【熊本市西区】黒亭

黒亭 【ラーメン】

ラーメン(630円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2014年11月、九州3県(宮崎、鹿児島、熊本)に遠征。3日目の夕方に訪問。
・6年ぶり、2回目の訪問。
・このお店は、熊本駅の近くにあり、今回の遠征のラストで訪問してみた。

■食べたメニュー
・ラーメン(630円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は17時22分頃。外待ち無しの先客11人。

黒亭

・2人掛けのテーブル席に座り、デフォの「ラーメン」を注文。
・店員さんは5人で、男性1人と女性4人。
・水は出してくれた。お代わりはテーブルのポットでセルフ。
・紙オシボリを出してくれた。
・注文から提供まで4分。

■麺
・四角くて中くらいの太さのストレート。
・色は薄めで加水中くらいかやや低めの、表面が滑らかで多少の粉の密度感があってエッジの効いた麺質。食感は、滑らかで中身の詰まった感じの弾力と多少のコシがあって、噛むとプツンと切れる感じの歯ごたえ。最後の方は、やや伸びてきたように感じたかも。
・麺の味は、程よい強さの旨味を感じる。
・スープとの絡みは、スープの焦がしニンニクの苦味がほんのりと麺に絡んでいた。

■スープ
・白濁した獣系焦がしニンニク醤油。
・サラッとしていて、表面に多少の油が浮かんでいて、スープと油とが少しだけ馴染んだような感じがあった。
・出汁は豚骨メインの獣系。ゼラチン感は少なめで、焦がしニンニクの苦味が獣系の風味を隠し気味ながらも、乳化した豚骨の旨味とコクとをジワッと感じる味わい。
・タレの醤油は甘めで、マイルドな旨味のある味付け。そこに、焦がしニンニクの苦み走ったコクがよく効いていて、焦がしニンニクが主役で、獣系出汁がそれを支えるような味わいだった印象。
・スープを完食すると、丼の底には骨粉が少しだけ溜まっていた。
・焦がしニンニクの苦味はあるけど、塩辛さや刺激感はなかったと思う。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りのモモスライス。脂身無しの、筋っぽさはなくてよく引き締まったしっかりめの歯ごたえに、味付け控えめで赤身の肉らしいあっさりとした味わい。
・キクラゲは細長いカット。滑らかで、噛むとポリッとしたクリック感のある歯ごたえ。
・海苔は風味がしっかりしていた。
・青ネギ輪切りは細めで、スープを飲む際にシャリッとした歯ごたえがあった。

■全体的な味の感想
・麺は、滑らかで中身の詰まったような弾力とコシのある歯ごたえで、スープの焦がしニンニクのコクがほんのりと麺に絡んでいた。
・スープは、焦がしニンニクのビターながらカドの無いコクがよく効いていて、サラッとした豚骨出汁がそれを支えるような味わいだった。
・具は、モモチャーシューが脂身無しでよく引き締まっていた。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■おまけ
・このお店を出た後、熊本駅に戻り、熊本駅19時発の新幹線さくら570号に乗って新大阪駅まで帰ってきた。新大阪駅到着は22時21分。

熊本駅の新大阪行新幹線さくら570号(N700系7000番台)

■お店の情報
スポンサーサイト

【熊本市中央区】こむらさき 本店

こむらさき 本店 【ラーメン】

ラーメン(570円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2014年11月、九州3県(宮崎、鹿児島、熊本)に遠征。3日目の昼と夕方の合間の時間に訪問。
・6年ぶり、2回目の訪問。
・昔ながらの熊本ラーメンも食べておこうと思い、このお店に再訪してみた。

■食べたメニュー
・ラーメン(570円)
※メニュー案内には「こむらさきのスタンダード」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は15時29分頃。外待ち無しの先客6人。

こむらさき 本店

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見てデフォのラーメンを注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで4分。

■麺
・四角い中くらいの太さのストレート。
・白くて加水中くらいの、表面がツルッと滑らかで、ムニュッと柔らかな張りがあってエッジの効いた麺質。食感は、固さのない茹で加減で、引っ張ると伸びるような滑らかで優しい弾力とコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりながら旨味がしっかりしている。
・スープとの絡みは良好。スープの旨味とミルキーなコクがサラッと絡んで、麺の旨さを引き立てていた。

■スープ
・白濁した獣系。
・サラッとしていて、表面に多少の香味油が浮かんでいる。
・出汁は、恐らくは豚骨メインの獣系。あっさりしていて、ゼラチン感は無いながらよく乳化しており、多少のミルキーさを感じる味わい。
・タレは、恐らくは薄い醤油ベースで、旨味の中に塩気がほんのりと効いた感じの味付け。
・タレの旨味も感じるけど、トッピングのニンニクチップの香味がうまく組み合わさっていた印象。表面の香味油にもニンニクチップの風味が少し移っている感じで、スープの味を引き立てていた。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューはやや薄切りのモモスライス。引き締まってややパサッとした感じの歯ごたえに、昔風の塩系の味付け。
・キクラゲは細長い。ポリッとした弾力があって、噛み心地の良い歯ごたえ。
・海苔は、程よい生地の強さと風味があった。
・青ネギ輪切りはやや細めだった。

■全体的な味の感想
・麺は、優しい張りとコシのある歯ごたえで、麺とスープとの相性も良好で旨かった。
・スープは、あっさりながらミルキーさを感じる味わいで、ニンニクチップの香味がスープの味をよく引き立てていた印象。
・全体的なバランスがよく取れていて、6年ぶりに食べたけどやっぱり旨いと思った。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【熊本市中央区】麺食堂 大金豚 二丁目店

麺食堂 大金豚 二丁目店 【特級とんこつラーメン】

特級とんこつラーメン(690円)

特級とんこつラーメンの麺

■来店の経緯等
・2014年11月、九州3県(宮崎、鹿児島、熊本)に遠征。3日目の昼に初の訪問。
・このお店は、熊本ラーメンとは少し違うタイプの濃厚豚骨のお店みたいなので、興味を持ち訪問してみた。

■食べたメニュー
・特級とんこつラーメン(690円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は13時43分頃。外待ち無しの先客14人。

麺食堂 大金豚 二丁目店

・最初に店内入口の券売機で食券を買う。券売機左上のデフォのラーメンを選択。ちなみに、デフォのラーメンは券売機のボタンでは「濃厚とんこつラーメン」、店内の案内書きでは「特級とんこつラーメン」、お店のWebサイトでは「ラーメン」と表記してあった。
・中央に仕切りのあるカウンターテーブル席に座り、食券を渡して注文。麺の固さとスープをどうするか聞かれたので、お勧めを聞いて、麺かため、スープこってりで注文。
・店員さんは4人で、男性3人と女性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで4分。

■麺
・長方形の中細縮れ。麺量やや少なめ。
・白くて加水中くらいの、表面が滑らかで適度な結合感があって、エッジが効いていて縮れの主張を感じる麺質。食感は、やや固めの茹で加減で、縮れた麺のエッジの口当たりに固さを感じるけど、ゴワッとしたり粘り過ぎたりせずに程よい強さの歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりとした粉の味わい。
・スープとの絡みは、味の絡みはあっさりながら、スープの表面の油がよく絡むとともに、豚っぽい風味がほんのりと絡んでいた。

■スープ
・白濁した豚骨醤油。
・ほんの少し乳化したようなラードが表面に多めに浮かんでいてオイリーで、背脂も多少浮かんでいる。
・出汁は豚骨の獣系。ゼラチン感はあまり強くなくて、少しだけスープに馴染んだようなラードの丸みが強くて、そこに多少の豚っぽい風味がプラスされたような味わい。
・タレの醤油は甘めのコクがある。
・タレの味付けは若干の塩気があるけど、油の丸みが強いせいか、それほど濃い味付けには感じなかった気もした。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは薄切りの巻きバラスライス。柔らかめの歯ごたえに、味付けマイルドでほんのりとした脂身混じりの豚っぽさを感じる味わい。
・キクラゲは細長いカット。滑らかな質感があって、噛むとポリッと切れる歯ごたえ。
・海苔は、生地がややしっかりしていて風味は控えめで、スープの表面のラードがよく絡んでいた。
・青ネギ輪切りは、シャリッと優しい歯ごたえと風味があって、薬味の役割を果たしていた。

■全体的な味の感想
・麺は固めの茹で加減で、縮れ麺のエッジの効いた食感は良かったと思う。スープとの絡みは、ラードがよく絡んでいた。
・スープは、乳化やゼラチン感はあまり強くなくて、ラードの丸みがやや前面に出た味わいで、そこに多少の豚っぽい風味がプラスされていた。スープこってりで注文したせいかも知れないけど、個人的には、少々油が多過ぎて豚骨出汁の味が感じにくい気もした。
・やっぱり、初回はこってりじゃなくて普通で注文した方が良かったかも。

■お気に入り度: ★★★ (3.0)

■お店の情報

【熊本市中央区】麺商人

麺商人 【極にぼとんこつ】

極にぼとんこつ(煮干し豚骨)(730円)

極にぼとんこつ(煮干し豚骨)の麺

■来店の経緯等
・2014年11月、九州3県(宮崎、鹿児島、熊本)に遠征。3日目の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・極にぼとんこつ(煮干し豚骨)(730円)
※メニュー案内には「煮干し出汁スープに、豚骨を合わせ炊いたWスープ。津軽ラーメンでも超濃厚系に位置する、煮干しガツン系です。病みつきになるリピーター様続出、インパクトありながら奥深いラーメン。」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は12時3分頃。外待ち無しの店内満席。店内で座って待つ。

麺商人

・到着から16分待ちで厨房対面のカウンター席に座る。
・メニューを見ると、熊本ラーメンの他に津軽ラーメンを提供しており、「極にぼとんこつ」というメニューがあったので、それを注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・冷たいお茶はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで5分。

■麺
・四角くて少し縮れたウエーブの中太麺。
・白くて加水やや高めの、表面はツルッと滑らかで、卵白が入っているようなプルッとしてフワッとした張りがあって、エッジの効いた麺質。食感は、柔らかで少ししなやかな弾力とコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は多加水系であっさりしている。
・スープとの絡みは強めで、バランスは良好。スープのトロミと、煮干の苦味とほのかな酸味が混じったような強めのコクがよく絡んでいて、麺の味をよく引き立てていた。

■スープ
・白濁した獣系煮干。
・ほんの少しだけトロミがあって、多少の油が乳化しているけど、それほどコッテリはしていない感じ。そこに大量の煮干粉が入って灰色をしている。
・出汁は獣系ベースに煮干の魚介。獣系は、煮干の味が濃いのであまり前には出ないけど、煮干のコクを麺に絡めるのには十分なトロミがあって、味のベースになっていた。
・煮干は、多分出汁も入っているとは思うけど、大量の細かな煮干粉が投入されていて、煮干粉の方がメインの味わい。煮干の量はかなり多くて、スープ自体の味は煮干の苦味や塩気がガンガンに効いたマニア向けの濃厚なコクがあった。一方、麺との絡みはちょうど良い感じで、飲むよりも麺との絡みで映えるタイプのスープといった印象。
・タレは、入っているとは思うけど、煮干の味が強くてどういうタレの味付けなのかあまり分からなかった。
・刺激感はなかったと思う。

■具材
・チャーシューは巻きバラスライスで、やや薄切りなのと、少し厚みがあるのがあった。柔らかいながら肉の部分は少し引き締まったような歯ごたえに、脂身のコクがよく効いていて多少の豚っぽさを生かしたようなタレの味付け。
・メンマは太い。噛むと沈み込んでポリッと割けるような、やや強めの繊維感のある歯ごたえに、あっさりながら旨味のしっかりした味付け。
・青ネギは、やや大きめの輪切り。多少の滑らかな質感のある歯ごたえに、サッパリとした風味があったけど、スープの煮干の方が強かったかも。

■全体的な味の感想
・麺は、プルッとしてフワッとした張りを感じる青森風の麺で、スープの煮干のコクとの絡みが良好で旨かった。
・スープは、獣系のトロミのベースに大量の煮干粉が投入されて灰色をしていて、飲むのには煮干の味がやや強すぎたけど、麺との絡みではちょうど良い感じの、マニア向けスープ。煮干が濃過ぎるせいか、煮干のふくよかさとかはあまり感じなかった気もしたけど、かなりガチ度の高いニボニボスープだったのが良かった。
・具は、メンマが好みのタイプだった。
・青森風の麺と極ニボのスープとの組み合わせは、まさしく津軽煮干ラーメンを思い出させる味わい。個人的には、麺と煮干のコクとの絡みは、むしろ以前に青森で食べたラーメンよりも気に入ったかも。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報

【熊本市南区】たまご麺や いっぷくラーメン

たまご麺や いっぷくラーメン 【天草大王塩ラーメン】

天草大王塩ラーメン(670円)

天草大王塩ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2014年11月、九州3県(宮崎、鹿児島、熊本)に遠征。3日目の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・天草大王塩ラーメン(670円)
※メニュー案内には「濃厚な味と甘みのある脂が特徴の熊本県産地鶏『天草大王』を使った贅沢スープ。」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は10時41分頃。シャッターポール(開店前の待ちの先頭)。

たまご麺や いっぷくラーメン

・外で待っていると、開店時間の11時よりも前に店内に入れてくれた。
・2人掛けのテーブル席に座り、メニューを見る。熊本ラーメンがデフォのお店みたいだったけど、鶏清湯の「天草大王塩ラーメン」に興味を持ったので注文。チャーシューはバラとロースのどちらにするか聞かれ、ロースを選択。
・店員さんは4人で、男性1人と女性3人。
・水は出してくれた。お代わりはテーブルのポットでセルフ。
・店内の壁にはサインが多数貼ってあり、石神秀幸氏、大崎裕史氏、小林孝充氏のサインも飾ってあった。
・注文から提供まで6分。

■麺
・平打ちの中太縮れ。手もみが入っている。
・色が薄くて加水高めの、表面は滑らかながら手もみのピロピロ感があって、水を含んだ柔らかな結合感のある麺質。強いて言えば、米沢ラーメンの麺を少し思い出すような感じ。食感は、やや柔らかめの茹で加減で、手もみの縮れの優しい弾力があって、噛むとスッと切れる心地よい歯ごたえ。
・麺の味は、多加水系であっさりと繊細な旨味をよく感じる味わいで、食感と味とのバランスが良好だった。
・スープとの絡みはあっさりしているけど、麺の味もあっさりしているのでバランスは良好。スープの油と塩気が程よくサラッと麺に絡んでいた。

■スープ
・清湯の鶏塩。
・あっさりしていて、表面に多少の油が浮かんでいる。
・出汁は鶏の獣系。あっさりと優しくて繊細ながら、深みのある鶏の旨味を感じる味わいで、鶏油のコクは控えめだった印象。一口めはやや出汁が弱く感じたけど、舌が慣れてくるに従って、だんだん鶏の旨味が見えてきた感じ。旨味の感じ的には昆布とかも入っている気もしたけど、違うかも。
・表面の油は、ほのかにゴマ油か何かの風味が付いているようにも感じたけど、出汁の味とはケンカしていなかった。
・タレの塩は、塩のコクが結構しっかりしていて、最初は塩の味を強めに感じたけど、出汁の味とはバランスしていて出汁の旨味を引き立てている感じ。
・鶏の出汁と塩に多少の油を加えた、シンプルで繊細なテイスト。塩気は少しあるけど、塩辛さや刺激感はなかった。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りで少し厚みのある肩ローススライス。油がよく抜けていて脂身少なめで柔らかめの歯ごたえに、味付けマイルドであっさりとした肉の旨味を感じる味わい。
・味玉は、黄身が粘度高めで、あっさりとした甘さのある醤油系のタレの味付け。
・メンマは平べったい。滑らかな繊維感のある歯ごたえで、味付けはかなり控えめに感じた。
・海苔は小さめ。生地がしっかりしていて風味はやや控えめに感じた。
・糸唐辛子は、表面の油に馴染んでいたせいか、口に入れても刺激感は強くなかった印象。
・白ネギは細かいカットで、繊細な味のスープとバランスが取れていた。

■全体的な味の感想
・麺は、多加水の手もみ麺で、柔らかな手もみの弾力を感じる食感が心地良くて、麺の味も繊細な旨味があって良かった。スープとの相性も良好で、表面の油と塩のコクとが麺の味をよく引き立てていた。
・スープは、繊細でリッチな旨味のある鶏の出汁に、塩のコクがしっかりと効いたシンプルな味わいで、一口めはやや弱く感じたけど、後からだんだん鶏の旨味を感じられたのが素晴らしかった。
・具は、スープの味わいを生かすためか、全体的に味が控えめだったのがよく出来ていると思った。
・手もみ麺をシンプルなスープで味わうラーメンで、これは結構気に入った。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■おまけ
・この日は、前日の晩に鹿児島の天文館で宿泊し、朝から鉄道で熊本まで移動した。
・鹿児島中央駅8時56分発の新大阪行新幹線みずほ604号に乗車。熊本駅到着は9時39分。

鹿児島中央駅の新大阪行新幹線みずほ604号(N700系7000番台)

■お店の情報
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ