【東大阪市足代新町】焼肉李朝園 布施店

焼肉李朝園 布施店 【辛いラーメン】

辛いラーメン(410.4円)

辛いラーメンの麺

■来店の経緯等
・2017年9月18日(祝)の昼に初の訪問。
・「焼肉李朝園」は、大阪市平野区に本社のある「李朝園株式会社」系列の焼肉店。このお店は初訪問だけど、系列店の「コリアンダイニング李朝園」には何回か行ったことがある。

■食べたメニュー
・ランチメニューの「超まんぷく焼肉セット」(1382.4円)
(やわらかハラミ(300g)+ミニサラダ+キムチ+ナムル+ライス+スープ。自家製キムチとライスはおかわり自由)
・辛いラーメン(410.4円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は13時5分頃。外待ち無しの先客あり。

焼肉李朝園 布施店

・入口で靴を脱ぎ、靴はポリ袋に入れて席まで持っていく。
・2階のテーブル席に案内されて座り、メニューを見て「超まんぷく焼肉セット」を注文。
・席は半個室で、テーブルのボタンを押して店員さんを呼ぶ。
・水は出してくれた。
・冷たいオシボリも出してくれた。
・焼肉セットと一緒に、炭火の入った七輪を持ってきてくれた。

七輪

超まんぷく焼肉セット(1382.4円)

・スープは、あっさりとした塩味。
・キムチは、白菜のしんなりとしてパリッとした歯ごたえに、酸味や辛味は強くなくて、唐辛子の香味と多少の旨味を感じる味付け。

やわらかハラミ

・やわらかハラミは、厚切りのが15枚。柔らかな歯ごたえに、脂混じりの旨味を感じる味付け。何も付けずに食べても味付けがしっかりしているけど、そのままだと脂のクドさがあるので、タレに付けた方が食べやすかった印象。いわゆる加工肉だけど、加工肉だと思って食べれば、意外と悪くない感じ。

ニンニクと辛味

・後半は、ニンニクと辛味を付けダレに投入して味変化してみた。個人的には、ニンニクや辛味は入れない方がやわらかハラミには合っていたと思う。
・やわらかハラミを食べた後、辛いラーメンを追加注文。
・ラーメンの注文から提供まで4分。

■麺
・四角くて縮れた中細麺。インスタント麺の乾麺。
・少し色が付いていて加水やや低めの、油で揚げた乾麺らしい粉の結合感のある歯ごたえ。茹で加減は、少し固めというかヤワさがない感じ。
・麺の味は、割としっかりしている。
・スープとの絡みは、スープの辛味が程よくサラッと絡んで、麺の味とのバランスが取れていた印象。

■スープ
・少し濁った辛スープ。医師か何かの容器に入っていて、容器は温度高めの熱々。
・表面に濁った辛味油か何かが多少浮かんでいるけど、油はそれほど多くない感じ。
・トッピングの生卵をよく混ぜてから食べた。
・出汁はあっさりしていて、辛味や卵とのバランス的に、何かよく分からなかった。
・味付けは、旨味のあるベースに、唐辛子系の辛味がガツンと効いた旨辛テイストで、激辛までは行かないながら、辛味はそこそこ強かった印象。そこに、生卵の丸みが加わって、スープに厚みをプラスしていた。

■具材
・生卵、豆モヤシ、キャベツ、ワラビか何か、青ネギ輪切り。
・生卵は白身も入っていた。
・豆モヤシは、食感のアクセントになっていた。
・キャベツは一口大のカットで、柔らかめの歯ごたえ。
・ワラビか何かは、短いカットで、柔らかかった。

■ライスダイブ

焼肉セットのおかわり自由ライス

・麺を食べた後、焼肉セットのライスを半分くらいの量でお代わりして、残ったスープに投入してみた。
・スープの旨辛さとご飯とが合っていて、クッパみたいな感じで完食できた。

■全体的な味の感想
・辛いスープのインスタントラーメンで、スープの辛さと卵の丸みとのバランスが取れていたのが良かった。
・やわらかハラミは、加工肉らしい柔らかさと旨味があって、ボリュームも満点だった。肉を食べた満足感というよりも、量を食べた満腹感があって、量が多いのが好きな人向き。

■お気に入り度: ★★★ (3.0)

■お店の情報
スポンサーサイト

【橿原市】牛角 奈良橿原店

牛角 奈良橿原店 【やみつきうま辛麺(激辛)】

やみつきうま辛麺(激辛)(745.2円)

やみつきうま辛麺(激辛)の麺

■来店の経緯等
・2017年9月9日(土)の夕方に初の訪問。
・「牛角」は、神奈川県に本社のある「株式会社レインズインターナショナル」系列の焼肉チェーン店。メニューにラーメンがあるということで、興味を持ち訪問してみた。
・奈良橿原店には初訪問だけど、牛角自体には15年ぐらい前に何回か行ったことがある。

■食べたメニュー
・ビール「アサヒスーパードライ」(540円)
・厳選四種盛り(1782円)
・牛ホルモン塩ダレ(529.2円)
・やみつきうま辛麺(激辛)(745.2円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は17時58分頃。外待ち無しの先客あり。

牛角 奈良橿原店

牛角 奈良橿原店

・テーブル席に案内されて座り、メニューを見てタブレット端末で注文。
・自分の中では、牛角=炭火焼肉のイメージだったけど、奈良橿原店は無煙ロースターのガス火だった。
・最初の注文は、「アサヒスーパードライ」と「厳選四種盛り」。

ビール「アサヒスーパードライ」(540円)

・厳選四種盛りは、完全に解凍していない状態で提供。

厳選四種盛り(1782円)

・霜降り上タン塩は、厚切りで、ムニュッとした弾力のある歯ごたえ。

霜降り上タン塩

・黒毛和牛特上カルビは、脂が乗っていて旨い。柔らかな弾力のある歯ごたえ。

黒毛和牛特上カルビ

・黒毛和牛くらしたは、柔らかで、肉の旨味と脂の甘味とのバランスがいい感じ。初めから塩が振ってあって、何も付けずに食べる向き。

黒毛和牛くらした

・黒毛和牛中落ち(ゲタ)は、プリッとしてトロッとした食感と味。

黒毛和牛中落ち(ゲタ)

・次に、牛ホルモンを塩ダレで注文。プリッとした弾力のある歯ごたえに、味付けが強くなくて、脂の甘味のある味。黒毛和牛と較べると脂の甘味は控えめで、もっと味の濃いタレで食べる向きかも。

牛ホルモン塩ダレ(529.2円)

牛ホルモン塩ダレ

・水は、タブレット端末にないけど、店員さんを呼んで頼めば出してくれる。

水

・最後に、「やみつきうま辛麺」を注文。辛さは「ふつう」、「大辛」、「激辛」の3段階から激辛を選択。
・注文から提供まで12分。丼はやや小さめで、ラーメン用の割り箸も一緒に出てきた。

やみつきうま辛麺(激辛)割り箸を乗せて提供

やみつきうま辛麺(激辛)の麺

■麺
・長方形平打ちの太麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・少し色が付いていて加水中くらいの、中華麺らしいカンスイ感が少しあって、コシは強くなくて適度に滑らかな粉の張りと厚みを感じる歯ごたえ。茹で加減は少し柔らかめというか、固さがない感じ。
・スープとの絡みは、太麺とのバランス的にはややあっさりしていて、辛さ「激辛」でちょうどいい感じだった印象。

■スープ
・清湯。
・油は多くない感じ。
・表面の方に溶き卵の層があって、その上から唐辛子の粉がトッピングしてある。
・出汁はあっさりしていて、タレや辛味とのバランス的にはよく分からない感じで、恐らくは獣系ベースか。
・タレは、塩系のように感じた。
・味付けは、塩気が割とマイルドで穏やかな旨味があって、ニンニクの旨味も多少感じた。
・唐辛子は、見た目は辛そうながら激辛までは行かない感じで、刺激が強すぎずに適度なパンチがあって、ベースのスープと組み合わさっていた。

■具材
・溶き卵、ミンチ、青ネギ輪切り。
・溶き卵は、麺の上で柔らかく固まって層になっていて、唐辛子が最初からスープと混ざるのを抑えていた印象。
・ミンチは細かめに挽いてあって、小さめの塊状になっていた。
・青ネギ輪切りは存在感控えめだった。

■全体的な味の感想
・スープは、ベースがあっさりしていて、そこに溶き卵と唐辛子とニンニクを組み合わせた宮崎辛麺テイストで、激辛までは行かないながら適度なパンチがあったのが良かった。
・麺は太麺の中華麺で、スープとのバランス的に結構存在感が強かったけど、辛さ激辛だとちょうど良かったかも。
・肉は、「黒毛和牛くらした」が旨かった。
・厳選四種盛りは、あまり出ないせいか、肉が解凍し切れていなかったのが残念だった。
・牛ホルモンは、食べ放題クオリティに感じた。
・牛角には15年ぶりくらいの訪問だったけど、いつの間にか炭火がガス火に変わっていた。ガス火の割には焼きやすかったけど、個人的には炭火の方が好みかも。
・焼肉用の箸は金属製(トングを使わずに網から肉を取るため)で、ラーメン用には別途割り箸を持ってきてくれたのは、焼肉屋としてのこだわりが感じられて良かった。
・ラーメンのお気に入り度は、これ単品で食べるなら3点で、焼肉の〆メニューとしてなら3.5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度:
ラーメン単品: ★★★
 (3.0)
焼肉の〆として: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報

【八尾市】牛庵 八尾店

牛庵 八尾店 【特製冷麺】

特製冷麺

特製冷麺の麺

■来店の経緯等
・2017年9月3日(土)、昼と夕方の合間の時間に初の訪問。
・「牛庵」は、ゼンショーホールディングス系列の焼肉・しゃぶしゃぶチェーン店。メニューにラーメンがあるので、興味を持ち訪問してみた。

■食べたメニュー
・焼肉食べ放題「牛庵コース」(クーポン使用で2678.4円)
※クーポンを使わない場合の価格は2786.4円
・ドリンクバー(クーポン使用で108円)
※クーポンを使わない場合の価格は313.2円

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は15時44分頃。外待ち無しの先客1組ぐらい。

牛庵 八尾店

牛庵 八尾店

・2人用のテーブル席に座り、メニューを見て焼肉食べ放題の一番安いコースを注文。ちなみに、しゃぶしゃぶ食べ放題の方が一番安いコースの値段は安いけど、カルビラーメンが注文可能な焼肉の方を選択。
・飲み物は、ドリンクバーを選択。

ドリンクバー

・牛庵コースで初回に出てくるのは、カルビとロース。

カルビとロース

・火はガス火で、石か何かを加熱して網で焼く方式。網の上の火力は不均一で、一部分だけ火力が強かった。

カルビとロース

・最初のコース注文だけ店員さんへの注文で、追加注文はタッチパネル。
・キムチ、ナムル。

キムチ、ナムル

・焼き野菜。

焼き野菜

・ハラミ、焼きしゃぶロース、中落ちカルビ。

ハラミ、焼きしゃぶロース、中落ちカルビ

・サンチェ。

サンチェ

・鶏の唐揚げ。冷凍食品っぽいけど、ちゃんと注文後に揚げてあった。

鶏の唐揚げ

・あぶりカルビ、牛庵カルビ。

あぶりカルビ、牛庵カルビ

・秘伝の壺カルビ。小さな壺の中に、肉が一枚と白ネギが一本入っていた。

秘伝の壺カルビ

・トロテッチャン味噌、テッチャン味噌。同じ皿での提供で、2品の違いがよく分からなかったけど、脂身がよく付いていたのが良かった。

トロテッチャン味噌、テッチャン味噌

・コリコリすじ焼き塩、焼きシャブ塩、牛庵カルビ塩。牛肉系の食べたいメニューを一通り食べたので、二周目として塩シリーズに突入。

コリコリすじ焼き塩、焼きシャブ塩、牛庵カルビ塩

・ハラミ塩、カボチャ。

ハラミ塩、カボチャ

・エビフライ。こちらも冷凍食品っぽかったけど、ちゃんと注文後に揚げてあった。

エビフライ

・ラストオーダーの時間が近づいてきたので、〆のラーメンを注文しようと思いタッチパネルで麺メニューを見たところ、「カルビラーメン」と「濃厚鶏白湯ラーメン」の両方とも品切れにより注文不可だったので、仕方なく「特製冷麺」を注文。
・特製冷麺は、金属製の容器での提供で、量はやや少なめ。後でレシートを見たところ、ハーフサイズだった模様。
(トップの写真からかなり離れているので、もう一度貼っときます^^)

特製冷麺

特製冷麺の麺

■麺
・長方形で少しウエーブのかかった、中くらいの太さの麺。
・冷麺らしくコシが強めの歯ごたえで、ゴワッとした固さも少し感じた。
・スープとの絡みは割とあっさりしているけど、バランスは取れていて、サクッと食べられる感じ。

■スープ
・冷たい清湯。
・あっさりとしてサッパリとした味付けで、程よい旨味があった。
・味変化用の酢は使わずに完食した。

■具材
・チャーシュー、ゆで卵、キムチ、キュウリ。
・チャーシューは、やや厚みのある豚の赤身スライス。
・ゆで卵は半分切り。
・キュウリは細長いカット。

■カルビクッパ

カルビクッパ

・冷麺と一緒にラストオーダーで注文し、冷麺の後で食べた。
・こちらはフルサイズだったのか、ご飯の量が多くて、冷麺の後に食べるとお腹パンパンになった。
・カルビは、注文後に焼いたカルビではなくて、予め加工してある肉のように感じた。

■デザート

チョコブラウニーのパフェ

・冷麺と一緒にラストオーダーで注文。1人1品のみ注文可能で、4種類の中から「チョコブラウニーのパフェ」を選択。
・カルビクッパを完食した後で食べた。

■全体的な味の感想
・今まで、焼肉屋で冷麺を食べたことはほとんど無いけど、焼肉を食べた後の冷麺は結構旨いと思った。
・食べ放題コースの焼肉は、「すたみな太郎」以上「ワンカルビ」未満といった感じで、値段から考えると結構頑張っていた印象。一番安いコースながら、牛肉だけでそこそこ楽しめたのが良かった。テッチャン系も、きちんと脂が乗っていたのが良かった。

■お気に入り度: (ラーメンが品切れだったのでお気に入り度無し)

■お店の情報

【天理市】すたみな太郎 天理店

すたみな太郎 天理店 【ラーメン】

ラーメン

ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2017年7月8日(土)の晩に初の訪問。
・「すたみな太郎」は、東京に本社のある「株式会社 江戸一」系列の食べ放題セルフバイキングチェーン店。メニューにラーメンがあるということで、興味を持ち訪問してみた。

■食べたメニュー
・ディナー90分コース(2037円)
・ドリンクバー(250円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は20時21分頃。外待ち無しの先客多数。

すたみな太郎 天理店

・最初に店内入口のレジでコースを選択し、先にお金を払う。ちなみに、後で調べたところ、ドリンクバーはインターネットでクーポンを入手しておけば無料になった模様。
・テーブル席に案内されて座る。
・料理やドリンクバーはすべてセルフサービス。

ドリンクバーのドリンク

・最初は寿司。一皿目は、まぐろ、しめさば、やりいか、えび、黒ミル貝、サーモン、ビンチョウ。

寿司(一皿目)

・二皿目は、玉子、うにたらこ、ツナ、納豆、いくら。
・握り寿司は、握ってあるというよりは、シャリの上にネタを乗せてあるという感じ。100均の回転寿司チェーンと較べると、シャリはそれほど変わらない感じだったけど、ネタが全体的に安めだった印象。

寿司(二皿目)

・次は総菜。鶏の唐揚げ、手羽先揚げ、ポテトフライ、たこ焼き、揚げ餃子。
・ビアガーデンとかの食べ放題料理と似た感じ。

総菜

・次は焼肉。一皿目は、スタミナ上ロース、旨味カルビ、手切りひとくち牛サガリ、WASABIカルビ。

焼肉(一皿目)

・スタミナ上ロースは、やや固めの歯ごたえだったけど、自分で焼くのは楽しい。

スタミナ上ロース

・手切りひとくち牛サガリも、やや固めの歯ごたえ。

手切りひとくち牛サガリ

・二皿目は、黒毛牛カルビ、ひとくちカルビステーキ(塩)、極厚カルビ(辛味噌味)、手切り大判豚はらみ。

焼肉(二皿目)

・黒毛牛カルビは、今回食べたカルビ系の中では脂身が旨かった。

黒毛牛カルビ

・ひとくちカルビステーキ(塩)も、脂身が柔らかだった。

ひとくちカルビステーキ(塩)

・極厚カルビ(辛味噌味)は、厚切りのせいか、カルビの割には歯ごたえがしっかりしていた。

極厚カルビ(辛味噌味)

・手切り大判豚はらみは、大きくて、プリッとした弾力の強い膜状の部分が付いており、固くはないけど噛み切りにくかった。

手切り大判豚はらみ

・三皿目は、牛プルコギ、スタミナ牛ホルモン塩ニンニク風味。

焼肉(三皿目)

スタミナ牛ホルモン塩ニンニク風味

・最後はラーメン。
・振りザルを使って、セルフで冷凍麺を茹でた。茹で時間は30秒。

麺類のセルフ調理コーナー

・容器に麺を入れた後、セルフでスープを掛けて具をトッピングした。
(トップの写真からかなり離れているので、もう一度貼っときます^^)

ラーメン

ラーメンの麺

■麺
・四角い中細麺で、少し縮れたウエーブ。
・少し色が付いていて、表面が滑らかで少しプリッとしていて、固さや芯はないながら多少引き締まった感じのある歯ごたえ。
・スープとの絡みは、スープの醤油ダレの味が適度に絡んでいて、割とあっさりながらバランスは取れていたかも。

■スープ
・清湯の醤油。
・最初からスープの中にタレが混ざっていて、油は少なめ。
・出汁は、あっさりしていて、何かよく分からない感じ。獣系不使用の和風出汁のように感じたけど、違うかも。
・タレの醤油は少し濃いけど、スープと馴染んだような丸みがあって、カドはない。
・味付けは、醤油の味とタレの旨味がスープの味を作っている感じで、タレの甘味とかはなかったと思う。
・刺激感とかはない。

■具材
・ワカメ、コーン、青ネギ輪切り。セルフでのトッピング。
・コーンは、サラダコーナーに置いてあったやつで、スープと合っていた。

■全体的な味の感想
・冷凍麺を使ったセルフ調理のラーメンで、味云々よりも、自分で作るのが楽しかった。
・スープは油少なめなので、自分で焼いた肉をトッピングして油っ気を足しても良さそうに思った。
・焼肉は、輸入肉の安めの部位がメインで、少しでも安い値段で肉を沢山食べたい人向きかも。
・お気に入り度は、ラーメン単体が2.5点、その他個別の食べ放題メニューが2.5点で、トータルでは、自分で肉を焼いたりラーメンを作ったりする楽しさ込みで3点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度:
ラーメン単体: ★★☆
 (2.5)
トータル: ★★★ (3.0)

■お店の情報

【大阪市東成区】鶴橋酒場 情熱ホルモン

鶴橋酒場 情熱ホルモン 【しじみラーメン】

しじみラーメン(529.2円)

しじみラーメンの麺

■来店の経緯等
・2017年6月の平日の晩に初の訪問。
・「情熱ホルモン」は、大阪市に本社のある「五苑マルシン株式会社」系列の焼肉チェーン店。メニューにラーメンがあるということで、興味を持ち訪問してみた。
・ちなみに、鶴橋駅付近には、チェーン店じゃない焼肉屋も多数あるけど、麺メニューは冷麺かビビン麺のみのお店が多数で、ラーメンを提供する焼肉店はほとんど無い。

■食べたメニュー
・ビール「エクストラコールド」(クーポン使用で無料)
・名物黒ホルと赤身充実セット(2149.2円)
・にんにく(205.2円)
・爽快!ハイボール(205.2円)
・ツラミ(529.2円)
・テッチャン(637.2円)
・日本酒シングル(燗)(421.2円)
・黒ホル(421.2円)
・焼酎「金黒(芋)」お湯割り(313.2円)
・しじみラーメン(529.2円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無し。

鶴橋酒場 情熱ホルモン

・店内は1階と2階に分かれていて、1階は先客7人。
・1階のテーブル席に座り、メニューを見て注文。最初は、ワンドリンクサービスのクーポンを使って「エクストラコールド」を注文。

ビール「エクストラコールド」(クーポン使用で無料)

・続けて、「名物黒ホルと赤身充実セット」と「にんにく」を注文。また、これらを焼いている途中で、「爽快!ハイボール」を追加注文。

名物黒ホルと赤身充実セット(2149.2円)

爽快!ハイボール(205.2円)

・厚切り牛タンは、厚みがあって食べごたえのある歯ごたえに、適度にジューシーな味。
・ヘレロースは、柔らかくて旨い。

名物黒ホルと赤身充実セット(左)

・ゲタカルビは、程よく脂が乗っていてジューシー。
・カルビは、脂が乗っていて、プルッとした歯ごたえ。
・上ハラミは、柔らかな厚みのある歯ごたえがいい感じ。
・黒ホルは、牛の脂が甘い。

名物黒ホルと赤身充実セット(右)

・次は、「ツラミ」と「テッチャン」と「日本酒シングル(燗)」を追加注文。

日本酒シングル(燗)(421.2円)

・ツラミは、ペラッと薄切りで、程よくジューシーな繊維感のある歯ごたえ。薄切りのせいか、今回食べた中ではやや満足度が低かったかも。

ツラミ(529.2円)

・テッチャンは、プリッとした弾力のある歯ごたえと、脂の甘味とのハーモニー感のある味わい。

テッチャン(637.2円)

・次に、「黒ホル」と「芋焼酎(金黒)のお湯割り」を追加注文。

焼酎「金黒(芋)」お湯割り(313.2円)

・黒ホルは、先にセットで食べたけど、再度単品で注文。よく焼いた方が旨い。個人的には、黒ホルよりもテッチャンの方が旨かった気がした。

黒ホル(421.2円)

・最後に、「しじみラーメン」を注文。
・注文から提供まで6分。
(トップの写真からかなり離れているので、もう一度貼っときます^^)

しじみラーメン(529.2円)

しじみラーメンの麺

■麺
・長方形で、少し縮れたウエーブがかかった、中くらいの太さの麺。
・少し色が付いていて加水中くらいで、カンスイが多少効いていて、噛むと多少の張りを感じてスッと切れる感じの歯ごたえ。居酒屋のラーメンでよくある感じの麺。
・スープとの絡みは、ややあっさりしている。スープの旨味と塩気が程よくサラッと絡んでいた。

■スープ
・清湯のしじみ塩。
・あっさりしていて、油は少なめ。
・出汁は、ベースがよく分からない感じで、具のしじみの出汁の旨味を多少感じる味わい。
・タレの塩は、塩気が穏やか。
・味付けは割とマイルドで、塩ダレの旨味と優しい塩のコクがあって、あっさりとした出汁とのバランスも取れていた印象。
・刺激感とかはない。

■具材
・しじみ、水菜、白髪ネギ。
・しじみは9個で、大きさはそこそこ。身は柔らかくて、多少の旨味があった。
・水菜は、軸のシャリっとみずみずしい歯ごたえがあった。

■全体的な味の感想
・しじみがそこそこ大きいのは良かったけど、丼が小さくてボリューム控えめで、麺が居酒屋のラーメンっぽくて普通だった印象。
・焼肉は、チェーン店クオリティながら食べ放題店よりは上という感じで、ガス火じゃなくて炭火なのが良かった。個人的には、名物の黒ホルよりもテッチャンの方が旨かった。
・ラーメンのお気に入り度は、麺が3点、しじみが3.5点で、トータルでは3点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★ (3.0)
※ラーメン単体のお気に入り度

■お店の情報

【奈良市中町】ワンカルビ 学園前店

ワンカルビ 学園前店 【濃厚魚介醤油つけ麺】

濃厚魚介醤油つけ麺

濃厚魚介醤油つけ麺の麺

■来店の経緯等
・2014年11月2日(日)の晩に初の訪問。
・ワンカルビは、関西エリアを中心に展開している焼肉食べ放題チェーン店。学園前店は初訪問だけど、他の店舗には何回か行った事があり、ワンカルビ自体には1年ぶりの訪問。
・単に食べ放題系の焼肉を食べたいと思って訪問したところ、メニューにつけ麺があったので、〆で食べてみた。

■食べたメニュー
・食べ放題コース(3218円)
・飲み放題プラン(1058円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は17時33分頃。待ちリストに名前を書いて店内で待つ。
・到着から約1時間待ちで、テーブル席に案内されて座る。
・「食べ放題コース」と「飲み放題プラン」を注文。
・最初の注文は、生ビール

生ビール

・ねぎ塩タン

ねぎ塩タン

・「上カルビ」と「上ハラミ」

「上カルビ」と「上ハラミ」

・上カルビ焼きすき(玉子付)

上カルビ焼きすき(玉子付)

・デジカルビセット(チシャ菜付)

デジカルビセット(チシャ菜付)

・2回目の注文は、生まっこり

生まっこり

・ワンカルビ

ワンカルビ

・上ロース

上ロース

・ミスジ焼きすき(玉子付)

ミスジ焼きすき(玉子付)

・塩ダレコリコリ

塩ダレコリコリ

・3回目の注文は、美ら島(泡盛)ロック

美ら島(泡盛)ロック

・塩豚トロ

塩豚トロ

・塩ダレ上カルビ

塩ダレ上カルビ

・焼しゃぶカルビ

焼しゃぶカルビ

・上ロース焼きすき(玉子付)

上ロース焼きすき(玉子付)

・4回目の注文は、日本酒熱燗

日本酒熱燗

・「てっちゃん」と「上ミノ」

「てっちゃん」と「上ミノ」

・角切りカルビ

角切りカルビ

・鶏もも

鶏もも

・焼肉はこれぐらいで終わりにして、〆の「濃厚魚介醤油つけ麺」を注文。
・注文から提供まで11分。
(トップの写真からかなり離れているので、もう一度貼っときます^^)

濃厚魚介醤油つけ麺

濃厚魚介醤油つけ麺の麺

■麺
・四角くてウエーブのかかった太麺。あつもりというか、水で締めていない麺。
・加水やや高めの、表面滑らかで、適度にプリッとした弾力のある麺質。
・麺の味は、多加水系の旨味を感じる味わい。
・つけ汁との絡みは、つけ汁のタレと魚粉の旨味が程よく麺に絡んでいて、バランスは割と取れていた印象。

■スープ
・獣系魚介醤油。
・割とサラッとしているけど、ほんの少しだけトロッとしている。
・出汁は、恐らくは獣系ベースに魚介。獣系はややタレが勝っている感じ。
・魚介は、節系と煮干の魚粉味。
・タレの醤油は程よい強さで、タレの旨味と甘味がしっかりしていて、よく整った味付け。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューはやや薄切りのスライス。柔らかい中にやや調った感じのある、加工品っぽい歯ごたえと味付け。
・柚子皮は細長いカット。少しつけ汁に馴染んだ感じがあって、柚子の風味は強くはないながら、口に入るとつけ汁に対してよく主張していた。
・その他、フリーズドライっぽい細かいカットのネギが入っていた。

■デザート
・ラストオーダーは、コースデザートの「旬フルーツの杏仁豆腐」

旬フルーツの杏仁豆腐

・サントリー角(ロック)

サントリー角(ロック)

■全体的な味の感想
・麺は、水で締めていない感じながらもプリッとした弾力があって、つけ汁の旨味がよく絡んでいた。
・つけ汁は、醤油ダレの味付けと魚粉の旨味とがバランス良く組み合わさっていて、よく調った味わいだった。
・具は、つけ麺単品ではやや寂しかった気がしたけど、食べ放題コース全体で考えれば悪くはないのかも。
・お気に入り度は、つけ麺単品では2.5点で、食べ放題コースのトータルでは3点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度:
つけ麺単品: ★★☆
 (2.5)
トータル: ★★★ (3.0)

ワンカルビ 学園前店(食後に撮影)

■お店の情報

【大阪市中央区東心斎橋】和ばぁる 魁

和ばぁる 魁 【混ぜつけ麺 だにえるパンチ】

混ぜつけ麺 だにえるパンチ(800円)

混ぜつけ麺 だにえるパンチの麺

■来店の経緯等
・2013年3月の平日の晩、4か月ぶり、2回目の訪問。
・この日は、ゆっくり飲んだ後に、〆でラーメンを食べたいと思い、このお店に訪問した。

■食べたメニュー
・ザ・角瓶ハイボール(390円)
・お通し(値段は書きませんが高くはないです)
・鶏天おろしゆず胡椒ポン酢(500円)
・薩摩茶屋(湯割り)(600円)
・溶岩焼き(時価:この日は880円)
・混ぜつけ麺 だにえるパンチ(800円)

■お店への到着から着丼までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客20人。前回訪問時よりも賑わっていたが、カウンター席は空いていた。
・店員さんは4人で、男性3人と女性1人。女性店員と調理担当の男性店員は前回と同じ顔ぶれだが、イケメンの男性店員2人が増えていた。ちなみに、女性店員さんは「マネージャー」と呼ばれていて、お店を仕切っていた。
・カウンター席に座ると、オシボリを出してくれた。
・このお店は酒場なので、周囲のお客は煙草を吸っている。
・とりあえず、一杯目は「ザ・角瓶ハイボール」を注文。

ザ・角瓶ハイボール(390円)

・ハイボールを飲んでいると、お通しが出てきた。
・お通しは、あっさりと甘くて薄い味付けの、牛肉スライスの煮物。牛肉は柔らかかった。

お通し

・メニューを見て、「ちきん南蛮」を注文したところ、タルタルソースが無くなって売り切れとの事だったので、代わりに「鶏天おろしゆず胡椒ポン酢」を注文。
・大きいお皿に鶏天4個と多めの野菜が入っていて、サラダ感覚の一品。
・野菜は、水菜とレッドオニオンのみずみずしいシャキシャキ感と、おろしのサッパリとした甘味混じりの苦味がマッチしていた。
・ポン酢は、あっさりとナチュラルで酸味の強くない柚子の味わい。
・鶏天は、肉はモモ肉で、プリッと柔らかくてジューシー。衣は薄くて適度にカリッとしていて、醤油系の旨味のある味付けで、衣と肉とのバランスも良好だった。

鶏天おろしゆず胡椒ポン酢(500円)

・2杯目は、芋焼酎の「薩摩茶屋(村尾酒造@鹿児島県)」を注文。お湯割りでお願いしたところ、わざわざお湯を沸かしてくれた。
・焼酎はあまり詳しくないが、濃厚な芋のコクが鼻に抜けていく感じで、角ハイボールよりも旨かった。

薩摩茶屋(湯割り)(600円)

・次は、メニューに「当店のイチ押し」と書いてあった「溶岩焼き」を注文。値段が書いてないので女性店員さんに聞いたところ、日によって仕入れる肉が違うのと、枚数を自由に選択可能との話だった。説明をよく聞いた上で、「牛タン」と「牛マリネ熟成肉」を2枚ずつ注文。

溶岩焼き(時価:この日は880円)

・牛タンは、女性店員さんの話では、ネギを乗せて食べるとの事だった。
・分厚くて、滑らかでプリッとした弾力のある歯ごたえ。
・ネギには、ピリッとした塩ダレとゴマ油の味付がしてあり、牛タンの肉の味とよく合っていて旨かった。

溶岩焼き(牛タン)

・牛マリネ熟成肉は、女性店員さんの話では、油に浸けた肉との事だった。
・しなやかでズシッと重めの歯ごたえに、浸けた油の甘く香ばしい風味がよく染み込んだ味わいで、その分、肉や牛脂のコクは控えめ。
・1枚ずつ塩とタレに付けて食べたが、個人的には、塩の方が合うと思った。

溶岩焼き(牛マリネ熟成肉)

・最後の〆に「混ぜつけ麺 だにえるパンチ」を注文。先に他のお客さんから9人分の麺メニューの注文が入ったので、少し時間がかかるとの事だった。
・注文から着丼まで19分。女性店員さんから、上の方に辛味噌があるので、最初は混ぜずに底の方から食べて、次に混ぜてから食べて、最後に別皿に麺を付けて食べるとの説明があった。

■麺
・長方形の太麺縮れ。温かい麺。
・加水低めで縮れ麺らしいボリューム感と主張がありながら、ゴワッとはし過ぎていない麺質。食感は、固くなくて程よい弾力と主張のある歯ごたえ。
・麺の味は、低加水らしい粉の味がしっかりしている。
・タレとの絡みは良好。タレの味がよく絡みながら、麺の味もしっかりしている。

■タレ
・和風醤油ベースの辛味噌ダレ。
・あっさりしていて油は少なめ。
・底の方のベースのタレは、汁気があって、鰹の風味がよく効いた中に醤油の旨味のある味わい。
・上の方の辛味噌を混ぜると、辛味のパンチがガツンと来る。辛味噌は、辛味と刺激感のバランスが取れている。後で調べたところ、肉味噌という話もあるみたいだが、肉の食感や旨味は感じなかった気がする。
・別皿は、つけ汁じゃなくて溶き卵。
・麺を溶き卵に付けて食べると、辛味噌の辛味がマイルドになって、すき焼きみたいに卵の丸みとトロミにコーティングされた感じになる。

■具材
・具は、揚げ玉と細く切った白ネギとカイワレ。
・揚げ玉は、固めに揚げてあるのがタレによく馴染んで柔らかくなっており、油の丸みと口当たりをプラスしていた。
・白ネギとカイワレは、苦味は控えめでサッパリ感があった。
・その他、前回食べた中華そばにも入っていた、黒いフライドオニオンも入っていて、香ばしい風味がアクセントになっていた。

■全体的な味の感想(麺メニュー)
・これは、混ぜつけ麺というよりは、単に溶き卵が別皿で付いたまぜ麺だと思った。
・油っ気が少なめの和風テイストの中に、辛味噌のパンチを効かせた味わいで、重たくないので、飲んだ後でも楽に食べられるのは良いと思った。
・麺を溶き卵に付けると、辛味噌のパンチが和らぐのは良い感じだが、麺の味や食感はあまり引き立たないかも。
・個人的には、まぜ麺としては、もう少し肉や油のガッツリ感が欲しい気がした。また、飲んだ後の〆としてなら、前回食べた中華そばの方が合っていると思う。

■その他の感想
・正直言って、麺メニュー以外の料理の方が旨かった。
・リーズナブルな価格のお店ながら、味付けや調理はきちんとしていて、少なくともチェーン店の居酒屋よりは旨いと思った。

■お気に入り度:
麺メニュー: ★★★☆
 (3.5)
その他の料理: ★★★★ (4.0)
※普段は麺メニューだけのお気に入り度だが、今回は、麺メニュー以外の料理の方が気に入ったので、「その他の料理」のお気に入り度も付けてみた。

■お店の情報
プロフィール

かもしか

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。
2017年3月12日レギュラー更新終了。現在は不定期更新。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【12件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【21件】
2017年 07月 【30件】
2017年 06月 【15件】
2017年 05月 【20件】
2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ