【東大阪市】ミスタードーナツ フレスポ長田ショップ

ミスタードーナツ フレスポ長田ショップ 【濃厚旨味鶏そば】

濃厚旨味鶏そば(486円)

濃厚旨味鶏そば(486円)

濃厚旨味鶏そばの麺

■来店の経緯等
・2017年1月の平日の晩に初の訪問。
・「ミスタードーナツ」は、大阪府吹田市に本社のある「株式会社ダスキン」が展開しているドーナツのフランチャイズチェーン。飲茶メニューとしてラーメンの提供もあるので、興味を持ち訪問してみた。

■食べたメニュー
・陳健一監修本格中華 秋冬メニュー(期間限定商品)の「濃厚旨味鶏そば」(486円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には外待ち無しの先客1人。

ミスタードーナツ フレスポ長田ショップ

・最初にレジカウンターで注文。先払い後、テーブル席で座って待つ。
・店員さんは女性2人。
・注文から提供まで4分。水はラーメンと一緒に提供。
・丼は小さくて、サイズ的にはミニラーメンといった感じ。

■麺
・四角い細麺で、少しウエーブのかかったストレート。
・多少黄色くて加水中くらいか少し高めの、表面が滑らかで、カンスイのよく効いた粉の張りと優しい結合感のある、細身の麺質。食感は、固さのない茹で加減で、ムニュッと滑らかで線の細い張りがあって、噛むとプツッと切れる軽快な歯ごたえ。
・麺の味は、やや多加水系で多少の旨味を感じる。
・スープとの絡みは、ややあっさりしていたけど、細麺なのでバランスは取れていた印象。スープの優しい旨味と塩気に、鶏肉混じりの出汁の風味が程よくサラッと絡んで、スープの鶏っぽさを感じる味わい。

■スープ
・清湯の鶏塩。
・割とあっさりした中に、多少の丸みを感じる口当たり。
・出汁は鶏の獣系メインで、野菜系も入っているかも。獣系は、鶏の肉や脂も一緒に煮込んだような、鶏肉の出汁っぽいコクや風味をそこそこ感じる味わい。
・タレは塩ベースで、塩気や塩のコクは強くなくて、ややマイルドで程よい塩梅。
・味付けは、多少の旨味があって、出汁の鶏感を生かしながらバランスよく味を調えていた感じ。
・刺激感はない。

■具材
・鶏肉はやや小さめのカット。柔らかめの張りが少しあって歯切れの良い歯ごたえに、塩系の旨味を少し感じる味付けで、鶏肉のクセというかコクをほんのりと感じる味わい。
・青菜は、恐らくは小松菜で、小さめのカット。シャリッと柔らかな歯ごたえに、多少のコクを感じる味。

■全体的な味の感想
・麺は細麺で、カンスイがよく効いてムニュッと線の細い張りがあって、噛むとプツッと切れる軽快な歯ごたえ。スープとの絡みは、出汁の鶏っぽい風味が程よくサラッと絡んでいた。
・スープは清湯の鶏塩で、鶏の肉や脂も一緒に煮込んだような、鶏肉の出汁っぽいコクや風味をそこそこ感じる味わいで、タレの味付けも出汁の鶏感を生かしていた印象。
・具は、鶏肉のやや小さなカットが入っていて、スープの鶏感を強めていた。
・丼は小さめで、サイズ的にはミニラーメンぐらいに感じた。この日は二軒目だったので単品にしたけど、セットメニューで注文する向きかも。
・お気に入り度は、最初の印象が3点、後半が3.5点で、トータルでは3点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★ (3.0)

■お店の情報
スポンサーサイト

【大阪市中央区】しあわせのらーめん ミゥ

しあわせのらーめん ミゥ 【とんこつラーメン】

とんこつラーメン(650円)

とんこつラーメンの麺

■来店の経緯等
・2017年1月の平日の晩に初の訪問。

■食べたメニュー
・とんこつラーメン(650円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着時には先客無し。後客1人。

しあわせのらーめん ミゥ

・厨房対面のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・店員さんは男性1人。
・水はカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで4分。

■麺
・四角くて少しウエーブのかかった細麺。中細寄りの細麺。
・少し黄色くて加水中くらいか少し低めの、カンスイが少し効いて卵も入ったような、軽快に引き締まった粉のふくらみを感じる麺質。食感は、程よい茹で加減で、ほんの少しコシがあって適度にサクッと切れる感じの歯ごたえ。
・麺の味は、粉の味に卵も入ったような、程よい旨味を感じる味わい。
・スープとの絡みは、スープのトロミと熱さが適度に絡んでいた。味の絡みはややマイルドながら、獣系出汁の風味がよく絡んでいた印象。

■スープ
・白濁した獣系。
・ややトロッとしていて、油が少し溶け込んでいる。
・出汁は豚骨メインの獣系。ゼラチン感が少しあって、粘度は高くないけどトロッとしていて、豚骨の出汁感を多少感じる味わい。マッタリとしたクリーミー感とか豚骨のコクとかはそれほど強くないながら、麺との絡みでは獣系出汁の風味がよく絡んでいて、そこそこの出汁感があった。
・タレの醤油は甘めの旨味があって、醤油のコクは割とマイルド。
・味付けは、必要十分な旨味があって、甘めで優しい醤油の味と組み合わさって、出汁の味わいとのバランスが取れていた印象。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは薄切りの赤身スライス。ペラッと柔らかめの質感のある歯ごたえに、タレの旨味がよく効いた味付け。スープと少し馴染んでいる感じがあって、麺にも絡んでいた。
・味玉は、黄身がトロッと半熟で、甘めの旨味のあるタレの味付け。
・カマボコは薄切りスライスで、豚の顔の模様になっている。ペラッとした弾力を多少感じる歯ごたえ。
・その他、青ネギ輪切りが入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、少し黄色い細麺で、ほんの少しコシがあって適度にサクッと切れる歯ごたえ。スープとの絡みは、スープのトロミと熱さが適度に絡んで、獣系出汁の風味がよく絡んでいた。
・スープは、ややトロッとした豚骨メインの白濁獣系で、甘めで優しい旨味を感じる醤油ダレの味付け。豚骨のコクとかはそれほど強くないながら、麺には獣系出汁の風味がよく絡んでいて、そこそこの出汁感があった印象。
・具は、チャーシューが薄切りでペラッとしていて、タレの旨味がよく効いた味付けで、スープに少し馴染んで麺にも絡んでいた。
・お気に入り度は、最初の印象が4点、途中が3.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【大東市】麺や 清流

麺や 清流 【辛味噌拉麺(1000倍)】

辛味噌拉麺(HOT1000)(1000円)

辛味噌拉麺(HOT1000)の麺

■来店の経緯等
・2017年1月2日(月)の昼に初の訪問。
・このお店は、住道駅近くの商業施設「ポップタウン住道オペラパーク」の3階にあり、「金久右衛門 鴻池店(現在は閉店)」の流れを汲むお店。

■食べたメニュー
・辛味噌拉麺(HOT1000)(1000円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は13時51分頃。外待ち無しの先客19人。

麺や 清流

・厨房側のカウンター席に座り、メニューを見て注文。
・厨房は別室。店員さんは、見える範囲で男性1人と女性3人の計4人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・注文から提供まで18分。提供時に、セルフトッピングの花椒を小瓶で出してくれた。

■麺
・長方形で四角い縮れた中太麺。
・黄色くて加水中くらいの、表面が滑らかで、カンスイが効いて卵も入った感じの、熟成してプリッと引き締まった張りと密度感のある麺質。食感は、少し固めというかヤワさのない茹で加減で、縮れの弾力が少しあって、滑らかに中身の詰まったコシを適度に感じる、心地よい歯ごたえ。
・麺の味は、カンスイの効いた卵麺の旨味がしっかりしている。
・スープとの絡みは、スープの辛味と刺激がよく絡んでいたけど、麺も負けてはおらずに、バランスは取れていたと思う。

■スープ
・濁った味噌。
・割とサラッとしていて、表面に適度な量の油が浮かんでおり、唐辛子の破片もそこそこ浮かんでいる。
・出汁は、よく分からないけど、恐らくは清湯獣系ベースか。割とあっさりした中に、ラードと組み合わさったような丸みを少し感じる味わい。
・表面の油は、恐らくはラー油ではなくて、ラードにトッピングの唐辛子の色と辛味が多少移った感じ。具を炒めていないので、炒めた香ばしさとかはなくて、スープに丸みをプラスしていた。
・タレの味噌は合わせ味噌で、濃い味過ぎずに程よい旨味があって、辛味との対比で少し甘めに感じたかも。
・味付けは、ベースの味噌の旨味とコクが適度に効いていて、そこにトッピングの唐辛子系の辛味と刺激が組み合わさった、ガツンと旨辛い味。
・辛味は、見た目的にはそれほどキツくないながら、唐辛子のピリッとした辛さと刺激がフットワーク軽めにガツンと来て、見た目よりは辛かった印象。舌に感じる辛味や刺激はそこそこ強くて、最初の方はむせるような刺激感があったけど、麺やベースのスープとのバランス的には、激辛ジャンルの中では比較的食べやすく感じたかも。

セルフトッピングの花椒の小瓶

・後半、セルフトッピングの花椒を投入して味に変化を付けてみた。花椒を入れると、辛さ自体は強まるけど、花椒の香味で唐辛子の尖った刺激感が少し和らいだ気がした。
・塩辛さはない。
・スープを完食すると、食べた直後は何ともなかったけど、しばらくしてから胃腸にダメージが来た。

■具材
・チャーシューは厚切りのバラスライス。柔らかな弾力を感じる歯ごたえに、旨味のある味付けと脂身の甘味とが組み合わさった味わい。
・ミンチ肉は、程よく引き締まった弾力のある歯ごたえに、多少の旨味を感じる味付け。
・メンマは平べったくてやや細め。ペラッとしてポリッと切れる感じの歯ごたえに、あっさりとした味付け。
・その他、青ネギ輪切りが入っていた。

■全体的な味の感想
・麺は、滑らかに中身の詰まった中太の熟成卵麺で、辛いスープに負けない存在感があった。
・スープは、出汁があっさりしていて、濃い味過ぎずに程よい旨味を感じる味噌の味付けとラードの丸みがあって、そこに、唐辛子系の辛味と刺激が組み合わさった、ガツンと旨辛い味。ピリッとした辛さと刺激がフットワーク軽めに来る感じで、見た目よりも辛かった印象。
・味変化の花椒を投入すると、辛さ自体は強まったけど、唐辛子の尖った刺激感が少し和らいだ気がした。
・具は、バラチャーシューが厚切りで柔らかかった。
・具を炒めていないタイプの味噌ラーメンだったけど、その代わりに唐辛子のホット感があった。
・お気に入り度は、最初の印象が4点、後半が3.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■その他
・食べ終わった後の会計時に、HOT1000クリアの激辛王シールを貰った。

激辛王シール

■お店の情報

【天理市】北乃家

北乃家 【札幌味噌ラーメン】

札幌みそラーメン(700円)

札幌みそラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年12月30日(金)の昼に初の訪問。

■食べたメニュー
・札幌みそラーメン(700円)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は13時14分頃。外待ち無しの先客1人。

北乃家

・壁対面のカウンター席に座り、壁のメニューを見て注文。
・店員さんは男性1人。
・水は出してくれた。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・店内に、札幌の「森住製麺」の麺箱が置いてあった。
・ジンギスカンや丼ものなど、ラーメン以外のメニューも充実していて、メニュー構成的には北海道料理店兼居酒屋といった感じ。
・注文から提供まで8分。

■麺
・長方形の中太縮れ。
・黄色くて加水中くらいか少し高めの、表面がツルッと滑らかで、カンスイがよく効いて卵も入ったような、よく熟成してプリッと中身の詰まった張りと結合感のある麺質。食感は、固さのない茹で加減で、プリッと滑らかで適度に引き締まった縮れ混じりの弾力と、多少のコシを感じる歯ごたえ。
・麺の味は、割と強めでしっかりしていて、熟成卵麺の旨味をよく感じる味わい。
・スープとの絡みは、味噌の旨味が程よくサラッと絡んで、スープの熱さがよく絡んでいた。味の絡みはそれほど強くないけれど、熱さの絡みがいいスパイスになっていた印象。

■スープ
・味噌。
・具の野菜やミンチと一緒に炒め煮してあって、温度高めの熱々。炒めたラードの風味が多少あるけど、油はそれほど多くなくて、表面に油の層はなかったと思う。
・出汁は、あっさりしていてよく分からないけど、清湯獣系メインのように感じた。炒めた油の風味と組み合わさって、味噌を支える味のベースになっていた。
・タレの味噌は合わせ味噌で、コクは割とマイルドながら旨味と厚みがあって、塩気は強くなくて程よい塩梅。
・味付けは、味噌の厚みのある旨味と多少の塩気があって、そこに、ニンニクか何かの風味と一味の辛味が隠し味的に加わって、味にメリハリを付けていた。
・刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りで少し厚みのある巻きバラスライス。脂身混じりで、やや引き締まった弾力を感じる歯ごたえに、塩系の味付けは強くはないけど多少の旨味があって、あっさりとした肉の味や脂身の丸みと組み合わさっていた。
・味玉は、黄身が少し柔らかめの半熟で、多少の味付けを感じた。
・メンマは平べったい。ポリッと滑らかな歯ごたえに、割とマイルドな味付け。やや厚みがあるのも混じっていて、そちらはやや歯ごたえと味付けが強めに感じた。
・野菜は玉ネギとモヤシで、油で炒めた後スープと一緒に炒め煮してある。
・モヤシは太くて、表面を油で炒めてあって、割と柔らかめながら心地よい歯ごたえ。
・玉ネギは細長いカットで、表面を炒めていて、程よく熱が入っていた。
・ミンチは、味付けがマイルドであっさりとした肉の旨味があって、スープに旨味をプラスしていた。
・青ネギ輪切りは細くて、白い部分も少し混じっていた。

■全体的な味の感想
・麺は、黄色い中太の縮れ麺。札幌の味噌ラーメンらしさのあるプリッと熟成した卵麺で、スープとの絡みは、スープの熱さがいいスパイスになっていた。茹で加減は少し柔らかめに感じたけど、スープとのバランスは取れていたと思う。
・スープは、出汁があっさりしていて、味噌の厚みのある旨味を感じる味付けに、炒めたラードの風味が加わった味わい。油の量はそれほど多くなかったけど、スープが熱々で、多少のパンチを感じた。
・具は、野菜の玉ネギやモヤシが、きちんと油で炒めた感じがあったのが良かった。
・寒い時期にぴったりの味噌ラーメン。個人的には、油の量が多くないながらスープが熱々なのが気に入った。
・お気に入り度は、前半が3.5点、後半が4点で、トータルでは食べた日の寒さとの相性の良さ込みで4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報

【奈良市】ラーメン家 みつ葉

KENTOのショウ 8@ラーメン家 みつ葉 【えび塩豚骨ラーメン】

えび塩豚骨ラーメン(850円)

えび塩豚骨ラーメンの麺

■来店の経緯等
・2016年12月の平日の晩、5週間ぶり、28回目の訪問。
・今回は、「KENTOのショウ 8」営業として晩営業が行われるという告知があり、久しぶりの晩営業ということで訪問してみた。

■食べたメニュー
・「KENTOのショウ 8」営業の「えび塩豚骨ラーメン」(850円)
(2016年12月28日(水)の晩営業限定。約70食限定)

■お店への到着から提供までの概要
・お店への到着は開店前。開店待ちのほか、整理券の待ちが3人。
・最初に店内入口の券売機で食券を買い、店員さんから整理券を受け取る。その際、20時30分頃に戻ってくるよう案内があった。
・お店に戻ってきたのは20時27分頃。外待ち11人。整理券の順番に並ぶ。
・並んでいる間、先に外で注文。麺は並と大盛から並を選択。
・到着から24分待ちで入店。厨房対面のカウンター席に座る。
・店員さんは男性3人。店主さんは不在。
・水は席に置いてある。お代わりはカウンターのポットでセルフ。
・椅子の下に荷物入れのカゴが置いてあった。
・入店から提供まで11分。

■麺
・長方形平打ちの中太で、少し縮れたウエーブ。
・色が薄くて加水中くらいか少し高めの、表面が割と滑らかで、カンスイ感は多少あるけどプリッとはしておらずに、適度に中身の詰まった粉の張りとボリューム感のある麺質。多少の縮れ感と相まって、丼の中に麺がギッチリと詰まっているように感じたけど、店員さんの話では、麺量は大盛ではなくて並だった模様。
・食感は、芯はないけど少し固めというかヤワさのない茹で加減で、弾力は強くなくて、滑らかな密度感とコシを感じる歯ごたえ。後半は、少し伸びてきたのか、多少のプリッというかプルッとした弾力が出てきた感じ。
・麺の味は、強い味ではないけど、割とあっさりとした粉の味をよく感じる味わい。
・スープとの絡みは、スープのトロミと丸みに、獣系出汁のツンとした風味がよく絡んで、海老の風味も少し絡んでいた。どちらかというと、海老の風味よりも獣系のツンとした風味の方が印象に残ったかも。

■スープ
・白濁した獣系海老塩。
・少しトロッとしていて、表面が泡立ってフワッとした口当たり。多少の油が溶け込んでいるけど、みつ葉のデフォのスープと較べると、コッテリ感は少しだけ控えめだったかも。
・出汁は獣系メイン。獣系は豚骨メインで、鶏が入っているかはよく分からなかった。ゼラチン感が多少あって、フワッとクリーミーなトロミと丸みを感じる味わい。海老の効果か、獣系っぽい風味やコクは控えめで、麺との絡みではツンとした風味がよく絡んでいたけど、スープ自体の味ではツンとした風味は感じなかったと思う。
・海老は、出汁かタレかよく分からない感じで、甲殻の風味と旨味とのバランスの取れた海老感があって、ガツンとは来ずに、獣系出汁をサポートして旨味を強めている感じの存在感があった。
・タレの塩は、塩気や塩のコクの主張は強くない感じ。
・味付けは、海老の旨味に塩気が少し組み合わさっていて、割とマイルドながら、獣系出汁の丸みとのバランスが取れていたと思う。
・塩辛さや刺激感はない。

■具材
・チャーシューは、やや薄切りでレアの赤身スライス2枚。うち1枚は少し厚みがあった。脂身も少し混じっており、肉の部分は固くはないけど多少引き締まっていて、脂身が少しカリッとした感じの歯ごたえに、味付けは強くなくて、肉の閉じ込められた旨味を多少感じる味。
・味玉は、君がトロッと半熟で、食べた時点ではスープに浸っていたせいか、スープとのバランス的に味はあまり印象に残らなかったかも。
・穂先メンマは細長い。サクッと滑らかで歯切れの良い歯ごたえに、生姜系の甘い風味を多少感じる味付け。
・水菜はやや短めのカット。イガッとまでは行かないながら、多少の主張のある口当たりがあった。
・生玉ネギは小さめの四角いカット。シャリッと軽快な歯ごたえと、辛くなくて程よくサッパリとした香味が、スープのいい薬味になっていた。

■全体的な味の感想
・麺は、長方形平打ちの少し縮れた中太麺で、みつ葉のデフォの麺と較べるとプリッとはしておらずに、少し違っていた印象。麺量並ながら、丼の中にギッチリと詰まっているようなボリューム感があった。スープとの絡みは、獣系出汁のツンとした風味がよく絡んでいて、海老の風味より強かったかも。
・スープは、白濁した獣系海老塩で、フワッとクリーミーなトロミと丸みのある獣系出汁に、海老の風味と旨味が程よく組み合わさっていた。海老の風味はガツンとは来ずに、獣系出汁をサポートしている感じのバランス。個人的には、麺との絡みよりも、スープ自体の味の方が気に入った。
・具は、全体的にみつ葉のデフォとは違っていて、スープとの相性的には玉ネギが一番気に入った。
・個人的には、スープは良かったけど、麺がややツボに嵌らなかったかも。
・お気に入り度は、最初の印象が3.5点、途中が4点、麺を食べた後のスープが4.5点で、トータルでは4点ぐらいだったと思う。

■お気に入り度: ★★★★ (4.0)

■お店の情報
プロフィール

Author:かもしか
2011年11月27日始動。

■このブログのポリシー
・ラーメン、つけ麺、まぜ麺(汁なし、油そば、和え麺)、及び、ラーメン屋さんのサイドメニューのみを対象とした、外食食べ歩きの記録です。
・内容的には、味に関する個人的な感想がメインの日記ブログです。また、基本的には自分の備忘のための記録というスタンスで書いています。
・お店の閉店や移転については、基本的に、自分が現地に行って確認したもののみ反映しています。

■お気に入り度について
お気に入り度の説明はこちらです

カテゴリ(「+」ボタンで展開します)

openclose

タグ(ジャンル別)
月別アーカイブ

2017年 02月 【33件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【25件】
2016年 11月 【21件】
2016年 10月 【19件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【26件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【27件】
2016年 05月 【29件】
2016年 04月 【22件】
2016年 03月 【20件】
2016年 02月 【18件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【22件】
2015年 11月 【31件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【24件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【31件】
2015年 05月 【24件】
2015年 04月 【23件】
2015年 03月 【21件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【21件】
2014年 12月 【32件】
2014年 11月 【24件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【18件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【34件】
2014年 04月 【23件】
2014年 03月 【19件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【26件】
2013年 12月 【28件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【24件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【34件】
2013年 07月 【22件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【29件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【19件】
2012年 12月 【23件】
2012年 11月 【23件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【24件】
2012年 08月 【24件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【20件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【19件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【26件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【1件】

検索フォーム
アクセスカウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ