【東大阪市足代南】丿貫

丿貫 【厳しいゆうきそば】

厳しいゆうきそば(850円)

厳しいゆうきそばの麺

■来店の経緯等
・2017年12月31日(土)の昼、4か月ぶり、4回目の訪問。2杯食べたうちの2杯目。
・この日は、このお店で丿今(丿貫×而今)コラボの「Wゆうき(大晦日!嵐を呼ぶゆうきSP)」営業が開催されるとの告知があったので、訪問してみた。

■食べたメニュー
・コラボ限定の「厳しいゆうきそば」(850円)
(75杯限定)

■お店への到着から提供までの概要
・先に食券を2枚購入のうえ、1杯目の「優しいゆうきそば」と一緒に注文。1杯目を食べた後に提供してもらった。

■麺
・四角くて少しウエーブのかかった中細麺。
・色が薄くて加水少し低めの、適度に引き締まった粉の密度を感じる歯ごたえ。1杯目の「優しいゆうきそば」と較べると、少しだけ固めというか強めの歯ごたえに感じたけど、スープとのバランスは取れていたと思う。
・スープとの絡みは、スープのトロミと煮干のビターなコクや旨味が強めに絡んで、スープが主役に感じるバランス。

■スープ
・白濁した獣系煮干。
・ドロッとしていて粘度高めで、油が少し溶け込んでいる感じ。
・出汁は、獣系ベースに煮干の魚介。獣系は恐らくは鶏メイン。多少のゼラチン感があって、トロミと丸みがメインの出汁感で、濃厚な煮干を支えるベースになっていた。
・魚介は煮干メイン。苦味がガツンと効いた濃厚な煮干のコクがあって、その中に出汁の旨味も適度に感じる味わい。ややマニア向けのバランスで、ビターさが前面に出ていて、その後から旨味や獣系の丸みも追いかけてくる感じ。麺との絡みも結構強いけど、スープ自体の味は更に強くて、スープ自体の味はやや苦味勝ちに感じた。
・味付けは、恐らくは醤油ベースで、タレが主張せずに出汁の味をまとめていた印象。塩気はそこそこあったけど、煮干由来のように感じた。
・刺激感とかはない。

■具材
・チャーシュー、海苔、玉ネギ。
・チャーシューは、やや薄切りでレアの肩ローススライス。味付けあっさりで、スープの味が多少絡んでいた。
・海苔は、スープの味が濃くて、味や風味はよく分からなかった。
・玉ネギは小さめで四角いカット。バランス的にスープの味やトロミの方が強くて、1杯目の「優しいゆうきそば」と較べると玉ネギの存在感は控えめだった。

■全体的な味の感想
・スープが主役の、マニア向け煮干ラーメン。
・獣系煮干のスープがむっちゃ濃厚で旨かった。煮干の苦味が結構前面に出ているけど、旨味や丸みもきちんとあって、強めにバランスしていた印象。
・お気に入り度は、最初の印象が5点で、トータルでは6点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★★★ (6.0)

■お店の情報
スポンサーサイト

【東大阪市足代南】丿貫

丿貫 【優しいゆうきそば】

優しいゆうきそば(850円)

優しいゆうきそばの麺

■来店の経緯等
・2017年12月31日(土)の昼、4か月ぶり、4回目の訪問。2杯食べたうちの1杯目。
・この日は、このお店で丿今(丿貫×而今)コラボの「Wゆうき(大晦日!嵐を呼ぶゆうきSP)」営業が開催されるとの告知があったので、訪問してみた。

■食べたメニュー
・コラボ限定の「優しいゆうきそば」(850円)
(75杯限定)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の7時39分頃。外待ち無し。

丿貫「Wゆうき(大晦日!嵐を呼ぶゆうきSP)」営業

・店内で先にお金を払って整理券兼食券を受け取る。整理券は27番で、案内時間は10時40分。
・一旦お店から離れたあと、再度到着したのは10時37分頃。入店し、食券を渡して注文。
・入店から1分待ちで、厨房対面のカウンター席に座る。食券は2枚購入しており、1杯目に「優しいゆうきそば」を注文。
・店員さんは男性3人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・紙オシボリはカウンターに置いてあり、セルフ。
・着席から提供まで7分。

■麺
・四角くて少しウエーブのかかった中細麺。
・色が薄くて加水少し低めの、ゴワッとはしておらずに、噛むとサクッと切れる心地よい歯ごたえ。茹で加減は、固さがなくてちょうどいい感じ。
・麺の味は、あっさりとした粉の旨味を感じる。
・スープとの絡みは、煮干の風味とコクに、魚介出汁の旨味と甘味がよく絡んで、食欲をそそっていた。

■スープ
・少し濁った魚介。
・表面に濁った油が少し浮かんでいる。
・出汁は魚介で、説明によると煮干の他に鮮魚も入っている模様。サラッとしながら濃厚な出汁感があって、煮干のビターなコクに、魚介出汁の甘味と旨味が組み合わさった、甘旨ニボな味わい。スープ自体の味よりも、麺との絡みの方が煮干の風味をよく感じられた印象。
・タレの醤油はコクがマイルド。
・味付けは、多少のタレの旨味があって、出汁の味わいを引き立てていた感じ。塩気も少しあって、出汁の甘味を強めていた。
・刺激感とかはない。

■具材
・チャーシュー、玉ネギ、海苔。
・チャーシューは、やや薄切りでレアの肩ローススライス。滑らかでレアな質感のある歯ごたえに、あっさりとした味付け。
・玉ネギは小さめで四角いカット。香味は割とマイルドながら、スープを飲む際にはスープに対して結構主張していた印象。
・海苔は旨かった。

■全体的な味の感想
・スープは、煮干のビターなコクと、魚介出汁の旨味と甘味がバランスよく組み合わさっていて、サラッとしながら濃厚な出汁感のある甘旨ニボテイスト。麺に絡む煮干の風味も濃厚で旨かった。

■お気に入り度: ★★★★★ (5.0)

■お店の情報

【大阪市北区】一風堂 梅田店

一風堂 梅田店 【白丸元味】

白丸元味(790円)

白丸元味の麺

■来店の経緯等
・2017年12月の平日の晩に訪問。
・一風堂は、福岡市に本社のある「株式会社力の源カンパニー」系列のチェーン店。梅田店をブログに書くのは初めてだけど、15年ぐらい前にも訪問したことがある。ちなみに、初めて訪問した一風堂のお店は福岡の大名本店で、その次がこのお店(梅田店)。

■食べたメニュー
・白丸元味(790円)
・替玉(130円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無し。先客は見える範囲で22人。

一風堂 梅田店

・待ち無しで厨房対面のカウンターに座り、メニューを見て注文。麺のかたさは「ふつう」を選択。
・店員さんは9人で、男性7人と女性2人。
・冷たいルイボスティーを出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・足元に荷物入れのカゴが置いてあった。
・注文から提供まで5分。

■麺
・四角い極細ストレート。
・色が薄くて加水低めの、細身で引き締まった密度感があって、多少のコシを感じる歯ごたえ。麺のかたさ「ふつう」でも、少し固めに感じる茹で加減。
・麺の味は、あっさりとした粉の旨味を感じる。
・スープとの絡みは、スープの旨味とコクがサラッと絡んでいた。獣系出汁の風味とかはライトながら、細麺とのバランスは割と良かった印象。

替玉(130円)

・替玉は麺のかたさ「カタ」で注文。
・最初の麺よりも強めの歯ごたえで、別皿での提供時はややゴワッとしていたけど、スープと絡めながら食べると、だんだん馴染んできた印象。
・スープとの絡みは、最初の麺と較べると少し弱まったけど、個人的には味変化無しでも何とか食べられる感じ。

■スープ
・白濁した獣系。
・割とサラッとしていて、乳化の丸みを少し感じる口当たり。表面に色の付いた油が少しトッピングしてあり、一部分に集まって浮かんでいた。
・出汁は豚骨の獣系。割とライトな中に、白濁豚骨の丸みとコクを多少感じる味わい。
・タレは、恐らくは薄い醤油ベースで、醤油感は控えめ。
・味付けは、程よい濃さの旨味があって、出汁とのバランスが取れている感じ。
・後半、色付きの油が表面全体に広がったけど、油の香味とかはそれほど主張せずに、ほんのりとした味変化になっていた印象。
・刺激感とかはない。
・スープを完食すると、丼の底に骨粉が微かに溜まっていた。

■具材
・チャーシュー、モヤシ、キクラゲ、青ネギ輪切り。
・チャーシューは少し厚みのある巻きバラスライス。適度に滑らかな質感のある歯ごたえに、脂身が熟成したようなコクを感じる味わい。
・モヤシは中くらいの太さ。パリッと軽快な歯ごたえに、モヤシの風味の主張を多少感じる味わいで、もう少し量が少なければいいアクセントになる感じ。
・キクラゲは細長いカット。
・青ネギ輪切りはやや太くて、青ネギのサッパリと優しい香味をそこそこ感じた印象。

■全体的な味の感想
・いい意味で普通のライト豚骨ラーメン。個人的には、スープよりも麺が主役に感じた。
・麺は低加水極細ストレートで、麺のかたさ「ふつう」でちょうど良く感じた。
・スープはライトな白濁豚骨で、強い引きとかは無かったけど、タレの味付けと出汁感とのバランスが良くて、替玉でも味変化なしで何とか食べられたのが良かった。
・具は、モヤシの食感と風味が印象に残った。個人的には、もう少しモヤシの量が少ない方が、いいアクセントになった気がしたかも。
・お気に入り度は、最初の印象と麺が4点、後半が3.5点で、トータルでは全体的なバランスの良さ込みで4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【大阪市阿倍野区】らーめん極 本店

らーめん極 本店 【らーめん定食】

白とんこつ

白とんこつの麺

■来店の経緯等
・2017年12月の平日の晩に初の訪問。

■食べたメニュー
・らーめん定食(990円)
(単品らーめん+小盛チャーシューライス)
・替え玉(150円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客2人。

らーめん極 本店

・最初に店外入口の券売機で食券を買う。
・入店して壁対面カウンター席に座り、食券を渡して注文。ラーメンは、「白とんこつ」、「かつお節とんこつ」、「黒とんこつ」、「鯛塩らーめん」の中から「白とんこつ」を選択。細麺と太麺のどちらにするか聞かれ、細麺を選択。
・店員さんは男性3人。
・水は冷水機でセルフ。

■麺
・四角くて少しウエーブのかかった極細麺。
・色が白くて加水中くらいか少し低めの、多少の水を含んで細身で引き締まった粉の張りがあって、噛むとサクッとしてプツンと切れる歯ごたえ。茹で加減は、最初はちょうど良かったけど、途中からやや柔らかく感じてきた印象。
・麺の味は、あっさりとした粉の味をよく感じる。
・スープとの絡みは、スープの旨味と豚骨出汁の風味が程よく絡んで、細麺とのバランスは良好だった。

・替え玉は、同じ細麺をバリかたで注文。店員さんが麺を持ってきて丼に入れてくれる方式。
・見た目は結構ゴワッとしていたけど、歯ごたえは思ったほど強くなくて、食感にメリハリが付いた感じ。
・スープとの絡みも、最初の麺と較べると多少弱まったけど、個人的にはそれはそれで楽しめた印象。

■スープ
・白濁した豚骨。
・少しトロッとしていて、表面に多少の濁った獣系油が浮かんでいる。
・出汁は豚骨メインの獣系。ゼラチン感が少しあって、背脂の丸みも多少ある中に、骨粉感混じりの豚骨のコクを適度に感じる味わい。ガツンとまでは来ないけど、豚骨の出汁感はそこそこあったと思う。
・タレの醤油は旨味メインで、コクはマイルド。
・味付けは、タレの旨味がしっかりしていて、背脂の丸みや豚骨出汁のコクとバランスよく組み合わさっていた印象で、細麺とのバランス的には、濃すぎず薄くなくの程よい塩梅だった。
・刺激感とかはない。

■具材
・チャーシュー、キクラゲ、青ネギ輪切り。
・チャーシューは、やや薄切りの赤身スライス。少しだけパサッとした感じの歯ごたえに、塩系の味付けを多少感じるやや昔風のチャーシューの味わい。
・キクラゲは細長い。

■チャーシューライス

チャーシューライス

・焼き飯に、トロッとした玉子焼きがトッピングしてある。
・焼き飯は、具が細かく刻んだチャーシューと青ネギで、ややパラッとしていて、適度な濃さの味付け。焼き飯単体で食べるよりも、トロッとした玉子焼きと一緒に食べた方が旨かった。
・玉子焼きは薄くて油混じり。オムライス風に焼き飯を覆っていて、セルフトッピングのタレを垂らすと、タレが卵の味を引き立てていた。

■全体的な味の感想
・チャーシューライスが名物のお店みたいだったけど、個人的には、豚骨ラーメンの方が気に入ったかも。
・豚骨スープは、ガツンとまでは来ないながらガチの豚骨出汁感があって、タレの旨味と油の丸みの中に豚骨のコクを適度に感じる味わいで、細麺とのバランスも良かったと思う。
・チャーシューライスは、焼き飯とトッピングのトロッとした玉子焼きとのハーモニー感があって、セルフトッピングのタレを垂らして食べる向きの味だった。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【大阪市天王寺区】麺屋 和人

麺屋 和人 【和人ら~めん】

和人ら~めん(800円)

和人ら~めんの麺

■来店の経緯等
・2017年12月の平日の晩に初の訪問。
・「麺屋 和人」は、大阪市天王寺区に本社のある「Smile5株式会社」系列のラーメン店。

■食べたメニュー
・和人ら~めん(800円)
(中太麺、魚介醤油、鶏チャーシュー)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客12人。店内満席。

麺屋 和人

・最初に店内入口の券売機で食券を買い、店内で待つ。
・待っている間、先に食券を渡して注文。大盛無料との案内があったけど、並を選択。
・到着から12分待ちで厨房対面のカウンター席に座る。
・店員さんは3人で、男性1人と女性2人。
・冷たい黒ウーロン茶を出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・キムチの小瓶も出してくれた。
・箸とレンゲはカウンターの引き出しに入っている。

カウンターの引き出し

・着席から提供まで7分。

■麺
・長方形で四角い、ウエーブのかかった、中くらいの太さの麺。
・薄い色が付いていて加水中くらいか少し高めの、カンスイが多少効いていて、滑らかに引き締まった粉の密度感があって、コシの主張をやや感じる歯ごたえ。後半は、歯ごたえが少し和らいできた印象。
・麺の味は、粉の旨味を適度に感じる。
・スープとの絡みは、スープの魚介の旨味と風味が多少絡んで、どちらかというと麺を主役に感じるバランス。

■スープ
・清湯の魚介醤油。
・あっさりしていて、表面に多少の油が浮かんでいる。
・出汁は魚介メインで、獣系は入っているかよく分からなかった。
・魚介は乾物系で、割と優しいながら深みのある旨味と風味を感じる味わい。メニュー案内によると、カタクチイワシの煮干とサンマ節と昆布を使っている模様。煮干の苦味とかは控えめで、乾物由来のほのかな酸味を感じた気がした。
・鶏節か何かがトッピングされていて、節系感を強めていた印象。
・タレの醤油はやや薄めで、旨味メイン。
・味付けは、醤油ダレの少し甘めで優しい旨味があって、魚介の旨味と組み合わさっていた。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・鶏チャーシュー、味玉、穂先メンマ、海苔、青ネギ輪切り、白ネギ。
・鶏チャーシューは、少し厚みのあるスライス。サクッと軽快な張りを感じる歯ごたえに、あっさりとした旨味を感じる味。
・味玉は、黄身が柔らかめの半熟で、多少の旨味を感じる味付け。
・青ネギ輪切りは、香味が主張し過ぎない感じの存在感。
・白ネギは、輪切りの輪を切ってある感じの細長いカットで、青ネギ輪切りの方が存在感があったと思う。

■キムチ

キムチの壺

キムチ

・ラーメンを食べた後、キムチも食べてみた。
・じんわりとした旨味と辛味があって、食べているうちに辛さがジワジワ来る感じだった。

■全体的な味の感想
・どちらかというと麺が主役のラーメンで、滑らかに引き締まった麺の食感が印象に残った。
・スープは、割と優しい味で、魚介の出汁感がしっかりしていた。
・具は、鶏チャーシューがデフォでもそこそこ入っていた気がした。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【大阪市福島区】みずほ食堂

みずほ食堂 【中華そば】

中華そば(400円)

中華そばの麺

■来店の経緯等
・2017年11月の平日の朝に初の訪問。
・このお店は、朝から営業している食堂。朝ラーで訪問してみた。

■食べたメニュー
・中華そば(400円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には先客無し。

みずほ食堂

・テーブル席に座り、壁のメニューを見て注文。
・厨房は別室。店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・温かいお茶はテーブルのポットでセルフ。
・水は冷水機でセルフ。
・店内は奥行きが広くて、両側に出入口がある。
・注文から提供まで5分。

■麺
・四角い細麺で、少し縮れたウエーブ。
・少し色が付いていて加水少し高めの、表面が滑らかでカンスイが効いていて、割と柔らかな中に程よいコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、卵も入っている感じ。
・スープとの絡みは、スープの旨味と塩気が細麺に程よく絡んで、バランスは良好だったと思う。

■スープ
・少し濁った獣系。
・ほんの少し丸みがあって、若干の油が浮かんでおり、スープと多少馴染んでいる感じ。
・出汁は、恐らくは獣系メインで、昆布か何かの魚介系も入っているかも。乳化までは行かない感じでほんのりと濁っていて、割とあっさりながら、多少の丸みと厚みを感じる口当たり。
・タレは、ベースが塩か薄い醤油かよく分からない感じで、恐らくは薄い醤油か。
・味付けは、タレの旨味がしっかりしていて、塩気も少しあって、スープの丸みと組み合わさっていた。
・刺激感とかはない。

■具材
・チャーシュー、メンマ、カマボコ、モヤシ、青ネギ輪切り。
・チャーシューはやや薄切りのモモスライス。肉屋で売っている焼豚のような、割と柔らかな歯ごたえと、甘めのタレが染みた感じの味付け。
・メンマは長方形。ポリッとした歯ごたえに、あっさりとした味付け。
・モヤシは太くて、少し柔らかめの歯ごたえ。
・カマボコは2枚入っていた。

■全体的な味の感想
・食堂のラーメンとしては、麺の食感が割とちゃんとしていたのが良かった。
・スープも少し濁っていて、ラーメンスープらしさがあったのが良かった。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【大阪市中央区東平】まいどおおきに食堂 上六食堂

まいどおおきに食堂 上六食堂 【中華そば+さんまの塩焼】

中華そば+さんまの塩焼

中華そば(410円)

中華そばの麺

■来店の経緯等
・2017年11月の平日の朝に初の訪問。
・「まいどおおきに食堂」は、大阪市に本社がある「株式会社フジオフードシステム」系列の食堂チェーン店。24時間営業でメニューにラーメンがあったので、朝ラーで訪問してみた。

■食べたメニュー
・さんまの塩焼(324円)
・中華そば(410円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客2人。

まいどおおきに食堂 上六食堂

・最初に厨房カウンターで注文し、先にお金を払う。さんまの塩焼は作り置きをカウンターに並べてあって、注文後温めて席まで持ってきてくれた。
・テーブル席に座る。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水はテーブルのポットでセルフ。
・注文から中華そばの提供まで4分。

■麺
・四角くて中くらいの太さのストレート。
・色が薄くて加水中くらいか少し高めの、表面が滑らかで、プルッと優しい粉の結合感のある、冷凍麺っぽさを感じる歯ごたえ。茹で加減は少し柔らかめに感じた。
・スープとの絡みは、ややあっさりしているけど、麺とのバランスは取れていた印象。

■スープ
・清湯の醤油。
・油は少なめ。
・出汁は、あっさりしていてよく分からないけど、獣系と魚介かも。タレの味付けと較べて、素材の主張は控えめ。
・タレの醤油は、少し薄くて旨味メイン。
・味付けは、醤油ダレの旨味がしっかりしていて、強い味ではないながら中華そばらしさも少し感じた。この手のラーメンにありがちな、デフォでの胡椒とかの香味もかなり控えめだった印象。

■具材
・ハム、ナルト、ワカメ、モヤシ、青ネギ輪切り。
・ハムは薄切りでペラッとしている。
・モヤシは太めで、軽く茹でてあり、パリッとした歯ごたえ。食感的には麺より強かった。

■さんまの塩焼

さんまの塩焼(324円)

・一匹丸ごとで、ハラワタも入っていた。付属の大根おろしに醤油を少し垂らして、サンマ自体には醤油をかけずに食べた。
・油が程よく乗っていて、塩の量や焼き加減も強すぎずに良い塩梅で、身もパサッとしておらずに旨かった。身の旨味と、皮の油っぽさと、ハラワタの苦味との組み合わせがいい感じ。

■全体的な味の感想
・さんまの塩焼が、作り置きながら結構旨かった。
・中華そばは、あっさりスープに柔らかめの冷凍麺の組み合わせで、具の太モヤシが食感のアクセントになっていた。
・中華そばのお気に入り度は3点ぐらいだったと思う。さんまの塩焼は3.5点ぐらいだったかも。

■お気に入り度: ★★★ (3.0)
※中華そば単体のお気に入り度

■お店の情報

【東大阪市高井田本通】あいすべきものすべてに

あいすべきものすべてに 【ラーメン】

ラーメン(麺量500g)(750円)

ラーメン(麺量500g)の麺

■来店の経緯等
・2017年11月3日(祝)の昼に訪問。
・このお店をブログに書くのは初めてだけど、以前に一度訪問したことがあり、2回目の訪問。
・このお店は、2017年8月12日(土)オープンの二郎インスパイア(模倣)店で、店主さんは「ラーメン荘 歴史を刻め 寺田町」出身。

■食べたメニュー
・ラーメン(麺量500g)(750円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の10時47分頃。シャッターポール(開店前の待ちの先頭)。
・開店は11時33分。その時点で8人待ち。
・店内入口の券売機で食券を買う。
・厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。麺の量は500gを選択。
・店員さんは男性2人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・冷たいオシボリ、コップ、箸、レンゲはカウンター背面のコーナーにまとめて置いてあり、セルフ。
・最初のロットは7杯。
・麺上げは平ザル。
・麺上げ後にニンニクを入れるか聞かれ、「ニンニク、ヤサイ、アブラマシマシ」でコール。
・注文から提供まで16分。

■麺
・長方形の極太麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・少し色が付いていて加水中くらいの、ムチッと中身の詰まった粉の張りがあって、噛むと心地よい弾力とコシを感じて切れる歯ごたえ。茹で加減は、固くなくヤワくなくで、ちょうどいい感じ。
・麺の味は旨味がしっかりしている。
・スープとの絡みは良好。醤油ダレの塩気に、白い粉の旨味とアブラの丸みとニンニクの香味が混然一体となって麺に絡んで、麺を旨いと感じるバランス。
・モヤシとの絡みも良好で、麺がモヤシのパリッとした歯ごたえに負けておらずに、モヤシを食感のアクセントに感じられるのが良かった。

■スープ
・獣系醤油。
・ほんの少し濁っていて、表面に背脂と液体油が多めに浮かんでいる。
・背脂の一部は別皿での提供で、途中から投入した。
・出汁は豚の獣系メイン。どちらかというとタレの味の方が強いけど、多少の丸みがあって、醤油ダレと油を支えるベースになっていた感じ。
・タレの醤油はやや濃くて、多少の塩気を感じる。
・味付けは少し濃いめで、醤油系の塩気とコクに、白い粉系の旨味ががっぷり四つに組み合わさって、そこに油の丸みとニンニクのパンチが強めにバランスしていた。
・刺激感とかはない。

■具材
・チャーシュー、野菜。
・チャーシューは分厚い赤身の煮豚スライス2枚。脂身付きで、程よくフワッと柔らかな歯ごたえ。味は、やや塩気の効いた味付けが脂の丸みや肉の味と組み合わさった感じ。
・野菜はほぼ100%がモヤシで、キャベツは青くて小さいのが1枚だけ。適度に茹でてあって、水っぽくなり過ぎずにパリッと軽快な歯ごたえ。

■全体的な味の感想
・麺が主役の二郎インスパイア系ラーメン。
・麺がモヤシに負けていないのと、豚肉がデフォでもそれなりにボリュームがあるのがいい感じ。
・今回食べたので2回目になるけど、前回よりもスープの出汁と具の豚肉の出来が良くて旨かった。
・スープは、カラメコールなしでも醤油ダレが濃いめで、極太麺とのバランスが取れていたのが良かった。
・お気に入り度は、最初の印象が3.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

あいすべきものすべてに

■お店の情報

【東大阪市足代新町】焼肉李朝園 布施店

焼肉李朝園 布施店 【辛いラーメン】

辛いラーメン(410.4円)

辛いラーメンの麺

■来店の経緯等
・2017年9月18日(祝)の昼に初の訪問。
・「焼肉李朝園」は、大阪市平野区に本社のある「李朝園株式会社」系列の焼肉店。このお店は初訪問だけど、系列店の「コリアンダイニング李朝園」には何回か行ったことがある。

■食べたメニュー
・ランチメニューの「超まんぷく焼肉セット」(1382.4円)
(やわらかハラミ(300g)+ミニサラダ+キムチ+ナムル+ライス+スープ。自家製キムチとライスはおかわり自由)
・辛いラーメン(410.4円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は13時5分頃。外待ち無しの先客あり。

焼肉李朝園 布施店

・入口で靴を脱ぎ、靴はポリ袋に入れて席まで持っていく。
・2階のテーブル席に案内されて座り、メニューを見て「超まんぷく焼肉セット」を注文。
・席は半個室で、テーブルのボタンを押して店員さんを呼ぶ。
・水は出してくれた。
・冷たいオシボリも出してくれた。
・焼肉セットと一緒に、炭火の入った七輪を持ってきてくれた。

七輪

超まんぷく焼肉セット(1382.4円)

・スープは、あっさりとした塩味。
・キムチは、白菜のしんなりとしてパリッとした歯ごたえに、酸味や辛味は強くなくて、唐辛子の香味と多少の旨味を感じる味付け。

やわらかハラミ

・やわらかハラミは、厚切りのが15枚。柔らかな歯ごたえに、脂混じりの旨味を感じる味付け。何も付けずに食べても味付けがしっかりしているけど、そのままだと脂のクドさがあるので、タレに付けた方が食べやすかった印象。いわゆる加工肉だけど、加工肉だと思って食べれば、意外と悪くない感じ。

ニンニクと辛味

・後半は、ニンニクと辛味を付けダレに投入して味変化してみた。個人的には、ニンニクや辛味は入れない方がやわらかハラミには合っていたと思う。
・やわらかハラミを食べた後、辛いラーメンを追加注文。
・ラーメンの注文から提供まで4分。

■麺
・四角くて縮れた中細麺。インスタント麺の乾麺。
・少し色が付いていて加水やや低めの、油で揚げた乾麺らしい粉の結合感のある歯ごたえ。茹で加減は、少し固めというかヤワさがない感じ。
・麺の味は、割としっかりしている。
・スープとの絡みは、スープの辛味が程よくサラッと絡んで、麺の味とのバランスが取れていた印象。

■スープ
・少し濁った辛スープ。医師か何かの容器に入っていて、容器は温度高めの熱々。
・表面に濁った辛味油か何かが多少浮かんでいるけど、油はそれほど多くない感じ。
・トッピングの生卵をよく混ぜてから食べた。
・出汁はあっさりしていて、辛味や卵とのバランス的に、何かよく分からなかった。
・味付けは、旨味のあるベースに、唐辛子系の辛味がガツンと効いた旨辛テイストで、激辛までは行かないながら、辛味はそこそこ強かった印象。そこに、生卵の丸みが加わって、スープに厚みをプラスしていた。

■具材
・生卵、豆モヤシ、キャベツ、ワラビか何か、青ネギ輪切り。
・生卵は白身も入っていた。
・豆モヤシは、食感のアクセントになっていた。
・キャベツは一口大のカットで、柔らかめの歯ごたえ。
・ワラビか何かは、短いカットで、柔らかかった。

■ライスダイブ

焼肉セットのおかわり自由ライス

・麺を食べた後、焼肉セットのライスを半分くらいの量でお代わりして、残ったスープに投入してみた。
・スープの旨辛さとご飯とが合っていて、クッパみたいな感じで完食できた。

■全体的な味の感想
・辛いスープのインスタントラーメンで、スープの辛さと卵の丸みとのバランスが取れていたのが良かった。
・やわらかハラミは、加工肉らしい柔らかさと旨味があって、ボリュームも満点だった。肉を食べた満足感というよりも、量を食べた満腹感があって、量が多いのが好きな人向き。

■お気に入り度: ★★★ (3.0)

■お店の情報

【大阪市天王寺区】Columbia8 上本町店

Columbia8 上本町店 【ヌードルライス】

ヌードルライス(950円)

ヌードルライスの麺

■来店の経緯等
・2017年9月16日(土)の昼に初の訪問。
・このお店は、大阪市中央区道修町のカレー店「Columbia8」の支店。麺メニューがあるということで、興味を持ち訪問してみた。

■食べたメニュー
・ヌードルライス(950円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は11時37分頃。外待ち無しの先客4人。

Columbia8 上本町店

・厨房対面のカウンター席に座り、壁のメニューを見て注文。
・店員さんは男性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・紙オシボリがカウンターに置いてあり、セルフ。
・注文から提供まで13分。ヌードルライスの提供後、ライス、卵黄、グレープフルーツジュースも少し遅れて出てきた。

■麺
・平打ちの幅広で、少しウエーブのかかったストレート。
・少し色が付いていて加水よく分からない感じの、表面が滑らかで、少しプルッとしてムニュッとした優しい張りと結合感があって、噛むとスッと切れる感じの歯ごたえ。茹で加減は柔らかめ。
・カレーとの絡みは、カレーの粘度が低いせいか、幅広麺ながら辛さやスパイシーさの絡みはそれほど強くなくて、辛さが麺の味で和らいでいた印象。

■カレー
・温度ややぬるめ。
・サラッとしていて汁気多めで、油はあまり多くない感じ。
・出汁はよく分からないけど、恐らくは獣系ベースか。スパイスの香味を支えるベースになっていた印象。
・スパイスは、辛さや刺激がそれほど強くなくて、香味とスパイシーさをよく感じた。
・味付けは、ベースが割とシンプルで、スパイスが主役の味わい。多少の旨味と丸みがスパイスを引き立てていた。

■具材
・ししとう、ミンチ、玉ネギスライス、黒ゴマ、青ネギ輪切り。
・ししとうは、案内書きに従って左手に持ち、少しずつ齧りながら麺を食べてみた。軽く素揚げしてあるせいか、苦味とかは控えめで、スパイスとの相乗効果はよく分からなかったかも。
・ミンチは、汁気多めのカレーの中で、メインの具材になっていた。
・玉ネギスライスは、カレーと混ざると存在感控えめだった。
・青ネギ輪切りは、主張は強くないながら、カレーやミンチと合っていた印象。
・青ネギ輪切りに混じって、少し長めにカットした細い緑の野菜が入っており、カリッと軽快で優しい歯ごたえが食感のアクセントになっていた。

■グレープフルーツジュース

グレープフルーツジュース

・グレープフルーツジュースは、店員さんの説明に従って、麺を食べる合間に飲んでみた。スッキリとした酸味と甘味がカレーのスパイシーさを引き立てて、ししとうよりも相乗効果が分かりやすかった。

■ライス

ライスと卵黄

・麺を食べた後、残ったカレーに別容器のライスと卵黄を投入し、よく混ぜてから食べてみた。
・麺の時は箸だけで食べたけど、ライス投入後はスプーンを使用。
・ライスは、サフランか何かで色を付けてある。
・卵黄で多少の丸みが加わったけど、スプーンで食べる分、カレーのスパイスが直接口に入るので、麺の時よりも香味とスパイシーさを強く感じた。辛さ自体は強くないながら、食べ終わった時点のスパイシー感は結構強かった印象。

■全体的な味の感想
・個人的には、前半の麺よりも、後半のライス投入後の方が旨かった。
・麺料理としては、カレーのぬるさと麺のユルさが気になって、ラーメン的な物差しだとやや微妙に感じたかも。
・カレーは、サラッとしていて汁気多めで、スパイスが主役の味。スパイスの香味とスパイシーさが結構気に入った。
・次回訪問する機会があれば、最初からライスのカレーを食べたいと思った。
・お気に入り度は、最初の麺を食べている時が3点、後半のライス投入後が4点で、トータルでは3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2018年 02月 【6件】
2018年 01月 【26件】
2017年 12月 【18件】
2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【12件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【21件】
2017年 07月 【30件】
2017年 06月 【15件】
2017年 05月 【20件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ