【京都市下京区】拳ラーメン

拳ラーメン 【秋刀魚節CURRYつけ麺】

秋刀魚節CURRYつけ麺(500円)+大(50円)

秋刀魚節CURRYつけ麺大の麺

お店の入口のメニュー書き

■来店の経緯等
・2012年10月14日(日)の晩、1か月半ぶり、5回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・この日は、せっかく京都まで来たので、「らの道達成者向け限定メニュー」を食べておこうと思い、訪問。

■食べたメニュー
・「らの道」達成者のみ限定「秋刀魚節CURRYつけ麺」(500円)
・麺大盛り(50円)
(2012年10月8日~14日の期間限定)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の17時21分頃。夜の開店時間が何時だったか忘れたのでとりあえず行ってみたら、18時開店だった。
・既に先に2人待っていたが、そこに後から3人やって来て合流して横入りされた。
・17時42分頃、店員さんが出て来て店外で注文を取り始めた。「秋刀魚節CURRYつけ麺」を注文したところ、らの道の達成した参加用紙を見せるように言われた。
・開店は18時0分。その時点で、自分の後ろに8人待ち。
・店員さんは5人で、男性2人と女性3人。
・着席から着丼まで10分。着丼時に、らの道の達成した参加用紙を出すよう再度言われ、出したところ、達成用紙の拳ラーメンの欄に「済」のハンコを押された。

■麺
・四角い中細ストレート。
・水切りが甘いのか、それとも意図的になのか、底の方に水が結構溜まっていたが、そのせいで、つけ汁に付けずにそのまま食べても良い感じだった。
・加水高めの全粒粉で、みずみずしくて滑らかで、引き締まったジェル感のある麺質。食感は、固くなくてムニュッとしたコシがあり、歯切れとノド越しが良い。
・麺の味はサッパリとみずみずしくて、つけ汁に付けずに食べても旨い。
・つけ汁との絡みは、辛味はよく絡むが、魚介のコクの絡みはあまり強くないように感じた。少しだけ付けるよりもドップリ付ける向きだが、ドップリ付けても麺はあまり温まらない。
・後半、青い柑橘を搾って味変化すると、少しだけ味の目先が変わった。

■つけ汁
・魚介辛味カレー。
・ほんのわずかにトロミがあるが、かなりサラッとしていて油少なめ。魚粉でザラザラしていて、表面には七味か何かの赤い辛味の粉が浮いている。
・出汁は、恐らく獣系ベースに魚介メインで、キラキラした魚粉がいっぱい入っていて魚介というか魚粉の味が強い。
・タレのカレーはスパイシーだが、七味か何かの辛味の方が強くて、スパイシーというより辛い。
・塩辛くはないが、辛味の刺激感が強くて、そのまま飲むのはやや厳しい。
・麺を食べ終わった後、スープ割りがあるか聞いたところ、このつけ麺はスープ割り無しとの話だった。

■具材
・麺の上に乗っているチャーシューはレアの薄切りスライス。しなやかでしっとりした食感に、あっさりした味わい。
・チャーシューの上に、トマトの皮みたいなのが乗っていて、酸味は無くて甘かった。見た目はトマトだけど、味的には何かのフルーツなのかも。
・白髪ネギはシャキシャキしている。赤い粉が乗っていたが、つけ汁も辛いせいか、あまり辛く無かった気がする。
・つけ汁の中には、短く切った三つ葉と玉ネギの薄切りが入っていて、つけ汁にサッパリ感を与えている。

■全体的な味の感想
・みずみずしい中細の全粒粉麺を魚粉と辛味の効いたつけ汁で食べる、個性的な味わいの魚介辛味カレーつけ麺。
・麺は良かったけど、つけ汁との相性が個人的にはかなり微妙に感じた。
・つけ汁は魚粉ガッツリで、自分の持っていたこのお店のイメージ(鮮魚出汁、ガチスープ)とは少し違った印象だった。また、カレーよりも七味の辛味の方がメインのように感じた。
・具に関しては、特にトマトみたいなのが甘かったのがこのお店らしいと思った。
・個人的には微妙な感じだったけど、こういう味が好きな人もいるとは思う。

■お気に入り度: ★★★☆- (3.3点)

■お店の情報
スポンサーサイト

【京都市下京区】拳ラーメン

拳ラーメン 【醤油系ラーメン】

醤油系ラーメン(700円)

醤油系ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2012年8月26日(日)の昼、5か月ぶり、4回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)
・「らの道」の12軒目のお店として訪問。

■食べたメニュー
・醤油系ラーメン(700円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は11時41分頃。外待ち無しで先客8人。カウンターの空席に座った。
・メニューを見ると、つけ麺、汁無し系も面白そうだったが、今回は、未食のラーメン系レギュラーメニューの「醤油系ラーメン」を注文。
・店員さんは5人で、男性3人と女性2人。支店を出した関係か、以前よりも店員さんの数が増えていた。
・店内にはカウンター席の他、大テーブルの席もあった。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から着丼まで12分。

■麺
・平打ちでギザギザした縮れ太麺。
・加水高めで、表面はツルツル、プリプリでモチッとした、それなりに密度感のある麺質。食感は固くなくて弾力もあまり強くはなく、噛むとグッと沈み込むような歯ごたえ。
・麺の味も、粉の主張は強くないが旨い。
・スープとの絡みは、麺はスープを弾き気味のようにも感じるが、幅広のギザギザ麺なので、醤油のコクがよく絡んでいてバランスは良好。

■スープ
・清湯の魚介醤油。
・あっさりしていて油少なめ。
・出汁は清湯鶏ベースに魚介で、魚介の方がやや強め。魚介は、鮮魚出汁のような魚の身の風味と若干の水っぽさを感じた。ガンガンに煮詰めているのではなくて、サラッとフレッシュな味わい。
・タレの醤油は濃いが、コクは甘くて醤油っ辛さは無い。甘味も少し加えて煮ているようなやや甘辛い味わいで、塩辛さや刺激感は無い。
・シンプルな味で、インパクトやパンチは無いが、料理の出汁としては真っ当な味に感じた。

■具材
・チャーシューはレアの薄切りで、食べた時には煮えていた。食感は柔らかいが煮えて少しパサッとしており、味付けはあっさりしていて肉のコクを感じる。
・穂先メンマはシャクッとしなやかな食感で、味付けは穏やかでスッキリとしていた。
・海苔はスープに合っていて旨い。
・小松菜はシャキシャキしており、コクのある味わい。
・玉ネギのスライスは、シャキッとキレの良い食感と、フレッシュで程よい強さの香味があり、薬味としてアクセントになっていた。

■全体的な味の感想
・ツルッとしてモチッとしたギザギザ太麺を鮮魚の出汁のスープで食べる、シンプルで良質な味わいの清湯魚介醤油ラーメン。
・インパクトやパンチは無くて地味に感じたが、これはこれで面白いと思った。
・麺は塩系と醤油系とで違っていて、ギザギザ太麺で食べごたえがあって良かった。
・スープは、魚介をガツンと効かせているようなタイプではないが、ちゃんと出汁を取っている感があって素敵。

■お気に入り度: ★★★☆+ (3.8点)

■お店の情報

【京都市下京区】拳ラーメン

麺屋 極拳骨 【極拳骨和えつけ4号】

極拳骨和えつけ4号(1000円)

極拳骨和えつけ4号の麺

麺屋 極拳骨4号コラボ

■来店の経緯等
・2012年3月25日(日)、「拳ラーメン」さんにて、拳さんと「麺屋 極鶏」さん、千葉県の「鶏の骨」さんとの「麺屋 極拳骨4号コラボ」が開催されることを知ったので、訪問。
・ちなみに、極拳コラボは、1月の2号と2月の3号には行けなかったので、昨年12月の1号以来、3ヵ月ぶりの訪問。

■食べたメニュー
・当日限定の「極拳骨和えつけ4号」(1000円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は開店前の9時45分頃。既に18人待ち。
・10時35分頃で、自分の後ろに20人くらい並んでおり、あの自称「日本一ラーメンを食べた男」氏も並んでいた。
・開店前の10時50分頃から、店員さんがメニューを持って順番に注文を取り始めた。
・開店は10時58分。まだ店内に入れず。暖簾は、拳ラーメンさんのものを裏向きに掛けていた。
・入店は11時20分。カウンター席に座る。ちなみに、店内にはカウンター席の他、8人掛けの大テーブル席が設けてあった。
・店員さんは全部で9人。男性7人と女性2人で、女性店員さんは「拳ラーメン」さんの人。
・入店から着丼まで6分。
・スープに浸った麺、つけ汁(白湯)、つけ汁(清湯)、及び、スダチと塩が乗った別皿が出てきた。店員さんからは、「最初は麺をスダチと塩で食べて、途中からつけ汁に付けて食べる」旨の説明があった。

■麺
・四角い中太ストレート。麺の量は多め。
・ツルツル、ムチムチで程よい弾力があり、強すぎなくて気持ちの良い歯ごたえ。
・麺の断面は四角いが、角張り感はない。
・麺の味は甘め。
・スープに浸っており、スープと絡んでトロミを纏い、甘さが引き立っている。
・最初は、店員さんの言うとおり、スダチと塩を麺に振って食べてみた。スダチはあまり効かなかったが、塩はコクが強く、スープと麺の味を引き立てていた。
・白湯つけ汁とは強く絡む。
・清湯つけ汁との絡みは、海老の風味がよく絡むが、スープとの絡みが薄まって裸の麺になり、味や食感の印象が少し変化する。

■スープ(最初から麺に合えてある)
・白濁した鶏白湯。温度高めでアツアツ。
・トロミはあるがドロドロではなく、油も少なめ。
・出汁は鶏ガラで、優しくナチュラルな旨味と甘味。
・タレはかなり薄く、入っていない可能性もある。
・コーンポタージュみたいな優しく甘い味わい。別皿の塩を振って食べるとちょうど良いくらいの味。

■つけ汁(白湯)
・鶏白湯ベースで、油や細かな鶏肉も溶け込んでおり、ドロドロしてマッタリした味わい。
・タレはそれほど強くないが旨味はしっかりしており、無花果か何かのフルーツの優しい甘味と微かな酸味がほんのり効いている。
・塩辛さや刺激感は無く、鶏のコクと旨味にフルーツの甘味を加えた、マッタリして厚みのある味わい。
・麺との絡みは強めで、麺に絡んだつけ汁を味わいながら麺の食感を楽しむタイプ。

■つけ汁(清湯)
・清湯の海老塩。
・あっさりしており、上に海老油が浮かんでいて膜を張っていた。
・海老の甘い風味と旨味があり、海老のコクが強い。
・タレは塩分強めでピリッと塩辛い。
・麺に海老の風味がよく絡むが、麺との相性的には白湯つけ汁の方が良いように感じた。

■具材
・麺の上に鶏チャーシューが乗っている。モモ肉で、白くてムチムチしており、サッパリしたコクのある味わい。
・白湯つけ汁には、薄い短冊切りのチャーシューが入っている。ピンクでレアっぽいのと、色濃いめでしっかりした食感のとの2種類。
・清湯つけ汁には、海老団子が入っている。柔らかくて、甘く優しい旨さ。

■全体的な味の感想
・ムチッとした中太麺を、3通りの食べ方で楽しむ、食べ比べが面白い鶏白湯と海老のコラボ和えつけ麺。
・スープと白湯つけ汁の、2種類の鶏白湯を食べ比べられたのは良かった。また、白湯つけ汁の、ドロドロ鶏白湯にフルーツの組み合わせは、かなり素敵で気に入った。
・個人的には、海老清湯つけ汁は麺との相性が微妙な気もしたが、海老清湯があったからこそ、鶏白湯の方をシンプルに仕上げられたとも考えられるので、全体的にはバランスが取れていたと思う。
・3者コラボならではの、お祭り的な楽しさがあった。

■評価: ★★★★☆ (4.5点)

■お店の情報
記事リスト
プロフィール

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ