【鳥取市】拉麺本家夢屋 扇町店

拉麺本家夢屋 扇町店 【夢屋のカレーらーめん】

夢屋のカレーらーめん(734円)

夢屋のカレーらーめんの麺

■来店の経緯等
・2016年5月、中国地方に遠征。3日目の晩に初の訪問。
・このお店は、鳥取県のローカルチェーン店。鳥取駅の近くにあったので、今回の遠征のラストで訪問してみた。

■食べたメニュー
・夢屋のカレーらーめん(734円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は19時17分頃。外待ち無しの先客12人。

拉麺本家夢屋 扇町店

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは3人で、男性2人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・店内に本棚があって、漫画が置いてあった。
・注文から提供まで6分。

■麺
・四角くて縮れた、細麺か中細麺。
・加水中くらいか少し低めの、軽快な密度感のある粉の張りがあって、細身でやや角が丸まった感じの麺質。食感は、固さのない程よい茹で加減で、サクッとしてプツンと切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、カレーの味の方が強くてよく分からないけど、あっさりとした旨味があったと思う。
・スープとの絡みは、カレーの旨味と辛味と風味がよく絡んで、カップヌードルのカレー味を少し思い出す感じのテイスト。
・前半は麺単体で食べて、後半はモヤシや白髪ネギを麺に絡めて食べてみた。カレースープとの組み合わせの妙で、麺の方がモヤシの旨さを引き立てていた印象。

■スープ
・カレー。
・割とサラッとしているけど、少しだけ丸みのある口当たり。表面に色の付いた油が浮かんでいるけど、それほどコッテリはしていないと思う。
・出汁は、カレーの味が強くてよく分からない感じで、恐らくはあっさり系の獣系ベースか。
・カレーは、旨味と辛味と風味とのバランスが取れていて、スパイシー過ぎずマイルド過ぎずのよく整った味付け。表面の赤い油の効果か、少しだけキレの良い辛さを感じたけど、それほど辛口ではない感じ。
・どちらかというと、スープ自体の味よりも、麺や野菜との絡みで映えるタイプに感じた。

■具材
・チャーシューは、小さな短冊切りが何個か。脂身混じりで、部位はバラだと思う。柔らかい歯ごたえに、旨味のある味付けと脂身の甘いコクとが組み合わさった味わい。
・味玉は、黄身が柔らかめの半熟で、マイルドな旨味を感じる味付け。
・モヤシは太め。程よく茹でてあり、パリッと軽快な張りを感じる歯ごたえがあって、カレースープとも合っていた。
・白髪ネギは、シャリッとした張りがあって割としっかりした歯ごたえ。モヤシと混ぜてスープに絡めて食べても、モヤシとは違う食感の主張があった。

■全体的な味の感想
・麺は、細身の縮れ麺で、スープとの絡みは、カレーの味と風味がよく絡んで、カップヌードルのカレー味を少し思い出すテイストがあった。
・スープは、割とサラッとしていて出汁感は控えめで、カレーの旨味と辛味と風味とのバランスが取れた味付け。スープ自体の味よりも、麺や野菜との絡みで映えるタイプに感じた。
・具は、モヤシと白髪ネギがスープと合っていた。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報
スポンサーサイト

【倉吉市】ラーメン幸雅

ラーメン幸雅 【なつ旨ラーメン】

なつ旨ラーメン(580円)

なつ旨ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年5月、中国地方に遠征。3日目の夕方に初の訪問。

■食べたメニュー
・なつ旨ラーメン(580円)
※メニュー案内には「一番人気」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は17時15分頃。外待ち無しの先客11人。

ラーメン幸雅

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは3人で、男性2人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで12分。

■麺
・四角くて少し縮れた、中細か中くらいの太さの麺。
・色が薄くて加水中くらいか少し高めの、表面がツルッと滑らかで、カンスイが少し効いて水を含んだ、適度に引き締まった粉のふくらみと結合感があって、やや角張った麺質。食感は、ヤワさのない程よい茹で加減で、噛むと滑らかで中身の詰まった当たりがあって、ムチッとしたコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりとした粉の旨味を程よく感じる味わい。
・スープとの絡みは、表面の油の風味とコクがよく絡んでいた。スープの塩気も少し絡んでいたけど、油の方が強かった印象。

■スープ
・清湯の牛骨白醤油。
・表面に獣系の油の層があって、かなりオイリーな口当たり。
・出汁は、恐らくは牛骨の獣系メイン。油の味の方が強くて、出汁感はよく分からなかったかも。
・表面の油は牛の油メインで、油の甘いコクと風味と丸みが強めに効いていた。
・タレは、メニュー案内では白醤油と書いてあった。多少の塩気があって、旨味のしっかりとした味付けで、バランス的には表面の油の味の方が前に出ていた印象。
・ピリッとした刺激感はなかったと思う。

■具材
・チャーシューはやや厚切りのバラスライス。脂身混じりでやや引き締まった弾力を感じる歯ごたえに、味付け控えめで、あっさりとした肉の旨味と脂身のコクとが組み合わさった味わい。
・メンマは長方形。ポリッとした歯ごたえに、あっさりとした味。
・モヤシは中くらいの太さで、本数少なめ。
・青ネギ輪切りは、多少のシャリッとした歯ごたえがあったけど、バランス的にはスープの油の方が強かったかも。
・ナルトは、薄切りスライスが二枚入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、少し縮れた中くらいの太さの麺で、表面がツルッと滑らかで、中身が詰まってムチッとしたコシを感じる歯ごたえがあった。スープとの絡みは、表面の油の風味とコクがよく絡んでいた。
・スープは、たまたまのブレかも知れないけど、表面の獣系油が多めで層になっていて、牛の油の甘いコクと風味が強めに効いた、かなりオイリーな味だった。
・個人的には、麺は良かったけど、スープはバランス的に油が強すぎて、牛骨の出汁感がやや感じ難かったかも。
・お気に入り度は、麺が3.5点、スープの油感が3点で、トータルでは3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【東伯郡琴浦町】香味徳 赤碕店

香味徳 赤碕店 【牛骨ラーメン並】

牛骨ラーメン並(550円)

牛骨ラーメン並の麺

■来店の経緯等
・2016年5月、中国地方に遠征。3日目の昼と夕方の合間の時間に初の訪問。

■食べたメニュー
・牛骨ラーメン並(550円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は15時55分頃。外待ち無しの先客12人。

香味徳 赤碕店

・テーブル席に座り、メニューを見て注文。
・厨房は別室。ホールの店員さんは女性1人。
・水は出してくれた。お代わりは冷水機でセルフ。
・紙オシボリを出してくれた。
・注文から提供まで5分。

■麺
・四角くて中くらいの太さの縮れ麺。
・色が薄くて加水中くらいの、表面はツルッとはしていないけど滑らかで、多少カンスイの効いた粉のふくらみと程よく引き締まった密度感があって、角張った麺質。食感は、少し固めに感じる茹で加減で、縮れ感のある口当たりがあって、噛むとムチッと中身の詰まったコシを感じて切れるような歯ごたえ。
・麺の味は、強い味ではないけど、あっさりとした中に適度な旨味を感じる味わいで、食べている内にだんだん麺の旨さが分かってきた印象。
・スープとの絡みは、スープのピリッとした塩気というかパンチが程よく絡んでいた。

■スープ
・清湯の牛骨醤油。
・あっさりしていて、表面に多少の油が浮かんでおり、少し丸みのある口当たり。
・出汁は、恐らくは牛骨の獣系。最初の方はタレの方が強くて出汁感はあっさりに感じたけど、途中から、だんだん油混じりの牛骨の甘い風味と味わいをほんのりと感じてきた。
・タレは、最初は塩ベースに感じたけど、薄口醤油だった模様。醤油のコクはかなり控えめで、ピリッとした塩気がよく効いていて、そこに旨味が組み合わさった味付け。

■具材
・チャーシューは、やや厚切りの肩ローススライス。脂身混じりでムチッと引き締まった弾力を感じる歯ごたえに、味付けあっさりで脂身の甘味が組み合わさった味わい。
・茹で卵は、少し厚みのあるスライス。黄身は固めに茹でてあるけど、スープに馴染んで柔らかくなっていた。スープの味付けも絡んでいた。
・メンマは長方形。コリッとした繊維感と張りを感じる歯ごたえに、あっさりとした味付け。
・モヤシは中くらいの太さ。適度に柔らかく茹でてあって、パリッと優しい張りのある歯ごたえがあった。
・その他、青ネギ輪切りが乗っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、中くらいの太さの縮れ麺で、噛むとムチッと中身の詰まったコシを感じて切れるような歯ごたえがあった。麺の味は、あっさりとした中に適度な旨味があって、食べているうちに、だんだん麺の旨さが分かってきた印象。
・スープは、あっさりとした清湯の牛骨薄口醤油。最初の方は、タレのピリッとした塩気がメインの味に感じたけど、途中から、牛骨の油混じりの甘い風味と味わいもほんのりと感じてきた。
・お気に入り度は、最初の印象が3.5点、後半が4点で、トータルでは3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【米子市】満洲味

満洲味 【ラーメン】

ラーメン(650円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年5月、中国地方に遠征。3日目の昼に初の訪問。
・このお店は、昭和21年創業の、鳥取牛骨ラーメン発祥のお店ということで、興味を持ち訪問してみた。

■食べたメニュー
・ラーメン(650円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は13時39分頃。外待ち無しの先客16人。

満洲味

・テーブル席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは女性4人。
・水は出してくれた。お代わりは冷水機でセルフ。
・店内には、ガリガリガリクソン氏のサインが飾ってあった。
・注文から提供まで5分。

■麺
・四角い中太ストレート。
・少し黄色くて加水中くらいの、カンスイが多少効いて卵も入ったような、滑らかな密度感のある粉の張りとボリューム感があって、角張った麺質。食感は、ヤワさのない程よい茹で加減で、中身の詰まった感じの当たりがあってザクッと切れる、麺を噛んでる感のある噛み心地のよい歯ごたえ。
・麺の味は、強めでしっかりしている。卵も入っているかも。
・スープとの絡みは、スープの旨味と表面の油が適度に絡んで、麺の味を引き立てていた。どちらかというと、麺の味が主役のバランス。

■スープ
・少し濁った獣系醤油。
・ベースはあっさりながら、表面にサラッとした獣系の油が多めにガッツリと浮かんで層になっている。
・出汁は、恐らくは牛の獣系メインで、野菜系も入っているかも。バランス的にはタレの方がやや強い感じの、表面の油混じりの牛骨っぽい風味を多少感じる味わい。
・表面の油は量が多いながら、コクや風味は強すぎずに、スープの味付けとバランスが取れている感じ。
・タレの醤油はやや濃いめで、塩気もそこそこあるけど、タレの旨味と組み合わさっていて、カドはない。
・味付けはやや濃いめで、タレの旨味と醤油の塩気がしっかりしていて、表面の油の丸みとバランスしていた。
・ピリッとした刺激感はない。

■具材
・チャーシューはやや厚切りのモモスライス。ややパサッとした肉の弾力があって厚みを感じる歯ごたえ。味は、あっさりとした肉の味の上に多少のタレの味付けがプラスされた感じの味わい。
・メンマは平べったい。滑らかな繊維感のある歯ごたえに、昔ながらの味付けメンマらしさのあるやや強めの味付け。
・白ネギ輪切りは、シャリッとしたフレッシュな張りを感じる歯ごたえに、適度な風味があって、油多めのスープの薬味になっていた。

■全体的な味の感想
・麺は、四角い中太のストレート麺で、中身の詰まった感じの当たりがあってザクッと切れる、噛み心地のよい歯ごたえがあった。麺の味も強めでしっかりしていて、スープとの絡みは、どちらかというと麺の味が主役のバランスだった。
・スープは、表面に油がガッツリと浮かんで層になっていて、醤油ダレの旨味と塩気がしっかりしていて、そこに牛骨出汁の油混じりの風味を多少感じる味わい。油の量はかなり多かったけど、油のコクや風味は強すぎずに、スープの味付けとバランスが取れている感じ。
・昔風で、ソウルフード感満載の牛骨醤油ラーメン。個人的には、麺が気に入った。
・お気に入り度は、麺が4点、スープが3.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【米子市】麺屋無双

麺屋無双 【牛骨ラーメン】

牛骨ラーメン(650円)

牛骨ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年5月、中国地方に遠征。3日目の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・牛骨ラーメン(650円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は12時47分頃。外待ち無しの先客28人。

麺屋無双

・壁対面カウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは4人で、男性2人と女性2人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで16分。

■麺
・四角い中細縮れ。
・色が薄くて加水中くらいか少し高めの、表面が滑らかで、水を含んだ粉の張りと、程よく優しい結合感のある麺質。食感は、やや柔らかめの茹で加減で、縮れ混じりのモチッと優しい当たりがあって、噛むとプツッと切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、少し水を含んであっさりとした粉の旨味とほのかな甘みを感じる味わい。
・スープとの絡みは、スープの牛出汁の甘旨さが程よく絡んでいて、麺の味とのバランスも取れていた。

■スープ
・清湯の牛塩。
・あっさりしていて、表面に多少の油が浮かんでいる。
・出汁は、恐らくは牛の獣系メイン。油頼みではない、適度な甘いコクと旨味を感じる、牛骨の出汁感のある味わい。
・表面の油はそこそこあったけど、油のコクの主張は強すぎずに、牛の出汁とのバランスが取れていた印象。
・タレの塩は、塩のコクがマイルド。
・味付けは、タレの旨味が程よく効いていて、出汁の甘いコクと組み合わさって旨味を強めていた。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは厚切りの巻きバラスライス。肉の部分は、固くはないけど多少引き締まって表面が部分的にカリッとしていて、脂身と組み合わさった弾力を感じる歯ごたえ。味は、旨味のある醤油系のタレの味付けと脂身の甘味が組み合わさっていた。
・メンマは平べったい。滑らかな繊維感のある歯ごたえに、タケノコらしさを感じる味付け。
・モヤシはやや太め。よく茹でてあって、柔らかな張りを感じる歯ごたえ。
・海苔は、スープ表面の油の風味が絡んでいた。
・青ネギ輪切りは、スープを飲む際に多少の歯触りがあった。
・その他、白ネギの小さいカットと糸唐辛子が入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、茹で加減やや柔らかめの中細縮れ麺で、モチッと優しい当たりがあって、噛むとプリッと切れる感じの歯ごたえがあった。スープとの絡みは、牛出汁の甘旨さが程よく絡んでいた。
・スープは、牛骨出汁の適度に甘いコクと旨味があって、塩ダレの味付けや油の主張は強すぎずに、シンプルで出汁感のしっかりした味わい。油よりも牛の出汁が主軸になっていたのが良かった。
・お気に入り度は、最初の印象が4点、最後の方が3.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【倉吉市】ラーメンいのよし

ラーメンいのよし 【しょうゆラーメン】

しょうゆラーメン(500円)

しょうゆラーメンの麺

■来店の経緯等
・2013年4月、山陰旅行の3日目の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・しょうゆラーメン(500円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着は12時54分頃。外に15人待ち。
・到着から16分待ちで入店。店内4人待ちで、店内の待ち用椅子は4席なので、立って待った。
・入店から14分後に店内待ち用の椅子が空いたので、座って待つ。
・店内は、入口側と奥の2部屋に分かれており、入口側の部屋には厨房と厨房対面カウンター席があり、奥の部屋にはテーブル席と小上り席がある。
・店内には「広見製麺」の麺箱が置いてあった。
・店員さんは男性3人。
・店内で待っている間に先に注文を聞かれて、「しょうゆラーメン」を注文。
・到着から40分後、入店から24分待ちで、奥の部屋のテーブル席に座る。
・水は出してくれた。お代わりはテーブルのポットでセルフ。
・冷たいオシボリを出してくれた。
・注文から着丼まで5分。

■麺
・中太の縮れ。
・ツルツル、シコシコと滑らかで、エッジ感はあまり無い麺質。食感は固くなくて、ややモチャッとした主張控えめの歯ごたえ。
・麺の味はあっさりしている。
・スープとの絡みはあっさりしている。スープの甘味と牛脂のコクがサラッと絡む。

■スープ
・清湯の牛醤油。
・あっさりしていて、牛の油が多めに浮いている。
・出汁は牛ベースで、牛脂のコクと旨味が強めの味わい。店内で見た説明書きでは野菜も使っているとの事だったが、牛脂のせいか、野菜の出汁感は控えめだった気がした。
・タレの醤油は甘旨で、味付けは濃くはないが旨味がしっかりしている。
・塩辛さや刺激感は無い。

■具材
・チャーシューはバラのスライスで、旨味強めの塩系の味付け。
・メンマは平べったい。しなやかで柔らかい歯ごたえに、濃いめで旨味のある味付け。
・太モヤシは、シャキッとキレの良い歯ごたえで、麺と絡むとモヤシの方が勝つ感じだが、モヤシ自体は旨かった。
・ネギ輪切りもシャキッとしていたが、太モヤシの印象の方が強かったかも。

■全体的な味の感想
・麺はあっさりと優しい味わいで、個人的には、もう少しキレが欲しい気がした。
・スープは、牛脂の効いた甘旨テイストで、旨味のしっかりした分かりやすい味。麺との絡みよりも、スープ自体の味の方が旨味の印象が強かった。個人的には、牛脂が強過ぎて出汁の繊細な味わいがやや分かり難かったかも。
・具は、太モヤシが旨かったけど、バランス的に麺に勝ち気味だったと思う。
・同じ鳥取牛骨ラーメンながら、すみれ飲食店とはいろいろ違っていて、この系統も奥が深いと思った。

■お気に入り度: ★★★☆- (3.3点)

ラーメンいのよし(食後に撮影)

■お店の情報

【東伯郡琴浦町】すみれ飲食店

すみれ飲食店 【ラーメン】

ラーメン(550円)

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2013年4月、山陰旅行の3日目の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・ラーメン(550円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客7人。

すみれ飲食店

・テーブル席に座り、メニューを見て「ラーメン」を注文。
・店員さんは女性3人。
・水は出してくれた。お代わりは冷水機でセルフ。
・注文から着丼まで6分。

■麺
・中くらいの太さの四角い縮れ麺。
・表面がツルッとして滑らかで、優しいエッジ感のあるしっかりした麺質。食感は、固くはないが縮れ麺らしい優しい弾力としなやかなコシのある歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりしていて粉の甘味を感じる。
・スープとの絡みは良好。スープの牛の甘味が程よく絡んで、麺の旨さを引き立てる。

■スープ
・清湯の牛醤油。
・あっさりしていて、油が少し浮かんでいる。
・出汁は牛の獣系。牛骨ベースに、あっさり甘い牛脂混じりの牛のコクと野菜の煮汁を感じる味わい。牛脂の甘味はあるけど、油っぽさはそれほど強くなかったと思う。
・タレの醤油は甘めで、出汁との組み合わせはコンソメテイスト。
・味付けは濃くはないが、スープの温度が高いこともあって、ほのかにピリッとした強めの味わい。麺との絡みでは牛のコクと甘味がよく絡むが、スープ自体の味は、あっさりながらややタレが強めに感じた。
・塩辛くはない。

■具材
・肉は、豚スライスの煮込み。脂身混じりで柔らかい歯ごたえに、あっさりとして甘い味付け。スープの牛脂のコクが絡んでおり、一瞬牛肉かと思った。
・メンマは平べったい。滑らかでしっかりした歯ごたえ。
・細モヤシは、シャキッとしっかりめの歯ごたえで、食感がいいアクセントになっていた。

■全体的な味の感想
・麺は結構良かった。麺とスープの牛のコクとの絡みも個性的で素敵。
・スープは、飲んだ時の味よりも、麺との絡みの方に甘いコクをより強く感じた。
・昔風のラーメンながら、キャラがきちんと立っていて、良く出来ていると思った。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5点)

■お店の情報
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ