【天理市】彩華ラーメン 本店

彩華ラーメン 本店 【サイカラーメン 小+スタミナ丼】

彩華ラーメン 小(1玉)(699円)

彩華ラーメン 小(1玉)の麺

■来店の経緯等
・2018年2月17日(土)の昼に初の訪問。
・「彩華ラーメン」は、1969年(昭和43年)の創業で、現在の本店は2007年(平成19年)のオープン。
・本店は初訪問だけど、彩華ラーメン自体には昔から何度も訪問している。

■食べたメニュー
・彩華ラーメン 小(1玉)(699円)
・スタミナ丼(669円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は13時29分頃。外待ち無しの先客多数。

彩華ラーメン 本店

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは見える範囲で10人。男性5人と女性5人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文からラーメンの提供まで4分。スタミナ丼は遅れての提供。

■麺
・長方形で四角い、ウエーブのかかった中細麺。
・多少黄色くて加水中くらいの、カンスイがよく効いて滑らかに引き締まった質感のある歯ごたえ。茹で加減は、少し固めというか、ヤワさのない感じ。
・スープとの絡みは、スープの熱さと表面の油混じりのパンチがよく絡んで、麺の味を引き立てていた。

■スープ
・清湯の醤油。
・温度高めで、表面にサラッとした油がそこそこ浮かんでいる。
・出汁は、恐らくは清湯獣系で、あっさりしている。
・タレの醤油は、適度な旨味があって、カドはない。
・味付けは、醤油ダレの旨味に、刻み生ニンニクの香味と油の熱さが組み合わさって、パンチが効いていた印象。ニンニクの香味はデフォでもそこそこ効いていたけど、ラージャン(辣醤)の辛味はデフォだとそれほど強くなかった気がしたかも。
・スタミナ丼を食べた後、残っていたスープを飲んでみたところ、温度が低下してパンチも弱まっていた。

■具材
・野菜、豚肉。
・野菜は、白菜、ニラ、ニンジンで、白菜メイン。注文毎じゃなくて予めまとめて煮てある感じ。
・白菜は、一口サイズのカットで、少し柔らかめの歯ごたえ。
・ニラはクタッとしていて、ニンジンは細長いカット。ニラとニンジンは、存在感控えめだったかも。
・豚肉は、やや薄切りで一口サイズのが2切れぐらい入っていた。

■スタミナ丼

スタミナ丼(669円)

・スタミナ丼は、白ご飯の上にタレで炒めた肉と野菜の具が乗っていて、別容器のスープ付き。
・白ご飯は、ラーメンのサイドメニュー向けのボリュームで、単品の丼ものとしてはやや量が少なく感じた気がした。
・具は、豚肉、玉ネギ、ニラで、豚肉メイン。甘辛旨いタレで炒めてあって、辣醤とかの辛味は入っていなかったと思う。
・豚肉は、やや薄切りで、脂身が多すぎずに肉の部分とのバランスが取れていて、適度に柔らかな肉の質感のある歯ごたえ。
・玉ネギはやや細長いカットで、程よく熱が入っていサッパリと優しい甘味が豚肉と合っていた。
ニラは主張控えめで、見た目の彩りになっていた感じ。
・別容器のスープは醤油味で、多少の油が浮かんでいた。ニンニクや辣醤は入っておらずに、薄くはないけど、ラーメンと較べるとパンチを感じない味付け。

■全体的な味の感想
・スープは、油の熱さとニンニクの香味が醤油ダレの旨味と組み合わさって、パンチの効いた味付け。寒い時期に食べると身体が暖まる感じなのが良かった。
・具は白菜メインで、予めまとめて煮てあるのか、少し柔らかめに感じた。個人的には、もう少しシャキッとしている方が好みかも。
・スタミナ丼は、具が豚肉メインの甘辛旨い味付けで、ご飯のボリュームはサイドメニューサイズだった印象。
・お気に入り度は、最初の印象が3.5点、スープのパンチが4点で、トータルではスタミナ丼込みで3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報
スポンサーサイト

【奈良市餅飯殿町】若草カレー本舗

若草カレー本舗 【カレーラーメン(小ライス付き)】

カレーラーメン 小ライス付(880円)

カレーラーメンの麺

■来店の経緯等
・2017年12月2日(土)の昼、2か月半ぶり、2回目の訪問。
・このお店は、奈良の「もちいどのセンター街」にあるカレー店。ブログに書くのは初めてで、前回訪問時にはラーメン以外のカレーメニューを食べた。

■食べたメニュー
・カレーラーメン 小ライス付(880円)
※メニュー案内には「スープベースが若草カレーのラーメンです。豚肉と半熟玉子、オニオンピクルス、ナッツオイル入りです。」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は11時43分頃。外待ち無しの先客6人。

若草カレー本舗

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは5人で、男性1人と女性4人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで8分。

■麺
・四角くて少しウエーブのかかった中細麺。
・色が薄くて加水中くらいか少し低めの、カンスイ感が控えめで、噛むと多少の粉の密度を感じながら切れる歯ごたえ。茹で加減は、ヤワくはないけど固くもない感じ。
・麺の味は、あっさりとした粉の旨味を感じる。卵は入っていないかも。
・スープとの絡みは、最初の方はややあっさりで、麺の味が主役のバランスに感じたけど、途中からカレーのスパイシーさがジワジワと舌に来て、カレーの存在感が強まってきた印象。

■スープ
・獣系野菜カレー。
・少しだけトロッとしていて、油はそれほど多くない感じ。
・出汁は、お店の案内書きによると鶏の獣系と野菜系の模様。野菜由来の優しいトロミと獣系の旨味が、カレーを支える味のベースになっている感じ。
・カレーは辛さ中くらい。最初から辛さや刺激がガツンとは来ないけど、食べている内に徐々にスパイシーさを感じるタイプで、ベースの旨味や丸みとカレーのスパイス感とのバランスが取れていた印象。
・野菜系の風味も少し感じた気がした。
・トッピングのナッツオイルは、よく分からなかったかも。

■具材
・豚肉、ミンチ、半熟卵、オニオンピクルス。
・豚肉はやや薄切りのバラスライス。適度に煮込まれている感じで、柔らかな弾力のある歯ごたえに、カレーと馴染んだ感じの味付け。
・ミンチは恐らくは鶏肉で、初めからカレースープの中に混ざり込んでいた感じ。
・半熟卵は、黄身と白身のどちらもトロッと柔らかくて、カレーに混ぜずに食べた。
・オニオンピクルスは薄切りスライス。多少の水気があってシャリっと軽快な歯ごたえに、ピリッとした主張のある香味を多少感じる味わいで、付け合わせとしていい感じだった。

■小ライス

小ライス

・麺と具を食べた後、小ライスを残ったスープにダイブしてみた。
・カレースープは、ライス用のカレーとしても行ける感じで、ライスとの相性的には、麺の時と較べて少しだけマイルドに感じた気がした。

■全体的な味の感想
・カレー店のラーメンということで、あまり期待していなかったけど、想像していたより旨かった。
・ラーメンとして旨いというよりは、カレー料理として旨かった印象。
・麺も、ラーメン専門店じゃないお店の麺としては割と良かったし、カレーとも合っていたと思う。
・具は、オニオンピクルスがいいアクセントになっていた。
・お気に入り度は、最初の印象が3.5点で、トータルでは最後のライスダイブ込みで4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【奈良市富雄元町】ラーメン家 みつ葉

ラーメン家 みつ葉 【鯛豚骨 塩】

鯛豚骨 塩+みつもりROCK

鯛豚骨 塩(900円)

鯛豚骨 塩の麺

■来店の経緯等
・2017年11月19日(日)の昼、1か月ぶり、31回目の訪問。
・この日は、このお店で「みつもりHOUSE(みつ葉×モリン)」コラボの「鯛のままにわがままに、僕は豚だけを炊きつづけたい 2」営業が開催されるとの告知があったので、訪問してみた。

■食べたメニュー
・コラボ限定の「鯛豚骨 塩」(900円)
(180食限定)
・コラボ限定サイドメニュー「みつもりROCK」(600円)
(10食限定)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前。シャッターポール(開店前の待ちの先頭)。
・券売機のオープンは7時56分。店内入口の券売機で食券を買う。
・店員さんに整理券を渡され、10時までに戻ってくるよう案内される。
・お店に戻ってきたのは9時59分頃。既に開店しており、待ち無しで入店。
・厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。
・店員さんは男性6人。厨房の担当は4人で、後の2人はお客の案内を担当。
・厨房にはみつ葉の店主さんとモリンの店主さんがいた。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・入店から提供まで9分。

■麺
・平打ちでウエーブのかかった極太麺。
・少し色が付いていて加水少し高めの、表面が滑らかで、プルッと中身の詰まった粉の結合感があって、噛むと多少のコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、旨味がしっかりしていて、卵も入っている感じ。
・スープとの絡みは、スープのトロミと旨味と出汁の風味がよく絡んで、麺とのバランスも良好だった。獣系出汁の風味と魚介系の風味がバランスよく絡んで、食欲をそそる味わい。

■スープ
・白濁した獣系魚介塩。
・少しトロッとしていて、多少の油が溶け込んでいる。
・出汁は獣系と魚介で、どちらかというと獣系メイン。獣系は豚骨メインで、鶏も入っているかも。ゼラチン感が少しあって、トロッとクリーミーな丸みと適度なコクを感じる、みつ葉テイストの獣系白湯テイスト。
・魚介は、メニュー案内では鯛だったけど、タレ由来か、鯛以外の乾物魚介も感じた気がした。というか、鯛のアラを使った鮮魚系じゃなくて、鯛煮干の出汁なのかも。獣系とのバランス的に鯛感は割と控えめで、乾物魚介っぽい旨味の中に、鯛か何かの優しい味をほんのりと感じた印象。
・タレの塩は、塩のカドがない。
・味付けは、塩ダレの旨味があって、魚介の旨味と組み合わさった、穏やかながら旨味のしっかりとした味。
・刺激感とかはない。

■具材
・チャーシュー、味玉、穂先メンマ、青ネギ輪切り。
・チャーシューは、バラと肩ロースの二種類。
・バラチャーシューは、レアのやや薄切りスライス。みつ葉のデフォのチャーシューと似た感じで、食べた時点ではスープの熱が入っていた。
・肩ロースもレアのやや薄切りスライスで、バラよりも大きかった。しっとりと滑らかで心地よいレア肉の歯ごたえに、タレの味を多少感じる味付けで旨かった。
・味玉は黄身がトロッと半熟で、味付けが卵の濃厚さを引き立てている感じ。
・穂先メンマは、サクッと軽快な歯ごたえ。
・青ネギ輪切りは小口で細い。

■みつもりROCK

みつもりROCK(600円)

・白ご飯の上に、レアチャーシュー、カイワレ、生卵をトッピングして、タレをかけてある。卵黄を潰してチャーシューに絡めてから食べた。
・レアチャーシューは、やや薄切りで大きめの肩ローススライスで、恐らくはラーメンの具と同じものを使用。丼の上に折り重なって乗っており、枚数は数えていないけど結構ボリュームがあった。滑らかで心地よいレア肉の質感があって、卵黄のコクやタレとの相性も良好だった。
・タレは醤油ベースで、甘味はなくて、キリっとフレッシュなパンチを感じる味付けで、酸味も少し感じた気がした。生卵と共に、レアチャーシューと白ご飯の味をまとめる役割を果たしていた。

・後半、丼のフチのワサビをチャーシューにまぶして味変化してみた。バランス的に、ワサビの刺激感は割と控えめで、タレと組み合わさって多少のアクセントになっていた。

■全体的な味の感想
・幅広平打ち麺に絡む、獣系出汁の風味と魚介の風味とのハーモニー感がいい感じ。
・獣系魚介塩のスープは、どちらかというと獣系メインで、鯛感はよく分からなかったけど、そういうのは問題に感じないくらい旨かった。
・みつもりROCKは、白ご飯の上に肩ロースのレアチャーシューがてんこ盛りに乗っていて、生卵を絡めて食べるといい感じだった。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

「鯛のままにわがままに、僕は豚だけを炊きつづけたい 2」営業の暖簾

■お店の情報

【奈良市西大寺栄町】鳥貴族 近鉄西大寺店

鳥貴族 近鉄西大寺店 【濃厚魚介豚骨ラーメン】

濃厚魚介豚骨ラーメン(288.9円)

濃厚魚介豚骨ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2017年11月の平日の晩に訪問。
・ブログに書くのは4年9か月ぶりだけど、その間にも何回か訪問している。
・今回は、10%割引のクーポンをゲットしたので訪問してみた。

■食べたメニュー
・金麦(大)(288.9円)×2
※クーポン利用により、定価(321円)の10%引き(以下同じ)
・2017年秋冬新メニュー「デビルホットチキン」(288.9円)
・もも貴族焼(たれ)(288.9円)
・2017年秋冬新メニュー「もも肉パワフルガーリック焼」(288.9円)
・2017年秋冬新メニュー「鶏肉豆腐」(288.9円)
・トリキの唐揚(288.9円)
・2017年秋冬新メニュー「鶏そぼろ丼」(288.9円)
・2017年秋冬新メニュー「吉野物語 栗ロック」(288.9円)
・濃厚魚介豚骨ラーメン(288.9円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無し。
・待ち無しで2人掛けのテーブル席に案内されて座る。
・紙オシボリはテーブルに置いてあった。
・最初の注文は、「金麦(大)」、「デビルホットチキン」、「もも貴族焼(たれ)」。

金麦(大)(288.9円)

・デビルホットチキンは、手羽先に辛味とメイプルソースの組み合わせで、割と斬新な一品。結構パンチのある辛さが、メイプルソースの甘さとバランスしていた印象。

2017年秋冬新メニュー「デビルホットチキン」(288.9円)

・もも貴族焼(たれ)は、モモ肉とネギと甘旨いタレとのハーモニー感がいい感じ。

もも貴族焼(たれ)(288.9円)

・次の注文は、「金麦(大)」お代わりと、「もも肉パワフルガーリック焼」、「鶏肉豆腐」。

金麦(大)(288.9円)2杯目

・もも肉パワフルガーリック焼は、モモ肉とニンニク醤油ダレとニンニクチップとの組み合わせが良かった。個人的には、焼鳥の味付けは塩が一番好みだけど、この手の格安チェーン店だと、むしろこういうメニューの方が旨いかも。

2017年秋冬新メニュー「もも肉パワフルガーリック焼」(288.9円)

・鶏肉豆腐は、スープがサラッとしていて割とあっさり。豆腐は絹ごし風で柔らかくて、鶏モモ肉よりも豆腐が主役に感じた。

2017年秋冬新メニュー「鶏肉豆腐」(288.9円)

・次の注文は、「トリキの唐揚」と「鶏そぼろ丼」。
・トリキの唐揚は、個人的には鳥貴族で一番注文頻度の高いメニューだけど、今回は、衣のダマ感のある揚げ具合などがやや残念に感じた。

トリキの唐揚(288.9円)

・鶏そぼろ丼は、トッピングの半熟卵とご飯を混ぜてから食べた。和風魚介風味のたまごかけご飯テイストで、乾物魚介系の旨味がしっかりしている。

2017年秋冬新メニュー「鶏そぼろ丼」(288.9円)

2017年秋冬新メニュー「鶏そぼろ丼」(288.9円)混ぜた後

・次の注文は、「吉野物語 栗ロック」。モンブランっぽいスイーツな栗感のあるリキュール。

2017年秋冬新メニュー「吉野物語 栗ロック」(288.9円)

・最後の〆で、久しぶりに「濃厚魚介豚骨ラーメン」を注文。
・注文から提供まで16分。
(トップの写真からかなり離れているので、もう一度貼っときます^^)

濃厚魚介豚骨ラーメン(288.9円)

濃厚魚介豚骨ラーメンの麺

■麺
・四角くて中くらいの太さの麺で、少し縮れたウエーブ。
・少し色が付いていて加水少し高めの、表面滑らかで、プルッと優しい張りと結合感のある歯ごたえ。
・スープとの絡みは、スープのトロミと魚介の風味が程よくしっかりと絡んで、強めで分かりやすい味。

■スープ
・白濁した獣系魚介。
・少しトロッとしていて、若干の油が溶け込んでいる。
・出汁は、獣系ベースに魚介。獣系は、恐らくは豚骨メインで、鶏も入っているかも。多少のコラーゲン感があって、麺との絡みでは獣系出汁っぽさを少し感じた。
・魚介は魚粉混じりで、サバや鰹などの節系に煮干系も加わったような、乾物魚介の風味と味がしっかりとした味わい。
・タレは、恐らくは薄めの醤油ベース。
・味付けは、タレの旨味が効いたやや濃い味で、魚介の風味や旨味と組み合わさっていた。
・刺激感とかはない。

■具材
・鶏肉、青ネギ輪切り。
・鶏肉は、やや薄切りのスライス。やや引き締まった感じの、加工した肉の質感のある歯ごたえに、炙った風味と若干の塩気を感じる味。

■全体的な味の感想
・トロッとした獣系ベースに乾物魚介の風味と味がよく効いた、ハッキリと分かりやすくて濃い味のラーメン。
・具の鶏肉は、2017年秋冬新メニューの「親鶏炙り焼」と同じ肉を使っていた気がした。
・今回食べた2017年秋冬新メニューでは、「鶏そぼろ丼」が割と気に入った。

■お気に入り度: ★★★ (3.0)
※ラーメンのお気に入り度

■お店の情報

【吉野郡大淀町】来来飯店 大淀店

来来飯店 大淀店 【みそラーメン定食】

みそラーメン定食(918円)

みそラーメン

みそラーメンの麺

■来店の経緯等
・2017年11月4日(土)の昼に訪問。
・このお店は、国道370号線沿いにある中華料理店。ブログに書くのは初めてだけど、3年ぶり、2回目の訪問。

■食べたメニュー
・みそラーメン定食(918円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は12時47分頃。外待ち2人。

来来飯店 大淀店

・入口の待ちリストに名前を書いて外で待つ。
・到着から4分待ちで入店。
・テーブル席に相席で座り、メニューを見て注文。ラーメンの種類は色々あったけど、みそラーメンを選択。
・厨房は別室。店員さんは見える範囲で7人。男性1人と女性6人。
・水は出してくれた。お代わりはテーブルのポットでセルフ。
・冷たいオシボリを出してくれた。
・注文から提供まで7分。

■麺
・四角い中細麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・少し黄色くて加水中くらいかよく分からない感じの、やや丸みを帯びていて、噛むと多少の質感を感じてスッと切れる歯ごたえ。茹で加減は少し柔らかめに感じた。
・麺の味は、卵も入っている感じ。
・スープとの絡みは、ややあっさりしているけど、味噌ラーメンの麺としては細めなので、バランスは取れていたかも。スープの熱さが多少絡んでいた。
・野菜との絡みは、野菜の方が勝っていた気がした。

■スープ
・濁った味噌。
・味噌で濁っていて、油が少し浮かんでいる。
・出汁はよく分からないけど、恐らくは清湯獣系で、野菜系も入っているかも。あっさりとしていた印象。
・タレの味噌は合わせ味噌で、塩気とコクとのバランスが取れている感じ。
・味付けは、味噌ダレの旨味とコクが効いていて、そこに生姜か何かの香味が組み合わさっていた。
・刺激感とかはない。

■具材
・ミンチ肉、野菜。
・ミンチ肉は、多少くっついて塊になっていたけど、すぐに解れる感じ。味付け控えめで、ラーメン肉の旨味をプラスしていた。
・野菜は、モヤシ、玉ネギ、ニラ、ニンジン、ネギで、炒め煮してある感じ。
・玉ネギは細長いカットで、適度に炒めてあってシャキッとキレの良い歯ごたえ。
・ニンジンは細長いカットで、柔らかなソリッド感のある軽快な歯ごたえに、優しい甘味を感じる味。
・ネギは少し青くてやや長めのカットで、柔らかな歯ごたえ。

■餃子とやきめし

餃子とやきめし

・餃子はやや小振りなのが3個。皮は割と薄め。餡はそこそこ入っていて、野菜系メインに肉も入っている感じ。テーブルトッピングのタレに付けて食べた。
・やきめしは、ご飯が少し固めに炒めてあって、炒め油のコクというか油感を多少感じる味わい。具は細かいカットで、卵、青ネギ輪切り、ニンジンなどが入っていた。

■デザート

乳酸菌飲料「カゼイのちから」と柿

・デザートは、乳酸菌飲料「カゼイのちから」と柿。
・柿は今が旬なのか、優しい甘さがあって旨かった。

■全体的な味の感想
・みそラーメンは丼が大きくて、やきめしや餃子も含めると結構ボリュームがあった。
・麺は細めで、中華料理店のラーメンによくある感じだったかも。
・具の野菜は炒め煮してある感じで、玉ネギのシャキッとした歯ごたえが良かった。
・定食メニュー全体としては、柿が旨かった。
・ラーメンのお気に入り度は3点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★ (3.0)

■お店の情報

【吉野郡大淀町】ビリケンラーメン

ビリケンラーメン 【濃厚豚骨ラーメン】

濃厚豚骨ラーメン(842円)

濃厚豚骨ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2017年11月4日(土)の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・濃厚豚骨ラーメン(842円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は12時10分頃。外待ち無しの先客6人。お店の入口や客席は、隣の「どんちゃん食堂」と共通、というか一体で営業していた。

ビリケンラーメン

ビリケンラーメン(入口)

・テーブル席に座り、メニューを見て注文。
・厨房は別室。店員さんは4人で、男性1人と女性3人。
・ぬるいお茶はテーブルのポットでセルフ。
・紙オシボリを出してくれた。
・注文から提供まで4分。

■麺
・四角くて少しウエーブのかかった細麺。
・色が薄くて加水やや低めの、細身で角張って引き締まったコシを感じる歯ごたえ。茹で加減はやや固め。
・麺の味は、あっさりとした粉の味。
・スープとの絡みは、スープの旨味と豚骨のコクが程よくサラッと絡んで、細麺との相性は良好。

■スープ
・白濁した豚骨。
・粘度は低めながら少しだけトロッとしていて、多少の油が溶け込んでいる。
・出汁は豚骨の獣系。骨粉混じりの豚骨のコクをよく感じる、ガチの濃厚豚骨出汁感があった。
・タレは、恐らくは薄い醤油ベース。
・味付けは、タレの旨味がしっかりしていて、豚骨のコクとバランスよく組み合わさっていた印象。
・刺激感とかはない。
・丼の底に骨粉がそこそこ溜まっていた。

■具材
・チャーシュー、キクラゲ、青ネギ輪切り。
・チャーシューはやや薄切りのバラスライス。脂身の丸み混じりで、ほのかな豚っぽさを感じる肉の味わい。
・青ネギ輪切りは、風味がスープに対して結構主張していた。

■全体的な味の感想
・食堂併設のお店ながら、ガチの濃厚豚骨ラーメンなのが良かった。
・スープは、タレの旨味を結構感じたけど、骨粉混じりの豚骨のコクもきちんと感じられたのが素晴らしかった。
・具は、青ネギ輪切りの風味がスープに対して結構主張していた。
・お気に入り度は、スープの骨粉感が4.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【橿原市】レインボワールド 橿原店

レインボーワールド 橿原店 【味噌ラーメン】

味噌ラーメン(594円)

味噌ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2017年10月の平日の昼に初の訪問。
・「カラオケレインボー」は、奈良県天理市に本社のある「株式会社コスモコーポレーション」系列のカラオケルームチェーン店。
・橿原店は、パチンコ店やボーリング場が入っている建物の2階にある。

■食べたメニュー
・味噌ラーメン(594円)
・新規会員証(32.4円)
・平日昼120分+ドリンクバーコース(518.4円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は11時46分頃。受付待ち無し。

レインボワールド 橿原店(入口の受付)

・最初に入口の受付で、120分+ドリンクバーコースを注文。
・カラオケの部屋は2階のワンフロア。奥の方の個室に入る。
・ドリンクはドリンクバーでセルフ。
・入室後、カラオケを練習。

カラオケ(君の名は希望)

カラオケ(ロード)

カラオケ(友よ)

・残り時間30分ぐらいのタイミングで、リモコンを使って「味噌ラーメン」を注文。
・注文から提供まで12分。ラーメンと一緒に、割り箸と紙オシボリと七味の小瓶を出してくれた。

味噌ラーメン(594円)

■麺
・四角い中細で、少し縮れたウエーブ。
・少し色が付いていて加水中くらいの、カンスイが効いて多少の水を含んだ、ムニュッと柔らかな張りとコシを感じてスッと切れるような歯ごたえ。
・スープとの絡みは、ややあっさりしているけど、麺も細めなので、バランスは取れていた印象。味噌のコクと塩気がサラッと絡んでいた。

■スープ
・濁った味噌。
・サラッとしていて、油が少し浮かんでいる。
・出汁は、あっさりしていて獣系か魚介系かすらもよく分からない感じ。少しだけ丸みがあるけど、出汁以外で丸みを付けているように感じたかも。
・タレの味噌は合わせ味噌で、コクはややライトながら塩気とのバランスが取れている感じ。
・味付けは、タレの旨味が効いていて、味噌のコクや塩気と組み合わさった、優しいながら適度にメリハリの効いた味。

・後半、セルフトッピングの七味を投入してみた。投入した量のせいか、どちらかと言えば元の味噌スープの味の方が勝っていた気がしたけど、後からジワッと七味の辛味を感じた。

■具材
・チャーシュー、メンマ、青ネギ輪切り。
・チャーシューは、やや薄切りのモモ肉スライス2枚。モモ肉らしい引き締まった肉の質感を少し感じる歯ごたえに、塩系の旨味が効いた味付け。
・メンマは平べったい。柔らかめの歯ごたえに、業務用っぽさを感じる味付け。
・青ネギ輪切りは小口で細かい。

■全体的な味の感想
・細めで柔らかめの麺に、ライトながら適度にメリハリの効いた味噌スープの組み合わせで、サクッと食べられた印象。
・カラオケボックスのラーメンなら許せる感じの出来合いものテイストだったけど、ちゃんとした丼に入っていた分、カップ麺とかよりは良かったかも。
・具は、チャーシューがモモ肉だったのは良かったと思う。

■お気に入り度: ★★★ (3.0)

レインボワールド 橿原店

■お店の情報

【橿原市】麺処 と市

麺処 と市 【辛みそらーめん】

辛みそらーめん(大盛)210g(800円)

辛みそらーめん(大盛)の麺

■来店の経緯等
・2017年10月の平日の昼、2か月ぶり、9回目の訪問。

■食べたメニュー
・辛みそらーめん(大盛)210g(800円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の10時15分頃。既に1人待ち。
・開店は10時45分。
・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは男性2人。
・冷たいお茶はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで8分。

■麺
・四角い中太で、少し縮れたウエーブ。
・薄い色が付いていて加水少し高めの、カンスイ感は強くなくて、ムッチリと中身の詰まった弾力を感じる、心地よい歯ごたえ。
・麺の味は、粉の甘味と旨味を程よく感じる味わい。
・スープとの絡みは、スープのトロミと味噌のコクがよく絡んで、麺とのバランスも良好だった。

■スープ
・白濁した獣系味噌。
・トロッとしていて、多少の油が溶け込んでいる。
・出汁は獣系で、恐らくは鶏豚骨。多少のゼラチン感があって、トロミと丸みの中に獣系の旨味とコクを感じる味わいで、濃厚な味噌を支えるベースになっていた。
・タレの味噌は合わせ味噌で、塩気は強くないながら濃厚なコクを感じる。
・味付けは、ベースは恐らくは味噌ラーメンと同じで、そこに一味をトッピングしてある感じ。一味をスープに混ぜずに食べると、味噌のコクと旨味を濃厚に感じる、味噌感が主役の味付けで、出汁のトロミや出汁感と組み合わさっていた。
・途中から一味を混ぜると、辛味と刺激が結構主張していて、味噌のコクの上から被さる感じだったかも。

■具材
・チャーシュー、水菜、モヤシ、玉ネギ。具の上に一味がトッピングしてあるので、一味をスープに混ぜてから食べた。
・チャーシューは分厚い赤身の煮豚スライス。スープの熱が入ってフワッと柔らかな歯ごたえに、味付けが強くなくて、脂の丸みが程よく入り混じって口当たりの良い味。
・水菜は、軸のピンッと張りのある歯ごたえに、サッパリとした味で、食感のアクセントになっていた。
・モヤシは、量が多くなくて水菜よりも存在感控えめで、パリッと軽快な歯ごたえ。
・玉ネギは四角いカット。辛くなくて適度にサッパリとした香味があった。

■全体的な味の感想
・恐らくは「みそらーめん」と同じスープに一味をトッピングして辛味噌ラーメンに仕立ててある感じで、最初は辛くなくて味噌の濃厚なコクが楽しめて、一味をスープに混ぜるとパンチのある辛さを楽しめたのが良かった。
・麺は、ムッチリとした中太麺で、スープのトロミと味噌のコクがよく絡んで旨かった。
・チャーシューは分厚くて柔らかくて、味噌のスープとも合っていたのが良かった。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

麺処 と市(食後に撮影)

■お店の情報

【奈良市富雄元町】ラーメン家 みつ葉

ラーメン家 みつ葉 【豚CHIKIしおラーメン】

豚CHIKIしおラーメン(800円)

豚CHIKIしおラーメンの麺

■来店の経緯等
・2017年10月14日(土)の昼、2か月ぶり、30回目の訪問。

■食べたメニュー
・豚CHIKIしおラーメン(800円)
・エビスプレミアムブラック(400円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の9時46分頃。外待ち無し。

ラーメン家 みつ葉

・店内入口の券売機で食券を買い、店員さんから整理券を受け取る。
・お店に戻ってきたのは10時12分頃。
・外で並んでいる間に食券を渡して注文。
・開店は10時17分。
・開店から3分待ちで入店。厨房対面のカウンター席に座る。
・店員さんは男性3人。
・水は席に置いてあった。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・ビールは着席後すぐに提供。

エビスプレミアムブラック(400円)

・着席からラーメンの提供まで7分。

■麺
・長方形でウエーブのかかった中太麺。
・少し色が付いていて加水少し高めの、表面が滑らかで、少しプリッと引き締まった弾力を感じる歯ごたえ。
・スープとの絡みは、味の絡みはややあっさりしているけど、スープの熱さがよく絡んで、獣系出汁のツンとした風味も程よく絡んでいて、食欲をそそっていた。

■スープ
・白濁した獣系塩。
・多少トロッとしていて、多少の油が溶け込んでいる。表面を泡立てていて、丸みのある口当たり。
・出汁は鶏と豚骨の獣系。多少のゼラチン感があって、乳化のクリーミーな丸みの中に獣系出汁の旨味とコクを適度に感じる味わい。
・味付けは、塩ダレの旨味に優しい塩気が組み合わさっていて、獣系出汁の丸みや旨味を引き立てていた印象。麺との絡みよりも、スープ自体の味の方が旨いと思った。
・刺激感とかはない。

■具材
・チャーシュー、味玉、メンマ、青ネギ輪切り。
・チャーシューは、やや薄切りで少し厚みのあるレアのバラスライス。適度な弾力のある歯ごたえに、脂の味が強くなくて脂身と肉とのバランスが取れた味わい。サイドの黒胡椒の香味は割と控えめに感じた。
・味玉は半分切りで、黄身がトロッと半熟。
・メンマは長方形。繊維感の強くない程よい質感があって歯切れの良い歯ごたえに、ややあっさりとした生姜系の味付け。
・青ネギ輪切りは小口で細い。スープを飲む際に適度な風味を感じて、薬味の役割を果たしていた。

■全体的な味の感想
・獣系白湯塩のスープが旨かった。獣っぽさや油っぽさを前面に出さずに、クリーミーな丸みと旨味とのバランスが取れていたのが良かった。
・麺には、スープの熱さと獣系出汁の風味が絡んでいたのが良かった。
・お気に入り度は、最初の印象が4.5点、後半が5点で、トータルでは4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【奈良市富雄元町】鳥貴族 富雄店

鳥貴族 富雄店 【トリキ流台湾ラーメン】

トリキ流台湾ラーメン(321円)

トリキ流台湾ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2017年10月の平日の晩に訪問。
・ブログに鳥貴族富雄店を書くのは1年ぶり、2回目だけど、その間にも何回か訪問している。
・今回は、2017年秋冬新メニューの台湾ラーメンに興味を持ち訪問してみた。

■食べたメニュー
・金麦(大)(321円)
・2017年秋冬新メニュー「親鶏炙り焼-塩ポン酢味-」(321円)
・2017年秋冬新メニュー「トリキ流台湾ラーメン」(321円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客多数。
・待ち無しで厨房対面のカウンター席に座る。
・店員さんは8人で、男性5人と女性3人。
・メニューを見て、「金麦(大)」と「親鶏炙り焼-塩ポン酢味-」を注文。

「金麦(大)」と「親鶏炙り焼-塩ポン酢味-」

親鶏炙り焼-塩ポン酢味-(321円)

・親鶏炙り焼は、やや薄切りのスライスで、注文が入ってから炙るのではなくて、予め炙ってある感じ。燻製というか水分を飛ばして加工した肉っぽい、引き締まった弾力を感じる歯ごたえに、燻製肉的な旨味を程よく感じる味わい。塩ポン酢のタレと合えてあって、玉ネギスライスや青ネギ輪切りがトッピングしてあり、スピードメニュー的な存在に感じた。
・親鶏炙り焼を食べた後、「トリキ流台湾ラーメン」を追加注文。
・注文から提供まで6分。

■麺
・四角くて少し縮れた中細麺。
・少し黄色くて加水少し高めの、表面が滑らかで、カンスイが効いてプリッと引き締まった弾力とコシを感じる歯ごたえ。
・スープとの絡みは、スープの旨辛さが程よく絡んで、麺の味とのバランスは取れていた印象。

■スープ
・少し濁った清湯のピリ辛醤油。
・ほんの少しだけ丸みを感じる口当たり。
・出汁は、タレとのバランス的に、あっさりしていてよく分からなかった印象。
・タレの醤油は旨味メイン。
・味付けは、醤油ダレの旨味ベースに、唐辛子系の辛味と花椒か何かの刺激がバランスよく組み合わさった、割と整った味の旨辛テイスト。唐辛子などの個々の香辛料の主張は強くなくて、香辛料はタレの味付けにビルトインされている感じだったかも。

■具材
・鶏そぼろ、青白ネギ輪切り。
・鶏そぼろは、味付けがあっさりとした中に、適度な肉の旨味を感じる味わい。

■全体的な味の感想
・タレの旨味の厚みを感じる、旨辛い味付けのラーメン。
・ガチの辛味や刺激はないけど、唐辛子と花椒か何かを混ぜて味を調えたような、程よいタレの旨辛感があって、麺をサクッと食べられる感じ。
・具は、鶏ミンチがスープと合っていた。
・台湾ラーメンを名乗るなら、ニラが欲しい気もしたけど、これはこれで悪くなかったかも。

■お気に入り度: ★★★ (3.0)

■お店の情報
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2016年9月18日全国47都道府県ラーメン食べ歩き達成。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2018年 04月 【21件】
2018年 03月 【38件】
2018年 02月 【11件】
2018年 01月 【26件】
2017年 12月 【18件】
2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【12件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【21件】
2017年 07月 【30件】
2017年 06月 【15件】
2017年 05月 【20件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ