【大阪市東淀川区】手打ち麺 やす田

手打ち麺 やす田 【イリコ塩】

イリコ塩(700円)

イリコ塩の麺

■来店の経緯等
・2016年12月24日(土)の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・イリコ塩(700円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は14時6分頃。外待ち無しの先客7人。

手打ち麺 やす田

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで4分。

■麺
・少し縮れた平打ちの幅広極太麺。
・色が薄くて加水やや高めの、表面がプルッと滑らかで、ムチッと中身の詰まった粉の張りとボリューム感のある麺質。食感は、ヤワさのない程よい茹で加減で、プルッとしてムチッとした弾力とコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、水を含んでややあっさりとした粉の旨味を感じる味わい。
・スープとの絡みは、割とあっさりしている。スープのイリコの風味と塩のコクがほんのりと絡んでいたのが印象に残った。

■スープ
・清湯の塩。
・あっさりしていて、多少の油が入っている。
・出汁は、清湯獣系ベースに魚介。獣系は、あっさりしていて主張控えめで、実食時には獣系不使用のようにも感じたけど、後でメニュー案内を見たところ、鶏を使っていた模様。
・魚介は、昆布ベースにイリコなどが加わった感じの旨味があって、優しいながら出汁感のしっかりとした味わい。旨味の中に、イリコの風味とコクがほんのりと効いていて、麺にも絡んでいた。
・タレの塩は、多少の塩のコクの存在感があった。
・味付けは割と繊細で、塩気が穏やかな中に塩のコクがあって、イリコの風味と組み合わさって、出汁の旨味を引き立てていた。幅広麺とのバランス的にはあっさりに感じたけど、麺を食べた後で残ったスープを飲むと、ちょうどいい塩梅に感じた。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、やや厚みのあるバラスライス。固くはなくて、適度な質感と弾力のある歯ごたえに、強い味ではないけどタレの旨味を少し感じる味付けで、あっさりとした肉の味と脂身の甘味のある煮豚風の味わい。
・メンマは四角くてやや太い。滑らかに中身の詰まった繊維感のある歯ごたえに、甘めの旨味と風味を感じる煮ダレ系の味付け。
・白ネギは斜め切り。シャリッと優しい質感のある歯ごたえに、あっさりとしたネギの風味があって、主張は強くないながら、繊細なスープに対しては割と存在感があった。
・その他、青ネギか何かの細長いのが乗っていて、見た目の彩りになっていた。

■全体的な味の感想
・麺は、加水やや高めで平打ち極太の手打ち麺で、プルッとしてムチッとした弾力とコシを感じる歯ごたえ。スープとの絡みはあっさりで、イリコの風味と塩のコクがほんのりと絡んでいたのが印象に残った。
・スープは、あっさりと優しい中に昆布やイリコ等の旨味を感じる出汁感があって、ほんのりとした塩のコクがイリコの風味と組み合わさって、出汁の旨味を引き立てていた。極太麺とのバランス的にはあっさりとした味に感じたけど、スープ単体で味わうとちょうどいい塩梅だった印象。
・お気に入り度は、麺を食べている時が4点、麺を食べた後のスープが4.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報
スポンサーサイト

【大阪市東淀川区】世界が麺で満ちる時

世界が麺で満ちる時 【ORANGE PHANTOM】

ORANGE PHANTOM(並)(750円)

ORANGE PHANTOMの麺

■来店の経緯等
・2016年12月24日(土)の昼に初の訪問。
・このお店は、2015年5月16日(土)のオープンで、店主さんは「人類みな麺類」出身の模様。

■食べたメニュー
・ORANGE PHANTOM(並)(750円)
※メニュー案内には「ピリ辛。オレンジの風味と淡口醤油を融合させたあっさりとした醤油ラーメンです。」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は12時54分頃。外待ち無しの先客4人。

世界が麺で満ちる時

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは2人で、男性1人と女性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・店内に製麺機(リッチメン)が置いてあった。
・注文から提供まで4分。

■麺
・長方形でウエーブのかかった中太麺。
・少し色が付いていて加水中くらいか少し高めの、表面が滑らかで、カンスイが少し効いて多少の水を含んだ粉の張りとふくらみがあって、角の丸まった感じの麺質。食感は、固さのない程よい茹で加減で、モチッと滑らかで軽快な張りとコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、全粒粉入りで、粉の旨味がしっかりしている。
・スープとの絡みは、ややあっさりしていて、麺の旨さを主役に感じるバランス。オレンジフレーバーのピリッと甘い風味が多少絡んで、アクセントになっていた。

■スープ
・清湯の醤油。
・あっさりしていて、表面に多少の香味油が浮かんでいる。
・出汁は、あっさりしていてよく分からないけど、恐らくは鶏の清湯獣系か。
・タレの醤油は薄めで、甘めの旨味がある。
・味付けは、薄口醤油ダレの甘めであっさりとした旨味に、オレンジのピリッと優しい風味が組み合わさっていた。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りで少し厚みのある赤身スライス。脂身混じりで、多少の質感があって噛むとサクッと切れる歯ごたえに、少し塩気を感じる味付けが肉の旨味や脂の甘味と組み合わさった味わい。
・穂先メンマは、柔らかめの繊維感のある歯ごたえに、煮ダレ系の味付けがよく染みた若いタケノコの味わい。
・白ネギ輪切りは、柔らかな張りを感じる歯ごたえに、香味が強くなくてサッパリと優しい味わいがあった。

■全体的な味の感想
・麺は中太で、モチッと軽快な張りとコシを感じる歯ごたえがあって、麺の味が旨かった。スープとの絡みはややあっさりで、オレンジフレーバーの風味がアクセントになっていた。
・スープは、出汁があっさりしていて、甘めの旨味のある薄口醤油ダレに、オレンジのピリッと優しい風味が組み合わさった味わい。
・具は、チャーシューがやや薄切りで、味付けは少し塩気があった。
・穂先メンマは、煮ダレ系の味付けがよく染みていた。
・個人的には、麺が気に入った。スープは、オレンジフレーバーがやや好みに合わなかった気がした。
・お気に入り度は、麺が4点で、トータルでは3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【吹田市】極麺 青二犀

極麺 青二犀 【しょうゆらーめん】

しょうゆらーめん(700円)

しょうゆらーめんの麺

■来店の経緯等
・2016年12月24日(土)の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・しょうゆらーめん(700円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は11時23分頃。外待ち4人。
・外で待っている間、先に注文を聞かれる。
・到着から15分待ちで入店。厨房対面のカウンター席に座る。
・店員さんは3人で、男性1人と女性2人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・店内には、店外と同じく、あちこちにお店からの注意書きが貼ってあった。
・入店から提供まで2分。

■麺
・長方形平打ちの中太で、少しウエーブのかかったストレート。
・少し色が付いていて加水やや高めの、表面がツルッと滑らかで、カンスイが効いて少しプリッとした感じの粉の張りと結合感があって、平打ち気味ながらペラッとはしていない、やや角張った麺質。食感は、ヤワさのない程よい茹で加減で、適度に引き締まった弾力とコシを感じて、噛むとプツンと切れる歯ごたえ。
・麺の味は、やや多加水系で、強い味ではないけど旨味がしっかりしていて、卵も入っている感じ。
・スープとの絡みは、表面の油とスープの旨味が程よく絡んで、麺の旨さを引き立てていた。

■スープ
・清湯の鶏醤油。
・あっさりしていて、表面に鶏油ベースの香味油がそこそこ浮かんでいる。
・出汁は、恐らくは鶏の獣系メイン。表面の鶏油と組み合わさった感じの、旨味のしっかりとした出汁感があった。醤油ダレとのバランス的には、鶏出汁のコクとかの味わいはそれほど前には出ていなかった気がした。
・表面の油は、鶏油に焦がしネギの風味が付けてあって、焦がしネギ自体も多少入っていた。
・タレの醤油は旨味があって、少し濃いめながら醤油辛さやカドはない。
・味付けは、醤油ダレの旨味がしっかりしていて、出汁の旨味や油の丸みと組み合わさって、厚みのある旨味を感じる味わい。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、少し厚みのある肩ローススライスで、ややレアっぽい感じ。しっとりと滑らかな弾力があって歯切れの心地よい歯ごたえに、味付けマイルドで、脂身の丸み混じりであっさりとした肉の旨味を程よく感じる味わい。
・メンマは四角くて、短めにカットしてある。柔らかくて噛むとスッと切れる感じの歯ごたえに、煮ダレの甘旨さとゴマ油か何かの風味を感じる味付け。
・ネギは白髪ネギと青ネギの二種類。青ネギは輪切りの輪を切ってあった。白髪ネギは、少し青めの部分を使っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、加水やや高めの長方形平打ち中太麺で、適度に引き締まったコシと弾力を感じて、噛むとプツンと切れる歯ごたえがあったのが良かった。
・スープは、鶏清湯出汁に少し濃いめで旨味のある醤油ダレが組み合わさった、旨味のしっかりした味わいで、表面の香味油が味に丸みと厚みを付けていた。
・具は、チャーシューの食感が心地よかった。
・メンマは短めのカットで、噛むとスッと切れる感じの柔らかさがあった。
・お気に入り度は、最初の印象が4.5点、後半が4点で、トータルでは4.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

極麺 青二犀

■お店の情報

【大阪市天王寺区】辛口炙り肉ソバ ひるドラ

辛口炙り肉ソバ ひるドラ 【辛口炙り肉ソバ『味噌』(辛さレベル7、しびれ度レベル7)】

辛口炙り肉ソバ『味噌』(辛さレベル7、しびれ度レベル7)

辛口炙り肉ソバ『味噌』(辛さレベル7、しびれ度レベル7)の麺

■来店の経緯等
・2016年12月の平日の晩、2週間ぶり、3回目の訪問。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)

■食べたメニュー
・辛口炙り肉ソバ『味噌』(850円)
・辛さレベル7(200円)
・しびれ度レベル7(60円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客4人。
・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て「辛口炙り肉ソバ『味噌』」を注文。辛さレベル7、しびれ度レベル7、ニンニク量レベル1で注文。
・店員さんは男性2人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・足元に荷物入れのカゴが置いてあった。
・席の背後の壁に、上着掛けのハンガーがあった。
・紙エプロンはカウンターに置いてあり、セルフ。
・注文から提供まで15分。

■麺
・長方形で少しウエーブのかかった中太麺。
・少し色が付いていて加水中くらいの、表面が滑らかで、カンスイが少し効いていて多少の密度感があって、粉の張りとふくらみを感じる麺質。食感は、程よい茹で加減で、適度に中身が詰まってムッチリとした弾力を感じながら切れる歯ごたえ。
・麺の味は、スープの辛味が強くて細かい味はよく分からないけど、多少の旨味があったと思う。
・スープとの絡みは強い。スープのトロミと辛味が強めに絡んで、唐辛子の辛さと山椒のシビレ感との厚みのあるハーモニーをジワッと感じる味わい。辛味の方が主役だけど、麺も完全には負けておらずに、激辛ラーメンとしてのバランスは取れていたと思う。

■スープ
・白濁した獣系味噌。
・ややトロッとしていて、油が少し溶け込んでいる。トッピングの唐辛子粉と山椒粉をスープによく混ぜてから食べた。
・出汁は白濁獣系で、味的には辛味の方が強かったけど、多少のトロミと丸みが辛味を支える味のベースになっていた。
・タレは、ベースの味噌に少し甘めのコクがあって、出汁の丸みと共に辛味を支えて、味に厚みを付けていた印象。
・唐辛子は、メニュー案内によるとスコーピオンMIXで、最初から辛さがガツンと来るよりは、重厚な辛さがジワジワと来る感じで、辛さの割には刺激感はやや抑えめに感じたかも。山椒のシビレ感とのバランスも割と取れていて、辛さが主役の中に山椒の風味も程よく主張していた印象。

■具材
・肉はチャーシューと薄切り肉の二種類。
・チャーシューは厚切りのバラスライス。程よく柔らかい中にムッチリとした張りと弾力があって歯切れの心地よい歯ごたえ。味は、スープとのバランス的には味付けマイルドで、脂身の丸み混じりの肉の旨味を感じる味わい。
・薄切り肉はバラスライス。熱が入って多少引き締まった中に脂身の弾力を少し感じる歯ごたえ。味は、スープとのバランス的には、甘辛い味付けの濃さをよく感じた印象。
・白髪ネギは、シャリッとした歯ごたえが食感のアクセントになっていた。
・青ネギ輪切りは細めだったけど、スープに混じって口に入るとシャリッとした歯触りがあって、食感が辛いスープの薬味になっていた。

■全体的な味の感想
・麺は長方形の中太で、適度に中身が詰まってムッチリとした弾力があった。スープとの絡みは、スープの辛味の方が主役だったけど、麺も完全には負けていないくらいのバランスだった印象。
・スープは、白濁獣系と甘めの味噌のベースに、唐辛子の重厚な辛さがガッツリと効いていて、山椒の風味やシビレ感も程よく感じる味わい。辛さレベル7の香辛料はスコーピオンMIXで、辛さが強い割には刺激感がやや抑えめに感じたかも。個人的には、単に辛いだけじゃなくて、辛味に深みがあるのが良かった。
・個人的に激辛の基準としているCoCo壱番屋の10辛カレーとの比較では、舌で感じる辛さ的にはココイチ10辛よりは食べやすかったけど、後から身体に来るダメージは、むしろこちらの方が強かったかも。
・スープの香辛料が主役のラーメン。
・お気に入り度は、最初の印象が3.5点、香辛料の辛さとシビレとのハーモニー感が4点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【大阪市北区】みつか坊主 醸

みつか坊主 醸 【焦がし味噌 北海道】

焦がし味噌 北海道(900円)

焦がし味噌 北海道の麺

■来店の経緯等
・2016年12月の平日の晩に初の訪問。
・このお店は、「味噌らーめん専門 みつか坊主」の系列店。以前から気になっていたけど、ようやくの初訪問。

■食べたメニュー
・焦がし味噌 北海道(900円)
※メニュー案内には「蛍池店の人気メニュー『あれ』がみつか坊主 醸ではレギュラーメニューに!アツアツの焦がしネギオイルの風味と旨みが一気に口に広がります。ちょっと濃厚な味噌らーめんがお好きな方にオススメです。」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客11人。

みつか坊主 醸

みつか坊主 醸(看板)

・奥の方の厨房対面カウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは4人で、男性2人と女性2人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・足元に荷物入れのカゴが置いてあった。
・注文から提供まで8分。

■麺
・四角くてウエーブのかかった中太麺。
・白くて加水中くらいか少し低めの、カンスイ感が控えめで、適度に中身の詰まった粉のふくらみと結合感のある麺質。食感は、程よい茹で加減で、プリッとはしておらずに、軽快な粉の密度感と多少の厚みのあるコシを感じて切れる、心地よい歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりとした粉の味をよく感じる。
・スープとの絡みは、ややあっさりながらメリハリがあって、麺の味とのバランスが取れていた印象。表面の香味油のパンチと熱さに、スープの味噌と魚介の風味が程よくサラッと絡んで、麺の味を引き立てていた。

■スープ
・味噌。
・割とあっさりしていて、表面に香味油が多めに浮かんでいる。
・出汁は、恐らくは獣系ベースに魚介か。獣系は、恐らくは清湯で、表面の油のコクや厚みと組み合わさっている感じ。
・魚介は節系か何かで、主張が強すぎずに、旨味と風味がほんのりと効いていた。
・表面の油は、メニュー案内では焦がしネギ油と書いてあった。ラードか何かの獣系油に香味と多少の辛味を仕込んであって、焦がし系の香味がガツンと来るというよりも、ベースの油のコクやピリ辛感とバランスしていた印象。
・タレの味噌は、表面の油よりは多少薄い色の合わせ味噌で、塩気や味噌のコクは割とマイルドに感じた。
・味付けは、味噌の甘めで優しい旨味があって、表面の油の香味や辛味とバランスよく組み合わさっていた。
・油のピリ辛感が多少あるけど、ベースのスープが辛くないので、辛さ自体はそれほど強くなかったと思う。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りのバラスライス。加工された肉の滑らかに引き締まった歯ごたえに、多少の塩気が効いた肉の味を感じる味わい。
・メンマは太めで、四角いのと長方形のが一本ずつ。噛むと滑らかに沈み込んで切れるような繊維感のある歯ごたえ。味は、スープとのバランス的に主張が強くない感じだったと思う。
・青ネギは細長いカットで多めに乗っていて、香味油と程よく馴染んでいた。
・コーンは、口に入ると皮の食感と身の甘味を感じた。

■全体的な味の感想
・麺は、白くて四角い中太で、軽快な粉の密度感と多少の厚みのあるコシを感じて切れる、心地よい歯ごたえ。個人的には、北海道の味噌ラーメンといえば黄色い熟成卵麺を思い出すけど、それとは違うタイプながらスープとの相性が良くて旨かった。
・スープは、ベースが割とあっさりしていて、味噌の甘めで優しい旨味があって、そこに表面の油の厚みと香味と多少のピリ辛感がバランスよく組み合わさっていた。焦がし味噌というネーミングながら、味噌には焦がした感じがなくて、塩気や味噌のコクは割とマイルドに感じた。
・表面の香味油のラードっぽい厚みの部分に北海道らしさがあって、寒い季節にぴったりのラーメン。個人的には、麺とスープとの絡みが一番気に入った。
・お気に入り度は、麺が4.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【大阪市北区】らぁ麺 きくはん

らぁ麺 きくはん 【とりとん醤油】

とりとん醤油(750円)

とりとん醤油の麺

■来店の経緯等
・2016年12月の平日の晩に初の訪問。
・このお店は、2015年12月21日(月)のオープンで、店主さんは「麺や輝」出身。

■食べたメニュー
・とりとん醤油(750円)
※メニュー案内には「鶏と豚のあらゆる部位を長時間炊き込み旨みを凝縮した濃厚でクリーミーな醤油ラーメン」と書いてあった。

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客5人。

らぁ麺 きくはん

らぁ麺 きくはん(看板)

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは3人で、男性2人と女性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・椅子の下が荷物置きになっている。
・注文から提供まで6分。

■麺
・長方形でウエーブのかかった、中くらいの太さの麺。
・少し色が付いていて加水中くらいの、表面はツルッとはしていないけど滑らかで、カンスイ感は強くなくて卵も入った感じの、滑らかに中身の詰まった粉の質感のある麺質。食感は、程よい茹で加減で、固さのない密度感があって、滑らかなコシを多少感じる歯ごたえ。
・麺の味は、ややしっかりしていて、粉の旨味に卵の味も加わっている感じ。
・スープとの絡みは、スープのトロミとやや甘めの旨味が絡んで、獣系出汁の風味も少し絡んでいた。麺の味もよく感じられて、バランスは取れていたと思う。

■スープ
・白濁した獣系醤油。
・多少トロッとした丸みがあって、表面が泡立っている。
・出汁は、鶏と豚骨の獣系。程よいゼラチン感があって油も少し溶け込んだような、トロッとしてクリーミーな丸みと旨味を感じる味わい。それほど重たくはないけど、適度な厚みがあった印象。
・タレの醤油は、濃くはないけど旨味と風味を多少感じる存在感があった。
・味付けは、魚介か何かを仕込んだようなタレの旨味がマイルドな醤油と一体化していて、塩気控えめで少し甘めの旨味と風味があって、獣系出汁のトロミや丸みと組み合わさっていた。
・塩辛さや刺激感はない。
・スープを完食すると、丼の底に骨粉がほんの少し溜まっていた。

■具材
・チャーシューは、やや厚みのあるレアの赤身スライス。食べた時点ではスープの熱が多少入っていた。固くはないけどやや引き締まってしっかりとした歯ごたえに、ややマイルドで多少の旨味を感じる味付けが、レアな肉の閉じ込められた旨味と組み合わさっていた。
・カイワレは、滑らかで線の細い軸の歯ごたえに、優しいながら多少の苦みを感じる味わい。
・紫玉ネギは、やや小さめの四角いカット。シャリッと軽快な張りを感じる歯ごたえに、多少の辛味というか香味があって、スープの薬味になっていた。
・その他、白髪ネギが乗っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、中くらいの太さで、カンスイ感は強くなくて卵も入った感じの、滑らかに中身の詰まった粉の質感があって、麺の味もしっかりしていた。
・スープは、表面が泡立った鶏豚骨の白湯で、ゼラチン感があってトロッとクリーミーな獣系出汁に、塩気控えめで甘めの旨味と風味を感じる醤油ダレが組み合わさっていた。タレには魚介か何かが仕込んであった気がした。
・具は、紫玉ネギが小さいカットで、多少の辛味というか香味があって、スープの薬味になっていた。
・レアチャーシューはやや厚みがあって、食べた時点ではスープの熱が多少入っていた。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【大阪市北区】サバ6製麺所

サバ6製麺所 【サバ醤油そば】

サバ醤油そば(700円)

サバ醤油そばの麺

■来店の経緯等
・2016年12月の平日の晩に初の訪問。
・このお店は、2016年7月7日(木)のオープン。店主さんは「みつ星製麺所」創業者で、みつ星製麺所を売却して新たにこのお店を始めた模様。

■食べたメニュー
・サバ醤油そば(700円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち2人。

サバ6製麺所

・到着から4分待ちで入店。
・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは3人で、男性1人と女性2人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・店内の入口横に製麺機が置いてあり、店外からもガラス越しに見える。
・注文から提供まで3分。

■麺
・四角くてウエーブのかかった中太麺。太麺寄りの中太。
・少し色が付いていて加水少し高めの、表面がツルッと滑らかで、カンスイが多少効いて少し中身が詰まった感じの粉の張りとボリューム感があって、やや角張った麺質。食感は、程よい茹で加減で、ムチッと滑らかな張りと弾力と多少のコシを感じて、プツンと切れる歯ごたえ。
・麺の味は、適度に水を含んだ粉の旨味をよく感じる味わい。
・スープとの絡みは、スープの甘めの旨味とサバ節の風味が程よく絡んで、強い絡みではないながら適度にメリハリが効いていた印象。

■スープ
・清湯の魚介醤油。温度高めの熱々。
・あっさりしていて、表面にサバ節を仕込んだ感じの香味油がそこそこ浮かんでいる。
・出汁は、恐らくは清湯獣系ベースの魚介メイン。獣系はあっさりしていて、表面の油と組み合わさった感じ。
・魚介は、サバ節か何かの乾物魚介の旨味とコクが強めでしっかりしているけど、酸味とかのサバ節のネガな部分は控えめだった印象。昆布も使っている気がした。ちなみに、後で調べたところ、サバ節は出汁ではなくて、タレと香味油に仕込んであった模様。
・タレの醤油は、薄くはないけど割と甘めの旨味があって、醤油辛さやカドはない。
・味付けは、醤油ダレの甘旨いコクがあって、サバ節の味とバランスよく組み合わさっていた。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、少し厚みのあるレアの肩ローススライスで、食べやすいサイズにカットしてある。ムチッと滑らかに引き締まった弾力があって歯切れの心地よい歯ごたえに、少し甘めの旨味を感じる味付けと脂身混じりのレアな肉の旨味とが組み合わさった味わい。
・メンマは四角い。噛むとポリッと割ける感じの繊維感のある歯ごたえに、ややマイルドな旨味を感じる味付け。
・カイワレは、線の細い張りを感じる軸の歯ごたえに、口に入れると多少の苦味というか辛味を感じる味があって、スープと合っていた。
・白ネギ輪切りは太めで、多少の主張を感じる歯ごたえがあって、風味はサッパリと優しくて、スープの程よい薬味になっていた。

■全体的な味の感想
・麺は四角い中太で、ムチッと滑らかな張りと弾力と多少のコシを感じてプツンと切れる歯ごたえ。スープとの絡みは、スープの甘めの旨味とサバ節の風味が程よく絡んで、適度にメリハリが効いていた印象。
・スープは、ベースの出汁があっさりしていて、サバ節のコクと風味に甘旨い醤油ダレが組み合わさったサバ醤油テイスト。サバ節は、コクが強いながら、酸味とかのネガな部分は控えめで、出汁ではなくてタレと香味油に仕込んであった感じ。
・具は、チャーシューがレアの肩ロースで、食べやすいサイズにカットしてあって、スープとの相性も悪くなかったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【八尾市】麺や 一想

麺や 一想 【鶏白湯 醤油】

鶏白湯 醤油(750円)

鶏白湯 醤油の麺

■来店の経緯等
・2016年12月の平日の晩、7か月ぶり、2回目の訪問。

■食べたメニュー
・鶏白湯 醤油(750円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客3人。
・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは男性2人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで3分。

■麺
・長方形で少しウエーブのかかった、中くらいの太さの麺。
・色が薄くて加水中くらいかやや高めの、表面がツルッと滑らかで、少しプリッとした張りの中に多少の粉の質感を感じる麺質。食感は、程よい茹で加減で、少しプリッとした張りと弾力があって、噛むと多少のコシを感じてプツンと切れるような歯ごたえ。
・麺の味は、ややあっさりとした粉の旨味を感じる。
・スープとの絡みは、スープの旨味と醤油の甘めの風味が程よくサラッと絡んで、胡椒の香味が隠し味的に効いていた感じ。絡みにくそうな麺にも感じたけど、バランスはそこそこ取れていたかも。

■スープ
・白濁した鶏醤油。
・サラッとしていて粘度低めで、乳化した油が少し混じっている。
・出汁は、恐らくは鶏メインの獣系。ゼラチン感は控えめで、適度な旨味と多少の乳化の丸みを感じる味わい。出汁感はきちんとあるけど、タレや胡椒とのバランス的に、鶏のコクとかはややおとなしく感じたかも。
・タレの醤油は、甘めの旨味があって、やや薄めながら多少の存在感があった。
・味付けは、醤油ダレの旨味と風味が鶏出汁の旨味や丸みと組み合わさっていた。そこに、トッピングの黒胡椒のほんのりとした香味があって、多少のアクセントになっていた。
・丼の底の方は、胡椒の香味が強めに効いていた。
・スープを完食すると、丼の底には骨粉が微かに溜まっていた。

■具材
・チャーシューは、やや厚切りでレアの肩ローススライス。食べた時点では、スープの熱が入っていた。固くはないけど、脂身がカチッとしていてややしっかりした歯ごたえに、甘めのタレの旨味を感じる味付けが脂身の甘味や肉の旨味と組み合わさっていた。
・メンマは四角くて太い。噛むとポリッと沈み込んで多少の繊維感のある歯ごたえに、噛むとほんのりとマイルドなメンマの風味を感じる味付け。
・キクラゲは平べったくてやや大きい。パリッと柔らかで滑らかな、歯切れの心地よい歯ごたえ。
・その他、青ネギ輪切りが入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、少しプリッとした張りと弾力があって、噛むとプツンと切れる感じの歯ごたえ。前回食べた時は少し固めに感じたけど、今回はちょうど良かったと思う。
・スープは鶏白湯醤油で、サラッと粘度低めで適度な旨味と多少の乳化の丸みを感じる鶏出汁に、甘めの醤油ダレが組み合わさって、黒胡椒の香味がアクセントになっていた。バランス的に、醤油ダレの風味と胡椒の香味がやや主張しているけど、出汁感はきちんとあったと思う。
・具は、チャーシューがレアの肩ロースで、食べた時点ではスープの熱が入っていた。
・お気に入り度は、最初の印象が3.5点、途中が4点で、トータルでは3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【東大阪市】極汁美麺 umami

極汁美麺 umami 【塩ら~めん】

塩ら~めん(780円)

塩ら~めんの麺

■来店の経緯等
・2016年12月の平日の晩、4か月ぶり、2回目の訪問。

■食べたメニュー
・塩ら~めん(780円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には先客無し。
・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは男性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・席に箸とレンゲがセットして置いてある。

席の箸とレンゲ

・注文から提供まで6分。

■麺
・四角い中細ストレート。
・少し色が付いていて加水中くらいかよく分からない感じの、表面が滑らかで、カンスイ感は強くなくて、適度に中身の詰まった優しい粉の張りと結合感のある麺質。食感は、少し柔らかめというか固さのない茹で加減で、滑らかな粉の張りと質感があって、噛むとスッと切れる歯ごたえ。
・麺の味は、粉の旨味をよく感じる。
・スープとの絡みは、スープの旨味と表面の油が程よく絡んで、割とあっさりした絡みながら麺とのバランスは取れていて、麺の旨さを主役に感じる味わい。

■スープ
・清湯の塩。
・あっさりしていて、表面に多少の油が浮かんでいる。
・出汁は、鶏の清湯獣系ベースに魚介。鶏は、肉も入ったような旨味メインの味わいで、出汁感はしっかりしていたけど、鶏油混じりの鶏のコクや風味の主張はそれほど強くなかった印象。
・魚介は、メニュー案内では貝と煮干の模様で、素材の主張は強くなくて、表面の油や鶏出汁と組み合わさってスープの旨味を強めていた。
・タレの塩は、塩辛さや塩のカドは控えめながら、塩のコクを程よく感じた。
・味付けは、塩の良質感のあるコクが出汁の旨味を引き立てている感じで、強い味ではないながら深みを感じた。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、少し厚みのある鶏ムネスライス。滑らかな張りがあって噛むとサクッと切れる感じの歯ごたえに、味付けマイルドで鶏肉の旨味を程よく感じる味わい。
・メンマは細い。コリッと滑らかな歯ごたえに優しい味付けで、麺とよく絡んでいた。
・揚げネギは、香味がスープとバランスよく組み合わさっていて、薬味の役割を果たしていた。
・その他、三つ葉が乗っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、少し柔らかめで、滑らかで適度に中身の詰まった粉の張りと結合感があって、麺の味が旨かった。
・スープは、塩ダレの塩のコクに良質感があって、出汁の旨味を引き立てていた印象。鶏魚貝の出汁は、鶏の風味は控えめに感じたけど、旨味のしっかりした出汁感があって、表面の油の丸みが味に厚みをつけていた。
・具は、鶏ムネチャーシューが旨かった。
・揚げネギの風味はスープと合っていた。
・ファーストインパクトとかは無くて、食べているうちにだんだん旨さが分かって来る感じ。
・個人的には、以前に食べた醤油ら~めんよりもこちらの方が気に入った。
・お気に入り度は、最初の印象が4点、後半が4.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【東大阪市】自家製太麺 ドカ盛 マッチョ 近大前通り本店

自家製太麺 ドカ盛 マッチョ 近大前通り本店 【ラーメン(中)+チャーシュートリプル】

ラーメン(中)醤油(700円)+チャーシュートリプル(300円)

ラーメン(中)醤油+チャーシュートリプルの麺

■来店の経緯等
・2016年11月の平日の晩に初の訪問。
・マッチョは、難波千日前店の方には何回か行ったことがあるけど、近大前の本店は初訪問。

■食べたメニュー
・ラーメン(中)醤油(700円)
・チャーシュートリプル(300円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には、外待ち無しの先客6人。

自家製太麺 ドカ盛 マッチョ 近大前通り本店

・最初に店内入口の券売機で食券を買う。
・厨房対面のカウンター席に座り、食券を渡して注文。野菜ちょい増し、ニンニク入りで注文。スープを塩と醤油のどちらにするか聞かれ、醤油を選択。
・店員さんは男性2人。
・水は冷水機でセルフ。
・注文から提供まで6分。

■麺
・長方形で平打ちの、ウエーブがかかった太麺。
・加水中くらいか少し低めの、ややガシッとしてゴワッとした粉の密度感と厚みを感じる麺質。食感は、最初の方は少し芯の残った茹で加減に感じたけど、後半は多少スープに馴染んできて、ガシッとしてプツンと切れる感じの歯ごたえがあった。
・麺の味は、粉の旨味と多少の甘味を感じる味わい。
・スープとの絡みは、スープのタレの旨味と塩気と多少の豚っぽさが程よく絡んで、麺の味とのバランスは悪くなかったと思う。

■スープ
・少し濁った獣系醤油。
・割とサラッとした中に多少の丸みがあって、油はそれほど多くない感じ。
・出汁は豚の獣系。ゼラチン感は少なめで、乳化の丸みとかも控えめな中に、肉の煮汁も混じったような旨味と豚っぽさを多少感じる味わい。
・タレの醤油は、少し濃いけど丸みと旨味があって、カドはない。
・味付けは、醤油ダレの調味料系の旨味が強めでしっかりしていて、出汁の微乳化感や豚っぽさと組み合わさっていた。
・トッピングのニンニクは、多少の香味があるけど、スープとのバランスが取れていて、それほどニンニク勝ちにはなっていなかったと思う。

■具材
・チャーシューは、赤身の煮豚がゴロゴロ入っている。ウデ肉か何かの、元は繊維感多めの部位を柔らかく煮込んでいて、噛むとサクッと切れる肉の張りと厚みを感じる歯ごたえに、煮ダレの旨味と塩気がよく効いた味付け。
・野菜はモヤシとキャベツ。キャベツはやや小さめのカットで、程よく茹でてあって、モヤシとのバランス的にはそこそこ入っていた。野菜と麺とは、食感のバランスが割と取れていた印象。

■全体的な味の感想
・麺は、ガシッとしてゴワッとした長方形の太麺で、最初の方は少し芯の残った茹で加減に感じたけど、後半は多少スープに馴染んできた。野菜の食感とのバランスは良かったと思う。
・スープは、タレの調味料系の旨味が強めに効いていて、出汁の微乳化感や豚っぽさと組み合わさった味わいで、トッピングのニンニクに負けない程度の厚みがあった。この系統のラーメンとしては、油っぽさが控えめに感じたかも。
・具は、チャーシューがトリプルでガッツリ入っていて、ウデ肉か何かの繊維感多めの部位を柔らかく煮込んでおり、割と食べやすかったのが良かった。
・野菜はちょい増しで、キャベツとモヤシのバランスがそこそこ取れていて、食感的に麺とのバランスも良かったと思う。
・お気に入り度は、最初の印象が4点で、トータルでは3.5点ぐらいだったともう。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報
プロフィール

Author:かもしか
2011年11月27日始動。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、基本的に、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 02月 【29件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ