【伊都郡かつらぎ町】ラーメン倉庫

ラーメン倉庫 【醤油豚骨ラーメン】

醤油豚骨ラーメン(600円)

醤油豚骨ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2017年2月19日(日)の昼に初の訪問。
・このお店は、農家の倉庫を使った季節営業で、2017年は2月5日から3月26日までの日曜昼のみの8回だけ営業。

■食べたメニュー
・醤油豚骨ラーメン(600円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の9時45分頃。既に33人ぐらい待っている。

ラーメン倉庫

ラーメン倉庫(営業案内の看板)

・最初に整理券を受け取ってから、座って待つ。整理券には目安の時間帯が書いてあるけど、順番は書いていないので、並んだ順になるとの説明を受ける。
・10時39分、店主さんの挨拶があり、開店。一巡目で入店できずに外で待つ。
・開店から25分待ちで入店。テーブル席に座り、整理券を渡して注文。
・店内の店員さんは5人で、男性1人と女性4人。
・店内は、四人掛けテーブルが9つ。

ラーメン倉庫(倉庫内の厨房)

ラーメン倉庫(倉庫内の客席)

・注文から提供まで11分。水はラーメンと一緒に出してくれた。

■麺
・四角くて少しウエーブのかかった、中くらいの太さの麺。
・少し黄色くて加水中くらいか少し高めの、表面が滑らかで、カンスイが効いて少しプリッとした感じの粉の張りと結合感のある麵質。食感は、ヤワさのない程よい茹で加減で、当たりは滑らかで割と優しいながら、嚙むと多少のコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、カンスイが効いて多少の水を含んだような旨味を感じる。
・スープとの絡みは、それほど強くなかったけど、麺を食べるという意味ではバランスは取れていたと思う。麺に絡んだスープを味わうような感じは控えめだったかも。

■スープ
・獣系醤油。丼に対してスープの量はやや少なめに感じた。
・白濁はしていないけど、ほんの少しトロットした丸みを感じる口当たり。多少の細かい背油が浮かんでいて、油は多くないながら、スープと少し馴染んでいる感じ。
・出汁は獣系で、恐らくは豚骨メイン。どちらかといえば清湯に近い感じの、乳化までは行かないながら少し丸みがあって、豚っぽい風味とかは割と控えめな味わい。獣系出汁感はあるけど、たれとのバランス的にはややあっさりに感じたかも。
・タレの醤油はやや濃くて、醬油のコクと風味がしっかりしている。
・味付けは、醤油のコクにタレの旨味と出汁や油の丸みとがバランスよく組み合わさっていて、濃い味過ぎずに醤油ダレが主役に感じるバランス。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りで少し厚みのあるバラスライス。やや小振りのが3枚くらい。トロッと柔らかめの歯ごたえに、旨味があって醤油のコクを少し感じるタレの味付けと、脂身の丸みとが組み合わさった味。
・メンマは平べったい。滑らかで噛むとポリッと切れる歯ごたえに、タレか何かの風味を程よく感じる味付け。
・カマボコは2枚。薄切りでペラッとした張りを感じる歯触り。
・青ネギ輪切りは小口で細め。多少の歯触りがあった。

■全体的な味の感想
・麺は、中くらいの太さで、少し黄色くてカンスイが効いていて、当たりは滑らかながら噛むと多少のコシを感じる歯ごたえがあった。
・スープは獣系醤油で、出汁は清湯に近いながらほんの少しトロッとした丸みがあって、醤油ダレのコクと旨味が主役の味わい。
・具は、チャーシューがトロッと柔らかくて、旨味があって醤油のコクを少し感じる味付けが脂身の丸みと組み合わさっていた。
・スープの醤油ダレが主役の和歌山ラーメン。
・お気に入り度は、最初の印象が3.5点、後半が3.0点で、トータルでは期間限定営業の倉庫で食べるシチュエーション込みで3・5点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★☆ (3.5)

■お店の情報
スポンサーサイト

お知らせ

レギュラー更新終了のお知らせ

当ブログのレギュラー更新は、2017年1月29日(日)に食べたラーメンの記事で終了となります。

2011年11月27日(日)に当ブログを開始して以降、食べたラーメンのほぼ全てのレポをブログ記事として投稿してきましたが、もう歳なのと、他にいろいろ忙しくなってきたことから、2017年1月末までに食べたラーメンを以って、食べたラーメン全レポのスタイルを卒業することにしました。

今後は、ブログに書くことよりも食を楽しむことを優先して、たまに気が向いた時だけブログを不定期更新するスタイルで、一生ラーメン食べます。

【春日井市】らぁ麺 飛鶏

らぁ麺 飛鶏 【鶏そば+煮玉子】

鶏そば(670円)+煮玉子(100円)

鶏そばの麺

■来店の経緯等
・2017年1月29日(日)の晩に初の訪問。

■食べたメニュー
・鶏そば(670円)
・煮玉子(100円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前の18時12分頃。既に17人待ち。

らぁ麺 飛鶏

・開店は18時31分。一巡目で入店できずに外で待つ。
・開店から34分待ちで入店。
・最初に店内入口の券売機で食券を買い、店内で座って待つ。「鶏白湯そば」も気になったけど、初訪問なので、券売機に「おすすめ」と書いてあった「鶏そば」を選択。
・店内で待っている間、先に食券を渡して注文。
・入店から4分待ちで、厨房対面のカウンター席に座る。
・店員さんは男性2人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・店内に「春よ恋ストレート」の袋が飾ってあった。
・椅子の下に荷物入れのカゴが置いてあった。
・カウンター席は、隣との間隔が広め。
・着席から提供まで13分。

■麺
・平打ちでウエーブのかかった太麺。
・色が薄くて加水高めの、表面がツルッと滑らかで、カンスイが少し効いてプルッとした粉の張りとふくらみを感じる麺質。食感は、少し柔らかめの茹で加減で、プルッとしてモチッとした優しい弾力とコシを感じる、心地よい歯ごたえ。
・麺の味は、多加水系で、ややあっさりとした粉の旨味と優しい甘味を感じる、強い味ではないけどリッチな味わい。
・スープとの絡みは、スープの旨味と醤油の風味が程よくサラッと絡んでいた。ややあっさりながら、麺の味も強くないので、バランスは取れていたと思う。

■スープ
・清湯の鶏醤油。
・あっさりしていて、多少の油が浮かんでいる。
・出汁は鶏の獣系。メニュー案内では、鶏100%と書いてあった。適度な旨味を感じる出汁感があって、鶏油混じりの鶏のコクとかは割と控えめな味わい。流行りのネオ醤油ラーメンとしては、鶏油感はおとなしめでマイルドだった印象。
・タレの醤油は、多少の風味があるけど、フレッシュなコクとかはそれほど強くなくて、風味と旨味とのバランスの取れた味わい。最初の方は、ほのかな酸味も感じたけど、途中から感じなくなった。
・味付けは、生醤油の適度に丸みのある旨味があって、インパクトとかは強くなくて、鶏出汁の旨味と組み合わさっていた。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、鶏と豚の二種類。
・豚チャーシューは、やや厚切りでレア気味の赤身スライス。脂身少なめで、ムチッと滑らかで柔らかな肉の張りを感じる歯ごたえに、ややマイルドな旨味を感じる味付けが、閉じ込められた肉の旨味を引き立てている感じの味わい。
・鶏チャーシューは、厚切りでやや細長い形状のムネ肉スライス。柔らかな張りがあって歯切れの良い歯ごたえに、あっさりとした旨味を感じる味。サイドの片側に薄皮みたいなのがあって、胡椒が付いていた。筋っぽさを多少感じる薄皮の歯ごたえに、胡椒の香味を少し感じた。
・追加トッピングの味玉は一個。黄身は、トロッとして少し柔らかめの半熟。味付け控えめで、卵自体の濃厚さを感じた。
・メンマは細い。乾燥メンマを戻した感じのコリッとした繊維感のある歯ごたえに、噛み締めると風味を少し感じる歯ごたえ。
・白ネギ輪切りは、少しスープに馴染んだ感じの、優しい歯触りと風味があった。
・三つ葉は、葉の部分がメインだったと思う。

■全体的な味の感想
・麺は、加水高めの平打ち太麺で、プルッとしてモチッとした優しい弾力とコシを感じる、心地よい歯ごたえ。麺の味は、ややあっさりながらリッチな味わいがあって、スープの旨味と醤油の風味が程よくサラッと絡んでいた。
・スープは、清湯の鶏出汁に、適度に丸みのある生醤油が組み合わさっていた。この手のネオ醤油ラーメンとしては、鶏油感がマイルドで、醤油のフレッシュさとかも控えめな、インパクト押しではない味だった印象。
・具は、チャーシューが豚と鶏の二種類で、個人的には豚チャーシューの方が気に入った。
・三つ葉と豚+鶏チャーシューの組み合わせは、飯田商店インスパイアのアイコン感があった。
・メンマは細くてコリッとしていて、噛み締めると風味を少し感じるのが良かった。
・個人的には、麺が一番気に入った。
・次回訪問する機会があれば、鶏白湯そばの方も食べてみたいと思った。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【名古屋市瑞穂区】らぁ麺や 汐そば雫

らぁ麺や 汐そば雫 【汐そば】

汐そば(760円)

汐そばの麺

■来店の経緯等
・2017年1月29日(日)の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・汐そば(760円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は13時44分頃。外待ち8人。

らぁ麺や 汐そば雫

・到着から9分待ちで入店。
・最初に店内入口の券売機で食券を買い、店員さんに食券を渡して注文。店内で座って待つ。
・入店から11分待ちで、厨房対面のカウンター席に座る。
・店員さんは3人で、男性2人と女性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・厨房の中に、製麺機(リッチメン)が置いてあった。
・着席から提供まで4分。

■麺
・四角い中細麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・色が薄くて加水中くらいかよく分からない感じの、カンスイ感が控えめで、適度に中身が詰まった粉の張りと結合感のある麺質。食感は、程よい茹で加減で、滑らかな粉の密度を感じるコシがあって、噛むとプツンとしてザクッと切れる歯ごたえ。
・麺の味は、あっさりとした粉の味の中に多少の旨味を感じる味わい。
・スープとの絡みは、魚介出汁の風味と旨味がよく絡んで、麺の味を引き立てて食欲をそそっていた。

■スープ
・清湯の魚介塩。
・あっさりしていて、表面を多少の油が覆っている。
・出汁は、清湯獣系ベースの魚介メイン。獣系は、恐らくは鶏で、バランス的には魚介の方が前に出ていた印象。
・魚介は、昆布に煮干か何かが加わった感じの、旨味と風味が強めの味わい。魚粉感はなくて、煮干の苦味とかも感じなかったと思う。
・表面の油は、味に丸みと厚みを付けている感じ。
・タレの塩は、塩のコクを多少感じるけど、塩気は強くない感じ。
・味付けは、適度な塩のコクが魚介の旨味を引き立てていて、強い味ではないけど旨味がしっかりしていた。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、やや厚切りのモモスライス。脂身付きで、固くなくて少しモッチリとしたモモ肉の密度感があって、歯切れの良い歯ごたえ。味は、多少の旨味を感じるマイルドな味付けが、肉の旨味と脂身のコクを強めている感じの味わい。
・メンマは四角くて細い。本数は割と多め。コリッと滑らかでしなやかな歯ごたえがあって、味の主張は控えめ。
・青ネギ輪切りは、多少の歯触りと風味があって、スープの薬味になっていた。

■全体的な味の感想
・麺は中細で、滑らかな粉の密度を感じるコシがあって、噛むとプツンとしてザクッと切れる歯ごたえ。スープとの絡みは、魚介の風味と旨味がよく絡んで、麺の味を引き立てていた。
・スープは、清湯獣系ベースに魚介の旨味と風味が強めに効いた味わいで、塩のコクが魚介の旨味を引き立てて、表面の油が味に丸みと厚みを付けていた。
・具は、チャーシューが脂身付きのモモ肉で、固くなくて少しモッチリとして歯切れのよい歯ごたえがあった。

■お気に入り度: ★★★★☆ (4.5)

■お店の情報

【松阪市】麺や 青雲志

麺や青雲志 【カレーまぜそば】

カレーまぜそば(850円)

カレーまぜそば(850円)

カレーまぜそばの麺

■来店の経緯等
・2017年1月29日(日)の昼、3か月半ぶり、52回目の訪問。2杯食べたうちの2杯目。
(訪問回数は、ブログに書いていない分を含む)

■食べたメニュー
・カレーまぜそば(850円)

■お店への到着から提供までの概要
・入店時に、1杯目の「カキ正油らぁ麺」と合わせて注文。
・提供は、最初に麺が出てきて、麺と底のタレをセルフで混ぜている間に別皿の具が出てきた。

■麺
・平打ちでウエーブのかかった太麺。温かい麺。
・薄い色が付いていて加水中くらいの、表面が滑らかで、カンスイが少し効いた粉の張りと密度感のある麺質。食感は、ヤワさのない程よい茹で加減で、ムチッと中身が詰まっていて、引き締まった張りとコシを適度に感じる歯ごたえ。
・麺の味は、粉の旨味を程よく感じる味わい。
・タレとの絡みは良好。タレの旨味とカレーの風味と油の丸みがよく絡んで、麺とのバランスが取れていた。

■タレ
・カレースパイスダレ。
・適度な油っ気があって、汁っぽさは割と控えめ。ミンチも少し入っていた気がしたけど、麺と混ぜるとミンチはよく分からなかった。
・ベースの旨味と油の丸みに、カレースパイスの風味がバランスよく組み合わさっていて、カレー感はそこそこしっかりしていたけど、辛さやスパイシーさとかは強くなかった印象。

■具材
・具は別皿提供で、麺とタレをよく混ぜた後にセルフで投入。
・チャーシューは、やや厚切りの肩ローススライスの短冊切り。脂身が少し混じっていて、滑らかで多少引き締まった肉の質感のある歯ごたえに、冷えた脂身混じりの肉の旨味を感じる味。冷えていたせいか、ラーメンの具のチャーシューみたいなフワッとした張りは感じなかった気がした。
・メンマは、太いのと細いのの二種類。
・太いメンマは四角くて、噛むとポリッと切れる滑らかで歯切れの良い繊維感のある歯ごたえに、優しくて旨味のしっかりとした煮ダレ系の味付け。
・細いメンマは、全体のバランス的に存在感控えめだったかも。
・ベビースターラーメンは、麺と混ぜて食べると、カリッとした歯ごたえを少し感じた。
・玉ネギは薄切りスライスで、辛味や刺激はなくて、軽快な歯ごたえと、多少のサッパリとした風味があった。
・海苔は小さめにカットしてあった。
・その他、白ネギ輪切りも入っていたと思う。

■全体的な味の感想
・麺は、加水中くらいの平打ち太麺で、ムチッと中身が詰まっていて、引き締まった張りとコシを適度に感じる歯ごたえがあった。
・タレはカレー味で、適度な油っ気があって麺によく絡んでいた。ベースの旨味と油の丸みに、カレーの風味がバランスよく組み合わさっていて、カレー感はそこそこしっかりしていたけど、辛さやスパイシーさとかは強くなかった印象。
・具は、チャーシューがやや厚切りスライスの短冊切りで、冷えていたせいもあってか、ラーメンの具のチャーシューとは食感が少し違っていて、フワッとはしていなかった気がした。
・お気に入り度は、最初の印象が4点、途中が4.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報
プロフィール

Author:かもしか
twitter: https://twitter.com/ramenkmsk

2011年11月27日始動。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 03月 【19件】
2017年 02月 【36件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ