【三養基郡基山町】丸幸ラーメンセンター基山店

丸幸ラーメンセンター基山店 【ラーメン】

ラーメン(420円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2015年10月、長崎県と佐賀県に遠征。3日目の昼と夕方の合間の時間に初の訪問。
・このお店は、国道3号線沿いにあるお店。JR鹿児島本線の車窓から見えていて、以前から気になっていたので、今回訪問してみた。

■食べたメニュー
・ラーメン(420円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は16時38分頃。

丸幸ラーメンセンター基山店

丸幸ラーメンセンター基山店(入口)

・入口の風除室にある券売機で食券を買ってから入店。
・店内は広くて、客席は厨房の左右に分かれており、自分の座った側は先客19人。
・テーブル席に座り、食券を渡して注文。麺のかたさを聞かれ、普通で注文。
・店員さんは、見える範囲で8人いて、男性6人と女性2人。厨房の向こう側の客席にもあと何人か店員がいた。
・水は出してくれた。お代わりは冷水機でセルフ。
・レンゲもまとめて置いてあり、セルフ。
・注文から提供まで2分。

■麺
・四角い中細ストレート。
・加水やや低めの、程よい粉の張りと密度感のある麺質。食感は、少し固めの茹で加減なのか、噛むと一旦ムチッと潰れてから切れる感じの、ややしっかりした歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりとした旨味を感じる。
・スープとの絡みは、スープのタレの旨味がサラッと絡んでいて、麺の味とのバランスは取れていた印象。

■スープ
・白濁した豚骨。
・割とサラッとしているけど、よく乳化していて、表面に多少の油が浮かんでおり、少し丸みを感じる口当たり。
・出汁は豚骨の獣系。ゼラチン感は少なめで、乳化の丸みとほんのりとした豚骨のコクを感じる味わい。
・表面の油は、調味油っぽい風味を少し感じた。
・タレは薄い醤油ベースで、甘めの醤油の味をほんのりと感じた。
・味付けは、タレの旨味が強めでしっかりしていて、乳化豚骨のベースの上にタレの旨味が強めに効いて味を作っていた印象。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りのバラとモモのスライス。引き締まってややしっかりした歯ごたえに、塩気の効いたタレの旨味をよく感じる、昔ながらのチャーシューらしさのある味付け。
・青ネギ輪切りは細め。

■全体的な味の感想
・麺は、加水やや低めの中細麺で、歯ごたえはややしっかりしていた。
・スープは、乳化の丸みとほんのりとしたコクを感じる豚骨出汁のベースに、タレの旨味が強めに効いた味付け。個人的には、どちらかというと久留米よりも博多風のスープに近いように感じたかも。
・お気に入り度は、最初の印象が4点、後半が3.5点で、トータルでは3.5点ぐらいだったと思う。値段込みなら4点でもいいかも。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

丸幸ラーメンセンター基山店(食後に撮影)

■お店の情報
スポンサーサイト

【佐賀市】麺家ぶらっくぴっぐ

麺家ぶらっくぴっぐ 【ラーメン】

ラーメン(570円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2015年10月、長崎県と佐賀県に遠征。3日目の昼に初の訪問。
・このお店は、佐賀駅から直線で約3km南にある、幹線道路沿いのお店。

■食べたメニュー
・ラーメン(570円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は14時9分頃。外待ち無しの先客6人。

麺家ぶらっくぴっぐ

・最初に店内入口の券売機で食券を買う。
・店内中央の大テーブル席に座り、食券を渡して注文。
・厨房は別室。店員さんは3人で、男性2人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはテーブルのポットでセルフ。
・注文から提供まで3分。

■麺
・四角くてウエーブのかかった中細麺。
・加水中くらいかやや低めの、表面が滑らかで、カンスイの少し効いた粉の張りと結合感があって、エッジの効いた麺質。食感は、やや引き締まった感じの茹で加減で、噛むと少したわんで、ザクッとしてプツンと切れる歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりとした粉の旨味を感じる。
・スープとの絡みは、スープの甘味混じりのマイルドなコクがサラッと絡んで、どちらかというと麺の味主体で食べるバランスに感じた。獣系出汁の仄かにツンとした風味も麺に絡んで、食欲をそそっていた。

■スープ
・白濁した豚骨。
・割とサラッとしていて、少し丸みを感じる口当たり。
・出汁は恐らくは豚骨の獣系。ゼラチン感は控えめで、乳化の丸みと多少のクリーミーなコクを感じる味わいで骨粉感は控えめだった印象。
・タレは、恐らくは薄い醤油ベースで、醤油のコクや塩気は控えめ。
・味付けは、タレの甘味が多少立っていて、マイルドながらも甘さの主張を感じた。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・やや薄切りのモモスライス。引き締まった肉の密度感のある歯ごたえ。
・白ネギ輪切りは、ジューシーな香味があって、麺やスープのよいアクセントになっていた。
・海苔は、スープに浮かんでフワッと柔らかくて、多少の風味を感じた。

■全体的な味の感想
・麺は、噛むとザクッとしてプツンと切れる歯ごたえの中細麺。スープとの絡みは、甘めでマイルドながら、獣系出汁の風味が仄かに絡んでいたのが印象に残った。
・スープは、乳化の丸みと多少のクリーミーなコクを感じる豚骨出汁に、タレの甘味をやや感じるマイルドな味付けが組み合わさっていた。
・具は、白ネギ輪切りのジューシーな香味がよいアクセントになっていた。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【佐賀市】大臣閣

大臣閣 【ラーメン】

ラーメン(550円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2015年10月、長崎県と佐賀県に遠征。3日目の昼に初の訪問。
・このお店は、佐賀駅から直線で約7.5km南東にあるお店。

■食べたメニュー
・ラーメン(550円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は12時24分頃。外待ち無しの先客4人。

大臣閣

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは女性2人。
・冷たいお茶を出してくれた。
・お店の建物は年季が入っている。
・メニューには、ホルモンや焼肉もあった。
・注文から提供まで2分。

■麺
・四角くて少しウエーブのかかった、中細か中くらいの太さの麺。
・少しだけ色が付いていて加水中くらいかやや低めの、粉の張りと適度な密度感があって、角がやや丸まった感じの麺質。食感は、程よい茹で加減で、噛むと少しムチッとしてザクッと切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、強くはないけど、多少の旨味を感じる味わい。
・スープとの絡みは、スープの油の甘味混じりのコクがサラッと絡んでいた。味の絡みはややマイルドながら、麺の味とのバランスは取れていたと思う。

■スープ
・白濁した豚骨。
・割とサラッとしているけど少しだけ丸みがあって、表面に多少の油と細かい背脂が浮かんでいる。
・出汁は豚骨の獣系。ゼラチン感は控えめで、頭骨を使っている感じのミルキーなコクがあって、表面の背脂の丸みと甘みがプラスされた味わい。骨粉感や獣っぽさは控えめ。
・タレは、恐らくは薄い醤油ベースで、コクや塩気は控えめ。
・味付けは割とマイルドで、旨味はきちんとあるけど主張は強くなくて、豚骨のコクや油の甘味を生かして引き立てている感じ。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは少しだけ厚みのあるバラとモモのスライス。バラは、弾力のある歯ごたえに、味付けあっさりで脂身の甘味を感じる味わい。モモは、固くはないけど多少引き締まった歯ごたえがあって、こちらも味付けはあっさりしていた。
・青ネギ輪切りは細くて、白ネギも混じっている。中身が詰まっているけど一枚一枚は薄くて、優しい張りのある歯ごたえに、サッパリとして優しい風味があった。

■全体的な味の感想
・麺は、適度な粉の密度感のある中細麺で、噛むと少しムチッとしてザクッと切れる感じの歯ごたえがあった。
・スープは、豚骨のミルキーなコクに油の甘味が組み合わさった感じの味わいで、タレの味付けは割とマイルドだった印象。
・全体的にバランス良くまとまっていて、年季の入ったお店の雰囲気込みで楽しめた。
・お気に入り度は、最初の印象が3.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■おまけ
「いちげん」から「大臣閣」への移動の途中、筑後川昇開橋に立ち寄ってみた。
・筑後川昇開橋は、国鉄佐賀線(昭和62年に廃線)の橋梁で、現在は遊歩道として整備されている。

(佐賀側から可動橋へのアプローチ)

筑後川昇開橋(佐賀側の入口)

筑後川昇開橋(可動橋に接近中)

筑後川昇開橋(可動橋の手前)

(可動橋の上)

筑後川昇開橋(可動橋の上)

(上昇中の可動橋)

筑後川昇開橋(上昇中の可動橋)

筑後川昇開橋(上昇中の可動橋)

(遠景)

筑後川昇開橋(遠景)

■お店の情報

【佐賀市】いちげん

いちげん 【ラーメン】

ラーメン(600円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2015年10月、長崎県と佐賀県に遠征。3日目の昼に初の訪問。
・このお店は、佐賀駅から直線で約7km南にあるお店。

■食べたメニュー
・ラーメン(600円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の10時56分頃。シャッターポール(開店前の待ちの先頭)。
・開店前に先にお店に入れてくれた。
・最初に店内入口の券売機で食券を買い、厨房対面のカウンター席に座る。
・開店は10時58分。食券を渡して注文。
・店員さんは5人で、男性3人と女性2人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・厨房には畑瀬食品の麺箱が置いてあった。
・注文から提供まで5分。

■麺
・四角くてウエーブのかかった、中細か中くらいの太さの麺。
・加水中くらいかやや低めの、表面はツルッとはしておらずに、適度な粉の張りと密度感があって、角がやや丸まった感じの麺質。食感は、最初の方はやや固めの茹で加減で、多少のコシがあって歯切れが粘る感じだったけど、食べているうちに伸びてきたのか、途中からはサクッとした歯切れになってきた。
・麺の味は、強くはないけど、噛むと多少の旨味を感じる味わい。
・スープとの絡みは、スープの旨味と豚骨のコクが程よく絡んで、麺の味とのバランスも良好だった。

■スープ
・白濁した豚骨醤油。
・サラッとしていて、表面に油が少し浮かんでいる。
・出汁は豚骨。ゼラチン感は少なめであっさりながら、骨粉感のある豚骨のコクを適度に感じる味わい。肉っぽい旨味もあった気がしたけど、タレの旨味なのかも。
・タレは恐らくは薄い醤油ベースで、コクは控えめ。
・味付けは、タレの旨味が結構強めで、塩気も少しあったけど、タレだけの味にならずに豚骨出汁のコクもきちんと立っていた印象。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューはやや薄切りで少しだけ厚みのある巻き肉スライス。部位はよく分からなかった。脂身少なめで、筋っぽさはないけどやや引き締まった歯ごたえに、昔ながらのチャーシューらしさのある味付け。
・白ネギ輪切りは、シャリッとキレの良い歯ごたえにサッパリとジューシーな香味があって、スープの薬味の役割を果たしていた。

■全体的な味の感想
・麺は、加水やや低めの中細麺で、最初の方は少し固めの歯ごたえだったけど、途中からサクッと切れる歯ごたえになってきた。スープとの絡みは、旨味と豚骨のコクが程よく絡んでいた。
・スープは、サラッとしてあっさりした中に、骨粉感のある豚骨のコクを適度に感じる味わいで、タレの旨味が強めの味付けながら、豚骨の出汁感もきちんとあった印象。
・具は、白ネギ輪切りの香味がスープのいい薬味になっていた。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

いちげん(食後に撮影)

■おまけ
・この日は、前日の晩に佐賀駅前のホテルで宿泊し、朝からレンタサイクルで移動した。

佐賀市内(唐人二丁目交差点)

・「いちげん」に行く途中、佐賀城に寄り道してみた。
(佐賀城本丸(鯱の門))

佐賀城本丸(鯱の門)

(佐賀城本丸歴史館)

佐賀城本丸歴史館

(佐賀城本丸歴史館(御座間から見た外御書院))

佐賀城本丸歴史館(御座間から外御書院方面)

(佐賀城本丸歴史館(外御書院の内部))

佐賀城本丸歴史館(外御書院)

(佐賀城本丸歴史館玄関のアームストロング砲)

佐賀城本丸歴史館玄関(アームストロング砲)


■お店の情報

【佐賀市】かどやらーめん食道

かどやらーめん食道 【白らーめん】

白らーめん(580円)

白らーめんの麺

■来店の経緯等
・2015年10月、長崎県と佐賀県に遠征。2日目の晩に初の訪問。
・このお店は、佐賀市に本社のある「株式会社ららら」の系列店の模様。

■食べたメニュー
・白らーめん(580円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は21時57分頃。外待ち無しの先客10人。

かどやらーめん食道

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは男性2人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで2分。

■麺
・四角くて、細麺と中細の間くらいのストレート。
・表面滑らかで、多少引き締まった粉の張りを感じる麺質。食感は、程よい茹で加減で、噛むと多少のコシを感じながらも、細身でスルッと食べられる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりしていてそうめん風。
・スープとの絡みは、醤油ダレの甘めの味付けがよく絡んでいた。

■スープ
・白濁した獣系醤油。
・サラッとしていて、表面に多少の油と背脂が浮かんでいる。
・出汁は恐らくは獣系。割とあっさりしていてゼラチン感は少なめで、背脂も一緒に煮込んだような丸みを感じる味わい。タレの味付けとのバランス的に、出汁感はやや感じ難かったかも。
・タレの醤油は甘めのコクを感じた。
・味付けは、塩気は強くないながら割としっかりしていて、タレの甘味も入ったような醤油ダレの甘旨い味付けが結構立っていた印象。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューはやや薄切りの巻きバラスライス。固くはないけど、しなやかな弾力があってややしっかりとした歯ごたえに、強い味ではないながら、昔ながらのチャーシューらしさを感じる味付け。
・キクラゲは細長いカット。量はそこそこあって、やや柔らかめの弾力を感じる歯ごたえがあった。
・その他、青ネギ輪切りが入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、博多ラーメンの細麺よりは若干太めの細麺で、多少のコシを感じながらも、細身でスルッと食べられる感じだった。スープとの絡みは、タレの甘めの味付けがよく絡んでいた。
・スープは、出汁があっさりしていて、背脂も煮込んだような丸みがあって、タレの甘味も入ったような醤油ダレの甘旨い味付けが結構立っていた印象。
・個人的には、スープがややツボに嵌まらなかった気がした。
・お気に入り度は、トータルで3点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★ (3.0)

■お店の情報

【佐賀市】ふくの家 愛敬店

ふくの家 愛敬店 【ラーメン】

ラーメン(330円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2015年10月、長崎県と佐賀県に遠征。2日目の晩に初の訪問。
・このお店は、佐賀県鳥栖市の製麺会社「福山製麺所」の系列店。

■食べたメニュー
・ラーメン(330円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は20時28分頃。外待ち無しの先客12人。

ふくの家 愛敬店

・最初に店内の券売機で食券を買う。
・厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。麺のかたさを聞かれ、普通を選択。
・店員さんは3人で、男性2人と女性1人。
・水は冷水機でセルフ。
・注文から提供まで2分。

■麺
・四角い中細ストレート。
・白くて加水やや低めの、表面が滑らかで、カンスイ控えめな程よい粉の張りと密度感があって、エッジの効いた麺質。食感は、程よい茹で加減で、噛むと多少のコシを感じてサクッと切れる歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりとした粉の旨味を感じる味わい。
・スープとの絡みは、スープの旨味と豚骨のコクが程よく麺に絡んで、麺の旨さを引き立てていた。

■スープ
・白濁した豚骨。
・サラッとしていて、表面に多少の油が浮かんでいる。
・出汁は豚骨の獣系。ゼラチン感は控えめで、頭骨系で骨粉感混じりの豚骨のコクをきちんと感じる、程よい濃厚さのある久留米系の豚骨スープ。
・タレは恐らくは薄い醤油ベースで、コクはマイルド。
・味付けは、タレの旨味が結構強めながら、骨粉系の豚骨出汁のコクが組み合わさってバランスしており、物足りなくはなかった印象。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは薄切りの巻きバラスライス。柔らかめの弾力を感じる歯ごたえに、昔風のチャーシューらしさを感じる味付けと脂身の甘味が組み合わさった味わい。
・青ネギ輪切りはやや細めで、フレッシュさを感じる歯ごたえと風味があって、スープとも合っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、自家製麺の中細ストレート麺で、噛むと多少のコシを感じてサクッと切れる歯ごたえがあって旨かった。スープとの絡みも、きちんと豚骨のコクが絡んでいたのが良かった。
・スープは、サラッとしていて、頭骨系で骨粉混じりの豚骨のコクをきちんと感じる久留米らしい味わいで、タレの旨味が結構強めながら、物足りなさはなかった印象。
・個人的には、結構好みのタイプの味。税込330円で、これだけちゃんとした豚骨ラーメンが食べられるのは素晴らしいと思った。
・お気に入り度は、最初の印象が4.5点、後半が4点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。値段込みなら4.5点でもいいかも。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【佐賀市】一休軒 呉服元町店

一休軒 呉服元町店 【玉子入りラーメン】

玉子入りラーメン(600円)

玉子入りラーメンの麺

■来店の経緯等
・2015年10月、長崎県と佐賀県に遠征。2日目の晩に初の訪問。
・「一休軒」は、昭和33年創業の佐賀ラーメンの老舗で、このお店は、平成24年12月にオープンしたFC店の模様。

■食べたメニュー
・玉子入りラーメン(600円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は18時28分頃。外待ち無しの先客5人。

一休軒 呉服元町店

・最初に店内入口の券売機で食券を買う。「一休軒」を名乗るお店ということで、佐賀ラーメンの特徴とも言える生卵入りのラーメンを選んでみた。
・厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。麺のかたさを聞かれ、普通を選択。
・店員さんは3人で、男性2人と女性1人。
・水は冷水機でセルフ。
・注文から提供まで3分。

■麺
・四角くて少しウエーブのかかった中細麺。
・加水やや低めの、表面はツルッとはしておらずに、カンスイが少し効いた軽快な粉の質感があって、エッジの効いた麺質。食感は、程よい茹で加減で、噛むとサクッと切れるキレの良い歯ごたえ。
・麺の味は低加水系で、ややあっさりとした粉の旨味を感じる味わい。
・スープとの絡みは、スープの旨味が程よく絡んで、豚骨出汁の風味もほんのりと絡んでいた印象。

■スープ
・白濁した豚骨。
・サラッとしていて、割とよく乳化しており、表面に油が少し浮かんでいる。
・出汁は、恐らくは豚骨の獣系。ゼラチン感は控えめで、乳化のマッタリ感も強くない、ややライトな味わい。麺との絡みでは獣系のコクを少し感じたけど、スープ自体の味ではタレの味付けが出汁感に勝ち気味に感じた。
・タレは、恐らくは塩か薄い醤油ベース。
・味付けはやや強めで、塩気とタレの旨味がしっかりしていた印象。

・麺を半分くらい食べたところで、トッピングの玉子を潰してスープに溶かしてみた。卵は生の卵黄で、潰して混ぜるとスープによく溶けて、スープにまろやかさをプラスするとともに、タレの塩気を和らげる効果を果たしていた。

■具材
・チャーシューは薄切りのスライス。部位はよく分からないけど、赤身だけのやつと脂身付きのやつがあった。よく煮込んでいて、割と柔らかめの歯ごたえに、塩気が少し効いた、昔ながらのチャーシューらしさを感じる味付け。
・海苔は、スープに浮かんでフワッとしていて、風味がスープと合っていた。
・白ネギは太めの輪切り。シャリッとみずみずしい歯ごたえと風味の主張があった。

■全体的な味の感想
・麺は、加水やや低めで茹で加減ふつうの中細麺で、噛むとサクッと切れるキレの良い歯ごたえがあった。
・スープは、ややライトな白濁獣系出汁に、タレの塩気と旨味がしっかりと効いた味付け。麺との絡みでは出汁のコクをほんのりと感じたけど、スープ自体の味ではタレの味付けが勝ち気味だった印象。
・トッピングの卵黄をスープに溶かすと、まろやかさがプラスされてタレの塩気が多少和らいだ。
・具は、ネギが太めの白ネギ輪切りだった。
・お気に入り度は、麺が4点、スープが3.5点で、トータルでは3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■おまけ
・お店の北側の町並み

お店の北側の町並み

■お店の情報

【佐賀市】駅前ラーメン ビッグワン

駅前ラーメン ビッグワン 【ラーメン】

ラーメン(580円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2015年10月、長崎県と佐賀県に遠征。2日目の昼と夕方の合間の時間に初の訪問。
・このお店は、佐賀駅北口の近くにあるお店。

■食べたメニュー
・ラーメン(580円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は16時11分頃。先客無し。
・最初に店内の券売機で食券を買い、店員さんに渡して注文。
・厨房対面のカウンター席に座る。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりは冷水機でセルフ。
・注文から提供まで4分。

■麺
・四角いストレート麺で、中細か中くらいの太さ。
・表面がツルッと滑らかで、少しカンスイが効いていて、水を含んだ粉のふくらみを感じる麺質。食感は、割と柔らかめの茹で加減で、優しい張りがあってスルッと食べられる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、水を含んでややあっさりとした旨味を感じる。
・スープとの絡みは、スープの旨味と塩気が程よく絡んで、豚骨の風味もほんのりと絡んでいた。
・細かくカットしたネギも麺に絡んで、白ネギの香味がアクセントになっていた。

■スープ
・白濁した獣系。
・サラッとしてあっさりしており、表面に多少の油が浮かんでいる。
・出汁は、恐らくは豚骨の獣系。あっさりしていて、麺との絡みでは獣系の出汁感をほのかに感じたけど、スープ自体の味では、タレの味付けが強くて出汁感は隠れ気味だったかも。
・タレは塩か薄い醤油ベース。
・味付けは割と強くて、塩気とタレの旨味がしっかりしており、バランス的には出汁のコクを塗りつぶし気味に感じた。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューはやや薄切りのモモスライス。脂身少なめで、固くはないけど程よい肉の繊維の密度感のある歯ごたえに、塩気が少し効いた、昔ながらのチャーシューらしさのある味付け。
・海苔は、スープに浮かんでフワッとしていて、風味がスープに合っていた。
・ネギは青ネギと白ネギの細かいカット。白ネギはサッパリとした香味があって、麺やスープのアクセントになっていた。

■全体的な味の感想
・麺は、柔らかめの茹で加減で、優しい張りがあってスルッと食べられる感じ。スープとの絡みは程よい濃さで、細かくカットした白ネギの香味も絡んでいた。
・スープは、出汁があっさりしていて、塩気とタレの旨味がしっかりと効いた味付け。麺との絡みはちょうど良かったけど、スープ自体の味では、タレの味付けがあっさりとした出汁に勝ち気味だった印象。
・具は、ネギが青ネギと白ネギの細かいカットで、白ネギの香味が麺やスープのアクセントになっていたのが印象に残った。
・チャーシューは、デフォで4枚くらい入っていたのは良かったと思う。
・お気に入り度は、スープが3点で、トータルでは3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

駅前ラーメン ビッグワン(食後に撮影)

■お店の情報

【佐賀市】らーめんもとむら

らーめんもとむら 【ラーメン】

ラーメン(570円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2015年10月、長崎県と佐賀県に遠征。2日目の昼に訪問。
・5年ぶり、2回目の訪問。ちなみに、前回訪問時の店名は「一休軒 鍋島店」だったが、現在は「らーめんもとむら」に変わっており、店名が変わってからは初の訪問。

■食べたメニュー
・ラーメン(570円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は14時53分頃。外待ち無しの先客3人。

らーめんもとむら

・厨房対面のカウンター席に座り、壁のメニューを見て注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・冷たいお茶を出してくれた。
・注文から提供まで3分。

■麺
・四角くて中くらいの太さのストレート麺。
・加水中くらいかやや低めの、カンスイが少しだけ効いていて、やや中身が詰まった感じの粉の張りとボリューム感のある麺質。食感は、固さのない程よい茹で加減で、ふくらみのある粉の質感を感じながら切れるような歯ごたえ。
・麺の味は、強くはないけど、程よい旨味を感じる。
・スープとの絡みはあっさりしている。スープの旨味がサラッと絡んで、麺の旨さで食べる感じのバランス。スープのコクの絡みは控えめに感じたかも。

■スープ
・白濁した豚骨。
・割とサラッとしていて、表面に多少の油が浮かんでいる。
・出汁は豚骨の獣系。ゼラチン感や乳化のクリーミーさとかは控えめで、マイルドで優しい豚骨のコクを感じる味わい。最初の方は、表面の油に調味油っぽさを感じたけど、食べているうちに、スープと油が混ざって気にならなくなってきた。スープ自体の味では豚骨のコクを感じたけど、麺との絡みではあまり感じなかったかも。
・タレは、恐らくは薄い醤油ベースで、コクはマイルド。
・味付けはタレの旨味メインで、出汁とのバランスは取れていたと思う。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューはやや薄切りの赤身スライス。脂身少なめながら割と柔らかめの歯ごたえに、ややあっさりとした塩気と旨味のある味付け。
・青ネギ輪切りは、優しい歯ごたえに、サッパリとした風味があった。
・海苔は、スープに浮かんでフワッとしていた。

■全体的な味の感想
・麺は、固さのない茹で加減で、やや中身が詰まったような粉の張りを感じる歯ごたえがあった。スープとの絡みはあっさりしていて、麺の旨さで食べる感じだった。
・スープは、マイルドで優しい豚骨のコクを感じる味わいで、久留米風の呼び戻し豚骨とかとはひと味違っていた印象。スープ自体の出汁感はきちんとあったけど、スープとの絡みでは豚骨の風味やコクはあまり感じなかったかも。
・具は、海苔がスープに浮かんでいたのが印象に残った。
・お気に入り度は、前半が3.5点、後半が4点で、トータルでは3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【12件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【21件】
2017年 07月 【30件】
2017年 06月 【15件】
2017年 05月 【20件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ