【大阪市福島区】中華そば 無限

中華そば 無限 【伊吹煮干そば】

伊吹煮干そば(並)(880円)

伊吹煮干そば(並)の麺

■来店の経緯等
・2014年4月26日(土)の昼、1か月半ぶり、8回目の訪問。
・今回は、東京の「中華ソバ 伊吹」の麺を使用したコラボ限定の「伊吹煮干そば」を食べたいと思い、訪問してみた。

■食べたメニュー
・限定の「伊吹煮干そば」並(880円)
(2014年4月26日(土)限定。10食限定。並のみ。)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の8時14分頃。既に1人待ちでポールは取れず。
・待ち人数は、8時20分頃に3人、8時50分頃に5人、9時頃に6人、9時20分頃に8人、9時30分頃に9人。
・8時25分頃、店主さんが出てきて、煮干の入った寸胴を見せてくれた。

煮干の入った寸胴

・9時40分頃、再度店主さんが出てきて、出汁を取った後の寸胴と煮干を見せてくれると共に、並んでいるお客に出汁を少しずつ振る舞ってくれた。

出汁を取った後の寸胴

出汁を取った後の煮干

出汁

・9時45分頃に、待ち人数が限定数と同じ10人になった。

限定売り切れの告知

・11時4分頃、先に店内の券売機で食券を買う。「伊吹煮干そば」は「特濃煮干そば(並)」を食券を買うよう案内があった。
・開店は11時28分。順番にカウンター席に座り、食券を渡して注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで1分。

■麺
・四角くて中くらいの太さの、少しウエーブのかかったストレート。
・白くて加水低めの、表面はあまりツルッとはしておらずに、キメの細かな粉の質感があって、多少の張りとエッジ感のある麺質。食感は、あまり固さを感じさせない茹で加減で、噛むと中身が詰まったような当たりがあってサクッと切れる、程よい主張のある歯ごたえ。パツンとはしていなかった印象。
・麺の味は、強くはないけど粉の旨味があって、ほのかな甘みも感じる味わい。
・スープとの絡みは、煮干の風味が程よく絡んで、麺の旨さをよく引き立てていた。

■スープ
・清湯の煮干醤油。
・あっさりしていて、表面にうっすらとした層があるけど油は少なめ。
・出汁は、獣系ベースに煮干の魚介メイン。獣系は、旨味と丸みがあって、多少入っている感じ。
・魚介は、煮干しメインに昆布も多少入っている。頭付きの丸ごとの煮干から出汁を取ったような、旨味と苦味が入り混じった煮干のコクが濃厚で、苦味や塩気もあるけどキツくはなくて、濃厚さの中に丸みとふくよかさも感じる味わい。
・タレの醤油はマイルドで、煮干自体の塩気をよく生かして旨味を強めた感じの味付け。
・多少の煮干の塩気はあるけど、味付けはそれほど強くはなくて、刺激感は無い。

■具材
・チャーシューは、やや薄めで少しだけ厚みのある巻きバラスライス。トロッと柔らかくて表面を炙った感じのある歯ごたえに、炙った香ばしさがあって脂身のコクがよく効いた味わい。
・味玉は、黄身がトロッと粘度高めで、卵の濃厚な味の中にほんのりと醤油ダレを感じる味わい。
・穂先メンマは長い。シャクッと滑らかな繊維感があって歯切れの良い食感に、味付け控えめであっさりとしたタケノコの風味を感じる味わい。
・ネギは青ネギ輪切りと白髪ネギ。青ネギはシャリッと軽快な歯ごたえがスープにサッパリ感をプラスしていた。白髪ネギは、やや優しめの歯ごたえで、麺と絡んでも麺の方が主張していた感じだったかも。
・糸唐辛子は、口に入るとほのかな辛味を感じた。

■〆ごはん
・麺を食べ終わると、〆ごはんを出してくれた。

〆ごはん

・ご飯の量は少なめで、スープに投入すると、煮干の苦味混じりのコクがご飯とよく合っていて、サラッと食べられた。

■全体的な味の感想
・麺は低加水で旨かった。強すぎずにサクッとキレの良い歯ごたえがあって、麺の味も旨かった。スープとの絡みは、インパクトはやや控えめな気もしたけど、煮干の風味が麺の旨さをよく引き立てていたのが良かった。
・スープは、煮干の旨味と苦味がよくバランスした濃厚な味わいの中に、多少の丸みも感じられたのが良かった。
・具は、ネギが麺やスープと合っていた印象。
・麺もスープも、ガツンとインパクトが強いというよりは、良質感があってやや落ち着いた感じの味わいで、麺とスープとのマッチングもうまく取れていたのが良かった。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報
スポンサーサイト

【大阪市福島区】中華そば 無限

中華そば 無限 【特濃煮干そば】

特濃煮干そば 並(850円)

特濃煮干そばの麺

■来店の経緯等
・2014年3月9日(日)の昼、4か月ぶり、7回目の訪問。
・「関西らぁ祭2014 兵庫・大阪版」の2軒目のお店として訪問。

■食べたメニュー
・特濃煮干そば 並(850円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は14時12分頃。外に5人待ち。
・到着から7分待ちで入店。店内で待つ。
・待っている間の14時30分に閉店。その時点で待っている人で終了。
・入店から19分待ちでカウンター席に座る。メニューを見て「特濃煮干そば」を注文。
・店員さんは3人で、男性1人と女性2人。
・足元に荷物入れのカゴが置いてある。
・店内には、大和製作所製の製麺機が置いてあった。
・注文から提供まで10分。

■麺
・平打ちで少しウエーブのかかった太麺。
・少し色が付いていて加水中くらいかやや高めの、表面がツルッと滑らかでムチッと引き締まった密度感のある麺質。食感は、ムチッとした弾力とコシの強さを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、食感重視なのかあまり強くはないけど、粉の旨味がしっかりしていると思う。
・スープとの絡みは、麺がスープをやや弾く感じで、麺の味とのバランスはそれなりに取れているとは思うけど、スープの煮干のコクの絡みは控えめであっさりしている印象。個人的には、レンゲでスープを味わいながら麺を食べてちょうど良い感じだった。

■スープ
・清湯の煮干醤油。
・あっさりしていて油は少なめだけど、ほのかにトロッとしたような質感があって、表面には乳化した油か何かのうっすらとした層がある。
・出汁は、清湯獣系ベースに煮干の魚介で煮干しメイン。獣系は、恐らくは鶏メインのあっさりとした旨味を感じる味わい。
・魚介は、煮干のコクが濃厚で、多少の塩気も感じる濃くて強い味。魚粉感は強くなくて、苦味や雑味も強くないと思うけど、味が濃いので人によっては苦味があるように感じるかも。
・タレの醤油は旨味があって、コクの強さは適度でカドは無い感じ。
・タレの味付けは、フルーツ系か何かの甘味と丸みも多少感じる味わいで、煮干の塩気や味の濃さとバランスしていた印象。
・刺激感は無い。

■具材
・チャーシューは、少し厚みのある巻きバラスライス。ムチッとしなやかで少ししっかりした感じの歯ごたえに、味付け控えめで、脂身のコクがよく効いた味わい。
・味玉は、黄身がトロッとしていて、優しい旨味のある味付け。
・穂先メンマは、シャクッと滑らかで適度に歯切れの良い繊維感のある歯ごたえに、味付けあっさりでほんのりとしたタケノコの風味を感じる味わい。
・白髪ネギは、しっかりめの歯ごたえで、麺と絡んで食感のアクセントになっていた。
・青ネギ輪切りは、スープとのバランス的には主張控えめだったかも。

■全体的な味の感想
・麺は、ツルッとしてムチッとした強めの麺で、スープとやや絡みにくいように感じた。
・スープは、煮干のコクが濃厚なのは良かったけど、麺に煮干の風味があまり絡まないのが少々気になった。また、煮干のコクの強さに対して、ベースの旨味が少々軽い感じだったかも。
・個人的には、煮干しガツンはスープ自体の味よりも麺との絡みで感じる方が好みなので、前回煮干そばを食べた時と較べると、ややツボに嵌らなかった印象。
・以前に較べると、麺とスープとのマッチングが変わっているのかも。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【大阪市福島区】中華そば 無限

中華そば 無限 【濃厚煮干つけそば】

濃厚煮干つけそば(850円)

濃厚煮干つけそばの麺

■来店の経緯等
・2013年11月10日(日)の昼、3週間ぶり、6回目の訪問。
・今回は、前日の11月9日(土)限定で提供された「濃厚煮干つけそば」が、この日も昼のみ9食限定で提供されるとの告知があったので、興味を持って訪問してみた。

■食べたメニュー
・期間限定の「濃厚煮干つけそば」(麺量250g)(850円)
・〆ごはん(50円)
(2013年11月9日(土)と11月10日(日)の2日間限定。9日は60食限定で、10日は昼のみ9食限定)
※メニュー案内には「三層麺使用。大盛りはできません。煮干プレミアムの2倍の煮干を使用しました。」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の10時17分頃。シャッターポール(開店前の待ちの先頭)。
・2人目が来たのが10時46分。待ち人数は、11時10分頃に3人で、11時21分頃に4人だった。
・11時23分頃、奥様が出て来て先に外で注文を聞かれたので、「濃厚煮干つけそば」を注文。
・開店は11時29分。U字型のカウンター席に座る。
・開店時点では6人待ちだったが、開店後に続々とお客が来て、開店後すぐに待ちが出ていた。
・店員さんは3人で、男性2人と女性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・入店から提供まで10分。

■麺
・四角い少しウエーブのかかった太麺。
・色が濃くて、表面がかなりツルッとしていてみずみずしい中に、強めの結合感のある麺質。食感は、ムチッと滑らかで引き締まった弾力があって適度なコシの強さのある、噛み心地の良い歯ごたえ。
・麺の味は、みずみずしさとコクの強さを兼ね備えていて旨い。
・つけ汁との絡みはあっさりしていてあまり強くない。煮干しの甘い風味だけがサラッと絡んで、麺の旨さで食べる感じ。

■つけ汁
・清湯の煮干醤油。
・割とあっさりしていて油も少なめだが、濃度は高めで色は濁っている。
・出汁は、恐らく獣系ベースに煮干の魚介で煮干メイン。獣系は、煮干が強くてよく分からないが、ベースには獣系がある感じで、恐らくは獣系不使用ではないと思う。
・煮干はかなり濃厚で、つけ汁をそのまま飲むと多少の塩気と苦味の混じった強い煮干し感があるが、麺との絡みでは、濃厚ながら甘めの風味だけがフワッと絡んでいた。
・タレの醤油は割と濃いめでしっかりしているが、コクの主張は強くなくて、煮干のコクを支えている感じだった。
・味付けは、煮干のコクと組み合わさった感じの塩気が強めで、そのまま飲むには味が濃い。ただし、塩気は強めながらピリッとした刺激感は無い。

〆ごはん(50円)とスープ割り

・麺を食べ終わった後、〆ごはんを追加注文して、スープ割りも頼んだ。
・スープ割りは、店員さんに容器を渡して返して貰う方式。
・割りスープも恐らく煮干出汁で、つけ汁の煮干の苦味と塩気が程よく薄まって、煮干の風味とコクを楽しむのにちょうど良い濃度になっていた。
・また、ネギも追加してあって、ネギのフレッシュな風味がスープとよく合っていた。
・スープ割りを少し飲んだ後、最後はスープ割りに〆ごはんを投入した。
・〆ごはんも悪くなかったけど、個人的には、スープ割りをそのまま飲んだ方が煮干のコクを楽しめたと思う。

■具材
・チャーシューは、やや厚切りの巻きバラスライス。少しだけ熱を加えていて、柔らかくしっとりとしたボリューム感のある歯ごたえに、あっさりと甘い味付けに脂の甘さが適度に加わった味わい。
・味玉は、黄身がネトッとしていて、タレの味付けは強くはないけどしっかりしていた。
・メンマは四角くて太い。しっとりとして優しい歯ごたえに、味付けはかなり控えめのナチュラルな味わい。
・青ネギ輪切りはつけ汁の中に入っていて、ほんのりとした風味があった。

■全体的な味の感想
・麺は、表面がツルンとみずみずしくて、噛みごたえがあって旨かった。つけ汁との絡みはあまり強くなかったけど、つけ汁の煮干のコクが濃厚なのでバランスは取れていた印象。
・つけ汁は、とにかく煮干が濃厚で、そのまま飲むと苦味や塩気も感じる少々キツめの味だが、麺には甘い風味だけが程よく絡んでいた。
・スープ割りは、つけ汁の塩気が薄まって、煮干のコクが堪能できて旨かった。
・具は、全般的に優しい味付けで、麺の上に乗っていてもあまり麺を食べる邪魔にならなかったのが良かった。
・どちらかと言うと麺が主役のつけ麺に感じたけど、つけ汁も麺に負けない煮干の主張があって良かった。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報

【大阪市福島区】中華そば 無限

中華そば 無限 【肉そば】

肉そば(800円)

肉そばの麺

■来店の経緯等
・2013年10月の平日の晩、2週間ぶり、5回目の訪問。
・今回は、期間限定メニューの「肉そば」に興味を持ったので訪問してみた。

■食べたメニュー
・期間限定の「肉そば」(800円)
(2013年10月15日(火)から11月30日(土)までの期間限定。昼・夜各30食限定)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客7人で、1席だけ空いていた。
・U字型のカウンター席に座り、メニューを見て「肉そば」を注文。
・店員さんは男性2人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・荷物入れのカゴが床に置いてあり、セルフ。
・注文から提供まで5分。

■麺
・長方形で平打ち気味の中太ストレート。
・加水中くらいかやや高めの、表面が滑らかで多少プリッとしながら中身が詰まった感じの張りとエッジ感のある麺質。食感は、固くはないけど滑らかでしっかりとした弾力とコシがあって、平打ち気味ながらやや強めの歯ごたえ。
・麺の味はあっさりとした粉の味わい。
・スープとの絡みは良好。スープの醤油混じりの魚介のコクがよく絡む。スープの味の方が少し強い気もしたが、バランスはまあ取れている。

■スープ
・清湯の獣系魚介醤油。
・色が濃くて、魚介のパウダー感が少しあって、表面には獣系の油が少し浮かんでいる。
・出汁は清湯獣系ベースに魚介で、魚介が強め。獣系は旨味のベースになっている感じで、魚介とタレの方が強い。
・魚介は、恐らく煮干しに昆布と節系か。昆布系の強い旨味と、煮干し系のややザラッとした濃厚な風味が組み合わさった、魚介の厚みのある味わい。
・タレの醤油はかなり濃いめでコクと塩分が強めだが、タレには多少の甘味もあって、多少の醤油のフレッシュさを感じながらも丸みがあってカドは無い。
・味付けは濃いめだが、魚介メインの出汁の旨味がバランスしていて、塩分強めながらピリッとはしておらず、刺激感も無い。

■具材
・肉は薄切りで折り重なった豚バラ肉で、脂身と肉の部分が一体化しているようなテイスト。ムチッと滑らかで柔らかな弾力のある歯ごたえに、味付け控えめであっさりとした肉の味わい。
・味玉は黄身がトロッとしていて味付き。
・メンマは四角くて太い。滑らかで噛むと沈み込むような歯ごたえに、あっさりとした旨味のある味付け。
・青ネギの斜め切りは、スープとのバランス的には主張控えめで、しなやかな歯ごたえがあった。

■全体的な味の感想
・麺は、プリッと引き締まった弾力があって強めの歯ごたえで、スープの魚介のコクとの絡みは良好だった。麺の食感の方を強めにする事で、濃い味のスープとのバランスを取っているようにも感じた。
・スープは、昆布の旨味と煮干しのコクに醤油ダレの甘辛くて濃い味が組み合わさった、濃厚で力強い足し算の味。塩分濃度強めながら魚介出汁に引き寄せられて、思わずスープまで完食してしまった。
・具は、肉が薄切りながら縮れて折り重なっていて、柔らかな弾力のある歯ごたえにあっさりとした味わいで、スープとも合っていた。
・個人的には、ネギがもう少し欲しい気もしたけど、油少なめで魚介強めのスープにはこれぐらいの量の方が良かったのかも。
・名前通り、肉とスープとの組み合わせが主役のラーメン。ただし、麺と肉との一体感はあまり感じなかったかも。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【大阪市福島区】中華そば 無限

中華そば 無限 【台湾風まぜそば】

台湾風まぜそば 並(200g)(750円)

台湾風まぜそば 並の麺

■来店の経緯等
・2013年10月5日(土)の昼、8か月ぶり、4回目の訪問。
・今回は、10月前半の限定で「台湾風まぜそば」が提供されるのを知り、興味を持ったので久しぶりに訪問してみた。

■食べたメニュー
・期間限定の「台湾風まぜそば」並(200g)(750円)
(2013年10月1日(火)から10月14日(月)までの期間限定。昼・夜各30食限定)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の11時23分頃。シャッターポール(開店前の待ちの先頭)。

お店の入口の「開店前」の案内

・開店は11時28分。その時点で9人待ち。店内は8席しかないので、開店時から待ちが出ていた。
・U字型のカウンター席に座り、メニューを見て「台湾風まぜそば」を注文。男性店員さんに麺量を聞いたところ、並が200gで大盛りが280gとの事だったので、今回は並で注文。
・店員さんは3人で、男性2人と女性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・店内には、製麺機と粉の袋が置いてあった。
・注文から着丼まで8分。ちなみに、混ぜる時はレンゲも使った方が混ぜやすい。

■麺
・四角い中太ウエーブ。
・加水高めの、表面がツルッと滑らかで、多少の透明感があって柔らかくて優しい張りのある麺質。食感は、固くはなくて、滑らかでプルッとした歯ごたえ。
・麺の味は多加水系で、ほのかに粉の旨味とコクを感じる味わい。
・タレとの絡みは、タレ自体があっさりしているが絡みは悪くなかった。タレの甘旨さと魚介の風味と卵黄のコクがほんのりと絡んでいた。

■タレ
・甘旨い醤油系で、油っ気や汁気は少なめ。
・醤油のコクは控えめで、タレには魚介が仕込んであって、魚粉じゃなくて魚介のフワッとした風味と旨味の立った、ナチュラルで優しい旨味のある味わい。ひょっとすると無化調なのかも。
・卵黄をよく混ぜると、バランス的には卵黄のコクと甘味の方が勝ち気味で、タレが卵黄の引き立て役のようにも感じた。
・「台湾風」とのネーミングだが、辛味や刺激感はないし、ニンニクも入っていないので、パンチやジャンク感は全く無かった。

■具材
・チャーシューは小さくカットしてある。適度に柔らかくてパラッとほぐれる感じの食感に、あっさりと甘旨いタレの味付けで、台湾ミンチ的な辛味や刺激感は無い。
・メンマはサイコロ切り。柔らかくて滑らかで噛むとスッと切れる歯ごたえに、あっさりとした味付け。
・ネギは白ネギと青ネギの輪切り。シャリッと優しい歯ごたえで、青ネギのサッパリとして優しい香味が麺やタレとよく合っていた。
・海苔は細かいカット。細かすぎて、混ぜても固まってしまい、よく混ざらなかった。
・「台湾風」なのに、肝心要の台湾ミンチとニラは入っていなかった。
・追い飯は無い模様。

■全体的な味の感想
・麺は、少し柔らかい感じもしたけど、それはそれで、あっさりとしたタレや卵黄とのバランスは取れていたと思う。
・タレは、魚介の優しい旨味のあるあっさりテイストで、辛味や刺激感は皆無。卵黄と混ぜると卵黄のコクの方が主役に感じた。
・具は、台湾風と名乗りながら、台湾ミンチもニラも入っていないのがある意味凄いと思った。
・まぜそばながらパンチやジャンク感が無くて、麺と卵黄との絡みがメインのシンプルで優しい味わいなのは良かったと思うが、一体これのどこが台湾風なのか自分には分からなかった。個人的には「たまごかけまぜそば」と呼びたい気がした。
・まぜそばにジャンクさを求める人向きではない気はするけど、味はそこそこ良かったと思う。
・お気に入り度は、純粋に味だけなら4点ぐらいだったけど、台湾まぜそば大好きで「台湾風」というネーミングに惹かれて訪問した事を加味すると、個人的には3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【大阪市福島区】中華そば 無限

中華そば 無限 【北海道みそラーメン】

北海道みそラーメン(750円)

北海道みそラーメンの麺

■来店の経緯等
・2013年2月の平日の晩、半年ぶり、3回目の訪問。

■食べたメニュー
・冬季限定の「北海道みそラーメン」(750円)
・〆ごはん(50円)
(2月末までの期間限定。昼・夜各15食限定)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客6人。コの字型のカウンターに座る。

中華そば 無限

・この日は何を食べるか事前に決めておらず、メニューを見ると限定があったので注文した。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・足元に荷物入れのカゴが置いてある。また、奥側の壁に上着掛けのハンガーがあった。
・テーブルトッピングに「たまごかけご飯用醤油」が置いてあったが、原料には砂糖が入っていても化調が入っていないのは流石だと思った。
・注文から着丼まで8分。

■麺
・四角い中太ストレート。
・ムチッと滑らかで、エッジ感があって引き締まった麺質。食感は、固くはないがしなやかでしっかりしており、弾力が強くてコシのあるキレの良い歯ごたえ。
・麺の味は粉の味わいがあって旨い。
・スープとの絡みは良好。味噌と魚介のコクが適度に絡んで、麺の旨さを引き立てている。

■スープ
・魚介の効いた味噌。
・サラッとしていて、油は少なくてかなりあっさりしている。
・出汁は、恐らく清湯の獣系に節メインの和風魚介で、魚介の方が強くて獣系はかなり控えめ。
・魚介は、節系のコクが強くて、スッキリとした旨味の中に少しイガッとした感じのアクセントがありながら、雑味の無いコクの主張がある。
・タレは、芳醇な味噌のコクがありながら、塩分は控えめであっさりした味わい。
・味噌と魚介のバランスの取れた、上品で素材感のある和風テイスト。多少の塩分はあるが塩辛くはなく、刺激感やパンチも無い。

■具材
・チャーシューは巻きバラスライス。脂身のムチムチとした弾力のある食感に、脂の甘いコクのある味わい。
・味玉は黄身がトロトロで、あっさりとした醤油系の味付け。
・ネギは白髪ネギと青ネギ輪切りの2種類。白髪ネギはシャキシャキした食感がアクセントになっていて、青ネギ輪切りはサッパリした香味がスープによく合っており、青と白が上手くコンビネーションを組んでいた。

■〆ごはん
・ラーメンが思ったよりもあっさりしていたので、麺を食べ終わってから追加で〆ごはんを注文した。

〆ごはん(50円)

・〆ごはんは、量がかなり少なめの白ご飯で、スープを掛けるかスープにダイブして食べる用。スープにダイブして食べてみたが、スープとご飯との相性は良好だったし、ボリューム的にもちょうど良かった。

■全体的な味の感想
・個人的には、北海道の味噌ラーメンと言えば、炒めた野菜入りのパンチのあるタイプを思い浮かべるので、北海道にしてはあっさりし過ぎのような気もしたが、これはこれで旨いと思った。
・麺は、ムチッとして弾力強めでコシのある歯ごたえが心地良くて、麺の味も旨かった。
・スープは、パンチが無くて、味噌と魚介のコクで食べさせる和風あっさりタイプで、一見シンプルながら、かなりバランスにこだわっている印象。個人的には結構気に入った。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報

【大阪市福島区】中華そば 無限

中華そば 無限 【塩そば】

塩そば(並)(650円)

塩そばの麺

■来店の経緯等
・2012年8月13日(月)の晩、5か月ぶり、2回目の訪問。
・「らの道」の11軒目のお店として訪問。

■食べたメニュー
・塩そば(並)(650円)
※メニュー説明には「あご出汁・昆布・かつお、名古屋コーチン、野菜、果物など52種類の天然素材だけの完全無化調塩らーめん」と書いてあった。

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時は外待ち無しで先客4人。カウンター席に座る。
・メニューを見て、「塩そば」を並で注文。
・水はカウンターのポットでセルフ。エアコンがよく効いている。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・注文から着丼まで3分。

■麺
・平打ちの中太ストレート。
・黄色くて、表面がツルツルで、硬質で中身の詰まった感じがありながら、程よくモチッとして滑らかな麺質。食感は、固くはないが程よい歯ごたえがあり、平打ちらしくプツンと切れる。
・麺の味もプリッとしていて旨い。
・スープとの絡みは、魚介のコクの絡みはあまり強くないが良好。スープの旨味が絡んでいる。

■スープ
・清湯の鶏魚介塩。
・あっさりしていて、表面に香味油が浮いている。
・出汁は清湯の鶏ベースに魚介で、魚介が強めながら鶏の主張もあって、一体感のあるまろやかで濃厚な味わい。
・魚介は、アゴ出汁に鰹、昆布ということで、魚粉も少し入っていてかなり濃厚な旨味とコクがありながら、個々の素材感が強過ぎずにパズルの様に組み合わさった味わい。表面の油にも魚介の香味が仕込んであるような感じがした。
・タレは、塩のコクがしっかりとありながら、出汁の旨味やコクとのバランスが取れている。
・味付けは濃いめながら、塩辛くはないし、刺激感も無い。
・後味に、ほのかなフルーティ感があった。

■具材
・チャーシューは少し厚めの巻きバラ肉。柔かいながら、肉の部分は少し引き締まった感じの歯ごたえで、肉と脂のコクを感じる味わい。
・味玉は黄身が半熟で味付き。
・穂先メンマは、弾力があって柔かい食感で、味付けはあっさりでスッキリした味わい。
・白髪ネギは、香味は強くなく、主張のある歯ごたえ。

■全体的な味の感想
・ツルッとした平打ち麺を鶏と魚介の濃厚なコクと旨味のスープで食べる、旨味の組み合わさった清湯鶏魚介塩ラーメン。
・麺は、以前に煮干そばを食べた時は、もう少しカチッとしていた気がしたが、今回は、少しだけモチッとしていた印象。
・スープは、旨味とコクが濃厚で味が濃いのに塩辛くなくて、鶏と魚介のコクがきちんと感じられたのは良かった。隠し味的なフルーツもいい仕事をしていると思った。
・清湯の塩で、これだけ厚みのある味を出しているのは素晴らしいと思った。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)


■【らの道×サイコロの旅】(11軒目)
・「らの道」に参加することにしたが、すっかり出遅れているので、ゆっくり回るための趣向として、「サイコロの旅」みたいに、次に行くお店をサイコロで決めながら回ることにした。
・いよいよ残り2軒になったので、サイコロでお店を決めるのもこれで最後になった。

1の目:拳ラーメン@京都府(3回訪問)
2の目:拳ラーメン@京都府(3回訪問)
3の目:拳ラーメン@京都府(3回訪問)
4の目:彩々@大阪府(1回訪問)
5の目:彩々@大阪府(1回訪問)
6の目:彩々@大阪府(1回訪問)

フリップ(12回目)

・食べた後、参加用紙にスタンプを押して貰うついでに、女性店員さんにサイコロを振ってもらおうとしたところ、

「混み合ってますので」

と言われて断られた。

・そもそも、こちらが無理を言ってお願いしているので、このお店で断られたこと自体は特に気にしていないが、とは言え、せっかく今まで回った10軒のお店で店員さんにサイコロを振ってもらったのに、最後だけ自分で振るのも画竜点睛を欠く気がする。
・ということで、どこかお願いしても失礼に当たらなそうなお店に伺って、このお店の代わりにサイコロを振って貰おうと思う。

(ここまでの間、快くサイコロを振っていただいた「らの道」参加店の皆様、本当にありがとうございました。)

■お店の情報

【大阪市福島区】中華そば 無限

中華そば 無限 【煮干そば】

煮干そば 並(800円)

煮干そばの麺

■来店の経緯等
・2012年3月の平日の晩に訪問。

■食べたメニュー
・数量限定の「煮干そば 並」(800円)
・メニューには「瀬戸内の煮干たっぷりの特選魚介スープと名古屋コーチンと絶妙なWスープをお楽しみ下さい」と書いてあった。

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には先客4人。店員さんは3人で、男性店員2人と女性店員1人。
・店内に製麺機が置いてある。
・注文から着丼まで6分。

■麺
・平打ちの中太ストレート。
・ツルツル滑らかでカチッとした麺質。固くはなく、強ゴシではないが、歯切れが良く気持ちのいい食感。
・麺の味もしっかりしていて旨い。
・スープとの絡みも良好。煮干しのコクの持ち上げはそれほど強くないが、旨味がよく絡んでいる。

■スープ
・清湯の煮干醤油。
・あっさりしていて油は少なめ。
・出汁は煮干しのコクが強いが、他の魚介や獣系も入っていて、旨味もしっかりしている。
・煮干しは、風味はあまり強くないが、スープの味自体のコクが強いタイプで、苦味やエグミよりも旨味がメイン。
・醤油ダレは薄口ながらやや強めで、出汁と組み合わさって厚みのある旨味を作っている。
・味付けは濃く、塩辛いまでは行かないが塩分はそこそこ有る。
・刺激感は無い。
・煮干しのコクと旨味メインの、あっさりながらややはっきりしたテイストの、強めの味のバランス。

■具材
・チャーシューは少し厚めの巻き肉。脂身は柔らかく、肉の部分は炙っているようなしっかりした食感で香ばしく、味付けされている。
・穂先メンマは柔らかく、味はあっさり。
・味玉は黄身が半熟で味付けは濃いめ。
・青ネギは香味があってスープによく合っていた。

■全体的な味の感想
・滑らかで旨い平打ち麺を煮干しのコクのスープで食べる、しっかりした味の清湯煮干醤油ラーメン。
・平打ち麺の滑らかなのにカチッとした食感が素晴らしい。
・スープは、煮干しのコクが強いけど、他の出汁やタレも強めの、一体感のある味の組み立てで、麺との相性も良かった。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【12件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【21件】
2017年 07月 【30件】
2017年 06月 【15件】
2017年 05月 【20件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ