチな食感だったと思う。
・スープは、豚骨はゼラチンの甘味がよく出ていて、コッテリでも油勝ちになっていなかったのが良かった。
・煮干の方は、豚骨と較べてかなり弱かった印象。レギュラーのとんこつラーメンよりもタレが控えめで、煮干が弱い分、豚骨の味わいをよく感じられたので、それはそれで良かったけど、その分、麺との絡みはおとなしめで、ややマニア向けの味のバランスだったかも。
・具は、青ネギの香味が立っていて、スープとよく合っていたのは良かったけど、ネギ多めならもう少し量を入れて欲しいと思った。
・今回は、豚骨に関しては割と満足できたけど、5時間待った事も考えると、麺と煮干はもう一押し欲しい気がした。
・お気に入り度は、最初に麺を食べた時は4.0点ぐらいだったけど、スープ完食までのトータルだと4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■その他
・食べ終わってお店を出る際、無鉄砲オリジナルカレンダーを貰った。

無鉄砲オリジナルカレンダー

■お店の情報

【木津川市】無鉄砲 本店

無鉄砲 本店 【とんこつチャーシュー】

とんこつチャーシュー(900円)

とんこつチャーシューの麺

■来店の経緯等
・2013年1月の平日の晩、2ヵ月ぶりに訪問。
・ブログを始めてから3回目の訪問。
(ブログを始める前にも訪問しているが、回数は記録していないため不明)
・「らの道 関西版(弐)」の10軒目のお店として訪問。

■食べたメニュー
・とんこつチャーシュー(900円)
・替え玉(150円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には外に35人待ち。

無鉄砲 本店(少し行列が進んでからの写真です)

・待っている間に、外の券売機で食券を買う。店員さんが来て注文を聞かれたので、麺の固さ、スープ、ネギ、全て普通で注文。
・券売機の横のコの字のベンチ席のところには、ストーブがあって暖かい。
・到着から38分待ちで入店。カウンター席に座る。
・店員さんは6人で、男性2人と女性4人。
・水は持って来てくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・入店から着丼まで12分。

■麺
・やや長方形の中太縮れ。
・少しザクッとしていて、ボリューム感と縮れ麺らしい主張がありながら、モチッとした滑らかさも兼ね備えた強めの麺質。食感は、固くはないが引き締まった弾力とコシがあり、モチモチ感も少し感じるリッチな歯ごたえ。
・麺の味は、粉の旨味とコクのある味わい。
・スープとの絡みは良好。スープのトロミと甘味と塩気とがよく絡んで、麺の旨さと食感を引き立てていた。

・替え玉は、最初と同じ麺(宮崎の製麺所「日本めん」の麺)を麺のかたさ「固め」で注文。固めだと、弾力少なめのガシッと引き締まった強めの歯ごたえで、キレが良い。
・麺の味は、替え玉の固めの方が、より強く感じられた。
・スープとの絡みは、替え玉では多少弱まったが、バランスは取れていて物足りなさは無かった。

■スープ
・白濁した豚骨醤油。
・ドロッとしていて、油が溶け込んでいてコッテリしている。
・出汁は豚骨。ゼラチンのドロドロ感と甘味と丸みが強くて、コッテリ感よりもゼラチン感の方が勝った、シンプルで濃厚な味わい。細かい肉の破片も混ざり込んでいて、獣っぽさやマッタリとしたコクは控えめ。
・タレは、優しい醤油のコクに旨味と塩気がある。味付けはしっかりしているが、出汁のゼラチンの甘味が強くて、出汁の甘味とタレのバランスが取れていた。
・塩辛さや刺激感は無い。
・スープを完食すると、後味はかなり重たい。

■具材
・チャーシューは脂身多めの薄切りのバラ肉。脂身は、ムチムチと柔らかくて弾力があり、脂の甘いコクがある。肉の部分は、ほんのりとした塩気と旨味のある味付け。
・メンマは、細くてやや平べったい長方形。ポリッとしなやかな食感で、味付けは濃くはないがしっかりしていた。
・青ネギ輪切りは、「がむしゃら豚の骨」のネギと比べると香味はマイルドで、スープの味にはあまり影響しない感じだった。

■全体的な味の感想
・今回は、スープのドロドロ感が強くて、かなり出来が良かった。「こってり」で注文しなくても充分コッテリしていた。
・豚骨出汁は、コクの強さというよりもゼラチンの甘味が強くて、タレの味付けとのバランスが取れていたのが良かった。
・麺は、茹で加減がバッチリで、食感は最初の茹で加減普通の方が良かったが、替え玉の固めも、麺の粉の味がよく味わえたのが良かった。
・久々にこのお店で満足できたし、今回「らの道」で回ったお店の中でも満足度は高かった。

■お気に入り度: ★★★★★★ (6.0)

■らの道 関西版(弐)(スタンプラリー)
・このお店は券売機制なので、入店してラーメンを待っている間に店員さんに声を掛けたところ、スタンプを押してくれた。

■お店の情報

【木津川市】無鉄砲 本店

無鉄砲 本店 【009限定 極煮干ラーメン】

009限定 極煮干ラーメン(750円)

009限定 極煮干ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2012年11月11日(日)の昼、7か月ぶりに訪問。
・ブログを始めてから2回目の訪問。
(ブログを始める前にも訪問しているが、回数は記録していないため不明)

■食べたメニュー
・009限定「極煮干ラーメン」(750円)
※「宅麺.COM × 009 RE:CYBORG」キャンペーンの期間限定。提供期間は、キャンペーンの公式サイトでは2012年10月17日(水)~10月28日(日)だったが、なぜか11月11日時点でも提供していた。1日10食限定。

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は12時44分頃。外に20人ぐらい並んでいる。客層は若い人が多い。
・最初はとんこつラーメンを食べるつもりだったが、お店の入口のところに「009限定 1日10食!! 極煮干ラーメン 750円」の貼り紙があり、この限定ラーメンに興味を持った。
・店員さんに聞いてみたところ、まだ残っているとの話だったので、券売機で「限定しょうゆラーメン」の食券を買い、店員さんに食券を渡して極煮干ラーメンで注文した。麺のかたさ、スープ、ネギは全部普通で注文。
・到着から約40分待ちで入店し、カウンター席に座る。
・店員さんは6人で、男性3人と女性3人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・着席から着丼まで11分。

■麺
・四角い中太の縮れ麺。恐らく、とんこつラーメンと同じ「日本めん(宮崎の製麺所)」の麺。
・表面は滑らかでモチモチしていて張りがあり、縮れ麺らしいボリューム感があって中身の詰まった麺質。食感は、固くはないが噛むと沈み込むような弾力のある強めの歯ごたえ。
・麺の味は粉のコクがあって旨い。
・スープとの絡みはあまり強くない。煮干しのコクがほんのりと絡むが、やや麺勝ちの印象。

■スープ
・清湯の魚介醤油。
・あっさりしていて、油少なめでサラッとしている。
・出汁は豚骨ベースに煮干しメインの魚介で、魚介の方が強くて豚骨は控えめ。
・魚介は煮干しにアゴを合わせている感じで、魚粉も入っている。煮干しのコクは強いが、旨味よりも、エグミというか雑味が強い感じ。
・タレの醤油は甘旨い味わい。塩気はあるが、旨味や甘味とバランスが取れていて塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは薄切りのバラ肉。ムチムチしなやかで弾力のある食感。味付けは塩気が控えめで、脂混じりの肉のコクのある味わい。
・メンマは平べったくて柔らかい。
・青ネギ輪切りは香味があり、スープに対して主張があって薬味の役割を果たしていた。
・海苔の味はスープに合っていた。

■全体的な味の感想
・「日本めん」の麺は良かったし、煮干しのコクも絡んではいたけれど、スープとのバランス的には麺が強いように感じた。
・スープは、煮干しのコクはあるけれど、軽いというか、あまり味に深みが感じられない気がした。タレとの相性なのかも。例えば、油をうまく使えばもっと良くなるような気もした。
・出汁の味には違いがあるが、全体的な印象としては、以前に食べた飛魚出汁の「限定しょうゆラーメン」とあまり変わらない気がした。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【木津川市】無鉄砲 本店

無鉄砲 本店 【限定しょうゆラーメン】

限定しょうゆラーメン(750円)

限定しょうゆラーメンの麺

■来店の経緯等
・2012年4月の平日の晩に訪問。
・このお店は、開店当初から年1~2回ぐらいのペースで訪問しているが、とんこつラーメンしか食べたことが無かった。そこで今回、醤油ラーメンを食べてみようと思い、訪問。

■食べたメニュー
・限定しょうゆらーめん(750円)
・替え玉(100円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は20時30分頃。平日の大雨の晩だったので、空いているだろうと思っていたが、外に20人待ちだった。
・待っている間に、外の券売機で食券を買う。店員さんが来て、とんこつラーメンと同じように注文を聞かれたので、麺の固さ、スープ、ネギ、全て普通で注文。
・30分待ちで店内に入り、カウンター席に座る。
・店員さんは7人で、男性5人と女性2人。水は持って来てくれた。
・着席から着丼まで13分。

■麺
・四角い中太の縮れ麺。
・表面はツルッとしていてムチッとした弾力がありながら、加水低めのしっかりした麺質。縮れ麺らしいボリューム感があって、程よくゴワッとした歯ごたえ。
・とんこつラーメンと同じ、宮崎の製麺所「日本めん」の麺だが、スープとの絡みの関係で、とんこつラーメンの時よりも表面がツルッとしている気がした。
・麺の味は強く、噛みしめると少し甘味も感じる。
・スープとの絡みはあまり強くないが、魚介のコクと旨味がよく絡んでいる。バランス的には、とんこつラーメンよりも麺自体の味のウエイトが高い。

・替え玉は、日本めんの麺と細麺からの選択で、日本めんの方を固めで注文。
・固めでも、表面はとんこつラーメンの時よりツルッとしている。
・固めだと、かたさ普通よりも歯ごたえが強くて弾力は少なめ。
・最初のうちは、スープとの絡みが弱くて麺の旨味が少なかったが、だんだんスープが絡んできて旨味が強くなってきた。

■スープ
・半白濁の魚介豚骨醤油。
・あっさりでサラッとしていて、表面には、乳化した油が微かに浮いている。
・出汁は若干の豚骨ベースに魚介がメインで、魚介の風味とコクが強い。飛魚の出汁と書いてあった。アゴ(飛魚)出汁の味はよくは知らないが、確かに、濃厚で風味が強いながらクセの少ない魚介乾物の味は、鰹や煮干鰮とは異なっていた。
・タレは塩気が強い。醤油は九州風なのか、甘くてコクは弱い。
・旨味もそこそこ有るが、塩気の方が前に出ている。ただし、ピリッとした刺激感はない。
・乾物魚介のコクと塩っ気がメインで、豚骨出汁がベースを支えている、強めでシンプルな味わい。繊細さはあまり感じない。
・魚介出汁なのに、替え玉も難なく受け止める。
・とんこつラーメンと違って、替え玉まで食べても後味は軽め。

■具材
・チャーシューは薄切りのバラで、歯ごたえはムチムチしている。味は、脂身は甘く、肉はあっさりしていて、塩気がほんのり効いている。
・メンマは平べったい。柔らかくしなやかで、少しポリポリした歯ごたえ。
・青ネギは香味は強くないがスープには合っていた。

■全体的な味の感想
・程よくゴワッとした強めの麺を塩気の効いた飛魚出汁のスープで食べる、あっさりながら強めの味のバランスの魚介豚骨醤油ラーメン。
・スープは、ゴワッとした麺に合わせてか、魚介出汁が濃厚ながら、旨味や醤油のコクよりも塩気が前に出ていて、関西では珍しいタイプに感じた。
・日本めんの麺との相性は悪くないと思うが、個人的には、この麺はとんこつラーメンで食べる方が好き。
・かなり個性的でワイルドな、無鉄砲らしい味。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【21件】
2017年 07月 【30件】
2017年 06月 【15件】
2017年 05月 【20件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ