【呉市】くれ星製麺屋

くれ星製麺屋 【くれ星麺(煮干醤油)】

くれ星麺(煮干醤油)(640円)

くれ星麺(煮干醤油)の麺

■来店の経緯等
・2018年3月、広島県に遠征。2日目の昼に初の訪問。
・このお店は、呉駅の近くにあるお店で、2010年(平成22年)のオープン。

■食べたメニュー
・くれ星麺(煮干醤油)(640円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は13時42分頃。外待ち無しの先客2人。

くれ星製麺屋

・壁対面のカウンター席に座る。
・注文は、席に置いてある注文用紙に記入して、店員さんに渡す方式。デフォの「くれ星麺」を注文。タレは、醤油(煮干醤油)、塩(瀬戸の藻塩)、味噌(重ね熟成煮干味噌)から煮干醤油を選択。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・冷たいお茶を出してくれた。水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで4分。

■麺
・長方形で四角い、ウエーブのかかった中くらいの太さの麺。
・少し色が付いていて加水中くらいか少し低めの、滑らかながら少しだけゴワッとした感じの張りと密度感があって、噛むと少したわんでから切れるような歯ごたえ。
・麺の味は、粉の旨味がしっかりしている。卵も入っているかも。
・スープとの絡みは、スープの旨味や魚介の風味がサラッと絡んで、麺の旨さを主役に感じるバランス。

■スープ
・清湯の魚介醤油。
・表面に多少の油と背脂が浮かんでいる。
・出汁は魚介メイン。獣系は、背脂の効果もあってか、入っているのかよく分からない感じ。
・魚介は煮干メイン。煮干の細かい破片も混じっている感じの、ビターなコクと風味を適度に感じる味わい。ガツンと来るほどではないながら、煮干メインであることはきちんと伝わってきた印象。
・タレの醤油はコクがマイルド。
・味付けは、醤油ダレの旨味が煮干感と組み合わさっていて、煮干由来っぽい塩気も少し感じた。
・刺激感とかはない。
・丼の底には乾物魚介の破片が溜まっていた。

■具材
・チャーシュー、メンマ、モヤシ、ワカメ、とろろ昆布、青ネギ輪切り。
・チャーシューは、細かくバラけた状態でトッピング。表面を少し炙ってあって、味付けは割とマイルドで、バラけていたせいか食感的にはあまり印象に残らなかった。
・メンマは平べったい。多少の繊維感のある歯ごたえで、味付けは控えめ。
・モヤシはやや細め。量は多くないけど、歯ごたえはややしっかりしていて、食感のアクセントになっていた。
・ワカメはペラッとしていて、スープにワカメの風味をプラスしていた。
・とろろ昆布は、スープに浸ってとろけていた。量がそれほど多くないので、ほんのりとした存在感だったかも。
・青ネギ輪切りはやや細め。

■全体的な味の感想
・麺が旨かった。
・スープは、出汁が煮干メインで、煮干の細かい破片が混じったようなコクと風味を感じた。
・具は、ワカメの風味が印象に残ったかも。
・チャーシューは、何故か細かくバラけていた。
・お気に入り度は、麺が4点、スープが3.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報
スポンサーサイト

【呉市】麺処いつか

麺処いつか 【鶏そば】

鶏そば(700円)

鶏そばの麺

■来店の経緯等
・2018年3月、広島県に遠征。2日目の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・鶏そば(700円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は11時11分頃。外待ち無しの先客8人。

麺処いつか

・壁対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは4人で、男性2人と女性2人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで8分。

■麺
・四角くてウエーブのかかった、中くらいの太さの麺。
・少し色が付いていて加水中くらいか少し高めの、ムチッと引き締まった弾力があって、多少のコシを感じて切れる歯ごたえ。茹で加減は程よい感じ。
・麺の味は、適度な旨味があって、卵も入っているかも。
・スープとの絡みは、スープの旨味と丸みと熱さが程よくサラッと絡んで、麺の旨さを引き立てていた。

■スープ
・白濁した獣系塩。
・少しトロッとしていて、油は多くない感じ。
・出汁は鶏の獣系と野菜。獣系は、ゼラチン感は控えめで、鶏油混じりのマッタリとしたコクとかも控えめな、優しい旨味と丸みを感じる味わい。
・野菜は、ベジポタっぽい自然な甘味と旨味とトロミがあって、鶏出汁とバランスよく組み合わさっていた。
・タレの塩は、優しい塩のコクがあって、塩のカドはない。
・味付けは、塩ダレの穏やかな旨味と塩気が出汁の味をまとめていて、鶏と野菜の味わいを生かしていた印象。最初の方は魚介の系の旨味も仕込んであるように感じたけど、後半はあまり感じなくなった。
・刺激感とかはない。

■具材
・チャーシュー、糸唐辛子、玉ネギ、青ネギ輪切り。
・チャーシューは豚と鶏の二種類。
・豚チャーシューは、やや厚みのあるレアの肩ローススライス。ムチッと滑らかなレア肉の弾力を感じる歯ごたえがあった。
・鶏チャーシューは、少し厚みのあるムネスライス。噛むとサクッと切れる心地よい歯ごたえに、鶏ムネ肉のあっさりとした旨味をよく感じる味わい。
・糸唐辛子は、スープの味付けが優しいので、口に入ると香味をよく感じた。
・玉ネギは細かめのカット。
・青ネギ輪切りは、香味が強くなくて、スープを飲む際の程よい薬味になっていた。

■全体的な味の感想
・今風の鶏白湯塩ラーメン。
・麺は、ムチッと引き締まった弾力とコシがあって、スープとも合っていた。
・スープは、鶏と野菜の優しい旨味と丸みがあって、塩ダレが出汁の味わいをよく生かしており、上質感があったのが良かった。
・具は、糸唐辛子の香味をよく感じられたのが印象に残った。
・お気に入り度は、最初の印象が4点で、トータルでは4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【呉市】モリス

モリス 【中華そば】

中華そば(630円)

中華そばの麺

■来店の経緯等
・2018年3月、広島県に遠征。2日目の昼に訪問。
・このお店は、1947年(昭和22年)創業の老舗店。
・モリスをブログに書くのは初めてだけど、初訪問は2011年で、7年ぶり、2回目の訪問。

■食べたメニュー
・中華そば(630円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の10時22分頃。シャッターポール(開店前の待ちの先頭)。

モリス

・開店は10時30分。
・壁対面のカウンター席に座り、壁のメニューを見て注文。
・店員さんは4人で、男性1人と女性3人。
・水は出してくれた。
・注文から提供まで3分。

■麺
・四角くて中くらいの太さの麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・薄い色が付いていて加水中くらいの、カンスイが多少効いていて、ムチッと滑らかな張りと弾力を感じてプツンと切れる、割と心地よい歯ごたえ。
・麺の味は、多少の旨味を感じる。
・スープとの絡みは、スープの旨味と塩気が程よくサラッと絡んで、麺をサクッと食べられる感じのバランス。スープの熱さも適度に絡んでいた。

■スープ
・清湯の塩。
・あっさりしていて、油も割と少なめ。
・出汁は、恐らくは清湯獣系ベースに昆布か何かの魚介も入っているかも。あっさりと優しい旨味を感じる味わい。
・タレは、恐らくは塩ベース。
・味付けは、タレの旨味がしっかりしていて、適度な塩気がバランスよく組み合わさっている感じ。
・刺激感とかはない。

■具材
・チャーシュー、メンマ、モヤシ、青ネギ輪切り。
・チャーシューは、やや薄切りの赤身スライス。脂身少なめで少しパサッとしていて、多少の質感があるけど歯切れの良い歯ごたえに、塩系のタレの旨味が効いた昔風の味付け。
・メンマは長方形で細い。やや柔らかめの歯ごたえ。
・モヤシはやや細めで量が少なめ。割と歯切れの良い歯ごたえ。
・青ネギ輪切りはサッパリと優しい風味があって、スープを飲む際に適度な薬味になっていた。

■全体的な味の感想
・あっさりとして旨味のしっかりとしたスープに、心地よい食感の中細麺が組み合わさった清湯塩ラーメン。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【広島市西区】らーめん与壱

らーめん与壱 【らーめん】

らーめん(650円)

らーめんの麺

■来店の経緯等
・2018年3月、広島県に遠征。1日目の晩に初の訪問。

■食べたメニュー
・らーめん(650円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は19時51分頃。外待ち無しの先客4人。

らーめん与壱

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは男性2人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・店内にはサインが多数貼ってあり、石神秀幸氏のサインもあったけど、格闘技選手のサインとか近所の小学生の寄せ書きとかも貼ってあるのがいい感じ。
・麺上げは平ザル。
・注文から提供まで11分。店内は席の後ろが狭いながら、カウンター越しの手渡しじゃなくて、ちゃんと店員さんが席にラーメンを置いてくれた。

■麺
・長方形で四角い、少しウエーブのかかった中細麺。
・色が薄くて加水少し低めの、カンスイ感が強くなくて中身の詰まった粉の質感があって、多少のコシを感じて切れる、キレの良い歯ごたえ。最初の方と較べると、後半は少しだけ柔らかくなってきた印象。
・麺の味は、あっさりとした粉の旨味を感じる。
・スープとの絡みは、油混じりの豚骨出汁のコクと風味が程よく絡んでいた。

■スープ
・白濁した獣系醤油。
・多少の丸みがあるけど粘度は低めで割とサラッとしていて、表面に濁った獣系油が浮かんで薄い層になっている。
・出汁は豚骨メインの獣系。ゼラチン感は控えめで、骨粉感があって表面の油も混じったような獣系出汁のコクを感じる味わい。乳化のクリーミーさとかは控えめだった印象。
・タレの醤油は、多少の厚みがあるけど丸みもあって、コクの主張はそれほど強くない感じ。
・味付けは、タレの旨味が割と穏やかで、豚骨醤油のカテゴリーの中ではやや優しい味に感じたかも。
・刺激感とかはない。
・丼の底には骨粉が多めに溜まっていた。

■具材
・チャーシュー、モヤシ、青ネギ輪切り。
・チャーシューは、少し厚みのある煮豚スライス。脂身付きで、部位はよく分からなかった。適度に柔らかで張りと弾力のある歯ごたえに、割とマイルドで少し甘めの旨味を感じる味付け。
・モヤシは中くらいの太さ。程よく茹でてあって、割と軽快な歯ごたえに、サッパリとした味。
・青ネギ輪切りはやや太めで、優しくて丸みのある味。

■全体的な味の感想
・細かい部分に職人的なこだわりの詰まった豚骨醤油ラーメン。
・麺は中細で、キレの良い歯ごたえがあった。
・スープは、骨粉混じりで割とガチな獣系出汁感があったのが良かった。タレは旨味が穏やかで、個人的にはやや地味に感じた気がしたかも。
・お気に入り度は、スープの骨粉感その他の細かい部分が4.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【広島市中区】中華そば 陽気

中華そば 陽気 【中華そば】

中華そば(600円)

中華そばの麺

■来店の経緯等
・2018年3月、広島県に遠征。1日目の晩に訪問。
・このお店は、1958年(昭和33年)創業の老舗店。
・陽気をブログに書くのは初めてだけど、初訪問は2011年で、7年ぶり、2回目の訪問。

■食べたメニュー
・中華そば(600円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は18時34分頃。外待ち無しの先客3人。

中華そば 陽気

・厨房対面のカウンター席に座り、壁のメニューを見て注文。
・店員さんは3人で、男性1人と女性2人。
・水は冷水機でセルフ。
・注文から提供まで3分。

■麺
・長方形で四角い中細ストレート。細麺寄りの中細。
・少し色が付いていて加水中くらいの、カンスイが少し効いて滑らかに中身の詰まった粉の質感があって、噛むと多少の当たりを感じてサクッと切れる歯ごたえ。茹で加減は固さのない感じ。
・麺の味は、旨味が割としっかりしている。
・スープとの絡みは、豚骨醤油テイストなタレの旨味とコクがよく絡んで、食欲をそそっていた。

■スープ
・白濁した獣系醤油。
・サラッとしていて、表面に多少の油が浮かんでいる。
・出汁は豚骨の獣系で、鶏と野菜も入っている感じ。割とライトで優しい中に、乳化の丸みを多少感じる味わい。
・タレの醤油は、多少のコクがあるけど、丸みがあってカドはない。
・味付けは、醤油ダレの旨味がしっかりしていて、出汁の旨味や丸みと組み合わさっている感じ。
・刺激感とかはない。

■具材
・チャーシュー、モヤシ、青ネギ輪切り。
・チャーシューは、やや薄切りの赤身スライス。脂身が少し付いていて、肉の部分は少しパサッとした質感のある歯ごたえに、昔風のチャーシューっぽい味付け。脂身多めのも一枚混じっていて、脂身のコクを感じた。
・モヤシはやや細め。多少茹でてあって、ポリッとしたコシをやや感じる歯ごたえ。
・青ネギ輪切りはやや細め。

■全体的な味の感想
・昔ながらっぽさを感じる豚骨醤油ラーメン。
・麺はストレートの中細麺で、スープの豚骨醤油テイストなタレの旨味の絡みが印象に残った。
・スープは、割とライトで優しい感じの白濁獣系出汁に、旨味のしっかりとした醤油ダレが組み合わさっていて、出汁とタレとの相性が良くて旨かった。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【広島市西区】らーめん ふじ☆もと

らーめん ふじ☆もと 【らーめん(さんま醤油)】

らーめん(さんま醤油)(900円)

らーめん(さんま醤油)の麺

■来店の経緯等
・2018年3月、広島県に遠征。1日目の昼に訪問。
・このお店をブログに書くのは初めてだけど、初訪問は2011年で、7年ぶり、2回目の訪問。

■食べたメニュー
・らーめん(さんま醤油)(900円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の10時41分頃。シャッターポール(開店前の待ちの先頭)。店外入口の待ちリストに名前を書いて、外で待つ。

らーめん ふじ☆もと

・開店は11時6分。
・壁対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで8分。

■麺
・長方形で四角い、少しウエーブのかかった中細麺。
・薄い色が付いていて加水中くらいか少し高めの、カンスイが効いて滑らかに引き締まったキメの細かな粉の結合感があって、固くはないけどコシをそこそこ感じる歯ごたえ。
・スープとの絡みは、サンマの乾物魚介系の旨味と風味がよく絡んで、結構インパクトのある味わい。味的にはスープの方が強いけど、麺の食感にも主張があるので、強めのバランスが取れていた印象。
・モヤシとの絡みは、細身の麺なのでややモヤシ勝ちに感じたかも。

■スープ
・濁った魚介醤油。
・多少の油が浮かんでいてスープと馴染んでおり、少しだけトロッとした丸みを感じる口当たり。
・出汁は、恐らくは獣系ベースの魚介メイン。獣系は、油混じりのトロミを多少感じる味わいで、乳化感とかはなかった気がした。
・魚介は、サンマの乾物系がメインで、乾物魚介の旨味と風味を濃厚に感じた。麺との絡みでは魚介の旨味と風味をよく感じたけど、スープ自体の味では獣系のトロミもそこそこ存在感があった印象。
・味付けは、醤油ダレの旨味が魚介と組み合わさって旨味を強めていた感じ。
・刺激感とかはない。

■具材
・バラ肉、ウズラの卵、モヤシ、玉ネギ、青ネギ輪切り。
・バラ肉は薄切りスライス。脂身混じりでペラッとしていて適度な質感のある歯ごたえに、多少の旨味を感じる味わいで、スープの魚介の旨味がよく絡んでいた印象。
・モヤシは中くらいの太さ。程よく茹でてあって、茹で湯の水っぽさを少し感じる歯ごたえと味。
・玉ネギは細かいカットで、食感や香味の主張は控えめ。
・青ネギ輪切りは細い。

■全体的な味の感想
・麺に絡む乾物魚介の濃厚な旨味と風味が印象に残った。
・麺は、滑らかに引き締まってコシを感じる中細麺で、スープとのバランスも取れていた印象。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■おまけ
・「らーめん ふじ☆もと」に行く前に、厳島神社へ行ってみた。
(大鳥居)

厳島神社(大鳥居)

厳島神社(大鳥居)

(本殿の遠景)

厳島神社(本殿の遠景)

(東廻廊)

厳島神社(東廻廊)

(平舞台から見た大鳥居)

厳島神社(平舞台から見た大鳥居)

(能舞台)

厳島神社(能舞台)

・広島市内と宮島口の間は、広島電鉄で往復した。

広島電鉄宮島口駅

■お店の情報

【尾道市】つたふじ本店

つたふじ本店 【中華そば(並)】

中華そば(並)(550円)

中華そば(並)の麺

■来店の経緯等
・2014年8月23日(土)、広島県福山・尾道エリアに日帰り遠征。夕方に初の訪問。

■食べたメニュー
・中華そば(並)(550円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は16時53分頃。外待ち無しの先客6人。

つたふじ本店

・厨房対面のカウンター席に座り、壁のメニューを見て注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで8分。レンゲは置いていない。

■麺
・四角くてウエーブのかかった中細麺。
・黄色くて加水中くらいの、表面が滑らかで、中身の詰まったような質感があって張りのある麺質。食感は、固くはないけど密度感のある歯ごたえで、歯切れはややモチャッとしていた印象。
・麺の味は、割としっかりしている。
・スープとの絡みは、スープの表面の油のコクがサラッと絡んでいて、魚介の風味もほのかに絡んでいた気がした。

■スープ
・清湯の醤油。
・ベースはあっさりだと思うけど、表面に豚の油が多めに浮かんでいて、それに加えて背脂も多めに浮かんでおり、結構オイリー。
・出汁は、表面の油が強くてよく分からなかったけど、麺との絡みからすると、魚介が入っているように思った。
・タレの醤油は、旨味があってコクはマイルドに感じた。醤油と組み合わさったようなタレの旨味も多少あったけど、表面の油で丸まっていて、タレの味はそれほど前には出ていなかった印象。
・背脂は量が多くて、麺にも多少絡んでいた。プルッと柔らかな歯ごたえに、旨味を感じる味わいで、肉の付いた背脂も何個か混じっていた。

■具材
・チャーシューはやや厚みのあるモモスライス。3枚とも脂身付きで、バラ等の部位も混じっていたかも知れないけどよく分からなかった。歯ごたえは、脂身はプリッとした弾力があって、肉の部分は柔らかくて弾力があるのと少し引き締まったのが混在していた。味は、肉の部分は旨味のある味付けが効いていて、脂身はコクが強めだった。
・メンマは長方形でやや小さめ。ポリッと滑らかな歯ごたえがあった。
・青ネギ輪切りは、スープの表面の液体油と背脂にやや紛れ気味だった印象。

■全体的な味の感想
・麺は、中身が詰まったような張りのある、黄色くて四角い中細麺で、いわゆる「尾道ラーメン」の低加水な平打ち麺とは違うタイプだった印象。
・スープは、表面に豚の油がガッツリ浮かんでいて、背脂も多めでオイリーな味わい。液体油だけでなく、背脂も結構存在感があった。
・老舗のお店らしい、個性的な味わいなのが良かった。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【尾道市】朱華園

朱華園 【中華そば】

中華そば(600円)

中華そばの麺

■来店の経緯等
・2014年8月23日(土)、広島県福山・尾道エリアに日帰り遠征。昼と夕方の合間の時間に訪問。
・3年ぶり、3回目の訪問。
・ここは、お店自体が観光地化していて、昼時にはかなり混み合っているので、遅めの時間を狙って訪問してみた。

■食べたメニュー
・中華そば(600円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は15時23分頃。外待ち無しの先客25人。

朱華園

・最初に店内入口で注文。「中華そば」を注文し、代金先払いで食券を受け取る。
・壁対面のカウンター席に座る。
・厨房は別室。客室の店員さんは3人で、男性2人と女性1人。
・水は冷水機でセルフ。
・注文から提供まで4分。レンゲは置いていない。

■麺
・平打ちで少し縮れた中太麺。
・加水やや低めの、表面が滑らかで粉の密度感があって、多少のエッジが効いた麺質。食感は、滑らかで中身の詰まったようなコシがあって、噛むとサクッと切れるキレの良い歯ごたえ。
・麺の味は、旨味がしっかりしている。
・スープとの絡みは、スープの醤油のフレッシュなコクがよく絡んでいた。

■スープ
・清湯の醤油。
・あっさりしていて、大小の背脂が多めに浮かんでいて、液体油も少し浮かんでいる。
・出汁は恐らくは獣系。醤油ダレのコクと背脂の丸みが強めで、出汁の味はよく分からない感じだったかも。
・表面の背脂は、大きいのもいくつか入っていて、プルッと柔らかな口当たりに、旨味と丸みのある味わいで、スープの醤油の味と合っていた。
・タレの醤油はやや濃くて、多少の塩気とほのかな酸味も感じる、フレッシュなコクが強めの味。そこにタレの旨味と背脂の丸みが組み合わさっていて、醤油の強さを多少和らげいていた感じ。

■具材
・チャーシューは薄切りのモモスライス。ややガシッと引き締まってしっかりとした歯ごたえに、噛み締めるとほんのりとした肉の味と、味付けのマイルドな旨味を感じる味わい。
・メンマは長方形でやや小さめ。ポリッと滑らかで少ししなやかな歯ごたえに、味付けは強くなくて、少しだけゴマ油か何かの風味と旨味を感じた。
・青ネギ輪切りは、ややスープの表面に馴染んでいた感じだった。

■全体的な味の感想
・麺は、サクッと切れの良い歯ごたえがあって、麺の味も旨かった。麺に絡む醤油のコクはインパクトがあった。
・スープは、醤油のフレッシュなコクが強めで、塩気や酸味も感じる味わいだったけど、その分、背脂の味が引き立っていた印象。出汁はあっさりしていて、とりあえず、魚介系が入っていないのは分かった。
・具は、チャーシューがモモスライスで旨かった。
・お気に入り度は、スープは3.5点ぐらいだったけど、麺が良かったのでトータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【尾道市】めん処 みやち

めん処 みやち 【中華そば】

中華そば(500円)

中華そばの麺

■来店の経緯等
・2014年8月23日(土)、広島県福山・尾道エリアに日帰り遠征。昼に訪問。
・3年ぶり、2回目の訪問。

■食べたメニュー
・中華そば(500円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は13時48分頃。外待ち無しの先客8人。

めん処 みやち

めん処 みやち(のれん)

・壁対面のカウンター席に座り、壁のメニューを見て注文。目当ての「てんぷら中華」が売り切れていたので、デフォの「中華そば」を注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水は出してくれた。
・注文から提供まで3分。

■麺
・四角くてウエーブのかかった、中くらいの太さの麺。
・加水中くらいかやや高めの、表面が滑らかで、粉の結合感があって張りを感じる麺質。食感は、やや高めの茹で加減で、当たりに多少の主張があってザクッと切れるキレの良い歯ごたえ。
・麺の味はやや多加水系で、ほんのりとした粉の旨味と甘味を感じる味わい。
・スープとの絡みはあっさりしている。スープの旨味がサラッと絡んで、麺の味主体で食べる感じ。

■スープ
・清湯の醤油。
・あっさりしていて油は少なめ。
・出汁は、うどんのダシみたいにあっさりしていながら、うどんダシと較べるとややクリアーじゃない感じのテイスト。最初は和風魚介メインなのかと思ったけど、バランス的には出汁感よりもタレの味付けの方が前に出ている印象で、節系とかの素材の風味はあまり感じなかった気がした。ちなみに、後で調べたところ、出汁は鶏ガラ、豚骨、イリコ、カツオだった模様。
・タレの醤油は薄口。タレの旨味と甘味もしっかりしていて、醤油のコクと組み合わさって濃い味になり過ぎずにスープの味をまとめていた。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューはやや薄切りのモモスライス。ガシッとしてややパサッとした強めの歯ごたえに、味付けは強くなくて、噛み締めると昔風の塩コショウ系の味付けをほんのりと感じる味わい。
・メンマは平べったい。ポリッと滑らかな繊維感のある歯ごたえに、味付け控えめであっさりとしたメンマの風味を感じる味わい。
・青ネギ輪切りは、シャリッと優しい歯ごたえがスープを飲む際に程よく主張していた。

■全体的な味の感想
・麺は、やや固めで張りのある歯ごたえで、麺の味も旨かった。スープとの絡みはあっさりしていたけど、麺の旨さで食べられた印象。
・スープは、薄口醤油でうどんダシ風のあっさりテイスト。出汁感は控えめだったけど、味付けもそれほどキツくなかったと思う。
・今回が二回目の訪問で、前回食べた時よりも麺が気に入った気がした。
・お気に入り度は、スープが3点で、トータルでは3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【福山市】めんや 長いち

めんや 長いち 【とんこつラーメン】

とんこつラーメン(600円)

とんこつラーメンの麺

■来店の経緯等
・2014年8月23日(土)、広島県福山・尾道エリアに日帰り遠征。昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・とんこつラーメン(600円)
※メニュー案内には「久留米系九州ラーメン」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は11時59分頃。外待ち無しの先客6人。

めんや 長いち

・厨房対面のカウンター席に座り、壁のメニューを見て注文。メニューは種類が多く、デフォらしき豚骨ラーメンには

 とんこつラーメン
 どとんこつラーメン
 とんこつラーメンストロング

の3種類があったが、今回は初訪なので「とんこつラーメン」を選択。
・店員さんは男性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで9分。

■麺
・四角い細麺ウエーブ。
・白くて加水やや低めの、適度な粉の結合感があって、エッジの効いた麺質。食感は、固くはないけど柔いまでは行かない程度の茹で加減で、多少の滑らかさを感じる当たりがあって、強ゴシ過ぎずにスッと切れる歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりしていて、粉の旨味を多少感じる味わい。
・スープとの絡みは、ややあっさりしている。スープの骨粉感と呼び戻しのコクがサラッと絡んで、麺の味とのバランスは取れていた印象。

■スープ
・白濁した豚骨。
・割とサラッとしているけど、ほんの少しだけトロッとしていて、油がそこそこ入っている感じ。
・出汁は豚骨の獣系。ゼラチンというより乳化した油でトロッとしたような口当たりがあって、ノド越しは少しネトッとした粘度を感じた。味的には、ややラードのコクが主張してモタッとしていて、そこに骨粉感が組み合わさったような味わい。呼び戻しのコクも多少あって、麺には割と絡んでいたけど、スープ自体の味では呼び戻し感はややマイルド気味に感じたかも。
・タレは味付け控えめで、ベースは塩か薄い醤油かよく分からない感じ。タレの旨味も多少あるけど強くはなくて、タレの味よりも出汁や油のコクを生かしていた印象。
・味変化用に、紅ショウガや辛味等のテーブルトッピングが用意してあったけど、今回は使わなかった。
・塩辛さや刺激感はない。
・スープを完食すると、丼の底に骨粉が多めに溜まっていた。

■具材
・チャーシューはやや厚切りの赤身スライス。部位は恐らくは肩ロースか。脂身少なめながら固くはなくて、肉のパラッとした繊維感のある歯ごたえに、味付けマイルドで多少の豚っぽさのある味わい。
・キクラゲは細長いカット。滑らかな弾力があってパリッと歯切れの良い歯ごたえ。
・青ネギ輪切りは細め。白ネギ混じりで、優しいながら中身の詰まったような歯ごたえに、あっさりとした風味があった。

■全体的な味の感想
・麺は、低加水の細麺で、歯ごたえが強すぎずに、スープの呼び戻しのコクと程よく絡んでいてバランスが取れていた印象。
・スープは、油のコクと骨粉感とが組み合わさったような味わいで、最初のインパクトはあまり強くなかったけど、食べている内にだんだん旨いと思ってきた。
・メニュー案内には久留米系と書いてあったけど、麺が細麺だったので、個人的には、久留米系と博多系の中間みたいなテイストに感じたかも。
・お気に入り度は、最初の印象が4点で、後半が4.5点、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2016年9月18日全国47都道府県ラーメン食べ歩き達成。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2018年 04月 【21件】
2018年 03月 【38件】
2018年 02月 【11件】
2018年 01月 【26件】
2017年 12月 【18件】
2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【12件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【21件】
2017年 07月 【30件】
2017年 06月 【15件】
2017年 05月 【20件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ